あなたは マルチ 商法 と ネットワーク ビジネス の 違い について学んでいます。今日は、インターネット上の多くの情報源から私たちのチームが編集および編集した記事 マルチ 商法 と ネットワーク ビジネス の 違い を共有します。 マルチ 商法 と ネットワーク ビジネス の 違い に関するこの記事がお役に立てば幸いです。

Page Contents

マルチ 商法 と ネットワーク ビジネス の 違い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

マルチ商法(マルチしょうほう)あるいはマルチレベル・マーケティング(MLM, multi-level marketing)は、会員が新規会員を誘い、その新規会員が更に別の会員を勧誘する連鎖により、階層組織を形成・拡大する販売形態である。正式名称は連鎖販売取引で、その通称である。表向き合法であるマルチ商法を謳う組織でも、違法となるネズミ講と判断された事例も多い。

用法[編集]
実際「マルチ商法」という用語は正式な法律用語等ではなく合法違法の別なく様々な定義が存在するが、その中で使われている代表的な用法をいくつか示す。

連鎖販売取引のこと[1](通常、この定義で用いる。多くの辞書でもこの意味で用いられている。消費生活センターも、この用法を採用している)。
連鎖販売取引と、それに類似したものの総称。
連鎖販売取引のうち商品を再販売するもの。
連鎖販売取引とそれに類似商法のうち悪質なもの[1][2]。またマルチ商法は、無限連鎖講の防止に関する法律によって禁止されているねずみ講と近接する部分が多く、公序良俗違反として同法の違反が認定された判決も多い[3]。マルチ商法の中には、売買契約と金銭配当組織とを別個の契約と解し、銭配当組織部分は実質的にはねずみ講であり公序良俗違反とされた判例もある[4]。よって「マルチ商法(ネットワークビジネス等)だから、違法なねずみ講とは違う」と言った用法は、必ずしも成立しない点には注意が必要である。

概説[編集]
「マルチレベル・マーケティング」と称される商形態の起源は諸説あるものの何れもアメリカで始まったという点では一致している。1868年に創業したホームプロダクツ業者のJ・R・ワトキンス(英語版)は代理店を通じて製品を販売する一方で代理店が別の業者を代理店としてスカウトした場合に報酬を支払う商法を採用しマルチ商法の原型を生んだと言われている[5]。その後1890年にはカリフォルニア香水社(現エイボン・プロダクツ)・1934年にはカリフォルニア・ビタミン(その後ニュートリライトに改称し現在はアムウェイ傘下)が創業し、同様の販売手法を採用した。
日本には1970年代にアメリカのホリディマジックが進出した頃から始まったと言われている。マルチ商法は、Multi-Level Marketingの日本語訳として定着し使用されていた。当時この商形態を規制する法律がなく、取引や勧誘に際しての問題や事件が発生し社会問題となったことから、1976年に制定された「訪問販売等に関する法律」において「連鎖販売取引」として定義され、要件に該当するものは勧誘などの行為が法律による規制の対象となった。「訪問販売等に関する法律」は、2000年に「特定商取引法」に改称され、以降数度の法改正を重ねて現在に至っている。
ピラミッド型のヒエラルキーを形成することや、新たな参加者の勧誘などの販売展開の方法がねずみ講と類似しており、過去に「ESプログラム」や「アースウォーカー」は、マルチ商法(連鎖販売取引)として展開していたものの、実質はねずみ講であったとして摘発されている。
マルチ商法の商形態は多種多様である。

加盟者が新規加盟者を誘い、その加盟者がさらに別の加盟者を誘引するという連鎖が行われる。階層組織を拡大させるタイプもあれば、中央に集中する形のものもある。また「加入者に上限を定めている」と謳う場合もあるが、現実離れした上限設定である場合も多い。末期には勧誘を停止させ、購入での貢献を会員に求める形に形態を変化させる場合もある。さらに下部が一定数になるとトップが抜けて行くタイプなど商形態は実に様々である。また新たなタイプの発生も予想されるので、組織形態からマルチ商法を把握するのは困難である。
加盟者は個人である場合が多いが、時として法人である場合もある。なお加盟者が法人であった場合、クーリングオフなど特定商取引法の規制が適用されない場合がある。
組織に加盟している者は、契約上は商品を売る企業から独立した事業主の立場となるが、多くの場合、上位加盟者(アップ)から誘引された他の加盟者やダウンラインなどとグループを持ち、組織的に新たな従事者を誘引する活動を行っている場合が多い。
現在のマルチ商法形態の中には、商品やサービスと金銭の流れは全て(もしくは大部分)主宰企業から会員直接の取引となり、紹介者、紹介された人との間での売買関係はないものも多い。
新規加盟者を増やすことや、加盟者及び配下の加盟者(ダウンライン)の商品購入金額により、自分がランクアップしたり(ランク制度)、報酬(コミッション、ボーナスとも言われる特定利益のこと)の対象範囲が大きくなって、利益が増える仕組みを取るところが多い。当然、報酬の設定も会社によって異なる。新規加入によって作られる組織として、ブレークアウェイと呼ばれるものの他に、ユニレベル、マトリックス、バイナリーなど様々あるが、それらを組み合わせた複合型も多く見られる。業界団体として全国直販流通協会(直販協)、日本訪問販売協会(共に、マルチ商法その他を含む訪問販売全般が対象)がある。

問題点[編集]
マルチ商法は数段階下からの不労所得的な報酬(コミッション、ボーナス)を勧誘時の誘引材料にしている場合がもっぱらである。『ダウン』と呼ばれる配下の加盟者を勧誘・加入させ、かつ一定額以上の商品購入を継続して行わなければならないことが現実(表面に現れないノルマとも言われている)である。また加盟者が期待する様な、安楽な生活ができるほどの高額報酬を得るためには相応の努力が必要であるため、結果として成功者は加盟者全体に対してわずかなものになる場合が多い。
「1人の会員が2人ずつ新規会員を加入させた」と仮定した場合、28世代目では日本の総人口を上回る1億3千万人(227)が必要となる。
マルチ商法は、法律違反や「人間関係のしがらみ」を利用した断りにくい勧誘方法など様々な問題のある活動が相次いだことにより、各地の国民生活センターや消費生活センターへ契約に関しての問い合わせ・相談が多く寄せられたこともあって、国民生活センターや消費生活センターでは、マルチ商法を悪質商法であるとし、注意喚起を行っている[6][7]。
上記の為、社会一般でマルチ商法と言うとき、その印象は極めて悪いものとなっている。そうした事情から「ネットワークビジネス」「紹介販売」等の別の呼称を使っている場合がある。また業者により独自の呼称で呼んでいる場合もある。しかしながら商法の呼称に関わらず特定商取引法にいう「連鎖販売取引」に該当している限り、同法の規制を受けることとなる。
連鎖販売取引は、特定商取引に関する法律その他関係する法律を遵守する限り違法なものではないが、一般的な商取引に関係する法律に加えて特定商取引法により更に規制を受けている形であると言える。
問題商法に詳しい紀藤正樹弁護士は「マルチ商法は、“原則違法”」「要は“基本的に違法だけど、特定の条件を満たした場合のみ合法に変わる”といった、厳しい規制の中で展開されているビジネスなんですよ。」と表現している[8]。

連鎖販売取引とマルチ商法[編集]
連鎖販売取引もマルチ商法も、「ネットワークマーケティング、ネットワークビジネス、MLM」などの別称で呼ばれる事が多い。連鎖販売取引とマルチ商法が同義であるかという件については、各省庁や消費生活センターなどの公的機関においても見解が分かれている。

経済産業省や警視庁、日本司法支援センター(法テラス)[9] においては、連鎖販売取引とマルチ商法を同義で使用している。
独立行政法人国民生活センターでは、連鎖販売取引とマルチ商法を同義として使用していない。国民生活センターは、マルチ商法をねずみ講的販売方式全般について広く総称することを基本としている。
地方自治体の消費生活センターでは、マルチ商法を連鎖販売取引と同義としている場合や、ねずみ講的販売方式全般について広く総称している場合など、消費生活センター毎に違いがあり、必ずしも統一して使用されているものではない。
(連鎖販売取引企業も多数加入する)公益社団法人日本訪問販売協会では、「一般的には特定商取引法の連鎖販売取引において、法規制を守らない悪質な商行為を「マルチ商法」と呼ぶことが多い」[10] としている。このように、公的機関内であっても見解が一致しておらず、連鎖販売取引がマルチ商法、ネットワークビジネスをはじめとして、主宰する企業によって様々な別称で呼ばれる場合も多く、消費者にとって非常にわかり難い状況になっているのが現状である。
業界紙「月刊ネットワークビジネス」の2008年11月号「マンガ安心法律学校(4)/マルチ商法とねずみ講の違いって?」において、「(連鎖販売取引が)マルチ商法ではない」と告げることは「不実の告知(真実を言わない、告知しない)」という法律違反となる恐れがあると、注意を呼びかけている。又、同様の説明をしている企業もある。[11]
マルチ商法とマルチまがい商法[編集]
2001年までは特定負担金の額(2万円以上)など連鎖販売取引の定義条件に当てはまらないものが「マルチまがい商法」と呼ばれていた。
当時の大手を含めた多くのマルチ商法企業は、規制逃れを目的に特定負担金を連鎖販売取引の定義条件以下(2万円未満)に設定していた為、連鎖販売を主宰している企業のほとんどがマルチまがい商法という状況だった。しかし、2001年6月1日の法改正にて、連鎖販売取引の定義から特定負担金の条件がなくなった結果、規制逃れをしていた企業もすべて連鎖販売取引(マルチ商法)に該当することになった。

脚注[編集]

^ a b アムウェイ山岡事件判決全文(インターネットアーカイブ)

^ “Q.アムウェイはマルチ商法※1 なのですか?” (日本語). アムウェイ(Amway)相談室. 2020年11月30日閲覧。

^ 連鎖販売取引とねずみ講の勧誘員の責任 |独立行政法人国民生活センター

^ 坂東俊矢「連鎖販売取引に対する法規制の一考察 (所功教授エリサベト・ライドル・マキャー教授高橋正俊教授定年御退職記念号)」『産大法学』第45巻第3/4号、京都産業大学法学会、2012年、 644-623頁、 .mw-parser-output cite.citationfont-style:inherit.mw-parser-output .citation qquotes:”””””””‘””‘”.mw-parser-output .id-lock-free a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-free abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/6/65/Lock-green.svg”)right 0.1em center/9px no-repeat.mw-parser-output .id-lock-limited a,.mw-parser-output .id-lock-registration a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-limited a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-registration abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/d/d6/Lock-gray-alt-2.svg”)right 0.1em center/9px no-repeat.mw-parser-output .id-lock-subscription a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-subscription abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/a/aa/Lock-red-alt-2.svg”)right 0.1em center/9px no-repeat.mw-parser-output .cs1-subscription,.mw-parser-output .cs1-registrationcolor:#555.mw-parser-output .cs1-subscription span,.mw-parser-output .cs1-registration spanborder-bottom:1px dotted;cursor:help.mw-parser-output .cs1-ws-icon abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/4/4c/Wikisource-logo.svg”)right 0.1em center/12px no-repeat.mw-parser-output code.cs1-codecolor:inherit;background:inherit;border:none;padding:inherit.mw-parser-output .cs1-hidden-errordisplay:none;font-size:100%.mw-parser-output .cs1-visible-errorfont-size:100%.mw-parser-output .cs1-maintdisplay:none;color:#33aa33;margin-left:0.3em.mw-parser-output .cs1-formatfont-size:95%.mw-parser-output .cs1-kern-left,.mw-parser-output .cs1-kern-wl-leftpadding-left:0.2em.mw-parser-output .cs1-kern-right,.mw-parser-output .cs1-kern-wl-rightpadding-right:0.2em.mw-parser-output .citation .mw-selflinkfont-weight:inheritISSN 0286-3782、 NAID 120005382076。

^ “Who Invented Multi-Level Marketing (MLM)?”. The Snapping Point. 2022年3月22日閲覧。

^ マルチ商法(三重県消費生活センター)

^ 「マルチ商法」のトラブルにご注意ください!(仙台市消費生活センター)

^ 東幹久も応援中!? マルチ商法からネットワークビジネスへ移行するアムウェイは合法か? 違法か?|サイゾーpremium

^ 法テラスの マルチ商法のFAQ に「マルチ商法(連鎖販売取引)の販売員」の記載がある。

^ 特定商取引法とは | 公益社団法人日本訪問販売協会公式WEBサイト

^ http://www.rinasce.com/kigyo/rensa.pdf

関連項目[編集]
連鎖販売取引
ネットワークビジネス
出資法
特定商取引に関する法律
マルチまがい商法
連鎖販売取引の企業一覧
無限連鎖講
ネズミ講
未公開株
ネットワークビジネス推進連盟
健全なネットワークビジネスを育てる議員連盟
グローバルTPS物語 – かつてフジテレビ系列にて放送されていたバラエティ番組「はねるのトびら」にて行われていた「マルチ商法」を題材にしたコント。外部リンク[編集]
相談窓口及び公的機関による解説特定商取引法ガイド – 経済産業省
マルチ・マルチまがい商法ホントに儲かるの!? – 関東経済産業局
1都3県の大学生の間で「マルチ商法」が拡大!! – 東京都「東京くらしWEB」業界団体日本訪問販売協会表話編歴悪徳商法商法
原野商法
デート商法
点検商法
マルチ商法
便乗商法
霊感商法
健康商法
セミナー商法事件
豊田商事事件
経済革命倶楽部事件
国利民福の会事件行政窓口
国民生活センター
消費者庁
消費生活センター被害者支援団体
日本司法支援センター
暴力追放運動推進センター予防
全国消費生活相談員協会(被害者支援業務も含む)
PIO-NET訴訟支援
消費者団体訴訟制度救済制度
クーリングオフ
少額訴訟関連法規
詐欺罪
恐喝罪
消費者基本法
特定商取引に関する法律
不当景品類及び不当表示防止法
割賦販売法
消費者契約法
消費者団体訴訟制度
電子消費者契約及び電子承諾通知に関する民法の特例に関する法律
商品取引所法
無限連鎖講の防止に関する法律
出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律
貸金業の規制等に関する法律
利息制限法

「https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=マルチ商法&oldid=90267624」から取得
カテゴリ: 流通悪徳商法マルチ商法

評価: 4~5 つ星
レビュー: 8905
再生回数: 48 12
[spincontent type=”j”]

「ネズミ講」と「マルチ商法」何が違う?? Youtube

毎週 火・土 曜日 動画アップ

チャンネル登録よろしくお願いします

ツイッター

#ネットワークビジネス
#ネズミ講
#マルチ商法

2. マルチ 商法 と ネットワーク ビジネス の 違い Yomiuri

Yomiuri
マルチ 商法 と ネットワーク ビジネス の 違い

説明: マルチ 商法 と ネットワーク ビジネス の 違い に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 マルチ 商法 と ネットワーク ビジネス の 違い は、読売で検索されたもので、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 4168
[spincontent type=”j”]

3. マルチ 商法 と ネットワーク ビジネス の 違い Asahi Shimbun

朝日新聞
マルチ 商法 と ネットワーク ビジネス の 違い

説明: 朝日新聞で検索した マルチ 商法 と ネットワーク ビジネス の 違い に関する上記の情報が、マルチ 商法 と ネットワーク ビジネス の 違い に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 2701
[spincontent type=”j”]

4. マルチ 商法 と ネットワーク ビジネス の 違い The Japan Times

The Japan Times
マルチ 商法 と ネットワーク ビジネス の 違い

説明: ジャパン タイムズで検索した マルチ 商法 と ネットワーク ビジネス の 違い に関する記事のトップです。マルチ 商法 と ネットワーク ビジネス の 違い に関する疑問を解決するのに役立ちます。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 10 94
[spincontent type=”j”]

5. マルチ 商法 と ネットワーク ビジネス の 違い Yomiuri Shimbun

読売新聞
マルチ 商法 と ネットワーク ビジネス の 違い

説明: マルチ 商法 と ネットワーク ビジネス の 違い に関する詳細情報はすでにありますか? マルチ 商法 と ネットワーク ビジネス の 違い という記事が読売新聞で検索されました。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 59 12
[spincontent type=”j”]

6. マルチ 商法 と ネットワーク ビジネス の 違い Mainichi Shimbun

毎日新聞
マルチ 商法 と ネットワーク ビジネス の 違い

説明: 毎日新聞で見つけた マルチ 商法 と ネットワーク ビジネス の 違い に関する上記の情報が、マルチ 商法 と ネットワーク ビジネス の 違い に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 3373
[spincontent type=”j”]

7. マルチ 商法 と ネットワーク ビジネス の 違い Sankei Shimbun

産経新聞
マルチ 商法 と ネットワーク ビジネス の 違い

説明: 産経新聞で検索した マルチ 商法 と ネットワーク ビジネス の 違い に関する記事のトップです。マルチ 商法 と ネットワーク ビジネス の 違い に関する疑問を解決するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 7171
[spincontent type=”j”]

8. マルチ 商法 と ネットワーク ビジネス の 違い Nihon Keizai Shimbun

日本経済新聞
マルチ 商法 と ネットワーク ビジネス の 違い

説明: マルチ 商法 と ネットワーク ビジネス の 違い に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 マルチ 商法 と ネットワーク ビジネス の 違い は、日本経済新聞で検索され、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 67 11
[spincontent type=”j”]

9. マルチ 商法 と ネットワーク ビジネス の 違い Chunichi Shimbun

中日新聞
マルチ 商法 と ネットワーク ビジネス の 違い

説明: 中日新聞で検索した マルチ 商法 と ネットワーク ビジネス の 違い に関する上記の情報が、マルチ 商法 と ネットワーク ビジネス の 違い に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 2737
[spincontent type=”j”]

10. マルチ 商法 と ネットワーク ビジネス の 違い Tokyo Shimbun

東京新聞
マルチ 商法 と ネットワーク ビジネス の 違い

説明: マルチ 商法 と ネットワーク ビジネス の 違い に関する質問を解決するために、東京新聞で検索した マルチ 商法 と ネットワーク ビジネス の 違い に関する記事のトップです。
評価: 4~5 つ星
評価: 9154
[spincontent type=”j”]

11. マルチ 商法 と ネットワーク ビジネス の 違い Nihon Kogyo Simbun

日本工業新聞
マルチ 商法 と ネットワーク ビジネス の 違い

説明: マルチ 商法 と ネットワーク ビジネス の 違い に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 マルチ 商法 と ネットワーク ビジネス の 違い は日本工業新聞で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 1343
[spincontent type=”j”]

12. マルチ 商法 と ネットワーク ビジネス の 違い Nikkan Kogyo Shimbun

日刊工業新聞
マルチ 商法 と ネットワーク ビジネス の 違い

説明: 日刊工業新聞で見つけた マルチ 商法 と ネットワーク ビジネス の 違い に関する上記の情報が、マルチ 商法 と ネットワーク ビジネス の 違い に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 43 13
[spincontent type=”j”]

13. マルチ 商法 と ネットワーク ビジネス の 違い Ainu Times

アイヌタイムス
マルチ 商法 と ネットワーク ビジネス の 違い

説明: アイヌ タイムズで検索した マルチ 商法 と ネットワーク ビジネス の 違い に関する記事のトップです。マルチ 商法 と ネットワーク ビジネス の 違い に関する質問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 2834
[spincontent type=”j”]

14. マルチ 商法 と ネットワーク ビジネス の 違い Akita Sakigake Shimpo

秋田魁新報
マルチ 商法 と ネットワーク ビジネス の 違い

説明: マルチ 商法 と ネットワーク ビジネス の 違い に関する詳細情報はすでにありますか? マルチ 商法 と ネットワーク ビジネス の 違い という記事は、秋田魁新報で検索したものです。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 27 16
[spincontent type=”j”]

15. マルチ 商法 と ネットワーク ビジネス の 違い Chiba Nippo

千葉日報
マルチ 商法 と ネットワーク ビジネス の 違い

説明: 千葉日報で検索した マルチ 商法 と ネットワーク ビジネス の 違い に関する上記の情報が、マルチ 商法 と ネットワーク ビジネス の 違い に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 2694
[spincontent type=”j”]

16. マルチ 商法 と ネットワーク ビジネス の 違い Chugoku Shimbun

中国新聞
マルチ 商法 と ネットワーク ビジネス の 違い

説明: 中国新聞で検索した マルチ 商法 と ネットワーク ビジネス の 違い に関する記事のトップです。マルチ 商法 と ネットワーク ビジネス の 違い に関する疑問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 3624
[spincontent type=”j”]

17. マルチ 商法 と ネットワーク ビジネス の 違い Daily Tohoku

デイリー東北
マルチ 商法 と ネットワーク ビジネス の 違い

説明: マルチ 商法 と ネットワーク ビジネス の 違い に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 マルチ 商法 と ネットワーク ビジネス の 違い はデイリー東北で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 1964
[spincontent type=”j”]

18. マルチ 商法 と ネットワーク ビジネス の 違い The Eastern Chronicle

イースタン クロニクル
マルチ 商法 と ネットワーク ビジネス の 違い

説明: イースタン クロニクルで検索した マルチ 商法 と ネットワーク ビジネス の 違い に関する上記の情報が、マルチ 商法 と ネットワーク ビジネス の 違い に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 1958
[spincontent type=”j”]

マルチ 商法 と ネットワーク ビジネス の 違い に関する質問

マルチ 商法 と ネットワーク ビジネス の 違い についてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。ご質問やご提案はすべて、次の記事の改善に役立てさせていただきます。

記事 マルチ 商法 と ネットワーク ビジネス の 違い は、私と私のチームがさまざまな情報源から編集したものです。 記事 マルチ 商法 と ネットワーク ビジネス の 違い が役に立った場合は、チームをサポートしてください。「いいね」または「共有」してください!

検索キーワード マルチ 商法 と ネットワーク ビジネス の 違い

マルチ 商法 と ネットワーク ビジネス の 違い
方法マルチ 商法 と ネットワーク ビジネス の 違い
チュートリアル マルチ 商法 と ネットワーク ビジネス の 違い
【キーワード】 無料

Có thể bạn quan tâm: