あなたは スター ウォーズ スカイ ウォーカー の 夜明け ネタバレ について学んでいます。今日は、インターネット上の多くの情報源から私たちのチームが編集および編集した記事 スター ウォーズ スカイ ウォーカー の 夜明け ネタバレ を共有します。 スター ウォーズ スカイ ウォーカー の 夜明け ネタバレ に関するこの記事がお役に立てば幸いです。

Page Contents

スター ウォーズ スカイ ウォーカー の 夜明け ネタバレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け
Star Wars: The Rise Of Skywalker
監督
J・J・エイブラムス脚本
J・J・エイブラムスクリス・テリオ原案
コリン・トレヴォロウデレク・コノリー(英語版)原作
キャラクター創造ジョージ・ルーカス製作
キャスリーン・ケネディJ・J・エイブラムスミッチェル・レジャン(英語版)製作総指揮
カラム・グリーントミー・ゴームリー(英語版)ジェイソン・マクガトリン出演者
デイジー・リドリーアダム・ドライバージョン・ボイエガオスカー・アイザックキャリー・フィッシャーマーク・ハミルイアン・マクダーミドアンソニー・ダニエルズナオミ・アッキードーナル・グリーソンリチャード・E・グラントルピタ・ニョンゴケリー・ラッセルヨーナス・スオタモケリー・マリー・トランビリー・ディー・ウィリアムズ音楽
ジョン・ウィリアムズ撮影
ダン・ミンデル編集
メリアン・ブランドンステファン・グルーブ製作会社
ルーカスフィルムバッド・ロボット・プロダクションズ配給
ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ公開
2019年12月20日上映時間
142分[1][2][3][4][5]製作国
アメリカ合衆国言語
英語製作費
$275,000,000[6]興行収入
$1,074,144,248[7][8] $515,202,542[7][8] 73.2億円[9]前作
スター・ウォーズ/最後のジェダイテンプレートを表示『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』(原題: Star Wars: The Rise Of Skywalker)は、2019年のアメリカのスペースオペラ映画。J・J・エイブラムスが監督・共同脚本・製作を務める。『最後のジェダイ』(2017年)に続く「スター・ウォーズ」続三部作(シークエル・トリロジー)の3作目であり、「スカイウォーカー・サーガ」の完結作である。

概要
通常の映画館やIMAXの他、4DXとMX4Dで上映され[10]、MOVIX京都ではドルビーシネマでも上映される[11][12]。@media screen.mw-parser-output .fix-domainborder-bottom:dashed 1px本作はドルビービジョンとドルビーアトモスに対応しており、フォーマット上ではドルビーシネマで最適な視聴環境が実現される[要出典]。IMAXの画角では制作されていない[13]。
ディズニーの会長ボブ・アイガーはブルームバーグのインタビューで、本作の後も映画は複数企画されているものの製作を一時休止して、テレビ企画の方にフォーカスすると語り[14][15][16]、ルーカスフィルムの社長キャスリーン・ケネディも『エンターテインメント・ウィークリー』の取材に対し、今後数年間は新作映画の公開をストップすると明かした[17][18]。

ストーリー
今は亡き銀河帝国の皇帝だったパルパティーンの言葉に従い、ファースト・オーダーの最高指導者となったカイロ・レンは火山の惑星ムスタファーのかつてダース・ベイダーの城があった跡地で古代の科学技術を駆使して作られたウェイファインダーと呼ばれるシスのナビゲーターを手に入れる。これは彼を星図に載ってない銀河系の未知領域の奥深くにある惑星エクセゴルへと導く物であった。
やがて黒い岩が一面に広がる惑星エクセゴルに辿り着いた彼は、古いシスの寺院で約30年前のエンドアの戦いで敗れクローンの体に自身の魂を宿して生き延びていた[注 1]パルパティーンと出会う。パルパティーンの肉体は不完全で生命維持装置に繋がれており、裏でファースト・オーダーを操り、彼をダークサイドへと誘うための操り人形としてスノークを作り上げていたのである。パルパティーンは長い年月を掛けて極秘に建造を進めていた惑星を破壊できる「アキシャル・スーパーレーザー砲を搭載したジストン級スター・デストロイヤーの大艦隊「ファイナル・オーダー」の存在を明かしスノークを殺したカイロ・レンにレイを殺すように依頼、その際には大艦隊「ファイナル・オーダー」の指揮権を与えると言うのだった。
その頃レイはレジスタンスの指導者であるレイア・オーガナ将軍の下でジェダイとしての修行に励んでいた。フィンとポー・ダメロン(英語版)は、ファースト・オーダー内部のレジスタンス側スパイから受け取った「パルパティーンが生きている」という情報をレジスタンスに伝えた。レイはルーク・スカイウォーカーが残した古代の書物により、シスのウェイファインダーがあれば惑星エクセゴルに行くことができると知る。レイアは「惑星パサーナの協力者が手助けをしてくれるだろう」と打ち明け、レイ、フィン、ポー、チューバッカ、BB-8(英語版)、C-3POの6人はミレニアム・ファルコンで出発した。
砂漠の惑星パサーナで一行はランド・カルリジアンに出会う。ランドはシスのウェイファインダーがありそうな場所を指摘した。カイロもフォースのつながりを通じてレイの居場所を突き止めレン騎士団とともにそこへ出向く。レイとその一行は殺人者オーチの残した彼の宇宙船とドロイド (D-O)、そしてシスの言葉で何かが書かれているダガーナイフを見つけた。ナイフに書かれた文章はウェイファインダーのありかで、C-3POには理解できたがシスの言語の翻訳はプログラムでブロックされていた。カイロがそばにいることを察したレイは彼と対決することにした。その間、ミレニアム・ファルコンとチューバッカ、シスのダガーナイフがファースト・オーダーの手に落ちた。レイはチューバッカを救おうとしたが、結果としてチューバッカが乗っていると思われるファースト・オーダーの輸送船をフォース・ライトニングで破壊してしまった。レイたちはその輸送船もろともチューバッカが亡くなったものと考えていたが、とにかくオーチの宇宙船で逃げ出した。
ポーはC-3POの記憶装置に残っているシスの言葉で書かれた文章を引き出すため、雪にまみれた惑星キジーミへ行くことを提案する。暗号を解読するためにC-3POの過去の記憶は全て消去されてしまったものの、シスのウェイファインダーのある場所の座標を引き出すことができた。これは惑星エンドアの衛星ケフ・ビァにあった。その後レイはチューバッカが生きていることを感じ、一行はチューバッカを助ける作戦を開始した。カイロが雪が降る町の中でレイを探している間に、一行は上空のファースト・オーダーのスター・デストロイヤーに侵入していた。侵入にはポーの古い知り合いの女性ゾーリ・ブリスが協力してくれた。レイはスター・デストロイヤーの内部でダガーナイフを発見し無事に取り戻したが、ダガーナイフに触れた途端、かつて両親がそのナイフで殺害されたビジョンを見てしまう。またレイは、カイロから「お前は皇帝の孫娘、名前はレイ・パルパティーンだ」という衝撃の事実を告げられる[注 2]。過去にパルパティーンは、自分の傘下にあるシス・エターナルと呼ばれるカルト組織に入信している部下に命じてレイを連れ戻そうとしたが、レイの両親は娘を守るためレイを惑星ジャクーに隠したのだった。ポーとフィンとチューバッカはファースト・オーダーに捕まり処刑されかけているところをハックス将軍に助けられる。ハックス将軍は「自分こそがレジスタンスのスパイである」と明かす。ポーらのミレニアム・ファルコンでの脱出を見届けたのち、ハックス将軍自身はスパイとしてプライド忠誠将軍に処刑される。
レイらは惑星エンドアの「海の月」ケフ・バーに到着し、そこでフィンと同じくファースト・オーダーの元ストームトルーパーで、今はレジスタンスの同調者であるジャナと出会う。レイは海に横たわるデス・スターの残骸にウェイファインダーがあるとし、ジャナはその残骸へ渡る船を提供するという。カイロはレイらを追ってやはりケフ・ビァにやってきた。カイロはレイの見つけたウェイファインダーを壊し、パルパティーンに彼がとって代わる手助けをしてほしいと頼む。その時、レイアは死の床にあった。カイロはレイと闘い始めるが、レイアはフォースの力でカイロを呼んで息を引き取る。それに気を取られた隙にカイロはレイに刺された。レイアの死を知ったレイはフォースでカイロの傷を治し、自分はカイロの戦闘機TIEウィスパーを使って生前のルークと同じように惑星オク=トーに身を潜めようとした。パルパティーンを殺しダークサイドに堕ちることを恐れるレイに対し、ルークの霊体はレイアのライトセーバーを託して自身のライトセーバーとレイアのライトセーバーの2つを携えてパルパティーンと戦うよう諭す。そしてルークは自身がオク=トーへ乗って海底に隠したXウイング・「レッド5」を海底からフォースで引き上げて提供する。レイは大破したTIEウィスパーの残骸からウェイファインダーを発見しルークのレッド5に搭乗してエクセゴルに向かった。その頃レイに敗北したカイロは父親、ハン・ソロの幻影に説得され、結局自らのライトセーバーを海に投げ捨て、ベン・ソロとしての本当の自分を取り戻す。同じ頃、パルパティーンは惑星キジーミを示威行動としてプライド忠誠将軍が指揮するジストン級に破壊させた。
レジスタンスの基地ではR2-D2がC-3POの記憶を回復させており、レジスタンスはレイの残した座標をたどってエクセゴルへ向かっていた。そこではレイがパルパティーンと対決していた。カイロ・レンことベン・ソロがダークサイドから離反したことにより今度は彼女を乗っ取ろうと企み、シスの掟にのっとり自らを殺すようにけしかけた。上空ではレジスタンスとプライド忠誠将軍が指揮するファイナル・オーダーの大艦隊との激しい戦闘が繰り広げられていたが、数で勝るファイナル・オーダーに対しレジスタンスは劣勢だった。絶望的な状況の中、そこにランドが銀河中に呼び掛けて集めた人民の艦隊を引き連れて戻って来たことでレジスタンスは体勢を立て直し、ジストン級スター・デストロイヤーの弱点[注 3]を突いて徐々にファイナル・オーダーを圧倒し始める。ベンもまたレイを助けるためにやってきて、レイからライトセーバーを受け取りレン騎士団の抵抗も排除した。レイとベンが類まれなるフォースの対であることを認識し、パルパティーンは彼らの力を吸い取り活力を取り戻した。より勢いが増したフォースライトニングでレジスタンスの艦隊を攻撃し、なおも抵抗を試みたベンを地の底へ叩き落した。レイもまた弱っていたが、過去のジェダイたちの声を聴き、彼らはレイに力を貸した。立ち上がったレイにパルパティーンはフォースの稲妻で攻撃をかけるが、レイはルークとレイアのスカイウォーカー兄妹のライトセーバーで攻撃を受け止め、ついにパルパティーンを倒すも、レイは力尽きてしまう。地の底から這いあがってきたベンは自分のフォースを使ってレイを蘇生する。レイはベンを認めると、抱きしめてキスをしたが、今度はベンがそのまま絶命し、レイアと同時にフォースと一つになって肉体を消滅させる。その後、銀河のあらゆる地でレジスタンスの艦隊はパルパティーンの艦隊を壊滅させた。
レジスタンス一行は、惑星エイジャン・クロスに集結し勝利を祝う。レイもレッド5でその惑星に行き、傷だらけながらフィンやポーたちとの再会を喜ぶ。
レジスタンスと勝利を喜んだ後、レイはBB-8と共に惑星タトゥイーンにある、ルーク・スカイウォーカーが育った場所であるラーズ夫妻の住居跡を訪れる。レイは自分のライトセーバーを持ち、レイアとルークのライトセーバーは住居跡の敷地に埋めた。通りがかりの老婆に名を聞かれた彼女は、ルークとレイアの霊体が見守る中、「レイ・スカイウォーカー」と名乗る。

登場人物とキャスト
※CGキャラで声優がある場合、日本語吹き替えの声優は括弧内に表記

レイ (演デイジー・リドリー、声永宝千晶[23])
本作の主人公。辺境の惑星ジャクー出身。屑鉄集めで生計を立て孤独に暮らしていたが、BB-8を助けたことやフィンとの出会いなどによってレジスタンスに参加してファースト・オーダーと戦うことになる[24]。強力なフォースを持っており、ルーク・スカイウォーカーのもとでジェダイとして修業を積み、ルークが死んだ後もレイア・オーガナのもとでジェダイの修行を続けている。本作ではフォースで負傷を直す力を身に付けている。またパルパティーンの孫娘だったことが明らかにされた。パルパティーンと同様にフォース・ライトニングが扱え、作中では意図せず輸送船を撃沈する威力のフォース・ライトニングを放ってしまう。父母の仇であるパルパティーンを憎んでいたためダークサイドに落ちかけたが、自分を殺すよう迫るパルパティーンの誘惑を退けて打ち勝つ。パルパティーンが放ったフォース・ライトニングをルークとレイアのライトセーバーを使って受け止めて跳ね返してパルパティーンを倒した。ファミリーネームがなかったが、物語の最後に「レイ・スカイウォーカー」を名乗った。カイロ・レン(演アダム・ドライバー[注 4]、声津田健次郎[23][26][27][28][29][30])
レイア・オーガナとハン・ソロの息子。本名はベン・ソロ。ジェダイの騎士になることが期待されていたが、ファースト・オーダーの最高指導者スノークの誘惑により暗黒面に堕とされ、カイロ・レンを名乗るようになった[31]。前作でスノークを殺害してファースト・オーダーの最高指導者に収まり、今作でもその立場で登場するが、レイとの邂逅と戦いを繰り返すうちに迷いはますます大きくなり、ついに良心を取り戻してレイとともにパルパティーンに立ち向かう。パルパティーンに弾き飛ばされて致命傷を負ったが、パルパティーンを倒したレイが力尽きると彼女にフォースを送って回復させた。彼女とキスを交わした後、息を引き取って消滅した。フィン(演ジョン・ボイエガ、声杉村憲司[23][26][27][28][29][30])
元ファースト・オーダーのストーム・トルーパー。ポー・ダメロンの救出をきっかけにレジスタンスに参加した。ストームトルーパーなので名前はなかったがポーによってフィンと名付けられた。様々な危機を一緒に乗り越えたレイとは強い絆で結ばれている[32]。本作でもレイやポーと冒険を共にするが、レイをめぐってポーと三角関係のようになっている。エクセゴルでのファイナル・オーダー(シス艦隊)との戦いではポーとともに将軍として参加し、敵艦隊の旗艦の撃破に貢献した。ポー・ダメロン(英語版)(演オスカー・アイザック、声小松史法[23][26][27][28][29][30])
レジスタンスの飛行大隊を率いるエース・パイロット。レジスタンスの指導者レイア・オーガナの信頼も厚い。BB-8の持ち主だった[33]。レイやポーと冒険を共にし、レイをめぐってフィンと三角関係のようになっている。エクセゴルでのファイナル・オーダー(シス艦隊)との戦いでは死去したレイアの遺志を継いで彼女の代わりに将軍としてレジスタンスの指揮をとった。レイア・オーガナ(演キャリー・フィッシャー(アーカイブ出演)、声高島雅羅[23][26][27][28][29][30])
レジスタンスを率いる女将軍。ルークの双子の妹であり、フォースを扱える。ルークの死後、代わってレイのジェダイの修行の師となった。本作中で体調を崩し、最後の力で息子のベンに呼びかける。ルーク・スカイウォーカー(演マーク・ハミル、声島田敏[23][34][26][35][27][28][36][29][37][30])
ジェダイ・マスター。レイアの双子の兄でレイの師。前作で死亡したため、今作では霊体となってレイを諭しに現われる。C-3PO (演アンソニー・ダニエルズ、声岩崎ひろし[23][26][27][28][29][30])
R2-D2とともに旧三部作・新三部作・続三部作を通して出演するドロイド。アナキン・スカイウォーカーが幼い頃に作ったプロトコル・ドロイド。様々な宇宙言語に精通するが、本作ではシス語の翻訳がプログラム上禁止されており、シス語で書かれた手掛かりの解読ができず、それを解くために惑星キジーミのドロイドスミスのバブ・フリックからバイパス手術を受けて読み上げた。その副作用で記憶を一時失ったが、性格はあまり変わらず、後にR2-D2の記憶コピーで記憶も復元された。
R2-D2(演ハッサン・タージ・リー・タワージー)
C-3POとともに旧三部作・新三部作・続三部作を通して出演するアストロメク・ドロイド。記憶を失ったC-3POに記憶コピーして復元させた。エクセゴルの戦いではポーのXウィングに搭乗して出撃した。
BB-8(英語版)(演ブライアン・ヘーリング・デイブ・チャップマン(英語版))
ポー・ダメロンのXウィングのアストロメク・ドロイド。本作ではレイの修行中にBB-8が巻き込まれて木の下敷きになってしまい、レイとポーが口論になっていた。途中で仲間に加わるD-0とは相棒のような存在となった。
D-O(演ロビン・ガイバー・リン・ロバートソン・ブルース、声J・J・エイブラムス[38](藤高智大))
オーチが所有していたBB-8よりも小型サイズの一輪ドロイド。簡単な言語をしゃべる。BB-8の行くところにどこでもついていく相棒のような存在になる[39]。
チューバッカ (演ヨーナス・スオタモ)
ミレニアム・ファルコン号の副操縦士。ハン・ソロの相棒だった。相性はチューイ。本作では一時ファースト・オーダーにつかまる。レイは彼が乗せられたと思った輸送船をフォースで止めたが、力を入れすぎてフォース・ライトニングを放って輸送船を破壊してしまい、自分がチューイを殺したと思い悩んでいたが、彼が乗せられていたのは別の輸送船だったため無事だった。後にフィンやポーに救出される。エクセゴルの戦いにはランドとともにミレニアム・ファルコンに乗って参戦。
ランド・カルリジアン(演ビリー・ディー・ウィリアムズ、声若本規夫[23][26][27][28][29][30])
ハン・ソロの長年の悪友でミレニアム・ファルコン号の最初の所有者。賭けで負けてファルコン号はソロの物となる。旧三部作ではクラウド・シティの執政官をしていたが助けを求めにきたソロをやむなく帝国軍に引き渡し、それに後悔して反乱軍に参加、エンドアの戦いで反乱軍将軍としてデス・スター破壊の立役者となった。銀河内戦後ルーク・スカイウォーカーとともに砂漠の惑星パサーナでフォースの闇が増している原因を探っていたが答えは見つからず、そのままパサーナで暮らしていた。パサーナに来たレイたちと会いレジスタンスに協力。エクセゴルの戦いでは銀河系各地に応援を呼び掛けて人民の艦隊を引き連れて参戦し、戦いの流れを変えた。
ジャナ(演ナオミ・アッキー、声平野夏那子)
ファーストオーダー第77中隊所属のストームトルーパーだった黒人女性。彼女をはじめ同中隊メンバーは市民虐殺の命令を拒否してファーストオーダーを離脱し、惑星エンドアの海の月ケフ・バーで四足歩行の草食獣オーバクを飼いながら密かに暮らしていた。ケフ・バーにやってきたフィンやレイ、ポーらと出会う。元ストームトルーパー同士としてフィンと意気投合する。エクセゴルの戦いではフィンとともにシス艦隊の旗艦を撃破して活躍。幼い頃にファーストオーダーに誘拐されたランド・カルリジアンの娘であることを匂わせる様な描写がある。
ゾーリ・ブリス(演ケリー・ラッセル、声甲斐田裕子[23][26][27][28][29][30])
惑星キジーミの運び屋グループのリーダーを務める常時ヘルメットを着けた女性。ポーもかつてこのグループにおり、2人は息の合う間柄だったが、ポーがグループを去ったため今は複雑な関係になっている。C-3POのプログラミング解除のためにキジーミを訪れたポーと再会。一悶着あったが、ドロイドスミスのバブ・フリックのもとへポーたちを案内した。その後キジーミはファイナル・オーダーの攻撃で破壊されてしまったが、彼女は難を逃れ、BTA-NR2 Yウイング・スターファイターに搭乗して人民の艦隊とともにエクセゴルの戦いに駆けつけた。
バブ・フリック(声シャーリー・ヘンダーソン[注 5])
惑星キジーミのドロイドスミス(ドロイドの改造や再プログラムを専門とする技師)。シス語の翻訳を禁じられているC-3POの再プログラムを行った。その後キジーミはファイナル・オーダーによって破壊されるが、バブは難を逃れ、ゾーリとともにエクセゴルの戦いに参加した。
ローズ・ティコ(英語版)(演ケリー・マリー・トラン、声冠野智美)
レジスタンスの整備クルーの黄色人女性。前作に引き続いての登場だが前作ほど登場は多くない。フィンとは相変わらず仲がよさそうである。レイアの死後にはポーにレイアの遺志を継いでレジスタンスの将軍になることを求めた。エクセゴルの戦いでは地上部隊としてナビゲーションタワー破壊ならびにファイナルオーダー旗艦撃沈作戦に参戦し最後まで生き残った。
マズ・カナタ(英語版)(演クレア・ロイ・ハーベイ・リチャード・クームス・マット・デントン、声ルピタ・ニョンゴ(杉本ゆう))
フォース感応能力を持つ小柄なエイリアンの女性。1000年以上生きている。今作ではレジスタンスのメンバーとしてレイアを補佐しており、レイアの死を見届けた。レジスタンスがエクセゴルの戦いから生還した後の祝賀シーンではチューバッカにメダルを贈っている。
ウェッジ・アンティリーズ(英語版)(演デニス・ローソン、声津田英三)
旧三部作で反乱軍のエースパイロットとして活躍した。本作ではカメオ出演だが、エクセゴルの戦いに駆けつけたミレニアム・ファルコンの下部レーザー・キャノンの砲手として登場する。
シーヴ・パルパティーン(演イアン・マクダーミド、声青森伸)[23][26][27][28][29][30]
かつて銀河帝国皇帝だったシスの暗黒卿。レイの祖父だと明かされ、ファースト・オーダーの最高指導者スノークは彼の操り人形に過ぎないとされた。銀河系の未知領域の惑星エクセゴルに身を隠しており、彼を崇拝するカルト教団「シス・エターナル」を率いている。ファイナル・オーダー(シス艦隊)を編成し、シスの帝国の復活を狙う。
プライド忠誠将軍(演リチャード・E・グラント、声金子由之[23][26][27][28][29][30])
ファースト・オーダーの幹部で初登場。銀河帝国時代からの古参であり、ハックスら他の将軍より地位が高い忠誠将軍(Allegiant General)という地位にある。パルパティーンに絶対の忠誠を誓っており、エクセゴルと組むことでスターキラー基地の損失を補えるとレンに進言した。レンがライトサイドに転向した後は、シス艦隊の指揮を任されるもエクセゴルの戦いでレジスタンスや人民の艦隊に敗れ、旗艦であるリサージェント級スター・デストロイヤー「ステッドファスト」を撃沈され、運命を共にした。
ハックス将軍(英語版)(演ドーナル・グリーソン、声川本克彦)
ファースト・オーダーの幹部。前々作と前作に続いての出演だが、本作ではカイロ・レンへの服従に対する反発からレジスタンスに内通するスパイになっている。捕まったフィンとポーを逃がすのに協力したが、スパイだと見透かされていたプライド忠誠将軍に直後に処刑された。
クイン将軍(演サイモン・ペイズリー・デイ(英語版))
ファースト・オーダーの将軍の一人。会議の席上、パルパティーン率いるエクセゴルと手を組むことに懐疑的な意見を述べるも、カイロ・レンの不興を買い天井まで叩きつけられる程の強力なフォース・チョークを食らって処刑された。テミン・“スナップ”・ウェクスリー 少佐- グレッグ・グランバーグ
コニックス中尉 – ビリー・ラード(押川チカ)
ボーモント・キン – ドミニク・モナハン(五十嵐明[42])
クラウド – ニック・ケリントン(英語版)
ギャラン中尉 – マンディープ・ディヨン(英語版)
ダーシー中佐 – アマンダ・ローレンス(英語版)(磯西真喜)
パーナディ将軍 – ターニャ・ムーディー(英語版)
グリス提督 – ジェフ・フランシス(英語版)[要リンク修正]
カンディア将校 – アマンダ・ヘイル(英語版)
トラク中佐 – アミール・エル・マスリー
ブーリオ – エイダン・クック
ブーリオ(声) – パトリック・ウィリアムズ[43]
レン騎士団 – マーティン・ワイルド・アントン・シンプソン=ティディ・ルカズ・レオン・トム・ロジャース・ジョー・ケナード・アシュリー・ベック
ファースト・オーダー将校 – ブリオニー・ミラー・シリル・ヌリ(英語版)・アンジェラ・クリスチャン(英語版)・インドラ・オーヴ(英語版)・リチャード・ブレマー(英語版)・マイク・リチャード・ダーデン=スミス(英語版)・アンドリュー・ヘイヴィル(英語版)・ナセル・メモリア・パトリック・ケネディ(英語版)
レジスタンス将校 – アーロン・ニール・ジョー・ヒューエットソン・ラガッド・チャール・ミミ・ンディウェニ
アフタブ・アクバー大佐 – トム・ウィルトン
アフタブ・アクバー大佐(声) – クリス・テリオ
ナンビ・ギマ – キラン・シャー(英語版)
ナンビ・ギマ(声) – デブラ・ウィルソン
パイロット・ヴァニク – ジョセフ・アルティン(英語版)
パイロット・タイス – ヴィネット・ロビンソン
ナイン・ナン – マイク・クィン(英語版)
ナイン・ナン(声) – キプサン・ロティッチ(英語版)
タトゥイーンの老人 – アニー・ファーバンク(英語版)
エンゲル将軍 – ダイアナ・ケント(英語版)
ウィケット・W・ウォリック(英語版) – ワーウィック・デイヴィス
ポメット・ウォリック – ハリソン・デイヴィス
スパイスの運び屋 – エリオット・ホークス
オマ・トレス – ジョン・ウィリアムズ
タバラ・ゾ – フィリシア・サンダース
FN-2802 – ナイジェル・ゴッドリッチ
FN-0878 – ダーニ・ハリスン
FN-1226 – J.D. ディラード
FN-0606 – デイブ・ハーン
シス艦隊将校 – ロヘンダ・サンダル・ジェイコブ・フォーチュン=ロイド
ランダーのパイロット – アンドレア・ディアック
ベストゥーンのオーチ – リアム・クック
ドミネ・ライス – キャロリン・ヘネシー(英語版)
シスの錬金術師 – リン・ロバートソン・ブルース
カイ・スレナリ – ポール・ケイシー(英語版)
カイ・スレナリ(声) – マシュー・ウッド(英語版)
ダース・ベイダー – ジェームズ・アール・ジョーンズ(楠大典)
スノーク – アンディ・サーキス(壤晴彦)
幼少期のレイ – ジョセフィーヌ・イレーラ・ジャクソン・ケイリー・フレミング
レイの母 – ジョディ・カマー(加藤有生子)
レイの父 – ビリー・ハウル (高瀬右光)先人ジェダイの声
アナキン・スカイウォーカー – ヘイデン・クリステンセン(浪川大輔[34][35][36][37])
ルミナーラ・アンドゥリ – オリヴィア・ダボ(田中晶子[34][35][36][37])
アソーカ・タノ – アシュリー・エクスタイン(伊藤静[34][35][36][37])
アイラ・セキュラ – ジェニファー・ヘイル(甲斐田裕子[34][35][36][37])
メイス・ウィンドゥ – サミュエル・L・ジャクソン(玄田哲章[34][35][36][37])
オビ=ワン・ケノービ – ユアン・マクレガー & アレック・ギネス(森川智之[34][35][36][37])
ヨーダ – フランク・オズ(多田野曜平[34][35][36][37])
アディ・ガリア – アンジェリーク・ペラン(上田ゆう子[34][35][36][37])
ケイナン・ジャラス(英語版) – フレディ・プリンゼ・ジュニア(白熊寛嗣[34][35][36][37])
クワイ=ガン・ジン – リーアム・ニーソン(津嘉山正種[34][35][36][37])ノンクレジット
ハン・ソロ – ハリソン・フォード(磯部勉)製作
2014年6月、ライアン・ジョンソンはエピソード9の構想を練っていると発表した[44]。2015年8月には、『ジュラシック・ワールド』などのコリン・トレヴォロウが監督に就任したと発表され[45]、トレヴォロウとデレク・コノリー(英語版)は脚本の製作に着手した[46]。2016年2月に、ディズニーのCEOであるロバート・A・アイガーは本作のプリプロダクションが始まったことを認めた[47]。
2016年12月27日にキャリー・フィッシャーが亡くなり、マスメディアは彼女がエピソード9のキーパーソンを演じる予定だったと報じたが[48][49][50]、それから数週間後には、ルーカスフィルムが映画内で彼女の登場するシーンをデジタル合成する予定は無いと表明し[51]、2017年4月には、キャスリーン・ケネディがフィッシャーの登場はないと認めた[52][53]。2017年8月、ジャック・ソーン(英語版)が脚本を書くことが発表された[54][55][56]。
2017年9月、ルーカスフィルムはトレヴォロウが監督を降板したと発表し[57][58][59][60]、1週間後にはJ・J・エイブラムスが監督に復帰すると発表した[61][62][63][64]。エイブラムスは彼がCEOを務めるバッド・ロボット・プロダクションズの映画の製作に加えて、クリス・テリオと共同で脚本を担当し、ケネディやミッチェル・レジャンも加わる[65][66]。トレヴォロウとコノリーの名は「原案」としてクレジットされる[67]。
キャストはカイロ・レンにアダム・ドライバーが、レイにデイジー・リドリーが、フィンにジョン・ボイエガが、ポー・ダメロン(英語版)にオスカー・アイザックが起用されることが確定した[68]。主要撮影は2018年7月に開始される[69][70][71]。ディズニーは元々『フォースの覚醒』や『最後のジェダイ』と同様12月に公開する予定であったが、ディズニーの購入に先立って公開されたスターウォーズより一般的な時期である2019年5月24日を選んだ[72]。しかし、エイブラムスがトレヴォロウから監督を引き継いだ後、公開日は冬のホリデイシーズンに戻され、2019年12月20日に公開される予定となった[73][74][75]。
2018年1月10日、本作の音楽をジョン・ウィリアムズが担当することが発表された[76][77]。翌月、ウィリアムズは自身が音楽を製作するスターウォーズ作品は本作が最後になるだろうと発表した[78][79]が、後にこれを撤回している[80]。
2018年6月27日、『ザ・サン』はユアン・マクレガーがオビ=ワン・ケノービ役で出演すると報じ[81]、2018年7月6日にはケリー・ラッセルが出演交渉中であることが報道された[82][83][84][85]。2018年7月9日、『ハリウッド・リポーター』はビリー・ディー・ウィリアムズがランド・カルリジアン役で出演すると報じた[86][87][88][89]。2018年7月27日、新たなキャストが発表され、マーク・ハミルが続投するほか、ナオミ・アッキー、リチャード・E・グラント 、ケリー・ラッセルが新たにキャストに加わった[90]。また、亡くなったキャリー・フィッシャーが『フォースの覚醒』の未使用映像を使用して出演することも発表された[91][92][93][94][95][96][97][98][99][注 6]。これを受けてマーク・ハミルは自身のTwitterで、「彼女無しで最終章を迎えるのはほろ苦さがあります」と複雑な胸中を明かしつつ「彼女は代わりがいない存在です。彼女の代役はいないこと、そして、世界中のファンがこのニュースを聞いた時にあふれ出した愛情を、彼女が喜ぶであろうという事実に、私は慰めを見いだしているところなのです。」と『最後のジェダイ』の場面写真や2人の若かりし頃の写真と共にコメントした[107][108]。
2018年8月1日よりイギリスのロンドンにあるパインウッド・スタジオにて撮影を開始したとエイブラムス監督とジョン・ボイエガが自身のTwitterで発表した[109][110][111][112][113][114]。これを受けて、チューバッカ役のヨーナス・スオタモが「フォースとともにあらんことを (May The Force Be With You) #IX」と反応し、メッセージを贈られた『最後のジェダイ』のライアン・ジョンソン監督は、ハリソン・フォード演じるハン・ソロの画像でエイブラムス監督にエールを送った[115][116][117]。
2018年8月24日にはドミニク・モナハンの出演が報じられ[118][119][120][121][122][123]、2018年8月28日にはマット・スミスの出演の噂が報じられた[124][125][126][127][128][129][130][注 7]。
2019年2月15日には撮影が終了したことを、エイブラムス監督がTwitterで報告し[132][133][134][135][136][137]、2019年4月13日には、シカゴで開催されたイベント「スター・ウォーズ・セレブレーション」にて予告編が初公開されるとともに、副題が「THE RISE OF SKYWALKER」に決まったことが発表された他[138][139][140][141][142][143][144][145]、ナオミ・アッキーの演じるキャラクターがジャナであることが明かされた[146][147]。また、『エンパイア』の記者ジェームズ・ダイアーは、シーヴ・パルパティーンの帰還をエイブラムスに確認したとTwitterで発信した[148][149][150][151]。
2019年5月22日には、ケリー・ラッセルの演じる新キャラクターの名がゾリ・ブリス (Zorri Bliss) という仮面の悪党になることとリチャード・E・グラントがファースト・オーダーの将軍プライド (Pryde) を演じることが『ヴァニティ・フェア』によって報じられた[152][153]。
2019年6月24日には邦題が『スカイウォーカーの夜明け』に決定したことが発表された[154][155][156][157][158][159][160]。
2019年10月2日には、本作に登場する新キャラクター、バブ・フリック (Babu Frik) のビジュアルが『スター・ウォーズ』米公式Instagramで公開され[161]、10月14日には現代アーティストの村上隆が本作にカメオ出演していることが明らかになった[162][163]。
2019年11月22日から11月24日まで幕張メッセで開催された「東京コミコン2019」でポスター付き前売り券が発売され[164][165][166][167]、アメリカではオンラインチケット販売のAtom Ticketsで、販売開始から1時間でのセールスが『アベンジャーズ/エンドゲーム』の持っていた記録を破って1位になり[168]、発売開始から24時間のセールスでも第3位の『最後のジェダイ』を超えて歴代1位の『アベンジャーズ/エンドゲーム』に続く第2位を獲得した[169]。

プロモーション
2019年2月3日、北海道札幌市の第70回さっぽろ雪まつり・大通会場のUHBファミリーランド[170]にて開催された「第70回さっぽろ雪まつりオープニングセレモニー」にて、本作の日本での公開日がアメリカと同じ2019年12月20日に決定したことが発表された[171][172][173][174][175][176][177][178]。
2019年5月4日には東京の六本木ヒルズアリーナにて行われた「スター・ウォーズの日」のイベントで本作の公開に向けたカウントダウンがスタートし、イベントに出席したm-floの☆Taku Takahashiは「(邦題で)ライズ (RISE) がどう訳されるのか妄想をかき立てられますね」とコメントした[179][180][181]。また、『スター・ウォーズ』シリーズ研究の第一人者であり、字幕監修も手掛けた河原一久はシネマトゥデイのインタビューに対し、邦題が『スター・ウォーズ エピソード9/スカイウォーカーの復活(もしくは再生)』となることを予想した[182]。
2019年8月24日には、アナハイムで開催中の「D23 Expo 2019」内で新映像とティザービジュアルが公開され[183][184][185][186][187][188][189]、8月27日にはYouTubeでも公開された[190][191][192][193][194][195][196]。さらに9月20日には、「――すべて、終わらせる。」というコピーが入った日本版のポスターが公開された[197][198][199][200]。
2019年10月22日には、最終版予告編と新たなポスタービジュアルが公開され、予告編にはスターウォーズシリーズ恒例の「フォースと共にあれ (May the Force be with you. Always.)」というセリフが存在する[201][202][203][204][205][206][207][208]。
2019年11月4日には、本作の公開を記念して市川海老蔵が主演を務める歌舞伎作品「スター・ウォーズ歌舞伎」が開催されることが[209][210][211][212][213][214]、2019年11月20日には海老蔵の息子である堀越勸玄の出演が発表され[215][216][217][218][219][220]、2019年11月28日に「スター・ウォーズ歌舞伎 煉之介光刃三本」の題で上演された[221][222][223][224][225][226][227][228]。
2019年11月12日には、奈良県奈良市の世界遺産「東大寺大仏殿」で本作の公開記念と成功祈願を兼ねた「スター・ウォーズ音楽奉納」が開催された[229][230][231]。
2019年11月29日には、キャラクターポスター13種類と最新映像が公開された[232][233][234][235][236][237][238]。
2019年12月17日には日本語吹き替え版の声優11人が発表され、ランド・カルリジアン役を『ジェダイの帰還』のソフト版以来、約20年ぶりに若本規夫が担当する他、本作から新たに登場するゾーリ役を甲斐田裕子、プライド元帥役を金子由之が演じ、シスの暗黒卿パルパティーン役を青森伸が担当することが明らかになった[23][26][27][28][29][30]。
公開日の当日である2019年12月20日には、シリーズ42年の歴史を振り返る特別映像が公開された[239][240][241][242][243][244][245]。
2020年1月16日には、TOHOシネマズ六本木ヒルズで応援上映が行われ、カイロ・レンの吹き替えを務める津田健次郎に加え、シリーズファンの及川光博と武田真治が登壇した[246][247][248][249][250]。
2020年1月27日にNHK総合で放送されたドキュメンタリー番組『逆転人生』では、本作のCG制作に関わった日本人アーティスト・成田昌隆が出演し、本作を含めたスター・ウォーズシリーズの映像が放映された[251][252]。
2020年2月12日には、同年3月4日に京都市中京区の映画館「MOVIX京都」にてドルビーシネマで上映されることが発表された[11][12]。
2020年2月14日には、日本での本作の上映が同年3月5日をもって全スクリーンで終了することが発表されると共に、先人のジェダイの吹き替え声優が発表された[34][35][36][37]。
日本での上映が終了した2020年3月6日には、本編に加えて2時間45分を超えるボーナスコンテンツを収録したMovieNEXが、同年4月29日に発売されることが発表された[253][254][255]。
2020年4月8日には、本編冒頭から8分を超えるプレビュー映像が解禁された[256]。

評価
興行成績
アメリカ
本国アメリカでは、2019年12月20日から12月22日までの3日間で興行収入1億7,738万3,864ドル(約195億円)をあげ全米ボックスオフィスランキングで初登場1位に輝いた[257][258]。
公開3週目の全米ボックスオフィスランキングでは3,452万4,815ドル(約38億円)で首位を守ってV3を果たし、公開から17日間の累計は北米だけで4億5,158万2,256ドル(約497億円)に到達、北米以外でも約4億6,700万ドルの興収を上げ、全世界興収を9億1,874万3,060ドル(約1,011億円)とした[259][260]。
公開4週目の全米ボックスオフィスランキングでは約1,520万ドルで『1917 命をかけた伝令』に首位を明け渡し2位へランクダウンしたものの、公開からの累計は4億7,829万7,724ドル(約526億円)、世界興収は9億8,996万8,274ドル(約1,089億円)となった[261][262]。
公開5週目の全米ボックスオフィスランキングでは興行収入は不明だが5位へランクダウンし[263]、公開6週目の全米ボックスオフィスランキングでも興行収入は不明だが7位へランクダウンしている[264]。
公開7週目の全米ボックスオフィスランキングでは興行収入は不明だが7位をキープし[265]、公開8週目の全米ボックスオフィスランキングでは興行収入は不明だが9位へランクダウンしている[266]。

日本
日本では、公開初週の土日2日間にあたる2019年12月21日と翌22日で観客動員数67万1,000人、興行収入10億3,700万円をあげ、興行通信社による全国映画動員ランキングで初登場1位を獲得し、公開初日から3日間の累計では観客動員数101万8,851人、興行収入15億7,046万円をあげた[13][267][268][269][270][271][272]。また、22日までの4DX版の累計興行収入は、2019年の4DXオープニング実績の最高記録で、日本歴代では4番目の好成績となる1億1,200万円を突破した[273]。
公開2週目の土日2日間にあたる2019年12月28日と翌29日で観客動員数42万8,000人、興行収入6億6,700万円をあげ、興行通信社による全国映画動員ランキングで2週連続1位を獲得し、公開初日からの累計では観客動員数211万人、興行収入32億円を突破した[274][275][276]。
公開3週目の土日2日間にあたる2020年1月4日と翌5日で観客動員数31万9,000人、興行収入4億8,900万円をあげたものの、興行通信社による全国映画動員ランキングでは『アナと雪の女王2』に1位を明け渡し2位となったほか、公開初日からの累計では観客動員数347万9,408人、興行収入52億4,227万円を記録した[275][277][278][279][280][281]。
公開4週目の土日2日間にあたる2020年1月11日と翌12日で観客動員数22万1,000人、興行収入3億3,100万円をあげたものの、興行通信社による全国映画動員ランキングでは順位をさらに1つ落として3位となったほか、1月13日までの累計で観客動員数407万1,449人、興行収入61億671万円を記録し[282][283][284][285][286][287]、1月15日までの累計では観客動員数410万人、興行収入62億円を突破した[246][248]。
公開5週目の土日2日間にあたる2020年1月18日と翌19日で観客動員数11万6,000人、興行収入1億8,000万円をあげ、興行通信社による全国映画動員ランキングでは3位をキープしたほか、公開初日からの累計で観客動員数431万人、興行収入64億円を突破した[288][289][290][291][292]。
公開6週目の土日2日間にあたる2020年1月25日と翌26日での観客動員数や興行収入は不明だが、興行通信社による全国映画動員ランキングでは5位にランクダウンしたほか[293][294][295][296]、1月27日までの累計で観客動員数452万3,176人、興行収入67億7,966万円を記録した[40][41]。
公開7週目の土日2日間にあたる2020年2月1日と翌2日での観客動員数や興行収入は不明だが、興行通信社による全国映画動員ランキングでは7位にランクダウンしたほか、公開初日からの累計で観客動員数463万人、興行収入69億円を突破した[297][298][299][300][301]。
公開8週目の土日2日間にあたる2020年2月8日と翌9日での観客動員数や興行収入は不明だが、興行通信社による全国映画動員ランキングでは9位にランクダウンしたほか、公開初日からの累計で興行収入70億6,000万円を記録し[302][303][304][305][306]、2月13日までの累計で観客動員数475万人、興行収入71億円を突破した[35]。
最終的な累計観客動員数は484万人[255]、累計興行収入は73.2億円を記録した。
また、本作のDVDとBDはDVDが初週1.3万枚、BDが初週9.9万枚を売り上げ、5月5日発表の「オリコン週間DVDランキング」と「オリコン週間Blu-ray Discランキング」で共に初登場1位を獲得し[307]、BDについては翌週も週間1.4万枚を売り上げ、5月14日発表の「オリコン週間Blu-ray Discランキング」で2週連続1位を獲得した[308]。

中国
中国では上映初日に1160万元(160万米ドル)しか稼げず、トップ3の映画に大きく引き離されての第4位となり[309]、2020年1月26日時点で1億4,300万元(22億3,000万円)の興行収入を挙げている[310]。

批評
映画評論サイト「Rotten Tomatoes」によれば、2019年12月27日時点において観客支持は86%を得ているが、批評家約150人が下した肯定的な評価の割合は56 – 58%で、シリーズでは『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』に次いで2番目に評価の低い映画となった[311][312][313][314][315]。批評家の間では賛否が分かれる作品となったが、絶賛派・批判派ともに本作の特徴としてジョージ・ルーカスのオリジナル作の要素を引き継いでいて、「旧三部作」から登場している人気キャラクターが活躍していることを挙げるが、これを良いリスペクトと見るか、ノスタルジーに寄りすぎていると見るかで、評価が真逆になったようである[312]。The Hollywood Reporterのトッド・マッカーシーは「ルーカスの宇宙神話の核にある物語を、次の世代に受け渡す作品」と称える[312]。BBCのニコラス・バーバーは「ルーカスのイマジネーションをもう一度新たにリスペクトさせてくれる」と称賛する一方「この映画は才能ある人々によって愛情を込めて作られているが、彼らにできたのは、ルーカスが数十年前に描いたものを称賛することだけだった」と論じた[312]。
賛辞と批判を比較すると批判意見の方がインパクトのある言葉を使う傾向が見受けられ[312]、EW.comのダレン・フラニックは「ノスタルジック・フェスティバル」と本作を表現しつつ「映画のフォース・ゴースト版」「最終作でも続編でもリブート作でもリミックスでもなく、ゾンビだ」と強い表現で酷評し[312]、AP通信のジャック・コイルは「これまでの作品の焼き直しに過ぎず、ファンにおもねった」映画だと断じた[316]。結果として酷評の方が印象に残る形となっていると指摘される[312]。

受賞
本作は第92回アカデミー賞で「音響編集賞」「視覚効果賞」「作曲賞」の3部門にノミネートされた[317][318][319]。
第44回日本アカデミー賞では優秀外国作品賞を受賞した[320]
不祥事
製作時、出演者のジョン・ボイエガが脚本をベッドの下に放置していたのを清掃員が見つけ、インターネットのオークションサイト「eBay」に65ポンド(約9000〜9400円)で出品されたが、脚本が売却される前にオークションが取り下げられる、という騒動が起きたことが、アメリカABCのテレビ番組『グッド・モーニング・アメリカ』に出演した監督のJ・J・エイブラムスと脚本を流出させたボイエガ本人によって明かされた[321][322][323][324][325]。
本編には光過敏性発作やてんかんの症状を引き起こす場面や光点滅が含まれているとてんかん財団から指摘を受けており、ディズニーは映画館に対し、このリスクについて観客に注意喚起するよう促した[326][327]。

脚注
[脚注の使い方]注釈

^ この設定は映画の本編ではなく小説版で明らかになるものである[19][20]。

^ より正確には、パルパティーンの“失敗作のクローン”がレイの父親である[21][22]。

^ ジストン級が装備するアキシャル・スーパーレーザー砲は動力炉と直結しているのだが、シールドが張られていないため、もしスーパーレーザー砲が破壊されればそのまま連鎖誘爆によって艦そのものも破壊されるという重大な弱点を有していた。

^ アダム・ドライバーは全てのアクションシーンをノースタントで演じている[25]。

^ 吹き替えもシャーリー・ヘンダーソンが20か国語以上のセリフを自ら担当している[40][41]。

^ キャリー・フィッシャーの未使用映像による出演は全編にわたっているが、唯一の例外として若きルーク・スカイウォーカーとレイアが修行をするシーンでは、キャリーの娘であるビリー・ラードがレイアを演じ、エピソード6出演時の若いころのキャリーの顔[100]と入れ替える演出が為されている、と視覚効果スーパーバイザーのパトリック・タバックが明かした[101][102][103]。なお、この代演の経緯についてビリーやスタッフが語る映像がMovieNEXに収録されるボーナス映像「スカイウォーカーの遺産」に収録されている[104][105][106]。

^ マット・スミスについては「重要な役」を演じると報じられていたにも拘わらず、出演は確認されていない[131]。

出典

^ .mw-parser-output cite.citationfont-style:inherit.mw-parser-output .citation qquotes:”””””””‘””‘”.mw-parser-output .id-lock-free a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-free abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/6/65/Lock-green.svg”)right 0.1em center/9px no-repeat.mw-parser-output .id-lock-limited a,.mw-parser-output .id-lock-registration a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-limited a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-registration abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/d/d6/Lock-gray-alt-2.svg”)right 0.1em center/9px no-repeat.mw-parser-output .id-lock-subscription a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-subscription abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/a/aa/Lock-red-alt-2.svg”)right 0.1em center/9px no-repeat.mw-parser-output .cs1-subscription,.mw-parser-output .cs1-registrationcolor:#555.mw-parser-output .cs1-subscription span,.mw-parser-output .cs1-registration spanborder-bottom:1px dotted;cursor:help.mw-parser-output .cs1-ws-icon abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/4/4c/Wikisource-logo.svg”)right 0.1em center/12px no-repeat.mw-parser-output code.cs1-codecolor:inherit;background:inherit;border:none;padding:inherit.mw-parser-output .cs1-hidden-errordisplay:none;font-size:100%.mw-parser-output .cs1-visible-errorfont-size:100%.mw-parser-output .cs1-maintdisplay:none;color:#33aa33;margin-left:0.3em.mw-parser-output .cs1-formatfont-size:95%.mw-parser-output .cs1-kern-left,.mw-parser-output .cs1-kern-wl-leftpadding-left:0.2em.mw-parser-output .cs1-kern-right,.mw-parser-output .cs1-kern-wl-rightpadding-right:0.2em.mw-parser-output .citation .mw-selflinkfont-weight:inherit入倉功一 (10 December 2019). “『スター・ウォーズ』完結編、前夜祭上映が決定!上映時間は2時間22分”. シネマトゥデイ. 2019年12月12日閲覧。

^ “「スカイウォーカーの夜明け」12月19日に最速前夜祭上映! 上映時間は2時間22分に確定”. 映画.com. カカクコム. 10 December 2019. 2019年12月12日閲覧。

^ “「スター・ウォーズ」完結編、日米同時公開の前日に最速上映会”. 映画ナタリー. ナターシャ. 10 December 2019. 2019年12月12日閲覧。

^ “『スター・ウォーズ』完結編、全国5都市にて前夜祭上映決定 上映時間は2時間22分”. Real Sound. blueprint. 10 December 2019. 2020年3月19日閲覧。

^ “『スター・ウォーズ』完結編の上映時間は2時間22分 前夜祭上映も決定”. ORICON NEWS. 10 December 2019. 2019年12月12日閲覧。

^ “‘Star Wars: The Rise of Skywalker’ Wins $175 Million Box Office, While the Farce Be With ‘Cats'”. IndieWire. 22 December 2019. 2019年12月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年12月24日閲覧。

^ a b “Star Wars: The Rise of Skywalker (2019)”. Box Office Mojo. IMDb. 2020年5月1日閲覧。

^ a b “Star Wars: The Rise of Skywalker (2019)”. The Numbers. 2020年5月4日閲覧。

^ 2020年興行収入10億円以上番組 (PDF) – 日本映画製作者連盟 2021年1月30日閲覧。

^ “宇宙空間ならではの4DX演出も 『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』特別映像”. Real Sound. blueprint. 19 December 2019. 2020年3月19日閲覧。

^ a b “「MOVIX京都」にドルビーシネマ! オープニング作品は「Fukushima 50」”. 映画.com. カカクコム. 12 February 2020. 2020年2月14日閲覧。

^ a b “MOVIX京都にドルビーシネマがオープン、「Fukushima 50」舞台挨拶付き上映も”. 映画ナタリー. ナターシャ. 12 February 2020. 2020年2月14日閲覧。

^ a b 宇野維正 (25 December 2019). “3部作最低のスタートとなった『スカイウォーカーの夜明け』 しかし、ディズニー的には想定内?”. Real Sound. blueprint. 2020年3月19日閲覧。

^ Christopher Palmeri; Emily Chang (12 April 2019). “Star Wars Movies Will Take a Break After Episode IX, Disney Says”. Bloomberg. 2019年4月15日閲覧。

^ Charles Barfield (12 April 2019). “Disney Boss Bob Iger Says ‘Star Wars’ is Going On A Film ‘Hiatus’ After ‘Episode IX'”. The Playlist. 2019年4月15日閲覧。

^ Adam Chitwood (12 April 2019). “‘Star Wars’ Movies Will Take a “Hiatus” After ‘Episode IX’, Says Bob Iger”. collider. 2019年4月15日閲覧。

^ Anthony Breznican (13 April 2019). “Lucasfilm putting the Star Wars movies ‘on hiatus’ after this year”. Entertainment Weekly. ISSN 1049-0434. OCLC 21114137. 2019年4月17日閲覧。

^ “来年以降「スター・ウォーズ」はしばらく休止”. 映画.com. カカクコム. 17 April 2019. 2019年4月17日閲覧。

^ Bacon, Thomas (29 February 2020). “Star Wars Confirms Palpatine Was A Clone In Rise Of Skywalker”. Screen Rant. Valnet, Inc. 2020年3月11日閲覧。

^ Matt Fowler (7 March 2020). “小説版『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』でパルパティーンが〇〇〇だったことが確定する模様”. IGN Japan. 産経デジタル. 2020年3月11日閲覧。

^ Agar, Chris (4 March 2020). “Star Wars Confirms Rey’s Father Is A Failed Palpatine Clone”. Screen Rant. Valnet, Inc. 2020年3月11日閲覧。

^ Adele Ankers (6 March 2020). “『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』の小説でレイの父親がパルパティーンの失敗した〇〇〇であることが明らかに?”. IGN Japan. 産経デジタル. 2020年3月11日閲覧。

^ a b c d e f g h i j k l 倉本拓弥 (17 December 2019). “『スター・ウォーズ』完結編、吹き替え声優発表!若本規夫、島田敏、高島雅羅らレジェンド集結”. シネマトゥデイ. 2019年12月17日閲覧。

^ スターウォーズ公式サイト レイ(スカイウォーカーの夜明け)

^ 入倉功一 (26 April 2020). “『スター・ウォーズ』カイロ・レンは全てノースタント!アダム・ドライヴァーのこだわり”. シネマトゥデイ. 2020年5月15日閲覧。

^ a b c d e f g h i j k 引用エラー: 無効な <ref> タグです。「eigacom_20191217」という名前の注釈に対するテキストが指定されていません
^ a b c d e f g h i j k 引用エラー: 無効な <ref> タグです。「natalie_359733」という名前の注釈に対するテキストが指定されていません
^ a b c d e f g h i j k 引用エラー: 無効な <ref> タグです。「realsound_463124」という名前の注釈に対するテキストが指定されていません
^ a b c d e f g h i j k 引用エラー: 無効な <ref> タグです。「oricon_2151198」という名前の注釈に対するテキストが指定されていません
^ a b c d e f g h i j k 引用エラー: 無効な <ref> タグです。「20191216dog」という名前の注釈に対するテキストが指定されていません
^ スターウォーズ公式サイト カイロ・レン(スカイウォーカーの夜明け)

^ スターウォーズ公式サイト フィン(スカイウォーカーの夜明け)

^ スターウォーズ公式サイト ポー・ダメロン(スカイウォーカーの夜明け)

^ a b c d e f g h i j k l 入倉功一 (14 February 2020). “『スター・ウォーズ』完結編、3月5日で上映終了!”. シネマトゥデイ. 2020年2月14日閲覧。

^ a b c d e f g h i j k l m “伝説の完結を劇場で目撃せよ!「スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け」3月5日に上映終了”. 映画.com. カカクコム. 14 February 2020. 2020年2月14日閲覧。

^ a b c d e f g h i j k l “『スカイウォーカーの夜明け』ジェダイの先人たちの吹替版声優一挙発表! 上映は3月5日まで”. Real Sound. blueprint. 14 February 2020. 2020年3月19日閲覧。

^ a b c d e f g h i j k l “『スカイウォーカーの夜明け』ジェダイの先人達を一挙公開”. ORICON NEWS. 14 February 2020. 2020年2月14日閲覧。

^ 梅山富美子 (25 December 2019). “『スター・ウォーズ』新ドロイドD-Oの声はあの人だった!”. シネマトゥデイ. 2020年1月7日閲覧。

^ スターウォーズ公式サイト D-O(スカイウォーカーの夜明け)

^ a b 入倉功一 (29 January 2020). “『スター・ウォーズ』EP9吹替版、C-3POの本編シーン公開!新キャラの声は本国声優”. シネマトゥデイ. 2020年1月29日閲覧。

^ a b “C-3PO「最後にもう一度だけ」ファン感動の吹替版本編シーン解禁”. ORICON NEWS. 29 January 2020. 2020年1月29日閲覧。

^ igaakiraの2020年1月12日のツイート、2021年4月14日閲覧。

^ 中谷 直登 (22 December 2019). “【ネタバレ】『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』ルーク役マーク・ハミル、別のキャラクターでもこっそり出演していた”. THE RIVER. 2020年1月1日閲覧。

^ Rebecca Ford; Tatiana Siegel (20 June 2014). “‘Star Wars: Episode VIII’ Sets Director”. The Hollywood Reporter. ISSN 0018-3660. OCLC 801842708. 2014年6月20日閲覧。

^ Rebecca, Ford (15 August 2015). “‘Star Wars: Episode IX’ Sets ‘Jurassic World’ Director Colin Trevorrow to Helm”. The Hollywood Reporter. ISSN 0018-3660. OCLC 801842708. 2015年8月16日閲覧。

^ “J.J. Abrams to Write and Direct Star Wars: Episode IX”. StarWars.com. 12 September 2017. 2017年9月12日閲覧。

^ Breznican, Anthony (10 February 2016). “Star Wars: Episode VIII has started filming”. Entertainment Weekly. ISSN 1049-0434. OCLC 21114137. 2016年2月10日閲覧。

^ Lang, Brent; Littleton, Cynthia (27 December 2016). “Carrie Fisher Completed Work on ‘Star Wars: Episode VIII’ Before Her Death”. Variety. ISSN 0042-2738. OCLC 810134503. 2016年12月27日閲覧。

^ Maresca, Rachel (27 December 2016). “Carrie Fisher Wrapped Filming on ‘Star Wars: Episode VIII’: What Does Her Death Mean for ‘Episode IX’?”. Entertainment Tonight. 2016年12月27日閲覧。

^ “How will Carrie Fisher’s death affect the Star Wars franchise and will they recast Princess Leia?”. Telegraph. Reuters News Agency. 28 December 2016. 2016年12月29日閲覧。

^ “Lucasfilm: Carrie Fisher won’t be digitally recreated”. BBC News. BBC. 14 January 2017. 2017年1月14日閲覧。

^ Truitt, Brian (14 April 2017). “Kathleen Kennedy confirms Carrie Fisher won’t be in ‘Star Wars: Episode IX'”. USA Today. ISSN 0734-7456. OCLC 909907291. 2017年4月14日閲覧。

^ “レイアはやっぱりエピソード9には登場せず!ルーカスフィルム社長が明言”. 映画.com. カカクコム. 18 April 2017. 2018年7月31日閲覧。

^ Kit, Borys (1 August 2017). “‘Star Wars: Episode IX’ Gets a New Writer (Exclusive)”. The Hollywood Reporter. ISSN 0018-3660. OCLC 801842708. 2017年8月2日閲覧。

^ Au Yeung Yu Leung; Alex Gilyadov (2 August 2017). “「スター・ウォーズ/エピソード9」の脚本がリライト中と報道”. IGN Japan. 産経デジタル. 2020年3月11日閲覧。

^ “「スター・ウォーズ」最終章に新脚本家が参加”. 映画.com. カカクコム. 11 August 2017. 2018年7月31日閲覧。

^ “A Statement Regarding Star Wars: Episode IX”. StarWars.com. 5 September 2017. 2017年9月5日閲覧。

^ Kit, Borys; Galuppo, Mia (5 September 2017). “Colin Trevorrow Out as ‘Star Wars: Episode IX’ director”. The Hollywood Reporter. ISSN 0018-3660. OCLC 801842708. 2017年9月5日閲覧。

^ Jonathon Dornbush (6 September 2017). “「スター・ウォーズ エピソード9」コリン・トレヴォロウ監督が降板”. IGN Japan. 産経デジタル. 2020年3月11日閲覧。

^ “コリン・トレボロウ監督「スター・ウォーズ エピソード9」降板”. 映画.com. カカクコム. 6 September 2017. 2018年7月31日閲覧。

^ “J.J. Abrams to Write and Direct Star Wars: Episode IX”. StarWars.com. 12 September 2017. 2020年3月11日閲覧。

^ Alex Osborn (13 September 2017). “「スター・ウォーズ エピソード9」の監督はJ・J・エイブラムスに”. IGN Japan. 産経デジタル. 2020年3月11日閲覧。

^ “「スター・ウォーズ」最終章にJ・J・エイブラムスがカムバック!公開は19年12月”. 映画.com. カカクコム. 13 September 2017. 2018年7月31日閲覧。

^ “『スター・ウォーズ/エピソード9 』新監督はJ.J.エイブラムス”. ORICON NEWS. 14 September 2017. 2019年10月23日閲覧。

^ “J.J. Abrams To Write And Direct Star Wars: Episode IX”. StarWars.com. 12 September 2017. 2017年9月12日閲覧。

^ Kroll, Justin (12 September 2017). “J.J. Abrams to Replace Colin Trevorrow as Director of ‘Star Wars: Episode IX'”. Variety. ISSN 0042-2738. OCLC 810134503. 2017年9月12日閲覧。

^ 稲垣 貴俊 (18 November 2019). “『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』前監督コリン・トレボロウ、「原案」クレジットに残留へ”. THE RIVER. 2019年12月9日閲覧。

^ Hutchinson, Corey (18 December 2017). “Star Wars: Every Confirmed Cast Member For Episode 9”. Screen Rant. 2018年1月7日閲覧。

^ Britt, Ryan (22 February 2018). “J.J. Abrams Slammed Jameson With Colbert Before Accepting ‘Star Wars'”. Inverse. 2018年2月22日閲覧。

^ Alex Osborn (23 February 2018). “「スター・ウォーズ エピソード9」の脚本が完成!7月に撮影スタート”. IGN Japan. 産経デジタル. 2020年3月11日閲覧。

^ “「SW エピソード9」の脚本が完成! J・J・エイブラムス監督が報告”. 映画.com. カカクコム. 28 February 2018. 2018年7月31日閲覧。

^ Kroll, Justin (25 April 2017). “‘Star Wars: Episode IX’ Gets Release Date”. Variety. ISSN 0042-2738. OCLC 810134503. 2018年2月7日閲覧。

^ Parker, Ryan; Galuppo, Mia (12 September 2017). “J.J. Abrams to Replace Colin Trevorrow as ‘Star Wars: Episode IX’ Writer and Director”. The Hollywood Reporter. ISSN 0018-3660. OCLC 801842708. 2017年9月12日閲覧。

^ Tambini, Joe (19 December 2017). “Star Wars Episode 9: When is the next Star Wars film coming out?”. Express. OCLC 173337077. 2017年12月23日閲覧。

^ Jonathon Dornbush (13 September 2017). “「スター・ウォーズ エピソード9」の公開日が2019年12月に延期”. IGN Japan. 産経デジタル. 2020年3月11日閲覧。

^ Weiss, Josh (10 January 2018). “John Williams Says He’s Scoring Star Wars: Episode IX For J.J. Abrams”. Syfy Wire. 2018年1月11日閲覧。

^ Jones, Jordan (11 January 2018). “John Williams will be returning for Star Wars: Episode IX”. Flickering Myth. 2018年1月11日閲覧。

^ Hughes, William (3 March 2018). “John Williams says he’s only got one more of these damn Star Wars movies in him”. AVClub. 2018年3月3日閲覧。

^ 石神恵美子 (6 March 2018). “SW音楽から巨匠ジョン・ウィリアムズ引退?エピソード9で「もう十分」”. シネマトゥデイ. 2018年7月31日閲覧。

^ ドラマ「オビ=ワン・ケノービ」音楽にジョン・ウィリアムズが就任 ─ オーケストラで収録済み

^ 市川遥 (27 June 2018). “ユアン・マクレガー、オビ=ワン役で『スター・ウォーズ/エピソード9』に出演か!”. シネマトゥデイ. 2018年7月31日閲覧。

^ Kroll, Justin (6 July 2018). “Star Wars: Episode IX Eyes Keri Russell (EXCLUSIVE)”. Variety. ISSN 0042-2738. OCLC 810134503. 2018年7月6日閲覧。

^ Adam Bankhurst (7 July 2018). “『スター・ウォーズ エピソード9』に『ジ・アメリカンズ』のケリー・ラッセルが起用と報道”. IGN Japan. 産経デジタル. 2020年3月11日閲覧。

^ 倉本拓弥 (9 July 2018). “『スター・ウォーズ』エピソード9新キャストにケリー・ラッセルか”. シネマトゥデイ. 2018年7月31日閲覧。

^ “「スター・ウォーズ」エピソード9にケリー・ラッセル”. 映画.com. カカクコム. 9 July 2018. 2018年7月31日閲覧。

^ Borys, Kit (9 July 2018). “‘Star Wars’: Billy Dee Williams Reprising Role as Lando Calrissian”. The Hollywood Reporter. ISSN 0018-3660. OCLC 801842708. 2018年7月9日閲覧。

^ Alex Gilyadov (10 July 2018). “『スター・ウォーズ エピソード9』にビリー・ディー・ウィリアムスが久々にランド・カルリジアンとして出演!”. IGN Japan. 産経デジタル. 2020年3月11日閲覧。

^ 倉本拓弥 (10 July 2018). “『スター・ウォーズ』エピソード9 ランド・カルリジアンが登場へ!”. シネマトゥデイ. 2018年7月31日閲覧。

^ “「スター・ウォーズ」エピソード9にランド・カルリジアンがカムバック!?”. 映画.com. カカクコム. 10 July 2018. 2018年7月31日閲覧。

^ “STAR WARS: EPISODE IX CAST ANNOUNCED”. StarWars.com. 27 July 2018. 2018年8月3日閲覧。

^ Kroll, Justin (27 July 2018). “‘Star Wars: Episode IX’ Announces Cast; Carrie Fisher to Be Featured”. Variety. ISSN 0042-2738. OCLC 810134503. 2018年7月27日閲覧。

^ Couch, Aaron (27 July 2018). “Carrie Fisher to Appear in ‘Star Wars: Episode IX'”. The Hollywood Reporter. ISSN 0018-3660. OCLC 801842708. 2018年7月27日閲覧。

^ Breznican, Anthony (27 July 2018). “Leia and Lando return: Carrie Fisher and Billy Dee Williams will appear in Star Wars: Episode IX”. Entertainment Weekly. ISSN 1049-0434. OCLC 21114137. 2018年7月28日閲覧。

^ Hipes, Patrick (27 July 2018). “‘Star Wars: Episode IX’ Rounds Out Cast, Which Will Include Carrie Fisher In Unreleased Footage”. Deadline Hollywood. 2018年7月27日閲覧。

^ Jonathon Dornbush (28 July 2018). “『スター・ウォーズ エピソード9』のキャスト陣が発表!キャリー・フィッシャーの名前も”. IGN Japan. 産経デジタル. 2020年3月11日閲覧。

^ 市川遥 (28 July 2018). “『スター・ウォーズ』エピソード9にレイア姫再び!公式発表”. シネマトゥデイ. 2018年7月31日閲覧。

^ “「SW9」にレイアが登場!ランド役ビリー・ディー・ウィリアムズも出演”. 映画.com. カカクコム. 1 August 2018. 2018年8月3日閲覧。

^ “「スター・ウォーズ」エピソード9にキャリー・フィッシャー登場、出演者情報も発表”. 映画ナタリー. ナターシャ. 28 July 2018. 2018年7月31日閲覧。

^ “『スター・ウォーズ:エピソード9』レイアも登場 キャスト発表”. ORICON NEWS. 29 July 2018. 2019年10月23日閲覧。

^ ILM Behind the Magic: The Visual Effects of Star Wars: The Rise of Skywalker – YouTube

^ Alter, Ethan (8 January 2020). “Billie Lourd played Leia Organa and other visual effects secrets from ‘Star Wars: The Rise of Skywalker'”. Yahoo Entertainment. Yahoo. 2020年3月11日閲覧。

^ Hope Corrigan (9 January 2020). “キャリー・フィッシャーの娘 ビリー・ラードが『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』でレイアを演じていた”. IGN Japan. 産経デジタル. 2020年3月11日閲覧。

^ 中山雄一朗 (9 January 2020). “キャリー・フィッシャーの娘『スター・ウォーズ』完結編でレイアを演じていた”. シネマトゥデイ. 2020年1月9日閲覧。

^ 入倉功一 (28 April 2020). “レイアを演じたキャリー・フィッシャーさんの娘、母の出演は「贈り物」”. シネマトゥデイ. 2020年5月15日閲覧。

^ “『スター・ウォーズ』完結編 若きレイアを演じたキャリー・フィッシャーの娘”. ORICON NEWS. 28 April 2020. 2020年5月15日閲覧。

^ “キャリー・フィッシャーの娘が語る『スター・ウォーズ』撮影の舞台裏 「きっと母も喜んでいる」”. ORICON NEWS. 28 April 2020. 2020年5月15日閲覧。

^ Mark Hamillによる2018年7月30日1:20のツイート、2018年7月31日閲覧。

^ 倉本拓弥 (30 July 2018). “『スター・ウォーズ』マーク・ハミル、エピソード9レイア姫再登場へ胸中を明かす”. シネマトゥデイ. 2018年7月31日閲覧。

^ JJ Abramsによる2018年8月2日3:05のツイート、2018年8月3日閲覧。

^ John Boyegaによる2018年8月2日3:19のツイート、2018年8月3日閲覧。

^ Couch, Aaron (1 August 2018). “J.J. Abrams Shares Carrie Fisher Tribute as ‘Star Wars IX’ Production Begins”. Hollywood Reporter. ISSN 0018-3660. OCLC 801842708. 2018年8月2日閲覧。

^ Alex Gilyadov (3 August 2018). “『スター・ウォーズ エピソード9』J・J・エイブラムス監督が撮影セットの画像を初公開!”. IGN Japan. 産経デジタル. 2020年3月11日閲覧。

^ 市川遥 (2 August 2018). “『スター・ウォーズ』エピソード9撮影スタート!”. シネマトゥデイ. 2018年8月3日閲覧。

^ “J・J・エイブラムス監督「スター・ウォーズ エピソード9」のクランクインを報告”. 映画.com. カカクコム. 6 August 2018. 2018年8月17日閲覧。

^ Joonas Suotamoによる2018年8月2日3:11のツイート、2018年8月3日閲覧。

^ Rian Johnsonによる2018年8月2日3:13のツイート、2018年8月3日閲覧。

^ 稲垣 貴俊 (2 August 2018). “映画『スター・ウォーズ エピソード9』撮影開始! J・J・エイブラムス監督、ジョン・ボイエガが報告”. THE RIVER. 2018年8月2日閲覧。

^ Fleming, Mike (24 August 2018). “Dominic Monaghan Re-Unites With JJ Abrams In Star Wars: Episode IX”. Deadline Hollywood. 2018年8月24日閲覧。

^ Couch, Aaron (24 August 2018). “J.J. Abrams Shares Carrie Fisher Tribute as ‘Star Wars IX’ Production Begins”. Hollywood Reporter. ISSN 0018-3660. OCLC 801842708. 2018年8月29日閲覧。

^ Michael Domanico (27 August 2018). “『スター・ウォーズ エピソード9』にドミニク・モナハンが出演決定!『ロード・オブ・ザ・リング』のメリーなど”. IGN Japan. 産経デジタル. 2020年3月11日閲覧。

^ 倉本拓弥 (27 August 2018). “『スター・ウォーズ』エピソード9に「LOST」ドミニク・モナハン出演!”. シネマトゥデイ. 2018年8月29日閲覧。

^ Marika Hiraoka (25 August 2018). “『スター・ウォーズ/エピソード9』に「LOST」チャーリー役ドミニク・モナハン出演へ ─ J.J.エイブラムスと再タッグ”. THE RIVER. 2018年8月29日閲覧。

^ “「LOST」ドミニク・モナハン、「SW9」に参戦”. 映画.com. カカクコム. 29 August 2018. 2018年9月1日閲覧。

^ D’Alessandro, Anthony (28 August 2018). “‘Star Wars: Episode IX’ Taps ‘Doctor Who’ Alum Matt Smith”. Deadline Hollywood. 2018年8月28日閲覧。

^ Kroll, Justin (28 August 2018). “‘Star Wars: Episode IX’ Casts Matt Smith in Key Role (EXCLUSIVE)”. Variety. ISSN 0042-2738. OCLC 810134503. 2018年9月1日閲覧。

^ Alex Gilyadov (29 August 2018). “マット・スミスが『スター・ウォーズ エピソード9』に出演決定!”. IGN Japan. 産経デジタル. 2020年3月11日閲覧。

^ 倉本拓弥 (29 August 2018). “『スター・ウォーズ』エピソード9に「ドクター・フー」マット・スミス出演!”. シネマトゥデイ. 2018年9月1日閲覧。

^ 中谷 直登 (29 August 2018). “『スター・ウォーズ/エピソード9』に「ドクター・フー」マット・スミスが「重要な役」で出演決定”. THE RIVER. 2018年9月1日閲覧。

^ “J・J・エイブラムス監督「スター・ウォーズ エピソード9」にマット・スミス”. 映画.com. カカクコム. 30 August 2018. 2018年9月1日閲覧。

^ “「スター・ウォーズ」エピソード9に「ドクター・フー」のマット・スミスが出演”. 映画ナタリー. ナターシャ. 29 August 2018. 2019年2月6日閲覧。

^ Cremona, Patrick (21 December 2019). “Is Matt Smith in Star Wars: The Rise of Skywalker?”. Radio Times (英語). 2019年12月22日閲覧。

^ JJ Abramsによる2019年2月15日のツイート、2019年4月14日閲覧。

^ Jim Vejvoda (16 February 2019). “『スター・ウォーズ エピソード9』が撮影終了!J・J・エイブラムスが現場写真を公開”. IGN Japan. 産経デジタル. 2020年3月11日閲覧。

^ 倉本拓弥 (18 February 2019). “『スター・ウォーズ/エピソード9』撮影終了!”. シネマトゥデイ. 2019年4月14日閲覧。

^ “J・J・エイブラムス監督「SW エピソード9」クランクアップを発表”. 映画.com. カカクコム. 18 February 2019. 2019年4月14日閲覧。

^ “『スター・ウォーズ/エピソード9』撮影終了! J・J・エイブラムス「この恩は一生忘れない」”. Real Sound. blueprint. 19 February 2019. 2020年3月19日閲覧。

^ “『スター・ウォーズ』全撮影終了、J.J.エイブラムス監督「この恩は一生忘れない」”. ORICON NEWS. 19 February 2019. 2019年10月23日閲覧。

^ Adam Bankhurst (13 April 2019). “『スター・ウォーズ エピソード9』の正式タイトルは『ザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー』!初映像が公開”. IGN Japan. 産経デジタル. 2020年3月11日閲覧。

^ 入倉功一 (13 April 2019). “『スター・ウォーズ』エピソード9初映像&正式タイトル発表!『ライズ・オブ・スカイウォーカー』”. シネマトゥデイ. 2019年4月14日閲覧。

^ “「スター・ウォーズ エピソード9」タイトルは「THE RISE OF SKYWALKER」”. 映画.com. カカクコム. 13 April 2019. 2019年4月14日閲覧。

^ “スター・ウォーズ最新作の特報解禁、原題は「ザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー」”. 映画ナタリー. ナターシャ. 13 April 2019. 2019年4月14日閲覧。

^ “『スター・ウォーズ』最新作、原題は『ザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー』 初映像となる特報も”. Real Sound. blueprint. 13 April 2019. 2020年3月19日閲覧。

^ “『スター・ウォーズ/エピソード9』のタイトルは『THE RISE OF SKYWALKER』”. ORICON NEWS. 13 April 2019. 2019年10月23日閲覧。

^ “『スター・ウォーズ』最新作、終わりに向けた”はじめての映像”が解禁”. ORICON NEWS. 13 April 2019. 2019年10月23日閲覧。

^ “スター・ウォーズ:最新作「ザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー」の初映像公開 「物語は完結へ」”. MANTANWEB. 毎日新聞社. 13 April 2019. 2019年12月17日閲覧。

^ 入倉功一 (13 April 2019). “『スター・ウォーズ』エピソード9でレイ・フィン・ポーが共に冒険!『最後のジェダイ』から時間経過”. シネマトゥデイ. 2019年4月14日閲覧。

^ “「SW ザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー」意味深な予告の真意を探る”. 映画.com. カカクコム. 13 April 2019. 2019年4月14日閲覧。

^ James Dyerによる2019年4月13日のツイート、2019年4月15日閲覧。

^ SEBASTIAN PERIS (12 April 2019). “J. J. Abrams Confirms Ian McDiarmid’s Palpatine Returns In ‘Star Wars: The Rise of Skywalker'”. Heroic Hollywood. 2019年4月15日閲覧。

^ 入倉功一 (13 April 2019). “『スター・ウォーズ』エピソード9にパルパティーン?監督は「巨大な悪」の存在示唆”. シネマトゥデイ. 2019年4月15日閲覧。

^ “『スター・ウォーズ』完結編、不気味な笑い声とともにパルパティーン復活!?”. ORICON NEWS. 13 April 2019. 2019年10月23日閲覧。

^ Lev Grossman (22 May 2019). “Star Wars: The Rise of Skywalker Exclusive, Behind-the-Scenes Cover Story”. Vanity Fair. Condé Nast Publications. ISSN 0733-8899. OCLC 824601197. 2019年5月30日閲覧。

^ 入倉功一 (23 May 2019). “『スター・ウォーズ』エピソード9にレン騎士団登場か 新情報が明らかに”. シネマトゥデイ. 2019年5月30日閲覧。

^ 入倉功一 (24 June 2019). “『スター・ウォーズ』エピソード9邦題決定!『スカイウォーカーの夜明け』”. シネマトゥデイ. 2019年6月25日閲覧。

^ “「スター・ウォーズ」最新作、ついに邦題決定! 発表タイミングは”伝説が始まった日””. 映画.com. カカクコム. 24 June 2019. 2019年6月25日閲覧。

^ “スター・ウォーズEP9の邦題が「スカイウォーカーの夜明け」に決定”. 映画ナタリー. ナターシャ. 24 June 2019. 2019年6月25日閲覧。

^ “『スター・ウォーズ』完結編、邦題が『スカイウォーカーの夜明け』に決定”. Real Sound. blueprint. 24 June 2019. 2020年3月19日閲覧。

^ “邦題決定『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』”. ORICON NEWS. 24 June 2019. 2019年10月23日閲覧。

^ “スター・ウォーズ:シリーズ完結編の邦題は「スカイウォーカーの夜明け」”. MANTANWEB. 毎日新聞社. 24 June 2019. 2019年12月17日閲覧。

^ “『スター・ウォーズ』完結編の邦題が「スカイウォーカーの夜明け」に決定”. マイナビニュース. マイナビ. 24 June 2019. 2019年6月25日閲覧。

^ 倉本拓弥 (3 October 2019). “『スター・ウォーズ』エピソード9、新キャラはドロイドを修理!”. シネマトゥデイ. 2019年10月21日閲覧。

^ “「スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け」に村上隆氏がカメオ出演!”. 映画.com. カカクコム. 14 October 2019. 2019年10月21日閲覧。

^ “『スター・ウォーズ』最新作に村上隆が出演!? 監督と”お友達””. ORICON NEWS. 14 October 2019. 2019年10月23日閲覧。

^ 入倉功一 (1 November 2019). “『スター・ウォーズ』EP9、前売り券に特大絵巻!東京コミコン限定特典”. シネマトゥデイ. 2019年11月27日閲覧。

^ “「スター・ウォーズ」ムビチケ特典はSWの歴史絵巻、ポスター柄ムビチケセットも”. 映画ナタリー. ナターシャ. 1 November 2019. 2019年11月27日閲覧。

^ “『スター・ウォーズ』最新作、豪華特典付き前売り券発売へ コミコン限定版には全長2mの特大絵巻”. Real Sound. blueprint. 1 November 2019. 2020年3月19日閲覧。

^ “『スター・ウォーズ』前売り券、最速は東京コミコン11・22 豪華特典も”. ORICON NEWS. 1 November 2019. 2019年11月27日閲覧。

^ “映画『スター・ウォーズ』最新作、前売り券がアメリカで爆売れ”. ORICON NEWS. 25 October 2019. 2019年11月27日閲覧。

^ “「スカイウォーカーの夜明け」前売りの全米セールス、「SW」シリーズ史上最高を記録”. 映画.com. カカクコム. 28 October 2019. 2019年11月27日閲覧。

^ “雪像制作のようす”. さっぽろ雪まつり実行委員会. 2019年5月2日閲覧。

^ 土方ゆり子 (3 February 2019). “『スター・ウォーズ エピソード9』の日本公開日が発表!”. IGN Japan. 産経デジタル. 2020年3月11日閲覧。

^ 入倉功一 (3 February 2019). “『スター・ウォーズ/エピソード9』日本公開は12月20日に決定!”. シネマトゥデイ. 2019年2月6日閲覧。

^ 入倉功一 (3 February 2019). “『スター・ウォーズ』乗れる巨大雪像が完成!カイロ・レンが祝福に登場”. シネマトゥデイ. 2019年2月6日閲覧。

^ “「スター・ウォーズ エピソード9」日本公開は12月20日!さっぽろ雪まつりで巨大雪像が披露”. 映画.com. カカクコム. 4 February 2019. 2019年2月6日閲覧。

^ “「スター・ウォーズ/エピソード9」12月20日に日米同時公開、雪まつりで発表”. 映画ナタリー. ナターシャ. 3 February 2019. 2019年2月6日閲覧。

^ “『スター・ウォーズ/エピソード9』12・20日本公開 さっぽろ雪まつりで発表”. ORICON NEWS. 3 February 2019. 2019年10月23日閲覧。

^ “2年ぶりスター・ウォーズ大雪像お披露目 『エピソード9』12・20公開”. ORICON NEWS. 3 February 2019. 2019年10月23日閲覧。

^ “スター・ウォーズ:エピソード9の日本公開日は12月20日 さっぽろ雪まつりで巨大雪像披露”. MANTANWEB. 毎日新聞社. 3 February 2019. 2019年12月17日閲覧。

^ 入倉功一 (4 May 2019). “5月4日「スター・ウォーズの日」イベントに1万6,000人来場!エピソード9へのカウントダウン開始”. シネマトゥデイ. 2019年5月8日閲覧。

^ “六本木で盛大に「スター・ウォーズの日」、チューバッカ追悼のメッセージボードも”. 映画.com. カカクコム. 4 May 2019. 2019年5月8日閲覧。

^ “『スター・ウォーズの日』親子連れやコスプレしたファンで大盛況 MAKIDAIらもカウントダウン”. ORICON NEWS. 4 May 2019. 2019年10月23日閲覧。

^ 河原一久 (2019年5月4日). どうなる?『スター・ウォーズ/エピソード9』河原一久が大胆予想. インタビュアー:香取亜希. シネマトゥデイ. https://www.cinematoday.jp/news/A0006629 2019年5月8日閲覧。 

^ Jim Vejvoda (25 August 2019). “『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』の新映像でレイがダークサイドに!?ポスターも公開”. IGN Japan. 産経デジタル. 2020年3月11日閲覧。

^ 入倉功一 (25 August 2019). “『スター・ウォーズ』EP9、レイがダークサイドに?衝撃の新映像&ビジュアルD23で公開!”. シネマトゥデイ. 2019年8月27日閲覧。

^ “【D23】「スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け」ポスター&映像が公開!”. 映画.com. カカクコム. 25 August 2019. 2019年8月27日閲覧。

^ “「スター・ウォーズ」EP9のポスター公開、レイとカイロ・レンが対峙”. 映画ナタリー. ナターシャ. 25 August 2019. 2019年8月27日閲覧。

^ “『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』USポスター公開 パルパティーン皇帝が不敵な笑み”. Real Sound. blueprint. 25 August 2019. 2020年3月19日閲覧。

^ “『スター・ウォーズ』最新作、ポスタービジュアル公開”. ORICON NEWS. 25 August 2019. 2019年10月23日閲覧。

^ “スター・ウォーズ:最新作「スカイウォーカーの夜明け」のUS版ポスター解禁 皇帝パルパティーンも”. MANTANWEB. 毎日新聞社. 25 August 2019. 2019年12月17日閲覧。

^ Scott Collura (27 August 2019). “『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』D23公開映像: これはダークサイドのレイなのか?”. IGN Japan. 産経デジタル. 2020年3月11日閲覧。

^ 倉本拓弥 (27 August 2019). “『スター・ウォーズ』EP9新映像!主人公がダークサイドに転落!?”. シネマトゥデイ. 2019年9月7日閲覧。

^ “赤いライトセーバーを握るレイに衝撃!「スター・ウォーズ」最新作、特別映像公開”. 映画.com. カカクコム. 27 August 2019. 2019年9月7日閲覧。

^ “赤いライトセーバーを手にするレイの姿も、「スター・ウォーズ」EP9の新映像”. 映画ナタリー. ナターシャ. 27 August 2019. 2019年9月7日閲覧。

^ “赤いライトセーバーを手にするレイの姿も 『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』新映像”. Real Sound. blueprint. 27 August 2019. 2020年3月19日閲覧。

^ “『スター・ウォーズ』完結編、「どういうこと?」だらけの新映像公開”. ORICON NEWS. 27 August 2019. 2019年10月23日閲覧。

^ “スター・ウォーズ:レイがダークサイドに堕ちる? 「スカイウォーカーの夜明け」特別映像公開”. MANTANWEB. 毎日新聞社. 27 August 2019. 2019年12月17日閲覧。

^ 馬淵寛昭 (20 September 2019). “『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』の日本版ティザーポスターが解禁!”. IGN Japan. 産経デジタル. 2020年3月11日閲覧。

^ “すべて、終わらせる。「スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け」日本版ポスター完成”. 映画.com. カカクコム. 20 September 2019. 2019年10月21日閲覧。

^ “『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』日本版ティザーポスター US版にはないコピーが”. Real Sound. blueprint. 20 September 2019. 2020年3月19日閲覧。

^ “『スター・ウォーズ』完結編、日本版ティザーポスター解禁”. ORICON NEWS. 20 September 2019. 2019年10月23日閲覧。

^ 「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」最後の予告篇 世界同時解禁 – YouTube

^ 入倉功一 (22 October 2019). “『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』最新予告編が公開!レイとパルパティーンが対峙!?”. シネマトゥデイ. 2019年10月23日閲覧。

^ “レイ&カイロ・レンの共闘、C-3POの意味深な言葉…「スター・ウォーズ」”最後の予告編”完成”. 映画.com. カカクコム. 23 October 2019. 2019年10月23日閲覧。

^ “「スター・ウォーズ」最後の予告編、レイとカイロ・レンが共闘”. 映画ナタリー. ナターシャ. 22 October 2019. 2019年10月23日閲覧。

^ “『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』最後の予告公開 レイアとレイが抱き合うシーンも”. Real Sound. blueprint. 22 October 2019. 2020年3月19日閲覧。

^ “『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』最新予告編解禁”. ORICON NEWS. 22 October 2019. 2019年10月23日閲覧。

^ “『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』”最後の予告編”の気になる言葉”. ORICON NEWS. 22 October 2019. 2019年10月23日閲覧。

^ “スター・ウォーズ:完結編「スカイウォーカーの夜明け」予告編公開 レイ、カイロ・レン、レイア、ランドら歴代キャラ集結”. MANTANWEB. 毎日新聞社. 22 October 2019. 2019年12月17日閲覧。

^ 入倉功一 (4 November 2019). “『スター・ウォーズ』市川海老蔵主演・監修で歌舞伎化!”. シネマトゥデイ. 2019年12月4日閲覧。

^ “「スター・ウォーズ歌舞伎」11月28日開催! 市川海老蔵がカイロ・レン役に挑戦”. 映画.com. カカクコム. 4 November 2019. 2019年12月4日閲覧。

^ “「スター・ウォーズ歌舞伎」上演決定、市川海老蔵がカイロ・レン役で主演”. 映画ナタリー. ナターシャ. 4 November 2019. 2019年12月4日閲覧。

^ “市川海老蔵がカイロ・レンに、「スター・ウォーズ歌舞伎」開催決定”. ステージナタリー. ナターシャ. 4 November 2019. 2019年12月4日閲覧。

^ “市川海老蔵、”スター・ウォーズ歌舞伎”11・28開催 家族の愛と喪失がテーマ”. ORICON NEWS. 4 November 2019. 2019年12月4日閲覧。

^ “スター・ウォーズ:市川海老蔵主演・監修で歌舞伎化 11月28日に1日限りの上演”. MANTANWEB. 毎日新聞社. 4 November 2019. 2019年12月17日閲覧。

^ 入倉功一 (20 November 2019). “市川海老蔵『スター・ウォーズ』歌舞伎で親子共演!堀越勸玄の出演決定”. シネマトゥデイ. 2019年12月4日閲覧。

^ “「スター・ウォーズ歌舞伎」市川海老蔵&堀越勸玄くんの”親子共演”が実現!”. 映画.com. カカクコム. 20 November 2019. 2019年12月4日閲覧。

^ “「スター・ウォーズ歌舞伎」市川海老蔵の息子・勸玄も出演、魁煉之介の幼少期役”. 映画ナタリー. ナターシャ. 20 November 2019. 2019年12月4日閲覧。

^ “「スター・ウォーズ歌舞伎」に勸玄出演、海老蔵「親子出演にこの上ない喜び」”. ステージナタリー. ナターシャ. 20 November 2019. 2019年12月4日閲覧。

^ “市川海老蔵&勸玄くん、”スター・ウォーズ歌舞伎”で親子共演「この上ない喜び」”. ORICON NEWS. 20 November 2019. 2019年12月4日閲覧。

^ “市川海老蔵:「スター・ウォーズ歌舞伎」で勸玄君と親子共演 カイロ・レンの幼少期演じる”. MANTANWEB. 毎日新聞社. 20 November 2019. 2019年12月17日閲覧。

^ 『最後のスター・ウォーズ』公開記念・市川海老蔵主演【STAR WARS 歌舞伎】LIVE配信 – YouTube

^ 磯部正和 (28 November 2019). “市川海老蔵、一夜限りの「スター・ウォーズ歌舞伎」公開!親子でカイロ・レン熱演”. シネマトゥデイ. 2019年12月4日閲覧。

^ “「スター・ウォーズ」の世界観に響く「成田屋!」の掛け声 市川海老蔵&堀越勸玄くんが親子共演”. 映画.com. カカクコム. 28 November 2019. 2019年12月4日閲覧。

^ “「スター・ウォーズ歌舞伎」海老蔵が父との思い出回想、息子もSWファンと明かす”. 映画ナタリー. ナターシャ. 29 November 2019. 2019年12月4日閲覧。

^ “海老蔵がライトセーバー手に立廻り、一夜限りの「スター・ウォーズ歌舞伎」”. ステージナタリー. ナターシャ. 29 November 2019. 2019年12月4日閲覧。

^ “勸玄くん、一夜限りの『SW歌舞伎』でカイロ・レンの幼少期役 せりふ少なくとも深い悲しみを表現”. ORICON NEWS. 28 November 2019. 2019年12月4日閲覧。

^ “「STAR WARS歌舞伎」アーカイブ、12・5まで限定公開”. ORICON NEWS. 30 November 2019. 2019年12月4日閲覧。

^ “市川海老蔵:「スター・ウォーズ歌舞伎」で長男・勸玄と共演 完結編映画には「本当に終わるんですか?」”. MANTANWEB. 毎日新聞社. 28 November 2019. 2019年12月17日閲覧。

^ 入倉功一 (12 November 2019). “『スター・ウォーズ』奈良・東大寺コンサート開催!名曲メドレーにドロイドたちご機嫌”. シネマトゥデイ. 2019年12月4日閲覧。

^ “「スター・ウォーズ」の名曲が奈良・東大寺に響き渡る! “世界遺産企画”が有終の美”. 映画.com. カカクコム. 12 November 2019. 2019年12月4日閲覧。

^ “世界遺産・東大寺で『スター・ウォーズ』音楽奉納 「大仏様もお喜び」”. ORICON NEWS. 12 November 2019. 2019年12月4日閲覧。

^ 「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」SPOT エンド編 – YouTube

^ 入倉功一 (29 November 2019). “『スター・ウォーズ』最終決戦へ…最新映像&キャラクターポスター公開!”. シネマトゥデイ. 2019年12月3日閲覧。

^ “「スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け」最新映像&13種のキャラポスター披露!”. 映画.com. カカクコム. 29 November 2019. 2019年12月3日閲覧。

^ “「スター・ウォーズ」EP9のキャラクターポスター13種公開、新たな映像も”. 映画ナタリー. ナターシャ. 29 November 2019. 2019年12月3日閲覧。

^ “『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』最新映像&ポスター13種公開 新キャラクターの姿も”. Real Sound. blueprint. 29 November 2019. 2020年3月19日閲覧。

^ “『スター・ウォーズ』最新映像と13種のキャラクターポスターが到着”. ORICON NEWS. 29 November 2019. 2019年12月3日閲覧。

^ “スター・ウォーズ:最新映像&キャラクターポスター解禁 “光と闇”のフォースを巡る最終決戦”. MANTANWEB. 毎日新聞社. 29 November 2019. 2019年12月17日閲覧。

^ 「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」スター・ウォーズ 大いなる遺産 – YouTube

^ 倉本拓弥 (20 December 2019). “『スター・ウォーズ』42年の歴史よ永遠に…感動的な特別映像公開”. シネマトゥデイ. 2020年1月7日閲覧。

^ “ルーク、ハン・ソロ、レイアから新世代へ…「スター・ウォーズ」42年の歴史を振り返る感涙必至映像”. 映画.com. カカクコム. 20 December 2019. 2020年1月7日閲覧。

^ “「スター・ウォーズ」最終章が本日公開、新旧キャストのメイキング映像到着”. 映画ナタリー. ナターシャ. 20 December 2019. 2020年1月7日閲覧。

^ “ルークら”レジェンド”たちからレイたちへ 『スター・ウォーズ』42年の歴史捉えた特別映像公開”. Real Sound. blueprint. 20 December 2019. 2020年3月19日閲覧。

^ “「スター・ウォーズ」の歴史がつまった特別映像解禁”. ORICON NEWS. 20 December 2019. 2020年1月7日閲覧。

^ “スター・ウォーズ:ルーク、ハン・ソロ、レイア、オビ=ワン、レイ、カイロ・レン… 42年の歴史紡ぐ特別映像公開”. MANTANWEB. 毎日新聞社. 20 December 2019. 2020年1月7日閲覧。

^ a b 壬生智裕 (16 January 2020). “武田真治『スター・ウォーズ』ルークに憧れ特訓!妹に「フォースを感じろ」”. シネマトゥデイ. 2020年1月17日閲覧。

^ “及川光博、武田真治、津田健次郎が「スター・ウォーズ」ファンと作品愛分かち合う”. 映画ナタリー. ナターシャ. 16 January 2020. 2020年1月17日閲覧。

^ a b “コスプレ姿の及川光博&武田真治「スター・ウォーズ」応援上映でSW愛と感謝を叫ぶ”. 音楽ナタリー. ナターシャ. 16 January 2020. 2020年1月17日閲覧。

^ “及川光博、スター・ウォーズEP9で「数分間おえつ」 カイロ・レンのコスプレでノリノリ応援上映”. ORICON NEWS. 16 January 2020. 2020年1月17日閲覧。

^ “津田健次郎、SWが好きすぎて「工事の誘導灯が欲しくて…」 武田真治の質問攻めに苦笑い”. ORICON NEWS. 16 January 2020. 2020年1月17日閲覧。

^ “スター・ウォーズのCGを手がけた脱サラ証券マン”. 逆転人生. 27 January 2020. NHK総合. NHK. 2020年1月28日閲覧。

^ “脱サラ証券マンがスター・ウォーズのCGアーティストに、今夜NHKで特集番組放送”. 映画ナタリー. ナターシャ. 27 January 2020. 2020年1月28日閲覧。

^ 土方ゆり子 (6 March 2020). “『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』のBlu-rayとDVDを同梱したMovieNEXが4月29日に発売決定”. IGN Japan. 産経デジタル. 2020年3月11日閲覧。

^ 入倉功一 (6 March 2020). “『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』MovieNEXは4.29発売!”. シネマトゥデイ. 2020年3月9日閲覧。

^ a b “『スター・ウォーズ』完結編、デジタル配信&MovieNEX発売”. ORICON NEWS. 6 March 2020. 2020年3月9日閲覧。

^ “『スター・ウォーズ』完結編、本編冒頭8分超のプレビュー映像解禁”. ORICON NEWS. 8 April 2020. 2020年5月15日閲覧。

^ 市川遥 (24 December 2019). “続3部作では最低の出足も『スター・ウォーズ』完結編が断トツ首位!”. シネマトゥデイ. 2020年1月7日閲覧。

^ “【全米映画ランキング】「スター・ウォーズ」最終章、新三部作では最も低いOP興収に”. 映画.com. カカクコム. 24 December 2019. 2020年1月7日閲覧。

^ “スター・ウォーズ完結編がV3!”. シネマトゥデイ. 7 January 2020. 2020年1月9日閲覧。

^ “【全米映画ランキング】「スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け」がV3 「呪怨」新作が4位に”. 映画.com. カカクコム. 7 January 2020. 2020年1月7日閲覧。

^ 入倉功一 (14 January 2020). “”全編ワンカット”戦争映画『1917』拡大公開で一気にトップ上昇!”. シネマトゥデイ. 2020年1月15日閲覧。

^ “【全米映画ランキング】サム・メンデス監督の新作「1917 命をかけた伝令」が首位に”. 映画.com. カカクコム. 15 January 2020. 2020年1月15日閲覧。

^ 市川遥 (22 January 2020). “『バッドボーイズ』第3弾が全米大ヒット!『天気の子』の結果は…?”. シネマトゥデイ. 2020年1月24日閲覧。

^ 倉本拓弥 (28 January 2020). “『バッドボーイズ』第3弾がV2!シリーズ最高記録も目前”. シネマトゥデイ. 2020年1月29日閲覧。

^ 倉本拓弥 (4 February 2020). “『バッドボーイズ フォー・ライフ』3週連続で首位!”. シネマトゥデイ. 2020年2月4日閲覧。

^ 市川遥 (12 February 2020). “『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』首位デビューも思わぬ苦戦”. シネマトゥデイ. 2020年2月13日閲覧。

^ “『スター・ウォーズ』最新作が初登場1位を獲得!『僕のヒーローアカデミア〜』が3位、『仮面ライダー 令和〜』が4位に初登場(12月21日-12月22日)”. CINEMAランキング通信. 興行通信社. 23 December 2019. 2020年1月7日閲覧。

^ 梅山富美子 (23 December 2019). “『スター・ウォーズ』完結編が1位!『ヒロアカ』は3位に”. シネマトゥデイ. 2020年1月7日閲覧。

^ “【国内映画ランキング】「スター・ウォーズ」19年に公開された実写映画の3日間オープニング記録樹立!”. 映画.com. カカクコム. 23 December 2019. 2020年1月7日閲覧。

^ “「スター・ウォーズ」動員1位、「ヒロアカ」「令ジェネ」「ヒックとドラゴン」も”. 映画ナタリー. ナターシャ. 23 December 2019. 2020年1月7日閲覧。

^ “最後の「スター・ウォーズ」3日間で101万人が観た 驚異的なオープニング記録”. ORICON NEWS. 23 December 2019. 2020年1月7日閲覧。

^ “映画興行成績:「スター・ウォーズ」完結編が初登場首位 劇場版「僕のヒーローアカデミア」は3位、仮面ライダー「令ジェネ」は4位発進”. MANTANWEB. 毎日新聞社. 24 December 2019. 2020年1月7日閲覧。

^ “スター・ウォーズ:4DXの興収1億1200万円で今年トップに 歴代で4番目の好成績”. MANTANWEB. 毎日新聞社. 24 December 2019. 2020年2月14日閲覧。

^ “『スター・ウォーズ』が2週目も首位をキープ、『アナと雪の女王2』が2位、『男はつらいよ〜』最新作が4位に初登場(12月28日-12月29日)”. CINEMAランキング通信. 興行通信社. 6 January 2020. 2020年1月7日閲覧。

^ a b 宇野維正 (8 January 2020). “寅さんには救えなかった正月興行 2年連続で日本映画からヒット作は生まれず”. Real Sound. blueprint. 2020年3月19日閲覧。

^ “映画興行成績:2019年ラストは「スター・ウォーズ」完結編がV2 「男はつらいよ」「シンカリオン」が初登場”. MANTANWEB. 毎日新聞社. 6 January 2020. 2020年1月7日閲覧。

^ “『アナと雪の女王2』が首位に返り咲く!『スター・ウォーズ〜』が2位、『男はつらいよ〜』が3位にランクイン(1月4日-1月5日)”. CINEMAランキング通信. 興行通信社. 6 January 2020. 2020年1月7日閲覧。

^ 梅山富美子 (6 January 2020). “『アナと雪の女王2』強し!『男はつらいよ』新作が3位”. シネマトゥデイ. 2020年1月7日閲覧。

^ “【国内映画ランキング】「アナと雪の女王2」首位返り咲き、「SW」2位、「男はつらいよ」が3位にアップ”. 映画.com. カカクコム. 6 January 2020. 2020年1月7日閲覧。

^ “正月の動員トップは「アナ雪2」!「スター・ウォーズ」「男はつらいよ」が後追う”. 映画ナタリー. ナターシャ. 6 January 2020. 2020年1月7日閲覧。

^ “映画興行成績:「アナ雪2」が公開7週目で首位返り咲き 「スター・ウォーズ」は2位、「男はつらいよ」は3位に”. MANTANWEB. 毎日新聞社. 7 January 2020. 2020年1月9日閲覧。

^ “『アナ雪2』が2週連続で首位を獲得!『カイジ〜』が2位、『フォードvsフェラーリ』が4位、『パラサイト〜』が5位に初登場(1月11日-1月12日)”. CINEMAランキング通信. 興行通信社. 14 January 2020. 2020年1月15日閲覧。

^ 海江田宗 (14 January 2020). “『アナと雪の女王2』1位!『カイジ』が2位スタート!”. シネマトゥデイ. 2020年1月15日閲覧。

^ 吉田唯 (14 January 2020). “『スター・ウォーズ』完結編、興収60億円を突破”. シネマトゥデイ. 2020年1月15日閲覧。

^ “【国内映画ランキング】「アナ雪」V2、好スタート「カイジ」は2位、「パラサイト」は5位発進”. 映画.com. カカクコム. 14 January 2020. 2020年1月15日閲覧。

^ “「アナ雪2」が動員トップ、「カイジ」「フォードvsフェラーリ」「パラサイト」登場”. 映画ナタリー. ナターシャ. 14 January 2020. 2020年1月15日閲覧。

^ “映画興行成績:「アナ雪2」が首位返り咲きからのV2 「カイジ」は2位発進”. MANTANWEB. 毎日新聞社. 15 January 2020. 2020年1月16日閲覧。

^ “『アナと雪の女王2』が3週連続で首位に君臨!4位の『ラストレター』など新作5本が初登場(1月18日-1月19日)”. CINEMAランキング通信. 興行通信社. 20 January 2020. 2020年1月21日閲覧。

^ 海江田宗 (20 January 2020). “『アナと雪の女王2』またも1位!『ラストレター』4位スタート!”. シネマトゥデイ. 2020年1月21日閲覧。

^ “【国内映画ランキング】「アナ雪」V7で興収125億突破!新作は5本がランクイン”. 映画.com. カカクコム. 20 January 2020. 2020年1月21日閲覧。

^ “「アナ雪2」が8度目の動員トップ、初登場は「ラストレター」「記憶屋」など5本”. 映画ナタリー. ナターシャ. 20 January 2020. 2020年1月21日閲覧。

^ “映画興行成績:「アナ雪2」がV3 4位「ラストレター」、9位「メイドインアビス」など新作5本”. MANTANWEB. 毎日新聞社. 21 January 2020. 2020年1月24日閲覧。

^ “『キャッツ』が初登場1位を獲得!『カイジ ファイナルゲーム』が2位、『アナと雪の女王2』は3位(1月25日-1月26日)”. CINEMAランキング通信. 興行通信社. 27 January 2020. 2020年1月28日閲覧。

^ 海江田宗 (27 January 2020). “実写『キャッツ』が1位スタート!”. シネマトゥデイ. 2020年1月28日閲覧。

^ “「キャッツ」初登場で動員トップ!「パラサイト」は4位に浮上”. 映画ナタリー. ナターシャ. 27 January 2020. 2020年1月28日閲覧。

^ “映画興行成績:実写「キャッツ」が初登場1位 「カイジ」は2位、「アナ雪2」は3位に”. MANTANWEB. 毎日新聞社. 28 January 2020. 2020年1月29日閲覧。

^ “『AI崩壊』が初登場1位を獲得!『バッドボーイズ〜』が6位、『ナイブズ・アウト〜』が8位、『嘘八百〜』が9位に初登場(2月1日-2月2日)”. CINEMAランキング通信. 興行通信社. 3 February 2020. 2020年2月4日閲覧。

^ 梅山富美子 (3 February 2020). “大沢たかお『AI崩壊』が首位スタート!約4か月ぶりに邦画が1位”. シネマトゥデイ. 2020年2月4日閲覧。

^ “【国内映画ランキング】「AI崩壊」首位スタート!「パラサイト」が3位にアップ”. 映画.com. カカクコム. 3 February 2020. 2020年2月4日閲覧。

^ “「AI崩壊」週末動員1位、「バッドボーイズ」第3弾ほか初登場作品4本ランクイン”. 映画ナタリー. ナターシャ. 3 February 2020. 2020年2月4日閲覧。

^ “映画興行成績:「AI崩壊」が初登場首位 「バッドボーイズ フォー・ライフ」など新作4本”. MANTANWEB. 毎日新聞社. 4 February 2020. 2020年2月13日閲覧。

^ “『ヲタクに恋は難しい』が初登場1位を獲得!『犬鳴村』が2位、『騎士竜戦隊リュウソウジャー〜』が5位に初登場(2月8日-2月9日)”. CINEMAランキング通信. 興行通信社. 10 February 2020. 2020年2月13日閲覧。

^ 海江田宗 (10 February 2020). “高畑充希×山崎賢人『ヲタクに恋は難しい』1位スタート!”. シネマトゥデイ. 2020年2月13日閲覧。

^ “【国内映画ランキング】「ヲタクに恋は難しい」首位!オスカー4冠「パラサイト」は16億目前”. 映画.com. カカクコム. 10 February 2020. 2020年2月13日閲覧。

^ “「ヲタ恋」が週末動員トップ、「犬鳴村」「スーパー戦隊MOVIEパーティー」初登場”. 映画ナタリー. ナターシャ. 10 February 2020. 2020年2月13日閲覧。

^ “映画興行成績:実写「ヲタ恋」が初登場首位 オスカー受賞で話題の「パラサイト」は4位に”. MANTANWEB. 毎日新聞社. 11 February 2020. 2020年2月13日閲覧。

^ “『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』がDVD、BD同時1位に BDランキング歴代記録を自己更新【オリコンランキング】”. ORICON NEWS. 5 May 2020. 2020年5月15日閲覧。

^ “『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』今年度初の2週連続BD1位【オリコンランキング】”. ORICON NEWS. 14 May 2020. 2020年5月15日閲覧。

^ Matt Kim (21 December 2019). “『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』が中国で大コケ、オープニング成績が続三部作で最低に”. IGN Japan. 産経デジタル. 2020年3月11日閲覧。

^ “【中国映画コラム】市場累計興収は1兆円! 2019年を総括する”10大ニュース”を発表”. 映画.com. カカクコム. 26 January 2020. 2020年1月28日閲覧。

^ Turner, Nick (19 December 2019). “「スター・ウォーズ」最新作、「ファントム・メナス」以来の低評価に”. Bloomberg. 2019年12月19日閲覧。

^ a b c d e f g シネマトゥデイ 『スター・ウォーズ』完結編、本国で賛否のワケを分析

^ Terri Schwartz (19 December 2019). “『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』が米レビュー集計サイトでシリーズ史上2番目に低いスコアを記録”. IGN Japan. 産経デジタル. 2020年3月11日閲覧。

^ “公開間近の「スター・ウォーズ」最新作、批評家の間で不評?”. AFPBB News. 19 December 2019. 2019年12月19日閲覧。

^ “「スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け」全米で予想を上回る滑り出し”. 映画.com. カカクコム. 22 December 2019. 2020年1月7日閲覧。

^ “「スター・ウォーズ」最新作、シリーズ史上2番目の低評価”. REUTERS. 19 December 2019. 2019年12月19日閲覧。

^ 市川遥 (13 January 2020). “アカデミー賞最多ノミネートは『ジョーカー』で11部門!ノミネート全リスト”. シネマトゥデイ. 2020年1月15日閲覧。

^ “第92回アカデミー賞は「ジョーカー」が最多11部門ノミネート!”. 映画.com. カカクコム. 13 January 2020. 2020年1月15日閲覧。

^ “アカデミー賞「ジョーカー」最多11部門ノミネート、「1917」「ワンハリ」が続く”. 映画ナタリー. ナターシャ. 14 January 2020. 2020年1月15日閲覧。

^ 第44回 日本アカデミー賞 優秀賞決定!、日本アカデミー賞公式サイト、2021年2月17日閲覧。

^ Jesse Schedeen (28 November 2019). “ジョン・ボイエガ、『スカイウォーカーの夜明け』の脚本がeBayに売り出されたのは自分の責任だと認める”. IGN Japan. 産経デジタル. 2020年3月11日閲覧。

^ 市川遥 (26 November 2019). “『スター・ウォーズ』完結編の脚本、流出してネットで売られていた”. シネマトゥデイ. 2019年12月12日閲覧。

^ 倉本拓弥 (28 November 2019). “『スター・ウォーズ』流出した新作の脚本、フィン役俳優のものだった”. シネマトゥデイ. 2019年12月12日閲覧。

^ “「スター・ウォーズ」脚本流出の犯人はジョン・ボイエガ”. 映画.com. カカクコム. 29 November 2019. 2019年12月12日閲覧。

^ “「スター・ウォーズ」最新作の脚本、清掃員が見つけてイーベイに出品”. REUTERS. 28 November 2019. 2019年12月10日閲覧。

^ 中山雄一朗 (20 December 2019). “ディズニー『スター・ウォーズ』観客に注意喚起 てんかん症状などの恐れ”. シネマトゥデイ. 2020年1月7日閲覧。

^ “「スター・ウォーズ」最新作、光過敏性てんかんの発作引き起こす恐れ”. CNN. 10 December 2019. 2019年12月10日閲覧。

外部リンク

ポータル ディズニー公式ウェブサイト(英語)
公式ウェブサイト(日本語)
Star Wars: The Rise of Skywalker – IMDb(英語) 
Star Wars: The Rise of Skywalker – Rotten Tomatoes(英語)
Star Wars: The Rise of Skywalker – オールムービー(英語)
Star Wars: The Rise of Skywalker – TCM Movie Database(英語)
スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け – allcinema
スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け – KINENOTE
スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け – 映画.com
スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け – Movie Walker
スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け – シネマトゥデイ表話編歴スター・ウォーズシリーズ映画
本編
新3部作
エピソード1 / ファントム・メナス
エピソード2 / クローンの攻撃
エピソード3 / シスの復讐旧3部作
エピソード4 / 新たなる希望
エピソード5 / 帝国の逆襲
エピソード6 / ジェダイの帰還続3部作
エピソード7 / フォースの覚醒
エピソード8 / 最後のジェダイ
エピソード9 / スカイウォーカーの夜明け
スピンオフ
ローグ・ワン
ハン・ソロ
テレビドラマ
ホリデー・スペシャル
イウォーク・アドベンチャー
エンドア/魔空の妖精
マンダロリアン
ボバ・フェット
オビ=ワン・ケノービアニメーション

イウォーク物語
ドロイドの大冒険
クローン大戦
ロボットチキン
クローン・ウォーズ(映画版)
クローン・ウォーズ(テレビ版)
反乱者たち
フォース・オブ・デスティニー
レジスタンス
バッド・バッチ
ビジョンズレゴ
パダワン・メナス
エンパイア・ストライクス・アウト
ヨーダ・クロニクル
ドロイド・テイルズ
たたかえ!レジスタンス
フリーメーカーの冒険
オールスターズ
ホリデー・スペシャル (LEGO)
恐怖のハロウィーン
サマー・バケーション
ゲーム
アタリ版
ナムコ版
ビクター版
アタック・オン・ザ・デス・スター
トリロジー・アーケード
ダークフォース
帝国の影
エピソード1 レーサー
レーサー アーケード
ギャラクティック・バトルグラウンド
バトルフロント
バトルフロントII
リパブリック・コマンド
出撃! ローグ中隊
ローグ スコードロン II
ローグ スコードロン III
レゴ
Knights of the Old Republic
フォース アンリーシュド
フォース アンリーシュドII
ダース・ベイダー降臨
ピンボール
Kinect版
コレクション
Tiny Death Star
FORCE COLLECTION
バトルポッド
ディズニー インフィニティ3.0
バトルフロント (2015)
フォースの覚醒
バトルフロントII (2017)
ジェダイ:フォールン・オーダーアトラクション
スター・ツアーズ(ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー)
ローンチ・ベイ
ジェダイ・トレーニング:トライアル・オブ・ザ・テンプル
ギャラクシーズ・エッジ(ミレニアム・ファルコン:スマグラーズラン – ライズ・オブ・ザ・レジスタンス)漫画
×マンガドキュメンタリー
ピープルVSジョージ・ルーカス
I AM YOUR FATHER/アイ・アム・ユア・ファーザー登場人物
ジェダイ
アナキン・スカイウォーカー
オビ=ワン・ケノービ
ヨーダ
クワイ=ガン・ジン
メイス・ウィンドウ
シャク・ティ
アソーカ・タノ
ルーク・スカイウォーカーシス
ダース・ベイダー
シーヴ・パルパティーン/ダース・シディアス
ダース・モール
ドゥークー伯爵/ダース・ティラナス銀河共和国(ナブー)
パドメ・アミダラ
ジャー・ジャー・ビンクス反乱同盟軍・レジスタンス
ハン・ソロ
レイア・オーガナ
チューバッカ
ランド・カルリジアン
アクバー提督
フィン銀河帝国
グランド・モフ・ウィルハフ・ターキン
スローン大提督ファースト・オーダー
スノーク
カイロ・レン
キャプテン・ファズマその他
ボバ・フェット
ジャバ・ザ・ハット
ジャンゴ・フェット
グリーヴァス将軍
スターキラー(ギャレン・マレック)
グローグー
レイ
ジン・アーソ
マンダロリアンドロイド
R2-D2
C-3PO
制作陣
20世紀スタジオ
ルーカスフィルム
ウォルト・ディズニー・カンパニー
キャスリーン・ケネディ
ジョージ・ルーカス
ジョン・ダイクストラ関連項目一覧

用語
惑星
兵器
テクノロジー
戦い
スピンオフ
オープニングクロール
国勢調査で宗教を「ジェダイ」と回答する動き
501部隊組織
ジェダイ
シス
銀河共和国
新共和国
銀河帝国
ファースト・オーダー

表話編歴J・J・エイブラムス映画
監督
ミッション:インポッシブル3(2006、兼脚本)
スター・トレック(2009、兼制作)
SUPER8/スーパーエイト(2011、兼脚本、制作)
スター・トレック イントゥ・ダークネス(2013、兼制作)
スター・ウォーズ/フォースの覚醒(2015、兼脚本、制作)
スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け(2019、兼脚本、制作)脚本
ファイロファックス/トラブル手帳で大逆転(1990)
心の旅(1991)
フォーエヴァー・ヤング 時を越えた告白(1992)
ゴーン・フィッシン’(1997)
アルマゲドン(1998)
ロードキラー (2001、兼制作)制作
ハッピィブルー (1996)
ザ・サバーバンズ (1999)
クローバーフィールド/HAKAISHA (2008)
恋とニュースのつくり方 (2010)
ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル (2011)
ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション (2015)
10 クローバーフィールド・レーン (2016)
スター・トレック BEYOND (2016)
クローバーフィールド・パラドックス (2018)
ミッション:インポッシブル/フォールアウト (2018)
オーヴァーロード (2018)
テレビシリーズ
フェリシティの青春(1998 – 2002)
エイリアス(2001 – 2006)
LOST(2004 – 2010)
恋するブライアン(2006 – 2007)
Six Degrees(2006 – 2007)
FRINGE/フリンジ(2008 – 2013)
アンダーカバー(2010)
PERSON of INTEREST 犯罪予知ユニット(2011 – 2016)
ALCATRAZ/アルカトラズ(2012)
レボリューション(2012 – 2014)
ALMOST HUMAN/オールモスト・ヒューマン(2013 – 2014)
BELIEVE/ビリーブ(英語版)(2014)
ウエストワールド (2015 – 継続中)製作会社
バッド・ロボット・プロダクションズ
表話編歴2019年日本週末観客動員数1位の映画1月
5・6日 シュガー・ラッシュ:オンライン
12・13日 劇場版 Fate/stay night [Heaven’s Feel] II.lost butterfly
19・20、26・27日 マスカレード・ホテル2月
2・3、9・10日 七つの会議
16・17日 フォルトゥナの瞳
23・24日 翔んで埼玉3月
2・3、9・10、16・17、23・24、30・31日 ドラえもん のび太の月面探査記4月
6・7日 ドラえもん のび太の月面探査記
13・14、20・21日 名探偵コナン 紺青の拳
27・28日 アベンジャーズ/エンドゲーム5月
4・5日 名探偵コナン 紺青の拳
11・12日 名探偵ピカチュウ
18・19、25・26日 コンフィデンスマンJP -ロマンス編-6月
1・2日 ゴジラ キング・オブ・モンスターズ
8・9、15・16、22・23、29・30日 アラジン7月
6・7日 アラジン
13・14日 トイ・ストーリー4
20・21、27・28日 天気の子8月
3・4日 天気の子
10・11日 ONE PIECE STAMPEDE
17・18日 ライオン・キング
24・25、31日・9月1日 天気の子9月
7・8日 かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜
14・15、21・22、28・29日 記憶にございません!10月
5・6、12・13、19・20、26・27日 ジョーカー11月
2・3日 IT イット THE END “それ”が見えたら、終わり。
9・10、16・17日 ターミネーター:ニュー・フェイト
23・24、30日・12月1日 アナと雪の女王212月
7・8、14・15日 アナと雪の女王2
21・22、28・29日 スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け
2004
2005
2006
2007
2008
2009
2010
2011
2012
2013
2014
2015
2016
2017
2018
2019
2020
2021
2022
典拠管理
LCCN: no2019142434
NKC: unn20201066822
PLWABN: 9811239442605606
VIAF: 8745156858684749780005
WorldCat Identities(VIAF経由): 8745156858684749780005

「https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け&oldid=88783760」から取得
カテゴリ: スター・ウォーズの映画2019年の映画2010年代の特撮作品アメリカ合衆国の3D映画作品アメリカ合衆国のSF映画作品IMAX映画ヨルダンで製作された映画作品パインウッド・スタジオで製作された映画作品ディズニーの映画作品J・J・エイブラムスの監督映画J・J・エイブラムスの脚本映画ジョン・ウィリアムズの作曲映画モーションキャプチャを使用した映画作品隠しカテゴリ: 参照エラーのあるページ編集半保護中のページ出典を必要とする記述のある記事/2020年2月日本語版記事がリダイレクトの仮リンクを含む記事修正が必要な仮リンクを含む記事ウィキペディアとウィキデータで異なる公式ウェブサイトウィキデータにある映画.com映画識別子LCCN識別子が指定されている記事NKC識別子が指定されている記事PLWABN識別子が指定されている記事VIAF識別子が指定されている記事WorldCat-VIAF識別子が指定されている記事

評価: 4~5 つ星
レビュー: 1107
再生回数: 9775
[spincontent type=”j”]

スターウォーズ9のあらすじを全部暴露! Youtube

メインチャンネルはこちら
https://www.youtube.com/channel/UCEndv6bq3_bjWKZ1vSBJ7LA

Music by salaisuuxia – Dark https://soundcloud.com/salaisuuxia/dark

2. スター ウォーズ スカイ ウォーカー の 夜明け ネタバレ Yomiuri

Yomiuri
スター ウォーズ スカイ ウォーカー の 夜明け ネタバレ

説明: スター ウォーズ スカイ ウォーカー の 夜明け ネタバレ に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 スター ウォーズ スカイ ウォーカー の 夜明け ネタバレ は、読売で検索されたもので、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 1959
[spincontent type=”j”]

3. スター ウォーズ スカイ ウォーカー の 夜明け ネタバレ Asahi Shimbun

朝日新聞
スター ウォーズ スカイ ウォーカー の 夜明け ネタバレ

説明: 朝日新聞で検索した スター ウォーズ スカイ ウォーカー の 夜明け ネタバレ に関する上記の情報が、スター ウォーズ スカイ ウォーカー の 夜明け ネタバレ に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 2303
[spincontent type=”j”]

4. スター ウォーズ スカイ ウォーカー の 夜明け ネタバレ The Japan Times

The Japan Times
スター ウォーズ スカイ ウォーカー の 夜明け ネタバレ

説明: ジャパン タイムズで検索した スター ウォーズ スカイ ウォーカー の 夜明け ネタバレ に関する記事のトップです。スター ウォーズ スカイ ウォーカー の 夜明け ネタバレ に関する疑問を解決するのに役立ちます。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 62 11
[spincontent type=”j”]

5. スター ウォーズ スカイ ウォーカー の 夜明け ネタバレ Yomiuri Shimbun

読売新聞
スター ウォーズ スカイ ウォーカー の 夜明け ネタバレ

説明: スター ウォーズ スカイ ウォーカー の 夜明け ネタバレ に関する詳細情報はすでにありますか? スター ウォーズ スカイ ウォーカー の 夜明け ネタバレ という記事が読売新聞で検索されました。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 10 22
[spincontent type=”j”]

6. スター ウォーズ スカイ ウォーカー の 夜明け ネタバレ Mainichi Shimbun

毎日新聞
スター ウォーズ スカイ ウォーカー の 夜明け ネタバレ

説明: 毎日新聞で見つけた スター ウォーズ スカイ ウォーカー の 夜明け ネタバレ に関する上記の情報が、スター ウォーズ スカイ ウォーカー の 夜明け ネタバレ に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 6950
[spincontent type=”j”]

7. スター ウォーズ スカイ ウォーカー の 夜明け ネタバレ Sankei Shimbun

産経新聞
スター ウォーズ スカイ ウォーカー の 夜明け ネタバレ

説明: 産経新聞で検索した スター ウォーズ スカイ ウォーカー の 夜明け ネタバレ に関する記事のトップです。スター ウォーズ スカイ ウォーカー の 夜明け ネタバレ に関する疑問を解決するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 90 24
[spincontent type=”j”]

8. スター ウォーズ スカイ ウォーカー の 夜明け ネタバレ Nihon Keizai Shimbun

日本経済新聞
スター ウォーズ スカイ ウォーカー の 夜明け ネタバレ

説明: スター ウォーズ スカイ ウォーカー の 夜明け ネタバレ に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 スター ウォーズ スカイ ウォーカー の 夜明け ネタバレ は、日本経済新聞で検索され、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 1790
[spincontent type=”j”]

9. スター ウォーズ スカイ ウォーカー の 夜明け ネタバレ Chunichi Shimbun

中日新聞
スター ウォーズ スカイ ウォーカー の 夜明け ネタバレ

説明: 中日新聞で検索した スター ウォーズ スカイ ウォーカー の 夜明け ネタバレ に関する上記の情報が、スター ウォーズ スカイ ウォーカー の 夜明け ネタバレ に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 1267
[spincontent type=”j”]

10. スター ウォーズ スカイ ウォーカー の 夜明け ネタバレ Tokyo Shimbun

東京新聞
スター ウォーズ スカイ ウォーカー の 夜明け ネタバレ

説明: スター ウォーズ スカイ ウォーカー の 夜明け ネタバレ に関する質問を解決するために、東京新聞で検索した スター ウォーズ スカイ ウォーカー の 夜明け ネタバレ に関する記事のトップです。
評価: 4~5 つ星
評価: 9135
[spincontent type=”j”]

11. スター ウォーズ スカイ ウォーカー の 夜明け ネタバレ Nihon Kogyo Simbun

日本工業新聞
スター ウォーズ スカイ ウォーカー の 夜明け ネタバレ

説明: スター ウォーズ スカイ ウォーカー の 夜明け ネタバレ に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 スター ウォーズ スカイ ウォーカー の 夜明け ネタバレ は日本工業新聞で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 2968
[spincontent type=”j”]

12. スター ウォーズ スカイ ウォーカー の 夜明け ネタバレ Nikkan Kogyo Shimbun

日刊工業新聞
スター ウォーズ スカイ ウォーカー の 夜明け ネタバレ

説明: 日刊工業新聞で見つけた スター ウォーズ スカイ ウォーカー の 夜明け ネタバレ に関する上記の情報が、スター ウォーズ スカイ ウォーカー の 夜明け ネタバレ に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 80 30
[spincontent type=”j”]

13. スター ウォーズ スカイ ウォーカー の 夜明け ネタバレ Ainu Times

アイヌタイムス
スター ウォーズ スカイ ウォーカー の 夜明け ネタバレ

説明: アイヌ タイムズで検索した スター ウォーズ スカイ ウォーカー の 夜明け ネタバレ に関する記事のトップです。スター ウォーズ スカイ ウォーカー の 夜明け ネタバレ に関する質問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 9441
[spincontent type=”j”]

14. スター ウォーズ スカイ ウォーカー の 夜明け ネタバレ Akita Sakigake Shimpo

秋田魁新報
スター ウォーズ スカイ ウォーカー の 夜明け ネタバレ

説明: スター ウォーズ スカイ ウォーカー の 夜明け ネタバレ に関する詳細情報はすでにありますか? スター ウォーズ スカイ ウォーカー の 夜明け ネタバレ という記事は、秋田魁新報で検索したものです。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 4699
[spincontent type=”j”]

15. スター ウォーズ スカイ ウォーカー の 夜明け ネタバレ Chiba Nippo

千葉日報
スター ウォーズ スカイ ウォーカー の 夜明け ネタバレ

説明: 千葉日報で検索した スター ウォーズ スカイ ウォーカー の 夜明け ネタバレ に関する上記の情報が、スター ウォーズ スカイ ウォーカー の 夜明け ネタバレ に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 4236
[spincontent type=”j”]

16. スター ウォーズ スカイ ウォーカー の 夜明け ネタバレ Chugoku Shimbun

中国新聞
スター ウォーズ スカイ ウォーカー の 夜明け ネタバレ

説明: 中国新聞で検索した スター ウォーズ スカイ ウォーカー の 夜明け ネタバレ に関する記事のトップです。スター ウォーズ スカイ ウォーカー の 夜明け ネタバレ に関する疑問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 7344
[spincontent type=”j”]

17. スター ウォーズ スカイ ウォーカー の 夜明け ネタバレ Daily Tohoku

デイリー東北
スター ウォーズ スカイ ウォーカー の 夜明け ネタバレ

説明: スター ウォーズ スカイ ウォーカー の 夜明け ネタバレ に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 スター ウォーズ スカイ ウォーカー の 夜明け ネタバレ はデイリー東北で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 5448
[spincontent type=”j”]

18. スター ウォーズ スカイ ウォーカー の 夜明け ネタバレ The Eastern Chronicle

イースタン クロニクル
スター ウォーズ スカイ ウォーカー の 夜明け ネタバレ

説明: イースタン クロニクルで検索した スター ウォーズ スカイ ウォーカー の 夜明け ネタバレ に関する上記の情報が、スター ウォーズ スカイ ウォーカー の 夜明け ネタバレ に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 73 12
[spincontent type=”j”]

スター ウォーズ スカイ ウォーカー の 夜明け ネタバレ に関する質問

スター ウォーズ スカイ ウォーカー の 夜明け ネタバレ についてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。ご質問やご提案はすべて、次の記事の改善に役立てさせていただきます。

記事 スター ウォーズ スカイ ウォーカー の 夜明け ネタバレ は、私と私のチームがさまざまな情報源から編集したものです。 記事 スター ウォーズ スカイ ウォーカー の 夜明け ネタバレ が役に立った場合は、チームをサポートしてください。「いいね」または「共有」してください!

検索キーワード スター ウォーズ スカイ ウォーカー の 夜明け ネタバレ

スター ウォーズ スカイ ウォーカー の 夜明け ネタバレ
方法スター ウォーズ スカイ ウォーカー の 夜明け ネタバレ
チュートリアル スター ウォーズ スカイ ウォーカー の 夜明け ネタバレ
【キーワード】 無料

Có thể bạn quan tâm: