あなたは ビートルズ ドント・レット・ミー・ダウン について学んでいます。今日は、インターネット上の多くの情報源から私たちのチームが編集および編集した記事 ビートルズ ドント・レット・ミー・ダウン を共有します。 ビートルズ ドント・レット・ミー・ダウン に関するこの記事がお役に立てば幸いです。

Page Contents

ビートルズ ドント・レット・ミー・ダウン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

.mw-parser-output .hatnotemargin:0.5em 0;padding:3px 2em;background-color:transparent;border-bottom:1px solid #a2a9b1;font-size:90%

「Don’t let me down」はこの項目へ転送されています。その他の用法については「Don’t let me down (曖昧さ回避)」をご覧ください。

.mw-parser-output .pathnavboxclear:both;border:1px outset #eef;padding:0.3em 0.6em;margin:0 0 0.5em 0;background-color:#eef;font-size:90%.mw-parser-output .pathnavbox ullist-style:none none;margin-top:0;margin-bottom:0.mw-parser-output .pathnavbox>ulmargin:0.mw-parser-output .pathnavbox ul limargin:0
ビートルズ > 作品リスト > ドント・レット・ミー・ダウン
ビートルズ > 曲名リスト > ドント・レット・ミー・ダウン

「ドント・レット・ミー・ダウン」ビートルズ with ビリー・プレストンの楽曲英語名Don’t Let Me Downリリース
1969年4月11日
1969年5月5日
1969年6月1日A面ゲット・バック録音
1969年1月28日
アップル・スタジオジャンル.mw-parser-output .hlist ul,.mw-parser-output .hlist olpadding-left:0.mw-parser-output .hlist li,.mw-parser-output .hlist dd,.mw-parser-output .hlist dtmargin-right:0;display:inline-block;white-space:nowrap.mw-parser-output .hlist dt:after,.mw-parser-output .hlist dd:after,.mw-parser-output .hlist li:afterwhite-space:normal.mw-parser-output .hlist li:after,.mw-parser-output .hlist dd:aftercontent:” · “;font-weight:bold.mw-parser-output .hlist dt:aftercontent:”: “.mw-parser-output .hlist-pipe dd:after,.mw-parser-output .hlist-pipe li:aftercontent:” .mw-parser-output .hlist-hyphen dd:after,.mw-parser-output .hlist-hyphen li:aftercontent:” – “;font-weight:normal.mw-parser-output .hlist-comma dd:after,.mw-parser-output .hlist-comma li:aftercontent:”、 “;font-weight:normal.mw-parser-output .hlist-slash dd:after,.mw-parser-output .hlist-slash li:aftercontent:” / “;font-weight:normal.mw-parser-output .hlist dd:last-child:after,.mw-parser-output .hlist dt:last-child:after,.mw-parser-output .hlist li:last-child:aftercontent:none.mw-parser-output .hlist dd dd:first-child:before,.mw-parser-output .hlist dd dt:first-child:before,.mw-parser-output .hlist dd li:first-child:before,.mw-parser-output .hlist dt dd:first-child:before,.mw-parser-output .hlist dt dt:first-child:before,.mw-parser-output .hlist dt li:first-child:before,.mw-parser-output .hlist li dd:first-child:before,.mw-parser-output .hlist li dt:first-child:before,.mw-parser-output .hlist li li:first-child:beforecontent:” (“;font-weight:normal.mw-parser-output .hlist dd dd:last-child:after,.mw-parser-output .hlist dd dt:last-child:after,.mw-parser-output .hlist dd li:last-child:after,.mw-parser-output .hlist dt dd:last-child:after,.mw-parser-output .hlist dt dt:last-child:after,.mw-parser-output .hlist dt li:last-child:after,.mw-parser-output .hlist li dd:last-child:after,.mw-parser-output .hlist li dt:last-child:after,.mw-parser-output .hlist li li:last-child:aftercontent:”) “;font-weight:normal.mw-parser-output .hlist olcounter-reset:listitem.mw-parser-output .hlist ol>licounter-increment:listitem.mw-parser-output .hlist ol>li:beforecontent:” “counter(listitem)” “;white-space:nowrap.mw-parser-output .hlist dd ol>li:first-child:before,.mw-parser-output .hlist dt ol>li:first-child:before,.mw-parser-output .hlist li ol>li:first-child:beforecontent:” (“counter(listitem)” “ソウル[1]ブルー・アイド・ソウル[2]時間3分35秒レーベルアップル・レコード作詞者レノン=マッカートニー作曲者レノン=マッカートニーチャート順位
後述を参照

ビートルズ シングル U.K.、U.S. 年表

ヘイ・ジュード(1968年)
ゲット・バック b/w ドント・レット・ミー・ダウン(1969年)
ジョンとヨーコのバラード(1969年)

ビートルズ シングル 日本 年表

オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ(1969年)
ゲット・バック b/w ドント・レット・ミー・ダウン(1969年)
ジョンとヨーコのバラード(1969年)

ビリー・プレストン シングル 年表

ヘイ・ブラザー(1968年)
ゲット・バック b/w ドント・レット・ミー・ダウン(1969年)
神の掟 b/w ホワット・アバウト・ユー(1969年)

『パスト・マスターズ Vol.2』 収録曲

ゲット・バック(9)

ドント・レット・ミー・ダウン(10)

ジョンとヨーコのバラード(11)
ミュージックビデオ
「Don’t Let Me Down」 – YouTube

「ドント・レット・ミー・ダウン」(Don’t Let Me Down)は、ビートルズの楽曲である。1969年4月にシングル盤『ゲット・バック』のB面曲として発売された。レノン=マッカートニー名義となっているが、ジョン・レノンによって書かれた楽曲。1969年に行なわれたゲット・バック・セッション中にレコーディングされた本作には、ビリー・プレストンがエレクトリックピアノで参加しており、シングル盤には「ザ・ビートルズ・ウィズ・ビリー・プレストン」と表記されている[注釈 1][3]。

背景・曲の構成[編集]
「ドント・レット・ミー・ダウン」は、レノンが後に妻となるオノ・ヨーコに向けたラブソングとして書いた楽曲[4]。ポール・マッカートニーは「ジョンはヨーコと一緒にいて、ヘロイン中毒で偏執病に陥っていて危なかった。興奮したり、笑い出したり、密かに恐怖を感じていたこともあっただろう。『ドント・レット・ミー・ダウン』は、そんなジョンの心の叫びだった。ヨーコにそう言おうとしてたんだね。『ここから抜け出す。弱さをすべてさらけ出す。だから僕をがっかりさせないで』って…泣いて助けを求めていた」と語っている[5]。
曲のキーはEメジャーで、ヴァース、コーラス、ブリッジは共に4拍子となっているが、ヴァースに移行する際に4分の5拍子に変わる[6]。音楽学者のアラン・ポラック(英語版)は「ベースとリードギターで交互に入るヴァースでオクターブで演奏する対位法のメロディは、ビートルズの作品でよく見られる、斬新なインストゥルメンタルのタッチの1つ」と述べている[7]。

レコーディング・リリース[編集]
「ドント・レット・ミー・ダウン」は、1969年に行なわれたゲット・バック・セッション中にレコーディングされ、複数のテイクが存在している。1969年1月28日にレコーディングされたテイクは、同年4月に発売された『ゲット・バック[注釈 2]』のB面曲として発売された[8]。B面曲ながら、Billboard Hot 100で最高位35位を記録した[9]。本作は1969年秋に発売が予定されていたアルバム『ゲット・バック』にも収録される予定となっていたが[10]、同作は発売延期の末に未発表となった。その後フィル・スペクターによって再プロデュースされ、アルバム『レット・イット・ビー』として発売されたが、本作は未収録となった。
1969年1月30日にアップル・レコード本社の屋上で行われたビートルズ最後のライヴ「ルーフトップ・コンサート」では2回演奏され、1回目の演奏が映画『レット・イット・ビー』に収録され[10][11]、2回の演奏と繋ぎ合わせた音源が2003年11月に発売された『レット・イット・ビー…ネイキッド』に収録された[11]。2015年に発売された映像作品『1+』に収録されたミュージック・ビデオは、ルーフトップ・コンサートでのライブ映像で構成されているが、音源は『レット・イット・ビー…ネイキッド』収録テイクが使用された[12]。
1969年1月28日のテイクは、『ヘイ・ジュード』、『ザ・ビートルズ1967年〜1970年』、『パスト・マスターズ Vol.2』、『モノ・マスターズ』などのコンピレーション・アルバムにも収録されており、1988年に公開された『イマジン』のサウンドトラック・アルバムにも収録された。

評価[編集]
『オールミュージック』のリッチー・アンターバーガー(英語版)は「ビートルズの最も強力なラブソングの1つ」[13]と評していて、スティーヴン・トマス・アールワインは「胸を締めつけるようなソウル」と評している[1]。ジャーナリストのロイ・カー(英語版)とトニー・タイラー(英語版)は「苦悩の専門家ジョン・ウィンストン・オノ・レノンによる素晴らしいすすり泣き。今日まで最も過小評価されているビートルズの暗部の1つ」と評している[14]。

クレジット[編集]
※出典[15]
ジョン・レノン – リード・ボーカル、リズムギター
ポール・マッカートニー – ベースギター、バッキング・ボーカル
ジョージ・ハリスン – リードギター、バッキング・ボーカル
リンゴ・スター – ドラム
ビリー・プレストン – エレクトリックピアノチャート成績[編集]
チャート (1969年)
最高位
ベルギー (Ultratop 50 Wallonia)[16]
1
US Billboard Hot 100[9]
35
チャート (2021年)

最高位
US LyricFind Global (Billboard)[17]
12
カバー・バージョン[編集]
ディラード&クラーク(英語版) – 1969年に発売されたアルバム『Through the Morning, Through the Night』に収録[18]。
マーシャ・グリフィス(英語版) – 1969年にシングル盤として発売[19]。
ハリー・ジェイ・オール・スターズ(英語版) – 1969年に発売されたシングル『The Liquidator』に収録[20]。
ベン・E・キング – 1970年に発売されたアルバム『Rough Edges』に収録[21]。
シャーロット・ダダ – 1971年にガーナで発売されたシングル盤『Ha Po Zamani』に収録。
フィービ・スノウ – 1977年に発売されたアルバム『It Looks Like Snow』に収録[22]。
西城秀樹 – 1978年に開催されたライブで演奏。このライブでの演奏は、同年に発売されたライブ・アルバム『BIG GAME’78 HIDEKI』に収録された。
アニー・レノックス – 1992年にアメリカで発売されたシングル盤『ウォーキング・オン・ブロウクン・グラス』のB面に収録。
忌野清志郎&仲井戸麗市 – 1988年に発売されたビートルズのトリビュート・アルバム『抱きしめたい』、2005年に発売されたジョン・レノンのトリビュート・アルバム『HAPPY BIRTHDAY, JOHN』[23]に収録。
リアン・パリス(英語版) – 1993年にシングル盤として発売[24]。
ジーン – 1996年に発売されたコンピレーション・アルバム『To See the Lights』に収録[25]。
ステレオフォニックス – 2001年に公開された映画『アイ・アム・サム』のサウンドトラックとして演奏[26]。
ポール・ウェラー – 2003年に発売されたコンピレーション・アルバム『Fly on the Wall – B Sides and Rarities』に収録[27]。
グレッグ・ブラウン(英語版) – 2004年に発売されたライブ・アルバム『In the Hills of California』に収録[28]。
デイナ・ヒュークス(英語版)&マーティン・ルーサー・マッコイ(英語版) – 2007年に公開された映画『アクロス・ザ・ユニバース』のサウンドトラックとして演奏[29]。
マルーン5 – 2008年に開催されたライブ『ReAct Now: Music & Relief』で演奏。
アグロライツ(英語版) – 2012年に発売されたライブ・アルバム『UNLEASHED LIVE Vol.1』に収録[30]。
ジョン・メイヤー&キース・アーバン – 2014年に開催されたトリビュート・ライヴ『The Night That Changed America: A Grammy Salute to The Beatles』で演奏[31]。脚注[編集]
[脚注の使い方]注釈[編集]

^ プレストンは、ビートルズのレコーディングに参加した多くの演奏者の中で唯一公式にクレジットされたプレイヤーである。

^ 「ゲット・バック」も、同じく1969年1月28日にレコーディングされた楽曲である。

出典[編集]

^ a b Erlewine, Stephen Thomas. “Hey Jude – The Beatles | Songs, Reviews, Credits”. AllMusic. All Media Group. 2020年11月24日閲覧。

^ Kot, Greg (2003年11月17日). “Let it be, Paul”. Chicago Tribune. Tribune Publishing. 2022年2月8日閲覧。

^ Lewisohn 1996b, p. 172.

^ Sheff 2000, p. 204.

^ Miles 1997, pp. 535–536.

^ Hal Leonard 1993, pp. 220–224.

^ Pollack, Alan W. “Notes on “Don’t Let Me Down””. 2020年11月24日閲覧。

^ Lewisohn 1988, p. 168.

^ a b “The Hot 100 Chart”. Billboard (1969年5月24日). 2020年11月24日閲覧。

^ a b Lewisohn 1988, p. 196.

^ a b Winn 2009, p. 260.

^ “ビートルズのルーフトップ・ライヴ:バンド最後の公でのパフォーマンス”. uDiscover. UNIVERSAL MUSIC JAPAN (2020年1月30日). 2020年11月26日閲覧。

^ Unterberger, Richie. “Don’t Let Me Down – The Beatles | Song Info”. AllMusic. All Media Group. 2020年11月24日閲覧。

^ Carr & Tyler 1975, p. 78.

^ MacDonald 2005, pp. 332–333.

^ “Ultratop.be – The Beatles with Billy Preston – Don’t Let Me Down” (in French). Ultratop 50. 2020年11月24日閲覧。

^ “The Beatles Chart History (LyricFind Global)”. Billboard. 2022年3月12日閲覧。

^ Unterberger, Richie. Through the Morning, Through the Night – Dillard & Clark | Songs, Reviews, Credits – オールミュージック. 2020年11月24日閲覧。

^ “Marcia Griffiths – Don’t Let Me Down / What Happen Man – Harry J – Jamaica”. 45cat. 2020年11月24日閲覧。

^ Greene, Jo-Ann. Liquidator – Harry J All-Stars | Songs, Reviews, Credits – オールミュージック. 2020年11月24日閲覧。

^ Hamilton, Andrew. Rough Edges – Ben E. King | Songs, Reviews, Credits – オールミュージック. 2020年11月24日閲覧。

^ Viglione, Joe. It Looks Like Snow – Phoebe Snow | Songs, Reviews, Credits – オールミュージック. 2020年11月24日閲覧。

^ “大物日本人アーティストが参加!レノン・トリビュート”. ORICON NEWS. オリコン (2005年9月16日). 2021年2月10日閲覧。

^ “ultratop.be – Ryan Paris – Don’t Let Me Down”. ultratop.be. 2020年11月24日閲覧。

^ Erlewine, Stephen Thomas. To See the Lights – Gene | Songs, Reviews, Credits – オールミュージック. 2020年11月24日閲覧。

^ “I Am Sam (2001) – Soundtracks”. IMDb. Amazon.com. 2020年11月24日閲覧。

^ Erlewine, Stephen Thomas. Fly on the Wall: B-Sides & Rarities 1991-2000 – Paul Weller | Songs, Reviews, Credits – オールミュージック. 2020年11月24日閲覧。

^ In the Hills of California – Greg Brown | Songs, Reviews, Credits – オールミュージック. 2020年11月24日閲覧。

^ “Across the Universe (2007) – Soundtracks”. IMDb. Amazon.com. 2020年11月24日閲覧。

^ “ジ・アグロライツ「UNLEASHED LIVE Vol.1」 | SIWI-171”. Billboard JAPAN. 阪神コンテンツリンク. 2020年11月24日閲覧。

^ “【2014年グラミー特集】ポール・マッカートニー&リンゴ・スター、ザ・ビートルズのトリビュート公演でも共演”. BARKS. ジャパンミュージックネットワーク (2014年1月29日). 2022年7月6日閲覧。

参考文献[編集]
Carr, Roy; Tyler, Tony (1975). The Beatles: An Illustrated Record. New York: Harmony Books. .mw-parser-output cite.citationfont-style:inherit.mw-parser-output .citation qquotes:”””””””‘””‘”.mw-parser-output .id-lock-free a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-free abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/6/65/Lock-green.svg”)right 0.1em center/9px no-repeat.mw-parser-output .id-lock-limited a,.mw-parser-output .id-lock-registration a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-limited a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-registration abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/d/d6/Lock-gray-alt-2.svg”)right 0.1em center/9px no-repeat.mw-parser-output .id-lock-subscription a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-subscription abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/a/aa/Lock-red-alt-2.svg”)right 0.1em center/9px no-repeat.mw-parser-output .cs1-subscription,.mw-parser-output .cs1-registrationcolor:#555.mw-parser-output .cs1-subscription span,.mw-parser-output .cs1-registration spanborder-bottom:1px dotted;cursor:help.mw-parser-output .cs1-ws-icon abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/4/4c/Wikisource-logo.svg”)right 0.1em center/12px no-repeat.mw-parser-output code.cs1-codecolor:inherit;background:inherit;border:none;padding:inherit.mw-parser-output .cs1-hidden-errordisplay:none;font-size:100%.mw-parser-output .cs1-visible-errorfont-size:100%.mw-parser-output .cs1-maintdisplay:none;color:#33aa33;margin-left:0.3em.mw-parser-output .cs1-formatfont-size:95%.mw-parser-output .cs1-kern-left,.mw-parser-output .cs1-kern-wl-leftpadding-left:0.2em.mw-parser-output .cs1-kern-right,.mw-parser-output .cs1-kern-wl-rightpadding-right:0.2em.mw-parser-output .citation .mw-selflinkfont-weight:inheritISBN 0-517-52045-1 
Hal Leonard Publishing Corporation, ed (1993). The Beatles – Complete Scores. Milwaukee: Hal Leanord. ISBN 0-7935-1832-6 
Lewisohn, Mark (1988). The Beatles Recording Sessions. New York: Harmony Books. ISBN 0-517-57066-1 
Lewisohn, Mark (1996b). 『Anthology 3』のアルバム・ノーツ. Apple Records.
MacDonald, Ian (2005). Revolution in the Head: The Beatles’ Records and the Sixties (Second Revised ed.). London: Pimlico (Rand). ISBN 1-84413-828-3 
Miles, Barry (1997). Paul McCartney: Many Years From Now. New York: Henry Holt and Company. ISBN 0-8050-5249-6. https://archive.org/details/paulmccartneyman00mile 
Sheff, David (2000). All We Are Saying: The Last Major Interview with John Lennon and Yoko Ono. New York: St. Martin’s Press. ISBN 0-312-25464-4 
Winn, John C. (2009). That Magic Feeling: The Beatles’ Recorded Legacy, Volume Two, 1966-1970. New York: Three Rivers Press. ISBN 978-0-307-45239-9 外部リンク[編集]
Don’t Let Me Down – The Beatles表話編歴ビートルズのシングルUK盤・US盤共通
1963年
プリーズ・プリーズ・ミー / アスク・ミー・ホワイ
フロム・ミー・トゥ・ユー / サンキュー・ガール
シー・ラヴズ・ユー / アイル・ゲット・ユー1964年
キャント・バイ・ミー・ラヴ / ユー・キャント・ドゥ・ザット
アイ・フィール・ファイン / シーズ・ア・ウーマン1965年
涙の乗車券 / イエス・イット・イズ
ヘルプ! / アイム・ダウン
恋を抱きしめよう / デイ・トリッパー1966年
ペイパーバック・ライター / レイン
エリナー・リグビー / イエロー・サブマリン1967年
ストロベリー・フィールズ・フォーエバー / ペニー・レイン
愛こそはすべて / ベイビー・ユーアー・ア・リッチ・マン
ハロー・グッドバイ / アイ・アム・ザ・ウォルラス1968年
レディ・マドンナ / ジ・インナー・ライト
ヘイ・ジュード / レボリューション1969年
ゲット・バック / ドント・レット・ミー・ダウン
ジョンとヨーコのバラード / オールド・ブラウン・シュー
サムシング / カム・トゥゲザー1970年
レット・イット・ビー / ユー・ノウ・マイ・ネーム1978年
サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド / ウィズ・ア・リトル・ヘルプ・フロム・マイ・フレンズ / ア・デイ・イン・ザ・ライフ1982年
ザ・ビートルズ・ムービー・メドレー / すてきなダンス1995年
ベイビー・イッツ・ユー
フリー・アズ・ア・バード / クリスマス・タイム1996年
リアル・ラヴ / ベイビーズ・イン・ブラック
UK盤(パーロフォン /アップル)
1962年
マイ・ボニー / 聖者の行進(トニー・シェリダン and ザ・ビート・ブラザーズ)
ラヴ・ミー・ドゥ / P.S.アイ・ラヴ・ユー1963年
抱きしめたい / ジス・ボーイ(こいつ)1964年
いい娘じゃないか / イフ・ユー・ラヴ・ミー・ベイビー
ア・ハード・デイズ・ナイト / 今日の誓い1976年
イエスタデイ / 恋する二人
バック・イン・ザ・U.S.S.R. / ツイスト・アンド・シャウト
US盤(ヴィージェイ /スワン /トリー /キャピトル /アップル)
1963年
抱きしめたい / アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア1964年
ツイスト・アンド・シャウト / ゼアズ・ア・プレイス
ドゥ・ユー・ウォント・トゥ・ノウ・ア・シークレット / サンキュー・ガール
ラヴ・ミー・ドゥ / P.S.アイ・ラヴ・ユー
シー・ラヴズ・ユー(ドイツ語) / アイル・ゲット・ユー
ぼくが泣く / すてきなダンス
アンド・アイ・ラヴ・ハー / 恋におちたら
ア・ハード・デイズ・ナイト / 恋する二人
マッチ・ボックス / スロウ・ダウン1965年
エイト・デイズ・ア・ウィーク / パーティーはそのままに
イエスタデイ / アクト・ナチュラリー1966年
ひとりぼっちのあいつ / 消えた恋1970年
ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード / フォー・ユー・ブルー1976年
ゴット・トゥ・ゲット・ユー・イントゥ・マイ・ライフ / ヘルター・スケルター
オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ / ジュリア
その他(オデオン /パーロフォン /アップル)
1963年
ロール・オーバー・ベートーヴェン / デヴィル・イン・ハー・ハート(フィリピン)1964年
抱きしめたい(ドイツ語) / シー・ラヴズ・ユー(ドイツ語)(ドイツ)
オール・マイ・ラヴィング / ジス・ボーイ(こいつ)(カナダ)
フロム・ミー・トゥ・ユー / アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア(日本)
ツイスト・アンド・シャウト / ロール・オーバー・ベートーヴェン(日本)
オール・マイ・ラヴィング / ラヴ・ミー・ドゥ(日本)
プリーズ・ミスター・ポストマン / マネー(日本)1965年
ロック・アンド・ロール・ミュージック / アイム・ア・ルーザー(ヨーロッパ、オーストラリア)
すてきなダンス / テル・ミー・ホワイ(日本)
ロング・トール・サリー / アイ・コール・ユア・ネーム(日本)
ノー・リプライ / エイト・デイズ・ア・ウィーク(日本)
ロック・アンド・ロール・ミュージック / エヴリー・リトル・シング(日本)
ミスター・ムーンライト / ホワット・ユー・アー・ドゥーイング(日本)
カンサス・シティ/ヘイ・ヘイ・ヘイ・ヘイ / アイル・フォロー・ザ・サン(日本)
パーティーはそのままに / みんないい娘(日本)
ディジー・ミス・リジー / アンナ(日本)
恋のアドバイス / テル・ミー・ホワット・ユー・シー (日本)
ザ・ナイト・ビフォア / アナザー・ガール(日本)1966年
ノルウェーの森 (ノーウェジアン・ウッド) / ひとりぼっちのあいつ(オーストラリア)
ミッシェル / ガール(ヨーロッパ)1968年
オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ / ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス(ヨーロッパ、日本、オーストラリア)
オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ / アイ・ウィル(フィリピン)
バック・イン・ザ・U.S.S.R. / ドント・パス・ミー・バイ(スウェーデン)1969年
恋のアドバイス / テル・ミー・ホワット・ユー・シー(日本)1970年
オー!ダーリン / ヒア・カムズ・ザ・サン(日本)1972年
オール・トゥゲザー・ナウ / ヘイ・ブルドッグ(ヨーロッパ)1978年
サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド / ウィズ・ア・リトル・ヘルプ・フロム・マイ・フレンズ / ウィズイン・ユー・ウィズアウト・ユー(ドイツ)1981年
レット・イット・ビー / ゲット・バック(日本)

典拠管理
MBW: fde0360c-ca61-314a-bc23-ddb08c20a3d2

「https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ドント・レット・ミー・ダウン&oldid=90799376」から取得
カテゴリ: ビートルズの楽曲ビリー・プレストンの楽曲レノン=マッカートニーが制作した楽曲ジョージ・マーティンがプロデュースした楽曲1969年のシングルアップル・レコードのシングル楽曲 と隠しカテゴリ: MusicBrainz作品識別子が指定されている記事

評価: 4~5 つ星
レビュー: 3349
再生回数: 9350
[spincontent type=”j”]

The Beatles – Don't Let Me Down Youtube

The Beatles 1 Video Collection is out now. Available on: http://www.thebeatles.com/

Written by John as an expression of his love for Yoko Ono, the song is heartfelt and passionate. As John told Rolling Stone magazine in 1970, “When it gets down to it, when you’re drowning, you don’t say, ‘I would be incredibly pleased if someone would have the foresight to notice me drowning and come and help me,’ you just scream.”

During filming on the roof of Apple, two days after the recording of the track, the band played ‘Don’t Let Me Down’ right after doing two versions of ‘Get Back’ and it led straight into ‘I’ve Got A Feeling’. Michael Lindsay-Hogg was once again directing a Beatles’ shoot. He and Paul met regularly at the tail end of 1968, while Hogg was directing The Rolling Stones Rock and Roll Circus, to discuss the filming of The Beatles’ session in January. By the time that fateful Thursday came around, the penultimate day of January would be the last time The Beatles ever played together in front of any kind of audience.

This is not the version of ‘Don’t Let Me Down’ heard on the single but the version from the Let It Be… Naked album – a composite of both versions that were performed on the roof of Apple in Savile Row

Official site: http://www.thebeatles.com
Facebook: https://www.facebook.com/thebeatles/
Instagram: https://www.instagram.com/thebeatles
Twitter: https://twitter.com/thebeatles

2. ビートルズ ドント・レット・ミー・ダウン Yomiuri

Yomiuri
ビートルズ ドント・レット・ミー・ダウン

説明: ビートルズ ドント・レット・ミー・ダウン に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 ビートルズ ドント・レット・ミー・ダウン は、読売で検索されたもので、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 5934
[spincontent type=”j”]

3. ビートルズ ドント・レット・ミー・ダウン Asahi Shimbun

朝日新聞
ビートルズ ドント・レット・ミー・ダウン

説明: 朝日新聞で検索した ビートルズ ドント・レット・ミー・ダウン に関する上記の情報が、ビートルズ ドント・レット・ミー・ダウン に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 7790
[spincontent type=”j”]

4. ビートルズ ドント・レット・ミー・ダウン The Japan Times

The Japan Times
ビートルズ ドント・レット・ミー・ダウン

説明: ジャパン タイムズで検索した ビートルズ ドント・レット・ミー・ダウン に関する記事のトップです。ビートルズ ドント・レット・ミー・ダウン に関する疑問を解決するのに役立ちます。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 58 14
[spincontent type=”j”]

5. ビートルズ ドント・レット・ミー・ダウン Yomiuri Shimbun

読売新聞
ビートルズ ドント・レット・ミー・ダウン

説明: ビートルズ ドント・レット・ミー・ダウン に関する詳細情報はすでにありますか? ビートルズ ドント・レット・ミー・ダウン という記事が読売新聞で検索されました。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 40 63
[spincontent type=”j”]

6. ビートルズ ドント・レット・ミー・ダウン Mainichi Shimbun

毎日新聞
ビートルズ ドント・レット・ミー・ダウン

説明: 毎日新聞で見つけた ビートルズ ドント・レット・ミー・ダウン に関する上記の情報が、ビートルズ ドント・レット・ミー・ダウン に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 1951
[spincontent type=”j”]

7. ビートルズ ドント・レット・ミー・ダウン Sankei Shimbun

産経新聞
ビートルズ ドント・レット・ミー・ダウン

説明: 産経新聞で検索した ビートルズ ドント・レット・ミー・ダウン に関する記事のトップです。ビートルズ ドント・レット・ミー・ダウン に関する疑問を解決するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 6986
[spincontent type=”j”]

8. ビートルズ ドント・レット・ミー・ダウン Nihon Keizai Shimbun

日本経済新聞
ビートルズ ドント・レット・ミー・ダウン

説明: ビートルズ ドント・レット・ミー・ダウン に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 ビートルズ ドント・レット・ミー・ダウン は、日本経済新聞で検索され、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 8928
[spincontent type=”j”]

9. ビートルズ ドント・レット・ミー・ダウン Chunichi Shimbun

中日新聞
ビートルズ ドント・レット・ミー・ダウン

説明: 中日新聞で検索した ビートルズ ドント・レット・ミー・ダウン に関する上記の情報が、ビートルズ ドント・レット・ミー・ダウン に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 80 08
[spincontent type=”j”]

10. ビートルズ ドント・レット・ミー・ダウン Tokyo Shimbun

東京新聞
ビートルズ ドント・レット・ミー・ダウン

説明: ビートルズ ドント・レット・ミー・ダウン に関する質問を解決するために、東京新聞で検索した ビートルズ ドント・レット・ミー・ダウン に関する記事のトップです。
評価: 4~5 つ星
評価: 9655
[spincontent type=”j”]

11. ビートルズ ドント・レット・ミー・ダウン Nihon Kogyo Simbun

日本工業新聞
ビートルズ ドント・レット・ミー・ダウン

説明: ビートルズ ドント・レット・ミー・ダウン に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 ビートルズ ドント・レット・ミー・ダウン は日本工業新聞で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 1521
[spincontent type=”j”]

12. ビートルズ ドント・レット・ミー・ダウン Nikkan Kogyo Shimbun

日刊工業新聞
ビートルズ ドント・レット・ミー・ダウン

説明: 日刊工業新聞で見つけた ビートルズ ドント・レット・ミー・ダウン に関する上記の情報が、ビートルズ ドント・レット・ミー・ダウン に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 15 19
[spincontent type=”j”]

13. ビートルズ ドント・レット・ミー・ダウン Ainu Times

アイヌタイムス
ビートルズ ドント・レット・ミー・ダウン

説明: アイヌ タイムズで検索した ビートルズ ドント・レット・ミー・ダウン に関する記事のトップです。ビートルズ ドント・レット・ミー・ダウン に関する質問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 2686
[spincontent type=”j”]

14. ビートルズ ドント・レット・ミー・ダウン Akita Sakigake Shimpo

秋田魁新報
ビートルズ ドント・レット・ミー・ダウン

説明: ビートルズ ドント・レット・ミー・ダウン に関する詳細情報はすでにありますか? ビートルズ ドント・レット・ミー・ダウン という記事は、秋田魁新報で検索したものです。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 7170
[spincontent type=”j”]

15. ビートルズ ドント・レット・ミー・ダウン Chiba Nippo

千葉日報
ビートルズ ドント・レット・ミー・ダウン

説明: 千葉日報で検索した ビートルズ ドント・レット・ミー・ダウン に関する上記の情報が、ビートルズ ドント・レット・ミー・ダウン に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 2401
[spincontent type=”j”]

16. ビートルズ ドント・レット・ミー・ダウン Chugoku Shimbun

中国新聞
ビートルズ ドント・レット・ミー・ダウン

説明: 中国新聞で検索した ビートルズ ドント・レット・ミー・ダウン に関する記事のトップです。ビートルズ ドント・レット・ミー・ダウン に関する疑問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 9520
[spincontent type=”j”]

17. ビートルズ ドント・レット・ミー・ダウン Daily Tohoku

デイリー東北
ビートルズ ドント・レット・ミー・ダウン

説明: ビートルズ ドント・レット・ミー・ダウン に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 ビートルズ ドント・レット・ミー・ダウン はデイリー東北で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 3565
[spincontent type=”j”]

18. ビートルズ ドント・レット・ミー・ダウン The Eastern Chronicle

イースタン クロニクル
ビートルズ ドント・レット・ミー・ダウン

説明: イースタン クロニクルで検索した ビートルズ ドント・レット・ミー・ダウン に関する上記の情報が、ビートルズ ドント・レット・ミー・ダウン に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 2725
[spincontent type=”j”]

ビートルズ ドント・レット・ミー・ダウン に関する質問

ビートルズ ドント・レット・ミー・ダウン についてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。ご質問やご提案はすべて、次の記事の改善に役立てさせていただきます。

記事 ビートルズ ドント・レット・ミー・ダウン は、私と私のチームがさまざまな情報源から編集したものです。 記事 ビートルズ ドント・レット・ミー・ダウン が役に立った場合は、チームをサポートしてください。「いいね」または「共有」してください!

検索キーワード ビートルズ ドント・レット・ミー・ダウン

ビートルズ ドント・レット・ミー・ダウン
方法ビートルズ ドント・レット・ミー・ダウン
チュートリアル ビートルズ ドント・レット・ミー・ダウン
【キーワード】 無料

Có thể bạn quan tâm: