あなたは ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ アウト・オブ・シャドウズ について学んでいます。今日は、インターネット上の多くの情報源から私たちのチームが編集および編集した記事 ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ アウト・オブ・シャドウズ を共有します。 ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ アウト・オブ・シャドウズ に関するこの記事がお役に立てば幸いです。

Page Contents

ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ アウト・オブ・シャドウズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

.mw-parser-output .pathnavboxclear:both;border:1px outset #eef;padding:0.3em 0.6em;margin:0 0 0.5em 0;background-color:#eef;font-size:90%.mw-parser-output .pathnavbox ullist-style:none none;margin-top:0;margin-bottom:0.mw-parser-output .pathnavbox>ulmargin:0.mw-parser-output .pathnavbox ul limargin:0ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ  > ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ (映画)

ポータル 映画プロジェクト 映画
本項では、アメリカ合衆国の漫画作品『ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ』を原作とする映画について解説する。
実写映画化作品には、これまで1990年代の三部作と、2014年版、2016年版とがある。また、アニメーションでの劇場用長編映画化作品には2003年版アニメを基にした『ミュータント・タートルズ -TMNT-』がある。

作品一覧[編集]
『ミュータント・タートルズ』 Teenage Mutant Ninja Turtles (1990年)
『ミュータント・ニンジャ・タートルズ2』 Teenage Mutant Ninja Turtles II: The Secret of the Ooze (1991年)
『ミュータント・ニンジャ・タートルズ3』 Teenage Mutant Ninja Turtles III (1993年)
『ミュータント・タートルズ -TMNT-』 TMNT (2007年)
『ミュータント・タートルズ』 Teenage Mutant Ninja Turtles (2014年)
『ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影<シャドウズ>』 Teenage Mutant Ninja Turtles: Out of the Shadows (2016年) [1]
『ライズ・オブ・ミュータント・タートルズ: THE MOVIE』Rise of the Teenage Mutant Ninja Turtles: The Movie(2022年)
『ミュータント・タートルズ:ミュータント・パニック!』 Teenage Mutant Ninja Turtles: Mutant Mayhem(2023年公開予定)[2]映画三部作(1990年代)[編集]
ミュータント・タートルズ (映画)[編集]
ミュータント・タートルズ
Teenage Mutant Ninja Turtles
監督
スティーブ・バロン脚本
トッド・W・ランジェンボビー・ハーベックゥバ原案
ボビー・ハーベック製作
キム・ドーソンサイモン・フィールズデビッド・チャン製作総指揮
レイモンド・チョウ音楽
ジョン・デュ・プレ撮影
ジョン・フェナー製作会社

888 Productions[3]
ゴールデン・ハーベスト[3]
ライムライト・エンターテインメント[3]配給
ニュー・ライン・シネマ 東宝東和公開
1990年3月30日 1991年3月21日上映時間
93分製作国
アメリカ合衆国言語
英語次作
ミュータント・ニンジャ・タートルズ2テンプレートを表示『ミュータント・タートルズ』は、1990年にアメリカ合衆国で公開された映画であり、映画三部作の第一作目である。また、ジム・ヘンソンがキャラクターデザインを手掛けた。オリジナルキャラクターとして、シュレッダーの副官であるタツ(Tatsu)が登場する。

あらすじ(1)[編集]
人気女性キャスターのエイプリルは、ニューヨークで暗躍するフット団を追跡しようとしたところを襲われてしまい、ラファエロ、レオナルド、ミケランジェロ、ドナテルロという4匹の大きな亀たちに助けられる。彼らはある方法によって人間のような姿と人語をはなす能力を得、同様に人間のような姿となったネズミのスプリンターの元で忍術の修業に励んでいた。
エイプリルが彼らと親しくなったのもつかの間、スプリンターがフット団に攫われる。青年・ケーシーの協力を得て亀たちは救出に向かう。

キャスト(1)[編集]
役名

俳優

日本語吹替
VHS版
フジテレビ版
レオナルド

ディブ・フォーマンブライアン・トチ(声)

大塚芳忠

堀内賢雄
ラファエロ[注釈 1]
ジョシュ・ペイスジョシュ・ペイス(声)

島田敏

中尾隆聖
ミケランジェロ

ミシェラン・シスチロビー・リスト(声)

三ツ矢雄二

龍田直樹
ドナテロ

リーフ・ティルデンコリー・フェルドマン(声)

塩屋翼

草尾毅
スプリンター

ケビン・クラッシュ(声)

小林清志

八奈見乗児
シュレッダー

ジェームズ・サイトウデイビッド・マクハーレン(声)

若本規夫

柴田秀勝
エイプリル・オニール

ジュディス・ホーグ

土井美加

勝生真沙子
ケイシー・ジョーンズ

イライアス・コティーズ

石丸博也

荒川太朗
タツ

小幡利城マイケル・マコノヒー(声)

大友龍三郎

チャールズ

ジェイ・パターソン

小島敏彦

藤城裕士
ダニー

マイケル・ターニー

高木渉

石田彰
スターンズ署長

レイモンド・セラー

仁内建之

郷里大輔
役不明又はその他

佐藤しのぶ寺瀬めぐみ叶木翔子出井広美秋元羊介田中正彦成田剣岡和男渋谷茂

小関一鈴木れい子太田真一郎星野充昭森利也真殿光昭高戸靖広川津泰彦田原アルノ津賀有子坪井智浩関口英司

演出

松川陸

岡本知
翻訳

山田ゆき

徐賀世子
調整

飯塚秀保
制作

吉富孝明(ニュージャパン・フィルム)

グロービジョン
初回放送

1993年6月12日『ゴールデン洋画劇場』
サウンドトラック(1)[編集]
本作のサウンドトラックは1990年3月16日にSBKレコード(英語版)から発売された。

曲目”This Is What We Do” – M.C.ハマー
“Spin That Wheel” – Hi Tek 3(英語版)
“Family” – リフ(英語版)
“9.95” – Spunkadelic
“Turtle Power” – Partners in Kryme
“Let The Walls Come Down” – ジョニー・ケンプ(英語版)
“Every Heart Needs A Home” – セントポール(英語版)
“Shredder’s Suite/Foot Emperor” – ジョン・デュ・プレ
“Splinter’s Tale I & Splinter’s Tale II” – ジョン・デュ・プレ(feat. ケビン・クラッシュ)
“Turtle Rhapsody” – Orchestra on the Half Shell
“Subway Attack/Foot Clan – ジョン・デュ・プレ(UK版では未収録)
““Shredder’s Big Entrance/Foot Clan Suite” – ジョン・デュ・プレ反響(1)[編集]
同作はアメリカで1億3500万ドル以上の興行収入をあげ、この年にアメリカで公開された映画の中で興行収入5位となるヒットとなった[4]。この成功により続編が作られ、計3作のシリーズとなった。

ミュータント・ニンジャ・タートルズ2[編集]
ミュータント・ニンジャ・タートルズ2
Teenage Mutant Ninja Turtles II: The Secret of the Ooze監督
マイケル・プレスマン脚本
トッド・W・ランジェン製作
トーマス・K・グレーキム・ドーソンデビッド・チャン製作総指揮
レイモンド・チョウ音楽
ジョン・デュ・プレ撮影
シェリー・ジョンソン編集
ジョン・ライトスティーブ・ミルコビッチ製作会社
ニュー・ライン・シネマゴールデン・ハーベスト配給
ニュー・ライン・シネマ 20世紀フォックス公開
1991年3月22日 1992年4月24日上映時間
88分製作国
アメリカ合衆国言語
英語前作
ミュータント・タートルズ次作
ミュータント・ニンジャ・タートルズ3テンプレートを表示『ミュータント・ニンジャ・タートルズ2』(Teenage Mutant Ninja Turtles II: The Secret of the Ooze)は、1991年にアメリカ合衆国で公開された映画であり、映画三部作の第二作目である。前作に引き続き、キャラクターデザインはジム・ヘンソンが務めた。
オリジナルキャラクターとしてミュータントのトッカ & レイザー(Tokka and Rahzar)が登場しており、この二人組は1987年版アニメにもゲスト出演している。
また、前作に登場したシュレッダーの副官・タツも引き続き本作に登場している。

あらすじ(2)[編集]
タートルズとスプリンターはフット団を撲滅するも、下水道にあった住居を失い、エイプリルの家に居候していた。ある日、エイプリルはジョルダン・ペリー教授という人物にTGRI社の化学廃棄物処理について取材する。一方ゴミ捨て場で生き延びていたシュレッダーは、廃棄物がタートルズが突然変異する原因だと突き止める。シュレッダーはペリー教授を誘拐し、研究所から盗んできた廃棄物を用いてカミツキガメとオオカミをミュータントにする。それぞれトッカとレイザーと名付けられた二体は、ペリー教授を助けに来たタートルズにけしかけられる。だが、教授の細工によりこの二体の知能は3歳児程度しかなかった上、教授が用意した解毒剤によって元の姿に戻される。追い詰められたシュレッダーは、自ら廃棄物を浴び、スーパーシュレッダーなるミュータントに変貌するも、タートルズによって撃破される。

キャスト(2)[編集]
役名

俳優

日本語吹替
ソフト版
劇場公開版
レオナルド
マーク・カソラリー・ラムデヴィッド・ウォルドブライアン・トチ(声)
大塚芳忠
山寺宏一
ラファエロ
ケン・スコットホスン・パクローリー・ファソ(声)
二又一成
玄田哲章
ミケランジェロ
ミシェラン・シスチニック・パルマロビー・リスト(声)
島田敏
三ツ矢雄二
ドナテロ
リーフ・ティルデンスティーヴン・ホーアダム・カール(声)
吉村よう
亀山助清
スプリンター
ケビン・クラッシュ(声)
羽佐間道夫
大平透
シュレッダー
フラノイス・チョウデイビッド・マクハーレン(声)
渡部猛
内海賢二
エイプリル・オニール
ペイジ・ターコウ
高島雅羅
キーノ
アーニー・レイズJr.
松田辰也
石田彰
タツ
小幡利城マイケル・マコノヒー(声)
麦人
仲野裕
ジョルダン・ペリー教授
デビッド・ワーナー
緒方賢一
中村正
フレディ
マーク・ドエル
沢木郁也
辻谷耕史
トッカ
カート・ブライアントフランク・ウェルカー(声)
田原アルノ
西川幾雄
レイザー
マーク・ギンザーフランク・ウェルカー(声)
辻親八
飯塚昭三
バーのオーナー
ジョセフ・アモデイ
小室正幸
スターンズ署長
レイモンド・セラー

塚田正昭
役不明又はその他

喜田あゆ美秋元羊介荒川太郎高宮俊介菊池毅金野恵子幹本雄之
鈴木れい子佐原夏子田原アルノ長島雄一石野竜三千葉一伸小室正幸峰恵研喜多川拓郎二又一成秋元羊介

演出

蕨南勝之
水本完
翻訳

伊原奈津子
山田ユキ
調整

遠西勝三新井保雄

制作

プロセンスタジオ
ザック・プロモーション
初回放送

1993年1月1日日本語吹替版VHS
1992年4月24日
ミュータント・ニンジャ・タートルズ3[編集]
ミュータント・ニンジャ・タートルズ3
Teenage Mutant Ninja Turtles III監督
スチュアート・ジラード脚本
デイビッド・ガーファンクル製作
トーマス・K・グレーキム・ドーソンデビッド・チャン製作総指揮
レイモンド・チョウ音楽
ジョン・デュ・プレ撮影
デビッド・ガーフィンケル編集
ウィリアム・D・ゴーディーンジェームズ・R・シモンズ製作会社
ニュー・ライン・シネマゴールデン・ハーベスト配給
ニュー・ライン・シネマ 20世紀フォックス公開
1993年3月17日 1994年7月29日上映時間
96分製作国
アメリカ合衆国言語
英語前作
ミュータント・ニンジャ・タートルズ2テンプレートを表示『ミュータント・ニンジャ・タートルズ3』は、1993年にアメリカ合衆国で公開された映画であり、映画三部作の第三作目にあたる。日本では1994年に劇場公開されたほか、雑誌『コミックボンボン』1994年6月号〜11月号にてみかえる・はーと作画でコミカライズが連載された。
本作はテレビ東京版のキャストが担当しており、その為、一人称や性格などはアニメ寄りになっている。またケイシーは前作のラファエロを担当した二又一成が担当している。

あらすじ(3)[編集]
ある日、エイプリルは骨董店で不思議な笏を手に入れたことにより、1603年の日本にある大名・ノリナガの城に転送されていた。魔女とみなされて牢屋に入れられた彼女は、イギリス人の海賊ホウィットと出会う。そのころ、ノリナガの子・ケンシンは彼女と入れ替えに現代に転送される。
タートルズは1603年の日本に行ってエイプリルとホウィットを牢屋から出した後、紆余曲折を経て現代に戻り、ケンシンも1603年の日本に戻る。

キャスト(3)[編集]
レオナルド(マーク・キャソ/声:ブライアン・トチ)(吹き替え:中村大樹)
ラファエロ(マット・ヒル、ホスン・パク/声:ティム・ケルハー)(吹き替え:柴本浩行)
ミケランジェロ(デビッド・フレーザー/声:ロビー・リスト)(吹き替え:桜井敏治)
ドナテロ(ジム・ラポサ/声:コリー・フェルドマン)(吹き替え:宇垣秀成)
スプリンター(声:ジェームズ・マーレイ)(吹き替え:梅津秀行)
エイプリル・オニール(ペイジ・ターコウ)(吹き替え:篠原恵美)
ケイシー・ジョーンズ / ホイット(イライアス・コティーズ)(吹き替え:二又一成)
ミツ姫(ビビアン・ウー)(吹き替え:平松晶子)
ケンシン(エイダン・ハンゼイ)(吹き替え:森川智之)
ベンケイ 衛兵1(マック高野)(吹き替え:永野広一)
少年ヨシ(トラビス・A・ムーン)(吹き替え:伊藤隆大)
ノリナガ(サブ・シモノ)(吹き替え:沢りつお)
ウォーカー船長(スチュアート・ウィルソン)(吹き替え:安原義人)
ナイルス(ジョン・アイルウォード)(吹き替え:安西正弘)
ミツとヨシの祖父(タッド・ホリノ)(吹き替え:北村弘一)
若い僧侶(坂本浩一)
役名表示なし:中田和宏、他日本語版制作スタッフ
翻訳 石田泰子こちらは劇場公開時の吹替版がそのままビデオ化された。

リブート版[編集]
ミュータント・タートルズ(2014年版)[編集]
ミュータント・タートルズ
Teenage Mutant Ninja Turtles監督
ジョナサン・リーベスマン脚本
ジョシュ・アッペルバウムアンドレ・ネメックエバン・ドハーティ製作
マイケル・ベイアンドリュー・フォームブラッド・フラーゲイレン・ウォーカースコット・メドニックイアン・ブライス製作総指揮
デニス・L・スチュワートエリック・クラウンナポレオン・スミス3世ジェイソン・T・リード音楽
ブライアン・タイラー主題歌
ジューシー・J、Moxie、Ty Dolla Sign、ウィズ・カリファ『Shell Shocked(英語版)』RIP SLYME「ナイショデオネガイシマス」撮影
ルラ・カルバーリョ編集
ジョエル・ネグロングレン・スキャントルベリー製作会社
ニコロデオン・ムービーズプラチナム・デューンズGama EntertainmentMednick ProductionHeavy Metal配給
パラマウント映画公開
2014年8月8日 2015年2月7日上映時間
101分製作国
アメリカ合衆国言語
英語興行収入
日本12.2億円次作
ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影<シャドウズ>テンプレートを表示リブート版で、これまでの映画化作品とは関連のない作品となっている。製作はマイケル・ベイ率いるプラチナム・デューンズが行い、北米での配給はパラマウント映画が担当した。2014年8月8日に北米で劇場公開され[5]、日本では2015年2月7日に劇場公開された。
タートルズのデザインはリアル寄りであり、背丈も2メートル近くある[6]。また、撮影にはモーションキャプチャーが用いられており、演技に当たってはモーションアクターが亀の甲羅を背負っている[6]。

あらすじ(2014年版)[編集]
チャンネル6のレポーター、エイプリル・オニールはニューヨーク市の港で犯罪シンジケート「フット団」の構成員達が忍者らしき集団に襲われる場面を目撃したが、上司から証拠が無い事を理由に信じられなかった。同じころ、ニューヨーク市はエイプリルの亡き父の勤務先だった大企業サックス社との契約を更新していた。「フット軍団」のボス、鍛練をしていたシュレッダーは、部下達の失態を聞く。殺されると分かっていても鍛練に付き合うほど「フット」の主従関係は徹底していた。シュレッダーは部下たちに忍者の正体を探ることを命じる。再び忍者集団が地下鉄に現れたフット軍団を叩きのめし、SWATの到着と入れ替わりに去っていき、エイプリルは様子を写真に収める事ができた。忍者の正体は人語を喋る亀で、師匠は人語を喋る鼠だった。そして、彼らとエイプリルとは過去に接点があった。一方、フット軍団たちはある邪悪な企みを遂行していた。

キャスト(2014年版)[編集]
※括弧内は日本語吹き替え

レオナルド – ピート・プロゼック/声:ジョニー・ノックスビル(伊藤健太郎[7])
ラファエロ – アラン・リッチソン(松田健一郎[7])
ミケランジェロ – ノエル・フィッシャー(畠中祐[7])
ドナテロ – ジェレミー・ハワード(高梨謙吾[7])
スプリンター – ダニー・ウッドバーン/声:トニー・シャルーブ(カンニング竹山[7])
エイプリル・オニール – ミーガン・フォックス(ベッキー[7])
幼い頃のエイプリル – マリナ・ウェイスマン(佐々木りお)
ヴァーン・フェンウィック – ウィル・アーネット(咲野俊介)
バーナデット・トンプソン – ウーピー・ゴールドバーグ(泉ピン子[7])
エリック・サックス – ウィリアム・フィクナー(木下浩之)
シュレッダー – トオル・マサムネ(広瀬彰勇)
カライ – ミナエ・ノジ(鷄冠井美智子)
テイラー – アビー・エリオット(潘めぐみ)
マクノートン – タラン・キラム(中谷一博)
バクスター・ストックマン博士 – K・トッド・フリーマン
オニール博士 – ポール・フィッツジェラルド(花輪英司)その他吹き替え – 伊藤和晃、佐久田脩、長島真祐、杉村憲司、落合佑介、志賀麻登佳、遠藤大智、高橋研二、土門敬子、北田理道、小林未沙、竹内栄治、小林親弘、野一祐子、手塚ヒロミチ、中尾智、堀井千砂、影平隆一、関雄、高杉義充、長谷川芳明、倉田彩花

日本語吹き替え制作スタッフ
翻訳 – 小寺陽子
演出 – 早川陽一
制作 – 東北新社反響・評価(2014年版)[編集]
興行収入本作は週末全米興行収入ランキングにて2014年8月第2週の初登場から2週連続で1位となり[8]、日本でも週末興行収入にて初登場1位(観客動員数では2位)となった[9]。日本での興行収入は12億2000万円[10]。

受賞・ノミネート
第35回ゴールデンラズベリー賞では、作品・監督・脚本・助演女優(ミーガン・フォックス)・前日譚/リメイク/盗作/続編賞の5部門にノミネートされ、助演女優賞の1部門で受賞した。
批評
Game Watchの安田俊亮は、タートルズのデザインが「きもい」としつつも、モーションキャプチャーなどのおかげもあって生き生きとしているため、映画の進行とともに彼ららしさが増していると評価しており、タートルズを知らない人でも受け入れられるだろうとしている[6]。その一方で、安田は物語の粗をいくつか指摘しており、たとえばタートルズの師匠であるスプリンターが下水道で偶然拾った本から戦闘技術を習得したとされる点や、甲羅から手足がはみ出ているのにもかかわらずマシンガンの弾が甲羅にしか当たらない点を挙げている[6]。安田は特に疑問に思った点として、シュレッダーがタートルズを相手に拳闘と投げナイフだけで挑む点を挙げている[6]。ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影<シャドウズ>[編集]
『ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影<シャドウズ>』(ミュータント・ニンジャ・タートルズ シャドウズ、原題:Teenage Mutant Ninja Turtles: Out of the Shadows)は、2016年公開のアメリカの映画。2014年の映画『ミュータント・タートルズ』の続編にあたる。日本では2016年8月26日公開[1]。日本での配給は東和ピクチャーズ(東宝東和の子会社)。なお、日本での配給におけるニコロデオン・ムービーズ作品として東宝東和が担当するのは、『タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密』以来で、同社が本作の配給に関与するのは1990年に公開された『ミュータント・タートルズ』以来26年ぶりである。興行収入は4億2600万円[11]。

あらすじ(影<シャドウズ>)[編集]
※括弧内は日本語吹き替え

レオナルド – ピート・プロゼック(伊藤健太郎[12])
ラファエロ – アラン・リッチソン(松田健一郎[12])
ミケランジェロ – ノエル・フィッシャー(畠中祐[12])
ドナテロ – ジェレミー・ハワード(高梨謙吾[12])
スプリンター – ピーター・D・バダレメンティ/声:トニー・シャルーブ(樋浦勉)
エイプリル・オニール – ミーガン・フォックス(東條加那子)
ケイシー・ジョーンズ – スティーヴン・アメル(小野大輔)
ヴァーン・フェンウィック – ウィル・アーネット(咲野俊介)
ヴィンセント局長 – ローラ・リニー(田中敦子)
シュレッダー – ブライアン・ティー(広瀬彰勇)
カライ – ブリタニー・イシバシ(鶏冠井美智子)
ロックステディ – ステファン・ファレリー[13](宮川大輔[14])
ビーバップ – ゲイリー・アンソニー・ウィリアムズ(藤森慎吾[14])
バクスター・ストックマン – タイラー・ペリー(屋良有作)
クランゲ – 声:ブラッド・ギャレット(玄田哲章)その他吹き替え – 坂本くんぺい、安元洋貴、大津愛理、長谷川敦央、武内駿輔、内田雄馬、高杉義充、本多真梨子、竹内栄治、濱野大輝、堀井千砂

日本語吹き替え制作スタッフ
翻訳 – 小寺陽子
演出 – 早川陽一、小山悟
制作 – 東北新社反響(影<シャドウズ>)[編集]
『ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影<シャドウズ>』の北米における週末3日間(2016年6月3-5日)の興行収入は3530万ドル(約38億円)であり、週末3日間の北米映画興行収入ランキングで初登場1位を獲得した[15]。
ロイターは前作が最初の週末で6560万ドルの興行収入をおさめたことと比較して、さえないスタートとなったとコメントしている[15]。

バットマン vs ミュータント・タートルズ[編集]
詳細は「:en:Batman vs. Teenage Mutant Ninja Turtles」を参照
映像外部リンク
日本語版予告編2019年に制作されたアニメ映画で、バットマンとのクロスオーバー作品でもある[16]。

Netflix版[編集]
ライズ・オブ・ミュータント・タートルズ: THE MOVIE[編集]
この節の加筆が望まれています。キャストレオナルド: 福山潤
ラファエロ: 三宅健太
ドナテロ: 興津和幸
ミケランジェロ: 豊永利行
スプリンター: 高木渉
エイプリル: 國立幸
KC: 藤田大助その他の日本語吹き替え斎藤淳
近内仁子
五十嵐明
樋山雄作
山本高広
内田紳一郎
柳生拓也
豐田茂
酒元信行
川崎芽衣子
榎あづさ脚注[編集]
[脚注の使い方]注釈[編集]

^ ビデオ版の吹き替えでは「ラファエル」と表記

出典[編集]

^ a b “「ミュータント・タートルズ」続編が8月公開、カメ兄弟の宿敵を捉えた特報も”. 映画ナタリー. (2016年3月18日). https://natalie.mu/eiga/news/180207 2016年3月16日閲覧。 

^ “「ミュータント・タートルズ」最新作が2023年公開決定、タイトル&ロゴも披露”. 映画ナタリー. (2022年8月5日). https://natalie.mu/eiga/news/488317 2022年8月5日閲覧。 

^ a b c “Detail view of Movies Page”. AFI Catalog of Feature Films. 2020年3月21日閲覧。

^ “1990 Yearly Box Office Results” (英語). Box Office Mojo. 2015年2月17日閲覧。

^ Fleming Jr, Mike (2013年8月15日). “Paramount Moves ‘Teenage Mutant Ninja Turtles’ To August 8, 2014”. Deadline.com. 2013年8月15日閲覧。

^ a b c d e “【必見! エンタメ特報】お祭り騒ぎの大暴れ! 映画「ミュータント・タートルズ」 4人が元気に暴れまわっているだけで大満足! 生き生きとした「タートルズ」映画が完成”. GAME Watch. 株式会社インプレス (2015年2月7日). 2021年4月4日閲覧。

^ a b c d e f g “ベッキーが映画『ミュータント・タートルズ』日本語版ヒロインに!”. ぴあ映画生活. (2014年10月21日). https://cinema.pia.co.jp/news/163934/59692/ 

^ 藤井竜太朗 (2014年8月21日). “全米映画ランキング(2014年8月22日〜2014年8月24日)” (日本語). 映画.com. 2015年2月17日閲覧。

^ “映画ランキング、キモカワ亀忍者がふわぷにベイマックスに肉薄”. ORICON STYLE. オリコン (2015年2月10日). 2015年2月16日閲覧。

^ 2015年興行収入10億円以上番組 (PDF) – 日本映画製作者連盟 2017年10月29日閲覧。

^ 『キネマ旬報 2017年3月下旬号』p.43

^ a b c d “映画「ミュータント・ニンジャ・タートルズ」4兄弟の劇中での見どころは? 特別映像でマイキーが解説”. (2016年7月20日). https://www.excite.co.jp/news/article/Animeanime_29572/ 2016年7月21日閲覧。 

^ 映画.com

^ a b “宮川大輔&藤森慎吾、『ミュータント・タートルズ』続編でゲスト声優”. ORICON STYLE. (2016年6月30日). https://www.oricon.co.jp/news/2074286/full/ 2016年6月30日閲覧。 

^ a b “北米映画興行収入=「ミュータント・タートルズ」新作が初登場首位”. Reuters. (2016年6月6日). https://jp.reuters.com/article/us-boxoffice-idJPKCN0YS079 2021年3月29日閲覧。 

^ “9/21はバットマンの日!80周年を祝福するため軌跡を超おさらい”. SCREEN ONLINE. 近代映画社 (2019年9月21日). 2020年7月16日閲覧。

外部リンク[編集]
映画3部作ミュータント・タートルズ – allcinema
ミュータント・タートルズ – KINENOTE
ミュータント・ニンジャ・タートルズ2 – allcinema
ミュータント・ニンジャ・タートルズ2 – KINENOTE
ミュータント・ニンジャ・タートルズ3 – allcinema
ミュータント・ニンジャ・タートルズ3 – KINENOTE2014年版ミュータント・タートルズ(映画2014年版) – IMDb(英語)
ミュータント・タートルズ(映画2014年版) – Box Office Mojo(英語)
ミュータント・タートルズ(映画2014年版) – Rotten Tomatoes(英語)
ミュータント・タートルズ(映画2014年版) – Metacritic(英語)影<シャドウズ>ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ アウト・オブ・シャドウズ – IMDb(英語)
Teenage Mutant Ninja Turtles: Out of the Shadows – オールムービー(英語)表話編歴TMNT作品
アニメ
1987年のアニメ – 2003年のアニメ – 2012年のアニメ – 2018年のアニメ

ゲーム
激亀忍者伝 – スーパー亀忍者 – T.M.N.T.(GB版1) – マンハッタンプロジェクト – タートルズインタイム – トーナメントファイターズ – シュレッダーの復讐 – カワバンガコレクション

映画シリーズ
ミュータント・タートルズ – 2 – 3 – ミュータント・タートルズ -TMNT- – 2014年の映画 – 影<シャドウズ> – ライズ・オブ・ミュータント・タートルズ: THE MOVIE

その他
シュレッダー – 兎用心棒

カテゴリ
.mw-parser-output .redirectcatnavmargin:1em auto;border-style:none;text-align:left;font-size:100%;clear:both.mw-parser-output .redirectcat ulmargin-left:0ミュータント・タートルズ (1990年の映画)に関するカテゴリ:
アメリカ合衆国のアクション映画
アメリカ合衆国のファンタジー映画
1990年の映画
忍者映画
漫画を原作とする映画作品
カメを主人公にした物語
ニュー・ライン・シネマの作品 ミュータント・ニンジャ・タートルズ2に関するカテゴリ:
アメリカ合衆国のアクション映画
アメリカ合衆国のファンタジー映画
1991年の映画
忍者映画
漫画を原作とする映画作品
カメを主人公にした物語
ニュー・ライン・シネマの作品 ミュータント・ニンジャ・タートルズ3に関するカテゴリ:
アメリカ合衆国のアクション映画
アメリカ合衆国のファンタジー映画
1993年の映画
忍者映画
漫画を原作とする映画作品
カメを主人公にした物語
ニュー・ライン・シネマの作品 ミュータント・タートルズ (2014年の映画)に関するカテゴリ:
アメリカ合衆国のアクション映画
アメリカ合衆国のファンタジー映画
アメリカ合衆国のコメディ映画
アメリカ合衆国の3D映画作品
2014年の映画
忍者映画
漫画を原作とする映画作品
カメを主人公にした物語
ニコロデオンの映画作品
パラマウント映画の作品 ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影<シャドウズ>に関するカテゴリ:
アメリカ合衆国のアクション映画
アメリカ合衆国のファンタジー映画
アメリカ合衆国のコメディ映画
アメリカ合衆国の3D映画作品
2016年の映画
忍者映画
漫画を原作とする映画作品
カメを主人公にした物語
ニコロデオンの映画作品
パラマウント映画の作品

「https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ_(映画)&oldid=91402277」から取得
カテゴリ: 擬人化されたキャラクターを題材とした映画作品アメリカ合衆国の映画のシリーズ三部作TMNT隠しカテゴリ: 書きかけの節のある項目

評価: 4~5 つ星
レビュー: 3397
再生回数: 4834
[spincontent type=”j”]

映画『ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ アウト・オブ・シャドウズ(原題)』予告編 Youtube

映画『ミュータント・タートルズ』の続編『ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ アウト・オブ・シャドウズ(原題) / Teenage Mutant Ninja Turtles Out of The Shadows』の日本公開が2016年に決定し、早くも予告映像が到着! 前作に引き続き、製作はマイケル・ベイ、ヒロインはミーガン・フォックス。前作のジョナサン・リーベスマン監督に代わり、『アース・トゥ・エコー』(2014)の新鋭デイヴ・グリーン監督がメガホンを取る。

公式ページ:http://tmnt-shadows.jp/
(C) 2015 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

2. ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ アウト・オブ・シャドウズ Yomiuri

Yomiuri
ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ アウト・オブ・シャドウズ

説明: ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ アウト・オブ・シャドウズ に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ アウト・オブ・シャドウズ は、読売で検索されたもので、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 8586
[spincontent type=”j”]

3. ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ アウト・オブ・シャドウズ Asahi Shimbun

朝日新聞
ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ アウト・オブ・シャドウズ

説明: 朝日新聞で検索した ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ アウト・オブ・シャドウズ に関する上記の情報が、ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ アウト・オブ・シャドウズ に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 1280
[spincontent type=”j”]

4. ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ アウト・オブ・シャドウズ The Japan Times

The Japan Times
ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ アウト・オブ・シャドウズ

説明: ジャパン タイムズで検索した ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ アウト・オブ・シャドウズ に関する記事のトップです。ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ アウト・オブ・シャドウズ に関する疑問を解決するのに役立ちます。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 2848
[spincontent type=”j”]

5. ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ アウト・オブ・シャドウズ Yomiuri Shimbun

読売新聞
ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ アウト・オブ・シャドウズ

説明: ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ アウト・オブ・シャドウズ に関する詳細情報はすでにありますか? ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ アウト・オブ・シャドウズ という記事が読売新聞で検索されました。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 1696
[spincontent type=”j”]

6. ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ アウト・オブ・シャドウズ Mainichi Shimbun

毎日新聞
ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ アウト・オブ・シャドウズ

説明: 毎日新聞で見つけた ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ アウト・オブ・シャドウズ に関する上記の情報が、ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ アウト・オブ・シャドウズ に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 3153
[spincontent type=”j”]

7. ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ アウト・オブ・シャドウズ Sankei Shimbun

産経新聞
ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ アウト・オブ・シャドウズ

説明: 産経新聞で検索した ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ アウト・オブ・シャドウズ に関する記事のトップです。ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ アウト・オブ・シャドウズ に関する疑問を解決するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 1375
[spincontent type=”j”]

8. ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ アウト・オブ・シャドウズ Nihon Keizai Shimbun

日本経済新聞
ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ アウト・オブ・シャドウズ

説明: ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ アウト・オブ・シャドウズ に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ アウト・オブ・シャドウズ は、日本経済新聞で検索され、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 1109
[spincontent type=”j”]

9. ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ アウト・オブ・シャドウズ Chunichi Shimbun

中日新聞
ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ アウト・オブ・シャドウズ

説明: 中日新聞で検索した ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ アウト・オブ・シャドウズ に関する上記の情報が、ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ アウト・オブ・シャドウズ に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 9694
[spincontent type=”j”]

10. ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ アウト・オブ・シャドウズ Tokyo Shimbun

東京新聞
ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ アウト・オブ・シャドウズ

説明: ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ アウト・オブ・シャドウズ に関する質問を解決するために、東京新聞で検索した ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ アウト・オブ・シャドウズ に関する記事のトップです。
評価: 4~5 つ星
評価: 7142
[spincontent type=”j”]

11. ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ アウト・オブ・シャドウズ Nihon Kogyo Simbun

日本工業新聞
ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ アウト・オブ・シャドウズ

説明: ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ アウト・オブ・シャドウズ に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ アウト・オブ・シャドウズ は日本工業新聞で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 5655
[spincontent type=”j”]

12. ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ アウト・オブ・シャドウズ Nikkan Kogyo Shimbun

日刊工業新聞
ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ アウト・オブ・シャドウズ

説明: 日刊工業新聞で見つけた ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ アウト・オブ・シャドウズ に関する上記の情報が、ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ アウト・オブ・シャドウズ に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 5749
[spincontent type=”j”]

13. ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ アウト・オブ・シャドウズ Ainu Times

アイヌタイムス
ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ アウト・オブ・シャドウズ

説明: アイヌ タイムズで検索した ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ アウト・オブ・シャドウズ に関する記事のトップです。ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ アウト・オブ・シャドウズ に関する質問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 90 57
[spincontent type=”j”]

14. ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ アウト・オブ・シャドウズ Akita Sakigake Shimpo

秋田魁新報
ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ アウト・オブ・シャドウズ

説明: ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ アウト・オブ・シャドウズ に関する詳細情報はすでにありますか? ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ アウト・オブ・シャドウズ という記事は、秋田魁新報で検索したものです。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 2176
[spincontent type=”j”]

15. ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ アウト・オブ・シャドウズ Chiba Nippo

千葉日報
ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ アウト・オブ・シャドウズ

説明: 千葉日報で検索した ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ アウト・オブ・シャドウズ に関する上記の情報が、ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ アウト・オブ・シャドウズ に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 1300
[spincontent type=”j”]

16. ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ アウト・オブ・シャドウズ Chugoku Shimbun

中国新聞
ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ アウト・オブ・シャドウズ

説明: 中国新聞で検索した ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ アウト・オブ・シャドウズ に関する記事のトップです。ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ アウト・オブ・シャドウズ に関する疑問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 2430
[spincontent type=”j”]

17. ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ アウト・オブ・シャドウズ Daily Tohoku

デイリー東北
ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ アウト・オブ・シャドウズ

説明: ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ アウト・オブ・シャドウズ に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ アウト・オブ・シャドウズ はデイリー東北で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 1707
[spincontent type=”j”]

18. ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ アウト・オブ・シャドウズ The Eastern Chronicle

イースタン クロニクル
ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ アウト・オブ・シャドウズ

説明: イースタン クロニクルで検索した ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ アウト・オブ・シャドウズ に関する上記の情報が、ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ アウト・オブ・シャドウズ に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 4146
[spincontent type=”j”]

ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ アウト・オブ・シャドウズ に関する質問

ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ アウト・オブ・シャドウズ についてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。ご質問やご提案はすべて、次の記事の改善に役立てさせていただきます。

記事 ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ アウト・オブ・シャドウズ は、私と私のチームがさまざまな情報源から編集したものです。 記事 ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ アウト・オブ・シャドウズ が役に立った場合は、チームをサポートしてください。「いいね」または「共有」してください!

検索キーワード ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ アウト・オブ・シャドウズ

ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ アウト・オブ・シャドウズ
方法ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ アウト・オブ・シャドウズ
チュートリアル ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ アウト・オブ・シャドウズ
【キーワード】 無料

Có thể bạn quan tâm: