あなたは メルセデスベンツ sクラス 新型、v8ツインターボ搭載車を欧州設定…503馬力 について学んでいます。今日は、インターネット上の多くの情報源から私たちのチームが編集および編集した記事 メルセデスベンツ sクラス 新型、v8ツインターボ搭載車を欧州設定…503馬力 を共有します。 メルセデスベンツ sクラス 新型、v8ツインターボ搭載車を欧州設定…503馬力 に関するこの記事がお役に立てば幸いです。

Page Contents

メルセデスベンツ sクラス 新型、v8ツインターボ搭載車を欧州設定…503馬力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

.mw-parser-output .hatnotemargin:0.5em 0;padding:3px 2em;background-color:transparent;border-bottom:1px solid #a2a9b1;font-size:90%

この項目では、ドイツの自動車メーカーについて説明しています。
同社の日本法人については「BMW JAPAN」をご覧ください。
「BMW」のその他の用法については「BMW (曖昧さ回避)」をご覧ください。

「BNW」とは異なります。

BMWBayerische Motoren Werke AG

ドイツ、ミュンヘンのBMW本社ビルとBMW博物館(左下)種類
株式会社市場情報
FWB BMW
略称
BMW本社所在地
欧州連合 ドイツバイエルン州ミュンヘン設立
1916年業種
自動車製造業事業内容
乗用車の製造・販売等代表者
オリバー・ツィプセ(取締役会長)ノルベルト・ライトホーファー(監査役会会長)資本金
27,038 Million Euro(2011年12月31日時点)[1]売上高
€111.239 billion(2021年)[2]営業利益
€16.060 billion(2021年)[2]純利益
€12.463 billion(2021年)[2]純資産
€229.527 billion(2021年)[2]総資産
€229.527 billion(2021年)[2]従業員数
€75.132 billion(2021年)[2]決算期
12月末日主要子会社
ロールス・ロイスMINI関係する人物
グスタフ・オットーカール・ラップ(創業者)外部リンク
BMW GroupBMW Japanテンプレートを表示BMW(ビー・エム・ダブリュー、ドイツ語: Bayerische Motoren Werke AG[注釈 1]、バイエルン発動機製造株式会社)は、ドイツのバイエルン州ミュンヘンを拠点とする自動車および自動二輪車、エンジンメーカーである。
他にも、イギリスのロールス・ロイスとMINIの2社を傘下のカー・ブランドとして、BMW MとBMW Motorradを子会社として所有する。本社ビルはエンジンのシリンダーを模した円筒形を4つ組み合わせたような形をしており、フィーアツュリンダー(Vierzylinder)、英語でフォー・シリンダー(Four Cylinder)と呼ばれる。2020年3月より新エンブレムが発表され、そのエンブレムが公式となった。今までのエンブレムは、青と白の2色のバイエルン州の旗をモチーフにされていたが、今回のエンブレムはその白が切り取られ、ボディカラーに合わせることとなった。また、黒縁も無くなり、BMWの表記だけとなった。

概要[編集]
読み方について[編集]
1981年の日本法人BMW JAPAN設立により、日本における正式名称は英語読みの「ビー・エム・ダブリュー」となった[注釈 2]。なお、本国ドイツでは「ベー・エム・ヴェー」[注釈 3]と呼ばれており、メーカー公式ページで世界各国のBMWの発音動画を見ることが出来る[3]。以前は日本でもドイツ語読みであったため「ベー・エム・ヴェー」と読む傾向がある。
BMWの二輪車販売法人名「Motorrad」(→BMWモトラッド、wikt:Motorrad)は、日本では「モトラッド」と表記されているが、ドイツ語読みでは 「モト(ア)ラート 」である[4](モトラッドが Motorrad の英語読みからきているのか、バイエルンなまりがそう聞こえたからなのかについては議論がある)。

エンブレム[編集]
バイエルン州旗
1917年10月5日にロゴマークがドイツで商標登録された。1929年の広報広告より、以前の黒く縁取った円に白抜きの「BMW」を配し、中央の円の中を十字によって4等分し、点対称に青と白とに塗り分けたデザインである。過去に何度かBMWの字体とその位置が微妙に変わっているが、基本的に変更はない。
また同広告では円と十字は元航空機エンジンメーカーであったことにちなみプロペラを、青と白は白い雲と青い空をそれぞれイメージしていると説明され、以降2019年までの長きに渡ってプロペラ由来説が採用されていた。BMW JAPANでもロゴのプロペラ由来説を歴史ページに掲載していた。
しかし、BMWは2020年のエンブレム改訂の際、厳密にはBMWのロゴがプロペラに由来するという解釈は正解ではないとする見解を示した。だが一方で約90年にも渡りその説が信じられ、既成事実化しているため、BMWはプロペラ由来説もある意味では正当化されるようになったのも事実としている[5]。

製品の特徴[編集]
「キドニーグリル」も参照
キドニーグリル
フル4シーターの4ドアセダン車をメインに据えつつも、スポーティーな作りを心掛けているのが特徴である。駆動方式についてもフロントエンジン・リアドライブ方式(FR)の後輪駆動(もしくはFRベースの4WD)にこだわり、最近までBMWブランドでの前輪駆動(FF)車はなかったが、2シリーズアクティブツアラーが同社初のFF車としてラインナップに加わった。また、過去にもFF車の研究開発も行っており、その技術は同じグループ内のFF車、ローバー75やMINIで生かされている。また、直列6気筒へのこだわりも同社ならではである。他社が、縦置きと横置きの共通化、クラッシャブルゾーンと室内スペースの両立、エンジン重量といった面で有利なV型6気筒へ次々転換を進める中、あえて直列6気筒の振動特性やフィーリングにこだわり、上記のメリットを犠牲にしてまで同社製直列6気筒エンジンを搭載し続けており、このエンジン類を俗称として「シルキーシックス」と呼ぶ。この長いエンジンを納めるため、特に小型の車種では全長に対してボンネットが長めであり、他社にはない独特のプロポーションとなっている。
その他、フロントアクスルを前端寄りに、エンジン配置を可能な限り客室寄りに、バッテリーをトランクルームに配置するなど、前後の重量配分を50:50に近づける努力を続けており、さらに理想的な駆動のために縦置き搭載されるエンジン、スムーズで心地よい加速感が得られるトラクション性能、俊敏なハンドリングレスポンスなど、FR車の美点(コーポレートスローガンでもある「Freude am Fahren」。翻訳すると「運転する喜び」または「走る喜び」となり、BMW JAPANのスローガンも日本語で「駆けぬける歓び」)を追求し続けている。
デザインとしては、丸形四灯式(そもそもは二灯式+補助灯)のヘッドランプとキドニーグリル(kidney = 腎臓)と呼ばれる独特の形状をしたグリルをもつフロントマスクが特徴である。キドニーグリルは、1933年に発表された初のオリジナル車BMW 303から採用され、イソのライセンス生産車であるイセッタ、およびその派生車である600、同じく空冷フラットツイン リアエンジンの700、BMW 325(1937年 – 1940年)を除いた全てのモデルに使われている。北米市場向けにアルブレヒト・フォン・ゲルツがスタイリングした507は左右二分割のフロントグリルであるものの、低く、横長で、大きく意匠が異なる。
近年、デザインに大きな影響を与えた人物として、1992年から2009年までデザイン部門に在籍し、同部門のチーフを務めたアメリカ人デザイナークリス・バングルがいる。彼は1990年代を通じて徐々に、そして2000年代には大胆にデザインを先進的なものに変えていった。1990年代中期から後期にかけて登場したオープンカーZ3(E36/7)や第4世代5シリーズ(E39)、第4世代3シリーズ(E46)、初代X5シリーズ(E53)ではこれまでの路線を踏襲した比較的マイルドなデザインだったものの、2000年代に入ってからデザインされたフォーマルセダン第4世代7シリーズ(E65)では、フラッグシップモデルとしてあまりに先進的なデザインであったため、「バングルはBMWを潰すためにメルセデスが送り込んだ刺客だ」などの批判が、保守的なデザインを好むユーザーから数多く寄せられた。その後も、クリス・バングルはオープンカーZ4(E85)、第2世代6シリーズ(E63)、第5世代5シリーズ(E60)、第5世代3シリーズ(E90)と先進的なデザイン路線を推し進めていく(もっとも実際にはクリス・バングルが唯一人でデザインを行っていたわけではない。例えば第5世代3シリーズ(E90)の場合、エクステリア・デザインを永島譲二が手掛け、デザインの最終決定権をチーフデザイナーのクリス・バングルが受け持っていた。強いて云えば、近年のデザインコンセプトを統率していたのがクリス・バングルであった、といえよう)。結果的に、彼の推し進めた先進的なデザインは商業的に成功を収め、販売台数増加に貢献した。賛否両論はあったもののクリス・バングルはデザイナーとして評価を高めるとともに、その先進的なデザインセンスは他メーカーに大きな影響を与えた。
かつては車の性能向上により重きを置いていたため、最新の電気仕掛けや新機軸を好み、それが元でトラブルを起こしやすかった。また部品の信頼性に不安があり、部品の交換周期も短くかつそれが同じくドイツ車で同じような車種を出しているメルセデス・ベンツと比べてより高額で(メルセデス・ベンツは信頼性重視の姿勢が強く、得てして熟成した技術に重きを置き、保守的で故障しにくい車作りを好んだ)、業務用途では敬遠される傾向にある。例えばタクシーへの採用率ではメルセデス車(中でもEクラス)が圧倒的に多く、同社の採用は非常に少ない[注釈 4]。

二輪車[編集]
BMW最初の二輪車、R32
第一次世界大戦後に、オートバイ用エンジンの生産を始め、続いてオートバイ自体の生産を始めた[6]。
同社のオートバイブランドは、現在日本では「BMWモトラッド(ドイツ語読みではモトアラート、モトラート)」として知られる。「ヘリオス」と「フリンク」が失敗した後、最初の成功作R32の生産を1923年に始める。R32は空冷の「ボクサーツイン」(水平対向2気筒)エンジンを搭載し、縦置きエンジン配置により各シリンダーは車体の左右に突出している。
単気筒モデルは別として、1980年代前半までこの特有のレイアウトのみを使用した。現在でも多くのモデルが空冷ボクサーツインを搭載し、RシリーズおよびHPシリーズとして生産される。

F 650 GS Dakar (2004)
K1200GT
最後の「プランジャー」モデル、1955年型 R67/3
第二次世界大戦の間、サイドカー付きのR75を生産した。ユニークなデザインを特徴とするR75はツェンダップ・KS750のコピーであり、サイドカーも動力で駆動した。これは固定式ディファレンシャルで結合され、オフロードも容易に走行できた。第二次世界大戦中において同様に多用された車両はアメリカ軍のジープであった。
1982年、Kシリーズの生産が始まる。これは水冷の直列エンジン(3気筒または4気筒)を横向き縦置き(左右方向の水平シリンダーが前後に並ぶ)に搭載し、シャフトドライブで駆動した。間もなくチェーンドライブのFシリーズおよびGシリーズの生産が始まり、これらには単気筒ないし直列2気筒のロータックスエンジンが横置き搭載された。
1990年代初めに空冷ボクサーエンジンを改訂した。「オイルヘッド」として知られるようになるSOHC4バルブエンジンである。2002年にオイルヘッドエンジンには1気筒に2本のプラグが取り付けられるようになった。

R100GS パリダカール 前期型(1989–)
2004年にはバランサーシャフトが内蔵され、排気量も1,170ccまで増加、100 hp (75 kW)に強化されR1200GSに搭載された。これは前作のR1150GSの85 hp (63 kW)に比べ15馬力の増加であった。よりパワフルなオイルヘッドエンジンはR1100SとR1200Sに搭載され、それぞれ98 hp (73 kW)、122 hp (91 kW)を発揮する。
1980年代後半からオートバイにアンチロック・ブレーキ・システムを導入し、2006年以降のオートバイでは横滑り防止装置を導入した。
2004年、新型のK1200Sを発表した。これはウィリアムズF1チームと共に開発した167 hp (125 kW)を発揮する新型エンジンを横置き搭載し、前のモデルよりも軽量化された。電子的に調整可能な前後サスペンション、「デュオレバー」と呼ばれる新型フロントフォークと言った革新的技術も導入された。
オートバイ用サスペンションにおいても革新者である。彼らがいち早く採用したテレスコピック式のフロントサスペンションは、現在では他のほとんどのオートバイメーカーも採用している。彼らは続いてアールズフォークに切り替えた(1955年~1969年)。ほとんどの近代的な車種では、リアスイングアームは片持ち式である。いくつかの車種では1990年代初めから「テレレバー」と呼ばれるフロントフォークを採用している。これはアールズフォークに似ているが、制動の際にノーズダイブを劇的に抑制する。
2007年7月、イタリアのハスクバーナ・モーターサイクルを9,300万ユーロで買収する。BMWモトラッドとは別の会社としてハスクバーナを運営することを計画している。全ての開発、販売、生産活動拠点は元々の拠点であるヴァレーゼに留められた[7]。ハスクバーナはモトクロス、エンデューロ、およびスーパーモタードを継続して生産している。

モータースポーツ[編集]
他の欧州車メーカーと同様に、モータースポーツはBMWのアイデンティティの一部である。

ツーリングカーレース[編集]
M3 ドイツツーリングカー選手権(DTM) 1989年シリーズチャンピオンマシン
無敵艦隊時代の320si(2006年WTCC)
BMWの活動の中でも特に目立つのがツーリングカーレースで、シュニッツァー・モータースポーツやハーマンモータースポーツ、RBMなどのセミワークスチームを多数抱え、欧州ツーリングカー選手権(ETC/ETCC)や世界ツーリングカー選手権(WTC/WTCC)、ニュルブルクリンク24時間レースなどの主要レースに積極的に参戦した。
70年代のドイツレーシングカー選手権(DRM。後のDTM)では、2002tiや320i Turbo(E21)、3.0CSLでポルシェやフォードと熾烈な争いを繰り広げた。また同時期のETCではBMWはチャンピオン常連となり、1975~1983年まで9連覇を達成している。
グループA規定のディヴィジョン2でもM3が常勝マシンとして活躍。一度だけの開催のWTC(世界ツーリングカー選手権)ではドライバーズチャンピオンを獲得した。グループAを独自に改変した規定のDTM(ドイツツーリングカー選手権 第1期)時代でも1980年代から1990年代にかけて635CSiやM3(E30)でメルセデス・ベンツやフォード、アウディと激闘を繰り広げ、1994年まで参戦を続けた。
90年代以降ほとんどのメーカーがFFのセダンに傾倒する中、BMWはFRを貫いたことが幸いし、クラス2(スーパーツーリング)やスーパー2000規定下では唯一のFR勢として活躍。前輪にばかり負荷が集中するFFに対して、四輪に均等に負担がかかるFRは柔らかめのタイヤを用いることができた上に加速でも有利で、100kg近いウェイトを乗せられてもそこそこの強さを発揮し、プライベーターたちから愛された。スーパー2000規定の世界ツーリングカー選手権(WTCC)では、BMW Team UKが320i、320siを駆って参戦し、2005年(320i)、2006年(320si)、2007年(320si)と年間優勝を飾っている。またプライベーター向けトロフィーではチャンピオン常連であった。

シュニッツァーのM3クーペ(2013年DTM)
WTCCのワークス参戦から退いた後の2012年、M3 クーペ(レース用車両E92型M3 DTM)を駆って同シーズンよりDTM(ドイツツーリングカー選手権 第2期)へ参戦、いきなり初年度でシリーズチャンピオンを獲得した[8]。BMWはこの規定が終わる2020年まで撤退せず、最後まで残った唯一のメーカーであった。
グループGT3にはZ4やM6をプライベーターへ供給し、インターコンチネンタルGTチャレンジやニュルブルクリンク24時間、スパ・フランコルシャン24時間など世界中で活躍している。
一方でシュニッツァー、RBMとはコロナ禍の影響もあって2020年にワークス契約を終了した。

グッドスマイル 初音ミク Z4(2014年SUPER GT GT300クラス)
日本でのツーリングカーレースでも、やはりグループAやクラス2で「黒船」として活躍。特にJTCC(全日本ツーリングカー選手権)ではBMWが欧州からはるばるシュニッツァーを送り込むほどの気合の入れようだった(1994年チームズ、1995年ドライバーズ・チームズタイトル獲得)。また前身のJTCのディヴィジョン2は、M3の完全ワンメイクレースと化していた。
SUPER GTではE86型Z4にE39型M5用のV8 5.0Lエンジンを搭載し、2008年シーズンからSUPER GT・GT300クラスへStudie GLAD Racingとして参戦。しかし苦戦し、2009年末にチームオーナーのアドバンスステップが参戦継続を断念するが、メインスポンサーだったグッドスマイルレーシング(GSR、グッドスマイルカンパニーが母体)がオーナーとなって後を引き継いだ。同チームは2010年シーズンこそポルシェを採用したが、2011年シーズンから再びBMWチューナーStudieと手を組んでE89型Z4のGT3仕様を採用し、「GSR & Studie with TeamUKYO(グッドスマイルレーシング & スタディ with チーム右京)」として改めて参戦。第3戦での初優勝を皮切りに第6戦・第8戦でも勝利を収め、Z4はBMWマシン初のGT300クラスチャンピオンとなった。同チームはZ4 GT3で2014年にもチャンピオンを獲得し、初音ミクの痛車とともに名を馳せた。2022年現在はGSRと分離したStudieのみがM6 GT3を用いて参戦している。また一時期、ホンダ系チームのARTAがM6 GT3を繋ぎとして使っていたこともあった。

スポーツカー耐久[編集]
BMW・V12 LM(1998年ル・マン)
M8 GTE(2020年ロード・アトランタ)
1995年のBPRグローバルGTシリーズで2冠を獲得し、同年のル・マン24時間も関谷正徳らのドライブで総合優勝を果たしたマクラーレン・F1 GTRはBMWエンジンを搭載しており、その縁でシュニッツァーが1996年のBPRグローバルGTシリーズ、1997年のル・マン24時間とFIA-GT選手権(BRPの発展)において、同車でセミワークス活動を行っていたことがある。
1998年からはウィリアムズと組んでオープントップのプロトタイプレーシングカーであるBMW・V12 LMを開発し本格的に参戦。1999年には同車のアップデート版であるBMW・V12 LMRを走らせるシュニッツァーがBMW車として初の総合優勝を飾った。
その後本社はF1やWTCCへと転身するが、北米法人が耐久レースのロレックス・スポーツカー・シリーズ(グランダム)への大排気量エンジン供給を行った。2011・2013年にBMWエンジンを搭載したチップ・ガナッシ・レーシングのライリーがデイトナ24時間レースで総合優勝を飾った。また2009年からM3のGT2車両がレイホール・レターマン・レーシングによって用いられ、2011年のALMS(アメリカン・ル・マン・シリーズ)のチャンピオン、及びセブリング12時間レースの1-2フィニッシュを達成。2014年にグランダムとALMSが統合されてUSCC(ユナイテッド・スポーツカー選手権)となって以降もGTLM仕様のZ4、M6が特認車として参戦した。M6は2017年にプチ・ル・マンを含む4勝を挙げ、シリーズランキング2位を獲得した。
2018年には本社も正式に公認を得た[[BMW M8 GTE]でWEC(世界耐久選手権)、ル・マン、USCCへワークス参戦を開始。M8はその大きさから他のマシンが小さく見えると話題になった。しかしWECはマニュファクチャラーズ選手権は最下位で、レースでも1勝も挙げられないまま、わずか1年で撤退した。
2023年からはアウディから引き抜く形となったチームWRTとともに、LMDh規定のプロトタイプを北米へ投入する。

フォーミュラ[編集]
1983年ドライバーズチャンピオンのブラバム・BMW
BMWザウバー F1.08(2008年カナダGP)
1982年 – 1988年(1987~1988年はメガトロン名義)のF1世界選手権にエンジンサプライヤーとして参戦。直列4気筒ターボを供給した1982年の第8戦カナダグランプリで初優勝し、1983年にはネルソン・ピケがブラバム・BMW(BT52/BT52B)を駆ってドライバーズタイトルを獲得した。また同時期にはF1と並行して欧州F2選手権にもエンジン供給を行い、一時はBMWワンメイクに近い状態を構築した。
2000年からウィリアムズF1とのジョイント体制で、再びエンジンサプライヤーとして参戦。多くの優勝を飾ったが、組織的紛糾により徐々に下降戦を辿った。2006年からはザウバー・チームを買収し、BMWザウバーF1チームとしてフルワークス体制で参戦。2008年カナダグランプリでロバート・クビサが初優勝を飾ったが、2009年にリーマン・ショックで撤退したため、これがフルコンストラクターとしての唯一の優勝となった。なおザウバーは分配金の都合上、2010年も「BMWザウバー」を名乗り、これを小林可夢偉がドライブした。

詳細は「BMWザウバー」を参照
フォーミュラEには2014年の開幕からセーフティカーのi8を供給し、2016年からアンドレッティ・オートスポーツにパワートレインを供給。2019年にはフルワークス体制となり、初優勝を飾った。しかしチャンピオンにはなれず、2021年で撤退することとなった。
過去にはジュニアフォーミュラのフォーミュラ・BMWも開催していた。

ラリー[編集]
X-RaidのX3cc(2013年ダカール・ラリー)
ラリーにも古くから関わりがあり、1929年にインターナショナル・アルペンラリーで優勝をした記録がある。WRC(世界ラリー選手権)では創設当初のプロドライブがM3を用いて、グループA初期にツール・ド・コルスで総合優勝を果たしている。時は流れて2011年から2012年のWRカー時代にはMINIとして参戦。当初はプロドライブをワークスチームとしていたが、2012年2月には予算面での紛糾の末プロドライブをプライベーターに降格させ、代わりにモータースポーツイタリア(WRCチームMINIポルトガル)をワークスに昇格させることになった[9]。しかし結局「商業的に非常に困難な環境にある」ことを理由に、わずか2シーズンでワークス活動を終了した[10]。
ダカール・ラリーには、BMWの大株主であるヘルベルト・クヴァントの息子スヴェンが立ち上げたX-Raidの手により、2002年からX5ccで参戦。BMWの可変ツインターボは出力のみならず燃費にも優れ、2003、2004年にディーゼル車クラスで優勝を挙げた[11]。2006年にはX3ccへスイッチし、2008~2011年までのクロスカントリーラリー・ワールドカップを4連覇した。2011年にはX3ccを流用しつつMINIのカントリーマンをベースとする「ALL4 Racing」を参戦させ、2012〜2015年にダカールを4連覇し、常勝軍団として活躍。2022年現在もMINIが参戦中である。

二輪競技[編集]
フランスの耐久チームのS1000 RR(2011年)
二輪レースに関してはスーパーバイク/スーパーストックや世界耐久選手権といった、市販車ベースのレースを中心に活動している。2009年からスーパーバイク世界選手権にS1000RRを使用し、ワークス体制でフル参戦。4年目となる2012年第5戦ドニントン・パークラウンドのレース1で、念願の初優勝挙げている。同年に本社のワークスチームは撤退を発表したが、プライベーターへのサポート等は継続され、毎年どこかしらのチームが用いていた。2019年以降はワークスチームが復帰している。
マン島TTでは近年日本車勢に代わる活躍を見せており、故ジョイ・ダンロップの甥のマイケルが勝利を重ねている。BSB(ブリティッシュスーパーバイク選手権)では清成龍一がBMWで参戦していたことがある。
オフロードでも昔は強く、20世紀のパリ-ダカール・ラリーにおいて5度の総合優勝が記録されている。
市販車への還元を重視するというBMWモトラッドの理念から、プロトタイプマシンのロードレース世界選手権(MotoGP)では活動歴は少ないが、CRTルールで参戦するプライベートチームへのエンジン供給を2012年から行っていた。また同時に年間で最も予選で優秀だったライダーにBMWの四輪車を贈呈する、「BMW M アワード」も開催している。現在はエンジン供給は行われていないが、Mアワードは継続している。

沿革[編集]
R37(1924年モデル)
3/20 AM 4(1933年モデル)
328
502 V8スーパー
イセッタ
1916年 – グスタフ・オットーが航空機エンジンメーカーとしてバイエリッシェ・フルークツォイク・ヴェルケ株式会社(BFW AG、バイエルン航空機製造)設立。
1917年 – 社名をBMWに改称。エンジニアのマックス・フリッツを雇用し、その設計によりBMWとしての最初の航空機エンジン「タイプIIIa」を生産。
10月 – 回転するプロペラのエンブレムを帝国特許事務所に登録。
1920年 – エンジニアのマーティン・ストールがダグラス500のフラットツインエンジンを分解し研究した。この成果はモーターサイクル用エンジン、タイプ「M2B15」に結実、ニュルンベルクのビクトリアから受注した。
1922年 – 航空機の製造を禁止されタイプ「M2B15」を購入してモーターサイクル「ヘリオス」を生産していたバイエルン航空機製造会社(Bayerische Flugzeug Werke 、略称BFW)と合併しモーターサイクルメーカーとなった。社名は引き続きBMW。
1923年10月 – マックス・フリッツ設計によるモーターサイクル「R32」の製造を開始。
1926年 – 航空機製造部門をBFWとして分離(同社は1938年にメッサーシュミットと改称)。
1928年 – ゴータからアイゼナハ車両製作所を買収し、BMWアイゼナハ工場とする。
1929年 – 4輪車”3/15 PS”(BMW Dixi)の製造を開始。英国オースチン・セブンのライセンス生産。
1932年 – 自社開発4輪車”3/20 AM 1″の製造を開始。
1939年 – 世界初のジェット戦闘機、メッサーシュミット Me262用ジェットエンジン、BMW003開発開始。
1940年 – 戦闘機フォッケウルフ Fw190用エンジン、BMW801 の大量生産開始。
1942年 – BMW003開発。ただしさまざまな問題の解決にあまりにも長期間を要し、メッサーシュミット Me262には使用されなかった。後にハインケルHe162のエンジンとして採用されたが、問題はつきず実戦での実績はほとんどない。
1945年 – 連合国から第二次世界大戦中の航空機やロケットの生産を理由に3年間の操業停止処分を受ける。アイゼナハ工場はソ連の占領機関に接収される。
1948年 – 操業再開、単気筒2輪車R24を発売。アイゼナハ工場が東ドイツ国営企業のVEBアイゼナハとなりBMWブランドの車両を製造(1948-1951年)、BMWブランドが使えなくなるとのちEMW(1951-1953年)、そして最終的にAWE(1953-1991年)となった。
1951年 – 501にて戦後4輪車の製造を再開。
1955年 – イタリアのイソのマイクロカー・イセッタをライセンス生産し、発売する。
1959年 – 経営不振による倒産の危機。ダイムラー・ベンツによる吸収合併計画は、実業家ヘルベルト・クヴァントの増資により実行寸前に回避された。
1962年 – 小型乗用車1500を発売。モノコック構造のボディーを採用した。一足先に登場していたリアエンジン大衆車、700とこの1500の成功により経営は改善、販売規模が拡大する。
1965年 – BMWエンジン売却。以後25年間航空機エンジンの生産を中断。
1966年 – ジュネーブショーにてBMW1600-2を発表。これ以後、02シリーズを拡充していく。同年、ハンス・グラースを買収。ディンゴルフィンク工場の獲得を目的とし、一部車種はBMWにリブランドして継続する。
1971年 – BMW3.0CSを発表し、BMW特有のスポーツクーペを確立させる。
1972年 – 初代5シリーズ(モデルコードE12)を発表。
1973年 – BMWで初めてのターボチャージャーエンジン搭載、量産型市販車BMW2002ターボの生産開始。同年、南アフリカ・ロスリンに自動車工場を取得、ドイツ国外として初めての生産拠点となる。
1975年 – 初代3シリーズ(モデルコードE21)発表。
1976年 – 初代6シリーズ(モデルコードE24)発表。
1977年 – 初代7シリーズ(モデルコードE23)発表。
1981年 – 日本法人「ビー・エム・ダブリュー株式会社」(BMWジャパン)創設。
1990年 – イギリス、ロールス・ロイス社航空部門と提携しBMW-ロールス・ロイスを設立、航空機エンジン生産を再開。
1994年 – イギリス、ローバー・グループを買収。同年ロールス・ロイスの乗用車生産部門とも提携し、エンジンの供給を開始。同年、米国サウスカロライナ州・スパータンバーグ工場が創業。
1998年 – ヴィッカースよりロールス・ロイスを3億4,000万ポンドで買収することが決定するも後にフォルクスワーゲングループが買収することになり事態が混乱する。(ロールス・ロイスの項参照)
2000年 – ローバー・グループ内のブランドのうちMINI、ライレー、トライアンフを手元に残し、ランドローバーをアメリカのフォードに、ローバーやMGなど、残りの全てをイギリスの投資グループフェニックス・コンソーシアムに売却した。フェニックスはMGローバーを設立した(2005年に倒産)。
2001年 – 新生MINI発表。
2004年 – 中国・瀋陽の製造工場が操業開始。3シリーズ、5シリーズを生産。
2007年 – パキスタン・カラチに製造工場を開業。同年、ハスクバーナのオートバイ事業を買収。
2019年8月15日 – ハラルド・クルーガー(英語版)CEOが退任し、同16日に、オリバー・ツィプセがCEOに就任した[12]。
2020年3月4日 – ロゴエンブレムを一新。黒の部分が透明となる。経営状況[編集]
2011年通期の世界市場での販売実績はグループ全体として166万8982台、内訳はBMW138万384台、MINI28万5060台、ロールスロイス3538台、売上高は688億2100万ユーロ(2003年通期の世界市場での販売実績はグループ全体として110万4916台、売上高は415億2500万ユーロ)。
同族会社であり、株式の約47%がズザンネ・クラッテン、シュテファン・クヴァントら、ドイツ・クヴァント家により所有されている。経営は良好であり、過去40年以上赤字を出していないとも言われる。一方、傘下に収めた英国ローバー・グループの経営再建には失敗し、2000年、同グループは解体に至った。ランドローバーをフォードに譲渡、収益の見込めるMINIについては自社で継続所有、その他、ローバー、MGなどをたった10ポンドで英国の投資会社に売却したことは話題となった。
2011年からはトヨタ自動車と提携しており、燃料電池車やハイブリッドカー技術の提供を受ける代わり、ディーゼルエンジンやスポーツカー開発陣、カーボン技術などを提供している[13]。トヨタ・スープラ/BMW・Z4を共同開発して2019年に発売した。
生産拠点について、1970年代から稼動する南アフリカの工場のほか、近年はアメリカ、中国、パキスタンなど、ドイツ国外における展開に積極的である。Z4など一部車種の生産はカナダのマグナ・シュタイアに委託されている。

日本での販売[編集]
詳細は「BMW JAPAN」を参照
1981年(昭和56年)に発足した日本法人であるビー・エム・ダブリュー株式会社(通称・BMWジャパン)が、正規インポーターであるとともに、正規ディーラーの「BMW東京」を直接運営している。「BMW東京」による販売台数は日本国内販売の1割以上を占め、ドイツ国外では最大規模のカーディーラーとなっている。
BMWジャパンの発足以前には、バルコムトレーディングカンパニー(東京都千代田区)が正規インポーターであったが、1981年にドイツ本社が買収して現在のBMWジャパンに改組された。
BMW JAPANは、日本において自動車の輸入業務を外国メーカーの完全子会社が行うようになった嚆矢とされている。後に他の外国メーカーも相次いで日本法人を設立し、代理店が行っていた輸入業務を移管している(ただし、輸入業務からの撤退後も日本法人とディーラー契約を締結した上で、単なるディーラーに転換して事業を継続している社は存在する)。

乗用車[編集]
モデル一覧[編集]
エクステリア

シリーズ名

ボディ形状

クラスカテゴリー

1シリーズ

ハッチバック

コンパクトクラス

2シリーズ

クーペカブリオレ4ドアクーペMPV

コンパクトクラス

3シリーズ

セダンステーションワゴンハッチバック

ミドルクラス

4シリーズ

クーペカブリオレ4ドアクーペ

ミドルクラス

5シリーズ

セダンステーションワゴンハッチバック

アッパーミドルクラス

6シリーズ

クーペカブリオレ4ドアクーペハッチバック

ラグジュアリークラス

7シリーズ

セダンストレッチリムジン

ラグジュアリークラス

8シリーズ

クーペカブリオレ4ドアクーペ

ラグジュアリークラス

X1

SUV

コンパクトクラス

X2

SUVクーペ

コンパクトクラス

X3

SUV

ミドルクラス

X4

SUVクーペ

ミドルクラス

X5

SUV

アッパーミドルクラス

X6

SUVクーペ

アッパーミドルクラス

X7

SUV

ラグジュアリークラス

Z4

クーペクーペカブリオレロードスター

ミドルクラス

i3

ハッチバック

コンパクトクラス

i4

4ドアクーペ

ミドルクラス

iX3

SUV

ミドルクラス

iX

SUV

アッパーミドルクラス
Mモデル[編集]
BMW Mがチューニングした高性能スポーツモデル。

詳細は「BMW M」を参照
過去のモデル[編集]
イセッタ
501/502
503
507
600
700
1500/1600/1800/2000
1600-2(1602)/1802/2002/1502
2500/2800/3.0/3.3
Z1、Z3、Z8
M1
i8
1600GT
グラース3000V8
モデル名について[編集]
近年の生産モデル名は原則として318、525などの3桁の数字であらわされている。この3桁のモデル名は1972年発表の5シリーズからのネーミングである。3桁の最初の数字は車種区分を表し、奇数はセダン、ステーションワゴン、ハッチバック。偶数はクーペ、カブリオレ、ミニバンという法則となっている。かつては3シリーズ、5シリーズ、6シリーズ、7シリーズ、8シリーズのみであったが、現行では1シリーズ、2シリーズ、3シリーズ、4シリーズ、5シリーズ、6シリーズ、7シリーズ、8シリーズとなっている。
シリーズを表す最初の数字以下の2桁は、かつては排気量のヘクトリットル表記(2,500ccならば、○25)を表していた。しかし、現在では下2桁の数字は「数値が示す排気量並の出力を表す」ということになっており、表記と実際の排気量が異なっている例がある。
実際の排気量より小さい表記の例としてはE90型3シリーズの323iがある。
数字は323でも、実際の排気量は2.5Lであり、本来の排気量に沿った表記であれば325iとなるが、同じE90系に325iという名のモデルもあり、両車共に同じ2.5Lエンジンを搭載している。ただし、325iが出力160kWであるのに対し323iでは出力130kWであり、323iは325iに比べ若干ディチューンされたエンジンが搭載されている。1シリーズの118iと120iも同様の例であり、同排気量モデルに廉価版が設定される場合に実際よりも小さな数値のネーミングとなることが多い。
逆に実際の排気量よりも大きな数値になっている例もある。こちらは同排気量のモデルの高性能版としての位置付けであり、古くは初代7シリーズの735iと745iがあり、745iは、735iのターボモデルであった。現在では330iと335iがその関係に当たり、どちらも排気量3Lのガソリンエンジンであるが、330iが自然吸気で出力190kw、335iがツインスクロールターボで出力225kWとなっている。ディーゼルモデルでの同様の例が530dと535dである。どちらも同じ3Lディーゼルターボであるが、530dがシングルターボで出力170kW、535dがツインターボで出力200kWである。
また末尾のアルファベットは

i:ガソリンインジェクション仕様
d:ディーゼルインジェクション仕様
e:プラグインハイブリッドインジェクション仕様
L:ロングホイールベースモデル
h:水素エンジン仕様
x:四輪駆動モデル
ti:ツーリングインターナショナル。現行車種ではコンパクトボディ。
is、si:高性能ガソリンインジェクション仕様
C:クーペボディを意味している。
例: 530i → ボディサイズ5シリーズ、3L自然吸気エンジン相当の出力、インジェクション仕様
ただし、SAV(スポーツ・アクティブ・ヴィークル、クロスオーバーSUVの同社での呼称)やロードスターに関しては、
(アルファベット)+(1桁数字)-(排気量(L))の表記が用いられている。このアルファベットはボディタイプをあらわす。

X:四輪駆動クロスオーバーSUVタイプ
Z:ロードスター例: Z4 2.5i →ロードスター、排気量2.5L、ガソリンインジェクション仕様

二輪車[編集]
詳細は「BMWモトラッド」を参照

航空機用エンジン[編集]
BMWは第二次世界大戦でドイツ国防軍にオートバイと車両、そしてドイツ空軍には航空機用のエンジンを供給した。1945年までにBMW 801は30,000基以上が製造され、ジェットエンジンのBMW 003を始め、ロケット技術の研究も行った。戦時中に強制収容所にいた2万5,000人から3万人の捕虜を労働させたと言われている。終戦までにBMWの工場は爆撃を受け、東部ドイツの工場はソビエト連邦に占領された。

レシプロエンジン

BMW 132
ユンカース Ju52(第二次世界大戦時の輸送機)などに搭載
BMW 801
フォッケウルフ Fw190(第二次世界大戦時の戦闘機)などに搭載ジェットエンジン

BMW 003
ハインケルHe162(第二次世界大戦末期の戦闘機)などに搭載
不祥事・故障[編集]
「BMW_JAPAN#不祥事」も参照
出火問題[編集]
2018年、韓国でBMW車やミニクーパーが走行中に炎上する事故が頻発した。これにより、BMWの対応と韓国の国土交通部が事態を拡大させたとの批判を受けた。安全点検後にも韓国で火災が起きていることから、点検自体への疑問の声が上がった[14][15][16][17][18][19]。更に、BMW本社がリスク報告を無視していたことも発覚した[20]。火災事故が相次いで発生したことにより、韓国ではBMW全車種の入場を拒否する駐車場や、別途BMW専用駐車区画を指定して他車から隔離する駐車場が続出した[21]。BMWは火災が多発した原因をディーゼルエンジンのEGRモジュールの欠陥だと認め[22]、10万台を超えるリコールを行うことが決まったが[23]、集団訴訟に発展した[24]。これに伴い、欧州でも同様に32万4千台のリコール[25]、日本においても3万9716台のリコールが届け出された[26]。

人とサルを用いた排気ガス吸引実験[編集]
BMW、フォルクスワーゲン、ダイムラーの3社が出資する研究団体「輸送セクターにおける環境と健康についての欧州研究グループ(EUGT)」は、ディーゼルエンジンの排気ガス吸引の影響を調べるため、2013年から2014年にかけて健康な25人を対象に、窒素酸化物を含む排気ガスを吸引させる実験をドイツ国内で行なった[27]。また、2014年にはアメリカで、気密室に入れたサル10匹にフォルクスワーゲン車から出る排気ガスを吸引させる実験を行なった[27]。2018年にこうした吸引実験の存在が報道されると非難が殺到し、アンゲラ・メルケル首相は「倫理上正当化のしようがない」と強く批判した[27]。

その他[編集]
ヴィッテルスバッハ家の末裔バイエルン侯プリンツ・レオポルト・ヴィッテルスバッハ・フォン・バイエルンは度々同社のレーシングドライバーとして活躍している。
大阪府堺市には「カメラのドイ」創業者土居君雄が、新婚時代に堺市(西区浜寺)にて生活していたゆかりで、夫人・満里恵からコレクションしていた約50台のBMWが寄贈され、財団法人 堺市文化振興財団の手によって保存されている。
1951年から1953年まで、似たような名称の「EMW」があった。EMWは、旧東ドイツのEisenacher Motorenwerk(アイゼナッハ発動機工場)の略で、旧東欧圏でのヒット車となるヴァルトブルクを製造するVEBアウトモビルヴェルク・アイゼナハ社(VEB Automobilwerk Eisenach 、AWE)の前身である。
クリス・バングルが率いていた当時のデザイン部門は、ミュージックマンが発売しているエレクトリックベース、「ボンゴ」のデザインなど、異業種へのデザイン供給を行った実績がある。

参考[編集]
ギュンター・クヴァント – クヴァント家の先代当主。ナチスとの親密な関係により莫大な資財を築いた。
ヘルベルト・クヴァント – 1959年、経営危機によりダイムラー・ベンツに買収される寸前だったBMWを救済した。関連会社[編集]
BMW M
BMWザウバーF1
アルピナ
ACシュニッツァー
ハーマンモータースポーツ
ハスクバーナ
ハルトゲ技術[編集]
バルブトロニックその他[編集]
ボンドカー
ハ9 (エンジン) – BMW IVに続き、BMW VIを川崎航空機でライセンス生産したもの。脚注[編集]
[脚注の使い方]注釈[編集]

^ 発音:「バイエリシェ モトーレン ヴェルケ」

^ もっとも、それ以前から岡崎宏司などは率先して英語読みをしていた。なお、英語で社名を表記した場合もBMW(Bavaria Motor Works)と略される。

^ ドイツ語発音: [ˈbeː ɛm veː]

^ 欧州のタクシーは個人経営であり、車両選びも事業者自身の責任となる。

出典[編集]

^ BMW Group>Investor Relations>Financial Reports>Annual Report 2011>78Page>Balance Sheets for Group and Segments>Equity attributable to shareholders of BMW AG

^ a b c d e f “BMW Group Report 2021”. BMW. pp. 9, 10, 105, 152. 2022年3月27日閲覧。

^ “How to pronouce BMW the right way | BMW.com” (英語). www.bmw.com. 2020年5月29日閲覧。

^ ドイツ車マニアのためのドイツ語講座 [ドイツ語] All About、2017年7月15日閲覧。

^ BMWロゴの意味とは BMW公式サイト日本語

^ Peter Gantriis, Henry Von Wartenberg. “The Art of BMW: 85 Years of Motorcycling Excellence”. MotorBooks International, Sep. 2008, p. 10.

^ BMW Buys Husqvarna From MV Agusta roadracingworld.com retrieved on 30 September 2007

^ BMW M3に DTMレーサー…第1号車を公開 – response.jp・2012年2月3日

^ MINI、WRC参戦の新体制を発表…プロドライブはプライベーターに – Response・2012年2月7日

^ MINI、WRC 撤退へ…年内にワークス活動を終了 – Response・2012年10月13日

^ X3, X5, X-Raid: Conquering The Dakar Rally

^ “ROUNDUP 2: Neuer BMW-Chef Zipse spornt Mitarbeiter an” (2019年8月16日). 2020年1月4日閲覧。

^ トヨタとBMW、提携拡大の行く先WEB RONZA 2012年7月11日

^ [1] BMWの出火事故が相次ぐ韓国 政府が所有者に対し運転自粛を勧告

^ [2] 韓国でBMW車両が火災を起こす事故が相次ぐ 政府の対応に批判

^ [3] 韓国で火災相次ぐBMW、 ミニクーパーでも出火=ネットから不満続出.

^ [4] BMW出火、韓国だけ相次ぐ 政府「最大限運転控えて」

^ [5] 韓国で安全点検後に火災、BMW車の信頼性に疑問の声

^ [6] 安全診断受けたBMW車両からも出火…国土部「民官合同精密調査」

^ [7] 韓国だけで相次ぐBMW火災、ドイツ本社がリスク報告を黙殺していた …

^ [8] 「BMWは別に駐車してください」

^ [9] BMW、「火災」欠陥認める…「中古車価格全額を補償」=韓国

^ [10] 韓国でBMW10万台超リコール

^ [11] 【電子版】韓国BMW車出火、集団訴訟に発展 「リコールでは不十分」と賠償 …

^ “BMW、欧州で32万4000台リコールへ 韓国の出火事故で=現地紙”. ロイター. (2018年8月8日). https://jp.reuters.com/article/bmw-recall-idJPKBN1KS2K8 2020年6月24日閲覧。 

^ “BMWディーゼルモデル、日本でも3万9000台をリコール 韓国で火災事故相次ぐ”. Response.. (2018年8月31日). https://response.jp/article/2018/08/31/313540.html 2020年6月24日閲覧。 

^ a b c “人とサルで排ガス吸引実験、独自動車3社に非難集中”. フランス通信社. 2021年10月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年1月15日閲覧。

関連項目[編集]
BMWヴェルト
BMWのエンジン型式一覧
ドイツ車
ユーロNCAP
フォーミュラ・BMW
BMW選手権・BMW PGA選手権・BMW女子選手権・BMWインターナショナル・オープン・BMWマスターズ
BMWヴェルト外部リンク[編集]

ウィキメディア・コモンズには、BMWに関連するカテゴリがあります。BMW JAPAN
BMW Japan (bmwjapan) – Facebook
BMW Japan (@bmwjapan) – Twitter
BMW Japan (@bmwjapan) – Instagram
BMW Japan – YouTubeチャンネル
BMW Motorrad Japan
BMW Motorrad Japan (BMWMotorrad.Japan) – Facebook
BMW Motorrad Japan (@BMWMotorradJPN) – Twitter
BMW Motorrad Japan (@bmwmotorradjapan) – Instagram
BMW Motorrad Japan – YouTubeチャンネル
Bayerische Motoren Werke AG グローバルサイト(英語)(ドイツ語)
BMW M(英語)
BMW Motorsport(英語)
BMW Welt, Museum und Werk(英語)(ドイツ語).mw-parser-output .asboxposition:relative;overflow:hidden.mw-parser-output .asbox tablebackground:transparent.mw-parser-output .asbox pmargin:0.mw-parser-output .asbox p+pmargin-top:0.25em.mw-parser-output .asboxfont-size:90%.mw-parser-output .asbox-notefont-size:90%.mw-parser-output .asbox .navbarposition:absolute;top:-0.75em;right:1em;display:none
この項目は、自動車に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(自動車ポータル/自動車PJ/乗用車PJ)。
表・話・編・歴BMW ロードカータイムライン 1950年代-1980年代 Next –
タイプ

シリーズ

1950年代

1960年代

1970年代

1980年代
0
1
2
3
4
5
6
7
8
9

0
1
2
3
4
5
6
7
8
9

0
1
2
3
4
5
6
7
8
9

0
1
2
3
4
5
バブルカー

イセッタ

大衆車

600

700

セダン

小型車

02シリーズ

3シリーズ(E21)

E30
中型車

ノイエ・クラッセ

5シリーズ(E12)

E28
大型車

501/502

2600/3200

E3

7シリーズ(E23)
クーペ

503

3200CS

BMW・2000C/2000CS

E9

6シリーズ(E24)
ロードスター

507

Mモデル

M1

M1(E26)

– 以前の車種表・話・編・歴BMW ロードカータイムライン 1980年以降
タイプ

シリーズ

1980年代

1990年代

2000年代

2010年代

2020年代
0
1
2
3
4
5
6
7
8
9

0
1
2
3
4
5
6
7
8
9

0
1
2
3
4
5
6
7
8
9

0
1
2
3
4
5
6
7
8
9

0
1
2
3
4
5
6
7
8
9
i

i3

I01

i8

I12

ミニバン

2・アクティブツアラーグランツアラー

F45/F46

ハッチバック

ミニ

R50/R53

R56

F55/F56

1

E81/E87

F20/F21

F40

ハッチバックセダン

3

E36/5

E46/5

セダン

1

F52

3

E21

E30

E36

E46

E90

F30

G20

5

E12

E28

E34

E39

E60

F10

G30

7

E23

E32

E38

E65/E66/E67/E68

F01/F02

G11/G12

ステーションワゴン

ミニ

R55

F54

3

E30

E36

E46

E91

F31

G21

5

E34

E39

E61

F11

G31

GT

3

F34

5

F07

6

G32

2ドアクーペ

Z

E36/8(Z3)

E86(Z4)

1

E82

2

F22

3

E30

E36

E46

E92

4

F32

G22

6

E24

E63

F13

8

E31

G15

4ドアクーペ

2

F44

4

F36

G26

6

F06

8

G16

カブリオレ

ミニ

R52

R57

F57

1

E87

2

F23

3

E21

E30

E36

E46

E93

4

F33

G23

6

E64

F12

8

G14

ロードスター

Z

E30(Z1)

E36/7(Z3)

E85(Z4)

E89(Z4)

G29(Z4)

スーパーカー

E26 (M1)

E31 (8シリーズ)

E52 (Z8)

SUV

ミニ

R60/R61

F60

X1

E84

F48/F49

X2

F39

X3

E83

F25

G01

X4

F26

G02

X5

E53

E70

F15

G05

X6

E71/E72

F16

G06

X7

G07

M

M2クーペ

F87

M3セダン

E90

F80

G80

M3クーペ

E30

E36

E46

E92

M4クーペ

F82

G82

M4カブリオレ

F83

G83

M5

E34

E39

E60

F10

F90

M6クーペ

E24

E63

F13

M6カブリオレ

E64

F12

M6グランクーペ

F06

M8クーペ

F92

M8カブリオレ

F91

M8グランクーペ

F93

Mロードスター

E36/7 (Z3)

E85 (Z4)

Mクーペ

E36/8 (Z3)

E86 (Z4)

X3M

F97

X4M

F98

X5M

E70

F85

F95

X6M

E71

F86

F96

表話編歴BMWモトラッドのオートバイの車種Fシリーズ
BMW・F650GS(英語版)
BMW・F650CS(英語版)
BMW・F700GS(英語版)
BMW・F800GS(英語版)
BMW・F800GT(英語版)
BMW・F800R(英語版)
BMW・F800S(英語版)
BMW・F800ST(英語版)Gシリーズ
BMW・G450X
BMW・G650X(英語版)
BMW・G650GS(英語版)Kシリーズ
K1
K75
K100
K1100
K1200
K1300
K1600Rシリーズ
BMW・R2(英語版)
BMW・R27(英語版)
BMW・R32(英語版)
BMW・R51/3(英語版)
BMW・R60/2(英語版)
BMW・R65(英語版)
BMW・R68(英語版)
BMW・R69S(英語版)
R75
BMW・R80G/S(英語版)
BMW・R90S(英語版)
BMW・R1100RS(英語版)
BMW・R1100GS(英語版)
BMW・R1150GS(英語版)
BMW・R1150R(英語版)
BMW・R1200C(英語版)
BMW・R1200GS(英語版)
BMW・R1200R(英語版)
BMW・R1200RT(英語版)
BMW・R1200ST(英語版)その他
C1
BMW・C600(英語版)
BMW・C650GT(英語版)
BMW・GS(英語版)
BMW・HP2エンデューロ(英語版)
S1000RR/R・HP4
カテゴリ
表話編歴 DAX 40 構成銘柄(2022年9月19日入替時点)   → MDAX 50
リンデ(LIN)
SAP(SAP)
シーメンス(SIE)
アリアンツ(ALV)
ドイツテレコム(DTE)
エアバス(AIR)
バイエル(BAYN)
メルセデス・ベンツ・グループ(MBG)
BASF(BAS)
ミュンヘン再保険(MUV2)
ドイツポスト(DPW)
インフィニオン・テクノロジーズ(IFX)
ドイツ取引所(DB1)
フォルクスワーゲン 優先株(VOW3)
RWE(RWE)
BMW(BMW)
アディダス(ADS)
メルク(MRK)
ドイツ銀行(DBK)
E.ON(EOAN)
ヴォノヴィア(VNA)
シムライズ(SY1)
シーメンスヘルシニアーズ(SHL)
ダイムラー・トラック・ホールディング(DTG)
ヘンケル 優先株(HEN3)
フレゼニウス(FRE)
ポルシェ・オートモービル・ホールディング 優先株(PAH3)
バイヤスドルフ(BEI)
ブレンターク(BNR)
キアゲン(QIA)
ハノーバー再保険(HNR1)
ザルトリウス 優先株(SRT)
MTUエアロ・エンジンズ(MTX)
フレゼニウス・メディカルケア(FME)
ハイデルベルクセメント(HEI)
コンチネンタル(CON)
プーマ(PUM)
コベストロ(1COV)
シーメンス・エナジー(ENR)
ザランド(ZAL)
銘柄入替日時点でのウェイト順
緑字は2022年9月19日入替銘柄
表話編歴 ユーロ・ストックス 50 構成銘柄(2022年9月19日入替時点)
ASMLホールディング (ASML)
モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン (MC)
リンデ (LIN)
トタルエナジーズ (TTE)
サノフィ (SAN)
SAP (SAP)
ロレアル (OR)
シーメンス (SIE)
アリアンツ (ALV)
シュナイダーエレクトリック (SU)
ドイツテレコム (DTE)
エア・リキード (AI)
イベルドローラ (IBE)
BNPパリバ (BNP)
エアバス (AIR)
ヴァンシ (DG)
バイエル (BAYN)
アクサ (CS)
プロサス (PRX)
メルセデス・ベンツ・グループ (MBG)
サンタンデール銀行 (SAN)
エシロールルックスオティカ (EL)
アンハイザー・ブッシュ・インベブ (ABI)
エルメス・インターナショナル (RMS)
エネル (ENEL)
BASF (BAS)
ペルノ・リカール (RI)
Adyen (ADYEN)
サフラン (SAF)
INGグループ (INGA)
ミュンヘン再保険 (MUV2)
ケリング (KER)
インテーザ・サンパオロ (ISP)
ノルデア銀行 (NDA FI)
ドイツポスト (DPW)
ドイツ取引所 (DB1)
ダノン (BN)
インフィニオン・テクノロジーズ (IFX)
ステランティス (STLA)
フォルクスワーゲン 優先株 (VOW3)
ビルバオ・ビスカヤ・アルヘンタリア銀行(BBVA)
Eni (ENI)
アホールド・デレーズ (AD)
CRH (CRG)
インディテックス (ITX)
ノキア (NOKIA)
BMW (BMW)
アディダス (ADS)
フラッター・エンターテインメント (FLTR)
ヴォノヴィア (VNA)
銘柄入替日時点でのウェイト順
緑字は2022年9月19日入替銘柄
表話編歴 STOXX 600 構成銘柄(2022年9月19日入替時点)金融Financials
銀行Banks
HSBCホールディングス(HSBA)
BNPパリバ(BNP)
サンタンデール銀行(SAN)
ロイズ・バンキング・グループ(LLOY)
INGグループ(INGA)
インテーザ・サンパオロ(ISP)
ノルデア銀行(NDASE)
ビルバオ・ビスカヤ・アルヘンタリア銀行(BBVA)
バークレイズ(BARC)
ウニクレディト(UCG)
ソシエテ・ジェネラル(GLE)
ドイツ銀行(DBK)
スカンジナビスカ・エンスキルダ・バンケン クラスA(SEB A)
スタンダードチャータード銀行(STAN)
DNB(DNB)
カイシャバンク(CABK)
ナットウエスト・グループ(NWG)
KBCグループ(KBC)
スベンスカ・ハンデルスバンケン クラスA(SHB A)
スウェドバンク クラスA(SWED A)
クレディ・アグリコル(ACA)
ダンスケ銀行(DANSKE)
エルステ・グループ・バンク(EBS)
コメルツ銀行(CBK)
アイルランド銀行(BIRG)
ABNアムロ・グループ(ABN)
PKOバンク・ポルスキ(PKO)
サバデル銀行(SAB)金融サービスFinancialServices
UBSグループ(UBSG)
ドイツ取引所(DB1)
ロンドン証券取引所グループ(LSE)
インベストール クラスB(INVE B)
パートナーズ・グループ・ホールディング(PGHN)
EQT(EQT)
クレディ・スイス・グループ(CSGN)
スリーアイ・グループ(III)
ジュリアス・ベア・グループ(BAER)
エクソール(EXO)
グループ・ブリュッセル・ランバート(GBLB)
ユーロネクスト(ENX)
シュローダー(SDR)
アバディーン(ABDN)保険Insurance
アリアンツ(ALV)
チューリッヒ保険グループ(ZURN)
アクサ(CS)
ミュンヘン再保険(MUV2)
プルーデンシャル(PRU)
スイス・リー(SREN)
サンポ(SAMPO)
リーガル&ジェネラル・グループ(LGEN)
スイス・ライフ・ホールディング(SLHN)
ゼネラリ保険(G)
アビバ(AV)
NNグループ(NN)
ハノーバー再保険(HNR1)
エイゴン(AGN)
アジアス(AGS)
ポステ・イタリアーネ(PST)
ストアブランド(STB)
スコール(SCR)
ヘルスケアHealth Care
ロシュ・ホールディング(ROG)
ノバルティス(NOVN)
アストラゼネカ(AZN)
ノボノルディスク クラスB(NOVOB)
サノフィ(SAN)
グラクソ・スミスクライン(GSK)
バイエル(BAYN)
エシロールルックスオティカ(EL)
ロンザグループ(LONN)
アルコン(ALC)
ジェンマブ(GEN)
メルク(MRK)
アルジェニクス(ARGX)
ヘイリオン(HLN)
フィリップス(PHIA)
コロプラスト クラスB(COLOB)
シーメンスヘルシニアーズ(SHL)
ソノヴァ・ホールディング(SOON)
ストローマン(STMN)
ノボザイムズ クラスB(NZYMB)
スミス・アンド・ネフュー(SN)
フレゼニウス(FRE)
キアゲン(QIA)
ザルトリウス 優先株(SRT)
UCB(UCB)
ユーロフィン・サイエンティフィック(ERF)
ザルトリウス・ステディム・バイオテック(DIM)
フレゼニウス・メディカルケア(FME)
クリスチャン・ハンセン・ホールディングス(CHR)
テカングループ(TECN)
ビオメリュー(BIM)
カールツァイスメディテック(AFX)
スウェディッシュ・オーファン・バイオビトラム(SOBI)
ゲティンゲ クラスB(GETI B)
イプセン(IPN)
グリフォルス クラスA(GRF)
GN(GN)
デマント(DEMANT)
アンブ クラスB(AMBU B)資本財Industrials
資本財・サービスIndustrialGoods& Services
シーメンス(SIE)
シュナイダーエレクトリック(SU)
エアバス(AIR)
ABB(ABBN)
Adyen(ADYEN)
サフラン(SAF)
ドイツポスト(DPW)
エクスペリアン(EXPN)
BAEシステムズ(BA)
アトラスコプコ クラスA(ATCO A)
DSVパナルピナ(DSV)
ボルボ クラスB(VOLV B)
ファーガソン(FERG)
アシュテッド・グループ(AHT)
ルグラン(LR)
コネ(KNEBV)
テレパフォーマンス(TEP)
サンドビック(SAND)
SGS(SGSN)
エデンレッド(EDEN)
キューネ・アンド・ナーゲル(KNIN)
タレス(HO)
CNHインダストリアル(CNHI)
ダイムラー・トラック・ホールディング(DTG)
アトランティア(ATL)
レントキル・イニシャル(RTO)
ワールドライン(WLN)
バンズル(BNZL)
A.P. モラー・マースク クラスB(MAERSKB)
エピロック クラスA(EPI A)
プリズミアン(PRY)
Aena(AENA)
スパイラックス・サーコ・エンジニアリング(SPX)
MTUエアロ・エンジンズ(MTX)
シググループ(SIGN)
モンディ(MNDI)
アルファ・ラバル(ALFA)
ロールス・ロイス・ホールディングス(RR)
インターテック・グループ(ITRK)
ゲットリンク(GET)
ビューローベリタス(BVI)
シンドラーグループ 参加証券(SCHP)
ラインメタル(RHM)
スミスグループ(SMIN)
VATグループ(VACN)
アルストム(ALO)
ランスタッド(RAND)
メッツォ・オートテック(METSO)
アデコ(ADEN)
GEAグループ(G1A)
トレルボルグ(TREL B)
メルローズ・インダストリーズ(MRO)
トムラ・システムズ(TOM)
ジョージフィッシャー(FI.N)
バルメット(VALMT)
バルチラ(WRTBV)
ADPグループ(ADP)
IMI(IMI)
レオナルド(LDO)
チューリッヒ空港(FHZN)
クノールレムゼ(KBX)
DKSHホールディング(DKSH)
ネクサンス(NEX)
SAAB クラスB(SAAB B)
ティッセンクルップ(TKA)
ヘイズ(HAS)
ラショナル(RAA)
ロイヤルメール(RMG)建設・資材Construction& Materials
ヴァンシ(DG)
シーカ(SIKA)
CRH(CRG)
ホルシム(HOLN)
サンゴバン(SGO)
アッサ・アブロイ クラスB(ASSA B)
ゲベリット(GEBN)
フェロビアル(FER)
エファージュ(FGR)
ブイグ(EN)
ハイデルベルクセメント(HEI)
ACS(ACS)
アクシオナ(ANA)
シグニファイ(LIGHT)
生活必需品ConsumerStaples
食品飲料・タバコFood Beverage& Tobacco
ネスレ(NESN)
ディアジオ(DGE)
ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BATS)
アンハイザー・ブッシュ・インベブ(ABI)
ペルノ・リカール(RI)
ダノン(BN)
DSM(DSM)
ハイネケン(HEIA)
インペリアル・ブランズ(IMB)
ケリー・グループ(KRZ)
カールスバーグ クラスB(CARL B)
リンツ&シュプルングリー 登録株(LISN)
モウイ(MOWI)
ハイネケン・ホールディング(HEIO)
バリーカレボー(BARN)
アソシエイテッド・ブリティッシュ・フーズ(ABF)
レミーコアントロー(RCO)
ロータス・ベーカリーズ(LOTB)パーソナルケア・食品小売Personal Care Drug& Grocery Stores
ユニリーバ(ULVR)
レキットベンキーザー・グループ(RB)
アホールド・デレーズ(AD)
テスコ(TSCO)
エシティ クラスB(ESSITY B)
バイヤスドルフ(BEI)
カルフール(CA)
オカド・グループ(OCDO)
ハローフレッシュ(HFG)
J.セインズベリー(SBRY)
一般消費財ConsumerDiscretionary
消費財・サービスConsumer Products& Services
モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン(MC)
ロレアル(OR)
リシュモン(CFR)
エルメス・インターナショナル(RMS)
コンパス・グループ(CPG)
ケリング(KER)
アディダス(ADS)
ヘンケル 優先株(HEN3)
モンクレール(MONC)
バーバリー・グループ(BRBY)
スウォッチ・グループ 無記名株(UHR)
プーマ(PUM)
パンドラ(PNDORA)
パーシモン(PSN)
デリバリーヒーロー(DHER)
ユービーアイソフト(UBI)
ヒューゴ・ボス(BOSS)
クリスチャン・ディオール(CDI)
ゲームズワークショップ(GAW)
エレクトロラックス クラスB(ELUX B)
ハスクバーナ クラスB(HUSQ B)
スーリーグループ(THULE)
グループセブ(SK)自動車・自動車部品Automobiles& Parts
メルセデス・ベンツ・グループ(MBG)
ステランティス (STLA)
フォルクスワーゲン 優先株(VOW3)
BMW(BMW)
フェラーリ(RACE)
ミシュラン(ML)
ポルシェ・オートモービル・ホールディング 優先株(PAH3)
ルノー(RNO)
コンチネンタル(CON)
ヴァレオ (FR)
ボルボ・カーズ クラスB(VOLCAR B)
フォルシア(EO)メディアMedia
レレックス・グループ(REL)
ウォルターズ・クルワー(WKL)
ユニバーサル ミュージック グループ (UMG)
ピュブリシス・グループ(PUB)
WPP(WPP)
インフォーマ(INF)
ピアソン(PSO)
ヴィヴェンディ(VIV)小売Retail
インディテックス(ITX)
ネクスト(NXT)
H&M クラスB(HM B)
キングフィッシャー(KGF)
ザランド(ZAL)
B&Mリテール(BME)
マークス&スペンサー(MKS)旅行・娯楽Travel & Leisure
フラッター・エンターテインメント(FLTR)
エボリューションゲーミング・グループ(EVO)
インターコンチネンタルホテルズグループ(IHG)
ソデクソ(SW)
ライアンエアー・ホールディングス(RY4C)
ウィットブレッド(WTB)
アコー (AC)
ルフトハンザドイツ航空(LHA)
フランセーズ・デ・ジュー(FDJ)
インターナショナル・エアラインズ・グループ(IAG)
トゥイ(TUI)
素材Materials
化学Chemicals
リンデ(LIN)
エア・リキード(AI)
BASF(BAS)
ジボダン(GIVN)
シムライズ(SY1)
アクゾノーベル(AKZA)
クローダ・インターナショナル(CRDA)
ブレンターク(BNR)
IMCD(IMCD)
ヤラ・インターナショナル(YAR)
ユミコア(UMI)
ソルベイ (SOLB)
コベストロ(1COV)
アルケマ(AKE)
エムスケミー・ホールディング(EMSN)
ジョンソン・マッセイ(JMAT)
クラリアント(CLN)
エボニック・インダストリーズ(EVK)
ランクセス(LXS)
ビクトレックス(VCT)基礎素材Basic Resources
グレンコア(GLEN)
リオ・ティント(RIO)
アングロ・アメリカン(AAL)
UPM(UPM)
アルセロール・ミッタル(MT)
ストラ・エンソ(STERV)
ノルスク・ハイドロ(NHY)
スベンスカ・セルローサ クラスB(SCA B)
SKF クラスB(SKF B)
SSAB クラスB(SSAB B)
テクノロジーTechnology
ASMLホールディング(ASML)
SAP(SAP)
プロサス(PRX)
インフィニオン・テクノロジーズ(IFX)
キャップジェミニ(CAP)
ダッソー・システムズ(DSY)
STマイクロエレクトロニクス(STM)
アマデウスITグループ(AMS)
ヘキサゴン クラスB(HEXA B)
ASMインターナショナル(ASM)
セージ・グループ(SGE)
Logitech International/ロジクール(LOGN)
テメノス(TEMN)
アヴィバ(AVV)
ジャストイート・テイクアウェイドットコム(TKWY)
ノルディック・セミコンダクター(NOD)
amsオスラム(AMS)エネルギーEnergy
シェル(SHELL)
トタルエナジーズ(TTE)
BP(BP)
エクイノール(EQNR)
Eni(ENI)
ベスタス・ウィンド・システムズ(VWS)
ネステ(NESTE)
レプソル(REP)
スナム(SRG)
シーメンス・エナジー(ENR)
OMV(OMV)
PKNオーレン(PKN)
シーメンスガメサ・リニューアブル・エナジー(SGRE)公益Utilities
イベルドローラ(IBE)
ナショナル・グリッド(NG)
エネル(ENEL)
RWE(RWE)
エンジー(ENGI)
スコティッシュ・アンド・サザン・エナジー(SSE)
E.ON(EOAN)
オーステッド(ORSTED)
ヴェオリア・エンバイロメント(VIE)
EDP(EDP)
テルナ(TRN)
フランス電力(EDF)
レッド・エレクトリカ(REE)
エンデサ(ELE)
セントリカ(CNA)
フォータム(FORTUM)
Naturgy(NAGY)
ペノン・グループ(PNN)通信Telecommu-nications
ドイツテレコム(DTE)
ボーダフォン・グループ(VOD)
ノキア(NOKIA)
テレフォニカ(TEF)
エリクソン クラスB(ERIC B)
Orange(ORA)
セルネックス・テレコム(CLNX)
スイスコム(SCMN)
BTグループ(BTA)
KPN(KPN)
テリア(TELIA)
エリサ(ELISA)
テレノール(TEL)
テレ2 クラスB(TEL2 B)
SES(SESG)
テレコム・イタリア(TIT)
プロキシマス(PROX)不動産Real Estate
ヴォノヴィア(VNA)
セグロ(SGRO)
ウニベイル・ロダムコ・ウェストフィールド(URW)
LEGイモビリエン(LEG)
ランド・セキュリティーズ・グループ(LAND)
ジェシナ(GFC)
クレピエール(LI)
コフィニモ(COFB)
各セクター内は銘柄入替日時点のウェイト順
表話編歴フォーチュン・グローバル500 第54位 (2021年、上位100社)
ウォルマート
国家電網
Amazon.com
中国石油化工集団
中国石油天然気集団
Apple
CVSヘルス
ユナイテッド・ヘルス
トヨタ自動車
フォルクスワーゲン
バークシャー・ハサウェイ
マクケッソン・コーポレーション(英語版)
中国建築集団
サウジアラムコ
サムスン電子
中国平安保険
アメリソースバーゲン(英語版)
BP
ロイヤル・ダッチ・シェル
中国工商銀行
Alphabet
フォックスコン
エクソンモービル
ダイムラー
中国建設銀行
AT&T
コストコ・ホールセール
シグナ
中国農業銀行
カーディナル・ヘルス(英語版)
トラフィグラ(英語版)
中国人寿保険
マイクロソフト
グレンコア
中国鉄路工程集団(英語版)
ウォルグリーン・ブーツ・アライアンス
エクソール
アリアンツ
中国銀行
クローガー
ホーム・デポ
中国鉄道建築集団
JPモルガン・チェース
ファーウェイ
ベライゾン・コミュニケーションズ
アクサ
フォード・モーター
本田技研工業
ゼネラルモーターズ
アンセム(英語版)
三菱商事
トタルエナジーズ
ドイツテレコム
BMW
日本電信電話
中国移動通信
センティーン(英語版)
日本郵政
京東商城
上海汽車集団
中国交通建設
ファニー・メイ
アリババグループ
コムキャスト
中国五鉱(英語版)
中国第一汽車集団
恒力集団(中国語版)
正威国際集団(英語版)
中国華潤(英語版)
山東能源集団(英語版)
伊藤忠商事
宝鋼集団
ゼネラリ保険
中国郵政
シェブロン
デル・テクノロジーズ
バンク・オブ・アメリカ
ターゲット・コーポレーション
ネスレ
ロウズ
マラソン・ペトロリアム
シティグループ
現代自動車
ガスプロム
東風汽車集団
Meta
アホールド・デレーズ
ソニーグループ
ユナイテッド・パーセル・サービス
中国人民保険(英語版)
中国南方電網
中国海洋石油集団
クレディ・アグリコル
ジョンソン・エンド・ジョンソン
日立製作所
カルフール
BNPパリバ
ロバート・ボッシュ
テスコ
イオン
出典:Fortune Global 500 List 2021, 2021年财富世界500强排行榜
表話編歴フォーブス・グローバル2000 第61位 (2021年、上位100社)
注: 同一順位が存在する。本社所在国はフォーブス誌公式サイトの表示に基づく。
1.中国工商銀行
2.JPモルガン・チェース
3.バークシャー・ハサウェイ
4.中国建設銀行
5.サウジアラムコ
6.Apple
6.バンク・オブ・アメリカ
6.中国平安保険
9.中国農業銀行
10.Amazon.com
11.サムスン電子
12.トヨタ自動車
13.Alphabet
14.中国銀行
15.マイクロソフト
16.シティグループ
17.フォルクスワーゲン
18.ウォルマート
19.ウェルズ・ファーゴ
20.ベライゾン・コミュニケーションズ
21.ユナイテッド・ヘルス
22.招商銀行
23.アリババグループ
24.アリアンツ
25.コムキャスト
26.ゴールドマン・サックス
27.ソフトバンクグループ
28.中国郵政儲蓄銀行
29.テンセント
30.BNPパリバ
31.モルガン・スタンレー
32.中国移動通信
33.Meta
34.ジョンソン・エンド・ジョンソン
35.ソニーグループ
36.インテル
37.CVSヘルス
38.カナダロイヤル銀行
39.ネスレ
40.HSBCホールディングス
41.ダイムラー
42.トロント・ドミニオン銀行
43.日本電信電話
44.ドイツテレコム
45.ゼネラル・エレクトリック
46.プロクター・アンド・ギャンブル
47.ゼネラルモーターズ
48.中国石油化工
49.中国人寿保険
50.興業銀行
51.ロシア貯蓄銀行
52.三菱UFJフィナンシャル・グループ
53.シグナ
54.アクサ
55.AIAグループ
55.リライアンス・インダストリーズ
57.交通銀行
58.ファイザー
59.IBM
60.ロシュ・ホールディング
61.BMW
62.メットライフ
63.中国石油天然気
64.モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン
65.ノバルティス
66.台湾積体電路製造
67.ホーム・デポ
68.上海浦東発展銀行
68.シーメンス
70.ペプシコ
71.オラクル
72.サノフィ
73.エネル
74.アッヴィ
75.シスコシステムズ
75.チューリッヒ保険
77.スコシアバンク
78.オーストラリア・コモンウェルス銀行
79.BHPグループ
79.UBSグループ
81.ブリティッシュ・アメリカン・タバコ
82.本田技研工業
82.インテーザ・サンパオロ
84.メルク・アンド・カンパニー
85.三井住友フィナンシャルグループ
86.リオ・ティント
87.日本郵政
88.U.S.バンコープ
89.アンセム
90.チャーター・コミュニケーションズ
90.ユニリーバ
92.デル・テクノロジーズ
93.マニュライフ・ファイナンシャル
94.鴻海精密工業
95.アメリカン・エキスプレス
96.万科企業
97.グラクソ・スミスクライン
98.トゥルイスト・ファイナンシャル
99.ロスネフチ
100.中国建築工程
表話編歴 ポータル 自動車 / プロジェクト 乗用車 / プロジェクト 自動車   
自動車メーカー・ブランド
自動車の車種 – 自動車の車種名一覧

自動車の歴史
モータースポーツ

自動車画像
自動車関連のスタブ項目

典拠管理
BNF: cb12001551z (データ)
GND: 2005475-0
ISNI: 0000 0001 2308 257X
J9U: 987007451667505171
LCCN: n81052383
MBL: 27be0ff9-0320-4748-8d2d-fb9ba7e41700
NKC: osa2011641868, kn20100810003
SUDOC: 02811681X
VIAF: 129013645
WorldCat Identities: lccn-n81052383

「https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=BMW&oldid=91512198」から取得
カテゴリ: BMWドイツの自動車メーカー・ブランドドイツのオートバイメーカー・ブランドドイツの航空用エンジンメーカーかつて存在したF1エンジンビルダードイツ語の語句ミュンヘンの企業フランクフルト証券取引所上場企業1917年設立の企業ファミリー企業頭字語のブランド名隠しカテゴリ: 自動車関連のスタブ項目BNF識別子が指定されている記事GND識別子が指定されている記事ISNI識別子が指定されている記事J9U識別子が指定されている記事LCCN識別子が指定されている記事MusicBrainzレーベル識別子が指定されている記事NKC識別子が指定されている記事SUDOC識別子が指定されている記事VIAF識別子が指定されている記事WORLDCATID識別子が指定されている記事

評価: 4~5 つ星
レビュー: 7491
再生回数: 90 41
[spincontent type=”j”]

Youtube

2. メルセデスベンツ sクラス 新型、v8ツインターボ搭載車を欧州設定…503馬力 Yomiuri

Yomiuri
メルセデスベンツ sクラス 新型、v8ツインターボ搭載車を欧州設定…503馬力

説明: メルセデスベンツ sクラス 新型、v8ツインターボ搭載車を欧州設定…503馬力 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 メルセデスベンツ sクラス 新型、v8ツインターボ搭載車を欧州設定…503馬力 は、読売で検索されたもので、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 8856
[spincontent type=”j”]

3. メルセデスベンツ sクラス 新型、v8ツインターボ搭載車を欧州設定…503馬力 Asahi Shimbun

朝日新聞
メルセデスベンツ sクラス 新型、v8ツインターボ搭載車を欧州設定…503馬力

説明: 朝日新聞で検索した メルセデスベンツ sクラス 新型、v8ツインターボ搭載車を欧州設定…503馬力 に関する上記の情報が、メルセデスベンツ sクラス 新型、v8ツインターボ搭載車を欧州設定…503馬力 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 2306
[spincontent type=”j”]

4. メルセデスベンツ sクラス 新型、v8ツインターボ搭載車を欧州設定…503馬力 The Japan Times

The Japan Times
メルセデスベンツ sクラス 新型、v8ツインターボ搭載車を欧州設定…503馬力

説明: ジャパン タイムズで検索した メルセデスベンツ sクラス 新型、v8ツインターボ搭載車を欧州設定…503馬力 に関する記事のトップです。メルセデスベンツ sクラス 新型、v8ツインターボ搭載車を欧州設定…503馬力 に関する疑問を解決するのに役立ちます。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 1148
[spincontent type=”j”]

5. メルセデスベンツ sクラス 新型、v8ツインターボ搭載車を欧州設定…503馬力 Yomiuri Shimbun

読売新聞
メルセデスベンツ sクラス 新型、v8ツインターボ搭載車を欧州設定…503馬力

説明: メルセデスベンツ sクラス 新型、v8ツインターボ搭載車を欧州設定…503馬力 に関する詳細情報はすでにありますか? メルセデスベンツ sクラス 新型、v8ツインターボ搭載車を欧州設定…503馬力 という記事が読売新聞で検索されました。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 4699
[spincontent type=”j”]

6. メルセデスベンツ sクラス 新型、v8ツインターボ搭載車を欧州設定…503馬力 Mainichi Shimbun

毎日新聞
メルセデスベンツ sクラス 新型、v8ツインターボ搭載車を欧州設定…503馬力

説明: 毎日新聞で見つけた メルセデスベンツ sクラス 新型、v8ツインターボ搭載車を欧州設定…503馬力 に関する上記の情報が、メルセデスベンツ sクラス 新型、v8ツインターボ搭載車を欧州設定…503馬力 に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 5902
[spincontent type=”j”]

7. メルセデスベンツ sクラス 新型、v8ツインターボ搭載車を欧州設定…503馬力 Sankei Shimbun

産経新聞
メルセデスベンツ sクラス 新型、v8ツインターボ搭載車を欧州設定…503馬力

説明: 産経新聞で検索した メルセデスベンツ sクラス 新型、v8ツインターボ搭載車を欧州設定…503馬力 に関する記事のトップです。メルセデスベンツ sクラス 新型、v8ツインターボ搭載車を欧州設定…503馬力 に関する疑問を解決するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 8449
[spincontent type=”j”]

8. メルセデスベンツ sクラス 新型、v8ツインターボ搭載車を欧州設定…503馬力 Nihon Keizai Shimbun

日本経済新聞
メルセデスベンツ sクラス 新型、v8ツインターボ搭載車を欧州設定…503馬力

説明: メルセデスベンツ sクラス 新型、v8ツインターボ搭載車を欧州設定…503馬力 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 メルセデスベンツ sクラス 新型、v8ツインターボ搭載車を欧州設定…503馬力 は、日本経済新聞で検索され、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 8434
[spincontent type=”j”]

9. メルセデスベンツ sクラス 新型、v8ツインターボ搭載車を欧州設定…503馬力 Chunichi Shimbun

中日新聞
メルセデスベンツ sクラス 新型、v8ツインターボ搭載車を欧州設定…503馬力

説明: 中日新聞で検索した メルセデスベンツ sクラス 新型、v8ツインターボ搭載車を欧州設定…503馬力 に関する上記の情報が、メルセデスベンツ sクラス 新型、v8ツインターボ搭載車を欧州設定…503馬力 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 8443
[spincontent type=”j”]

10. メルセデスベンツ sクラス 新型、v8ツインターボ搭載車を欧州設定…503馬力 Tokyo Shimbun

東京新聞
メルセデスベンツ sクラス 新型、v8ツインターボ搭載車を欧州設定…503馬力

説明: メルセデスベンツ sクラス 新型、v8ツインターボ搭載車を欧州設定…503馬力 に関する質問を解決するために、東京新聞で検索した メルセデスベンツ sクラス 新型、v8ツインターボ搭載車を欧州設定…503馬力 に関する記事のトップです。
評価: 4~5 つ星
評価: 20 75
[spincontent type=”j”]

11. メルセデスベンツ sクラス 新型、v8ツインターボ搭載車を欧州設定…503馬力 Nihon Kogyo Simbun

日本工業新聞
メルセデスベンツ sクラス 新型、v8ツインターボ搭載車を欧州設定…503馬力

説明: メルセデスベンツ sクラス 新型、v8ツインターボ搭載車を欧州設定…503馬力 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 メルセデスベンツ sクラス 新型、v8ツインターボ搭載車を欧州設定…503馬力 は日本工業新聞で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 3972
[spincontent type=”j”]

12. メルセデスベンツ sクラス 新型、v8ツインターボ搭載車を欧州設定…503馬力 Nikkan Kogyo Shimbun

日刊工業新聞
メルセデスベンツ sクラス 新型、v8ツインターボ搭載車を欧州設定…503馬力

説明: 日刊工業新聞で見つけた メルセデスベンツ sクラス 新型、v8ツインターボ搭載車を欧州設定…503馬力 に関する上記の情報が、メルセデスベンツ sクラス 新型、v8ツインターボ搭載車を欧州設定…503馬力 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 1589
[spincontent type=”j”]

13. メルセデスベンツ sクラス 新型、v8ツインターボ搭載車を欧州設定…503馬力 Ainu Times

アイヌタイムス
メルセデスベンツ sクラス 新型、v8ツインターボ搭載車を欧州設定…503馬力

説明: アイヌ タイムズで検索した メルセデスベンツ sクラス 新型、v8ツインターボ搭載車を欧州設定…503馬力 に関する記事のトップです。メルセデスベンツ sクラス 新型、v8ツインターボ搭載車を欧州設定…503馬力 に関する質問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 3379
[spincontent type=”j”]

14. メルセデスベンツ sクラス 新型、v8ツインターボ搭載車を欧州設定…503馬力 Akita Sakigake Shimpo

秋田魁新報
メルセデスベンツ sクラス 新型、v8ツインターボ搭載車を欧州設定…503馬力

説明: メルセデスベンツ sクラス 新型、v8ツインターボ搭載車を欧州設定…503馬力 に関する詳細情報はすでにありますか? メルセデスベンツ sクラス 新型、v8ツインターボ搭載車を欧州設定…503馬力 という記事は、秋田魁新報で検索したものです。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 3659
[spincontent type=”j”]

15. メルセデスベンツ sクラス 新型、v8ツインターボ搭載車を欧州設定…503馬力 Chiba Nippo

千葉日報
メルセデスベンツ sクラス 新型、v8ツインターボ搭載車を欧州設定…503馬力

説明: 千葉日報で検索した メルセデスベンツ sクラス 新型、v8ツインターボ搭載車を欧州設定…503馬力 に関する上記の情報が、メルセデスベンツ sクラス 新型、v8ツインターボ搭載車を欧州設定…503馬力 に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 3173
[spincontent type=”j”]

16. メルセデスベンツ sクラス 新型、v8ツインターボ搭載車を欧州設定…503馬力 Chugoku Shimbun

中国新聞
メルセデスベンツ sクラス 新型、v8ツインターボ搭載車を欧州設定…503馬力

説明: 中国新聞で検索した メルセデスベンツ sクラス 新型、v8ツインターボ搭載車を欧州設定…503馬力 に関する記事のトップです。メルセデスベンツ sクラス 新型、v8ツインターボ搭載車を欧州設定…503馬力 に関する疑問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 4964
[spincontent type=”j”]

17. メルセデスベンツ sクラス 新型、v8ツインターボ搭載車を欧州設定…503馬力 Daily Tohoku

デイリー東北
メルセデスベンツ sクラス 新型、v8ツインターボ搭載車を欧州設定…503馬力

説明: メルセデスベンツ sクラス 新型、v8ツインターボ搭載車を欧州設定…503馬力 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 メルセデスベンツ sクラス 新型、v8ツインターボ搭載車を欧州設定…503馬力 はデイリー東北で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 7821
[spincontent type=”j”]

18. メルセデスベンツ sクラス 新型、v8ツインターボ搭載車を欧州設定…503馬力 The Eastern Chronicle

イースタン クロニクル
メルセデスベンツ sクラス 新型、v8ツインターボ搭載車を欧州設定…503馬力

説明: イースタン クロニクルで検索した メルセデスベンツ sクラス 新型、v8ツインターボ搭載車を欧州設定…503馬力 に関する上記の情報が、メルセデスベンツ sクラス 新型、v8ツインターボ搭載車を欧州設定…503馬力 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 54 11
[spincontent type=”j”]

メルセデスベンツ sクラス 新型、v8ツインターボ搭載車を欧州設定…503馬力 に関する質問

メルセデスベンツ sクラス 新型、v8ツインターボ搭載車を欧州設定…503馬力 についてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。ご質問やご提案はすべて、次の記事の改善に役立てさせていただきます。

記事 メルセデスベンツ sクラス 新型、v8ツインターボ搭載車を欧州設定…503馬力 は、私と私のチームがさまざまな情報源から編集したものです。 記事 メルセデスベンツ sクラス 新型、v8ツインターボ搭載車を欧州設定…503馬力 が役に立った場合は、チームをサポートしてください。「いいね」または「共有」してください!

検索キーワード メルセデスベンツ sクラス 新型、v8ツインターボ搭載車を欧州設定…503馬力

メルセデスベンツ sクラス 新型、v8ツインターボ搭載車を欧州設定…503馬力
方法メルセデスベンツ sクラス 新型、v8ツインターボ搭載車を欧州設定…503馬力
チュートリアル メルセデスベンツ sクラス 新型、v8ツインターボ搭載車を欧州設定…503馬力
【キーワード】 無料

Có thể bạn quan tâm: