あなたは ケイト ウィン スレット ベアー ブレイズ ウィン スレット について学んでいます。今日は、インターネット上の多くの情報源から私たちのチームが編集および編集した記事 ケイト ウィン スレット ベアー ブレイズ ウィン スレット を共有します。 ケイト ウィン スレット ベアー ブレイズ ウィン スレット に関するこの記事がお役に立てば幸いです。

Page Contents

ケイト ウィン スレット ベアー ブレイズ ウィン スレット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ケイト・ウィンスレットKate Winslet
本名
Kate Elizabeth Winslet生年月日
(1975-10-05) 1975年10月5日(46歳)出生地
イングランドバークシャー州レディング国籍
イギリス職業
女優配偶者
ジム・スレアプレトン (1998年 – 2001年)サム・メンデス (2003年 – 2010年)ネッド・ロックンロール (2012年 – )主な作品
映画『いつか晴れた日に』『タイタニック』『アイリス』『エターナル・サンシャイン』『ネバーランド』『リトル・チルドレン』『ホリデイ』『愛を読むひと』『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』『おとなのけんか』『とらわれて夏』『スティーブ・ジョブズ』『女と男の観覧車』テレビドラマ『ミルドレッド・ピアース 幸せの代償』
 受賞アカデミー賞
主演女優賞2008年『愛を読むひと』ヨーロッパ映画賞
女優賞2009年『愛を読むひと』ロサンゼルス映画批評家協会賞
助演女優賞2001年『アイリス』放送映画批評家協会賞
助演女優賞2008年『愛を読むひと』作品賞(ミニシリーズ・テレビ映画部門)2021年『メア・オブ・イーストタウン/ある殺人事件の真実』主演女優賞(ミニシリーズ・テレビ映画部門)2021年『メア・オブ・イーストタウン/ある殺人事件の真実』AFI賞
作品賞(テレビ部門)2021年『メア・オブ・イーストタウン/ある殺人事件の真実』英国アカデミー賞
主演女優賞2008年『愛を読むひと』助演女優賞1995年『いつか晴れた日に』2015年『スティーブ・ジョブズ』エミー賞
女優賞(ミニシリーズ/テレビ映画部門)2011年『ミルドレッド・ピアース 幸せの代償』2021年『メア・オブ・イーストタウン/ある殺人事件の真実』グラミー賞
子供向けスポークン・ワード・アルバム賞2001年『Listen To the Storyteller』ゴールデングローブ賞
主演女優賞(ドラマ部門)2008年『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』助演女優賞2008年『愛を読むひと』2015年『スティーブ・ジョブズ』女優賞(ミニシリーズ・テレビ映画部門)2011年『ミルドレッド・ピアース 幸せの代償』2021年『メア・オブ・イーストタウン/ある殺人事件の真実』セザール賞
名誉賞2012年 映画界への貢献に対して全米映画俳優組合賞
助演女優賞1995年『いつか晴れた日に』2008年『愛を読むひと』女優賞(テレビ映画・ミニシリーズ部門)2011年『ミルドレッド・ピアース 幸せの代償』2021年『メア・オブ・イーストタウン/ある殺人事件の真実』その他の賞テンプレートを表示ケイト・ウィンスレット, CBE(Kate Winslet, CBE, 1975年10月5日 – )は、イギリスの女優。7度のアカデミー賞ノミネート経験を持つ実力派女優として知られ、第81回アカデミー賞では『愛を読むひと』で主演女優賞を受賞した。

生い立ち[編集]
イングランド・バークシャー州レディングで生まれる。祖父母、両親、叔父、姉と妹も俳優である[1]。
英国国教会派として育ち、11歳から16歳まで地元の演劇学校に通った[2]。学生時代は足の太さや体格などでいじめられたという。

キャリア[編集]
コマーシャルや舞台、テレビドラマなどの出演を経て、1994年にヴェネツィア国際映画祭銀獅子賞を受賞した『乙女の祈り』で映画デビュー。翌年公開の『いつか晴れた日に』でアカデミー助演女優賞にノミネートされ、英国アカデミー賞では助演女優賞を受賞した。
1997年公開のハリウッド大作『タイタニック』のヒロイン、ローズ役で一躍知られるようになり、この作品でアカデミー主演女優賞にノミネートされた。また、『タイタニック』や『ハムレット』、『クイルズ』、『ネバーランド』など、コスチューム・プレイの作品が多いことから「コルセット・ケイト(Corset Kate)」というニックネームが付けられた[3]。
2000年のグラミー賞でBest Spoken Word Album for Childrenを受賞[4]。2001年には『クリスマス・キャロル』の主題歌である『What If?』というシングルをリリース[5] し、イギリスでは初登場6位、アイルランドでは初登場1位を記録した。同年公開の『アイリス』で若き日のアイリス・マードックを演じ、アカデミー助演女優賞にノミネートされた。
2004年公開の『エターナル・サンシャイン』、2006年公開の『リトル・チルドレン』でアカデミー主演女優賞にノミネートされた。また、2005年にBBCで放送されている『エキストラ:スターに近づけ!』にゲスト出演し、エミー賞ゲスト女優賞にノミネートされた。
2008年公開の『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』と『愛を読むひと』の演技により、第66回ゴールデングローブ賞では前者の作品で主演女優賞 (ドラマ部門)を、後者の作品で助演女優賞と、ダブル受賞を果たした。第81回アカデミー賞では『愛を読むひと』で主演女優賞を受賞した。
2011年にHBOで放送されたテレビ・ミニシリーズ『ミルドレッド・ピアース 幸せの代償』でエミー賞・プライムタイム・エミー賞主演女優賞(ミニシリーズ・テレビ映画部門)を受賞した。
2012年には大英帝国勲章第三位CBEを叙勲された。
2014年現在、33歳で6回のアカデミー賞ノミネートは最年少記録でもある[6](それまでの最年少記録はベティ・デイヴィスの34歳で6回のノミネート)。
2014年3月17日にはハリウッド・ウォーク・オブ・フェームの2520番目の星を獲得した。2012年にはすでに星の獲得が決定していた。

私生活[編集]
過去に『Dark Season』で共演した俳優兼作家のステファン・トレンドレ(1997年12月に癌で他界)や俳優のルーファス・シーウェル[7] と交際していた。『タイタニック』や『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』で共演したレオナルド・ディカプリオとは親友[8] で、よく連絡を取り合い、食事にも行く。その為、彼女の子供たちは彼によく懐いている。
1998年11月22日、『グッバイ・モロッコ』の助監督のジム・スレアプレトン(英語版)と結婚。2000年10月12日に長女(ミア・ハニー・スレアプレトン)を出産したが、2001年に離婚。
2003年5月24日、舞台演出家兼映画監督のサム・メンデスと再婚し、同年12月22日に長男(ジョー・アルフィー・ウィンスレット・メンデス)を出産。家族と共にロンドンとニューヨークで暮らす。
2010年3月15日、すでにサム・メンデスとは別居をしており離婚手続き中であることを弁護士を通じて発表。
その後モデルのルイス・ダウラー(Louis Dowler)と交際していたが2010年11月、破局が報じられる。
2012年12月、ヴァージン・グループの創業者リチャード・ブランソンの甥ネッド・ロックンロールと結婚した[9]。2013年12月にロックンロールとの間に夫婦にとってははじめての子供で、ケイトにとって3人目の子となるベアーを出産した。

主な出演作品[編集]
映画[編集]

日本語題原題
役名
備考
1994
乙女の祈りHeavenly Creatures
ジュリエット

1995
タイムマスター/時空をかける少年A Kid in King Arthur’s Court
サラ姫

いつか晴れた日にSense and Sensibility
マリアンヌ・ダッシュウッド
英国アカデミー賞 助演女優賞受賞アカデミー助演女優賞ノミネートゴールデングローブ賞 助演女優賞ノミネート
1996
日蔭のふたりJude
スー・ブライドヘッド

ハムレットHamlet
オフィーリア

1997
タイタニックTitanic
ローズ・デウィット・ブケイター
アカデミー主演女優賞ノミネートゴールデングローブ賞 主演女優賞 (ドラマ部門)ノミネート
1998
グッバイ・モロッコHideous Kinky
ジュリア

1999
Faeries
ブリジット
声の出演
ホーリー・スモークHoly Smoke
ルース・バロン

2000
クイルズQuills
マドレーヌ

2001
エニグマEnigma
ヘスター・ウォレス

クリスマス・キャロルChristmas Carol: The Movie
ベル
声の出演
アイリスIris
若き日のアイリス・マードック
アカデミー助演女優賞ノミネートゴールデングローブ賞 助演女優賞ノミネート英国アカデミー賞 助演女優賞ノミネート
2003
ライフ・オブ・デビッド・ゲイルThe Life of David Gale
ビッツィー・ブルーム

2004
エターナル・サンシャインEternal Sunshine of the Spotless Mind
クレメンタイン・クルシェンスキー
アカデミー主演女優賞ノミネートゴールデングローブ賞 主演女優賞 (ミュージカル・コメディ部門)ノミネート英国アカデミー賞 主演女優賞ノミネート
ネバーランドFinding Neverland
シルヴィア・ルウェリン・デイヴィズ
英国アカデミー賞 主演女優賞ノミネート
2005
Romance & Cigarettes
ツーラ

2006
オール・ザ・キングスメンAll the King’s Men
アン・スタントン

リトル・チルドレンLittle Children
サラ・ピアース
アカデミー主演女優賞ノミネートゴールデングローブ賞 主演女優賞 (ドラマ部門)ノミネート英国アカデミー賞 主演女優賞ノミネート
マウス・タウン ロディとリタの大冒険Flushed Away
リタ
声の出演
ホリデイThe Holiday
アイリス

ブルーオアシスII 3DDeep Sea 3D
ナレーター
声の出演
2008
きつねと私の12か月Le renard et l’enfant
ナレーター
声の出演 (英語版)
愛を読むひとThe Reader
ハンナ・シュミッツ
アカデミー主演女優賞受賞ゴールデングローブ賞 助演女優賞受賞英国アカデミー賞 主演女優賞受賞
レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまでRevolutionary Road
エイプリル・ウィーラー
ゴールデングローブ賞 主演女優賞 (ドラマ部門)受賞英国アカデミー賞 主演女優賞ノミネート
2011
コンテイジョンContagion
エリン・ミアーズ医師

おとなのけんかCarnage
ナンシー・カウワン
ゴールデングローブ賞 主演女優賞 (ミュージカル・コメディ部門)ノミネート
2013
ムービー43Movie 43
ベス
「The Catch」のみ
とらわれて夏Labor Day
アデル・ウィーラー
ゴールデングローブ賞 主演女優賞 (ドラマ部門)ノミネート
2014
ダイバージェントDivergent
ジェニーン・マシューズ

2015
ヴェルサイユの宮廷庭師A Little Chaos
サビーヌ・ド・バラ

ダイバージェントNEOThe Divergent Series: Insurgent
ジェニーン・マシューズ

スティーブ・ジョブズSteve Jobs
ジョアンナ・ホフマン
ゴールデングローブ賞 助演女優賞受賞アカデミー助演女優賞ノミネート英国アカデミー賞 助演女優賞受賞
リベンジャー 復讐のドレスThe Dressmaker
マートル・ダネッジ

2016
トリプル9 裏切りのコードTriple 9
イリーナ・ヴラスロフ

素晴らしきかな、人生Collateral Beauty
クレア

2017
ザ・マウンテン 決死のサバイバル21日間The Mountain Between Us
アレックス・マーティン 

女と男の観覧車Wonder Wheel
ギニー・ラネル
ハリウッド映画賞主演女優賞受賞
2019
ブラックバード 家族が家族であるうちにBlackbird
ジェニファー

2020
アンモナイトの目覚めAmmonite
メアリー・アニング

テレビシリーズ[編集]

日本語題原題
役名
備考
1991
Dark Season
レート
計6話出演
1992
Get Back
エレノア・スウィート
計3話出演
1992
Anglo Saxon Attitudes
キャロライン・Jenington
計1話出演 ミニシリーズ
1993
Casualty
スザンヌ

2005
エキストラ:スターに近づけ!Extras
ケイト・ウィンスレット
第1シーズン 第3話 計1話出演
2011
ミルドレッド・ピアース 幸せの代償Mildred Pierce
ミルドレット・ピアース
ミニシリーズエミー賞主演女優賞(ミニシリーズ・テレビ映画部門)受賞ゴールデングローブ賞女優賞(ミニシリーズ・テレビ映画部門)受賞
2021

Mare of Easttown

メア・シーハン刑事

ミニシリーズ
兼製作総指揮
エミー賞主演女優賞(ミニシリーズ・テレビ映画部門)受賞

主な受賞[編集]
アカデミー賞
2008年度 主演女優賞 『愛を読むひと』
ゴールデングローブ賞
2008年度 主演女優賞 (ドラマ部門) 『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』
2008年度 助演女優賞 『愛を読むひと』
2011年度 女優賞(ミニシリーズ・テレビ映画部門) 『ミルドレッド・ピアース 幸せの代償』
2015年度 助演女優賞 『スティーブ・ジョブズ』
英国アカデミー賞
1995年度 助演女優賞 『いつか晴れた日に』
2008年度 主演女優賞 『愛を読むひと』
2015年度 助演女優賞 『スティーブ・ジョブズ』
ロサンゼルス映画批評家協会賞
2001年度 助演女優賞 『アイリス』
ロンドン映画批評家協会賞
1995年度 英国主演女優賞 『乙女の祈り』
2004年度 英国主演女優賞 『エターナル・サンシャイン』
ヨーロッパ映画賞
1998年度 観客賞 (女優賞) 『タイタニック』
2001年度 観客賞 (女優賞) 『アイリス』
2009年度 女優賞 『愛を読むひと』
放送映画批評家協会賞
2008年度 助演女優賞 『愛を読むひと』
全米映画俳優組合賞
1995年度 助演女優賞 『いつか晴れた日に』
2008年度 助演女優賞 『愛を読むひと』
グラミー賞
2000年度 Best Spoken Word Album for Children 『Listen To the Storyteller』
エミー賞
2011年 主演女優賞(ミニシリーズ・テレビ映画部門)『ミルドレッド・ピアース 幸せの代償』
セザール賞
2012年 名誉賞参考文献[編集]

^ Boshoff, Alison (2009-02-230=2009-02-23). “The Other Winslet Girls”. Daily Mail. http://www.dailymail.co.uk/tvshowbiz/article-1150755/The-Winslet-girls-Its-easy-struggling-actor-sisters-Hollywood-darling-Kate.html 

^ “Redroof Associates FAQ: Is it true that Kate Winslet went to Redroofs?”. 2008年2月14日閲覧。

^ Kate Winslet – News, Biography, and Links

^ “Grammy Award Winners”. Grammy Awards. 2009年1月12日閲覧。

^ “Race on for Christmas number one”. BBC (2001年12月18日). 2008年2月7日閲覧。

^ .mw-parser-output cite.citationfont-style:inherit.mw-parser-output .citation qquotes:”””””””‘””‘”.mw-parser-output .id-lock-free a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-free abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/6/65/Lock-green.svg”)right 0.1em center/9px no-repeat.mw-parser-output .id-lock-limited a,.mw-parser-output .id-lock-registration a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-limited a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-registration abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/d/d6/Lock-gray-alt-2.svg”)right 0.1em center/9px no-repeat.mw-parser-output .id-lock-subscription a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-subscription abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/a/aa/Lock-red-alt-2.svg”)right 0.1em center/9px no-repeat.mw-parser-output .cs1-subscription,.mw-parser-output .cs1-registrationcolor:#555.mw-parser-output .cs1-subscription span,.mw-parser-output .cs1-registration spanborder-bottom:1px dotted;cursor:help.mw-parser-output .cs1-ws-icon abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/4/4c/Wikisource-logo.svg”)right 0.1em center/12px no-repeat.mw-parser-output code.cs1-codecolor:inherit;background:inherit;border:none;padding:inherit.mw-parser-output .cs1-hidden-errordisplay:none;font-size:100%.mw-parser-output .cs1-visible-errorfont-size:100%.mw-parser-output .cs1-maintdisplay:none;color:#33aa33;margin-left:0.3em.mw-parser-output .cs1-formatfont-size:95%.mw-parser-output .cs1-kern-left,.mw-parser-output .cs1-kern-wl-leftpadding-left:0.2em.mw-parser-output .cs1-kern-right,.mw-parser-output .cs1-kern-wl-rightpadding-right:0.2em.mw-parser-output .citation .mw-selflinkfont-weight:inheritJames Lipton (host) (14 March 2004). “Kate Winslet”. Inside the Actors Studio. シーズン10. Episode 11. Bravo。

^ “Winslet’s ‘friendly’ reunion with Sewell”. Breaking News (2006年11月25日). 2009年9月10日閲覧。

^ Thornton, Michael (2008年9月23日). “DiCaprio, Winslet reunite on ‘Road’”. 2009年1月10日閲覧。

^ “K・ウィンスレットが3度目の結婚、ヴァージン創業者のおいと”. ロイター. (2012年12月28日). http://jp.reuters.com/article/entertainmentNews/idJPTYE8BR02H20121228 2013年1月7日閲覧。 

外部リンク[編集]

ウィキメディア・コモンズには、ケイト・ウィンスレットに関連するカテゴリがあります。
ウィキクォートにケイト・ウィンスレットに関する引用句集があります。ジャパン ケイト ウィンスレット ホームページ
ケイト・ウィンスレット – allcinema
ケイト・ウィンスレット – KINENOTE
Kate Winslet – IMDb(英語)表話編歴アカデミー主演女優賞1928–1940
ジャネット・ゲイナー(1928)
メアリー・ピックフォード(1929)
ノーマ・シアラー(1930)
マリー・ドレスラー(1931)
ヘレン・ヘイズ(1932)
キャサリン・ヘプバーン(1933)
クローデット・コルベール(1934)
ベティ・デイヴィス(1935)
ルイーゼ・ライナー(1936)
ルイーゼ・ライナー(1937)
ベティ・デイヴィス(1938)
ヴィヴィアン・リー(1939)
ジンジャー・ロジャース(1940)1941–1960
ジョーン・フォンテイン(1941)
グリア・ガースン(1942)
ジェニファー・ジョーンズ(1943)
イングリッド・バーグマン(1944)
ジョーン・クロフォード(1945)
オリヴィア・デ・ハヴィランド(1946)
ロレッタ・ヤング(1947)
ジェーン・ワイマン(1948)
オリヴィア・デ・ハヴィランド(1949)
ジュディ・ホリデイ(1950)
ヴィヴィアン・リー(1951)
シャーリー・ブース(1952)
オードリー・ヘプバーン(1953)
グレース・ケリー (1954)
アンナ・マニャーニ (1955)
イングリッド・バーグマン(1956)
ジョアン・ウッドワード(1957)
スーザン・ヘイワード(1958)
シモーヌ・シニョレ(1959)
エリザベス・テイラー(1960)1961–1980
ソフィア・ローレン(1961)
アン・バンクロフト(1962)
パトリシア・ニール(1963)
ジュリー・アンドリュース(1964)
ジュリー・クリスティ(1965)
エリザベス・テイラー(1966)
キャサリン・ヘプバーン(1967)
キャサリン・ヘプバーン / バーブラ・ストライサンド(1968)
マギー・スミス(1969)
グレンダ・ジャクソン(1970)
ジェーン・フォンダ(1971)
ライザ・ミネリ(1972)
グレンダ・ジャクソン(1973)
エレン・バースティン(1974)
ルイーズ・フレッチャー(1975)
フェイ・ダナウェイ(1976)
ダイアン・キートン(1977)
ジェーン・フォンダ(1978)
サリー・フィールド(1979)
シシー・スペイセク(1980)1981–2000
キャサリン・ヘプバーン(1981)
メリル・ストリープ(1982)
シャーリー・マクレーン(1983)
サリー・フィールド(1984)
ジェラルディン・ペイジ(1985)
マーリー・マトリン(1986)
シェール(1987)
ジョディ・フォスター(1988)
ジェシカ・タンディ(1989)
キャシー・ベイツ(1990)
ジョディ・フォスター(1991)
エマ・トンプソン(1992)
ホリー・ハンター(1993)
ジェシカ・ラング(1994)
スーザン・サランドン(1995)
フランシス・マクドーマンド(1996)
ヘレン・ハント(1997)
グウィネス・パルトロー(1998)
ヒラリー・スワンク(1999)
ジュリア・ロバーツ(2000)2001–2020
ハル・ベリー(2001)
ニコール・キッドマン(2002)
シャーリーズ・セロン(2003)
ヒラリー・スワンク(2004)
リース・ウィザースプーン(2005)
ヘレン・ミレン(2006)
マリオン・コティヤール(2007)
ケイト・ウィンスレット(2008)
サンドラ・ブロック(2009)
ナタリー・ポートマン(2010)
メリル・ストリープ(2011)
ジェニファー・ローレンス(2012)
ケイト・ブランシェット(2013)
ジュリアン・ムーア(2014)
ブリー・ラーソン(2015)
エマ・ストーン(2016)
フランシス・マクドーマンド(2017)
オリヴィア・コールマン(2018)
レネー・ゼルウィガー(2019)
フランシス・マクドーマンド(2020)2021–現在
ジェシカ・チャステイン(2021)
表話編歴プライムタイム・エミー賞 リミテッド・シリーズ/テレビ映画 主演女優賞1950年代
ジュディス・アンダーソン (1955)
メアリー・マーティン (1956)
クレア・トレヴァー (1957)
ポリー・バーゲン (1958)
ジュリー・ハリス (1959)1960年代
ジュディス・アンダーソン (1961)
ジュリー・ハリス (1962)
キム・スタンレー (1963)
シェリー・ウィンタース (1964)
リン・フォンテン (1965)
シモーヌ・シニョレ (1966)
ジェラルディン・ペイジ (1967)
モーリン・ステイプルトン (1968)
ジェラルディン・ペイジ (1969)1970年代
パティ・デューク (1970)
リー・グラント (1971)
グレンダ・ジャクソン (1972)
スーザン・ハンプシャー / クロリス・リーチマン (1973)
シシリー・タイソン / ミルドレッド・ナトウィック (1974)
キャサリン・ヘプバーン / ジェシカ・ウォルター (1975)
スーザン・クラーク / ローズマリー・ハリス (1976)
サリー・フィールド / パティ・デューク (1977)
ジョアン・ウッドワード / メリル・ストリープ (1978)
ベティ・デイヴィス (1979)1980年代
パティ・デューク (1980)
ヴァネッサ・レッドグレイヴ (1981)
イングリッド・バーグマン (1982)
バーバラ・スタンウィック (1983)
ジェーン・フォンダ (1984)
ジョアン・ウッドワード (1985)
マーロ・トーマス (1986)
ジーナ・ローランズ (1987)
ジェシカ・タンディ (1988)
ホリー・ハンター (1989)1990年代
バーバラ・ハーシー (1990)
リン・ウィットフィールド (1991)
ジーナ・ローランズ (1992)
ホリー・ハンター (1993)
カースティ・アレイ (1994)
グレン・クローズ (1995)
ヘレン・ミレン (1996)
アルフレ・ウッダード (1997)
エレン・バーキン (1998)
ヘレン・ミレン (1999)2000年代
ハル・ベリー (2000)
ジュディ・デイヴィス (2001)
ローラ・リニー (2002)
マギー・スミス (2003)
メリル・ストリープ (2004)
S・エパサ・マーカーソン (2005)
ヘレン・ミレン (2006)
ヘレン・ミレン (2007)
ローラ・リニー (2008)
ジェシカ・ラング (2009)2010年代
クレア・デインズ (2010)
ケイト・ウィンスレット (2011)
ジュリアン・ムーア (2012)
ローラ・リニー (2013)
ジェシカ・ラング (2014)
フランシス・マクドーマンド (2015)
サラ・ポールソン (2016)
ニコール・キッドマン (2017)
レジーナ・キング (2018)
ミシェル・ウィリアムズ (2019)2020年代
レジーナ・キング (2020)
エミー賞 (プライムタイム・デイタイム・国際)
表話編歴英国アカデミー賞 主演女優賞1952–現在
ヴィヴィアン・リー(英国)、シモーヌ・シニョレ(外国)(1952)
オードリー・ヘプバーン(英国)、レスリー・キャロン(外国)(1953)
イヴォンヌ・ミッチェル(英国)、コーネル・ボーチャーズ(外国)(1954)
ケティ・ジョンソン(英国)、ベッツィ・ブレア(外国)(1955)
ヴァージニア・マッケンナ(英国)、アンナ・マニャーニ(外国)(1956)
ヘザー・シアーズ(英国)、シモーヌ・シニョレ(外国)(1957)
アイリーン・ワース(英国)、シモーヌ・シニョレ(外国)(1958)
オードリー・ヘプバーン(英国)、シャーリー・マクレーン(外国)(1959)
レイチェル・ロバーツ(英国)、シャーリー・マクレーン(外国)(1960)
ドラ・ブライアン(英国)、ソフィア・ローレン(外国)(1961)
レスリー・キャロン(英国)、アン・バンクロフト(外国)(1962)
レイチェル・ロバーツ(英国)、パトリシア・ニール(外国)(1963)
オードリー・ヘプバーン(英国)、アン・バンクロフト(外国)(1964)
ジュリー・クリスティ(英国)、パトリシア・ニール(外国)(1965)
エリザベス・テイラー(英国)、ジャンヌ・モロー(外国)(1966)
イーディス・エヴァンス(英国)、アヌーク・エーメ(外国)(1967)
キャサリン・ヘプバーン(1968)
マギー・スミス(1969、1984、1986、1988)
キャサリン・ロス(1970)
グレンダ・ジャクソン(1971)
ライザ・ミネリ(1972)
ステファーヌ・オードラン(1973)
ジョアン・ウッドワード(1974)
エレン・バースティン(1975)
ルイーズ・フレッチャー(1976)
ダイアン・キートン(1977)
ジェーン・フォンダ(1978、1979)
ジュディ・デイヴィス(1980)
メリル・ストリープ(1981)
キャサリン・ヘプバーン(1982)
ジュリー・ウォルターズ(1983)
ペギー・アシュクロフト(1985)
アン・バンクロフト(1987)
ポーリーン・コリンズ(1989)
ジェシカ・タンディ(1990)
ジョディ・フォスター(1991)
エマ・トンプソン(1992)
ホリー・ハンター(1993)
スーザン・サランドン(1994)
エマ・トンプソン(1995)
ブレンダ・ブレッシン(1996)
ジュディ・デンチ(1997、2001)
ケイト・ブランシェット(1998)
アネット・ベニング(1999)
ジュリア・ロバーツ(2000)
ニコール・キッドマン(2002)
スカーレット・ヨハンソン(2003)
イメルダ・スタウントン(2004)
リース・ウィザースプーン(2005)
ヘレン・ミレン(2006)
マリオン・コティヤール(2007)
ケイト・ウィンスレット(2008)
キャリー・マリガン(2009)
ナタリー・ポートマン(2010)
メリル・ストリープ(2011)
エマニュエル・リヴァ(2012)
ケイト・ブランシェット(2013)
ジュリアン・ムーア(2014)
ブリー・ラーソン(2015)
エマ・ストーン(2016)
フランシス・マクドーマンド(2017)
オリヴィア・コールマン(2018)
レネー・ゼルウィガー(2019)
フランシス・マクドーマンド(2020)
ジョアンナ・スキャンラン(2021)
表話編歴英国アカデミー賞助演女優賞1968–1980
ビリー・ホワイトロー(1968)
セリア・ジョンソン(1969)
スザンナ・ヨーク(1970)
マーガレット・レイトン(1971)
クロリス・リーチマン(1972)
ヴァレンティナ・コルテーゼ(1973(
イングリッド・バーグマン(1974)
ダイアン・ラッド(1975)
ジョディ・フォスター(1976)
ジェニー・アガター(1977)
ジェラルディン・ペイジ(1978)
レイチェル・ロバーツ(1979)1981–2000
ロヒニ・ハタンガディ / モーリン・ステイプルトン(1982)
ジェイミー・リー・カーティス(1983)
リズ・スミス(1984)
ロザンナ・アークエット(1985)
ジュディ・デンチ(1986)
スーザン・ウールドリッジ(1987)
ジュディ・デンチ(1988)
ミシェル・ファイファー(1989)
ウーピー・ゴールドバーグ(1990)
ケイト・ネリガン(1991)
ミランダ・リチャードソン(1992)
ミリアム・マーゴリーズ(1993)
クリスティン・スコット・トーマス(1994)
ケイト・ウィンスレット(1995)
ジュリエット・ビノシュ(1996)
シガニー・ウィーバー(1997)
ジュディ・デンチ(1998)
マギー・スミス(1999)
ジュリー・ウォルターズ(2000)2001–現在
ジェニファー・コネリー(2001)
キャサリン・ゼタ=ジョーンズ(2002)
レネー・ゼルウィガー(2003)
ケイト・ブランシェット(2004)
タンディ・ニュートン(2005)
ジェニファー・ハドソン(2006)
ティルダ・スウィントン(2007)
ペネロペ・クルス(2008)
モニーク(2009)
ヘレナ・ボナム=カーター(2010)
オクタヴィア・スペンサー(2011)
アン・ハサウェイ(2012)
ジェニファー・ローレンス(2013)
パトリシア・アークエット(2014)
ケイト・ウィンスレット(2015)
ヴィオラ・デイヴィス(2016)
アリソン・ジャネイ(2017)
レイチェル・ワイズ(2018)
ローラ・ダーン(2019)
ユン・ヨジョン(2020)
アリアナ・デボーズ(2021)
表話編歴ゴールデングローブ賞 主演女優賞 (ドラマ部門)1943–1960
ジェニファー・ジョーンズ(1943)
イングリッド・バーグマン(1944、1945、1956)
ロザリンド・ラッセル(1946、1947)
ジェーン・ワイマン(1948)
オリヴィア・デ・ハヴィランド(1949)
グロリア・スワンソン(1950)
ジェーン・ワイマン(1951)
シャーリー・ブース(1952)
オードリー・ヘプバーン(1953)
グレース・ケリー(1954)
アンナ・マニャーニ(1955)
ジョアン・ウッドワード(1957)
スーザン・ヘイワード(1958)
エリザベス・テイラー(1959)
グリア・ガースン(1960)1961–1980
ジェラルディン・ペイジ(1961、1962)
レスリー・キャロン(1963)
アン・バンクロフト(1964)
サマンサ・エッガー(1965)
アヌーク・エーメ(1966)
イーディス・エヴァンス(1967)
ジョアン・ウッドワード(1968)
ジュヌヴィエーヴ・ビュジョルド(1969)
アリ・マッグロー(1970)
ジェーン・フォンダ(1971)
リヴ・ウルマン(1972)
マーシャ・メイソン(1973)
ジーナ・ローランズ(1974)
ルイーズ・フレッチャー(1975)
フェイ・ダナウェイ(1976)
ジェーン・フォンダ(1977、1978)
サリー・フィールド(1979)
メアリー・タイラー(1980)1981–2000
メリル・ストリープ(1981、1982)
シャーリー・マクレーン(1983)
サリー・フィールド(1984)
ウーピー・ゴールドバーグ(1985)
マーリー・マトリン(1986)
サリー・カークランド(1987)
ジョディ・フォスター / シャーリー・マクレーン / シガニー・ウィーバー(1988)
ミシェル・ファイファー(1989)
キャシー・ベイツ(1990)
ジョディ・フォスター(1991)
エマ・トンプソン(1992)
ホリー・ハンター(1993)
ジェシカ・ラング(1994)
シャロン・ストーン(1995)
ブレンダ・ブレッシン(1996)
ジュディ・デンチ(1997)
ケイト・ブランシェット(1998)
ヒラリー・スワンク(1999)
ジュリア・ロバーツ(2000)2001–2020
シシー・スペイセク(2001)
ニコール・キッドマン(2002)
シャーリーズ・セロン(2003)
ヒラリー・スワンク(2004)
フェリシティ・ハフマン(2005)
ヘレン・ミレン(2006)
ジュリー・クリスティ(2007)
ケイト・ウィンスレット(2008)
サンドラ・ブロック(2009)
ナタリー・ポートマン(2010)
メリル・ストリープ(2011)
ジェシカ・チャステイン(2012)
ケイト・ブランシェット(2013)
ジュリアン・ムーア(2014)
ブリー・ラーソン(2015)
イザベル・ユペール(2016)
フランシス・マクドーマンド(2017)
グレン・クローズ(2018)
レネー・ゼルウィガー(2019)
アンドラ・デイ(2020)2021–2040
ニコール・キッドマン(2021)
表話編歴ゴールデングローブ賞 助演女優賞1943–1960
カティーナ・パクシヌー(1943)
アグネス・ムーアヘッド(1944)
アンジェラ・ランズベリー(1945)
アン・バクスター(1946)
セレステ・ホルム(1947)
エレン・コービー(1948)
マーセデス・マッケンブリッジ(1949)
ジョセフィン・ハル(1950)
キム・ハンター(1951)
ケティ・フラド(1952)
グレース・ケリー(1953)
ジャン・スターリング(1954)
マリサ・パヴァン(1955)
アイリーン・ヘッカート(1956)
エルザ・ランチェスター(1957)
ハーミオン・ジンゴールド(1958)
スーザン・コーナー(1959)
ジャネット・リー(1960)1961–1980
リタ・モレノ(1961)
アンジェラ・ランズベリー(1962)
マーガレット・ラザフォード(1963)
アグネス・ムーアヘッド(1964)
ルース・ゴードン(1965)
ジョスリン・ラ・ガルド(1966)
キャロル・チャニング(1967)
ルース・ゴードン(1968)
ゴールディ・ホーン(1969)
カレン・ブラック/モーリン・ステイプルトン(1970)
アン=マーグレット(1971)
シェリー・ウィンタース(1972)
リンダ・ブレア(1973)
カレン・ブラック(1974)
ブレンダ・ヴァッカロ(1975)
キャサリン・ロス(1976)
ヴァネッサ・レッドグレイヴ(1977)
ダイアン・キャノン(1978)
メリル・ストリープ(1979)
メアリー・スティーンバージェン(1980)1981–2000
ジョーン・ハケット(1981)
ジェシカ・ラング(1982)
シェール(1983)
ペギー・アシュクロフト(1984)
メグ・ティリー(1985)
マギー・スミス(1986)
オリンピア・デュカキス(1987)
シガニー・ウィーバー(1988)
ジュリア・ロバーツ(1989)
ウーピー・ゴールドバーグ(1990)
マーセデス・ルール(1991)
ジョーン・プロウライト(1992)
ウィノナ・ライダー(1993)
ダイアン・ウィースト(1994)
ミラ・ソルヴィノ(1995)
ローレン・バコール(1996)
キム・ベイシンガー(1997)
リン・レッドグレイヴ(1998)
アンジェリーナ・ジョリー(1999)
ケイト・ハドソン(2000)2001–現在
ジェニファー・コネリー(2001)
メリル・ストリープ(2002)
レネー・ゼルウィガー(2003)
ナタリー・ポートマン(2004)
レイチェル・ワイズ(2005)
ジェニファー・ハドソン(2006)
ケイト・ブランシェット(2007)
ケイト・ウィンスレット(2008)
モニーク(2009)
メリッサ・レオ(2010)
オクタヴィア・スペンサー(2011)
アン・ハサウェイ(2012)
ジェニファー・ローレンス(2013)
パトリシア・アークエット(2014)
ケイト・ウィンスレット(2015)
ヴィオラ・デイヴィス(2016)
アリソン・ジャネイ(2017)
レジーナ・キング(2018)
ローラ・ダーン(2019)
ジョディ・フォスター(2020)
アリアナ・デボーズ(2021)
表話編歴全米映画俳優組合賞 助演女優賞1994–2000
ダイアン・ウィースト(1994)
ケイト・ウィンスレット(1995)
ローレン・バコール(1996)
キム・ベイシンガー/グロリア・スチュアート(1997)
キャシー・ベイツ(1998)
アンジェリーナ・ジョリー(1999)
ジュディ・デンチ(2000)2001–現在
ヘレン・ミレン(2001)
キャサリン・ゼタ=ジョーンズ(2002)
レネー・ゼルウィガー(2003)
ケイト・ブランシェット(2004)
レイチェル・ワイズ(2005)
ジェニファー・ハドソン(2006)
ルビー・ディー(2007)
ケイト・ウィンスレット(2008)
モニーク(2009)
メリッサ・レオ(2010)
オクタヴィア・スペンサー(2011)
アン・ハサウェイ(2012)
ルピタ・ニョンゴ(2013)
パトリシア・アークエット(2014)
アリシア・ヴィキャンデル(2015)
ヴィオラ・デイヴィス(2016)
アリソン・ジャネイ(2017)
エミリー・ブラント(2018)
ローラ・ダーン(2019)
ユン・ヨジョン(2020)
表話編歴全米映画俳優組合賞女優賞 (テレビ映画・ミニシリーズ)1994–2009
ジョアン・ウッドワード(1994)
アルフレ・ウッダード(1995)
キャシー・ベイツ(1996)
アルフレ・ウッダード(1997)
アンジェリーナ・ジョリー(1998)
ハル・ベリー(1999)
ヴァネッサ・レッドグレイヴ(2000)
ジュディ・デイヴィス(2001)
ストッカード・チャニング(2002)
メリル・ストリープ(2003)
グレン・クローズ(2004)
S・エパサ・マーカーソン(2005)
ヘレン・ミレン(2006)
クィーン・ラティファ(2007)
ローラ・リニー(2008)
ドリュー・バリモア(2009)2010–2029
クレア・デインズ(2010)
ケイト・ウィンスレット(2011)
ジュリアン・ムーア(2012)
ヘレン・ミレン(2013)
フランシス・マクドーマンド(2014)
クイーン・ラティファ(2015)
サラ・ポールソン(2016)
ニコール・キッドマン(2017)
パトリシア・アークエット(2018)
ミシェル・ウィリアムズ(2019)
表話編歴放送映画批評家協会賞 助演女優賞
ミラ・ソルヴィノ(1995)
ジョアン・アレン(1996)
ジョーン・キューザック(1997)
ジョアン・アレン / キャシー・ベイツ(1998)
アンジェリーナ・ジョリー(1999)
フランシス・マクドーマンド(2000)
ジェニファー・コネリー(2001)
キャサリン・ゼタ=ジョーンズ(2002)
レネー・ゼルウィガー(2003)
ヴァージニア・マドセン(2004)
エイミー・アダムス / ミシェル・ウィリアムズ(2005)
ジェニファー・ハドソン(2006)
エイミー・ライアン(2007)
ケイト・ウィンスレット(2008)
モニーク(2009)
メリッサ・レオ(2010)
オクタヴィア・スペンサー(2011)
アン・ハサウェイ(2012)
ルピタ・ニョンゴ(2013)
パトリシア・アークエット(2014)
アリシア・ヴィキャンデル(2015)
ヴィオラ・デイヴィス(2016)
アリソン・ジャネイ(2017)
レジーナ・キング(2018)
ローラ・ダーン(2019)
マリア・バカローヴァ(2020)
表話編歴ロサンゼルス映画批評家協会賞 助演女優賞1977–1980
ヴァネッサ・レッドグレイヴ (1977)
モーリン・ステイプルトン / モナ・ウォッシュボーン(英語版) (1978)
メリル・ストリープ (1979)
メアリー・スティーンバージェン (1980)1981–2000
モーリン・ステイプルトン (1981)
グレン・クローズ (1982)
リンダ・ハント (1983)
ペギー・アシュクロフト (1984)
アンジェリカ・ヒューストン (1985)
キャシー・タイソン(英語版) / ダイアン・ウィースト (1986)
オリンピア・デュカキス (1987)
ジュヌヴィエーヴ・ビュジョルド (1988)
ブレンダ・フリッカー (1989)
ロレイン・ブラッコ (1990)
ジェーン・ホロックス (1991)
ジュディ・デイヴィス (1992)
アンナ・パキン / ロージー・ペレス (1993)
ダイアン・ウィースト (1994)
ジョアン・アレン (1995)
バーバラ・ハーシー (1996)
ジュリアン・ムーア (1997)
ジョアン・アレン (1998)
クロエ・セヴィニー (1999)
フランシス・マクドーマンド (2000)2001–現在
ケイト・ウィンスレット (2001)
イーディ・ファルコ (2002)
ショーレ・アグダシュルー (2003)
ヴァージニア・マドセン (2004)
キャサリン・キーナー (2005)
ルミニツァ・ゲオルジウ(英語版) (2006)
エイミー・ライアン (2007)
ペネロペ・クルス (2008)
モニーク (2009)
ジャッキー・ウィーヴァー (2010)
ジェシカ・チャステイン (2011)
エイミー・アダムス (2012)
ルピタ・ニョンゴ (2013)
アガタ・クレシャ(英語版) (2014)
アリシア・ヴィキャンデル (2015)
リリー・グラッドストーン(英語版) (2016)
ローリー・メトカーフ (2017)
レジーナ・キング (2018)
ジェニファー・ロペス (2019)
ユン・ヨジョン (2020)
典拠管理
BIBSYS: 98061744
BNE: XX1177310
BNF: cb14010339s (データ)
CANTIC: a10254262
CINII: DA13450305
DTBIO: 121008746
FAST: 395425
GND: 121008746
ISNI: 0000 0001 1471 4803
J9U: 987007428064705171
LCCN: nr97024608
LNB: 000260869
MBA: ceb05831-03e8-4605-904d-894ee0492d00
NKC: xx0011595
NLA: 35414075
NLK: KAC2020K4326
NSK: 000456445
NTA: 167977687
PLWABN: 9810564250605606
RERO: 02-A013994178
SUDOC: 06081795X
Trove: 944175
VIAF: 44496911
WorldCat Identities: lccn-nr97024608, lccn-nr97-024608

「https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ケイト・ウィンスレット&oldid=89337290」から取得
カテゴリ: イングランドの女優グラミー賞受賞者アカデミー賞受賞者英国アカデミー賞受賞者ゴールデングローブ賞受賞者エミー賞受賞者セザール賞受賞者大英帝国勲章受章者クリエイティヴ・アーティスツ・エージェンシー在アメリカ合衆国イギリス人スウェーデン系イングランド人レディング出身の人物1975年生存命人物隠しカテゴリ: プロジェクト人物伝項目ウィキデータにあるallcinema人物識別子BIBSYS識別子が指定されている記事BNE識別子が指定されている記事BNF識別子が指定されている記事CANTIC識別子が指定されている記事CINII識別子が指定されている記事DTBIO識別子が指定されている記事FAST識別子が指定されている記事GND識別子が指定されている記事ISNI識別子が指定されている記事J9U識別子が指定されている記事LCCN識別子が指定されている記事LNB識別子が指定されている記事MusicBrainz識別子が指定されている記事NKC識別子が指定されている記事NLA識別子が指定されている記事NLK識別子が指定されている記事NSK識別子が指定されている記事NTA識別子が指定されている記事PLWABN識別子が指定されている記事RERO識別子が指定されている記事SUDOC識別子が指定されている記事Trove識別子が指定されている記事VIAF識別子が指定されている記事WORLDCATID識別子が指定されている記事

評価: 4~5 つ星
レビュー: 4286
再生回数: 3320
[spincontent type=”j”]

不倫相手との関係が壊れる瞬間…熟女になったケイト・ウィンスレットの表情が切ない/映画『女と男の観覧車』本編映像 Youtube

第 55 回ニューヨーク映画祭 クロージングナイト作品
1950 年代、コニーアイランド。遊園地で働く女の前に音信不通だった、夫の娘が現れた。
その日から彼女の何かが狂い始める──
愛と裏切りに翻弄される登場人物たち ケイト・ウィンスレット&ジャスティン・ティンバーレイク

女と男のすれ違いを描き続けるウディ・アレンが、あくなき理想を追い求める女性の、魂の奥深くに容赦なく迫るヒューマンドラマ「女と男の観覧車」(6月23日(土)公開)より、 ケイト・ウィンスレットとジャスティン・ティンバーレイクによる、心ざわめく“壊れはじめている関係で してはいけないこととは…?本編映像シーン”が解禁となった。

この度解禁された本編映像は、ジニー(ケイト・ウィンスレット)が恋に溺れた相手のミッキー(ジャスティン・ティンバーレイク)に、プレゼントを渡すシーン。コニーアイランドの海が見えるボードウォークで 美しく着飾ったジニーとミッキーのやりとりは、一見 幸せな光景のように見える。しかし、本のお返しとして高価な時計をプレゼントするジニーに対して「やりすぎだよ」「大金を使わないでくれ」と困った様子のミッキーに、「苦が重すぎる?」と徐々に興奮してくるジニー。壊れはじめている関係でしてはいけないことをしてしまい、二人の関係が今変わろうとしている瞬間を切り取った。

ジャスティン・ティンバーレイク演じるビーチの監視員ミッキーとの関係に対して、ケイト・ウィンスレッ トは「ミッキーに出会った途端、眠っていた休火山が活動を始めたかのように、ジニーは元気を取り戻すわ。ミッキーの存在はジニーが描く途方もない夢の世界を象徴するもので、しかもジニーが空想の中で作り上げた架空の人物ではなく、実在した人間だったの。二人は求め合い、愛をささやき、 雨のボードウォークの下で密会を続け、ミッキーは美しい愛の言葉をジニーに投げかける。次第に ジニーは、ミッキーが自分を救ってくれるヒーローとなって、人生をもう一度やり直すことができるのではないかと思い始めてしまうのよ。おそらくジニーは、彼に普通では考えられないくらい期待をしてしまったのね。」とインタビューで語っている。

主人公のジニー(ケイト・ウィンスレット)は、元女優で、今はコニーアイランドの遊園地にあるレストランで、ウェイトレスとして働いている。再婚同士で結ばれた、回転木馬の操縦係を務める夫のハンプティ(ジム・ベルーシ)、そして自身の連れ子と観覧車の見える部屋で暮らしている。実は彼女は夫に隠れて、海岸で監視員のアルバイトをしているミッキー(ジャスティン・ティンバーレイク)と付き合っていた。平凡な毎日に失望していたジニーは、脚本家を目指すミッキーとの未来に夢を見ていた。だが、ギャングと駆け落ちして音信不通になっていたハンプティの娘キャロライナ(ジュノー・テンプル)が現れたことから、すべてが狂い始める──。

映画『女と男の観覧車』は6月23日(土)全国で公開となる。

2. ケイト ウィン スレット ベアー ブレイズ ウィン スレット Yomiuri

Yomiuri
ケイト ウィン スレット ベアー ブレイズ ウィン スレット

説明: ケイト ウィン スレット ベアー ブレイズ ウィン スレット に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 ケイト ウィン スレット ベアー ブレイズ ウィン スレット は、読売で検索されたもので、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 8676
[spincontent type=”j”]

3. ケイト ウィン スレット ベアー ブレイズ ウィン スレット Asahi Shimbun

朝日新聞
ケイト ウィン スレット ベアー ブレイズ ウィン スレット

説明: 朝日新聞で検索した ケイト ウィン スレット ベアー ブレイズ ウィン スレット に関する上記の情報が、ケイト ウィン スレット ベアー ブレイズ ウィン スレット に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 2661
[spincontent type=”j”]

4. ケイト ウィン スレット ベアー ブレイズ ウィン スレット The Japan Times

The Japan Times
ケイト ウィン スレット ベアー ブレイズ ウィン スレット

説明: ジャパン タイムズで検索した ケイト ウィン スレット ベアー ブレイズ ウィン スレット に関する記事のトップです。ケイト ウィン スレット ベアー ブレイズ ウィン スレット に関する疑問を解決するのに役立ちます。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 3493
[spincontent type=”j”]

5. ケイト ウィン スレット ベアー ブレイズ ウィン スレット Yomiuri Shimbun

読売新聞
ケイト ウィン スレット ベアー ブレイズ ウィン スレット

説明: ケイト ウィン スレット ベアー ブレイズ ウィン スレット に関する詳細情報はすでにありますか? ケイト ウィン スレット ベアー ブレイズ ウィン スレット という記事が読売新聞で検索されました。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 5144
[spincontent type=”j”]

6. ケイト ウィン スレット ベアー ブレイズ ウィン スレット Mainichi Shimbun

毎日新聞
ケイト ウィン スレット ベアー ブレイズ ウィン スレット

説明: 毎日新聞で見つけた ケイト ウィン スレット ベアー ブレイズ ウィン スレット に関する上記の情報が、ケイト ウィン スレット ベアー ブレイズ ウィン スレット に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 9359
[spincontent type=”j”]

7. ケイト ウィン スレット ベアー ブレイズ ウィン スレット Sankei Shimbun

産経新聞
ケイト ウィン スレット ベアー ブレイズ ウィン スレット

説明: 産経新聞で検索した ケイト ウィン スレット ベアー ブレイズ ウィン スレット に関する記事のトップです。ケイト ウィン スレット ベアー ブレイズ ウィン スレット に関する疑問を解決するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 11 16
[spincontent type=”j”]

8. ケイト ウィン スレット ベアー ブレイズ ウィン スレット Nihon Keizai Shimbun

日本経済新聞
ケイト ウィン スレット ベアー ブレイズ ウィン スレット

説明: ケイト ウィン スレット ベアー ブレイズ ウィン スレット に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 ケイト ウィン スレット ベアー ブレイズ ウィン スレット は、日本経済新聞で検索され、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 8949
[spincontent type=”j”]

9. ケイト ウィン スレット ベアー ブレイズ ウィン スレット Chunichi Shimbun

中日新聞
ケイト ウィン スレット ベアー ブレイズ ウィン スレット

説明: 中日新聞で検索した ケイト ウィン スレット ベアー ブレイズ ウィン スレット に関する上記の情報が、ケイト ウィン スレット ベアー ブレイズ ウィン スレット に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 80 92
[spincontent type=”j”]

10. ケイト ウィン スレット ベアー ブレイズ ウィン スレット Tokyo Shimbun

東京新聞
ケイト ウィン スレット ベアー ブレイズ ウィン スレット

説明: ケイト ウィン スレット ベアー ブレイズ ウィン スレット に関する質問を解決するために、東京新聞で検索した ケイト ウィン スレット ベアー ブレイズ ウィン スレット に関する記事のトップです。
評価: 4~5 つ星
評価: 4199
[spincontent type=”j”]

11. ケイト ウィン スレット ベアー ブレイズ ウィン スレット Nihon Kogyo Simbun

日本工業新聞
ケイト ウィン スレット ベアー ブレイズ ウィン スレット

説明: ケイト ウィン スレット ベアー ブレイズ ウィン スレット に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 ケイト ウィン スレット ベアー ブレイズ ウィン スレット は日本工業新聞で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 6943
[spincontent type=”j”]

12. ケイト ウィン スレット ベアー ブレイズ ウィン スレット Nikkan Kogyo Shimbun

日刊工業新聞
ケイト ウィン スレット ベアー ブレイズ ウィン スレット

説明: 日刊工業新聞で見つけた ケイト ウィン スレット ベアー ブレイズ ウィン スレット に関する上記の情報が、ケイト ウィン スレット ベアー ブレイズ ウィン スレット に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 6536
[spincontent type=”j”]

13. ケイト ウィン スレット ベアー ブレイズ ウィン スレット Ainu Times

アイヌタイムス
ケイト ウィン スレット ベアー ブレイズ ウィン スレット

説明: アイヌ タイムズで検索した ケイト ウィン スレット ベアー ブレイズ ウィン スレット に関する記事のトップです。ケイト ウィン スレット ベアー ブレイズ ウィン スレット に関する質問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 8154
[spincontent type=”j”]

14. ケイト ウィン スレット ベアー ブレイズ ウィン スレット Akita Sakigake Shimpo

秋田魁新報
ケイト ウィン スレット ベアー ブレイズ ウィン スレット

説明: ケイト ウィン スレット ベアー ブレイズ ウィン スレット に関する詳細情報はすでにありますか? ケイト ウィン スレット ベアー ブレイズ ウィン スレット という記事は、秋田魁新報で検索したものです。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 1776
[spincontent type=”j”]

15. ケイト ウィン スレット ベアー ブレイズ ウィン スレット Chiba Nippo

千葉日報
ケイト ウィン スレット ベアー ブレイズ ウィン スレット

説明: 千葉日報で検索した ケイト ウィン スレット ベアー ブレイズ ウィン スレット に関する上記の情報が、ケイト ウィン スレット ベアー ブレイズ ウィン スレット に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 44 17
[spincontent type=”j”]

16. ケイト ウィン スレット ベアー ブレイズ ウィン スレット Chugoku Shimbun

中国新聞
ケイト ウィン スレット ベアー ブレイズ ウィン スレット

説明: 中国新聞で検索した ケイト ウィン スレット ベアー ブレイズ ウィン スレット に関する記事のトップです。ケイト ウィン スレット ベアー ブレイズ ウィン スレット に関する疑問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 3723
[spincontent type=”j”]

17. ケイト ウィン スレット ベアー ブレイズ ウィン スレット Daily Tohoku

デイリー東北
ケイト ウィン スレット ベアー ブレイズ ウィン スレット

説明: ケイト ウィン スレット ベアー ブレイズ ウィン スレット に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 ケイト ウィン スレット ベアー ブレイズ ウィン スレット はデイリー東北で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 6886
[spincontent type=”j”]

18. ケイト ウィン スレット ベアー ブレイズ ウィン スレット The Eastern Chronicle

イースタン クロニクル
ケイト ウィン スレット ベアー ブレイズ ウィン スレット

説明: イースタン クロニクルで検索した ケイト ウィン スレット ベアー ブレイズ ウィン スレット に関する上記の情報が、ケイト ウィン スレット ベアー ブレイズ ウィン スレット に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 6492
[spincontent type=”j”]

ケイト ウィン スレット ベアー ブレイズ ウィン スレット に関する質問

ケイト ウィン スレット ベアー ブレイズ ウィン スレット についてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。ご質問やご提案はすべて、次の記事の改善に役立てさせていただきます。

記事 ケイト ウィン スレット ベアー ブレイズ ウィン スレット は、私と私のチームがさまざまな情報源から編集したものです。 記事 ケイト ウィン スレット ベアー ブレイズ ウィン スレット が役に立った場合は、チームをサポートしてください。「いいね」または「共有」してください!

検索キーワード ケイト ウィン スレット ベアー ブレイズ ウィン スレット

ケイト ウィン スレット ベアー ブレイズ ウィン スレット
方法ケイト ウィン スレット ベアー ブレイズ ウィン スレット
チュートリアル ケイト ウィン スレット ベアー ブレイズ ウィン スレット
【キーワード】 無料

Có thể bạn quan tâm: