あなたは ニッカ ウヰスキー 仙台 工場 宮城 峡 蒸留 所 について学んでいます。今日は、インターネット上の多くの情報源から私たちのチームが編集および編集した記事 ニッカ ウヰスキー 仙台 工場 宮城 峡 蒸留 所 を共有します。 ニッカ ウヰスキー 仙台 工場 宮城 峡 蒸留 所 に関するこの記事がお役に立てば幸いです。

Page Contents

ニッカ ウヰスキー 仙台 工場 宮城 峡 蒸留 所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

宮城峡蒸溜所(2011年6月)
正門(2007年3月)
地図
宮城峡蒸溜所(みやぎきょうじょうりゅうしょ、英: Miyagikyo Distillery)は、宮城県仙台市青葉区ニッカ1番地(.mw-parser-output .geo-default,.mw-parser-output .geo-dms,.mw-parser-output .geo-decdisplay:inline.mw-parser-output .geo-nondefault,.mw-parser-output .geo-multi-punctdisplay:none.mw-parser-output .longitude,.mw-parser-output .latitudewhite-space:nowrap北緯38度18分35秒 東経140度38分59.5秒 / 北緯38.30972度 東経140.649861度 / 38.30972; 140.649861 (ニッカウヰスキー仙台工場 宮城峡蒸溜所))にある、アサヒグループホールディングスの機能子会社であるニッカウヰスキーのウイスキー蒸溜所である。敷地面積は20万m2[1]。
正式名称は「ニッカウヰスキー株式会社仙台工場」(英: Nikka Whisky Sendai Distillery)である[2][3]が、「ニッカウヰスキー仙台工場」「ニッカ仙台工場」「ニッカウヰスキー仙台工場宮城峡蒸溜所」「ニッカウヰスキー宮城峡蒸溜所」「仙台宮城峡蒸溜所[4][5]」などとも表記される。

概要[編集]
北海道工場余市蒸溜所と並ぶニッカウヰスキーの原酒工場であり、スコッチ・ウイスキーの本場であるスコットランドの風土に例えて「ハイランド余市とローランド宮城峡」と表現されることもある[† 1](標高は余市が約1.5m、宮城峡が約235m[6])。また、余市は「男性的」、宮城峡は「女性的」とも評価される[7][8]。
仙台工場では「宮城峡」をはじめとしたシングルモルトウイスキーのほか、グレーンウイスキー(主原料:トウモロコシ)を製造する。当工場で製造されたグレーンウイスキーの熟成やブレンドされたウイスキーの再貯蔵は、栃木県の栃木工場で行う。
作並温泉や定義如来にも近く、毎年17-18万人が工場見学に訪れており[9]、仙台市西部(旧宮城町)の観光拠点の1つともなっている。工場見学の業務等は(株)仙台ニッカサービスが担当している[2][10]。
なお、宮城県は1人当たりのウイスキー消費量が、東京都に次いで全国2位である(2012年度)[11]。

沿革[編集]
1964年(昭和39年)5月4日に開始されたGATTケネディ・ラウンド[12]において、高度経済成長を実現した日本に対しイギリスなどから輸入洋酒の関税が高過ぎると圧力を受けた[13]。外圧に抗しきれなくなった日本政府は、1971年(昭和46年)1月1日から洋酒の完全自由化を、1972年(昭和47年)4月1日からはウイスキー等の関税引き下げを実施することになった[12][13]。また、世界的な固定相場制から変動相場制移行の中で英ポンドの為替レートは、1967年(昭和42年)まで1ポンド=1,008円の固定レートだったが、1973年(昭和48年)には年平均で1ポンド=約650円へと下落[14]。その結果、輸入量が増大して「第三次ウイスキー戦争」とも呼ばれる状況に陥いることになる[12][13]。さらに、1967年(昭和42年)から団塊の世代(1947年~1949年生まれ)が飲酒可能年齢の20歳に達し始め、国内の酒販市場拡大が期待された。
このような状況を前にニッカウヰスキーでは、製品の拡大を図るために1967年(昭和42年)から竹鶴威が中心となり本格的に北海道工場(余市蒸溜所)の他に新たな原酒工場(蒸溜所)の候補地を探した[13][15]。その際の条件は以下のものである。

余市がある北海道より南に位置すること[† 2]。
付近に水のきれいな河川があり、できれば平坦な土地であること。調査の結果、仙台市都心部から西に約20kmにある、新川川と広瀬川の合流地周辺が上述条件を満たしており、さらに両河川の温度差により靄がよく発生する場所でもあり、ウイスキーの貯蔵にも適していることが判明[16]。同年5月12日に創業者の竹鶴政孝が訪れ、新川の水でブラックニッカの水割りを作って飲み水質を絶賛、すぐさまこの場所に建設を決定した[17]。わずか2年後の1969年5月に竣工を迎えた。
バブル景気期になると、仙台工場が所在する宮城町は仙台市に編入合併され、住所が「宮城郡宮城町」から「仙台市」に変更となった。すると、蒸溜所名に「仙台宮城峡」を用いる製品が生まれ、「仙台宮城峡蒸溜所」「宮城峡蒸溜所」という名称が使われ始めた。酒販小売免許の需給調整要件の廃止やウイスキーの関税撤廃が進む中[12]、2001年(平成13年)にニッカウヰスキーがアサヒビールの完全子会社となると、余市蒸溜所が国内初のSMWS認定 (No.116) されたのに伴って仙台工場も2000年代前半より商品名、SMWS認定 (No.124)、商標を通じて「宮城峡蒸溜所」として訴求するようになった。
なお、1992年(平成4年)のガーデンハウス「赤レンガ」のオープン以降、敷地内のニッカ池周辺や新川川の河原などで花見や芋煮会が行われるようになり、一般客にも開放されるようになったが、環境保護のため2006年(平成18年)1月[18]に取りやめた。

関連年表[編集]
1964年(昭和39年)5月4日 – GATT(関税及び貿易に関する一般協定)のケネディ・ラウンド開始[12]。
1967年(昭和42年)
1月1日 – 団塊の世代(1947年~1949年生まれ)が飲酒可能年齢の20歳に達し始める。
5月12日 – 新川川と広瀬川との合流地付近を余市に次ぐ第2の蒸溜所の建設地とすると竹鶴政孝が決定。
11月18日 – 英ポンドの切り下げが行われ、従来の1ポンド=1,008円から1ポンド=864円へと約14.3%円高となる(固定相場制)[14][19][20][21]。
1968年(昭和43年)
3月 – 竹鶴政孝の陣頭指揮により、宮城県宮城郡宮城町大字作並字戸崎原上に新工場が起工[† 3]。
3月31日 – 国道48号と新工場建設地との間の広瀬川に架かるニッカ橋(北緯38度18分47.2秒 東経140度38分56.6秒 / 北緯38.313111度 東経140.649056度 / 38.313111; 140.649056 (ニッカ橋))が竣工し、工事車両の動線が確保される。
1969年(昭和44年)
5月10日 – 落成[15]。仙台工場竣工を記念して「オールドニッカ」を発売[22]。同日の朝日新聞の全面広告の一文に「ハイランド余市とローランド宮城峡」と記される[† 1]。
6月 – 住所が宮城県宮城郡宮城町ニッカ1番地となる[23][24]。
1971年(昭和46年)
1月1日 – ウイスキーの貿易自由化により、全酒類が輸入自由化[12]。
8月15日(日本時間8月16日) – ニクソン・ショックによりブレトン・ウッズ体制(固定相場制:1ドル=360円)が終結へと進む。
12月20日 – スミソニアン協定(12月18日)に基いて、大蔵省が基準外国為替相場の変更を告示(19日)し、20日より適用。これにより従来の1ドル=360円から1ドル=308円へと16.88%円高となる(固定相場制)[21]。
1972年(昭和47年)4月1日 – ウイスキー等の関税引き下げ[12]。
1973年(昭和48年)2月14日 – 日本円が変動相場制に移行(移行時のレート:1ドル=277円)[21][25][26]。
1976年(昭和51年) – 食品業界では初のコンピューターを導入[27]。
1981年(昭和56年) – 同年より毎年6月下旬に、自然保護の観点から新川川へのヤマメの稚魚1万匹の放流を実施[9]。
1983年(昭和58年)6月 – 緑化優良工場として通商産業大臣賞を受賞[28]。
1986年(昭和61年) – 緑化優良工場として内閣総理大臣賞を受賞[28]。
1987年(昭和62年)
11月1日 – 宮城町が仙台市に編入合併されたことに伴い、住所が宮城県仙台市ニッカ1番地となる。
NHK大河ドラマ「独眼竜政宗」(放送期間:1987年1月4日 – 12月13日)が放送されたことで当地にも観光客が集まり、過去最高の約31万8000人の見学者が訪れた[29]。
1989年(平成元年)
4月1日 – 仙台市の政令指定都市移行に伴い、住所が宮城県仙台市青葉区ニッカ1番地となる。
5月 – 「NIKKA SINGLE MALT WHISKY “MIYAGIKYO” 12 YEARS OLD(仙台宮城峡モルト原酒)」発売。蒸溜所の名称が「SENDAI “MIYAGIKYO” DISTILLERY」と表記された。 1990年以降のポンド対円の為替レート。縦軸の上ほどポンド高・円安。
1991年(平成3年)1月1日 – 団塊ジュニア(1971年~1974年生まれ)が飲酒可能年齢の20歳に達し始める。
1992年(平成4年) – 敷地内にガーデンハウス「赤レンガ」がオープン。
2000年(平成12年)9月1日 – 酒販小売免許の距離基準が廃止[12]。
2001年(平成13年)4月 – ニッカウヰスキーがアサヒビールの完全子会社化。
2002年(平成14年)
4月1日 – ウイスキー、ブランデー等の関税撤廃[12]。
12月24日 – 「シングルカスク仙台宮城峡1990」を発売[30]。
北海道工場余市蒸溜所が、世界最大のウイスキー愛好者団体「The Scotch Malt Whisky Society」(SMWS) から国内で初めて認定蒸溜所に指定された (No.116)[31]。 シングルモルト宮城峡
2003年(平成15年)
9月1日 – 酒販小売免許の人口基準が廃止(需給調整要件が事実上廃止)[12]。
「シングルモルト仙台」シリーズを「シングルモルト宮城峡」に変更。
2004年(平成16年)
仙台工場宮城峡蒸溜所が、SMWS から認定蒸溜所に指定された (No.124)[† 4]。
12月27日 – 「宮城峡」を商標出願(登録日:2005年7月29日)[32]。
2007年(平成19年)6月29日 – 「宮城峡蒸溜所」を商標出願(登録日:2010年12月10日)[33]。
2008年(平成20年)
同年より毎年7月下旬に、新川川から仙台工場にかけての地区で「作並かっぱ祭り」を開催[34]。
9月15日 – リーマン・ショックが発生。これを端緒に、日本を含む世界は「世界金融危機」による不景気に陥った。
10月1日 – 「仙台・宮城デスティネーションキャンペーン」開幕(12月31日まで)。
2009年(平成21年)
8月21日 – 「宮城峡蒸溜所」の商標に不服が申し立てられる(2010年11月8日に独占適応性が認められ、申し立て却下)[35]。
同年の見学者数は16万人だった[36]。
2010年(平成22年)11月30日 – 「赤レンガ」が閉店。
2011年(平成23年)
3月11日 – 東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)で一部被災。順次、操業再開。
4月27日 – 工場見学を再開。
2014年(平成26年)
6月14日・15日 – 仙台工場の45周年を記念して「伊達美味ウイスキーフェスティバル supported by ニッカウヰスキー」を仙台市都心部の勾当台公園市民広場にて開催[37]。
9月29日 – ニッカウヰスキーの創業者・竹鶴政孝とその妻・リタらをモデルにしたNHK連続テレビ小説『マッサン』が放送開始(2015年3月28日まで)。放送開始後、当蒸溜所には前年同月比で2倍を超える見学者が訪れた[11]。
2015年(平成27年)
6月20日・21日 – 「伊達美味ウイスキーフェスティバル2015 supported by ニッカウヰスキー」を仙台市都心部の勾当台公園市民広場にて開催[38]
見学者が1987年を超える過去最高の約33万8000人(前年比67%増)に上った[29]。
2016年(平成28年)
7月9日・10日 – 「伊達美味ウイスキーフェスティバル2016 supported by ニッカウヰスキー」を仙台市都心部の勾当台公園市民広場にて開催[39]。
8月2日 – ビジターセンター(建設費:約2億6千万円)の起工式を行った[29]。設備[編集]
蒸溜所内には様々な設備があり、施設内を無料で見学・試飲[† 5]できるツアーも毎日9時 – 11時30分・12時30分 – 15時30分に組まれる[40]。

乾燥棟(キルン塔)
大麦麦芽を乾燥させる棟。「パゴタ屋根」と仏教用語で呼ばれる独特な景観は、蒸溜所のシンボルでもある。蒸溜棟(単式蒸溜器)
単式蒸溜器はスチームでじっくりと焚くタイプの蒸溜器。余市とは異なるまろやかな味わいのモルトウイスキーが製造できることから建設当初から導入された[41]。蒸溜棟(カフェ式連続式蒸溜機)
元々は西宮工場[† 6]に設置されていたものを1999年に移設した[42]。仕込棟
ウイスキーを蒸溜する以前の糖化・醗酵工程を行う。ゲストホール
見学者がウイスキー等を試飲する施設。仙台工場の製品や限定品、お土産なども販売している。製樽棟
ウイスキーを貯蔵するための樽をすべて手作りで製造する施設。貯蔵庫
2014年現在25棟。ニッカ池
仙台工場の施設に囲まれた、敷地の中程にある池(北緯38度18分30.7秒 東経140度39分0.9秒 / 北緯38.308528度 東経140.650250度 / 38.308528; 140.650250 (ニッカ池))。白鳥がおり[43]、鎌倉山(地図)を借景している[44]。

キルン塔

蒸溜棟(単式蒸溜器)内部

貯蔵庫

ニッカ池

地理[編集]
.mw-parser-output .locmap .odposition:absolute.mw-parser-output .locmap .idposition:absolute;line-height:0.mw-parser-output .locmap .l0font-size:0;position:absolute.mw-parser-output .locmap .pvline-height:110%;position:absolute;text-align:center.mw-parser-output .locmap .plline-height:110%;position:absolute;top:-0.75em;text-align:right.mw-parser-output .locmap .prline-height:110%;position:absolute;top:-0.75em;text-align:left.mw-parser-output .locmap .pv>divdisplay:inline;padding:1px.mw-parser-output .locmap .pl>divdisplay:inline;padding:1px;float:right.mw-parser-output .locmap .pr>divdisplay:inline;padding:1px;float:left仙台駅  :宮城峡蒸溜所
地形[編集]
画像外部リンク
名取川水系流域界[45]仙台市域における奥羽山脈の東縁は作並-屋敷平断層[46][47]およびその南北延長線と考えられ、そのさらに東側には丘陵地が広がる[48]。当地はその奥羽山脈東縁から始まる、広瀬川沿いの谷底平野(おおむね旧・宮城郡作並村)、および、新川川沿い谷底平野(おおむね旧・名取郡新川村)が各々の東端で結合したV字状をしており、東西約4km、南北約2kmの小盆地を形成している(両河川とも名取川水系)。奥羽山脈東縁を成す盆地の西側は標高600-700m級、盆地の北・東・南を囲む丘陵(陸前丘陵の一部)は標高350-500mほどで、両河川は合流して盆地東側の丘陵峡部を貫き、「鳳鳴四十八滝」と呼ばれる峡谷を形成して愛子盆地へと流れ出る。盆地内の平地は河岸段丘となっており、生活の場となっている段丘面の標高は230mから300m以下。
仙台工場(標高:約235m[6])はこのV字状盆地の東端の、広瀬川(北緯38度18分38.4秒 東経140度39分4.3秒 / 北緯38.310667度 東経140.651194度 / 38.310667; 140.651194 (広瀬川))と新川川(北緯38度18分27.4秒 東経140度38分48.4秒 / 北緯38.307611度 東経140.646778度 / 38.307611; 140.646778 (新川川))との合流部付近の河岸段丘上に広がる。仕込み用の水は、奥羽山脈の面白山を源流とするこの新川川の伏流水を使用している[49][50]。
「宮城峡」という名称は、仙台工場操業時からニッカウヰスキーが使用している[† 1]が、それ以前から当地を指す名称として使用されていたのかは不明。

気候[編集]
仙台工場に最も近いアメダス「新川」(北緯38度18分12秒 東経140度38分12秒 / 北緯38.30333度 東経140.63667度 / 38.30333; 140.63667 (アメダス「新川」(標高:265m)))の値を以下に示す。

アメダス「新川」(標高:265m)の気候

1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月

平均最高気温 °C (°F)

2.6 (36.7)

3.2 (37.8)

6.9 (44.4)

14.0 (57.2)

19.0 (66.2)

21.8 (71.2)

24.9 (76.8)

26.9 (80.4)

22.9 (73.2)

17.5 (63.5)

11.7 (53.1)

6.0 (42.8)

14.8 (58.6)
日平均気温 °C (°F)

−1.0 (30.2)

−0.7 (30.7)

2.2 (36)

8.1 (46.6)

13.2 (55.8)

17.0 (62.6)

20.6 (69.1)

22.1 (71.8)

18.1 (64.6)

12.1 (53.8)

6.3 (43.3)

1.8 (35.2)

10.0 (50)
平均最低気温 °C (°F)

−4.9 (23.2)

−4.8 (23.4)

−2.4 (27.7)

2.1 (35.8)

7.4 (45.3)

12.6 (54.7)

16.9 (62.4)

18.2 (64.8)

13.9 (57)

7.0 (44.6)

1.3 (34.3)

−2.2 (28)

5.5 (41.9)
降水量 mm (inch)

68.1 (2.681)

61.4 (2.417)

84.1 (3.311)

104.9 (4.13)

114.6 (4.512)

150.3 (5.917)

212.4 (8.362)

222.8 (8.772)

208.4 (8.205)

129.8 (5.11)

93.7 (3.689)

82.0 (3.228)

1,531.1 (60.28)
降雪量 cm (inch)

131 (51.6)

117 (46.1)

50 (19.7)

3 (1.2)

0 (0)

0 (0)

0 (0)

0 (0)

0 (0)

0 (0)

5 (2)

66 (26)

375 (147.6)
平均月間日照時間

87.2

102.3

135.6

171.1

170.3

124.5

105.4

115.2

98.7

121.1

106.3

85.6

1,423.3
出典:気象庁[51]
以下は雨温図。比較のため、仙台市都心部近くにある仙台管区気象台の値も示す。仙台と比べて新川は2-3℃低く、日較差が大きく、降水量が多い。

アメダス「新川」(標高:265m)
雨温図(説明)123456789101112
 
 
68
 
3
-5

 
 
61
 
3
-5

 
 
84
 
7
-2

 
 
105
 
14
2

 
 
115
 
19
7

 
 
150
 
22
13

 
 
212
 
25
17

 
 
223
 
27
18

 
 
208
 
23
14

 
 
130
 
18
7

 
 
94
 
12
1

 
 
82
 
6
-2

気温(°C)総降水量(mm)出典:気象庁「新川 平年値(年・月ごとの値) 主な要素」
インペリアル換算123456789101112
 
 
2.7
 
37
23

 
 
2.4
 
38
23

 
 
3.3
 
44
28

 
 
4.1
 
57
36

 
 
4.5
 
66
45

 
 
5.9
 
71
55

 
 
8.4
 
77
62

 
 
8.8
 
80
65

 
 
8.2
 
73
57

 
 
5.1
 
64
45

 
 
3.7
 
53
34

 
 
3.2
 
43
28

気温(°F)総降水量(in)

仙台管区気象台「仙台」(標高:38.9m)
雨温図(説明)123456789101112
 
 
37
 
5
-2

 
 
38
 
6
-2

 
 
68
 
9
1

 
 
98
 
15
6

 
 
110
 
19
11

 
 
146
 
22
16

 
 
179
 
26
20

 
 
167
 
28
21

 
 
188
 
24
18

 
 
122
 
19
11

 
 
65
 
14
5

 
 
37
 
8
1

気温(°C)総降水量(mm)出典:気象庁「仙台 平年値(年・月ごとの値) 主な要素」
インペリアル換算123456789101112
 
 
1.5
 
42
29

 
 
1.5
 
43
29

 
 
2.7
 
49
34

 
 
3.8
 
59
43

 
 
4.3
 
67
52

 
 
5.7
 
72
60

 
 
7.1
 
78
67

 
 
6.6
 
82
71

 
 
7.4
 
76
64

 
 
4.8
 
67
52

 
 
2.6
 
57
41

 
 
1.4
 
47
34

気温(°F)総降水量(in)
交通[編集]
鉄道 : 仙山線・作並駅から徒歩25分(仙台工場入口までは1.6km、徒歩20分)。
バス
路線バス:仙台市営バス [63]・[65]・[840]系統「ニッカ橋」バス停より徒歩1分
無料送迎バス:冬季(12月~3月)以外の土日祝に運行。作並駅と仙台工場間のシャトルバス。
無料周遊バス「紅葉号」[52]:10月・11月の土日祝に運行。作並温泉個人宿泊客向け。作並湯の駅ラサンタ~作並駅~仙台工場~定義如来。
自動車 : 東北自動車道・仙台宮城ICより国道48号を山形方面へ約17km、約25分。周辺[編集]
鳳鳴四十八滝
鎌倉山 (仙台市)
作並温泉
仙台ハイランド
大倉ダム
西方寺 (仙台市)(定義如来)
西仙台ハイランド駅(2014年3月14日廃止)脚注[編集]
[脚注の使い方]注釈[編集]

^ a b c 以下は、1969年(昭和44年)5月10日の朝日新聞の全面広告からの引用。*ハイランド余市とローランド宮城峡北海道工場のある余市がハイランド(スコットランド北部のウイスキー地帯)なら、仙台工場のある宮城峡一帯はローランド(スコットランド南部のウイスキー地帯)にたとえられます。仙台工場で仕込まれる原酒は、数年間の長い熟成のときをすごし、やがて北海道原酒との理想のブレンドが実現します。 — 1969年(昭和44年)5月10日 朝日新聞

^ 松尾 (2014) p.97-98 によれば、竹鶴政孝が留学したスコットランドで製造されるスコッチウイスキーは、北部のハイランド地方ではきつめ、南部のローランド地方では親しみやすい味わいが主力になる。これをニッカに当てはめた場合、余市蒸溜所はどちらかというとハイランド的なモルトウイスキーが製造されることから、ローランド的なウイスキー造りに適した土地が必要であり、既存の商品はさらなる品質向上が図れる上に新たなヒット商品も生み出すことが考えられたためである。

^ 松尾 (2014) p.112、および、仙台工場40周年記念誌編集委員会 (2009) p.28 によれば、自然がウイスキー製造には欠かせないと竹鶴が判断したことにより、極力当地の自然を残すように指導。よって、現在でも3000本を超えるスギやトドマツなどの樹木に覆われる。

^ Distillery profile > Japan > Miyagikyo (The Scotch Malt Whisky Society) によれば、2005年に認定。

^ ただし未成年者ならびに自動車・オートバイを運転して来所した者は試飲不可。

^ 1959年に筆頭株主の朝日麦酒(現・アサヒビール)により竣工。1963年からグレーンウイスキーの製造を開始した。竣工当時は朝日麦酒の100%子会社となる朝日酒造の工場であり、社長を竹鶴政孝が兼任するもののニッカとは同系列企業で直接の資本関係はない。

出典[編集]

^ 会社案内 > 施設のご案内(ニッカウヰスキー)

^ a b 有価証券報告書 事業年度(第88期) 自 平成23年1月1日 至平成23年12月31日 (PDF) (アサヒグループホールディングス)

^ 第2回:ニッカウヰスキー株式会社 仙台工場(宮城県仙台市) (PERRY JOHNSON REGISTRARS)

^ 伊達(ニッカウヰスキー)

^ 蒸溜所紹介 仙台宮城峡蒸溜所(ニッカウヰスキー「シングルモルト宮城峡」)

^ a b 地理院地図より

^ 宮城峡蒸溜所 原酒の特徴「味・香り」(ニッカウヰスキー)

^ <われら平成元年組>(7)シングルモルト宮城峡/豊かな自然が風味育む(河北新報 2019年2月13日)

^ a b アサヒグループ CSRコミュニケーションレポート 2014 (PDF) (アサヒグループホールディングス)

^ アサヒグループ会社・事業所一覧(アサヒグループホールディングス)

^ a b 「マッサン」効果 ウイスキーの仙台注目(河北新報 2015年3月16日)

^ a b c d e f g h i j 日本洋酒輸入協会 創立50年のあゆみ (PDF) (日本洋酒輸入協会 2009年11月)

^ a b c d 河合忠、「スコッチから日本の味を造るジャパニーズ・ウイスキー(5) -独立後の激しいウイスキー戦争と輸入完全自由化- (PDF) 」 モダンメディア 52巻6号 「ウイスキー・ラベル物語」 2006年

^ a b 18-8 外国為替相場(昭和25年~平成17年) (Microsoft Excelの.xls)(総務省統計局「日本の長期統計系列 > 目次 > 第18章 貿易・国際収支・国際協力」)

^ a b 仙台工場40周年記念誌編集委員会 (2009) p.29

^ 松尾 (2014) p.104

^ 松尾 (2014) p.109-112

^ 261 Re:芋煮会 投稿者:(株)仙台ニッカサービス(2006/08/29 10:44:22)(ニッカウヰスキー「ニッカの語らい(掲示板)」)

^ 第1部 1966~67年の世界経済 第2章 海外諸国の経済動向 2.イギリス(経済企画庁「昭和42年 年次世界経済報告 世界景気安定への道」 1962年12月19日)

^ AIBAだより 第49号 2008年7月発行 (PDF) (貿易アドバイザー協会)

^ a b c 昭和40年から昭和59年(1965~1984年) (PDF) (日本銀行金融研究所「日本金融年表」)

^ 381 Re:GRAND NIKKA と OLD NIKKA の2種のボトルについて(ニッカウヰスキー 2003年10月22日)

^ 蒸溜所建設こぼれ話(ニッカウヰスキー 宮城峡蒸溜所)

^ vol.15 豊かな自然環境が育んだウイスキーづくりの理想郷(仙台市「広瀬川ホームページ」 広瀬川研究レポート)

^ 東京外国為替市場の沿革(上田ハーロー)

^ ニクソン・ショック(第一商品)

^ 松尾 (2014) p.94

^ a b ニッカウヰスキー仙台工場 宮城峡 自然MAP

^ a b c <ニッカ>マッサン効果で仙台工場PR棟新設(河北新報 2016年08月15日)

^ ニッカウヰスキー「シングルカスク仙台宮城峡1990」 “シングルカスク余市” シリーズに続き、宮城峡蒸溜所のシングルカスクウイスキーをインターネット限定で発売(アサヒビール 2002年12月26日)

^ Distillery profile > Japan > Yoichi (The Scotch Malt Whisky Society)

^ 登録番号 第4883595号(特許電子図書館)

^ 登録番号 第5375399号(特許電子図書館)

^ vol.16 市民・行政協働による広瀬川創生プランの取組み(仙台市「広瀬川ホームページ」 広瀬川研究レポート)

^ 拒絶査定不服の審決 不服2009-15211(商標審決データベース)

^ ウイスキー長〜く愛して 年末に向け商戦活発化 仙台 (河北新報 2010年10月28日)

^ 伊達美味ウイスキーフェスティバル supported by ニッカウヰスキー(公益財団法人仙台観光コンベンション協会「せんだい旅日和」)

^ 伊達美味ウイスキーフェスティバル 2015 (PDF) (伊達美味)

^ 伊達美味ウヰスキ-フェス2016(まちくる仙台)

^ 蒸溜所マップ(ニッカウヰスキー 宮城峡蒸溜所)

^ 宮城峡蒸溜所の特徴(ニッカウヰスキー 宮城峡蒸溜所)

^ 宮城峡蒸溜所 – WHISKY Magazine

^ ニッカ池(ニッカウヰスキー 宮城峡蒸溜所)

^ 竹鶴政孝が愛した地 宮城峡(公益財団法人仙台観光コンベンション協会「せんだい旅日和」)

^ 水の風土記 > 水の文化 事・場ネットワーク > 宮城県仙台市(ミツカン)

^ GoogleMaps版 活断層データベース 作並-屋敷平断層(産業技術総合研究所地質調査総合センター)

^ 日本の典型地形 国土地理院技術資料D1-No.357(国土地理院)

^ 第1節 仙台市の概況 (PDF) (仙台市)

^ 蒸溜所紹介 宮城峡の風土(ニッカウヰスキー「シングルモルト宮城峡」)

^ ニッカウヰスキー(株)仙台工場(仙台市「広瀬川ホームページ」)

^
“新川 平年値(年・月ごとの値) 主な要素”. 2014年10月11日閲覧。

^ マッサン効果期待 ニッカなど巡る無料バス運行(河北新報 2014年10月4日)

参考文献[編集]
『琥珀色の夢を見る 竹鶴政孝とリタ ニッカウヰスキー物語』(松尾秀助著、朝日新聞出版・朝日文庫、2014年)
『ニッカウヰスキー仙台工場40周年記念誌 : 仙台工場建設委員想いの伝承』(仙台工場40周年記念誌編集委員会編、2009年)関連項目[編集]

ウィキメディア・コモンズには、宮城峡蒸溜所に関連するカテゴリがあります。ニッカウヰスキー
余市蒸溜所
竹鶴政孝
マッサン
宮城峡外部リンク[編集]
全ての座標を示した地図 – OSM
全座標を出力 – KML
表示
宮城峡蒸溜所(ニッカウヰスキー)
竹鶴政孝が愛した地 宮城峡(公益財団法人仙台観光コンベンション協会「せんだい旅日和」)
ポンド円(GBP/JPY)Template:アサヒグループ

表話編歴ニッカウヰスキー
 主な製品ウイスキー

ブラックニッカシリーズ
スーパーニッカ
ハイニッカ
余市
宮城峡
竹鶴(ノンエイジ、現在は数量限定販売)
フロム・ザ・バレル
ザ・ニッカ テーラード(ノンエイジ)
鶴(ノンエイジ、現在は余市蒸溜所・宮城峡蒸溜所限定販売)
伊達(宮城県限定販売)
ニッカカフェグレーン
ニッカカフェモルト終売品・休売品
ニッカピュアモルト
オールモルト
モルトクラブ
マイルドニッカ
ザ・ブレンド/ニュー・ブレンド
G&G白びん
博多
ホワイトニッカ
ベアニッカ
ニッカノースランド
丸びんニッキー/エキストラニッカ
ニッカスペシャルブレンドウヰスキー
ニッカキングスランド
コネクション モルト&ライ
ニッカピュアモルト(ホワイト)
鶴17年
鶴ウィング
ザ・ニッカ12年/40年
竹鶴(ノンエイジを除く全銘柄)
ブランデー
ニッカブランデー “白”
ニッカアップルブランデー弘前
ドンピエール
ニッカブランデーX.Oデラックス甘味果実酒
ニッカアップルワインシードル

ニッカシードル・スイート
ニッカシードル・ドライ季節限定品
ニッカシードル・ロゼ
ニッカシードルヌーヴォスパークリング
ニッカシードル紅玉リンゴ
ニッカシードルサマースパークリングふじリンゴ
ニッカシードルトキリンゴ
スピリッツ

ニッカカフェジン
ニッカカフェウォッカ
ウヰルキンソン・ウォッカ
ウヰルキンソン・ジン終売品
ゴールドニッキー
ホワイトニッキー
コネクション ラム&ライ
リキュール

季節香るかのかシリーズ
フォションティーリキュール終売品
一番札リキュールシリーズ
トロピカルフルーティリキュールシリーズ
ラム&ライ ほろよかブレンド
焼酎

ニッカ・ザ・麦焼酎
SAZAN
一番札
源氏
かのか
玄海
大五郎/ミニ五郎
ダイヤ
まろやか
さつま司終売品
どんなもん大
チューハイ
Asahiブランド
ハイリキ
旬果搾り
すらっと
果実の瞬間
辛口焼酎ハイボール
もぎたて
缶カクテル
Asahiブランド
カクテルパートナー
缶リキュール

ニッカハイボールシリーズ
ブラックニッカハイボールシリーズAsahiブランド
ウィルキンソンRTDシリーズ終売品
リタハイボール

 事業所
北海道工場(余市蒸溜所)
仙台工場(宮城峡蒸溜所)
弘前工場
栃木工場
柏工場
西宮工場
門司工場
さつま司蒸溜蔵
ベン・ネヴィス蒸溜所
ドンピエール蒸溜所
ニッカ ブレンダーズ・バー(南青山本社)
ザ・ニッカバー(札幌)
ニッカバー リタ(小樽)
ニッカ・プレステージバー宮城峡(仙台)

 人物
竹鶴政孝
竹鶴リタ
竹鶴威
山下弘
加賀正太郎
芝川又四郎
柳沢保恵
山本為三郎
大高重治
奥山儀八郎
笠谷幸生

 関連項目一社提供番組
ヒッチコック劇場
天覧試合(巨人×阪神)
小松原三夫のゴルフ道場
オーソン・ウェルズ劇場
沢田研二ショーその他
マッサン
アサヒグループホールディングス(アサヒビール、アサヒ飲料、アサヒグループ食品、カルピス)
竹鶴酒造
アサヒ協和酒類製造
旭化成(旧・東洋醸造)


カテゴリ

「https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=宮城峡蒸溜所&oldid=91069133」から取得
カテゴリ: 日本のウイスキー蒸留所アサヒグループニッカウヰスキー仙台市青葉区の建築物宮城県の観光地1969年竣工の日本の建築物仙台市の食文化宮城県の酒隠しカテゴリ: 廃止されたパラメータReflistで3列を指定しているページ座標一覧地理座標系の一覧Geoマイクロフォーマットがある記事地図があるページ

評価: 4~5 つ星
レビュー: 7746
再生回数: 6504
[spincontent type=”j”]

ニッカウヰスキー仙台工場 宮城峡蒸溜所【宮城県仙台市青葉区】国道48号線を作並温泉方面へ、工場見学しウイスキーを試飲してお酒を楽しもう!! Youtube

ニッカウヰスキー仙台工場 宮城峡蒸溜所【宮城県仙台市青葉区】工場見学しウイスキーを試飲してお酒を楽しもう!!

宮城県仙台市青葉区にあるニッカウヰスキー仙台工場宮城峡蒸留所に行ってきました。
予め無料の工場見学に申し込んでからの出発です。仙台市から国道48号線を山形方面へ、ちょうど作並温泉の手前辺りに向かいます。無料の工場見学を申し込むと、試飲ができて、楽しみが一層です。普段はお酒を控えていて、飲んでもノンアルのビールです。ビールやワイン、日本酒よりもウイスキーが好きなので、今回は車で行くので試飲はできませんが、お土産に買って自宅で楽しむことにしました。
写真撮影禁止の場所もあるので、撮影には注意が必要です。ショップ内撮影禁止でしたが、飲んでみたいウイスキーの小さいボトルが手ごろな価格で売っていますので、百聞は一見に如かずで、興味のある方は是非行ってみて下さい。
試飲の際には香りを楽しみ、宮城峡のボトルを購入。自宅に帰ってからですが、美味しくいただいています。チョコレートケーキもウイスキーが染み込んでいて大人の味と香りが楽しめました。
一番印象に残っているのは、工場内の建物と自然が調和していること。季節も若葉と桜が綺麗でよかったです。秋には紅葉の中の工場が楽しめそうです。水がウイスキーにはとても大事だということが実感できる良い見学ができました。

【BGM】音楽:BGMer

Home(top page)

#ニッカウヰスキー#宮城峡#蒸留所

2. ニッカ ウヰスキー 仙台 工場 宮城 峡 蒸留 所 Yomiuri

Yomiuri
ニッカ ウヰスキー 仙台 工場 宮城 峡 蒸留 所

説明: ニッカ ウヰスキー 仙台 工場 宮城 峡 蒸留 所 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 ニッカ ウヰスキー 仙台 工場 宮城 峡 蒸留 所 は、読売で検索されたもので、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 74 10
[spincontent type=”j”]

3. ニッカ ウヰスキー 仙台 工場 宮城 峡 蒸留 所 Asahi Shimbun

朝日新聞
ニッカ ウヰスキー 仙台 工場 宮城 峡 蒸留 所

説明: 朝日新聞で検索した ニッカ ウヰスキー 仙台 工場 宮城 峡 蒸留 所 に関する上記の情報が、ニッカ ウヰスキー 仙台 工場 宮城 峡 蒸留 所 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 9782
[spincontent type=”j”]

4. ニッカ ウヰスキー 仙台 工場 宮城 峡 蒸留 所 The Japan Times

The Japan Times
ニッカ ウヰスキー 仙台 工場 宮城 峡 蒸留 所

説明: ジャパン タイムズで検索した ニッカ ウヰスキー 仙台 工場 宮城 峡 蒸留 所 に関する記事のトップです。ニッカ ウヰスキー 仙台 工場 宮城 峡 蒸留 所 に関する疑問を解決するのに役立ちます。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 7898
[spincontent type=”j”]

5. ニッカ ウヰスキー 仙台 工場 宮城 峡 蒸留 所 Yomiuri Shimbun

読売新聞
ニッカ ウヰスキー 仙台 工場 宮城 峡 蒸留 所

説明: ニッカ ウヰスキー 仙台 工場 宮城 峡 蒸留 所 に関する詳細情報はすでにありますか? ニッカ ウヰスキー 仙台 工場 宮城 峡 蒸留 所 という記事が読売新聞で検索されました。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 86 17
[spincontent type=”j”]

6. ニッカ ウヰスキー 仙台 工場 宮城 峡 蒸留 所 Mainichi Shimbun

毎日新聞
ニッカ ウヰスキー 仙台 工場 宮城 峡 蒸留 所

説明: 毎日新聞で見つけた ニッカ ウヰスキー 仙台 工場 宮城 峡 蒸留 所 に関する上記の情報が、ニッカ ウヰスキー 仙台 工場 宮城 峡 蒸留 所 に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 7473
[spincontent type=”j”]

7. ニッカ ウヰスキー 仙台 工場 宮城 峡 蒸留 所 Sankei Shimbun

産経新聞
ニッカ ウヰスキー 仙台 工場 宮城 峡 蒸留 所

説明: 産経新聞で検索した ニッカ ウヰスキー 仙台 工場 宮城 峡 蒸留 所 に関する記事のトップです。ニッカ ウヰスキー 仙台 工場 宮城 峡 蒸留 所 に関する疑問を解決するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 3486
[spincontent type=”j”]

8. ニッカ ウヰスキー 仙台 工場 宮城 峡 蒸留 所 Nihon Keizai Shimbun

日本経済新聞
ニッカ ウヰスキー 仙台 工場 宮城 峡 蒸留 所

説明: ニッカ ウヰスキー 仙台 工場 宮城 峡 蒸留 所 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 ニッカ ウヰスキー 仙台 工場 宮城 峡 蒸留 所 は、日本経済新聞で検索され、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 5837
[spincontent type=”j”]

9. ニッカ ウヰスキー 仙台 工場 宮城 峡 蒸留 所 Chunichi Shimbun

中日新聞
ニッカ ウヰスキー 仙台 工場 宮城 峡 蒸留 所

説明: 中日新聞で検索した ニッカ ウヰスキー 仙台 工場 宮城 峡 蒸留 所 に関する上記の情報が、ニッカ ウヰスキー 仙台 工場 宮城 峡 蒸留 所 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 6593
[spincontent type=”j”]

10. ニッカ ウヰスキー 仙台 工場 宮城 峡 蒸留 所 Tokyo Shimbun

東京新聞
ニッカ ウヰスキー 仙台 工場 宮城 峡 蒸留 所

説明: ニッカ ウヰスキー 仙台 工場 宮城 峡 蒸留 所 に関する質問を解決するために、東京新聞で検索した ニッカ ウヰスキー 仙台 工場 宮城 峡 蒸留 所 に関する記事のトップです。
評価: 4~5 つ星
評価: 7852
[spincontent type=”j”]

11. ニッカ ウヰスキー 仙台 工場 宮城 峡 蒸留 所 Nihon Kogyo Simbun

日本工業新聞
ニッカ ウヰスキー 仙台 工場 宮城 峡 蒸留 所

説明: ニッカ ウヰスキー 仙台 工場 宮城 峡 蒸留 所 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 ニッカ ウヰスキー 仙台 工場 宮城 峡 蒸留 所 は日本工業新聞で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 3272
[spincontent type=”j”]

12. ニッカ ウヰスキー 仙台 工場 宮城 峡 蒸留 所 Nikkan Kogyo Shimbun

日刊工業新聞
ニッカ ウヰスキー 仙台 工場 宮城 峡 蒸留 所

説明: 日刊工業新聞で見つけた ニッカ ウヰスキー 仙台 工場 宮城 峡 蒸留 所 に関する上記の情報が、ニッカ ウヰスキー 仙台 工場 宮城 峡 蒸留 所 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 7987
[spincontent type=”j”]

13. ニッカ ウヰスキー 仙台 工場 宮城 峡 蒸留 所 Ainu Times

アイヌタイムス
ニッカ ウヰスキー 仙台 工場 宮城 峡 蒸留 所

説明: アイヌ タイムズで検索した ニッカ ウヰスキー 仙台 工場 宮城 峡 蒸留 所 に関する記事のトップです。ニッカ ウヰスキー 仙台 工場 宮城 峡 蒸留 所 に関する質問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 6837
[spincontent type=”j”]

14. ニッカ ウヰスキー 仙台 工場 宮城 峡 蒸留 所 Akita Sakigake Shimpo

秋田魁新報
ニッカ ウヰスキー 仙台 工場 宮城 峡 蒸留 所

説明: ニッカ ウヰスキー 仙台 工場 宮城 峡 蒸留 所 に関する詳細情報はすでにありますか? ニッカ ウヰスキー 仙台 工場 宮城 峡 蒸留 所 という記事は、秋田魁新報で検索したものです。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 2269
[spincontent type=”j”]

15. ニッカ ウヰスキー 仙台 工場 宮城 峡 蒸留 所 Chiba Nippo

千葉日報
ニッカ ウヰスキー 仙台 工場 宮城 峡 蒸留 所

説明: 千葉日報で検索した ニッカ ウヰスキー 仙台 工場 宮城 峡 蒸留 所 に関する上記の情報が、ニッカ ウヰスキー 仙台 工場 宮城 峡 蒸留 所 に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 9952
[spincontent type=”j”]

16. ニッカ ウヰスキー 仙台 工場 宮城 峡 蒸留 所 Chugoku Shimbun

中国新聞
ニッカ ウヰスキー 仙台 工場 宮城 峡 蒸留 所

説明: 中国新聞で検索した ニッカ ウヰスキー 仙台 工場 宮城 峡 蒸留 所 に関する記事のトップです。ニッカ ウヰスキー 仙台 工場 宮城 峡 蒸留 所 に関する疑問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 7191
[spincontent type=”j”]

17. ニッカ ウヰスキー 仙台 工場 宮城 峡 蒸留 所 Daily Tohoku

デイリー東北
ニッカ ウヰスキー 仙台 工場 宮城 峡 蒸留 所

説明: ニッカ ウヰスキー 仙台 工場 宮城 峡 蒸留 所 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 ニッカ ウヰスキー 仙台 工場 宮城 峡 蒸留 所 はデイリー東北で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 1923
[spincontent type=”j”]

18. ニッカ ウヰスキー 仙台 工場 宮城 峡 蒸留 所 The Eastern Chronicle

イースタン クロニクル
ニッカ ウヰスキー 仙台 工場 宮城 峡 蒸留 所

説明: イースタン クロニクルで検索した ニッカ ウヰスキー 仙台 工場 宮城 峡 蒸留 所 に関する上記の情報が、ニッカ ウヰスキー 仙台 工場 宮城 峡 蒸留 所 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 5185
[spincontent type=”j”]

ニッカ ウヰスキー 仙台 工場 宮城 峡 蒸留 所 に関する質問

ニッカ ウヰスキー 仙台 工場 宮城 峡 蒸留 所 についてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。ご質問やご提案はすべて、次の記事の改善に役立てさせていただきます。

記事 ニッカ ウヰスキー 仙台 工場 宮城 峡 蒸留 所 は、私と私のチームがさまざまな情報源から編集したものです。 記事 ニッカ ウヰスキー 仙台 工場 宮城 峡 蒸留 所 が役に立った場合は、チームをサポートしてください。「いいね」または「共有」してください!

検索キーワード ニッカ ウヰスキー 仙台 工場 宮城 峡 蒸留 所

ニッカ ウヰスキー 仙台 工場 宮城 峡 蒸留 所
方法ニッカ ウヰスキー 仙台 工場 宮城 峡 蒸留 所
チュートリアル ニッカ ウヰスキー 仙台 工場 宮城 峡 蒸留 所
【キーワード】 無料

Có thể bạn quan tâm: