あなたは チャイナ エア ライン 機内 食 エコノミー 台北 について学んでいます。今日は、インターネット上の多くの情報源から私たちのチームが編集および編集した記事 チャイナ エア ライン 機内 食 エコノミー 台北 を共有します。 チャイナ エア ライン 機内 食 エコノミー 台北 に関するこの記事がお役に立てば幸いです。

Page Contents

チャイナ エア ライン 機内 食 エコノミー 台北

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

.mw-parser-output .hatnotemargin:0.5em 0;padding:3px 2em;background-color:transparent;border-bottom:1px solid #a2a9b1;font-size:90%

「中華航空」はこの項目へ転送されています。日中戦争期の航空会社については「中華航空 (1938-1945年)」をご覧ください。

中華人民共和国の航空会社で「エアチャイナ」と呼称される「中国国際航空」とは異なります。

チャイナエアラインChina Airlines中華航空

IATACI

ICAOCAL

コールサインDYNASTY
法人番号
8700150001166 設立
1959年12月16日ハブ空港
台湾桃園国際空港焦点空港
香港国際空港マイレージサービス
Dynasty Flyer会員ラウンジ
Dynasty Lounge航空連合
スカイチームスカイチーム・カーゴ(チャイナエアライン・カーゴ)親会社
China Airlines Group子会社
マンダリン航空、タイガーエア台湾など保有機材数
89機(31機発注中)就航地
156都市本拠地
中華民国(台湾)桃園市大園区代表者
何煖軒(董事長)従業員数
12425名外部リンク
https://www.china-airlines.com/テンプレートを表示中華航空股份公司各種表記繁体字:
中華航空股份公司簡体字:
中华航空股份公司拼音:
Zhōnghuá Hángkōng Gǔfèn Gōngsī英文:
China Airlines, Limitedテンプレートを表示 CAL Park – チャイナエアラインの本社 (新)
チャイナエアラインの本社 (旧)
チャイナエアライン(中国語: 中華航空、ちゅうかこうくう、英語: China Airlines)は、中華民国(台湾)最大手の航空会社(フラッグ・キャリア)。中国語の略称は華航(フォアハン)。

概要[編集]
尾翼に大きく描かれた梅のロゴ
チャイナエアライン(IATA2レターコード:CI;ICAO3レターコード:CAL;コールサイン:Dynasty;台北証券取引所:2610)は中華民国桃園市に本社を置く台湾の航空会社である。
正式名称は、中国語圏で「中華航空公司」、大韓民国で「중화항공」(中華航空)、日本を含めた他の地域においては「チャイナ エアライン(China Airlines)」であるが、現在も一部案内や報道では、日本における登記上の名称である「中華航空」と呼称される場合もあり、公式ウェブサイトでも「チャイナ エアライン(中華航空)」とページタイトルを付けている。なお、名称が似ている中国国際航空(Air China)は中華民国(台湾)の会社ではなく、中華人民共和国の民用航空局(中国民航)系の航空会社であり全く関係がない。
社名の「中華(China、チャイナ)」は台湾の国号、中華民国(Republic of China)に由来する。これは設立当時は台湾の政府、中華民国が自身を中国を唯一代表する政府と主張していたためである。英語の社名に「China」と入っていることから、中華人民共和国の航空会社だと誤解されるとして社名変更を呼び掛ける動きがあるが、改名にかかるコストが約40億円かかると試算されており、また台湾独立の動きとして中国の反発を招き、社名変更後に中国からの圧力によって運航に支障がでる可能性も指摘されている[1]。一方で、新塗装の貨物機では、従来は前方に印字されていた社名の「CHINA AIRLINES」のロゴが従来よりも文字が小さくなり尾部に移され、代わりに胴体の前方に描かれた「CARGO」の「C」の文字の中に台湾本島のイラストが組み込まれ、中国の航空会社に間違えられるのを避けるようなデザインとなった[2]。

歴史[編集]
1959年12月、中華民国空軍の退役軍人らによって「中華航空公司」が設立された[3]。
当時、中華民国(台湾)のフラッグキャリアは民航空運公司(CAT)であった。民航空運公司は1946年、アメリカのOSS(のちのCIA)の後押しで「民航空運隊」の名で設立された。国共内戦で国民党軍が破れ台湾に逃れた際、当時の中国のフラッグキャリアであった中国航空公司(中航)と中央航空公司(央航)の2社の従業員は旅客機とともに集団で共産党軍に投降し(両航事件(中国語版))、中華民国は民航空運隊以外の航空会社を喪失した。民航空運隊は台北から各国への海外路線を運営し、1955年には外資色を薄めて「民航空運公司」と改称したが、米軍およびCIAのための運送や諜報なども行うなど米軍色が色濃かった。中華民国交通部および国防部空軍司令部は、CATとは違い外国勢力の影響の及ばない、中華民国のみが影響を行使できるフラッグキャリアの設立を意図し、中華航空公司の創設につながった。
当初は水陸両用機PBY-5Bを利用した台北 – 日月潭の不期便運航からスタートし、金門と馬祖への軍事物資や人員の輸送、軍幹部の輸送により会社の規模を拡大した。
1962年よりDC-3、DC-4、YS-11を導入し、本格的に民間航空輸送業務を開始。同年10月に開始した台北 – 花蓮線は中華航空で初めての定期路線となった。
1966年にはサイゴン(現・ホーチミン)線、1967年には東京・大阪・沖縄線が就航し、アジアにネットワークを拡大。
1970年には自社初のジェット機であるボーイング707を導入、台北 – 東京 – サンフランシスコ線に就航し、台湾のフラッグキャリアとしての地位を確立。
1983年、バンコク経由アムステルダム線を開設。台湾の航空会社で初めてのヨーロッパ路線となる。
1991年、中国政府による「一つの中国」政策により、定期便の就航が継続できない地域への航空路確保を目的に、和信グループとの合弁でマンダリン航空を設立。
1993年より台湾証券取引所に株式が上場され、完全民営会社となる。
機体の塗装は、かつては真ん中に中華民国の国旗(青天白日満地紅旗)が、他の国家の航空会社と同様に、小さく描かれていた。しかし中国の共産党が、香港返還後の中国領土となった香港国際空港への乗り入れを盾に圧力をかけたため、1995年より台湾の国花である梅の花弁をトレードマークとして採用している。
同時に機体の社名表記は「中華航空公司」から「CHINA AIRLINES」へと変更されたが、「華航」という印影のデザインは残されている。呼出符号として用いられる「ダイナスティ(Dynasty)」は、英語の「王朝」という意味で、機内誌・各種サービスの名称にも使われる。
2003年、54年間凍結されていた中国大陸行き直行便を運航。初めは上海行き春節チャーター便にて、2008年より各地に定期便として就航。
2006年、本社を台北市から桃園空港に隣接するCAL Parkへ移転。台北市のオフィスは台北支店として存続。
2010年9月14日に、航空連合・スカイチームへの加盟に調印、2011年9月28日に正式加盟[4][5]。これを記念して、スカイチーム特別塗装を施したボーイング747-400(機体記号:B-18211[6])、エアバスA330-300(B-18311)を運航している。同時に1995年から利用されていたロゴが若干変更された[7]。(2010年にエンジン不調があったボーイング747-400(機体記号Bー18214)は10月に運航再開しスカイチームロゴをつけていたが2012年に完全塗装変更した)
2016年12月1日からは、行政院の決定に基づき、11月22日に解散を決めたトランスアジア航空が運航していた路線のほとんど(金門-澎湖線を除く)を引き継くことになった[8][9]。
2017年1月10日より、東京/羽田-台北/松山線に加え、日本航空(JAL)とチャイナエアラインが日台間を結ぶすべての便に於いて、双方でコードシェアを開始[10]。次の段階として、貨物便やマイレージサービス、日台双方の国内線にもコードシェアの拡大を予定している。
航空券の座席予約システム(CRS)は、アマデウスITグループが運営するアマデウスを利用している[11]。

サービス[編集]
建築デザイナー陳瑞憲(Ray Chen)のもと、2015年より「Next Gen」と題したリブランディングプロジェクトを実施しており、客室の内装、食器、アメニティから制服、小物に至るまで、全デザインとコンセプトの統一を図り、台湾を代表する航空会社として、台湾の生活美における文化創造力を国際舞台にアピールするとしている。近年新コンセプト「Next Gen」によりデザインされたボーイング777-300ER、エアバスA350-900XWBのインテリアや機内食器は、独iFデザイン賞やグッドデザイン賞を獲得している[12]。
2018年1月現在、Skytrax社による航空会社レーティングにおいて4ツ星の評価[13]や、米グローバルトラベラーマガジン社の北アジアベストエアラインを5年連続受賞するなど[14]、サービスに関して世界から高い評価を得ている。

機内食[編集]
医食同源の元に機内食メニューが考案されており、ビジネスクラスでは、トンポーロー・魯肉飯・粥などの中華料理、日本料理を選択することも可能な路線があり、ウェブサイトのE-メニューから事前予約を受け付けている。
また、飛行時間が1時間半を超える路線と、台北-香港間では、基本的にホットミールが提供されており、食のタブーに配慮した、精進料理や各種宗教料理、子供向け料理も、事前リクエストが可能となっている。

客室乗務員[編集]
台湾-日本間のフライトでは、就航開始時より原則すべての便に日本人乗務員が乗務しており、日本語対応ができる台湾人クルーも多く在籍している。
女性クルーの制服は1962年の制定時より、チャイナドレスをイメージモデルとして採用している。近年はピンクや紫をメインとした制服が人気であったが、2015年8月1日から14代目となる先進的なデザインの新制服へと変更となった。
なお、約120名の日本人クルーが成田ベースとして所属しているが、勤務体系や労働条件は台湾本社所属の乗務員とは大きく異なり、日台路線中心の乗務を行っている。[3][15]
マイレージ[編集]
マイレージサービスは「ダイナスティ・フライヤー」(華夏哩程酬賓計畫)と呼ばれるプログラムが提供されている。スカイチーム加盟各社のほか、マンダリン航空、ハワイアン航空と提携している。特典は家族や他人への譲渡[3]が可能である。アメリカン・エキスプレスのポイントを同プログラムのマイルに転換することも可能である。

貨物部門[編集]
2014年現在、21機の貨物専用のボーイング747-400F型機が台北―成田、関西―シカゴ等、世界33空港に就航し、毎週91便の貨物便を運航している。
ワイドボディ、長距離路線を多く保有する旅客機の貨物スペースも活用し、台北をハブとしたネットワークで4大陸を結ぶ。日系キャリアを大きく引き離す取扱い国際貨物量129万6千トンを誇り、IATA国際航空カーゴキャリアとして第6位にランキングされている[16]。

就航都市[編集]

チャイナエアライン 就航都市(2020年1月現在)
国 / 地域

都市

空港

備考
東アジア
台湾

台北

台湾桃園国際空港

メインハブ空港
台北松山空港

台中

台中国際空港

台南

台南空港

高雄

高雄国際空港

準ハブ空港
香港

香港

香港国際空港
中国

北京

北京首都国際空港

上海

上海浦東国際空港

上海虹橋国際空港

重慶

重慶江北国際空港

広州

広州白雲国際空港

深圳

深圳宝安国際空港

大連

大連周水子国際空港

青島

青島流亭国際空港

煙台

煙台萊山国際空港

威海

威海大水泊空港

鄭州

鄭州新鄭国際空港

貨物便のみ
西安

西安咸陽国際空港

南京

南京禄口国際空港

貨物便のみ
無錫

蘇南碩放国際空港

徐州

徐州観音空港

合肥

合肥新橋国際空港

南昌

南昌昌北国際空港

武漢

武漢天河国際空港

成都

成都双流国際空港

廈門

廈門高崎国際空港

貨物便のみ
海口

海口美蘭国際空港

三亜

三亜鳳凰国際空港

日本

東京

東京国際空港

成田国際空港

焦点空港
大阪

関西国際空港

名古屋

中部国際空港

札幌

新千歳空港

富山

富山空港

静岡

静岡空港

広島

広島空港

高松

高松空港

福岡

福岡空港

熊本

熊本空港

宮崎

宮崎空港

鹿児島

鹿児島空港

沖縄

那覇空港

石垣

新石垣空港

季節運航(夏季スケジュール)
韓国

ソウル

仁川国際空港

金浦国際空港

釜山

金海国際空港

[17]東南アジア
フィリピン

マニラ

ニノイ・アキノ国際空港

カリボ

カリボ国際空港

マンダリン航空から再移管(2015年10月より)
セブ

マクタン・セブ国際空港

2020年3月29日より就航[18] ベトナム

ハノイ

ノイバイ国際空港

ホーチミンシティ

タンソンニャット国際空港

カンボジア

プノンペン

プノンペン国際空港

タイ

バンコク

スワンナプーム国際空港

焦点空港
チェンマイ

チェンマイ国際空港

2020年6月23日より復便[19] ミャンマー

ヤンゴン

ヤンゴン国際空港

マレーシア

クアラルンプール

クアラルンプール国際空港

ペナン

ペナン国際空港

シンガポール

シンガポール

シンガポール・チャンギ国際空港

焦点空港
インドネシア

ジャカルタ

スカルノ・ハッタ国際空港

スラバヤ

ジュアンダ国際空港

シンガポール経由
デンパサール

ングラ・ライ国際空港

南アジア
インド

デリー

インディラ・ガンディー国際空港

西アジア
UAE

ドバイ

アール・マクトゥーム国際空港

貨物便のみ(2015年4月16日よりアブダビ国際空港から変更)
ヨーロッパ
 オーストリア

ウィーン

ウィーン国際空港

 チェコ

プラハ

ルズィニエ国際空港

貨物便のみ
ドイツ

フランクフルト

フランクフルト空港

オランダ

アムステルダム

アムステルダム・スキポール空港

ルクセンブルク

ルクセンブルク

ルクセンブルク=フィンデル空港

貨物便のみ
イギリス

ロンドン

ガトウィック空港

[20] イタリア

ローマ

フィウミチーノ空港

北アメリカ
カナダ

バンクーバー

バンクーバー国際空港

アメリカ合衆国

ホノルル

ホノルル国際空港

アンカレッジ

テッド・スティーブンス・アンカレッジ国際空港

貨物便のみ
シアトル

シアトル・タコマ国際空港
サンフランシスコ

サンフランシスコ国際空港

ロサンゼルス

ロサンゼルス国際空港

オンタリオ

オンタリオ国際空港

[21]ダラス

ダラス・フォートワース国際空港

貨物便のみ
ヒューストン

ジョージ・ブッシュ・インターコンチネンタル空港
シカゴ

シカゴ・オヘア国際空港
アトランタ

ハーツフィールド・ジャクソン・アトランタ国際空港
マイアミ

マイアミ国際空港
ニューヨーク

ジョン・F・ケネディ国際空港

オセアニア
グアム

グアム

グアム国際空港

パラオ

パラオ

パラオ国際空港

オーストラリア

シドニー

シドニー国際空港

ブリスベン

ブリスベン国際空港

メルボルン

メルボルン国際空港

ニュージーランド

オークランド

オークランド国際空港

ブリスベン経由
クライストチャーチ

クライストチャーチ国際空港

メルボルン経由季節運航(冬季スケジュール)
休・廃止路線
中国

福州

福州長楽国際空港

貨物便のみ
常州

常州奔牛空港

ウルムチ市

ウルムチ地窩堡国際空港

タイ

プーケット

プーケット国際空港

インドネシア

メダン

ポロニア国際空港

インド

チェンナイ

チェンナイ国際空港

貨物便のみ
スリランカ

コロンボ

バンダラナイケ国際空港
UAE

アブダビ

アブダビ国際空港

旅客便、貨物便
ドバイ

ドバイ国際空港

貨物便のみ
サウジアラビア

ダーラン

ダーラン国際空港

ジッダ

キング・アブドゥルアズィーズ国際空港

 スウェーデン

ストックホルム

ストックホルム・アーランダ空港

貨物便のみ
スイス

チューリッヒ

チューリッヒ国際空港

イギリス

ロンドン

ヒースロー国際空港

マンチェスター

マンチェスター空港

貨物便のみ
イタリア

ミラノ

ミラノ・マルペンサ国際空港
 エジプト

カイロ

カイロ国際空港

南アフリカ共和国

ヨハネスブルグ

ヨハネスブルグ国際空港

アメリカ合衆国

シアトル

シアトル・タコマ国際空港

旅客便
ヒューストン

ジョージ・ブッシュ・インターコンチネンタル空港
ナッシュビル

ナッシュビル国際空港

貨物便のみ

運航機材[編集]
2021年7月現在、チャイナエアラインの機材は以下の通りである。

チャイナエアライン 運航機材一覧

機材

保有数

発注数

座席数

備考
C

W

Y


エアバスA321neo

1

25

12

168

180

5機の追加発注権あり
2021年より運航開始予定
ボーイング737-800を置き換え予定

エアバスA330-300

23

36

277

313

うち1機は「雲門舞集」特別塗装機
うち1機は設立60周年記念ロゴ特別塗装機
うち1機はスカイチーム特別塗装機

30

277

307
エアバスA350-900

14

32

31

243

306

うち1機は「ミカドキジ」特別塗装機
うち1機は「ヤマムスメ」特別塗装機
うち1機は設立60周年記念ロゴ特別塗装機
うち1機はエアバスとチャイナエアの共同塗装機

ボーイング737-800

17

8

150

158

全機ウイングレット装着機
全機A321neoに置き換え予定
うち1機は「三熊友達」特別塗装機[22]うち1機は設立60周年記念ロゴ特別塗装機

8

153

161
ボーイング777-300ER

10

40

62

256

358

うち1機は設立60周年記念ロゴ特別塗装機
うち1機はボーイングとチャイナエアの共同塗装機

ボーイング787

16

エアバス330-330を置き換え
貨物機
ボーイング747-400F

18

貨物

うち1機は設立60周年記念ロゴ特別塗装機
ボーイング777F

3

7[23]
貨物

合計

86

28

チャイナエアラインが発注したボーイング社製航空機の顧客番号(カスタマーコード)は09で、航空機の形式名は747SP-09, 747-209B, 747-409, 737-809 などとなる。
また、「ヤマムスメ」特別塗装のA350はエアバスにとって納入100機目のA350となる。

画像[編集]
@media all and (max-width:720px).mw-parser-output .mod-gallerywidth:100%!important.mw-parser-output .mod-gallerydisplay:table.mw-parser-output .mod-gallery-defaultbackground:transparent;margin-top:.3em.mw-parser-output .mod-gallery-centermargin-left:auto;margin-right:auto.mw-parser-output .mod-gallery-leftfloat:left;margin-right:1em.mw-parser-output .mod-gallery-rightfloat:right.mw-parser-output .mod-gallery-nonefloat:none.mw-parser-output .mod-gallery-collapsiblewidth:100%.mw-parser-output .mod-gallery .title,.mw-parser-output .mod-gallery .main,.mw-parser-output .mod-gallery .footerdisplay:table-row.mw-parser-output .mod-gallery .title>divdisplay:table-cell;text-align:center;font-weight:bold.mw-parser-output .mod-gallery .main>divdisplay:table-cell.mw-parser-output .mod-gallery .galleryline-height:1.35em.mw-parser-output .mod-gallery .footer>divdisplay:table-cell;text-align:right;font-size:80%;line-height:1em.mw-parser-output .mod-gallery .title>div *,.mw-parser-output .mod-gallery .footer>div *overflow:visible.mw-parser-output .mod-gallery .gallerybox imgbackground:none!important.mw-parser-output .mod-gallery .bordered-images .thumb imgoutline:solid #eaecf0 1px;border:none.mw-parser-output .mod-gallery .whitebg .thumbbackground:#fff!important

エアバスA330-300

エアバスA330-300(Fruit sweet Livery)

エアバスA350-900

エアバスA350-900(特別塗装)

ボーイング737-800

ボーイング747-400F

ボーイング777-300ER

ボーイング777-300ER(特別塗装)

過去に保有していた機材[編集]

リスト[編集]
DC-3(1960-1965)
DC-4(1961-1965)
ロッキードL-1049 コンステレーション(1968-1974)
NAMC YS-11(1966-1978)
カラベル(Caravelle III SE-210-3)(1971-1979)
ボーイング707(1969-1985)
ボーイング727-100(1967-1982)(3機中1機は貨客混載型)
ボーイング737-200(1976-1997)
ボーイング737-400(1996-1999)
ボーイング747-100(1976-1984)
ボーイング747-200B(1978-2002)
ボーイング747-200F
ボーイング747-400(1990-2021)
ボーイング747-SP(1977-1998)
ボーイング767-200(1983-1989)
ダグラスDC-10(1974)(N54643・運航開始前に売却)
マクドネル・ダグラス MD-11(1992-2002)
エアバスA300-B4(1985-2001)
エアバスA300-600R(1987-2008)
エアバスA320-200(1991-1997)(3B-RGY、3B-RGZ)
エアバスA330-200(1994)(PT-MVA、PT-MVB・運航開始前に返却)
エアバスA340-300(1991-2017)退役機材画像[編集]

ボーイング707

ボーイング737-200

ボーイング747-200B

ボーイング747-SP

ボーイング747-200F

ボーイング747-400

ボーイング747-400設立60周年記念ロゴ特別塗装機

ボーイング767-200

ボーイング727-100

エアバスA300-B4

エアバスA340-300

エアバスA300-600R

マクドネル・ダグラスMD-11

日本におけるチャイナエアライン[編集]
日本への乗り入れは、当初は台北から大阪経由東京便が、次いで沖縄経由大阪便が就航した後、東京便が直行となった。中華民国との断交(後述)を受け一旦全ての就航が中断した後、台北から東京、福岡、沖縄などへの路線が順次就航し路線網を拡大した。[24]
長らく続いた羽田空港発着[編集]
1967年に大阪国際空港(伊丹空港)経由で東京国際空港(羽田空港)に乗り入れたのが始まり(1969年直行化)だが、1972年の日本と中華人民共和国との国交成立および中華民国(台湾)との断交を受け、台湾当局が1974年4月21日に日華間の航空路線を断絶させたため、前日をもって日本国内の各空港への乗り入れは一旦中止された。これを機に台湾ー香港を大幅増便し、香港経由にて日本ー台湾間の交通は確保し続けた。その後、1975年8月10日より羽田空港への乗り入れが再開された。※東京国際空港#成田空港開港後も参照。
1978年の千葉県成田市の新東京国際空港(成田空港、現在の成田国際空港)開港後、東京に乗り入れる国際線定期便は東京都大田区の羽田空港から成田空港に移転した。その中で、唯一中華航空(当時)のみ外交上の理由(日本政府と中華人民共和国政府の航空交渉の席上で、後者から「『中国を代表する政府』に関わる主権問題で対立する台湾の航空会社を同じ空港に乗り入れさせないように」という「圧力」があった)により成田空港へ移転せず羽田空港に残留した。この結果、都心に近い羽田空港ゆえ都内や横浜方面からのアクセスが比較的好条件であること、空港旅客サービス料が無料であること、国内線が集まる空港であり接続利便性が高いといった他社にはない優位性があった反面、他の国際線との接続利便性が低いという不利もあった。
なお、その後台湾に設立され、同じく東京に乗り入れることとなったエバー航空も同じく成田空港ではなく羽田空港に発着するようになった。しかし、成田空港暫定第2滑走路が供用された2002年4月18日、両社とも発着地を羽田空港から成田空港に変更したが、2010年10月の羽田空港再国際化に伴いエバー航空とともに8年半ぶりに羽田空港発着便の運航を再開している。

32年ぶりの大阪[編集]
2004年の日台航空協議による発着枠拡大に伴い2006年7月、関西国際空港に台北線が就航した。内訳は旅客便が週5便、貨物便が週2便であったが、その後旅客便は1日1便に増便され2015/16年冬ダイヤは1日4往復であり、さらに2016年夏ダイヤからは1日5往復[25]となる。
また、台北のみにとどまらず高雄から週12便で(2016年夏ダイヤからは週19便)、台南からも週2便運航されている。
大阪への就航は、伊丹空港に国際線が就航していたころ(1974年4月20日)から数えて約32年ぶりである。

日本路線[編集]
2017年2月1日現在、日本国内 – 台北/桃園に週147便、台北/松山に週14便、台中に週4便、台南に週2便、高雄に週28便を運航。また、2017年2月21日より日本-台湾線の全路線にて日本航空(JAL)とのコードシェアを実施中。
自社運航航路(路線)の詳細は下記の通り。

関西 – 台南便就航 出発式関西国際空港、2015年10月28日
東京/成田 – 台北/桃園 : 週28-35便
東京/成田 – 高雄 : 週7便
東京/羽田 – 台北/松山 : 週14便
大阪/関西 – 台北/桃園 : 週21〜28便
大阪/関西 – 高雄 : 週9便
大阪/関西 – 台南 : 週2便
名古屋/中部 – 台北/桃園 : 週11便
札幌/新千歳 – 台北/桃園 : 週14便
札幌/新千歳 – 高雄 : 週5便
富山 – 台北/桃園 : 週4便
静岡 – 台北/桃園 : 週4便
広島 – 台北/桃園 : 週7便
高松 – 台北/桃園 : 週6便
福岡 – 台北/桃園 : 週16便
熊本 – 高雄 : 週3便 マンダリン航空による運航
宮崎 – 台北/桃園 : 週3便
鹿児島 – 台北/桃園 : 週5便
沖縄/那覇 – 台北/桃園 : 週14便 [26]
沖縄/那覇 – 高雄 : 週2便 マンダリン航空による運航
沖縄/那覇 – 台中 : 週4便 マンダリン航空による運航
石垣 – 台北/桃園 : 週2便(季節運航) [27]日本発着の定期チャーター
2011年の日台オープンスカイに伴い、台湾から日本の地方都市、また以遠権を生かし、日本の主要都市からホノルル・グアムなどの第三国へ頻繁にチャーター便の運航を行っている。
双方から送客を行うプログラムチャーターという新しい形を浸透させたことでも知られている。

東京/成田 – ホノルル
東京/成田 – グアム
山口宇部 – 台北/桃園
福島 – 台北/桃園
鳥取 – 台北/桃園
秋田 – 台北/桃園
米子 – 台北/桃園
帯広 – 台北/桃園
女満別 – 台北/桃園
花巻 – 台北/桃園
名古屋/中部 – 台中
松本 – 台北/桃園かつてはボーイング747-400により、台北とアメリカ・ニューヨーク/JFKを大阪/関西経由で結ぶフライトが運航されたこともあったが[28]、現在は運休中である[29]。なお、この関西-ニューヨーク線は、過去に運航された唯一の路線であり、他の航空会社によって運航されたことはない[29]。

事故・トラブル[編集]
詳細は「チャイナエアラインの航空事故およびインシデント」を参照
日本で起きた2つの事故[編集]
1994年4月26日、台北・中正国際空港(現:台湾桃園国際空港)発名古屋空港行きのCAL140便(エアバスA300-600R型機・登録番号B-1816)が、名古屋空港で、着陸復行を試みた際に自動操縦の着陸復行モードが解除されなかったうえに操縦ミスが重なり失速し、腹打ちになる形で墜落。折り返しの便の燃料も積んでいた機体は大破し爆発、乗客乗員271人のうち264人が死亡し、生還した7人も重傷を負う大惨事となった。この事故は日本で日本航空123便墜落事故に次ぐ大きな事故であり、またA300型機でも3番目の死者数を出す事故となった。

詳細は「中華航空140便墜落事故」を参照
また、2007年8月20日午前10時35分頃、台北発CAL120便(ボーイング737-800型・登録記号B-18616)が那覇空港に着陸後、41番スポットに到着時に右翼エンジン付近から燃料漏れが発生し爆発炎上した。原因はボーイング社整備士による部品取り付けミスと考えられる。事故機には乗客157名(日本人23名・幼児2名を含む)、パイロット2名、客室乗務員6名(日本人乗務員1名を含む)の計165名が搭乗していたが、全員無事に脱出し、死者は無かった。

詳細は「チャイナエアライン120便炎上事故」を参照
安全への取り組みと課題[編集]
かつては中華民国軍から転籍したパイロット・整備士が多数在籍し、民間航空機との操作や設計思想の違いから、ヒューマンエラーによる事故が頻発していた。1986年2月16日に起きた澎湖諸島付近での墜落事故以来、数度に渡る死亡事故を起こしており、前述の中華航空140便の事故から通称「華航四年大限」と呼ばれるように、4年毎に多数の死者を出す重大事故を起こすジンクスがあるといわれていた。
その事故とは、

中華航空140便墜落事故(1994年4月26日)
チャイナエアライン676便墜落事故(1998年2月16日)
チャイナエアライン611便空中分解事故(2002年5月25日)である。
同社はこれまで749人の事故による死者を発生させており[30]、これは欧米アジアの主要航空会社の中にあって、極めて大きな数字である。
その後、航空機の安全性・信頼性の向上、パイロットの自社養成、外部航空会社から整備部門の責任者を招聘、日本航空退職パイロットの雇い入れなどにより、近年は安全性向上に努力しており、その結果、2002年5月に起こったチャイナエアライン611便空中分解事故以降、死者を生じる事故は発生していない。

関連会社[編集]
チャイナエアライングループの関係する主な企業は以下の通りである[31]。

マンダリン航空
タイガーエア台湾
CAL-Asia Investment
CAL Hotel
CAL Park(英語版)
Dynasty Aerotech International
Taiwan Air Cargo Terminals Limited(英語版)
Taiwan Aircraft Maintenance & Engineering Co.(TAMECO)
Taoyuan International Airport Services Limited(英語版)
Yestripなど

出典[編集]

^ 「チャイナエアライン」改名に最低40億円 懸念多く/台湾 – 中央社フォーカス台湾 2020/04/15

^ Cの文字に隠れ「台湾」 チャイナエアライン貨物機の新塗装公開 – 中央社フォーカス台湾 2020/12/15

^ a b c 「月刊エアライン 2009年3月号」イカロス出版

^ スカイチームへの加盟を予定している航空会社 – SkyTeam

^ スカイチーム加盟に向け覚書調印 – チャイナエアライン

^ B-18206

^ チャイナエアライン、スカイチーム加盟、新ロゴも発表

^ 中華航空、12月からトランスアジア路線引き継ぎへ/台湾 – 中央社フォーカス台湾 2016/11/23

^ 解散決議の復興航空、中華航空が路線引き継ぎへ 台湾当局 2016年11月24日

^ http://press.jal.co.jp/ja/release/201702/004175.html

^ 【アマデウス・ジャパンからのお知らせ】アマデウス・ジャパン、チャイナ エアライン(CI)の予約システムをアマデウス アルテアへ移行完了

^ https://www.china-airlines.com/us/en/discover/news/press-release/20160215

^ http://www.airlinequality.com/airline-reviews/china-airlines/

^ http://japan.cna.com.tw/news/atra/201712260001.aspx

^ https://www.china-airlines.com/jp/jp/career/jp-recruitment##東京ベース客室乗務員募集

^ http://japan.cna.com.tw/news/aeco/201507010008.aspx

^ チャイナエアライン、台北/釜山線に週6便で就航 FlyTeam 2013年9月2日付

^ チャイナエアライン、台北/桃園~セブ・チェンマイ線開設Traicy 2020年2月19日付

^ チャイナエアライン、6月に台北・桃園/チェンマイ線を開設 週4便FlyTeam 2020年1月15日付

^ チャイナエアライン、12月に台北/ロンドン・ガトウィック線を開設 週4便

^ チャイナエアライン、3月に台北/オンタリオ線を開設 ロサンゼルス線を減便FlyTeam 2018年1月10日

^ “Buddy Bears Livery” (日本語). www.china-airlines.com. 2019年9月29日閲覧。

^ “チャイナエアライン、777Fを4機追加発注 計10機に | FlyTeam ニュース” (日本語). FlyTeam(フライチーム). 2022年1月28日閲覧。

^ 会社案内 – チャイナエアライン(2013年1月8日閲覧)

^ http://flyteam.jp/airline/china-airlines/news/article/59934

^ 沖縄那覇-台北線 増便のおしらせ チャイナエアライン 2014年1月27日付

^ チャイナエアライン、4月から石垣/台北・桃園線に就航へ FlyTeam 2014年1月23日付

^ 旅客機アルバム (2014-2015). イカロス出版. (2014). https://www.amazon.co.jp/日本発着国際線-旅客機アルバム2014-2015-イカロス・ムック/dp/4863208553 

^ a b “チャイナエアライン、関空路線見直し JFK線と台中線は運休 高雄線は増便 | FlyTeam ニュース”. FlyTeam(フライチーム). 2019年9月18日閲覧。

^ http://aviation-safety.net/database/operator/airline-country.php?id=Bt

^ https://www.china-airlines.com/us/en/about-us/index

関連項目[編集]
航空会社の一覧
どちら様も!!笑ってヨロシク – 日本テレビ系で放送されたバラエティ番組。当番組のトップ賞や個人賞の賞品で「国際線で唯一つ、羽田空港発着(当時)のチャイナエアラインで行くハワイ旅行、現地はダイナスティホリデー(当時のチャイナエアラインの子会社)がご案内します」と紹介され、解答者にプレゼントされていた。外部リンク[編集]

ウィキメディア・コモンズには、チャイナエアラインに関連するカテゴリがあります。中華航空公司(中国語)
China Airlines(英語)
チャイナ エアライン(中華航空)(日本語)
China Airlines 中華航空 (@chinaairlines.tw) – Instagram表話編歴スカイチーム加盟航空会社
公式サイト:www.skyteam.com | Categoryアジア
厦門航空
ガルーダ・インドネシア航空
サウディア
大韓航空
チャイナエアライン
中国東方航空
ベトナム航空
ミドル・イースト航空ヨーロッパ
ITAエアウェイズ
KLMオランダ航空
アエロフロート・ロシア航空
エア・ヨーロッパ
エールフランス
タロム航空
チェコ航空北アメリカ
デルタ航空中央・南アメリカ
アエロメヒコ航空
アルゼンチン航空アフリカ
ケニア航空旧加盟
アリタリア-イタリア航空
コンチネンタル航空
コパ航空
ノースウエスト航空
中国南方航空関連項目
スカイチーム・カーゴ
表話編歴スカイマイル・パートナー航空会社
スカイチーム加盟各社アラスカ航空 – GOL航空 – ハワイアン航空 – グレイトレイクス航空 – ヴァージン・アトランティック航空 – ヴァージン・オーストラリア – ウエストジェット航空
アジア地域会員限定(マイルの利用のみ):タイ・エアアジア – ジェットスター・アジア航空 – スカイマーク

表話編歴台湾の航空会社チャイナエアライン・グループ(中国語版)
チャイナエアライン
マンダリン航空
タイガーエア台湾(格安航空会社)エバーグリーン・グループ
エバー航空
ユニー航空その他の航空会社
徳安航空
スターラックス航空かつて存在した航空会社
民航空運公司
大華航空
台灣航空
国華航空
瑞聯航空(中国語版)
トランスアジア航空
V エア
ファーイースタン航空

「https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=チャイナエアライン&oldid=91436409」から取得
カテゴリ: チャイナエアライン台湾の航空会社台湾証券取引所上場企業スカイチーム1959年設立の航空会社桃園市の企業大園区台湾のブランド

評価: 4~5 つ星
レビュー: 54 15
再生回数: 5665
[spincontent type=”j”]

中華航空エコノミークラス(シドニー⇒台北)レビュー!!機内食、座席など紹介 Youtube

2020年2月に乗った中華航空(チャイナエアライン)エコノミークラスです。

機内食、座席、などを紹介しています。今回の機種はA350-900です。
機材が古くても新しくても基本は同じ値段となりますのでぜひとも航空券を予約するときにチェックしてみましょう。

もちろん機材変更もよくあるのですが、それでも確率は高められます。

Fri, 28 FEB
CHINA AIRLINES Cl052 Economy (Y)
SYDNEY 10:10pm
TAIPEI-TAIWAN 4:00am
値段:38,000円

2. チャイナ エア ライン 機内 食 エコノミー 台北 Yomiuri

Yomiuri
チャイナ エア ライン 機内 食 エコノミー 台北

説明: チャイナ エア ライン 機内 食 エコノミー 台北 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 チャイナ エア ライン 機内 食 エコノミー 台北 は、読売で検索されたもので、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 3761
[spincontent type=”j”]

3. チャイナ エア ライン 機内 食 エコノミー 台北 Asahi Shimbun

朝日新聞
チャイナ エア ライン 機内 食 エコノミー 台北

説明: 朝日新聞で検索した チャイナ エア ライン 機内 食 エコノミー 台北 に関する上記の情報が、チャイナ エア ライン 機内 食 エコノミー 台北 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 6236
[spincontent type=”j”]

4. チャイナ エア ライン 機内 食 エコノミー 台北 The Japan Times

The Japan Times
チャイナ エア ライン 機内 食 エコノミー 台北

説明: ジャパン タイムズで検索した チャイナ エア ライン 機内 食 エコノミー 台北 に関する記事のトップです。チャイナ エア ライン 機内 食 エコノミー 台北 に関する疑問を解決するのに役立ちます。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 80 62
[spincontent type=”j”]

5. チャイナ エア ライン 機内 食 エコノミー 台北 Yomiuri Shimbun

読売新聞
チャイナ エア ライン 機内 食 エコノミー 台北

説明: チャイナ エア ライン 機内 食 エコノミー 台北 に関する詳細情報はすでにありますか? チャイナ エア ライン 機内 食 エコノミー 台北 という記事が読売新聞で検索されました。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 1939
[spincontent type=”j”]

6. チャイナ エア ライン 機内 食 エコノミー 台北 Mainichi Shimbun

毎日新聞
チャイナ エア ライン 機内 食 エコノミー 台北

説明: 毎日新聞で見つけた チャイナ エア ライン 機内 食 エコノミー 台北 に関する上記の情報が、チャイナ エア ライン 機内 食 エコノミー 台北 に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 7954
[spincontent type=”j”]

7. チャイナ エア ライン 機内 食 エコノミー 台北 Sankei Shimbun

産経新聞
チャイナ エア ライン 機内 食 エコノミー 台北

説明: 産経新聞で検索した チャイナ エア ライン 機内 食 エコノミー 台北 に関する記事のトップです。チャイナ エア ライン 機内 食 エコノミー 台北 に関する疑問を解決するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 20 13
[spincontent type=”j”]

8. チャイナ エア ライン 機内 食 エコノミー 台北 Nihon Keizai Shimbun

日本経済新聞
チャイナ エア ライン 機内 食 エコノミー 台北

説明: チャイナ エア ライン 機内 食 エコノミー 台北 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 チャイナ エア ライン 機内 食 エコノミー 台北 は、日本経済新聞で検索され、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 4948
[spincontent type=”j”]

9. チャイナ エア ライン 機内 食 エコノミー 台北 Chunichi Shimbun

中日新聞
チャイナ エア ライン 機内 食 エコノミー 台北

説明: 中日新聞で検索した チャイナ エア ライン 機内 食 エコノミー 台北 に関する上記の情報が、チャイナ エア ライン 機内 食 エコノミー 台北 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 3564
[spincontent type=”j”]

10. チャイナ エア ライン 機内 食 エコノミー 台北 Tokyo Shimbun

東京新聞
チャイナ エア ライン 機内 食 エコノミー 台北

説明: チャイナ エア ライン 機内 食 エコノミー 台北 に関する質問を解決するために、東京新聞で検索した チャイナ エア ライン 機内 食 エコノミー 台北 に関する記事のトップです。
評価: 4~5 つ星
評価: 6587
[spincontent type=”j”]

11. チャイナ エア ライン 機内 食 エコノミー 台北 Nihon Kogyo Simbun

日本工業新聞
チャイナ エア ライン 機内 食 エコノミー 台北

説明: チャイナ エア ライン 機内 食 エコノミー 台北 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 チャイナ エア ライン 機内 食 エコノミー 台北 は日本工業新聞で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 7181
[spincontent type=”j”]

12. チャイナ エア ライン 機内 食 エコノミー 台北 Nikkan Kogyo Shimbun

日刊工業新聞
チャイナ エア ライン 機内 食 エコノミー 台北

説明: 日刊工業新聞で見つけた チャイナ エア ライン 機内 食 エコノミー 台北 に関する上記の情報が、チャイナ エア ライン 機内 食 エコノミー 台北 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 4543
[spincontent type=”j”]

13. チャイナ エア ライン 機内 食 エコノミー 台北 Ainu Times

アイヌタイムス
チャイナ エア ライン 機内 食 エコノミー 台北

説明: アイヌ タイムズで検索した チャイナ エア ライン 機内 食 エコノミー 台北 に関する記事のトップです。チャイナ エア ライン 機内 食 エコノミー 台北 に関する質問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 8545
[spincontent type=”j”]

14. チャイナ エア ライン 機内 食 エコノミー 台北 Akita Sakigake Shimpo

秋田魁新報
チャイナ エア ライン 機内 食 エコノミー 台北

説明: チャイナ エア ライン 機内 食 エコノミー 台北 に関する詳細情報はすでにありますか? チャイナ エア ライン 機内 食 エコノミー 台北 という記事は、秋田魁新報で検索したものです。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 6794
[spincontent type=”j”]

15. チャイナ エア ライン 機内 食 エコノミー 台北 Chiba Nippo

千葉日報
チャイナ エア ライン 機内 食 エコノミー 台北

説明: 千葉日報で検索した チャイナ エア ライン 機内 食 エコノミー 台北 に関する上記の情報が、チャイナ エア ライン 機内 食 エコノミー 台北 に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 30 13
[spincontent type=”j”]

16. チャイナ エア ライン 機内 食 エコノミー 台北 Chugoku Shimbun

中国新聞
チャイナ エア ライン 機内 食 エコノミー 台北

説明: 中国新聞で検索した チャイナ エア ライン 機内 食 エコノミー 台北 に関する記事のトップです。チャイナ エア ライン 機内 食 エコノミー 台北 に関する疑問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 9742
[spincontent type=”j”]

17. チャイナ エア ライン 機内 食 エコノミー 台北 Daily Tohoku

デイリー東北
チャイナ エア ライン 機内 食 エコノミー 台北

説明: チャイナ エア ライン 機内 食 エコノミー 台北 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 チャイナ エア ライン 機内 食 エコノミー 台北 はデイリー東北で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 3454
[spincontent type=”j”]

18. チャイナ エア ライン 機内 食 エコノミー 台北 The Eastern Chronicle

イースタン クロニクル
チャイナ エア ライン 機内 食 エコノミー 台北

説明: イースタン クロニクルで検索した チャイナ エア ライン 機内 食 エコノミー 台北 に関する上記の情報が、チャイナ エア ライン 機内 食 エコノミー 台北 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 6857
[spincontent type=”j”]

チャイナ エア ライン 機内 食 エコノミー 台北 に関する質問

チャイナ エア ライン 機内 食 エコノミー 台北 についてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。ご質問やご提案はすべて、次の記事の改善に役立てさせていただきます。

記事 チャイナ エア ライン 機内 食 エコノミー 台北 は、私と私のチームがさまざまな情報源から編集したものです。 記事 チャイナ エア ライン 機内 食 エコノミー 台北 が役に立った場合は、チームをサポートしてください。「いいね」または「共有」してください!

検索キーワード チャイナ エア ライン 機内 食 エコノミー 台北

チャイナ エア ライン 機内 食 エコノミー 台北
方法チャイナ エア ライン 機内 食 エコノミー 台北
チュートリアル チャイナ エア ライン 機内 食 エコノミー 台北
【キーワード】 無料

Có thể bạn quan tâm: