あなたは リール・ビッグ・フィッシュ take on me について学んでいます。今日は、インターネット上の多くの情報源から私たちのチームが編集および編集した記事 リール・ビッグ・フィッシュ take on me を共有します。 リール・ビッグ・フィッシュ take on me に関するこの記事がお役に立てば幸いです。

リール・ビッグ・フィッシュ take on me

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

「テイク・オン・ミー」a-ha の シングル初出アルバム『ハンティング・ハイ・アンド・ロウ(英語版)』B面

アンド・ユー・テル・ミー
ストップ! アンド・メイク・ユア・マインド・アップ
ラヴ・イズ・リーズンリリース
1984年10月19日規格
.mw-parser-output .hlist ul,.mw-parser-output .hlist olpadding-left:0.mw-parser-output .hlist li,.mw-parser-output .hlist dd,.mw-parser-output .hlist dtmargin-right:0;display:inline-block;white-space:nowrap.mw-parser-output .hlist dt:after,.mw-parser-output .hlist dd:after,.mw-parser-output .hlist li:afterwhite-space:normal.mw-parser-output .hlist li:after,.mw-parser-output .hlist dd:aftercontent:” · “;font-weight:bold.mw-parser-output .hlist dt:aftercontent:”: “.mw-parser-output .hlist-pipe dd:after,.mw-parser-output .hlist-pipe li:aftercontent:” .mw-parser-output .hlist-hyphen dd:after,.mw-parser-output .hlist-hyphen li:aftercontent:” – “;font-weight:normal.mw-parser-output .hlist-comma dd:after,.mw-parser-output .hlist-comma li:aftercontent:”、 “;font-weight:normal.mw-parser-output .hlist-slash dd:after,.mw-parser-output .hlist-slash li:aftercontent:” / “;font-weight:normal.mw-parser-output .hlist dd:last-child:after,.mw-parser-output .hlist dt:last-child:after,.mw-parser-output .hlist li:last-child:aftercontent:none.mw-parser-output .hlist dd dd:first-child:before,.mw-parser-output .hlist dd dt:first-child:before,.mw-parser-output .hlist dd li:first-child:before,.mw-parser-output .hlist dt dd:first-child:before,.mw-parser-output .hlist dt dt:first-child:before,.mw-parser-output .hlist dt li:first-child:before,.mw-parser-output .hlist li dd:first-child:before,.mw-parser-output .hlist li dt:first-child:before,.mw-parser-output .hlist li li:first-child:beforecontent:” (“;font-weight:normal.mw-parser-output .hlist dd dd:last-child:after,.mw-parser-output .hlist dd dt:last-child:after,.mw-parser-output .hlist dd li:last-child:after,.mw-parser-output .hlist dt dd:last-child:after,.mw-parser-output .hlist dt dt:last-child:after,.mw-parser-output .hlist dt li:last-child:after,.mw-parser-output .hlist li dd:last-child:after,.mw-parser-output .hlist li dt:last-child:after,.mw-parser-output .hlist li li:last-child:aftercontent:”) “;font-weight:normal.mw-parser-output .hlist olcounter-reset:listitem.mw-parser-output .hlist ol>licounter-increment:listitem.mw-parser-output .hlist ol>li:beforecontent:” “counter(listitem)” “;white-space:nowrap.mw-parser-output .hlist dd ol>li:first-child:before,.mw-parser-output .hlist dt ol>li:first-child:before,.mw-parser-output .hlist li ol>li:first-child:beforecontent:” (“counter(listitem)” “7インチシングル12インチシングル録音

1984年
レコード・プラント・スタジオジャンル
ニュー・ウェイヴ[1]時間
3分49秒レーベル
ワーナー・ブラザース・レコード作詞・作曲
ポール・ワークターマグネ・フルホルメンモートン・ハルケットプロデュース

トニー・マンスフィールド(1984年版)
アラン・ターニー(英語版)(1985年版)ゴールドディスク
後述を参照チャート最高順位
後述を参照a-ha シングル 年表
テイク・オン・ミー(1984年)シャイン・オン・TV(1985年)

『ハンティング・ハイ・アンド・ロウ』 収録曲

テイク・オン・ミー(A-1)

ストレンジャー・トレイン(A-2)
ミュージックビデオ
「Take On Me」 – YouTube

テンプレートを表示
「テイク・オン・ミー」(Take On Me)は、ノルウェーのシンセポップ・バンド、a-haの楽曲である。オリジナル・バージョンは、トニー・マンスフィールドがプロデュースを手がけ、ジョン・ラトクリフがリミックスを行なった。1985年に発売されたデビュー・アルバム『ハンティング・ハイ・アンド・ロウ(英語版)』には、アラン・ターニー(英語版)がプロデュースを手がけたアレンジで収録された。
本作のオリジナル・バージョンは、1984年にレコーディングされ、イギリスでは2つのバージョンが計3回発売され、1985年10月の全英シングルチャートで最高位2位を記録した。1985年10月、アメリカでスティーブ・バロンが監督を務めたミュージック・ビデオがMTVで放映され、a-haの楽曲で唯一Billboard Hot 100の上位100位以内にランクインした楽曲となった。ミュージック・ビデオは、1986年のMTV Video Music Awardsで6部門を受賞した。

背景・曲の構成[編集]
「テイク・オン・ミー」は、ポール・ワークターとマグネ・フルホルメンがかつて在籍していたバンド、ブリッジズ(英語版)時代に作られた楽曲である[2]。
当時リハーサルを行なっていた楽曲の中に「Miss Eerie」(原題は「Panorama」)があり、同曲の中にはフルホルメンが15歳の時に作り、後に「テイク・オン・ミー」となる主要なシンセサイザーのリフが含まれていた[3][4][5]。このリフについて、当時のバンドは「ポップすぎる」と感じていたことから、リフを相殺するためにパンク調のアレンジを施していた[6]。本作の最初期のテイクは、ドアーズのメンバーであるレイ・マンザレクの演奏法に触発された演奏になっていた[7]。ワークターは、当初本作について「ポップすぎて使えない」と考えていたが、フルホルメンは「かなりキャッチーだと思った」と振り返っている[6]。
間もなくして、ブリッジズは解散。ワークターとフルホルメンは、ロンドンの音楽業界で活躍することを目的にロンドンに移住したが、半年後に失望してノルウェーに戻った[2]。2人はモートン・ハルケットを迎えて、「Miss Eerie」の新バージョンを含むデモ音源の制作を開始した。1983年1月にレコーディング契約を目的にロンドンを訪れた[2]。
「テイク・オン・ミー」は、1分間に169拍という速いテンポで演奏される[8]。歌詞は愛を訴えるもので[9]、最後のサビの前にブリッジがあるヴァース‐コーラス形式という構成になっている。本作におけるハルケットの声域は2.5オクターブ以上で、サビの冒頭の「Take On Me」というフレーズを本作で最も低い音であるA2で歌い、曲が進むたびに高くなり、本作で最も高い音であるE5に達する[8]。

レコーディング・制作[編集]
新しいデモ音源を録音することを決めたバンドは、ミュージシャン兼音楽プロデューサーのジョン・ラトクリフが所有するスタジオを使用し、5曲を再録音することにした。バンドはラトクリフと契約し、ラトクリフはマネージャーとしてテリー・スレイターを紹介した。これにより、バンドは「テイク・オン・ミー」をはじめとした楽曲を完成することができた。数回のミーティングの後、スレイターはバンドをワーナー・ブラザースUKと契約させた[10]。
バンドは、プロデューサーのトニー・マンスフィールドと会い、電子楽器を使用してデモ音源をミックスした。完成したサウンドは、バンドが期待していたものとは異なり、アルバムは再びリミックスされることとなった。リミックス後、バンドは「テイク・オン・ミー」をシングル盤として発売したが、全英シングルチャートでは137位と低調であった[11]。これを受けて、アメリカのワーナー・ブラザース本社はバンドに投資し、本作を再レコーディングする機会を与えた[10][注釈 1]。本作のメインリフは、ローランド・JUNO-60の他、YAMAHA DX7やPPG Waveを使用して作られた[12]。
フルホルメンは、ローランド・JUNO-60でメインのメロディーを演奏し、ワークターがフルホルメンに合わせて2台目のキーボードでメインリフを演奏している。2回目と3回目のリリースで使用されたドラムマシンはLinnDrumで、ワークターはLinnDrumを使用してシンバルとハイハットをオーバー・ダビングした。ハルケットは、Neumann U47というマイクロフォンの他、Neve社のマイク・プリアンプとイコライザーを使用してボーカルを録音している[13]。
過去に幾度かアレンジが試されたものの、「テイク・オン・ミー」が商業的に成功していなかったことを知ったアンドリュー・ウィッカムは、a-haをワーナー・ブラザース・アメリカと契約させる。スレイターの推薦により、プロデューサーであるアラン・ターニーに曲を改良を依頼。曲はすぐに完成し、イギリスで再発売されたが、ロンドンのレコード会社はバンドをほとんどサポートすることはなく、2回目のリリースも失敗に終わった[10]。
ウィッカムは、バンドに対してさらに投資。6か月をかけてロトスコープ技術を使用したミュージック・ビデオが制作され、スティーブ・バロンが監督を務めた。ミュージック・ビデオの公開から1か月後にアメリカで発売され、Billboard Hot 100で第1位を獲得[10][14]。その後、多数の国のシングルチャートで第1位を獲得した。
オールミュージックのティム・ディグラヴィナは、「ニュー・ウェイヴの名曲で、強いキーボードの音が入っていて、ハルケットのボーカルの優美さのおかげで心に響く」と評している[1]。

ミュージック・ビデオ[編集]
2本のビデオ[編集]
1984年に公開された「テイク・オン・ミー」のミュージック・ビデオは、異なる音源が使用されている。1作目のビデオは、青の背景にバンドが演奏する様子を収めた映像になっている。
2作目のビデオは、アイルランド出身の映画監督であるスティーブ・バロンが監督を務めた作品で、1985年にKim’s Cafe(現Savoy Cafe)とロンドンにあるスタジオで撮影された[15]。ミュージック・ビデオには、モデルで当時のハルケットのガールフレンドであるバンティ・ベイリー(英語版)も出演している[15]。このビデオは、キャラクターにリアルな動きを持たせるために、ロトスコープという鉛筆のスケッチによるアニメーションと実写の映像を組み合わせて作られている[16][17]。約3,000コマのロトスコーピングを行い、完成には16週間を要した[18][19]。このビデオのアイデアは、ワーナー・ブラザースの重役であるジェフ・アエロフによるもの[20]。MTVでのヘビーローテーションや他の音楽チャンネルでの視聴回数が多かったほか、公式YouTubeチャンネルでの再生回数は2020年2月17日時点で10億回を突破した。1990年代以前の作品としては、ガンズ・アンド・ローゼズの「ノーヴェンバー・レイン」「スウィート・チャイルド・オブ・マイン」、クイーンの「ボヘミアン・ラプソディ」、ニルヴァーナの「スメルズ・ライク・ティーン・スピリット」に続く5作目となる[21][22][23][24]。2019年にオリジナルの35mmフィルムから、4Kにリマスターされた[25]。
本作のミュージック・ビデオの特徴となっている物語は、「シャイン・オン・TV」のミュージック・ビデオのオープニングで完結する[26]。

受賞・文化的影響[編集]
1986年のMTV Video Music Awardsで、「テイク・オン・ミー」のミュージック・ビデオは、最優秀新人アーティストビデオ賞、最優秀コンセプトビデオ賞、最優秀エクスペリメンタルビデオ賞、最優秀ビデオディレクション賞、最優秀特殊効果賞、視聴者賞の6部門を受賞した[27][注釈 2]。また、同年の第13回アメリカン・ミュージック・アワードでは、最優秀ポップ/ロックビデオ賞にノミネートされた[28]。
本作およびミュージック・ビデオは、カバー・バージョンが制作されているほか、映画、テレビ番組、テレビゲームなどでたびたび言及されている。テレビアニメ『ファミリー・ガイ』のエピソード「Breaking Out Is Hard to Do」では、許可を得て編集を加えたビデオが使用されている[29]。フォルクスワーゲンは、本作のミュージック・ビデオにヒントを得たテレビコマーシャルを制作した[30]。パラモアの「コート・イン・ジ・ミドル(英語版)」のミュージック・ビデオに、本作のビデオのビジュアルがオマージュとして使用された[31]。

シングル収録曲(a-ha版)[編集]
7インチシングル MCA / MCA-9146 イギリス(1984年)#タイトル作詞・作曲プロデューサー時間1.「テイク・オン・ミー」(Take On Me)ポール・ワークターマグネ・フルホルメンモートン・ハルケットトニー・マンスフィールド3:182.「アンド・ユー・テル・ミー」(And You Tell Me)ポール・ワークタートニー・マンスフィールド1:48合計時間:5:0612インチシングル MCA / MCA-9146T イギリス(1984年)#タイトル作詞・作曲プロデューサー時間1.「テイク・オン・ミー (ロング・ヴァージョン)」(Take On Me (Long version))ポール・ワークターマグネ・フルホルメンモートン・ハルケットトニー・マンスフィールド3:462.「アンド・ユー・テル・ミー」(And You Tell Me)ポール・ワークタートニー・マンスフィールド1:483.「ストップ! アンド・メイク・ユア・マインド・アップ」(Stop! And Make Your Mind Up)ポール・ワークタージョン・ラトクリフa-ha2:57合計時間:8:317インチシングル MCA / MCA-9006 イギリス(1985年)全作詞・作曲: ポール・ワークター、マグネ・フルホルメン、モートン・ハルケット。#タイトル作詞作曲・編曲プロデューサー時間1.「テイク・オン・ミー」(Take On Me)ポール・ワークター、マグネ・フルホルメン、モートン・ハルケットポール・ワークター、マグネ・フルホルメン、モートン・ハルケットアラン・ターニー(英語版)3:462.「ラヴ・イズ・リーズン」(Love Is Reason)ポール・ワークター、マグネ・フルホルメン、モートン・ハルケットポール・ワークター、マグネ・フルホルメン、モートン・ハルケットジョン・ラトクリフa-ha3:04合計時間:6:5012インチシングル MCA / MCA-9006T イギリス(1985年)全作詞・作曲: ポール・ワークター、マグネ・フルホルメン、モートン・ハルケット。#タイトル作詞作曲・編曲プロデューサー時間1.「テイク・オン・ミー (エクステンデッド・ヴァージョン)」(Take On Me (Extended version))ポール・ワークター、マグネ・フルホルメン、モートン・ハルケットポール・ワークター、マグネ・フルホルメン、モートン・ハルケットアラン・ターニー4:502.「ラヴ・イズ・リーズン」(Love Is Reason (LP version))ポール・ワークター、マグネ・フルホルメン、モートン・ハルケットポール・ワークター、マグネ・フルホルメン、モートン・ハルケットジョン・ラトクリフa-ha3:043.「テイク・オン・ミー (シングル・ヴァージョン)」(Take On Me (Single version))ポール・ワークター、マグネ・フルホルメン、モートン・ハルケットポール・ワークター、マグネ・フルホルメン、モートン・ハルケットアラン・ターニー3:49合計時間:11:437インチシングル MCA / MCA-29011 アメリカ(1985年)全作詞・作曲: ポール・ワークター、マグネ・フルホルメン、モートン・ハルケット。#タイトル作詞作曲・編曲プロデューサー時間1.「テイク・オン・ミー」(Take On Me)ポール・ワークター、マグネ・フルホルメン、モートン・ハルケットポール・ワークター、マグネ・フルホルメン、モートン・ハルケットアラン・ターニー3:462.「ラヴ・イズ・リーズン」(Love Is Reason)ポール・ワークター、マグネ・フルホルメン、モートン・ハルケットポール・ワークター、マグネ・フルホルメン、モートン・ハルケットジョン・ラトクリフa-ha3:04合計時間:6:5012インチシングル Warner Bros. / PRO-A-2291(プロモーション盤) アメリカ(1985年)全作詞・作曲: ポール・ワークター、マグネ・フルホルメン、モートン・ハルケット。#タイトル作詞作曲・編曲プロデューサー時間1.「テイク・オン・ミー (ロング・ヴァージョン)」(Take On Me (Long version))ポール・ワークター、マグネ・フルホルメン、モートン・ハルケットポール・ワークター、マグネ・フルホルメン、モートン・ハルケットアラン・ターニー4:472.「テイク・オン・ミー (シングル・ヴァージョン)」(Take On Me (Single version))ポール・ワークター、マグネ・フルホルメン、モートン・ハルケットポール・ワークター、マグネ・フルホルメン、モートン・ハルケットアラン・ターニー3:46合計時間:8:33クレジット(a-ha版)[編集]
モートン・ハルケット – リード・ボーカル
マグネ・フルホルメン – シンセサイザー、バッキング・ボーカル
ポール・ワークター – ギター、キーボード、ドラムマシン、バッキング・ボーカル
ニール・キング – レコーディング・エンジニア(1984年バージョン)
アラン・ターニー(英語版) – プロデュース
ジョン・ラトクリフ – プロデュース・リミックス(1984年バージョン)
バリー・グリント(英語版) – マスタリングチャート成績(a-ha版)[編集]

週間チャート[編集]
チャート (1985年 – 1986年)
最高位
オーストラリア (Kent Music Report)[32]
1
オーストリア (Ö3 Austria Top 40)[33]
1
ベルギー (Ultratop 50 Flanders)[34]
1
Canada Top Singles (RPM)[35]
2
デンマーク (Tracklisten)[36]
2
ヨーロッパ (European Hot 100 Singles)[37]
1
フィンランド (Suomen virallinen lista)[38]
4
フランス (SNEP)[39]
3
ギリシャ (IFPI)[40]
1
アイルランド (IRMA)[41]
2
イタリア (Musica e dischi)[40]
1
日本 (オリコン)

25
オランダ (Dutch Top 40)[42]
1
オランダ (Single Top 100)[43]
1
ニュージーランド (Recorded Music NZ)[44]
7
ノルウェー (VG-lista)[45]
1
南アフリカ (Springbok Radio)[46]
7
スペイン (AFYVE)[47]
7
スウェーデン (Sverigetopplistan)[48]
1
スイス (Schweizer Hitparade)[49]
1
UK Singles (Official Charts Company)[50]
2
US Billboard Hot 100[14]
1
US Adult Contemporary (Billboard)[51]
4
US Dance Singles Sales (Billboard)[52]
36
西ドイツ (Official German Charts)[53]
1
チャート (2021年)
最高位
Global 200 (Billboard)[54]
162
ハンガリー (Single Top 40)[55]
26

年間チャート[編集]
チャート (1985年)
最高位
オーストラリア (Kent Music Report)[56]
12
Canada Top Singles (RPM)[57]
29
オランダ (Dutch Top 40)[58]
60
オランダ (Single Top 100)[59]
24
UK Singles (Official Charts Company)[60][61]
9
US Billboard Hot 100[62]
10
US Cash Box Top 100 Singles[63]
15
西ドイツ (Official German Charts)[64]
46
チャート (1986年)
最高位
西ドイツ (Official German Charts)[65]
34
オールタイム・チャート[編集]
チャート (2018年)
最高位
US Billboard Hot 100[66]
600

認定(a-ha版)[編集]

国/地域

認定
認定/売上枚数
ベルギー (BEA)[67]
Gold

100,000*デンマーク (IFPI Denmark)[68]
Platinum

10,000^フランス (SNEP)[67]
Gold

500,000*ドイツ (BVMI)[69]
Gold

250,000^イタリア (FIMI)[67]1985-1986 sales

Gold

300,000*イタリア (FIMI)[70]since 2009 sales

Platinum

30,000*日本 (RIAJ)[71]
Gold

100,000^イギリス (BPI)[72]
2× Platinum

2,000,000
*認定のみに基づく売上枚数^認定のみに基づく出荷枚数認定のみに基づく売上枚数と再生回数

カバー・バージョン[編集]
リール・ビッグ・フィッシュによるカバー[編集]
「テイク・オン・ミー」リール・ビッグ・フィッシュ の シングルB面

オルタナティヴ・ベイビー
ホワイ・ドゥ・オール・ガールズ・シンク・ゼイ・アー・ファットリリース
1998年規格
マキシシングル録音
1998年ジャンル
スカ・パンク時間
3分14秒レーベル
モジョ・レコード(英語版)作詞・作曲
ポール・ワークターマグネ・フルホルメンモートン・ハルケットリール・ビッグ・フィッシュ シングル 年表
セル・アウト(英語版)(1997年)テイク・オン・ミー(1998年)ホエア・ハヴ・ユー・ビーン?(2002年)

ミュージックビデオ
「Take On Me」 – YouTube

テンプレートを表示
1998年、スカ・パンク・バンドのリール・ビッグ・フィッシュは映画『ベースケットボール/裸の球を持つ男(英語版)』のために「テイク・オン・ミー」をカバーした。リール・ビッグ・フィッシュによるカバー・バージョンは、映画『ベースケットボール/裸の球を持つ男』のサウンドトラック・アルバムに収録された後、バンドのアルバム『ホワイ・ドゥ・ゼイ・ロック・ソー・ハード?(英語版)』(国際盤)に収録され[73][74]。ミュージック・ビデオが制作されており、ジェフ・ムーアが監督を務めた[75]。
ライブでも演奏されており[76]、ライブ・アルバム『Our Live Album Is Better than Your Live Album』(2006年)にライブ音源[77]、『You’re All in This Together』(2006年)や『Reel Bigh Fish Live! In Concert!』(2009年)などのDVDにライブ映像が収録されている。

シングル収録曲(リール・ビッグ・フィッシュ版)[編集]
#タイトル作詞・作曲時間1.「テイク・オン・ミー」(Take On Me)ポール・ワークターマグネ・フルホルメンモートン・ハルケット3:022.「オルタナティヴ・ベイビー」(Alternative Baby)アーロン・バレットロバート・クインビーアンドリュー・ゴンザレスアダム・ポラコフ2:563.「ホワイ・ドゥ・オール・ガールズ・シンク・ゼイ・アー・ファット?」(Why Do All Girls Think They’re Fat?)アーロン・バレット2:22合計時間:8:20クレジット(リール・ビッグ・フィッシュ版)[編集]
アーロン・バレット – チェレスタ、ギター、リード・ボーカル、シンセサイザー
グラント・バリー – トロンボーン
アンドリュー・ゴンザレス – ドラム
スコット・クロフェンスタイン – チェレスタ、キーボード、トランペット、ボーカル
ダン・リーガン – スクリーム、トロンボーン
タヴィス・ワーツ – フリューゲルホルン、トランペット
マット・ウォング – ベース、ボーカルA1によるカバー[編集]
「テイク・オン・ミー」A1 の シングル初出アルバム『Aリスト』B面
アイ・ガット・サンシャインリリース
2000年8月14日規格
マキシシングル録音
1998年 – 1999年ジャンル
ダンス・ポップ時間
3分46秒レーベル
エピック・レコード作詞・作曲
ポール・ワークターマグネ・フルホルメンモートン・ハルケットゴールドディスク
後述を参照チャート最高順位
後述を参照A1 シングル 年表
ライク・ア・ローズ(英語版)(2000年)テイク・オン・ミー(2000年)セイム・オールド・ブランド・ニュー・ユー(英語版)(2000年)

『Aリスト』 収録曲

テイク・オン・ミー(1)

セイム・オールド・ブランド・ニュー・ユー(2)
ミュージックビデオ
「Take On Me」 – YouTube
テンプレートを表示
A1は、2000年8月に「テイク・オン・ミー」のカバー・バージョンを発売し、同年10月30日に発売した2作目のオリジナル・アルバム『Aリスト』にも収録している[78]。音楽評論家からは「ダサいカバー・バージョン[79]」「オリジナルの再販のような音符のコピー[80]」と酷評された一方で、イギリスやノルウェーのシングルチャートでは第1位を獲得した[81][82]。
ミュージック・ビデオは、スチュアート・ゴスリングが監督を務めた作品で、1982年に公開されたSF映画『トロン』からヒントを得た内容となっている[83]。

シングル収録曲(A1版)[編集]
マキシシングル#タイトル作詞・作曲時間1.「テイク・オン・ミー」(Take On Me)ポール・ワークターマグネ・フルホルメンモートン・ハルケット3:312.「ビートルズ・メドレー」(Beatles Medley)レノン=マッカートニー3:203.「アイ・ガット・サンシャイン」(I Got Sunshine)クリスチャン・インゲブリグトセンポール・マラッツィ3:41合計時間:10:32マキシシングル(限定盤)全作詞・作曲: ポール・ワークター、マグネ・フルホルメン、モートン・ハルケット。#タイトル作詞作曲・編曲時間1.「Take On Me」(UK 2K Mix)ポール・ワークター、マグネ・フルホルメン、モートン・ハルケットポール・ワークター、マグネ・フルホルメン、モートン・ハルケット3:252.「Take On Me」(Metro Extended Club Mix)ポール・ワークター、マグネ・フルホルメン、モートン・ハルケットポール・ワークター、マグネ・フルホルメン、モートン・ハルケット6:023.「Take On Me」(D-Bop Saturday Night Mix)ポール・ワークター、マグネ・フルホルメン、モートン・ハルケットポール・ワークター、マグネ・フルホルメン、モートン・ハルケット7:52合計時間:17:19チャート成績(A1版)[編集]

週間チャート

チャート (2000年 – 2001年)
最高位
オーストラリア (ARIA)[84]
46
デンマーク (Tracklisten)[85]
2
ヨーロッパ (European Hot 100 Singles)[86]
11
ドイツ (Official German Charts)[87]
61
アイルランド (IRMA)[88]
12
オランダ (Tipparade)[89]
10
オランダ (Single Top 100)[90]
47
ノルウェー (VG-lista)[82]
1
ルーマニア (Romanian Top 100)[91]
10
スコットランド (Official Charts Company)[92]
1
スウェーデン (Sverigetopplistan)[93]
9
UK Singles (Official Charts Company)[81]
1

年間チャート

チャート (2020年)
順位
Norway Host Period Singles (VG-Lista)[94]
4
ルーマニア (Romanian Top 100)[91]
83
スウェーデン (Sverigetopplistan)[95]
77
UK Singles (Official Charts Company)[96]
59

認定(A1版)[編集]

国/地域

認定
認定/売上枚数
ノルウェー (IFPI Norway)[97]
Gold

 
イギリス (BPI)[98]
Silver

200,000^
^認定のみに基づく出荷枚数
その他のアーティストによるカバー[編集]
カイゴ – 2015年8月27日にApple Musicのストリーミング・サービスの展開の促進を目的に、iTunes Storeを経由してリミックス・バージョンを発表。カイゴによるリミックス・バージョンでは、キーボードのリフがカットされている[99]。
D.A. ワラック(英語版) – 2016年に公開された映画『ラ・ラ・ランド』の劇中で歌唱[100]。『ラ・ラ・ランド (コンプリート・ミュージカル・エクスペリエンス)』にも収録されている[101]。
ウィーザー – 2019年に発売されたカバー・アルバム『The Teal Album』に収録[102]。サンプリング[編集]
ピットブルは2013年に発表した「フィール・ディス・モーメント」で、本作をサンプリングしており、作曲者のクレジットにa-haのメンバーの名前も含まれている[103]。

脚注[編集]
[脚注の使い方]注釈[編集]

^ 2020年に公開されたa-haのドキュメンタリー『a-ha: The Making of Take On Me』に出演したワーナー・ブラザース・レコードおよびリプリーズ・レコードの元幹部のアンドリュー・ウィッカムは、「この曲が成功したのは、多くの関係者がバンドの真価に気づいたからだ」とし、「テリー・スレーターから電話がかかってきて、(バンドのオーディションで)モートン・ハルケットの歌を聴いたときは、自分の耳を疑ったよ。映画スターのような容姿を持つ男が、ロイ・オービソンのような声を出せるのかと。信じられないことだと思った」と振り返っている。

^ このほか最優秀グループビデオ賞と最優秀ビデオ賞にノミネートされていた。

出典[編集]

^ a b DiGravina, Tim. Hunting High and Low – a-ha | Songs, Reviews, Credits – オールミュージック. 2021年6月16日閲覧。

^ a b c “Chapter 2: The Early Years – Self-confidence, Determination and Lots of Hard Work”. A-ha.com. 2009年4月8日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2021年6月16日閲覧。

^ Van Isacker, B. (2010年7月18日). “First version from A-ha’s Take On Mee recorded in 1981”. Side-Line music magazine. オリジナルの2010年7月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100721015044/http://www.side-line.com/news_comments.php?id=44871_0_2_0_C 2021年6月16日閲覧。 

^ .mw-parser-output cite.citationfont-style:inherit.mw-parser-output .citation qquotes:”””””””‘””‘”.mw-parser-output .id-lock-free a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-free abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/6/65/Lock-green.svg”)right 0.1em center/9px no-repeat.mw-parser-output .id-lock-limited a,.mw-parser-output .id-lock-registration a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-limited a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-registration abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/d/d6/Lock-gray-alt-2.svg”)right 0.1em center/9px no-repeat.mw-parser-output .id-lock-subscription a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-subscription abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/a/aa/Lock-red-alt-2.svg”)right 0.1em center/9px no-repeat.mw-parser-output .cs1-subscription,.mw-parser-output .cs1-registrationcolor:#555.mw-parser-output .cs1-subscription span,.mw-parser-output .cs1-registration spanborder-bottom:1px dotted;cursor:help.mw-parser-output .cs1-ws-icon abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/4/4c/Wikisource-logo.svg”)right 0.1em center/12px no-repeat.mw-parser-output code.cs1-codecolor:inherit;background:inherit;border:none;padding:inherit.mw-parser-output .cs1-hidden-errordisplay:none;font-size:100%.mw-parser-output .cs1-visible-errorfont-size:100%.mw-parser-output .cs1-maintdisplay:none;color:#33aa33;margin-left:0.3em.mw-parser-output .cs1-formatfont-size:95%.mw-parser-output .cs1-kern-left,.mw-parser-output .cs1-kern-wl-leftpadding-left:0.2em.mw-parser-output .cs1-kern-right,.mw-parser-output .cs1-kern-wl-rightpadding-right:0.2em.mw-parser-output .citation .mw-selflinkfont-weight:inherit”Take On Me til topps i USA” [Take On Me to the top in the USA]. Tidsvitne. シーズン2. Episode 4 (ノルウェー語). 8 January 2015. 該当時間: 3:23. NRK. 2021年6月26日閲覧。

^ “Magne Furuholmens Take on Me-riff”. tv2.no (2014年9月26日). 2021年6月16日閲覧。

^ a b a-ha (2019年11月1日). a-ha – The Making of Take On Me (Episode 1). YouTube. https://www.youtube.com/watch?v=wlTHJJX7QVU 2021年6月17日閲覧。 

^ “The Secret History of a-ha’s Smash “Take On Me””. Rolling Stone (2010年5月14日). 2021年6月17日閲覧。

^ a b “Digital Sheet Music: Take on Me”. Musicnotes. Sony/ATV Music Publishing (2006年11月20日). 2021年6月18日閲覧。

^ Eddy, Chuck (1991年1月18日). “Music Review: East of the Sun, West of the Moon”. Entertainment Weekly. オリジナルの2009年4月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090421173443/http://www.ew.com/ew/article/0,,313013,00.html 2021年6月18日閲覧。 

^ a b c d “Chapter 3: The Story of A-ha”. A-ha.com. 2009年6月24日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2021年6月17日閲覧。

^ “The 40 greatest synth sounds of all time, No 8: a-ha – Take On Me”. MusicRadar. Future Publishing Limited (2021年5月20日). 2021年6月26日閲覧。

^ Buskin, Richard (March 2011). “A-ha ‘Take On Me’”. Sound on Sound. https://www.soundonsound.com/people/ha-take-me. 

^ Buskin, Richard (March 2011). “Classic Tracks: A-ha – Take On Me”. Sound on Sound. http://www.soundonsound.com/sos/mar11/articles/classic-tracks-0311.htm. 

^ a b “The Hot 100 Chart”. Billboard (1985年10月19日). 2021年6月16日閲覧。

^ a b “Take On Me”. A-ha.com. 2011年4月9日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2021年6月18日閲覧。

^ Macek III, J.C. (2012年8月2日). “’American Pop’… Matters: Ron Thompson, the Illustrated Man Unsung”. PopMatters. 2021年6月26日閲覧。

^ Keating & Pizer 2002, p. 247.

^ Billboard 97 (26): 37. (29 June 1985). 

^ “Taking on A-ha classic”. BBC. (2010年10月7日). https://www.bbc.co.uk/news/entertainment-arts-11485702 2021年6月18日閲覧。 

^ a-ha – The Making of Take On Me (Episode 1). (2019年11月1日). https://www.youtube.com/watch?v=wlTHJJX7QVU 2021年6月18日閲覧。 

^ Brandle, Lars (2020年2月19日). “A-ha’s ‘Take On Me’ Passes One Billion Streams on YouTube” (英語). Billboard. 2021年6月18日閲覧。

^ “A-ha’s ‘Take on Me’ Moves Past One Billion Streams on YouTube”. People (2020年2月19日). 2021年6月18日閲覧。

^ “Music video for ‘Take On Me’ hits one billion views on YouTube”. CNN (2020年2月20日). 2021年6月18日閲覧。

^ “「テイク・オン・ミー」YouTubeでの再生回数10億回突破”. BARKS (ジャパンミュージックネットワーク株式会社). (2020年2月18日). https://www.barks.jp/news/?id=1000178884 2021年6月18日閲覧。 

^ Blistein, Jon (2019年12月30日). “A-ha Release Remastered 4K Version of Classic ‘Take on Me’ Video” (英語). Rolling Stone. https://www.rollingstone.com/music/music-news/a-ha-remaster-4k-take-on-me-music-video-931947/ 2021年6月18日閲覧。 

^ Hawkins, Stan; Alvik, Jon Mikkel Broch (2019). “A-ha’s ‘Take On Me’: Melody, Vocal Compulsion, and Rotoscoping”. The Routledge Companion to Popular Music Analysis: Expanding Approaches. New York City: Taylor & Francis Group. p. 91. ISBN 978-1-138-68311-2. LCCN 2018-22353. https://www.google.com/books/edition/The_Routledge_Companion_to_Popular_Music/sHF0DwAAQBAJ?gbpv=1&dq=%22Take%20On%20Me%22%20%22sun%20always%20shines%20on%22%20music%20video%20-wikipedia&pg=PA91 

^ “MTV Video Music Awards – 1986”. MTV (1986年9月5日). 2021年6月18日閲覧。

^ “13th American Music Awards” (1986年1月27日). 2021年6月18日閲覧。

^ Strike, Joe (2005年8月29日). “’Family Guy’ recreates a-ha’s “Take on Me””. Animation World Network. 2021年6月18日閲覧。

^ Matheson, Whitney (2013年9月18日). “Video: Volkswagen gets inspired by A-ha’s ‘Take on Me’”. USA Today. Gannett Company. 2021年6月25日閲覧。

^ Zimmerman, Lee (2018年6月26日). “Watch Hayley Williams and Co. Run from Large Fruit in “Caught in the Middle” Video :: Music :: News :: Paramore :: Paste”. Pastemagazine.com. 2021年6月25日閲覧。

^ Kent, David (1993). Australian Chart Book 1970-1992 (illustrated ed.). St Ives, N.S.W.: Australian Chart Book. p. 13. ISBN 0-646-11917-6 

^ “Austriancharts.at – a-ha – Take On Me” (in German). Ö3 Austria Top 40. 2021年6月25日閲覧。

^ “Ultratop.be – a-ha – Take On Me” (in Dutch). Ultratop 50. 2021年6月25日閲覧。

^ “Top RPM Singles: Issue 0585.” RPM. Library and Archives Canada. 2021年6月25日閲覧。

^ “Top 3 in Europe”. Eurotipsheet 2 (51/52): 34. (23 December 1985). OCLC 29800226. https://worldradiohistory.com/UK/Music-and-Media/80s/1985/M&M-1985-12-23.pdf. 

^ “European Hot 100 Singles”. Eurotipsheet 2 (47): 12. (25 November 1985). OCLC 29800226. https://worldradiohistory.com/UK/Music-and-Media/80s/1985/M&M-1985-11-25.pdf. 

^ Pennanen, Timo (2006) (フィンランド語). Sisaltaa hitin – levyt ja esittajat Suomen musiikkilistoilla vuodesta 1972 (1st ed.). Helsinki: Kustannusosakeyhtio Otava. ISBN 978-951-1-21053-5 

^ “Lescharts.com – a-ha – Take On Me” (in French). Les classement single. 2021年6月25日閲覧。

^ a b “Top 3 in Europe”. Eurotipsheet 3 (4): 24. (1 February 1986). OCLC 29800226. https://worldradiohistory.com/UK/Music-and-Media/80s/1986/M&M-1986-02-01.pdf. 

^ “The Irish Charts – Search Results – Take On Me”. Irish Singles Chart. 2022年6月12日閲覧。

^ “Nederlandse Top 40 – a-ha” (in Dutch). Dutch Top 40. 2021年6月25日閲覧。

^ “Dutchcharts.nl – a-ha – Take On Me” (in Dutch). Single Top 100. 2021年6月25日閲覧。

^ “a-ha – Take On Me”. Top 40 Singles. 2022年6月12日閲覧。

^ “Norwegiancharts.com – a-ha – Take On Me”. VG-lista. 2021年6月25日閲覧。

^ “SA Charts 1965-1989 (As presented on Springbok Radio/Radio Orion) – Acts A”. The South African Rock Encyclopedia. 2018年5月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年6月26日閲覧。

^ Salaverrie, Fernando (September 2005) (スペイン語). Solo exitos: ano a ano, 1959-2002 (1st ed.). Madrid: Fundacion Autor/SGAE. ISBN 84-8048-639-2 

^ “Swedishcharts.com – a-ha – Take On Me”. Singles Top 100. 2021年6月25日閲覧。

^ “Swisscharts.com – a-ha – Take On Me”. Swiss Singles Chart. 2021年6月25日閲覧。

^ “Official Singles Chart Top 100”. UK Singles Chart. 2021年6月16日閲覧。

^ “a-ha Chart History (Adult Contemporary)”. Billboard. 2022年6月12日閲覧。

^ “a-ha Chart History (Dance Singles Sales)”. Billboard. 2022年6月12日閲覧。

^ “Offizielle Deutsche Charts – a-ha – Take On Me”. GfK Entertainment Charts. 2021年6月26日閲覧。

^ “a-ha Chart History (Global 200)”. Billboard. 2022年6月12日閲覧。

^ “Archívum – Slágerlisták – MAHASZ” (in Hungarian). Single (track) Top 40 lista. Magyar Hanglemezkiadók Szövetsége. 2021年6月26日閲覧。

^ “National Top 100 Singles for 1985”. Kent Music Report (599). (30 December 1985). https://i.imgur.com/SN2evHp.jpg. 

^ “RPM’s Top 100 Singles of 1985”. RPM 43 (16): 11. (28 December 1985). ISSN 0033-7064. https://www.bac-lac.gc.ca/eng/discover/films-videos-sound-recordings/rpm/Pages/image.aspx?Image=nlc008388.0619&URLjpg=http%3a%2f%2fwww.collectionscanada.gc.ca%2fobj%2f028020%2ff4%2fnlc008388.0619.gif&Ecopy=nlc008388.0619. 

^ “Top 100-Jaaroverzicht van 1985” (オランダ語). Dutch Top 40. 2021年6月26日閲覧。

^ “Jaaroverzichten – Single 1986” (オランダ語). Dutch Charts. 2021年6月26日閲覧。

^ “Top 100 Singles”. Music Week (London): 10. (18 January 1986). ISSN 0265-1548. 

^ Scaping, Peter, ed (1986). “Top 100 singles: 1985”. BPI Year Book 1986 (8th ed.). British Phonographic Industry. pp. 48-49. ISBN 0-906154-07-3 

^ “Hot 100 Songs – Year-End 1985”. Billboard. 2021年6月26日閲覧。

^ “The Cash Box Year-End Charts: 1985 – Top 100 Pop Singles”. Cash Box (1985年12月28日). 2021年6月26日閲覧。

^ “Top 100 Single-Jahrescharts – 1985” (ドイツ語). Offizielle Deutsche Charts. 2021年6月26日閲覧。

^ “Top 100 Single-Jahrescharts – 1986” (ドイツ語). Offizielle Deutsche Charts. 2021年6月26日閲覧。

^ “Billboard Hot 100 60th Anniversary Interactive Chart”. Billboard. 2021年6月26日閲覧。

^ a b c “European Gold & Platinum Awards 1986”. Music & Media: 33. (27 December 1986). http://www.americanradiohistory.com/Archive-Music-and-Media/80s/1986/M&M-1986-12-27.pdf. 

^ “Danish single certifications – a-ha – Take On Me”. IFPI Denmark. 2021年6月26日閲覧。 Click on næste to go to page 8423 if certification from official website

^ “Gold-/Platin-Datenbank (a-ha; ‘Take On Me’)” (German). Bundesverband Musikindustrie. 2021年6月26日閲覧。

^ “Italian single certifications – a-ha – Take On Me” (Italian). Federazione Industria Musicale Italiana. 2021年6月26日閲覧。 Select Online in the field Sezione. Enter a-ha in the field Filtra. The certification will load automatically

^ 「GOLD DISC 2015年7月度」『The Record』第670巻、日本レコード協会、2015年9月10日、 14頁。

^ “British single certifications – a-ha – Take On Me”. British Phonographic Industry. 14 August 2020. 2021年6月26日閲覧。 Enter Take On Me in the field Keywords. Select Title in the field Search by. Select single in the field By Format. Select Platinum in the field By Award. Click Search

^ Erlewine, Stephen Thomas. “Baseketball – Original Soundtrack | Songs, Reviews, Credits”. AllMusic. All Media Network. 2021年6月26日閲覧。

^ Greene, Jo-Ann. “Why Do They Rock So Hard? – Reel Big Fish | Songs, Reviews, Credits”. AllMusic. All Media Network. 2021年6月26日閲覧。

^ Layne, Anni (1998年7月29日). “Reel Big Fish Baits Ska Fans With New Disc”. Rolling Stone (RealNetworks, Inc). https://www.rollingstone.com/news/story/5925261/reel_big_fish_baits_ska_fans_with_new_disc 2021年6月26日閲覧。 

^ “Reel Big Fish Plays Surprise Show, Takes On A-ha”. MTV (1998年3月31日). 2021年6月26日閲覧。

^ Apar, Corey. Our LIve Album Is Better Than Your Live Album – Reel Big Fish | Songs, Reviews, Credits – オールミュージック. 2021年6月26日閲覧。

^ Promis, Jose F.. The A-List – A1 | Songs, Reviews, Credits – オールミュージック. 2021年6月26日閲覧。

^ “A1 Biography”. NME. 2021年6月26日閲覧。

^ Flynn, Jackie (2000年8月21日). “A1 – Take On Me”. Launchcast. 2004年2月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年6月26日閲覧。

^ a b “Official Singles Chart Top 100”. UK Singles Chart. 2021年6月26日閲覧。

^ a b “Norwegiancharts.com – A1 – Take On Me”. VG-lista. 2021年6月26日閲覧。

^ “The Wild 1S”. NME. (2000年10月7日). https://www.nme.com/news/a1/4598 2021年6月26日閲覧。 

^ “Australian-charts.com – A1 – Take On Me”. ARIA Top 50 Singles. 2021年6月26日閲覧。

^ “Danishcharts.com – A1 – Take On Me”. Tracklisten. 2021年6月26日閲覧。

^ “Eurochart Hot 100 Singles”. Music & Media 17 (38): 11. (16 September 2000). OCLC 29800226. https://worldradiohistory.com/UK/Music-and-Media/00s/2000/MM-2000-09-16.pdf. 

^ “Musicline.de – A1 Single-Chartverfolgung” (in German). Media Control Charts. PhonoNet GmbH. 2021年6月26日閲覧。

^ “The Irish Charts – Search Results – Take On Me”. Irish Singles Chart. 2021年6月26日閲覧。

^ “A1 – Take On Me” (オランダ語). Dutch Top 40. 2021年6月26日閲覧。

^ “Dutchcharts.nl – A1 – Take On Me” (in Dutch). Single Top 100. 2021年6月26日閲覧。

^ a b “Romanian Top 100: Top of the Year 2000” (ルーマニア語). Romanian Top 100. 2005年1月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年6月26日閲覧。

^ “Official Scottish Singles Sales Chart Top 100”. Scottish Singles Top 40. 2021年6月26日閲覧。

^ “Swedishcharts.com – A1 – Take On Me”. Singles Top 100. 2021年6月26日閲覧。

^ “Topp 20 Single Host 2000” (ノルウェー語). VG-lista. 2016年10月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年6月26日閲覧。

^ “Arslista Singlar – Ar 2000” (スウェーデン語). Sverigetopplistan. 2021年6月26日閲覧。

^ “Best Sellers of 2000: Singles Top 100”. Music Week: 25. (20 January 2001). 

^ “Norwegian single certifications – A1 – Take On Me” (Norwegian). IFPI Norway. 2021年6月26日閲覧。

^ “British single certifications – A1 – Take On Me”. British Phonographic Industry. 29 September 2000. 2021年6月26日閲覧。 Enter Take On Me in the field Keywords. Select Title in the field Search by. Select single in the field By Format. Select Silver in the field By Award. Click Search

^ “a-ha.com”. 2016年2月1日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2021年6月26日閲覧。

^ “’La La Land’ Features AAAS Alumnus D. A. Wallach”. aaas.fas.harvard.edu. 2021年6月26日閲覧。

^ La La Land: The Complete Musical Experience – Various Artists | Songs, Reviews, Credits – オールミュージック. 2021年6月26日閲覧。

^ Erlewine, Stephen Thomas. “Weezer [Teal Album] – Weezer | Songs, Reviews, Credits”. AllMusic. All Media Network. 2021年6月26日閲覧。

^ Lipshutz, Jason (2012年10月25日). “Pitbull and Christina Aguilera Sample A-ha’s ‘Take On Me’: Hear Song Snippet”. Billboard. Prometheus Global Media. 2013年1月10日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2021年7月21日閲覧。

参考文献[編集]
Fiske, John (1994). Reading the Popular. Routledge. ISBN 0-415-07875-X 
Keating, Jody; Pizer, Tom (2002). Inside Flash. New Riders. ISBN 0-7357-1105-4 関連項目[編集]
1985年のビルボード・ホット100による1位のシングル一覧
MTV外部リンク[編集]
TAKE ON ME a-ha 歌詞情報 – うたまっぷ典拠管理
MBW: 3ea9248d-d6dd-3dfa-b498-b9b2444bf3e2

「https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=テイク・オン・ミー&oldid=89992412」から取得
カテゴリ: 1984年のデビュー・シングル1985年のシングル1985年のビデオ・クリップ集実写とアニメーションが混在した作品ミュージック・ミームワーナー・ブラザース・レコードのシングルBillboard Hot 100 1位獲得作品1998年のシングル2000年のシングルエピック・レコードのシングル全英シングルチャート1位獲得作品楽曲 て隠しカテゴリ: MusicBrainz作品識別子が指定されている記事

評価: 4~5 つ星
レビュー: 6627
再生回数: 1243
[spincontent type=”j”]

Youtube

2. リール・ビッグ・フィッシュ take on me Yomiuri

Yomiuri
リール・ビッグ・フィッシュ take on me

説明: リール・ビッグ・フィッシュ take on me に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 リール・ビッグ・フィッシュ take on me は、読売で検索されたもので、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 7481
[spincontent type=”j”]

3. リール・ビッグ・フィッシュ take on me Asahi Shimbun

朝日新聞
リール・ビッグ・フィッシュ take on me

説明: 朝日新聞で検索した リール・ビッグ・フィッシュ take on me に関する上記の情報が、リール・ビッグ・フィッシュ take on me に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 60 52
[spincontent type=”j”]

4. リール・ビッグ・フィッシュ take on me The Japan Times

The Japan Times
リール・ビッグ・フィッシュ take on me

説明: ジャパン タイムズで検索した リール・ビッグ・フィッシュ take on me に関する記事のトップです。リール・ビッグ・フィッシュ take on me に関する疑問を解決するのに役立ちます。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 4820
[spincontent type=”j”]

5. リール・ビッグ・フィッシュ take on me Yomiuri Shimbun

読売新聞
リール・ビッグ・フィッシュ take on me

説明: リール・ビッグ・フィッシュ take on me に関する詳細情報はすでにありますか? リール・ビッグ・フィッシュ take on me という記事が読売新聞で検索されました。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 72 12
[spincontent type=”j”]

6. リール・ビッグ・フィッシュ take on me Mainichi Shimbun

毎日新聞
リール・ビッグ・フィッシュ take on me

説明: 毎日新聞で見つけた リール・ビッグ・フィッシュ take on me に関する上記の情報が、リール・ビッグ・フィッシュ take on me に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 7136
[spincontent type=”j”]

7. リール・ビッグ・フィッシュ take on me Sankei Shimbun

産経新聞
リール・ビッグ・フィッシュ take on me

説明: 産経新聞で検索した リール・ビッグ・フィッシュ take on me に関する記事のトップです。リール・ビッグ・フィッシュ take on me に関する疑問を解決するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 5888
[spincontent type=”j”]

8. リール・ビッグ・フィッシュ take on me Nihon Keizai Shimbun

日本経済新聞
リール・ビッグ・フィッシュ take on me

説明: リール・ビッグ・フィッシュ take on me に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 リール・ビッグ・フィッシュ take on me は、日本経済新聞で検索され、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 8779
[spincontent type=”j”]

9. リール・ビッグ・フィッシュ take on me Chunichi Shimbun

中日新聞
リール・ビッグ・フィッシュ take on me

説明: 中日新聞で検索した リール・ビッグ・フィッシュ take on me に関する上記の情報が、リール・ビッグ・フィッシュ take on me に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 5280
[spincontent type=”j”]

10. リール・ビッグ・フィッシュ take on me Tokyo Shimbun

東京新聞
リール・ビッグ・フィッシュ take on me

説明: リール・ビッグ・フィッシュ take on me に関する質問を解決するために、東京新聞で検索した リール・ビッグ・フィッシュ take on me に関する記事のトップです。
評価: 4~5 つ星
評価: 4778
[spincontent type=”j”]

11. リール・ビッグ・フィッシュ take on me Nihon Kogyo Simbun

日本工業新聞
リール・ビッグ・フィッシュ take on me

説明: リール・ビッグ・フィッシュ take on me に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 リール・ビッグ・フィッシュ take on me は日本工業新聞で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 8383
[spincontent type=”j”]

12. リール・ビッグ・フィッシュ take on me Nikkan Kogyo Shimbun

日刊工業新聞
リール・ビッグ・フィッシュ take on me

説明: 日刊工業新聞で見つけた リール・ビッグ・フィッシュ take on me に関する上記の情報が、リール・ビッグ・フィッシュ take on me に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 4596
[spincontent type=”j”]

13. リール・ビッグ・フィッシュ take on me Ainu Times

アイヌタイムス
リール・ビッグ・フィッシュ take on me

説明: アイヌ タイムズで検索した リール・ビッグ・フィッシュ take on me に関する記事のトップです。リール・ビッグ・フィッシュ take on me に関する質問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 81 17
[spincontent type=”j”]

14. リール・ビッグ・フィッシュ take on me Akita Sakigake Shimpo

秋田魁新報
リール・ビッグ・フィッシュ take on me

説明: リール・ビッグ・フィッシュ take on me に関する詳細情報はすでにありますか? リール・ビッグ・フィッシュ take on me という記事は、秋田魁新報で検索したものです。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 2283
[spincontent type=”j”]

15. リール・ビッグ・フィッシュ take on me Chiba Nippo

千葉日報
リール・ビッグ・フィッシュ take on me

説明: 千葉日報で検索した リール・ビッグ・フィッシュ take on me に関する上記の情報が、リール・ビッグ・フィッシュ take on me に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 9609
[spincontent type=”j”]

16. リール・ビッグ・フィッシュ take on me Chugoku Shimbun

中国新聞
リール・ビッグ・フィッシュ take on me

説明: 中国新聞で検索した リール・ビッグ・フィッシュ take on me に関する記事のトップです。リール・ビッグ・フィッシュ take on me に関する疑問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 5506
[spincontent type=”j”]

17. リール・ビッグ・フィッシュ take on me Daily Tohoku

デイリー東北
リール・ビッグ・フィッシュ take on me

説明: リール・ビッグ・フィッシュ take on me に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 リール・ビッグ・フィッシュ take on me はデイリー東北で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 1333
[spincontent type=”j”]

18. リール・ビッグ・フィッシュ take on me The Eastern Chronicle

イースタン クロニクル
リール・ビッグ・フィッシュ take on me

説明: イースタン クロニクルで検索した リール・ビッグ・フィッシュ take on me に関する上記の情報が、リール・ビッグ・フィッシュ take on me に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 9608
[spincontent type=”j”]

リール・ビッグ・フィッシュ take on me に関する質問

リール・ビッグ・フィッシュ take on me についてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。ご質問やご提案はすべて、次の記事の改善に役立てさせていただきます。

記事 リール・ビッグ・フィッシュ take on me は、私と私のチームがさまざまな情報源から編集したものです。 記事 リール・ビッグ・フィッシュ take on me が役に立った場合は、チームをサポートしてください。「いいね」または「共有」してください!

検索キーワード リール・ビッグ・フィッシュ take on me

リール・ビッグ・フィッシュ take on me
方法リール・ビッグ・フィッシュ take on me
チュートリアル リール・ビッグ・フィッシュ take on me
【キーワード】 無料

Có thể bạn quan tâm: