あなたは ノトーリアス・b・i・g(ビッグ) について学んでいます。今日は、インターネット上の多くの情報源から私たちのチームが編集および編集した記事 ノトーリアス・b・i・g(ビッグ) を共有します。 ノトーリアス・b・i・g(ビッグ) に関するこの記事がお役に立てば幸いです。

ノトーリアス・b・i・g(ビッグ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ザ・ノトーリアス・ビー・アイ・ジーThe Notorious B.I.G.生誕Christopher George Latore Wallace (1972-05-21) 1972年5月21日 アメリカ合衆国 ニューヨーク州ニューヨーク市ブルックリン死没1997年3月9日(1997-03-09)(24歳)カリフォルニア州ロサンゼルス死因銃撃別名
Biggie Smalls
Frank White
Big Poppa職業
MC
ラッパー
ソングライター活動期間1992年 – 1997年配偶者フェイス・エヴァンス (m. 1994)子供2人 (C. J. Wallace)音楽家経歴ジャンル

Hip hop
gangsta rap
East Coast hip hopレーベル

Atlantic
Arista
Bad Boy
Uptown共同作業者

Junior M.A.F.I.A.
The Commission
Faith Evans
Jay-Z
Lil’ Kim
Puff Daddy
ノトーリアス・B.I.G.(The Notorious B.I.G.、1972年5月21日 – 1997年3月9日)は、アメリカのMC、ラッパー。ニューヨーク州ニューヨーク市出身[1]。
身長190cm、体重136kgの巨漢。本名はクリストファー・ジョージ・レイトア・ウォレス(Christopher George Latore Wallace)。愛称はビギー・スモールズ(Biggie Smalls)、単にビギー(Biggie)、ビッグとも呼ばれる[2]。フランク・ホワイト(Frank White)と名乗ることもあるが、これは映画『キング・オブ・ニューヨーク』の主人公の名前が由来である。MCネームの「B.I.G.」は「Business Instead of Games」の略で、「ビー・アイ・ジー」と読むのが正しいが、「ビッグ」とも呼ばれることがある。
2006年にMTVが発表した偉大なヒップホップMCランキングでは、ジェイ・Z、2パックに次ぐ第3位にランクインされた[3]。

来歴[編集]
生い立ち[編集]
ノトーリアス・B.I.G.は、1972年5月21日にニューヨークブルックリン区ベッドフォード・スタイベサント地区にてジャマイカ系移民の父親と母ヴォレッタ・ウォレスの間に生まれた[4]。父親は2歳の時に死亡し、母のヴォレッタは保育園の教師をしながら女手一つで彼を育てた[5]。
彼が少年期を過ごした1980年代のブルックリンのベッドスタイはカリブ海からの移民が多く住み、犯罪とクラックが蔓延する(クラックブーム)暗黒の時代だった。そんな環境から、彼もストリートの世界に手を染めていった[6]。

麻薬売人時代[編集]
17歳の頃、武器の不法所持で逮捕され、5ヶ月の執行猶予判決を下される。これを機に、クラックコカインディーラーとして働くため、通っていたジョージ・ウェスティンハウス情報技術高校を退学してしまう[6]。
麻薬の売人時代も彼のカリスマ性からよく知られた存在だった。また地元では、フリースタイルラップ・キングでもあった。彼がベッドスタイの街角でフリースタイルラップをする様子は、DVD「freestyle」などに収録されている。

デビュー前[編集]
ビッグ・ダディ・ケインのDJ、ミスター・シー(Mister Cee)が彼のデモテープを聴き、さらにヒップホップ雑誌『The Source』に紹介。同雑誌の新人紹介コーナー「Unsigned Hype」に登場した事を機にショーン・コムズに見出される[7]。
メアリー・J・ブライジの『ホワッツ・ザ・411?』からのシングル「リアル・ラヴ」や、タイトルナンバー「ホワッツ・ザ・411?」のリミックス・バージョン(『ホワッツ・ザ・411? リミックス』収録)、クレイグ・マック(Craig Mack)の「Flava In Ya Ear」のリミックスなどの客演を経て、B.I.G.名義のデビュー曲「Party And Bullshit」をサウンドトラック『Who’s The Man』(1993年)に発表する[8]。

デビュー後[編集]
イージー・モー・ビー(Easy Mo Bee)をはじめ、DJプレミア、ロード・フィネス(Lord Finesse)、チャッキー・トンプソン(Chucky Thompson)たちのサポートを受け、1994年にデビューアルバム『レディ・トゥ・ダイ』をリリースする。アルバムは名声をビギーにもたらした。 この作品はヒップホップアルバムとして屈指の名作として名高く、現在でも大きな評価を得ている。また当時西海岸が主流だった風潮に東海岸の興隆を見せつけた[9]。
アルバムがリリースされる少し前に、ビギーは2パックと交友を深める。1994年にはマディソン・スクエア・ガーデンで2パックと共演もした(前述アルバムのクレジットに2パックの名前を見つけることができる)。
しかし、2パックが同年11月に銃撃され、犯人としてビギーとディディを疑ったことにより、彼らの仲は一気に険悪になる。2パックが所属するデス・ロウ・レコードと、ビギーが所属するバッド・ボーイは1990年代の二大ヒップホップレーベルだった。2パックが銃撃され死亡した際に、「敵対するビギーの指示では」との噂が流れた。ビギーはこれを否定した[10]。

暗殺[編集]
ビギーのグラフィティ
その後、今度はビギーがロサンゼルスでヒップホップ雑誌『VIBE』主催の「Soul Train Music Award」パーティーの帰途に銃撃を受け、セカンドアルバムリリース前の1997年3月9日に死亡した。どちらの銃撃事件も未解決のままである。一時は公式に捜査が休止されたが、2002年に公開されたドキュメンタリー映画『ビギー&トゥパック(Biggie & Tupac)』や、親族の陳情を受け、捜査が再開された。2005年には再び捜査の打ち切りが発表されたが、2011年1月になり3回目の捜査開始が発表された[11]。
ビギーのマネージメント、プロデュースを行っていたディディは、すでに録音を済ませていた2枚組のセカンドアルバム『ライフ・アフター・デス』をリリースする。このアルバムは1000万枚を売り上げ、ビギーを伝説の存在にした[12]。
2005年12月、数々のトリビュート・アルバムは発表されていたが、公式なアルバムとして豪華客演(ディディ、エミネム、ジェイ・Zほか)を集めた『デュエッツ:ザ・ファイナル・チャプター』がリリースされた[13]。

プライベート[編集]
元妻はR&Bシンガーのフェイス・エバンス。リル・キム、チャーリー・バルティモアは愛人だったといわれる。ジェイ・Zと組み、「Commition」でやる予定があった。

ディスコグラフィ[編集]
詳細は「ノトーリアス・B.I.G.の作品」を参照
レディ・トゥ・ダイ – Ready To Die (1994年)
ライフ・アフター・デス – Life After Death (1997年)
ボーン・アゲイン – Born Again (1999年)
デュエッツ:ザ・ファイナル・チャプター – Duets: The Final Chapter(2005年)
グレイテスト・ヒッツ Greatest Hits(2007年)映画[編集]
詳細は英語版「en:The Notorious B.I.G.#Media」を参照
ラッパーのジャマール・ウーラード(Jamal Woolard)が主演の伝記映画『Notorious』が、2009年1月16日に全米公開された。

詳細は「ノトーリアス・B.I.G. (映画)」を参照
2018年には、彼の殺害事件を基にしたノンフィクションLAbyrinthが『L.A.コールドケース』(City of Lies)として映画化された。

詳細は「L.A.コールドケース」を参照
受賞歴[編集]
詳細は英語版「en:The Notorious B.I.G.#Awards and nominations」を参照
脚注[編集]
[脚注の使い方]
^ “The Notorious B.I.G. | Biography, Albums, Streaming Links” (英語). AllMusic. 2020年11月21日閲覧。

^ “Notorious B.I.G.: In His Own Words, And Those Of His Friends | MTV News”. web.archive.org (2007年3月11日). 2020年11月21日閲覧。

^ “The Greatest MCs Of All Time”. MTV. 2015年3月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年4月20日閲覧。

^ “Biggie’s ‘One-Room Shack’ in Bed-Stuy Now up for Sale” (英語). Bed-Stuy, NY Patch (2013年4月3日). 2020年11月21日閲覧。

^ Lang, Holly (2007). The Notorious B.I.G. : a biography. Library Genesis. Westport, Conn. : Greenwood Press. .mw-parser-output cite.citationfont-style:inherit.mw-parser-output .citation qquotes:”””””””‘””‘”.mw-parser-output .id-lock-free a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-free abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/6/65/Lock-green.svg”)right 0.1em center/9px no-repeat.mw-parser-output .id-lock-limited a,.mw-parser-output .id-lock-registration a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-limited a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-registration abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/d/d6/Lock-gray-alt-2.svg”)right 0.1em center/9px no-repeat.mw-parser-output .id-lock-subscription a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-subscription abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/a/aa/Lock-red-alt-2.svg”)right 0.1em center/9px no-repeat.mw-parser-output .cs1-subscription,.mw-parser-output .cs1-registrationcolor:#555.mw-parser-output .cs1-subscription span,.mw-parser-output .cs1-registration spanborder-bottom:1px dotted;cursor:help.mw-parser-output .cs1-ws-icon abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/4/4c/Wikisource-logo.svg”)right 0.1em center/12px no-repeat.mw-parser-output code.cs1-codecolor:inherit;background:inherit;border:none;padding:inherit.mw-parser-output .cs1-hidden-errordisplay:none;font-size:100%.mw-parser-output .cs1-visible-errorfont-size:100%.mw-parser-output .cs1-maintdisplay:none;color:#33aa33;margin-left:0.3em.mw-parser-output .cs1-formatfont-size:95%.mw-parser-output .cs1-kern-left,.mw-parser-output .cs1-kern-wl-leftpadding-left:0.2em.mw-parser-output .cs1-kern-right,.mw-parser-output .cs1-kern-wl-rightpadding-right:0.2em.mw-parser-output .citation .mw-selflinkfont-weight:inheritISBN 978-0-313-34156-4. https://archive.org/details/notoriousbigbiog00lang 

^ a b Toure (1994年12月18日). “POP MUSIC; Biggie Smalls, Rap’s Man of the Moment (Published 1994)” (英語). The New York Times. ISSN 0362-4331. https://www.nytimes.com/1994/12/18/arts/pop-music-biggie-smalls-rap-s-man-of-the-moment.html 2020年11月21日閲覧。 

^ “The Notorious B.I.G. | Biography, Albums, Streaming Links” (英語). AllMusic. 2020年11月21日閲覧。

^ (英語) Who’s the Man? [Original Soundtrack – Original Soundtrack | Songs, Reviews, Credits | AllMusic], https://www.allmusic.com/album/whos-the-man-original-soundtrack-mw0000096026 2020年11月21日閲覧。 

^ “The Notorious B.I.G. | Biography, Albums, Streaming Links” (英語). AllMusic. 2020年11月21日閲覧。

^ Staff, MTV News. “Biggie Told Interviewer He Worried About Safety” (英語). MTV News. 2020年11月21日閲覧。

^ “ビギー殺害事件、捜査再開へ” (日本語). bmr.jp. (2011年1月10日). オリジナルの2011年7月1日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110701095303/http://bmr.jp/news/detail/0000010070.html 2011年1月11日閲覧。 

^ “Recording Industry Association of America”. web.archive.org (2006年12月21日). 2020年11月21日閲覧。

^ “Duets: The Final Chapter” (英語). AllHipHop.com (2006年1月2日). 2020年11月21日閲覧。

外部リンク[編集]

ウィキメディア・コモンズには、ノトーリアス・B.I.G.に関連するカテゴリがあります。ノトーリアス・B.I.G. – IMDb(英語)
公式サイト(英語)典拠管理
BNF: cb14000489d (データ)
FAST: 1801346
GND: 13504099X
ISNI: 0000 0003 6844 9835, 0000 0000 7329 6536, 0000 0003 6844 9843
LCCN: no96031850
MBA: d5d97b2b-b83b-4976-814a-056d9076c8c3
NDL: 01102932
NKC: xx0048702
NTA: 24592289X
PLWABN: 9810559649105606
SUDOC: 151267995
VIAF: 102398954
WorldCat Identities: lccn-no96031850, nc-the%20notorious%20b%20i%20g, nc-the notorious b i g

「https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ノトーリアス・B.I.G.&oldid=90724147」から取得
カテゴリ: アメリカ合衆国のラッパーアメリカ合衆国のソングライターアフリカ系アメリカ人のミュージシャンロックの殿堂入りの人物ブルックリン出身の人物ジャマイカ系アメリカ人50 great voicesアメリカ合衆国の未解決殺人事件殺人被害者1972年生1997年没隠しカテゴリ: プロジェクト人物伝項目BNF識別子が指定されている記事FAST識別子が指定されている記事GND識別子が指定されている記事ISNI識別子が指定されている記事LCCN識別子が指定されている記事MusicBrainz識別子が指定されている記事NDL識別子が指定されている記事NKC識別子が指定されている記事NTA識別子が指定されている記事PLWABN識別子が指定されている記事SUDOC識別子が指定されている記事VIAF識別子が指定されている記事WORLDCATID識別子が指定されている記事

評価: 4~5 つ星
レビュー: 95 18
再生回数: 1469
[spincontent type=”j”]

Youtube

2. ノトーリアス・b・i・g(ビッグ) Yomiuri

Yomiuri
ノトーリアス・b・i・g(ビッグ)

説明: ノトーリアス・b・i・g(ビッグ) に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 ノトーリアス・b・i・g(ビッグ) は、読売で検索されたもので、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 4293
[spincontent type=”j”]

3. ノトーリアス・b・i・g(ビッグ) Asahi Shimbun

朝日新聞
ノトーリアス・b・i・g(ビッグ)

説明: 朝日新聞で検索した ノトーリアス・b・i・g(ビッグ) に関する上記の情報が、ノトーリアス・b・i・g(ビッグ) に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 1521
[spincontent type=”j”]

4. ノトーリアス・b・i・g(ビッグ) The Japan Times

The Japan Times
ノトーリアス・b・i・g(ビッグ)

説明: ジャパン タイムズで検索した ノトーリアス・b・i・g(ビッグ) に関する記事のトップです。ノトーリアス・b・i・g(ビッグ) に関する疑問を解決するのに役立ちます。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 8764
[spincontent type=”j”]

5. ノトーリアス・b・i・g(ビッグ) Yomiuri Shimbun

読売新聞
ノトーリアス・b・i・g(ビッグ)

説明: ノトーリアス・b・i・g(ビッグ) に関する詳細情報はすでにありますか? ノトーリアス・b・i・g(ビッグ) という記事が読売新聞で検索されました。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 97 12
[spincontent type=”j”]

6. ノトーリアス・b・i・g(ビッグ) Mainichi Shimbun

毎日新聞
ノトーリアス・b・i・g(ビッグ)

説明: 毎日新聞で見つけた ノトーリアス・b・i・g(ビッグ) に関する上記の情報が、ノトーリアス・b・i・g(ビッグ) に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 53 16
[spincontent type=”j”]

7. ノトーリアス・b・i・g(ビッグ) Sankei Shimbun

産経新聞
ノトーリアス・b・i・g(ビッグ)

説明: 産経新聞で検索した ノトーリアス・b・i・g(ビッグ) に関する記事のトップです。ノトーリアス・b・i・g(ビッグ) に関する疑問を解決するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 1679
[spincontent type=”j”]

8. ノトーリアス・b・i・g(ビッグ) Nihon Keizai Shimbun

日本経済新聞
ノトーリアス・b・i・g(ビッグ)

説明: ノトーリアス・b・i・g(ビッグ) に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 ノトーリアス・b・i・g(ビッグ) は、日本経済新聞で検索され、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 2570
[spincontent type=”j”]

9. ノトーリアス・b・i・g(ビッグ) Chunichi Shimbun

中日新聞
ノトーリアス・b・i・g(ビッグ)

説明: 中日新聞で検索した ノトーリアス・b・i・g(ビッグ) に関する上記の情報が、ノトーリアス・b・i・g(ビッグ) に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 9582
[spincontent type=”j”]

10. ノトーリアス・b・i・g(ビッグ) Tokyo Shimbun

東京新聞
ノトーリアス・b・i・g(ビッグ)

説明: ノトーリアス・b・i・g(ビッグ) に関する質問を解決するために、東京新聞で検索した ノトーリアス・b・i・g(ビッグ) に関する記事のトップです。
評価: 4~5 つ星
評価: 6971
[spincontent type=”j”]

11. ノトーリアス・b・i・g(ビッグ) Nihon Kogyo Simbun

日本工業新聞
ノトーリアス・b・i・g(ビッグ)

説明: ノトーリアス・b・i・g(ビッグ) に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 ノトーリアス・b・i・g(ビッグ) は日本工業新聞で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 4267
[spincontent type=”j”]

12. ノトーリアス・b・i・g(ビッグ) Nikkan Kogyo Shimbun

日刊工業新聞
ノトーリアス・b・i・g(ビッグ)

説明: 日刊工業新聞で見つけた ノトーリアス・b・i・g(ビッグ) に関する上記の情報が、ノトーリアス・b・i・g(ビッグ) に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 2671
[spincontent type=”j”]

13. ノトーリアス・b・i・g(ビッグ) Ainu Times

アイヌタイムス
ノトーリアス・b・i・g(ビッグ)

説明: アイヌ タイムズで検索した ノトーリアス・b・i・g(ビッグ) に関する記事のトップです。ノトーリアス・b・i・g(ビッグ) に関する質問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 9822
[spincontent type=”j”]

14. ノトーリアス・b・i・g(ビッグ) Akita Sakigake Shimpo

秋田魁新報
ノトーリアス・b・i・g(ビッグ)

説明: ノトーリアス・b・i・g(ビッグ) に関する詳細情報はすでにありますか? ノトーリアス・b・i・g(ビッグ) という記事は、秋田魁新報で検索したものです。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 7863
[spincontent type=”j”]

15. ノトーリアス・b・i・g(ビッグ) Chiba Nippo

千葉日報
ノトーリアス・b・i・g(ビッグ)

説明: 千葉日報で検索した ノトーリアス・b・i・g(ビッグ) に関する上記の情報が、ノトーリアス・b・i・g(ビッグ) に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 49 19
[spincontent type=”j”]

16. ノトーリアス・b・i・g(ビッグ) Chugoku Shimbun

中国新聞
ノトーリアス・b・i・g(ビッグ)

説明: 中国新聞で検索した ノトーリアス・b・i・g(ビッグ) に関する記事のトップです。ノトーリアス・b・i・g(ビッグ) に関する疑問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 6723
[spincontent type=”j”]

17. ノトーリアス・b・i・g(ビッグ) Daily Tohoku

デイリー東北
ノトーリアス・b・i・g(ビッグ)

説明: ノトーリアス・b・i・g(ビッグ) に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 ノトーリアス・b・i・g(ビッグ) はデイリー東北で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 1702
[spincontent type=”j”]

18. ノトーリアス・b・i・g(ビッグ) The Eastern Chronicle

イースタン クロニクル
ノトーリアス・b・i・g(ビッグ)

説明: イースタン クロニクルで検索した ノトーリアス・b・i・g(ビッグ) に関する上記の情報が、ノトーリアス・b・i・g(ビッグ) に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 6153
[spincontent type=”j”]

ノトーリアス・b・i・g(ビッグ) に関する質問

ノトーリアス・b・i・g(ビッグ) についてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。ご質問やご提案はすべて、次の記事の改善に役立てさせていただきます。

記事 ノトーリアス・b・i・g(ビッグ) は、私と私のチームがさまざまな情報源から編集したものです。 記事 ノトーリアス・b・i・g(ビッグ) が役に立った場合は、チームをサポートしてください。「いいね」または「共有」してください!

検索キーワード ノトーリアス・b・i・g(ビッグ)

ノトーリアス・b・i・g(ビッグ)
方法ノトーリアス・b・i・g(ビッグ)
チュートリアル ノトーリアス・b・i・g(ビッグ)
【キーワード】 無料

Có thể bạn quan tâm: