あなたは サザン オールスター ズ ピース と ハイ ライト について学んでいます。今日は、インターネット上の多くの情報源から私たちのチームが編集および編集した記事 サザン オールスター ズ ピース と ハイ ライト を共有します。 サザン オールスター ズ ピース と ハイ ライト に関するこの記事がお役に立てば幸いです。

Page Contents

サザン オールスター ズ ピース と ハイ ライト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

.mw-parser-output .pathnavboxclear:both;border:1px outset #eef;padding:0.3em 0.6em;margin:0 0 0.5em 0;background-color:#eef;font-size:90%.mw-parser-output .pathnavbox ullist-style:none none;margin-top:0;margin-bottom:0.mw-parser-output .pathnavbox>ulmargin:0.mw-parser-output .pathnavbox ul limargin:0サザンオールスターズ > サザンオールスターズのディスコグラフィ > ピースとハイライト
「ピースとハイライト」サザンオールスターズ の シングル初出アルバム『葡萄』B面
蛍栄光の男人生の散歩道リリース
2013年8月7日 日本規格
12cmCD12インチレコードデジタル・ダウンロードストリーミング録音
2013年4月8日 – 6月VICTOR STUDIO猫に小判スタジオジャンル
ロック時間
4分33秒レーベル
タイシタレーベルSPEEDSTAR RECORDS作詞・作曲
桑田佳祐(#1 – #3,#4作曲)原由子(#4作詞)プロデュース
サザンオールスターズゴールドディスク
プラチナ(日本レコード協会)[1]
ゴールド(シングルトラック、日本レコード協会)[2]
チャート最高順位
オリコン
週間1位[3]
2013年8月度月間2位[4]
2013年度年間17位[5]
Billboard Japan Hot 100
週間1位[6]
2013年度年間3位[7]サザンオールスターズ シングル 年表
I AM YOUR SINGER(2008年)ピースとハイライト(2013年)東京VICTORY(2014年)

『葡萄』 収録曲

Missing Persons(4)

ピースとハイライト(5)

イヤな事だらけの世の中で(6)
ミュージックビデオ(Full ver.)
「ピースとハイライト」 – YouTube「蛍」 – YouTube「栄光の男」 – YouTube
ミュージックビデオ(Short ver.)
「ピースとハイライト」 – YouTube「蛍」 – YouTube「栄光の男」 – YouTube
ライブ映像
「ピースとハイライト」(SUPER SUMMER LIVE 2013 “灼熱のマンピー!! G★スポット解禁!!” 胸熱完全版) – YouTube「蛍」(SUPER SUMMER LIVE 2013 “灼熱のマンピー!! G★スポット解禁!!” 胸熱完全版) – YouTube
EANコード
.mw-parser-output cite.citationfont-style:inherit.mw-parser-output .citation qquotes:”””””””‘””‘”.mw-parser-output .id-lock-free a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-free abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/6/65/Lock-green.svg”)right 0.1em center/9px no-repeat.mw-parser-output .id-lock-limited a,.mw-parser-output .id-lock-registration a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-limited a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-registration abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/d/d6/Lock-gray-alt-2.svg”)right 0.1em center/9px no-repeat.mw-parser-output .id-lock-subscription a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-subscription abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/a/aa/Lock-red-alt-2.svg”)right 0.1em center/9px no-repeat.mw-parser-output .cs1-subscription,.mw-parser-output .cs1-registrationcolor:#555.mw-parser-output .cs1-subscription span,.mw-parser-output .cs1-registration spanborder-bottom:1px dotted;cursor:help.mw-parser-output .cs1-ws-icon abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/4/4c/Wikisource-logo.svg”)right 0.1em center/12px no-repeat.mw-parser-output code.cs1-codecolor:inherit;background:inherit;border:none;padding:inherit.mw-parser-output .cs1-hidden-errordisplay:none;font-size:100%.mw-parser-output .cs1-visible-errorfont-size:100%.mw-parser-output .cs1-maintdisplay:none;color:#33aa33;margin-left:0.3em.mw-parser-output .cs1-formatfont-size:95%.mw-parser-output .cs1-kern-left,.mw-parser-output .cs1-kern-wl-leftpadding-left:0.2em.mw-parser-output .cs1-kern-right,.mw-parser-output .cs1-kern-wl-rightpadding-right:0.2em.mw-parser-output .citation .mw-selflinkfont-weight:inheritEAN 4988002655205(完全生産限定盤)EAN 4988002655212(通常盤)EAN 4988002655229(アナログ盤)EAN 4988002656523(ライブ会場限定盤)テンプレートを表示「ピースとハイライト」(英語: Peace & Hi-lite)は、サザンオールスターズの楽曲。自身の54作目のシングルとして、タイシタレーベル / SPEEDSTAR RECORDSから12cmCD・12インチレコードで2013年8月7日に発売された。キャッチコピーは「サザンオールスターズ、始まる – 2013年・夏、熱い胸騒ぎ。」。
2014年12月17日からはダウンロード配信、2019年12月20日からはストリーミング配信が開始されている[8][9]。

背景[編集]
2013年6月25日のデビュー35周年記念日に活動再開の告知と同時に発売が発表された作品[10]。
サザンオールスターズはこの作品まで5年間、メンバーソロ活動を主体とした活動を行い、バンドとしての活動は、一切行わなかった。リーダーの桑田佳祐は大規模なツアーやソロオールタイムベストの発売など活発な活動を行ったが、2013年に入った時点でもバンド活動に関する言及は一切ない状態が続いた。なお、これ以前にメンバー5人が揃ったのはチーム・アミューズによる「Let’s try again」のときのみであった。
しかし、この間にも、バンドデビュー35周年を記念してファンが自主的に主催した「希望の襷」プロジェクトや全国のコピーバンドによるライブなどが行われていた[11]。
そのような中で、桑田は沈黙を続けたものの、6月15日放送の『桑田佳祐のやさしい夜遊び』で「来週大事な話があります」と告知され、翌週の6月22日の放送では遠回しに復活をほのめかしながらも、核心には触れないまま次週(29日放送)に持ち越された。記念日前日の24日には検索サイトYahoo! JAPANのトップページに「明日はサザン35周年」の文字が浮かび、それまでのどの曲とも異なる、まったくの未発表曲のイントロ部分が流れる仕掛けが施された[10]。
そして迎えた25日に公式サイトや新聞広告、マスコミなどの報道を通じて活動再開を正式に表明、応援団公式サイトのアーティスト写真も5人が肩を組んだものにリニューアルされ、本作の発売およびスタジアム・ツアー『灼熱のマンピー!! G★スポット解禁!!』の概要が発表された。同日より、タイアップ元のフォルクスワーゲンによるCMも解禁され、メンバー5人全員が出演、健在振りをアピールした[10]。また、期間限定で前出のYahoo! JAPANのトップページを模したフォルクスワーゲン・ゴルフのPRページも公開され、その内容もトピックスの欄にゴルフの各アピールポイント、広告バナー各所にゴルフやサザンが掲載されるという凝りようであった[12]。

音楽性[編集]
後述の通り本作に収録されている楽曲は全て社会と向き合ったもので構成され、平和、命、日本の光と影などが描かれており、桑田特有のジョークやエロティックな楽曲は収録されていない[13]。

リリース[編集]
本作は通常盤・アナログ盤・完全生産限定盤・ライブ会場限定盤の4種類があり、限定盤に付属する納涼サマーポンチョのデザインが完全生産限定盤とライブ会場限定盤で違いがあり、完全生産限定盤は青色、ライブ会場限定盤はピンク色となっている[14]。

プロモーション[編集]
発売関連企画[編集]
本作発売当日の朝日新聞には4面広告が載せられ、新曲全4曲の歌詞の全文と、阿川佐和子、有田芳生、泉麻人、内田樹、太田光(爆笑問題)、香山リカ、小山薫堂、斎藤環、俵万智、森永卓郎による計10名の著名人による寄稿が掲載された。この広告特集はスタジアム・ツアーの会場においても配布された[15][16]。なお、この広告で掲載されていた文章はすべて各人の個人的な思いであり、桑田をはじめとしたメンバーの真意とは一切関係のないものであった[17]。
横浜・大阪・名古屋・仙台の四か所[注 1]でこのシングルの発売を記念した展覧会「ピースとハイライト展」が開かれ、収録曲にまつわる映像、グラフィック、テキストなどを展示し、サザンの35年間の軌跡及び35年間の日本の世相を振り返ることが出来るコーナーも設けられた。ちなみに入場は無料であった[18]。

テレビ放送[編集]
2013年8月3日にWOWOWでスペシャル番組『サザンオールスターズ35周年スペシャル「ピースとハイライト」』が無料放送され、このシングルにスポットを当てた特集を行った。また、8月24日の『サザンオールスターズ35周年スペシャル「灼熱のマンピー!! G★スポット解禁!!」』ではライブ映像やインタビュー、ドキュメント、ビデオクリップを放送した[19]。
『1番ソングSHOW』(2013年8月7日、日本テレビ)では後述の通り収録曲3曲を披露した他、番組MCでありサザンのファンでもある矢部浩之(ナインティナイン)との対談も放送された[20]。
『35周年スペシャル 復活!サザンオールスターズの流儀』(2013年8月9日、NHK)ではスタジオライブやインタビュー及び「ピースとハイライト展」の模様の一部や訪れた人へのインタビューが放送された[21]。

テレビ披露[編集]

放送日

番組名

放送局

披露曲

出典
2013年7月26日

ミュージックステーション

テレビ朝日

「ピースとハイライト」「蛍」

[22]2013年8月2日

「栄光の男」

[23]2013年8月7日

1番ソングSHOW

日本テレビ

「ピースとハイライト」「蛍」「栄光の男」

[24]2013年8月9日

35周年スペシャル 復活!サザンオールスターズの流儀

NHK

「ピースとハイライト」「蛍」「栄光の男」「人生の散歩道」「海」「C調言葉に御用心」「夏をあきらめて」「涙のキッス」「太陽は罪な奴」「LOVE AFFAIR 〜秘密のデート」「涙の海で抱かれたい 〜SEA OF LOVE〜」「マンピーのG★SPOT」「ロックンロール・スーパーマン 〜Rock’n Roll Superman〜」

[25]2014年12月31日

第65回NHK紅白歌合戦

「ピースとハイライト」「東京VICTORY」

[26]批評[編集]
表題曲は歌詞やライブでの演出も相まってさまざまな政治的な解釈や実際の桑田の信条と異なるデマがネット上で流れたが[注 2]、桑田は「それこそが都合のいい解釈です」と一蹴し、「私は日本を愛する者ですし[注 3]、平和を願う者として、“希望の苗を植えていこうよ、地上に愛を植えていこうよ”というメッセージをお伝えしたい[注 4]」と語っている[32][33]。
桑田を長年取材している音楽ライターの内田正樹は表題曲を「日本への愛と世界平和への願いを、世代を超えて共有したいという理想が歌われていた」と評価している[34]。
渋谷陽一は表題曲について「歌にした動機はひとつ、『歌いたいから』だったと思う」「何かの意図があったら人の心を打たないし、チャートで一位にもならない」と述べており、桑田もこの主張に賛同している[35]。
内田裕也は表題曲について「素晴らしいチャレンジだった。あのサザンがこの曲を日本のロックに一石を投じたと気分よかった」と高く評価しており、発売年の年末に開催された「第41回New Years World Rock Festival」のオープニング曲として使用していた[36][37]。
「永遠の0」の原作者の百田尚樹は、自身のTwitterで「蛍」を「胸に染みいるような素晴らしい歌」と評価している[38]。また、百田は発売直後のスタジアムツアーの神戸公演(8月17日)にも足を運んでおり、「どの曲もよかった」と前置きをしたうえで、この曲に対しては「泣けた」とコメントしている[39]。
サザンのファンを公言している弁護士の北村晴男は「蛍」について「僕らが生まれる前に太平洋戦争が終わっているがたかだか11年前[注 5]、親や先輩の年代は本当につらい思いをしていてそれを見事に描いている」と『かたらふ〜ぼくたちのスタア〜』(フジテレビ、2016年7月23日放送分)で高く評価している[44]。
渋谷陽一は「栄光の男」を「世間の人にとって桑田佳祐と長嶋茂雄は同じだけども桑田佳祐はそうは思ってないし、そう思ってないんだろうなあっていうのが非常によくわかる歌」と評している[45]。
後述のスペシャルマガジンの中で長嶋茂雄は「栄光の男」に対して「桑田さんの素晴らしい音楽に私の野球がいくらかでも貢献できたと思うと大変うれしい気持ちです」と述べている[46]。

チャート成績[編集]
2013年8月19日付のオリコン週間ランキングで初週20.7万枚を売り上げて初登場1位を獲得した。2006年に発売した「DIRTY OLD MAN 〜さらば夏よ〜」から3作連続で通算15作目の首位獲得をした。本作の首位獲得で、1980年代 – 2010年代の4年代でオリコン1位を獲得し、グループとしては初の快挙となり、総合でも中島みゆきの1970年代 – 2000年代と並ぶ10年7か月ぶり史上2組目の記録となった。更にデビューから35年2か月での首位獲得は、前作で自身が記録した男女グループ最長キャリア記録である30年2か月を自ら更新した[47]。
オリコンによる本作の登場週数は57週である[3]。

収録曲[編集]
収録時間:16:29ピースとハイライト (4:33)
(作詞・作曲:桑田佳祐 編曲:サザンオールスターズ)
メンバー全員出演のフォルクスワーゲン「New Golf」イメージCMソング。
東アジアを始めとした国際情勢の緊張関係をベースに平和への願いを綴った楽曲[48][49]。
タイトルにある「ピース」と「ハイライト」は共にJTから発売されているたばこの銘柄から拝借された[50][注 6]。「ピース」には「平和」、「ハイライト」には「もっと日の当たる場所」という意味が込められており、寺山修司作品のDVDを見てふと思いついたという[50]。仮タイトルは「ワーゲン」である[50]。
本楽曲の意図として、「夏をイメージした楽曲もその気になれば制作できたが、新たなファンを呼び込むために刺激のあるプランとして自分たちと現実社会の距離を測った曲で新たなスタートを切りたかった」と述べている[33]。
2014年の第65回NHK紅白歌合戦で企画ゲストとして年越しライブの会場の横浜アリーナから中継で出演し、本楽曲と「東京VICTORY」を歌唱した[51][52]。
ミュージック・ビデオには、随所でメンバー全員が架空の戦隊ヒーロー「スターズレンジャー」に変身したり[53]、本作発売当時の各国首脳(安倍晋三、朴槿惠、バラク・オバマ、習近平)のお面を被ったエキストラと手島優が出演したり[53][54]、大谷鬼次の奴江戸兵衛や凱風快晴などのイラストが施された和風のセットやリハーサルスタジオを模したセットでの歌唱シーン、ジョン・レノンとオノ・ヨーコによる「平和活動パフォーマンス」である「ベッド・イン」、鯉が泳ぐアニメーションが登場するなどの趣向を凝らした演出があった[53]。監督は川村ケンスケが務めた[55]。
蛍 (3:12)
(作詞・作曲:桑田佳祐 編曲:桑田佳祐 & 片山敦夫 管・弦編曲:島健)
映画『永遠の0』主題歌。
桑田は3月に映画製作サイドから熱心なオファーを受け、事前に『永遠の0』のラッシュ(仮制作のフィルム)を見た上でこの曲を書き下ろしており、その際に製作途中段階のものであるにも関わらず涙を流し、周囲に「今年No.1の映画になるのではないか」と述べていたという[13][56]。
サザンオールスターズとして映画主題歌を担当するのは、1990年に『稲村ジェーン』の主題歌となった「真夏の果実」以来である[56]。
映画主題歌の枠にとどまらず、普遍的な平和への祈りが込められている楽曲となっており、身近な愛する人に先立たれた人への思い、メンバー全員が胸に刻み込んでいる東日本大震災への思い、大切な人との別れ、食道がんとの闘病を経験した桑田自身の思いも詰め込まれている[13]。この曲を制作した頃の桑田は「人の為に生きることが出来るか」「自分の子供のために死ねるか」といった事をよく考えていたという[57]。
CD音源と映画に使われたバージョンでは、間奏のアレンジに違いがある[58]。
MVでは、蛍や夏を想起させるアニメーションと奇跡の一本松・原爆ドーム・五山送り火などの写真で構成される。サザンのメンバーは出演せず、歌詞のテロップが映像に表示されている。横尾初喜が監督を担当した[59]。
栄光の男 (4:41)
(作詞・作曲:桑田佳祐 編曲:サザンオールスターズ)
メンバー全員出演の三井住友銀行「NEVER STOP CHANGING」CMソング。
エレクトリック・ギターやハーモニカが前面に出された曲。活動再開時に桑田の自宅スタジオ「猫に小判スタジオ」にて最初にリズム録りが行われた楽曲である[60]。
「あの人」「栄光の男」と表現されているように、制作期間中に国民栄誉賞を受賞した長嶋茂雄をイメージして作った曲であり、制作のきっかけも長嶋と松井秀喜が並んだ受賞セレモニーをテレビの中継で見て、後述の大学生時代の出来事を思い出した事からだった[60][61]。歌詞の「永遠に不滅」というフレーズは長嶋が引退試合で実際に発言した「永久に不滅」を桑田が勘違いしたものだが[注 7]、ディレクターが再三訂正を促してもスムーズに歌えると拒んでいた[50]。最初の歌詞に「立ち食いそば屋」が登場するが、実際の桑田は大学生時代、長嶋の引退試合を青山の喫茶店で見ていたと述べており、一つの時代の終わりを感じたのと同時に長嶋の人生と桑田自身を比較し、人目をはばからず号泣したと語っている[61][63]。桑田自身はこの曲の歌詞について「短編小説を書いたような気持ちになった」「大人になったつもりの今、『栄光の男』とは程遠い自分自身を鼓舞しているかのよう」と述べている。また、大サビのフレーズに関しては「芝居がかった感じでやってみた」という[64]。
MVでは、サザンのメンバーが野球のボールを投げ、キャッチした幅広い世代へ繋げていく。永野芽郁がこのミュージックビデオに出演している[65]。サザンがこの曲を演奏するシーンでは同じシチュエーションで三井住友銀行のCM撮影も行った[66]。
2015年にローソンで配布された「スペシャルマガジン 総力特集 サザンオールスターズ『葡萄』」では、この曲をテーマにして週刊ポストの編集により「もしもサザンが引退したら」という仮定で長嶋茂雄を皮切りに、黒柳徹子、太田光、代々木忠、森永卓郎、角田信朗による計6名の著名人の寄稿が掲載された[67]。
人生の散歩道 (4:02)
(作詞:原由子 作曲:桑田佳祐 編曲:サザンオールスターズ 弦編曲:原由子)
作詞とボーカルを原が担当しており、「前を向いて歩いて行けば、何か良い発見があるかもしれない」といったメッセージが込められた楽曲[21]。作曲を担当した桑田はサザンを再始動するにあたって原に新曲を歌ってほしいとイメージしていたという。歌い出しの「あのねキミが」が作曲時の仮歌の段階から入っていたため、原はそこから詞のイメージを膨らませていった[50]。参加ミュージシャン[編集]
桑田佳祐:Vocal(#1〜3)、Acoustic & Electric Guitars、Synth Bass、Tambourine、Hand Claps、Finger Chips、Backing Vocal(#1〜4)
関口和之:Bass(#1〜4)
松田弘:Drums、Backing Vocal(#1〜4)
原由子:Organ、Piano、Synthesizer、Backing Vocal(#1〜4)、Vocal(#4)
野沢秀行:Percussion(#1〜4)ピースとハイライト
斎藤誠:Electric Guitar
片山敦夫:Synthesizer、Wurlitzer
山本拓夫:Tenor Saxophone
西村浩二:Trumpet
菅坡雅彦:Trumpet
村田陽一:Trombone
角谷仁宣:Computer Programming

片山敦夫:Piano
朝川朋之:Harp
藤田乙比古:Horn
勝俣泰:Horn
萱谷亮一:Tubular Bells、Cymbal
庄司さとし:Oboe
金原千恵子ストリングス:Strings
角谷仁宣:Computer Programming
栄光の男
斎藤誠:Electric & Acoustic & 12 Strings Guitars
片山敦夫:Synthesizer
角谷仁宣:Computer Programming
人生の散歩道
斎藤誠:Electric Guitar、Banjo、Backing Vocal
片山敦夫:Synthesizer
山本拓夫:Clarinet
西村浩二:Flugelhorn
菅坡雅彦:Flugelhorn
金原千恵子ストリングス:Strings
角谷仁宣:Computer Programming収録アルバム[編集]

曲名

作品名
ピースとハイライト

葡萄
海のOh, Yeah!!

葡萄
海のOh, Yeah!!
栄光の男

葡萄
海のOh, Yeah!!
人生の散歩道

アルバム未収録
ミュージック・ビデオ収録作品[編集]

曲名

作品名
ピースとハイライト

21世紀の音楽異端児 (21st Century Southern All Stars Music Videos)

栄光の男
人生の散歩道

未収録
ライブ映像作品[編集]

曲名

作品名

備考
ピースとハイライト

SUPER SUMMER LIVE 2013 「灼熱のマンピー!! G★スポット解禁!!」 胸熱完全版

葡萄

完全生産限定盤のDVDに収録。2014年の年越しライブ『ひつじだよ! 全員集合!』での歌唱シーン。
おいしい葡萄の旅ライブ –at DOME & 日本武道館-

SUPER SUMMER LIVE 2013「灼熱のマンピー!! G★スポット解禁!!」 胸熱完全版

おいしい葡萄の旅ライブ –at DOME & 日本武道館-

栄光の男

SUPER SUMMER LIVE 2013「灼熱のマンピー!! G★スポット解禁!!」 胸熱完全版

葡萄

完全生産限定盤のDVDに収録。2014年の年越しライブ『ひつじだよ! 全員集合!』での歌唱シーン。
おいしい葡萄の旅ライブ –at DOME & 日本武道館-

LIVE TOUR 2019 “キミは見てくれが悪いんだから、アホ丸出しでマイクを握ってろ!!” だと!? ふざけるな!!

人生の散歩道

SUPER SUMMER LIVE 2013「灼熱のマンピー!! G★スポット解禁!!」 胸熱完全版

脚注[編集]
[脚注の使い方]注釈[編集]

^ MARK IS みなとみらい(2013年7月29日 – 8月11日)、グランフロント大阪(8月15日 – 8月23日)、名鉄百貨店(9月6日 – 9月16日)、エスパル仙台店(9月20日 – 9月29日)[18]。

^ ひつじだよ! 全員集合!・灼熱のマンピー!! G★スポット解禁!!#収録曲・第65回NHK紅白歌合戦#後半も参照のこと。

^ 桑田は自身が純粋な日本人である事を公言しており、日本の文化や日の丸・国歌「君が代」を肯定する考えがあることも明かしている[27][28][29][30]。また、東日本大震災発生から一週間後に放送された自身のラジオ番組『桑田佳祐のやさしい夜遊び』では「日本の国民のみなさんは素敵で優しい人たちだと思う。この国に生まれて良かったなと思います」と発言している[31]。

^ 桑田佳祐#思想・哲学も参照のこと。

^ 1945年8月15日の終戦から11年後の1956年に桑田、北村、原作者の百田、『かたらふ』の司会の小堺一機は誕生しており、全員早生まれである[40][41][42][43]。

^ 「ピース」は桑田の父親の久司が、「ハイライト」は桑田自身がかつて吸っていた銘柄である[50]。

^ ただし、当時のスピーチの草稿(長嶋が述べた言葉を知人男性が書き記したもの)には「永遠に不滅」と書かれており、実際の引退試合で発した「永久に不滅」はそれを長嶋が読み間違えたものだった[62]。

出典[編集]

^ The Record vol.647 p14 日本レコード協会 2020年7月28日閲覧

^ The Record vol.680 p14 日本レコード協会 2020年7月28日閲覧

^ a b ピースとハイライト オリコン 2015年6月2日閲覧

^ “CDシングル 月間ランキング”. ORICON STYLE. オリコン. 2013年9月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月21日閲覧。

^ オリコン2013年 年間音楽&映像ランキング オリコン 2020年9月10日閲覧

^ Billboard Japan Hot 100 2013.8.19付 Billboard Japan 2018年7月12日閲覧

^ 2013年 Billboard Japan Hot 100 Year End 2018年8月31日閲覧

^ サザン、全266曲を世界111ヶ国で配信 オリコン 2014年12月17日配信, 2020年6月4日閲覧

^ サザン関連全972曲 サブスク一斉解禁 メンバーソロ曲も対象に オリコン 2019年12月20日配信, 2019年12月20日閲覧

^ a b c 35周年サザン、ついに5年ぶり復活! 8月に新曲&約束の地でツアー開幕 ORICON NEWS 2013年6月25日配信 2020年10月12日閲覧

^ 【希望の襷】プロジェクト

^ http://newgolf.www.yahoo.co.jp/

^ a b c サザン「永遠の0」で23年ぶり映画主題歌 日刊スポーツ 2013年7月12日配信 2020年10月12日閲覧

^ 「ピースとハイライト」特設サイト SOUTHERN ALL STARS OFFICIAL SITE 2018年11月17日閲覧

^ 朝日新聞 2013年8月7日号

^ Twitter / aritayoshifu: 朝日新聞にサザンオールスターズの特集「胸熱35サザン」が4ペ … 2013年8月7日、2013年11月15日閲覧。

^ 2013/8/12 (2013年10月29日). “サザンライブにネット上で批判 「しばき隊寄り映像を放映」は本当なのか”. ジェイ・キャスト. 2013年11月16日閲覧。

^ a b サザン、全国4ヶ所で特別展示会『ピースとハイライト』展ORICON NEWS 2013年7月18日

^ サザンオールスターズ35周年スペシャル「ピースとハイライト」WOWOW

^ 1番ソングSHOW 日本全国47都道府県 地元スター総選挙&サザン緊急出演SPgoo テレビ番組

^ a b 【エンタがビタミン♪】桑田佳祐がサザン復活の真相明かす。新曲『ピースとハイライト』に込めた思い。 techinsight

^ ミュージックステーション 2013年7月26日放送

^ ミュージックステーション 2013年8月2日放送

^ サザンオールスターズが登場!最新曲「ピースとハイライト」含む3曲ライブ『1番ソングSHOW』2時間SP 2014年1月20日閲覧。

^ 「35周年スペシャル 復活!サザンオールスターズの流儀」2014年1月20日閲覧。

^ 【紅白】サザン、事前発表なく31年ぶり出場 桑田ちょびヒゲ姿で「お久しぶりです」 オリコン 2014年12月31日配信, 2022年5月31日閲覧。

^ 『週刊文春』2014年9月18日号でのインタビュー特集 p17。

^ 桑田佳祐 – 涙をぶっとばせ!!(Full ver.) Youtube 2020年5月5日配信 2020年12月9日閲覧。2:15 – 2:17を参照。

^ ぴあDay(1984年)1984年7月の「ぴあ」 ぴあDAY 2019年7月5日配信 2020年12月8日閲覧。

^ シークレットライブ ’99 SAS 事件簿 in 歌舞伎町 SOUTHERN ALL STARS OFFICIAL SITE

^ 桑田佳祐と吉田拓郎との隠された過去。今日までそして明日から。 – Techinsight 2011年3月20日配信 2022年5月5日閲覧。

^ 桑田佳祐、年越しライブについてラジオで説明と謝罪音楽ナタリー

^ a b 『葡萄』初回生産限定盤A・B特典「葡萄白書」p.24より。

^ 桑田佳祐「SMILE~晴れ渡る空のように~」はいま、未来を信じる”約束の歌”となったAERA.dot 2021年7月16日配信・閲覧

^ 『ROCKIN’ON JAPAN』2015年4月号(29巻5号、通巻450号)、ロッキング・オン、2015年、 54-55頁

^
内田裕也、紫綬褒章のサザン桑田を讃える「ロックに一石を投じた」MusicVoice 2014年11月4日配信 2021年6月26日閲覧。

^ 内田裕也 @UCHIDAYUYA 2014年1月18日14:18のツイート

^ 百田尚樹 @hyakutanaoki 2013年7月12日4:56 のツイート

^ 百田尚樹 @hyakutanaoki 2013年8月18日18:30のツイート

^ プロフィール 桑田佳祐 SOUTHERN ALL STARS OFFICIAL SITE 2021年6月26日閲覧。

^ プロフィール | 世界一受けたい授業日本テレビ 2021年6月26日閲覧。

^ 百田尚樹 | DHCテレビDHCテレビ 2021年6月26日閲覧。

^ 小堺 一機 | 浅井企画|タレント・芸人・文化人 芸能プロダクション浅井企画 2021年6月26日閲覧。

^ 「かたらふ~ぼくたちのスタア~」 2016年7月23日(土)放送内容価格.com 2016年7月23日配信 2021年6月26日閲覧。

^ 『ROCKIN’ON JAPAN』2015年4月号(29巻5号、通巻450号)、ロッキング・オン、2015年、 45頁

^ SPECIAL MAGAZINE サザンオールスターズ『葡萄』18ページより。

^ 【オリコン】サザン、5年ぶり復帰作が首位 グループ初の4年代1位達成 オリコン 2013年8月13日配信, 2015年7月12日閲覧

^ 日経エンタテインメント! 2018年9月号 p13

^ “世の中や、ファンとの新たな接点を探った「ピースとハイライト」”. WHAT’s IN? Tokyo (2020年3月28日). 2021年3月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月4日閲覧。

^ a b c d e f サザンオールスターズ応援団会報「代官山通信」Vol.123

^ 【Yahoo】サザン 31年ぶりサプライズ出演!横アリから中継「結束高め」 2014年12月31日閲覧 《アーカイブ》

^ 【Yahoo】【紅白】サザンオールスターズ31年ぶりサプライズ登場 2014年12月31日閲覧 《アーカイブ》

^ a b c サザンオールスターズは正義のヒーローだった!? 正義の味方“スターズレンジャー”登場2013年7月25日配信 2020年10月12日閲覧

^ 手島優 オフィシャルブログ 『ぴよぴよ日記』|ピースとハイライトPV出演させていただきました☆2013年8月14日配信 2020年10月12日閲覧 Ameba Blog

^ 川村 ケンスケ Kensuke Kawamura | OLM MUSICOLM MUSIC 2020年10月12日閲覧

^ a b サザン23年ぶり映画主題歌、「永遠の0」に新曲提供 音楽ナタリー 2013年7月12日配信, 2021年6月25日閲覧。

^ 『葡萄』初回生産限定盤A・B特典「葡萄白書」p.31より。

^ 2014年1月17日のツイートより

^ エンクミ、結婚&妊娠を発表 映画監督・横尾初喜氏と交際7カ月 スポニチアネックス 2016年9月7日閲覧

^ a b 『葡萄』初回生産限定盤A・B特典「葡萄白書」p.28より。

^ a b 『葡萄』初回生産限定盤A・B特典「葡萄白書」p.64より

^ 長嶋茂雄「巨人軍は永久に不滅です」実は読み間違いだったSmartFLASH 2021年10月12日配信 2021年10月14日閲覧。

^ サザン桑田、“栄光の男”長嶋茂雄氏との秘話明かす2016年1月4日閲覧。

^ 『葡萄』初回生産限定盤A・B特典「葡萄白書」p.28より。

^ 永野芽郁 | ACTRESS PRESSACTRESS PRESS 2020年10月12日閲覧

^ SWITCH Vol.31 No.8 Southern All Stars [僕らのサザン、みんなのサザン] p42〜43より。

^ 争奪戦必至! 限定15万部のサザンお宝フリーペーパーを配布2015年6月5日閲覧。

関連項目[編集]
2013年の音楽
東アジア
安倍晋三
永遠の0
長嶋茂雄
桑田佳祐 LIVE TOUR & DOCUMENT FILM 「I LOVE YOU -now & forever-」完全盤
SUPER SUMMER LIVE 2013 「灼熱のマンピー!! G★スポット解禁!!」 胸熱完全版
ひつじだよ! 全員集合!外部リンク[編集]
ピースとハイライト – SOUTHERN ALL STARS OFFICIAL SITE
サザンオールスターズ ニューシングル「ピースとハイライト」8月7日(水)発売 – 特設サイト表話編歴サザンオールスターズ
桑田佳祐 (ボーカル・ギター) | 原由子 (キーボード・ボーカル) | 関口和之 (ベース) | 松田弘 (ドラム) | 野沢秀行 (パーカッション) 元メンバー : 大森隆志 (リードギター)シングル
表話編歴サザンオールスターズのシングルオリジナル
1970年代
78年
1.勝手にシンドバッド – 2.気分しだいで責めないで

79年
3.いとしのエリー – 4.思い過ごしも恋のうち – 5.C調言葉に御用心

1980年代
80年
6.涙のアベニュー – 7.恋するマンスリー・デイ – 8.いなせなロコモーション – 9.ジャズマン – 10.わすれじのレイド・バック – 11.シャ・ラ・ラ/ごめんねチャーリー

81年
12.Big Star Blues (ビッグスターの悲劇) – 13.栞のテーマ

82年
14.チャコの海岸物語 – 15.匂艶 THE NIGHT CLUB – 16.Ya Ya (あの時代を忘れない)

83年
17.ボディ・スペシャルII – 18.EMANON – 19.東京シャッフル

84年
20.ミス・ブランニュー・デイ – 21.Tarako

85年
22.Bye Bye My Love (U are the one) – 23.メロディ

88年
24.みんなのうた

89年
25.女神達への情歌 (報道されないY型の彼方へ) – 26.さよならベイビー – 27.フリフリ’65

1990年代
90年
28.真夏の果実

91年
29.ネオ・ブラボー!!

92年
30.シュラバ★ラ★バンバ – 31.涙のキッス

93年
32.エロティカ・セブン – 33.素敵なバーディー (NO NO BIRDY) – 34.クリスマス・ラブ (涙のあとには白い雪が降る)

95年
35.マンピーのG★SPOT – 36.あなただけを 〜Summer Heartbreak〜

96年
37.愛の言霊 〜Spiritual Message〜 – 38.太陽は罪な奴

97年
39.01MESSENGER 〜電子狂の詩〜 – 40.BLUE HEAVEN

98年
41.LOVE AFFAIR 〜秘密のデート – 42.PARADISE

99年
43.イエローマン 〜星の王子様〜

2000年代
00年
44.TSUNAMI – 45.HOTEL PACIFIC – 46.この青い空、みどり 〜BLUE IN GREEN〜

03年
勝手にシンドバッド 胸さわぎのスペシャルボックス – 47.涙の海で抱かれたい 〜SEA OF LOVE〜

04年
48.彩 〜Aja〜 – 49.君こそスターだ/夢に消えたジュリア – 50.愛と欲望の日々/LONELY WOMAN

05年
51.BOHBO No.5/神の島遥か国

06年
52.DIRTY OLD MAN 〜さらば夏よ〜

08年
53.I AM YOUR SINGER

2010年代
13年
54.ピースとハイライト

14年
55.東京VICTORY

配信
2010年代
18年
1.闘う戦士たちへ愛を込めて – 2.壮年JUMP

19年
3.愛はスローにちょっとずつ

アルバム
オリジナル
1.熱い胸さわぎ – 2.10ナンバーズ・からっと – 3.タイニイ・バブルス – 4.ステレオ太陽族 – 5.NUDE MAN – 6.綺麗 – 7.人気者で行こう – 8.KAMAKURA – 9.Southern All Stars – 10.稲村ジェーン – 11.世に万葉の花が咲くなり – 12.Young Love – 13.さくら – 14.キラーストリート – 15.葡萄

ベスト
1.ベスト・オブ・サザンオールスターズ (廃盤) – 2.Kick Off! (廃盤) – 3.アーリー・サザンオールスターズ (廃盤) – 4.SOUTHERN ALL STARS BEST ONE ’82 (廃盤) – 5.Shout! (廃盤) – 6.バラッド ’77〜’82 (バラード・ベスト) – 7.原由子 with サザンオールスターズ (廃盤) – 8.バラッド2 ’83〜’86 (バラード・ベスト) – 9.海のYeah!! – 10.バラッド3 〜the album of LOVE〜 (バラード・ベスト) – 11.海のOh, Yeah!!

企画
江ノ島 Southern All Stars Golden Hits Medley

ボックス
1.すいか SOUTHERN ALL STARS SPECIAL 61SONGS – 2.HAPPY!

楽曲
私はピアノ – 夏をあきらめて – そんなヒロシに騙されて – 希望の轍 – 平和の琉歌 – 平和の牛歌 – SEA SIDE WOMAN BLUES

企画作品
Inside Outside U・M・I – ベストヒットUSAS – 21世紀の音楽異端児 (21st Century Southern All Stars Music Videos)

ライブ
胸さわぎ – Further on up the road – サザンオールスターズがやってくる ニャー! ニャー! ニャー! – ゆく年・くる年コンサート – そちらにおうかがいしてもよろしいですか? – SASたいした発表会 私は騙された!!ツアー – 熱帯絶命!ツアー夏 – 縁起者で行こう – KAMAKURA TO SENEGAL – THE 音楽祭 1991 – 「しじみのお味噌汁」コンサート – 横浜 ホタル・カリフォルニア- Stadium Tour 1996 “ザ・ガールズ万座ビーチ” – おっぱいなんてプー – 1998 スーパーライブ in 渚園 – シークレットライブ’99 SAS 事件簿 in 歌舞伎町 – 茅ヶ崎ライブ – SPECIAL LIVE IN 建長寺 – 流石(SASが)だ真夏ツアー! あっっ!生。だが、SAS – みんなが好きです! – THE 夢人島 Fes. – 真夏の大感謝祭 LIVE – 灼熱のマンピー!! G★スポット解禁!! – ひつじだよ! 全員集合! – おいしい葡萄の旅 – “キミは見てくれが悪いんだから、アホ丸出しでマイクを握ってろ!!” だと!? ふざけるな!!

出演
電撃わいどウルトラ放送局 – サザンの勝手にナイトあっ!う○こついてる – いい加減にします! – 元旦まで感動生放送!史上最大39時間テレビ「ずっとあなたに見てほしい 年末年始は眠らない」 – 超える!テレビ – SAMBA・TV – 第42回日本レコード大賞

関連項目
ディスコグラフィ – アミューズ – ビクターエンタテインメント – タイシタレーベル – バラッドシリーズ – 稲村オーケストラ – 小林武史 – 茅ヶ崎公園野球場 – サザンビーチちがさき – サザン通り商店街 – ラチエン通り – the波乗りレストラン – サザン・ヒッツ – 宮治淳一 – 三ツ矢サイダー – 茅ヶ崎サザン芸術花火 – 大里洋吉 – 中西正樹

表話編歴オリコン週間シングルチャート第1位(2013年8月19日付)1月
7日 ROCK YOUR SOUL(V6)
14日 Dance My Generation(ゴールデンボンバー)
21日 ミステリー ヴァージン(山田涼介)
28日 Catch Me -If you wanna-(東方神起)2月
4日 Help me!!(モーニング娘。)
11日 チョコの奴隷(SKE48)
18日 EXPOSE(KAT-TUN)
25日 My Resistance -タシカナモノ-/運命Girl(Kis-My-Ft2)3月
4日 So long !(AKB48)
11日 Mistake!/Battery(SMAP)
18日 Calling/Breathless(嵐)
25日 君の名は希望(乃木坂46)4月
1日 スキ!スキ!スキップ!(HKT48)
8日 キ・ス・ウ・マ・イ 〜KISS YOUR MIND〜/S.O.S (Smile On Smile)(Kis-My-Ft2)
15日 EXILE PRIDE 〜こんな世界を愛するため〜(EXILE)
22日 誕生日には真白な百合を/Get the groove(福山雅治)
29日 ブレインストーミング/君さえ居れば何も要らない(モーニング娘。)5月
6日 へそ曲がり/ここにしかない景色(関ジャニ∞)
13日 Real Sexy!/BAD BOYS(Sexy Zone)
20日 sister’s noise(fripSide)
27日 FACE to Face(KAT-TUN)6月
3日 さよならクロール(AKB48)
10日 Endless Game(嵐)
17日 Joy!!(SMAP)
24日 涙の答え(関ジャニ∞)7月
1日 僕らのユリイカ(NMB48)
8日 Come On A My House(Hey! Say! JUMP)
15日 ガールズルール(乃木坂46)
22日 BURNING UP(EXILE TRIBE(三代目J Soul Brothers VS GENERATIONS))
29日 美しい稲妻(SKE48)8月
5日 美しい稲妻(SKE48)
12日 SUMMER NUDE’13(山下智久)
19日 ピースとハイライト(サザンオールスターズ)
26日 キミとのキセキ(Kis-My-Ft2)9月
2日 恋するフォーチュンクッキー(AKB48)
9日 わがまま 気のまま 愛のジョーク/愛の軍団(モーニング娘。)
16日 メロンジュース(HKT48)
23日 瞬き(堂本剛)
30日 EXILE PRIDE 〜こんな世界を愛するため〜(EXILE)10月
7日 ヒリヒリの花(Not yet)
14日 カモネギックス(NMB48)
21日 バィバィDuバィ〜See you again〜/A MY GIRL FRIEND(Sexy Zone)
28日 Winter Games(2PM)11月
4日 まだ涙にならない悲しみが/恋は匂へと散りぬるを(KinKi Kids)
11日 ハート・エレキ(AKB48)
18日 サヨナラ☆ありがとう(堀田家BAND)
25日 SNOW DOMEの約束/Luv Sick(Kis-My-Ft2)12月
2日 賛成カワイイ!(SKE48)
9日 バレッタ(乃木坂46)
16日 ココロ空モヨウ(関ジャニ∞)
23日 鈴懸の木の道で「君の微笑みを夢に見る」と言ってしまったら​僕たちの関係はどう変わってしまうのか、​僕なりに何日か考えた上でのやや気恥ずかしい結論のようなもの(AKB48)
30日 シャレオツ/ハロー(SMAP)
シングル:1967
1968
1969
1970
1971
1972
1973
1974
1975
1976
1977
1978
1979
1980
1981
1982
1983
1984
1985
1986
1987
1988
1989
1990
1991
1992
1993
1994
1995
1996
1997
1998
1999
2000
2001
2002
2003
2004
2005
2006
2007
2008
2009
2010
2011
2012
2013
2014
2015
2016
2017
2018
2019
2020
2021
2022デジタルシングル:2017・2018
2019
2020
2021
2022合算シングル:2018・2019
2020
2021
2022ストリーミング:2018・2019
2020
2021
2022
表話編歴Billboard JAPANシングル・チャート「Billboard Japan Hot 100」第1位(2013年8月19日付))1月
7日 – 14日 (合算週) Dance My Generation(ゴールデンボンバー)
21日 ミステリー ヴァージン(山田涼介)
28日 Catch Me -If you wanna-(東方神起)2月
4日 ミュージック(サカナクション)
11日 チョコの奴隷(SKE48)
18日 EXPOSE(KAT-TUN)
25日 My Resistance -タシカナモノ-(Kis-My-Ft2)3月
4日 So long !(AKB48)
11日 Mistake!(SMAP)
18日 Calling(嵐)
25日 怪・セラ・セラ(山下智久)4月
1日 にんじゃりばんばん(きゃりーぱみゅぱみゅ)
8日 キ・ス・ウ・マ・イ 〜KISS YOUR MIND〜(Kis-My-Ft2)
15日 Jane Doe(高橋みなみ)
22日 誕生日には真白な百合を(福山雅治)
29日 恋する季節(ナオト・インティライミ)5月
6日 へそ曲がり(関ジャニ∞)
13日 RPG(SEKAI NO OWARI)
20日 グラッド・ユー・ケイム(英語版)(ザ・ウォンテッド)
27日 Preserved Roses(T.M.Revolution×水樹奈々)6月
3日 さよならクロール(AKB48)
10日 Endless Game(嵐)
17日 Joy!!(SMAP)
24日 涙の答え(関ジャニ∞)7月
1日 僕らのユリイカ(NMB48)
8日 Come On A My House (Hey! Say! JUMP)
15日 ガールズルール (乃木坂46)
22日 紅蓮の弓矢 (Linked Horizon)
29日 美しい稲妻 (SKE48)8月
5日 サンキュー サマーラブ(KARA)
12日 SUMMER NUDE’13(山下智久)
19日 ピースとハイライト(サザンオールスターズ)
26日 キミとのキセキ(Kis-My-Ft2)9月
2日・9日 恋するフォーチュンクッキー(AKB48)
16日 メロンジュース(HKT48)
23日 瞬き(堂本剛)
30日 タイムマシンなんていらない(前田敦子)10月
7日 ヒリヒリの花(Not yet)
14日 カモネギックス(NMB48)
21日 バィバィDuバィ〜See you again〜(Sexy Zone)
28日 Winter Games(2PM)11月
4日 まだ涙にならない悲しみが(KinKi Kids)
11日 ハート・エレキ(AKB48)
18日 サヨナラ☆ありがとう(堀田家BAND)
25日 SNOW DOMEの約束(Kis-My-Ft2)12月
2日 賛成カワイイ!(SKE48)
9日 バレッタ(乃木坂46)
16日 ココロ空モヨウ(関ジャニ∞)
23日 鈴懸の木の道で「君の微笑みを夢に見る」と言ってしまったら僕たちの関係はどう変わってしまうのか、僕なりに何日か考えた上でのやや気恥ずかしい結論のようなもの(AKB48)
30日 シャレオツ(SMAP)
シングル・セールス:
2014
2015
2016
2017
2018
2019
2020
2021
2022シングル・Hot 100:
2008
2009
2010
2011
2012
2013
2014
2015
2016
2017
2018
2019
2020
2021
2022ダウンロード・ソング:
2017
2018
2019
2020
2021
2022
表話編歴Billboard JAPANラジオ・エアプレイ・チャート「Hot Top Airplay」第1位(2013年7月29日 – 8月26日付:5週連続))1月
7日 – 14日 (合算週) Say!!いっぱい(小野恵令奈)
21日 REASON(ゆず)
28日 ホイッスル〜君と過ごした日々〜(miwa)2月
4日 ミュージック(サカナクション)
11日 ダイ・ヤング(英語版)(ケシャ)
18日・25日 スペクトラム feat.マシュー・コーマ(英語版)(ゼッド(英語版))3月
4日・11日 Mistake!(SMAP)
18日 Big Boys Cry(安室奈美恵)
25日 ビコーズ・ウィ・キャン(ボン・ジョヴィ)4月
1日 にんじゃりばんばん(きゃりーぱみゅぱみゅ)
8日 ドリーマーズ・ハイ(RADWIMPS)
15日 EXILE PRIDE 〜こんな世界を愛するため〜(EXILE)
22日 誕生日には真白な百合を(福山雅治)
29日 恋する季節(ナオト・インティライミ)5月
6日 ゲット・ラッキー feat.ファレル・ウィリアムス(英語版)(ダフト・パンク)
13日・20日・27日 グラッド・ユー・ケイム(ザ・ウォンテッド)6月
3日 ゲット・ラッキー feat.ファレル・ウィリアムス(ダフト・パンク)
10日 いろはにほへと(椎名林檎)
17日 Joy!!(SMAP)
24日 涙の答え(関ジャニ∞)7月
1日 ソランジュ(上間綾乃)
8日 リトル・ナンバーズ(ボーイ)
15日 Dear Angie ~あなたは負けない~(竹内まりや)
22日 さぁ鐘を鳴らせ (DREAMS COME TRUE)
 29日 ピースとハイライト(サザンオールスターズ)8月
5日・12日・19日・26日 ピースとハイライト(サザンオールスターズ)9月
2日 Voice(androp)
9日 ウィングス(リトル・ミックス)
16日 ありがとう(D.W.ニコルズ)
23日・30日 友達のフリ(ケラケラ)10月
7日 No Limit(EXILE)
14日 その先の景色を(Salley)
21日 光と君へのレクイエム(山下達郎)
28日 NEW(ポール・マッカートニー)11月
4日 ロアー〜最強ガール宣言!(ケイティ・ペリー)
11日 夢がさめて(松田聖子 & クリス・ハート)
18日 太陽の女神(家入レオ)
25日 SLY(RIP SLYME)12月
1日 Babies are popstars(松任谷由実)
9日・16日 ストーリー・オブ・マイ・ライフ(ワン・ダイレクション)
2009
2010
2011
2012
2013
表話編歴Billboard JAPAN R35以上対象番組ラジオ・エアプレイ・チャート「Adult Contemporary Airplay」第1位(2013年7月29日、8月12日 – 9月2日付:通算5週))1月
7日-14日(合算週) クリスマス・イブ(山下達郎)
21日 ダイ・ヤング(ケシャ)
28日 SING YOUR SONG(THE BAWDIES)2月
4日 ミュージック(サカナクション)
11日 ダイ・ヤング(ケシャ)
18日 涙をぶっとばせ!!(桑田佳祐)
25日 伝説のヤングマン〜ウィー・アー・ヤング〜 feat.ジャネール・モネイ(ファン)3月
4日 VOICE(AI)
11日 スペクトラム feat.マシュー・コーマ(英語版)(ゼッド(英語版))
18日 Big Boys Cry(安室奈美恵)
25日 ビコーズ・ウィ・キャン(英語版)(ボン・ジョヴィ)4月
1日 さくら(ケツメイシ)
8日 ドリーマーズ・ハイ(RADWIMPS)
15日 EXILE PRIDE 〜こんな世界を愛するため〜(EXILE)
22日 アイタイ(スガシカオ)
29日 4月の雨(aiko)5月
6日 ネヴァー・グローイング・アップ(英語版)(アヴリル・ラヴィーン)
13日 イッツ・ア・ビューティフル・デイ(マイケル・ブーブレ)
20日 ママへ(AI)
27日 ネヴァー・グローイング・アップ(英語版)(アヴリル・ラヴィーン)6月
3日 ゲット・ラッキー feat.ファレル・ウィリアムス(ダフト・パンク)
10日 いろはにほへと(椎名林檎)
17日・24日 ゲット・ラッキー feat.ファレル・ウィリアムス(ダフト・パンク)7月
1日 スカーレット(スキマスイッチ)
8日 恋の魔力(KOH+)
15日 Dear Angie 〜あなたは負けない(竹内まりや)
22日 さぁ鐘を鳴らせ(DREAMS COME TRUE)
29日 ピースとハイライト(サザンオールスターズ)8月
5日 イン・ア・ワールド・ライク・ディス(バックストリート・ボーイズ)
12日・19日・26日 ピースとハイライト(サザンオールスターズ)9月
2日 ピースとハイライト(サザンオールスターズ)
9日 虹を待つ人(BUMP OF CHICKEN)
16日 NEW(ポール・マッカートニー)
23日 小さな生き物(スピッツ)
30日 ありがとう(D.W.ニコルズ)10月
7日 ありがとう(D.W.ニコルズ)
14日 ごめんなさいのKissing You(E-Girls)
21日 光と君へのレクイエム(山下達郎)
28日 NEW(ポール・マッカートニー)11月
4日 ロアー〜最強ガール宣言!(ケイティ・ペリー)
11日 夢がさめて(松田聖子 & クリス・ハート)
18日 太陽の女神(家入レオ)
25日 SLY(RIP SLYME)12月
1日 Babies are popstars(松任谷由実)
9日 ロング・タイム・ゴーン(ビリー・ジョー + ノラ)
16日 モノクローム(コブクロ)
2009
2010
2011
2012
2013
表話編歴Billboard JAPANシングル・セールス・チャート「Hot Singles Sales」第1位(2013年8月19日付)1月
7日-14日(合算週) Dance My Generation(ゴールデンボンバー)
21日 ミステリー ヴァージン(山田涼介)
28日 Catch Me -If you wanna-(東方神起)2月
4日 Help me!!(モーニング娘。)
11日 チョコの奴隷(SKE48)
18日 EXPOSE(KAT-TUN)
25日 My Resistance -タシカナモノ-/運命Girl(Kis-My-Ft2)3月
4日 So long !(AKB48)
11日 Mistake!/Battery(SMAP)
18日 Calling×Breathless(嵐)
25日 怪・セラ・セラ(山下智久)4月
1日 スキ!スキ!スキップ!(HKT48)
8日 キ・ス・ウ・マ・イ 〜KISS YOUR MIND〜/S.O.S (Smile On Smile)(Kis-My-Ft2)
15日 Jane Doe(高橋みなみ)
22日 誕生日には真白な百合を/Get the groove(福山雅治)
29日 ブレインストーミング/君さえ居れば何も要らない(モーニング娘。)5月
6日 へそ曲がり/ここにしかない景色(関ジャニ∞)
13日 RPG(SEKAI NO OWARI)
20日 Sister’s noise(fripSide)
27日 FACE to Face(KAT-TUN)6月
3日 さよならクロール(AKB48)
10日 Endless Game(嵐)
17日 Joy!!(SMAP)
24日 涙の答え(関ジャニ∞)7月
1日 僕らのユリイカ(NMB48)
8日 Come On A My House(Hey! Say! JUMP)
15日 ガールズルール(乃木坂46)
22日 自由への進撃(Linked Horizon)
29日 美しい稲妻(SKE48)8月
5日 サンキュー サマーラブ(KARA)
12日 SUMMER NUDE ’13(山下智久)
19日 ピースとハイライト(サザンオールスターズ)
26日 キミとのキセキ(Kis-My-Ft2)9月
2日・9日 恋するフォーチュンクッキー(AKB48)
16日 メロンジュース(HKT48)
23日 瞬き(堂本剛)
30日 タイムマシンなんていらない(前田敦子)10月
7日 ヒリヒリの花(Not yet)
14日 カモネギックス(NMB48)
21日 バィバィDuバィ〜See you again〜/A MY GIRL FRIEND(Sexy Zone)
28日 Winter Games(2PM)11月
4日 まだ涙にならない悲しみが/恋は匂へと散りぬるを(KinKi Kids)
11日 ハート・エレキ(AKB48)
18日 サヨナラ☆ありがとう(堀田家BAND)
25日 SNOW DOMEの約束/Luv Sick(Kis-My-Ft2)12月
1日 賛成カワイイ!(SKE48)
9日 バレッタ(乃木坂46)
16日 ココロ空モヨウ(関ジャニ∞)
2009
2010
2011
2012
2013
表話編歴サウンドスキャンジャパン週間シングルランキング第1位(2013年8月13日付)1月
1日 REVERSI(UVERworld)
8日 Dance My Generation(ゴールデンボンバー)
15日 ミステリー ヴァージン(山田涼介)
22日 Catch Me -If you wanna-(東方神起)
29日 ミュージック(サカナクション)2月
5日 チョコの奴隷(SKE48)
12日 EXPOSE(KAT-TUN)
19日 My Resistance -タシカナモノ-/運命Girl(Kis-My-Ft2)
26日 So long !(AKB48)3月
5日 Mistake!/Battery(SMAP)
12日 Calling/Breathless(嵐)
19日 Yin Yang/涙をぶっとばせ!!/おいしい秘密(桑田佳祐)
26日 スキ!スキ!スキップ!(HKT48)4月
2日 キ・ス・ウ・マ・イ 〜KISS YOUR MIND〜/S.O.S (Smile On Smile)(Kis-My-Ft2)
9日 EXILE PRIDE 〜こんな世界を愛するため〜(EXILE)
16日 誕生日には真白な百合を/Get the groove(福山雅治)
23日 Fantastic future(田村ゆかり)
30日 へそ曲がり/ここにしかない景色(関ジャニ∞)5月
7日 RPG(SEKAI NO OWARI)
14日 sister’s noise(fripSide)
21日 Preserved Roses(T.M.Revolution×水樹奈々)
28日 さよならクロール(AKB48)6月
4日 Endless Game(嵐)
11日 Joy!!(SMAP)
18日 涙の答え(関ジャニ∞)
25日 僕らのユリイカ(NMB48)7月
2日 Come On A My House(Hey! Say! JUMP)
9日 ガールズルール(乃木坂46)
16日 自由への進撃(Linked Horizon)
23日 美しい稲妻(SKE48)
30日 DARK RIVER/Eternally/時計(GLAY)8月
6日 潮騒のメモリー(天野春子〈小泉今日子〉)
13日 ピースとハイライト(サザンオールスターズ)
20日 キミとのキセキ(Kis-My-Ft2)
27日 恋するフォーチュンクッキー(AKB48)9月
3日 イゲ ムスン イリヤ 〜なんで?どうして?(B1A4)
10日 SCREAM(東方神起)
17日 青春花道(ポルノグラフィティ)
24日 GALAXY SUPERNOVA(少女時代)10月
1日 No Limit(EXILE)
8日 カモネギックス(NMB48)
15日 ハロウィンと夜の物語(Sound Horizon)
22日 Winter Games(2PM)
29日 まだ涙にならない悲しみが/恋は匂へと散りぬるを(KinKi Kids)11月
5日 ハート・エレキ(AKB48)
12日 サヨナラ☆ありがとう(堀田家BAND)
19日 SNOW DOMEの約束/Luv Sick(Kis-My-Ft2)
26日 賛成カワイイ!(SKE48)12月
3日 Sweet Refrain(Perfume)
10日 ココロ空モヨウ(関ジャニ∞)
17日 棚からぼたもち(舞祭組)
24日 シャレオツ/ハロー(SMAP)
31日 Ride With Me(Hey! Say! JUMP)
2001
2002
2003
2004
2005
2006
2007
2008
2009
2010
2011
2012
2013
2014
2015
.mw-parser-output .redirectcatnavmargin:1em auto;border-style:none;text-align:left;font-size:100%;clear:both.mw-parser-output .redirectcat ulmargin-left:0蛍 (サザンオールスターズの曲)に関するカテゴリ:
2013年の楽曲
日本映画の主題歌
特攻を題材とした作品
ロック・バラード
桑田佳祐が制作した楽曲
サザンオールスターズの楽曲 栄光の男に関するカテゴリ:
2013年の楽曲
銀行のコマーシャルソング
桑田佳祐が制作した楽曲
サザンオールスターズの楽曲
典拠管理
MBRG: 37241640-39e4-47d6-b508-faba706fde91

「https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ピースとハイライト&oldid=91449031」から取得
カテゴリ: サザンオールスターズの楽曲桑田佳祐が制作した楽曲2013年のシングル2013年のオリコンシングルチャート1位獲得作品Japan Hot 100チャート1位獲得作品スペースシャワーTV – SUPER HITS PERFECT RANKING 50第1位第65回NHK紅白歌合戦歌唱楽曲フォルクスワーゲンのコマーシャルソング平和を題材とした楽曲地球を題材とした楽曲楽曲 ひ隠しカテゴリ: MusicBrainzリリース・グループ識別子が指定されている記事

評価: 4~5 つ星
レビュー: 1995
再生回数: 38 13
[spincontent type=”j”]

サザンオールスターズ – ピースとハイライト(Full ver.) Youtube

「ピースとハイライト」公式ミュージックビデオ(フルバージョン)
Streaming &DL https://taishita.lnk.to/Budou
2013.08.07 release 54th Single
フォルクスワーゲン「New Golf」 CMソング

▼ 「Keep Smilin’~“出来ることから”ちょっとずつ~」特設サイト
https://special.southernallstars.jp/keepsmilin

▼サザンオールスターズ Official YouTube Channel
https://www.youtube.com/user/SouthernAllStarsch

▼桑田佳祐 Official YouTube Channel
https://www.youtube.com/user/KUWATAKEISUKEch

【MORE INFORMATION】
サザンオールスターズ Official Website ( https://southernallstars.jp )
サザンオールスターズ Official Facebook ( https://www.facebook.com/sas.taishita/ )
サザンオールスターズ Official Twitter ( @sasfannet )

#出来ることからちょっとずつ#ミュージックビデオ

2. サザン オールスター ズ ピース と ハイ ライト Yomiuri

Yomiuri
サザン オールスター ズ ピース と ハイ ライト

説明: サザン オールスター ズ ピース と ハイ ライト に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 サザン オールスター ズ ピース と ハイ ライト は、読売で検索されたもので、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 62 18
[spincontent type=”j”]

3. サザン オールスター ズ ピース と ハイ ライト Asahi Shimbun

朝日新聞
サザン オールスター ズ ピース と ハイ ライト

説明: 朝日新聞で検索した サザン オールスター ズ ピース と ハイ ライト に関する上記の情報が、サザン オールスター ズ ピース と ハイ ライト に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 4536
[spincontent type=”j”]

4. サザン オールスター ズ ピース と ハイ ライト The Japan Times

The Japan Times
サザン オールスター ズ ピース と ハイ ライト

説明: ジャパン タイムズで検索した サザン オールスター ズ ピース と ハイ ライト に関する記事のトップです。サザン オールスター ズ ピース と ハイ ライト に関する疑問を解決するのに役立ちます。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 4707
[spincontent type=”j”]

5. サザン オールスター ズ ピース と ハイ ライト Yomiuri Shimbun

読売新聞
サザン オールスター ズ ピース と ハイ ライト

説明: サザン オールスター ズ ピース と ハイ ライト に関する詳細情報はすでにありますか? サザン オールスター ズ ピース と ハイ ライト という記事が読売新聞で検索されました。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 2887
[spincontent type=”j”]

6. サザン オールスター ズ ピース と ハイ ライト Mainichi Shimbun

毎日新聞
サザン オールスター ズ ピース と ハイ ライト

説明: 毎日新聞で見つけた サザン オールスター ズ ピース と ハイ ライト に関する上記の情報が、サザン オールスター ズ ピース と ハイ ライト に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 2171
[spincontent type=”j”]

7. サザン オールスター ズ ピース と ハイ ライト Sankei Shimbun

産経新聞
サザン オールスター ズ ピース と ハイ ライト

説明: 産経新聞で検索した サザン オールスター ズ ピース と ハイ ライト に関する記事のトップです。サザン オールスター ズ ピース と ハイ ライト に関する疑問を解決するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 66 14
[spincontent type=”j”]

8. サザン オールスター ズ ピース と ハイ ライト Nihon Keizai Shimbun

日本経済新聞
サザン オールスター ズ ピース と ハイ ライト

説明: サザン オールスター ズ ピース と ハイ ライト に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 サザン オールスター ズ ピース と ハイ ライト は、日本経済新聞で検索され、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 26 10
[spincontent type=”j”]

9. サザン オールスター ズ ピース と ハイ ライト Chunichi Shimbun

中日新聞
サザン オールスター ズ ピース と ハイ ライト

説明: 中日新聞で検索した サザン オールスター ズ ピース と ハイ ライト に関する上記の情報が、サザン オールスター ズ ピース と ハイ ライト に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 3955
[spincontent type=”j”]

10. サザン オールスター ズ ピース と ハイ ライト Tokyo Shimbun

東京新聞
サザン オールスター ズ ピース と ハイ ライト

説明: サザン オールスター ズ ピース と ハイ ライト に関する質問を解決するために、東京新聞で検索した サザン オールスター ズ ピース と ハイ ライト に関する記事のトップです。
評価: 4~5 つ星
評価: 6242
[spincontent type=”j”]

11. サザン オールスター ズ ピース と ハイ ライト Nihon Kogyo Simbun

日本工業新聞
サザン オールスター ズ ピース と ハイ ライト

説明: サザン オールスター ズ ピース と ハイ ライト に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 サザン オールスター ズ ピース と ハイ ライト は日本工業新聞で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 4152
[spincontent type=”j”]

12. サザン オールスター ズ ピース と ハイ ライト Nikkan Kogyo Shimbun

日刊工業新聞
サザン オールスター ズ ピース と ハイ ライト

説明: 日刊工業新聞で見つけた サザン オールスター ズ ピース と ハイ ライト に関する上記の情報が、サザン オールスター ズ ピース と ハイ ライト に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 9464
[spincontent type=”j”]

13. サザン オールスター ズ ピース と ハイ ライト Ainu Times

アイヌタイムス
サザン オールスター ズ ピース と ハイ ライト

説明: アイヌ タイムズで検索した サザン オールスター ズ ピース と ハイ ライト に関する記事のトップです。サザン オールスター ズ ピース と ハイ ライト に関する質問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 6196
[spincontent type=”j”]

14. サザン オールスター ズ ピース と ハイ ライト Akita Sakigake Shimpo

秋田魁新報
サザン オールスター ズ ピース と ハイ ライト

説明: サザン オールスター ズ ピース と ハイ ライト に関する詳細情報はすでにありますか? サザン オールスター ズ ピース と ハイ ライト という記事は、秋田魁新報で検索したものです。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 9901
[spincontent type=”j”]

15. サザン オールスター ズ ピース と ハイ ライト Chiba Nippo

千葉日報
サザン オールスター ズ ピース と ハイ ライト

説明: 千葉日報で検索した サザン オールスター ズ ピース と ハイ ライト に関する上記の情報が、サザン オールスター ズ ピース と ハイ ライト に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 2161
[spincontent type=”j”]

16. サザン オールスター ズ ピース と ハイ ライト Chugoku Shimbun

中国新聞
サザン オールスター ズ ピース と ハイ ライト

説明: 中国新聞で検索した サザン オールスター ズ ピース と ハイ ライト に関する記事のトップです。サザン オールスター ズ ピース と ハイ ライト に関する疑問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 36 15
[spincontent type=”j”]

17. サザン オールスター ズ ピース と ハイ ライト Daily Tohoku

デイリー東北
サザン オールスター ズ ピース と ハイ ライト

説明: サザン オールスター ズ ピース と ハイ ライト に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 サザン オールスター ズ ピース と ハイ ライト はデイリー東北で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 49 17
[spincontent type=”j”]

18. サザン オールスター ズ ピース と ハイ ライト The Eastern Chronicle

イースタン クロニクル
サザン オールスター ズ ピース と ハイ ライト

説明: イースタン クロニクルで検索した サザン オールスター ズ ピース と ハイ ライト に関する上記の情報が、サザン オールスター ズ ピース と ハイ ライト に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 5767
[spincontent type=”j”]

サザン オールスター ズ ピース と ハイ ライト に関する質問

サザン オールスター ズ ピース と ハイ ライト についてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。ご質問やご提案はすべて、次の記事の改善に役立てさせていただきます。

記事 サザン オールスター ズ ピース と ハイ ライト は、私と私のチームがさまざまな情報源から編集したものです。 記事 サザン オールスター ズ ピース と ハイ ライト が役に立った場合は、チームをサポートしてください。「いいね」または「共有」してください!

検索キーワード サザン オールスター ズ ピース と ハイ ライト

サザン オールスター ズ ピース と ハイ ライト
方法サザン オールスター ズ ピース と ハイ ライト
チュートリアル サザン オールスター ズ ピース と ハイ ライト
【キーワード】 無料

Có thể bạn quan tâm: