あなたは ココ ライン と ボタン の 魔女 怖い について学んでいます。今日は、インターネット上の多くの情報源から私たちのチームが編集および編集した記事 ココ ライン と ボタン の 魔女 怖い を共有します。 ココ ライン と ボタン の 魔女 怖い に関するこの記事がお役に立てば幸いです。

ココ ライン と ボタン の 魔女 怖い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ポータル 文学『コララインとボタンの魔女』(コララインとボタンのまじょ、Coraline)は、2002年出版のニール・ゲイマンの児童文学作品。ヒューゴー賞受賞。
日本では2003年に角川書店より刊行され(訳:金原瑞人、中村浩美)、2010年に文庫化。2009年に3Dストップ・モーション・アニメとして映画化。同年5月にはミュージカル化されオフ・ブロードウェイで公演された。

あらすじ[編集]
ピンクパレスアパートに引っ越してきた少女コラライン。しかし、両親は多忙な仕事で、構ってもらえず、友人も出来ない退屈で孤独な日々を送っていた。そんなある日コララインは、壁に封印された小さなドアを見つけた。ドアを開けて中に入ると、そこは目がボタンの”別の両親”が住むどんな願いも叶う夢の世界だった。コララインは、この世界をすっかり気に入るが、この世界で暮らすには、目をボタンにしなければならないのだった。

登場人物[編集]
コラライン
本作の主人公。11歳。築150年のピンクパレスアパートに引越してきたお転婆な少女。勇敢で、想像力に富み、好奇心がとても強い。面白そうなものを見つければ、それが何なのか確かめなければ気が済まない性格。新しい町には友達もおらず、忙しい両親は仕事に明け暮れ全然構ってもらえない為、常に不満を抱えている。新しい家を探検していた時に封印された小さなドアを見つけ、開けたことで“現実の世界”によく似た“別の世界”へと迷い込んでいく。
ママ
コララインの母親。園芸雑誌のライターだが、泥が嫌い。家族のリーダーで、いつもピリピリしていて料理も苦手。締め切り間近で仕事が忙しい為に、コララインの世話にはあまり時間が割けないことも多い。
パパ
コララインの父親。ママと同じく園芸雑誌のライターだが、庭いじりが嫌い。いつも締め切りに追われ青白い顔をしている。ママが料理を作れない時は自慢の料理を作る。が、出てくるのはスライム状のものばかり。
黒ネコ
本作のもう一人の主人公。気まぐれなノラネコ。“ドアの向こうの世界”では人語を話す不思議な存在。コララインに助言をすることもある。
ワイビー(ワイボーン)
ピンクパレスの大家の孫。コララインと同じく11歳。コララインを脅かしたり怖い話をしたり、意地と口が悪い少年。コララインが外に出れば、いつも生意気な黒ネコと一緒に後をつけてくる。コララインには“村のストーカー”と呼ばれている。映画版のオリジナルキャラで、原作には一切登場しない。
エイプリル・スピンク
ピンクパレスアパートの半地下に住む、元女優のイギリス人。ミス・フォーシブルとコンビを組んでおり、現在は占い師。太っていて、おっとりしている。死んだ飼い犬に天使の服を着せ、剥製にして飾っている。お茶の葉占いが得意。
ミリアム・フォーシブル
ミス・スピンクとコンビを組む、元女優のイギリス人。ミス・スピンクと同じく占い師。胸がかなり大きく、カツラを着用している。ミス・スピンクとは反対のことを言う。数百年前のタフィーを保管している。
ボビンスキー
ピンクパレスアパートの2階(屋根裏部屋)に住む風変わりなロシア人。トビネズミのサーカスを訓練中だというが、なかなかうまくいかないらしい。腕と足が異常な程長いが、体がとても柔軟である。原作のミスター・ボボ(とハツカネズミ)に相当する人物。
ボタンの魔女
封印されていた小さなドアの中に存在する“別の世界”の住人。ゲームが好き。コララインの目をボタンに変えさせるために“別のママ”に姿を変え、欲しがっているものを全て与え、誘惑する。自分の思い通りにならないと凶暴になる一面も。
“別のパパ”
“別の世界”の住人。コララインのために美しい庭を造り上げる。コララインに好意的だが魔女には逆らえない。
“別のワイビー”
“別の世界”の住人。コララインに対し親しげであり、話すことはできない。
“別のボビンスキー”
“別の世界”の住人。トビネズミのサーカスを率いる団長。
“別のミス・スピンク&ミス・フォーシブル”
“別の世界”の住人。老婆の着ぐるみを脱ぎ捨てて女優に戻り、劇場と化した半地下でテリア犬たちを相手に曲芸を行う。
幽霊の子供たち
かつてボタンの魔女にだまされ、目と魂を奪われてしまった子供たち(背の高い少女、小さな少年、ワイビーの祖母の双子の妹)の幽霊。目を“現実の世界”へ戻さなければ解放されない。映画[編集]
コララインとボタンの魔女 3D
Coraline監督
ヘンリー・セリック脚本
ヘンリー・セリック出演者
ダコタ・ファニングテリー・ハッチャー音楽
ブリュノ・クーレ撮影
ピート・コザチク製作会社
ライカ配給
フォーカス・フィーチャーズ ギャガ公開
2009年2月6日 2010年2月19日上映時間
100分製作国
アメリカ合衆国言語
英語製作費
$60,000,000興行収入
$124,596,398[1]テンプレートを表示2009年にアメリカ合衆国でアニメ映画として、『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』のヘンリー・セリック監督により映像化。日本でも『コララインとボタンの魔女 3D』のタイトルで2010年2月に劇場公開された。また、2Dバージョンも7月に恵比寿ガーデンシネマで公開された。アニー賞では作品賞を含む8部門にノミネートされ、ゴールデングローブ賞アニメ映画賞にノミネートされた。
キャスト

コラライン・ジョーンズ:ダコタ・ファニング(日本語吹き替え:榮倉奈々)
メル・ジョーンズ(コララインの母親)/ボタンの魔女:テリー・ハッチャー(戸田恵子)
チャーリー・ジョーンズ(コララインの父親)/別のパパ:ジョン・ホッジマン(山路和弘)
黒猫:キース・デイヴィッド(劇団ひとり)
ワイボーン・“ワイビー”・ラヴァート:ロバート・ベイリー・Jr(浪川大輔)
ミス・スピンク:ジェニファー・ソーンダース(小宮和枝)
ミス・フォーシブル:ドーン・フレンチ(宮寺智子)
ワイビーの祖母:キャロリン・クロフォード(定岡小百合)
ボビンスキー:イアン・マクシェーン(斉藤志郎)スタッフ

原作:ニール・ゲイマン
監督・脚本・プロダクションデザイン:ヘンリー・セリック
製作:ビル・メカニック、クレア・ジェニングス、ヘンリー・セリック、メアリー・サンデル
撮影:ピート・コザチク
編集:クリストファー・マーリー、ロナルド・サンダース
音楽:ブリュノ・クーレ
コンセプトアート:上杉忠弘出典[編集]

^ Coraline – Box Office Mojo

外部リンク[編集]
Coraline – Laika Studios(英語)
コララインとボタンの魔女 3D – allcinema
コララインとボタンの魔女 3D – KINENOTE
Coraline – オールムービー(英語)
Coraline – IMDb(英語)表話編歴ヒューゴー賞 中長編小説部門レトロ・ヒューゴー賞
「影が行く(英語版)」 “Who Goes There?” ドン・A・スチュアート(1939年)
「もしこのまま続けば(英語版)」 “If This Goes On—” ロバート・A・ハインライン(1941年)
「ウォルドウ」 “Waldo” ロバート・A・ハインライン(1943年)
「星の王子さま」 “The Little Prince” アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ(1944年)
「キルドーザー(英語版)」 “Killdozer!” シオドア・スタージョン(1945年)
「動物農場」 “Animal Farm” ジョージ・オーウェル(1946年)
「月を売った男」 “The Man Who Sold the Moon” ロバート・A・ハインライン(1951年)
「悪魔の星(英語版)」 “A Case of Conscience” ジェイムズ・ブリッシュ(1954年)1968–1980
「紫年金の遊蕩者たち(英語版)」 “Riders of the Purple Wage” フィリップ・ホセ・ファーマー /「竜の戦士 第一部(英語版)」 ”Weyr Search” アン・マキャフリイ(1968年)
「夜の翼 第一部(英語版)」 “Nightwings” ロバート・シルヴァーバーグ(1969年)
「影の船」 “Ship of Shadows” フリッツ・ライバー(1970年)
「凶運の都ランクマー」 “Ill Met in Lankhmar” フリッツ・ライバー(1971年)
「空気と闇の女王(英語版)」 “The Queen of Air and Darkness” ポール・アンダースン(1972年)
「世界の合言葉は森(英語版)」 “The Word for World Is Forest” アーシュラ・K・ル=グウィン(1973年)
「接続された女(英語版)」 “The Girl Who Was Plugged In” ジェイムズ・ティプトリー・Jr(1974年)
「ライアへの讃歌」 “A Song for Lya” ジョージ・R・R・マーティン(1975年)
「ハングマンの帰還(英語版)」 “Home Is the Hangman” ロジャー・ゼラズニイ(1976年)
“By Any Other Name” スパイダー・ロビンソン(英語版) / 「ヒューストン、ヒューストン、聞こえるか?(英語版)」 “Houston, Houston, Do You Read?” ジェイムズ・ティプトリー・Jr(1977年)
「スターダンス 第一部(英語版)」 “Stardance” スパイダー&ジーン・ロビンソン(英語版)(1978年)
「残像(英語版)」 “The Persistence of Vision” ジョン・ヴァーリイ(1979年)
「わが友なる的(英語版)」 “Enemy Mine” バリー・B・ロングイヤー(英語版)(1980年)1981–1990
「ドルセイの決断(英語版)」 “Lost Dorsai” ゴードン・R・ディクスン(1981年)
“The Saturn Game” ポール・アンダースン(1982年)
「祈り(英語版)」 “Souls” ジョアンナ・ラス(1983年)
“Cascade Point” ティモシイ・ザーン(1984年)
“Press Enter” ジョン・ヴァーリイ(1985年)
「北斎の富嶽二十四景(英語版)」 “24 Views of Mt. Fuji, by Hokusai” ロジャー・ゼラズニイ(1986年)
“Gilgamesh in the Outback” ロバート・シルヴァーバーグ(1987年)
「目には目を(英語版)」 “Eye for Eye” オースン・スコット・カード(1988年)
「最後のウィネベーゴ(英語版)」 “The Last of the Winnebagos” コニー・ウィリス(1989年)
「喪の山」 “The Mountains of Mourning” ロイス・マクマスター・ビジョルド(1990年)1991–2000
「ヘミングウェイごっこ(英語版)」 “The Hemingway Hoax” ジョー・ホールドマン(1991年)
「べガーズ・イン・スペイン(英語版)」 “Beggars in Spain” ナンシー・クレス(1992年)
「宇宙船乗りフジツボのビル」 “Barnacle Bill the Spacer” ルーシャス・シェパード(1993年)
“Down in the Bottomlands” ハリイ・タートルダヴ(1994年)
「オルドバイ渓谷七景(英語版)」 “Seven Views of Olduvai Gorge” マイク・レズニック(1995年)
「キャプテン・フューチャーの死」 “The Death of Captain Future” アレン・スティール(1996年)
“Blood of the Dragon” ジョージ・R・R・マーティン(1997年)
「ヒンデンブルク号、炎上せず」”…Where Angels Fear to Tread” アレン・スティール(1998年)
「祈りの海(英語版)」 “Oceanic” グレッグ・イーガン(1999年)
「マーブル・アーチの風」 “The Winds of Marble Arch” コニー・ウィリス(2000年)2001–2010
“The Ultimate Earth” ジャック・ウィリアムスン(2001年)
“Fast Times at Fairmont High” ヴァーナー・ヴィンジ(2002年)
「コララインとボタンの魔女」 “Coraline” ニール・ゲイマン(2003年)
「クッキー・モンスター(英語版)」 “The Cookie Monster” ヴァーナー・ヴィンジ(2004年)
「コンクリート・ジャングル(英語版)」 “The Concrete Jungle” チャールズ・ストロス(2005年)
「インサイダー疑惑(英語版)」 “Inside Job” コニー・ウィリス(2006年)
「十億のイブたち」 “A Billion Eves” ロバート・リード(英語版)(2007年)
「もろびと大地に坐して(英語版)」 “All Seated on the Ground” コニー・ウィリス(2008年)
「アードマン連結体」 “The Erdmann Nexus” ナンシー・クレス(2009年)
「パリンプセスト(英語版)」 “Palimpsest” チャールズ・ストロス(2010年)2011–現在
「ソフトウェア・オブジェクトのライフサイクル(英語版)」 “The Lifecycle of Software Objects” テッド・チャン(2011年)
「霧に橋を架ける(英語版)」 “The Man Who Bridged the Mist” キジ・ジョンスン(2012年)
“The Emperor’s Soul” ブランドン・サンダースン(2013年)
“Equoid” チャールズ・ストロス(2014年)
(受賞作なし)(2015年)
「ビンティ―調和師の旅立ち―(英語版)」 “Binti” ンネディ・オコラフォー(英語版)(2016年)
「不思議の国の少女たち(英語版)」 “Every Heart a Doorway” ショーニン・マグワイア(2017年)
「システムの危殆(英語版)」 “All Systems Red” マーサ・ウェルズ(2018年)
「人工的なありかた(英語版)」 “Artificial Condition” マーサ・ウェルズ(2019年)
「こうしてあなたたちは時間戦争に負ける(英語版)」 “This Is How You Lose the Time War” アマル・エル=モフタール(英語版)&マックス・グラッドストーン(英語版)(2020年)
.mw-parser-output .asboxposition:relative;overflow:hidden.mw-parser-output .asbox tablebackground:transparent.mw-parser-output .asbox pmargin:0.mw-parser-output .asbox p+pmargin-top:0.25em.mw-parser-output .asboxfont-size:90%.mw-parser-output .asbox-notefont-size:90%.mw-parser-output .asbox .navbarposition:absolute;top:-0.75em;right:1em;display:none
この項目は、文学に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(P:文学/PJライトノベル)。項目が小説家・作家の場合には Writer-stub を、文学作品以外の本・雑誌の場合には Book-stub を貼り付けてください。
.mw-parser-output .redirectcatnavmargin:1em auto;border-style:none;text-align:left;font-size:100%;clear:both.mw-parser-output .redirectcat ulmargin-left:0コララインとボタンの魔女 3Dに関するカテゴリ:
2009年のアニメ映画
ユニバーサル・ピクチャーズのアニメ映画
フォーカス・フィーチャーズのアニメ映画
ライカ・エンターテインメントの映画作品
アメリカ合衆国のアニメ映画
アメリカ合衆国の3D映画作品
アニメ作品 こ
魔女を題材としたアニメ映画
小説を原作とするアニメ映画
児童文学を原作とするアニメ映画
ギャガのアニメ作品
典拠管理
MBW: 38915b03-1326-4062-9cee-e29a4d7196c0

「https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=コララインとボタンの魔女&oldid=89762452」から取得
カテゴリ: 2002年の小説イギリスのファンタジー小説イギリスのホラー小説イギリスのゴシック小説魔女を題材とした小説ヒューゴー賞受賞作異世界を題材とした作品イングランドの児童文学隠しカテゴリ: 文学関連のスタブMusicBrainz作品識別子が指定されている記事

評価: 4~5 つ星
レビュー: 60 32
再生回数: 82 19
[spincontent type=”j”]

コララインとボタンの魔女の最高の瞬間 #13 Youtube

2. ココ ライン と ボタン の 魔女 怖い Yomiuri

Yomiuri
ココ ライン と ボタン の 魔女 怖い

説明: ココ ライン と ボタン の 魔女 怖い に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 ココ ライン と ボタン の 魔女 怖い は、読売で検索されたもので、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 7663
[spincontent type=”j”]

3. ココ ライン と ボタン の 魔女 怖い Asahi Shimbun

朝日新聞
ココ ライン と ボタン の 魔女 怖い

説明: 朝日新聞で検索した ココ ライン と ボタン の 魔女 怖い に関する上記の情報が、ココ ライン と ボタン の 魔女 怖い に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 5751
[spincontent type=”j”]

4. ココ ライン と ボタン の 魔女 怖い The Japan Times

The Japan Times
ココ ライン と ボタン の 魔女 怖い

説明: ジャパン タイムズで検索した ココ ライン と ボタン の 魔女 怖い に関する記事のトップです。ココ ライン と ボタン の 魔女 怖い に関する疑問を解決するのに役立ちます。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 59 19
[spincontent type=”j”]

5. ココ ライン と ボタン の 魔女 怖い Yomiuri Shimbun

読売新聞
ココ ライン と ボタン の 魔女 怖い

説明: ココ ライン と ボタン の 魔女 怖い に関する詳細情報はすでにありますか? ココ ライン と ボタン の 魔女 怖い という記事が読売新聞で検索されました。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 10 21
[spincontent type=”j”]

6. ココ ライン と ボタン の 魔女 怖い Mainichi Shimbun

毎日新聞
ココ ライン と ボタン の 魔女 怖い

説明: 毎日新聞で見つけた ココ ライン と ボタン の 魔女 怖い に関する上記の情報が、ココ ライン と ボタン の 魔女 怖い に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 7568
[spincontent type=”j”]

7. ココ ライン と ボタン の 魔女 怖い Sankei Shimbun

産経新聞
ココ ライン と ボタン の 魔女 怖い

説明: 産経新聞で検索した ココ ライン と ボタン の 魔女 怖い に関する記事のトップです。ココ ライン と ボタン の 魔女 怖い に関する疑問を解決するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 4764
[spincontent type=”j”]

8. ココ ライン と ボタン の 魔女 怖い Nihon Keizai Shimbun

日本経済新聞
ココ ライン と ボタン の 魔女 怖い

説明: ココ ライン と ボタン の 魔女 怖い に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 ココ ライン と ボタン の 魔女 怖い は、日本経済新聞で検索され、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 3825
[spincontent type=”j”]

9. ココ ライン と ボタン の 魔女 怖い Chunichi Shimbun

中日新聞
ココ ライン と ボタン の 魔女 怖い

説明: 中日新聞で検索した ココ ライン と ボタン の 魔女 怖い に関する上記の情報が、ココ ライン と ボタン の 魔女 怖い に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 7220
[spincontent type=”j”]

10. ココ ライン と ボタン の 魔女 怖い Tokyo Shimbun

東京新聞
ココ ライン と ボタン の 魔女 怖い

説明: ココ ライン と ボタン の 魔女 怖い に関する質問を解決するために、東京新聞で検索した ココ ライン と ボタン の 魔女 怖い に関する記事のトップです。
評価: 4~5 つ星
評価: 30 12
[spincontent type=”j”]

11. ココ ライン と ボタン の 魔女 怖い Nihon Kogyo Simbun

日本工業新聞
ココ ライン と ボタン の 魔女 怖い

説明: ココ ライン と ボタン の 魔女 怖い に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 ココ ライン と ボタン の 魔女 怖い は日本工業新聞で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 1669
[spincontent type=”j”]

12. ココ ライン と ボタン の 魔女 怖い Nikkan Kogyo Shimbun

日刊工業新聞
ココ ライン と ボタン の 魔女 怖い

説明: 日刊工業新聞で見つけた ココ ライン と ボタン の 魔女 怖い に関する上記の情報が、ココ ライン と ボタン の 魔女 怖い に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 3808
[spincontent type=”j”]

13. ココ ライン と ボタン の 魔女 怖い Ainu Times

アイヌタイムス
ココ ライン と ボタン の 魔女 怖い

説明: アイヌ タイムズで検索した ココ ライン と ボタン の 魔女 怖い に関する記事のトップです。ココ ライン と ボタン の 魔女 怖い に関する質問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 8705
[spincontent type=”j”]

14. ココ ライン と ボタン の 魔女 怖い Akita Sakigake Shimpo

秋田魁新報
ココ ライン と ボタン の 魔女 怖い

説明: ココ ライン と ボタン の 魔女 怖い に関する詳細情報はすでにありますか? ココ ライン と ボタン の 魔女 怖い という記事は、秋田魁新報で検索したものです。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 53 13
[spincontent type=”j”]

15. ココ ライン と ボタン の 魔女 怖い Chiba Nippo

千葉日報
ココ ライン と ボタン の 魔女 怖い

説明: 千葉日報で検索した ココ ライン と ボタン の 魔女 怖い に関する上記の情報が、ココ ライン と ボタン の 魔女 怖い に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 9282
[spincontent type=”j”]

16. ココ ライン と ボタン の 魔女 怖い Chugoku Shimbun

中国新聞
ココ ライン と ボタン の 魔女 怖い

説明: 中国新聞で検索した ココ ライン と ボタン の 魔女 怖い に関する記事のトップです。ココ ライン と ボタン の 魔女 怖い に関する疑問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 3573
[spincontent type=”j”]

17. ココ ライン と ボタン の 魔女 怖い Daily Tohoku

デイリー東北
ココ ライン と ボタン の 魔女 怖い

説明: ココ ライン と ボタン の 魔女 怖い に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 ココ ライン と ボタン の 魔女 怖い はデイリー東北で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 41 15
[spincontent type=”j”]

18. ココ ライン と ボタン の 魔女 怖い The Eastern Chronicle

イースタン クロニクル
ココ ライン と ボタン の 魔女 怖い

説明: イースタン クロニクルで検索した ココ ライン と ボタン の 魔女 怖い に関する上記の情報が、ココ ライン と ボタン の 魔女 怖い に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 1168
[spincontent type=”j”]

ココ ライン と ボタン の 魔女 怖い に関する質問

ココ ライン と ボタン の 魔女 怖い についてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。ご質問やご提案はすべて、次の記事の改善に役立てさせていただきます。

記事 ココ ライン と ボタン の 魔女 怖い は、私と私のチームがさまざまな情報源から編集したものです。 記事 ココ ライン と ボタン の 魔女 怖い が役に立った場合は、チームをサポートしてください。「いいね」または「共有」してください!

検索キーワード ココ ライン と ボタン の 魔女 怖い

ココ ライン と ボタン の 魔女 怖い
方法ココ ライン と ボタン の 魔女 怖い
チュートリアル ココ ライン と ボタン の 魔女 怖い
【キーワード】 無料

Có thể bạn quan tâm: