あなたは ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還 について学んでいます。今日は、インターネット上の多くの情報源から私たちのチームが編集および編集した記事 ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還 を共有します。 ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還 に関するこの記事がお役に立てば幸いです。

ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

このフィクションに関する記事は、ほとんどがあらすじ・登場人物のエピソードといった物語内容の紹介だけで成り立っています。製作過程や社会的影響、専門家による批評や分析など、作品外部の情報の加筆を行い、現実世界の観点を説明してください。(2012年4月) (使い方)ロード・オブ・ザ・リング / 王の帰還
The Lord of the RingsThe Return of the King
監督
ピーター・ジャクソン脚本
ピーター・ジャクソンフラン・ウォルシュフィリッパ・ボウエン原作
J・R・R・トールキン製作
ピーター・ジャクソンバリー・M・オズボーンフラン・ウォルシュ製作総指揮
ボブ・ワインスタインハーヴェイ・ワインスタインマーク・オーデスキー出演者
イライジャ・ウッドショーン・アスティンイアン・マッケランヴィゴ・モーテンセン音楽
ハワード・ショア主題歌
アニー・レノックス「イントゥー・ザ・ウエスト」撮影
アンドリュー・レスニー編集
ジェイミー・セルカーク製作会社
ウィングナット・フィルムズ配給
ニュー・ライン・シネマ 日本ヘラルド映画/松竹公開
2003年12月1日 2003年12月17日 2004年2月14日 2005年2月26日(SEE)上映時間
201分(劇場版)250分(SEE)製作国
ニュージーランド アメリカ合衆国言語
英語製作費
$94,000,000[1]興行収入
$1,119,110,941[1]103億円[2]前作
ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔テンプレートを表示『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』(ロード・オブ・ザ・リング おうのきかん、原題:The Lord of the Rings: The Return of the King)は、2003年のニュージーランド映画。ファンタジー映画。『ロード・オブ・ザ・リングシリーズ』三部作の第3作目(最終章)にあたる。
また、劇場公開版に未公開シーン約50分を追加した『スペシャル・エクステンデッド・エディション(SEE)』を映像ソフトで発表しており、日本では劇場公開も行われた。

あらすじ
再会
昼なお暗いモルドールの山。フロドが眠る隣でゴラムは、自身が“愛しいしと”と呼ぶ“一つの指輪”を初めて手に入れたときのことを思い出していた。彼はホビットの支族であるストゥア族の一員で、スメアゴルと呼ばれていた。ある日、いっしょに川で魚を釣っていた友人デアゴルが川に落ち、川底で偶然見つけた金の指輪を拾う。スメアゴルはその指輪を見た瞬間に魅せられ、それを奪おうとしてデアゴルを殺してしまった。そのために村を追放された彼は、指輪だけを友に長い年月を過ごすうちに指輪の魔力に蝕まれ、徐々に心身ともに変貌し現在の姿になったのだ。眠りから目覚めたサムはゴラムの邪心を疑うが、フロドはそんなサムをいさめる。
森の中、裂け谷のエルフ王エルロンドの娘アルウェンは、アラゴルンを愛しながらも父の言葉に従い、エルフたちとともに西方に船出する港に向っていた。が、彼女はひとりの幼い少年が、彼女の前を走っていきアラゴルンに抱きかかえられる幻を見て、裂け谷に引き返す。彼女は父に、自分が見たのは自分の息子であり、未来に希望はあると語り、アラゴルンの祖先イシルドゥアの折れた剣を鍛え直すよう訴える。だが、サウロンの力が増すとともにエルフの力は弱まり、アルウェンも次第に衰弱していくのだった。
一方、アラゴルンたちはサルマンの砦アイゼンガルドに向かい、そこでメリーとピピンに再会してお互いの無事を喜び合う[3]。ピピンがサルマンの使っていた遠くを見る石=パランティーアを発見。ガンダルフが保持するが、好奇心の強いピピンはガンダルフが寝ているすきに石を覗いてしまう。だが、冥王サウロンも別のパランティーアを覗いているため、それを覗く者はサウロンからも見つかり彼の邪悪な力を及ぼされるのだ。ピピンもサウロンに見られて苦しめられるが ガンダルフに救われる。ガンダルフはピピンがパランティーアで見た光景から、サウロン勢がゴンドールへ進軍していることを知り、一行と別れ、ピピンを連れてゴンドールの首都ミナス・ティリスに向かう。
ゴンドールで彼らを迎えたのは、愛する息子ボロミアの死を知って絶望する執政デネソールだった。ピピンは自分とメリーを救って死んだボロミアの恩に報いるために、デネソールに仕えることを申し出て、城の衛兵に任じられる。ガンダルフはデネソールにサウロンの攻撃に備えてローハンに援助を仰ぐよう勧めるが、彼はローハン軍と共にゴンドールの王の末裔アラゴルンが来て、執政家が統治してきた国を奪われるのではないかと恐れて拒絶する。そこでガンダルフはピピンを使い、ローハンに援助を求めるのろしに点火する。のろしを見たローハンのセオデン王はゴンドールを援護することを決意する。

疑念
ゴンドール執政デネソールの息子ファラミアは、オスギリアスの砦でオークの軍に敗れ、都ミナス・ティリスに撤退する。が、父デネソールは彼に戻って砦を奪回するように命じ、ファラミアが「ボロミアではなく、弟の自分が死んだほうがよかったと思っているのでは」と問うと、「そうだ」と返答する。ファラミアは父への愛を示すため、死を覚悟して戦場に戻っていく。
滅びの山を目指すフロドとサムの間にも事件が起きていた。ゴラムがサムを陥れようと、二人が寝ている間に唯一の食料であるエルフの焼き菓子レンバスを、サムがひとりで食べたように偽装したのだ。フロドはゴラムの策略にのせられてサムを疑う。疑惑に苛まれるフロドはサムが指輪を運ぶことを申し出ると、彼が指輪を狙っていると誤解して「帰れ」と命じ、悲嘆にくれるサムを置き去りにしてしまう。
ローハンのハロウ砦(ダンハロウ)ではアラゴルンが焦る心を抑えていた。セオデンはこの地に各地の兵士たちを召集していたが、今ある戦力ではサウロン軍に勝てないのは明白だった。そこに裂け谷のエルフ王エルロンドがやって来る。彼はアラゴルンに鍛え直した王の剣「アンドゥリル」を与えて助言する。「死者の道」と呼ばれる場所に、かつて人間の王イシルドゥアに忠誠を誓いながらも誓約を果たさなかったため、その罰として永遠に成仏できずにいる、死者の王とその軍勢が封印されており、アラゴルンがイシルドゥアの末裔として王の証となる剣「アンドゥリル」を持って勇気を示し、死者の王に認めさせることができるならば彼らは戦いに加わるかもしれぬと。そこでアラゴルンは「死者の道」に向かうことを決意する。するとレゴラスとギムリも「友はつねに行動を共にするものだ」と、アラゴルンが止めるのも聞かずに同行する。
彼らを見送ったローハン軍は、いよいよゴンドール王国を襲うサウロン軍との戦いに向かう。ローハンの騎士となったメリーは戦闘に参加したいと申し出るが、セオデン王も勇敢な騎士である彼の甥エオメルも、メリーの誠心は信じているが身体の大きさが足りないからと城に残るよう勧める。が、メリーの不満は、女性だからといつも留守居役を命じられているエオメルの妹エオウィン姫の不満でもあった。彼女は「友のために戦うことは、誰にも止められない」と密かに男装し、メリーを連れて兵士として出陣していく。

使命
ゴンドールの都ミナス・ティリスはオークの軍勢に取り巻かれていた。執政デネソールは息子ファラミアが瀕死の重傷を負い意識不明で戻ったのを見て死んだと思い込み、「執政の血筋は絶えた」と精神錯乱に陥る。そこでガンダルフがデネソールに代わってゴンドール軍の指揮を執り、自らも戦闘に加わっていく。デネソールはピピンの説得にも耳を貸さず、ファラミアを道連れに焼身自殺しようとする。ピピンと駆けつけたガンダルフはファラミアを救うが、自ら放った火が着衣に燃え移ったデネソールは、乱心のまま塔から身を投げて果てる。
同じ頃、ローハン軍はゴンドールのペレンノール野に達し、死を合言葉に突撃を始め、闇の軍勢を背後から攻撃する。サウロンの勢力に参加しているのはゴスモグ が指揮するオーク軍だけではない。近接戦では無類の強さを誇る武装したトロルの上位種「オログ=ハイ 」、南方人ハラドリムたちが乗る巨大な獣「オリファント(ムマキル)」、空には“おぞましい獣”フェルビーストに乗って勢力を統率する「ナズグル」もいる。その上、黒船船団のウンバールの海賊たちまでもが参戦せんと、戦場に向かって来ているという。激しい戦乱の中、ナズグルの首領「アングマールの魔王」が、ローハンのセオデン王に襲いかかる。倒れた王を守ろうと魔王に相まみえたエオウィンは、「人間の男に我を殺すことは不可能」とせせら笑う魔王の猛攻に圧倒される。その時、人間ではないホビットであるメリーが魔王の脚に刃を突き立てた。エオウィンは戦士の兜を脱ぎ、長い金髪をなびかせて「私は“男”ではない!」と言い放ち、剣で魔王の顔面を突き刺して倒す。その後、セオデン王は彼女に微笑み、「これで恥じることなく父祖の仲間入りができる」と息を引き取るのだった。
魔王を討っても闇の勢力の勢いはなお衰えず、ペレンノール野でもミナス・ティリスでも人間勢の苦戦は変わらず続き、もはや敗北は目前かと思われた時、ペレンノールの港に黒き船団が着く。オークたちは味方の海賊たちがやってきたと思って喜ぶが、船から現れたのはアラゴルンと彼が率いる死者の軍勢だった。永き呪縛からの解放を約束に、騎士としての誇りを取り戻すため、一度だけの条件でアラゴルンの召集に応じたのだ。アラゴルン、レゴラス、ギムリら三人と死者の軍勢は瞬く間に攻め上がり、それを機に軍は息を吹き返し形勢逆転、戦いはゴンドールとローハン連合軍の勝利に終わる。
だがその頃、フロドは危機に陥っていた。ゴラムの策略で大蜘蛛シェロブの棲処に導かれ その毒針に倒れたのだ。フロドの後を追ってきたサムがシェロブを撃退。フロドを連れ去ったオークをも倒してフロドを救出するが、フロドは指輪の魔力による衰弱のあまり歩けなくなる。するとサムは「あなたの重荷は担えませんが、あなたを背負うことならできます」と、フロドを背負って歩き出す。
アラゴルンら旅の仲間とゴンドールとローハンの連合軍は、フロドが滅びの山に辿り着き、“一つの指輪”を破壊する使命を成し遂げるまではサウロンの目をそらし続けるため、敵の本拠地モルドールに公然と最終決戦を挑むことを決意する。彼の地にそびえ立つ冥王サウロンの居城バラド=ドゥーアからは、倒しても倒しても無尽蔵と思えるほどの軍勢がサウロンによって送り出される。闇の勢力の力の源泉であるサウロンが滅びぬ限りは、敵の本拠地での戦いに勝ち目はない。だが、アラゴルンらはフロドが使命を必ず成し遂げ、“一つの指輪”を破壊しサウロンを完全に滅ぼすことだけを信じて覚悟を決める。アラゴルンが「フロドのために」とモルドールの黒門に挑むと、すべての兵士が彼の覚悟の後に続き、敵の大群へと突撃するのだった。
アラゴルンらが満身創痍で戦い続ける頃、遂にフロドとサムは滅びの山の火口の淵まで辿り着く。だが、滅びを目前とした“一つの指輪”の魔力の最後の抵抗にフロドは屈し、「指輪は僕のものだ」と口にして指輪の破壊を放棄し、指輪を指にはめる。その瞬間、冥王は指輪の所持を宣言したフロドの存在に初めて気付き、黒の乗り手たちを滅びの山へ急行させる。姿を隠したフロドに襲い掛かったゴラムが“いとしいしと”を奪い取ろうと、指輪をはめたフロドの指を噛みちぎる。遂に念願の指輪を取り返し狂喜するゴラム。フロドは立ち上がりゴラムへ飛びかかると、二人で崖の縁から落ちてしまう。駆け寄ったサムが火口を覗くと、フロドは火口に落ちていく指輪を追わずに何とか一命を取り留め、指輪を追って火口の中へ落ちたゴラムは喜びながらも指輪を抱いて溶岩の中へと消えた。
そして、火口へ落ちた“一つの指輪”も滅びの時を迎え、遂に冥王サウロンは完全に消滅するのだった。

新たなる旅立ちと帰還
力の源泉であったサウロンが滅びたことで共に闇の勢力は滅び、フロドたちもガンダルフと鷲の王グワイヒアによって救出された。
その後、アラゴルンはゴンドールの王として即位し、ミナス・ティリスに王が帰還した。その戴冠式を祝おうと、式に出席したフロドら4人のホビットであったが、アラゴルンは「礼を言うべきは我らの方」と、その場にいたすべての人間が頭を垂れ、4人の“勇者たち”に感謝の意を示した。そして式典には、生気を取り戻したアルウェンも駆け付けたのだった。
そして旅の一行は解散となり、フロドたちは故郷のホビット庄に帰還し、旅立つ前の平穏な生活を取り戻したかに見えた。
だが、すべてが以前のままではなかった。
サウロンとの戦いからしばらくの時が流れ、サムは結婚し、メリーやピピンも平穏な生活を取り戻した。
しかし指輪の運び手であったフロドについては、アングマールの魔王から受けた肩の傷跡は、中つ国では完全には癒えることはなかった。変わってしまったものは元に戻ることはなかった。
ビルボがかつての旅を記した『ホビットの冒険』と、それを引き継ぎ自らの旅を書き上げた『ロード・オブ・ザ・リング』を書き終え、全ての使命を終えたフロドは、ビルボ、ガンダルフ、そしてエルロンドとガラドリエル夫妻らエルフたちと共に、神の国・ヴァリノールへと船出し、この中つ国を(つまりは現世を)去ることにしたのだった。
ガラドリエルは言う、「これからは人間の時代です」と。
ヴァリノールから、中つ国へ戻ってくることはできない。
「ありがとう、サム。今までよく仕えてくれた。これからは家族に仕えてくれ」
それが、旅立つフロドのサムへの別れの言葉だった。
そして、サムが妻子の待つ我が家へと帰還し、映画は幕を閉じる。

登場人物・種族
「ロード・オブ・ザ・リング (2001年の映画)#登場人物・種族」も参照
旅の仲間
フロド・バギンズ (Frodo Baggins) / ホビット
繊細で素直な性格のホビット。“一つの指輪”を破壊する使命を背負ったこの物語の主人公。
サム / サムワイズ・ギャムジー (Sam) / ホビット
バギンズ家に仕える庭師で、フロドの親友でもある。フロドへの忠誠心から危険な旅へ同行する。フロドが大蜘蛛に麻痺させられた際、指輪を一時的に預かった。そのため原作では、フロドたちが大海の彼方へ去った後、サムが中つ国最後の指輪所持者となったと記述されている。
ピピン / ペレグリン・トゥック (Pippin) / ホビット
年若く愛敬があり、イタズラ好きな性格。フロドの親戚であり友人でもある。
メリー / メリアドク・ブランディバック (Merry) / ホビット
フロドの親戚であり友人として、ピピン、サムとともにホビット庄を後にして旅に出る。
ガンダルフ (Gandalf) / 魔法使い(イスタリ)
指輪の魔力を知り、フロドに助言を与える“旅の仲間”の指導者。賢いだけでなく、剣術と魔法を使った戦闘にも長けた頼りになる魔法使い。
アラゴルン (Aragorn) / 人間
長い間放浪していたが“旅の仲間”の一人となる。たくましく無骨であり、幾多の危機を卓越した剣術で切り開く、旅の仲間のリーダー的存在。
人間としては長寿を誇る種族「ドゥーネダイン」で、サウロンを倒すも指輪の誘惑に負けた人間の王イシルドゥアの末裔。鍛え直された王の剣「アンドゥリル」を手に決戦に臨む。
レゴラス (Legolas) / エルフ
北方にあるエルフ国の王の息子。エルフ族の中でも一番の弓の名手として、自ら志願し“旅の仲間”になる。
ドワーフのギムリとは当初反りが合わなかったが、幾多の死線を共に乗り越え戦友となる。
ギムリ (Gimli) / ドワーフ
ドワーフ族の戦士。屈強な肉体とその怪力を生かした斧を使う戦闘を得意とする。
エルフであるレゴラスをライバル視していたが、幾多の死線を共に乗り越え戦友となる。
原作では、戦後もレゴラスとの友情を絶やさず、後年に二人で大海の彼方へ渡ったと記述されている。ホビット
ビルボ・バギンズ (Bilbo Baggins)
フロドの養父。以前の旅で手に入れた“一つの指輪”の魔力で体を病み、指輪をフロドに譲る。エルフ
エルロンド (Elrond)
半エルフの父親と母親を持ち、エルフとして生きることを選んだ裂け谷の主人。
アルウェン (Arwen)
エルロンドの娘でエルフ族の姫。人間のアラゴルンと恋をする、美しさと強さを秘めた絶世の美女。中つ国に拡がる闇の力の影響に毒され、その身を病んでいる。
ケレボルン (Celeborn)
妻ガラドリエルとともにロリアンを統べる高貴なエルフ。
ガラドリエル (Galadriel)
最も高貴なエルフの一人で、エルフ国ロリアンを統べる。苦悩するフロドを導き、危険な旅へ出発する勇気を与える。人間
セオデン (Théoden)
屈強な騎馬隊を有する国、ローハンの誇り高き王。
エオメル (Éomer)
セオデンの甥にして、ローハンの騎士をまとめる騎馬隊の隊長を務める。
エオウィン (Éowyn)
セオデンの姪にして、エオメルの妹。女性ながらに剣術や馬術に長ける。アラゴルンに思いを寄せる。
デネソール (Denethor)
ゴンドールの執政。ボロミア、ファラミアの父。長らく王の不在なゴンドールを守ることに疲れ、心を病んでいる。
ファラミア (Faramir)
フロドらの旅の仲間であったボロミアの弟で、イシリアンの兵隊長。父に冷遇されている。闇の勢力
冥王サウロン (Sauron)
大いなる力を秘めた“力の指輪”と、それら全てを統べる“一つの指輪”の創造主。
一度は敗れ、その肉体を滅ぼされるも“一つの指輪”にその絶大な力の大半を封じることで、その精神は滅んでおらず、再び“一つの指輪”を手にすることで完全復活を目論むモルドールの支配者。
当初、黒門の最終決戦で、仮初めの実体を作り出しアラゴルンと対決するシーンが予定されていたが、主人公がフロド(指輪の破壊が最大の目的)であることが薄れるため、その戦闘シーンのサウロンは、公開版では完全武装したオログ=ハイに差し替えられた。『SEE』の特典映像では、アラゴルンとサウロンが対決する撮影風景や絵コンテが見られる。
サウロンの口 (Mouth of Sauron)
サウロンの居城バラド=ドゥーアの副官。肉体を失った状態の冥王サウロンの意思を伝える代弁者(=口)としての役割を担う。フロドの死を示唆し旅の仲間らを絶望させようとする。
『スペシャル・エクステンデッド・エディション』にのみ登場。
指輪の幽鬼ナズグル (The Ringwraiths Nazgûl)
元は人間の王であったが“力の指輪”の魔力に魅せられ、サウロン配下の幽鬼となった9人の騎士。フェルビーストを駆り黒装束にその身を包む。
アングマールの魔王 (Witch-king of Angmar)
ナズグルの首領にして9人の中で最強の騎士。その恐るべき力から「人間の男に殺すことは不可能」と予言されている。『旅の仲間』ではモルグルの刃でフロドを刺し一生消えぬ傷を与えた。サルマン (Saruman) / 魔法使い
かつては白の会議の主宰者の一人であったが、悪の力の誘惑に屈する。アイゼンガルドのオルサンクの塔に闇の勢力を集結させ、ローハンへ進軍させたが計画は失敗に終わる。
『スペシャル・エクステンデッド・エディション』にのみ登場。
グリマ (Grima)
ローハンの人間でありながら、サルマンに仕える狡猾な男。通称“蛇の舌”。セオデンを話術でそそのかしローハンを裏で操っていたが、悪事を暴かれ追い出されサルマンの下に逃げ込んでいた。
『スペシャル・エクステンデッド・エディション』にのみ登場。
トロル (Troll)
身長4mほどの巨体を誇る種族。知能こそ低いが凶暴かつ怪力。日光を浴びると石化する。闇の勢力に調教・洗脳された兵器として従事させられている。
オログ=ハイ (Olog-hai)
武装したトロルの上位種。日光でも石化せず、戦闘能力も進化しており、単純な近接戦闘だけなら闇の勢力でも最上位の強さを誇る。兵士というより洗脳された強力な兵器として運用される。
黒門での最終決戦では、右手に大剣、左手にメイス、全身を鎧兜で完全武装したオログ=ハイが、連戦で満身創痍のアラゴルンと対決し、更なる窮地へ追い込む。
オーク (Orc)
かつてはエルフ族であったが、闇の力により生まれ変わった種族。醜悪な容姿に残忍な性質を持つ。
ゴスモグ (Gothmog)
オークの首領格。知略に長け、ペレンノール野の戦いではアングマールの魔王の副官を務める。
『スペシャル・エクステンデッド・エディション』では戦闘シーンが追加され、エオウィンと戦うが駆け付けたアラゴルンに討たれる。ウルク=ハイ (Uruk-hai)
サルマンの妖術で人間とオークを掛け合わせて作ったオークの上位種。オークより地位が高いと自負している。その他
ゴラム (Gollum)
“一つの指輪”の力に魅了され、異常な長命を得た生き物。元はホビットの仲間で、本来の名前は「スメアゴル(Sméagol)」。
人目を避け霧ふり山脈の奥深い洞窟に潜んでいたが、フロドの叔父ビルボの手に渡った指輪を奪おうと地上に姿を現す。
シェロブ (Shelob)
キリス・ウンゴルの洞窟に巣食う“魔女”と呼ばれる存在。その正体は雌の巨大毒蜘蛛。旅路
フロド&サム
ミナス・モルグル
かつてのゴンドール王国の都市ミナス・イシル。「呪魔の塔」の意。指輪の幽鬼ナズグルに略奪されて、彼らが支配するようになり、この名で呼ばれるようになった。ナズグルによって支配される恐怖の場所。サウロンの戦略上の拠点の一つ。
キリス・ウンゴル
ミナス・モルグルから影の山脈を越えて、モルドールへ行く道程の途中にある。「蜘蛛峠」の意。ここには大蜘蛛シェロブの棲処がある。ゴラムが策略によって、フロドとサムを案内する。
ゴルゴロス
サウロンが支配する国モルドールの北西部にある高地。滅びの山を取り囲むように広がる岩と穴だらけの荒野。フロドとサムはこの高地を通って滅びの山へ向う。
滅びの山
モルドールの北西に位置する巨大な火山。ゴルゴロスの高原の中央にある。エルフ語で「オロドルイン(紅蓮の炎の山)」。冥王サウロンが“一つの指輪”を作った場所でもあり、天然の溶鉱炉になっている。“一つの指輪”を破壊するには、この火山の「滅びの罅裂(きれつ)」に投げ込む以外に方法はない。フロドたちの旅の最終目的地。メリー&ピピン
アイゼンガルド
ローハン – エドラスガンダルフ&アラゴルン&レゴラス&ギムリ
アイゼンガルド
ローハン – エドラスガンダルフ&ピピン
ゴンドール-ミナス・ティリス
ミナス・イシル、オスギリアスと並ぶゴンドール王国初期の主要三都市の一つ。現在のゴンドール王国の首都。ミナス・モルグルの改名に続き、ミナス・アノール「日の没りの塔」も「守護の塔」すなわちミナス・ティリスと呼び名を変えた。ホワイトストーンで作られた七層の城壁で囲われた巨大な城塞都市で、気品漂う王の都であると同時に中つ国最強の砦である。その城壁の各層は峡間城壁で覆われ、最上層は約213メートル以上の高さにおよぶ。アラゴルン&レゴラス&ギムリ
ローハン – ハロウ砦(ダンハロウ)
ローハン中のすべての騎士がここに結集した。
死者の道
ローハン国のハロウ砦の奥、精霊山の下にある峡谷。死者たちの霊が出没する危険で呪われた道。この死者たちはゴンドール人がやってくる以前からこの地に住む山の人間たちで、アラゴルンの祖先であるイシルドゥアに忠誠を誓った人々。山の人々はその誓言を破ったため、イシルドゥアの死後、その魂は山に閉じ込められて彷徨している。そこへイシルドゥアの後を継ぐアラゴルンが現れ、誓いを果たしサウロンとの戦いに加わるよう呼びかける。
ゴンドール – ペレンノールの野
ゴンドール王国の都ミナス・ティリスの前面に広がる平原。人間軍とサウロン軍の大決戦はこの地で行われる。
ゴンドール – ミナス・ティリス
フロドの使命を果たさせるため、捨て身の最終決戦を挑むことを皆で決意する。ガンダルフ&アラゴルン&レゴラス&ギムリ&メリー&ピピン
モルドール – 黒門
アラゴルン率いる軍勢がここに進軍し、フロドが使命を果たすことを信じてサウロン率いる闇の勢力との最終決戦に挑む。キャスト
フロド・バギンズ : イライジャ・ウッド(日本語吹替版 : 浪川大輔)
サムワイズ・ギャムジー(サム) : ショーン・アスティン(谷田真吾)
ペレグリン・トゥック(ピピン) : ビリー・ボイド(飯泉征貴)
メリアドク・ブランディバック(メリー) : ドミニク・モナハン(村治学)
ガンダルフ : イアン・マッケラン(有川博)
アラゴルン : ヴィゴ・モーテンセン(大塚芳忠)
レゴラス : オーランド・ブルーム(平川大輔)
ギムリ : ジョン・リス=デイヴィス(内海賢二)
ボロミア : ショーン・ビーン(小山力也)
ゴラム / スメアゴル : アンディ・サーキス(長島雄一)
ガラドリエル : ケイト・ブランシェット(塩田朋子)
エルロンド : ヒューゴ・ウィーヴィング(菅生隆之)
アルウェン : リヴ・タイラー(坪井木の実)
セオデン : バーナード・ヒル(佐々木勝彦)
エオウィン : ミランダ・オットー(本田貴子)
エオメル : カール・アーバン(山寺宏一)
ファラミア : デビッド・ウェナム(宮本充)
デネソール : ジョン・ノーブル(勝部演之)
ビルボ・バギンズ : イアン・ホルム(山野史人)
マドリル : ジョン・バック(廣田行生)
ギャムリング : ブルース・ホプキンス(立木文彦)
デアゴル : トーマス・ロビンズ(岩崎ひろし)
ゴスモグ : ローレンス・マコーレ(宝亀克寿)
アングマールの魔王 : ローレンス・マコーレ(小林清志)
死者の王 : ポール・ノレル(納谷六朗)
サウロン(佐藤淳)
イシルドゥア : ハリー・シンクレア(吉田裕秋)
ヨールラス : イアン・ヒューズ(田中一永)
グリムボルド:ブルース・フィリップス(藤井啓輔)
ゴルバグ : スティーブン・ウレ(桝谷裕)
シャグラド : ピーター・テイト(井上剛)
エヴェラード・プラウドフット:ノエル・アプルビー(原奈津季)
ロージー・コトン : サラ・マクレオド(林智恵)
サウロンの口 : ブルース・スペンス(『SEE』のみ)
サルマン:クリストファー・リー(家弓家正)(『SEE』のみ)
グリマ : ブラッド・ドゥーリフ(金尾哲夫)(『SEE』のみ)スタッフ
監督・脚本・製作:ピーター・ジャクソン
脚本:フラン・ウォルシュ、フィリッパ・ボウエン
原作:J・R・R・トールキン
コンセプチュアルデザイナー:アラン・リー、ジョン・ハウ
VFX:WETAデジタル、ワーク・フィルムズ
音楽:ハワード・ショア
日本語吹き替え版翻訳:平田勝茂
日本語字幕版翻訳:戸田奈津子映画版での主な変更点
シェロブとの戦闘場面が登場。
原作では2作目で描かれるゴラムのスメアゴル時代が冒頭に登場。
最後のホビット庄でのサルマンと蛇の舌グリマが暗躍し、サムらの活躍により倒されるシーンが削除され、替わりにオルサンクの塔で最後を迎える場面がディレクターズカットで登場。
モルドールの黒門でサウロンの口が未登場、後にディレクターズカットで登場。
アルウェンの回想で追補編でのアラゴルンとの最後を思わせる場面が登場。受賞
アカデミー賞では作品賞、監督賞、脚色賞、作曲賞、歌曲賞、美術賞、衣裳デザイン賞、メイクアップ賞、視覚効果賞、音響賞、編集賞の11部門を受賞した。これは『ベン・ハー』と『タイタニック』に並ぶ史上最多の受賞であり、ノミネートされた全部門での受賞としては、9部門受賞の『恋の手ほどき』『ラストエンペラー』を破り新記録となった。ファンタジー映画では初めての作品賞。
また第61回ゴールデングローブ賞の作品賞(ドラマ部門)、第30回サターン賞のファンタジー映画賞も受賞。

商品
DVD
王の帰還 / コレクターズ・エディション 品番:PCBH-50094
王の帰還 / スペシャル・エクステンデッド・エディション 品番:PCBH-50095
コレクターズ・エディション トリロジーBOXセット 品番:PCBH-60004
スペシャル・エクステンデッド・エディション トリロジーBOXセット 品番:PCBH-60005ゲーム
ロード・オブ・ザ・リング / 王の帰還 E.A.GAMES脚注

^ a b “The Lord of the Rings: The Return of the King (2003)”. Box Office Mojo. 2009年11月24日閲覧。

^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)640頁

^ スペシャル・エクステンデッド・エディションでは、ここでサルマンが蛇の舌グリマに刺されて塔から墜死している。

外部リンク
公式ウェブサイト(英語)
ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還 – allcinema
ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還 – KINENOTE
The Lord of the Rings: The Return of the King – オールムービー(英語)
The Lord of the Rings: The Return of the King – IMDb(英語)表話編歴J・R・R・トールキンの『指輪物語』巻
旅の仲間 · 二つの塔 · 王の帰還

製作と評価
構成 · テーマ · 影響 · 翻訳 · 評価 · ファンダム · 研究

関連作品
ホビットの冒険 · トム・ボンバディルの冒険 · シルマリルの物語 · 終わらざりし物語 · 中つ国の歴史 · ビルボの別れの歌 · フーリンの子供たち · ベレンとルーシエン · ゴンドリンの没落 · ホビット研究 · 道は続くよどこまでも

キャラクター
フロド · サム · メリー · ピピン · ビルボ · ガンダルフ · アラゴルン · レゴラス · ギムリ · ボロミア · サウロン · サルマン · アルウェン · エルロンド · グロールフィンデル · ガラドリエル · ケレボルン · セオデン · エオメル · エオウィン · 蛇の舌グリマ · ファラミア · デネソール · ベレゴンド · ゴクリ · アングマールの魔王 · ゴスモグ · シェロブ · 木の鬚 · トム・ボンバディル · グワイヒア · ギルドール・イングロリオン

 翻案(英語版)及び派生作品(英語版)書籍
Bored of the Rings (1969) · The Last Ringbearer (1999) · Muddle Earth (2003)

舞台
The Fellowship of the Ring (2001年) · The Two Towers (2002年) · The Return of the King (2003年) · The Lord of the Rings (2006, 2007年)

ラジオ
The Lord of the Rings (1955年) · The Lord of the Rings (1979年) · The Lord of the Rings (1981年)

映像(英語版)
アニメ
指輪物語 (1978年) · The Return of the King (1980年)

P・ジャクソンの三部作
ロード・オブ・ザ・リング (2001年) · ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔 (2002年) · ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還 (2003年)

その他
Khraniteli (1991年) · Hobitit (1993年) · ロード・オブ・ザ・リング:力の指輪 (2021年)

ファンメイド
The Hunt for Gollum (2009年) · Born of Hope (2009年)

コンピュータゲーム(英語版)
Journey to Rivendell · The Hobbit · Game One · Game Two: Shadows of Mordor · J. R. R. Tolkien’s War in Middle-earth · Volume I · J. R. R. Tolkien’s Riders of Rohan · Elendor · MUME · Volume II · The Two Towers (MUD) · The Fellowship of the Ring · 二つの塔(en) · ホビットの冒険 ロード オブ ザ リング はじまりの物語 · 王の帰還(en) · ウォー・オブ・ザ・リング · 中つ国第三紀 · 中つ国第三紀 (GBA) · バトル・フォー・ミドル・アース · Tactics · The Battle for Middle-earth II (The Rise of the Witch-king) · The White Council · ロード・オブ・ザ・リングス オンライン (Mines of Moria · Siege of Mirkwood) · Conquest · Aragorn’s Quest · War in the North · Lego The Lord of the Rings · Guardians of Middle-earth

その他のゲーム
『中つ国』のボードゲーム · 『王の帰還』のボードゲーム · The Lord of the Rings Strategy Battle Game · The Lord of the Rings Trading Card Game · The Lord of the Rings Roleplaying Game · Middle-earth Collectible Card Game · Middle-earth Role Playing

玩具
中つ国のレゴ(英語版)

表話編歴ピーター・ジャクソン監督作品1980年代
バッド・テイスト(1987)
ミート・ザ・フィーブル 怒りのヒポポタマス(1989)1990年代
ブレインデッド(1992)
乙女の祈り(1994)
光と闇の伝説 コリン・マッケンジー(1996)
さまよう魂たち(1996)2000年代
ロード・オブ・ザ・リング(2001)
ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔(2002)
ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還(2003)
キング・コング(2005)
ラブリーボーン(2009)2010年代
ホビット 思いがけない冒険(2012)
ホビット 竜に奪われた王国(2013)
ホビット 決戦のゆくえ(2014)
彼らは生きていた(2018)2020年代
The Beatles: Get Back(2021)
表話編歴アカデミー作品賞1927–1940
つばさ(1927/28)
ブロードウェイ・メロディー(1928/29)
西部戦線異状なし(1929/30)
シマロン(1930/31)
グランド・ホテル(1931/32)
カヴァルケード(1932/33)
或る夜の出来事(1934)
戦艦バウンティ号の叛乱(1935)
巨星ジーグフェルド(1936)
ゾラの生涯(1937)
我が家の楽園(1938)
風と共に去りぬ(1939)
レベッカ(1940)1941–1960
わが谷は緑なりき(1941)
ミニヴァー夫人(1942)
カサブランカ(1943)
我が道を往く(1944)
失われた週末(1945)
我等の生涯の最良の年(1946)
紳士協定(1947)
ハムレット(1948)
オール・ザ・キングスメン(1949)
イヴの総て(1950)
巴里のアメリカ人(1951)
地上最大のショウ(1952)
地上より永遠に(1953)
波止場(1954)
マーティ(1955)
八十日間世界一周(1956)
戦場にかける橋(1957)
恋の手ほどき(1958)
ベン・ハー(1959)
アパートの鍵貸します(1960)1961–1980
ウエスト・サイド物語(1961)
アラビアのロレンス(1962)
トム・ジョーンズの華麗な冒険(1963)
マイ・フェア・レディ(1964)
サウンド・オブ・ミュージック(1965)
わが命つきるとも(1966)
夜の大捜査線(1967)
オリバー!(1968)
真夜中のカーボーイ(1969)
パットン大戦車軍団(1970)
フレンチ・コネクション(1971)
ゴッドファーザー(1972)
スティング(1973)
ゴッドファーザー PART II(1974)
カッコーの巣の上で(1975)
ロッキー(1976)
アニー・ホール(1977)
ディア・ハンター(1978)
クレイマー、クレイマー(1979)
普通の人々(1980)1981–2000
炎のランナー(1981)
ガンジー(1982)
愛と追憶の日々(1983)
アマデウス(1984)
愛と哀しみの果て(1985)
プラトーン(1986)
ラストエンペラー(1987)
レインマン(1988)
ドライビング Miss デイジー(1989)
ダンス・ウィズ・ウルブズ(1990)
羊たちの沈黙(1991)
許されざる者(1992)
シンドラーのリスト(1993)
フォレスト・ガンプ/一期一会(1994)
ブレイブハート(1995)
イングリッシュ・ペイシェント(1996)
タイタニック(1997)
恋におちたシェイクスピア(1998)
アメリカン・ビューティー(1999)
グラディエーター(2000)2001–2020
ビューティフル・マインド(2001)
シカゴ(2002)
ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還(2003)
ミリオンダラー・ベイビー(2004)
クラッシュ(2005)
ディパーテッド(2006)
ノーカントリー(2007)
スラムドッグ$ミリオネア(2008)
ハート・ロッカー(2009)
英国王のスピーチ(2010)
アーティスト(2011)
アルゴ(2012)
それでも夜は明ける(2013)
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)(2014)
スポットライト 世紀のスクープ(2015)
ムーンライト(2016)
シェイプ・オブ・ウォーター(2017)
グリーンブック(2018)
パラサイト 半地下の家族(2019)
ノマドランド(2020)2021–現在
コーダ あいのうた(2021)
表話編歴英国アカデミー賞作品賞総合作品賞1947–1967
我等の生涯の最良の年(1947)
ハムレット(1948)
自転車泥棒(1949)
イヴの総て(1950)
輪舞(1951)
超音ジェット機(1952)
禁じられた遊び(1953)
恐怖の報酬(1954)
リチャード三世(1955)
居酒屋(1956)
戦場にかける橋(1957)
年上の女(1958)
ベン・ハー(1959)
アパートの鍵貸します(1960)
誓いの休暇(1961)
アラビアのロレンス(1962)
トム・ジョーンズの華麗な冒険(1963)
博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか(1964)
マイ・フェア・レディ(1965)
バージニア・ウルフなんかこわくない(1966)
わが命つきるとも(1967)作品賞1968–現在
卒業(1968)
真夜中のカーボーイ(1969)
明日に向って撃て!(1970)
日曜日は別れの時(1971)
キャバレー(1972)
アメリカの夜(1973)
ルシアンの青春(1974)
アリスの恋(1975)
カッコーの巣の上で(1976)
アニー・ホール(1977)
ジュリア(1978)
マンハッタン(1979)
エレファント・マン(1980)
炎のランナー(1981)
ガンジー(1982)
リタと大学教授(1983)
キリング・フィールド(1984)
カイロの紫のバラ(1985)
眺めのいい部屋(1986)
愛と宿命の泉 PART1/フロレット家のジャン(1987)
ラストエンペラー(1988)
いまを生きる(1989)
グッドフェローズ(1990)
ザ・コミットメンツ(1991)
ハワーズ・エンド(1992)
シンドラーのリスト(1993)
フォー・ウェディング(1994)
いつか晴れた日に(1995)
イングリッシュ・ペイシェント(1996)
フル・モンティ(1997)
恋におちたシェイクスピア(1998)
アメリカン・ビューティー(1999)
グラディエーター(2000)
ロード・オブ・ザ・リング(2001)
戦場のピアニスト(2002)
ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還(2003)
アビエイター(2004)
ブロークバック・マウンテン(2005)
クィーン(2006)
つぐない(2007)
スラムドッグ$ミリオネア(2008)
ハート・ロッカー(2009)
英国王のスピーチ(2010)
アーティスト(2011)
アルゴ(2012)
それでも夜は明ける(2013)
6才のボクが、大人になるまで。(2014)
レヴェナント: 蘇えりし者(2015)
ラ・ラ・ランド(2016)
スリー・ビルボード(2017)
ROMA/ローマ(2018)
1917 命をかけた伝令(2019)
ノマドランド(2020)
パワー・オブ・ザ・ドッグ(2021)
表話編歴ゴールデングローブ賞 映画部門 作品賞 (ドラマ部門)1951–1960年
陽のあたる場所(1951)
地上最大のショウ(1952)
波止場(1954)
エデンの東(1955)
八十日間世界一周(1956)
戦場にかける橋(1957)
手錠のまゝの脱獄(1958)
ベン・ハー(1959)
スパルタカス(1960)1961–1980年
ナバロンの要塞(1961)
アラビアのロレンス(1962)
枢機卿(1963)
ベケット(1964)
ドクトル・ジバゴ(1965)
わが命つきるとも(1966)
夜の大捜査線(1967)
冬のライオン(1968)
1000日のアン(1969)
ある愛の詩(1970)
フレンチ・コネクション(1971)
ゴッドファーザー(1972)
エクソシスト(1973)
チャイナタウン(1974)
カッコーの巣の上で(1975)
ロッキー(1976)
愛と喝采の日々(1977)
ミッドナイト・エクスプレス(1978)
クレイマー、クレイマー(1979)
普通の人々(1980)1981–2000年
黄昏(1981)
E.T.(1982)
愛と追憶の日々(1983)
アマデウス(1984)
愛と哀しみの果て(1985)
プラトーン(1986)
ラストエンペラー(1987)
レインマン(1988)
7月4日に生まれて(1989)
ダンス・ウィズ・ウルブズ(1990)
バグジー(1991)
セント・オブ・ウーマン/夢の香り(1992)
シンドラーのリスト (1993)
フォレスト・ガンプ/一期一会(1994)
いつか晴れた日に(1995)
イングリッシュ・ペイシェント(1996)
タイタニック(1997)
プライベート・ライアン(1998)
アメリカン・ビューティー(1999)
グラディエーター(2000)2001–2020年
ビューティフル・マインド(2001)
めぐりあう時間たち(2002)
ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還(2003)
アビエイター(2004)
ブロークバック・マウンテン(2005)
バベル(2006)
つぐない(2007)
スラムドッグ$ミリオネア(2008)
アバター(2009)
ソーシャル・ネットワーク(2010)
ファミリー・ツリー(2011)
アルゴ(2012)
それでも夜は明ける(2013)
6才のボクが、大人になるまで。(2014)
レヴェナント: 蘇えりし者(2015)
ムーンライト(2016)
スリー・ビルボード(2017)
ボヘミアン・ラプソディ(2018)
1917 命をかけた伝令(2019)
ノマドランド(2020)2021–2040年
パワー・オブ・ザ・ドッグ (2021)
表話編歴全米映画俳優組合賞キャスト賞受賞作品1995–1999
アポロ13(1995)
バードケージ(1996)
フル・モンティ(1997)
恋におちたシェイクスピア(1998)
アメリカン・ビューティー(1999)2000–2009
トラフィック(2000)
ゴスフォード・パーク(2001)
シカゴ(2002)
ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還(2003)
サイドウェイ(2004)
クラッシュ(2005)
リトル・ミス・サンシャイン(2006)
ノーカントリー(2007)
スラムドッグ$ミリオネア(2008)
イングロリアス・バスターズ(2009)2010–2019
英国王のスピーチ(2010)
ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜(2011)
アルゴ(2012)
アメリカン・ハッスル(2013)
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)(2014)
スポットライト 世紀のスクープ(2015)
ドリーム(2016)
スリー・ビルボード(2017)
ブラックパンサー(2018)
パラサイト 半地下の家族(2019)
表話編歴放送映画批評家協会賞 作品賞
いつか晴れた日に(1995)
ファーゴ (1996)
L.A.コンフィデンシャル(1997)
プライベート・ライアン(1998)
アメリカン・ビューティー(1999)
グラディエーター(2000)
ビューティフル・マインド(2001)
シカゴ(2002)
ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還(2003)
サイドウェイ(2004)
ブロークバック・マウンテン(2005)
ディパーテッド(2006)
ノーカントリー(2007)
スラムドッグ$ミリオネア(2008)
ハート・ロッカー(2009)
ソーシャル・ネットワーク(2010)
アーティスト(2011)
アルゴ(2012)
それでも夜は明ける(2013)
6才のボクが、大人になるまで。(2014)
スポットライト 世紀のスクープ(2015)
ラ・ラ・ランド(2016)
シェイプ・オブ・ウォーター(2017)
ROMA/ローマ(2018)
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019)
ノマドランド(2020)
パワー・オブ・ザ・ドッグ(2021)
表話編歴ニューヨーク映画批評家協会賞 作品賞
男の敵(1935)
オペラハット(1936)
ゾラの生涯(1937)
城砦 (1938)
嵐が丘(1939)
怒りの葡萄(1940)
市民ケーン (1941)
In Which We Serve(1942)
ラインの監視(1943)
我が道を往く(1944)
失われた週末(1945)
我等の生涯の最良の年(1946)
紳士協定(1947)
黄金(1948)
オール・ザ・キングスメン(1949)
イヴの総て(1950)
欲望という名の電車(1951)
真昼の決闘(1952)
地上より永遠に(1953)
波止場(1954)
マーティ(1955)
八十日間世界一周(1956)
戦場にかける橋(1957)
手錠のまゝの脱獄(1958)
ベン・ハー(1959)
アパートの鍵貸します / 息子と恋人(1960)
ウエスト・サイド物語(1961)
No award(1962)
トム・ジョーンズの華麗な冒険(1963)
マイ・フェア・レディ(1964)
ダーリング(1965)
わが命つきるとも(1966)
夜の大捜査線(1967)
冬のライオン(1968)
Z(1969)
ファイブ・イージー・ピーセス(1970)
時計じかけのオレンジ(1971)
叫びとささやき(1972)
アメリカの夜(1973)
フェリーニのアマルコルド(1974)
ナッシュビル(1975)
大統領の陰謀(1976)
アニー・ホール(1977)
ディア・ハンター(1978)
クレイマー、クレイマー(1979)
普通の人々(1980)
レッズ(1981)
ガンジー(1982)
愛と追憶の日々(1983)
インドへの道(1984)
女と男の名誉(1985)
ハンナとその姉妹(1986)
ブロードキャスト・ニュース(1987)
偶然の旅行者(1988)
マイ・レフトフット(1989)
グッドフェローズ(1990)
羊たちの沈黙(1991)
ザ・プレイヤー(1992)
シンドラーのリスト(1993)
クイズ・ショウ(1994)
リービング・ラスベガス(1995)
ファーゴ(1996)
L.A.コンフィデンシャル(1997)
プライベート・ライアン(1998)
トプシー・ターヴィー(1999)
トラフィック(2000)
マルホランド・ドライブ(2001)
エデンより彼方に(2002)
ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還(2003)
サイドウェイ(2004)
ブロークバック・マウンテン(2005)
ユナイテッド93(2006)
ノーカントリー(2007)
ミルク(2008)
ハート・ロッカー(2009)
ソーシャル・ネットワーク(2010)
アーティスト(2011)
ゼロ・ダーク・サーティ(2012)
アメリカン・ハッスル(2013)
6才のボクが、大人になるまで。(2014)
キャロル(2015)
ラ・ラ・ランド(2016)
レディ・バード(2017)
ROMA/ローマ(2018)
アイリッシュマン(2019)
表話編歴MTVムービー・アワード 作品賞1990年代
ターミネーター2(1992)
ア・フュー・グッドメン(1993)
ポケットいっぱいの涙(1994)
パルプ・フィクション(1995)
セブン(1996)
スクリーム(1997)
タイタニック(1998)
メリーに首ったけ(1999)2000年代
マトリックス(2000)
グラディエーター(2001)
ロード・オブ・ザ・リング(2002)
ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔(2003)
ナポレオン・ダイナマイト(2005)
ウェディング・クラッシャーズ(2006)
パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト(2007)
トランスフォーマー(2008)
トワイライト〜初恋〜(2009)2010年代
ニュームーン/トワイライト・サーガ(2010)
エクリプス/トワイライト・サーガ(2011)
トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part1(2012)
アベンジャーズ(2013)
ハンガー・ゲーム2(2014)
きっと、星のせいじゃない。(2015)
スター・ウォーズ/フォースの覚醒(2016)
美女と野獣(2017)
表話編歴2004年日本週末観客動員数1位の映画1月
3・4、10・11日 ファインディング・ニモ
17・18、24・25、31日・2月1日 ラスト サムライ2月
7・8日 ラスト サムライ
14・15、21・22、28・29日 ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還3月
6・7、13・14、20・21、27・28日 ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還4月
3・4日 ドラえもん のび太のワンニャン時空伝
10・11日 ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還
17・18日 名探偵コナン 銀翼の奇術師
24・25日 ホーンテッドマンション5月
1・2日 ホーンテッドマンション
8・9、15・16日 世界の中心で、愛をさけぶ
22・23日 トロイ
29・30日 世界の中心で、愛をさけぶ6月
5・6、12・13、19・20日 デイ・アフター・トゥモロー
26・27日 ハリー・ポッターとアズカバンの囚人7月
3・4、10・11、17・18、24・25、31日・8月1日 ハリー・ポッターとアズカバンの囚人8月
7・8、14・15日 ハリー・ポッターとアズカバンの囚人
21・22日 劇場版 NARUTO -ナルト- 大活劇!雪姫忍法帖だってばよ!!
28・29日 LOVERS9月
4・5日 ヴァン・ヘルシング
11・12日 バイオハザードII アポカリプス
18・19、25・26日 アイ,ロボット10月
2・3、9・10、16・17日 アイ,ロボット
23・24日 シークレット ウインドウ
30・31日 コラテラル11月
6・7、13・14日 いま、会いにゆきます
20・21、27・28日 ハウルの動く城12月
4・5、11・12、18・19、25・26日 ハウルの動く城
2004
2005
2006
2007
2008
2009
2010
2011
2012
2013
2014
2015
2016
2017
2018
2019
2020
2021
2022
典拠管理
GND: 4770274-6
J9U: 987009950843405171
LCCN: n2003042570
NKC: unn2006375059
VIAF: 316752205
WorldCat Identities(VIAF経由): 316752205

「https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還&oldid=91484159」から取得
カテゴリ: ロード・オブ・ザ・リングシリーズ2003年の映画アカデミー賞作品賞受賞作ゴールデングローブ賞受賞作英国アカデミー賞受賞作松竹配給の映画モーションキャプチャを使用した映画作品ファミ通クロスレビューシルバー殿堂入りソフト隠しカテゴリ: 編集半保護中のページ物語内容の紹介に終始している記事ウィキペディアとウィキデータで異なる公式ウェブサイトGND識別子が指定されている記事J9U識別子が指定されている記事LCCN識別子が指定されている記事NKC識別子が指定されている記事VIAF識別子が指定されている記事WorldCat-VIAF識別子が指定されている記事

評価: 4~5 つ星
レビュー: 8338
再生回数: 9906
[spincontent type=”j”]

Youtube

2. ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還 Yomiuri

Yomiuri
ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還

説明: ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還 は、読売で検索されたもので、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 90 69
[spincontent type=”j”]

3. ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還 Asahi Shimbun

朝日新聞
ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還

説明: 朝日新聞で検索した ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還 に関する上記の情報が、ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 3556
[spincontent type=”j”]

4. ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還 The Japan Times

The Japan Times
ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還

説明: ジャパン タイムズで検索した ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還 に関する記事のトップです。ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還 に関する疑問を解決するのに役立ちます。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 3924
[spincontent type=”j”]

5. ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還 Yomiuri Shimbun

読売新聞
ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還

説明: ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還 に関する詳細情報はすでにありますか? ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還 という記事が読売新聞で検索されました。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 1268
[spincontent type=”j”]

6. ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還 Mainichi Shimbun

毎日新聞
ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還

説明: 毎日新聞で見つけた ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還 に関する上記の情報が、ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還 に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 1779
[spincontent type=”j”]

7. ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還 Sankei Shimbun

産経新聞
ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還

説明: 産経新聞で検索した ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還 に関する記事のトップです。ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還 に関する疑問を解決するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 7422
[spincontent type=”j”]

8. ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還 Nihon Keizai Shimbun

日本経済新聞
ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還

説明: ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還 は、日本経済新聞で検索され、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 2835
[spincontent type=”j”]

9. ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還 Chunichi Shimbun

中日新聞
ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還

説明: 中日新聞で検索した ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還 に関する上記の情報が、ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 2985
[spincontent type=”j”]

10. ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還 Tokyo Shimbun

東京新聞
ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還

説明: ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還 に関する質問を解決するために、東京新聞で検索した ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還 に関する記事のトップです。
評価: 4~5 つ星
評価: 4573
[spincontent type=”j”]

11. ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還 Nihon Kogyo Simbun

日本工業新聞
ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還

説明: ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還 は日本工業新聞で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 6845
[spincontent type=”j”]

12. ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還 Nikkan Kogyo Shimbun

日刊工業新聞
ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還

説明: 日刊工業新聞で見つけた ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還 に関する上記の情報が、ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 3852
[spincontent type=”j”]

13. ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還 Ainu Times

アイヌタイムス
ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還

説明: アイヌ タイムズで検索した ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還 に関する記事のトップです。ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還 に関する質問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 50 93
[spincontent type=”j”]

14. ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還 Akita Sakigake Shimpo

秋田魁新報
ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還

説明: ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還 に関する詳細情報はすでにありますか? ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還 という記事は、秋田魁新報で検索したものです。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 8223
[spincontent type=”j”]

15. ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還 Chiba Nippo

千葉日報
ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還

説明: 千葉日報で検索した ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還 に関する上記の情報が、ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還 に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 8570
[spincontent type=”j”]

16. ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還 Chugoku Shimbun

中国新聞
ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還

説明: 中国新聞で検索した ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還 に関する記事のトップです。ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還 に関する疑問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 7389
[spincontent type=”j”]

17. ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還 Daily Tohoku

デイリー東北
ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還

説明: ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還 はデイリー東北で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 8624
[spincontent type=”j”]

18. ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還 The Eastern Chronicle

イースタン クロニクル
ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還

説明: イースタン クロニクルで検索した ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還 に関する上記の情報が、ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 4228
[spincontent type=”j”]

ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還 に関する質問

ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還 についてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。ご質問やご提案はすべて、次の記事の改善に役立てさせていただきます。

記事 ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還 は、私と私のチームがさまざまな情報源から編集したものです。 記事 ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還 が役に立った場合は、チームをサポートしてください。「いいね」または「共有」してください!

検索キーワード ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還

ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還
方法ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還
チュートリアル ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還
【キーワード】 無料

Có thể bạn quan tâm: