あなたは ヴォルフガング アマデウス モーツァルト 交響曲 第 40 番 について学んでいます。今日は、インターネット上の多くの情報源から私たちのチームが編集および編集した記事 ヴォルフガング アマデウス モーツァルト 交響曲 第 40 番 を共有します。 ヴォルフガング アマデウス モーツァルト 交響曲 第 40 番 に関するこの記事がお役に立てば幸いです。

Page Contents

ヴォルフガング アマデウス モーツァルト 交響曲 第 40 番

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ポータル クラシック音楽音楽・音声外部リンク
全曲を試聴する
Mozart: Symphony n°40 / OCNE / N. Krauze – ニコラス・クラウゼ指揮新ヨーロッパ室内管弦楽団による演奏。新ヨーロッパ室内管弦楽団公式YouTube。
交響曲第40番 ト短調 K. 550

第1楽章 Molto Allegro

第2楽章 Andante

第3楽章 Menuetto. Allegretto

第4楽章 Finale. Allegro assai

井上京(指揮)、管弦楽団紬による演奏これらの音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。交響曲第40番 ト短調 K. 550 は、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトが作曲した交響曲である[1]。

概要[編集]
モーツァルトの作品の中でも有名なものの1つであり、モーツァルトの交響曲のうち短調のものはこの作品を含めてわずか2曲しかなく[2]、その両方がト短調であるため、こちらを「大ト短調」、もう一方の交響曲第25番を「小ト短調」と呼ぶことがある。第40番はトランペットとティンパニが用いられていないほか、第25番とは全体の構成、調性の選択、移行の仕方など、かなり多くの点で類似が認められる。
1788年7月25日にウィーンで完成された。同年に作曲された第39番(6月26日)、第41番『ジュピター』(8月10日)とともに「3大交響曲」と呼ばれる。3曲とも作曲の目的や初演の正確な日時は不明であるが、モーツァルトは本作を除き(後述)、これらの曲の演奏を聴かずに世を去ったと推測されている。

初演[編集]
本作の初演に関する記録は残されていないが、モーツァルトの生前には演奏されていたと推測されている。それは、初稿のほかに、2本のクラリネットを含んだ木管のパートを追加した改訂版が残されているためであり、モーツァルトが実際に演奏する目的なしに曲を改訂するとは考えにくいためである。
また、第2楽章の一部に差し替え用の楽譜が残されている[3]。この楽譜は1789年2月以前に書かれたことが分かっており、1788年の演奏会のために作られたと考えられる。
1789年のベルリン旅行と1790年のフランクフルト旅行では、モーツァルトが自分の交響曲の楽譜を携えていったことは確かである。
「1791年4月16日と17日、ウィーンの音楽家協会の演奏会でモーツァルト氏の新しい大交響曲がアントニオ・サリエリの指揮で演奏された」という史料が残っている。この大交響曲とは本作のことを指すものであろうと推測されている。

楽器編成[編集]
フルート1、オーボエ2、ファゴット2、ホルン2(変ロ管とト管、変ホ管)、ヴァイオリン2部、ヴィオラ、バス(チェロ、コントラバス)
初稿と改訂稿があり、後者にはクラリネット2本が追加されている。どちらで演奏するかは指揮者の裁量によるが、現在のところ、クラリネット入りの改訂稿で演奏されることのほうが多い。
ティンパニとトランペットを欠く。

曲の構成[編集]
第1楽章 モルト・アレグロ
ト短調、2分の2拍子、ソナタ形式。
ヴィオラの8分音符の和音の刻みに乗って次の第1主題で始まる。

第2楽章 アンダンテ
変ホ長調、8分の6拍子、ソナタ形式。

8分音符の同音6連という朴訥な第1主題がヴィオラから第2ヴァイオリン、第1ヴァイオリンへと重なりながら出る。
第3楽章 メヌエット (アレグレット) – トリオ
ト短調 – ト長調、4分の3拍子、複合三部形式。

主旋律が一般的な8小節単位の組み合わせではなく、各所で3小節単位となったり2小節単位になったりするため、変拍子的な印象を与える。ト長調のトリオはホルンの響きが象徴的な音楽。第4楽章 フィナーレ:アレグロ・アッサイ
ト短調、2分の2拍子、ソナタ形式。

駆け上がる分散和音の前半と強奏の後半とでできた激しい第1主題で始まる。激しい経過部を経たのち定石通り平行調の変ロ長調で静かで優しい第2主題が出る。

展開部では第1主題の前半の動機が主に展開される。その他[編集]
自筆譜は、ヨハネス・ブラームスが生前所有していた。これは、ピアノ五重奏曲を献呈された返礼としてヘッセン方伯家の公子妃マリア・アンナから贈られたもの。現在ではウィーン楽友協会が所有している(ブラームスの遺贈)。
インド・コルカタのハウラー駅(英語版)構内では、列車の発着のつど、第1楽章冒頭の主題が流されている。
陸運支局の自動車検査ラインの光軸検査ブースで、光軸テスターが稼働する際に注意喚起のため第1楽章冒頭の主題がリピートで流れるものがある。
シャルル=ヴァランタン・アルカンは、この曲の第3楽章をピアノ独奏用に編曲している。
ハンス・ファン・ニーウコープとジャック・ファン・オールトメルセンは、この曲を4手オルガンに編曲して演奏している(CDはBISレーベル BIS-CD-418)。
第1楽章に歌詞を付けたフレンチ・ポップスとして、シルヴィ・ヴァルタンの「哀しみのシンフォニー」(原題は Caro Mozart , 日本語に訳せば「親愛なるモーツァルト」 1972年3月25日リリース)が知られている (歌詞はイタリア語)。
Windows95のサンプルMIDIファイルのひとつが、この交響曲の第1楽章であった。
小林秀雄がその代表作の一つ『モオツアルト』において、道頓堀でふと頭の中に響き渡った曲として楽譜を作中に引用しているのはこの曲の第4楽章である。
伊東温泉競輪場の発売締め切り告知BGM – 第1楽章冒頭の主題が流されている。参考文献[編集]
『作曲家別名曲解説ライブラリー14 モーツァルトI』音楽之友社、1993年
海老澤敏ほか『モーツァルト事典』東京書籍、1991年
H.C.ロビンズ・ランドン『モーツァルト最後の年』海老澤敏訳、中央公論社、2001年脚注[編集]

ウィキメディア・コモンズには、交響曲第40番 (モーツァルト)に関連するカテゴリがあります。^ ハイドンなどの場合と同様に、この時代の通例としてナンバリングは作曲者自身によるものではなく、実際に40番目の交響曲という訳ではない(詳細は「モーツァルトの交響曲」の項目参照)。

^ 他に1765年の作とされ、1983年にデンマークのオーデンセで再発見された交響曲イ短調 K.16a『オーデンセ』があるが、こちらは偽作説が有力となっている。また、モーツァルトは宗教劇『救われたベトゥーリア』の序曲を交響曲に編曲しているが、こちらはニ短調である。

^ ベーレンライター社の新全集版では付録となっている。1997年にクリフ・アイゼンがこの断片をモーツァルト自身による(クラリネット追加と別の)改訂案とする研究を発表。ブライトコプフ&ヘルテル社が注目し、2014年にヘンリク・ヴィーゼ校訂で新版を出した。「クラリネット無しの版」を自筆断片や筆写パート譜に基づき修正した第3のヴァージョンとなる

外部リンク[編集]
交響曲第40番 ト短調 K.550の楽譜 – 国際楽譜ライブラリープロジェクト表話編歴モーツァルトの交響曲番号付き
第1番 変ホ長調 K. 16
第2番 変ロ長調 K. 17 (Anh. C 11.02)a
第3番 変ホ長調 K. 18 (Anh. A 51)b
第4番 ニ長調 K. 19
第5番 変ロ長調 K. 22
第6番 ヘ長調 K. 43
第7番 ニ長調 K. 45
第8番 ニ長調 K. 48
第9番 ハ長調 K. 73
第10番 ト長調 K. 74
第11番 ニ長調 K. 84 (73q)
第12番 ト長調 K. 110 (75b)
第13番 ヘ長調 K. 112
第14番 イ長調 K. 114
第15番 ト長調 K. 124
第16番 ハ長調 K. 128
第17番 ト長調 K. 129
第18番 ヘ長調 K. 130
第19番 変ホ長調 K. 132
第20番 ニ長調 K. 133
第21番 イ長調 K. 134
第22番 ハ長調 K. 162
第23番 ニ長調 K. 181 (162b)
第24番 変ロ長調 K. 182 (173dA)
第25番 ト短調 K. 183 (173dB)
第26番 変ホ長調 K. 184 (161a)
第27番 ト長調 K. 199 (161b)
第28番 ハ長調 K. 200 (189k)
第29番 イ長調 K. 201 (186a)
第30番 ニ長調 K. 202 (186b)
第31番 ニ長調 K. 297 (300a)『パリ』
第32番 ト長調 K. 318『序曲』c
第33番 変ロ長調 K. 319
第34番 ハ長調 K. 338
第35番 ニ長調 K. 385『ハフナー』d
第36番 ハ長調 K. 425『リンツ』
第37番 ト長調 K. 444 (425a)e
第38番 ニ長調 K. 504『プラハ』
第39番 変ホ長調 K. 543
第40番 ト短調 K. 550
第41番 ハ長調 K. 551『ジュピター』
^a 第2番はレオポルト・モーツァルトの作品とされる。
^b 第3番はカール・フリードリヒ・アーベルの作品である。
^c 第32番は単一楽章から成り、何らかの作品の序曲とされる。
^d 第35番は自作のセレナードからの改変作である。
^e 第37番は第1楽章の序奏部のみモーツァルトの作品であり、その他はミヒャエル・ハイドンの作品である。番号なし
イ短調 K. Anh. 220 (16a)『オーデンセ』
ヘ長調 K. Anh. 223 (19a)
ト長調 K. Anh. 221 (45a)『旧ランバッハ』
モーツァルトの楽曲一覧
典拠管理
BNF: cb13915276b (データ)
GND: 300111150
J9U: 987007508082805171
LCCN: n81018421
MBW: 9b2cef67-a5f8-4132-b928-a728bda34c27, 724cdab2-00ea-4aa2-b2b4-9d246d3672e0
VIAF: 179424998
WorldCat Identities(VIAF経由): 179424998

「https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=交響曲第40番_(モーツァルト)&oldid=91395953」から取得
カテゴリ: モーツァルトの交響曲ト短調1788年の楽曲隠しカテゴリ: 楽譜を使用しているページHAudioマイクロフォーマットがある記事BNF識別子が指定されている記事GND識別子が指定されている記事J9U識別子が指定されている記事LCCN識別子が指定されている記事MusicBrainz作品識別子が指定されている記事VIAF識別子が指定されている記事WorldCat-VIAF識別子が指定されている記事

評価: 4~5 つ星
レビュー: 8788
再生回数: 1900
[spincontent type=”j”]

Mozart – Symphony No. 40 in G minor, K. 550 (Julien Salemkour & Staatskapelle Berlin) Youtube

A Mozart Gala from the Berlin State Opera (Deutsche Staatsoper)
Staatskapelle Berlin
Julien Salemkour – conductor

Wolfgang Amadeus Mozart – Symphony No. 40 in G minor, K. 550
0:00 Entrance
0:28 I. Molto allegro
7:38 II. Andante
15:10 III. Menuetto (Allegretto)
19:28 IV. Finale (Allegro assai)

Watch the full concert: http://www.youtube.com/watch?v=FcJh6q1LFMU&list=PLBjoEdEVMABLzF6uwYF8cITMIFeF4DyhM

2. ヴォルフガング アマデウス モーツァルト 交響曲 第 40 番 Yomiuri

Yomiuri
ヴォルフガング アマデウス モーツァルト 交響曲 第 40 番

説明: ヴォルフガング アマデウス モーツァルト 交響曲 第 40 番 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 ヴォルフガング アマデウス モーツァルト 交響曲 第 40 番 は、読売で検索されたもので、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 6220
[spincontent type=”j”]

3. ヴォルフガング アマデウス モーツァルト 交響曲 第 40 番 Asahi Shimbun

朝日新聞
ヴォルフガング アマデウス モーツァルト 交響曲 第 40 番

説明: 朝日新聞で検索した ヴォルフガング アマデウス モーツァルト 交響曲 第 40 番 に関する上記の情報が、ヴォルフガング アマデウス モーツァルト 交響曲 第 40 番 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 7293
[spincontent type=”j”]

4. ヴォルフガング アマデウス モーツァルト 交響曲 第 40 番 The Japan Times

The Japan Times
ヴォルフガング アマデウス モーツァルト 交響曲 第 40 番

説明: ジャパン タイムズで検索した ヴォルフガング アマデウス モーツァルト 交響曲 第 40 番 に関する記事のトップです。ヴォルフガング アマデウス モーツァルト 交響曲 第 40 番 に関する疑問を解決するのに役立ちます。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 27 15
[spincontent type=”j”]

5. ヴォルフガング アマデウス モーツァルト 交響曲 第 40 番 Yomiuri Shimbun

読売新聞
ヴォルフガング アマデウス モーツァルト 交響曲 第 40 番

説明: ヴォルフガング アマデウス モーツァルト 交響曲 第 40 番 に関する詳細情報はすでにありますか? ヴォルフガング アマデウス モーツァルト 交響曲 第 40 番 という記事が読売新聞で検索されました。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 9947
[spincontent type=”j”]

6. ヴォルフガング アマデウス モーツァルト 交響曲 第 40 番 Mainichi Shimbun

毎日新聞
ヴォルフガング アマデウス モーツァルト 交響曲 第 40 番

説明: 毎日新聞で見つけた ヴォルフガング アマデウス モーツァルト 交響曲 第 40 番 に関する上記の情報が、ヴォルフガング アマデウス モーツァルト 交響曲 第 40 番 に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 4453
[spincontent type=”j”]

7. ヴォルフガング アマデウス モーツァルト 交響曲 第 40 番 Sankei Shimbun

産経新聞
ヴォルフガング アマデウス モーツァルト 交響曲 第 40 番

説明: 産経新聞で検索した ヴォルフガング アマデウス モーツァルト 交響曲 第 40 番 に関する記事のトップです。ヴォルフガング アマデウス モーツァルト 交響曲 第 40 番 に関する疑問を解決するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 9678
[spincontent type=”j”]

8. ヴォルフガング アマデウス モーツァルト 交響曲 第 40 番 Nihon Keizai Shimbun

日本経済新聞
ヴォルフガング アマデウス モーツァルト 交響曲 第 40 番

説明: ヴォルフガング アマデウス モーツァルト 交響曲 第 40 番 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 ヴォルフガング アマデウス モーツァルト 交響曲 第 40 番 は、日本経済新聞で検索され、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 5968
[spincontent type=”j”]

9. ヴォルフガング アマデウス モーツァルト 交響曲 第 40 番 Chunichi Shimbun

中日新聞
ヴォルフガング アマデウス モーツァルト 交響曲 第 40 番

説明: 中日新聞で検索した ヴォルフガング アマデウス モーツァルト 交響曲 第 40 番 に関する上記の情報が、ヴォルフガング アマデウス モーツァルト 交響曲 第 40 番 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 6531
[spincontent type=”j”]

10. ヴォルフガング アマデウス モーツァルト 交響曲 第 40 番 Tokyo Shimbun

東京新聞
ヴォルフガング アマデウス モーツァルト 交響曲 第 40 番

説明: ヴォルフガング アマデウス モーツァルト 交響曲 第 40 番 に関する質問を解決するために、東京新聞で検索した ヴォルフガング アマデウス モーツァルト 交響曲 第 40 番 に関する記事のトップです。
評価: 4~5 つ星
評価: 3139
[spincontent type=”j”]

11. ヴォルフガング アマデウス モーツァルト 交響曲 第 40 番 Nihon Kogyo Simbun

日本工業新聞
ヴォルフガング アマデウス モーツァルト 交響曲 第 40 番

説明: ヴォルフガング アマデウス モーツァルト 交響曲 第 40 番 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 ヴォルフガング アマデウス モーツァルト 交響曲 第 40 番 は日本工業新聞で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 7932
[spincontent type=”j”]

12. ヴォルフガング アマデウス モーツァルト 交響曲 第 40 番 Nikkan Kogyo Shimbun

日刊工業新聞
ヴォルフガング アマデウス モーツァルト 交響曲 第 40 番

説明: 日刊工業新聞で見つけた ヴォルフガング アマデウス モーツァルト 交響曲 第 40 番 に関する上記の情報が、ヴォルフガング アマデウス モーツァルト 交響曲 第 40 番 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 9590
[spincontent type=”j”]

13. ヴォルフガング アマデウス モーツァルト 交響曲 第 40 番 Ainu Times

アイヌタイムス
ヴォルフガング アマデウス モーツァルト 交響曲 第 40 番

説明: アイヌ タイムズで検索した ヴォルフガング アマデウス モーツァルト 交響曲 第 40 番 に関する記事のトップです。ヴォルフガング アマデウス モーツァルト 交響曲 第 40 番 に関する質問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 5167
[spincontent type=”j”]

14. ヴォルフガング アマデウス モーツァルト 交響曲 第 40 番 Akita Sakigake Shimpo

秋田魁新報
ヴォルフガング アマデウス モーツァルト 交響曲 第 40 番

説明: ヴォルフガング アマデウス モーツァルト 交響曲 第 40 番 に関する詳細情報はすでにありますか? ヴォルフガング アマデウス モーツァルト 交響曲 第 40 番 という記事は、秋田魁新報で検索したものです。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 8439
[spincontent type=”j”]

15. ヴォルフガング アマデウス モーツァルト 交響曲 第 40 番 Chiba Nippo

千葉日報
ヴォルフガング アマデウス モーツァルト 交響曲 第 40 番

説明: 千葉日報で検索した ヴォルフガング アマデウス モーツァルト 交響曲 第 40 番 に関する上記の情報が、ヴォルフガング アマデウス モーツァルト 交響曲 第 40 番 に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 1792
[spincontent type=”j”]

16. ヴォルフガング アマデウス モーツァルト 交響曲 第 40 番 Chugoku Shimbun

中国新聞
ヴォルフガング アマデウス モーツァルト 交響曲 第 40 番

説明: 中国新聞で検索した ヴォルフガング アマデウス モーツァルト 交響曲 第 40 番 に関する記事のトップです。ヴォルフガング アマデウス モーツァルト 交響曲 第 40 番 に関する疑問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 9158
[spincontent type=”j”]

17. ヴォルフガング アマデウス モーツァルト 交響曲 第 40 番 Daily Tohoku

デイリー東北
ヴォルフガング アマデウス モーツァルト 交響曲 第 40 番

説明: ヴォルフガング アマデウス モーツァルト 交響曲 第 40 番 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 ヴォルフガング アマデウス モーツァルト 交響曲 第 40 番 はデイリー東北で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 4122
[spincontent type=”j”]

18. ヴォルフガング アマデウス モーツァルト 交響曲 第 40 番 The Eastern Chronicle

イースタン クロニクル
ヴォルフガング アマデウス モーツァルト 交響曲 第 40 番

説明: イースタン クロニクルで検索した ヴォルフガング アマデウス モーツァルト 交響曲 第 40 番 に関する上記の情報が、ヴォルフガング アマデウス モーツァルト 交響曲 第 40 番 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 8179
[spincontent type=”j”]

ヴォルフガング アマデウス モーツァルト 交響曲 第 40 番 に関する質問

ヴォルフガング アマデウス モーツァルト 交響曲 第 40 番 についてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。ご質問やご提案はすべて、次の記事の改善に役立てさせていただきます。

記事 ヴォルフガング アマデウス モーツァルト 交響曲 第 40 番 は、私と私のチームがさまざまな情報源から編集したものです。 記事 ヴォルフガング アマデウス モーツァルト 交響曲 第 40 番 が役に立った場合は、チームをサポートしてください。「いいね」または「共有」してください!

検索キーワード ヴォルフガング アマデウス モーツァルト 交響曲 第 40 番

ヴォルフガング アマデウス モーツァルト 交響曲 第 40 番
方法ヴォルフガング アマデウス モーツァルト 交響曲 第 40 番
チュートリアル ヴォルフガング アマデウス モーツァルト 交響曲 第 40 番
【キーワード】 無料

Có thể bạn quan tâm: