あなたは バイオ ハザード ウェルカム トゥ ラクーン シティ 日本 について学んでいます。今日は、インターネット上の多くの情報源から私たちのチームが編集および編集した記事 バイオ ハザード ウェルカム トゥ ラクーン シティ 日本 を共有します。 バイオ ハザード ウェルカム トゥ ラクーン シティ 日本 に関するこの記事がお役に立てば幸いです。

Page Contents

バイオ ハザード ウェルカム トゥ ラクーン シティ 日本

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。出典検索?: “カプコン” – ニュース · 書籍 · スカラー · CiNii · J-STAGE · NDL · dlib.jp · ジャパンサーチ · TWL(2021年1月)株式会社カプコンCAPCOM CO., LTD.

カプコン本社種類
株式会社機関設計
監査等委員会設置会社[1]市場情報
東証プライム 96972000年10月18日上場
大証1部(廃止) 96971993年10月8日 – 2013年7月15日
略称
CAPCOM本社所在地
日本〒540-0037大阪府大阪市中央区内平野町3丁目1番3号.mw-parser-output .geo-default,.mw-parser-output .geo-dms,.mw-parser-output .geo-decdisplay:inline.mw-parser-output .geo-nondefault,.mw-parser-output .geo-multi-punctdisplay:none.mw-parser-output .longitude,.mw-parser-output .latitudewhite-space:nowrap北緯34度41分15.1秒 東経135度30分40.9秒 / 北緯34.687528度 東経135.511361度 / 34.687528; 135.511361座標: 北緯34度41分15.1秒 東経135度30分40.9秒 / 北緯34.687528度 東経135.511361度 / 34.687528; 135.511361設立
1979年5月30日(アイ・アール・エム株式会社)(創業:1983年6月11日)業種
情報・通信業法人番号
3120001077023 事業内容
コンシューマ用機器販売事業アミューズメント施設運営事業業務用機器販売事業コンテンツエキスパンション事業代表者
辻本憲三(代表取締役会長CEO)辻本春弘(代表取締役社長兼社長執行役員COO)資本金
332億3900万円(2022年3月31日現在)[2]発行済株式総数
2億7089万2976株(2022年3月31日現在)[2]売上高
連結: 1100億5400万円単独: 1016億2800万円(2022年3月期)[2]営業利益
連結: 429億0900万円単独: 401億7300万円(2022年3月期)[2]経常利益
連結: 443億3000万円単独: 408億6400万円(2022年3月期)[2]純利益
連結: 325億5300万円単独: 292億8900万円(2022年3月期)[2]純資産
連結: 1464億7500万円単独: 1326億7500万円(2022年3月31日現在)[2]総資産
連結: 1873億6500万円単独: 1938億5400万円(2022年3月31日現在)[2]従業員数
連結: 3,206人単独: 2,904人(2022年3月31日現在)[2]決算期
3月31日会計監査人
有限責任あずさ監査法人[2]主要株主
日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口) 13.53%株式会社クロスロード 10.01%ジェーピー モルガン チェース バンク 380815 8.24%株式会社日本カストディ銀行(信託口) 4.23%辻本美之 3.78%辻本憲三 3.77%辻本春弘 2.90%辻本良三 2.90%SSBTC CLIENT OMNIBUS ACCOUNT 2.48%ステート ストリート バンク ウェスト クライアント トリーティー 505234 1.43%(自己所有株式を除く)(2022年3月31日現在)[2]主要子会社
株式会社ケーツー 100%株式会社エンターライズ 100%[2]関係する人物
辻本良三(常務執行役員)岡本吉起(元・取締役)外部リンク
https://www.capcom.co.jp/テンプレートを表示株式会社カプコン(英: CAPCOM CO., LTD.[3])は、大阪府大阪市中央区内平野町に本社を置く主にアーケードゲームやコンシューマーゲームの開発・販売を行う日本のゲームソフトウェアメーカーである。

概要[編集]
1979年、アイ・アール・エム(IRM)株式会社として設立した。設立者はIRMの辻本憲三で、IRMはスペースインベーダーブームの際に社運をかけ、社名を冠した『IRMインベーダー』を発表するもののインベーダーの筐体の市場は1年ほどで飽和状態に陥いる。その状態で下請けから製造の継続を求められ断れなかった。結果10億円分の在庫を多く抱えてしまった[4]。その直後、IRMはアイレムと社名変更して仕切り直しを図ろうとするが、辻本は同事業に続き、オリジナルゲームの製作に乗り出そうとする。しかし、当時まだコピーゲームがメインだったアイレムで辻本の意見は社内の理解が得られず、結果的に辻本を含む3人が退社した。この際インベーダー関連の在庫で被った負債を支払っている。
10億円の借金により自宅さえも売り払い燻っていた辻本は、タイトーの社長ミハエル・コーガンより「お金を出すからビジネスをやってみないか」と言われ、コーガンより1億5千万円を借り、それを元手に新規に会社を立ち上げることになった[5]。なお、カプコンという社名は1981年にIRMの子会社として設立した「日本カプセルコンピュータ」に由来する。
オリジナルゲームを作ることを目的に設立されたが、当初は開発者こそ多く抱えたものの開発ラインが整わず、比較的安易に製作が可能だったエレメカ(メダルゲーム)で、1983年に業界に参入する。ビデオゲームとしてはその翌年の1984年発売の業務用縦スクロールシューティングゲーム『バルガス』が第一弾となるが、その後コナミからの転職組藤原得郎、岡本吉起により、名作と謳われるゲームが次々と開発され、徐々にゲーム会社としての知名度を上げていく。ただし、後の『ストリートファイターII』ブームが訪れるまで、経営的には火の車だったという[要出典]。なお、ゲームの完成度の高さから当時「カプコンのゲームはナムコ(後のバンダイナムコエンターテインメント)から移籍した人間が作っている」という噂がまことしやかに囁かれていたが、デマであった。岡本はこの噂に触れ、自分の作った作品がそう評価されるのは嬉しいと発言している。
その後、数度の経営危機[6]を乗り越えながらも数多くのヒット作を生み出している。他の同業メーカーよりも社内の世代交代のサイクルが早いのが特徴でもあり、2000年代以前にヒット作を手がけたゲームデザイナーなど主要な人物の大半は既に退社、独立している。
2018年4月の時点で現在社員3000人、顧客の20%が日本、80%が海外となっている[7]。

事業所[編集]
本社 – 大阪府大阪市中央区内平野町3丁目1番3号
研究開発ビル – 大阪府大阪市中央区内平野町3丁目2番8号
研究開発第2ビル – 大阪府大阪市中央区内平野町3丁目1番10号
東京支店 – 東京都新宿区西新宿2丁目1番1号 新宿三井ビル
上野事業所 – 三重県伊賀市治田3902番地実績[編集]
アクションゲーム、対戦型格闘ゲームの雄として『ストリートファイター』、『魔界村』、『ロックマンシリーズ』、『ファイナルファイト』、『機動戦士ガンダム vs.シリーズ』、『デビルメイクライシリーズ』、『鬼武者』、『モンスターハンターシリーズ』、『大神』、『ビューティフルジョー』、『ヴァンパイア』などの傑作を多数製作している。
中でも1991年にアーケード用ゲームとしてリリースした対戦型格闘ゲーム『ストリートファイターII』では、アーケードゲーム業界において「スペースインベーダー以来」とも呼ばれる大ブームを巻き起こし、『ブロックくずし』より後に創業したアーケードビデオゲーム会社としては、唯一かつ最大の大手メーカーとなった。
また『エリア88』、『エイリアンVSプレデター』、『天地を喰らうII 赤壁の戦い』などのキャラクターゲーム、『ブレス オブ ファイア』、『ロックマンX コマンドミッション』などのロールプレイングゲーム、『スウィートホーム』、『バイオハザードシリーズ』などのホラーゲーム、『逆転裁判』などのアドベンチャーゲームにおいても傑作を残している。
開発されたゲームは日本に留まらず海外においても高い評価を得ているものが多く、『ストリートファイター』や『バイオハザード』など海外主体で映画化された作品も存在している。
アーケードゲームでは自社開発のシステム基板『CPシステム』(CAPCOM PLAY SYSTEM)シリーズで多くの名作を残す。『CPシステムIII』以降は他社開発の基板(『NAOMI』、『Nu』など)へと転換していった。『ストリートファイターII』の大ブーム以降は対戦型格闘ゲームを多数制作・発売していたが、後にプライズゲームからは撤退し、2018年月現在はラインナップを縮小しながらも業務用ビデオゲームやメダルゲーム機の開発・販売を行っている。なお、カプコンは2018年以降のジャパンアミューズメントエキスポには出展しないことになった[8]。2019年現在では、グループにおける業務用機器事業におけるアーケードゲーム事業の割合は10%となっており、残りの90%は子会社のエンターライズが手掛けているパチスロ事業となっている。アーケードゲームのアフターサービス業務も、2019年3月29日をもって上野事業所内にあるカプコンサービスセンターでの全業務を終了し、同年4月1日付でセガホールディングスの子会社であるセガ・ロジスティクスサービスへ移管された。同年4月以降におけるカプコンのアーケードゲームのアフターサービスは、セガ・ロジスティクスサービスの契約が適用される[9][10]。
海外のゲームソフトの日本語版のパブリッシャーでもあり、かつてはグランド・セフト・オートシリーズ(ロックスター・ゲームス)、『ディアブロ』、『WarCraftIII』、『Dark age of Camelot』、『ゴッド・オブ・ウォー』などについても日本でのパブリッシャー権限を有していた。
E3ショーの変容に伴い、海外向けタイトルのプレゼンス向上策として、プライベートショー「Gamers’ Day」を強化し、欧米にて開催している(米国4月・英国10月)。2008年のアメリカ「Gamers’ Day」は4月12日に開催[11]。
国内におけるサポート業務はコンシューマゲームとアーケードゲームで分化しており、コンシューマゲームは本社で、アーケードゲームはユーザーサポートが東京支店、オペレーターサポートがセガ・ロジスティクスサービスがそれぞれ担当している。

他会社との関係[編集]
分野を問わず他社とのコラボレーションが多いのもカプコンの特徴であり、マーベルヒーローとカプコンのキャラクターの競演を実現した『マーヴル VS. カプコン』シリーズ、格闘ゲームの分野でカプコンと双璧をなしたSNKのキャラクターと自社キャラクターを競演させる『CAPCOM VS. SNK』シリーズ、ナムコ(後のバンダイナムコエンターテインメント)の各種ゲームのキャラクターと自社キャラクターが競演する『NAMCO x CAPCOM』(共同開発、ナムコより発売)など多数存在する。任天堂のゲームにもセガグループ(セガ)、バンダイナムコエンターテインメントなどと共にゲストキャラクターが出演するなどしている。
一方で、コーエーテクモグループ(コーエーテクモゲームス)とは、カプコンが保有していたプレイ機能の特許をめぐり、2019年現在もカプコンとコーエーテクモゲームスとの間で係争中である(後述)[12][13][14][15]。
かつてはサッカー・Jリーグのセレッソ大阪のユニフォームスポンサーも務めていた(1997年まで)。なお、2022年8月1日にセレッソ大阪のユニフォームパンツ裏のスポンサーを務める事になり、25年ぶりにセレッソ大阪のユニフォームスポンサーとして復帰することになった[16]。また、1990年代前半には、カプコンレーシングチームとして、F3000(後のスーパーフォーミュラ)にも出場していた。
1996年、特撮番組『七星闘神ガイファード』を東宝と共同で製作。番組スポンサーとしても名を連ね、2年後の1998年にはゲームソフトも発売した。
2006年、テレビ特撮『魔弾戦記リュウケンドー』のスポンサーとなり、絵本を出版した。
2019年、GungHoと共同でスマートフォン向け対戦型カードゲーム『TEPPEN』をリリースした[17]。同年、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンとのコラボによる『バイオハザード』のアトラクションが期間限定で行われた。

沿革[編集]
1979年5月30日、電子応用ゲーム機器の開発・販売を目的として、大阪府松原市にアイ・アール・エム(IRM)株式会社として設立。
1981年
5月、子会社である日本カプセルコンピュータ株式会社を設立。
9月、アイ・アール・エム株式会社が社名をサンビ株式会社に変更。さらに羽曳野市に本社を移転。
1983年
6月11日 販売部門を担当する会社として、大阪市平野区に株式会社カプコン(旧)を設立。7月には開発第1号機としてメダルゲームの『リトルリーグ』を発売した。
10月、東京都新宿区に東京支店を設置した。メダルゲーム『フィーバーチャンス』を発売。
12月、直営ゲームセンター「アクティ24」をオープン。
1984年
5月、第一作目として業務用ビデオゲーム『バルガス』を発売した。
12月、業務用ビデオゲーム『1942』を発売。
1985年
5月、業務用ビデオゲーム『戦場の狼』を発売。
8月、米国カリフォルニア州にて米国法人である「カプコンUSA」を設立。
9月、業務用ゲーム『魔界村』を稼働。後にファミリーコンピュータにも移植してこちらも大ヒット。
12月、家庭用テレビゲーム第一弾としてファミリーコンピュータ用ゲームソフト『1942』を発売。
1986年
6月 – ファミリーコンピュータ用ゲームソフト『魔界村』を発売。
9月、ファミリーコンピュータ用ゲームソフト『戦場の狼』を発売。
1987年
8月、業務用ビデオゲーム『ストリートファイター』を発売。
12月、家庭用ゲームとしてファミリーコンピュータ用ゲームソフト『ロックマン』を発売。
1989年
1月、サンビが日本カプセルコンピュータおよびカプコン(旧)を吸収合併し、株式会社カプコンに変更した。本社を大阪市東区(後の中央区)に移転した。
8月、イギリス・ロンドンに英国駐在員事務所設置。
12月、業務用ゲーム『ファイナルファイト』を発売。
1990年
10月 – 株式を社団法人日本証券業会へ店頭銘柄として登録。
12月、スーパーファミコン用ソフト『ファイナルファイト』を発売。
1991年
2月、株式会社ユニカを買収し、完全子会社となり、12月には株式会社カプトロンに社名変更した。
3月、業務用ゲーム『ストリートファイターII』を稼働。大ブームを巻き起こした。
12月、株式会社ユニカを株式会社カプトロンに商号変更。
1992年6月、『ストリートファイターII』を家庭用ゲーム機としてスーパーファミコンに移植し、大ヒットとなる。
1993年
4月、スーパーファミコン用ゲームソフト『ブレス オブ ファイア』を発売。
7月、東南アジアの販売拠点として、カプコンアジアCo.,Ltd.を香港に設立。
10月、株式を大阪証券取引所市場第二部に上場。
同年、データイーストが発売した『ファイターズヒストリー』が多くの面で自社の『ストリートファイターII』と酷似し著作権を侵害しているとして日米での販売禁止を求め、著作権法、不正競争防止法違反で訴えを起こす。「カプコン対データイースト裁判」も参照
1994年
7月、本社を大阪市中央区内平野町の自社ビルに移転した。
同年、日米で裁判になっていたデータイーストと和解が成立。
1996年3月、家庭用ゲームとしてPlayStation用ゲームソフト『バイオハザード』を発売。記録的なロングセラーを達成して、サバイバルホラーゲームとして大きなムーブメントを起こした。
2000年10月、株式を東京証券取引所市場第一部に上場。
2002年3月、ハリウッド映画『バイオハザード』が公開。全世界で1億200万米ドルの興行収入を達成。
2004年
2月、出版事業に参入。
3月11日、PlayStation 2用ゲームソフト『モンスターハンター』を発売し大ヒット。さらに、第8回CESA GAME AWARDSにおいて最優秀賞を受賞した。
2006年
8月、Xbox 360用ソフトとして『デッドライジング』を発売。
10月、ドワンゴグループと共同し、ポータルサイト運営会社の株式会社ダレットを設立。
2008年
5月、簡易株式交換により株式会社ケーツーを完全子会社化。
11月、遊技機の開発、設計、製造および販売を目的として、株式会社エンターライズの株式を90%取得。
2014年
6月、会社側が提案した買収防衛策の継続議案が株主総会で否決された[18]。
8月、コーエーテクモゲームスに対し、カプコンが保有するプレイ機能の特許を侵害したとして、『戦国無双シリーズ』と『零シリーズ』の2タイトル合計約10億1300万円のの損害賠償と販売差し押さえを求め大阪地裁に提訴[12]。
2015年
3月、山梨県甲府市と『戦国BASARA』のキャラクター活用を通じて「地域活性化に関する包括協定」を締結。
4月、『モンスターハンター4G』がシリーズ初の海外100万本を出荷し、累計300万本を突破。
7月、埼玉県立歴史と民俗の博物館にて『戦国BASARA』と県立博物館との史上初のコラボレーションによる特別展を開催。
11月、初の直営キャラクターカフェ「カプコンカフェ」がオープン。
2016年
1月、大阪市に新たに研究開発第2ビル竣工。
4月、モバイル事業の組織を刷新し、株式会社ビーライン・インタラクティブ・ジャパンを株式会社カプコン・モバイルに商号変更。テレビアニメ『逆転裁判 〜その「真実」、異議あり!〜』が放送開始。
+ 10月、大阪府警察の車上ねらい被害者防犯啓発キャンペーンに初めて「モンスターハンター」シリーズのキャラクターが採用される。
2017年
9月1日、完全子会社であった株式会社カプコン・モバイルを吸収合併[19]。
12月14日、大阪地裁においてコーエーテクモゲームスに対する訴訟の第一審判決が下され、『零シリーズ』の特許侵害に関してはカプコン勝訴、『戦国無双シリーズ』の特許侵害に関してはカプコンの訴訟を棄却する判決がそれぞれ下された[13][14]。カプコンは『戦国無双シリーズ』の特許侵害に関する判決を不服として12月27日に知的財産高等裁判所へ控訴[15]。
2018年
3月29日、知的財産高等裁判所において、コーエーテクモゲームスが提訴していた審決取消訴訟を退ける判決が下される[20]。
4月1日、完全子会社であった株式会社カプトロンを吸収合併[21]。
8月、『モンスターハンター:ワールド』が全世界で1,000万本を突破。
10月、大阪府警察のサイバー犯罪防止啓発施策に初めて「ロックマン」シリーズのキャラクターが採用される。
11月、カプコン・メディア・ベンチャーズ,INC.を設立。
2019年
2月、カプコン主催で初となるeスポーツリーグ「ストリートファイターリーグ」を開催。
4月1日、業務用ゲームのアフターサービス業務をセガ・ロジスティクスサービスへ移管[9][10]。
7月、大阪府警のサイバー犯罪捜査官募集広告に初めて「ストリートファイター」シリーズのキャラクターが利用される。
9月11日、知的財産高等裁判所において、コーエーテクモゲームスに対する訴訟の控訴審判決が下され、コーエーテクモゲームスに対して約1億4400万円の支払いを命ずる判決が下される[22]。
2020年
11月9日、「RAGNAR LOCKER」を名乗るグループによって機密情報が盗み取られ、盗み取ったデータと引き換えに身代金を要求される[23]。2020年11月16日時点で、およそ35万件の個人情報が流失した可能性があると発表した[24]。この時、履歴書など採用応募者情報(氏名、生年月日、住所、電話番号、メールアドレス、顔写真など)書類は破棄した後も、「再応募いただける方もいらっしゃり、確認をスムーズにするため」電子化して一定期間(期間は非公表)保管しているにも拘らず、同社は公式サイトに「採用選考の結果、採用に至らなかった方、及び、採用を辞退された方の応募書類等は、選考後、当社において責任をもって破棄致します」と明記していたことが明らかになっており、判明後サイトの記載の修正に取りかかっているとした[25]。作品一覧[編集]
「アーケードゲームのタイトル一覧 (カプコン)」および「Category:カプコンのゲームソフト」も参照
あ行[編集]
アウトモデリスタ
あした天気になあれ
アスラズ ラース
アドベンチャークイズ カプコンワールド
アルティメット エコロジー
アレスの翼
イクシオン サーガ
井出洋介名人の実戦麻雀
井出洋介名人の実戦麻雀II
19シリーズ
1942
1943 ミッドウェイ海戦
1943改
1941 Counter Attack
19XX -THE WAR AGAINST DESTINY-
1944 -The Loop Master-
ヴァンパイア
ヴァンパイア ダークストーカーズコレクション
WE LOVE GOLF!
ウィロー
ウォーザード
エイリアンVSプレデター
エクストルーパーズ
エグゼドエグゼス
えどたん
X-MEN Children of The Atom
X-MEN Mutant Apocalypse
F1ドリーム
エリア88
エルドラドゲートシリーズ
大神
大神伝 〜小さき太陽〜
鬼武者
鬼武者Soulか行[編集]
ガイアマスター
ガイストクラッシャー
カオスレギオン
ガチャフォース
学校のコワイうわさ 花子さんがきた!!
カプコン クラシックス コレクション
CAPCOM FIGHTING Jam
CAPCOM VS. SNK
カプコン バーサス エス・エヌ・ケイ ミレニアムファイト 2000
CAPCOM VS. SNK 2 MILLIONAIRE FIGHTING 2001
CAPCOMベースボール 助っ人外人大暴れ!
カプコン ベルトアクション コレクション
株トレーダー瞬
仮面の忍者 花丸
玻璃ノ薔薇
ガンサバイバーシリーズ
ガンスパイク
ガンスモーク
ガンバード
ギガウイング
機動戦士ガンダム vs.シリーズ
機動戦士ガンダム 連邦vs.ジオン
機動戦士Ζガンダム エゥーゴvs.ティターンズ
機動戦士Ζガンダム エゥーゴvs.ティターンズDX
機動戦士ガンダム ガンダムvs.Ζガンダム
機動戦士ガンダムSEED 連合vs.Z.A.F.T.
機動戦士ガンダムSEED DESTINY 連合vs.Z.A.F.T.II
機動戦士ガンダム ガンダムVS.ガンダム
機動戦士ガンダム ガンダムVS.ガンダムNEXT
逆転裁判
逆転検事
キャディラックス 恐竜新世紀
キャプテンコマンドー
Killer7
クイズ三國志 知略の覇者
クイズ殿様の野望
クイズなないろDREAMS 虹色町の奇跡
クリムゾンティアーズ
GREGORY HORROR SHOW SOUL COLLECTOR
CROSS×BEATS
クロックタワー3
激闘パワーモデラー
ゴーストトリック
GOD HANDさ行[編集]
サイドアーム
サイバーボッツ
ザ・キングオブドラゴンズ
サムライソード
ジ・アニメ・スーパーリミックス 巨人の星
ジャスティス学園
史上最強の弟子ケンイチ〜激闘!ラグナレク八拳豪〜
シャドウ オブ ローマ
ジョジョの奇妙な冒険
ジョジョの奇妙な冒険 黄金の旋風
スウィートホーム
スーパーマリオ 不思議のころころパーティ
スーパーマリオ 不思議のころころパーティ2
マリオパーティ ふしぎのコロコロキャッチャー
スターグラディエイター
スタートリングアドベンチャーズ 空想3×大冒険
ストライダー飛竜
ストライダー飛竜2
ストライダー飛竜 (2014年のゲーム)
ストリートファイター
ストリートファイターII
ストリートファイターZERO
ストリートファイターZERO ファイターズ ジェネレーション
ストリートファイターIII
ストリートファイターIV
ストリートファイターV
2010 ストリートファイター
ストリートファイター ザ・ムービー
ストリートファイター リアルバトル オン フィルム
ストリートファイターEX
ストリートファイター オンライン マウスジェネレーション
ストリートファイター X 鉄拳
セクションZ
ゼルダの伝説 ふしぎの木の実
ゼルダの伝説 神々のトライフォース&4つの剣
ゼルダの伝説 ふしぎのぼうし
戦国BASARA
戦場の狼
ソンソンた行[編集]
宝島Z バルバロスの秘宝
闘いの挽歌
タツノコ VS. CAPCOM
ダンジョンズ&ドラゴンズ
ダンジョンズ&ドラゴンズ シャドーオーバーミスタラ
ダンジョンズ&ドラゴンズ タワーオブドゥーム
チキチキボーイズ
チップとデールの大作戦2
超鋼戦紀キカイオー
Deepdown
ディノクライシス
鉄騎
重鉄騎
デッドライジング
デッドライジング ゾンビのいけにえ
デッドライジング2
デッドライジング3
デッドライジング4
TEPPEN(GungHoとの共同開発)
DEMENTO
デビルメイクライシリーズ
デビルメイクライ
デビルメイクライ2
デビルメイクライ3
デビルメイクライ4
DmCデビルメイクライ
デビルメイクライ5
天地を喰らう
天地を喰らう (アーケードゲーム)
天地を喰らうII 赤壁の戦い
天地を喰らう (ファミリーコンピュータ)
天地を喰らうII 諸葛孔明伝
虎への道
ドカベン(アーケードゲーム。野球ゲームとカードゲームをあわせたようなもの)
トップシークレット
Dragon’s Dogma
ドラゴンズドグマ オンライン
囚われのパルマ
怒首領蜂II(開発はIGS。ケイブはライセンス提供のみ)な行[編集]
ナイツ オブ ザ ラウンド
謎惑館 〜音の間に間に〜
ニモ
人間兵器デッドフォックスは行[編集]
VS.シリーズ
X-MEN VS. STREET FIGHTER
マーヴル・スーパーヒーローズ VS. ストリートファイター
MARVEL VS. CAPCOM CLASH OF SUPER HEROES
MARVEL VS. CAPCOM 2 NEW AGE OF HEROES
MARVEL VS. CAPCOM 3 Fate of Two Worlds
マーベル VS. カプコン:インフィニット
バイオハザードシリーズ
バイオハザード
バイオハザード2
バイオハザード3 LAST ESCAPE
バイオハザード CODE:Veronica
バイオハザード0
バイオハザード4
バイオハザード5
バイオハザード リベレーションズ
バイオハザード6
バイオハザード リベレーションズ2
バイオハザード アウトブレイク
バイオハザード アウトブレイク ファイル2
バイオハザード アンブレラ・クロニクルズ
バイオハザード ダークサイド・クロニクルズ
BIOHAZARD GAIDEN
バイオハザード ザ・マーセナリーズ 3D
バイオハザード オペレーション・ラクーンシティ
バイオハザード ディジェネレーション
バイオハザード アンブレラコア
バイオハザード7 レジデント イービル
バイオハザード RE:2
バイオハザード RE:3
バイオハザード ヴィレッジ
バイオニックコマンドー
バイオニックコマンドー(Xbox 360、PS3版)
VARTH
爆走戦記メタルウォーカー
ハテナ?の大冒険
バトルサーキット
パニッシャー
バルガス(同社最初のビデオゲーム)
パワーストーン
パワード ギア
ビートダウン
P.N.03
ひげ丸
必殺無頼拳
百年戦記 ユーロ・ヒストリア
ビューティフル ジョー
BLACK CAT 〜機械仕掛けの天使〜
ファイナルファイトシリーズ
ファイナルファイト
ファイナルファイト2
ファイナルファイト タフ
ファイナルファイト リベンジ
ファインダーラブ
Fateシリーズ(監修:TYPE-MOON、製作:キャビア、販売:カプコン)
フェイト/タイガーころしあむ
Fate/unlimited codes
ふしぎ刑事
ブラックドラゴン
フリッパーピンボール
短期間だが参入していた。『ストリートファイターII』のピンボールも別メーカーから出ている。
フルハウスキス
フルハウスキス2
ブレス オブ ファイア
ブレス オブ ファイア 竜の戦士
ブレス オブ ファイアII 使命の子
ブレス オブ ファイアIII
ブレス オブ ファイアIV うつろわざるもの
ブレス オブ ファイアV ドラゴンクォーター
プロギアの嵐
プロ野球?殺人事件!
ポートロイヤル
ポートロイヤル-カリブ大航海記-
ポートロイヤル2-カリブ大航海記-
ポートロイヤル-カリブ海戦記-
ポケットファイターま行[編集]
マーヴル・スーパーヒーローズ
マーヴルスーパーヒーローズ ウォーオブザジェム
マーク・オブ・クリィ
魔界島 七つの島大冒険
魔界村
大魔界村
超魔界村
極魔界村
魔界村騎士列伝
レッドアリーマー 魔界村外伝
レッドアリーマーII
魔界村外伝 THE DEMON DARKNESS
デモンズブレイゾン 魔界村 紋章編
アーサーとアスタロトの謎魔界村
マキシモ
魔界英雄記マキシモ
撃魔界村
小魔界村
マジカルテトリスチャレンジ featuring ミッキー
マジックソード
マッスルボマー
スーパーマッスルボマー
マッドギア
マルサの女
ミッキー&ミニー トリック&チェイス
ミッキーのマジカルアドベンチャー
ミッキーとミニー マジカルアドベンチャー2
ミッキーとドナルド マジカルアドベンチャー3
ミッキーマウスの不思議な鏡
ミッキーマニア
水島新司の大甲子園
めいわく星人パニックメーカー
めがみめぐり
モンスターハンターシリーズ
モンスターハンター
モンスターハンター ポータブル
モンスターハンター フロンティア オンライン
モンスターハンター3
モンスターハンター3G
モンスターハンター4
モンスターハンター4G
モンハン日記 ぽかぽかアイルー村
モンスターハンターX
モンスターハンターXX
モンスターハンター ストーリーズ
モンスターハンター:ワールド
モンスターハンターワールド:アイスボーン
モンスターハンターライズや行[編集]
U.S.NAVYら行[編集]
ラストデュエル
ラストランカー
ロザリオとバンパイア 七夕のミス陽海学園
ロスト プラネット エクストリーム コンディション
ロストプラネット コロニーズ
ロスト プラネット 2
ロストワールド
ロックマンシリーズ
ロックマン
ロックマン2 Dr.ワイリーの謎
ロックマン3 Dr.ワイリーの最期!?
ロックマン4 新たなる野望!!
ロックマン5 ブルースの罠!?
ロックマン6 史上最大の戦い!!
ロックマン7 宿命の対決!
ロックマン8 メタルヒーローズ
ロックマン9 野望の復活!!
ロックマン10 宇宙からの脅威!!
ロックマン11 運命の歯車!!
ロックマンワールド
ロックマンワールド2
ロックマンワールド3
ロックマンワールド4
ロックマンワールド5
ロックマンメガワールド
ロックマン&フォルテ
ロックマン&フォルテ 未来からの挑戦者
ロックマンロックマン
ロックマン・ザ・パワーバトル
ロックマン2・ザ・パワーファイターズ
ワイリー&ライトのロックボード ザッツ☆パラダイス
ロックマンズサッカー
ロックマン バトル&チェイス
スーパーアドベンチャーロックマン
ロックマンXシリーズ
ロックマンX
ロックマンX2
ロックマンX3
ロックマンX4
ロックマンX5
ロックマンX6
ロックマンX7
ロックマンX8
ロックマンX サイバーミッション
ロックマンX2 ソウルイレイザー
ロックマンX コマンドミッション
イレギュラーハンターX
ロックマンX DiVE
ロックマンDASHシリーズ
ロックマンDASH 鋼の冒険心
ロックマンDASH2
ロックマンDASH 5つの島の大冒険!
トロンにコブン
ロックマンエグゼシリーズ
バトルネットワーク ロックマンエグゼ
バトルネットワーク ロックマンエグゼ2
バトルネットワーク ロックマンエグゼ3
ロックマンエグゼ4
ロックマンエグゼ5
ロックマンエグゼ5DS ツインリーダーズ
ロックマンエグゼ6
ロックマンエグゼ トランスミッション
ロックマンエグゼ バトルチップGP
ロックマンエグゼ4.5 リアルオペレーション
ロックマンエグゼ ファントム オブ ネットワーク
ロックマンエグゼ レジェンド オブ ネットワーク
ロックマンエグゼ バトルチップスタジアム
ロックマンエグゼ WS
ロックマン エグゼ オペレート シューティングスター
ロックマンゼロシリーズ
ロックマンゼロ
ロックマンゼロ2
ロックマンゼロ3
ロックマンゼロ4
ロックマンゼクスシリーズ
ロックマンゼクス
ロックマンゼクス アドベント
流星のロックマンシリーズ
流星のロックマン
流星のロックマン2
流星のロックマン3
ロックマンXover
ロックマンアビリティ 史上最大の試練
レインガルド
カプコン初、日本初となるMMORPG。わ行[編集]
笑う犬の冒険GB SILLY GO LUCKY!
ワンダー3
チャリオット
ルースターズ
ドンプル
ワンタメ ミュージックチャンネル
ワンピースマンション
わんぱくダック夢冒険輸入ゲーム[編集]
マッドドッグマックリー
Cytus – 台湾のRayarkが配信しているスマートフォン向け音楽ゲーム。JAEPO2015で『crossbeats REV.』と同時にアーケード版『Cytus OMEGA』の稼動が発表された[26]。日本での所有販売権[編集]
カタン(ボードゲーム)
グランド・セフト・オートシリーズ(IIIシリーズおよびIVまで)
ゴッド・オブ・ウォー
Gore: Ultimate Soldier
True Crime
コール オブ デューティー ファイネストアワー
SPIDER-MAN
ヘルストライク
レッド・デッド・リボルバー
ゲッタウェイ
ラン・ライク・ヘル
ケリー・スレーター プロサーファー 2003
トニー・ホーク プロスケーター 2003
ティム・バートン ナイトメアー・ビフォア・クリスマス ブギーの逆襲
サイオプス サイキック・オペレーション
マーク・オブ・クリィ
コンフリクト・デルタ 湾岸戦争1991
コンフリクト・デルタII 湾岸戦争1991
怪獣大激戦 War of the Monsters
突撃!アーミーマン 史上最小の作戦(PS2版)
トゥームレイダー4:ラストレベレーション
トゥームレイダー5:クロニクル
X2
テストドライブ5
テストドライブ オフ・ロード2
ONE(ワン)主なグループ会社[編集]
株式会社エンターライズ
株式会社ケーツー(『天誅』などのソフトを開発してきたメーカーを子会社化)
CAPCOM USA,INC.(米国内のグループ統括会社で版権管理も兼ねる。カプコンプロツアー、カプコンカップを管理)過去株式会社ステイタス(2004年に解散[27])
CAPCOM STUDIO 8,INC.(CAPCOM DIGITAL STUDIOS,INC.、2006年3月6日に解散。CAPCOM USA,INC.の子会社だったがスタジオを閉鎖したため)
クローバースタジオ株式会社(2007年3月31日に解散)
株式会社フラグシップ(2007年6月1日に吸収合併)
カプコンチャーボ株式会社(2009年1月30日に解散)
株式会社ダレット(2011年3月28日に吸収合併)
株式会社カプコン・モバイル(2017年9月1日に吸収合併、2016年4月1日株式会社ビーライン・インタラクティブ・ジャパンより商号変更)
株式会社カプトロン(2018年4月1日に吸収合併)
BEELINE INTERACTIVE CANADA,INC.(2021年3月清算。コズミック・インフィニティー社をM&Aにより子会社化、2回の商号変更を行いカプコン・インタラクティブ・カナダ社を経て、ビーライン・インタラクティブ・カナダ社となる)
BEELINE INTERACTIVE,INC.(2021年10月清算。欧米向けのオンライン・モバイル端末向け開発を目的として米国に設立された子会社、旧社名はカプコン・インタラクティブ)出身者[編集]
詳細は「Category:カプコンの人物」を参照
プラチナゲームズ株式会社所属
稲葉敦志
神谷英樹
あきまん(別名「安田朗」:後にフリー)
稲船敬二(後に株式会社comcept代表取締役、株式会社intercept代表取締役)
岩元辰郎(後にフリーランス)
岡本吉起(後に株式会社ゲームリパブリック代表取締役)
尾畑心一朗(後に株式会社バイキング代表取締役)
坂井昭夫(ハリウッド映画『ストリートファイター』、『ファイナルファンタジー』プロデューサー)
下村陽子(後にスクウェア→スクウェア・エニックス移籍を経てフリーランス)
高橋徹(後にゼニマックス・アジアゼネラルマネージャー)
立石孝(別名「OGERETSU KUN」:株式会社モストカンパニー代表取締役社長、株式会社Rush Style代表取締役副社長)
DJサンドウ(後にフリーランス)
西谷亮(後に株式会社アリカ代表取締役)
西村キヌ(後にフリーランス)
西山隆志(後に株式会社ディンプス代表取締役)
藤原得郎(元・株式会社ウーピーキャンプ代表取締役)
藤林秀麿(任天堂株式会社所属)
船水紀孝(後に株式会社クラフト&マイスター取締役)
三上真司(後に株式会社TangoGameworks代表取締役)
三並達也(後にプラチナゲームズ株式会社代表取締役)広報番組[編集]
ハギーのとこトンやってみよう!(通称ハギとこ!) – パブリシティ企画推進室室長の萩原良輔(ハギー)をMCに2010年7月8日からUstreamで配信しているカプコンの情報を提供するウェブ番組。放送後はYouTubeなどでダイジェスト版が見られる[28][29][30][31]。提供番組[編集]
ビートたけしのTVタックル(テレビ朝日)(1998年4月 – 2003年3月)
痛快なりゆき番組 風雲!たけし城(TBS)
クイズ100人に聞きました(TBS・末期)
THE・プレゼンター(TBS)
ストリートファイターII V(よみうりテレビ制作・日本テレビ系列)
逆転裁判 〜その「真実」、異議あり!〜(読売テレビ制作・日本テレビ系列)(2016年4月 – 6月)
さんまのナンでもダービー(テレビ朝日)※筆頭
ミュージックステーション(テレビ朝日)
ドラえもん(テレビ朝日)
ロックマンエグゼ(テレビ東京)
戦国BASARA弐(MBS制作・TBS系列)
ガチンコ!(TBS系列)
モンスターハンター ストーリーズ(フジテレビ)参考文献[編集]
カプコン 電子の猛者たち(エンターブレイン、2000年)脚注[編集]
[脚注の使い方]
^ 体制と取り組み – 株式会社カプコン

^ a b c d e f g h i j k l 株式会社カプコン (2022-06-24). 第43期(2021年4月1日 – 2022年3月31日)有価証券報告書 (Report). 

^ 株式会社カプコン 定款 第1章第1条

^ 朝日新聞2016年8月12日夕刊3面「人生の贈り物-私の半生-」より。

^ ゲームメーカー・カプコン創業者が「世界最高のワイン造り」に励む理由

^ YouTube 岡本吉起 ゲームch. “なぜ退職した?カプコン元幹部の岡本が「カプコン愛」を貫き通すことが出来なかった大きなきっかけ”. 動画時間8:40頃 2022/04/24閲覧。

^ カプコン創業者・辻本憲三氏の生き方に迫る番組「ザ・リーダー」が4月15日に放送

^ 「JAEPO18」、出展規模567小間に拡大予定。 – ゲームマシン 2017年12月1日

^ a b カプコン業務用のメンテナンスは、セガロジが引き受ける。 – ゲームマシン 2019年4月1日号

^ a b 業務用アミューズメント機器のサービス業務移管スケジュールに関するお知らせ – カプコン 2019年3月4日

^ 2008年3月期 中間決算説明会 – 事業戦略資料 (PDF, 1.22MB)

^ a b カプコン、「戦国無双」販売元を提訴 特許権侵害と主張, (2014年8月26日), オリジナルの2015年6月8日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20150608020745/http://www.asahi.com/articles/ASG8V4K7YG8VPTIL01G.html 

^ a b カプコン特許訴訟、主目的の侵害は認められず。 – ゲームマシン 2018年1月1日

^ a b 特許侵害訴訟の一部勝訴判決に関するお知らせ コーエーテクモゲームス 2017年12月14日

^ a b 株式会社カプコンとの間の訴訟に関するお知らせ – コーエーテクモゲームス 2018年4月2日

^ 株式会社カプコンとトップパートナー契約締結のお知らせ – セレッソ大阪 2022年8月1日

^ カプコン、ガンホーとの協業タイトル『TEPPEN』を配信開始!~ 当社の有力シリーズ多数を活用したモバイルコンテンツをグローバルに向け投入 ~

^ 〔株主総会〕カプコン、買収防衛策を総会で否決 [リンク切れ]

^ 2018年3月期有価証券報告書 – カプコン

^ 当社特許第3350773号審決取消訴訟における当社特許維持判決(勝訴)のお知らせ カプコン 3月29日

^ “株式会社カプコン | 連結子会社の吸収合併(簡易合併・略式合併)に関するお知らせ” (プレスリリース), 株式会社カプコン秘書・広報IR部広報IR室, (2018年1月31日), https://www.capcom.co.jp/ir/news/html/180131c.html 

^ カプコンの特許を侵害 コーエーに1.4億円賠償命令 – 朝日新聞デジタル 2019年9月11日

^ カプコンに「身代金ウイルス」攻撃 約11億円要求か – 朝日新聞デジタル、2020年11月9日

^ カプコン、顧客ら情報35万件流出か サイバー攻撃公表 – 朝日新聞デジタル、2020年11月16日

^ 「カプコン」採用応募者情報めぐり「矛盾」指摘 不正アクセス被害で余波、広報「説明が不足していた」 – J-CASTニュース、2020年11月19日

^ [JAEPO2015]Rayarkのスマホ音ゲー「Cytus」がアーケード化。カプコンブースにて「Cytus OMEGA」がサプライズ発表 – 4Gamer.net – 2015年2月14日閲覧

^ “株式会社カプコン | プレスリリース 2003年度 連結子会社の解散に関するお知らせ”. www.capcom.co.jp. 2019年7月12日閲覧。

^ ゲームを売るために必要なのは認知と宣伝――カプコンのパブリシティ業務を牽引する萩原良輔氏に,Ustream番組や雑誌の自社出版など,異彩を放つ戦略の真意を聞いてきた

^ 「ゲームを新しい層に広めたい」カプコン広報ハギーこと萩原良輔さんロングインタビュー

^ ダ・ヴィンチ

^ ハギとこ

関連項目[編集]

ウィキメディア・コモンズには、カプコンに関連するカテゴリがあります。実践!英語でしゃべらナイト – 2011年5月27日に会社と海外市場のために英語を学んだ専務・一井克彦が出演している。カプコン出身者によって設立されたゲーム関連会社アリカ – 西谷亮が1995年に設立。
インティ・クリエイツ – 會津卓也が1996年に設立。
ディンプス – 西山隆志がSNKを経て2000年に設立。
ゲームリパブリック – 岡本吉起が2003年に設立。
クラフト&マイスター – 須藤克洋、船水紀孝が2004年に設立。
プラチナゲームズ – 稲葉敦志、神谷英樹、三並達也が2007年に設立。
ヘキサドライブ – 松下正和が2007年に設立。
ユニークノート – 柴田徹也、青木佳乃が2009年に設立。
comcept – 稲船敬二が2010年に設立。2017年に「LEVEL5 comcept」を設立。
Tango Gameworks – 三上真司が2010年に設立。外部リンク[編集]
カプコン 公式サイト (日本語)
capcom_official (@capcom_official) – Twitter (日本語)
My Capcom:マイカプコン (capcomunity.jp) – Facebook (日本語)
CapcomChannel – YouTubeチャンネル (日本語).mw-parser-output .asboxposition:relative;overflow:hidden.mw-parser-output .asbox tablebackground:transparent.mw-parser-output .asbox pmargin:0.mw-parser-output .asbox p+pmargin-top:0.25em.mw-parser-output .asboxfont-size:90%.mw-parser-output .asbox-notefont-size:90%.mw-parser-output .asbox .navbarposition:absolute;top:-0.75em;right:1em;display:none
この項目は、企業に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(ウィキプロジェクト 経済)。
表話編歴カプコン持株会社
株式会社カプコン

コンシューマ
代表的な作品
カプコンのゲームソフト一覧

キャラクター
カプコンのキャラクター一覧

エンジン
MT Framework – Panta Rhei – REエンジン
アーケード
代表的な作品
ストリートファイターシリーズ – カプコンの対戦格闘ゲーム – カプコンのアーケードゲーム

基板
CPシステム – CPシステムII – CPシステムIII

アミューズメント
プラサカプコン

テレビ番組
ストリートファイターII V – 七星闘神ガイファード – パワーストーン – ロックマンエグゼ(AXESS – Stream – BEAST) – ビューティフル ジョー – 流星のロックマン(トライブ) – デビルメイクライ – 戦国BASARA – モンハン日記 ぎりぎりアイルー村 – イクシオン サーガ DT – ガイストクラッシャー – 逆転裁判 〜その「真実」、異議あり!〜 – モンスターハンター ストーリーズ RIDE ON

人物
カプコンの人物

関連会社
現在の関連会社
K2 – エンターライズ – カプコンの関連会社一覧

過去の関連会社
フラグシップ – ダレット – クローバースタジオ – カプコン・ゲーム・スタジオ・バンクーバー

表話編歴コンピュータエンターテインメント協会(CESA)正会員
アークシステムワークス
アイディアファクトリー
アイレムソフトウェアエンジニアリング
アカツキ
アクワイア
アトラス
アニプレックス
アリカ
アンビション
イマジカデジタルスケープ
インティ・クリエイツ
ウォーゲーミングジャパン
ディズニー・インタラクティブ・スタジオ
SNK
エッジワークス
エディア
NHN JAPAN
エレクトロニック・アーツ
オーイズミ・アミュージオ
オフィスクリエイト
角川ゲームス
カプコン
ガンホー・オンライン・エンターテイメント
グッド・フィール
KLab
グランゼーラ
グリー
ケイブ
元気
コーエーテクモゲームス
コナミデジタルエンタテインメント
コロプラ
Cygames
サイバーエージェント
サイバーステップ
サクセス
サミーネットワークス
C&Cメディア
ジープラ
ジェイエムエス・ユナイテッド
システムソフト・ベータ
SHIFT
シリコンスタジオ
スクウェア・エニックス
スタジオフェイク
スパイク・チュンソフト
スマイルブーム
セガ
ゼニマックス・アジア
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
ソニックパワード
タイトー
タカラトミー
タムソフト
ディー・エヌ・エー
ディースリー・パブリッシャー
DICO
ディンプス
デジタルハーツ
ドリコム
ドワンゴ
ナウプロダクション
ナツメアタリ
日本マイクロソフト
ハムスター
バンダイナムコエンターテインメント
ピグミースタジオ
フジゲームス
藤商事
プラチナゲームズ
フリュー
フレイムハーツ
プロダクション・アイジー
プロトタイプ
フロム・ソフトウェア
ヘキサドライブ
ヘッドロック
ポールトゥウィン
ポケモン
ポケラボ
ポリゴンマジック
ボルテージ
マーベラス
マイネット
ミクシィ
miHoYo
ユークス
ユービーアイソフト
Yostar
LINE
ラセングル
リベル・エンタテインメント
レッド・エンタテインメント
レベルファイブ特別賛助会員
任天堂一般賛助会員(企業)
ADKマーケティング・ソリューションズ
Epic Games Japan
KADOKAWA
GameWith
コスパ
サードウェーブ
ソニー・ミュージックコミュニケーションズ
ソフトギア
大和証券
タカラトミーアーツ
Tencent Japan
日経BP
Pearl Abyss JP
Happy Elements Asia Pacific
505 Games Japan
ブシロード
Project White
ブロッコリー
みずほ銀行
ミラティブ
モリサワ
吉本興業一般賛助会員(学校)
アミューズメントメディア総合学院
新潟コンピュータ専門学校
神戸電子専門学校
学校法人日本教育財団
国際情報工科自動車大学校
専門学校東京テクニカルカレッジ
沼津情報・ビジネス専門学校
アーツカレッジヨコハマ
ヒューマンアカデミー
総合学園ヒューマンアカデミー
日本工学院専門学校
日本工学院八王子専門学校
日本電子専門学校
東京コミュニケーションアート専門学校
名古屋情報メディア専門学校
新潟高度情報専門学校
東北電子専門学校
早稲田文理専門学校
バンタンゲームアカデミー
ECCコンピュータ専門学校関連団体
コンピュータエンターテインメントレーティング機構(CERO)
コンピュータソフトウェア協会(CSAJ)
コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)
日本アミューズメント産業協会(JAIA)
日本コンピュータゲーム協会(JCGA)
表話編歴日本アミューズメント産業協会(JAIA)AMマシン事業部正会員
アミューズメント・ジャーナル
アミューズメント産業出版
アムジー
エンハート
岡崎産業
加賀アミューズメント
カプコン
北日本通信工業
コーエーテクモウェーブ
コナミアミューズメント
サミー
ジー・ピー・エー・コーポレーション
鈴木栄光堂
スタンバイ
セガ
セガ・ロジスティクスサービス
タイトー
タカラトミーアーツ
辰巳電子工業
西尾レントオール
パオン・ディーピー
BANDAI SPIRITS
バンダイナムコアミューズメント
バンダイナムコテクニカ
フリュー
マーベラス
ユー・エス産業
ユウビス施設営業事業部正会員
アミパラ
アムジー
アムリード
イオンファンタジー
カプコン
北日本通信工業
共和コーポレーション
コーエーテクモウェーブ
コロナワールド
サードプラネット
ジー・ピー・エー・コーポレーション
GENDA GiGO Entertainment
ソユー
タイトー
バンダイナムコアミューズメント
プレビ
北東商事
マタハリーエンターテイメント
山崎屋
ラウンドワン
ルルアーク
レジャラン
ワイドレジャー遊園施設事業部正会員
岡本製作所
三精テクノロジーズ
CAセガジョイポリス
泉陽興業
花やしき
バンダイナムコアミューズメント
豊永産業AMマシン事業部賛助会員
加賀電子
トッパン・フォームズ
バンダイロジパル関連団体
コンピュータエンターテインメント協会
電気製品認証協議会
全国防犯協会連合会
表話編歴ファミ通アワード 最優秀ゲームメーカー賞2000年代
任天堂 (2005)
任天堂 (2006)
任天堂 (2007)
カプコン (2008)
スクウェア・エニックス (2009)2010年代
カプコン (2010)
カプコン (2011)
カプコン (2012)
カプコン (2013)
レベルファイブ (2014)
スクウェア・エニックス (2015)
スクウェア・エニックス (2016)
スクウェア・エニックス (2017)
カプコン (2018)
2009年度より任天堂が殿堂入りのため対象外
典拠管理
ISNI: 0000 0001 1703 8185
MBA: 602632fb-a937-4473-a160-316ad38f9e19
MBL: aca73ae9-d9f9-4ceb-8b44-fdd18785973e
NDL: 00407128
VIAF: 149150157
WorldCat Identities: viaf-149150157

「https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=カプコン&oldid=91119226」から取得
カテゴリ: カプコン日本のコンピュータゲームメーカー・ブランドファミリー企業東証プライム上場企業大阪市中央区の企業1979年設立の企業1990年上場の企業隠しカテゴリ: 外部リンクがリンク切れになっている記事/2017年9月出典を必要とする記事/2021年1月ウィキデータにない座標出典を必要とする記述のある記事/2021年1月企業関連のスタブISNI識別子が指定されている記事MusicBrainz識別子が指定されている記事MusicBrainzレーベル識別子が指定されている記事NDL識別子が指定されている記事VIAF識別子が指定されている記事WORLDCATID識別子が指定されている記事

評価: 4~5 つ星
レビュー: 2675
再生回数: 6575
[spincontent type=”j”]

Youtube

2. バイオ ハザード ウェルカム トゥ ラクーン シティ 日本 Yomiuri

Yomiuri
バイオ ハザード ウェルカム トゥ ラクーン シティ 日本

説明: バイオ ハザード ウェルカム トゥ ラクーン シティ 日本 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 バイオ ハザード ウェルカム トゥ ラクーン シティ 日本 は、読売で検索されたもので、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 7748
[spincontent type=”j”]

3. バイオ ハザード ウェルカム トゥ ラクーン シティ 日本 Asahi Shimbun

朝日新聞
バイオ ハザード ウェルカム トゥ ラクーン シティ 日本

説明: 朝日新聞で検索した バイオ ハザード ウェルカム トゥ ラクーン シティ 日本 に関する上記の情報が、バイオ ハザード ウェルカム トゥ ラクーン シティ 日本 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 4564
[spincontent type=”j”]

4. バイオ ハザード ウェルカム トゥ ラクーン シティ 日本 The Japan Times

The Japan Times
バイオ ハザード ウェルカム トゥ ラクーン シティ 日本

説明: ジャパン タイムズで検索した バイオ ハザード ウェルカム トゥ ラクーン シティ 日本 に関する記事のトップです。バイオ ハザード ウェルカム トゥ ラクーン シティ 日本 に関する疑問を解決するのに役立ちます。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 8107
[spincontent type=”j”]

5. バイオ ハザード ウェルカム トゥ ラクーン シティ 日本 Yomiuri Shimbun

読売新聞
バイオ ハザード ウェルカム トゥ ラクーン シティ 日本

説明: バイオ ハザード ウェルカム トゥ ラクーン シティ 日本 に関する詳細情報はすでにありますか? バイオ ハザード ウェルカム トゥ ラクーン シティ 日本 という記事が読売新聞で検索されました。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 3735
[spincontent type=”j”]

6. バイオ ハザード ウェルカム トゥ ラクーン シティ 日本 Mainichi Shimbun

毎日新聞
バイオ ハザード ウェルカム トゥ ラクーン シティ 日本

説明: 毎日新聞で見つけた バイオ ハザード ウェルカム トゥ ラクーン シティ 日本 に関する上記の情報が、バイオ ハザード ウェルカム トゥ ラクーン シティ 日本 に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 5575
[spincontent type=”j”]

7. バイオ ハザード ウェルカム トゥ ラクーン シティ 日本 Sankei Shimbun

産経新聞
バイオ ハザード ウェルカム トゥ ラクーン シティ 日本

説明: 産経新聞で検索した バイオ ハザード ウェルカム トゥ ラクーン シティ 日本 に関する記事のトップです。バイオ ハザード ウェルカム トゥ ラクーン シティ 日本 に関する疑問を解決するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 3230
[spincontent type=”j”]

8. バイオ ハザード ウェルカム トゥ ラクーン シティ 日本 Nihon Keizai Shimbun

日本経済新聞
バイオ ハザード ウェルカム トゥ ラクーン シティ 日本

説明: バイオ ハザード ウェルカム トゥ ラクーン シティ 日本 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 バイオ ハザード ウェルカム トゥ ラクーン シティ 日本 は、日本経済新聞で検索され、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 9938
[spincontent type=”j”]

9. バイオ ハザード ウェルカム トゥ ラクーン シティ 日本 Chunichi Shimbun

中日新聞
バイオ ハザード ウェルカム トゥ ラクーン シティ 日本

説明: 中日新聞で検索した バイオ ハザード ウェルカム トゥ ラクーン シティ 日本 に関する上記の情報が、バイオ ハザード ウェルカム トゥ ラクーン シティ 日本 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 5347
[spincontent type=”j”]

10. バイオ ハザード ウェルカム トゥ ラクーン シティ 日本 Tokyo Shimbun

東京新聞
バイオ ハザード ウェルカム トゥ ラクーン シティ 日本

説明: バイオ ハザード ウェルカム トゥ ラクーン シティ 日本 に関する質問を解決するために、東京新聞で検索した バイオ ハザード ウェルカム トゥ ラクーン シティ 日本 に関する記事のトップです。
評価: 4~5 つ星
評価: 8570
[spincontent type=”j”]

11. バイオ ハザード ウェルカム トゥ ラクーン シティ 日本 Nihon Kogyo Simbun

日本工業新聞
バイオ ハザード ウェルカム トゥ ラクーン シティ 日本

説明: バイオ ハザード ウェルカム トゥ ラクーン シティ 日本 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 バイオ ハザード ウェルカム トゥ ラクーン シティ 日本 は日本工業新聞で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 6820
[spincontent type=”j”]

12. バイオ ハザード ウェルカム トゥ ラクーン シティ 日本 Nikkan Kogyo Shimbun

日刊工業新聞
バイオ ハザード ウェルカム トゥ ラクーン シティ 日本

説明: 日刊工業新聞で見つけた バイオ ハザード ウェルカム トゥ ラクーン シティ 日本 に関する上記の情報が、バイオ ハザード ウェルカム トゥ ラクーン シティ 日本 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 6122
[spincontent type=”j”]

13. バイオ ハザード ウェルカム トゥ ラクーン シティ 日本 Ainu Times

アイヌタイムス
バイオ ハザード ウェルカム トゥ ラクーン シティ 日本

説明: アイヌ タイムズで検索した バイオ ハザード ウェルカム トゥ ラクーン シティ 日本 に関する記事のトップです。バイオ ハザード ウェルカム トゥ ラクーン シティ 日本 に関する質問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 7221
[spincontent type=”j”]

14. バイオ ハザード ウェルカム トゥ ラクーン シティ 日本 Akita Sakigake Shimpo

秋田魁新報
バイオ ハザード ウェルカム トゥ ラクーン シティ 日本

説明: バイオ ハザード ウェルカム トゥ ラクーン シティ 日本 に関する詳細情報はすでにありますか? バイオ ハザード ウェルカム トゥ ラクーン シティ 日本 という記事は、秋田魁新報で検索したものです。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 8126
[spincontent type=”j”]

15. バイオ ハザード ウェルカム トゥ ラクーン シティ 日本 Chiba Nippo

千葉日報
バイオ ハザード ウェルカム トゥ ラクーン シティ 日本

説明: 千葉日報で検索した バイオ ハザード ウェルカム トゥ ラクーン シティ 日本 に関する上記の情報が、バイオ ハザード ウェルカム トゥ ラクーン シティ 日本 に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 4388
[spincontent type=”j”]

16. バイオ ハザード ウェルカム トゥ ラクーン シティ 日本 Chugoku Shimbun

中国新聞
バイオ ハザード ウェルカム トゥ ラクーン シティ 日本

説明: 中国新聞で検索した バイオ ハザード ウェルカム トゥ ラクーン シティ 日本 に関する記事のトップです。バイオ ハザード ウェルカム トゥ ラクーン シティ 日本 に関する疑問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 2808
[spincontent type=”j”]

17. バイオ ハザード ウェルカム トゥ ラクーン シティ 日本 Daily Tohoku

デイリー東北
バイオ ハザード ウェルカム トゥ ラクーン シティ 日本

説明: バイオ ハザード ウェルカム トゥ ラクーン シティ 日本 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 バイオ ハザード ウェルカム トゥ ラクーン シティ 日本 はデイリー東北で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 9264
[spincontent type=”j”]

18. バイオ ハザード ウェルカム トゥ ラクーン シティ 日本 The Eastern Chronicle

イースタン クロニクル
バイオ ハザード ウェルカム トゥ ラクーン シティ 日本

説明: イースタン クロニクルで検索した バイオ ハザード ウェルカム トゥ ラクーン シティ 日本 に関する上記の情報が、バイオ ハザード ウェルカム トゥ ラクーン シティ 日本 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 8791
[spincontent type=”j”]

バイオ ハザード ウェルカム トゥ ラクーン シティ 日本 に関する質問

バイオ ハザード ウェルカム トゥ ラクーン シティ 日本 についてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。ご質問やご提案はすべて、次の記事の改善に役立てさせていただきます。

記事 バイオ ハザード ウェルカム トゥ ラクーン シティ 日本 は、私と私のチームがさまざまな情報源から編集したものです。 記事 バイオ ハザード ウェルカム トゥ ラクーン シティ 日本 が役に立った場合は、チームをサポートしてください。「いいね」または「共有」してください!

検索キーワード バイオ ハザード ウェルカム トゥ ラクーン シティ 日本

バイオ ハザード ウェルカム トゥ ラクーン シティ 日本
方法バイオ ハザード ウェルカム トゥ ラクーン シティ 日本
チュートリアル バイオ ハザード ウェルカム トゥ ラクーン シティ 日本
【キーワード】 無料

Có thể bạn quan tâm: