あなたは ワイド ナ ショー 出演 者 女性 今日 について学んでいます。今日は、インターネット上の多くの情報源から私たちのチームが編集および編集した記事 ワイド ナ ショー 出演 者 女性 今日 を共有します。 ワイド ナ ショー 出演 者 女性 今日 に関するこの記事がお役に立てば幸いです。

Page Contents

ワイド ナ ショー 出演 者 女性 今日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。出典検索?: “ワイドナショー” – ニュース · 書籍 · スカラー · CiNii · J-STAGE · NDL · dlib.jp · ジャパンサーチ · TWL(2015年10月)
画像提供依頼:番組ロゴタイトルの画像提供をお願いします。(2022年7月)ワイドナショーWide na Show
画像をアップロードジャンル
情報・ワイドショー構成
そーたに / 高須光聖 他演出
宮川直樹(フジテレビ)司会者
東野幸治出演者
松本人志(ダウンタウン、隔週)犬塚浩ほかナレーター
春山誉賜弥前園真聖松元真一郎よのひかり※以下は全てフジテレビアナウンサー島田彩夏遠藤玲子山中章子藤村さおり佐々木恭子谷岡慎一生田竜聖福永一茂松村未央小澤陽子榎並大二郎堤礼実佐野瑞樹山﨑夕貴内田嶺衣奈戸部洋子鈴木芳彦新美有加永尾亜子海老原優香竹下陽平杉原千尋製作プロデューサー
石川綾一(CP、フジテレビ)制作
フジテレビ
放送映像形式リアルタイム字幕放送[注 1]音声形式ステレオ放送放送国・地域 日本
公式サイト
月曜深夜時代出演者三田友梨佳(フジテレビアナウンサー)放送期間2013年10月15日 – 2014年3月18日放送時間火曜日 0:35 – 1:25(月曜深夜)放送分50分回数全20回
日曜午前時代(2部制・第1部)出演者前園真聖※以下は全てフジテレビアナウンサー山﨑夕貴三田友梨佳放送期間2014年4月6日 – 2016年9月25日放送時間日曜日 10:00 – 10:55放送分55分回数全118回
ワイドナB面(第2部)Wide na B-men出演者前園真聖※以下は全てフジテレビアナウンサー佐々木恭子山﨑夕貴三田友梨佳秋元優里放送期間2014年4月6日 – 2016年9月25日放送時間日曜日 10:55 – 11:15放送分20分回数全116回公式サイト
日曜午前時代(1部制)出演者前園真聖※以下は全てフジテレビアナウンサー山﨑夕貴秋元優里佐々木恭子久代萌美渡邊渚放送期間2016年10月2日 -放送時間日曜日 10:00 – 11:15放送分75分回数256回(2021年終了時点)特記事項:声の出演:井口裕香、櫻井孝宏、JP[注 2]テンプレートを表示『ワイドナショー』(Wide na Show)は、フジテレビ系列で2013年10月15日未明(14日深夜)から放送されている情報・ワイドショー番組。当初は深夜番組だったが、半年後の2014年4月6日からは日曜午前に移動した。2016年10月2日より、毎週日曜日 10:00 – 11:15(JST)に放送されている。

概要・番組の歴史[編集]
番組冒頭にナレーションされる「普段スクープされる側の芸能人が、個人の見解を話しに集まるワイドショー番組」というのが番組コンセプトとなっている。また、番組公式サイトでは「さまざまなテーマで徹底討論。普段、コメンテーターとして出演することのない有名人たちが、持論を展開していく」などと記載されている。
番組収録は当初毎週金曜日の夕方に行っていたが、2020年現在は基本的に放送日の前日となる毎週土曜日の夕方に変更されている[注 3]。出演するゲストコメンテーターのスケジュール調整やその週の話題によっては、木曜日または金曜日になったり、極稀に緊急で生放送となることもある。
年末年始や毎年3月第2日曜日の『名古屋ウィメンズマラソン』中継(東海テレビ制作)時、毎年3月第1日曜日(2018年までは毎年2月最終日曜日)の『東京マラソン』中継がフジテレビ系列担当の場合は放送休止となる。また、2019年までは『FNSの日』放送時も放送休止となっていた。なお、これ以外の事象では2016年4月17日に平成28年熊本地震の情報を伝えるため『緊急みんなのニュース〜熊本大地震その時何が〜』[注 4]を放送(当時当番組が遅れネットとなっていた関西テレビでも同時ネット)して休止したケースと、2021年8月29日と2022年9月11日に『FNSラフ&ミュージック〜歌と笑いの祭典〜』の関連特番を放送して休止したケースがある。

変遷[編集]
レギュラー放送開始直前の2013年10月7日 3:20 – 3:50に、『ワイドナショー明日からスタートSP』と題した番宣番組を放送。同日 23:10 – 23:59と、2014年1月1日(水曜日 7:00 – 8:00)[1]には、『ワイドナショー全国版』と題した特別番組が全国ネットで放送された[注 5]。
2014年4月期の改編に伴い同月6日より本番組は、『笑っていいとも!増刊号』の後枠の一部となる日曜日 10:00 – 11:15に枠移動となる。ただし、司会の東野が10:55より日本テレビにおいて『旅猿シリーズ』に出演していたため、裏かぶりを防ぐためにステブレレス編成の2部構成となり、10:55 – 11:15は第2部『ワイドナB面』(ワイドナビーめん、英: Wide na B-men、以下、B面)として、東野を外す形で放送されていた[2][注 6]。収録後にゲストが感想を語る動画『エンドノショー』が不定期で配信されていた。6月29日放送では番組初の生放送が実施された[3]。7月26日・27日放送の『武器はテレビ。SMAP×FNS 27時間テレビ』のコーナーとして「27時間ナショー(英: Twenty Seven hours na Show)」を放送。放送時間を日曜朝に引越しして以降、約4カ月ぶりに深夜放送が復活した(土曜日 23:20頃 – 日曜日 1:20頃)。
2015年1月1日(木曜日 7:00 – 8:52)・2016年1月1日(金曜日 7:00 – 8:52)・2017年1月1日(日曜日 10:00 – 12:00)[注 7][注 8][4]と、上記の2014年も含めて4年連続で拡大版の元日特別番組が放送された。
2016年9月で『旅猿シリーズ』の枠移動により東野の裏かぶりが解消されたため、10月2日からは番組の構成は維持したまま『B面』が終了し『ワイドナショー』に1本化された[5]。同時に、これまでフジテレビ系列局の中で、唯一遅れネットで放送していた関西テレビも、この時間枠に移ったことで、フジテレビ系列全局での同時ネット放送が行われるようになった。
2019年12月28日(土曜日 18:30 – 21:00[注 9])には番組初の年末かつゴールデンタイム・プライムタイムでの特別番組が放送された[6]。

特徴[編集]
ニュース記事化[編集]
松本の発言[7]が日刊スポーツ朝刊の一面記事に掲載される[8]など、この番組での模様がインターネットのニュースやスポーツ新聞各紙の記事になることが頻繁にある[9]。

裏番組との比較[編集]
日曜朝へ枠移動後は裏番組の『サンデージャポン』(TBS・毎週日曜10:00 – 11:23または11:22。以下、サンジャポ)と同ジャンルであり、なにかと比較されている。司会の爆笑問題がライブにおいて、『ワイドナショー』を見たというネタを披露している[注 10]。当初、視聴率は4〜5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム。以下略)と苦戦を強いられていた[10]が徐々に上昇し、2016年1月31日放送分の本編(『B面』を除いた部分。以下略)で初めて2桁に乗せ[11][12]、同年2月14日放送分では、3週連続2桁と同時に過去最高の11.6%(『B面』は12.4%)を記録した[13]。
一本化後2回目の放送となった同年10月9日の放送で10.4%を記録し、初めて『サンジャポ』を上回った。しかし、同時間帯首位は11.3%を記録した同月2日より枠拡大したばかりの『誰だって波瀾爆笑』(日本テレビ)となった[14]。
放送枠移動当時、情報番組路線の裏番組としては『報道ステーション SUNDAY』(テレビ朝日・毎週日曜 10:00 – 11:45)も放送されていたが、当番組の放送時間移動から1年の2015年3月をもって別時間帯(16:30 – 18:00)へ移動し、『サンデープロジェクト』から26年続いたテレビ朝日における同時間帯の報道番組の歴史に終止符を打った[15]。

お笑い芸人による闇営業問題[編集]
お笑い芸人による闇営業問題騒動の渦中、2019年7月21日分の放送は既に収録済みであったが、放送前日の20日に宮迫博之と田村亮が行った記者会見を受けて急遽生放送に差し替えたところ、視聴率は過去最高の16.7%(地元の関西では22.1%)を記録した[16]。

コーナー[編集]
ワイドナトピックス
メインコーナー、その週に起きた出来事をピックアップしていく。
2018年4月22日放送分での松本の発言が、BBCの「#MeToo」の日本での近況を取り上げたコラムに引用された[17]。ワイドナB面→後半[編集]
○○が取り上げてほしいニュース
視聴者や出演者が気になったニュースを取り上げる。
2018年3月4日放送分で、Tリーグに参戦予定のチーム埼玉のチーム名がまだ未定だったことについて、ワイドナ女子高生の柚木美音が「T.Tさいたま」を提案した。この案も含めて検討され、4月18日のチーム埼玉の会見にて「T.T彩たま」と発表された[18]。東野のコレどうですか?ニュース
メインでは扱われないようなニュースから東野がピックアップする。
10代と語りたいニュース
10代の芸能人・一般人を迎えてニュースを取り上げる。
ソノゴノショー
話題になってから日数・年数の経過したニュースの「その後」を紹介する。
前園によるバスケットボール追跡企画(NBL・bjリーグ統合問題、熊本ヴォルターズ密着取材)を断続的に放送。熊本ヴォルターズについては、『B面』終了後も随時放送され、2017年4月16日の熊本地震復興支援マッチでは番組レギュラー陣からのメッセージが試合会場に流された。熊本関連では2018年5月26日に開催された、阿蘇ロックフェスティバル2018[19]に参加する際、周辺ロケで訪れたあそ望の郷くぎのへ、番組が顔ハメパネルを贈呈し設置されている[20]。
前園を中心に2015年から挑戦を続けている、西宮神社で行われている「十日戎開門神事福男選び」。2019年にはオーディションで選抜された15人のチームで参加し、メンバーの伊丹祐貴が二番福の栄誉を獲得した[21]。
「乙武義足プロジェクト」[22]では、電動車椅子で生活している乙武洋匡が義足等を付け歩く事に挑戦している。ワイドnaアーティスト
知られざるアーティストを発掘、番組をテーマにした作品も作る。
芸能人が逆街録!~私に聞きたいことありますか?~
芸能人が街へ出て、一般人からの質問に答える。
松本人志の楽屋ニュース
松本が気になったニュースを気軽にみんなで話す。
ワイドnaエンタメ講座
エンタメに詳しいゲストにプレゼン形式で紹介してもらう。不祥事・謝罪[編集]
2017年5月28日放送分で、宮崎駿の発言として紹介した内容が、実際には宮崎の発言ではなかったことが分かり[23]、番組公式サイトと翌週6月4日放送分冒頭で謝罪した。この際、松本が問題再発時には番組降板も辞さない考えを示した[24]。フジテレビ企業広報部は「何を参考に作ったかはお答えできない」[25]としていたが、同年7月14日の朝日新聞の記事では「インターネット上の情報を転用したもの」としている。放送倫理・番組向上機構(BPO)はこの件について審議対象にしないと決めた一方、番組制作者に対しインターネット上での情報収集のあり方について注意喚起する委員長コメントを発表した[26][27]。
2017年8月4日、乙武洋匡らに対し精神的損害の賠償などを求める訴状が、乙武の元夫人の代理人弁護士によってに東京地裁に提出された[28]。提訴の一因として、2016年11月27日放送分の、乙武がVTR出演した部分があげられていると報じられた。この件に関して、2017年8月13日放送分にて番組内で取り上げ、元夫人に対し松本が謝罪し理解を求めた[29]。この件はその後、原告である元夫人側が訴えを取り下げた、と報じられている[30]。
2019年1月13日放送分[注 11]で、NGT48メンバーの暴行被害のテーマの際、松本が指原莉乃(当時HKT48)に対して「そこはお得意の体を使って何とかするとか」と発言、これがセクハラに当たるのではないかと議論が巻き起こった。1月20日放送分では松本が「この番組は基本的に僕の言うことをカットせずに使っていくという、暗黙の了解がある。親しくてもテレビに出た時は、堅苦しく喋らないといけない世の中になってきたのかな」などと弁解した[31]。同年1月25日のフジテレビ定例会見で幹部らが「放送前に局内で議論した。番組の特性を考慮し、出演者の関係性などで放送して大丈夫だと思った。今後は多角的な検討・配慮を慎重に進めなければいけない」などと説明・反省した。当時のフジテレビ社長宮内正喜は「出演者と視聴者のバランスをはかることもテレビの大切な仕事。時代の変化にも敏感に、番組制作に努めるよう指導している。」などと反省した[32]。その後2月3日放送分に指原が出演し「周りからは特に何も言われてはいない。あの時は発言することで精一杯だった。私の反応も良くなかった。次はビンタするようにします」などと語った[33]。
2022年2月13日放送分(12日収録)の出演者(東野、山崎夕貴、加納愛子(Aマッソ)、石井亮次、松本)が、相次いで新型コロナウイルスに感染したことを発表[34]。クラスター発生とも取られかねない事例となったが、フジテレビは「専門家と相談しソーシャルディスタンスを確保した上で、アクリルパネルの設置や十分な換気などの感染対策を行っていた」などと説明している[35]。翌2月20日放送分では、スタジオ内の人数を減らすため後列の出演者は都度登場しコメントするなどの感染対策を強化して収録された。その翌2月27日放送分では、アナウンサー席を廃止、コメンテーターもテーマにより別室から中継などさらに感染対策を強化している。主な出演者[編集]
MC[編集]
メイン東野幸治
田村淳(ロンドンブーツ1号2号) – ゲストコメンテーターとしても出演、東野が夏休みをとった2021年9月5日放送分にて代行を務めた。
河合郁人(A.B.C.-Z) – 東野が新型コロナウイルスに感染したため、2022年2月20日放送分にて代行を務めた。アシスタント山﨑夕貴(2014年4月6日 – )[注 12]
佐々木恭子(2014年4月6日 – )[注 13]
渡邊渚(2021年10月3日 – )過去のアシスタント三田友梨佳(2013年10月7日 – 2015年3月29日)[注 14][注 15]
秋元優里(2015年4月12日 – 2017年12月17日)
久代萌美(2018年5月6日 – 2021年6月27日)[36]いずれも出演当時、フジテレビアナウンサー。
2019年8月18日までは、番組の後半(旧『ワイドナB面』)は佐々木が1人で出演し[注 16]、前半は山﨑と久代が週替わりで出演していたが、8月25日以降は途中でのアナウンサーの交代がなくなり、山﨑、久代、佐々木が週替わりで全編出演するようになった。2020年5月10日から24日放送分の間はアナウンサーの出演がなく、以降、アナウンサーが出演しない週があるようになった。

コメンテーター[編集]
レギュラー松本人志(ダウンタウン) – 2018年8月19日放送分にて体調不良を理由に欠席した[37]。以後、毎年夏休みを取るようになった。コメンテーター席では番組開始から唯一のレギュラー出演者だったが、2022年4月から隔週出演となった。JP – 松本が新型コロナウイルスの濃厚接触者となったため、2022年1月30日放送分を欠席、その代役として出演。『千鳥のクセがスゴいネタGP』にて、東野のモノマネをする原口あきまさと共に、冒頭3分弱を務め、その後も収録を見学した[38]。松本の感染が発表され欠席した2022年2月20日放送分にも出演。出演の多い主なゲスト石原良純
指原莉乃
長嶋一茂
ヒロミ – 出演者の急な代役として声がかかることも多い[注 17]。
古市憲寿(社会学者) – 現時点でゲストコメンテーターでは最多出演。※その他詳細は、#放送リストを参照。

ワイドナ○○(各分野の専門家)[編集]
レギュラー[編集]
※レギュラー専門家は、スタジオ後方でバーテンダーの扮装をして番組全編に出演。ゲスト専門家はカウンターチェアに座り登場する[注 18]。2020年5月24日から9月27日放送分までは、別部屋から中継されていた。

弁護士:犬塚浩[39] – 法律上の観点からコメントする、現時点では唯一の全レギュラー回出演。
芸能リポーター・情報通:井上公造、駒井千佳子、長谷川まさ子、阿部祐二[注 19] – いずれか1名が出演、芸能ニュースに関してコメントする。
元サッカー日本代表・W杯解説者・Bリーグ特命広報部長:前園真聖 – 当初はスポット出演、2014年6月22日放送分より毎週出演、スポーツ全般を担当するが、コミックリリーフ的な位置づけ。
現役中高生・ティーン:2015年8月9日放送分から夏休み企画としてスタート、オーディションがある。2020年5月24日放送分から「ティーン」枠となり、基本21歳未満まで出演可能となった。不定期で特別枠となり、様々なタレントが出演している[注 20]。
ティーン(上付き文字は学年):吉澤悠華(マジカル・パンチライン)大1、高野渚?、国本梨紗?、阿部夢梨(SUPER☆GiRLS)大2、東海林クレア大2、城夢叶?、他
主な中高生・ティーン枠出演者
※斜体字はティーン枠での出演の可能性が残っている人。

高校生(2回出演)池田レイラ(完熟フレッシュ)高3
塩月希依音(NMB48)高2

ティーン(2回出演)藤田愛理(CROWN POP)大2
新嘉喜由芽大2
トラウデン都仁大2

11回以上出演白本彩奈
竹内麗
岡本夏美
正本レイラ
瀬間彩海
海老野心(Five emotion)
青木花

高校卒業後3回以上出演白本彩奈
海老野心(Five emotion)
香音
矢崎希菜
吉澤悠華(マジカル・パンチライン)
山崎美月
青山波月
阿部夢梨(SUPER☆GiRLS)
東海林クレア
国本梨紗

スポット出演者[編集]

深夜番組時代

2013年経済アナリスト:森永卓郎
環境ジャーナリスト:村田佳壽子
政治ジャーナリスト:後藤謙次
上智大学文学部新聞学科教授:渡辺久哲
元ボクサー:飯田覚士

2014年金メダリスト:里谷多英

ワイドナB面

2014年工学博士:近久博志
軍事ジャーナリスト:井上和彦
日本スペースガード協会:高橋典嗣
航空評論家:前根明
大気化学:畠山史郎
スポーツジャーナリスト:大西純一
ダムの専門家:中村靖治
学研「ムー」編集長:三上丈晴
はやぶさプロジェクトリーダー・JAXA:川口淳一郎

2015年九州大学大学院理学研究員:広津崇亮2016年フジテレビアナウンサー:内野泰輔
防犯・警備システムに精通:福田さん

昼前番組時代
2014年
軍事ジャーナリスト:黒井文太郎[注 21]
科学ジャーナリスト・「ニュートン」元副編集長:寺門和夫[注 21]
法政大学教授:萩谷順
元宝塚歌劇団男役スター:遼河はるひ
政治アナリスト:伊藤惇夫
プロゴルファー:東尾理子
映画評論家・映画コメンテーター:有村昆[注 21]
元外交官:宮家邦彦
スポーツライター:小関順二
ITジャーナリスト:井上トシユキ、三上洋[注 21]
週刊誌記者:佐々木博之
スポーツニッポン記者:阿部公輔
ロシア通・筑波大学教授:中村逸郎
関西福祉大学教授:勝田吉彰
ジャーナリスト・APF通信社代表:山路徹
気象予報士:澤口麻理
元プロテニスプレーヤー・全豪オープンベスト8:沢松奈生子
国立国際医療研究センター・国際感染症センター医師:忽那賢志
バドミントン元日本代表・北京五輪5位入賞:小椋久美子
コリア・レポート編集長・北朝鮮を30年間取材:辺真一
バンクーバー・ソチ五輪8位:鈴木明子
感染対策コンサルタント:高橋央[注 21]
東京福祉大学:遠藤誉
フジテレビ解説委員:山本周
選挙プランナー:松田馨
2015年
元大相撲力士:小錦八十吉
立正大学心理学部教授:西田公昭
カリスマティーンモデル:志田友美
日本最年少の小6で社長:米山維斗
フジテレビアナウンサー:榎並大二郎
高校野球:渡部建(アンジャッシュ)
ラグビーコメンテーター:松尾雄治
大山英雄[注 22]
長田庄平(チョコレートプラネット)
とにかく明るい安村
2016年
オカリナ(おかずクラブ)
元プロ野球選手:清原和博
芸能人ご指名No.1の引越屋:たかくら引越センター
元マラソン日本代表候補:松野明美
鉄道BIG4・ホリプロマネージャー:南田裕介
川島章良(はんにゃ)
オモロー山下[注 21]
フジテレビ編集委員:風間晋[注 21]
キンコン西野の専門家:梶原雄太(キングコング)
フジテレビ皇室担当解説委員:橋本寿史
松本人志とニュースを語り合いたい10代(現役高校生)[注 23]
キングオブコント2016王者:ライス
綾部祐二(ピース)[注 24]
PR担当:寺本亜紀子(ソニーインタラクティブエンタテインメント)
広島カープ専門家:西村瑞樹(バイきんぐ)
M-1王者:銀シャリ[注 25]
和牛[注 26]
スーパーマラドーナ
2017年
占いに定評?:島田秀平
国立情報学研究所教授:越前功
大相撲専門家:塙宣之(ナイツ)
東京03
アキラ100%
野球大好き芸人:藤田憲右(トータルテンボス)
NON STYLE[注 27]
ジャーナリスト:山口敬之
児嶋一哉(アンジャッシュ)
棋士:加藤一二三九段[注 28]
一ノ瀬文香
元WBA世界ミドル級王者:竹原慎二
フジテレビ解説委員:鈴木款
200m日本記録保持者・北京五輪400mリレー銀:末續慎吾
「希望の塾」1期生:エド・はるみ
東京農工大学准教授:佐藤俊幸
相撲専門家:はなわ
ゴルフ専門家:原西孝幸(FUJIWARA)
あらぽん(ANZEN漫才)夫妻
龍谷大学社会学部教授:李相哲
松村邦洋
ソフトバンク コマース&サービス株式会社:三上司、由良健治
かまいたち[注 29]
ひぐち君(髭男爵)
TOKUOKA 銀座ワインアドバイザー:大衛浩行
ハチミツ二郎(東京ダイナマイト)
元西武ライオンズ監督:東尾修
山中慎介
ビューティーテラス銀座トレーナー:瀬尾真平
サンシャイン池崎
楠美健太
M-1グランプリ2017王者:とろサーモン
田中寅彦九段
日本一のグルメブロガー:フォーリンデブ はっしー
競馬実況の神様:杉本清
事業構想大学院大学准教授:鈴木洋仁
2018年
元貴乃花親方と親交のある元関脇・納谷の父:貴闘力
感染症・細菌学の専門家:中原英臣客員教授
元国税局職員:さんきゅう倉田(ロカカカ)
日本卓球協会強化本部長・元代表監督:宮﨑義仁
卓球芸人:ぴんぽん
経済評論家:池田健三郎
WBC世界フライ級チャンピオン:比嘉大吾
漫画家・日本漫画家協会理事:赤松健
くっきー(野性爆弾)
バイク川崎バイク
濱田祐太郎
濱田祐太郎と同期:溝口幸雄
元通産省官僚・元内閣官房副長官:松井孝治
辻一弘
元世界3階級チャンピオン:八重樫東
2007年U-19日本代表ヘッドコーチ:山田晋三
元フィギュアスケート選手:小塚崇彦
チョコレートプラネット
映画監督:上田慎一郎
高校野球大好き芸人:いけだてつや
山本博(ロバート)
“ちょいダサ”ファッションのモデル
CFD販売:王璐
DataMesh:王暁麒
人気TikToker:エリカ・マリナ姉妹
JAXA宇宙飛行士:野口聡一
東京相撲記者クラブ会友:大隅潔
ハナコ
大相撲取材歴30年:横野レイコ
中国の政治事情に詳しい拓殖大学海外事情研究所:澁谷司教授
WBA&IBF世界バンダム級 統一王者:井上尚弥
芸能界イチiPhoneに詳しい芸人:かじがや卓哉
元駐韓大使:武藤正敏
タジマモーターコーポレーション:鈴木宏幸、東健太郎
コウメ太夫
神奈川大学ボディビル部:吉江祐斗、平塚洸樹、鈴木想(OB)
霜降り明星
やくみつる
よしこ(ガンバレルーヤ)
芸人・パラデル漫画作家:本多修(魂の巾着)
2019年
原宿の母:菅野鈴子
今年の福男:伊丹祐貴
横綱白鵬と親交がある相撲芸人:あかつ
関脇:玉鷲
ゴミ清掃芸人:滝沢秀一(マシンガンズ)
元プロテニスプレーヤー:佐藤直子
KENZO(DA PUMP)
ユース五輪銅メダル:半井重幸
ユース五輪金メダル:河合来夢
バスケットボール男子日本代表のアシスタントコーチ:佐古賢一
国立天文台教授:本間希樹
チェリー吉武
ジャングルポケット
バスケ芸人:田村裕(麒麟)
ゆりやんレトリィバァ
ピラミッドフィルムクアドラ:吉田苑佳
競馬大好き芸人:斉藤慎二(ジャングルポケット)
浅見敦夫
プロゴルファー:古閑美保
元産経新聞社香港支局長:福島香織
株式会社ストーリーノート ブランドプロデューサー・マンホールを広めるために人生を捧げた男:山田秀人
三瓶
濱口優(よゐこ)
主婦:まこつ
Creepy Nuts
「3×3」女子日本代表候補:馬瓜ステファニー、山本麻衣、三好南穂
バスケ歴26年:バケモン先生
バスケ歴19年:小原翔(このまま誰かと)
バスケ歴17年:中條裕貴
スポーツライター:小林信也
キングオブコント2019[注 30]王者:どぶろっく
キングオブコント2位:うるとらブギーズ
元JRA女性騎手:細江純子
書道絵師:原愛梨
元日本代表キャプテン:廣瀬俊朗
リオ五輪男子マラソンカンボジア代表 / 東京五輪出場に挑戦中:猫ひろし
神戸大学大学院教授 先端バイオ工学研究センター:西田敬二
強豪校・済美高校出身:ティモンディ
東京工業大学教授 / 5Gのキーマン:阪口啓
安藤なつ(メイプル超合金)
株式会社イノフィス:村上淳
3時のヒロイン
M-1グランプリ2019王者:ミルクボーイ
元日本ラグビー協会会長 / 東京五輪・パラリンピック組織委員会会長:森喜朗
2020年
王室ジャーナリスト:多賀幹子
元国立感染症研究所研究員 / 白鷗大学教授:岡田晴恵
初場所初優勝:德勝龍
切り絵アーティスト:濱直史
R-1ぐらんぷり 2020王者:野田クリスタル(マヂカルラブリー)
木下隆行(TKO)
明治大学教授:海野素央
宇宙飛行士:山崎直子
プロ棋士:屋敷伸之九段
第41回ABCお笑いグランプリ王者:コウテイ
EXIT
7月場所で復活優勝:照ノ富士[注 31]
第9回ytv漫才新人賞決定戦優勝:ビスケットブラザーズ
エンジニア:田中雅人、森田隆介
義肢装具士:沖野敦郎
理学療法士:内田直生
政治評論家:有馬晴海
ベテランUber Eats配達員:太田隆司(いぬ)
フジテレビ上席解説委員:平井文夫
キングオブコント2020王者:ジャルジャル
さかなクン
「鬼滅の刃」大好き芸人:椿鬼奴
昭和大学医学部客員教授:二木芳人
ソニー・インタラクティブエンタテインメント:石川香代
おいでやす小田
東京大学大学院教授 / 「はやぶさ2」プロジェクトメンバー / 画像観測の責任者:杉田精司
THE W 4代目女王:吉住
切り絵作家:八田員徳
M-1グランプリ王者:マヂカルラブリー
2021年
岡島秀樹
木村卓寛(天津)[注 32]
ワッキー(ペナルティ)
1998年ソウル五輪男子100m背泳ぎ金メダリスト:鈴木大地
血液専門医 / ナビタスクリニック理事長:久住英二 医師
福田麻貴(3時のヒロイン)
なかやまきんに君
医療法人松寿会理事長:金子俊之 医師
アジア動物医療研究センター センター長:パンク町田
スタートトゥデイ代表取締役社長 / ZOZO創始者:前澤友作[注 33]
日本認知症学会名誉会員:朝田隆
平井“ファラオ”光(馬鹿よ貴方は)
第42回ABCお笑いグランプリ王者:オズワルド
アイス研究家 / イートデザイナー:シズリーナ荒井
皇室ジャーナリスト:近重幸哉
辛坊治郎
空気階段
皇室ジャーナリスト:山下晋司
鈴木奈々
ピアニスト:反田恭平
THE W 5代目女王:オダウエダ
錦鯉
2022年
ソチ五輪スキージャンプ男子団体銅メダリスト / 2010年バンクーバー五輪から3大会連続五輪出場:竹内択 選手
R-1グランプリ2022王者:お見送り芸人しんいち
R-1グランプリ2022準優勝:ZAZY
はまやねん(8.6秒バズーカー)
塚地武雅(ドランクドラゴン)
元阪神タイガース:藤川球児
里崎智也
元プロ野球審判員:山﨑夏生
株式会社ワントゥーテン代表取締役社長:澤邊芳明
ジミー大西
いしだ壱成
久保田かずのぶ(とろサーモン)
国際カジノ研究所:木曽崇 所長
ウエスP
ガリットチュウ
鬼越トマホーク
じゃい(インスタントジョンソン)
松本明子
瀬下豊(天竺鼠)
情報通信研究機構:石井守 センター長
日本野鳥の会在籍15年:RG(レイザーラモン)
ABCお笑いグランプリ優勝:カベポスター
峯岸みなみ
スケルトニクス開発者:阿嘉倫大
ロボットライド社長:宮本大輔

放送リスト[編集]
深夜時代

放送日

ゲストコメンテーター

ゲスト
2013年
全国版

10月7日
中居正広(SMAP)、LiLiCo
水野正人
1

10月15日
YOU、LiLiCo

2

10月22日
武田鉄矢、LiLiCo
岩城滉一
3

10月29日
泉谷しげる、ホラン千秋

4

11月5日
中居正広(SMAP)、中村アン
5

11月12日
西村賢太、LiLiCo
6

11月19日
東国原英夫、ホラン千秋
7

11月26日
玄秀盛、MEGUMI
8

12月3日
安藤優子、斉藤工
9

12月10日
升毅、LiLiCo
10

12月17日
中居正広(SMAP)、箭内道彦
2014年
全国版2・元旦SP

1月1日
安藤優子、小倉智昭、中居正広(SMAP)

11

1月14日
12

1月21日
武田鉄矢、藤本美貴
13

1月28日
木村大作、LiLiCo
14

2月4日
小倉智昭、ホラン千秋
15

2月11日
百田尚樹、秋元梢
16

2月18日
乙武洋匡、LiLiCo
17

2月25日
武田鉄矢、土田晃之
18

3月4日
玄秀盛、指原莉乃(HKT48)
19

3月11日
ワイドナ作戦会議
20

3月18日
もったいないけど入らなかったSP
2部制時代

放送日

ゲストコメンテーター

ゲスト
2014年
21

4月6日
中居正広(SMAP)、百田尚樹、乙武洋匡

22

4月13日
安藤優子、山口恵以子、指原莉乃(HKT48)
23

4月20日
鳥越俊太郎、泉谷しげる、ホラン千秋
24

4月27日
小倉智昭、百田尚樹、秋元梢
25

5月4日
中居正広(SMAP)、山口恵以子、渡辺真理
26

5月11日
岩城滉一、山口恵以子、ホラン千秋
27

{5月18日
岡江久美子、八塩圭子、泉谷しげる
28

05月25日
乙武洋匡、茂木健一郎、指原莉乃(HKT48)
29

6月1日
八木亜希子、織田信成、中川翔子
百田尚樹
30

6月8日
渡部篤郎、東国原英夫、山口恵以子

31

6月15日
中居正広(SMAP)、木村大作、渡辺真理
32

6月22日
指原莉乃(HKT48)、小池一夫、八木亜希子
33

6月29日
中居正広(SMAP)、泉谷しげる、八塩圭子
34

7月6日
犬山紙子、小倉智昭、YOU
35

7月13日
杉田かおる、渡辺真理、山口恵以子
36

7月20日
土田晃之、ホラン千秋、乙武洋匡
FNS27時間テレビ

7月26日[注 34]
SMAP[注 35](中居正広・木村拓哉・稲垣吾郎・草彅剛・香取慎吾[注 36])
37

8月3日
指原莉乃(HKT48)、杉田成道、泉谷しげる
38

8月10日
園子温、小籔千豊、藤本美貴
39

8月17日
杉田かおる、宮澤エマ、茂木健一郎
40

8月24日
宮澤エマ、山口恵以子、小倉智昭
41

8月31日
乙武洋匡、指原莉乃(HKT48)、東国原英夫
42

9月7日
吉川ひなの、山口恵以子、泉谷しげる
43

9月14日
小倉智昭、犬山紙子、YOU
44

9月21日
中居正広(SMAP)、武田鉄矢、宮澤エマ
45

9月28日
乙武洋匡、馬場典子、小木博明(おぎやはぎ)
46

10月5日
坂上忍、古市憲寿、山口恵以子
47

10月12日
ラフルアー宮澤エマ、指原莉乃(HKT48)、渡辺真理
48

10月19日
小籔千豊、小倉智昭、八塩圭子
49

10月26日
ヒロミ、古市憲寿、YOU
50

11月2日
西野亮廣(キングコング)、乙武洋匡、ホラン千秋
51

11月9日
武田鉄矢、泉谷しげる、指原莉乃(HKT48)
52

11月16日
中居正広(SMAP)、坂上忍、杉田かおる
53

11月23日
ヒロミ、武田鉄矢、乙武洋匡
54

11月30日
ラフルアー宮澤エマ、武井壮、茂木健一郎
55

12月7日
ヒロミ、土田晃之、山口恵以子
56

12月14日
指原莉乃(HKT48)、古市憲寿、泉谷しげる
57

12月21日
長嶋一茂、ホラン千秋、東国原英夫
2015年
元旦SP2

1月1日
安藤優子、坂上忍、二階堂ふみ、小倉智昭

58

1月11日
ヒロミ、博多華丸・大吉[注 37]、小倉智昭
59

1月18日
古市憲寿、乙武洋匡、山口恵以子
60

1月25日
中居正広(SMAP)、長嶋一茂、ラフルアー宮澤エマ
61

2月1日
指原莉乃(HKT48)、武田鉄矢、YOU
62

2月8日
みうらじゅん、武井壮、茂木健一郎
63

2月15日
ヒロミ、長嶋一茂、山口恵以子
64

3月1日
長嶋一茂、古市憲寿、土田晃之
65

3月15日
小倉智昭、みうらじゅん、渡辺真理
66

3月22日
博多大吉(博多華丸・大吉)、秋元梢、乙武洋匡
67

3月29日
尾木直樹、古市憲寿、指原莉乃(HKT48)
玄秀盛
68

4月5日
ビートたけし、中居正広(SMAP)、山口恵以子

69

4月12日
津田大介、ラフルアー宮澤エマ、東国原英夫
70

4月19日
長嶋一茂、古市憲寿、武田鉄矢
71

4月26日
ラフルアー宮澤エマ、金子達仁、泉谷しげる
72

5月3日
指原莉乃(HKT48)、鳥越俊太郎、武井壮
73

5月10日
古市憲寿、指原莉乃(HKT48)、村本大輔(ウーマンラッシュアワー)
74

5月17日
中居正広(SMAP)、長嶋一茂、小籔千豊
75

5月24日
石原良純、ラフルアー宮澤エマ、古市憲寿
76

5月31日
又吉直樹(ピース)、山口恵以子、 土田晃之
77

6月7日
博多華丸(博多華丸・大吉)、長嶋一茂、古市憲寿
78

6月14日
坂上忍、市川紗椰、武田鉄矢
79

6月21日
やっと放送できるSP
80

6月28日
乙武洋匡、村本大輔(ウーマンラッシュアワー)、泉谷しげる
川淵三郎
81

7月5日
古市憲寿、村本大輔(ウーマンラッシュアワー)、鳥越俊太郎

82

7月12日
ヒロミ、中居正広(SMAP)、尾木直樹
83

7月19日
長嶋一茂、石原良純、古市憲寿
長渕剛
84

8月2日
長嶋一茂、乙武洋匡、山口恵以子
村本大輔(ウーマンラッシュアワー)
85

8月9日
中居正広(SMAP)、山里亮太(南海キャンディーズ)、石原良純

86

8月16日
ピーコ、古市憲寿、村本大輔(ウーマンラッシュアワー)
87

8月23日
小倉智昭、ヒロミ、山口恵以子
88

8月30日
山里亮太(南海キャンディーズ)、ラフルアー宮澤エマ、東国原英夫
89

9月6日
羽田圭介、茂木健一郎、小籔千豊
90

9月13日
長嶋一茂、SU(RIP SLYME)、泉谷しげる
91

9月20日
ヒロミ、蛭子能収、古市憲寿
92

9月27日
指原莉乃(HKT48)、乙武洋匡、村本大輔(ウーマンラッシュアワー)
93

10月4日
バカリズム、ラフルアー宮澤エマ、石原良純
94

10月11日
堀潤、長嶋一茂、小籔千豊
95

10月18日
中居正広(SMAP)、木下ほうか、指原莉乃(HKT48)
96

10月25日
ヒロミ、乙武洋匡、秋元梢
亀田興毅
97

11月1日
DaiGo、茂木健一郎、村本大輔(ウーマンラッシュアワー)

98

11月8日
紀里谷和明、古市憲寿、小籔千豊
99

11月15日
指原莉乃(HKT48)、堀潤、石原良純
100

11月22日
長嶋一茂、ヒロミ、山口恵以子
101

11月29日
古市憲寿、コムアイ(水曜日のカンパネラ)、ヒロミ
102

12月6日
みうらじゅん、秋元梢、乙武洋匡
103

12月13日
長嶋一茂、SU(RIP SLYME)、武田鉄矢
104

12月20日
バカリズム、指原莉乃(HKT48)、石原良純
2016年
元旦SP3

1月1日
安藤優子、ウエンツ瑛士、指原莉乃(HKT48)、古市憲寿、ヒロミ

105

1月10日
やっと放送できるSP2
106

1月17日
赤江珠緒、ピーコ、古市憲寿

107

1月24日
指原莉乃(HKT48)、長嶋一茂、泉谷しげる
108

1月31日
石原良純、宮澤エマ、村本大輔(ウーマンラッシュアワー)
109

2月7日
バカリズム、杉田かおる、堀潤
110

2月14日
赤江珠緒、ヒロミ、乙武洋匡
111

2月21日
ウエンツ瑛士、IVAN、武田鉄矢
112

2月28日
指原莉乃(HKT48)、小倉智昭、村本大輔(ウーマンラッシュアワー)
113

3月6日
古市憲寿、バカリズム、石原良純
114

3月20日
厚切りジェイソン、ヒロミ、堀潤
115

3月27日
赤江珠緒、友近、長嶋一茂
116

4月3日
ウエンツ瑛士、コムアイ(水曜日のカンパネラ)、石原良純
117

4月10日
ピーコ、阿部知代、小籔千豊
118

4月24日
小沢一敬(スピードワゴン)、宮澤エマ、武田鉄矢
119

5月1日[注 38]
指原莉乃(HKT48)、山里亮太(南海キャンディーズ)、古市憲寿
安倍晋三[注 39]120

5月8日
赤江珠緒、泉谷しげる、村本大輔(ウーマンラッシュアワー)

121

5月15日
堀潤、千秋、石原良純
122

5月22日
バカリズム、指原莉乃(HKT48)、長嶋一茂
123

5月29日
ウエンツ瑛士、塙宣之(ナイツ)、山口恵以子
124

6月5日
大川豊(大川興業)[注 40]、赤江珠緒、小籔千豊
125

6月12日
甲斐よしひろ(甲斐バンド)、ヒロミ、山里亮太(南海キャンディーズ)
126

6月19日
古市憲寿、秋元梢、石原良純
127

6月26日
宮藤官九郎、指原莉乃(HKT48)、古市憲寿
128

7月3日
ウエンツ瑛士、大宮エリー、堀潤
129

7月10日
赤江珠緒、みうらじゅん、長嶋一茂
130

7月17日
吉田豪、千秋、石原良純
131

7月31日
ヒロミ、宮澤エマ、村本大輔(ウーマンラッシュアワー)
132

8月7日
大川豊(大川興業)、小沢一敬(スピードワゴン)、古市憲寿
133

8月21日
ピーコ、大仁田厚、秋元梢
134

8月28日
赤江珠緒、ジミー大西、宮澤エマ
135

9月4日
秋本治[注 41]、指原莉乃(HKT48)、堀潤
136

9月11日
ウエンツ瑛士、ヒロミ、秋元梢
137

9月18日
川淵三郎、武田鉄矢、石原良純
138

9月25日
高須克弥、宮澤エマ、長嶋一茂
長谷川穂積[注 42]1部制時代(2016 – 2018年)

放送日

ゲストコメンテーター

ゲスト
2016年
139

10月2日
指原莉乃(HKT48)、古市憲寿、赤江珠緒

140

10月9日
ベッキー、ヒロミ、堀潤
141

10月16日
髙嶋政宏、小沢一敬(スピードワゴン)、赤江珠緒
142

10月23日
ウエンツ瑛士、バカリズム、大宮エリー
143

10月30日
石原良純、加藤紀子、村本大輔(ウーマンラッシュアワー)
川淵三郎
144

11月6日
古舘伊知郎、指原莉乃(HKT48)、小籔千豊

145

11月13日
大川豊(大川興業)、山里亮太(南海キャンディーズ)、赤江珠緒
146

11月20日
片桐仁(ラーメンズ)、ヒロミ、古市憲寿
147

11月27日
小倉智昭、長嶋一茂、宮澤エマ
148

12月4日
石原良純、杉田かおる、村本大輔(ウーマンラッシュアワー)
149

12月11日
コムアイ(水曜日のカンパネラ)、古市憲寿、小沢一敬(スピードワゴン)
150

12月18日
指原莉乃(HKT48)、ヒロミ、武田鉄矢
2017年
元旦SP4

1月1日
乙武洋匡、ベッキー、ヒロミ、ウエンツ瑛士、古市憲寿

151

1月8日
やっと放送できるSP3
152

1月15日
石原良純、杉田かおる、堀潤

153

1月22日
大川豊(大川興業)、指原莉乃(HKT48)、片桐仁(ラーメンズ)
154

1月29日
みうらじゅん、友近、乙武洋匡
155

02月5日
市川紗椰、石原良純、小籔千豊
156

2月12日
ヒロミ、バカリズム、長嶋一茂
157

2月19日
山里亮太(南海キャンディーズ)、指原莉乃(HKT48)、古市憲寿
158

2月26日
ウエンツ瑛士、ヒロミ、石原良純
159

3月5日
宮澤エマ、大川豊(大川興業)、堀潤
160

3月19日
赤江珠緒、博多大吉(博多華丸・大吉)、古市憲寿
161

3月26日
宮本浩次(エレファントカシマシ)、指原莉乃(HKT48、STU48)、乙武洋匡
162

4月2日
原田龍二[注 43]、高須克弥、小籔千豊
163

4月9日
武田鉄矢、ヒロミ、千秋
164

4月16日
三浦瑠麗、ピーコ、石原良純
165

4月23日
安藤和津、指原莉乃(HKT48、STU48)、泉谷しげる
166

4月30日
長嶋一茂、いとうあさこ、石原良純
167

5月7日
川谷絵音[42](indigo la End、ゲスの極み乙女。)、ヒロミ、古市憲寿、岡副麻希
168

5月14日
デヴィ・スカルノ、長嶋一茂、堀潤
169

5月21日
西川貴教(T.M.Revolution)、バカリズム、三浦瑠麗
170

5月28日
安藤和津、小籔千豊、古市憲寿
171

6月4日
森昌子、指原莉乃(HKT48、STU48)、泉谷しげる
172

6月11日
みうらじゅん、モーリー・ロバートソン、山里亮太(南海キャンディーズ)
173

6月18日
ウエンツ瑛士、山田ルイ53世(髭男爵)、三浦瑠麗
174

6月25日
指原莉乃(HKT48、STU48)、小島瑠璃子、石原良純
175

7月2日
ヒロミ、三浦瑠麗、古市憲寿
176

7月9日
千秋、土屋礼央(RAG FAIR、TTRE)、堀潤
177

7月16日
BOSE(スチャダラパー)、宮澤エマ、泉谷しげる
178

7月23日
やっと放送できるSP4
179

7月30日
ウエンツ瑛士、いとうあさこ、モーリー・ロバートソン

180

8月6日
西川貴教(T.M.Revolution)、古市憲寿、石原良純
181

8月13日
小島瑠璃子、橋本直(銀シャリ)、堀潤
182

8月20日
ヒロミ、毒蝮三太夫、古市憲寿
183

8月27日
佐藤仁美、山里亮太(南海キャンディーズ)、モーリー・ロバートソン
184

9月3日
バカリズム、宮澤エマ、BOSE(スチャダラパー)
185

9月17日
指原莉乃(HKT48、STU48)、土屋礼央(RAG FAIR、TTRE)、石原良純
186

9月24日
ヒロミ、三浦瑠麗、長嶋一茂
187

10月1日
みうらじゅん、山里亮太(南海キャンディーズ)、古市憲寿
188

10月8日
ウエンツ瑛士、山田ルイ53世(髭男爵)、堀潤
189

10月15日
デヴィ・スカルノ、三浦瑠麗、橋本直(銀シャリ)
190

10月22日
ヒロミ、倉田真由美、武田鉄矢
191

10月29日
ふかわりょう、指原莉乃(HKT48、STU48)、石原良純
192

11月5日
ウエンツ瑛士、堀口ミイナ、モーリー・ロバートソン
193

11月12日
西川貴教(T.M.Revolution)、佐藤仁美、古市憲寿
194

11月19日
立川志らく、いとうあさこ、土屋礼央(RAG FAIR、TTRE)
195

11月26日
武田鉄矢、サヘル・ローズ、泉谷しげる
196

12月3日
ヒロミ、小島瑠璃子、石原良純
197

12月10日
リンゴ(ハイヒール)、BOSE(スチャダラパー)、古市憲寿
198

12月17日
指原莉乃(HKT48)、みうらじゅん、三浦瑠麗
199

12月24日
宮本浩次(エレファントカシマシ)、堀口ミイナ、武田鉄矢
2018年
200

1月7日
やっと放送できるSP5
201

1月14日
安藤優子、ヒロミ、もふくちゃん

202

01月21日
長嶋一茂、佐藤仁美、石原良純
203

1月28日
ウエンツ瑛士、千秋、堀潤
204

2月4日
泉谷しげる、山里亮太(南海キャンディーズ) 、古市憲寿
205

2月11日
西川貴教(T.M.Revolution)、三浦瑠麗、長嶋一茂
206

2月18日
指原莉乃(HKT48)、ピーコ、古市憲寿
207

3月4日
中間淳太(ジャニーズWEST)、ヒロミ、三浦瑠麗
208

3月18日
小島瑠璃子、的場浩司、立川志らく
209

3月25日
武田鉄矢、三浦瑠麗、山田ルイ53世(髭男爵)
210

4月8日
指原莉乃(HKT48)、ヒロミ、古市憲寿
211

4月15日
登坂淳一[43]、いとうあさこ、モーリー・ロバートソン
212

4月22日
佐藤仁美、清塚信也、石原良純
213

4月29日
三浦瑠麗、小沢一敬(スピードワゴン)、泉谷しげる
214

5月6日
小島瑠璃子、千原せいじ(千原兄弟)、武田鉄矢
215

5月13日
ヒロミ、サラ・オレイン、土屋礼央(RAG FAIR、TTRE)
216

5月20日
泉谷しげる、千秋、古市憲寿
217

5月27日
立川志らく、三浦瑠麗、山里亮太(南海キャンディーズ)
218

6月3日
熊本SP
219

6月10日
乙武洋匡、ヒロミ、佐藤仁美

220

6月17日
大橋未歩、千原せいじ(千原兄弟)、古市憲寿
221

6月24日
指原莉乃(HKT48)、登坂淳一、石原良純
222

7月1日
ウエンツ瑛士、トラウデン直美、小藪千豊
223

7月8日
ヒロミ、清塚信也、三浦瑠麗
224

7月15日
いとうあさこ、立川志らく、古市憲寿
225

7月22日
大橋未歩、石原良純、土屋礼央(RAG FAIR、TTRE)
226

7月29日
長嶋一茂、小島瑠璃子 、乙武洋匡
227

8月5日
ヒロミ、宮澤エマ、モーリー・ロバートソン
228

8月12日
小沢一敬(スピードワゴン)、トラウデン直美、武田鉄矢
229

8月19日
西川貴教(T.M.Revolution)、野沢直子[注 44]、古市憲寿
230

8月26日
指原莉乃(HKT48)、乙武洋匡、泉谷しげる
231

9月2日
バカリズム、登坂淳一、三浦瑠麗
232

9月16日
ヒロミ、青山テルマ、バカリズム、古市憲寿
233

9月23日
ウエンツ瑛士、古市憲寿、宮澤エマ
234

9月30日
ヒロミ、千秋、モーリー・ロバートソン
235

10月7日
指原莉乃(HKT48)、立川志らく、千原せいじ(千原兄弟)
236

10月14日
石原良純、トラウデン直美、清塚信也
237

10月21日
ヒロミ、的場浩司、古市憲寿
238

10月28日
武田鉄矢、三浦瑠麗、山里亮太(南海キャンディーズ)
239

11月4日
長嶋一茂、千秋、堀潤
240

11月11日
指原莉乃(HKT48)、松丸亮吾、泉谷しげる
241

11月18日
神田愛花、乙武洋匡、清塚信也
242

11月25日
小島瑠璃子、ヒロミ、モーリー・ロバートソン
243

12月2日
西川貴教(T.M.Revolution)、安井友梨、登坂淳一
244

12月9日
青山テルマ、石原良純、土屋礼央(RAG FAIR、TTRE)
245

12月16日
武田鉄矢、三浦瑠麗、Bose(スチャダラパー)
246

12月23日
ぼくのりりっくのぼうよみ、ヒロミ、千秋
1部制時代(2019 – 2021年)

放送日

ゲストコメンテーター

ゲスト
2019年
247

1月6日
安藤優子、バカリズム、指原莉乃(HKT48)、石原良純

248

1月13日
指原莉乃(HKT48)、古市憲寿、乙武洋匡
249

1月20日
長嶋一茂、三浦瑠麗、山里亮太(南海キャンディーズ)
250

1月27日
いとうあさこ、トラウデン直美、石原良純
251

2月3日
指原莉乃(HKT48)、ヒロミ、モーリー・ロバートソン
252

2月10日
立川志らく、宮澤エマ、清塚信也
253

2月17日
青山テルマ、古市憲寿、小籔千豊
254

2月24日
指原莉乃(HKT48)、西川貴教(T.M.Revolution)、堀潤
255

3月3日
ヒロミ、松尾依里佳、立川志らく
256

3月17日
小島瑠璃子、登坂淳一、千原せいじ(千原兄弟)
257

3月24日
中居正広[44]、指原莉乃(HKT48)、石原良純
258

3月31日
長嶋一茂、古市憲寿、トラウデン直美
259

4月7日
乙武洋匡、千秋、清塚信也
260

4月14日
ヒロミ、古市憲寿、指原莉乃(HKT48)
261

4月21日
中尾明慶、神田愛花、泉谷しげる
262

4月28日
バカリズム、松尾依里佳、モーリー・ロバートソン
263

5月5日
指原莉乃、立川志らく、山里亮太(南海キャンディーズ)
264

5月12日
ヒロミ、三浦瑠麗、泉谷しげる
265

5月19日
きゃりーぱみゅぱみゅ、古市憲寿、清塚信也
千原せいじ(千原兄弟)[注 45][45]266

5月26日
長嶋一茂、トラウデン直美、乙武洋匡

267

6月2日
古市憲寿、神田愛花、堀潤
268

6月9日
カンニング竹山、ファーストサマーウイカ(BILLIE IDLE®)、石原良純
269

6月16日
武田鉄矢、東尾理子、清塚信也
270

6月23日
指原莉乃、ヒロミ、乙武洋匡
271

6月30日
中居正広、三浦瑠麗、清塚信也
272

7月7日
指原莉乃、酒井一圭(純烈)、石原良純
273

7月14日
立川志らく、野沢直子、古市憲寿
274

7月21日
緊急生放送[46][注 46][47]275

7月28日
西川貴教(T.M.Revolution)、ファーストサマーウイカ(BILLIE IDLE®)、モーリー・ロバートソン
276

8月4日
指原莉乃、武田鉄矢、泉谷しげる
277

8月11日
長嶋一茂、神田愛花、カンニング竹山
278

8月18日
ヒロミ、いとうあさこ、武田鉄矢
279

8月25日
指原莉乃、古市憲寿、清塚信也
280

9月1日
中居正広、西川貴教(T.M.Revolution)、指原莉乃
281

9月8日
バカリズム、三浦瑠麗、乙武洋匡
282

9月15日
カンニング竹山、トラウデン直美、石原良純
283

9月22日
立川志らく、指原莉乃、古市憲寿
284

9月29日
長嶋一茂、ヒロミ、青山テルマ
285

10月6日
武田鉄矢、千秋、山田ルイ53世(髭男爵)
286

10月13日
安藤優子、ヒロミ、小沢一敬(スピードワゴン)
287

10月20日
指原莉乃、乙武洋匡、泉谷しげる
288

10月27日
きゃりーぱみゅぱみゅ、立川志らく、清塚信也
289

11月10日
古市憲寿、神田愛花、カンニング竹山
290

11月17日
バカリズム、ファーストサマーウイカ(BILLIE IDLE®)、石原良純
291

11月24日
泉ピン子、中尾明慶、乙武洋匡
292

12月1日
高須克弥、西原理恵子、古市憲寿
293

12月8日
古舘伊知郎、トラウデン直美、武田鉄矢
294

12月15日
ヒロミ、三浦瑠麗、清塚信也
295

12月22日
川谷絵音(indigo la End、ゲスの極み乙女。、ジェニーハイ、ichikoro)、神田愛花、泉谷しげる
年末SP

12月28日
田村淳(ロンドンブーツ1号2号)、さだまさし、指原莉乃、中居正広、石原良純、古市憲寿
2020年
296

1月12日
ヒロミ、立川志らく、いとうあさこ

297

1月19日
バカリズム、泉ピン子、清塚信也
298

1月26日
長嶋一茂、ファーストサマーウイカ、礼二(中川家)[注 47]299

2月2日
武田鉄矢、神田愛花、乙武洋匡
300

2月9日
けらえいこ、長嶋一茂、カンニング竹山
301

2月16日
中尾明慶、佐藤仁美、古市憲寿
302

2月23日
西原理恵子、高須克弥、指原莉乃
303

3月15日
ヒロミ、中居正広、三浦瑠麗
304

3月22日
長嶋一茂、SHELLY、石原良純
305

3月29日
田村淳(ロンドンブーツ1号2号)、神田愛花、乙武洋匡
306

4月5日
長嶋一茂、西川貴教(T.M.Revolution)、指原莉乃
307

4月12日
傑作選[48]308

4月19日
309

4月26日
310

5月3日
311

5月10日
ファーストサマーウイカ、ウエンツ瑛士、古市憲寿

312

5月17日
泉谷しげる、指原莉乃、兼近大樹(EXIT)
313

5月24日
神田愛花、中尾明慶、カンニング竹山
314

5月31日
トラウデン直美、長嶋一茂、礼二(中川家)
315

6月7日
石原良純、ウエンツ瑛士、大橋未歩
316

6月14日
武田鉄矢、指原莉乃、山内健司(かまいたち)
317

6月21日
兼近大樹(EXIT)、三浦瑠麗、清塚信也
318

6月28日
中居正広、瀧川鯉斗、ファーストサマーウイカ
319

7月5日
神田愛花、Hiro(MY FIRST STORY)、泉谷しげる
320

7月12日
長谷川忍(シソンヌ)、長嶋一茂、指原莉乃
321

7月19日
古舘伊知郎、ウエンツ瑛士、神田愛花
322

7月26日
カンニング竹山、立川志らく、トラウデン直美
323

8月2日
黒田有(メッセンジャー)、指原莉乃、古市憲寿
324

8月9日
ヒロミ、西川貴教(T.M.Revolution)、三浦瑠麗
325

8月16日
古市憲寿、武田鉄矢、ヒロミ、かまいたち(濱家隆一・山内健司)[注 48]326

8月23日
佐藤仁美、りんたろー。(EXIT)、乙武洋匡
327

8月30日
河合郁人(A.B.C-Z)、指原莉乃、石原良純
328

9月6日
柴田亜美、長嶋一茂、山内健司(かまいたち)
329

9月13日
ムンロ王子、Hiro(MY FIRST STORY)、ファーストサマーウイカ
330

9月20日
田村淳(ロンドンブーツ1号2号)、指原莉乃、瀧川鯉斗
331

9月27日
石原良純、ウエンツ瑛士、指原莉乃、児嶋一哉(アンジャッシュ)[注 49]、古市憲寿
332

10月4日
SHELLY、中居正広、清塚信也
333

10月11日
神田愛花、バカリズム、石原良純
334

10月18日
ウエンツ瑛士、赤江珠緒、山内健司(かまいたち)
335

10月25日
ファーストサマーウイカ、ヒロミ、黒田有(メッセンジャー)
336

11月1日
柴田亜美、兼近大樹(EXIT)、武田鉄矢
337

11月8日
立川志らく、斎藤司(トレンディエンジェル)、三浦瑠麗
338

11月15日
菊地亜美、長嶋一茂、清塚信也
339

11月22日
山内健司(かまいたち)、河合郁人(A.B.C-Z)、大橋未歩
340

11月29日
トラウデン直美、西川貴教(T.M.Revolution)、副島淳
341

12月6日
神田愛花、岩井勇気(ハライチ)、石原良純
342

12月13日
Hiro(MY FIRST STORY)、長嶋一茂、赤江珠緒
343

12月20日
古市憲寿、指原莉乃、泉谷しげる
344

12月27日
ファーストサマーウイカ、田村淳(ロンドンブーツ1号2号)、中居正広、かまいたち
2021年
345

1月17日
大橋未歩、内田篤人、石原良純

346

1月24日
西川貴教(T.M.Revolution)、寺島しのぶ、乙武洋匡
347

1月31日
神田愛花、ウエンツ瑛士、カンニング竹山
348

2月7日
ヒロミ、バカリズム、三浦瑠麗
349

2月14日
金谷かほり、内田篤人、清塚信也
350

2月21日
加藤雅也、児嶋一哉(アンジャッシュ)、トラウデン直美
351

2月28日
川田裕美、立川志らく、古市憲寿
352

3月7日
大橋未歩、長嶋一茂、岩井勇気(ハライチ)
353

3月21日
長州力、山内健司(かまいたち)、三浦瑠麗
354

3月28日
根本宗子、河合郁人(A.B.C-Z)、武田鉄矢
355

4月4日
菊地亜美、中居正広、乙武洋匡
356

4月11日
長谷川忍(シソンヌ)、西川貴教(T.M.Revolution)、神田愛花
357

4月18日
石原良純、安藤優子、兼近大樹(EXIT)
358

4月25日
ヒロミ、Hiro(MY FIRST STORY)、大橋未歩
359

5月2日
寺島しのぶ、辰巳雄大(ふぉ~ゆ~)、田村淳(ロンドンブーツ1号2号)
360

5月9日
根本宗子、上原浩治、斎藤司(トレンディエンジェル)
361

5月16日
加納(Aマッソ)、長嶋一茂、清塚信也
362

5月23日
柴田亜美、河合郁人(A.B.C-Z)、カンニング竹山
363

5月30日
菊川怜、バカリズム、泉谷しげる
364

6月6日
金谷かほり、岩井勇気(ハライチ)、古市憲寿
365

6月13日
モト冬樹、川田裕美、石原良純
366

6月20日
加藤雅也、安藤優子、児嶋一哉(アンジャッシュ)
367

6月27日
つるの剛士、兼近大樹(EXIT)、三浦瑠麗
368

7月4日
辰巳雄大(ふぉ~ゆ~)、石井亮次、神田愛花
369

7月11日
中居正広、松田美由紀、立川志らく
370

7月18日
山内健司(かまいたち)、渋谷凪咲(NMB48)、武田鉄矢
371

7月25日
根本宗子、濱家隆一(かまいたち)、田村淳(ロンドンブーツ1号2号)、ウエンツ瑛士、石原良純
372

8月1日
菊川怜、ウエンツ瑛士、乙武洋匡
373

8月8日[注 50]
菊地亜美、上原浩治、清塚信也
374

8月15日
西川貴教(T.M.Revolution)、ファーストサマーウイカ、古市憲寿
375

8月22日
寺島しのぶ、長嶋一茂、長谷川忍(シソンヌ)
376

9月5日
Hiro(MY FIRST STORY)、田村淳(ロンドンブーツ1号2号)、酒井美紀、泉谷しげる
377

9月12日
神田愛花、盛山晋太郎(見取り図)、武田鉄矢
378

9月19日
根本宗子、バカリズム、石原良純
379

9月26日
眞鍋かをり、河合郁人(A.B.C-Z)、カンニング竹山
380

10月3日
中居正広、ナヲ(マキシマム ザ ホルモン)、モト冬樹
381

10月10日
佐藤仁美、岩井勇気(ハライチ)、乙武洋匡
382

10月17日
辰巳雄大(ふぉ~ゆ~)、ヒロミ、トラウデン直美
383

10月24日
ウエンツ瑛士、安藤優子、山内健司(かまいたち)
384

10月31日
大橋未歩、兼近大樹(EXIT)、石原良純
385

11月7日
神田愛花、滝川ロラン、泉谷しげる
386

11月14日
加納(Aマッソ)、Hiro(MY FIRST STORY)、武田鉄矢
387

11月21日
加藤雅也、渋谷凪咲(NMB48)、石井亮次
388

11月28日
田村淳(ロンドンブーツ1号2号)、根本宗子、石原良純
389

12月5日
森迫永依、児嶋一哉(アンジャッシュ)、古市憲寿
390

12月12日
つるの剛士、岩井勇気(ハライチ)、三浦瑠麗
391

12月19日
ナヲ(マキシマム ザ ホルモン)、長嶋一茂、清塚信也
392

12月26日
田村淳(ロンドンブーツ1号2号)、中居正広、さだまさし、渋谷凪咲(NMB48)
2022年[編集]
2022年

放送日

ゲストコメンテーター
393

1月16日
山内健司(かまいたち)、寺島しのぶ、ウエンツ瑛士
394

1月23日
トラウデン直美、辰巳雄大(ふぉ~ゆ~)[注 51]、石原良純
395

1月30日
兼近大樹(EXIT)、バカリズム、ヒロミ、西川貴教、眞鍋かをり
396

2月13日
加納(Aマッソ)、石井亮次、武田鉄矢
397

2月20日
長谷川忍(シソンヌ)、河合郁人(A.B.C.-Z)、ヒロミ、村重杏奈、泉谷しげる
398

2月27日
神田愛花、児嶋一哉(アンジャッシュ)、東儀秀樹、古市憲寿
399

3月6日
根本宗子、田村淳(ロンドンブーツ1号2号)、乙武洋匡
400

3月20日
安藤優子、Hiro(MY FIRST STORY)、長谷川忍(シソンヌ)
401

3月27日
河合郁人(A.B.C-Z)、ファーストサマーウイカ、古市憲寿
402

4月3日
神田愛花、河井ゆずる(アインシュタイン)、武田鉄矢
403

4月10日
トラウデン直美、田村淳(ロンドンブーツ1号2号)、ヒロミ、三浦瑠麗、武田鉄矢
404

4月17日
伊藤俊介(オズワルド)、寺島しのぶ、清塚信也
405

4月24日
菊地亜美、田村淳(ロンドンブーツ1号2号)、安藤優子、辰巳雄大(ふぉ〜ゆ〜)、石原良純
406

5月1日
中居正広、ヒロミ、根本宗子
407

5月8日
村重杏奈、眞鍋かをり、田村淳(ロンドンブーツ1号2号)、河井ゆずる(アインシュタイン)、泉谷しげる
408

5月15日
岩井勇気(ハライチ)、大黒摩季、モト冬樹
409

5月22日
金谷かほり、兼近大樹(EXIT)、田村淳(ロンドンブーツ1号2号)、バカリズム、石原良純
410

5月29日
根本宗子、東儀秀樹、武田鉄矢
411

6月5日
柴田亜美、田村淳(ロンドンブーツ1号2号)、ヒロミ、三浦瑠麗、長谷川忍(シソンヌ)
412

6月12日
三上大進、安藤優子、河井ゆずる(アインシュタイン)
413

6月19日
金谷かほり、神田愛花、田村淳(ロンドンブーツ1号2号)、兼近大樹(EXIT)、武田鉄矢
414

6月26日
大橋未歩、長嶋一茂、長谷川忍(シソンヌ)
415

7月3日
トラウデン直美、眞鍋かをり、田村淳(ロンドンブーツ1号2号)、加藤雅也、清塚信也
416

7月10日
村重杏奈、田村淳(ロンドンブーツ1号2号)、石原良純
417

7月17日
神田愛花、田村淳(ロンドンブーツ1号2号)、ヒロミ、辰巳雄大(ふぉ〜ゆ〜)、河井ゆずる(アインシュタイン)
418

7月24日
西川貴教、呂布カルマ、渋谷凪咲(NMB48)
419

7月31日
田村淳(ロンドンブーツ1号2号)、安藤優子、三浦瑠麗、滝川ロラン
420

8月7日
中居正広、野口聡一、加納(Aマッソ)
421

8月14日
菊川怜、バカリズム、田村淳(ロンドンブーツ1号2号)、大黒摩季、泉谷しげる
422

8月21日
柴田亜美、松岡充(SOPHIA)、石井亮次
423

8月28日
トラウデン直美、呂布カルマ、ウエンツ瑛士、田村淳(ロンドンブーツ1号2号)、河井ゆずる(アインシュタイン)
424

9月4日
伊藤俊介(オズワルド)、今田耕司、三浦瑠麗、武田鉄矢
スタッフ[編集]
ナレーター:杉原千尋(毎週)、海老原優香、竹下陽平(隔週)
構成:そーたに/さだ、宮丸直子/高須光聖
TP:江藤秀一(フジテレビ)
TD:高瀬義美(以前はTM)
SW:岩田一己
カメラ:澤田浩
音声:加瀬悦史
VE:高橋正直
照明:岩村信夫
マルチ:水上桂介
美術プロデューサー:平井秀樹(フジテレビ)
デザイン:鈴木賢太(フジテレビ)[49]
美術進行:鈴木あみ
大道具:志賀史樹
小道具:門間誠
アクリル装飾:伊藤幸枝
電飾:鈴木健也
アートフレーム:石井智之
メイク:山田かつら
取材協力:クワデータ
ヘアメイク:TEES
スタイリスト:高堂のりこ
CGデザイン:木本禎子(フジテレビ)
3DVFX:相馬揚介
編集:横山勇介、齋藤沙矢香(横山が担当出来ない回を担当)
MA:阿部雄太、岩佐早紀子(週替り)
音響効果:田中寿一、越塚仁士
技術協力:ニユーテレス、フジアール、fmt、IMAGICA、J-WORKS、インターナショナルクリエイティブ
制作協力:吉本興業
TK:江野澤郁子
広報:小山雅浩(フジテレビ)
デスク:山崎尚美
FD:鍋嶋達斗
ディレクター:青木孝之(青木→クリエイターズボックス)、渡辺恭平(渡辺→フジテレビ)、林千恵子、峠奈緒、岩田信歩、幸田拓也(幸田→以前はFD)
プロデューサー:矢﨑裕明(フジテレビ、以前はディレクター)、西村陽次郎(フジテレビ・情報企画開発センター)、土屋直喜(吉本興業[注 52])、利光智子(ケーテン、以前はAP)、小林靖(やす)子(エスエスシステム)
演出:宮川直樹(フジテレビ、以前はディレクター)
チーフプロデューサー:石川綾一(フジテレビ、2019年7月28日 -)
制作:フジテレビ編成制作局制作センター第二制作室(旧バラエティ制作センター→バラエティ制作部→制作局第二制作センター→編成局制作センター第二制作室)
制作著作:フジテレビ過去のスタッフ[編集]
制作統括:中嶋優一(フジテレビ、2019年7月28日 – 2020年9月27日、昼前時代 – 2019年7月21日まではCP)[注 53]
ナレーション:島田彩夏、永尾亜子
TP:塩津英史・児玉洋(フジテレビ)
カメラ:宮崎健司
美術制作:三竹寛典・板谷栄司(フジテレビ)
美術進行:内山高太郎、林勇
大道具:松本達也、小原哲夫
アクリル:斉藤祐介
電飾:森智
植木装飾:広田明
マルチ:太田和明
CGタイトル:山口剛
音響効果:多田思央美 (J-works)
編成:吉田寛生(フジテレビ)
広報:瀬田裕幸・池田綾子(フジテレビ)
デスク:伊藤藍、市川亜季、高橋沙織、海藤智美
ディレクター:永田修一、廣井敦、日置祐貴(日置→フジテレビ)、斉藤健・伊藤恭平(斉藤・伊藤→以前はFD)、齊藤崇晃、池田浩士(NEXTEP)、須貝暢夫(須貝→クリエイターズボックス)、高橋恭平・木村剛(木村→フジテレビ)/藤田賢城(B面)
プロデューサー:山本布美江・五十嵐剛・松本祐紀・西村宗範(以上フジテレビ)、織田直也・亀井俊徳・増田潤則・中田美津子(以上よしもとクリエイティブ・エージェンシー)、朝倉千代子(アルファ・グリッド)
演出:竹内誠(フジテレビ、深夜時代はCP兼任)ネット局[編集]
昼前・1部制時代[編集]
2016年10月以降。
昼前・2部制時代と同様に全編ローカルセールス枠のため、フジテレビ以外の通常時同時ネット局でも、編成の都合上、後刻振替となったり、臨時非ネットとなる場合がある[注 54]。また、フジテレビなど一部ネット局では時刻表示[注 55]を行っているが、番組送出ではなく各局別の送出となっている。

放送対象地域
放送局
系列
放送日時
ネット状況
関東広域圏
フジテレビ(CX)
フジテレビ系列
日曜 10:00 – 11:15
制作局
北海道
北海道文化放送(UHB)
同時ネット
岩手県
岩手めんこいテレビ(MIT)
宮城県
仙台放送(OX)
秋田県
秋田テレビ(AKT)
山形県
さくらんぼテレビ(SAY)
福島県
福島テレビ(FTV)
新潟県
NST新潟総合テレビ(NST)[注 56]長野県
長野放送(NBS)
静岡県
テレビ静岡(SUT)
富山県
富山テレビ(BBT)
石川県
石川テレビ(ITC)
福井県
福井テレビ(FTB)
中京広域圏
東海テレビ(THK)
近畿広域圏
関西テレビ(KTV)
島根県・鳥取県
山陰中央テレビ(TSK)
岡山県・香川県
岡山放送(OHK)
広島県
テレビ新広島(TSS)
愛媛県
テレビ愛媛(EBC)
高知県
高知さんさんテレビ(KSS)
福岡県
テレビ西日本(TNC)
佐賀県
サガテレビ(STS)
長崎県
テレビ長崎(KTN)
熊本県
テレビ熊本(TKU)
大分県
テレビ大分(TOS)[注 57]
日本テレビ系列フジテレビ系列
宮崎県
テレビ宮崎(UMK)
フジテレビ系列日本テレビ系列テレビ朝日系列
鹿児島県
鹿児島テレビ(KTS)
フジテレビ系列
沖縄県
沖縄テレビ(OTV)
青森県
青森テレビ(ATV)
TBS系列
土曜 9:30 – 10:45
遅れネット
昼前・2部制時代[編集]
2014年4月から2016年9月まで。前番組『笑っていいとも!増刊号』と同様に全編ローカルセールス枠のため、フジテレビ以外の通常時同時ネット局でも、編成の都合上、後刻振替となったり、臨時非ネットとなる場合があった。

放送対象地域
放送局
系列
放送日時
ネット状況
第1部(ワイドナショー)
第2部(ワイドナB面)
関東広域圏
フジテレビ(CX)
フジテレビ系列
日曜 10:00 – 10:55
日曜 10:55 – 11:15
制作局
北海道
北海道文化放送(UHB)[注 58]
同時ネット
岩手県
岩手めんこいテレビ(MIT)
宮城県
仙台放送(OX)
秋田県
秋田テレビ(AKT)
山形県
さくらんぼテレビ(SAY)
福島県
福島テレビ(FTV)
新潟県
新潟総合テレビ(NST)
長野県
長野放送(NBS)
静岡県
テレビ静岡(SUT)
富山県
富山テレビ(BBT)
石川県
石川テレビ(ITC)
福井県
福井テレビ(FTB)
中京広域圏
東海テレビ(THK)
島根県・鳥取県
山陰中央テレビ(TSK)
岡山県・香川県
岡山放送(OHK)
広島県
テレビ新広島(TSS)
愛媛県
テレビ愛媛(EBC)
高知県
高知さんさんテレビ(KSS)
福岡県
テレビ西日本(TNC)
佐賀県
サガテレビ(STS)
長崎県
テレビ長崎(KTN)
熊本県
テレビ熊本(TKU)
宮崎県
テレビ宮崎(UMK)
フジテレビ系列日本テレビ系列テレビ朝日系列
鹿児島県
鹿児島テレビ(KTS)
フジテレビ系列
沖縄県
沖縄テレビ(OTV)
大分県
テレビ大分(TOS)
日本テレビ系列フジテレビ系列
不定期放送
1部:同時ネット2部:不定期
近畿広域圏
関西テレビ(KTV)
フジテレビ系列
火曜 0:25 – 1:22(月曜深夜)
火曜 1:22 – 1:42(月曜深夜)
遅れネット[注 59]青森県
青森テレビ(ATV)
TBS系列
土曜 10:00 – 10:55
土曜 10:55 – 11:15
遅れネット
深夜時代[編集]
放送対象地域
放送局
系列
放送日時
放送期間
ネット状況
関東広域圏
フジテレビ(CX)
フジテレビ系列
火曜 0:35 – 1:25(月曜深夜)
2013年10月15日 – 2014年3月18日
制作局
宮城県
仙台放送(OX)
同時ネット
秋田県
秋田テレビ(AKT)
山形県
さくらんぼテレビ(SAY)
新潟県
新潟総合テレビ(NST)
長野県
長野放送(NBS)
岡山県・香川県
岡山放送(OHK)
広島県
テレビ新広島(TSS)
愛媛県
テレビ愛媛(EBC)
高知県
高知さんさんテレビ(KSS)
福岡県
テレビ西日本(TNC)
近畿広域圏
関西テレビ(KTV)
火曜 1:30 – 2:20(月曜深夜)
55分遅れ
青森県
青森テレビ(ATV)
TBS系列
月曜 23:58 – 翌0:48
2013年10月21日 – 2014年3月24日
遅れネット
福井県
福井テレビ(FTB)
フジテレビ系列
火曜 0:45 – 1:35(月曜深夜)
2013年10月22日 – 2014年3月25日
北海道
北海道文化放送(UHB)
火曜 0:50 – 1:40(月曜深夜)
石川県
石川テレビ(ITC)
火曜 0:45 – 1:35(月曜深夜)
2014年1月7日 – 3月25日
富山県
富山テレビ(BBT)
土曜 1:10 – 2:00(金曜深夜)
2013年10月26日 – 2014年3月29日
鹿児島県
鹿児島テレビ(KTS)
土曜 1:35 – 2:25(金曜深夜)
静岡県
テレビ静岡(SUT)
土曜 1:26 – 2:16(金曜深夜)
2013年12月7日 – 2014年3月29日
島根県・鳥取県
山陰中央テレビ(TSK)
日曜 1:05 – 1:55(土曜深夜)
2013年10月27日 – 2014年3月30日
熊本県
テレビ熊本(TKU)
木曜 0:35 – 1:25(水曜深夜)
2013年10月31日 – 2014年4月2日
脚注[編集]
[脚注の使い方]注釈[編集]

^ 2018年3月までは通常の字幕放送だった。

^ 『コサキン・天海の超発掘!ものまねバラエティー マネもの』(2014年9月27日放送回)にて、当番組のセットを使用し、当番組を1人で再現するネタを披露している。

^ 松本が2019年秋から局長を務める『探偵!ナイトスクープ』(朝日放送テレビ)の収録が金曜日に大阪であるため、本番組の収録日を移動せざるを得なくなったためと見られる。

^ この日の『FNNみんなのニュース』の通常放送とは別に、平日の『みんなのニュース』の出演者・体裁で放送。

^ クロスネット局を除く。

^ フジテレビ側も宮道治朗編成部長が事実関係を認めていた。

^ レギュラー放送の時間帯での放送となったため、普段元日の同時間帯は自主編成枠としているテレビ大分も初めて新春特番を同時ネットした。

^ また、2015年と2016年は『新春!爆笑ヒットパレード』の直前、2017年は『新春!爆笑ヒットパレード』の第1部と第2部の間にそれぞれ放送された。

^ 一部地域では20:54で終了。またテレビ大分は当日深夜に時差放送。

^ 『ワイドナショー』が収録に対して、『サンジャポ』は生放送であり、つまり爆笑問題が『ワイドナショー』を見るのは不可能である。

^ 先述の宮崎駿発言問題とは異なり謝罪には至っていないが、青森テレビではこの回の放送が見送られている。ちなみにその暴行被害を受けたメンバーは青森県出身である。

^ 2014年2月11日 – 3月11日は三田がソチ五輪取材で不在のため代行。2018年1月14日 – 4月29日は秋元が出演自粛のため毎週出演。

^ 本編(『A面』)担当女子アナが不在時には代役として出演。また『A面』にも専門家(東京大学出身)としてやコメントを求められてたびたび出演している。特番時には、慶応大学野球部OBとして専門家でも出演した田中大貴(フジテレビアナウンサー)が補佐した。

^ 午後の情報番組『直撃LIVE グッディ!』登板に伴い降板。

^ 結婚報告時(2020年1月)に冒頭に出演。

^ 以前は山﨑や三田、秋元が後半(『B面』)にも出演し、佐々木の補佐・代役を行っていたが、東野の裏かぶりが無くなった2016年秋以降は原則として出演していない。

^ 2015年4月から6月末までは裏番組である『美女たちの日曜日』(テレビ朝日)に出演していたため、本番組への出演を休止していた。同年7月12日放送分から出演を再開した。

^ 2015年元旦SPに矢口真里(元モーニング娘。)が出演。矢口真里、風俗嬢転身のうわさ否定 – 日刊スポーツ 2015年1月2日

^ 専門家席でも出演。

^ 2021年11月28日放送分では、「ワイドナインフルエンサー」として、あのが出演。2021年12月26日放送分では、田村亮(ロンドンブーツ1号2号)が出演。あの『水ダウ』遠隔操作ドッキリの反響を明かす 松本人志の印象は「思ったよりも筋肉の人」 – ORICON NEWS 2021年11月28日

^ a b c d e f g B面にも出演。

^ 「大ファン」としてスタジオ観覧。OAされていないが他の回にも観覧希望者がスタジオに来ている。

^ 随時募集されていて、不定期で呼ばれている。

^ 『ワイドナB面』等に電話で出演。

^ 橋本は欠席し、鰻のみ出演。

^ 2017年も準優勝して出演。

^ 井上裕介単独でも出演。

^ 現役時代は最高齢棋士として出演。

^ 山内は競馬の専門家としても出演。

^ 3位のジャルジャルはスケジュールの都合で出演出来なかった。

^ 滞在中の都内ホテルから中継。

^ 収録の見学に来ていた。

^ 宇宙への出発前はアメリカからリモート出演、スタジオでも出演。

^ 土曜日 23:20頃 – 25:20頃に放送。

^ 『FNS27時間テレビ』の総合司会

^ 裏番組の『SmaSTATION!!』(テレビ朝日)に生出演のため途中参加。

^ 博多華丸は収録の見学に来ていたことがある。

^ 本来は4月17日放送予定だったが、4月14日と16日に震度7を記録した熊本地震のため同日は報道特別番組『緊急 みんなのニュース 熊本大地震その時何が』に変更され、2週延期となっていた[40][41]。

^ 現職の内閣総理大臣として出演。

^ 専門家席やリポーターとしても出演。

^ 『こちら葛飾区亀有公園前派出所』連載終了の発表も兼ねた出演。

^ 専門家としても出演。

^ コーナーゲストとしても出演。

^ サンフランシスコ在住なので、アメリカ事情通としても出演。

^ トピックスの当事者として専門家席で出演、その後コメンテーター席に残る。

^ 収録後に発表されていた通常放送時の出演予定者は、安藤優子、ヒロミ、清塚信也、かが屋、バモス!わたなべ、瀬間彩海。なお収録分は現時点ではお蔵入りとなっている。

^ ラグビー芸人で専門家としても出演。

^ 出演予定だった指原莉乃が体調不良のため欠席、山梨県にいたヒロミが急遽代役のオファーを受け出演。また、松本は夏休みを取り欠席、代役で濱家隆一が出演。

^ この回は26日(土曜日)収録で、松本はこの日TBSで生放送されたダウンタウンが総合司会を務める長時間特別番組『お笑いの日2020』の生放送のため欠席した(本番組を収録する夕方の時間帯は『ザ・ベストワン』に一部出演するのみだったが、『キングオブコント』の準備があったため)。本番組内では番組名などは伏せられた上で「2回目の夏休み」と説明された。児嶋がそのピンチヒッター。

^ 東京五輪の新体操団体決勝を中継の為、50分の短縮版。

^ 出演予定だった伊藤俊介(オズワルド)が濃厚接触者となったためその代役。ふぉ~ゆ~辰巳雄大 オズワルド伊藤の“代役”で「ワイドナ」急きょ出演「暇だったわけじゃない」 – スポニチ 2022年1月23日

^ 2019年6月までがよしもとクリエイティブ・エージェンシー

^ 『笑っていいとも!』・『笑っていいとも!増刊号』のCP。

^ 特に、テレビ大分・テレビ宮崎・沖縄テレビの3局では毎年3月第1日曜日(2018年までは毎年2月最終日曜日)の『東京マラソン』の中継が日本テレビ系列担当の年は該当日の当番組の同時ネットを返上とするほか、毎年8月の『24時間テレビ 「愛は地球を救う」』(日本テレビ制作)の放送日と重なる場合も同様に臨時に同時ネットを返上、いずれもOTVのみ同日深夜に振替放送を行っている(ちなみに沖縄県には日本テレビ系列局が無い)。

^ 松本の顔が描かれたイラストと番組ロゴCG入り座布団付きのカスタムフォントでの時刻出しを行っている。

^ 2019年9月までは新潟総合テレビ。

^ 2016年4月ネット開始。

^ 北海道文化放送は北海道マラソン放送期間中(8:55 – 11:50)は当時間帯の放送はされず、同日の午後の時間に遅れ分(2014年は13:00 – 14:15、2015年と2016年は13:35 – 14:50)を放送。

^ 自社制作の情報ワイド番組『よ〜いドン!サンデー』(10:00 – 11:15)放送のため、フジテレビ系列のネット局で唯一の遅れネット[50]。

出典[編集]

^ 2013年〜2014年 年末年始の特別番組 フジテレビ 2013年12月5日閲覧。

^ 松本人志の深夜番組が“日曜朝”に引っ越し「いいのか、悪いのか…」 – オリコン 2014年3月1日 同日閲覧

^ フジ『ワイドナショー』生放送でも低迷 時期ズレてれば…

^ 2016-2017 年末年始特別番組&1月新番組 – フジテレビ

^ 東野、裏かぶり解消で「ワイドナ」が「B面」と一本化

^ 『ワイドナショー』年末に初ゴールデン特番 田村淳、さだまさし、中居正広らが“2019年”を斬る – オリコンニュース 2019年12月1日

^ 「すっとんきょうなことを言わなきゃダメ」『ワイドナショー』に見る、松本人志の時事大喜利 サイゾー

^ 松本人志が激怒 清原容疑者薬物否定「ダマされた」 日刊スポーツ 2016年2月8日閲覧。

^ “『ワイドナショー』人気の立役者・東野幸治 “白い悪魔”からすご腕MCへ ORICON STYLE”. オリコンスタイル (2015年10月12日). 2015年10月17日閲覧。

^ ワイドショー事情 「収録」ではなかなか視聴率取れない現実 – NEWSポストセブン 2014年5月14日

^ 「ワイドナショー」番組最高&初の2桁10・7%!松本発言に注目

^ 「ワイドナショー」2週連続2桁台10・3% 「サンジャポ」に肉薄

^ ニュース連発で軒並み高視聴率!ワイドナ過去最高、サンジャポ歴代2位

^ 「ワイドナショー」ベッキー出演回の視聴率10.4% 「サンジャポ」に初勝利

^ “迷走するテレビ朝日の朝『さんぽサンデー』も、あっけなく放送終了で……”. サイゾー. (2016年1月4日). https://www.cyzo.com/2016/01/post_25739_entry.html 2022年1月8日閲覧。 

^ 緊急生放送のワイドナショー 東西で高視聴率 関西地区で22・1% – デイリースポーツ online 2019年7月22日

^ #MeToo Japan: What happened when women broke their silence – BBC News 2018年4月25日

^ 柚木美音、「Tプレミア」参戦のチーム埼玉チーム名考案!「T.T彩(さい)たま」 – スポーツ報知 2018年4月18日

^ タイムテーブル – 阿蘇ロックフェスティバル2018

^ 阿蘇ロックフェスティバルのツイート

^ 西宮神社「福男選び」で二番福に霜降り明星と同期のピン芸人 – 東スポWeb 2019年1月10日

^ OTOTAKE PROJECT – Sony Computer Science Laboratories, Inc.

^ “フジテレビ、「ワイドナショー」宮崎駿監督の引退宣言について「真偽を確認しないまま放送」と謝罪”. ねとらぼ (2017年5月29日). 2017年9月26日閲覧。

^ “「ワイドナショー」宮崎監督引退宣言誤用で謝罪 松本人志「次に起きたら降板」”. Sponichi Annex (2017年6月4日). 2017年9月26日閲覧。

^ “フジ、宮崎駿監督の架空の引退宣言を紹介 HPで謝罪”. 朝日新聞 (2017年5月30日). 2017年9月26日閲覧。

^ “ネット情報収集、注意喚起へ BPO”. 朝日新聞 (2017年7月15日). 2017年9月26日閲覧。

^ 委員長談話 – BPO 2017年9月8日

^ “「乙武洋匡」元夫人、乙武氏と愛人を提訴 『ワイドナショー』出演で”. デイリー新潮 (2017年8月8日). 2017年9月26日閲覧。

^ “松本人志、「ワイドナショ-」での発言で乙武氏を提訴した元夫人へ謝罪”. スポーツ報知 (2017年8月13日). 2017年8月13日閲覧。

^ 乙武洋匡氏 元妻との裁判が審理行わず終わっていた – NEWSポストセブン 2017年10月19日

^ 松本人志、指原への“問題発言”に言及「今日をもって無口なコメンテーターに…」 – ザテレビジョン 2019年1月20日

^ 松本人志セクハラ炎上発言、フジ幹部は指原との「関係性」考慮し放送と説明 – デイリースポーツ online 2019年1月25日

^ 指原莉乃、松本人志の「体を使って」発言の時は「本当に興奮していた」 – スポーツ報知 2月3日

^ 松本人志が新型コロナ感染 13日「ワイドナショー」から5人目 相方・浜田雅功は濃厚接触者に該当せず – スポニチ 2022年2月18日

^ 松本人志に東野幸治…「ワイドナショー」コロナ感染者続出で番組制作現場の安全神話崩壊危機 – 東スポ 2022年2月19日

^ “フジ・久代萌美アナ、「ワイドナショー」秋元優里アナ“後任”に!”. スポーツ報知 (2018年5月4日). 2018年5月4日閲覧。

^ 松本人志「ワイドナショー」を欠席 東野幸治が謝罪「一説には風邪、一説にはズル休み」 – Sponichi Annex 2018年8月19日

^ フジ「ワイドナ」、冒頭で松本人志のものまねで「JP」出演…「こういう時に呼ばれるから」 – スポーツ報知 2022年1月30日

^ 京橋法律事務所

^ 安倍首相出演『ワイドナショー』休止決定 -『みんなのニュース』緊急特番に マイナビニュース 2016年4月16日発行、同日閲覧。

^ 安倍首相出演『ワイドナショー』5・1放送 地震の影響で延期 ORICON STALE(2016年4月28日) 同日閲覧

^ 川谷絵音きょうワイドナショー出演、地上波TV復帰 –
日刊スポーツ 2017年5月7日

^ 登坂アナ 15日フジ「ワイドナショー」で“復帰”、松ちゃんが攻める! – Sponichi Annex 2018年4月12日

^ 中居正広、「ワイドナショー」に3年半ぶり出演 3・24放送回で デイリースポーツ online 2019年3月22日

^ 千原せいじ、不倫報道を『ワイドナショー』で謝罪 苦しい釈明に松本人志「もっと堂々としているかと…」 – ORICON NEWS 2019年5月19日

^ フジ 21日「ワイドナショー」は急きょ異例の生放送に!松本人志&東野幸治が宮迫&亮の契約解消問題語る – Sponichi Annex 2019年7月21日

^ 「ワイドナショー」緊急生放送で収録分“お蔵入り” – Narinari.com 2019年7月21日

^ 「ワイドナショー」12日放送分は傑作選に フジ当面ロケや収録休止 松本人志「1週間以上ほぼ家に」 – Sponichi Annex 2020年4月11日

^ フジテレビジュツの仕事 ワイドナショー フジテレビジュツのヒミツ

^ いいとも増刊号後番組に「よ〜いドン!」“増刊号” – サンケイスポーツ 2014年3月18日閲覧)。

外部リンク[編集]
公式ウェブサイト – フジテレビ
明日からスタートSP – 同上
(全国版) – 同上
ワイドナB面(B面) – 同上
フジテレビ 火曜0:35 – 1:25枠(月曜深夜)
前番組
番組名
次番組
ハマ3※0:35 – 0:45(2013.4.16 – 10.1)10匹のコブタちゃん〜ヤセガマンしないTV〜※0:45 – 1:10(2013.4.16 – 9.17)たけしのコマ大数学科※1:10 – 1:40(2010.4.13 – 2013.9.24)

ワイドナショー(2013.10.15 – 2014.3.18)

フジバラナイト MON※0:35 – 1:30【・0:35 – 1:00…MONDAY FOOTBALL R(2014.4.15 – 2015.3.23)・1:00 – 1:30…OV監督】(2014.4.15 – 9.16)

フジテレビほか 日曜10:00 – 10:55枠
笑っていいとも!増刊号※10:00 – 11:45(1982.10.24 – 2014.3.30)

ワイドナショー(2014.4.6 – )

フジテレビほか 日曜10:55 – 11:15枠
笑っていいとも!増刊号※10:00 – 11:45(1982.10.24 – 2014.3.30)

ワイドナB面(2014.4.6 – 2016.9.25)↓ワイドナショー【20分拡大】(2016.10.2 – )

表話編歴フジテレビおよびFNN系列の報道番組 朝
平日
テレビ新聞1
(FNN)テレビ朝刊1
FNNニュース7:30
FNNモーニングワイド ニュース&スポーツ
FNNモーニングコール
FNN朝駆け第一報!
FNN World Uplink
FNN おはよう!サンライズ
めざましテレビ週末
産経テレニュースFNN
めざましテレビ週末号3
土曜一番!花やしき3
FNNニュース
めざましどようび3
報道プライムサンデー4
日曜報道 THE PRIME4

平日
サンケイテレニュースFNN1
FNNニュース12:00
サンケイテレニュースFNN1
FNNニュースレポート11:30
FNNスピーク2
FNNプライムニュース デイズ1
FNN Live News days1週末
産経テレニュースFNN
ワイドナショー
FNNスピークWeekend
夕方
平日
共同テレニュース2
フジテレニュース2
サンケイホームニュース2
FNNニュース2
FNNニュース6:302
FNNニュースレポート6:00
FNNスーパータイム1
FNNニュース555 ザ・ヒューマン
FNNスーパーニュース
みんなのニュース
プライムニュース イブニング1
Live News イット!1週末
共同テレビ日曜夕刊4
サンケイ新聞テレビ日曜夕刊4
FNNテレビ土曜・日曜夕刊
FNNニュースレポート5:30
FNNニュース ザ・ヒューマン
FNNスーパーニュースWEEKEND
FNN みんなのニュース Weekend
最終
平日
ニュース対談1
きょうのニュース1
こちら報道部1
FNNニュース最終版(第1期)1
FNNニュースレポート23:00
FNNニュース工場1
FNN DATE LINE1
FNNニュース最終版(第2期)・FNN DATE LINE1
FNN NEWSCOM1
ニュースJAPAN
あしたのニュース
ユアタイム
THE NEWSα
FNNプライムニュース α
FNN Live News α週末
FNNニュースレポート23:30
ニュースJAPAN(「スポーツWAVE」内)
FNNニュース最終版(第3期)
ニュースJAPAN WEEKEND
FNN EZ!TV NEWS4
感動ファクトリー・すぽると!&ニュース3
FNNニュース(「ニュース&すぽると!」内)3
FNNニュース4
スポーツLIFE HERO’S
S-PARK
関連項目
ニュースレポート
奥さまニュース
ショットガン
FNNニュース・明日の天気
レインボー発
NEWSPickUp
こんやのニュース
ユアタイム クイック
THE NEWSα Pick
プライムニュース
Live News
1週末版も放送。2土曜版も放送。3土曜版のみ放送。4日曜版のみ放送。
表話編歴松本人志現在放送中の番組
ワイドナショー – 探偵!ナイトスクープ – 人志松本の酒のツマミになる話

現在放送中のスペシャル番組
M-1グランプリ(2001年〜2003年、2005年〜2010年、2016年〜) – 人志松本のすべらない話 – IPPONグランプリ – 福岡人志、 松本×黒瀬アドリブドライブ – ドキュメンタル – FREEZE – 審査員長・松本人志 – まっちゃんねる – まつもtoなかい〜マッチングな夜〜 – クレイジージャーニー – FNSラフ&ミュージック〜歌と笑いの祭典〜(2022年) – キングオブコントの会

放送終了した番組
一人ごっつ – 新・一人ごっつ – 松ごっつ – わらいのじかん – わらいのじかん2 – 松本紳助 – サイボーグ魂 – 働くおっさん人形 – モーニングビッグ対談 – 働くおっさん劇場 – 松本見聞録 – 人志松本の○○な話 – 松本人志のコントMHK – おもしろ言葉ゲーム OMOJAN – 松本家の休日

放送終了したスペシャル番組
松本人志・中居正広VS日本テレビ – たけしとひとし – 芸人ドキュメンタリー 下がり上がり

ビデオ
VISUALBUM

出演ドラマ
竜馬におまかせ! – 伝説の教師

監督映画
大日本人 – しんぼる – さや侍 – R100

ラジオ
放送室

関連項目
きょうふのキョーちゃん – ダウンタウン(浜田雅功) – 吉本興業

関連人物
伊原凛 – 松本隆博 – 中居正広 – 島田紳助 – ビートたけし – 秋元優里 – 久代萌美 – 東野幸治 – 千原ジュニア – 陣内智則 – 南原清隆 – 設楽統 – 若林正恭

表話編歴東野幸治現在放送中の番組
お笑いワイドショー マルコポロリ! – 行列のできる相談所 – 主治医が見つかる診療所 – ワイドナショー – 教えて!ニュースライブ 正義のミカタ – ちゃちゃ入れマンデー – 1周回って知らない話 – 東野・岡村の旅猿 プライベートでごめんなさい… – 梅沢富美男と東野幸治のまんぷく農家メシ! – 芸能人が本気で考えた!ドッキリGP – 誰も知らない明石家さんま – NHKだめ自慢 〜みんながでるテレビ〜

過去の出演番組
4時ですよーだ – ダウンタウンのゆーたもん勝ち – 素敵!KEI-SHU5 – ラジオDEごめん – 夕焼けの松ちゃん浜ちゃん – 正解るんです – 摩訶不思議 ダウンタウンの…!? – 生生生生ダウンタウン – 明石家さんまのスポーツするぞ!大放送 – 今田・東野の血が騒ぐ – ダウンタウン汁 – ゲームカタログII – ダウンタウンのごっつええ感じ – TVおじゃマンモス – 天使のU・B・U・G – 今田耕司のシブヤ系うらりんご – まっ昼ま王!! – かざあなダウンタウン – ウッチャンウリウリ!ナンチャンナリナリ!! – 森田一義アワー 笑っていいとも! – 笑っていいとも!増刊号 – 笑っていいとも!特大号 – マジカル頭脳パワー!! – 冒冒グラフ – 今田・東野のCMコウジ園 – 発明将軍ダウンタウン→ひらめけ!発明大将軍 – Oh!黄金サービス – BLT- 熱帯シナモンズ – らぶ衛門 – 快傑!コウジ園 – 名古屋が最高! – 超!よしもと新喜劇 → 超コメディ60! – クイズ!渡る世間は金ばかり?! – 純情学園男組 – 歌迷窟 – いろもん貳 → いろもん參 – ウンナンのホントコ! – 明石家マンション物語 – 恋ボーイ恋ガール – 伝説音舗〜うれる堂〜 – ナンバ壱番館 – ネッパ者 – イカリングの面積 – まかせて!!エキスパ – ベストポジションSPORTS – 土曜ドカンッ!! – 明石家ウケんねん物語 – HAMADA COMPANY 弾丸!ヒーローズ – 三宅裕司のドシロウト – ウッチャきナンチャき – 芸能人が通う診察室 – 2時ワクッ! – オカンと娘 – やりにげコージー – やりすぎコージー – 歌スタ!! – グッピー!! – ランキンの楽園 – 勉強してきましたクイズ ガリベン! – あらびき団 – チェック!ザ・No.1 – KOZY’S NIGHT 負け犬勝ち犬 – よしもと新喜劇 – ダウンタウン也 – どっちの料理ショー – アジアの純情 – 東西芸人いきなり!2人旅 – ニッポン!いじるZ – もはや神ダネ – ほこ×たて – 世界HOTジャーナル – ギョクセキっ! – 東野幸治のナイモノネダリ – ごぶごぶ – ノブナガ – 本能Z – 世界!極タウンに住んでみる – 吉本坂46が売れるまでの全記録 – その他の人に会ってみた – 東野幸治のニッポン強靭化計画 – みえる

単発・スペシャル番組
ビートたけしのお笑いウルトラクイズ – 24時間テレビ 「愛は地球を救う」(2017年) – FNSの日(FNSの日 1億2500万人の超夢列島 そのうちなんとか…23時間) – FNS番組対抗NG大賞 – スーパークイズスペシャル – 27時間チャレンジテレビ(ブリーフ4) – 超豪華オールスター大集合!!番組対抗 炎の熱血バトル – 平成あっぱれテレビ – 爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル(顔も声もご本人と一緒!・祭りだ祭りだSP) – 今年も生だよ芸人集合 笑いっぱなし伝説 – 吉本芸人100人祭り!笑って忘れて スタジオにこれ以上入りませんSP – 行列のできる芸能人通販王決定戦 – 鳥人間コンテスト選手権大会 – お笑い芸人どっきり王座決定戦スペシャル – 涙のツボ〜私は必ずコレで泣いてしまう!〜 – ビートたけしのD-1グランプリ – 東野・有吉のどん底 – TVエース〜先輩!教えてください〜 – 緊急生放送!(秘)個人情報流出!よしもとランキング – 余談大賞 – 耳が痛いテレビ 芸能人カスタマーセンター – 最後の一日 最後の言葉 〜本当にそれでイイんですか?〜 – 東野・加藤この歌が聴きたいベストテン – NHK杯 輝け!!全日本大失敗選手権大会 〜みんながでるテレビ〜 – ビートたけし&東野幸治「1億2000万人の叫び!こんな世の中はイヤだ!」 – さよなら、フーテン人生〜フーテン達が自分を変える720時間山ごもり〜 – クイズピンチヒッター

主なラジオ番組
ラジオ2丁目劇場 – よしもとDAウー! – MBSヤングタウン – パックインミュージック21 – 今田耕司と東野幸治の東京RADIO CLUB・金曜特別 – Come on FUNKY Lips!

関連項目
お笑い第三世代 – 吉本興業 – 吉本新喜劇 – Wコウジ(今田耕司) – エキセントリック少年ボウイオールスターズ – 日影の忍者勝彦オールスターズ – チュンチュンワールド〜おげんきたいそう〜

関連人物
ダウンタウン(浜田雅功・松本人志) – ナインティナイン(矢部浩之・岡村隆史) – フットボールアワー(後藤輝基・岩尾望) – フワちゃん – 明石家さんま – 滝沢カレン – 月亭方正 – アンジャッシュ(渡部建・児嶋一哉)

表話編歴FNSの日放送履歴
1987年 – 1991年・1995年 – 1996年
1992年 – 1994年
1997年 – 2003年 注1
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2013年 注2
2014年
2015年
2016年
2017年 注3
2018年 注3
2019年 注4
2020年 注5
2021年 注5
2022年 注5歴代製作総指揮
鹿内春雄
鹿内宏明
日枝久
村上光一
豊田皓
亀山千広
宮内正喜
遠藤龍之介
港浩一歴代総合司会
1987・1989 タモリ・明石家さんま
1988 タモリ・笑福亭鶴瓶
1990 須田哲夫・河野景子
1991 桂三枝・八木亜希子・有賀さつき
1992-1993 ビートたけし・逸見政孝
1994 ビートたけし
1995-1996 ビートたけしほか
1997 ダウンタウン
1998-2000・2006 中居正広
2002-2003 みのもんた
2004・2011・2015 ナインティナイン・中居正広
2005 笑福亭鶴瓶
2007 香取慎吾
2008 明石家さんま
2009-2010 島田紳助
2012 タモリ
2013 オアシズ・森三中・柳原可奈子・椿鬼奴・友近・渡辺直美・ハリセンボン
2014 SMAP
2017-2019 ビートたけし・村上信五歴代番組パーソナリティー
1996 SMAP
2003 モーニング娘。歴代進行アナウンサー
露木茂
長野智子
福井謙二
川端健嗣
中井美穂
西山喜久恵
小島奈津子
木佐彩子
佐野瑞樹
内田恭子
高島彩
中野美奈子
中村仁美
生野陽子
加藤綾子
榎並大二郎
永島優美
宮司愛海ベース番組
クイズ!年の差なんて(1991年)
平成教育委員会(1992年 – 1995年)
明石家さんまのスポーツするぞ!大放送(1995年 – 1997年)
HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMP(1997年)
中居正広のボクらはみんな生きている(1998年)
サタ☆スマ(1999年 – 2000年)
力の限りゴーゴゴー!!(2002年)
めちゃ×2イケてるッ!(2004年・2011年・2015年)
トリビアの泉(2005年)
西遊記(2007年)
オレたちひょうきん族(2008年)
クイズ!ヘキサゴンII(2009年 – 2010年)
森田一義アワー 笑っていいとも!(2012年)
10匹のコブタちゃん(2013年)
SMAP×SMAP・おじゃマップ(2014年)通常番組からのコーナー
サザエさん(1987年 – 2019年・)
FNNニュース工場(1987年)
スーパータイムスペシャル(1987年 – 1993年・1996年)
プロ野球ニュース(1987年 – 2000年)
テレビくん、どうも!(1987年)
FNN DATE LINE(1988年 – 1989年)
ちびまる子ちゃん(1990年 – 1992年・1996年 – 2003年・2005年 – 2007年・2017年)
笑っていいとも!増刊号(1987年 – 1990年・1992年 – 1996年・1998年 – 2001年・2004年 – 2013年)
FNN NEWSCOM(1990年 – 1992年)
クイズ!年の差なんて(1991年)
平成教育委員会(1992年 – 1995年・2019年)
あっぱれさんま大先生(1992年 – 1994年)
やっぱりさんま大先生(1996年・1998年 – 1999年)
北野ファンクラブ(1992年 – 1994年)
カルトQ(1992年)
オールナイトフジR(1994年)
夜のヒットスタジオ(1994年)
HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMP(1995年・1997年・2009年)
魔法のランプ!(1995年)
めざましテレビ(1995年・1997年・2002年 – 2006年、2011年 – 2019年・)
FNNニュース555 ザ・ヒューマン(1997年)
LOVE LOVE あいしてる(1997年 – 1998年)
FNNスーパーニュースWEEKEND(1998年 – 2004年)
報道2001(1998年)
ハッピーバースデー!(1998年)
めちゃ×2イケてるッ!(1998年・2001年・2004年 – 2005年・2008年 – 2015年)
SMAP×SMAP(1998年 – 2000年・2007年・2011年 – 2014年)
ココリコミラクルタイプ(2000年・2007年)
すぽると!(2001年 – 2007年・2011年 – 2012年・2015年)
クイズ$ミリオネア(2001年 – 2003年・2006年)
初詣!爆笑ヒットパレード(2001年 – 2003年・2005年)
とんねるずのハンマープライス(2001年)
情報プレゼンター とくダネ!(2002年)
桑田佳祐の音楽寅さん 〜MUSIC TIGER〜(2003年)
とんねるずのみなさんのおかげでした(2004年・2011年 – 2012年・2015年)
はねるのトびら(2004年・2008年 – 2012年)
トリビアの泉(2004年 – 2005年)
お台場明石城(2005年)
スターどっきり(秘)報告(2005年)
FNNスーパーニュース(2005年)
脳内エステ IQサプリ(2006年)
ネプリーグ(2006年 – 2012年・2016年)
クイズ!ヘキサゴンII(2006年 – 2011年)
もしもツアーズ(2006年 – 2007年)
さんタク(2008年・2014年)
たけし・さんまの有名人の集まる店(2008年・2019年)
爆笑レッドカーペット(2008年 – 2010年)
爆笑レッドシアター(2009年 – 2010年)
ペケ×ポン(2009年 – 2012年)
VS嵐(2009年 – 2010年)
ホンマでっか!?TV(2011年 – 2013年・2016年 – 2018年)
爆笑 大日本アカン警察(2011年 – 2013年)
ホメられてノビるくんA(2011年)
殿様のフェロモン(2011年)
FNS歌謡祭(2011年・2015年)
サタデー・ナイト・ライブ JPN(2011年)
はやく起きた朝は…(2012年)
ピカルの定理(2011年 – 2012年)
みんなのKEIBA(2011年 – 2019年・)
おじゃMAP!!(2012年・2014年)
女子アナスペシャル(2012年)
アウト×デラックス(2013年)
ほこ×たて(2013年)
人志松本のすべらない話(2013年)
明石家さんまのフジテレビ大反省会(2013年)
キスマイBUSAIKU!?(2014年・2016年)
ほんとにあった怖い話(2015年)
さんまのお笑い向上委員会(2016年 – 2019年・)
痛快TV スカッとジャパン(2016年 – 2018年)
いただきハイジャンプ(2016年)
バイキング(2016年)
爆笑キャラパレード → ネタパレ(2016年 – 2017年)
KYO-ICHI(2016年)
ドラゴンボール超(2017年)
ONE PIECE (2017年)
こちら葛飾区亀有公園前派出所 (2017年)
村上信五とスポーツの神様たち(2017年)
関ジャニ∞クロニクル(2017年 – 2019年・)
池上彰スペシャル(2017年 – 2019年・ )
くいしん坊!万才(2018年 – 2019年・ )
キャプテン翼(2019年)スピンオフ
BISTRO SMAP(1998年 – 2000年・2007年・2011年 – 2014年)
真夜中の大かま騒ぎ(2004年 – 2005年・2009年・2011年)
27時間ナショー(2014年)枠内特別コーナー
平成GIダービー(1993年 – 1994年)
さんま・中居の今夜も眠れない(2000年 – 2016年)
東京物語(2002年)
THE WAVE!(2005年)
SMAPライブ(2004年・2011年・2014年)関連項目
フジテレビ
5・2小川宏のテレビアタック24時間!!
欽ちゃんのドーンと24時間
FNNスーパータイム
ザッツお台場エンターテイメント!
24時間まるごとライブ LOVE LOVE2000
グレイティストTVショー
タモリ・たけし・さんまBIG3 世紀のゴルフマッチ
さしこく〜サシで告白する勇気をあなたに〜
フジアナスタジオ まる生
FNSラフ&ミュージック〜歌と笑いの祭典〜 – FNSラフ&ミュージック2022〜歌と笑いの祭典〜関連人物
横澤彪
ビッグ3
火薬田ドン(ビートたけし)
鹿内信隆
服部克久
注1:6月放送、注2:8月放送、注3:9月放送、注4:11月放送、注5:放送中止
.mw-parser-output .redirectcatnavmargin:1em auto;border-style:none;text-align:left;font-size:100%;clear:both.mw-parser-output .redirectcat ulmargin-left:0ワイドナB面に関するカテゴリ:
2014年のテレビ番組 (日本)
フジテレビのバラエティ番組の歴史

「https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ワイドナショー&oldid=91568886」から取得
カテゴリ: 娯楽の画像提供依頼2013年のテレビ番組 (日本)フジテレビのバラエティ番組フジテレビの情報・ワイドショー番組フジテレビの深夜番組の歴史フジテレビの年末年始特番吉本興業の番組松本人志FNSの日継続中の作品隠しカテゴリ: 出典を必要とする記事/2015年10月段組みにテーブルを使用している記事ウィキデータにない公式ウェブサイト

評価: 4~5 つ星
レビュー: 2478
再生回数: 31 15
[spincontent type=”j”]

【枕営業】金と女!枕営業の闇暴露! マリエの告発は本当か? 紳助 出川哲朗 週刊文春ワイドナショー松本人志ビートたけし サンデージャポン太田光 明石家さんま タモリ インスタライブ 芸能界の闇 ガシル Youtube

ご視聴ありがとうございます。
チャンネル登録・高評価よろしくお願いします!
この動画に対しての皆さまのご意見・ご感想をコメント欄にお願いします!

金と女!枕営業の闇暴露! マリエの告発は本当か?
元動画https://www.youtube.com/watch?v=_UAGfrBh2m0&t=0s
#nhk #nhk党 #nhkから国民を守る党 #政治 #立花孝志 #立花 #ガーシー #警察 #東谷 #三木谷 #楽天 #暴露
・受信料不払いに関する相談センター
【NHK党コールセンター】 03-3696-0750
【代表】朝9時から深夜11時まで毎日営業しています。
ツイッター https://twitter.com/tachibanat

・NHK党では集金人の訪問がピタリと止まる【NHK撃退シール】を無料配布しています。
NHK撃退シールご希望の方は、
あなたの郵便番号・ご住所・お電話番号・お名前と書いたメールをタイトル【シール希望】として
tachibanakumi0112@hotmail.co.jp
まで送信して下さい。
または、こちらまで→https://www.syoha.jp/

立花孝志,ガーシー,NHK党,ターシー,ホリエモン,報道ステーション,yahooニュース,ヒカル,青汁王子,ごぼうの党,奥野卓志,山本太郎,参政党,神谷宗幣,黒川あつひこ,れいわ新撰組,切り抜き,西村博之,つばさの党

◆立花孝志さんの最新情報はYouTubeチャンネルフォロー!⬇︎⬇︎
⬇︎立花孝志のターシーch【NHKの裏側】Youtubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UC80F…

⬇︎立花孝志Twitter

⬇︎NHK党インスタグラム
https://www.instagram.com/nhkparty/

⬇︎立花孝志のHP(立花ひとり孝志放送局)

トップページ

※当チャンネルはNHK党様から許可をいただき運営しております。

ニュース,報道,日本,政治,news,国際情勢,安倍,日経テレ東大学,岸田政権,テレビ朝日,tbsnews,tbs,最新ニュース,西院,政党チャンネル 演説,NHK党 応援チャンネル,NHK党 応援,NHK党 演説,参政党 武田邦彦,NHK党 批判,NHK党 ライブ,参政党 吉野敏明,参政党,NHK党,立花孝志,NHK党の部屋,東谷義和,ガーシー,黒川敦彦,浜田聡,高橋理洋,田村淳

2. ワイド ナ ショー 出演 者 女性 今日 Yomiuri

Yomiuri
ワイド ナ ショー 出演 者 女性 今日

説明: ワイド ナ ショー 出演 者 女性 今日 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 ワイド ナ ショー 出演 者 女性 今日 は、読売で検索されたもので、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 5422
[spincontent type=”j”]

3. ワイド ナ ショー 出演 者 女性 今日 Asahi Shimbun

朝日新聞
ワイド ナ ショー 出演 者 女性 今日

説明: 朝日新聞で検索した ワイド ナ ショー 出演 者 女性 今日 に関する上記の情報が、ワイド ナ ショー 出演 者 女性 今日 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 6320
[spincontent type=”j”]

4. ワイド ナ ショー 出演 者 女性 今日 The Japan Times

The Japan Times
ワイド ナ ショー 出演 者 女性 今日

説明: ジャパン タイムズで検索した ワイド ナ ショー 出演 者 女性 今日 に関する記事のトップです。ワイド ナ ショー 出演 者 女性 今日 に関する疑問を解決するのに役立ちます。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 1856
[spincontent type=”j”]

5. ワイド ナ ショー 出演 者 女性 今日 Yomiuri Shimbun

読売新聞
ワイド ナ ショー 出演 者 女性 今日

説明: ワイド ナ ショー 出演 者 女性 今日 に関する詳細情報はすでにありますか? ワイド ナ ショー 出演 者 女性 今日 という記事が読売新聞で検索されました。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 9550
[spincontent type=”j”]

6. ワイド ナ ショー 出演 者 女性 今日 Mainichi Shimbun

毎日新聞
ワイド ナ ショー 出演 者 女性 今日

説明: 毎日新聞で見つけた ワイド ナ ショー 出演 者 女性 今日 に関する上記の情報が、ワイド ナ ショー 出演 者 女性 今日 に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 3443
[spincontent type=”j”]

7. ワイド ナ ショー 出演 者 女性 今日 Sankei Shimbun

産経新聞
ワイド ナ ショー 出演 者 女性 今日

説明: 産経新聞で検索した ワイド ナ ショー 出演 者 女性 今日 に関する記事のトップです。ワイド ナ ショー 出演 者 女性 今日 に関する疑問を解決するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 4837
[spincontent type=”j”]

8. ワイド ナ ショー 出演 者 女性 今日 Nihon Keizai Shimbun

日本経済新聞
ワイド ナ ショー 出演 者 女性 今日

説明: ワイド ナ ショー 出演 者 女性 今日 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 ワイド ナ ショー 出演 者 女性 今日 は、日本経済新聞で検索され、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 9964
[spincontent type=”j”]

9. ワイド ナ ショー 出演 者 女性 今日 Chunichi Shimbun

中日新聞
ワイド ナ ショー 出演 者 女性 今日

説明: 中日新聞で検索した ワイド ナ ショー 出演 者 女性 今日 に関する上記の情報が、ワイド ナ ショー 出演 者 女性 今日 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 2959
[spincontent type=”j”]

10. ワイド ナ ショー 出演 者 女性 今日 Tokyo Shimbun

東京新聞
ワイド ナ ショー 出演 者 女性 今日

説明: ワイド ナ ショー 出演 者 女性 今日 に関する質問を解決するために、東京新聞で検索した ワイド ナ ショー 出演 者 女性 今日 に関する記事のトップです。
評価: 4~5 つ星
評価: 9729
[spincontent type=”j”]

11. ワイド ナ ショー 出演 者 女性 今日 Nihon Kogyo Simbun

日本工業新聞
ワイド ナ ショー 出演 者 女性 今日

説明: ワイド ナ ショー 出演 者 女性 今日 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 ワイド ナ ショー 出演 者 女性 今日 は日本工業新聞で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 50 97
[spincontent type=”j”]

12. ワイド ナ ショー 出演 者 女性 今日 Nikkan Kogyo Shimbun

日刊工業新聞
ワイド ナ ショー 出演 者 女性 今日

説明: 日刊工業新聞で見つけた ワイド ナ ショー 出演 者 女性 今日 に関する上記の情報が、ワイド ナ ショー 出演 者 女性 今日 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 1862
[spincontent type=”j”]

13. ワイド ナ ショー 出演 者 女性 今日 Ainu Times

アイヌタイムス
ワイド ナ ショー 出演 者 女性 今日

説明: アイヌ タイムズで検索した ワイド ナ ショー 出演 者 女性 今日 に関する記事のトップです。ワイド ナ ショー 出演 者 女性 今日 に関する質問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 7781
[spincontent type=”j”]

14. ワイド ナ ショー 出演 者 女性 今日 Akita Sakigake Shimpo

秋田魁新報
ワイド ナ ショー 出演 者 女性 今日

説明: ワイド ナ ショー 出演 者 女性 今日 に関する詳細情報はすでにありますか? ワイド ナ ショー 出演 者 女性 今日 という記事は、秋田魁新報で検索したものです。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 90 92
[spincontent type=”j”]

15. ワイド ナ ショー 出演 者 女性 今日 Chiba Nippo

千葉日報
ワイド ナ ショー 出演 者 女性 今日

説明: 千葉日報で検索した ワイド ナ ショー 出演 者 女性 今日 に関する上記の情報が、ワイド ナ ショー 出演 者 女性 今日 に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 1374
[spincontent type=”j”]

16. ワイド ナ ショー 出演 者 女性 今日 Chugoku Shimbun

中国新聞
ワイド ナ ショー 出演 者 女性 今日

説明: 中国新聞で検索した ワイド ナ ショー 出演 者 女性 今日 に関する記事のトップです。ワイド ナ ショー 出演 者 女性 今日 に関する疑問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 4542
[spincontent type=”j”]

17. ワイド ナ ショー 出演 者 女性 今日 Daily Tohoku

デイリー東北
ワイド ナ ショー 出演 者 女性 今日

説明: ワイド ナ ショー 出演 者 女性 今日 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 ワイド ナ ショー 出演 者 女性 今日 はデイリー東北で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 42 14
[spincontent type=”j”]

18. ワイド ナ ショー 出演 者 女性 今日 The Eastern Chronicle

イースタン クロニクル
ワイド ナ ショー 出演 者 女性 今日

説明: イースタン クロニクルで検索した ワイド ナ ショー 出演 者 女性 今日 に関する上記の情報が、ワイド ナ ショー 出演 者 女性 今日 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 7687
[spincontent type=”j”]

ワイド ナ ショー 出演 者 女性 今日 に関する質問

ワイド ナ ショー 出演 者 女性 今日 についてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。ご質問やご提案はすべて、次の記事の改善に役立てさせていただきます。

記事 ワイド ナ ショー 出演 者 女性 今日 は、私と私のチームがさまざまな情報源から編集したものです。 記事 ワイド ナ ショー 出演 者 女性 今日 が役に立った場合は、チームをサポートしてください。「いいね」または「共有」してください!

検索キーワード ワイド ナ ショー 出演 者 女性 今日

ワイド ナ ショー 出演 者 女性 今日
方法ワイド ナ ショー 出演 者 女性 今日
チュートリアル ワイド ナ ショー 出演 者 女性 今日
【キーワード】 無料

Có thể bạn quan tâm: