あなたは ブルキナファソの国名のブルキナはモシ語で「●な人」を意味するが、●に入るのは? について学んでいます。今日は、インターネット上の多くの情報源から私たちのチームが編集および編集した記事 ブルキナファソの国名のブルキナはモシ語で「●な人」を意味するが、●に入るのは? を共有します。 ブルキナファソの国名のブルキナはモシ語で「●な人」を意味するが、●に入るのは? に関するこの記事がお役に立てば幸いです。

Page Contents

ブルキナファソの国名のブルキナはモシ語で「●な人」を意味するが、●に入るのは?

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

.mw-parser-output dl/**/#infoboxCountryclear:right;float:right;width:300px;margin-left:0.5em;background:#fff.mw-parser-output dl/**/#infoboxCountry dt.infoboxCountryNameJafont-size:1.36em;margin:0 0 0.13em;text-align:center.mw-parser-output dl/**/#infoboxCountry dt.infoboxCountryNamefont-size:1.13em;font-weight:normal;margin:0 0 0.13em;text-align:center.mw-parser-output dl/**/#infoboxCountry dd.infoboxCountryDataAmargin:0;padding:0;border-color:#a2a9b1;border-width:1px;border-style:solid solid none solid;background:#f8f9fa.mw-parser-output dl/**/#infoboxCountry table.infoboxCountryPrevSuccwidth:298px;border-collapse:collapse;font-size:0.95em;background:#f8f9fa.mw-parser-output dl/**/#infoboxCountry table.infoboxCountryPrevSucc tdmargin:0;padding:4px;text-align:center.mw-parser-output dl/**/#infoboxCountry td.infoboxCountryPrevtext-align:left;width:60px.mw-parser-output dl/**/#infoboxCountry td.infoboxCountrySucctext-align:right;width:60px.mw-parser-output dl/**/#infoboxCountry table.infoboxCountryInsigniawidth:298px;border-collapse:collapse;font-size:0.95em;background:#eee;text-align:center;border-top:1px solid #a2a9b1.mw-parser-output dl/**/#infoboxCountry table.infoboxCountryInsignia thpadding:4px;width:50%;border:none.mw-parser-output dl/**/#infoboxCountry table.infoboxCountryInsignia tdpadding:4px;font-size:0.85em.mw-parser-output dl/**/#infoboxCountry dd.infoboxCountryAdd,.mw-parser-output dl/**/#infoboxCountry dd.infoboxCountryMotto,.mw-parser-output dl/**/#infoboxCountry dd.infoboxCountryAnthem,.mw-parser-output dl/**/#infoboxCountry dd.infoboxCountryMaptext-align:center;width:290px;margin:0;padding:4px;border-color:#a2a9b1;border-width:1px;border-style:solid solid none solid.mw-parser-output dl/**/#infoboxCountry dd.infoboxCountryAdd,.mw-parser-output dl/**/#infoboxCountry dd.infoboxCountryMotto,.mw-parser-output dl/**/#infoboxCountry dd.infoboxCountryAnthemfont-size:0.8em;background:#f8f9fa.mw-parser-output dl/**/#infoboxCountry dd.infoboxCountryMap.mw-parser-output dl/**/#infoboxCountry dd.infoboxCountryDataBmargin:0;padding:0;border:1px solid #a2a9b1.mw-parser-output dl/**/#infoboxCountry dd.infoboxCountryDataB tablewidth:298px;border-collapse:collapse;border-color:#a2a9b1;font-size:0.9em;background:#f8f9fa;line-height:1.3.mw-parser-output dl/**/#infoboxCountry dd.infoboxCountryDataB trborder-color:#a2a9b1;vertical-align:top.mw-parser-output dl/**/#infoboxCountry dd.infoboxCountryDataB thpadding:4px;border-color:#a2a9b1;border-width:1px;text-align:left;font-weight:normal;width:50%.mw-parser-output dl/**/#infoboxCountry dd.infoboxCountryDataB tdpadding:4px;border-color:#a2a9b1;border-width:1px;width:50%.mw-parser-output dl/**/#infoboxCountry td.infoboxCountrySomepadding:0.mw-parser-output dl/**/#infoboxCountry td.infoboxCountrySome dl,.mw-parser-output dl/**/#infoboxCountry td.infoboxCountrySome dl ddmargin:0;padding:0.mw-parser-output dl/**/#infoboxCountry td.infoboxCountrySome dl dtmargin:0;padding:4px;font-weight:normal;border-top:1px solid #a2a9b1.mw-parser-output dl/**/#infoboxCountry td.infoboxCountrySome dl dt.infoboxCountryLeaderborder-top:none.mw-parser-output dl/**/#infoboxCountry td.infoboxCountrySome dl tablewidth:100%;font-size:100%;border-collapse:collapse;background:#f8f9fa.mw-parser-output dl/**/#infoboxCountry td.infoboxCountrySome dl thwidth:50%;padding:4px;text-indent:0.75em.mw-parser-output dl/**/#infoboxCountry td.infoboxCountrySome dl tdwidth:50%;padding:4px;border-color:#a2a9b1;border-width:1px;border-style:solid none none solid.mw-parser-output dd/**/#Infobox_before-afterwidth:298px;margin:0;padding:0;border-color:#a2a9b1;border-width:1px;border-style:none solid solid solid;background:#f8f9fa.mw-parser-output dd/**/#Infobox_before-after tableborder-collapse:collapse;width:100%;background:transparent.mw-parser-output dd/**/#Infobox_before-after thwidth:50%;padding:0 4px.mw-parser-output dd/**/#Infobox_before-after th.infoboxCountryPrevborder-right:1px solid #ccc.mw-parser-output dd/**/#Infobox_before-after th.infoboxCountrySuccborder-left:#ccc 1px solid.mw-parser-output dd/**/#Infobox_before-after td.infoboxCountryPrevwidth:50%;padding:2px 4px;font-size:80%;text-align:left;vertical-align:top;border-color:#ccc;border-width:1px;border-style:solid solid none none.mw-parser-output dd/**/#Infobox_before-after td.infoboxCountrySuccwidth:50%;padding:2px 4px;font-size:80%;text-align:right;vertical-align:top;border-color:#ccc;border-width:1px;border-style:solid none none solid.mw-parser-output dl/**/#infoboxCountry dd.infoboxCountryNotefont-size:0.75em;width:290px;margin:0;padding:2px 4px;border-color:#a2a9b1;border-width:1px;border-style:none solid solid;background:#f8f9fa@media all and (max-width:720px).mw-parser-output dl/**/#infoboxCountryfloat:none!important;margin:0!important;width:100%!important.mw-parser-output dl/**/#infoboxCountry ddwidth:auto!important.mw-parser-output dl/**/#infoboxCountry,.mw-parser-output dl/**/#infoboxCountry tabledisplay:tableブルキナファソ
Burkina Faso

(国旗)
(国章)

国の標語:Unité, Progrès, Justice(フランス語: 統一、進歩、正義)
国歌:Une Seule Nuit(フランス語)ある一夜

公用語

フランス語
首都

ワガドゥグー
最大の都市

ワガドゥグー
政府

大統領

ポール=アンリ・サンダオゴ・ダミバ
首相(英語版)

アルベール・ウエドラオゴ(フランス語版)

面積

総計

274,200km2(72位)
水面積率

0.1%

人口

総計(2020年)

2090万3000[1]人(58位)
人口密度

76.4[1]人/km2GDP(自国通貨表示)

合計(2018年)
8兆9204億2100万[2]CFAフラン
GDP(MER)

合計(2018年)
160億6700万[2]ドル(116位)1人あたり
813.468ドルGDP(PPP)

合計(2018年)
428億8000万[2]ドル(122位)1人あたり
2170.981[2]ドルフランスより

オートボルタとして独立1960年8月5日
現国名へ改称1984年8月4日
通貨

CFAフラン(XOF)
時間帯

UTC(+0) (DST:なし)
ISO 3166-1

BF / BFA
ccTLD

.bf
国際電話番号

226

ブルキナファソ(フランス語: Burkina Faso)は、西アフリカに位置する共和制国家。北にマリ、東にニジェール、南東にベナン、トーゴ、南にガーナ、南西にコートジボワールと国境を接する内陸国である。首都はワガドゥグー。

概要[編集]
第二次世界大戦後、1960年にオートボルタ(Haute-Volta, 上ボルタ)共和国として独立した。独立後、フランスから離れて非同盟路線を歩み、東側諸国と友好関係を築いたが、1987年以降はフランスとの関係を最重視している。
現在の国名は1984年に旧来の国名のオートボルタから改称されたことで正式に決まったもの。

国名[編集]
元々ヴォルダ川の上流に位置するフランスの植民地であったために、オートボルタ(Haute-Volta)と名付けられていた。ブルキナファソはフランス語・英語による正式国名はBurkina Fasoであり、1984年当時の大統領トーマス・サンカラによって改名された。ブルキナ共和国(Republic of Burkina)と表記する場合もある。ただし同国大統領はフランス語でファソ大統領(Président du Faso)と呼称される。国民・形容詞の英語はBurkinan, 又はBurkinabe(bèはフラニ語の接尾辞)。
国名は「ブルキナ」と「ファソ」に意味が分かれており、また単語の言語も異なる。「ブルキナ」はモシ語で「高潔な人」、「ファソ」はジュラ語で「祖国」を意味する。

歴史[編集]
詳細は「ブルキナファソの歴史(英語版)」を参照
モシ人[編集]
伝説上では11世紀ごろ、この地域にモシ人が侵入してモシ王国を建設した。モシ王国は実際にはモシ王国群と呼ぶべきもので、最も強力なワガドゥグー王国を中心に、ヤテンガやテンコドゴなどいくつかの王国からなっていた。モシ王国は14世紀から16世紀にかけて最盛期を迎え、マリ帝国やソンガイ帝国といったニジェール川流域帝国と戦争を繰り返した。その後周辺地域に侵攻を行うことはなくなったものの、モシ王国群はこの地域で結束と独立を保ち続け、19世紀まで存続した[3]。

フランス植民地時代[編集]
モシ人の騎兵隊(1890年)。
1884年から1885年にかけて開催されたベルリン会議 (アフリカ分割)でヨーロッパ列強諸国がアフリカ分割の動きを強めると、西アフリカにはフランスが進出し、1896年にモシ王国の中心であるワガドゥグーがフランスの保護領となった。1898年には現在のブルキナファソに相当する領域全体がフランス保護下に入り、1904年に周辺諸国と共にセネガルのダカールを中心とする広大なフランス領西アフリカの一部としてフランス植民地帝国を構成した。ただしフランスはこの地域では間接統治を行い、モシ王国や旧来の権力構造は残存した[4]。1919年には仏領オートボルタ植民地(英語版)が成立し、1932年にいったん周辺植民地に分割されたものの、地域的なまとまりの強かったこの地は1947年に再び単独の植民地となった[4]。

独立[編集]
第二次世界大戦後の1958年にフランス共和国の自治共和国となり、「アフリカの年」こと1960年にオートボルタ共和国(République de Haute-Volta)として独立した。オート・ボルタとはボルタ川の上流という意味である。初代大統領はモーリス・ヤメオゴであった。1966年にサンゴール・ラミザナによるクーデターが発生しヤメオゴは失脚、ラミザナは1980年にセイェ・ゼルボのクーデターで打倒されるまで、大統領を務めた。ゼルボ大統領も1982年にジャン=バプティスト・ウエドラオゴのクーデターによって失脚した[4]。

サンカラ革命[編集]
1983年にブレーズ・コンパオレによるオートボルタ時代最後のクーデターが起こり、ウエドラオゴ大統領は失脚、かつて首相でありながらも失脚していたトーマス・サンカラが大統領に就任した。サンカラは社会民主主義、革命的民主主義を掲げて社会主義路線を推進し、ブルジョワジーや伝統的首長、イスラームのマラブー(聖人)と対抗しながら、女性の地位向上、識字運動、福祉の向上などを図り、旧宗主国のフランスや領土問題を抱えていた隣国のマリ共和国と対立する一方で、キューバ、リビア、アンゴラ、モザンビーク、北朝鮮、ベナンなどの社会主義国と友好関係を築いた。1984年8月にサンカラは革命事業の一環として国名を「オート・ボルタ共和国」(「ヴォルタ川の上流の共和国」の意)から現在の「ブルキナ・ファソ」(「清廉潔白な人たちの国」の意)に変更し、自ら新国歌「ある一夜」の作詞もした。サンカラへの支持は国民からも高く、「アフリカのチェ・ゲバラ」の異名を取ったカリスマ的な政治家だった。サンカラ政権下の1985年に、ブルキナファソはen:Agacher Strip War(英語: Christmas War)にてマリ共和国と交戦した。

コンパオレ政権以後[編集]
1987年10月15日、サンカラが独裁的かつ行き過ぎた社会主義路線をとっているとして、側近のブレーズ・コンパオレがクーデターを起こし、サンカラは暗殺された。コンパオレは人民戦線を設置し、人民戦線議長(国家元首)に就任。1990年10月にサンカラ時代の急進的左翼路線を放棄し、複数政党制や大統領の直接選挙を柱とする憲法を国民投票にかけ、1992年には複数政党制による総選挙が実施され、大統領に選出された。以後、7年の任期を2回、任期の長さを批判されて短縮された5年の任期を2回、都合27年にわたり大統領として君臨。2014年、翌年の大統領選挙に向けて3選を禁止していた憲法の改正に着手しようとしたところ国民が反発し、同年10月には首都において数十人の死者が出る暴動に発展した(2014年ブルキナファソ反政府運動)。この混乱に対し、軍が収拾に乗り出し内閣を総辞職させ、夜間外出禁止令を出し政権を掌握。事実上、コンパオレ政権が崩壊した[5]。
政権を掌握した軍はいったんオノレ・トラオレ(英語版)陸軍参謀長の元首就任を発表したものの、軍内部や市民からの反発を受け、11月1日にイザック・ジダ中佐が暫定元首に就任[6]。同月には民間人のミシェル・カファンドが暫定大統領に就任し、ジダを暫定首相に任命した[7]。

2015年クーデター[編集]
詳細は「2015年ブルキナファソクーデター(英語版)」を参照
2015年9月16日、コンパオレとつながりのある大統領警備隊(フランス語版)兵士がカファンド暫定大統領とジダ暫定首相、ほか閣僚2名を拘束し、翌17日にクーデターを宣言した。クーデター派は国民民主評議会を設置し、議長にはコンパオレ政権で参謀総長を務めたジルベール・ディエンデレを指名。暫定政権を解散させ、国境を封鎖し、夜間外出禁止令を出した[8]。同日、フランスのフランソワ・オランド大統領がクーデターに対する非難を表明[9]。18日、クーデター派は拘束していたカファンドと閣僚2人を解放。封鎖していた国境を開放した。同日、危機打開に向け、西アフリカ諸国経済共同体議長国セネガルのマッキー・サル大統領と、ベナンのヤイ・ボニ大統領がワガドゥグーに到着した。一方、アフリカ連合は平和安全保障理事会後、ブルキナファソの加盟国資格の即時停止を発表。クーデター参加者の渡航禁止と資産凍結を全加盟国に呼び掛けた[10]。21日、クーデターに反対する政府軍部隊が事態収拾を目指しワガドゥグーに入りクーデター派に武装解除を迫ったことにより、22日に拘束していたジダを解放し降伏に向けた協議に入る[11]。
23日、交渉が妥結したことによりカファンドが暫定大統領に復帰し、クーデターの終結を宣言。カファンドの職務復帰から数時間後、ディエンデレもクーデターの終結を宣言し、反乱部隊と政府軍との全面戦闘は回避された[12][13]。

2015年民政復帰後[編集]
11月には大統領選挙が実施され、ロック・マルク・クリスチャン・カボレ大統領が就任して民政復帰した[14]。
2015年以降の政変で政府が弱体化すると、隣国のマリからイスラム系武装組織が北部に侵入。治安部隊への攻撃が繰り返されている。2019年9月には、北部の都市バルサロゴで人員と物資を輸送していた車両が即席爆発装置により破壊され、乗っていた15人以上が死亡した[15]。一方、政府軍側も武装組織側に対して非公表の反撃を加えており、2020年、国際人権団体はブルキナファソ北部で軍により埋葬された男性180人以上の遺体を発見したとして報告書を公開した[16]。
2022年1月23日に国軍兵士らは国内各地の軍事基地で蜂起し、台頭するイスラム系武装組織に対抗するため政府に軍備増強と軍上層部の解任を要求した。24日、兵士らは首都ワガドゥグーを制圧し国営テレビの生放送で憲法の停止、政府と議会の解散、そして権力の掌握を宣言した(2022年ブルキナファソクーデター)[17][18]。31日、アフリカ連合および西アフリカ諸国経済共同体は加盟資格の停止を発表した。また代表団がクーデター後行方不明となっていたロック・カボレ前大統領を訪問した。この数時間後に軍部は憲法の再開を発表し、ポール=アンリ・サンダオゴ・ダミバを暫定大統領に任命した[19]。

政治[編集]
第7代大統領ロック・マルク・クリスチャン・カボレ
詳細は「ブルキナファソの政治(フランス語版、英語版)」を参照
この節の加筆が望まれています。ブルキナファソは共和制、大統領制をとる立憲国家である。現行憲法は1991年6月11日に制定されたもの。

行政[編集]
国家元首である大統領は、国民の直接選挙により選出され、任期は5年。3選は禁止されている。首相は国民議会との協議に基づき、大統領により任命される。内閣に相当する閣僚評議会のメンバーは、首相の推薦に基づき、大統領が任命する。

「ブルキナファソの大統領一覧」および「ブルキナファソの首相一覧(英語版)」も参照
立法[編集]
議会は一院制で、正式名称は国民議会。定数127議席[20]。議員は比例代表制に基づく選挙で選出され、任期は5年である。

政党[編集]
主要政党としては、ロック・マルク・クリスチャン・カボレ大統領率いる進歩人民運動(MPP)が2015年選挙で55議席を得、第一党となっている。次いで、進歩再生連合(UPC)が33議席で第2党となっている。前大統領ブレーズ・コンパオレの与党であった民主進歩会議(CDP) はコンパオレ政権下で圧倒的な議席数を得ていたものの、政権崩壊後の2015年選挙では18議席、第3党となった。

「ブルキナファソの政党」も参照
司法[編集]
最高司法機関は最高裁判所である。

この節の加筆が望まれています。国際関係[編集]
詳細は「ブルキナファソの国際関係(英語版)」を参照
ブルキナファソはかつて1961年12月から1973年10月まで台湾、1973年9月から1994年2月まで中国と国交を持っていた[21]。1994年2月から台湾と復交して中国と断交していたが、2018年5月24日に再度台湾との断交を発表し、5月26日に中国と復交した。なお、2017年に中国から500億ドルの供与を条件に中国との復交と台湾との断交を持ちかけられたが当時は断っている[22]。

この節の加筆が望まれています。日本との関係[編集]
詳細は「日本とブルキナファソの関係」を参照
1960年のオート・ボルタ共和国の独立と同時に同国を承認、1979年より経済協力を開始した。当初は食糧援助や肥料等の援助が中心で、水、教育等に協力分野を広げ、今では保健、農業、環境と協力分野が広がっている。日本との貿易は日本の大幅な黒字であり、日本からは機械類や自動車が主に輸出される。ブルキナファソから日本への輸出品はゴマがほとんどであり、2016年には、ブルキナファソの対日輸出の96.3%がゴマによって占められていた[23]。2017年データでは、ブルキナファソは日本のゴマ輸入国第1位となっており、日本のゴマ輸入量の約27%がブルキナファソ産によって占められていた[24]。
2009年1月に在ブルキナファソ日本国大使館が開館した。経済協力分野に加え、日本国大使館や国際交流基金が主催する文化面での交流も活発に行われるようになった。また、2009年には同国では初めてとなる文部科学省国費留学生選考試験が行われるなど人物交流も盛んである。初代駐ブルキナファソ特命全権大使は杉浦勉が務めた。
2010年から2013年までサッカーブルキナファソ代表のウィルフリード・サヌがJリーグの浦和レッズや京都サンガF.C.に所属し活躍した[25]。
2015年8月、前年より練習生として四国アイランドリーグplusの高知ファイティングドッグスに所属していたサンホ・ラシィナが高知球団と選手契約を結び、ブルキナファソで初めてプロリーグに所属する野球選手となった[26]。

在留日本人数 – 59人(2021年1月現在)[27]
在日ブルキナファソ人数 – 178人(2019年12月現在)[27]軍事[編集]
詳細は「ブルキナファソの軍事(英語版)」を参照
この節の加筆が望まれています。地理[編集]
ブルキナファソの地図
ヴォルタ川の色分け
詳細は「ブルキナファソの地理(英語版)」を参照
ブルキナファソの国土は標高180mから300mほどの高原をなしており、全体的に起伏が乏しく平坦な地形をしている。西部には丘陵が存在するが、国土の最高地点でも749mにすぎない[28]。国土を北から南へ3本のヴォルタ川の支流が流れ、これがかつての国名である「オート・ボルタ」の由来ともなった。この3本の支流のうち、最も西を流れるのが黒ヴォルタ川である。赤ヴォルタ川は国土の中央部を流れ、そのやや東を白ヴォルタ川が流れている[3]。これらの河川はガーナ国内で合流し、最終的にはギニア湾に注ぐ。
降水量は緯度にほぼ比例し、北へ行くほど降水量は少なくなる。南部はケッペンの気候区分ではサバナ気候 (Aw)に相当し、サバナが広がる。最も雨の多い南西部の降水量は年間約1150mm程度である。首都ワガドゥグーを含む中部はステップ気候(BS)に属する。国土の北部はサヘル地帯にあたり、砂漠化が少しずつ進行している。最北部の年間降水量は250mm程度に過ぎない[28]。

この節の加筆が望まれています。
地方行政区画[編集]
ブルキナファソの地方
地形図
詳細は「ブルキナファソの行政区画」を参照
ブルキナファソは13地方、45県、301郡に分割されている。

ブクル・デュ・ムウン地方(Boucle du Mouhoun)(コッシ県・スル県・ナヤラ県・バレ県・バンワ県・ムフン県)
カスカード地方(Cascades)(コモエ県・レラバ県)
中部地方(Centre)(カディオゴ県)
中東部地方(Centre-Est)(クリテンガ県・クルペロゴ県・ブルグ県)
中北部地方(Centre-Nord)(サンマテンガ県・ナメテンガ県・バム県)
中西部地方(Centre-Ouest)(サンギエ県・シッシリ県・ジロ県・ブルキアンデ県)
中南部地方(Centre-Sud)(ズンドウェオゴ県・ナウリ県・バゼガ県)
東部地方(Est)(グナグナ県・グルマ県・コモンジャリ県・コンピエンガ県・タポア県)
上流域地方(Hauts-Bassins)(ケネドゥグ県・トゥイ県・フエ県)
北部地方(Nord)(ゾンドマ県・パッソレ県・ヤテンガ県・ロルム県)
中央大地地方(Plateau-Central)(ウブリテンガ県・ガンズル県・クルウェゴ県)
サヘル地方(Sahel)(ウダラン県・スム県・セノ県・ヤガ県)
南西部地方(Sud-Ouest)(イオバ県・ヌンビエル県・ブグリバ県・ポニ県)主要都市[編集]
詳細は「ブルキナファソの都市の一覧」を参照
最大都市は首都のワガドゥグーである。ワガドゥグーは国土のほぼ中央に位置し、政治の中心地である。これに次ぐ都市は西部のボボ・ディウラッソである。ボボ・ディウラッソは周辺の農産物の集散地となっている。ブルキナファソの都市としてはこの両都市が突出しており[29]、これ以外に人口10万人を超える都市は存在しない。

経済[編集]
首都ワガドゥグー
詳細は「ブルキナファソの経済(英語版)」を参照
IMFの推計によると、2013年のブルキナファソのGDPは120億ドルである。一人当たりのGDPでは711ドルとなり、隣国のガーナやコートジボワールと比べると半分ほどで、世界平均の10%未満の水準にある。輸入超過を慢性的に計上しているが、1994年から貿易額自体が膨張し、赤字もふくらんでいる[30]。
農業を主体とする第一次産業の従事者が78.4%(2006年)、GDPの35%を占めているが、表土は痩せたラテライトに覆われており、灌漑設備も整っていないため天水農業が主である[31]。全世界の生産量では雑穀(ほとんどがトウジンビエである)が7位、ソルガムが10位を占める(2014年)。輸出用作物としては綿花が重要であり、2015年には総輸出の13.6%を占める第2位の輸出品となっているほか、世界7位の生産量を誇るゴマも輸出品として重要であり、2015年には輸出の7.8%を占める第3位の輸出品となっている[32]。
古代から重要だった金の採掘は現代でも続いており、2008年の5トンから2009年には11トン以上、2014年には36トンにまでに伸びている[23]。1991年以来、鉱山地理局をふくむ国営企業の民営化を推進したことにより投資環境が整備された。その結果、2009年に鉱山開発権の付与数が前年比62件増の599件となり、同部門への投資額は約734億円に上った。外資の出所は、イギリス、カナダ、オーストラリア、アメリカなどの企業であるが、当然ながら多国籍企業もふくまれる。2015年には金の輸出は総輸出の61.7%を占め、ブルキナファソ経済の柱となっている[23]。鉱山は零細企業も多く、危険と隣り合わせになっている。また、少なからず児童労働がはびこっており問題視されてきた。ユニセフなどのプロジェクトにより、児童労働は2000年から2012年の間に3分の2まで減少したが、極端な貧困という背景もありゼロには至らない[33]。
すでにフランス植民地時代より人口過剰のため、周辺諸国への出稼ぎがさかんに行われてきた[29]。こうした移民の流出先は南側の沿岸諸国、なかでも特にコートジボワールが大半を占めており、1988年の時点でコートジボワールにいた300万人の移民のうち、ブルキナファソ人は51%、150万人以上にも上っていた[34]。こうした移民の多くはカカオ農園の労働者として働いているが、コートジボワール大統領だったコナン・ベディエの「イボワリテ」政策以降、労働条件が悪化。多数が帰国した。
国内で電力需給を賄うことができず、隣国から電力を輸入している。このため2030年を目標に電力需要の30%を太陽光発電で賄うことを目指しており、2017年には首都ワガドゥグー郊外に西アフリカ最大規模の出力33MWの太陽光発電所が建設されている[35]。

交通[編集]
植民地時代に作られた鉄道駅(ボボ・ディウラッソ)
詳細は「ブルキナファソの交通(英語版)」を参照
交通としては、植民地時代の1954年に開通したアビジャン・ニジェール鉄道が首都ワガドゥグーからクドゥグやボボ・ディウラッソを通って、南のコートジボワールの最大都市・輸出港であるアビジャンとの間を結んでいる。1991年にはワガドゥグーから北のカヤまで延伸された[29]。
貨物輸送が主で旅客輸送も行っているものの、老朽化や輸送力の少なさによって経営難が続いており[36]、輸送の主力は道路交通へと移行している。
空運は、ワガドゥグー空港とボボ・ディウラッソ空港の2つの国際空港が存在するほか、地方にいくつかの小規模な空港が存在する。ワガドゥグー空港はエール・ブルキナがハブ空港としており、ボボ・ディウラッソや周辺諸国へ航空便を就航させている。

国民[編集]
第2の都市ボボ・ディウラッソにあるイスラームの大モスク。
首都ワガドゥグーにあるカトリック教会の大聖堂。
詳細は「ブルキナファソの人口統計(フランス語版、英語版)」を参照
民族[編集]
モシ人が約40%、プル人(フラニ人)、グルマンチェ人、グルンシ人、ボボ人、ロビ人、マンデ人などモシ人以外の民族が約60%を占める[37]。

言語[編集]
詳細は「ブルキナファソの言語(フランス語版、英語版)」を参照
公用語はフランス語であり、90%の国民がモシ語などニジェール・コンゴ語族のスーダン系言語を話している[37]。

宗教[編集]
詳細は「ブルキナファソの宗教(フランス語版、英語版)」を参照
イスラームが60%、ローマ・カトリックが19%、アニミズムが15.3%、プロテスタントが4.2%、その他が0.6%、無宗教が0.4%である[37]。ブルキナファソのイスラームはスンナ派のマーリク法学派が優勢である。

「ブルキナファソにおける信教の自由(英語版)」も参照
この節の加筆が望まれています。教育[編集]
詳細は「ブルキナファソの教育(フランス語版、英語版)」を参照
2003年の推計によれば、15歳以上の国民の識字率は21.8%(男性:29.4%、女性:15.2%)である[37]。2010年の教育支出はGDPの4%だった[37]。教育制度は小学校6年、中学校4年、高校3年、大学4年であり、小学校・中学校の10年間が義務教育である。教授言語はフランス語である[38]。

保健[編集]
詳細は「ブルキナファソの保健(英語版)」を参照
この節の加筆が望まれています。治安[編集]
2016年以降、ブルキナファソ国内では、イスラム過激派組織によるテロが急増している。当初、北部地方を中心に相次いで発生していた治安機関や行政機関等を標的とした襲撃や誘拐は、その後は東部、南部及び西部地方にも拡大しており、最近では一般市民を標的とした事件も見受けられる。特にマリやニジェールといった治安が不安定な国々との国境付近では、イスラム過激派組織が活発に活動しており、テロや誘拐のリスクが極めて高い危険な地域となっている。
また、ブルキナファソにおいては一部地域で民族間の衝突をはじめ、都市を中心に窃盗、強盗(路上封鎖や銃器によるものも含む)等の一般犯罪も発生しており、治安情勢は悪化傾向にある[39]。

この節の加筆が望まれています。人権[編集]
詳細は「ブルキナファソの人権(英語版)」を参照
この節の加筆が望まれています。マスコミ[編集]
詳細は「ブルキナファソのメディア(英語版)」を参照
この節の加筆が望まれています。文化[編集]
詳細は「ブルキナファソの文化(英語版)」を参照
食文化[編集]
詳細は「ブルキナファソ料理」を参照
この節の加筆が望まれています。文学[編集]
詳細は「ブルキナファソ文学(英語版)」を参照
この節の加筆が望まれています。音楽[編集]
詳細は「ブルキナファソの音楽(英語版)」を参照
この節の加筆が望まれています。映画[編集]
詳細は「ブルキナファソの映画(フランス語版、英語版)」を参照
ブルキナファソでは1969年以降、首都・ワガドゥグーでアフリカ最大の映画祭の一つである『ワガドゥグ全アフリカ映画祭』が開催されている。

世界遺産[編集]
詳細は「ブルキナファソの世界遺産」を参照
ブルキナファソ国内には、ユネスコの世界遺産リストに登録された文化遺産が2件、自然遺産が1件存在する。2009年には国内最初の世界遺産としてロロペニの遺跡群が登録され、2017年にはニジェールのみの登録となっていたW国立公園が、隣接するベナン・ブルキナファソ両国を含む形でW・アルリ・パンジャリ自然公園群として拡大された[40]。その後、2019年にはブルキナファソの古代製鉄遺跡群が文化遺産として登録された[41]。

祝祭日[編集]
日付
日本語表記
現地語表記
備考
1月1日
元日
Jour de l’an

1月3日
1996年反乱記念日

3月8日
国際婦人デー
Journée de la femme

春分の日以降の満月の次の日曜日
復活祭
Pâques
変動あり
5月1日
メーデー
Fête du Travail

復活祭から40日後
主の昇天
Ascension

復活祭から50日後
ペンテコステ
Pentecôte

8月4日
人民共和国発足記念日
Anniversaire de la révolution

8月5日
独立祭
Fête de l’indépendance

8月15日
聖母被昇天
Assomption

10月15日
国家改善運動の日
Anniversaire de la rectification

11月1日
諸聖人の日
Toussaint
全ての聖人と殉教者を記念する日
12月11日
独立記念日
Fête nationale
フランスの自治共和国になった日
12月25日
クリスマス
Noël
イエス・キリスト生誕
ヒジュラ暦第3月12日
預言者生誕祭
Mouloud
預言者ムハンマドのヒジュラ暦による誕生日
ヒジュラ暦第9月
ラマダーン
Ramadan

イード・アル=アドハー
Tabaski (Aïd el-Kebir)
ラマダン明けから70日後
スポーツ[編集]
詳細は「ブルキナファソのスポーツ」を参照
ブルキナファソ国内でも他のアフリカ諸国同様に、サッカーが圧倒的に1番人気のスポーツとなっている。1961年にサッカーリーグのブルキナファソ・プレミアリーグ(英語版)が創設された。ブルキナファソサッカー協会(英語版)によって構成されるサッカーブルキナファソ代表は、これまでFIFAワールドカップには未出場である。しかしアフリカネイションズカップには12度出場しており、2013年大会では準優勝に輝いている。

「ブルキナファソのサッカー(英語版)」も参照
著名な出身者[編集]
詳細は「ブルキナファソ人の一覧(英語版)」を参照
トーマス・サンカラ – 政治家、革命家
アラサン・ドラボ – 彫刻家
イドリッサ・ウエドラオゴ – 映画監督
ガストン・カボーレ – 映画監督
ウィルフリード・サヌ – 元サッカー選手
バカリ・コネ – サッカー選手
ベルトラン・トラオレ – サッカー選手
ラシナ・トラオレ – サッカー選手脚注[編集]
[脚注の使い方]
^ a b “UNdata”. 国連. 2021年11月5日閲覧。

^ a b c d “World Economic Outlook Database” (英語). IMF. 2021年10月19日閲覧。

^ a b 田辺裕、島田周平、柴田匡平、1998、『世界地理大百科事典2 アフリカ』p.461、朝倉書店 ISBN 4254166621

^ a b c 田辺裕、島田周平、柴田匡平、1998、『世界地理大百科事典2 アフリカ』p.462、朝倉書店 ISBN 4254166621

^ “反大統領デモ発生のブルキナファソ、軍が政権掌握を宣言”. AFPBBNews (フランス通信社). (2014年10月31日). http://www.afpbb.com/articles/-/3030460 2014年11月1日閲覧。 

^ 「ブルキナファソ野党側、軍の実権掌握をけん制 大規模デモ呼びかけ」AFPBB 2014年11月2日 2019年12月21日閲覧

^ 「ブルキナファソ基礎データ」日本国外務省 令和元年7月1日 2019年12月21日閲覧

^ “ブルキナファソ、大統領警備隊がクーデター宣言”. AFPBBNews (フランス通信社). (2015年9月17日). http://www.afpbb.com/articles/-/3060672 2015年9月19日閲覧。 

^ “クーデター非難=仏大統領”. シブヤ経済新聞 (みんなの経済新聞ネットワーク). (2015年9月19日). http://www.shibukei.com/gpnews/225945/ 2015年9月25日閲覧。 

^ “暫定大統領ら解放=AUは加盟資格停止発表-ブルキナファソ”. 時事ドットコム (時事通信社). (2015年9月19日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201509/2015091900081 2015年9月25日閲覧。 

^ “ブルキナファソ:反乱部隊が首相を解放 降伏に向け協議”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2015年9月22日). オリジナルの2015年9月24日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150924222806/http://mainichi.jp/select/news/20150923k0000m030068000c.html 2015年9月25日閲覧。 

^ “ブルキナのクーデター失敗、暫定大統領が職務復帰”. AFPBBNews (フランス通信社). (2015年9月24日). http://www.afpbb.com/articles/-/3061052 2015年9月25日閲覧。 

^ “ブルキナファソ:全面戦闘回避し暫定政府大統領が復帰へ”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2015年9月24日). http://mainichi.jp/select/news/20150924k0000e030205000c.html 2015年9月25日閲覧。 

^ 「ブルキナファソ基礎データ」日本国外務省 令和元年7月1日 2019年12月19日閲覧

^ “イスラム過激派が2度の車両攻撃、29人死亡 ブルキナファソ”. AFP (2019年9月9日). 2019年9月19日閲覧。

^ “ブルキナファソで180人集団埋葬 軍関与か”. AFP (2020年7月8日). 2020年7月12日閲覧。

^ “ブルキナ兵士ら、政権掌握を宣言 国連はクーデターと非難”. AFP通信社 (2022年1月25日). 2022年1月25日閲覧。

^ “Burkina Faso military says it has seized power”. BBC (2022年1月25日). 2022年1月25日閲覧。

^ “Burkina Faso restores constitution, names coup leader president”. アルジャジーラ (2022年1月31日). 2022年2月1日閲覧。

^ 「ブルキナファソ基礎データ」日本国外務省 令和元年7月1日 2019年12月19日閲覧

^ Shinn, David H.; Eisenman, Joshua (2012). China and Africa: A Century of Engagement. Philadelphia: University of Pennsylvania Press. p. 248. .mw-parser-output cite.citationfont-style:inherit.mw-parser-output .citation qquotes:”””””””‘””‘”.mw-parser-output .id-lock-free a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-free abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/6/65/Lock-green.svg”)right 0.1em center/9px no-repeat.mw-parser-output .id-lock-limited a,.mw-parser-output .id-lock-registration a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-limited a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-registration abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/d/d6/Lock-gray-alt-2.svg”)right 0.1em center/9px no-repeat.mw-parser-output .id-lock-subscription a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-subscription abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/a/aa/Lock-red-alt-2.svg”)right 0.1em center/9px no-repeat.mw-parser-output .cs1-subscription,.mw-parser-output .cs1-registrationcolor:#555.mw-parser-output .cs1-subscription span,.mw-parser-output .cs1-registration spanborder-bottom:1px dotted;cursor:help.mw-parser-output .cs1-ws-icon abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/4/4c/Wikisource-logo.svg”)right 0.1em center/12px no-repeat.mw-parser-output code.cs1-codecolor:inherit;background:inherit;border:none;padding:inherit.mw-parser-output .cs1-hidden-errordisplay:none;font-size:100%.mw-parser-output .cs1-visible-errorfont-size:100%.mw-parser-output .cs1-maintdisplay:none;color:#33aa33;margin-left:0.3em.mw-parser-output .cs1-formatfont-size:95%.mw-parser-output .cs1-kern-left,.mw-parser-output .cs1-kern-wl-leftpadding-left:0.2em.mw-parser-output .cs1-kern-right,.mw-parser-output .cs1-kern-wl-rightpadding-right:0.2em.mw-parser-output .citation .mw-selflinkfont-weight:inheritISBN 081-220-800-5 

^ “中国、台湾との断交提案 ブルキナに5兆円示す “金銭外交”露呈”. 産経ニュース. (2017年1月26日). http://www.sankei.com/world/news/170126/wor1701260028-n1.html 2017年1月26日閲覧。 

^ a b c 「データブック オブ・ザ・ワールド 2018年版 世界各国要覧と最新統計」p301 二宮書店 平成30年1月10日発行

^ 「エチオピア企業がゴマの市場開拓を目指す「FOODEX JAPAN 2018」に出展」JETRO地域・分析レポート 2018年5月16日 2019年12月20日閲覧

^ ウィルフリード・サヌ – J. League Data Siteによる選手データ (日本語)

^ “ラシィナ選手とFDが契約 ブルキナ出身者初めてプロ昇格”. 高知新聞. (2015年8月26日). http://www.kochinews.co.jp/il/15il/150826news02.htm 2015年8月29日閲覧。 

^ a b 外務省 ブルキナファソ基礎データ

^ a b 田辺裕、島田周平、柴田匡平、1998、『世界地理大百科事典2 アフリカ』p.459、朝倉書店 ISBN 4254166621

^ a b c 田辺裕、島田周平、柴田匡平、1998、『世界地理大百科事典2 アフリカ』p.460、朝倉書店 ISBN 4254166621

^ ブルキナファソ国立統計人口動態研究所「2008年版統計年鑑」2009年4月

^ 田辺裕、島田周平、柴田匡平、1998、『世界地理大百科事典2 アフリカ』p.465、朝倉書店 ISBN 4254166621

^ 「データブック オブ・ザ・ワールド 2018年版 世界各国要覧と最新統計」p300-301 二宮書店 平成30年1月10日発行

^ “ブルキナファソ:家族のために働く子どもたち 職業訓練で、鉱山での労働から解放へ”. unicef (2014年6月11日). 2022年5月27日閲覧。

^ 「西部・中部アフリカ」(ベラン世界地理体系9)p84 田辺裕・竹内信夫監訳 朝倉書店 2017年1月15日初版第1刷

^ 西アフリカ最大の太陽光発電所、運転開始 ブルキナファソ AFP(2017年12月14日)2017年12月14日閲覧

^ 「世界の鉄道」p331 一般社団法人海外鉄道技術協力協会著 ダイヤモンド・ビッグ社 2015年10月2日初版発行

^ a b c d e CIA World Factbook “Burkina Faso”2013年7月3日閲覧。

^ 「諸外国・地域の教育情報 ブルキナファソ」日本国外務省 平成29年11月 2019年12月20日閲覧

^ “ブルキナファソ 安全対策基礎データ”. 外務省. 2022年1月15日閲覧。

^ 「第41回ユネスコ世界遺産委員会について(概要)」p3 文化庁記念物課世界文化遺産室 平成29年7月 2019年12月20日閲覧

^  「第43回ユネスコ世界遺産委員会について(概要)」p3 文化庁記念物課世界文化遺産室 2019年12月20日閲覧

参考文献[編集]
岩田拓夫「アフリカの革命政権再考 : トマ・サンカラが遺したもの」『宮崎大学教育文化学部紀要. 社会科学』第19巻、宮崎大学教育文化学部、2008年9月30日、 1-23頁、 ISSN 1345-4013。関連項目[編集]

ウィキメディア・コモンズには、ブルキナファソに関連するメディアおよびカテゴリがあります。ブルキナファソ関係記事の一覧(英語版)
ブルキナファソのサッカー(英語版)
ブルキナファソの都市の一覧
ワガドゥグ全アフリカ映画祭
ブルキナファソのスポーツ
ソナポスト外部リンク[編集]
政府
ブルキナファソ政府 (フランス語)
駐日ブルキナファソ大使館 (日本語)日本政府
日本外務省 – ブルキナファソ (日本語)
在ブルキナファソ日本国大使館 (日本語)
観光
日本ブルキナファソ友好協会 (日本語)
報道
ブルキナファソ見聞録 岡田綾(JICA職員)
その他
『ブルキナファソ』 – コトバンク表話編歴 アフリカの国と地域北アフリカ
アルジェリア
エジプト1
スーダン
チュニジア
モロッコ
リビア西アフリカ
ガーナ
カーボベルデ
ガンビア
ギニア
ギニアビサウ
コートジボワール
シエラレオネ
セネガル
トーゴ
ナイジェリア
ニジェール
ブルキナファソ
ベナン
マリ
モーリタニア
リベリア東アフリカ
ウガンダ
エチオピア
エリトリア
ケニア
コモロ
ザンビア
ジブチ
ジンバブエ
セーシェル
ソマリア
タンザニア
ブルンジ
マダガスカル
マラウイ
南スーダン
モーリシャス
モザンビーク
ルワンダ中部アフリカ
アンゴラ
ガボン
カメルーン
コンゴ共和国
コンゴ民主共和国
サントメ・プリンシペ
赤道ギニア
チャド
中央アフリカ共和国南部アフリカ
エスワティニ
ナミビア
ボツワナ
南アフリカ共和国
レソト独立主張のある地域
ジュバランド
ソマリランド
南西ソマリア
西サハラ(サハラ・アラブ民主共和国)
プントランド
南カメルーン他地域に本土がある国の離島
イエメン
ソコトラ島
アブドゥルクーリー島イタリア
パンテッレリーア
ペラージェ諸島
海外領土・自治領・その他の地域
イギリス
セントヘレナ・アセンションおよびトリスタンダクーニャスペイン
カナリア諸島
セウタ
メリリャ
プラサス・デ・ソベラニアフランス
マヨット
レユニオン
フランス領インド洋無人島群ポルトガル
マデイラ諸島無主地
ビル・タウィール

国連による世界地理区分。各列内は五十音順。独立国および西サハラはアフリカ連合に加盟。※ 1 一部はアジアに含まれる。
表話編歴イスラム協力機構加盟国
アゼルバイジャン
アフガニスタン
アラブ首長国連邦
アルジェリア
アルバニア
イエメン
イラク
イラン
ウガンダ
ウズベキスタン
エジプト
オマーン
ガイアナ
カザフスタン
カタール
ガボン
カメルーン
ガンビア
ギニア
ギニアビサウ
キルギス
クウェート
コートジボワール
コモロ
サウジアラビア
シエラレオネ
ジブチ
シリア
スーダン
スリナム
セネガル
ソマリア
タジキスタン
チャド
チュニジア
トーゴ
トルクメニスタン
トルコ
ナイジェリア
ニジェール
パキスタン
パレスチナ
バーレーン
バングラデシュ
ブルキナファソ
ベナン
マリ共和国
モザンビーク
モーリタニア
モルディブ
モロッコ
ヨルダン
リビア
レバノン
表話編歴 フランコフォニー国際機関加盟国
アルバニア
アンドラ
アルメニア
ベルギー(フランス語共同体)
ベナン
ブルガリア
ブルキナファソ
ブルンジ
カンボジア
カメルーン
カナダ(ケベック州、ニューブランズウィック州)
カーボヴェルデ
中央アフリカ共和国
コモロ
コンゴ民主共和国
コンゴ共和国
コートジボワール
ジブチ
ドミニカ国
エジプト
フランス
ガボン
ギリシャ
ルクセンブルク
ギニア
ギニアビサウ
赤道ギニア
ハイチ
ラオス
レバノン
北マケドニア
マダガスカル
マリ
モロッコ
モーリシャス
モーリタニア
モルドバ
モナコ
ニジェール
ルーマニア
ルワンダ
セントルシア
サントメ・プリンシペ
セネガル
セーシェル
スイス
チャド
トーゴ
チュニジア
バヌアツ
ベトナム準加盟国
キプロス
ガーナ
ニューカレドニア
カタールオブザーバー
アルゼンチン
オーストリア
ボスニア・ヘルツェゴビナ
韓国
コスタリカ
クロアチア
アラブ首長国連邦
エストニア
ジョージア
ハンガリー
コソヴォ
ラトビア
リトアニア
メキシコ
モンテネグロ
モザンビーク
オンタリオ州
ポーランド
ドミニカ共和国
チェコ
セルビア
スロバキア
スロベニア
ウクライナ
ウルグアイ資格停止中
タイ
典拠管理
BIBSYS: 90874248
BNE: XX451485
BNF: cb11934219d (データ), cb152872870 (データ), cb118727921 (データ)
FAST: 1229910
GND: 4088707-8
HDS: 003438
ISNI: 0000 0004 0413 3505
J9U: 987007564754305171
LCCN: n84112192
MBAREA: 5f886d01-5c12-3abb-b8be-d758b282ab05
NARA: 10035682
NDL: 00568992
NKC: ge128862
RERO: 02-A000024359
SELIBR: 141850
SUDOC: 026489112, 027261689
TDVİA: burkina-faso
VIAF: 140653363
WorldCat Identities: lccn-n84112192

「https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ブルキナファソ&oldid=90887973」から取得
カテゴリ: ブルキナファソ内陸国共和国フランコフォニー加盟国国際連合加盟国アフリカ連合加盟国イスラム協力機構加盟国隠しカテゴリ: ISBNマジックリンクを使用しているページ日本語版記事がリダイレクトの仮リンクを含む記事書きかけの節のある項目BIBSYS識別子が指定されている記事BNE識別子が指定されている記事BNF識別子が指定されている記事FAST識別子が指定されている記事GND識別子が指定されている記事HDS識別子が指定されている記事ISNI識別子が指定されている記事J9U識別子が指定されている記事LCCN識別子が指定されている記事MusicBrainz地域識別子が指定されている記事NARA識別子が指定されている記事NDL識別子が指定されている記事NKC識別子が指定されている記事RERO識別子が指定されている記事SELIBR識別子が指定されている記事SUDOC識別子が指定されている記事TDVİA識別子が指定されている記事VIAF識別子が指定されている記事WORLDCATID識別子が指定されている記事

評価: 4~5 つ星
レビュー: 9248
再生回数: 90 02
[spincontent type=”j”]

Youtube

2. ブルキナファソの国名のブルキナはモシ語で「●な人」を意味するが、●に入るのは? Yomiuri

Yomiuri
ブルキナファソの国名のブルキナはモシ語で「●な人」を意味するが、●に入るのは?

説明: ブルキナファソの国名のブルキナはモシ語で「●な人」を意味するが、●に入るのは? に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 ブルキナファソの国名のブルキナはモシ語で「●な人」を意味するが、●に入るのは? は、読売で検索されたもので、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 50 54
[spincontent type=”j”]

3. ブルキナファソの国名のブルキナはモシ語で「●な人」を意味するが、●に入るのは? Asahi Shimbun

朝日新聞
ブルキナファソの国名のブルキナはモシ語で「●な人」を意味するが、●に入るのは?

説明: 朝日新聞で検索した ブルキナファソの国名のブルキナはモシ語で「●な人」を意味するが、●に入るのは? に関する上記の情報が、ブルキナファソの国名のブルキナはモシ語で「●な人」を意味するが、●に入るのは? に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 9428
[spincontent type=”j”]

4. ブルキナファソの国名のブルキナはモシ語で「●な人」を意味するが、●に入るのは? The Japan Times

The Japan Times
ブルキナファソの国名のブルキナはモシ語で「●な人」を意味するが、●に入るのは?

説明: ジャパン タイムズで検索した ブルキナファソの国名のブルキナはモシ語で「●な人」を意味するが、●に入るのは? に関する記事のトップです。ブルキナファソの国名のブルキナはモシ語で「●な人」を意味するが、●に入るのは? に関する疑問を解決するのに役立ちます。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 9388
[spincontent type=”j”]

5. ブルキナファソの国名のブルキナはモシ語で「●な人」を意味するが、●に入るのは? Yomiuri Shimbun

読売新聞
ブルキナファソの国名のブルキナはモシ語で「●な人」を意味するが、●に入るのは?

説明: ブルキナファソの国名のブルキナはモシ語で「●な人」を意味するが、●に入るのは? に関する詳細情報はすでにありますか? ブルキナファソの国名のブルキナはモシ語で「●な人」を意味するが、●に入るのは? という記事が読売新聞で検索されました。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 7573
[spincontent type=”j”]

6. ブルキナファソの国名のブルキナはモシ語で「●な人」を意味するが、●に入るのは? Mainichi Shimbun

毎日新聞
ブルキナファソの国名のブルキナはモシ語で「●な人」を意味するが、●に入るのは?

説明: 毎日新聞で見つけた ブルキナファソの国名のブルキナはモシ語で「●な人」を意味するが、●に入るのは? に関する上記の情報が、ブルキナファソの国名のブルキナはモシ語で「●な人」を意味するが、●に入るのは? に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 2295
[spincontent type=”j”]

7. ブルキナファソの国名のブルキナはモシ語で「●な人」を意味するが、●に入るのは? Sankei Shimbun

産経新聞
ブルキナファソの国名のブルキナはモシ語で「●な人」を意味するが、●に入るのは?

説明: 産経新聞で検索した ブルキナファソの国名のブルキナはモシ語で「●な人」を意味するが、●に入るのは? に関する記事のトップです。ブルキナファソの国名のブルキナはモシ語で「●な人」を意味するが、●に入るのは? に関する疑問を解決するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 2222
[spincontent type=”j”]

8. ブルキナファソの国名のブルキナはモシ語で「●な人」を意味するが、●に入るのは? Nihon Keizai Shimbun

日本経済新聞
ブルキナファソの国名のブルキナはモシ語で「●な人」を意味するが、●に入るのは?

説明: ブルキナファソの国名のブルキナはモシ語で「●な人」を意味するが、●に入るのは? に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 ブルキナファソの国名のブルキナはモシ語で「●な人」を意味するが、●に入るのは? は、日本経済新聞で検索され、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 8602
[spincontent type=”j”]

9. ブルキナファソの国名のブルキナはモシ語で「●な人」を意味するが、●に入るのは? Chunichi Shimbun

中日新聞
ブルキナファソの国名のブルキナはモシ語で「●な人」を意味するが、●に入るのは?

説明: 中日新聞で検索した ブルキナファソの国名のブルキナはモシ語で「●な人」を意味するが、●に入るのは? に関する上記の情報が、ブルキナファソの国名のブルキナはモシ語で「●な人」を意味するが、●に入るのは? に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 7844
[spincontent type=”j”]

10. ブルキナファソの国名のブルキナはモシ語で「●な人」を意味するが、●に入るのは? Tokyo Shimbun

東京新聞
ブルキナファソの国名のブルキナはモシ語で「●な人」を意味するが、●に入るのは?

説明: ブルキナファソの国名のブルキナはモシ語で「●な人」を意味するが、●に入るのは? に関する質問を解決するために、東京新聞で検索した ブルキナファソの国名のブルキナはモシ語で「●な人」を意味するが、●に入るのは? に関する記事のトップです。
評価: 4~5 つ星
評価: 5282
[spincontent type=”j”]

11. ブルキナファソの国名のブルキナはモシ語で「●な人」を意味するが、●に入るのは? Nihon Kogyo Simbun

日本工業新聞
ブルキナファソの国名のブルキナはモシ語で「●な人」を意味するが、●に入るのは?

説明: ブルキナファソの国名のブルキナはモシ語で「●な人」を意味するが、●に入るのは? に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 ブルキナファソの国名のブルキナはモシ語で「●な人」を意味するが、●に入るのは? は日本工業新聞で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 9455
[spincontent type=”j”]

12. ブルキナファソの国名のブルキナはモシ語で「●な人」を意味するが、●に入るのは? Nikkan Kogyo Shimbun

日刊工業新聞
ブルキナファソの国名のブルキナはモシ語で「●な人」を意味するが、●に入るのは?

説明: 日刊工業新聞で見つけた ブルキナファソの国名のブルキナはモシ語で「●な人」を意味するが、●に入るのは? に関する上記の情報が、ブルキナファソの国名のブルキナはモシ語で「●な人」を意味するが、●に入るのは? に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 31 10
[spincontent type=”j”]

13. ブルキナファソの国名のブルキナはモシ語で「●な人」を意味するが、●に入るのは? Ainu Times

アイヌタイムス
ブルキナファソの国名のブルキナはモシ語で「●な人」を意味するが、●に入るのは?

説明: アイヌ タイムズで検索した ブルキナファソの国名のブルキナはモシ語で「●な人」を意味するが、●に入るのは? に関する記事のトップです。ブルキナファソの国名のブルキナはモシ語で「●な人」を意味するが、●に入るのは? に関する質問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 4601
[spincontent type=”j”]

14. ブルキナファソの国名のブルキナはモシ語で「●な人」を意味するが、●に入るのは? Akita Sakigake Shimpo

秋田魁新報
ブルキナファソの国名のブルキナはモシ語で「●な人」を意味するが、●に入るのは?

説明: ブルキナファソの国名のブルキナはモシ語で「●な人」を意味するが、●に入るのは? に関する詳細情報はすでにありますか? ブルキナファソの国名のブルキナはモシ語で「●な人」を意味するが、●に入るのは? という記事は、秋田魁新報で検索したものです。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 41 18
[spincontent type=”j”]

15. ブルキナファソの国名のブルキナはモシ語で「●な人」を意味するが、●に入るのは? Chiba Nippo

千葉日報
ブルキナファソの国名のブルキナはモシ語で「●な人」を意味するが、●に入るのは?

説明: 千葉日報で検索した ブルキナファソの国名のブルキナはモシ語で「●な人」を意味するが、●に入るのは? に関する上記の情報が、ブルキナファソの国名のブルキナはモシ語で「●な人」を意味するが、●に入るのは? に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 90 75
[spincontent type=”j”]

16. ブルキナファソの国名のブルキナはモシ語で「●な人」を意味するが、●に入るのは? Chugoku Shimbun

中国新聞
ブルキナファソの国名のブルキナはモシ語で「●な人」を意味するが、●に入るのは?

説明: 中国新聞で検索した ブルキナファソの国名のブルキナはモシ語で「●な人」を意味するが、●に入るのは? に関する記事のトップです。ブルキナファソの国名のブルキナはモシ語で「●な人」を意味するが、●に入るのは? に関する疑問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 3647
[spincontent type=”j”]

17. ブルキナファソの国名のブルキナはモシ語で「●な人」を意味するが、●に入るのは? Daily Tohoku

デイリー東北
ブルキナファソの国名のブルキナはモシ語で「●な人」を意味するが、●に入るのは?

説明: ブルキナファソの国名のブルキナはモシ語で「●な人」を意味するが、●に入るのは? に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 ブルキナファソの国名のブルキナはモシ語で「●な人」を意味するが、●に入るのは? はデイリー東北で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 2501
[spincontent type=”j”]

18. ブルキナファソの国名のブルキナはモシ語で「●な人」を意味するが、●に入るのは? The Eastern Chronicle

イースタン クロニクル
ブルキナファソの国名のブルキナはモシ語で「●な人」を意味するが、●に入るのは?

説明: イースタン クロニクルで検索した ブルキナファソの国名のブルキナはモシ語で「●な人」を意味するが、●に入るのは? に関する上記の情報が、ブルキナファソの国名のブルキナはモシ語で「●な人」を意味するが、●に入るのは? に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 40 90
[spincontent type=”j”]

ブルキナファソの国名のブルキナはモシ語で「●な人」を意味するが、●に入るのは? に関する質問

ブルキナファソの国名のブルキナはモシ語で「●な人」を意味するが、●に入るのは? についてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。ご質問やご提案はすべて、次の記事の改善に役立てさせていただきます。

記事 ブルキナファソの国名のブルキナはモシ語で「●な人」を意味するが、●に入るのは? は、私と私のチームがさまざまな情報源から編集したものです。 記事 ブルキナファソの国名のブルキナはモシ語で「●な人」を意味するが、●に入るのは? が役に立った場合は、チームをサポートしてください。「いいね」または「共有」してください!

検索キーワード ブルキナファソの国名のブルキナはモシ語で「●な人」を意味するが、●に入るのは?

ブルキナファソの国名のブルキナはモシ語で「●な人」を意味するが、●に入るのは?
方法ブルキナファソの国名のブルキナはモシ語で「●な人」を意味するが、●に入るのは?
チュートリアル ブルキナファソの国名のブルキナはモシ語で「●な人」を意味するが、●に入るのは?
【キーワード】 無料

Có thể bạn quan tâm: