あなたは バチェラー アメリカ ぶる ん ぶる ん ルーム について学んでいます。今日は、インターネット上の多くの情報源から私たちのチームが編集および編集した記事 バチェラー アメリカ ぶる ん ぶる ん ルーム を共有します。 バチェラー アメリカ ぶる ん ぶる ん ルーム に関するこの記事がお役に立てば幸いです。

Page Contents

バチェラー アメリカ ぶる ん ぶる ん ルーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

.mw-parser-output .hatnotemargin:0.5em 0;padding:3px 2em;background-color:transparent;border-bottom:1px solid #a2a9b1;font-size:90%

この項目では、作詞家について説明しています。その他の人物については「松本隆 (曖昧さ回避)」をご覧ください。

松本 隆出生名
松本 隆生誕
(1949-07-16) 1949年7月16日(73歳)出身地
日本 東京都港区学歴
慶應義塾大学商学部中退ジャンル
ニューエイジ[1]職業
.mw-parser-output .hlist ul,.mw-parser-output .hlist olpadding-left:0.mw-parser-output .hlist li,.mw-parser-output .hlist dd,.mw-parser-output .hlist dtmargin-right:0;display:inline-block;white-space:nowrap.mw-parser-output .hlist dt:after,.mw-parser-output .hlist dd:after,.mw-parser-output .hlist li:afterwhite-space:normal.mw-parser-output .hlist li:after,.mw-parser-output .hlist dd:aftercontent:” · “;font-weight:bold.mw-parser-output .hlist dt:aftercontent:”: “.mw-parser-output .hlist-pipe dd:after,.mw-parser-output .hlist-pipe li:aftercontent:” .mw-parser-output .hlist-hyphen dd:after,.mw-parser-output .hlist-hyphen li:aftercontent:” – “;font-weight:normal.mw-parser-output .hlist-comma dd:after,.mw-parser-output .hlist-comma li:aftercontent:”、 “;font-weight:normal.mw-parser-output .hlist-slash dd:after,.mw-parser-output .hlist-slash li:aftercontent:” / “;font-weight:normal.mw-parser-output .hlist dd:last-child:after,.mw-parser-output .hlist dt:last-child:after,.mw-parser-output .hlist li:last-child:aftercontent:none.mw-parser-output .hlist dd dd:first-child:before,.mw-parser-output .hlist dd dt:first-child:before,.mw-parser-output .hlist dd li:first-child:before,.mw-parser-output .hlist dt dd:first-child:before,.mw-parser-output .hlist dt dt:first-child:before,.mw-parser-output .hlist dt li:first-child:before,.mw-parser-output .hlist li dd:first-child:before,.mw-parser-output .hlist li dt:first-child:before,.mw-parser-output .hlist li li:first-child:beforecontent:” (“;font-weight:normal.mw-parser-output .hlist dd dd:last-child:after,.mw-parser-output .hlist dd dt:last-child:after,.mw-parser-output .hlist dd li:last-child:after,.mw-parser-output .hlist dt dd:last-child:after,.mw-parser-output .hlist dt dt:last-child:after,.mw-parser-output .hlist dt li:last-child:after,.mw-parser-output .hlist li dd:last-child:after,.mw-parser-output .hlist li dt:last-child:after,.mw-parser-output .hlist li li:last-child:aftercontent:”) “;font-weight:normal.mw-parser-output .hlist olcounter-reset:listitem.mw-parser-output .hlist ol>licounter-increment:listitem.mw-parser-output .hlist ol>li:beforecontent:” “counter(listitem)” “;white-space:nowrap.mw-parser-output .hlist dd ol>li:first-child:before,.mw-parser-output .hlist dt ol>li:first-child:before,.mw-parser-output .hlist li ol>li:first-child:beforecontent:” (“counter(listitem)” “作詞家ドラマー音楽プロデューサー担当楽器
ドラムスパーカッション活動期間
1968年 -共同作業者

エイプリル・フール
はっぴいえんど松本 隆(まつもと たかし、1949年7月16日 – )は、日本の作詞家、ミュージシャン。ロックバンドはっぴいえんどの元ドラマー。東京都出身、兵庫県神戸市在住[2]。

略歴[編集]
この節は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。出典検索?: “松本隆” – ニュース · 書籍 · スカラー · CiNii · J-STAGE · NDL · dlib.jp · ジャパンサーチ · TWL(2017年3月)東京都港区の青山で生まれた。父は元南九州財務局長、仙台銀行相談役の松本亘司(のぶじ)[3][4][5]。母は伊香保温泉の石段街にある明治時代から続く写真館(斎藤写真店)の娘である知子。少女時代は「伊香保小町」といわれるほどの美人であり、国鉄のポスターモデルにもなったという[6][7]。なお、両親ともに群馬県出身である[6]。
港区立青南小学校、慶應義塾中等部、慶應義塾高等学校卒業。慶應義塾大学商学部中退[8][9]。生まれ育った青山を基点として、多感な時期に多くの時間を過ごした乃木坂や麻布、六本木や渋谷界隈の範囲を「風街」と呼び、心の拠り所として愛している。音楽的にはビートルズの影響を強く受けたと語っている。また、妹が生まれつき病弱で早くに亡くなっており(1980年[10])、そのことが詞が優しいといわれる理由ではないかと自ら語っている。
1968年に細野晴臣が掛け持ちしていたバンド「バーンズ」のドラマーとして活動中に小坂忠、柳田博義、菊池英二らに細野とともに誘われエイプリル・フールを結成(当時は「松本零」名義)した。この時期に常に本を持ち歩いていて文学青年に見えたことから、細野より「松本、詞を書け」といわれ作詞を担当するようになる。エイプリル・フールが短期間で解散した後、細野、大瀧詠一、鈴木茂と「バレンタイン・ブルー(後のはっぴいえんど)」を結成した。松本が出演したラジオ番組によれば、作詞は細野から「こんな詩を書け」といわれて渡された輸入盤レコードの歌詞を大学の友人に訳してもらい、自分なりに似せて作ったところから始まったという。
はっぴいえんど在籍中は、@media screen.mw-parser-output .fix-domainborder-bottom:dashed 1pxつげ義春や永島慎二など『ガロ』系漫画や渡辺武信の現代詩に影響を受けた独特の作風で[要出典]、都市に暮らす人々の心象風景を「ですます」調で描き、一部に熱狂的支持者を生むとともに、日本語ロック論争の発端となった[11]。また、メンバーにはそれぞれ別名があり、松本は「江戸門弾鉄」[注 1] 名義で初期の大瀧のソロ曲の作詞も担当した。五つの赤い風船の「えんだん」で初めて、他のミュージシャンに詞を提供した。
はっぴいえんど解散後はムーンライダーズ(オリジナル・ムーンライダーズ)として活動する傍ら、作詞家兼音楽プロデューサー業を始める[11]。しかしプロデュース第一作の南佳孝の『摩天楼のヒロイン』完成後に、南から「(歌詞が松本隆の世界すぎて)これはあなたのアルバムだ」と言われ、音楽プロデューサーとしての情熱を失ったという。その後、あがた森魚の『噫無情(レ・ミゼラブル)』、岡林信康の『金色のライオン』などのアルバムのプロデュースも行ったが、それ以降プロデューサー業からは退き、またオリジナルムーンライダーズからも脱退し、作詞家としての活動に専念することになった。
歌謡曲の作詞をするようになったきっかけのひとつに、音楽プロデューサーの木崎賢治との出会いがある。フリーのレコーディング・エンジニアやディレクターをしていた吉野金次を介し、木崎と知り合う。松本は歌謡曲の作詞をしてみたいと伝えると、木崎は吉野が当時担当していたアグネス・チャンの楽曲への作詞提供を提案。そしてアグネス・チャンのオリジナル・アルバム『アグネスの小さな日記』(1974年3月発売)の収録曲を数曲作詞し、その中の一曲「ポケットいっぱいの秘密」(1974年6月10日発売)がシングルカットされ、スマッシュヒット[12]。これがきっかけで歌謡界に本格進出する[13]。「ポケットいっぱいの秘密」のシングルカットに際してはアグネスが当時所属していた渡辺プロダクション社長の渡辺晋の高い評価があったという[13]。ほぼ同時に、チューリップ「夏色のおもいで」を作詞し、これがすでに作曲者として名を成していた筒美京平の目に留まる[14]。それがきっかけで松本は筒美と仕事をするようになり、アグネスと同じ渡辺プロダクション所属だった太田裕美が歌った「木綿のハンカチーフ」(1975年12月21日発売)の大ヒットにより作詞家として注目される[11]。歌謡界に身を投じたきっかけは、『ヤングギター』編集長の山本隆士に「メジャーな分野で詞は書かないのか」と問われたことだった。松本が「あんなものはいつでも書ける」と言い放ったところ、「言った以上は証明してみろ」と山本にいわれ、「それならやってやろうじゃないか」となった。初めは歌謡界を見下していたが、「この詞には曲をつけられないだろう」と作曲家の筒美京平に「木綿のハンカチーフ」の歌詞を持っていったところ、あっさりと曲をつけられてしまった。以後、考えを改め、作詞に没頭するようになった。
1970年代後半までに手掛けた特筆すべき仕事は、1975年の「木綿のハンカチーフ」の作詞ぐらいであるが[15]、1978年に一連の原田真二作品の作詞を手掛けて世間に知られるようになった[15]。松本自身、「1970年代後半は歌謡曲の駆け出し。駆け出しといっても、78年頃にはトップの方にいた」と述べている[15]。
筒美京平とのコンビで中原理恵「東京ららばい」、桑名正博「セクシャルバイオレットNo.1」、近藤真彦「スニーカーぶる〜す」など、合計380作品((概数))を手掛ける一方、1980年代よりはっぴいえんど時代の仲間たちを歌謡界に呼び寄せ、ヒットメーカーとしての快進撃が始まる。ミリオンセラーとなった細野とのイモ欽トリオ「ハイスクールララバイ」や大瀧の大ヒット・アルバム『A LONG VACATION』、第23回日本レコード大賞を受賞した寺尾聰の「ルビーの指環」、そして松田聖子の24曲連続オリコン1位中17曲を手掛けるなど、阿久悠に代わり歌謡界で一時代を築き上げた[注 2]。松田聖子については作曲家の人選にまで関与するなど、作詞家の範疇を超え総合的な曲のプロデュースに関わっていた[16]。歌謡曲における“松本・筒美”コンビの名は後に伝説と化す。
その後も薬師丸ひろ子、斉藤由貴、中山美穂、C-C-Bなど多数のアイドル、アーティストに詞を提供したが、1989年に一時作詞家としての活動を「休憩」。1994年に本格的に作詞活動を再開するまでの間は能・歌舞伎・オペラ・クラシックなどの「古典」にはまり、1992年にはフランツ・シューベルト『冬の旅』の現代口語訳を手掛けた[17]。作詞以外の文筆活動も行っており、代表作ともいえる私小説『微熱少年』は、自身が監督して映画化された。これは作詞を担当した鈴木茂の曲と同名タイトルである。
現在は自主レーベル「風待レコード」を設立し若手の育成に努めながら、KinKi Kids、中川翔子のヒット曲も手掛けるなど活躍中である。ドラマ『のだめカンタービレ』では松田聖子の「ピンクのモーツァルト」を引用し、アニメ『マクロスF』の挿入歌「星間飛行」のヒットなどで新たな世代にも存在をアピールした。
クラシック音楽にも造詣が深く、シューベルトの歌曲集「冬の旅」(1992年)、「美しき水車小屋の娘」(2004年)、「白鳥の歌」(2018年)[18] に現代日本語訳をつけた。1999年には、カナリア諸島へ伝説の指揮者カルロス・クライバーの演奏会を聴きに行ったことがある[19]。また純邦楽作品として「幸魂奇魂」[2] 古事記より作曲「藤舎貴生」第54回日本レコード大賞企画賞受賞作品
米国・韓国・中国のドラマ・映画にも耽溺しているといわれる。近年の趣味ではオンラインゲームも嗜むようになり、以前開設していた松本自身のウェブサイトでは「エバークエスト2」などゲームのスクリーンショットまで載せるほどのゲーマーっぷりを発揮していた。愛車はレクサス・RC F[20] と レクサス・LC [21]。綾瀬はるかのファン[22]。
2013年、慶應義塾大学特選塾員となる。またこの年、神戸へ移り住んだ[2]。
2015年8月21日・22日、『松本隆 作詞家活動四十五周年記念オフィシャル・プロジェクト』の集大成ともいえる『風街レジェンド2015』と冠したライブを東京国際フォーラムにて行った。松本が作詞を提供したアーティストらが数多く出演し、松本自身もはっぴいえんどのドラマーとしてステージに立った。両日とも公演時間は3時間30分以上に及ぶものであった[23]。なお、本ライブの模様は、Blu-ray化し、2021年12月22日にリリースされる予定。38曲・約3時間にわたるライブ映像が収録される[24]。
2017年、紫綬褒章を受章[11][25]。
2020年11月2日、デビュー50周年を記念したトリビュートライブ『松本隆 50周年 風街古都 コトノハ』が京都コンサートホールアンサンブルホールムラタで開催された。但し、2019年以降の新型コロナウイルスによる感染拡大の状況を受け(「日本における2019年コロナウイルス感染症の流行状況」、「新型コロナウイルス感染症の世界的流行 (2019年-)」、「2019年コロナウイルス感染症による社会・経済的影響」参照)、無観客での開催・有料生配信を行った。出演者は曽我部恵一、城領明子、ノラオンナ、花*花、山田兎。サプライズゲストに岡林信康。
2020年11月20日、『松本隆 作詞活動50周年記念オフィシャル・プロジェクト』を始動[26]。同日、プロジェクトのスタートアップとしてWeb配信番組「〜松本 隆 作詞活動50周年記念オフィシャル・プロジェクト〜風街ちゃんねる」を開局。同年12月12日に第1回を配信(月に1回、全6回。有料配信)。松本とともに宇賀なつみがMCを務め、毎回“風街の住人”をゲストに迎えて「作詞家・松本隆」のエピソードや秘話を時系列に沿って紐解いていくトーク番組[27]。2021年10月31日に最終回を配信した。
2020年12月10日、『松本隆作詞活動50周年トリビュートアルバム』の制作を発表[28]。
2021年7月14日、松本隆作詞活動50周年トリビュートアルバム『風街に連れてって!』がびいだまレコーズより発売。
2021年11月5日・6日、『松本隆 作詞活動50周年記念オフィシャル・プロジェクト』の集大成ともいえるコンサート『風街オデッセイ2021』が日本武道館にて開催された。松本が作詞を提供したアーティストや縁のあるアーティスト40組以上が出演。松本は、細野晴臣、鈴木茂と共に、36年ぶりに”はっぴいえんど”のドラマーとして両日出演[29]。「花いちもんめ」「12月の雨の日」「風をあつめて」の3曲を披露した。MCにおいて、1966年にビートルズが日本公演を行った際に、当時高校生だった松本はステージの正面(南スタンド)で公演を観て感銘を受けたことが、バンドを組む切っ掛けであったことを明かし「今、ここに立っています。あそこからここまで50年かかりました。今日はリンゴ・スターと同じ、ラディックのドラムで」と感慨無量の言葉を述べ、万雷の拍手を受けた。

家族・親族[編集]
父:松本亘司 – 1923年9月23日生まれ。茂十郎・むらの三男。元南九州財務局長、仙台銀行相談役。中央大学商学部卒業[3][4][5]。
母:知子 – 1926年11月10日生まれ。斎藤嘉平の長女。高崎市立高等女学校卒業[4]。実家は伊香保温泉の石段街にある明治時代から続く写真館・斎藤写真店。日本営業写真業界の草分けで、徳冨蘆花の撮影も担当した[6]。
弟:裕 – 1951年2月20日生まれ。レコーディング・エンジニア。株式会社ビークル代表取締役社長。日本大学生産工学部卒業[4]。
妹:由美子 – 6歳年下の妹で、生まれつき心臓が弱く、1980年6月13日に24歳の若さでこの世を去った。当時、
大滝詠一の『A LONG VACATION』制作中だったが、妹の死のショックに伴いスランプに陥り、一時詞を書けなくなる。松本は「別の作詞家を探してくれ」と言うも、大滝は、作詞は松本以外は考えておらず、松本が再び詞を書けるまで待った為、『A LONG VACATION』の発売が延期される。
妹を喪った失意の中、渋谷の景色がモノクロームにしか見えなかった事が「君は天然色」の歌詞が生まれた切っ掛け。
妻:これ迄に3度の婚姻・離婚歴あり。2016年に書道家の女性と3度目の結婚をするも、2019年に離婚した事が報じられた[30]。

主な作品[編集]
詳細は「Category:松本隆が制作した楽曲」を参照
あ行[編集]
あいざき進也ミッドナイト急行(1977年1月25日、作曲:三木たかし)
早春にはばたけ(1977年1月25日、作曲:三木たかし)相本久美子チャイナタウンでよろめいて(1979年2月25日、作曲:穂口雄右)
お熱いのはお好き?(1979年6月21日、作曲:穂口雄右)アグネス・チャンポケットいっぱいの秘密(1974年6月10日、作曲:穂口雄右)
はだしの冒険(1975年6月10日、作曲:平尾昌晃)
心のとびら(1975年6月10日、作曲:平尾昌晃)
愛はメッセージ(1976年8月10日、作曲:武川雅寛)
心に翼を下さい(1977年4月25日、作曲:加瀬邦彦)
雨の月曜日(1977年11月25日、作曲:加藤和彦)
アゲイン(1978年8月25日、作曲:吉田拓郎)
グッド・ナイト・ミスロンリー(1978年8月25日、作曲:松任谷正隆)
やさしさ知らず(1978年11月25日、作曲:松任谷正隆)
3つの銅貨(1978年11月25日、作曲:松任谷正隆)
ハート通信(1978年12月21日、「ヨーイドン」収録、作曲:吉田拓郎)朝加真由美ひとり暮らし(作曲:馬飼野康二)浅香唯愛しい人と眠りたい(1992年1月29日、作曲:大森隆志)
友情(作曲:大森隆志)浅田美代子少女恋唄(1975年3月1日、作曲:三木たかし)
紅い花(1975年3月1日、作曲:三木たかし)浅野ゆう子センチメンタル海岸(1978年3月31日、作曲:馬飼野康二)アップルズブルーエンジェル(青い天使)(作曲:馬飼野康二)
恋はミステリー(作曲:穂口雄右)あのねのね人間は何て悲しいんだろう(1976年11月、作曲:加藤和彦)
我がプロポーズ(作曲:加藤和彦)阿部寛君に捧げる歌(作曲:NOBODY)
硝子のかけら(作曲:NOBODY)
心のシャッター(作曲:財津和夫)
綺麗になったね(作曲:財津和夫)
魂の日々(作曲:木戸やすひろ)
渚へ(作曲:村田和人)
パズル(作曲:中崎英也)安部恭弘STILL I LOVE YOU(作曲:安部恭弘)
CAFE FLAMINGO(作曲:安部恭弘)
ジュリエット(作曲:安部恭弘)
TIGHT UP(作曲:安部恭弘)
RAINY DAY GIRL(作曲:安部恭弘)天地真理レイン・ステイション(作曲:筒美京平)
家なき子(作曲:筒美京平)
愛・つづれ織り(1979年12月21日、作曲:森田公一)
旅人は風の国へ(1979年12月21日、作曲:森田公一)綾瀬はるかマーガレット(2010年8月11日、作曲:呉田軽穂)荒川務ブラームスは聞かない(作曲:馬飼野康二)alan「生きる」(2011年6月29日、作曲:菊池一仁)アルフィー夏しぐれ(1974年8月25日、作曲:筒美京平)
青春の記憶(1975年5月25日、作曲:筒美京平)
真夏の夢(作曲:筒美京平)
心の扉(作曲:筒美京平)
危険なリンゴ(作曲:筒美京平)
水いらずの午後(作曲:筒美京平)ANKHイマジネーション(1980年7月21日、作曲:佐藤健)
至近距離(作曲:曽我泰久)飯島真理リンゴの森の子猫たち(作曲:筒美京平)
夢色のスプーン(作曲:筒美京平)
1グラムの幸福(1984年11月5日、作曲:飯島真理)
セシールの雨傘(作曲:飯島真理)イエロー・マジック・オーケストラ君に、胸キュン。(1983年3月25日、作曲:坂本龍一・高橋幸宏・細野晴臣)
過激な淑女(1983年7月27日、作曲:坂本龍一・高橋幸宏・細野晴臣)五十嵐浩晃サマー・トワイライト(作曲:五十嵐浩晃)
再会(作曲:五十嵐浩晃)
キプロスの砂(作曲:五十嵐浩晃)
君の生き方をつらぬいて(作曲:五十嵐浩晃)
DAY DREAM(作曲:五十嵐浩晃)五十嵐夕紀第一印象(作曲:川口真)
面影ありがとう(作曲:川口真)
えとらんぜ(作曲:吉田拓郎)
ほ・ほ・え・み(作曲:吉田拓郎)
ワル! (泣くのはおよし)(1978年10月20日、作曲:都倉俊一)
メイク・アップ(作曲:都倉俊一)石川秀美妖精時代(作曲:小田裕一郎)
ゆ・れ・て湘南(作曲:小田裕一郎)
初恋通信(作曲:小田裕一郎)
ガラスのブローチ(作曲:小田裕一郎)
水色のカナリア(作曲:小田裕一郎)
禁じられた恋の島(作曲:小田裕一郎)
海のスケッチ(作曲:小田裕一郎)
ストロベリー・シェイク(作曲:林哲司)
はちみつテイスト(作曲:林哲司)石川ひとみ三枚の写真(作曲:大野克夫)
ハート通信(作曲:吉田拓郎)石毛礼子旅の手帖(作曲:網倉一也)
涙のコンチェルト(作曲:松宮恭子)石田純一ジゴロ(作曲:田島貴男)
MINT JULEP(作曲:羽場仁志)石野真子めぐり逢い(作曲:上田知華)
コートダジュールで(作曲:加藤和彦)五木ひろし抱擁(作曲:平井夏美)
胡蝶蘭(作曲:関口誠人)
街灯(作曲:玉置浩二)
夏の雨、リスボンで(作曲:平井夏美)
水蜜桃(作曲:金子隆博)
愛情のワルツ(作曲:平井夏美)
終着駅(作曲:玉置浩二)
求婚(作曲:玉置浩二)
紅葉狩(作曲:関口誠人)
孤独な女(作曲:吉田拓郎)
時のせせらぎ(作曲:吉田拓郎)
白い百合(作曲:五木ひろし)
心の三叉路(作曲:金子隆博)五つの赤い風船えんだん(作曲:西岡たかし)伊藤咲子友達になろう(作曲:吉田拓郎)伊東ゆかりロマンチスト(作曲:筒美京平)
プレイボーイ・マガジン(作曲:筒美京平)稲垣潤一バチェラーガール(作曲:大瀧詠一)
恋するカレン(作曲:大瀧詠一)
カナリア諸島にて(作曲:大瀧詠一)
微熱少年(作曲:鈴木茂)井上あずみ桜、舞う(作曲:馬飼野康二)イモ欽トリオハイスクールララバイ(1981年8月5日、作曲:細野晴臣)
ティアドロップ探偵団(作曲:細野晴臣)
サーフサイドX(作曲:井上大輔)
ティーンエイジ・イーグルス(作曲:細野晴臣)
エレクトリック・スーパーマン(作曲:細野晴臣)
閃光ロック(作曲:井上大輔)
高校三年生 ’82(作曲:南高節)
美少女エレジー(作曲:吉田拓郎)
失恋レッスン (A・B・C)(作曲:細野晴臣)
初恋のマドンナ(作曲:南高節)
ハートブレイク・トレイン(作曲:井上大輔)
雨のライダー ブルース(作曲:細野晴臣)
制服のエンジェル(作曲:吉田拓郎)岩崎宏美摩天楼(作曲:浜田金吾)
絵空事(作曲:浜田金吾)
檸檬(作曲:鈴木キサブロー)
影絵(シルエット)(作曲:鈴木キサブロー)
真珠のピリオド(作曲:筒美京平)
夜明けの天使たち(作曲:筒美京平)WinkOne Night In Heaven 〜真夜中のエンジェル〜(作曲:スティーブ・リローニ・ダン・ナヴァーロ)
Shining Star(作曲:尾関昌也)植木等FUNX4(作曲:大瀧詠一)エイプリル・フールいつか……(作曲:小坂忠・細野晴臣)
母なる大地–I(作曲:菊池英二)
母なる大地–II(作曲:菊池英二)
暗い日曜日(作曲:細野晴臣)NHK学園高等学校最高のぼくら(校歌)(2018年4月、作曲:秦基博)[31][32]大滝詠一恋の汽車ポッポ(作詞:江戸門弾鉄、作曲:多羅尾伴内)
それはぼくじゃないよ(作曲:大瀧詠一)
空飛ぶくじら(作詞:江戸門弾鉄、作曲:多羅尾伴内)
指切り(作曲:大瀧詠一)
乱れ髪(作曲:大瀧詠一)
君は天然色(作曲:大瀧詠一)
Velvet Motel(作曲:大瀧詠一)
カナリア諸島にて(作曲:大瀧詠一)
我が心のピンボール(作曲:大瀧詠一)
雨のウェンズデイ(作曲:大瀧詠一)
スピーチ・バルーン(作曲:大瀧詠一)
恋するカレン(作曲:大瀧詠一)
FUNX4(作曲:大瀧詠一)
さらばシベリア鉄道(作曲:大瀧詠一)
オリーブの午后(作曲:大瀧詠一)
白い港(作曲:大瀧詠一)
Water Color(作曲:大瀧詠一)
♥(ハート)じかけのオレンジ(作曲:大瀧詠一)
魔法の瞳(作曲:大瀧詠一)
夏のペーパーバック(作曲:大瀧詠一)
木の葉のスケッチ(作曲:大瀧詠一)
恋のナックルボール(作曲:大瀧詠一)
銀色のジェット(作曲:大瀧詠一)
1969年のドラッグレース(作曲:大瀧詠一)
ガラス壜の中の船(作曲:大瀧詠一)
ペパーミント・ブルー(作曲:大瀧詠一)
レイクサイドストーリー(作曲:大瀧詠一)
Bachelor Girl(作曲:大瀧詠一)
フィヨルドの少女(作曲:大瀧詠一)太田裕美あこがれ(作曲:都倉俊一)
朝顔の花(作曲:都倉俊一)
雨だれ(作曲:筒美京平)
白い季節(作曲:筒美京平)
たんぽぽ(作曲:筒美京平)
リラの花咲く頃(作曲:筒美京平)
夕焼け(作曲:筒美京平)
水曜日の約束(作曲:筒美京平)
木綿のハンカチーフ(作曲:筒美京平)
揺れる愛情(作曲:筒美京平)
袋小路(作曲:荒井由実)
ひぐらし(作曲:荒井由実)
青春のしおり(作曲:佐藤健)
七つの願い事(作曲:萩田光雄)
赤いハイヒール(作曲:筒美京平)
茶色の鞄(作曲:筒美京平)
最後の一葉(作曲:筒美京平)
銀のオルゴール(作曲:筒美京平)
湘南アフタヌーン(作曲:山田パンダ)
しあわせ未満(作曲:筒美京平)
初恋ノスタルジー(作曲:筒美京平)
恋愛遊戯(作曲:筒美京平)
心象風景(作曲:筒美京平)
九月の雨(作曲:筒美京平)
マニキュアの小壜(作曲:筒美京平)
恋人たちの100の偽り(作曲:筒美京平)
四季絵巻(作曲:筒美京平)
失恋魔術師(作曲:吉田拓郎)
花吹雪(作曲:吉田拓郎)
鍵(作曲:吉田拓郎)
ドール(作曲:筒美京平)
振り向けばイエスタディ(作曲:筒美京平)
海が泣いている(作曲:筒美京平)
さらばシベリア鉄道(作曲:大瀧詠一)
恋のハーフムーン(作曲:大瀧詠一)
ブルー・ベイビー・ブルー(作曲:大瀧詠一)
さよならの岸辺(作曲:太田裕美)
イルカが空を泳ぐ晩(作曲:太田裕美)
魂のピリオド(作曲:筒美京平)
水彩画の日々(作曲:筒美京平)
ハーブの香り(作曲:筒美京平)大竹しのぶ白いヴェール(作曲:J.S.バッハ)大西結花チューリップの蕾(作曲:南佳孝)
好きにして…(作曲:ジョーイ・カーボーン)大橋純子ペイパー・ムーン(作曲:筒美京平)
やさしい人(作曲:筒美京平)
ジョーク(作曲:萩田光雄)
ひきしお(作曲:佐藤健)
キャシーの噂(作曲:林哲司)
シンプル・ラブ(作曲:佐藤健)
今シルエットのように(作曲:佐藤健)
ミスター・スマイル(作曲:佐藤健)
落日風景(作曲:増尾元章)
炎のヒロイン(作曲:深町純)
スターライト・トレイン(作曲:佐藤健)
ラブ・マシーン(作曲:佐藤健)
火のように水のように(作曲:筒美京平)岡田奈々握手しようよ(作曲:佐藤健)
雨のテレフォン(作曲:瀬尾一三)
ひとりごと(作曲:都倉俊一)
ひとりぼっちの幸福(作曲:都倉俊一)
女学生(作曲:都倉俊一)
放課後(作曲:都倉俊一)
くちづけ(作曲:森田公一)
青いめまい(作曲:森田公一)
青春の坂道(作曲:森田公一 ※補作詞、雑誌『明星』募集歌)
恋はかくれんぼ(作曲:森田公一)
若い季節(作曲:佐藤健)
手編みのプレゼント(作曲:佐藤健)
地図のない旅(作曲:瀬尾一三)
かざらない青春(作曲:佐藤健)
プリーズ・プリーズ(作曲:瀬尾一三)荻野目洋子フリージアの雨(作曲:船山基紀)
2Bの鉛筆(作曲:船山基紀)
生命の詩(作曲:服部克久)
TOKYO GIRL(作曲:林田健司)
海の珊瑚(作曲:林田健司)尾崎紀世彦サングリア – 真昼の夢 -(作曲:筒美京平)
愛の追跡(作曲:筒美京平)オトナモード雨色(作曲:高橋啓太)
ミルフィーユ(作曲:高橋啓太)小幡洋子もしも空を飛べたら(作曲:筒美京平)※「天空の城ラピュタ」イメージソングオフ・コース忘れ雪(作曲:筒美京平)
水いらずの午後(作曲:筒美京平)ORIGINAL LOVE夜行性(作曲:田島貴男)
守護天使(作曲:田島貴男)
Hey Space Baby!(作曲:田島貴男)オレンジ・シスターズアメリカからの手紙(作曲:松尾清憲)か行[編集]
柏原芳恵ト・レ・モ・ロ(作曲:筒美京平)
海岸線(作曲:筒美京平)加藤ミリヤディア ロンリーガール(作曲:Marvin Gaye, David Ritz, Odell Elliot Brown Jr., 他)※補作詞角川博うさぎ温泉音頭(作曲:大瀧詠一)金井夕子ラスト ワルツ イン ブルー(作曲:筒美京平)
Loving You(作曲:筒美京平)
オリエンタル ムーン(作曲:筒美京平)
ロックンロール・グッバイ(作曲:筒美京平)
Hollywood Night(作曲:筒美京平)
Morning Air(作曲:筒美京平)
月光小夜曲 ムーンライト セレナーデ(作曲:筒美京平)
A BOY FROM ANDES(作曲:筒美京平)金沢明子イエロー・サブマリン音頭 訳詞(作曲:Lennon – McCartney、編曲:萩原哲晶、プロデュース:大瀧詠一)かまやつひろし水無し川(作曲:吉田拓郎)
親父よ(作曲:かまやつひろし)
仁義なき戦い(作曲:細野晴臣)
道化役(作曲:日高富明)亀淵友香砂糖菓子の街(作曲:矢野誠)加山雄三光進丸(作曲:弾厚作)
フィジーにおいで(作曲:弾厚作)KAYO三つ編みヒロイン(作曲:細野晴臣)ガロビートルズはもう聞かない(作曲:佐藤健)川田あつ子秘密のオルゴール(作曲:財津和夫)
哀しみよ今日は(作曲:財津和夫)川村ゆうこ孤独なランナー(作曲:大野克夫)
ロンサム通り(作曲:大野克夫)神田広美人見知り(作曲:穂口雄右)
霙景色(作曲:穂口雄右)
哀しみ予報(作曲:穂口雄右)
真珠橋(作曲:穂口雄右)
薔薇詩集(作曲:馬飼野俊一)
アネモネの詩(作曲:馬飼野俊一)
ドンファン(作曲:吉田拓郎)
屋根の上の仔猫(作曲:馬飼野俊一)
赤い羽(作曲:馬飼野俊一)
待ち呆気(作曲:馬飼野俊一)
薔薇詩集(作曲:馬飼野俊一)北村優子ハロー・サンシャイン(作曲:穂口雄右)
ジェラシー(作曲:穂口雄右)木之内みどり学生通り(作曲:財津和夫)
いじっぱりな私(作曲:財津和夫)
グッド・フィーリング(作曲:財津和夫)
氷イチゴの頃(作曲:財津和夫)
兄貴ごめんね(作曲:財津和夫)
東京メルヘン(作曲:吉田拓郎)
フルーツ(作曲:実川俊)
ヨーヨー(作曲:市川善光)
ゆめまくら(作曲:小泉まさみ)
シティー・ライト(作曲:マイケル・K・中村)
ジュ・テーム(作曲:佐藤健)
イマージュ(作曲:谷山浩子)
走れ風のように(作曲:平尾昌晃)
愛に肩寄せて(作曲:平尾昌晃)KinKi Kids硝子の少年(1997年、作曲:山下達郎)
Kissから始まるミステリー(1997年、作曲:山下達郎)
ジェットコースター・ロマンス(1998年、作曲:山下達郎)
このまま手をつないで(1998年、作曲:馬飼野康二)
Happy Happy Greeting(1998年、作曲:山下達郎)
シンデレラ・クリスマス(1998年、作曲:谷本新)
ボクの背中には羽根がある(2001年、作曲:織田哲郎)
薄荷キャンディー(2003年、作曲・編曲:Fredrik Hult, Ola Larsson, Öystein Grindheim, Henning Harturng)
スワンソング(2009年、作曲:瀬川浩平)
同窓会(2011年、作曲:林田健司)
ラジコン(2011年、作曲:筒美京平)
ヒマラヤ・ブルー(2011年、作曲:織田哲郎)
99%(2020年、作曲:細野晴臣)
高純度romance(2022年、作曲:マシコタツロウ)キャプテンストライダム風船ガム(作曲:永友聖也)草川祐馬西暦2001年(作曲:馬飼野康二)
哀愁のシアター(作曲:馬飼野康二)クミコお帰りなさい(作曲:筒美京平)
かみかくし(作曲:あがた森魚)
銀幕の雨(作曲:鈴木慶一)
心の指紋(作曲:筒美京平)
さいごの抱擁(作曲:平井夏美)
接吻(作曲:植野慶子)
千とひとつの夜(作曲:リムスキー=コルサコフ)
ちょうちょ(作曲:筒美京平)
昼顔(作曲:植野慶子)
ままごと(作曲:細野晴臣)
蜜柑水(作曲:coba)
やさしい娼婦(作曲:鈴木博文)
情熱(作曲:筒美京平)
鳥の歌(作曲:カタロニア民謡)
さみしいときは恋歌を歌って(作曲:秦基博)[33]
不協和音(作曲:七尾旅人)
消しゴム(作曲:吉澤嘉代子)
フローズン・ダイキリ(作曲:横山剣)
しゃくり泣き(作曲:村松崇継)
枝垂桜(作曲:亀田誠治)
セレナーデ(作曲:フランツ・シューベルト)
恋に落ちる(作曲:永積 崇)
砂時計(作曲:つんく)
輪廻(作曲:菊地成孔)
チューリップ(作曲:JY Choi)桑名正博真夜中列車第2便(作曲:桑名正博)
哀愁トゥナイト(作曲:筒美京平)
さよならの夏(作曲:筒美京平)
フェアウェル・モーニング(作曲:筒美京平)
恋とブギウギ(作曲:桑名正博)
サマー・スウェット(作曲:筒美京平)
セントラル・パーク(作曲:桑名正博)
ダンシング(作曲:桑名正博)
薔薇と海賊(作曲:筒美京平)
キャディラック(作曲:筒美京平)
毛皮のビーナス(作曲:筒美京平)
満潮(作曲:筒美京平)
サード・レディー(作曲:筒美京平)
テキーラ・ムーン(作曲:筒美京平)
ロード・マシーン(作曲:桑名正博)
スコーピオン(作曲:筒美京平)
俺たちに明日はない(作曲:筒美京平)
セクシャルバイオレットNo.1(作曲:筒美京平)
You’re my baby(作曲:筒美京平)
THE SUPER STAR(作曲:筒美京平)
スポーツ・ウーマン(作曲:筒美京平)
ムーディー・ウーマン(作曲:筒美京平)
TO BE OF NOT TO BE(作曲:筒美京平)桑原一郎谷間の百合(作曲:筒美京平)研ナオコ日本人形(作曲:細野晴臣)小泉今日子迷宮のアンドローラ(作曲:筒美京平)
DUNK(男区)(作曲:筒美京平)
哀愁小町(作曲:馬飼野康二)
天然色のロケット(作曲:筒美京平)
魔女(作曲:筒美京平)
気分はハートブレイク(作曲:筒美京平)
水のルージュ(作曲:筒美京平)
Kiss(作曲:筒美京平)
ウインク・キラー(作曲:和泉宏隆)
素直じゃなくって御免(作曲:林哲司)
純愛(作曲:大沢誉志幸)
Free(作曲:馬飼野康二)香坂みゆき愛の芽ばえ(作曲:穂口雄右)
初恋宣言(作曲:馬飼野康二)
グッバイ・サマー(作曲:馬飼野康二)
昨日より抱きしめて(作曲:佐藤準)
プラネタリウム(作曲:穂口雄右)
時々 妖精のように(作曲:穂口雄右)
あなたにはかなわない(作曲:穂口雄右)
フリージア・モーニング(作曲:穂口雄右)
感じるんです(作曲:穂口雄右)
初恋宣言(作曲:穂口雄右)
愛の芽ばえ(作曲:穂口雄右)
青い芽(作曲:穂口雄右)
365粒の涙(作曲:穂口雄右)
GOOD NIGHT(作曲:穂口雄右)
昨日より抱きしめて(作曲:佐藤隆)郷ひろみサファイア・ブルー(作曲:井上陽水)小坂忠氷雨のスケッチ(作曲:鈴木茂)
しらけちまうぜ(作曲:細野晴臣)
流星都市(作曲:細野晴臣)児島未散セプテンバー物語(作曲:林哲司)
サンセット・ブールバード(作曲:林哲司)
プリテンド(作曲:林哲司)
海のリトグラフ(作曲:林哲司)ゴスペラーズローレライ(作曲:井上大輔)ゴダイゴ(カミング・トゥゲザー・イン)カトマンズ 日本語詞(英語詞:奈良橋陽子、作曲:タケカワユキヒデ)後藤恭子ペガサスの少女(作曲:林哲司)後藤久美子制服の天使(作曲:筒美京平)
タータン・チェックの手紙(作曲:筒美京平)小林明子真実(作曲:小林明子)小林幸子さよならありがとう(作曲:松本俊明)小室みつ子Angel Walk(作曲:筒美京平)近藤名奈1グラムの幸福(作曲:飯島真理)※飯島真理のカヴァー近藤真彦スニーカーぶる〜す(作曲:筒美京平)
哀しきハイスクール(作曲:筒美京平)
ストリート・レーサー(作曲:馬飼野康二)
ためいき倶楽部(作曲:筒美京平)
サマーウェーブ(作曲:筒美京平)
さらば流星ガール(作曲:芳野藤丸)
ヨコハマ・チーク(作曲:筒美京平)
嘆きのリンダ(作曲:筒美京平)
ブルージーンズ メモリー(作曲:筒美京平)
KOでOK(作曲:筒美京平)
ひとりぼっちのバースデー(作曲:筒美京平)
火遊びセブンティーン(作曲:濱田金吾)
ふられてBANZAI(作曲:筒美京平)
瞬間BEAUTIFUL(作曲:長沢ヒロ)
ラスト・チャンスは俺にくれ(作曲:筒美京平)
憧れのリゾート・クイーン(作曲:筒美京平)
ハイティーン・ブギ(作曲:山下達郎)
MOMOKO(作曲:山下達郎)
ホレたぜ!乾杯(作曲:筒美京平)
ミッドナイト・ステーション(作曲:筒美京平)
天国でプラトニック(作曲:筒美京平)
天使の休息(作曲:長沢ヒロ)
Z(作曲:長沢ヒロ)
RACER(作曲:芳野藤丸)
ハート・クラッシュ(作曲:筒美京平)
See You Again(作曲:筒美京平)
ためいきロ・カ・ビ・リー(作曲:筒美京平)
Hey Girl(作曲:筒美京平)
10ccの涙(作曲:芳野藤丸)
四月物語(作曲:濱田金吾)
ハイウェイ・スター(作曲:鈴木キサブロー)
ロイヤル・ストレート・フラッシュ(作曲:筒美京平)
永遠に秘密さ(作曲:山下達郎)
One more time(作曲:山下達郎)
Made in Japan(作曲:筒美京平)
Baby It’s You(作曲:筒美京平)
KISS(作曲:筒美京平)
デスペラード -ならず者-(作曲:Mark Davis)さ行[編集]
西城秀樹聖・少女(作曲:吉田拓郎)
夕陽よ、俺を照らせ(作曲:吉田拓郎)
スポーツ・ガール(作曲:大瀧詠一)
ロンサム・シティ(作曲:大瀧詠一)PSY・Sbe with YOU(作曲:松浦雅也)
Power Stone(作曲:松浦雅也)斉藤由貴卒業(作曲:筒美京平)
青春(作曲:筒美京平)
初戀(作曲:筒美京平)
コスモス通信(作曲:来生たかお)
海の絵葉書(作曲:筒美京平)
情熱(作曲:筒美京平)
ささやきの妖精(作曲:筒美京平)
青空のかけら(作曲:亀井登志夫)
指輪物語(作曲:崎谷健次郎)
雪灯りの町(作曲:来生たかお)酒井法子幸福なんてほしくないわ(作曲:入江剣)坂上香織レースのカーディガン(作曲:来生たかお)
Privacy(作曲:井上ヨシマサ)
赤いポシェット(作曲:財津和夫)
不思議なオルゴール(作曲:井上ヨシマサ)
レモンを齧りながら(作曲:来生たかお)
緑の散歩道(作曲:鈴木キサブロー)
友達になりたい(作曲:萩田光雄)
蜜の月(作曲:来生たかお)
わがままな空模様(作曲:井上ヨシマサ)
氷の人魚(作曲:鈴木キサブロー)
海を見てる少女(作曲:萩田光雄)
プラトニックつらぬいて(作曲:後藤次利)
もう一度振り向いて(作曲:井上ヨシマサ)
風をあつめて(作曲:細野晴臣)※はっぴいえんどのカバー
ソバカスのある少女(作曲:鈴木茂)※はっぴいえんどのカバー榊原郁恵ROBOT(ロボット)(作曲:筒美京平)
恋はう・ら・は・ら(作曲:筒美京平)桜田淳子リップスティック(作曲:筒美京平)
トロピカル・ランデブー(作曲:筒美京平)
サマータイム・ブルース(作曲:筒美京平)さとうあき子ブルーバタフライ(作曲:筒美京平)
リリシズム(作曲:筒美京平)佐藤隆北京で朝食を(作曲:佐藤隆)佐東由梨どうして?!(作曲:筒美京平)
ロンリー・ガール(作曲:筒美京平)里中茶美ティーンエイジ・セレナーデ(作曲:小森田実)
魔法のビート(作曲:小森田実)
失恋(作曲:山口美央子)沢田研二燃えつきた二人(作曲:加瀬邦彦)
影絵(作曲:沢田研二)沢田玉恵花の精 -わたしのON・AIR-(作曲:筒美京平)
水蜜桃(作曲:筒美京平)
紫外線(作曲:筒美京平)
醒めた夢(作曲:筒美京平)沢田富美子青空on my mind(作曲・編曲:松任谷正隆)C-C-BRomanticが止まらない(作曲:筒美京平)
I SAY, I LOVE YOU(作曲:筒美京平)
スクール・ガール(作曲:筒美京平)
もっとハートフルに愛して(作曲:筒美京平)
Lucky Chanceをもう一度(作曲:筒美京平)
サーフ・ブレイク(作曲:筒美京平)
空想Kiss(作曲:筒美京平)
御意見無用、花吹雪(作曲:筒美京平)
元気なブロークン・ハート(作曲:筒美京平)
スワンの城(作曲:筒美京平)
不自然な君が好き(作曲:関口誠人)
ないものねだりのI Want You(作曲:筒美京平)
2 Much,I Love U.(作曲:筒美京平)
原色したいね(作曲:渡辺英樹)
Love Is Light(作曲:筒美京平)
抱きしめたい(作曲:筒美京平)
Inner Mind(作曲:渡辺英樹)
恋文(ラブレター)(作曲:渡辺英樹)
Love Is Magic(作曲:筒美京平)
約束(作曲:筒美京平)
急接近(作曲:渡辺英樹)
スクール・ボーイ(作曲:筒美京平)
Forever(作曲:筒美京平)
二人のシーズン(作曲:関口誠人)
浮気なジル(作曲:筒美京平)
メモリーなんていらない(作曲:関口誠人)
Here Comes The C-C-B(作曲:筒美京平)
リスキーゲーム(作曲:筒美京平)
空想Kiss-2(作曲:筒美京平)
JOKEじゃなしに I LOVE YOU(作曲:筒美京平)
ハードボイルド物語(作曲:筒美京平)
TOO YOUNG(作曲:筒美京平)
青いブランケット(作曲:米川英之)
Cherry Forest(作曲:田口智治)
Cyber-Commander(作曲:田口智治)
プリマドンナ(作曲:笠浩二)
Velvet Touch(作曲:米川英之)
Only For You,Only For Me.(作曲:米川英之)
Blue Guitar(作曲:米川英之)渋谷哲平Deep (ディープ)(作曲:都倉俊一)島田奈美パウダー・スノーの妖精(作曲:林哲司)
Free Balloon(作曲:林哲司)
パステル・ブルーのためいき(作曲:林哲司)
ハロー・レディ(作曲:財津和夫)
タンポポの草原(作曲:井上ヨシマサ)
NO!(作曲:佐藤健)
Kissは元気の出る薬(作曲:財津和夫)
Mint Tea Without Sugar(作曲:小坂明子)
+αの勇気(作曲:大沢誉志幸)清水宏次朗今夜だけDarling(作曲:織田哲郎)
Down Town Alley(作曲:織田哲郎)
Love Balladeは歌えない(作曲:織田哲郎)
TOUCH DOWN(作曲:鈴木キサブロー)
俺たちのシーズン(作曲:清水宏次朗)
19BOX(ジューク・ボックス)
アルバイトブギ(作曲:井上大輔)少年隊バラードのように眠れ(作曲:筒美京平)
魔法のウインク(作曲:筒美京平)
stripe blue(作曲:筒美京平)
ABC(作曲:筒美京平)
自然にkissして(作曲:筒美京平)
雨のスタジアム(作曲:筒美京平)Johnny$百萬BABY(作曲:Johnny)
ジュリエットの幻影(作曲:Johnny)白鳥哲ひとりだち(作曲:吉田拓郎)鈴木茂(作曲は全て鈴木茂)

砂の女 ※鈴木茂とハックルバック名義でも発表
100ワットの恋人 ※鈴木茂とハックルバック名義でも発表
八月の匂い
微熱少年
人力飛行機の夜
夕焼け波止場
銀河ラプソディー
LADY PINK PANTHER
デビル・ゲーム
BRANDY WINE
TOKYO・ハーバー・ライン
走れラビット
コルドバの夜
8分音符の詞(8 NOTE-SONG)
レイニー・ステーション
サマー・ワイン
風信子(ヒヤシンス)
ジュリエット
サテン・ドール
TSUPPARING BLUES
MOON BABY
Tuesday Queen
イメージ・チェンジ
ラハイナ・ガール
ストリップ・ティーズ
マドモアゼル
スパニッシュ・フライ(媚薬)
ハヴァナ・シガレット
10セントの魂
スウィート・インスピレーション
幻花(まぼろし)
Galaxy Girl
VIVA CALIFORNIA
BAD DREAM
Cold Blood鈴木康博(作曲は全て鈴木康博)

ALONE
スターライト・セレナーデスターボーハートブレイク太陽族(作曲:細野晴臣)
TOKYOベイ・ブルース(作曲:細野晴臣)
月世界ナイト(作曲:細野晴臣)
火星のプリンセス(作曲:細野晴臣)
100億光年の恋人(作曲:細野晴臣)関口誠人天河伝説殺人事件(作曲:関口誠人)た行[編集]
高田みづえ花しぐれ(作曲:都倉俊一)
デイ・ドリーム(作曲:都倉俊一)
パープル・シャドウ(作曲:都倉俊一)
火の鳥(作曲:都倉俊一)
女ともだち(作曲:筒美京平)
泣きながらカナリヤ(作曲:筒美京平)髙橋真梨子とまどい小夜曲(セレナーデ)(作曲:筒美京平)高橋美枝ひとりぼっちは嫌い(作曲:松尾一彦)
ピンクの鞄(トランク)(作曲:細野晴臣)
エンゼル・フィッシュ(作曲:南佳孝)
ダブル・デート(作曲:大村雅朗)竹内まりやSEPTEMBER(作曲:林哲司)
磁気嵐(作曲:杉真理)
象牙海岸(作曲:林哲司)
五線紙(作曲:安部恭弘)
イチゴの誘惑(作曲:林哲司)立花理佐刹那主義(作曲:筒美京平)
内気なガール・ハント(作曲:筒美京平)
リサの妖精伝説 ―FAIRY TALE―(作曲:筒美京平)
リサの妖精伝説 ―BE-BOP HIGHSCHOOL―(作曲:筒美京平)
スロー・ダンスは踊らない(作曲:筒美京平)田村英里子好きよ(作曲:筒美京平)
私はそよ風(作曲:筒美京平)
デザートにKISS(作曲:筒美京平)
真剣(ほんき)(作曲:筒美京平)
NEXT(作曲:筒美京平)
REVOLUTION(作曲:筒美京平)
リトル・ダーリン(作曲:平井夏美)
愛のナイチンゲール(作曲:山口美央子)チェルシア・チャンロング・ロング・グッバイ(作曲:筒美京平)
チャイニーズ・ドール(作曲:筒美京平)Chappie水中メガネ(作曲:草野正宗)
七夕の夜、君に逢いたい(作曲:細野晴臣)チューリップ夏色のおもいで(作曲:財津和夫)※職業作詞家としての処女作。塚田三喜夫愛の女王蜂(作曲:三木たかし)ティン・パン・アレーはぁどぼいるど町(作曲:鈴木茂)
ソバカスのある少女(作曲:鈴木茂)
ポケットいっぱいの秘密(作曲:穂口雄右)※アレンジと演奏を担当したアグネス・チャンの同曲カバー寺尾聰ルビーの指環(作曲:寺尾聰)
渚のカンパリ・ソーダ(作曲:寺尾聰)アルバム「Reflections」(1981年4月5日)収録
喜望峰(作曲:寺尾聰)アルバム「Reflections」(1981年4月5日)収録
CINEMA HOTEL(作曲:寺尾聰)テレサ野田ラブ・カンバセーション(作曲:吉田拓郎)富田靖子渚のドルフィン(作曲:筒美京平)
林檎雨(作曲:筒美京平)冨田ラボ眠りの森(作曲:冨田恵一)
海を渡る橋(作曲:冨田恵一)
パラレル feat. 秦 基博(作曲:冨田恵一)トランザムあゝ青春(作曲:吉田拓郎)
ビューティフル・サンデー(作詞・作曲:Daniel Boone、Rod McQueen、訳詞:松本隆)THE 東南西北内心、Thank You(作曲:久保田洋司)
Shadow Dancing(作曲:久保田洋司)
あの娘がほしい(作曲:久保田洋司)
君の名前を呼びたい(作曲:久保田洋司)な行[編集]
ナイアガラ・トライアングル(佐野元春、杉真理、大瀧詠一)A面で恋をして(作曲:大瀧詠一)中井貴一1999年(作曲:中崎英也)
黒の似合うひと(作曲:中崎英也)
Shade(作曲:辻畑鉄也)永井真理子遠くから見つめている(作曲:西川進・小林孝至)
かたちのないものが好き(作曲:西川進・小林孝至)
愛が醒めるとき(作曲:bice)中川翔子綺麗ア・ラ・モード(作曲:筒美京平)
心のアンテナ(作曲:細野晴臣)
硝子のプリズム(作曲:細野晴臣)
カミツレ(作曲:筒美京平)
約束(作曲:筒美京平)中島美嘉CRESCENT MOON(作曲:大野宏明)中島愛=ランカ・リー星間飛行(作曲:菅野よう子)中谷美紀いばらの冠(作曲・編曲・プロデュース:坂本龍一)
水族館の夜(作曲・編曲・プロデュース:坂本龍一)中原香織銀河鉄道の夜(作曲:細野晴臣)中原理恵東京ららばい(作曲:筒美京平)
ディスコ・レディー(作曲:筒美京平)
SENTIMENTAL HOTEL(作曲:筒美京平)
マギーへの手紙(作曲:筒美京平)
BOY HUNT(作曲:筒美京平)
枕詞(ピロー・トーク)(作曲:筒美京平)
卍BLUES(作曲:筒美京平)
SHOW BOAT(作曲:筒美京平)
聖三角形(作曲:筒美京平)
寒い国から来た女(作曲:筒美京平)
やさしさの証明(作曲:筒美京平)
懐かしのジョージ・タウン(作曲:筒美京平)
螺旋階段(作曲:筒美京平)
抱きしめたい(作曲:筒美京平)
ダイアン・キートン(作曲:鈴木茂)
死ぬほど逢いたい(作曲:松宮恭子)
Eマイナーのラブソング(作曲:松宮恭子)
涙のカクテル(作曲:筒美京平)仲村トオルIt’s All Right(作曲:中崎英也)中村雅俊あゝ青春(作曲:吉田拓郎)
青春試考(作曲:吉田拓郎)
注文の多い恋人よ(作曲:吉田拓郎)
もう一度抱きたい(作曲:中崎英也)長渕剛宵待草(作曲:長渕剛)中森明菜愛撫(作曲:小室哲哉)
二人静 -「天河伝説殺人事件」より(作曲:関口誠人)
落花流水(作曲:林田健司)
黒薔薇(作曲:OSNY MELO)
NORMA JEAN(作曲:小室哲哉)中山美穂「C」(作曲:筒美京平)
スピード・ウェイ(作曲:林哲司)
生意気(作曲:筒美京平)
BE-BOP-HIGHSCHOOL(作曲:筒美京平)
放課後(作曲:筒美京平)
クローズ・アップ(作曲:財津和夫)
瞳のかげり(作曲:財津和夫)
JINGI・愛してもらいます(作曲:小室哲哉)
泣かないわ(作曲:筒美京平)
ツイてるねノッてるね(作曲:筒美京平)
WAKU WAKUさせて(作曲:筒美京平)
ハートのスイッチを押して(作曲:筒美京平)
炎の舞(作曲:筒美京平)
ペニンシュラ・モーニング(作曲:筒美京平)
黄金海岸(作曲:筒美京平)
霧のケープコッド(作曲:筒美京平)
スウェーデンの城(作曲:筒美京平)
インカの秘宝(作曲:筒美京平)
熱い夜(作曲:筒美京平)
時の流れのように(作曲:筒美京平)
「派手!!!」(作曲:筒美京平)
ジェラシー(作曲:筒美京平)西田ひかるときめいて(作曲:筒美京平)
めぐりあい(作曲:筒美京平)
生きてるって素晴らしい(作曲:筒美京平)西村知美16粒の角砂糖(作曲:辻畑鉄也)
想い出の冬休み(作曲:筒美京平)
サクラが咲いた(作曲:筒美京平)
天使のゆびさき(作曲:細野晴臣)
Blueberry Jam(作曲:井上ヨシマサ)野口五郎愛撫(作曲:野口五郎)
むさし野詩人(作曲:佐藤寛)
さよなら綴り(作曲:佐藤寛)
沈黙(作曲:筒美京平)
鼓動(作曲:筒美京平)は行[編集]
畠山美由紀罌粟(作曲:冨田恵一)はっぴいえんど春よ来い(作曲:大瀧詠一)
かくれんぼ(作曲:大瀧詠一)
12月の雨の日(作曲:大瀧詠一)
朝(作曲:大瀧詠一)
抱きしめたい(作曲:大瀧詠一)
空いろのくれよん(作曲:大瀧詠一)
はいからはくち(作曲:大瀧詠一)
春らんまん(作曲:大瀧詠一)
愛餓を(作曲:大瀧詠一)
田舎道(作曲:大瀧詠一)
外はいい天気(作曲:大瀧詠一)
しんしんしん(作曲:細野晴臣)
敵 タナトスを想起せよ!(作曲:細野晴臣)
あやか市の動物園(作曲:細野晴臣)
はっぴいえんど(作曲:細野晴臣)
続はっぴーいいえーんど(作曲:細野晴臣)
風をあつめて(作曲:細野晴臣)
暗闇坂むささび変化(作曲:細野晴臣)
夏なんです(作曲:細野晴臣)
あしたてんきになあれ(作曲:細野晴臣)
花いちもんめ(作曲:鈴木茂)
氷雨月のスケッチ(作曲:鈴木茂)
明日あたりはきっと春(作曲:鈴木茂)
さよなら通り3番地(作曲:鈴木茂)
ちぎれ雲(作曲:鈴木茂)浜田省吾LOVE TRAIN(作曲:浜田省吾)早見優誘惑光線・クラッ!(作曲:筒美京平)
STAND UP 日本語詞(作曲:リック・スプリングフィールド)
緑色のラグーン(作曲:筒美京平)原田真二てぃーんず ぶるーす(作曲:原田真二)
キャンディ(作曲:原田真二)
シャドー・ボクサー(作曲:原田真二)
タイム・トラベル(作曲:原田真二)
ジョイ(作曲:原田真二)
サゥザンド・ナイツ(作曲:原田真二)
スペーシィ・ラブ(作曲:原田真二)
雨のハイウェイ(作曲:原田真二)原日出子約束(作曲:筒美京平)
青い手紙(作曲:筒美京平)
青いラプソディー(作曲:筒美京平)
無風都市(作曲:筒美京平)ひかる一平青空オンリー・ユー(作曲:加瀬邦彦)
翔んでもHappy(作曲:加瀬邦彦)
可愛いデビル(作曲:加瀬邦彦)
恋のレインボー作戦(作曲:加瀬邦彦)
ブルー・セブンティーン(作曲:東丈)
やさしさ∞(無限大)(作曲:鈴木慶一)
胸さわぎの放課後(作曲:原田真二)
ショット ガン(作曲:原田真二)
裸足のマリー(作曲:加瀬邦彦)BIBIスカイ・ピクニック(作曲:穂口雄右)
サンシャイン・スーパーマン(作曲:筒美京平)bice嵐が丘(作曲:bice)
Cloudy Sky(作曲:bice)
包んであげる(作曲:bice)氷室京介魂を抱いてくれ(作曲:氷室京介)
堕天使(作曲:氷室京介)姫乃樹リカ硝子のキッス(作曲:和泉常寛)
ときめいて(作曲:松田良)
スタンド・バイ・ミー(作曲:矢萩渉)
地上の楽園(作曲:井上陽水)兵藤まこ片想いツイスト(作曲:穂口雄右)ピーカブーイエローサブマリンの刺繍(作曲:筒美京平)
恋文横丁(作曲:筒美京平)
なぐさめ(作曲:筒美京平)
待合室(作曲:筒美京平)
ほうせん花(作曲:筒美京平)
本音(作曲:筒美京平)藤井隆絶望グッドバイ(作曲:筒美京平)
地球に抱かれて(作曲:bice)
乱反射(作曲:bice)
未確認飛行体(作曲:堀込高樹)
究極キュート(作曲:筒美京平)
素肌にセーター(作曲:本間昭光)
リラックス(作曲:田島貴男)
幸福インタビュー(作曲:コモリタミノル)
代官山エレジー(作曲:堀込高樹)
モスクワの夜(作曲:本間昭光)藤井尚之NATURALLY(作曲:藤井尚之)
クローム・メタリック(作曲:藤井尚之)
Japansese(作曲:藤井尚之)
雨のニューオリオンズ(作曲:藤井尚之)
Babysitter Blues(作曲:藤井尚之)
紫のライン(作曲:藤井尚之)
HEAVEN(作曲:藤井尚之)
SAX MACHINE(作曲:藤井尚之)
スペードのエース(作曲:藤井尚之)
リトル・ドラマー・ガール(作曲:藤井尚之)
君が好きだよ(作曲:藤井尚之)藤井郁弥Mother’s Touch(作曲:宇崎竜童)藤村美樹夢・恋・人。(作曲:細野晴臣)
春 mon amour(作曲:細野晴臣)布施明旅愁〜斑鳩にて〜(作曲:川口真)
水彩画のような人(作曲:川口真)本田美奈子.Temptation(誘惑)(作曲:筒美京平)ま行[編集]
前田愛・前田亜季Don’t Cry(作曲:宇佐元恭一)前田亜季元気のシャワー(作曲:植野慶子)松たか子Clover(作曲:松たか子)
愛が私に教えてくれたこと(作曲:堀込泰行)松田聖子白い貝のブローチ(作曲:財津和夫)
白いパラソル(作曲:財津和夫)
花一色〜野菊のささやき〜 (作曲: 財津和夫)
風立ちぬ(作曲:大瀧詠一)
Romance(作曲:平井夏美)
冬の妖精(作曲:大瀧詠一)
ガラスの入江(作曲:大瀧詠一)
一千一秒物語(作曲:大瀧詠一)
いちご畑でつかまえて(作曲:大瀧詠一)
流星ナイト(作曲:財津和夫)
黄昏はオレンジ・ライム(作曲:鈴木茂)
雨のリゾート(作曲:杉真理)
December Morning(作曲:財津和夫)
赤いスイートピー(作曲:呉田軽穂)
制服(作曲:呉田軽穂)
渚のバルコニー(作曲:呉田軽穂)
レモネードの夏(作曲:呉田軽穂)
P・R・E・S・E・N・T(作曲:来生たかお)
パイナップル・アイランド(作曲:原田真二)
ひまわりの丘(作曲:来生たかお)
LOVE SONG(作曲:財津和夫)
ピンクのスクーター(作曲:原田真二)
水色の朝(作曲:財津和夫)
SUNSET BEACH(作曲:来生たかお)
小麦色のマーメイド(作曲:呉田軽穂)
マドラス・チェックの恋人(作曲:呉田軽穂)
野ばらのエチュード(作曲:財津和夫)
愛されたいの(作曲:財津和夫)
星空のドライブ(作曲:財津和夫)
四月のラブレター(作曲:大瀧詠一)
未来の花嫁(作曲:財津和夫)
モッキンバード(作曲:南佳孝)
ブルージュの鐘(作曲:細野晴臣)
Rock’n’roll Good-bye(作曲:大瀧詠一)
電話でデート(作曲:南佳孝)
黄色いカーディガン(作曲:細野晴臣)
真冬の恋人たち(作曲:大村雅朗)
Blue Christmas(作曲:財津和夫)
ジングルベルも聞こえない(作曲:大村雅朗)
星のファンタジー(作曲:大村雅朗)
HAPPY SUNDAY(作曲:財津和夫)
秘密の花園(作曲:呉田軽穂)
レンガの小径(作曲:財津和夫)
天国のキッス(作曲:細野晴臣)
わがままな片想い(作曲:細野晴臣)
ピーチ・シャーベット(作曲:杉真理)
マイアミ午前5時(作曲:来生たかお)
セイシェルの夕陽(作曲:大村雅朗)
ハートをRock(作曲:甲斐よしひろ)
Bye-bye Playboy(作曲:財津和夫)
赤い靴のバレリーナ(作曲:甲斐よしひろ)
メディテーション(作曲:上田知華)
プルメリアの花(作曲:細野晴臣)
パシフィック(作曲:大村雅朗)
ガラスの林檎(作曲:細野晴臣)
SWEET MEMORIES(作曲:大村雅朗)
瞳はダイアモンド(作曲:呉田軽穂)
蒼いフォトグラフ(作曲:呉田軽穂)
WITH YOU(作曲:大村雅朗)
BITTER SWEET LOLLIPOPS(作曲:大村雅朗)
Canary(作曲:SEIKO)
Private School(作曲:林哲司)
Misty(作曲:井上鑑)
LET’S BOYHUNT(作曲:林哲司)
Wing(作曲:来生たかお)
Party’s Queen(作曲:来生たかお)
Silvery Moonlight(作曲:来生たかお)
Rock’n Rouge(作曲:呉田軽穂)
ボン・ボヤージュ(作曲:呉田軽穂)
時間の国のアリス(作曲:呉田軽穂)
夏服のイヴ(作曲:日野皓正)
真っ赤なロードスター(作曲:林哲司)
ガラス靴の魔女(作曲:南佳孝)
いそしぎの島(作曲:尾崎亜美)
密林少女(作曲:林哲司)
AQUARIUS(作曲:大村雅朗)
不思議な少年(作曲:南佳孝)
Sleeping Beauty(作曲:大村雅朗)
ピンクのモーツァルト(作曲:細野晴臣)
硝子のプリズム(作曲:細野晴臣)
ハートのイアリング(作曲:Holland Rose)
スピード・ボート(作曲:財津和夫)
とんがり屋根の花屋さん(作曲:SEIKO)
マンハッタンでブレックファスト(作曲:大村雅朗)
薔薇とピストル(作曲:SEIKO)
今夜はソフィストケート(作曲:Holland Rose)
そよ風のフェイント(作曲:矢野顕子)
Dancing Cafe(作曲:杉真理)
MAUI(作曲:NOBODY)
銀色のオートバイ(作曲:林哲司)
Star(作曲:林哲司)
Caribbean Wind(作曲:大村雅朗)
Musical Life(作曲:大村雅朗)
螢の草原(作曲:安藤まさひろ)
上海倶楽部(作曲:南佳孝)
ローラー・スケートをはいた猫(作曲:亀井登志夫)
チェルシー・ホテルのコーヒー・ハウス(作曲:宮城伸一郎)
時間旅行(作曲:SEIKO)
白い夜(作曲:来生たかお)
マリオネットの涙(作曲:久保田洋司)
雨のコニー・アイランド(作曲:大沢誉志幸)
ローゼ・ワインより甘く(作曲:玉置浩二)
瑠璃色の地球(作曲:平井夏美)
Strawberry Time(作曲:土橋安騎夫)
ベルベット・フラワー(作曲:三谷泰弘)
裏庭のガレージで抱きしめて(作曲:チャックムートン)
Kimono Beat(作曲:小室哲哉)
妖しいニュアンス(作曲:大村雅朗)
シェルブールは霧雨(作曲:SEIKO)
All Of You(作曲:辻畑鉄也)
雛菊の地平線(作曲:大江千里)
チャンスは2度ないのよ(作曲:広石武彦)
ピンクの豹(作曲:米米CLUB)
LOVE(作曲:辻畑鉄也)
Pearl-White Eve(作曲:大江千里)
凍った息(作曲:大江千里)
Please Don’t Go(作曲:南佳孝)
妖精たちのTea Party(作曲:鈴木康博)
恋したら…(作曲:辻畑鉄也)
雪のファンタジー(作曲:大村雅朗)
Marrakech〜マラケッシュ〜(作曲:Steve Kipner, Paul Bliss)
No.1(作曲:Paul Cooper、David Foster)
Blue(作曲:Tom Keane、Michael Landau、David Foster)
You Can’t Find Me(作曲:Jay Graydon, David Foster)
抱いて…(作曲:David Foster)
続・赤いスイートピー(作曲:Steve Kipner、Linda Thompson, David Foster)
四月は風の旅人(作曲:John Dexter、David Foster)
林檎酒の日々(作曲:David Foster)
哀しみのボート(作曲:大久保薫)
葡萄姫(作曲:M Rie)
月のしずく(作曲:宮島りつ子)
ペーパードライバー(作曲:千沢仁)
櫻の園(作曲:大村雅朗)
エメラルド海岸(作曲:柴草玲)
カモメの舞う岬(作曲:島野聡)
心のキャッチボール(作曲:福士健太郎)
永遠のもっと果てまで(作曲:呉田軽穂)
惑星になりたい(作曲:呉田軽穂)松本伊代月下美人(作曲:細野晴臣)
Last Kissは頬にして(作曲:関口誠人)真璃子恋、みーつけた(作曲:筒美京平)
魔法の時間(作曲:筒美京平)
夢飛行(作曲:筒美京平)三木聖子三枚の写真(作曲:大野克夫)水谷麻里21世紀まで愛して(作曲:筒美京平、編曲:船山基紀)
銀のロケット(作曲:筒美京平、編曲:船山基紀)
地上に降りた天使(作曲:筒美京平、編曲:大谷和夫)
幸福になろーね(作曲:羽田健太郎)
乙女日和(作曲:筒美京平、編曲:武部聡志)
幻のユリ(作曲:筒美京平、編曲:武部聡志)
風になりたい(作曲:宮城伸一郎)
パステルの雨(作曲:細野晴臣)
なかよしNo.1(作曲:南佳孝)
ハートを狙うキューピッド(作曲:筒美京平)水谷豊はーばーらいと(作曲:井上陽水)
鍵はかけない(作曲:井上陽水)
テンダネス(作曲:井上陽水)
マリーナ デル レイ(作曲:井上陽水)
AMERICAN LINE(作曲:井上陽水)
やさしさ紙芝居(作曲:平尾昌晃)
はあとふる(作曲:平尾昌晃)
真夜中のスウィング(作曲:山梨鐐平)
普通のラブ・ソング(作曲:筒美京平)
青空のバラード(作曲:平尾昌晃)
レモンティーで乾杯(作曲:松宮恭子)
SAILING(作曲:山梨鐐平)水野美紀瞬間Kiss(作曲:都志見隆)MINAKO with WILDCATSあなたと熱帯(作曲:忌野清志郎)
We Are Wild Cats(作曲:樫原伸彦)
Let It Burn(作曲:Scott Sheets)
VIRGINITY(作曲:中崎英也)
霧のベール(作曲:中崎英也)
Full Metal Armor(作曲:Scott Sheets)
カシスの実(作曲:中崎英也)
Because You’re Mine(作曲:Joey Carbone)
School Girl Blues(作曲:中崎英也)南こうせつヘンゼルとグレーテル(作曲:南こうせつ)
上海エレジー(作曲:南こうせつ)南沙織田園交響楽(作曲:馬飼野康二)
卒業(作曲:馬飼野康二)
夏しぐれ(作曲:筒美京平)
哀しい妖精(作曲:ジャニス・イアン)
愛なき世代(作曲:木戸一成)南佳孝おいらぎゃんぐだぞ(作曲:南佳孝)
弾丸列車(作曲:南佳孝)
吸血鬼のらぶしいん(作曲:南佳孝)
眠れぬ夜の小夜曲(作曲:南佳孝)
勝手にしやがれ(作曲:南佳孝)
摩天楼のヒロイン(作曲:南佳孝)
夜霧のハイウェイ(作曲:南佳孝)
春を売った女(作曲:南佳孝)
ピストル(作曲:南佳孝)
午前七時の悲劇(作曲:南佳孝)
朝焼けにダンス(作詞:松本隆・三浦徳子、作曲:南佳孝)
Portrait Woman(作曲:南佳孝)
lion Under The Moonlight(作曲:南佳孝)
Sleeping lady(作曲:南佳孝)
Marie, Come Back(作曲:南佳孝)
Route 88(作曲:南佳孝)
Dear Mr. Sharlock(作曲:南佳孝)
Vision In The Rain(作曲:南佳孝)
Manhattan Gigolo(作曲:南佳孝)
Simple Song(作曲:南佳孝)
憧れのラジオガール(作曲:南佳孝)
夜の翼(作曲:南佳孝)
月に向かって(作曲:南佳孝)
デジタル・ツイスト(作曲:南佳孝)
回転扉(作曲:南佳孝)
スローなブギにしてくれ(I Want You)(作曲:南佳孝)
ホリゾント(作曲:南佳孝)
Hotel(作曲:南佳孝)
デ・ジャ・ヴー(作曲:南佳孝)
空中庭園(作曲:南佳孝)
涙のステラ(作曲:南佳孝)
Cool(作曲:南佳孝)
Scotch and Rain(作曲:南佳孝)
夏服を着た女たち(作曲:南佳孝)
天文台(作曲:南佳孝)
波止場(作曲:南佳孝)
口笛を吹く女(作曲:南佳孝)
曠野へ(作曲:南佳孝)
昼下がりのテーブル(作曲:南佳孝)
オズの自転車乗り(作曲:南佳孝)
80時間風船旅行(作曲:南佳孝)
素敵なパメラ(作曲:南佳孝)
Come Back(作詞:松本隆・Martha Lavender、作曲:南佳孝)
Peace(作曲:南佳孝)
浮かぶ飛行島(作曲:南佳孝)
火星の月(作曲:南佳孝)
宇宙遊泳(作曲:南佳孝)
真紅の魔都(作曲:南佳孝)
スタンダード・ナンバー(作曲:南佳孝)
黄金時代(作曲:南佳孝)
冒険王(作曲:南佳孝)
二人のスロー・ダンス(作曲:南佳孝)
ダイナー(作曲:南佳孝)
ミーン・ストリート(作曲:南佳孝)
ジョンとメリー(作曲:南佳孝)
ラスト・ショー(作曲:南佳孝)
突然炎のごとく(作曲:南佳孝)
フラミンゴ・キッド(作曲:南佳孝)
理由なき反抗(作曲:南佳孝)
水の中のナイフ(作曲:南佳孝)
シュガーランド・エキスプレス(作曲:南佳孝)
華麗なるギャツビー(作曲:南佳孝)
スケアクロウ(作曲:南佳孝)
避暑地の出来事(作曲:南佳孝)
土曜・日曜(作曲:南佳孝)
Girl(作曲:南佳孝)
Paradiso(作曲:南佳孝)
天使の日(作曲:南佳孝)
待つ女(作曲:南佳孝)
…恋かもしれない(作曲:南佳孝)
バンジー・ジャンプ(作曲:南佳孝)
青空(作曲:南佳孝)
聖夜(作曲:南佳孝・浜口茂外也)
魂のデート(作曲:南佳孝)
水のように風のように(作曲:南佳孝)
遙かなディスタンス(作曲:南佳孝)
サンクチュアリ(作曲:南佳孝)
ソバカスのある少女(作曲:鈴木茂)※ボーカルでゲスト参加したティン・パン・アレーの同曲カヴァー三善英史愛の千羽鶴(作曲:竜崎孝路)
愛の架け橋(作曲:浜圭介)森進一冬のリヴィエラ(作曲:大滝詠一)
紐育物語(作曲:細野晴臣)
ルーム・キー(作曲:細野晴臣)
モロッコ(作曲:筒美京平)
霧のジブラルタル(作曲:筒美京平)森山良子あやとり(作曲:渋谷毅)
恋模様(作曲:筒美京平)
小さな歴史(作曲:森山良子)
中央線あたり(作曲:森田公一)
キングストンの街(作曲:大野克夫)
かなしみの背表紙(作曲:森山良子)
DISNEY MORNING(作曲:細野晴臣)
子供たちに教えなさい(作曲:岩沢幸矢)
バス通り裏(作曲:財津和夫)
いじっぱりな雨(作曲:瀬尾一三)
グレイの背広(作曲:大野克夫)
心の休暇(作曲:森田公一)
待宵草(作曲:筒美京平)
ある微笑(作曲:森山良子)や行[編集]
八神純子愛色の季節薬師丸ひろ子探偵物語(作曲:大瀧詠一)
メイン・テーマ(作曲:南佳孝)
Woman “Wの悲劇”より(作曲:呉田軽穂)
あなたを・もっと・知りたくて(作曲:筒美京平)
すこしだけやさしく(作曲:大瀧詠一)
天に星、地に花(作曲:筒美京平)
ささやきのステップ(作曲:佐藤健)
花のささやき(作曲:モーツァルト)
100粒の涙(作曲:筒美京平)
ローズティーはいかが?(作曲:井上陽水)
寒椿、咲いた(作曲:中田喜直)
紅い花、青い花(作曲:細野晴臣)
麦わら帽子のアン(作曲:筒美京平)
透明なチューリップ(作曲:細野晴臣)
紫の花火(作曲:薬師丸ひろ子)
哀しみの種(作曲:井上陽水)
かぐやの里(作曲:中田喜直)
Love holic(作曲:宇徳敬子)矢沢永吉(作曲は全て矢沢永吉)

Anytime Woman
長い黒髪
アンジェリーナ
銀のネックレス
流星(ながれぼし)
ため息
ホテル・マムーニア
優しいコヨーテ
裸身
Dry Martini
安物の時計
サブウェイ特急安田成美風の谷のナウシカ(作曲:細野晴臣)
風の妖精(作曲:細野晴臣)
トロピカル・ミステリー(作曲:大村雅朗)
月のミューズ(作曲:大村雅朗)
銀色のハーモニカ(作曲:細野晴臣)
透明なオレンジ(作曲:南佳孝)
悪戯な小鳥(作曲:大村雅朗)
サマー・プリンセス(作曲:林哲司)やまがたすみこ夢色グライダー(作曲:細野晴臣)
クリスタル・ホテル(作曲:伊藤銀次)山口百恵赤い絆 (レッド・センセーション)(作曲:平尾昌晃)
口約束(作曲:平尾昌晃)
愛染橋(作曲:堀内孝雄)
Check Out Love(作曲:加藤ヒロシ)
嵐ヶ丘(作曲:加藤ヒロシ)
陽のあたる坂道(作曲:佐藤健)
飛騨の吊り橋(作曲:岸田智史)
あまりりす(作曲:岸田智史)
春爛漫(作曲:鈴木茂)
イノセント(純粋)(作曲:堀内孝雄)
抱きしめられて(作曲:鈴木茂)山崎まさよし昭和モダン(作曲:服部隆之)山下久美子赤道小町ドキッ(作曲:細野晴臣)山下達郎(作曲はすべて山下達郎)

DREAMING GIRL
いつか晴れた日に
氷のマニキュア
月の光
KISSからはじまるミステリー〈feat. RYO(from ケツメイシ)〉
硝子の少年 [Unreleased Demo Vocal]山瀬まみメロンのためいき(作曲:呉田軽穂)
セシリア・Bの片想い(作曲:宮城伸一郎)
Heartbreak Cafe(作曲:南佳孝)
Strange Pink(作曲:南佳孝)ヤング101空と海がとけあうとき(作詞:東海林修)裕木奈江わすれな草(作曲:筒美京平)
裏返しのジェラシー(作曲:筒美京平)
空気みたいに愛してる(作曲:細野晴臣)
すっぴん(作曲:細野晴臣)
青空挽歌(作曲:細野晴臣)
いたずらがき(作曲:細野晴臣)
月夜のドルフィン(作曲:松浦雅也)吉田拓郎(作曲は全て吉田拓郎)

愛しているよ
裏街のマリア
英雄
狼のブルース
恩師よ
隠恋慕
風のシーズン
君が欲しいよ
君の街に行くよ
恋唄
心の破片
言葉
この歌をある人に
サマータイムブルースが聴こえる
白い部屋
外は白い雪の夜
旅立てジャック

冷たい雨が降っている
虹の魚
ハートブレイクマンション
パーフェクトブルー
Baby
白夜
舞姫
まるで大理石のように
水無し川
無人島で…。
無題
ローリング30芳本美代子白いバスケット・シューズ(作曲:井上大輔)
海辺のテレフォン・ボックス(作曲:井上大輔)
プライベート・レッスン(作曲:井上大輔)
Endless Love Song(作曲:宮城伸一郎)
雨のハイスクール(作曲:財津和夫)
ワンサイデッド・ラヴ(作曲:宮城伸一郎)
アプリコット・キッス(作曲:宮城伸一郎)
心の扉(作曲:財津和夫)
青い靴(作曲:筒美京平)
天然色の夏(作曲:筒美京平)
AURORAの少女(作曲:筒美京平)
Feel So Fine(作曲:筒美京平)米川英之Private Lips(作曲:米川英之)/ 天使の町(作曲:米川英之)
Burn 4 U.(作曲:米川英之)
Jazzyな気分の夜(作曲:米川英之)
魂の歌(作曲:米川英之)ら行[編集]
ラッツ&スターTシャツに口紅(作曲:大瀧詠一)
星空のサーカス(作曲:大瀧詠一)ザ・リリーズ水色のときめき(作曲:森田公一)
好きよキャプテン(作曲:森田公一)
いじわる時計(作曲:森田公一)
初恋にさよなら(作曲:萩田光雄)
すずらんの花(作曲:森田公一)
恋のつぼみ君(作曲:森田公一)
ひと夏ぽっちの恋(作曲:萩田光雄)
水色のときめき(作曲:森田公一)
恋する3秒間(作曲:森田公一)
太陽がいっぱい(作曲:筒美京平)笠浩二Rockin’Roll Baby(作曲:T・Bell, L・Creed)/ 純情夜(作曲:筒美京平)※「Rockin’Roll Baby」MVの監督も務める
冷たくしないで(作曲:筒美京平)
上海の夜は更けて(作曲:筒美京平)レベッカMONOTONE BOY(作曲:土橋安騎夫)ロブバード幸福ロンリーハート(作曲:柴野繁幸)ローズマリーセンチメンタル急行(作曲:穂口雄右)
傷心(いたみ)(作曲:馬飼野康二)
一枚の銅貨(作曲:馬飼野康二)わ行[編集]
渡辺徹瞳・シリアス(作曲:筒美京平)
6月の別れ(作曲:筒美京平)著書[編集]
エッセイ集『微熱少年』(1975年、ブロンズ社・2016年、立東舎文庫)ISBN 978-4845627509
風のバルコニー―松本隆詩集(1981年、新興楽譜出版社)
秘密の花園(1984年、新潮社)
小説『微熱少年』(1985年、新潮社・2016年、立東舎文庫)ISBN 978-4845628070[注 3] 
風街詩人(1986年、新潮社)
「マイダスの指」三部作
硝子の人魚 マイダスの指1(1987年、思潮社)
冒険王 マイダスの指2(1987年、思潮社)
空中庭園 マイダスの指3(1987年、思潮社)
三日月姫(1987年、文藝春秋)
紺碧海岸(1992年、集英社)
天国への階段(1993年 講談社)
葡萄姫―千夜一夜物語(1996年、講談社)
成層圏紳士(2001年、東京書籍)
風のくわるてつと(1972年、新潮文庫・2001年、角川文庫・2016年、立東舎)ISBN 978-4845627813
対談集『KAZEMACHI CAFE』(2005年、ぴあ)
松本隆対談集 風待茶房 1971-2004(2017年1月10日、立東舎)ISBN 978-4845628995
松本隆対談集 風待茶房 2005-2015(2017年1月10日、立東舎)ISBN 978-4845629008映画[編集]
微熱少年(1987年、東宝)
松本の青春時代の経験を元に綴ったという自叙伝的小説『微熱少年』を映像化。松本の初監督作品。劇中音楽も手がけた。関連作品[編集]
音楽風街図鑑(1999年12月1日)※ 作詞活動30周年記念コンピレーション。
風街クロニクル 〜another side of happy end〜(2004年11月3日)※はっぴいえんどメンバー作曲×松本作詞作品のコンピレーション。
風街少年(2007年11月21日)※ 著名人の選者12名が選んだ松本作品・男性ヴォーカル編。
風街少女(2007年11月21日)※ 著名人の選者12名が選んだ松本作品・女性ヴォーカル編。
風街図鑑 風編(2009年12月9日)※『風街図鑑』の品番改定による再発。1969年から1999年までの30年間でベストテンに入った作品から松本自身が選んだ50曲を収録。
風街図鑑 街編(2009年12月9日)※『風街図鑑』の品番改定による再発。1969年から1999年までの30年に書いた詞、約2,000曲から本人が愛着のある50曲を収録。
新・風街図鑑(2009年12月9日)※『風街図鑑』未収録の1969年から1999年までの曲と、2009年までの34曲を収録した、本人選曲による作詞活動40周年記念コンピレーション。
松本隆に捧ぐ -風街DNA-(2010年5月12日)※ 松本が作詞を手がけた楽曲を今のアーティストがカヴァーした、作詞活動40周年記念アルバム。
風街であひませう(2015年6月24日発売)※ 作詞活動45周年記念トリビュートカバーアルバム。完全限定生産盤は歌詞の朗読集がセット[34]。
風街に連れてって!(2021年7月14日) ※ 作詞活動50周年トリビュートアルバム。CD初回限定生産盤には、松本直筆の歌詞やリリー・フランキーによるライナーノーツをはじめ、楽曲をイメージした撮り下ろしグラビア、描き下ろし短編漫画など様々な切り口で松本の詞の世界を表現した雑誌仕様の特典本「100%松本隆」、他にLPがセットになっている。日本コロムビアの新レーベル「びいだまレコーズ」第一弾作品。亀田誠治がプロデュース。
風街とデラシネ〜作詞家・松本隆の50年(2021年10月27日、GT music)※コンピレーションCD。同日発売書籍「風街とデラシネ 作詞家・松本隆の50年」との連動企画CD。書籍・その他喫茶店で松本隆さんに聞いたこと(2021年7月1日、夏葉社、著:山下賢二)
風街とデラシネ 作詞家・松本隆の50年(2021年10月27日、KADOKAWA、著:田家秀樹)※同日発売コンピレーションCD「風街とデラシネ〜作詞家・松本隆の50年」と連動企画書籍。
松本隆のことばの力(2021年10月7日、集英社インターナショナル、著:藤田久美子)
松本隆 言葉の教室(2021年11月16日、マガジンハウス、著:延江浩)ラジオ番組TOKYO FM特別番組松本隆50周年記念ラジオドラマ「恋人ができてしまったら、心を風街に閉じ込めて。」(2021年11月22日(21日深夜)、TOKYO FM)[35]記録・受賞歴[編集]
オリコン[編集]
シングル総売上枚数 – 4,985.4万枚(作詞家歴代3位)[36]
順位
売上枚数(万枚)
作詞家
1

10022.6
秋元康
2

6834.0
阿久悠
3

4985.4

松本隆
4

4229.7
小室哲哉
5

3796.1
つんく♂
2015年12月8日付デイリーランキングまで
シングル売上TOP10順位
タイトル
アーティスト
作曲家
発売日
1
硝子の少年
KinKi Kids
山下達郎
1997年7月21日
2
ルビーの指環
寺尾聰
寺尾聰
1981年2月5日
3
スニーカーぶる〜す
近藤真彦
筒美京平
1980年12月12日
4
ハイスクールララバイ
イモ欽トリオ
細野晴臣
1981年8月5日
5
ジェットコースター・ロマンス
KinKi Kids
山下達郎
1998年4月22日
6
ボクの背中には羽根がある
KinKi Kids
織田哲郎
2001年2月7日
7
木綿のハンカチーフ
太田裕美
筒美京平
1975年12月21日
8
ガラスの林檎/SWEET MEMORIES
松田聖子
細野晴臣/大村雅朗
1983年8月1日
9
探偵物語/すこしだけやさしく
薬師丸ひろ子
大瀧詠一/大瀧詠一
1983年5月25日
10
魂を抱いてくれ
氷室京介
氷室京介
1995年10月25日
2015年現在
その他シングル1位獲得作品数:47曲(2015年現在)[36]
初のTOP10入り作品:「ポケットいっぱいの秘密」アグネス・チャン(1974年6月10日発売。チャート最高6位)
初のTOP3入り作品:「木綿のハンカチーフ」太田裕美(1975年12月21日発売。チャート最高2位)
初の1位獲得作品:「セクシャルバイオレットNo.1」桑名正博(1979年7月21日発売)日本レコード大賞[編集]
大賞

第23回(1981年)ルビーの指環 寺尾聰
作詩賞

第23回(1981年)ルビーの指環 寺尾聰
第24回(1982年)小麦色のマーメイド 松田聖子特別金賞

第25回(1983年)冬のリヴィエラ 森進一金賞

第23回(1981年)ルビーの指環 寺尾聰
第24回(1982年)聖・少女 西城秀樹
第24回(1982年)小麦色のマーメイド 松田聖子
第25回(1983年)ガラスの林檎 松田聖子
第25回(1983年)ミッド・ナイト・ステーション 近藤真彦
第26回(1984年)ピンクのモーツァルト 松田聖子
第27回(1985年)Romanticが止まらない C-C-B
第28回(1986年)ツイてるねノッてるね 中山美穂ベスト・アルバム賞(アルバム大賞)

第23回(1981年)A LONG VACATION 大滝詠一(10曲中9曲作詞担当)
第28回(1986年)SUPREME 松田聖子(プロデュース。全10曲作詞担当)特別賞

第63回(2021年)その他[編集]
第16回日本作詩大賞(冬のリヴィエラ)
第66回芸術選奨文部科学大臣賞(大衆芸能)[37]
2017年度紫綬褒章[25]出演[編集]
テレビ[編集]
SONGSスペシャル 時を超える青春の歌 〜作詞家・松本隆の45年〜(2015年10月30日、NHK総合)[38][39]
小さな旅シリーズ わたしの東京物語(2)〜風吹く街 新宿 松本隆〜(2017年4月16日、NHK総合)[40]
ザ・インタビュー〜トップランナーの肖像〜(2017年4月22日、BS朝日)- インタビュアーは小島慶子[41]
世界一受けたい授業〜人を惹きつける”魔法の日本語表現”〜(2018年12月29日、日本テレビ)
訳あって…東京に住むのヤメました(2019年1月5日、日本テレビ)
NHKスペシャル「筒美京平からの贈りもの 天才作曲家の素顔」(2020年10月31日、NHK総合)
NHK MUSIC SPECIAL 松本隆 50年 〜時代と人をつないだ作詞家〜(2021年7月15日、NHK総合)[42]
Sound Inn “S” 松本隆トリビュートスペシャル(2021年7月17日、BS-TBS)[43]
よみがえれ!!あなたの青春フォーク&ポップス!〈パート4〉(2021年9月5日、BSテレ東)[44]CM[編集]
サッポロビール「大人エレベーター」(2016年7月)[45]PV[編集]
クミコ「さみしいときは恋歌を歌って」(2016年9月)[46]ラジオ[編集]
今日は一日○○三昧 第214回「今日は一日”松本隆ソング”三昧」(2019年2月11日、NHK-FM放送)Web配信[編集]
松本隆 作詞活動50周年記念オフィシャル・プロジェクト「風街ちゃんねる」(2020年12月12日 – 2021年10月31日、PIA LIVE STREAM) – 全6回。MCは宇賀なつみ連載[編集]
書きかけの…(2022年4月2日 – 、朝日新聞『be』) – エッセイ。朝日新聞の週末別冊版(二部紙)にて映画監督の山田洋次、音楽プロデューサーの亀田誠治と週替わりで連載[47]。脚注[編集]
[脚注の使い方]注釈[編集]

^ エドモン・ダンテスの捩り。

^ 松田聖子に提供した詞の作品数は138曲にも上る。これは職業作詞家が特定の一人のアーティストに提供した作品数としては他に例を見ない記録である[要出典]。

^ カセットブックもリリースされている。ナレーションは森本レオ。

出典[編集]

^ Takashi Matsumoto | Album Discography – オールミュージック. 2021年1月2日閲覧。

^ a b 松本隆が語ったラブソングの秘密「応援歌ではガンバレない。恋愛は自問自答」(J-CASTニュース 2016年9月9日15:02配信)2016年9月19日閲覧

^ a b (日本語) 『人事興信錄』人事興信所、2003年。https://books.google.co.nz/books?id=q0E0AQAAIAAJ&newbks=0&printsec=frontcover&pg=PP1490&dq=%E6%9D%BE%E6%9C%AC%E9%9A%86%E3%80%80%E7%BE%8E%E4%BD%90%E5%AD%90&hl=ja&redir_esc=y。 

^ a b c d (日本語) 『人事興信錄』人事興信所、2003年。https://books.google.co.nz/books?id=q0E0AQAAIAAJ&newbks=0&printsec=frontcover&pg=PP1493&dq=%E6%9D%BE%E6%9C%AC%E8%8C%82%E5%8D%81%E9%83%8E%E3%80%80%E7%BE%A4%E9%A6%AC&hl=ja&redir_esc=y。 

^ a b 『日本の官庁』国土政策研究会、1978年、332頁。 

^ a b c “松本隆×糸井重里「似ているふたり、初めてのことば。」” (日本語). ほぼ日刊イトイ新聞. 2022年2月12日閲覧。

^ “ヒットメーカー松本隆 作詞家生活50年、世界観の原点は母親 | 女性自身” (日本語). WEB女性自身. 2022年2月12日閲覧。

^ 松本隆 (2018年2月1日). 【話題の人】松本隆:ジャンルを越えて挑戦を続ける作詞家. インタビュアー:近藤正人. 三田評論ONLINE.. https://www.mita-hyoron.keio.ac.jp/spotlight/201802-1.html 2018年2月1日閲覧。 

^ 北中正和・あがた森魚 (2004年). “風都市伝説~1970年代の街とロックの記憶から”. 音楽出版社. 2019年6月26日閲覧。

^ 何も言わずに待ってくれた大滝詠一に「君は天然色」を書いて応えた松本隆|TAP the SONG|TAP the POP

^ a b c d “作詞家・松本隆氏が紫綬褒章受章「残りの人生が尽きるまで歌を作りたい」”. ORICON NEWS. オリコン (2017年11月2日). 2018年11月9日閲覧。

^ “「縦読みするとア・グ・ネ・ス…天下獲る気満々だった」松本隆の初作のエピソードを紹介”. radikonews (2021年9月21日). 2021年11月21日閲覧。

^ a b 松本隆「『我が道 松本隆 ⑧』縦読みの元祖!? 仕掛けた「あ・ぐ・ね・す」」『スポーツニッポン【朝刊】』(スポーツニッポン新聞社)、2021年1月9日、22面。2021年1月10日閲覧。

^ “文藝春秋2021年5月号「松本隆/作詞家50年「僕が出会った天才作曲家たち」」”. 2021年6月13日閲覧。

^ a b c “はっぴいえんど解散から松田聖子まで 松本隆インタビュー”. STUDIO VOICE 特集 歌謡曲の神話 ベストテン時代へのレクイエム. 197巻. インフィス. (1992-05-01). pp. 36-37. 

^ 「僕の詞じゃないと生かせない」“声と勘が良くて気が強いだけ”だった松田聖子が80年代を代表するアイドルになれたワケ – 文春オンライン・2021年11月28日

^ 「休憩」期間で没頭した古典からインスピレーション – iza!・2021年11月13日

^ 日本コロムビア商品情報

^ 松本隆 – ANA WORLD AIR CURRENT

^ 本人のinstagramより 2016年2月4日投稿

^ “2018年4月19日投稿の本人のinstagramより「過半数が赤という不思議な駐車場。ぼくのも混じってるんだが、、、」”. Instagram. 2018年4月23日閲覧。

^ “アグネス、太田裕美…作詞家・松本隆の歌い手を巡る秘話”. 女性自身. 光文社 (2020年3月17日). 2020年3月20日閲覧。

^ 松本隆『風街レジェンド2015』〜作詞家活動四十五周年記念オフィシャル・プロジェクト〜

^ “松本隆の45周年記念ライブ「風街レジェンド2015」がBlu-ray化”. 音楽ナタリー (2020年10月25日). 2021年10月26日閲覧。

^ a b 松本隆が紫綬褒章「自分の作品が自分の存在を証明してくれた」(2017年11月2日)、音楽ナタリー、2017年11月2日閲覧。

^ 松本隆 作詞活動50周年記念オフィシャル・プロジェクト

^ “松本隆の作詞活動50周年プロジェクト始動、Web番組「風街ちゃんねる」配信”. 音楽ナタリー (2020年11月20日). 2021年5月14日閲覧。

^ “松本隆|作詞活動50周年トリビュートアルバム7月14日発売”. TOWER RECORDS OMLINE (2021年4月7日). 2021年5月14日閲覧。

^ “【はっぴいえんど、松本隆50周年公演で復活 日本語ロックへ開いた道”. 朝日新聞デジタル (2021年11月8日). 2021年11月9日閲覧。

^ [1]

^ 日本放送協会学園. “これが校歌!?ーNHK学園高等学校の新校歌お披露目 | 通信制のNHK学園高等学校”. 通信制のNHK学園高等学校. https://www.n-gaku.jp/sch/topics/2018/03/16/3383.html 2018年4月26日閲覧。 

^ 学園NHK (2018-04-18), NHK学園高等学校新校歌「最高のぼくら」歌詞付き, https://www.youtube.com/watch?v=ea2xuWq3r_U 2018年4月26日閲覧。 

^ “松本隆氏、秦基博の作曲力称賛「サビの詰め合わせみたい」”. ORICON STYLE. (2016年7月1日). https://www.oricon.co.jp/news/2074343/full/ 2016年7月1日閲覧。 

^ “小泉今日子、広瀬すず、加瀬亮らが松本隆の詞を朗読、ディレクターは是枝裕和”. 映画ナタリー (2015年5月22日). 2015年5月25日閲覧。

^ “松本隆の歌詞世界をテーマに根本宗子がラジオドラマ脚本・演出!出演:趣里、又吉直樹/TOKYO FM特別番組松本隆50周年記念ラジオドラマ「恋人ができてしまったら、心を風街に閉じ込めて。」”. PR TIMES (2021年11月17日). 2021年11月22日閲覧。

^ a b 【オリコン】秋元康氏、作詞シングル総売上が1億枚突破「驚いています」

^ “作詞家・松本隆氏が芸術選奨・文科大臣賞”. ORICON STYLE (2016年3月9日). 2016年3月9日閲覧。

^ “これまでの放送”. NHK総合 SONGS (2015年10月30日). 2017年4月23日閲覧。

^ “「SONGS」松本隆特集で松田聖子、KinKi Kidsがヒット曲熱唱”. 音楽ナタリー (2015年10月27日). 2017年4月23日閲覧。

^ “小さな旅”. NHK総合 小さな旅 (2017年4月16日). 2017年5月2日閲覧。

^ 【さあ土曜日です!今夜6時より②】松本隆さん(作詞家)×小島慶子さん(タレント、エ… – ザ・インタビュー~トップランナーの肖像~BS朝日 – Facebook

^ “NHK MUSIC SPECIAL 松本 隆 50年 ~時代と人をつないだ作詞家~”. NHK MUSIC (2021年7月5日). 2021年7月18日閲覧。

^ “BS-TBS『Sound Inn “S”「松本隆トリビュートスペシャル」』7月17日放送”. amass (2021年7月12日). 2021年7月18日閲覧。

^ “松本隆が貴重な裏話を語る! J-POPの礎を築いた名曲の数々を届ける「よみがえれ!!あなたの青春フォーク&ポップス!」第4弾”. TVガイド (2021年8月29日). 2021年9月6日閲覧。

^ “妻夫木聡、作詞家・松本隆さんの言葉に感銘”. 日テレNEWS24 (2016年7月14日). 2016年7月25日閲覧。

^ “クミコ×松本隆氏×秦基博、MVでも豪華コラボ!制作の“裏側”も”. SANSPO.COM. (2016年7月25日). https://www.sanspo.com/article/20160725-ZSVMB3BFCVOVPMOS6H7IYTAEWQ/ 2016年7月25日閲覧。 

^ “20年間も、これからもbe 2022春の新紙面”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2022年3月21日). https://www.asahi.com/articles/DA3S15239569.html?iref=pc_ss_date_article 2022年5月29日閲覧。 

外部リンク[編集]
風待茶房 – 公式ページ(2010年8月閉鎖、Internet-Archive)
松本 隆 (@takashi_mtmt) – Twitter
松本 隆 (@takashi_matsumoto_official) – Instagram
ほぼ日刊イトイ新聞 松本隆×糸井重里 似ているふたり、初めてのことば。
『松本隆 作詞活動50周年記念オフィシャル・プロジェクト』特設サイト
『松本隆 作詞活動50周年トリビュートアルバム』特設サイト
松本隆トリビュートアルバム【公式】 (@BEDAMARECORDS) – Twitter
風街神戸paradiso
-cafe Paradiso -旧 瑠璃色の地球chorus – YouTube
松本隆作品鑑賞事典表話編歴はっぴいえんど
細野晴臣(ボーカル · ベース · ギター · キーボード)
大瀧詠一(ボーカル · ギター)
松本隆(ドラムス · パーカッション)
鈴木茂(ギター · ボーカル)シングル
12月の雨の日/はいからはくち(1971年4月1日 (1971-04-01))
花いちもんめ/夏なんです(1971年12月10日 (1971-12-10))
さよならアメリカ さよならニッポン/無風状態(1973年2月25日 (1973-02-25))
あしたてんきになあれ(1999年11月26日 (1999-11-26))
アルバム
オリジナル
はっぴいえんど(1970年8月5日 (1970-08-05))
風街ろまん(1971年11月20日 (1971-11-20))
HAPPY END(1973年2月25日 (1973-02-25))ライブ
ライブ!! はっぴいえんど(1974年1月15日 (1974-01-15))
THE HAPPY END(1985年9月5日 (1985-09-05))
GREATEST LIVE! ON STAGE(1986年7月15日 (1986-07-15))
LIVE ON STAGE(1989年8月25日 (1989-08-25))ベスト
CITY(1973年9月1日 (1973-09-01))
SINGLES(1974年6月25日 (1974-06-25))ボックス
はっぴいえんど〜HAPPY END(1993年5月25日 (1993-05-25))
はっぴいえんどBOX(2004年3月31日 (2004-03-31))
はっぴいえんどマスターピース(2014年12月26日 (2014-12-26))その他
HAPPY END PARADE〜tribute to はっぴいえんど〜(2002年5月22日 (2002-05-22))
楽曲
風をあつめて参加作品
岡林信康アルバム第二集 見るまえに跳べ
岡林信康コンサート関連項目
エイプリル・フール
アングラ・レコード・クラブ
ベルウッド・レコード
キングレコード
野上眞宏
小倉エージ
三浦光紀
表話編歴日本作詩大賞受賞者1960年代
第1回 星野哲郎
第2回 川内康範1970年代
第3回 藤田まさと
第4回 西沢爽
第5回 千家和也
第6回 石本美由起
第7回 阿久悠
第8回 小椋佳
第9回 阿久悠
第10回 阿久悠
第11回 星間船一
第12回 阿木燿子1980年代
第13回 吉岡治
第14回 阿久悠
第15回 阿久悠
第16回 松本隆
第17回 阿久悠
第18回 里村龍一
第19回 中山大三郎
第20回 中山大三郎
第21回 阿久悠
第22回 なかにし礼1990年代
第23回 吉岡治
第24回 星野哲郎
第25回 石本美由起
第26回 三浦康照
第27回 麻こよみ
第28回 市川睦月
第29回 中山大三郎
第30回 荒木とよひさ
第31回 山口洋子
第32回 池田充男2000年代
第33回 松井由利夫
第34回 たかたかし
第35回 阿久悠
第36回 吉岡治
第37回 木下龍太郎
第38回 星野哲郎
第39回 池田充男
第40回 松井由利夫
第41回 秋元康
第42回 水木れいじ2010年代
第43回 水木れいじ
第44回 山上路夫
第45回 なかにし礼
第46回 レーモンド松屋
第47回 仁井谷俊也
第48回 久仁京介
第49回 田久保真見
第50回 喜多條忠
第51回 万城たかし
第52回 松岡弘一2020年代
第53回 吉田旺
第54回 幸耕平
表話編歴薬師丸ひろ子シングル
1.セーラー服と機関銃
2.探偵物語/すこしだけやさしく
3.メイン・テーマ
4.Woman “Wの悲劇”より
5.あなたを・もっと・知りたくて
6.天に星、地に花
7.ステキな恋の忘れ方
8.ささやきのステップ
9.紳士同盟
10.胸の振子
11.終楽章
12.時代
13.語りつぐ愛に
14.Windy Boy
15.手をつないでいて
16.風に乗って
17.交叉点 〜そう それがそう〜
18.恋文 〜哀愁篇〜
19.smile スマイル smile
20.Love holic
21.僕の宝物アルバム
オリジナル
1.古今集
2.夢十話
3.花図鑑
4.星紀行
5.Sincerely Yours
6.LOVER’S CONCERTO
7.Heart’s Delivery
8.PRIMAVERA
9.-恋文-LOVE LETTER
10.エトワールベスト
公式
1.薬師丸ひろ子 ベスト・コレクション
2.SENTENCE〜セ・ン・テ・ン・ス〜
3.Love Collection
4.歌物語非公式
GOLDEN☆BEST 薬師丸ひろ子
ライブ
1.’87 薬師丸ひろ子ファーストライヴ 星紀行
2.Best Songs 1981-2017〜Live in 春日大社〜カバー
1.時の扉
2.Cinema Songs
映像作品
1.星紀行 〜二人の帰る場所〜
2.Tea Party〜卒業記念〜
3.Heart’s Delivery ハート・デリバリー
4.- 時の扉 - 35th Anniversary Concert
5.Premium Acoustic Night 時の扉〜Look For A Star〜楽曲
元気を出して
止まった時計コンサート
1.星紀行
2.SENTENCE
3.ハート・デリバリー
4.薬師丸ひろ子35周年記念コンサート
5.Premium Acoustic Night 時の扉〜Look For A Star〜
6.薬師丸ひろ子 コンサート2015
7.世界遺産春日大社コンサート
8.Premium Acoustic Night 〜シネマソングス〜
9.薬師丸ひろ子 コンサート2018
10.薬師丸ひろ子 コンサート2019ラジオ番組
薬師丸ひろ子 ひろ子探偵局 → 薬師丸ひろ子 ほほえみ通信
薬師丸ひろ子のオールナイトニッポン
薬師丸ひろ子 ハート・デリバリー関連人物
来生たかお
大瀧詠一
竹内まりや
松任谷由実
筒美京平
井上陽水
玉置浩二
中島みゆき
来生えつこ
松本隆
井上鑑
松任谷正隆
武部聡志
S.E.N.S.
吉俣良関連項目
角川映画
ビクターエンタテインメント
ユニバーサルミュージック (日本)
EMIミュージック・ジャパン
BMGファンハウス
東芝EMI
キティレコード
ディスコグラフィ
出演作品一覧
典拠管理
CINII: DA03022101
ISNI: 0000 0003 7531 9625
LCCN: no2018138424
MBA: 06a8c77c-9151-4be8-9968-7cce63dc634a
NDL: 00041883
VIAF: 251970983
WorldCat Identities: lccn-no2018138424

「https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=松本隆&oldid=91293554」から取得
カテゴリ: 松本隆日本のポップ・ミュージシャン日本の作詞家日本のドラマーはっぴいえんどのメンバー日本の音楽プロデューサー日本の映画監督アニメ音楽の作詞家紫綬褒章受章者慶應義塾高等学校出身の人物東京都区部出身の人物1949年生存命人物隠しカテゴリ: 出典を必要とする記述のある記事/2018年10月出典を必要とする節のある記事/2017年3月-4月出典を必要とする記述のある記事/2018年11月CINII識別子が指定されている記事ISNI識別子が指定されている記事LCCN識別子が指定されている記事MusicBrainz識別子が指定されている記事NDL識別子が指定されている記事VIAF識別子が指定されている記事WORLDCATID識別子が指定されている記事ISBNマジックリンクを使用しているページ

評価: 4~5 つ星
レビュー: 4888
再生回数: 5174
[spincontent type=”j”]

Heather Has Her FIRST EVER KISS! 😘 | The Bachelor US Youtube

‘Never Been Kissed’ Heather finally experiences what it’s like to lock lips with someone as she shares her first kiss with Colton.

➤ Subscribe ➤ http://bit.ly/BacheIorNation

#TheBachelor
Season: 23 Episode: 5
Bachelor: Colton Underwood

➤ Want more #ColtonUnderwood ? Watch his journey so far here ➤ http://bit.ly/Colton

➤ Check out more Bachelor favorites right here ➤ http://bit.ly/BachelorRoyalty

Welcome to Bachelor Nation! Here you’ll find your favourite Bachelor, Bachelorette and Bachelor In Paradise moments from all around the world. Thought The Bachelor was just a US phenomenon? Think again! The romance, glamour and heart-ache may have started in the States, but the love-bug soon spread around the globe, from Australia and Canada, to the UK, New Zealand and beyond! Bachelor Nation is here to share the fan favourite and memorable moments from over 1000 episodes and 30 countries – Will you accept this rose? 🌹

➤ Videos from Bachelors around the world uploaded every day!

Share the love from around the globe ➤ Subscribe ➤ http://bit.ly/BacheIorNation
🌹

2. バチェラー アメリカ ぶる ん ぶる ん ルーム Yomiuri

Yomiuri
バチェラー アメリカ ぶる ん ぶる ん ルーム

説明: バチェラー アメリカ ぶる ん ぶる ん ルーム に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 バチェラー アメリカ ぶる ん ぶる ん ルーム は、読売で検索されたもので、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 3969
[spincontent type=”j”]

3. バチェラー アメリカ ぶる ん ぶる ん ルーム Asahi Shimbun

朝日新聞
バチェラー アメリカ ぶる ん ぶる ん ルーム

説明: 朝日新聞で検索した バチェラー アメリカ ぶる ん ぶる ん ルーム に関する上記の情報が、バチェラー アメリカ ぶる ん ぶる ん ルーム に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 50 51
[spincontent type=”j”]

4. バチェラー アメリカ ぶる ん ぶる ん ルーム The Japan Times

The Japan Times
バチェラー アメリカ ぶる ん ぶる ん ルーム

説明: ジャパン タイムズで検索した バチェラー アメリカ ぶる ん ぶる ん ルーム に関する記事のトップです。バチェラー アメリカ ぶる ん ぶる ん ルーム に関する疑問を解決するのに役立ちます。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 2560
[spincontent type=”j”]

5. バチェラー アメリカ ぶる ん ぶる ん ルーム Yomiuri Shimbun

読売新聞
バチェラー アメリカ ぶる ん ぶる ん ルーム

説明: バチェラー アメリカ ぶる ん ぶる ん ルーム に関する詳細情報はすでにありますか? バチェラー アメリカ ぶる ん ぶる ん ルーム という記事が読売新聞で検索されました。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 40 24
[spincontent type=”j”]

6. バチェラー アメリカ ぶる ん ぶる ん ルーム Mainichi Shimbun

毎日新聞
バチェラー アメリカ ぶる ん ぶる ん ルーム

説明: 毎日新聞で見つけた バチェラー アメリカ ぶる ん ぶる ん ルーム に関する上記の情報が、バチェラー アメリカ ぶる ん ぶる ん ルーム に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 3209
[spincontent type=”j”]

7. バチェラー アメリカ ぶる ん ぶる ん ルーム Sankei Shimbun

産経新聞
バチェラー アメリカ ぶる ん ぶる ん ルーム

説明: 産経新聞で検索した バチェラー アメリカ ぶる ん ぶる ん ルーム に関する記事のトップです。バチェラー アメリカ ぶる ん ぶる ん ルーム に関する疑問を解決するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 1661
[spincontent type=”j”]

8. バチェラー アメリカ ぶる ん ぶる ん ルーム Nihon Keizai Shimbun

日本経済新聞
バチェラー アメリカ ぶる ん ぶる ん ルーム

説明: バチェラー アメリカ ぶる ん ぶる ん ルーム に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 バチェラー アメリカ ぶる ん ぶる ん ルーム は、日本経済新聞で検索され、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 2528
[spincontent type=”j”]

9. バチェラー アメリカ ぶる ん ぶる ん ルーム Chunichi Shimbun

中日新聞
バチェラー アメリカ ぶる ん ぶる ん ルーム

説明: 中日新聞で検索した バチェラー アメリカ ぶる ん ぶる ん ルーム に関する上記の情報が、バチェラー アメリカ ぶる ん ぶる ん ルーム に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 7249
[spincontent type=”j”]

10. バチェラー アメリカ ぶる ん ぶる ん ルーム Tokyo Shimbun

東京新聞
バチェラー アメリカ ぶる ん ぶる ん ルーム

説明: バチェラー アメリカ ぶる ん ぶる ん ルーム に関する質問を解決するために、東京新聞で検索した バチェラー アメリカ ぶる ん ぶる ん ルーム に関する記事のトップです。
評価: 4~5 つ星
評価: 4589
[spincontent type=”j”]

11. バチェラー アメリカ ぶる ん ぶる ん ルーム Nihon Kogyo Simbun

日本工業新聞
バチェラー アメリカ ぶる ん ぶる ん ルーム

説明: バチェラー アメリカ ぶる ん ぶる ん ルーム に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 バチェラー アメリカ ぶる ん ぶる ん ルーム は日本工業新聞で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 1697
[spincontent type=”j”]

12. バチェラー アメリカ ぶる ん ぶる ん ルーム Nikkan Kogyo Shimbun

日刊工業新聞
バチェラー アメリカ ぶる ん ぶる ん ルーム

説明: 日刊工業新聞で見つけた バチェラー アメリカ ぶる ん ぶる ん ルーム に関する上記の情報が、バチェラー アメリカ ぶる ん ぶる ん ルーム に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 3732
[spincontent type=”j”]

13. バチェラー アメリカ ぶる ん ぶる ん ルーム Ainu Times

アイヌタイムス
バチェラー アメリカ ぶる ん ぶる ん ルーム

説明: アイヌ タイムズで検索した バチェラー アメリカ ぶる ん ぶる ん ルーム に関する記事のトップです。バチェラー アメリカ ぶる ん ぶる ん ルーム に関する質問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 7489
[spincontent type=”j”]

14. バチェラー アメリカ ぶる ん ぶる ん ルーム Akita Sakigake Shimpo

秋田魁新報
バチェラー アメリカ ぶる ん ぶる ん ルーム

説明: バチェラー アメリカ ぶる ん ぶる ん ルーム に関する詳細情報はすでにありますか? バチェラー アメリカ ぶる ん ぶる ん ルーム という記事は、秋田魁新報で検索したものです。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 9920
[spincontent type=”j”]

15. バチェラー アメリカ ぶる ん ぶる ん ルーム Chiba Nippo

千葉日報
バチェラー アメリカ ぶる ん ぶる ん ルーム

説明: 千葉日報で検索した バチェラー アメリカ ぶる ん ぶる ん ルーム に関する上記の情報が、バチェラー アメリカ ぶる ん ぶる ん ルーム に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 7694
[spincontent type=”j”]

16. バチェラー アメリカ ぶる ん ぶる ん ルーム Chugoku Shimbun

中国新聞
バチェラー アメリカ ぶる ん ぶる ん ルーム

説明: 中国新聞で検索した バチェラー アメリカ ぶる ん ぶる ん ルーム に関する記事のトップです。バチェラー アメリカ ぶる ん ぶる ん ルーム に関する疑問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 5992
[spincontent type=”j”]

17. バチェラー アメリカ ぶる ん ぶる ん ルーム Daily Tohoku

デイリー東北
バチェラー アメリカ ぶる ん ぶる ん ルーム

説明: バチェラー アメリカ ぶる ん ぶる ん ルーム に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 バチェラー アメリカ ぶる ん ぶる ん ルーム はデイリー東北で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 4726
[spincontent type=”j”]

18. バチェラー アメリカ ぶる ん ぶる ん ルーム The Eastern Chronicle

イースタン クロニクル
バチェラー アメリカ ぶる ん ぶる ん ルーム

説明: イースタン クロニクルで検索した バチェラー アメリカ ぶる ん ぶる ん ルーム に関する上記の情報が、バチェラー アメリカ ぶる ん ぶる ん ルーム に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 3604
[spincontent type=”j”]

バチェラー アメリカ ぶる ん ぶる ん ルーム に関する質問

バチェラー アメリカ ぶる ん ぶる ん ルーム についてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。ご質問やご提案はすべて、次の記事の改善に役立てさせていただきます。

記事 バチェラー アメリカ ぶる ん ぶる ん ルーム は、私と私のチームがさまざまな情報源から編集したものです。 記事 バチェラー アメリカ ぶる ん ぶる ん ルーム が役に立った場合は、チームをサポートしてください。「いいね」または「共有」してください!

検索キーワード バチェラー アメリカ ぶる ん ぶる ん ルーム

バチェラー アメリカ ぶる ん ぶる ん ルーム
方法バチェラー アメリカ ぶる ん ぶる ん ルーム
チュートリアル バチェラー アメリカ ぶる ん ぶる ん ルーム
【キーワード】 無料

Có thể bạn quan tâm: