あなたは ジョージ ハリスン は ギター が うまい のか について学んでいます。今日は、インターネット上の多くの情報源から私たちのチームが編集および編集した記事 ジョージ ハリスン は ギター が うまい のか を共有します。 ジョージ ハリスン は ギター が うまい のか に関するこの記事がお役に立てば幸いです。

Page Contents

ジョージ ハリスン は ギター が うまい のか

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

.mw-parser-output .hatnotemargin:0.5em 0;padding:3px 2em;background-color:transparent;border-bottom:1px solid #a2a9b1;font-size:90%

ニューヨーク連邦準備銀行総裁「ジョージ・L・ハリソン」とは別人です。

この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
ジョージ・ハリスン
ジョージ・ハリソンジョージ・ハリスンMBE
1974年12月撮影基本情報別名
カール・ハリスン[1]生誕
1943年2月25日[2]出身地
イングランド・マージーサイド州リヴァプール死没

(2001-11-29) 2001年11月29日(58歳没)
アメリカ合衆国・カリフォルニア州ロサンゼルスジャンル
.mw-parser-output .hlist ul,.mw-parser-output .hlist olpadding-left:0.mw-parser-output .hlist li,.mw-parser-output .hlist dd,.mw-parser-output .hlist dtmargin-right:0;display:inline-block;white-space:nowrap.mw-parser-output .hlist dt:after,.mw-parser-output .hlist dd:after,.mw-parser-output .hlist li:afterwhite-space:normal.mw-parser-output .hlist li:after,.mw-parser-output .hlist dd:aftercontent:” · “;font-weight:bold.mw-parser-output .hlist dt:aftercontent:”: “.mw-parser-output .hlist-pipe dd:after,.mw-parser-output .hlist-pipe li:aftercontent:” .mw-parser-output .hlist-hyphen dd:after,.mw-parser-output .hlist-hyphen li:aftercontent:” – “;font-weight:normal.mw-parser-output .hlist-comma dd:after,.mw-parser-output .hlist-comma li:aftercontent:”、 “;font-weight:normal.mw-parser-output .hlist-slash dd:after,.mw-parser-output .hlist-slash li:aftercontent:” / “;font-weight:normal.mw-parser-output .hlist dd:last-child:after,.mw-parser-output .hlist dt:last-child:after,.mw-parser-output .hlist li:last-child:aftercontent:none.mw-parser-output .hlist dd dd:first-child:before,.mw-parser-output .hlist dd dt:first-child:before,.mw-parser-output .hlist dd li:first-child:before,.mw-parser-output .hlist dt dd:first-child:before,.mw-parser-output .hlist dt dt:first-child:before,.mw-parser-output .hlist dt li:first-child:before,.mw-parser-output .hlist li dd:first-child:before,.mw-parser-output .hlist li dt:first-child:before,.mw-parser-output .hlist li li:first-child:beforecontent:” (“;font-weight:normal.mw-parser-output .hlist dd dd:last-child:after,.mw-parser-output .hlist dd dt:last-child:after,.mw-parser-output .hlist dd li:last-child:after,.mw-parser-output .hlist dt dd:last-child:after,.mw-parser-output .hlist dt dt:last-child:after,.mw-parser-output .hlist dt li:last-child:after,.mw-parser-output .hlist li dd:last-child:after,.mw-parser-output .hlist li dt:last-child:after,.mw-parser-output .hlist li li:last-child:aftercontent:”) “;font-weight:normal.mw-parser-output .hlist olcounter-reset:listitem.mw-parser-output .hlist ol>licounter-increment:listitem.mw-parser-output .hlist ol>li:beforecontent:” “counter(listitem)” “;white-space:nowrap.mw-parser-output .hlist dd ol>li:first-child:before,.mw-parser-output .hlist dt ol>li:first-child:before,.mw-parser-output .hlist li ol>li:first-child:beforecontent:” (“counter(listitem)” “ロック[3]ポップ[3]サイケデリア[3]実験音楽[3]職業
ミュージシャンギタリストシンガーソングライター音楽プロデューサー担当楽器
ボーカルギターシタール鍵盤楽器活動期間
1958年 – 2001年レーベル
パーロフォンキャピトルスワン(英語版)アップルヴィージェイダークホース(英語版)配偶者

パティ・ボイド(1966年 – 1977年)
オリヴィア・アリアス(英語版)(1978年 – )著名な家族

ダーニ・ハリスン(長男)共同作業者

クオリーメン
ビートルズ
トラヴェリング・ウィルベリーズ公式サイト
ジョージ・ハリスン公式サイト著名使用楽器
グレッチ6122カントリージェントルマンフェンダー・ストラトキャスターロッキーギブソン・レスポールルーシーリッケンバッカー・360/12ジョージ・ハリスン (George Harrison、MBE、1943年2月25日[2] – 2001年11月29日) は、イギリスのミュージシャン、ギタリスト。ザ・ビートルズのメンバーであり、主にリード・ギターを担当した。ビートルズ解散後もソロ名義で長期間活躍した。
1960年代にビートルズのリード・ギタリストとして活動、解散後はソロとしての活動を行った。ソロでは、「マイ・スウィート・ロード」「ギヴ・ミー・ラヴ」「セット・オン・ユー」「美しき人生」等がヒット。アルバムにおいては、『オール・シングス・マスト・パス』(1970年)等々のヒットアルバムがある。また、スライドギターに定評があることでも知られている。
1988年にビートルズのメンバーとして、2004年に単独でロックの殿堂入りを果たしている。Rolling Stone誌が行った「史上最高のギタリスト100人」のリストでハリスンは11位にランクインした。また、エリック・クラプトンとの親交も知られている。
1999年には自宅で暴漢に襲撃され重傷を負った。2001年に肺癌と脳腫瘍のため死去。

生い立ち[編集]
リヴァプール郊外ウェイヴァートリー区アーノルド・グローヴ12番地でハロルド・ハリスン(1909年 – 1978年)とルイーズ・フレンチ(1911年 – 1970年7月7日)との間に1943年2月25日木曜日にハリスン家の三男として出生(4人兄弟の末っ子)。労働者階級出身。時の国王ジョージ6世にあやかって「ジョージ」と命名される。
父・ハロルドはウェールズ系のバス運転手。母・ルイーズはアイルランド系の敬虔なカトリック教徒であった[4]。同時にドイツ人の血も入っている[1]。ジョージが6歳になった時、一家はアプトン・グリーン25番地に引っ越した。ダヴディル・ロード幼児学校、ダヴディル小学校に通い、リヴァプール・インスティテュート(英語版)に入学した。当時の同級生はジョージを独りぼっちで隅に座っているようなヤツと評していた。
ロックンロールに熱中していたジョージが、スキッフル[注釈 1]・バンドを結成しようと考えて、初めて手にした楽器はギターではなくウォッシュボードだった。これは、一緒にバンドを組もうとしていた2番目の兄ピーター(1940年 – 2007年)がすでにギターを持っていたため。しかし、しばらくするとギターを演奏したい気持ちが強まり、13歳の時に同じ学校の生徒から中古ギターを購入した。
そして毎日の練習のおかげでギターの腕前が上達したジョージは念願のスキッフル・グループを結成。バンド名を「Rebels」(レベルズ=「反逆者たち」の意)とした。当時のイギリスには同名のバンドは多数存在していた。「レベルズ」が初めてコンサート・ステージに立つ日、ブッキングしている他のバンドが全てキャンセルしたので、少ないレパートリーの中、一曲を繰り返し演奏し数十分間引きのばして乗り切ったという逸話がある。
1950年代の中頃にポール・マッカートニーに出会う。ポールに紹介されジョン・レノンらのバンド「クオリーメン」(ビートルズの前身)に加入[注釈 2]。バンドに加入できたのは、空のバスの2階を使って行われた即席オーディションにおいて、当時高等テクニックを要したビル・ジャスティスの”Raunchy”というギターインストゥルメンタルを完璧に弾いたことが、ジョンに認められたからと言われている[注釈 3]。しかし、「いつもギターに触っていたい」という情熱を満たすため、以前から在籍しているバンドも辞めずに活動に勤しんだ。そのため、時には8時間以上も、徹夜で演奏することもあったが、ジョージには苦にならなかった。

ビートルズ時代[編集]
『エド・サリヴァン・ショー』出演時のジョージ・ハリスン(1964年)
ビートルズのメンバーでは最も年下で、主にリードギターとコーラス、ヴォーカルを担当した。自作曲も20曲以上発表している。また、各種楽器の導入にも積極的であり、初期においてはエレクトリック12弦ギターを(後にアメリカのグループ、バーズのサウンドに影響を与えたといわれる)、中期にはインド楽器であるシタールを取り入れ、楽器の導入に留まらず、インド音楽とロックの融合を試みて、後のラーガ・ロックに大きな影響を与えた。また、後期には初期の型のシンセサイザーをいち早く導入している。1963年にジョージが作曲した「ドント・バザー・ミー」が初めてビートルズのアルバムに収録されたが、同曲はタイム・アウト・ロンドンによって、ビートルズの楽曲47位にランクされた[5]。
ビートルズ時代のジョージの作品の特徴として、メロディーラインにシンコペーションを多用した曲が多いことが挙げられる(「タックスマン」「アイ・ウォント・トゥ・テル・ユー」「嘘つき女」「恋をするなら」など)。インド楽器の導入と同様、ジョンやポールとの違いを打ち出そうとする意識が強かったと思われる。
ビートルズのメンバーとしては、当初は優秀なメロディーメーカーであるレノン=マッカートニーの陰に隠れ、目立たない存在であったが、活動中期に至ってジョージ作の「恋をするなら」と「嘘つき女」がアルバム『ラバー・ソウル』に収録され、「タックスマン」がアルバム『リボルバー』のA面1曲目を飾るなど次第に頭角を現し、「アイ・ミー・マイン」「ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス」「サムシング」「ヒア・カムズ・ザ・サン」などの楽曲を完成させる。しかし、当時ビートルズ内でジョージは不遇で、アルバム1作につき2曲しか収録されない(『リボルバー』のみ3曲)、自由にリードギターを弾かせてもらえないなどと不満を募らせる。この確執は「ゲット・バック・セッション」で顕在化し、メンバーの中でも彼は早くからソロ活動を志向するようになり、バンド解散の原因の一つともなった。ドキュメンタリー映画『レット・イット・ビー』にギターソロをめぐってポールと口論するシーンが収録されている。ゲットバック・セッションを「最悪だったよ。地獄にいるみたいだった。世界一熱心なビートルズ・ファンでも、あの空気には耐えられないだろう」と語っている。
ジョージはビートルズの中で外部ミュージシャンとの交流が最も盛んであった。これは彼の人柄によるものが大きく、ブライアン・エプスタインは「ジョージといると本当に心が休まる。ジョンやポールと一緒のときのように、何かしなくちゃいけないというプレッシャーが全くない」と語っており、尊大ではなく誠実で人懐っこい性格だったと言われている。自作曲「ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス」のギターソロにエリック・クラプトンを、キーボード・プレイヤーとしてビリー・プレストンをゲット・バック・セッションに参加させるなど、閉鎖的だったバンドのサウンドに、外部の血を入れるという面でも貢献した。他にもボブ・ディラン、ボンゾ・ドッグ・ドゥー・ダー・バンドとの交流はよく知られるが、無名時代にロリー・ストーム(英語版)、リンゴ・スターと最初に仲良くなったのも、ビリー・プレストンと仲良くなったのもジョージである。その初期において、デッカ・レコードにローリング・ストーンズを紹介したとも言われる。欧米では“静かなビートル(Quiet Beatle)”と呼ばれていた。

ビートルズ解散後[編集]
1970年代前半[編集]
ビートルズが解散して元メンバーの4人は、活発にソロ音楽活動を展開した。本格的な初のソロ・アルバムとなった『オール・シングス・マスト・パス』は、異例のLP3枚組として発売されたにも関わらず、全米/全英のアルバムチャートで1位となる大ヒットとなった[6]。自作の曲を正当に評価されず発表の機会を得ることができなかった彼が、書きためていた曲を一気に収録した。プロデューサー、フィル・スペクターのプロデュースと相まって、優れたアルバムとして評価されている。
シングル「マイ・スウィート・ロード」も米英それぞれ4、5週連続No.1を記録した。この曲はシフォンズの「いかした彼」(1963年)の盗作であるとの訴訟を起こされ[7]、ジョージは1度敗訴。さらに版権を手に入れたアラン・クラインにも訴訟を起こされ、81年に賠償金を支払っている。作詞作曲をした人物はすでに死亡しており、著作権を手に入れた者が訴訟を起こすという新自由主義的な訴訟であった。
翌年8月には、シタールの師であるラヴィ・シャンカールの要請でロック界初の大規模なチャリティー・コンサート(バングラデシュ・コンサート)を開催。ビートルズ解散後初めてリンゴ・スターと共演して話題になったほか[8]、エリック・クラプトンや、ボブ・ディラン、レオン・ラッセルなどが参加したイベントは大成功を収めた。その模様を収めたライヴ盤は、1972年度グラミー賞のアルバム・オブ・ザ・イヤーに輝いた(全米・全英No.1)。
1973年に発売された2枚目の『リヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールド』も全英2位・全米で5週連続1位を記録。翌1974年にはA&Mレコード傘下に自らのレーベル「ダーク・ホース・レコード」[注釈 4]を立ち上げ、そこから彼自身が発掘しプロデュースを手がけた新人やラヴィ・シャンカールのアルバムなどを次々リリースした(彼自身はまだアップルとの契約が残っていたため、このあともしばらくはEMIからレコードを発売し続けた)。それに伴い同年秋にはビートルズ解散後初の大規模な北米ツアーをシャンカールとの連名で行うなど、積極的に活動を続けた。しかしツアー自体は、シャンカールのインド音楽のコーナーを中間に挟む構成や、多忙なスケジュールがもたらしたハリスンの声帯の不調などが原因で失敗に終わり、評論家の間では酷評されてしまった。喉の異常は当時のアルバムにも顕著に現れており、レコードセールスもこれ以降下降してゆくこととなる。同時期には「マイ・スウィート・ロード」にまつわる盗作問題で訴訟を起こされ、最終的に敗訴するなど、順風満帆に過ぎていたソロ活動はこの頃様々な不運によって精彩を欠いていた。

1970年代後半[編集]
1974年にはアルバム『ダーク・ホース』(全米4位)を発表した。「ディンドン」「ダーク・ホース」は日本でヒットした。1975年発売の『ジョージ・ハリスン帝国』(全米8位)を最後にEMIとの契約が満了したハリスンは、ようやくダーク・ホース・レーベルに移籍し、そこから発売される予定のアルバムの録音にとりかかる。日本ではシングル「ユー」がヒットした。しかし、その矢先に彼は肝炎を患って入院してしまう。そのため、レコード会社にはアルバムを提出する期限を守ることができず、鳴かず飛ばずのレコードばかり押し付けられて痺れをきらしていたA&Mから、違約金の支払いを求める訴訟を起こされてしまう。A&Mに支払う違約金を肩代わりしてもらうことを条件にワーナー・ブラザース・レコードと新たに契約した彼は、「新たな関係が築けてうれしい」と話し、ここから新たなスタートを切ることになる。ここから1976年に『33 1/3』、1979年に『慈愛の輝き』という2枚のアルバムを発表し、それぞれ全米11位、14位というまずまずのセールスを収めた。『慈愛の輝き』には「ブロウ・アウェイ」「ラヴ・カムズ・トゥ・エブリワン」という久々にジョージらしい曲が収められていた。
私生活では、自分の親友だったエリック・クラプトンと交際を始めた妻のパティ・ボイドと離婚。仕事上で出会ったメキシコ系アメリカ人女性オリヴィア・トリニアード・アリアス(後のオリヴィア・ハリスン)と1978年に再婚し、同年に一人息子のダーニ・ハリスン(現在はミュージシャン)を儲けている。1977年頃からは、音楽以外の活動にも興味を示すようになり、副業として始めた映画制作の仕事でも成功した。また、自伝『アイ・ミー・マイン』を1979年に発表した。

1980年代前半[編集]
副業の映画プロデューサーとして成功を収めた一方で、本業の音楽活動からは遠ざかるようになる。1980年に制作したアルバム『想いは果てなく〜母なるイングランド』は「キャッチーな曲が少ない、内容が暗い」という理由からレコード会社に発売延期と収録曲の差し替えを命じられてしまう(ジョージ自身が製作したジャケットも気に入らないと要求された)。屈辱を味わいながらもレコーディングを再開した矢先に起こったのが、1980年12月8日のジョン・レノン射殺事件である。このあまりに衝撃的な訃報が音楽業界に与えた影響は大きく、翌81年から1982年にかけてはクイーンやエルトン・ジョンなどによるレノンへの追悼歌が多数発表された。ハリスンの1981年のシングル「過ぎ去りし日々」(All Those Years Ago)はその代表的な例であり、この曲は全米チャートで最高2位を記録する大ヒットとなった。リンゴ・スターに提供する予定だった曲の歌詞を書き換えて完成したこの曲は、スターがドラム、ウイングス(ポール・マッカートニー夫妻とデニー・レインの3人)がコーラスで参加したことでも大きな話題を呼んだ。内容の差し替えを要求されたアルバムにはこの曲を含む4曲が新たに代わりに収録され、同年にリリースされた。発売延期のせいもあってか全米10位、全英8位とシングルほどの大ヒットとはならなかったが、それでも復調の兆しは垣間見ることができた。
翌1982年には次作『ゴーン・トロッポ』を制作・発表するが、当時の彼は音楽業界に殆ど興味を失っていたようで、アルバムの宣伝には全く力を入れなかった。所属レコード会社のワーナーも宣伝活動には協力しなかったため、アルバムはアメリカのチャートで100位圏外という結果に終わり、その他の国ではチャートインさえできなかった。このアルバムの発表以降、ハリスンはアーティストとしての活動から半引退状態となる。プライヴェートでときおり楽曲を書くことはあったものの、特に1985年は「最も音楽から離れた年」であったと後年本人は語っている。新しいマテリアルとして映画のサウンドトラック盤『Porky’s Revenge』[9]に収録の「青春の想い」(I don’t want to do it)をリリースした程度でこの曲はシングルでも発売された。

1980年代後半[編集]
本格的な音楽活動から遠ざかっていたハリスンに変化をもたらしたのが、1986年公開のマドンナ、ショーン・ペン主演の映画『上海サプライズ』だった。この作品のために、彼は数曲を提供し自らも出演。その中で共演したのが熱狂的なビートルズ・フォロワーとしても知られるエレクトリック・ライト・オーケストラのジェフ・リンである。リンとの出会いにより、彼は再び音楽活動への情熱を取り戻すのだった。映画自体は評論家から酷評され、ペン夫妻の演技やハリスンの書いた主題歌はゴールデンラズベリー賞にノミネートされるなど、汚点ともいえるひどい代物であったものの、この作品の存在は後のハリスンの復活劇に大きな役割を果たした。

ジョージ・ハリスン(1987年)
1987年に入ると、ハリスンはリンと共に久々のアルバム制作にとりかかる。同時期には、イギリスのチャールズ皇太子が主催するチャリティコンサート「プリンス・トラスト」にスター、クラプトンらと共に参加。およそ18年ぶりにイギリスでパフォーマンスを行い、「ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス」「ヒア・カムズ・ザ・サン」を演奏した。前年の同イヴェントにはマッカートニーが参加しており、2年連続でビートルズのメンバーが出演したことが話題となった。
リンを共同プロデューサーに迎えて制作されたアルバム『クラウド・ナイン』は、1987年11月に発売された。このアルバムの発表にあたってジョージは、久々に世界中のメディアで大々的にプロモーションを行い、その甲斐あってアルバムはアメリカを-はじめとする世界各国で大ヒットする。日本では、最も売れた彼のソロ作品となった。また、シングルカットされたカバー曲「セット・オン・ユー」は1988年1月20日付のビルボードのシングル・チャートでNo.1(1988年度の年間チャートで16位)を記録[注釈 5]。ハリスンが全米のヒットチャートで1位を記録したのは1973年以来であり[注釈 6]、この大ヒットは彼の復活を決定的に印象付けた。また、このアルバムの成功をきっかけに、リンはブライアン・ウィルソンやランディ・ニューマンなどを手がける売れっ子プロデューサーとなり、後の「ビートルズ・アンソロジー・プロジェクト」でも重要な役割を担うこととなった。同年ジョージはリン、ボブ・ディラン、ロイ・オービソン、トム・ペティらと覆面バンド「トラヴェリング・ウィルベリーズ」を結成。所属レコード会社が違ったため、実名を伏せ、プローモーションなどの宣伝活動を行わなかったのだが、2枚のアルバムを発表し、1stアルバム『ヴォリューム・ワン』は、1989年度のグラミー賞を受賞するなど、大きな成功を収めた。アルバムも6週連続No.3を記録した。また、1989年製作の映画『リーサル・ウェポン2/炎の約束』のエンディング曲として「チアー・ダウン」を提供し、現在でも映画ファンに親しまれている。

1990年代〜晩年[編集]
ジョージ・ハリスン(1996年)
1991年12月、日本だけでエリック・クラプトンとのジョイント・ツアーが行われた(日本を選んだのはクラプトンとそのマネージャーの提案で、ハリスンも勧められて快諾した)。17年ぶりのコンサートツアーであり、25年ぶりの日本公演でもあった。当時、息子を事故で亡くした直後だったクラプトンによるハリスン本人への申し入れによって実現したもので、コンサートはクラプトンと彼のバンドによる全面的なバックアップのもとで行われた。1989年のスター、1990年のマッカートニーに次いで、元ビートルズが3年連続で来日したことになる。結局これが、ビートルズ解散後のハリスンの2度目で最後のライヴツアーとなる。クラプトンのコーナー以外のほぼ全容は、翌年発売の2枚組のライブ盤『ライヴ・イン・ジャパン』に収められている。翌1992年4月26日、ほぼ同じ曲目と同じバンド(クラプトンは不参加だったが、ジョー・ウォルシュ、ゲイリー・ムーア、リンゴ・スターらと共演)で自らが支持する政党の支援を目的としたコンサートを本国で行う。同年10月16日にはボブ・ディランのレコードデビュー30周年記念コンサートにクラプトンらと参加するが、これがジョージにとっての生涯最後のライヴ・パフォーマンスとなった。その間にひそかに広島県に訪問して、原爆資料館を見学して、原爆による戦争の恐ろしさを痛感した[10]。
1993年より、「ビートルズ・アンソロジー」のプロジェクトが正式に始まり、マッカートニー、スターとの共同作業が行われる。ジョン・レノンの生前に残されたデモ音源から「フリー・アズ・ア・バード」「リアル・ラヴ」の2曲が正式なビートルズの新曲として1995年と1996年に相次いで発表され、各国のチャートに入るヒットとなった。
1997年には、シャンカールのアルバム『チャント・オブ・インディア』をプロデュース。このアルバムの制作に全面的に協力したハリスンの思い入れは強く、彼はシャンカールと共に積極的にプロモーション活動を行った。だが、同時期に喉頭癌が判明し、7月に手術を受けることになる。その後も放射線治療を続け、1998年に世間に手術の事実が判明した後も、数年間再発は見られなかったという。1999年にはOBEを拒否した。理由は97年に授章したポール・マッカートニーが騎士団よりも下の階級だったことで、勲章は自分を侮辱していると感じたためと、インディペンデントやBBCが報道している。
1999年頃からは、自らが過去に発表したソロ・アルバムのリマスターの作業にもとりかかりはじめ、マイペースで新曲の制作も開始。21世紀に向けてミュージシャンとして再始動しようとしていたが、同年晦日に自宅に侵入した変質者にナイフで襲われ、重傷を負ってしまう。幸い命に別状はなかったものの、世間に与えた衝撃は非常に大きかった。この話を聞いた多くの人が、1980年のジョン・レノン射殺を思い出して戦慄した。しかし、恐怖するファンを安心させるかのように、2001年、ジョージは自身の代表作である『オール・シングス・マスト・パス』のリマスター盤を発表。そのプロモーション活動の中で、「新作についても完成が近い」ことを明かした。
この間にビートルズの元メンバーであるピート・ベストに関して、ジョージは「僕はビートルズ時代にピートに何もしてあげられなかった。せめてピートに会って当時のことを謝りたかったんだ」と述べていたが、ジョージの死で再会は実現しなかった。
しかし、そんな矢先に肺癌が発見され、さらに脳腫瘍も併発していることが判明。フランスでコバルト放射線治療を受け療養生活に入るが、世界中のタブロイド誌ではハリスンの体調に関する様々な憶測が飛び交った。本人からは否定のコメントが出されたものの、秋に入ると報道はさらに過熱した。2001年11月には、各国の大衆紙がジョージが危篤であると報道した。11月29日(日本時間11月30日早朝)、彼は滞在先であるロサンゼルスの友人宅[11]にて家族・友人たちに看取られながら58歳で息を引き取った。ビートルズ・ファンが追悼の巡礼に殺到することを危惧したオリヴィア夫人が虚偽の場所を死亡証明書に記載し、死去した場所は公表されていない。

死後[編集]
ハリスンが病に冒されなければ、生前に完成するはずだった新作は、彼の死から約1年後の2002年11月に『ブレインウォッシュド』というタイトルで発売された(プロデュースはハリスンと彼の息子ダーニ、ジェフ・リンの3人)。2003年度グラミー賞には本アルバム、及び「Any Road」と「Marwa Blues」の2曲がノミネートされ、後者は最優秀ポップ・インストゥルメンタル部門を受賞した。
遺作集のリリースとほぼ時期を同じくしてエリック・クラプトンの企画による追悼コンサート『コンサート・フォー・ジョージ』が行われ、リンとトム・ペティ、マッカートニー、スター、ビリー・プレストン、ジョー・ブラウンと娘サム、ジュールズ・ホランドなど、生前ハリスンと親交の深かったアーティストたちが多数参加した。このコンサートの模様は、翌年にCDとDVDでリリースされている。
リンゴ・スターはジョージへの追悼曲「Never Without You」を作り、2003年にシングルで発売した。アルバム『リンゴ・ラマ』にも収録されている。
2004年3月15日には、ソロ・アーティストとしてロックの殿堂入りを果たした。同時期にはワーナー在籍時代のアルバムが、デジタル・リマスターを施されて再リリースされ、話題を呼んだ。また、2005年には彼のキャリア最大の功績のひとつである『バングラデシュ・コンサート』のCDとDVDが装いを新たに再発された。2006年9月には、アルバム未収録だった2曲を加えた、1973年発表の全米No.1アルバム『リヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールド』が、リマスターされて発売された。
2009年4月14日、ハリウッドの殿堂入りを果たした。ビートルズとしては既にグループで殿堂入りしており、個人ではレノンに次いで2人目となった。また、同年5月8日には、アビー・ロード・スタジオにて、『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』を制作していた1967年頃(当時23〜24歳)に書かれたとみられる詞が、ビートルズの公式伝記の執筆者であるハンター・デイヴィス(英語版)によって発見され、大英図書館にて展示された。同年6月16日には自身3枚目となるベスト盤『レット・イット・ロール ソングス・オブ・ジョージ・ハリスン』が発売された(日本盤は7月8日発売)。
没後10年である2011年、マーティン・スコセッシ監督によるドキュメンタリー映画『ジョージ・ハリスン/リヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールド』が公開された。
現在ポール、リンゴに続き、英国王室から「Sir」の称号が与えられる見通しとなっている。

人物・宗教・趣味[編集]
60年代後半以降、ヒッピー・ムーブメントやサイケデリックなドラッグの影響もあり、ヒンズー教に傾倒した。1960年代半ばまでに、インドの宗教を他のビートルズに紹介し、インド文化と神秘主義の賛美者になる。映画『ヘルプ』の撮影中、ビートルズのメンバーはバハマで、スワミ・ビシュヌ・デバナンダ(シヴァナンダ・ヨガの創始者)の会合に出席。彼は本に署名した「ヨガの完全なイラストレーション・ブック」をハリスンに渡した。ヒンズー教のヨガの伝統に沿って、1966年の最後のビートルズツアーの頃から1960年代後半までに菜食主義者になった。インドへ、ビートルズのメンバーやドノヴァン、ジェーン・アッシャー、ミア・ファロー、マイク・ラヴらと旅行に行ったこともある。1966年にラヴィ・シャンカールによって様々な宗教的なテキストが与えられた後、彼はスワミ・ヴィヴェカナンダとパラマハンサ・ヨーガナンダのヨガと、ライターの教えの生涯にわたる支持者として残った(ラジャ・ヨガとヨギの自叙伝による)。また、1969年中頃、ロンドンにあるラダ・クリシュナ・テンプル(寺院)のメンバーによるシングル「ハリ・クリシュナ(Hare Krishna Mantra)」を、1971年には同曲を含むアルバム『ラダ・クリシュナ・テンプル』をプロデュースした。「マイ・スウィート・ロード」の曲中にも、クリシュナという歌詞が出てくる。
少年時代からスティーヴ・マックイーンやポ-ル・ニューマンと同様、モータースポーツのファンで、79年のインタヴューでも車好きを明らかにしている[12]。また自身もレースにドライバーとして参戦した。彼は79年にF1ドライバーのジャッキー・スチュアートらに捧げた曲「Faster」をアルバム内で発表した。「Faster」の印税は、29歳で癌で亡くなったF1ドライバーのグンナー・ニルソンが創設した癌撲滅基金に寄付された。顔がジョージと似ているF1ドライバーのデイモン・ヒルとも親交があった。参戦資金が不足していたヒルがジョージに支援依頼の手紙を郵送した際、ジョージは資金を提供した。数年後、F1チャンピオンになったデイモンは返済を申し出るが、ジョージは辞退した[13]。

ダークホース・レコード所属ミュージシャン[編集]
ジョージ・ハリスン
ラヴィ・シャンカール
スプリンター
ケニ・バーク
ステアステップス
アティテュ-ズ
ヘンリー・マッカロウ
ジヴァ日本公演[編集]
ジョージ・ハリスン with エリック・クラプトン and his band

1991年12月1日 横浜アリーナ
12月2日 大阪城ホール
12月3日 大阪城ホール
12月5日 名古屋市国際展示場
12月6日 広島サンプラザ
12月9日 福岡国際センター
12月10日・11日・12日 大阪城ホール
12月14日・15日・17日 東京ドームディスコグラフィ[編集]
詳細は「ジョージ・ハリスンの作品」を参照
オリジナル・アルバム[編集]
『オール・シングス・マスト・パス』 – All Things Must Pass(1971年、Remastered 2001年&2014年)
『リヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールド』 – Living in the Material World(1973年、Remastered 2006年&2014年)
『ダーク・ホース』 – Dark Horse(1974年、Remastered 2014年)
『ジョージ・ハリスン帝国』 – Extra Texture (Read All About It)(1975年、Remastered 2014年)
『33 1/3』 – Thirty Three & 1/3(1977年、Remastered 2004年)
『慈愛の輝き』 – George Harrison(1979年、Remastered 2004年)
『想いは果てなく〜母なるイングランド』 – Somewhere in England(1981年、Remastered 2004年)
『ゴーン・トロッポ』 – Gone Troppo(1982年、Remastered 2004年)
『クラウド・ナイン』 – Cloud Nine(1987年、Remastered 2004年)
『ブレインウォッシュド』 – Brainwashed(2002年)ライブ・アルバムおよび編集アルバム[編集]
『不思議の壁』 – Wonderwall(Film Soundtrack、1968年、Remastered 2014年)
『電子音楽の世界』 – Electronic Sound(1969年、Remastered 2014年)
『バングラデシュ・コンサート』 – Concert for Bangladesh(1971年、Remastered 2005年)
『ザ・ベスト・オブ・ジョージ・ハリスン』 – The Best of George Harrison(1976年 Compilation)
『ダーク・ホース 1976-1989』 – Best of Dark Horse 1976-1989(1989年 Compilation)
『ダーク・ホース・イヤーズ 1976〜1992』 – Dark Horse Years 1976-1992(2004年 Box-Set Compilation)
『トラヴェリング・ウィルベリーズ Vol.1』 – Traveling Wilburys, Volume 1(1988年)
『トラヴェリング・ウィルベリーズ Vol.3』 – Traveling Wilburys, Volume 3(1990年)
『ライヴ・イン・ジャパン』 – Live In Japan(1992年、Remastered 2004年)
『レット・イット・ロール ソングス・オブ・ジョージ・ハリスン – Let it Roll Songs of George Harrison(2009年 Compilation)
『EARLY TAKES Volume 1』 – EARLY TAKES Volume 1(2012年)シングル[編集]
「マイ・スウィート・ロード」 – My Sweet Lord(1970年、Remastered 2000年)
「美しき人生」 – What Is Life(1971年)
「バングラ・デッシュ」 – Bangla-Desh(1971年)
「ギヴ・ミー・ラヴ」 – Give Me Love (Give Me Peace On Earth)(1973年)
「ダーク・ホース」 – Dark Horse (1974年)
「ディン・ドン」 – Ding Dong, Ding Dong(1974年)
「二人はアイ・ラヴ・ユー」 – YOU(1975年)
「ギターは泣いている」 – This Guitar (Can’t Keep From Crying)(1975年)
「ジス・ソング」 – This Song(1976年)
「人生の夜明け」 – Crackerbox Palace(1977年)
「トゥルー・ラヴ」 – True Love(1977年)
「イッツ・ホワット・ユー・ヴァリュー」 – It’s What You Value(1977年)
「ブロー・アウェイ」 – Blow Away(1979年)
「愛はすべての人に」 - Love Comes To Everyone(1979年)
「ファースター」 – Faster(1979年)
「過ぎ去りし日々」 – All Those Years Ago(1981年)
「ティアードロップス」 – Teardrops(1981年)
「愛に気づいて」 – Wake Up My Love(1982年)
「アイ・リアリー・ラヴ・ユー」 – I Really Love You(1983年)
「オ・ラ・イ・ナ・エ」 – Dream Away(1983年)
「青春の想い」 – I Don’t Want To Do It(1985年)
「セット・オン・ユー」 – Got My Mind Set on You(1987年)
「FAB」 – When We Was Fab(1988年)
「ディス・イズ・ラヴ」 – This Is Love(1988年)
「チアー・ダウン」 – Cheer Down(1989年)
「プアー・リトル・ガール」 – Poor Little Girl(1989年)
「エニイ・ロード」 – Any Road(2003年)
「あの空の彼方へ」 – Stuck Inside a Cloud(2003年)アメリカ・日本のみで発売されたシングルも含む。

楽曲提供[編集]
「想い出のフォトグラフ」 – リンゴ・スター(1973年)※リンゴとの共作
「ラック・マイ・ブレイン」 – リンゴ・スター(1981年)※リンゴへの提供プロデュース[編集]
『ザ・プレイス・アイ・ラブ』(アルバム) – スプリンター
『アイ・アム・ミッシング・ユー』(EP) – ラヴィ・シャンカールトリビュート・アルバム[編集]
『Gentle Guitar Dreams』 – (2002年)
GOT MY MIND SET ON YOU/ホフディラン
I NEED YOU/ムーンライダーズ
WHEN WE WAS FAB/鈴木茂バンド
SOMETHING/沢田研二
THE LIGHT THAT HAS LIGHTED THE WORLD/白鳥マイカ・田中和将・亀井亨・根岸孝旨
IF I NEEDED SOMEONE/TIMESLIP-RENDEZVOUS
WHAT IS LIFE/THE COLLECTORS
TAX MAN/BOX(杉真理・松尾清憲)
I ME MINE/野宮真貴 with 花田裕之
FAR EAST MAN/高野寛
HERE COMES THE SUN/堂島孝平
DING DONG, DING DONG/hi*limits&黒沢健一
WHILE MY GUITAR GENTLY WEEPS/千住明主なセッション参加作品[編集]
ジョン・レノン – 『イマジン』
リンゴ・スター – 『リンゴ』『ヴァーティカル・マン〜リンゴズ・リターン』
クリーム – 『グッバイ・クリーム』(クレジットはL’Angelo Misterioso)
ジャック・ブルース – 『ソングス・フォー・ア・テイラー』(クレジットはL’Angelo Misterioso)
バッドフィンガー – 『ストレート・アップ』
ニッキー・ホプキンス – 『夢みる人』(クレジットはGeorge O’Hara)
ゲイリー・ムーア – 『スティル・ゴット・ザ・ブルーズ』
エレクトリック・ライト・オーケストラ – 『ズーム』
ディープ・パープル – オーストラリアのメルボルンでのディープ・パープルのコンサートに飛び入り参加し、リトル・リチャードの「Lucille」を演奏。ブートレッグで音源と映像が残っている。主な使用楽器[編集]
アコースティック・ギター[編集]
エグモンド・276(EGMOND 276)
ジョージが初めて入手したギター。1956年、13歳の時に同じ学校の友人レイモンド・ヒューズの所有ギターを3ポンド10シリングで購入した。
ヘフナー・プレジデント
ジョージが2本目に購入したギター。クオリーメンに加入する際に所持していた。ジョージはピックアップを取り付けセミ・エレクトリックギターとして使用していた。後に別のバンド「スィンギング・ブルージーンズ」のメンバーが所有していたヘフナー・クラブ40と交換した。
ギブソン・J-160E
デビュー前にマネージャーのブライアン・エプスタインから買ってもらったもの。ジョン・レノンとお揃いだったが、ジョンがその後何回か壊したり、盗難にあって買い換えたのに対して、ジョージはこの1本のみを使い続けた。
ハープトーン RS-6CN
アメリカ、ニュージャージーのメーカー。
ギブソン・J-200
1968年にアメリカで入手。ゲット・バック・セッションの際に使用されており、映画『レット・イット・ビー』でその姿を確認できる。アルバム『レット・イット・ビー』に収録された「フォー・ユー・ブルー」や、アルバム『アビイ・ロード』に収録された「ヒア・カムズ・ザ・サン」などの楽曲で使用されている。
ギブソン・J-2000
1991〜1993年に少数製作されたモデル。1991年の日本公演にて使用。J-200同様、大型ボディでシングル・カッタウェイ。ピックアップを後付けしてエレクトリック・アコースティックとして使用。
マーティン・D-28
マーティン・D-35
マーティン・D-12-35 – D-35の12弦モデル
ゼマティス
モデル名は不明だが、ジャンボ・タイプの12弦や比較的シンプルなモデルまで7本以上所有しているといわれている。
ホセ・ラミレス(Jose Ramirez)
モデル名不明のクラシック・ギター。映画「A HARD DAY’S NIGHT」の中で使用しているが、ジョージが実際に所有していたかどうかは不明(映画の撮影の為に用意された備品の可能性がある)。もともと1963年春に友人であるビートルズの面々とカナリア諸島テネリフェ島での休暇を過ごしたクラウス・フォアマンが西ドイツ(当時)への帰国途中に立ち寄ったマドリッドで購入したもの。1963年中頃にアンドレス・セゴビアのクラシック・ギター奏法に興味を抱いたジョージがデュオ・ジェットとの交換で入手したとされる。なお、本モデルは21世紀となってホセ・ラミレスからInstrumentos Para Rondalla “GH”として復刻されている。エレクトリック・ギター[編集]
レスポール(ハードロックカフェ展示品)
ヘフナー・クラブ40
1957年製。別のバンド「スィンギング・ブルージーンズ」のメンバーが所有していた物をヘフナー・プレジデントと交換して入手した、ジョージにとって初めての(後付けピックアップによらない)エレキギター。同時期にジョンも同じモデル(こちらは1959年製)を所有している。なお、1966年ハンブルクのスター・クラブが開催したコンテストで「ベスト・バンド」賞を受賞したスモール・フェイセズが賞品として獲得した、ビートルズ4人のサイン入り(ただし専門家による後の筆跡鑑定では、これらのサインはニール・アスピノールによる可能性が高いとされる)クラブ40がこれと同一個体ではないかといわれている。
ジョラーナ・グラジオッソⅡ・リゾネット
デビュー前に使用していた安価なギター。チェコスロバキアのメーカーからセルマー社製が輸入したものである。一般に「フューチュラマ」と言う名前で知られるがこれはセルマーがイギリスの市場にむけて付けた名前。フーチュラマはハグスロトローム、ヘフナーからの輸入品にもその名がつけられている。若き日のジミー・ペイジ、エリック・クラプトンらも使用した。単純に見た目が当時の若いミュージシャン達が憧れていたフェンダー・ストラトキャスターに似ているため購入したといわれているが、見た目はかなりフェンダーのそれとは異なっていて、シングルコイルのピックアップが3つあるのとヴォリュームのつまみが3つあり、白い大きなピックガードがあるくらいしか共通点はない。デビュー前のトニー・シェリダンとのポリドール・セッションの際にも用いられており、『ザ・ビートルズ・アンソロジー1』に収録された「マイ・ボニー」などでその音を聴くことができる。
グレッチ・デュオ・ジェット(Gretsch G6128 Duo Jet)
デビュー直前から1963年中頃までステージおよびレコーディングで使用。1957年にリヴァプールの商船船員アイヴァン・ヘイワードがニューヨークのサム・グッディーズにて300ドルで購入、1962年夏にリヴァプール・エコー紙の広告で売りに出していたものを75ポンドで購入した。ジョージが購入した時点でグレッチのロゴが入ったビグスビー製のB3型トレモロ・アームが搭載されていたが、エンド部分のストラップピンの位置が通常の位置から変わってしまっており、アームの搭載は前所有者のアマチュア・リペアによって行われたものであると考えられる。また、通常のデュオ・ジェット(G6128)はバックがメイプルであるが、ジョージの所有するモデルはバックが黒であり、製造の過程で偶発的にそのように仕上げられてしまったか、もしくは同社の色違いモデルであるボディが赤でバックが黒のジェット・ファイアー・バード(G6131 Jet Firebird)のボディーカラーをリフィニッシュしたモデルである可能性がある。なお、1963年1月にネックに生じたクラックをリペアした際に、ネックとボディバックを黒にリペイントしている。一度クラウス・フォアマンの手に渡っていた(前述のホセ・ラミレスとの交換で、という説あり)がその後買い戻しており、現在も遺族が所有している。アルバム『クラウド・ナイン』のジャケットでは、このギターを持ったジョージが写っている。ボディは黒だが、塗装ではなくセルロイドを貼り付けていて、これはドラムメーカーでもあった同社のギターの特長でもある。なお、1963年初頭にキャヴァーン・クラブで撮影したと思われるボディー・カラーの異なる(赤色)ジェット・ファイアー・バードを弾く写真も残されているが、ジョージはこのファイアー・バードについて質問された際に「たまたま試しただけのなんかさ」と返答しており、他人が所有していたモデルを一時的に借りていただけのようである[14]。 グレッチ G6122-1962 チェット・アトキンス・カントリー・ジェントルマン
グレッチ・カントリー・ジェントルマン(Gretsch G6122-1962 Country Gentleman)
1963年4月に最初の1本目を購入し、「シー・ラヴズ・ユー」をはじめエド・サリヴァン・ショー出演時にも使われるなど、1965年初頭までステージやレコーディングで頻繁に使用。ミュート・スイッチの数や形状等から、少なくとも3本所有していたものと思われる。ダブルカッタウェイのホロウボディで、サウンド・ホールは開いていない(fホールのペイントのみ)。ピックアップはハムバッカーであるフィルタートロン。インタヴューで黒にリフィニッシュしたと述べている。
リッケンバッカー425(Rickenbacker 425)
ジョージが1963年に、結婚してアメリカに移住した姉に会いに行った際に購入したもの。テレビ番組「レディ・ステディ・ゴー」出演時に使用している。色は購入当時は下記360/12と同じファイア・グロー(チェリー・サンバースト)だったが、ジョン・レノンの325と同じ色にしたいというジョージの希望で黒くリフィニッシュされた。ネックは325より長いミディアム・スケールである。
リッケンバッカー・360/12
ア・ハード・デイズ・ナイトのイントロの1コードを奏でた事で有名な12弦ギターで、12弦独特の分厚いコーラス感と明るいサウンドが特徴。1963年製と1964年製の2本所有していた。’63の方は初アメリカツアーの際に、リッケンバッカーから直接プレゼントされたもので、ボディのエッジがシャープで、テールピースは平たいコの字型のタイプであり、’63年12月の試作2本目のものであった。’64の方は日本公演でも使用されたもので、ボディのエッジは丸みを帯びていてRickenbacker の R の文字を象ったテールピースを使っている。1本目はソロ時代のプロモーションフィルムにも登場し(「ディン・ドン」「FAB」)、現在も遺族が大切に保管しているが、2本目は後に盗難に遭い紛失した。
グレッチ・テネシアン(Gretsch Tennessean)
1964年からステージやレコーディングに使われるようになり、1965年のツアーではメインギターであった。映画「ヘルプ!」での使用も知られている。シングルカッタウェイのホロウボディで、サウンド・ホールは開いていない(fホールのペイントのみ)。ピックアップはシングルコイルであるハイロートロンで強い高音が特徴。アルバムでは『ビートルズ・フォー・セール』以降でバンドサウンドに埋もれない個性的な音を聴くことができる。
ギブソン・ES-345
1965年に撮影された一連のプロモーション・フィルム(「アイ・フィール・ファイン」「涙の乗車券」「ヘルプ!」「デイ・トリッパー」「恋を抱きしめよう」)でその姿を確認できる。1965年のイギリス・ツアーで使用している写真が残されている。
フェンダー・ストラトキャスター
ジョージはビートルズのメジャー・デビュー前より、バディ・ホリーやハンク・マーヴィンらの影響でストラトキャスターを欲しがっていたが、当時は高額な税金がかかっており手が出ず、ビートルズのデビュー後しばらくは、ドイツで購入したグレッチや譲渡されたリッケンバッカー、ギブソンを使用した。
1965年の初頭、ジョージは『ヘルプ!』セッション時に、自分とジョン用に2本ストラトキャスターを入手するようにマル・エヴァンズに依頼した。その際もし外見上お揃いであれば支払いは自分が持つというブライアン・エプスタインの言葉を聞いたエヴァンズがケント[要曖昧さ回避]まで出向いて入手したもの。色は当時レアカラーであったソニックブルー、61年製のスラブボードと呼ばれるローズ指板のものである。ジョン所有の個体に比べ若干ネックのフレイムが強く出ており、ヘッド裏に金色のデカールが認められる。その後ジョージ自身の手によりサイケデリック塗装がほどこされ、マジカル・ミステリー・ツアーにおけるアイ・アム・ザ・ウォルラスの映像で確認できる。1969年のデラニー&ボニー&フレンズのコンサートでも使用。愛称はロッキー。
ジョージはこれ以外にも多数のストラトキャスターを所有し、ビートルズ解散後はメイン・ギターとして使用した。代表的なものとして、1971年のバングラデシュ難民救済コンサートでは、60年代製のボディに50年代製のメイプル・ネックが装着されたホワイトのモデルを、また1974年のアメリカ・ツアーでは、’50年代製のサンバーストのモデルを使用。1991年の日本公演では、トリノ・レッドのエリック・クラプトン・モデルをはじめ数本を使用した。また、フェンダーの下位ブランド、Squier製のストラトキャスターも所有、1987年のプリンス・トラスト・コンサート出演時に使用していた。もともと息子ダーニに買い与えた安価な日本製のモデルだが、意外な造りと音の良さをジョージが気に入り、自分で使ったという。2006年に限定リイシューされた同モデルの型番には、彼の愛称「ダークホース」の略であるDHが付けられている(偶然であるがダーニ・ハリスンの頭文字でもある)。
ギブソン・SG・スタンダード
「ペイパーバック・ライター」「レイン」のプロモーション・フィルムでその姿を確認できる。ステージでは1966年5月のNMEポールウィナーズコンサートでのみ使用、また同年のツアー時にはスペアとして用意されており、日本公演の際もエピフォン・カジノのスペアとして持ち込まれていた。後にバッドフィンガーのピート・ハムに譲渡された。
エピフォン・カジノ
1966年のコンサート・ツアーのメイン・ギターとして使用。ビグスビー製のトレモロ・アームが取り付けられており、型の違いにより全体的にやや細身なシェイプをしている点がジョン・レノンの同モデルと異なる。色はジョン・レノン所有のモデルと同じくサンバーストだったが、後にジョン同様に塗装を剥離した。現在はロンドン郊外のフライアー・パークにある自宅の壁に掛けられているという。
ギブソン・レスポール
57年製ゴールドトップのものをSGと同じチェリーレッドにリフィニッシュしたもの。もともとはエリック・クラプトンの所有であったが、1968年8月初旬にクラプトンからジョージに譲られ、8月7日からレコーディングで使用し始める。愛称はルーシー。[15]1968年9月4日にレヴォリューションのPV撮影時にジョージが使用、同年9月6日のホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープスにおいてクラプトンがソロをオーヴァー・ダビングしている。[16]ジョージはこのギターを1968年から1969年にかけてメインギターとして使用している。[15]その後もジョン・レノンの「オー・マイ・ラヴ」のレコーディングや、1974年の全米ツアーでもこのギターを使用していた(DVD「ギミ・サム・トゥルース」でその模様が確認できる)。このギターは1970年に自宅から盗難の被害にあっているが、犯人は楽器店へ売却し、それを購入した人物から58年型のレス・ポールと交換で買い戻されている。これ以外にも、1969年12月,ロンドン・ライシウムにおけるプラスティック・オノバンド参加時にはクラプトンから借りた黒の59年製3ピックアップレスポール・カスタムを(クラプトンは“ロッキー”を使用。)、1991年の日本公演では60年製サンバーストのレスポール・スタンダードを使用している。
フェンダー・テレキャスター・オールローズ
1968年にフェンダー社が特注を受けて製作。エレキギターでは通常指板材として使用されるローズウッド(紫檀)を用いて、ボディとネックが造られている。1969年『レット・イット・ビー』のレコーディング・セッションで使用。映画『レット・イット・ビー』では全面的にフィーチャーされている。’69年12月、ジョージがデラニー&ボニーのツアーにサポート参加した際、デラニー・ブラムレットに譲渡された。この後、返却を要求したが、拒否された。2003年にデラニーはこのギターをオークションにかけたが、オリヴィア夫人の代理人が落札し、無事ジョージの家に戻った。この他には、「セット・オン・ユー」のプロモーションフィルムで使用した、メイプル指板で、ボディがバタースコッチ・フィニッシュの一般的なテレキャスターも所有していた。
フェンダー・エレクトリックXII
1991年の日本公演時に「恋をするなら」で使用。
フリッツ・ブラザーズ・ロイ・ブキャナン・ブルースマスター(Fritz Brothers Roy Buchanan Bluesmaster)
1991年の日本公演時に使用された。テレキャスターをベースにしたカスタムモデル。
メイトン・マスターサウンド(Maton mastersound)
メイトンはオーストラリアのギター・メーカー。1963年のステージ写真で使用が確認できる。エレクトリック・ベース[編集]
フェンダー・ジャズベース
1967–68年製と思われる、カラーはサンバーストで、ポジション・マークがブロック(四角)のモデル。1968年の『ザ・ビートルズ』セッションより使用。ポール・マッカートニーのアルバム『バンド・オン・ザ・ラン』中ジャケットにて、ポールが右利き用のジャズ・ベースを演奏している写真が掲載されており、これと同一品である可能性がある。
フェンダー・ベースVI
これも1967–68年製と思われる、カラーはサンバーストで、ポジション・マークがブロック(四角)のモデル。「ヘイ・ジュード」のPVで使用。ジョン・レノンも「バック・イン・ザ・U.S.S.R.」や映画「レット・イット・ビー」にて同モデルを演奏しているため、ジョージが所有していたものかどうかは不明である。1991年のジョージの日本公演では、エリック・クラプトン・バンドのアンディ・フェアウエザー・ロウ(元エーメン・コーナー)が「ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス」にて全く同仕様のモデルを演奏しており、同一品であった可能性がある。アンプ[編集]
ヴォックス・AC30(VOX AC30)
ビートルズ・デビュー前から初期まで(中期ではフェンダーのアンプと併用)のレコーディングにおいて最もよく使用されたアンプ。真空管を使用していて独特な粘りのあるサウンドで、個々のギターの特徴と混じり合って音を出す。これこそ初期ビートルズサウンドの大きな要素である。ライヴでも使用される事はあったが、当時のPAシステムは貧弱でアンプ・スピーカーからの出音頼みだったが、出力が低いためライヴには向かなかった。
ヴォックス・AC50(VOX AC50)
ヴォックス・スーパー・ビートル(VOX SUPER BEATLE, VOX AC200)
ライヴにおいて観客から殆ど音が聞こえない状況を打開するため、出力の低いAC30などのアンプに代わって、ヴォックス社よりビートルズのライヴのために開発・提供された大型で高出力のスタックアンプ。100Wのものと200Wのものがあり真空管を使用し粘りのあるサウンド。ヴォリュームを最高にして使用しているようで、その分、アンプの持つサウンドより箱鳴りのサウンドの方が大きく聞こえる。
フェンダー・ベースマン
1964年製。ホワイトトゥーレックスモデル。元々は『ラバー・ソウル』セッション時にポールがベース・アンプとして導入。
アルバム『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』あたりよりジョージがギター・アンプとして使い始める。
『ゲット・バック・セッション』のトゥイッケナム・スタジオ期後半でも使用し、解散後のジョン・レノンのアルバム『イマジン』セッションに参加した時もメインアンプとして使用した、使用歴の長いアンプである。
フェンダー・ツインリヴァーブその他[編集]
シタール脚注[編集]
[脚注の使い方]注釈[編集]

^ イギリスでヒットしたロニー・ドネガンの「ロック・アイランド・ライン」などがスキッフルの有名曲である。

^ ジョージは、ポールに紹介される以前からジョン・レノンを知っていた。なぜなら、以前ジョージがアルバイトをしていたクウォーク精肉店の得意先の1つがジョンの家だったからである。

^
彼の家をバンドに貸したからという説もある。

^ 『レノン=マッカートニー』の2人に比べて自身を「穴馬」に例えたネーミング。

^ オリジナルはジェームス・レイの曲。「20世紀ポップス名曲事典」かまち潤、p.267、平凡社

^
このヒットにより「最も長い間隔を開けてNO.1ヒットを飛ばした男」として、ギネス世界記録に認定されている。

出典[編集]

^ a b “Fim dos Beatles foi anunciado por Paul McCartney há 50 anos”. Correio do Povo (Grupo Record). (2020年4月10日). https://www.correiodopovo.com.br/arteagenda/fim-dos-beatles-foi-anunciado-por-paul-mccartney-h%C3%A1-50-anos-1.411871 2020年12月17日閲覧。 

^ a b Laing, Dave (2001年11月30日). “George Harrison, 1943-2001”. The Guardian (Guardian Media Group). https://www.theguardian.com/news/2001/nov/30/guardianobituaries1 2020年12月17日閲覧。 

^ a b c d Erlewine, Stephen Thomas. “George Harrison | Biography & History”. 2020年12月17日閲覧。

^ 「Living in the Material World」 マーティン・スコシージ、オリヴィア・ハリスン著

^ The 50 Best Beatles songs 2020年12月29日閲覧

^ オール・シングズ・マスト・パス 2020年1月6日閲覧

^ http://www.abbeyrd.net/mysweet.htm

^ ビートルズ よみがえる『朝日新聞』1979年(昭和54年)9月22日夕刊 3版 15面

^ 映画の邦題は「ポーキーズ 最後の反撃」

^ 『東京新聞』2013年8月10日付

^ 『東京新聞』2001年12月1日付

^ 『F1 RACING 日本版』2006年3月号「秘蔵インタビュー:ジョージ・ハリスン」三栄書房

^ 『F1 RACING 日本版』2008年8月号 三栄書房、71項

^ 『ザ・ビートルズ・イクイップメント・ストーリーズ』(シンコーミュージック・エンタテイメント、2010年6月30日)

^ a b アンディ・バビアック 『Beatles Gear 日本語翻訳版』 坂本信訳、リットーミュージック、2002年、224-225ページ

^ アンディ・バビアック 『Beatles Gear 日本語翻訳版』 坂本信訳、229ページ

外部リンク[編集]

ウィキメディア・コモンズには、ジョージ・ハリスンに関連するカテゴリがあります。公式ウェブサイト
ジョージ・ハリスン – UNIVERSAL MUSIC JAPAN
ジョージ・ハリスン – Discogs
George Harrison (@georgeharrison) – Twitter
George Harrison (@georgeharrisonofficial) – Instagram表話編歴ジョージ・ハリスンシングル
1970年
マイ・スウィート・ロード
イズント・イット・ア・ピティー(英語版)1971年
美しき人生
バングラ・デッシュ1973年
ギヴ・ミー・ラヴ1974年
ディン・ドン1975年
ダーク・ホース
二人はアイ・ラヴ・ユー
ギターは泣いている1976年
ジス・ソング1977年
人生の夜明け
トゥルー・ラヴ
イッツ・ホワット・ユー・ヴァリュー1979年
ブロー・アウェイ
愛はすべての人に
ファースター1981年
過ぎ去りし日々
ティアードロップス1982年
愛に気づいて
アイ・リアリー・ラヴ・ユー1985年
アイ・ドント・ウォント・トゥ・ドゥ・イット1987年
セット・オン・ユー
デヴィルズ・レイディオ1988年
FAB
クラウド・ナイン
ディス・イズ・ラヴ1989年
チアー・ダウン
プアー・リトル・ガール2003年
エニイ・ロード
あの空の彼方へ
スタジオ・アルバム
不思議の壁
電子音楽の世界
オール・シングス・マスト・パス
リヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールド
ダーク・ホース
ジョージ・ハリスン帝国
33 1/3
慈愛の輝き
想いは果てなく〜母なるイングランド
ゴーン・トロッポ(#10 サークルズ)
クラウド・ナイン
ブレインウォッシュドライブ・アルバム
バングラデシュ・コンサート
ライヴ・イン・ジャパンベスト・アルバム
ザ・ベスト・オブ・ジョージ・ハリスン
ダーク・ホース 1976-1989
レット・イット・ロール ソングス・オブ・ジョージ・ハリスンボックス・セット
ダーク・ホース・イヤーズ 1976-92
アップル・イヤーズ 1968-75関連項目
作品
クオリーメン
ビートルズ
プラスティック・オノ・バンド
トラヴェリング・ウィルベリーズ
シタール
スライド・ギター
ダーク・ホース
コンサート・フォー・ジョージ
上海サプライズ
ハリスン (小惑星)
ジョージ・ハリスン/リヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールド
ハンドメイド・フィルムス関連人物
ジョン・レノン
ポール・マッカートニー
リンゴ・スター
エリック・クラプトン
フィル・スペクター
ジェフ・リン
パティ・ボイド
オリヴィア・トリニアード・アリアス
ダーニ・ハリスン
マハリシ・マヘーシュ・ヨーギー
ラヴィ・シャンカル
デイモン・ヒル
表話編歴ビートルズ
ジョン・レノン – ポール・マッカートニー – ジョージ・ハリスン – リンゴ・スターピート・ベスト – スチュアート・サトクリフシングル
表話編歴ビートルズのシングルUK盤・US盤共通
1963年
プリーズ・プリーズ・ミー / アスク・ミー・ホワイ
フロム・ミー・トゥ・ユー / サンキュー・ガール
シー・ラヴズ・ユー / アイル・ゲット・ユー1964年
キャント・バイ・ミー・ラヴ / ユー・キャント・ドゥ・ザット
アイ・フィール・ファイン / シーズ・ア・ウーマン1965年
涙の乗車券 / イエス・イット・イズ
ヘルプ! / アイム・ダウン
恋を抱きしめよう / デイ・トリッパー1966年
ペイパーバック・ライター / レイン
エリナー・リグビー / イエロー・サブマリン1967年
ストロベリー・フィールズ・フォーエバー / ペニー・レイン
愛こそはすべて / ベイビー・ユーアー・ア・リッチ・マン
ハロー・グッドバイ / アイ・アム・ザ・ウォルラス1968年
レディ・マドンナ / ジ・インナー・ライト
ヘイ・ジュード / レボリューション1969年
ゲット・バック / ドント・レット・ミー・ダウン
ジョンとヨーコのバラード / オールド・ブラウン・シュー
サムシング / カム・トゥゲザー1970年
レット・イット・ビー / ユー・ノウ・マイ・ネーム1978年
サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド / ウィズ・ア・リトル・ヘルプ・フロム・マイ・フレンズ / ア・デイ・イン・ザ・ライフ1982年
ザ・ビートルズ・ムービー・メドレー / すてきなダンス1995年
ベイビー・イッツ・ユー
フリー・アズ・ア・バード / クリスマス・タイム1996年
リアル・ラヴ / ベイビーズ・イン・ブラック
UK盤(パーロフォン /アップル)
1962年
マイ・ボニー / 聖者の行進(トニー・シェリダン and ザ・ビート・ブラザーズ)
ラヴ・ミー・ドゥ / P.S.アイ・ラヴ・ユー1963年
抱きしめたい / ジス・ボーイ(こいつ)1964年
いい娘じゃないか / イフ・ユー・ラヴ・ミー・ベイビー
ア・ハード・デイズ・ナイト / 今日の誓い1976年
イエスタデイ / 恋する二人
バック・イン・ザ・U.S.S.R. / ツイスト・アンド・シャウト
US盤(ヴィージェイ /スワン /トリー /キャピトル /アップル)
1963年
抱きしめたい / アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア1964年
ツイスト・アンド・シャウト / ゼアズ・ア・プレイス
ドゥ・ユー・ウォント・トゥ・ノウ・ア・シークレット / サンキュー・ガール
ラヴ・ミー・ドゥ / P.S.アイ・ラヴ・ユー
シー・ラヴズ・ユー(ドイツ語) / アイル・ゲット・ユー
ぼくが泣く / すてきなダンス
アンド・アイ・ラヴ・ハー / 恋におちたら
ア・ハード・デイズ・ナイト / 恋する二人
マッチ・ボックス / スロウ・ダウン1965年
エイト・デイズ・ア・ウィーク / パーティーはそのままに
イエスタデイ / アクト・ナチュラリー1966年
ひとりぼっちのあいつ / 消えた恋1970年
ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード / フォー・ユー・ブルー1976年
ゴット・トゥ・ゲット・ユー・イントゥ・マイ・ライフ / ヘルター・スケルター
オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ / ジュリア
その他(オデオン /パーロフォン /アップル)
1963年
ロール・オーバー・ベートーヴェン / デヴィル・イン・ハー・ハート(フィリピン)1964年
抱きしめたい(ドイツ語) / シー・ラヴズ・ユー(ドイツ語)(ドイツ)
オール・マイ・ラヴィング / ジス・ボーイ(こいつ)(カナダ)
フロム・ミー・トゥ・ユー / アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア(日本)
ツイスト・アンド・シャウト / ロール・オーバー・ベートーヴェン(日本)
オール・マイ・ラヴィング / ラヴ・ミー・ドゥ(日本)
プリーズ・ミスター・ポストマン / マネー(日本)1965年
ロック・アンド・ロール・ミュージック / アイム・ア・ルーザー(ヨーロッパ、オーストラリア)
すてきなダンス / テル・ミー・ホワイ(日本)
ロング・トール・サリー / アイ・コール・ユア・ネーム(日本)
ノー・リプライ / エイト・デイズ・ア・ウィーク(日本)
ロック・アンド・ロール・ミュージック / エヴリー・リトル・シング(日本)
ミスター・ムーンライト / ホワット・ユー・アー・ドゥーイング(日本)
カンサス・シティ/ヘイ・ヘイ・ヘイ・ヘイ / アイル・フォロー・ザ・サン(日本)
パーティーはそのままに / みんないい娘(日本)
ディジー・ミス・リジー / アンナ(日本)
恋のアドバイス / テル・ミー・ホワット・ユー・シー (日本)
ザ・ナイト・ビフォア / アナザー・ガール(日本)1966年
ノルウェーの森 (ノーウェジアン・ウッド) / ひとりぼっちのあいつ(オーストラリア)
ミッシェル / ガール(ヨーロッパ)1968年
オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ / ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス(ヨーロッパ、日本、オーストラリア)
オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ / アイ・ウィル(フィリピン)
バック・イン・ザ・U.S.S.R. / ドント・パス・ミー・バイ(スウェーデン)1969年
恋のアドバイス / テル・ミー・ホワット・ユー・シー(日本)1970年
オー!ダーリン / ヒア・カムズ・ザ・サン(日本)1972年
オール・トゥゲザー・ナウ / ヘイ・ブルドッグ(ヨーロッパ)1978年
サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド / ウィズ・ア・リトル・ヘルプ・フロム・マイ・フレンズ / ウィズイン・ユー・ウィズアウト・ユー(ドイツ)1981年
レット・イット・ビー / ゲット・バック(日本)

アルバム
表話編歴ビートルズのアルバム
太字はビートルズのカタログを構成する正式な作品スタジオ・アルバム
プリーズ・プリーズ・ミー
ウィズ・ザ・ビートルズ
ハード・デイズ・ナイト
ビートルズ・フォー・セール
ヘルプ!
ラバー・ソウル
リボルバー
サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド
ザ・ビートルズ (ホワイト・アルバム)
イエロー・サブマリン
アビイ・ロード
レット・イット・ビーアメリカ盤
イントロデューシング・ザ・ビートルズ
ミート・ザ・ビートルズ
ザ・ビートルズ・セカンド・アルバム
サムシング・ニュー
ビートルズ物語
ビートルズ ’65
ジ・アーリー・ビートルズ
ビートルズ VI
イエスタデイ・アンド・トゥデイ
マジカル・ミステリー・ツアー
ヘイ・ジュード日本盤
ビートルズ!
ビートルズ No.2!
ビートルズ No.5!
ステレオ! これがビートルズ Vol.1
ステレオ! これがビートルズ Vol.2
ザ・ビートルズ/グレイテスト・ヒッツ
ザ・ビートルズ・ビート
シルヴァー・ビートルズ
ビートルズ・イン・イタリーコンピレーション
オールディーズ
ザ・ビートルズ1962年〜1966年
ザ・ビートルズ1967年〜1970年
ロックン・ロール・ミュージック
ラヴ・ソングス
レアリティーズ
レアリティーズ Vol.2
ビートルズ バラード・ベスト20
リール・ミュージック
20グレイテスト・ヒッツ
ザ・ビートルズ・アンソロジー
1
2
3
ザ・ビートルズ1
パスト・マスターズ
モノ・マスターズ
アンソロジー・ハイライト
トゥモロー・ネバー・ノウズライブ・アルバム
デビュー! ビートルズ・ライヴ’62
ザ・ビートルズ・スーパー・ライヴ!
ライヴ・アット・ザ・ハリウッド・ボウル
ザ・ビートルズ・ライヴ!! アット・ザ・BBC
オン・エア〜ライヴ・アット・ザ・BBC Vol.2リミックス・アルバム
イエロー・サブマリン 〜ソングトラック〜
レット・イット・ビー…ネイキッド
LOVEボックス・セット
リヴァプールより愛を込めて ザ・ビートルズ・ボックス
シングル・コレクション・ボックス
EP コレクション・ボックス
ザ・キャピトル・アルバムス Vol.1
ザ・キャピトル・アルバムス Vol.2
ザ・ビートルズ ’64 BOX
ザ・ビートルズ ’65 BOX
ザ・ビートルズ BOX
ザ・ビートルズ MONO BOX
THE U.S. BOX
ミート・ザ・ビートルズ <JAPAN BOX>
クリスマス・レコード・ボックス
映画
ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!
ヘルプ!4人はアイドル
マジカル・ミステリー・ツアー
イエロー・サブマリン
レット・イット・ビー
ザ・ビートルズ〜EIGHT DAYS A WEEK – The Touring Years
ザ・ビートルズ: Get Backプロデューサー
ジョージ・マーティン
フィル・スペクター
クリス・トーマス
ジェフ・リンエンジニア
ノーマン・スミス

ジェフ・エメリック
ケン・スコット
フィル・マクドナルド
アラン・パーソンズスタジオ・スタッフ
ケン・タウンゼント

マネージメント
ブライアン・エプスタイン
マル・エヴァンズ
アラン・クラインアップル・コア
ニール・アスピノール
ジェフ・ジョーンズ(英語版)
アリステア・テイラー(英語版)
アラン・オルドリッジ
デレク・テイラー(英語版)アップル・レコード
ジェームス・テイラー
ジャッキー・ロマックス
デイヴィッド・ピール
ドリス・トロイ
バッドフィンガー
ビリー・プレストン
メリー・ホプキン
ラヴィ・シャンカル
ロニー・スペクター夫人または恋人
アストリッド・キルヒャー
オノ・ヨーコ
オリヴィア・トリニアード・アリアス(英語版)
ジェーン・アッシャー
シンシア・レノン
バーバラ・バック
パティ・ボイド
ヘザー・ミルズ(英語版)
メイ・パン
モーリン・スターキー
リンダ・マッカートニー関連人物
アラン・ウィリアムス(英語版)
アンディ・ホワイト
エリック・クラプトン
クラウス・フォアマン
ケン・マンスフィールド
斉藤早苗
ジミー・ニコル(英語版)
デイヴ・デクスター・ジュニア
ディック・ジェイムス
トニー・シェリダン
トニー・バーロウ
ニッキー・ホプキンス
ハリー・ニルソン
ピーター・ショットン(英語版)
ピーター・ブラウン
ベルト・ケンプフェルト
マジック・アレックス
マハリシ・ヨギ
ミミ・スミス
リー・イーストマン
リチャード・レスター
ローリー・ストーム
フリーダ・ケリー
デゾ・ホフマン(英語版)
永島達司スタジオ&レーベル
アビー・ロード・スタジオ
EMI
パーロフォン
カルダーストーン・プロダクションズ
ヴィージェイ・レコード
キャピトル・レコード
アップル・レコード関連項目

クオリーメン
レノン=マッカートニー
ザ・ビートルズ・アンソロジー
日本公演(テレビ番組)
リバプールサウンド
ルーフトップ・コンサート
バック・ビート
アップル・コア
デッカ・レコード
NEMSエンタープライズ
ザ・ビートルズ・クラブ
キャヴァーン・クラブ
ビートルマニア
5人目のビートルズ
ポール死亡説
解散問題
論争
海賊盤
アニメ・ザ・ビートルズ
ラトルズ
東京ビートルズ
ザ・ファブ・フォー
ビータリカ
キリスト発言未発表曲
Carnival of Light
Watching Rainbows
Now and Then番組
明治製菓提供ザ・ビートルズ
Beatles My Life
ビートルズから始まる。
THE BEATLES 10
BEATLEQUEST
ビートルズは終わらない~The Beatles 4 Ever~
秘密のビートルズ映画
抱きしめたい
イエスタデイ小惑星
レノン
マッカートニー
ハリスン
スター
ビートルズ一覧
作品
曲名一覧
カバー一覧

Book
Category
Portal
Commons
Wikiquote
WikiProject
表話編歴100名の最も偉大な英国人
ウィンストン・チャーチル
イザムバード・キングダム・ブルネル
ダイアナ
チャールズ・ダーウィン
ウィリアム・シェイクスピア
アイザック・ニュートン
エリザベス1世
ジョン・レノン
ホレーショ・ネルソン
オリバー・クロムウェル
アーネスト・シャクルトン
ジェームズ・クック
ロバート・ベーデン=パウエル
アルフレッド大王
アーサー・ウェルズリー
マーガレット・サッチャー
マイケル・クロフォード
ヴィクトリア
ポール・マッカートニー
アレクサンダー・フレミング
アラン・チューリング
マイケル・ファラデー
オワイン・グリンドゥール
エリザベス2世
スティーヴン・ホーキング
ウィリアム・ティンダル
エメリン・パンクハースト
ウィリアム・ウィルバーフォース
デヴィッド・ボウイ
ガイ・フォークス
レナード・チェシャー(英語版)
エリック・モーカム(英語版)
デビッド・ベッカム
トマス・ペイン
ブーディカ
スティーヴ・レッドグレーヴ
トマス・モア
ウィリアム・ブレイク
ジョン・ハリソン
ヘンリー8世
チャールズ・ディケンズ
フランク・ホイットル
ジョン・ピール
ジョン・ロジー・ベアード
アナイリン・ベヴァン
ボーイ・ジョージ
ダグラス・バーダー
ウィリアム・ウォレス
フランシス・ドレーク
ジョン・ウェスレー
アーサー王
フローレンス・ナイチンゲール
トーマス・エドワード・ロレンス
ロバート・スコット
イーノック・パウエル(英語版)
クリフ・リチャード
アレクサンダー・グラハム・ベル
フレディ・マーキュリー
ジュリー・アンドリュース
エドワード・エルガー
エリザベス王太后
ジョージ・ハリスン
デイビッド・アッテンボロー
ジェームズ・コノリー
ジョージ・スチーブンソン
チャールズ・チャップリン
トニー・ブレア
ウィリアム・キャクストン
ボビー・ムーア
ジェイン・オースティン
ウィリアム・ブース
ヘンリー5世
アレイスター・クロウリー
ロバート1世
ボブ・ゲルドフ
無名戦士
ロビー・ウィリアムズ
エドワード・ジェンナー
デビッド・ロイド・ジョージ
チャールズ・バベッジ
ジェフリー・チョーサー
リチャード3世
J・K・ローリング
ジェームズ・ワット
リチャード・ブランソン
ボノ
ジョン・ライドン
バーナード・モントゴメリー
ドナルド・キャンベル(英語版)
ヘンリー2世
ジェームズ・クラーク・マクスウェル
J・R・R・トールキン
ウォルター・ローリー
エドワード1世
バーンズ・ウォリス
リチャード・バートン
トニー・ベン
デイヴィッド・リヴィングストン
ティム・バーナーズ=リー
マリー・ストープス
典拠管理
BIBSYS: 90935473
BNE: XX1002662
BNF: cb138949902 (データ)
CANTIC: a11304911
CINII: DA09911211
DTBIO: 118701738
FAST: 71115
GND: 118701738
ISNI: 0000 0001 2128 3634
J9U: 987007515283705171
LCCN: n81041845
LNB: 000183569
MBA: 42a8f507-8412-4611-854f-926571049fa0
NDL: 00442560
NKC: jn20000700675
NLA: 36196566
NLK: KAC201808859
NSK: 000065818
NTA: 069143099
PLWABN: 9810616110805606
RERO: 02-A012331266
SELIBR: 211747
SNAC: w6ns2k9g
SUDOC: 082333297
Trove: 1227469
ULAN: 500290341
VIAF: 37102012
WorldCat Identities: lccn-n81041845

「https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ジョージ・ハリスン&oldid=90423250」から取得
カテゴリ: ビートルズのメンバージョージ・ハリスンイングランドのシンガーソングライターイギリスのロック・ギタリストリードギタリストロックの殿堂入りの人物グラミー賞受賞者大英帝国勲章受章者菜食主義者在アメリカ合衆国イギリス人ウェールズのミュージシャンアイルランド系イギリス人ドイツ系イギリス人リヴァプール出身の人物肺癌で亡くなった人物脳腫瘍で亡くなった人物1943年生2001年没隠しカテゴリ: 曖昧さ回避の必要なリンクのあるページBIBSYS識別子が指定されている記事BNE識別子が指定されている記事BNF識別子が指定されている記事CANTIC識別子が指定されている記事CINII識別子が指定されている記事DTBIO識別子が指定されている記事FAST識別子が指定されている記事GND識別子が指定されている記事ISNI識別子が指定されている記事J9U識別子が指定されている記事LCCN識別子が指定されている記事LNB識別子が指定されている記事MusicBrainz識別子が指定されている記事NDL識別子が指定されている記事NKC識別子が指定されている記事NLA識別子が指定されている記事NLK識別子が指定されている記事NSK識別子が指定されている記事NTA識別子が指定されている記事PLWABN識別子が指定されている記事RERO識別子が指定されている記事SELIBR識別子が指定されている記事SNAC-ID識別子が指定されている記事SUDOC識別子が指定されている記事Trove識別子が指定されている記事ULAN識別子が指定されている記事VIAF識別子が指定されている記事WORLDCATID識別子が指定されている記事

評価: 4~5 つ星
レビュー: 44 16
再生回数: 8926
[spincontent type=”j”]

ジョージハリスン「TILL THERE WAS YOUのギター演奏」をギタリスト達が絶賛 Youtube

2. ジョージ ハリスン は ギター が うまい のか Yomiuri

Yomiuri
ジョージ ハリスン は ギター が うまい のか

説明: ジョージ ハリスン は ギター が うまい のか に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 ジョージ ハリスン は ギター が うまい のか は、読売で検索されたもので、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 7864
[spincontent type=”j”]

3. ジョージ ハリスン は ギター が うまい のか Asahi Shimbun

朝日新聞
ジョージ ハリスン は ギター が うまい のか

説明: 朝日新聞で検索した ジョージ ハリスン は ギター が うまい のか に関する上記の情報が、ジョージ ハリスン は ギター が うまい のか に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 5974
[spincontent type=”j”]

4. ジョージ ハリスン は ギター が うまい のか The Japan Times

The Japan Times
ジョージ ハリスン は ギター が うまい のか

説明: ジャパン タイムズで検索した ジョージ ハリスン は ギター が うまい のか に関する記事のトップです。ジョージ ハリスン は ギター が うまい のか に関する疑問を解決するのに役立ちます。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 4129
[spincontent type=”j”]

5. ジョージ ハリスン は ギター が うまい のか Yomiuri Shimbun

読売新聞
ジョージ ハリスン は ギター が うまい のか

説明: ジョージ ハリスン は ギター が うまい のか に関する詳細情報はすでにありますか? ジョージ ハリスン は ギター が うまい のか という記事が読売新聞で検索されました。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 4800
[spincontent type=”j”]

6. ジョージ ハリスン は ギター が うまい のか Mainichi Shimbun

毎日新聞
ジョージ ハリスン は ギター が うまい のか

説明: 毎日新聞で見つけた ジョージ ハリスン は ギター が うまい のか に関する上記の情報が、ジョージ ハリスン は ギター が うまい のか に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 5787
[spincontent type=”j”]

7. ジョージ ハリスン は ギター が うまい のか Sankei Shimbun

産経新聞
ジョージ ハリスン は ギター が うまい のか

説明: 産経新聞で検索した ジョージ ハリスン は ギター が うまい のか に関する記事のトップです。ジョージ ハリスン は ギター が うまい のか に関する疑問を解決するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 5556
[spincontent type=”j”]

8. ジョージ ハリスン は ギター が うまい のか Nihon Keizai Shimbun

日本経済新聞
ジョージ ハリスン は ギター が うまい のか

説明: ジョージ ハリスン は ギター が うまい のか に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 ジョージ ハリスン は ギター が うまい のか は、日本経済新聞で検索され、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 9933
[spincontent type=”j”]

9. ジョージ ハリスン は ギター が うまい のか Chunichi Shimbun

中日新聞
ジョージ ハリスン は ギター が うまい のか

説明: 中日新聞で検索した ジョージ ハリスン は ギター が うまい のか に関する上記の情報が、ジョージ ハリスン は ギター が うまい のか に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 7424
[spincontent type=”j”]

10. ジョージ ハリスン は ギター が うまい のか Tokyo Shimbun

東京新聞
ジョージ ハリスン は ギター が うまい のか

説明: ジョージ ハリスン は ギター が うまい のか に関する質問を解決するために、東京新聞で検索した ジョージ ハリスン は ギター が うまい のか に関する記事のトップです。
評価: 4~5 つ星
評価: 3269
[spincontent type=”j”]

11. ジョージ ハリスン は ギター が うまい のか Nihon Kogyo Simbun

日本工業新聞
ジョージ ハリスン は ギター が うまい のか

説明: ジョージ ハリスン は ギター が うまい のか に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 ジョージ ハリスン は ギター が うまい のか は日本工業新聞で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 2191
[spincontent type=”j”]

12. ジョージ ハリスン は ギター が うまい のか Nikkan Kogyo Shimbun

日刊工業新聞
ジョージ ハリスン は ギター が うまい のか

説明: 日刊工業新聞で見つけた ジョージ ハリスン は ギター が うまい のか に関する上記の情報が、ジョージ ハリスン は ギター が うまい のか に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 1732
[spincontent type=”j”]

13. ジョージ ハリスン は ギター が うまい のか Ainu Times

アイヌタイムス
ジョージ ハリスン は ギター が うまい のか

説明: アイヌ タイムズで検索した ジョージ ハリスン は ギター が うまい のか に関する記事のトップです。ジョージ ハリスン は ギター が うまい のか に関する質問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 9484
[spincontent type=”j”]

14. ジョージ ハリスン は ギター が うまい のか Akita Sakigake Shimpo

秋田魁新報
ジョージ ハリスン は ギター が うまい のか

説明: ジョージ ハリスン は ギター が うまい のか に関する詳細情報はすでにありますか? ジョージ ハリスン は ギター が うまい のか という記事は、秋田魁新報で検索したものです。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 6738
[spincontent type=”j”]

15. ジョージ ハリスン は ギター が うまい のか Chiba Nippo

千葉日報
ジョージ ハリスン は ギター が うまい のか

説明: 千葉日報で検索した ジョージ ハリスン は ギター が うまい のか に関する上記の情報が、ジョージ ハリスン は ギター が うまい のか に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 3593
[spincontent type=”j”]

16. ジョージ ハリスン は ギター が うまい のか Chugoku Shimbun

中国新聞
ジョージ ハリスン は ギター が うまい のか

説明: 中国新聞で検索した ジョージ ハリスン は ギター が うまい のか に関する記事のトップです。ジョージ ハリスン は ギター が うまい のか に関する疑問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 9437
[spincontent type=”j”]

17. ジョージ ハリスン は ギター が うまい のか Daily Tohoku

デイリー東北
ジョージ ハリスン は ギター が うまい のか

説明: ジョージ ハリスン は ギター が うまい のか に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 ジョージ ハリスン は ギター が うまい のか はデイリー東北で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 64 18
[spincontent type=”j”]

18. ジョージ ハリスン は ギター が うまい のか The Eastern Chronicle

イースタン クロニクル
ジョージ ハリスン は ギター が うまい のか

説明: イースタン クロニクルで検索した ジョージ ハリスン は ギター が うまい のか に関する上記の情報が、ジョージ ハリスン は ギター が うまい のか に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 3893
[spincontent type=”j”]

ジョージ ハリスン は ギター が うまい のか に関する質問

ジョージ ハリスン は ギター が うまい のか についてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。ご質問やご提案はすべて、次の記事の改善に役立てさせていただきます。

記事 ジョージ ハリスン は ギター が うまい のか は、私と私のチームがさまざまな情報源から編集したものです。 記事 ジョージ ハリスン は ギター が うまい のか が役に立った場合は、チームをサポートしてください。「いいね」または「共有」してください!

検索キーワード ジョージ ハリスン は ギター が うまい のか

ジョージ ハリスン は ギター が うまい のか
方法ジョージ ハリスン は ギター が うまい のか
チュートリアル ジョージ ハリスン は ギター が うまい のか
【キーワード】 無料

Có thể bạn quan tâm: