あなたは 世界 一 高い ウォーター スライダー 首 切断 について学んでいます。今日は、インターネット上の多くの情報源から私たちのチームが編集および編集した記事 世界 一 高い ウォーター スライダー 首 切断 を共有します。 世界 一 高い ウォーター スライダー 首 切断 に関するこの記事がお役に立てば幸いです。

Page Contents

世界 一 高い ウォーター スライダー 首 切断

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

.mw-parser-output .hatnotemargin:0.5em 0;padding:3px 2em;background-color:transparent;border-bottom:1px solid #a2a9b1;font-size:90%これは流動的な内容の一覧であり、完全な内容にするための特定の基準を満たすことはできません。信頼できる情報源で加筆することができます。
珍しい死の一覧 は、古代から現代までに記録された死の状況のうち、信頼できる情報源が「通常と異なる」ものとして言及した死の一覧である。

.mw-parser-output .toclimit-2 .toclevel-1 ul,.mw-parser-output .toclimit-3 .toclevel-2 ul,.mw-parser-output .toclimit-4 .toclevel-3 ul,.mw-parser-output .toclimit-5 .toclevel-4 ul,.mw-parser-output .toclimit-6 .toclevel-5 ul,.mw-parser-output .toclimit-7 .toclevel-6 uldisplay:none
古代[編集]
注意: この節で述べられる死の状況の多くは創作である可能性が高い。
クリュシッポスは、ロバがイチジクを食べているのを見て笑い死にしたとされる。
コス島のフィリタスは研究に没頭するあまり、やせ細り餓死したと言われる[1]。
始皇帝は不老不死を求めて有毒な水銀を服用したという。
紀元前620年頃: アテナイの立法者ドラコンはアイギナ島の劇場で、自らの業績を称える群衆によって投げかけられたマントや帽子の贈り物のなかに埋もれて窒息死したという[2][3]。
紀元前564年: ギリシアのパンクラチオン選手フィガリアのアリチオンは、古代オリンピックのパンクラチオン決勝で自らの死を引き起こした。対戦相手(名称不明)に喉を締めつけられる形で押さえ込まれ、そこから抜け出すことができなかったアリチオンは、対戦相手に足蹴りをくり出し、そのあまりの痛みに対戦相手は審判に降参のサインを出したが、その際にアリチオンの首を折ってしまった。対戦相手が敗北を認めていたため、アリチオンは死後に勝者として宣言された[4][5]。
紀元前475年頃: ディオゲネス・ラエルティオスによる記述では、ギリシアの哲学者ヘラクレイトスは、浮腫を治療するため牛糞を自らの身体に塗りたくった結果、犬に食い殺されたとされている[6][7]。
紀元前455年: ヴァレリウス・マキシムス(英語版)によると、アテナイの悲劇詩人アイスキュロスは、彼の禿げた頭をリクガメの甲羅を砕くのに適した岩と勘違いしたワシによって、リクガメを頭部に落とされて死んだ。大プリニウスによる『博物誌』の記述では、アイスキュロスは「落下物によって死ぬ」という予言が実現することを恐れ、屋外で過ごしていたとされる[8][9][10]。
紀元前430年: ディオゲネス・ラエルティオスによると、ギリシアの哲学者エンペドクレスは自らが神であると証明しようとして、活火山であるエトナ火山の火口に飛び込んで死んだという[11][12]。
紀元前401年: アケメネス朝ペルシアの兵士ミトリダテスは、アルタクセルクセス2世の王位を奪い取ろうとしていた弟の小キュロスを討ち取ったが、そのことを周囲に自慢してアルタクセルクセス2世の面目をつぶした結果、昆虫に受刑者の肉体を食わせる刑であるスカフィズム(英語版)によって処刑された。アルタクセルクセス2世の医師であるクテシアスは、ミトリダテスが昆虫による責め苦で死ぬまで17日間生存したと記録した[13][14]。
紀元前288年: ギリシアの僭主シュラクサイのアガトクレスは、敵によって毒を塗られた爪楊枝を使って毒殺された[15]。他にも、爪楊枝が原因で出来た傷のあまりの痛さに自ら暖炉に飛び込み焼け死んだとする説もある。
紀元前270年: アテナイオスによると、ギリシアの知識人コス島のフィリタスは議論と単語の誤った用法の研究にあまりにも没頭したため、やせ細り最後には餓死したという[1]。イギリスの古典学者アラン・キャメロンは、フィリタスが実際には病気によって衰弱して死亡したのであり、同時代の人物は冗談めかして彼の衒学者気質が死因であるとしたのだろうと推測している[16]。
紀元前210年: 最初の皇帝 (中国)であり、兵馬俑のような遺物や財宝をのこした秦始皇帝は、永遠の命を得られるとの期待からいくつかの水銀の丸薬を服用して死亡した[17][18][19]。ただし、始皇帝後も多数の王侯貴族が不老長寿を求めて水銀中毒にかかり死亡している。
紀元前206年: 古くから伝えられる一説では、紀元前3世紀ギリシアのストア派哲学者クリュシッポスは、1匹のロバが自分のイチジクを食べているのを見て笑い出し、ロバにワインを与えてイチジクを飲み込ませるよう奴隷に命じたあと、「笑いすぎたことで笑い死にしてしまった。(ディオゲネス・ラエルティオス 7.185)」とされる[20]。
紀元前163年: 聖書で英雄として描かれるエレアザル・アヴァランは、戦場に突入して敵の王が乗るゾウの腹部に槍を突き刺したが、崩れ落ちたゾウの下で押しつぶされ即死した[21]。
258年: キリスト教の助祭ローマのラウレンティウスは、ウァレリアヌスの治世における迫害のなか、巨大な焼き網の上で生きたまま焼かれて死んだ[22][23]。プルデンティウスによる記述では、ラウレンティウスは処刑人をからかって「ひっくり返せ、こちら側はもう焼けている」と言ったと伝えられる[24]。現在ラウレンティウスは、コックとシェフ、ならびにコメディアンの守護聖人として扱われている[25]。中世[編集]
エドワード2世は赤く焼けた火ばしを肛門に挿入されて処刑されたと噂されたが、実際の死因に関して一致した学術的見解はなく、この処刑法はプロパガンダとして扱われている。
892年: オークニーのヤール、シグルズ・エイステインソンは、倒したマエル・ブリグトという名の敵の首を自分の馬の鞍にくくりつけていたが、馬を走らせるうちにブリグトの歯が脚にあたって傷になり、それが引き起こした感染症が原因で死んだ[26]。
1063年: ハンガリー王ベーラ1世は、シャラモンを王位につけるため神聖ローマ帝国がハンガリーに対する軍事行動を決定するなか、ドモシュ(英語版)の邸宅にて座っていた玉座が壊れたことで重傷を負った[27]。クロニコン・ピクタム(英語版)によれば、ベーラ1世は瀕死の状態で王国の西の国境に運ばれ、1063年9月11日にカニジャ川で死亡した[28][29]。
1131年: フランスの王太子フィリップは、パリの街を馬に乗って駆け抜けていた際、肥料の山の影から飛び出してきた黒いブタにつまずいて落馬したことが原因で死亡した[30]。
1258年: バグダード・アッバース朝最後のカリフ、ムスタアスィムは、モンゴル帝国によって敷物で巻かれた上で馬に踏み殺されるという形で処刑された[31]。
1327年: イングランド王エドワード2世は、妻の王妃イザベラと、その愛人モーティマーによって廃位・幽閉されたあと、肛門に動物の角を押し込んだ上でそのなかに真っ赤に焼けた鉄を挿入し、内臓を焼き尽くすという方法で外傷をのこさず殺害されたとのうわさが広まった[32][33]。しかしながら、エドワード2世がどのように死亡したのかに関して真に学術的なコンセンサスは存在せず、一般に広まった説はプロパガンダであるとの説得力のある主張がなされている[34]。
1346年: 10年にわたって盲目だったボヘミア王ヨハン・フォン・ルクセンブルクは、クレシーの戦いにおいて味方の騎兵の手綱を自らの手綱に結びつけ、敵陣に突撃して戦死した[35]。
1387年: ナバラ王で「邪悪王カルロス」として知られるカルロス2世は、高齢となり重病を患っていた。同時代の年代記作家ジャン・フロワサールの説明によれば、カルロス2世の体には医師の指示により蒸留酒をしみ込ませたリネンのシーツがきつく巻きつけられていたが、引火性の高いこのシーツはあるとき事故で燃え上がり、王は火傷によって後に死亡した。フロワサールはこの事故をカルロス2世に対する神の審判であると評した[36][37][38]。
1410年: アラゴン王マルティン1世は、消化不良とコントロールできない笑いが併発したことで死亡したとされている。伝承によると、マルティン1世がガチョウを1羽丸ごと食べたあと、お気に入りの宮廷道化師ボラが王の寝室に入ってきた。王がボラに今までどこに居たのか尋ねたとき、この道化師はジョークで答え、マルティン1世を笑い死にさせたという[39][40]。近世[編集]
ハンス・シュタイニンガーの彫像
作曲家ジャン=バティスト・リュリ
1478年: クラレンス公ジョージ・プランタジネットは処刑される際、自らの希望によってマームジーワインの酒樽のなかで溺れ死んだと言い伝えられている[41]。
1567年: ハンス・シュタイニンガーはブラウナウ(当時のバイエルン公国、現在のオーストリアに属する)の長だったが、自分のひげにつまずいて転び、首の骨を折って死亡した[42]。死亡時のシュタイニンガーのひげは長さ1.4 mで、普段は巻いて丸めた上で革のポーチにしまわれていた[43]。
1601年: ティコ・ブラーエは、プラハでの晩餐会に出席した際に膀胱または腎臓の病にかかり、11日後に死亡した。ヨハネス・ケプラーの目撃談によれば、ブラーエは晩餐会の途中で体に変調をきたしたが、休むために晩餐会を抜けることをエチケットに反する行為として拒否していた[44][45]。帰宅したとき、ブラーエはすでに排尿できない状態となっており、激烈な痛みの末に極少量の尿を出すことしかできなかった[46]。
1660年: スコットランド貴族の博学者であり、フランソワ・ラブレーの著作を英訳した最初の人物でもあるトーマス・アーカートは、チャールズ2世がイングランド王に即位したという話を耳にしたことで笑い出し、そのまま笑い死にしたと言い伝えられている[47][48]。
1667年: ジェームズ・ベッツは、エリザベス・スペンサーによってケンブリッジ大学のコーパス・クリスティ・カレッジ(英語版)にある戸棚に入れられ、彼女の父のジョン・スペンサー(英語版)から身を隠したが、密封された戸棚のなかで窒息死した[49][50]。
1687年: フランスの作曲家ジャン=バティスト・リュリは、『テ・デウム』を激しく指揮していたところ、誤ってつえで自分の足を突き刺してしまい、それによってできた膿瘍が壊疽したことで死亡した。当時の習慣ではつえで床を打つことで指揮を行っていた[51]。
1771年: スウェーデン王アドルフ・フレドリクは、1771年2月12日に消化不良を起こして死亡したとされる。フレドリクはロブスター、キャビア、ザワークラウト、燻製ニシンによる料理をシャンパンとともに食したあと、デザートとして好物の「ヘートヴェッグ」(暖かい牛乳にひたしたセムラ)を14人前たいらげていたという[52]。19世紀[編集]
弁護士のクレメント・バランディガム
1854年: 13歳のウィリアム・スナイダーは、カリフォルニア州サンフランシスコで、サーカスのピエロにかかとを持って振り回されたことが原因で死亡した[53][54]。
1871年: 弁護士でオハイオ州下院議員のクレメント・バランディガム(英語版)は、殺人の罪に問われた男の弁護を引き受けていたが、被害者が誤って自分自身を射殺したことをホテルの部屋で実演して見せる途中、誤って自らを銃で撃って死亡した。バランディガムが弁護した男は無罪放免された[55][56]。
1872年: ロンドンのケンサル・グリーン墓地(英語版)で行われた葬儀で棺を担いでいたヘンリー・テイラーは、石につまずいて転び、もう1人の担ぎ手が手を離したことで棺の下敷きとなり、参列者らの目前で死亡した[57]。
1881年: イギリスの元下院議員でサーの称号を持つウィリアム・ペイン=ギャルウェイ(英語版)は、狩りに興じている最中に転び、倒れた場所にカブがあったことで「重度の内臓損傷」を負い、数日後に死亡した[58][59]。20世紀[編集]
テネシー州アーウィンで処刑されたメアリ
ボストン糖蜜大洪水の被害状況
スタントマンのボビー・リーチ
イサドラ・ダンカンはスカーフが自動車の車輪に巻き込まれて死んだ。
1900年代[編集]
1903年: ホノルルで行われた病の治癒のための儀式中、姓名不詳の男性が聖書で殴り殺された[60]。死亡した男性は医師によってマラリアの治療を受けていたが、男性の家族が呼び出した地元のカフナは彼に悪魔が取り憑いていると主張し始め、悪魔を追い出すためとして頭を繰り返し聖書で殴って死亡させた[61]。このカフナは殺人の罪で裁判にかけられた[62]。1910年代[編集]
1911年: ウイスキー蒸留所経営者で実業家のジャック・ダニエルは、金庫が開かないあまりに腹を立てて蹴った際にかかとに負った傷が原因で、感染症にかかって死んだ[63]。
1914年: 大相撲の力士である駒ヶ嶽國力は茨城県での巡業の際に立ち寄った酒屋でどぶろく3升を飲み、そのまま太陽が直に当たる荷車の上で寝ていたことにより飲んだ酒が体内で発酵し、腸穿孔・脳溢血を発症、急死した[64]。
1916年: 体重5トンのメス象メアリは、テネシー州サリバン郡で「スパークス・ワールド・フェイマス・ショー」サーカスの調教師を殺害した翌日、貨車に載せられた工事用クレーンを用いて絞首刑に処された[65][66]。
1919年: ボストンの港湾部ノース・エンド(英語版)にて、巨大な貯蔵タンクの破裂により糖蜜の波が人々を襲い、21人が死亡、150人が負傷した[67][68]。1920年代[編集]
1923年: 第5代カーナヴォン伯で、ハワード・カーターによるツタンカーメン発掘の資金提供者でもあったジョージ・ハーバートは、蚊に刺された腫れあとを、ひげ剃りの際に傷つけたことで感染症にかかり死亡した。ハーバートの死の原因をいわゆる王家の呪いに求める声も一部に存在した[69][70]。
1924年: ウェールズのバンガーに住む弁護士ソーントン・ジョーンズは、咽喉が切り裂かれている状態で起床した[71]。その後、ジョーンズは紙と鉛筆を手に取り、「私は夢の中で喉を切った。目が覚めた時、それが現実であったと気づいた」と書き残し、80分後に絶命した[71]。バンガーの死因審問は、ジョーンズの死を「一時的な狂乱状態のもとでの自殺」と結論付けた[72]。
1926年: アメリカのスタントマンボビー・リーチは、オレンジの皮に足をすべらせて転倒し、骨折した足の切断手術が失敗したことで死亡した[73]。
1926年: ファー・ノース・クイーンズランドの町モスマンに住む16歳のフィリップ・マクリーンは、弟とともに自宅の土地で見つけたヒクイドリをこん棒で殺そうとしていたが[74]、ヒクイドリになぎ倒された上、蹴りで首を切り裂かれた。マクリーンは出血多量で死亡した[75]。
1927年: ダンサーのイサドラ・ダンカンは、助手席に乗っていた自動車が発進した際、長いスカーフが車輪に巻き込まれたため首の骨を折って死亡した[76]。1930年代[編集]
1930年: サン・クエンティン州立刑務所の服役囚ウィリアム・コガットは、やぶいたトランプの破片をつめた自作のパイプ爆弾を用いて自殺した。コガットは簡易ベッドの中空の脚を外してパイプとし、そのなかにトランプの破片と水を入れて加熱した[77][信頼性要検証]。1940年代[編集]
1941年: アメリカの作家シャーウッド・アンダーソンは、誤って飲み込んだ爪楊枝が内臓を傷つけたことが原因の腹膜炎により死亡した[77][信頼性要検証]。1950年代[編集]
1951年: フロリダ州セントピーターズバーグの自宅アパートで、67歳女性が「火葬されたも同然」の状態で発見された。遺体は左足(無傷の黒いサテンのスリッパを履いたままだった)と、小さく縮んだ頭蓋骨と脊椎の一部をのこして焼き尽くされていたが、室内に損傷はほとんど見られなかった。当時のFBIの報告書は、女性が喫煙中に眠りに落ち、たばこからアセテート繊維の部屋着と椅子に火が移ったと分析した[78]。
1958年: イギリスの俳優ギャレス・ジョーンズは、テレビ演劇『アンダーグラウンド(英語版)』の生放送に出演中、シーンとシーンの合間の時間に心臓発作で死亡した。他の出演者はジョーンズの不在を即興のセリフによって埋め合わせた[79][80]。1960年代[編集]
1961年: アイダホ州の原子炉SL-1のメンテナンス中に事故が発生し、水撃作用が引き起こした爆発的現象によって2人のアメリカ陸軍特殊技能兵と1人の海軍電気技師が外傷を負って死亡した[81][82][83][84][85]。
1966年: アメリカのスカイダイバー、ニック・ピアンタニーダは、パラシューティングの最高高度記録に挑戦中、与圧服の不具合による急減圧で脳にダメージを受け、4ヶ月後に死亡した[86][87]。1970年代[編集]
1971年: ソビエト連邦の3人の宇宙飛行士ゲオルギー・ドブロボルスキー、ウラディスラフ・ボルコフ、ビクトル・パツァーエフは、クルーとして乗り込んだソユーズ11号が大気圏再突入の準備中に減圧を起こしたことで窒息死した。この事故は知られる限りでは地球の大気圏外で起きた唯一の人類の死亡例である[88]。
1974年: ロンドンのクロイドンに住む健康食の提唱者だった48歳男性が、10日間で700万IUのビタミンAと約38リットルのニンジンジュースを摂取し、肝臓に異常をきたして死亡した。死亡時に男性の肌は鮮やかな黄色に変色していた[89][90][91]。
1975年: イギリスの50歳男性が、『ザ・グッディーズ(英語版)』の「カンフー・ケイパーズ(英語版)」というエピソードを視聴したあと25分間笑いつづけて心不全を起こし、長椅子に倒れ込んで死亡した[92][93][94][95][96]。
1977年: アメリカの28歳女性が、胃ガンに対抗するため1日に15リットルの水を飲んだことにより水中毒で死亡した[97]。
1977年: レーシングドライバーのトム・プライスは、1977年南アフリカグランプリのレース中、270km/hの速度でコースマーシャルを跳ねた際に消火器が頭部に直撃して死亡した。跳ねられて死亡した19歳のマーシャルは、反対側で出火した車両を消火するためキャラミのレースコースを走って横切ろうとしていた[98][99][100][101]。
1978年: 数学者・論理学者のクルト・ゲーデルは、妻が入院している間に飢餓により死亡した。ゲーデルは妻以外の人間が用意した食べ物を拒絶していた[102]。
1979年: フォード・モーターの工場でアメリカ人男性が産業用ロボットのアームで頭部を強打して死亡し、知られる限りでは歴史上初めてロボットに殺害された人物となった[103][104]。
1979年: ニューハンプシャー州ナシュアの20歳男性は、シェイ・スタジアムで行われたアメリカンフットボールのハーフタイムショー中、芝刈り機を模した重さ18kgのラジコン飛行機が客席に墜落したことで頭部を負傷し死亡した[105][106]。1980年代[編集]
1982年の映画撮影中に死亡した俳優ヴィック・モロー
1983年に死亡した劇作家テネシー・ウィリアムズ
1984年に事故死した俳優ジョン=エリック・ヘクサム
1981年: ウクライナ系アメリカ人の映画監督ボリス・セイガルは、オレゴン州ポートランドで、TVミニシリーズ『第三次世界大戦』の撮影中、ヘリのテール・ローターに誤って近づいてしまい、頭部の一部を切断された[107][108]。セイガルは5時間後に病院で死亡した[107]。
1982年2月: アリゾナ州のプレザント湖(英語版)近郊で、サボテンをショットガンで射撃して遊んでいた20代男性が、落下したサボテンの腕(長さ1.2m)に押しつぶされて死亡した[108][109][110]。
1982年4月: ルイジアナ州ニューオーリンズのゴルフコースでゴルフをプレーしていた26歳男性は、自らのミスへの怒りから持っていたゴルフクラブをゴルフカートに叩きつけたが、その際クラブのヘッド部分が破断して勢いよく跳ね返り、男性の喉に突き刺さった[111]。男性は頸静脈を損傷し、出血多量により死亡した[111]。
1982年7月: アメリカの俳優ヴィック・モローが、カリフォルニア州で映画『トワイライトゾーン/超次元の体験』の撮影中、頭上を飛んでいた撮影用ヘリコプターが特殊効果の爆発の影響を受け、突如揚力を失って墜落した。モローとその共演者である6歳と7歳の子役は墜落に巻き込まれ、3人はヘリコプターのメイン・ローターの直撃を受けて死亡した[112][113]。
1983年2月: アメリカの劇作家テネシー・ウィリアムズは、プラスチック製のボトルキャップを誤って喉につまらせて窒息死した[114]。ボトルキャップは目薬もしくは点鼻スプレーのふたであると推定されたが、なぜウィリアムズがキャップを飲み込んだのかは明らかにされなかった[115]。
1983年9月: アメリカでテニスの線審を務めていた61歳男性が、股間にボールが直撃したことで座っていた椅子から落ち、頭を打って死亡した[116][117][118]。
1983年11月: サンフランシスコのコンドル・クラブ(英語版)に雇われていた用心棒の男性が、油圧モーターで昇降されるグランドピアノの上でガールフレンドとの性行為中、誤ってピアノのメカニズムを起動してしまい、上昇したピアノと天井の間に挟まれて窒息死した[119]。
1984年: アメリカの俳優ジョン=エリック・ヘクサム(英語版)は、空包の装填された撮影用のピストルで、退屈しのぎにロシアンルーレットのように自分のこめかみに向けて引き金を引いた[120]。その結果、空包内の紙の詰め物 (paper wadding) が勢いよく発射されて頭蓋骨を直撃し、ヘクサムは重度の脳内出血を引き起こして死亡した[120]。
1987年: 東トロント拘留センター(英語版)の被収容者であった22歳男性が、ポケットサイズの聖書を飲み込もうとして窒息死した[121][122]。
1988年4月: ベテランのスカイダイバーであった35歳男性は、 ノースカロライナ州ルイスバーグで、スカイダイビング学校のインストラクターと生徒によるタンデムジャンプを空中で撮影するためカメラとともに飛行機から飛び降りたが、その際にパラシュートを持つのを忘れ、地上に激突して死亡した[123][124]。その後、男性が撮影していた映像が収められたビデオテープは回収された[123]。
1988年10月: ブエノスアイレスのカバジート地区で、1頭のプードルが建物の13階から落下し、下に居た75歳の女性を巻き添えにして死亡した。その後、事故の様子を見にやってきた46歳の女性がバスに轢かれて死亡した。さらに、身元不詳の男性が46歳女性の事故死を目撃したことにより心臓発作を起こし、病院に搬送される途中に死亡した[125][126]。1990年代[編集]
1990年: 31歳のアメリカ人男性が、旅行先であるトリニダード・トバゴのピアルコ国際空港で、ブリティッシュ・エアウェイズのジャンボジェット(ボーイング747)のエンジンに身を投げて自殺した[127][128]。
1993年: 28歳の映画俳優、マーシャルアーティストでブルース・リーの息子でもあるブランドン・リーは、映画『クロウ/飛翔伝説』の撮影中の事故で共演者のマイケル・マッシーによって射殺された。マッシーが使用した撮影用拳銃に誤って弾頭が装填されていたことが事故の原因だった[129][130][131]。
1993年: トロントで活動する弁護士の38歳男性が、訪問者のグループにトロント・ドミニオン・センターの窓が「壊れない」ことを実演しようとして窓を突き抜け、24階から落下して転落死した。実際に、男性が窓に身を投げたとき窓は割れなかったが、窓枠が外れて男性は落下した[132][133]。
1994年: アメリカの16歳男性が、苛立ちから3番ウッドのゴルフクラブをベンチに叩きつけた際、折れて跳ね返ったクラブのシャフトに心臓をつらぬかれて死亡した[134]。
1995年: レーシングドライバーのラッセル・フィリップスは、車が横転した状態でレースコースと観客席の間のフェンスに押しつけられ、屋根の部分がフィリップスの体ごと削ぎ落とされたことで死亡した。コース上には肉片と車のパーツが散乱したが、清掃作業を経てレースは再開、完了された[135]。
1997年: ダートマス大学の化学教授カレン・ヴェッターハーンは、研究中に防護手袋に数滴のジメチル水銀が落下したことで10ヶ月後に死亡した。ヴェッターハーンは必要とされる予防処置を講じていたが、それでもジメチル水銀は数秒のうちに手袋を突き抜けて皮膚まで浸透した[136][137][138]。
1998年: イギリスの16歳男性が、デオドラントスプレーの過剰使用により血液中のブタンとプロパンが増加したことが原因の心臓発作によって死亡した[139]。
1999年: ドラムンベースDJのKemistryは、車の助手席に座っていた際にチャッターバーがフロントガラスを突きやぶって侵入し、頭部にあたったことで死亡した。彼女に直撃した反射板付きのチャッターバーは、前を走っていたバンが跳ね飛ばしたものだった[140]。
1999年: イギリスで体育教師の41歳男性が、倒れた際に投げ槍の持ち手の端の上に落ち、槍が眼窩を貫通して脳まで達したことで死亡した[141][142]。21世紀[編集]
2000年代[編集]
2001年: ベルリンの43歳男性エンジニアが、自ら望んで人肉嗜食者のアルミン・マイヴェスに殺害され、食べられた。マイヴェスは刑務所で菜食主義者になった[143][144][145]。
2001年: ニュージーランドの28歳男性が氷に足をすべらせて転倒し、飼い猫用のわずか4cmの水が入ったボウルに顔を沈めて溺死した[146]。
2003年: ピザ配達員の46歳男性が、ペンシルベニア州エリーで銀行強盗を行った直後、首に取り付けられた爆弾によって殺害された(ピザ配達人爆死事件)[147]。
2004年: ワシントン州ケントの24歳男性が、ストーブの上で加熱されたラバライト(照明器具)が爆発し、その破片が心臓に突き刺さったことで死亡した[148]。
2005年: アメリカの男性が種牡馬とのアナルセックスによる負傷が原因で死亡した[149]。(イーナムクロー馬姦事件)
2007年: カリフォルニア州オークランド在住の24歳男性が歩いていたところ、飛んできた消火栓が顔面に直撃したことで死亡した。この消火栓は通りすがりの自動車に衝突されて外れ、水圧によって発射されたあと男性に直撃した[150][151][152]。
2008年: アメリカの57歳女性が、水中から飛び出してきた重さ34kgのマダラトビエイに押し倒されて死亡した[153][154][155]。
2008年: ハンプシャーのサウサンプトン近郊の村、ビショップストークにある解体予定のアパートの最後の住人である50歳男性が、立ち退きを強いることの不当性を世に示すため、チェーンソーで自らを斬首して死亡した[156][157]。
2008年: 4児の母親であるアイルランドの43歳女性が、ジャーマンシェパードとの獣姦後にアレルギー反応を起こして死亡した[158]。
2009年: 6月4日、米俳優のデヴィッド・キャラダインが、タイ・バンコクのホテルで死亡しているのが発見された。地元警察当局は自殺ではなく、特殊な自慰行為の最中に誤って死亡した可能性があるとの見解を示した。遺体には首と性器にそれぞれロープが巻きつけられており、2本のロープは結び合わされてクローゼットの中につるされた状態だった[159][160]。
2009年: カナダの19歳のフォークシンガー、テイラー・ミッチェルが、ケープ・ブレトン・ハイランズ国立公園(英語版)でのハイキング中に2頭のコヨーテに襲われて死亡した。ミッチェルの死は、知られる限りでは唯一のコヨーテによる大人の死亡例である[161][162][163]。2010年代[編集]
2010年: エレクトリック・ライト・オーケストラの最初期からのメンバーである62歳のチェロ奏者マイク・エドワーズは、丘の斜面を転がり落ちてきた巨大な干し草のロールベールが、運転していたバンに衝突したことで死亡した[164][165][166]。
2010年: セグウェイ社のオーナーであるジミ・ヘゼルデンが、セグウェイを運転中に崖から転落して死亡した[167][168][169]。
2011年: カリフォルニア州トゥーレアリ郡での非合法な闘鶏に参加していた35歳男性が、ニワトリの足に取りつけられたナイフのような鉤爪に脚を突き刺されて死亡した[170][171]。
2011年: 石川県かほく市大崎の海水浴場で金沢市住在の新婚夫婦が深さ2.5mの落とし穴に転落、脱出しようとしたところ崩れてきた砂に生き埋めになり夫妻とも死亡した[172][173]。なお、落とし穴は妻が夫を驚かせようと、友人たちと一緒に掘った物だった。
2012年: フロリダ州ウェストパームビーチの32歳男性がゴキブリ食いコンテストに参加したところ、食べた虫の体の一部に気道をふさがれて窒息死した[174][175]。
2012年: フロリダ州オカラで獣医師として働くイギリス人の28歳女性は、高気圧酸素治療室で馬の治療にあたっていたが、馬が壁を蹴った際に蹄鉄から火花が飛び散り、爆発が引き起こされて死亡した[176][177][178]。
2013年: ヘビのように床を這い始め、自分がヘビになったと主張した日本の23歳男性が、「息子に取り憑いたヘビを追い出そうとした」父親による頭突きや、噛みつきを2日にわたって受けた後に死亡した[179]。
2013年: アメリカの男性がゴミ収集箱のなかで自分の携帯電話を探している最中、ゴミ圧縮機に押しつぶされて死亡した[180]。
2013年: 釣りに出かけたベラルーシの60歳男性が、一緒に写真を撮ろうとビーバーを手でつかもうとしたところ噛みつかれ、出血多量で死亡した[181][182]。
2013年: ブラジルの45歳男性が、カラティンガ(英語版)の自宅の屋根を突きやぶって落ちてきたウシに押しつぶされ死亡した[183]。
2013年: アメリカの58歳男性が、継子との喧嘩中にウェッジーをかけられたことで窒息死した。男性は継子に殴られて意識を失ったあと、引っ張られた下着のゴムバンドを頭からかぶせられ、首が絞めつけられて死亡した[184][185]。
2013年: アメリカの17歳少年のケンドリック・ジョンソンが、体育館の巻かれて縦に置かれたマットに逆さの状態で入って死亡しているのが発見された。当初、警察は少年が靴を取ろうとしてマットによじ登り、誤って落下したと結論したが、後に殺人の可能性がある事件として審理が再開された[186][187][188][189][190]。
2013年: テキサス州ラボックの14歳少年が、夜にナショナル・ランチング・ヘリテージ・センター(英語版)の前でかくれんぼをして遊んでいた際、雄牛の彫像のツノに胸部をつらぬかれて死亡した[191]。
2014年: トルコの13歳の少年が、保護フェンスを越えて屋上から飛び降りたヤギ(イード・アル=アドハーのための生け贄)に押しつぶされて死亡した[192]。少年の父は、購入したヤギをイード・アル=アドハーの日まで保管しておくのに適した場所が見つからなかったため、自宅アパートの屋上に置いていた[192]。
2014年: トタルの最高経営責任者クリストフ・ド・マルジェリが、自社のビジネスジェットに搭乗中、ジェット機が冬季作業車両(飲酒運転されていたと伝えられている)に衝突したことで死亡した[193][194]。
2014年: 中国仏山市のレストランでシェフとして働く男性が、スープの材料にするため切り捨てたコブラ科のヘビの頭部に、切断から20分後に咬みつかれて死亡した[195][196]。
2015年: ネバダ州ヘンダーソンの美容院で働く24歳女性が、凍結治療器の使用中に設定を誤り、治療器内部の酸素が失われて窒息死した[197][198]。
2015年: エア・インディアの整備士である40代男性がジェット機のエンジンに吸い込まれ死亡した[199][200]。
2016年: バス運転手として働くインドの40歳男性が、空から降ってきた隕石に衝突されて死亡した。この隕石は付近の地面に幅61cmのクレーターを残した[201][202][203]。
2016年: アメリカの10歳少年が、ウォータースライダーのいかだから放り出されたことで死亡した[204][205]。
2016年: インドネシアの29歳のダンドゥット歌手イルマ・ブレは、歌唱中に生きたヘビをパフォーマンスとして使用することで知られていたが、ある日のコンサートでキングコブラに咬まれたあと、治療を拒否しつつ死亡した[206][207]。
2016年: リブート版『スター・トレック』のパヴェル・チェコフ役で知られる27歳の俳優アントン・イェルチンが、ロサンゼルスの自宅前で自動車とレンガの壁に挟まれた状態で死亡しているのが発見された。イェルチンの自宅前の道は坂になっており、自動車のエンジンはかかったままでギアはニュートラルになっていた[208][209]。
2016年: モロッコのラバトの動物園で、7歳の少女がゾウが囲いの中から投げた石にあたって死亡した[210][211]。
時期不明(2016年の記事より): 62歳女性がキュウリを用いた自慰行為を行なっていた最中にくも膜下出血で死亡した[212]。[要出典]
2016年: 滋賀県彦根市で開かれた農産物PRイベントで、おにぎり早食い競争に参加した28歳の男性がおにぎりをのどを詰まらせて死亡した。
2017年: ジョージア州アトランタのウェスティン・ピーチツリープラザ(英語版)の最上階にある回転レストラン「サンダイヤル」で、5歳の少年が回転部と非回転部の間の小さな隙間に頭を挟まれて死亡した[213]。
2017年: アメリカの89歳男性が自身の誕生日に運転中、消火栓に衝突したあと噴出した水により溺死した[214]。
2017年: カリフォルニア州カラベラス郡で、58歳女性がワイングラスを手に持った状態でゴルフカートから落ち、その際に割れたワイングラスの破片が体に刺さったことで死亡した[215]。
2017年: フランスのフィットネスブロガーで、モデルでもある33歳女性が、高圧ガスを用いる泡だて器の一種を使用中に、泡だて器が爆発し部品の一部が胸部を直撃したことがもとで死亡した[216]。
2017年: トルコ系オランダ人で麻薬密売人の42歳男性が、魚釣りの最中に釣り針を電線に引っかけて感電死した。男性はヴィレム・ホーレーデル(英語版)が起こした事件の証人でもあったが、証人としての重要性は低く、当局は彼の死を事故として扱った[217]。
2018年: インドのハリヤーナー州の遊園地で、ゴーカートに乗っていた28歳女性の髪が車輪に絡まり、その後もカートが前進を続けたことで頭皮が引き剥がされた。女性は病院に搬送されたが、到着時に死亡が確認された[218]。
2018年: サウスウエスト航空1380便の乗客だった43歳女性が、飛行中に割れた窓ガラスから外に吸い出された。その後緊急着陸までの間、客室に引き戻されて心肺蘇生が行われたものの、病院到着時に死亡が確認された。死因は頭と首、および胴体への打撲傷であるとされた[219][220]。
2018年: オーストラリアの29歳男性が、仲間にけしかけられてナメクジを食べたことで広東住血線虫症にかかり、8年間の闘病の末に死亡した[221][222]。
2018年: オーストラリアの34歳の男性が、ヤモリを度胸試しと称して食べたことによりサルモネラ感染症となり、10日後に死亡した[222][223]。関連項目[編集]

自己愛性災害
ダーウィン賞
ココナッツによる死
笑い死に
ゾウによる踏み付け
自分の発明で死亡した発明家の一覧
脚注[編集]
[脚注の使い方]
^ a b Athenaeus, Deipnosophistae, 9.401e.

^ Suidas. “Δράκων”, Suda On Line, Adler number delta, 1495.

^ Bruce Felton; Mark Fowler (1985). “Most Unusual Death”. Felton & Fowler’s Best, Worst, and Most Unusual. Random House. p. 161. .mw-parser-output cite.citationfont-style:inherit.mw-parser-output .citation qquotes:”””””””‘””‘”.mw-parser-output .id-lock-free a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-free abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/6/65/Lock-green.svg”)right 0.1em center/9px no-repeat.mw-parser-output .id-lock-limited a,.mw-parser-output .id-lock-registration a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-limited a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-registration abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/d/d6/Lock-gray-alt-2.svg”)right 0.1em center/9px no-repeat.mw-parser-output .id-lock-subscription a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-subscription abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/a/aa/Lock-red-alt-2.svg”)right 0.1em center/9px no-repeat.mw-parser-output .cs1-subscription,.mw-parser-output .cs1-registrationcolor:#555.mw-parser-output .cs1-subscription span,.mw-parser-output .cs1-registration spanborder-bottom:1px dotted;cursor:help.mw-parser-output .cs1-ws-icon abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/4/4c/Wikisource-logo.svg”)right 0.1em center/12px no-repeat.mw-parser-output code.cs1-codecolor:inherit;background:inherit;border:none;padding:inherit.mw-parser-output .cs1-hidden-errordisplay:none;font-size:100%.mw-parser-output .cs1-visible-errorfont-size:100%.mw-parser-output .cs1-maintdisplay:none;color:#33aa33;margin-left:0.3em.mw-parser-output .cs1-formatfont-size:95%.mw-parser-output .cs1-kern-left,.mw-parser-output .cs1-kern-wl-leftpadding-left:0.2em.mw-parser-output .cs1-kern-right,.mw-parser-output .cs1-kern-wl-rightpadding-right:0.2em.mw-parser-output .citation .mw-selflinkfont-weight:inheritISBN 978-0-517-46297-3 

^ Brett Matlock; Jesse Matlock (2011). The Salt Lake Loonie. University of Regina Press. p. 81. 

^ EN Gardiner (1906). “The Journal of Hellenic Studies”. Nature 124 (3117): 121. Bibcode: 1929Natur.124..121.. doi:10.1038/124121a0. “Fatal accidents did occur as in the case of Arrhichion, but they were very rare…” 

^ Fair weather, Janet (1973年). “Death of Heraclitus”. p. 2. 2018年1月20日閲覧。

^ Wanley, Nathaniel; Johnston, William (1806). “Chapter XXVIII: Of the different and unusual Ways by which some Men have come to their Deaths § 6”. Book I: Which treats of the Perfections, Powers, Capacities, Defects, Imperfections, and Deformities of the Body of Man. 1 (A new ed.). London. p. 111. ASIN B001F3H1XA. LCCN 07-3035. OCLC 847968918. OL 7188480M. https://archive.org/stream/wondersoflittlew00wanluoft#page/n103. “Heracl[t]ius, the Ephesian, fell into a dropsy, and was thereupon advised by the physicians to anoint himself all over with cow‑dung, and so to sit in the warm sun; his servant had left him alone, and the dogs, supposing him to be a wild beast, fell upon him, and killed him.” 

^ J. C. McKeown (2013), A Cabinet of Greek Curiosities: Strange Tales and Surprising Facts from the Cradle of Western Civilization, Oxford University Press, p. 136, ISBN 978-0-19-998210-3, “The unusual nature of Aeschylus’s death…” 

^ La tortue d’Eschyle et autres morts stupides de l’Histoire, Editions Les Arènes, (2012), ISBN 9782352042211 

^ Pliny the Elder, “chapter 3”, Naturalis Historiæ, Book X 

^ Diogenes Laërtius, viii. 69

^ Meyer, T. H. (2016) (英語). Barefoot Through Burning Lava: On Sicily, the Island of Cain – An Esoteric Travelogue. Temple Lodge Publishing. ISBN 9781906999940. https://books.google.co.uk/books?id=osrZDAAAQBAJ&pg=PA16&lpg=PA16&dq=Empedocles+unusual+death&source=bl&ots=PKfK6HdRjw&sig=sbj8w9-izCi0tI98OcD1ZQyMkkc&hl=en&sa=X&ved=0ahUKEwjYxebz9Z3WAhUGWRQKHeQeAhQQ6AEISTAE#v=onepage&q=Unusual%20death&f=false 2017年9月11日閲覧。 

^ Jamie Frater (2010). “10 truly bizarre deaths”. Listverse.Com’s Ultimate Book of Bizarre Lists. Ulysses Press. pp. 12–14. ISBN 978-1-56975-817-5 

^ J. C. McKeown (2013). A Cabinet of Greek Curiosities: Strange Tales and Surprising Facts from the Cradle of Western Civilization. Oxford University Press. p. 102. ISBN 978-0-19-998212-7. “Ctesias, the Greek physician to Artaxerxes, the king of Persia, gives an appallingly detailed description of the execution inflicted on a soldier named Mithridates, who was misguided enough to claim the credit for killing the king’s brother, Cyrus…” 

^ “History, Travel, Arts, Science, People, Places – Smithsonian”. 2018年1月20日閲覧。

^ Alan Cameron (1991). “How thin was Philitas?”. The Classical Quarterly 41 (2): 534–8. doi:10.1017/S0009838800004717. 

^ Wright, David Curtis (2001). The History of China. Greenwood Publishing Group. p. 49. ISBN 0-313-30940-X 

^ The First Emperor. Oxford University Press. (2007). pp. 82, 150. ISBN 978-0-19-152763-0 

^ Nate Hopper (4 February 2013). “Royalty and their Strange Deaths”. Esquire. http://www.esquire.com/blogs/culture/Royalty-and-their-strange-deaths. 

^ Laertius, Diogenes (1965). Lives, Teachings and Sayings of the Eminent Philosophers, with an English translation by R.D. Hicks. Cambridge, Mass/London: Harvard UP/W. Heinemann Ltd 

^ “The Funniest And Weirdest Ways People Have Actually Died – Visual.ly”. visual.ly. 2018年1月20日閲覧。

^ Catholic Online. “St. Lawrence – Martyr”. 2018年1月20日閲覧。

^ “Saint Lawrence of Rome”. CatholicSaints.Info. 2018年1月20日閲覧。

^ Nigel Jonathan Spivey (2001), Enduring Creation: Art, Pain, and Fortitude, University of California Press, p. 42, ISBN 978-0-520-23022-4 

^ The Encyclopedia Americana, 17, (1981), p. 85, ISBN 978-0-7172-0112-9 

^ Translations of the Orkneyinga saga (chapters 4 and 5), which relates the story, can be read online at Sacred texts and Northvegr.

^ Turner, Tracey; Kindberg, Sally (2011). Dreadful Fates: What a Shocking Way to Go!. Kids Can Press. p. 8. ISBN 978-1-55453-644-3. https://books.google.com/books?id=iHRuZJDSQLEC&pg=PA8 

^ Kosztolnyik, Z. J. (1981).Five Eleventh Century Hungarian Kings: Their Policies and their Relations with Rome. Columbia University Press. p. 80–81.

^ The Hungarian Illuminated Chronicle (ch. 68.96), p. 117.

^ Ordericus Vitalis, The Ecclesiastical History of England and Normandy, v. 4, p. 129

^ Frater, Jamie (2010). Listverse.Com’s Ultimate Book of Bizarre Lists. Canada: Ulysses Press. p. 400. ISBN 9781569758175 

^ Schama, Simon (2000). A History of Great Britain: 3000BC-AD1603. London: BBC Worldwide  p.220

^ “A red-hot poker? It was just a red herring”, Times Higher Education

^ Phillips, Seymour, Edward II, Yale University Press, copyright 2010. pgs 560–565.

^ “Historical Honey”. 2018年1月20日閲覧。

^ Wanley, Nathaniel; Johnston, William (1806). “Chapter XXVIII: Of the different and unusual Ways by which some Men have come to their Deaths § 29”. Book I: Which treats of the Perfections, Powers, Capacities, Defects, Imperfections, and Deformities of the Body of Man. 1 (A new ed.). London. p. 114. ASIN B001F3H1XA. LCCN 07-3035. OCLC 847968918. OL 7188480M. https://archive.org/stream/wondersoflittlew00wanluoft#page/n111. “Charles II. King of Navarre, by a vicious life in his youth, fell into a paralytic distemper in his old age, that took away the use of his limbs. His physicians directed him to be sewed up in a sheet that had for a considerable time been steeped in strong distilled spirits, to recover the natural heat of his benumbed joints. The surgeon having sewed him up very close, and wanting a knife to cut off the thread, made use of a candle that was at hand to burn it off; but the flame from the thread reaching the sheet, the spirits wherewith it was wet immediately taking fire, burnt so vehemently, that no endeavours could extinguish the flame. Thus the miserable King lost his life in using the means to recover his health.” 

^ Collection (1805). A collection of modern and contemporary voyages & travels. p. 27. https://books.google.com/books?id=wJIIAAAAQAAJ&pg=RA5-PA27 

^ Froissart, Jean Smith, W.訳 (1805). Chronicles of England, France, Spain, and the adjoining countries: from the latter part of the reign of Edward II. to the coronation of Henry IV. p. 313. https://books.google.com/books?id=2YxMAQAAIAAJ&pg=PA313 

^ John Doran, The History of Court Fools (Boston: Francis A. Niccolls & Co., 1858), 377–378.

^ Norris, Paul N.. “Morris.pdf Patronage and Piety”. Mirator Lokakuu. 2011年5月18日閲覧。

^ Thompson, C. J. S. Mysteries of History with Accounts of Some Remarkable Characters and Charlatans, pp. 31 ff. Kila, Montana: Kessinger Publishing, 2004.

^ Hall, Charles Winslow (April 1910). “The Nobility of the Trades: Barbers and Hairdressers”. National Magazine 32 (1): 472. 

^ “HowStuffWorks – 10 Bizarre Ways to Die”. 2018年1月20日閲覧。

^ John Tierney (2010年11月29日). “Murder! Intrigue! Astronomers?”. New York Times. https://www.nytimes.com/2010/11/30/science/30tierney.html?pagewanted=all 2010年11月30日閲覧. “At the time of Tycho’s death, in 1601, the blame fell on his failure to relieve himself while drinking profusely at the banquet, supposedly injuring his bladder and making him unable to urinate.” 

^ Thoren (VET1990, p.468–69)

^ (Dreyer, Tycho Brahe: A Picture of Scientific Life and Work in the Sixteenth Century., p.309).

^ Brown, Huntington (1968). Rabelais in English Literature. Routledge. p. 126. ISBN 0-7146-2051-3 

^ The History of Scottish Poetry. Edmonston & Douglas. (1861). p. 539 

^ Rackham, Oliver (2002). Treasures of Silver at Corpus Christi College. Cambridge University Press. ISBN 0-521-81880-X 

^ Guiley, Rosemary Ellen (2000). The Encyclopedia of Ghosts and Spirits (2nd ed.). Checkmark books. ISBN 978-0-8160-4086-5 

^ Anthony, James R.; Hitchcock, H. Wiley; Sadler, Graham (1986). The New Grove French Baroque Masters: Lully, Charpentier, Lalande, Couperin, Rameau. W. W. Norton & Company. pp. 16. ISBN 0393022862 

^ The lowdown on Sweden’s best buns Archived 16 February 2008 at the Wayback Machine. The Local, February 2007

^ Rachael Bletchly (2012年11月2日). “Weirdest deaths: The 13-year-old killed by a circus clown and other truly epic exits – Mirror Online”. mirror. 2019年12月18日閲覧。

^ Tonin, Sarah (2018年1月12日). “Teen killed by “being swung by his heels by a circus clown””. 2019年2月13日閲覧。

^ “Death of Clement Vallandigham – HistoricLebanonOhio.com”. 2018年1月20日閲覧。

^ “Fatal Accident to Mr. Vallandigham”. The Western Reserve Chronicle (civil-war-150.com): 2. (21 June 1871). http://www.civil-war-150.com/tag/clement-vallandigham/ 2013年11月2日閲覧。. 

^ Clay, Jeremy (2013年12月25日). “10 truly bizarre Victorian deaths”. BBC News. British Broadcasting Company. 2018年5月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年1月13日閲覧。

^ “Sir William, so late as Thursday, was out shooting in the parish of Bagby, and in crossing a turnip field fell with his body on to a turnip, sustaining severe internal injuries. All that medical aid could do was done, but with Sir William’s failing health he gradually sank, and died, as stated above, about ten o’clock yesterday morning.” “DEATH OF SIR WILLIAM PAYNE GALLWEY”. Northern Echo. (1881年12月20日). https://www.newspapers.com/newspage/391692319 2018年10月28日閲覧。 

^ “It was 133 years ago, on 19 December 1881, that the Tory MP Sir William Payne-Gallwey was out shooting in Bagby, North Yorkshire, when he fell over and landed on a turnip. The impact killed the poor man.” “Andy McSmith’s Diary: The enemy within Chequers at Sam Cam’s delayed 40th”. The Independent. (2014年12月18日). https://www.independent.co.uk/news/uk/politics/andy-mcsmiths-diary-the-enemy-within-chequers-at-sam-cams-delayed-40th-9934549.html 2018年10月28日閲覧。 

^ “Tué à coups de Bible.”. Le Petit Parisien. (1903年5月28日). オリジナルの2016年5月24日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160524090112/http://gallica.bnf.fr/ark:/12148/bpt6k561072w/f3.item.zoom 2016年4月13日閲覧。 

^ The Sun May 14, 1903

^ Hilo Tribune May 1, 1903 p.5

^ Macias, Amanda (2013年12月13日). “This Is The Safe That Killed Whiskey Distiller Jack Daniel” (英語). Business Insider Australia. https://www.businessinsider.com.au/jack-daniel-killed-by-a-safe-2013-12 2017年12月12日閲覧。 

^ 荒井太郎『歴史ポケットスポーツ新聞 相撲』(2008年5月大空出版)27頁

^ Olson, Ted (2009). The Hanging of Mary, a Circus Elephant. Knoxville, Tennessee: University of Tennessee Press. pp. 219–227 

^ Krajicek, David J. (2015年3月14日). “’Fed up’ circus elephant lynched for ‘murder’ in 1916”. NY Daily News. 2016年9月15日閲覧。

^ Park, Edwards (November 1983). “Without Warning, Molasses in January Surged Over Boston”. Smithsonian 14 (8): 213–230. http://edp.org/molpark.htm 2013年3月24日閲覧。.  Reprinted at Eric Postpischil’s Domain, “Eric Postpischil’s Molasses Disaster Pages, Smithsonian Article”, 14 June 2009.

^ Puleo, Stephen (2004). Dark Tide: The Great Boston Molasses Flood of 1919. Boston: Beacon Press. ISBN 0-8070-5021-0. “”The substance itself gives the entire event an unusual, whimsical quality.”” 

^ “The Life of Lord Carnarvon”. Touregypt.net. 2010年12月11日閲覧。

^ “Carnarvon Is Dead Of An Insect’s Bite At Pharaoh’s Tomb. Blood Poisoning and Ensuing Pneumonia Conquer Tut-ankh-Amen Discoverer in Egypt.”. New York Times. (1923年4月5日). https://select.nytimes.com/gst/abstract.html?res=F20C11F7355416738DDDAC0894DC405B838EF1D3 2008年8月12日閲覧. “The Earl of Carnarvon died peacefully at 2 o’clock this morning. He was conscious almost to the end.” 

^ a b https://books.google.co.uk/books?id=bY4BD9E7-48C

^ Sleeping Man A Suicide., Evening Star (August 14, 1924)

^ “Bobby Leach”. Niagara Falls Museums. 2018年1月18日閲覧。

^ Christensen, Liana (2011). Deadly Beautiful: Vanishing Killers of the Animal Kingdom. Wollombi, NSW: Exisle Publishing. p. 272. ISBN 978-1-921497-22-3 

^ Kofron, Christopher P., Chapman, Angela. (2006) “Causes of mortality to the endangered Southern Cassowary Casuarius casuariusjohnsonii in Queensland, Australia.” Pacific Conservation Biology vol. 12: 175–179

^ Brown, Ismene (2009年3月6日). “Isadora Duncan, Sublime or Ridiculous?”. The Telegraph (London). http://www.telegraph.co.uk/culture/theatre/dance/4949201/Isadora-Duncan-sublime-or-ridiculous.html 2013年4月26日閲覧。 

^ a b Anabel Conner. “Strange Deaths Caused by Everyday Objects”. Ranker. 2018年1月18日閲覧。

^ FBI said 1951 death wasn’t ‘spontaneous human combustion,’ but mystery persists Archived 1 June 2014 at the Wayback Machine., Tampa Bay Times

^ Cited by Gareth Rubin “Live TV drama is resurrected as Sky shrugs off lessons of history”, The Guardian, 31 May 2009

^ Murray, John (2003年7月20日). “Do Not Adjust Your Set  By Kate Dunn: Live television drama may have gone, but, says Matthew Sweet, this entertaining history ensures it won’t be forgotten”. The Independent. 2003年8月10日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。 “An incident on the set of a 1958 edition of Armchair Theatre illustrates the perverse extremes of professionalism that television actors were expected to exhibit. The … cast included … a young Welsh actor named Gareth Jones. ‘During transmission’, recalls [Peter] Bowles, ‘a little group of us was talking on camera while awaiting the arrival of Gareth Jones’s character …. We could see him coming up towards us, and he was going to arrive on cue, but we saw him drop, we saw him fall. We had no idea what had happened, but he certainly wasn’t coming our way. The actors, including me, started making up lines: “I’m sure if So‑and‑so were here he would say…” ’ Jones had suffered a fatal heart attack – but rather than informing the actors of their colleague’s death and ceasing transmission of the play, the producers decided to let them stumble on to the end.”

^ SL-1 The Accident: Phases I and II U.S. Atomic Energy Commission Idaho Operations Office video (Youtube 1) (Youtube 2)

^ Chapter 15 “The SL-1 Reactor” (page 142) Archived 7 August 2011 at the Wayback Machine. 9.5 MB PDF

^ Tucker, Todd (2009). Atomic America: How a Deadly Explosion and a Feared Admiral Changed the Course of Nuclear History. New York: Free Press. ISBN 978-1-4165-4433-3  See summary: http://catdir.loc.gov/catdir/enhancements/fy0904/2008013842-s.html

^ McKeown, William (2003). Idaho Falls: The Untold Story of America’s First Nuclear Accident. Toronto: ECW Press. ISBN 978-1-55022-562-4 

^ McFadden, Robert D. (2006年4月4日). “Barry Bingham Jr., Louisville Publisher, Is Dead at 72”. The New York Times. https://www.nytimes.com/2006/04/04/business/media/04bingham.html?pagewanted=2&n=Top/Reference/Times%20Topics/People/M/McFadden,%20Robert%20D.%20Jr. 2010年5月11日閲覧。 

^ Ryan, Craig (2003). Magnificent Failure: Free Fall from the Edge of Space. Smithsonian Air and Space Museum Press. ISBN 978-1-58834-141-9. OCLC 51059086 

^ Dive Hard, The Globe and Mail, 25 May 2008

^ “Space disasters and near misses”. Channel 4. Archived from the original on 12 October 2008. Retrieved 29 June 2011.

^ “Unusual death”. Star-News (Wilmington, North Carolina): p. 28. (1974年2月20日). https://news.google.com/newspapers?id=yLQsAAAAIBAJ&sjid=jAoEAAAAIBAJ&dq=unusual-death&pg=6515%2C4463628 2010年6月12日閲覧。 

^ Staub, Jack E. (2005). “74. Yellowstone Carrot: Daucus carota savicus”. Alluring Lettuces: And Other Seductive Vegetables for Your Garden. Layton, Utah: Gibbs Smith. p. 230. ISBN 1-4236-0829-1. OCLC 435711200. https://books.google.com/booksid=qbMz7YrTBMEC&lpg=PA230&ots=zu1Pef9qdF&dq=bl&pg=PA230#v=onepage&q=%22Basil%20Brown%22&f=false 

^ “Carrot-Juice Addiction Cited in Briton’s Death”. The New York Times. (1974年2月17日). https://www.nytimes.com/1974/02/17/archives/carrotjuice-addiction-cited-in-britons-death.html 2017年11月24日閲覧。 

^ “Death by Laughing” (2012年6月22日). 2018年1月20日閲覧。

^ The Complete Goodies — Robert Ross, B T Batsford, London, 2000.

^ Man Dies Laughing at The Goodies, “Daily Mail”, London (29 March 1975)

^ A Goodies Way to Go — Laughing, “Eastern Daily Press”, Norwich (29 March 1975)

^ Slapstick! The Illustrated Story of Knockabout Comedy — Tony Staveacre, Angus & Robinson 1987

^ “The Naples Daily News from Naples, Florida · Page 2”. Newspapers.com. 2018年1月20日閲覧。

^ Cynthia Ceilán (2007), Thinning the Herd: Tales of the Weirdly Departed, Globe Pequot, p. 185, ISBN 978-1-59921-691-1 

^ James Roberts (4 March 2012), The tragedy of Tom Pryce, Wales’ Formula One hero, BBC Wales, “one of the most bizarre, tragic accidents in the sport’s history” 

^ John Dunning (1995), Strange Deaths, ISBN 0-09-941660-3 

^ Strange Deaths: More Than 375 Freakish Fatalities, (2000), ISBN 0-7607-1947-0 

^ Toates, Frederick; Olga Coschug Toates (2002). Obsessive Compulsive Disorder: Practical Tried-and-Tested Strategies to Overcome OCD. Class Publishing, 221. 978-1-85959-069-0.

^ Robot firm liable in death, Tim Kiska, The Oregonian, 11 August 1983.

^ Kiska, Tim (1983年8月11日). “Death on the job: Jury awards $10 million to heirs of man killed by robot at auto plant”. The Philadelphia Inquirer: pp. A10. http://docs.newsbank.com/g/GooglePM/PI/lib00187,0EB295F7D995F801.html 2007年9月11日閲覧。 

^ “Flying Lawnmower Death – Grim Reaper (contains additional references)”. Snopes.com. 2011年8月8日閲覧。

^ Gergen, Joe (2008年9月26日). “It was a grand stage for excitement”. Newsday. 2016年1月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年1月20日閲覧。

^ a b Kennedy, Shawn G. (1981年5月24日). “Boris Sagal, 58, Movie Director, Dies After A Helicopter Accident”. The New York Times. https://select.nytimes.com/gst/abstract.html?res=F40911FE3E5C0C778EDDAC0894D9484D81 2010年5月11日閲覧。 

^ a b “10 Strange Celebrity Deaths – J. Robert Godbout”. Open Salon (2009年7月8日). 2013年4月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年9月27日閲覧。

^ “Cactus Courageous – Death by Saguaro”. Snopes.com. 2011年8月8日閲覧。

^ “When Cactus and Civilization collide – Trifling with Saguaros can be Hazardous to one’s Health”. Phoenixnewtimes.com (1993年3月3日). 2011年8月8日閲覧。

^ a b 12 Strange Deaths

^ ‘O Corvo’ transforma morte de ator em clipe, Folha de S.Paulo (May 3, 1995) “Em Hollywood, apenas John Landis teve experiência semelhante -com Vic Morrow, morto num acidente bizarro no cenário de “No Limite da Realidade” (1983).

^ “NTSB Accident Report”. National Transportation Safety Board (1982年7月23日). 2012年5月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年12月22日閲覧。

^ “Drugs Linked to Death of Tennessee Williams”. The New York Times. (1983年8月14日). オリジナルの2017年2月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170226223629/http://www.nytimes.com/books/00/12/31/specials/williams-drugs.html 

^ Suzanne Daley (1983年2月27日). “Williams Choked on a Bottle Cap”. The New York Times. オリジナルの2017年11月17日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20171117180500/http://www.nytimes.com/books/00/12/31/specials/williams-choked.html 2018年2月18日閲覧。 

^ Wertheim, Jon (2005年10月19日). “Czech yourself (pt. 3)”. SI.com. オリジナルの2008年1月30日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080130173951/http://sportsillustrated.cnn.com/2005/writers/jon_wertheim/10/19/mailbag/2.html 2018年1月17日閲覧。 

^ “Odd mishap fells tennis official”. Evening Independent (St. Petersburg, Fla.): p. 3-C. (1983年9月12日). https://news.google.com/newspapers?id=fwIMAAAAIBAJ&sjid=jFkDAAAAIBAJ&pg=7153,2693520 2018年1月17日閲覧。 

^ “Tennis serve kills official”. The Afro American. (1983年9月24日). https://news.google.com/newspapers?id=kXImAAAAIBAJ&sjid=gv4FAAAAIBAJ&pg=4816,1253853&dq=dick+wertheim+tennis&hl=en 2018年1月17日閲覧。 

^ “Condor Club | North Beach, San Francisco”. New York Times. 2018年1月18日閲覧。

^ a b Jerry Roberts (2012). The Hollywood Scandal Almanac: Twelve Months of Sinister, Salacious and Senseless History!. Arcadia Publishing. p. 149. ISBN 978-1614237860 

^ Nexter.org (2018年3月21日). “When People DIED In Freak Accidents: Head Stuck Under Cinema Seat in Birmingham, Eating a Pocket-Size Bible + 2 More” (英語). nexter.org. 2019年12月12日閲覧。

^ “Aint No Way to Go: Food for Thought”. www.aintnowaytogo.com. 2019年12月12日閲覧。 “A prisoner who died when he choked on a Bible shoved down his throat baffled a medical specialist who at first suspected murder because he couldn’t believe someone could do that to themselves.”

^ a b International, United Press. “POLICE SAY EXCITED SKY DIVER FORGOT TO PUT ON HIS PARACHUTE” (英語). OrlandoSentinel.com. 2019年8月21日閲覧。

^ “Parachutist Dies When He Jumps Without a Chute” (英語). Los Angeles Times (1988年4月5日). 2019年8月21日閲覧。

^ “Un perro cayó del piso 13 y hubo 3 muertos: a 30 años de un accidente insólito” [A poodle fell from a 13th floor and three people died: 30 years after the unusual accident that moved Caballito] (スペイン語). www.lanacion.com.ar (2018年10月22日). 2019年12月18日閲覧。

^ “Créase o no: hace 30 años un perrito mató a tres personas al caer desde el piso 13” (スペイン語). Diario de Cuya. (2018年10月23日). https://www.diariodecuyo.com.ar/enlasredes/Crease-o-no-hace-30-anos-un-perrito-mato-a-tres-personas-al-caer-desde-el-piso-13-20181023-0023.html 2019年12月18日閲覧. “Hace tres décadas atrás, un insólito y trágico suceso tuvo lugar en la Ciudad Autónoma de Buenos Aires” 

^ Bizarre death at Piarco, Trinidad Guardian (January 16, 1990)

^ American Killed When He Jumps Into Jet’s Engine, Los Angeles Times (January 17, 1990) “Airports Authority chief Winston Suite said the bizarre death Sunday night was an apparent suicide.”

^ Weinraub, Bernard (1993年4月15日). “Bruce Lee’s Brief Life Being Brought to Screen”. The New York Times. 2016年8月19日閲覧。 “”Referring to the bizarre death of Brandon Lee, he said: ‘This latest tragedy is almost too much. I don’t know what to make of it. It’s almost like something unseen is taking place that’s more than a coincidence.'””

^ “The Reliable Source”. The Washington Post (1993年4月1日). 2016年8月19日閲覧。 “”Hollywood was aghast yesterday over the sudden and bizarre death of 27-year-old actor Brandon Lee, who was filming in Wilmington, N.C.””

^ Robey, Tim (2015年10月30日). “Brandon Lee and the ‘curse’ of The Crow”. The Telegraph. 2016年8月19日閲覧。 “”The accident that had just occurred may be the unluckiest in the history of Hollywood production, for a bleak variety of logistical reasons that only came to light afterwards. It was also among the eeriest and most tragic in a whole set of other ways.””

^ Window Test Death – Through a Glass, Quickly at Snopes.com

^ Goodman and Carr falls prey to rivals by Jacquie McNish, The Globe and Mail, 15 March 2007.

^ “Shafted”. Snopes. 2016年9月27日閲覧。

^ “Sportsman driver dies in fiery crash in Winston 100”. The Item/Google News (1995年10月7日). 2016年6月25日閲覧。

^ “Dimethylmercury and Mercury Poisoning”. Chm.bris.ac.uk. 2011年11月16日閲覧。

^ “The Trembling Edge of Science”. Iaomt.org. 2011年11月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年11月16日閲覧。

^ Loback, Erin (1997年2月24日). “Accident hospitalizes Wetterhahn”. The Dartmouth. 2016年1月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年1月20日閲覧。

^ “Health Deodorant obsession killed boy”. BBC (1998年10月29日). 2018年1月18日閲覧。

^ “Kemistry”. Fuller Up, the Dead Musician Directory. 2016年3月7日閲覧。

^ Breslin, Maria (1999年6月11日). “Teacher hit by javelin dies”. The Independent (London). https://www.independent.co.uk/news/teacher-hit-by-javelin-dies-1099330.html 2012年4月26日閲覧。 

^ “Javelin teacher dies in hospital”. BBC News. (1999年6月10日). http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/education/365923.stm 2012年4月26日閲覧。 

^ “German cannibal tells of fantasy”. BBC News. (2003年12月3日). http://news.bbc.co.uk/2/hi/europe/3286721.stm 2007年7月9日閲覧。 

^ “NBC: Cannibal trial shocks Germany – World news – NBC News”. msnbc.com. 2018年1月20日閲覧。

^ “Cannibal trial reveals perverse intimacy”. theage.com.au. 2018年1月20日閲覧。

^ “Man drowns after fall into cat bowl”. NZ Herald (2001年8月16日). 2018年1月20日閲覧。

^ “”Pizza Bomb” Update: Marjorie Diehl-Armstrong sentenced to life for bizarre Pa. collar-bomb killing”. CBS News. (2011年3月2日). オリジナルの2017年8月23日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170823204124/https://www.cbsnews.com/news/pizza-bomb-update-marjorie-diehl-armstrong-sentenced-to-life-for-bizarre-pa-collar-bomb-killing 

^ “Lava Lamp Death”. Snopes. 2016年9月27日閲覧。

^ “The Strange, Sad Story of the Man Named Mr. Hands Who Died from Having Sex with a Horse”. Vice. Vice.com. 2016年2月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年3月25日閲覧。

^ “Fire Hydrant Death – Fire Plugged”. Snopes.com. 2011年8月8日閲覧。

^ Harris, Harry (2007年6月23日). “Flying fire hydrant kills man”. Oakland Tribune. 2015年7月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年1月20日閲覧。

^ “Flying fire hydrant kills Calif. man”. USA Today. (2007年6月23日). https://www.usatoday.com/news/offbeat/2007-06-23-fire-hydrant_N.htm 2011年8月8日閲覧。 

^ “Leaping ray kills Florida boater”. BBC News. (2008年3月21日). http://news.bbc.co.uk/1/hi/7308839.stm 

^ “Blunt force trauma killed woman struck by ray”. CNN. (2008年3月21日). http://edition.cnn.com/2008/US/03/21/eagleray/index.html?eref=yahoo 

^ “Stingray kills woman on boat”. NBC News. (2008年3月20日). http://www.nbcnews.com/id/23727914/ns/us_news-life/t/stingray-kills-woman-boat-florida-keys/ 

^ Halfpenny, Martin (2008年11月19日). “Chainsaw death was ‘carefully thought through suicide’”. The Independent (London). https://www.independent.co.uk/news/uk/home-news/death-was-carefully-thought-through-suicide-1025503.html 2008年11月22日閲覧。 

^ “Man cut off head in flat protest”. BBC News. (2008年11月19日). http://news.bbc.co.uk/1/hi/england/hampshire/7737721.stm 

^ “Woman Died From Sex With Dog, Sean McDonnell Arrested In Limerick, Ireland”. The Huffington Post. http://www.huffingtonpost.com/2011/07/08/woman-dies-allergic-sex-with-dog_n_893509.html 

^ Goldman, Russell (2009年6月4日). “Police: Carradine Found Naked, Hanged in Closet”. ABC News. http://abcnews.go.com/Entertainment/story?id=7757144&page=1 2019年4月9日閲覧。 

^ “Actor David Carradine Found Dead”. CNN. (2009年6月4日). http://www.cnn.com/2009/SHOWBIZ/06/04/obit.david.carradine/index.html 2019年4月9日閲覧。 

^ “Coyotes kill Toronto singer in Cape Breton”. CBC News (2009年10月29日). 2016年8月22日閲覧。 “”Bob Bancroft, a retired biologist with the Department of Natural Resources, said this kind of attack is extremely rare…””

^ “When coyotes attack”. Explore (2010年2月22日). 2016年8月22日閲覧。 “”As headline writers across the continent tried to marry some unfamiliar words—fatal, coyote, mauling—most people who spend time outdoors found it hard to believe that coyotes had actually killed a human.””

^ Horgan, Colin (2009年10月30日). “Coyote killings are rare and shocking”. The Guardian. 2016年8月22日閲覧。 “”Singer Taylor Mitchell’s death was highly unusual . . . [D]espite the frequency of coyote encounters, attacks are rarely very serious, and deaths as a result are virtually unheard of.””

^ “Mike Edwards hay bale death: celebrities in freak killings”. Daily Telegraph. (6 September 2010). http://www.telegraph.co.uk/news/picturegalleries/celebritynews/7984944/Mike-Edwards-hay-bale-death-celebrities-in-freak-killings.html. 

^ “ELO cellist Mike Edwards’s hay bale death ‘preventable’”. BBC News. (2012年11月8日). http://www.bbc.co.uk/news/uk-england-devon-20259274 2013年8月7日閲覧。 

^ sterlingwit (2012年11月2日). “Mike Edwards — Killed by a Hay Bale”. Ultimate Classic Rock. 2018年1月20日閲覧。

^ “Owner of Segway pilots Segway off cliff, dies”. The Inquisitr News. 2018年1月20日閲覧。

^ “セグウェイ社オーナー、セグウェイで転落死”. 日テレNEWS24. 2019年7月16日閲覧。

^ “セグウェイのオーナーが事故死–セグウェイ走行中に川に転落”. CNET Japan. 2019年7月16日閲覧。

^ “Man stabbed to death by cockfighting bird”. BBC News. (2011年2月8日). http://www.bbc.co.uk/news/world-us-canada-12393125 2011年3月19日閲覧。 

^ Peralta, Eyder (2011年2月7日). “Weird News: California Man Fatally Stabbed By Rooster : The Two-Way”. NPR. 2013年9月26日閲覧。

^ “落とし穴で夫婦死亡 石川の海辺、妻が掘る”. 日本経済新聞. 2022年9月18日閲覧。

^ “海岸の落とし穴転落死、妻と友人ら7人書類送検 石川、重過失致死などの疑い”. 日本経済新聞. 2022年9月18日閲覧。

^ “Florida man who died in cockroach-eating contest choked to death, autopsy says”. NBC News. (2012年11月26日). http://usnews.nbcnews.com/_news/2012/11/26/15460502-florida-man-who-died-in-cockroach-eating-contest-choked-to-death-autopsy-says?lite 

^ “Edward Archbold, roach eating contest death: What really killed the West Palm Beach man?” (2012年10月10日). 2013年10月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年10月27日閲覧。

^ “Equine expert killed as horse shoe sparks explosion heard 30 miles away”. The Daily Telegraph. (2012年2月13日). http://www.telegraph.co.uk/earth/wildlife/9079168/Equine-expert-killed-as-horse-shoe-sparks-explosion-heard-30-miles-away.html 

^ “Officials: Horse’s metal shoes sparked fatal blast in oxygen chamber”. NBCNews (2012年2月17日). 2013年1月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年1月20日閲覧。

^ “Explosion at Fla. horse center kills worker, horse” (2012年2月10日). 2018年1月20日閲覧。

^ Billones, Cherrie Lou (2013年1月21日). “Father bites his own son to death for being ‘possessed by a snake’”. Japan Daily Press. http://japandailypress.com/father-bites-his-own-son-to-death-for-being-possessed-by-a-snake-2121879/ 2014年7月3日閲覧。 

^ “Widow Sues for Her Husband’s Horrible Death in a Dumpster”. Courthouse News Service. (2014年2月13日). http://www.courthousenews.com/2014/02/13/65349.htm 2016年4月4日閲覧。 

^ “Beaver kills man in Belarus”. The Guardian. (2013年5月29日). https://www.theguardian.com/world/2013/may/29/beaver-kills-man-belarus 

^ Jones, Simon (2013年5月31日). “Beavers are born to bite wood, not people”. New Scientist. https://www.newscientist.com/article/dn23625-beavers-are-born-to-bite-wood-not-people.html 2014年1月22日閲覧。 

^ Roper, Matt (2013年7月13日). “Brazilian man dies after cow falls through his roof on top of him”. The Daily Telegraph (London). ISSN 0307-1235. http://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/southamerica/brazil/10177786/Brazilian-man-dies-after-cow-falls-through-his-roof-on-top-of-him.html 2014年2月20日閲覧。 

^ “Oklahoma Man Sentenced To 30 Years In ‘Atomic Wedgie’ Death Case”. South Western Times. (2015年7月17日). http://www.swtimes.com/news/state-news/oklahoma-man-sentenced-30-years-atomic-wedgie-death-case 

^ Aric Mitchell (2015年7月17日). “Atomic Wedgie Killer Sentenced: Brad Lee Davis Gets 30 Years for Unusual M.O.”. Inquistr. http://www.inquisitr.com/2260866/atomic-wedgie-killer-sentenced-brad-lee-davis-gets-30-years-for-unusual-m-o/ 

^ Dandron, Jennifer. “US Justice Department: No criminal charges in gym mat death”. http://bigstory.ap.org/article/d6fa9fa6da444646b81a0daa7d44431c/us-justice-department-no-criminal-charges-gym-mat-death 2016年9月2日閲覧。 

^ “Federal prosecutor will look into Kendrick Johnson case”. CNN. http://www.cnn.com/2013/10/31/justice/georgia-gym-mat-death/index.html?hpt=hp_t1 2013年10月31日閲覧。 

^ Tinuoye, Kunbi. “Kendrick Johnson family makes emotional plea for surveillance to be released”. http://thegrio.com/2013/10/10/kendrick-johnson-family-makes-emotional-plea-for-surveillance-to-be-released/ 

^ Zdanowicz, Christina (2013年5月10日). “Family demands answers in Kendrick Johnson’s death”. CNN. http://www.cnn.com/2013/05/10/us/kendrick-johnson-death-irpt/ 

^ Gutierrez, Gabe (2013年10月31日). “Feds to investigate mysterious death of Georgia teen Kendrick Johnson”. NBC News. http://www.nbcnews.com/news/other/feds-investigate-mysterious-death-georgia-teen-kendrick-johnson-f8C11506328 

^ “Boy fatally impaled on statue outside Texas Tech’s National Ranching Heritage Museum”. Lubbock Avalanche-Journal. (2013年6月24日). http://lubbockonline.com/filed-online/2013-06-24/boy-fatally-impaled-statue-outside-texas-techs-national-ranching-heritage 2015年12月14日閲覧。 

^ a b “13-year-old killed after goat falls from roof of building in Turkey”. Hürriyet Daily News (2014年10月5日). 2018年2月3日閲覧。

^ Rankin, Jennifer; Penketh, Anne (2014年10月21日). “Total boss killed in plane crash: investigators blame drunk driver”. The Guardian. ISSN 0261-3077. https://www.theguardian.com/business/2014/oct/21/total-boss-killed-plane-crash-christophe-de-margerie-drunk-driver 2017年5月23日閲覧。 

^ “The legacy of oil executive Christophe de Margerie, dead in freak Moscow plane crash”. Washington Post. 2017年5月23日閲覧。

^ “Chinese chef dies after severed cobra head bites him” (英語). NEWYORK POST. (2014年8月24日). https://nypost.com/2014/08/24/chinese-chef-dies-after-severed-cobra-head-bites-him/ 

^ “Chef cooking snake dies after…”. Mirror. 2015年7月29日閲覧。

^ Sara Coughlin (2015年10月26日). “Chelsea Ake-Salvacion Death Cryotherapy Chamber Spa”. Refinery29. 2018年1月20日閲覧。

^ Tess Koman (2015年10月26日). “24-Year-Old Salon Worker Found Dead Inside Cryotherapy Chamber”. Cosmopolitan. 2018年1月20日閲覧。

^ Mansfield, Katie (2015年12月17日). “Airline horror as airport worker is killed by being sucked into plane engine” (英語). 2017年2月5日閲覧。

^ Lakshmi, Rama (2015年12月16日). “A ground crew member is sucked into the aircraft engine at Mumbai airport” (英語). The Washington Post. https://www.washingtonpost.com/news/worldviews/wp/2015/12/16/a-ground-crew-member-is-sucked-into-the-aircraft-engine-at-mumbai-airport/ 

^ “Indian bus driver ‘killed by meteorite strike’” (英語). The Telegraph. (2016年2月8日). http://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/asia/india/12146928/Indian-bus-driver-killed-by-meteorite-strike.html 

^ “Meteorite Killed Man at Indian College, Says Chief Minister” (英語). The Wall Street Journal. https://blogs.wsj.com/indiarealtime/2016/02/08/meteorite-killed-man-at-indian-college-says-chief-minister/ 

^ “Blast samples from Vellore college are meteorite parts, says Trichy lab report” (英語). The Indian Express. (2016年2月12日). http://indianexpress.com/article/india/india-news-india/vellore-blast-tamil-nadu-blast-samples-from-vellore-college-are-meteorite-parts-says-trichy-lab-report/ 

^ “A year after a promise that Verruckt will come down, fatal water slide still stands” (英語). kansascity. http://www.kansascity.com/news/politics-government/article185464243.html 2017年12月11日閲覧。 

^ “Teens reveal horror of seeing boy, 10, ‘decapitated’ on the world’s tallest waterslide” (英語). The Sun. (2016年8月11日). https://www.thesun.co.uk/news/1591482/teenage-girls-reveal-horror-of-seeing-10-year-old-boy-decapitated-on-the-worlds-tallest-waterslide/ 2017年12月11日閲覧。 

^ “Indonesian pop star Irma Bule bitten by cobra on stage, continues for 45 minutes before fatal collapse”. The Age. (2016年4月8日). http://www.theage.com.au/entertainment/music/indonesian-pop-star-irma-bule-bitten-by-cobra-on-stage-continues-for-45-minutes-before-fatal-collapse-20160408-go1wqi.html 

^ Yenni Kwok. “The Real Story of the Indonesian Singer and the Cobra”. Time.com. http://time.com/4286323/irma-bule-snake-bite-cobra-singer-dangdut-indonesia/ 2016年4月11日閲覧。 

^ Visser, Steve (2016年6月19日). “Anton Yelchin, ‘Star Trek’ actor, dies”. Edition.cnn.com. 2016年6月19日閲覧。

^ “Anton Yelchin’s bizarre death spurs investigation of Jeep SUV”. NBC News (2016年6月21日). 2016年8月23日閲覧。

^ “Girl dies after elephant throws stone in Morocco zoo”. BBC news. (2016年7月28日). http://www.bbc.co.uk/news/world-africa-36914884 

^ Chris Johnston (2016年7月28日). “Girl, 7, dies after being hit by rock thrown by elephant in Morocco zoo”. Guardian. https://www.theguardian.com/world/2016/jul/28/girl-dies-rabat-zoo-elephant-morocco 

^ “きゅうりがすっぽり、オナニー死…高齢者の“自慰事情””. AERAdot.. (2016年5月5日). https://search.yahoo.co.jp/amp/s/dot.asahi.com/amp/wa/2016042800196.html 

^ “Family friends identify 5-year-old boy killed in freak accident at Atlanta rotating restaurant”. 2018年1月20日閲覧。

^ “Florida man crashes into fire hydrant and drowns on 89th birthday” (英語). 2018年1月20日閲覧。

^ Bill Lindelof. “Woman dies after falling from golf cart onto wine glasses”. The Sacramento Bee. 2017年7月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年7月1日閲覧。 “Co-workers of Debra Bedard of San Jose, Calif., expressed condolences after she died in a freak golf cart accident in an olive orchard Friday night.”

^ “Model Rebecca Burger Died After a Whipped Cream Dispenser Exploded” (英語). 2018年1月20日閲覧。

^ “Getuige in zaak Holleeder dood door bizar visongeluk (in Dutch; “Witness in Holleeder case dead after bizarre fishing accident”)”. NOS. https://nos.nl/artikel/2202840-getuige-in-zaak-holleeder-dood-door-bizar-visongeluk.html 

^ “Woman dies after hair caught in go-kart” (英語). BBC News. (2018年2月15日). オリジナルの2018年2月18日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180218100226/http://www.bbc.co.uk/news/world-asia-india-43068245 2018年3月24日閲覧。 

^ “Southwest sends apology, $US5,000, to passengers on damaged jet”. The Sydney Morning Herald. 2018年4月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年4月21日閲覧。

^ “First picture of mum killed after being ‘sucked out of Southwest plane’ during mid-air engine explosion”. MSN. オリジナルの2018年4月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180421232901/https://www.msn.com/en-gb/news/world/first-picture-of-mum-killed-after-being-sucked-out-of-southwest-plane-during-mid-air-engine-explosion/ar-AAvZI9A?li=BBoPWjQ 2018年4月21日閲覧。 

^ “Why an Australian Man Died 8 Years After Eating a Slug” (英語). Motherboard. (2018年11月5日). https://motherboard.vice.com/en_us/article/d3bg9y/why-it-took-eating-a-slug-8-years-to-kill-an-australian-man-sam-ballard-rat-lungworm-disease 2018年11月7日閲覧。 

^ a b “「度胸試し」でヤモリを飲み込んだ男性、緑色の胆汁を吐き続け死亡 遺族に憤りの声も?”. Exciteニュース. https://www.excite.co.jp/news/article/Real_Live_47184/ 2019年7月11日閲覧。 

^ “LIZARD DARE DEATH Man who was ‘dared to eat gecko at a party’ dies 10 days later in ‘absolute agony’ from salmonella infection” (英語). The Sun. https://www.thesun.co.uk/news/9416351/dared-eat-gecko-australia-dead/ 2019年7月11日閲覧。 

参考文献[編集]
Russell R. Winterbotham (1929). Curious and Unusual Deaths. Haldeman-Julius, Girard, Kansas. https://books.google.com/books?id=JS5mHAAACAAJ. 
Michael Powell (5 August 2008). Curious Events in History. Sterling Publishing. ISBN 978-1-4027-6307-6. https://books.google.com/books?id=7HTfGRRllAQC. 
Nick Daws (2005). Daft Deaths and Famous Last Words. Lagoon Books. ISBN 978-1-9047-9715-9 
Dale Dreher, ebook Death by Misadventure: 210 Dumb Ways to Die.
David Southwell and Sean Twist (1 September 2007). Mysterious Deaths and Disappearances. The Rosen Publishing Group. ISBN 978-1-4042-1081-3. https://books.google.com/?id=HCExOEknBQ0C. 
John Dunning Strange Deaths (true crime)
Strange Deaths: More Than 375 Freakish Fatalities. (1 January 2000). ISBN 978-0-7607-1947-3. https://books.google.com/books?id=fijmTMOJrJcC 
Bellamy, John G (1 December 2008). Strange Inhuman Deaths. ISBN 978-0-7509-3864-8. https://books.google.com/books?id=1wrJygAACAAJ 
The Fortean Times Book of Strange Deaths. (2011). ISBN 978-1-907779-97-8. https://books.google.com/books?id=5RpLMwEACAAJ 
The Fortean Times Book of More Strange Deaths. (October 1998). ISBN 978-1-902212-02-9. https://books.google.com/books?id=py_ZAAAACAAJ 外部リンク[編集]
Curious and Unusual Deaths Pictures. Discovery Channel.
Freakish Fatalities Snopes.com
「https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=珍しい死の一覧&oldid=91517853」から取得
カテゴリ: 死去した人物人間関連の一覧隠しカテゴリ: Open Libraryのリンクがある記事Webarchiveテンプレートのウェイバックリンク無効な出典が含まれている記事/2019年出典を必要とする記述のある記事/2020年4月

評価: 4~5 つ星
レビュー: 8295
再生回数: 1763
[spincontent type=”j”]

Youtube

2. 世界 一 高い ウォーター スライダー 首 切断 Yomiuri

Yomiuri
世界 一 高い ウォーター スライダー 首 切断

説明: 世界 一 高い ウォーター スライダー 首 切断 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 世界 一 高い ウォーター スライダー 首 切断 は、読売で検索されたもので、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 1551
[spincontent type=”j”]

3. 世界 一 高い ウォーター スライダー 首 切断 Asahi Shimbun

朝日新聞
世界 一 高い ウォーター スライダー 首 切断

説明: 朝日新聞で検索した 世界 一 高い ウォーター スライダー 首 切断 に関する上記の情報が、世界 一 高い ウォーター スライダー 首 切断 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 4753
[spincontent type=”j”]

4. 世界 一 高い ウォーター スライダー 首 切断 The Japan Times

The Japan Times
世界 一 高い ウォーター スライダー 首 切断

説明: ジャパン タイムズで検索した 世界 一 高い ウォーター スライダー 首 切断 に関する記事のトップです。世界 一 高い ウォーター スライダー 首 切断 に関する疑問を解決するのに役立ちます。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 9671
[spincontent type=”j”]

5. 世界 一 高い ウォーター スライダー 首 切断 Yomiuri Shimbun

読売新聞
世界 一 高い ウォーター スライダー 首 切断

説明: 世界 一 高い ウォーター スライダー 首 切断 に関する詳細情報はすでにありますか? 世界 一 高い ウォーター スライダー 首 切断 という記事が読売新聞で検索されました。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 6242
[spincontent type=”j”]

6. 世界 一 高い ウォーター スライダー 首 切断 Mainichi Shimbun

毎日新聞
世界 一 高い ウォーター スライダー 首 切断

説明: 毎日新聞で見つけた 世界 一 高い ウォーター スライダー 首 切断 に関する上記の情報が、世界 一 高い ウォーター スライダー 首 切断 に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 7800
[spincontent type=”j”]

7. 世界 一 高い ウォーター スライダー 首 切断 Sankei Shimbun

産経新聞
世界 一 高い ウォーター スライダー 首 切断

説明: 産経新聞で検索した 世界 一 高い ウォーター スライダー 首 切断 に関する記事のトップです。世界 一 高い ウォーター スライダー 首 切断 に関する疑問を解決するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 1440
[spincontent type=”j”]

8. 世界 一 高い ウォーター スライダー 首 切断 Nihon Keizai Shimbun

日本経済新聞
世界 一 高い ウォーター スライダー 首 切断

説明: 世界 一 高い ウォーター スライダー 首 切断 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 世界 一 高い ウォーター スライダー 首 切断 は、日本経済新聞で検索され、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 9594
[spincontent type=”j”]

9. 世界 一 高い ウォーター スライダー 首 切断 Chunichi Shimbun

中日新聞
世界 一 高い ウォーター スライダー 首 切断

説明: 中日新聞で検索した 世界 一 高い ウォーター スライダー 首 切断 に関する上記の情報が、世界 一 高い ウォーター スライダー 首 切断 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 9324
[spincontent type=”j”]

10. 世界 一 高い ウォーター スライダー 首 切断 Tokyo Shimbun

東京新聞
世界 一 高い ウォーター スライダー 首 切断

説明: 世界 一 高い ウォーター スライダー 首 切断 に関する質問を解決するために、東京新聞で検索した 世界 一 高い ウォーター スライダー 首 切断 に関する記事のトップです。
評価: 4~5 つ星
評価: 5544
[spincontent type=”j”]

11. 世界 一 高い ウォーター スライダー 首 切断 Nihon Kogyo Simbun

日本工業新聞
世界 一 高い ウォーター スライダー 首 切断

説明: 世界 一 高い ウォーター スライダー 首 切断 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 世界 一 高い ウォーター スライダー 首 切断 は日本工業新聞で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 3152
[spincontent type=”j”]

12. 世界 一 高い ウォーター スライダー 首 切断 Nikkan Kogyo Shimbun

日刊工業新聞
世界 一 高い ウォーター スライダー 首 切断

説明: 日刊工業新聞で見つけた 世界 一 高い ウォーター スライダー 首 切断 に関する上記の情報が、世界 一 高い ウォーター スライダー 首 切断 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 6296
[spincontent type=”j”]

13. 世界 一 高い ウォーター スライダー 首 切断 Ainu Times

アイヌタイムス
世界 一 高い ウォーター スライダー 首 切断

説明: アイヌ タイムズで検索した 世界 一 高い ウォーター スライダー 首 切断 に関する記事のトップです。世界 一 高い ウォーター スライダー 首 切断 に関する質問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 9635
[spincontent type=”j”]

14. 世界 一 高い ウォーター スライダー 首 切断 Akita Sakigake Shimpo

秋田魁新報
世界 一 高い ウォーター スライダー 首 切断

説明: 世界 一 高い ウォーター スライダー 首 切断 に関する詳細情報はすでにありますか? 世界 一 高い ウォーター スライダー 首 切断 という記事は、秋田魁新報で検索したものです。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 90 47
[spincontent type=”j”]

15. 世界 一 高い ウォーター スライダー 首 切断 Chiba Nippo

千葉日報
世界 一 高い ウォーター スライダー 首 切断

説明: 千葉日報で検索した 世界 一 高い ウォーター スライダー 首 切断 に関する上記の情報が、世界 一 高い ウォーター スライダー 首 切断 に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 3378
[spincontent type=”j”]

16. 世界 一 高い ウォーター スライダー 首 切断 Chugoku Shimbun

中国新聞
世界 一 高い ウォーター スライダー 首 切断

説明: 中国新聞で検索した 世界 一 高い ウォーター スライダー 首 切断 に関する記事のトップです。世界 一 高い ウォーター スライダー 首 切断 に関する疑問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 8163
[spincontent type=”j”]

17. 世界 一 高い ウォーター スライダー 首 切断 Daily Tohoku

デイリー東北
世界 一 高い ウォーター スライダー 首 切断

説明: 世界 一 高い ウォーター スライダー 首 切断 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 世界 一 高い ウォーター スライダー 首 切断 はデイリー東北で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 1960
[spincontent type=”j”]

18. 世界 一 高い ウォーター スライダー 首 切断 The Eastern Chronicle

イースタン クロニクル
世界 一 高い ウォーター スライダー 首 切断

説明: イースタン クロニクルで検索した 世界 一 高い ウォーター スライダー 首 切断 に関する上記の情報が、世界 一 高い ウォーター スライダー 首 切断 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 8692
[spincontent type=”j”]

世界 一 高い ウォーター スライダー 首 切断 に関する質問

世界 一 高い ウォーター スライダー 首 切断 についてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。ご質問やご提案はすべて、次の記事の改善に役立てさせていただきます。

記事 世界 一 高い ウォーター スライダー 首 切断 は、私と私のチームがさまざまな情報源から編集したものです。 記事 世界 一 高い ウォーター スライダー 首 切断 が役に立った場合は、チームをサポートしてください。「いいね」または「共有」してください!

検索キーワード 世界 一 高い ウォーター スライダー 首 切断

世界 一 高い ウォーター スライダー 首 切断
方法世界 一 高い ウォーター スライダー 首 切断
チュートリアル 世界 一 高い ウォーター スライダー 首 切断
【キーワード】 無料

Có thể bạn quan tâm: