あなたは ロンドン と パリ を 結ぶ 高速 鉄道 について学んでいます。今日は、インターネット上の多くの情報源から私たちのチームが編集および編集した記事 ロンドン と パリ を 結ぶ 高速 鉄道 を共有します。 ロンドン と パリ を 結ぶ 高速 鉄道 に関するこの記事がお役に立てば幸いです。

ロンドン と パリ を 結ぶ 高速 鉄道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。出典検索?: “ユーロスター” – ニュース · 書籍 · スカラー · CiNii · J-STAGE · NDL · dlib.jp · ジャパンサーチ · TWL(2020年12月)この記事は更新が必要とされています。この記事には古い情報が掲載されています。編集の際に新しい情報を記事に反映させてください。反映後、このタグは除去してください。(2019年2月).mw-parser-output .hatnotemargin:0.5em 0;padding:3px 2em;background-color:transparent;border-bottom:1px solid #a2a9b1;font-size:90%

この項目では、イギリスと大陸ヨーロッパを結ぶ国際列車について説明しています。
イタリアの国内列車については「ユーロスター・イタリア」をご覧ください。
台湾で販売されている乗用車については「キア・ピカント」をご覧ください。
ユーロスター

走行中のユーロスター(374形)基本情報国
イギリス フランス ベルギー オランダ種類
高速鉄道起点
セント・パンクラス駅終点
パリ北駅、ブリュッセル南駅開業
1994年11月14日所有者
ユーロスター・グループ(英語版)運営者
ユーロスター・インターナショナル(英語版)路線諸元路線距離
492 km (ロンドン~パリ間)軌間
1,435 mm[1]電化方式
直流750 V(イギリス在来線。第三軌条方式)直流1,500V(フランス在来線。架空電車線方式)直流3,000V(ベルギー在来線。架空電車線方式)交流25,000 V 50 Hz(各国高速新線)最高速度
300 km/hテンプレートを表示ユーロスター(英: Eurostar)は、英仏海峡トンネルを通ってイギリスと大陸ヨーロッパとを結ぶ国際列車である。
ロンドンとフランスのリール、パリ、およびベルギーのブリュッセルとの間で運行されており、最高速度300km/h の高速鉄道となっている。2018年4月4日より、ロンドン発の1日2本のみブリュッセルからオランダのアムステルダムまで直通運転が開始された。

概要[編集]
列車は英仏海峡(ドーバー海峡)を横断し、イギリス、フランス、ベルギー各国内の高速路線を使用する。ユーロトンネルの開通と同年、1994年11月14日に開業した[2]。
イギリス側の始発駅は現在、ロンドンのセント・パンクラス駅である。当初イギリス国内は在来線を走行し始発着駅にウォータールー駅(ウォータールー国際駅)を使用していた。この在来線区間は第三軌条方式が採用されており、速度に劣るうえに、トンネル内で集電装置の切り替えが発生していた。しかしながら2007年11月、イギリス国内の高速新線HS1(ハイスピード1、CTRL)が開業したことによってそれらの事情は解消、ロンドンと大陸の所要時間は数十分程度短縮された。
2019年からタリスとユーロスターの両運行会社の統合が模索された。新型コロナの流行により延期されていたが[3]、2022年3月には欧州委員会の承認を得て、4月にユーロスターとタリスのそれぞれの運行会社(ユーロスター・インターナショナル(英語版)とTHIファクトリー)は事業所を残しつつ、ブリュッセルを拠点とする新持株会社「ユーロスター・グループ(英語版)」の元に統合された[4]。

路線[編集]
ユーロスター運行経路

凡例

0:00

ロンドン (セント・パンクラス)

ストラトフォード・インターナショナル

テムズ川

0:15

エブスフリート・インターナショナル

フォークハム・ジャンクション2007 年まで至ロンドン (ウォータールー)

0:30

アシュフォード・インターナショナル

英仏海峡トンネル (0:21 通過)

0:54

カレー-フレタン

1:20

リール-ウロップ

1:51

ブリュッセル (南駅)

2:15

パリ (北駅)

2:33

マルヌ-ラ-ヴァレ – シェシー (ディズニーランド)

5:40

アヴィニョン (中央駅)

6:27

ムーティエ (スキー)

6:59

ラ・プラーニュ (スキー: 降車のみ)

7:17

ブール・サン・モーリス (スキー)
時間はロンドン セントパンクラスからの最短所要時間

ロンドン〜アシュフォード 〜 リール 〜 ブリュッセル:(最速1時間51分)
ロンドン〜アシュフォード〜カレー〜リール〜パリ(北駅):(最速2時間15分)
ロンドン〜アシュフォード〜マルヌ・ラ・ヴァレ(ディズニーランド・パリ):(2時間33分;1日1往復)
ロンドン〜アシュフォード〜ムーチェ〜(エイム・ラ・プラーニュ)ブール・サン・モーリス:(冬季のみ。一部夜行)
ロンドン〜アシュフォード〜アヴィニョン:(夏季のみ。5時間40分;1日1往復)
列車により停車駅のパターンが異なる。
パリ発着一部列車のみカレーに停車。
エイム・ラ・プラーニュへはロンドン発のみ停車
CTRL全線開通後、ロンドン〜パリは最速2時間15分、ロンドン〜ブリュッセルは最速1時間51分で結ばれた。また、1時間に最高8往復の運用が可能となる(現在[いつ?]は1時間に最高4往復)。車両[編集]
ユーロスターの車両は、3カ国を直通運転するためのさまざまな工夫がされている。例えば電源は各国の高速新線用とイギリスの在来線区間用に加えてベルギー在来線用も備えた3電源対応で、さらに一部車両はフランス在来線用にも対応している。

373形[編集]
詳細は「イギリス国鉄373形電車」を参照
1994年の開業時に投入された車両はフランスの高速鉄道車両であるTGVをベースとしたもので、イギリス国鉄のTOPSにより373形の形式が付与されている。フランス、イギリス、ベルギーの3カ国で共同開発された。
3000番台は英国、3100番台はベルギー、3200番台はフランスが所有する。3200番台のうち4編成はTGVとしてパリ〜リール間の短距離区間で使用されている。また3300番台の7編成は、将来のイングランド北部・スコットランド方面への乗り入れに備えて2005年12月まで英国のGNERがリース契約で借り受け、車色をGNERのコーポレートカラーであるダークブラウンに変更し、ロンドンのキングス・クロス〜リーズ/ヨーク間を実験的に営業運転を行っていた。しかし、航空機との競争等による採算性の問題から延伸は中止となり、現在はロンドン、ストラトフォードにあるテンプル・ミルズ車両基地にて一時的に保管されている。また、増結用寝台車として製造されたナイトスター(英: Nightstar)は結局のところ一度も営業運転で使われることはなく、カナダのVIA鉄道に売却された。

3種類の電源対応(フランス所属の一部編成のみ4電源対応)
交流25,000V 50Hz(各国高速新線用)
直流3,000V(ベルギー国内在来線用)
直流1,500V(フランス国内在来線用:一部編成のみ)
直流750V(イギリス国内在来線用:第三軌条方式)
3カ国の信号システム対応
海底トンネル対策
基本編成:20両(動力車2両+客車18両)但し3300番台は16両(動力車2両+客車14両)
連接台車を採用しているが、動力車と客車の間、編成中央の客車の間は非連接式であり、連結器を解結すれば容易に4分割できる。これは海底トンネル内で火災などの事故が発生した際に損傷した車両を切り離して脱出するため(トンネルは信号回路も含めて並列単線方式のため、双方向に走ることができる)。
車両高:3,410mm
車両幅:2,810mm(イギリスの車両限界に合わせて小さい)
軌道:標準軌(1,435mm)374形[編集]
詳細は「イギリス鉄道374形電車」を参照
2010年10月7日に、ユーロスターの次世代車両としてドイツ・シーメンス社の「ヴェラロ」が、競争入札の結果、導入されることが発表された[5]。TOPSによる車両形式は374形で、愛称は「Eurostar e320」となる。これに対しフランスは、ユーロスター・インターナショナル社の最大株主(55%保有)がフランス国鉄であることや、これまで自国のアルストム社の車両を導入してきたことから不快感を示している[6]。

輸送実績[編集]
リール・ユーロップ駅のユーロスター
ユーロスター(ロンドン-パリ間)の市場シェアと定時運行率
ユーロスターの定時運行率は年によって変動するが2007年は91.5%であった[7][8]。1994年の運行開始以来、航空輸送からのシェアを徐々に獲得し優位な立場に立っている。2007年はロンドン・パリ間で71%、ロンドン・ブリュッセル間では65%と運行開始以来もっとも高いシェアを獲得している[9]。
しかしながら、1996年にロンドン・アンド・コンティネンタル・レイルウェイズが予測した2004年までの旅客数2,140万人[10]には遠く及ばず、2004年実績では730万人にとどまっており、2010年までに年間1,000万人という旅客数目標を掲げていた[11]。
2010年の旅客数は950万人と目標には僅かに及ばなかったものの旅客数は年々着実に増加しており、2012年には旅客数が990万人[12]となり大台の1000万人が目前に迫り、2013年にはついに達した[13]。
1995年以降の推定旅客数の推移(単位 百万人)[14][15][16][17][18][19][20][21]:

歴史[編集]
1994年11月14日[2] – ロンドン〜パリ、ロンドン〜ブリュッセル間が開業
1996年1月8日 – アシュフォード駅開業
1996年6月29日 – ロンドン〜ディズニーランド・パリ間が運行開始
1997年12月14日 – ベルギーの高速新線 (HSL 1) が開業。ロンドン〜ブリュッセル間が2時間40分に
2002年7月20日 – アヴィニョンへの運行開始
2003年9月28日 – イギリスの高速新線 (CTRL) が部分開業し、ロンドン〜パリ間が2時間35分、ロンドン〜ブリュッセル間が2時間20分に
2007年11月 – 車両基地がノース・ポール国際車両基地からテンプル・ミルズ車両基地に
2007年11月14日 – CTRLの全線開業に伴い、ロンドンのターミナル駅がウォータールー駅からセント・パンクラス駅に変更、ロンドン〜パリ間が2時間15分、ロンドン〜ブリュッセル間が1時間51分に短縮された[2][22]。
2007年11月19日 – エブスフリート国際駅が開業。
2008年9月11日 – 海底トンネル内の火災により数日間運休、そののち臨時ダイヤ(トンネル区間は火災に遭わなかった1本を使った単線運転)で運行を再開
2009年12月13日 – ストラトフォード国際駅が開業
2009年12月18日 – 英仏海峡トンネル内で合計5本の列車が立ち往生するトラブルが発生。
2015年1月17日 – 英仏海峡トンネル内で煙が感知され、全列車が運行を停止。停車駅[編集]
イギリスセント・パンクラス駅 (ロンドン)
ストラトフォード国際駅 (ストラトフォード)
エブスフリート国際駅 (エブスフリート)
アシュフォード国際駅 (アシュフォード)フランスカレー・フレタン駅 (カレー)
リール・ウロップ駅 [23](リール)
パリ北駅 (パリ)ベルギーブリュッセル南駅 (ブリュッセル)オランダロッテルダム中央駅(ロッテルダム)
アムステルダム中央駅(アムステルダム)脚注[編集]
[脚注の使い方]
^ 櫻井寛 『今すぐ乗りたい!「世界名列車」の旅』新潮社、2009年、97頁。.mw-parser-output cite.citationfont-style:inherit.mw-parser-output .citation qquotes:”””””””‘””‘”.mw-parser-output .id-lock-free a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-free abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/6/65/Lock-green.svg”)right 0.1em center/9px no-repeat.mw-parser-output .id-lock-limited a,.mw-parser-output .id-lock-registration a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-limited a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-registration abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/d/d6/Lock-gray-alt-2.svg”)right 0.1em center/9px no-repeat.mw-parser-output .id-lock-subscription a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-subscription abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/a/aa/Lock-red-alt-2.svg”)right 0.1em center/9px no-repeat.mw-parser-output .cs1-subscription,.mw-parser-output .cs1-registrationcolor:#555.mw-parser-output .cs1-subscription span,.mw-parser-output .cs1-registration spanborder-bottom:1px dotted;cursor:help.mw-parser-output .cs1-ws-icon abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/4/4c/Wikisource-logo.svg”)right 0.1em center/12px no-repeat.mw-parser-output code.cs1-codecolor:inherit;background:inherit;border:none;padding:inherit.mw-parser-output .cs1-hidden-errordisplay:none;font-size:100%.mw-parser-output .cs1-visible-errorfont-size:100%.mw-parser-output .cs1-maintdisplay:none;color:#33aa33;margin-left:0.3em.mw-parser-output .cs1-formatfont-size:95%.mw-parser-output .cs1-kern-left,.mw-parser-output .cs1-kern-wl-leftpadding-left:0.2em.mw-parser-output .cs1-kern-right,.mw-parser-output .cs1-kern-wl-rightpadding-right:0.2em.mw-parser-output .citation .mw-selflinkfont-weight:inheritISBN 978-4-10-138471-9。 

^ a b c “イギリス 高速新線が全線開業”. 交通新聞 (交通新聞社): p. 4. (2007年12月14日) 

^ “環境問題が後押し、欧州「2大国際列車」の合併計画 ユーロスターとタリス、コロナ禍鎮静で再始動”. 東洋経済新報社. (2021年11月7日). https://toyokeizai.net/articles/-/466600 

^ “Eurostar – Thalys merger completed”. IRJ. (2022年5月13日). https://www.railjournal.com/passenger/high-speed/eurostar-thalys-merger-completed/ 2022年5月14日閲覧。 

^ “独シーメンス、ユーロスターに新型鉄道車両10編成を供給へ”. Reuters. (2010年10月7日). http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPJAPAN-17570320101007 2010年10月10日閲覧。 

^ “英仏横断ユーロスターに独シーメンス車両、仏閣僚ら不快感”. AFP. (2010年10月8日). http://www.afpbb.com/article/economy/2764381/6300701 2010年10月10日閲覧。 

^ Eurostar uses the airlines’ definition of ‘on-time’: within 15 minutes of scheduled arrival time. The measure used for long-distance services in the UK rail industry is within 10 minutes.

^ “High Speed 1 delivers a record year for Eurostar” (プレスリリース), Eurostar, (2008年1月9日), オリジナルの2009年5月29日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20090529061806/http://www.eurostar.com/UK/uk/leisure/about_eurostar/press_release/press_archive_2008/high_speed_1_record_year_eurostar.jsp 

^ Wright, Robert (2008年1月10日). “Eurostar passenger numbers surge”. Financial Times (London). http://www.ft.com/cms/s/0/67ed5b0c-bf1e-11dc-8c61-0000779fd2ac.html?nclick_check=1 2009年8月6日閲覧。 

^ “Select Committee on Public Accounts Thirty-Eighth Report”. House of Commons (2006年5月4日). 2007年12月15日閲覧。

^ “Channel Tunnel Traffic Forecasting”. Transport Issues. Nottingham University. 2009年9月1日閲覧。

^ (英語)Eurostar reports increased profit and passengers in 2012

^ “ユーロスター利用者数、2013年に過去最多を記録”. AFPBB News (2014年1月8日). 2019年1月16日閲覧。

^ “Eurostar travel hits record level”. BBC News. (2009年1月13日). http://news.bbc.co.uk/1/hi/business/7825737.stm 2009年4月18日閲覧。 

^ “Eurostar sales up in 2009 despite travel chaos”. BBC News. (2010年1月20日). http://news.bbc.co.uk/2/hi/business/8469399.stm 2010年1月22日閲覧。 

^ “Eurostar sales rise on recovery in business travel”. BBC News. (2011年1月14日). https://www.bbc.co.uk/news/world-south-asia-12188996 2011年1月14日閲覧。 

^ “Eurostar sales boosted by visitors from outside EU”. BBC News. (2012年3月8日). https://www.bbc.co.uk/news/business-17296527 2012年4月27日閲覧。 

^ “‘Strong’ 2012 for Eurostar”. Rail.co. (2013年3月25日). オリジナルの2013年4月10日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/20130410050527/http://www.rail.co/2013/03/25/strong-2012-for-eurostar/ 2013年3月25日閲覧。 

^ “Eurostar passenger figures topped 10 million in 2013”. BBC News. (2014年3月5日). https://www.bbc.co.uk/news/business-26444689/ 2014年3月5日閲覧。 

^ “Eurostar growth continues in 2014”. Railwaygazette.com. (2015年2月18日). http://www.railwaygazette.com/news/high-speed/single-view/view/eurostar-growth-continues-in-2014.html 2015年2月19日閲覧。 

^ “Eurostar passenger numbers steady but profit down”. Railwaygazette.com. (2016年3月15日). http://www.railwaygazette.com/news/high-speed/single-view/view/eurostar-passenger-numbers-steady-but-profit-down.html 2016年3月16日閲覧。 

^ 当初は一部列車についてはウォータールー発着を残す予定であったが、コスト面での折り合いが付かないため全列車がセント・パンクラス発着となった。

^ 英語圏からの利用の際は当然ながら「リール・ユーロップ」様の発音

関連項目[編集]
ロンドン・アンド・コンティネンタル・レイルウェイズ
CTRL
P&O
北海道新幹線外部リンク[編集]

ウィキメディア・コモンズには、ユーロスターに関連するカテゴリがあります。ユーロスター|ヨーロッパ鉄道旅行ガイド(レイルヨーロッパ【公式】)
ユーロスター公式ページ (英語)表話編歴高速鉄道 高速鉄道の基幹技術
鉄輪式
新幹線
ICE
TGV
ペンドリーノ浮上式
磁気浮上式鉄道(超電導リニア(JRマグレブ)* – トランスラピッド)
空気浮上式鉄道(アエロトラン†)
真空チューブ列車(ハイパーループ* – スイスメトロ†)
 高速鉄道車両・列車(速度別)
350 km/h以上
アジア
上海トランスラピッド
CRH・CR(和諧号・復興号)
300 – 349 km/h
アジア
新幹線
700T型(台湾)
KTX-山川
SRT
YHT (Yüksek Hızlı Tren)(英語版)
TALGO 350 SLO(スペイン語版)欧州
AGV
TGV inOui
タリス
Ouigo
IZY
ICE
ヴェラロ
ユーロスター
タルゴ・アブリル(英語版)
レンフェ・オアリス(英語版)
フレッチャロッサ
イタロ
ユーロスター・イタリア†
フレッチャロッサ1000その他
アヴェリア・リバティ* – アヴェリア・ホライズン *
250 – 299 km/h
アジア
中華之星†
アフラシャブ(スペイン語版)欧州
フィーラ†
フレッチャルジェント
ペンドリーノ
ニュー・ペンドリーノ(英語版)
Giruno*
ユーロメッド
タルゴ
アバント
アルビア
サプサン
ソコル†
EICプレミアム(ドイツ語版)
200 – 249 km/h
アジア
藍箭†欧州
APT†
IEP(クラス800 – 801* – 802)
ジャベリン
IC125・225
フレッチャビアンカ
レンフェ・インテルシティ(スペイン語版)
チザルピーノ†
IC2000
ICN
アルコ†
アルタリア/タルゴ200†
アラリス†
アルファ・ペンドゥラール
レイルジェット
SJ2000 (X2000)
Regina
アーランダエクスプレス
フリートーゲ (GMB71)
オアリスGMB78(ノルウェー語版)
ЭР200†
ラースタチカ
Sm6アレグロ
ICS北米
アセラ・エクスプレス
ブライトライン
ジェットトレイン†
ボンバルディア・ゼフィロ
ボンバルディア・ヴォイジャー(英語版)

 各国の高速鉄道網
アジア
日本
韓国
台湾
中国 – 香港
ウズベキスタン
トルコ
サウジアラビア
ベトナム*
タイ*
マレーシア・シンガポール*
インドネシア*
インド*
イラク*欧州
イギリス (HS1 – HS2*)
イタリア
オランダ (HSL-Zuid)
スペイン
ドイツ
フランス
ベルギー (HSL1 – 2 – 3 – 4)
ポーランド (CMK)
ロシア北米
アメリカ(カリフォルニア* – 西海岸* – テキサス*)
メキシコ(英語版)*南米
ブラジル*
アルゼンチン(英語版)†アフリカ
モロッコオセアニア
オーストラリア(英語版)*
 車両メーカー
日本
川崎重工業(汽車製造†)
日本車輌製造
日立製作所
近畿車輛
総合車両製作所(東急車輛製造†)アジア
現代ロテム中国中車
旧南車系
中国南車
青島四方機車車輛
株洲電力機車旧北車系
中国北車(中国語版)
長春軌道客車
唐山軌道客車

北米、欧州
シーメンス・モビリティアルストム
(フィアット – GEC†)

ボンバルディア
アドトランツ†
ABB
アセア†
ブラウン・ボベリ†(BREL(英語版)†)
CAF
タルゴ
シュタッドラー・レール
日立レールS.p.A.(旧日立レールイタリア、旧アンサルドブレーダ†)

*:登場予定のもの、計画中のもの – †:過去に存在したもの

高速鉄道の最高速度記録の歴史
カテゴリ
表話編歴 TGV ブランド名
TGV
Ouigo
TGV inOui車両
旅客営業用
Sud-Est
Atlantique
Réseau
Duplex
POS
TMST
タリスPBA
タリスPBKA
Euroduplex (2N2)(英語版)
アヴェリア・ホライズン *試作、事業用
TGV 001
IRIS 320
La Poste輸出車両
KTX-I
レンフェ100系
アセラ
高速新線 (LGV)
営業中
LGV南東線
LGV大西洋線
LGV北線
LGVローヌ-アルプ線
LGV地中海線
LGV東ヨーロッパ線
LGV東連絡線
LGVペルピニャン-フィゲラス線
LGVライン-ローヌ線
LGV南ヨーロッパ大西洋線
LGVブルターニュ-ペイ・ド・ラ・ロワール線建設中
LGVニーム-モンペリエ連絡線(英語版)計画中
LGVプロヴァンス=アルプ=コート・ダジュール線
LGVボルドー-トゥールーズ線(英語版)
LGVノルマンディ線(英語版)
トリノ-リヨン高速線(英語版)
国際共同
アルテシア†
タリス
IZY
ユーロスター
リリア
アレオ(フランス語版)
レールチームその他
AGV
iDTGV
TER-GV‎インフラ
TVM関連企業/団体/人物
メーカー
アルストム
シストラ(英語版)インフラ
RFF†→SNCFレゾ(フランス語版)運行
SNCF→SNCFモビリテ(フランス語版)
Ouigoデザイン
ジャック・クーパー(フランス語版)
ロジェ・タロン(英語版)
クリスチャン・ラクロワ(英語版)
事故
エックヴェルスハイム脱線事故
* – 登場予定のもの

† – 過去に存在したもの
表話編歴英仏海峡トンネル建造物
トランスマンチェ・リンク(英語版)
LGV北線
ハイ・スピード1企業
ゲットリンク
ユーロスター会社(英語版)
フランス国鉄
ベルギー国鉄旅客サービス
ユーロスター貨物サービス
ユーロトンネルシャトル
ユーロポート・チャンネル(英語版)他
フランスの鉄道
イギリスの鉄道
1996年の火災事故(英語版)
2008年の火災事故(英語版)
典拠管理
J9U: 987007556302905171
LCCN: sh95006842

「https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ユーロスター&oldid=90283376」から取得
カテゴリ: ヨーロッパの鉄道路線ヨーロッパの列車イギリスの列車フランスの列車ベルギーの鉄道高速鉄道国際列車TGVイギリス海峡隠しカテゴリ: Timelineを使用しているページ出典を必要とする記事/2020年12月情報の更新が必要とされている項目/2019年言葉を濁した記述のある記事 (いつ)/2010年以前J9U識別子が指定されている記事LCCN識別子が指定されている記事

評価: 4~5 つ星
レビュー: 2103
再生回数: 2824
[spincontent type=”j”]

ユーロスター(ロンドン⇒パリ)に乗ったレビュー!車内にはカフェもあります! Youtube

ユーロスター(Eurostar)でイギリス・ロンドンからフランス・パリまで移動しました。

2時間30分で約100ユーロとなり、ほぼ日本の新幹線と変わらない感じですが、出国審査があったり、車内にはカフェのある車両があったりと所々ちがうところもありました。

この間は飛行機やバスもありますが、バスや夜行になりますし、飛行機も空港⇔市内の移動もあるので、旅行・観光であればユーロスターがおすすめです。

ユーロスターは新幹線と違って、直前に取れば高いので旅行される方は早めに予約されることをおすすめです!

———————————————————————————-
私はフリーランサーとして日本・大阪を拠点にしつつ月1回以上のペースで海外に行っています。YouTubeでは海外の様子、飛行機のレビュー、お得情報などを中心に動画配信をしています。

よく仕事を聞かれるのですが、ネット向けに記事を執筆して生計を立ててます。

ブログはYouTube以上に積極的に活動しており、ほぼ毎日更新で、海外、航空会社、節約、キャンペーン情報などをアップしているので是非YouTubeだけでなくブログもチェックしてください!!

ブログ:http://www.kankeri02.com/

またTwitter、Instagramもやっており、この2つはリアルタイムなのでこちらもフォローお願いします。

Twitter:https://twitter.com/kankeri02

Instagram:https://www.instagram.com/kankeri02.bu

LINE@も月1ペースですが配信しています。大体、海外から発信するのでこちらもどうぞ!
LINE@:https://line.me/R/ti/p/%40ryw6225k
———————————————————————————-

2. ロンドン と パリ を 結ぶ 高速 鉄道 Yomiuri

Yomiuri
ロンドン と パリ を 結ぶ 高速 鉄道

説明: ロンドン と パリ を 結ぶ 高速 鉄道 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 ロンドン と パリ を 結ぶ 高速 鉄道 は、読売で検索されたもので、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 30 57
[spincontent type=”j”]

3. ロンドン と パリ を 結ぶ 高速 鉄道 Asahi Shimbun

朝日新聞
ロンドン と パリ を 結ぶ 高速 鉄道

説明: 朝日新聞で検索した ロンドン と パリ を 結ぶ 高速 鉄道 に関する上記の情報が、ロンドン と パリ を 結ぶ 高速 鉄道 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 2399
[spincontent type=”j”]

4. ロンドン と パリ を 結ぶ 高速 鉄道 The Japan Times

The Japan Times
ロンドン と パリ を 結ぶ 高速 鉄道

説明: ジャパン タイムズで検索した ロンドン と パリ を 結ぶ 高速 鉄道 に関する記事のトップです。ロンドン と パリ を 結ぶ 高速 鉄道 に関する疑問を解決するのに役立ちます。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 4331
[spincontent type=”j”]

5. ロンドン と パリ を 結ぶ 高速 鉄道 Yomiuri Shimbun

読売新聞
ロンドン と パリ を 結ぶ 高速 鉄道

説明: ロンドン と パリ を 結ぶ 高速 鉄道 に関する詳細情報はすでにありますか? ロンドン と パリ を 結ぶ 高速 鉄道 という記事が読売新聞で検索されました。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 4202
[spincontent type=”j”]

6. ロンドン と パリ を 結ぶ 高速 鉄道 Mainichi Shimbun

毎日新聞
ロンドン と パリ を 結ぶ 高速 鉄道

説明: 毎日新聞で見つけた ロンドン と パリ を 結ぶ 高速 鉄道 に関する上記の情報が、ロンドン と パリ を 結ぶ 高速 鉄道 に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 2249
[spincontent type=”j”]

7. ロンドン と パリ を 結ぶ 高速 鉄道 Sankei Shimbun

産経新聞
ロンドン と パリ を 結ぶ 高速 鉄道

説明: 産経新聞で検索した ロンドン と パリ を 結ぶ 高速 鉄道 に関する記事のトップです。ロンドン と パリ を 結ぶ 高速 鉄道 に関する疑問を解決するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 6907
[spincontent type=”j”]

8. ロンドン と パリ を 結ぶ 高速 鉄道 Nihon Keizai Shimbun

日本経済新聞
ロンドン と パリ を 結ぶ 高速 鉄道

説明: ロンドン と パリ を 結ぶ 高速 鉄道 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 ロンドン と パリ を 結ぶ 高速 鉄道 は、日本経済新聞で検索され、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 90 70
[spincontent type=”j”]

9. ロンドン と パリ を 結ぶ 高速 鉄道 Chunichi Shimbun

中日新聞
ロンドン と パリ を 結ぶ 高速 鉄道

説明: 中日新聞で検索した ロンドン と パリ を 結ぶ 高速 鉄道 に関する上記の情報が、ロンドン と パリ を 結ぶ 高速 鉄道 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 3148
[spincontent type=”j”]

10. ロンドン と パリ を 結ぶ 高速 鉄道 Tokyo Shimbun

東京新聞
ロンドン と パリ を 結ぶ 高速 鉄道

説明: ロンドン と パリ を 結ぶ 高速 鉄道 に関する質問を解決するために、東京新聞で検索した ロンドン と パリ を 結ぶ 高速 鉄道 に関する記事のトップです。
評価: 4~5 つ星
評価: 6444
[spincontent type=”j”]

11. ロンドン と パリ を 結ぶ 高速 鉄道 Nihon Kogyo Simbun

日本工業新聞
ロンドン と パリ を 結ぶ 高速 鉄道

説明: ロンドン と パリ を 結ぶ 高速 鉄道 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 ロンドン と パリ を 結ぶ 高速 鉄道 は日本工業新聞で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 3620
[spincontent type=”j”]

12. ロンドン と パリ を 結ぶ 高速 鉄道 Nikkan Kogyo Shimbun

日刊工業新聞
ロンドン と パリ を 結ぶ 高速 鉄道

説明: 日刊工業新聞で見つけた ロンドン と パリ を 結ぶ 高速 鉄道 に関する上記の情報が、ロンドン と パリ を 結ぶ 高速 鉄道 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 2292
[spincontent type=”j”]

13. ロンドン と パリ を 結ぶ 高速 鉄道 Ainu Times

アイヌタイムス
ロンドン と パリ を 結ぶ 高速 鉄道

説明: アイヌ タイムズで検索した ロンドン と パリ を 結ぶ 高速 鉄道 に関する記事のトップです。ロンドン と パリ を 結ぶ 高速 鉄道 に関する質問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 8580
[spincontent type=”j”]

14. ロンドン と パリ を 結ぶ 高速 鉄道 Akita Sakigake Shimpo

秋田魁新報
ロンドン と パリ を 結ぶ 高速 鉄道

説明: ロンドン と パリ を 結ぶ 高速 鉄道 に関する詳細情報はすでにありますか? ロンドン と パリ を 結ぶ 高速 鉄道 という記事は、秋田魁新報で検索したものです。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 3856
[spincontent type=”j”]

15. ロンドン と パリ を 結ぶ 高速 鉄道 Chiba Nippo

千葉日報
ロンドン と パリ を 結ぶ 高速 鉄道

説明: 千葉日報で検索した ロンドン と パリ を 結ぶ 高速 鉄道 に関する上記の情報が、ロンドン と パリ を 結ぶ 高速 鉄道 に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 40 61
[spincontent type=”j”]

16. ロンドン と パリ を 結ぶ 高速 鉄道 Chugoku Shimbun

中国新聞
ロンドン と パリ を 結ぶ 高速 鉄道

説明: 中国新聞で検索した ロンドン と パリ を 結ぶ 高速 鉄道 に関する記事のトップです。ロンドン と パリ を 結ぶ 高速 鉄道 に関する疑問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 90 48
[spincontent type=”j”]

17. ロンドン と パリ を 結ぶ 高速 鉄道 Daily Tohoku

デイリー東北
ロンドン と パリ を 結ぶ 高速 鉄道

説明: ロンドン と パリ を 結ぶ 高速 鉄道 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 ロンドン と パリ を 結ぶ 高速 鉄道 はデイリー東北で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 97 18
[spincontent type=”j”]

18. ロンドン と パリ を 結ぶ 高速 鉄道 The Eastern Chronicle

イースタン クロニクル
ロンドン と パリ を 結ぶ 高速 鉄道

説明: イースタン クロニクルで検索した ロンドン と パリ を 結ぶ 高速 鉄道 に関する上記の情報が、ロンドン と パリ を 結ぶ 高速 鉄道 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 1939
[spincontent type=”j”]

ロンドン と パリ を 結ぶ 高速 鉄道 に関する質問

ロンドン と パリ を 結ぶ 高速 鉄道 についてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。ご質問やご提案はすべて、次の記事の改善に役立てさせていただきます。

記事 ロンドン と パリ を 結ぶ 高速 鉄道 は、私と私のチームがさまざまな情報源から編集したものです。 記事 ロンドン と パリ を 結ぶ 高速 鉄道 が役に立った場合は、チームをサポートしてください。「いいね」または「共有」してください!

検索キーワード ロンドン と パリ を 結ぶ 高速 鉄道

ロンドン と パリ を 結ぶ 高速 鉄道
方法ロンドン と パリ を 結ぶ 高速 鉄道
チュートリアル ロンドン と パリ を 結ぶ 高速 鉄道
【キーワード】 無料

Có thể bạn quan tâm: