あなたは クノールブレムゼ 商用 車 システム ジャパン 株式 会社 について学んでいます。今日は、インターネット上の多くの情報源から私たちのチームが編集および編集した記事 クノールブレムゼ 商用 車 システム ジャパン 株式 会社 を共有します。 クノールブレムゼ 商用 車 システム ジャパン 株式 会社 に関するこの記事がお役に立てば幸いです。

Page Contents

クノールブレムゼ 商用 車 システム ジャパン 株式 会社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

クノールブレムゼKnorr-Bremse AG

ミュンヘンの本社種類
株式会社市場情報
FWB: KBX略称
KNORR本社所在地
ドイツMoosacher Strase 80, ミュンヘン設立
1905年事業内容
輸送用機械器具製造販売売上高
62億4,000万ユーロ(2017年)従業員数
27,700人(2017年)外部リンク
www.knorr-bremse.jpテンプレートを表示クノールブレムゼ(ドイツ語: Knorr-Bremse AG)は、ドイツ・ミュンヘンに本社を置く輸送用機器製造業。鉄道車両および商用車向けに、ブレーキをはじめとする各種制御システムの製造・販売を行っている。フランクフルト証券取引所上場企業(FWB: KBX)。

事業概要[編集]
「KNORR」(クノール)ブランドで、各種鉄道車両およびトラック・バスなどの商用車向けの以下の製品を製造・販売している。世界30カ国以上に現地法人を持っているが、特にヨーロッパにおける鉄道車両向けのシェアは非常に大きく、システムサプライヤーとしての強みを持つ。売上構成は、鉄道車両部門が52%、商用車部門が48%となっている[1]。なおブレムゼ(Bremse)は、ドイツ語で「ブレーキ」を意味する。

鉄道車両用ブレーキシステム
ドアシステム(車両用およびホームドア)
暖房などの空調装置および付随する電子制御アプリケーション
脱線検知装置
抵抗器、開閉器、高圧測定装置などの制御コンポーネント
ワイパー・洗浄システム
障害検知装置商用車用ブレーキシステム
ダンパー
コンプレッサ
エアドライヤー
トランスミッション制御装置
電子制御システム
バルブ
アクチュエーター
診断システム沿革[編集]
1905年にゲオルク・クノール(Georg Knorr)によってベルリンで設立された[2]、それまでの貨物列車ブレーキでは、各貨車に配置された担当者が信号の合図に基づき一斉にブレーキをかける方式であったが、1918年にプロイセン国鉄に供給開始した自動空気ブレーキのクンツェ=クノールブレーキは、人手がかかり事故発生の多いこの方式を廃し、1920年代には、クノールのブレーキシステムが、ヨーロッパの貨物列車向けエアブレーキの技術標準となるに至った[2]。続いて1931年、新型のHildebrand-Knorr brakeと呼ばれるブレーキを投入、同ブレーキは旅客列車にも使用され、世界17カ国に普及した[2]。また1922年に、商用車向けのエアブレーキシステムの製造販売に参入、トラックと牽引車(トレーラー)すべての車軸に同時にブレーキをかけるシステムは、世界で最初となり、1930年代後半までにドイツの牽引車の約9割にクノールのブレーキシステムが装備された[2]。
第二次世界大戦の終わりと共に従来の施設はソビエト連邦に接収されたが、翌1946年に会社を再建、マーシャル・プランの実施と共にドイツ連邦鉄道から18,000両の貨車の発注があり事業成長、1953年には大型化したトラック向けの自動負荷依存ブレーキシステムを開発、また同年ミュンヘンに本社を移した[2]。1969年にトラック向けのディスクブレーキを開発、1973年にはアメリカ合衆国に子会社を設立、1980年代に貨物列車向けのDB60型ダイレクトリリースコントロールバルブを開発し、同製品は1985年以降、アメリカの長大編成貨物列車に使用開始された[2]。1985年、それまでのKnorr-Bremse GmbHはSüddeutscheBremsen AGと合併し、Knorr-Bremse AGとなった[2]。
1991年に運行開始された高速列車ICE 1にクノールの電空ブレーキが装備される一方、1993年から翌年にかけて会社の事業再編が行われ、鉄道車両部門と商用車部門に分割されることになった[2]。2002年にアメリカのトラック向けブレーキメーカーのBendix Corporationをハネウェルから買収[3]、2007年にEP60型電子制御ブレーキシステムを開発し、アメリカおよび南アフリカ共和国の長大編成貨物列車に使用開始された[2]。2016年にスペインのIcer Railを買収[4]、2017年にフォスロの電気システム事業を買収した[5]。

採用例[編集]
日本以外[編集]
非常に多いため割愛する。

日本[編集]
JR東日本E231系に搭載されているスクリューコンプレッサ
この節の加筆が望まれています。ただし日本は時の鉄道省がウェスティングハウスエアブレーキ(WABCO、現在のWABCOビークル・コントロール・システムズおよびワブテック)のシステムを採用し、互換性の都合上により国内基準装備と化したことからシェアが少なく、ブレーキシステム全体ではさらに少ない。
ブレーキシステムにクノール製品を採用した例としては、1925年に製造された京都電燈デナ1形電車が知られる程度であったが、2011年に東北新幹線E5系のディスクブレーキユニットとして導入された[6][7]。
圧縮機本体・除湿器・オイルフィルターが一体型パッケージになったコンプレッサ単品の採用例が多い。

209系電車以降のJR東日本向け全般(スクリュー式コンプレッサ単品)
東京臨海高速鉄道70-000形電車(スクリュー式コンプレッサ単品)
新京成8900形電車(換装時スクリュー式コンプレッサ単品、機器更新時電気指令式ブレーキシステム一式換装)
京急2100形電車および1000形電車 (2代)(スクリュー式コンプレッサ単品)
京王9000系電車(スクリュー式コンプレッサ単品)
東京都交通局10-300形電車(スクリュー式コンプレッサ単品)など。

日本法人[編集]
商用車部門と鉄道部門で別法人となっている。

クノールブレムゼ商用車システムジャパン株式会社(Knorr-Bremse Commercial Vehicle Systems Japan Ltd.)
本社所在地:〒350-0269 埼玉県坂戸市にっさい花みず木6-22-1
クノールブレムゼ鉄道システムジャパン株式会社(Knorr-Bremse Rail Systems Japan Ltd.)
本社所在地:〒160-0023 東京都新宿区西新宿 6-10-1 日土地西新宿ビル7階
鉄道システムのサービスセンターを坂戸市に持つ。住所は商用車システムのオフィスと同じ。関連項目[編集]
ZFフリードリヒスハーフェン – 商用車向けトランスミッション、ブレーキ大手。2019年、アメリカの商用車向けブレーキメーカー最大手であるワブコ・ビークル・コントロール・システムズを買収した。
クンツェ=クノールブレーキ脚注[編集]

^ “Company Information” (英語). Knorr-Bremse AG. 2019年8月14日閲覧。

^ a b c d e f g h i “Milestone (PDF)” (英語). Knorr-Bremse AG. 2019年8月14日閲覧。

^ “Knorr-Bremse takes over Bendix” (英語). FleetOwner (2002年1月24日). 2019年8月14日閲覧。

^ “Knorr-Bremse to take full ownership of ICER Rail” (英語). レールウェイ・ガゼット・インターナショナル (2016年9月29日). 2019年8月14日閲覧。

^ “Knorr-Bremse completes purchase of Vossloh Electrical Systems” (英語). レールウェイ・ガゼット・インターナショナル (2017年1月31日). 2019年8月14日閲覧。

^ Knorr-Bremse accesses Japanese high-speed market

^ 東北新幹線「はやぶさ」、ブレーキはドイツ製に JR東 – 日本勢、時速320キロに対応できず

外部リンク[編集]

ウィキメディア・コモンズには、クノールブレムゼに関連するカテゴリがあります。クノールブレムゼ(日本語)
クノールブレムゼ鉄道部門ウェブサイト(英語)
グローバルサイト(英語)(ドイツ語)
Knorr-Bremse Group – YouTubeチャンネル(英語)(ドイツ語)表話編歴鉄道のブレーキ技術鉄道のブレーキの種類
踏面ブレーキ
ディスクブレーキ
手ブレーキ
ヘーベルラインブレーキ
蒸気ブレーキ
真空ブレーキ
空気ブレーキ
直通ブレーキ
自動空気ブレーキ
クンツェ=クノールブレーキ
電磁直通ブレーキ
電気指令式ブレーキ
発電ブレーキ
回生ブレーキ
エンジンブレーキ
排気ブレーキ
リターダ
反圧ブレーキ (蒸気)
反圧ブレーキ (空気)
渦電流式ディスクブレーキ
電磁吸着ブレーキ
渦電流式レールブレーキ
空力ブレーキ車外から車両を止める装置
手歯止め
カーキャッチャー
カーリターダー
車止め鉄道用ブレーキシステムメーカー
クノールブレムゼ
ニューヨーク・エア・ブレーキ
ウェスティングハウス・エア・ブレーキ
ウェスティングハウス・ブレーキ・アンド・シグナル
ワブテック
三菱電機
三菱重工業
ナブテスコその他の鉄道ブレーキ関連記事
応荷重装置
遅れ込め制御
過速度検知装置
緩急車
込め不足
純電気ブレーキ
電空協調制御
非常ブレーキ
フラット防止装置
補給制動
抑速ブレーキ
保安ブレーキ
留置ブレーキ
定速運転
制輪子
制動手
表話編歴 ドイツの高速鉄道 列車
営業用
ICE 1(401形)
ICE 2(402形)
ICE 3(403, 406(ドイツ語版), 407形)
ICE TD(605形)
ICE T(411, 415形)
ICE 4(412形)
ICE L
ET403†試作・事業用
シーネンツェッペリン†
InterCityExperimental(英語版)†
ICE S†
KOMET種別・愛称
ICE
ヘルヴェティア
ミュンヘン・ニュルンベルク・エクスプレス
アラースベルクエクスプレス†
メトロポリタン(英語版)†
ルフトハンザ・エアポート・エクスプレス†
ラインゴルト†
プリンツ・オイゲン†
高速路線
NBS(高速新線)
ケルン-ライン=マイン高速線
ニュルンベルク-インゴルシュタット-ミュンヘン高速線
エアフルト-ライプツィヒ/ハレ高速線
ニュルンベルク-エアフルト高速線
ハノーファー-ベルリン高速線
マンハイム-シュトゥットガルト高速線
ハノーファー-ヴュルツブルク高速線
カールスルーエ-バーゼル高速線(英語版)
ヴェンドリンゲン-ウルム高速線(英語版)
シュトゥットガルト-ヴェンドリンゲン高速線(英語版)
ハーナウ-ゲルンハウゼン高速線(英語版)ABS(高速化改良路線)
ベルリン-ハンブルク線
ケルン-アーヘン線
ケルン-デュースブルク線
ドルトムント-ハム線
ハム-ミンデン線
ハノーファー-ミンデン線
ベルリン-レールテ線
ベルリン-ハレ線
ライプツィヒ–ドレスデン線
ニュルンベルク-ヴュルツブルク線
ハノーファー-ハンブルク線
ヴァンネ=アイクル-ハンブルク線
ライン線
マンハイム-フランクフルト・アム・マイン線
フランクフルト-ベーブラ線
ミュンヘン-アウクスブルク線
ニュルンベルク-アウクスブルク線
アウクスブルク-ウルム線
マンハイム-バーゼル線中止
ブライトシュプールバーン†
国際共同
レイルジェット
渡り鳥コース
チザルピーノ†
タリス(現在は乗り入れのみ)
NS International/ICE International(ドイツ語版)
アレオ(フランス語版)
レールチーム
ユーロスターインフラ
ラントリュッケントンネル(英語版)
LZB
Rheda2000
エムスランド実験線†関連企業/団体/人物
インフラ・部品
DBネッツェ
シーメンス・モビリティ
フォスロ
クノールブレムゼ
レールワン(ドイツ語版)
フィアット†運行
DBバーン
DBレギオメーカー
シーメンス・モビリティ(シーメンス)
ボンバルディア・トランスポーテーション(アドトランツ†)
クラウス=マッファイ†デザイン
アレクサンダー・ノイマイスターその他
高速電気鉄道研究協会
国際進出
シーメンス・ヴェラロ
ユーロスターe320 (Velaro e320)
サプサン (Velaro RUS)
レンフェS103 (Velaro ES)
TCDD HT80000 (Velaro TR)
CRH3 (Velaro CN)/CRH380Dボンバルディア・ゼフィロ
Regina
CRH1/CRH380D
ETR400その他
上海トランスラピッド
ラースタチカ
事故
エシェデ鉄道事故
トランスラピッド衝突事故(英語版)
† – 過去に存在したもの
表話編歴DAX 40 ← MDAX 50 構成銘柄(2022年9月19日入替時点)
コメルツ銀行(CBK)
デリバリーヒーロー(DHER)
ラインメタル(RHM)
ルフトハンザドイツ航空(LHA)
LEGイモビリエン(LEG)
GEAグループ(G1A)
カールツァイスメディテック(AFX)
ハローフレッシュ(HFG)
スカウト24(G24)(ドイツ語版)
K+S(SDF)(ドイツ語版)
エボニック・インダストリーズ(EVK)
ベヒツル(BC8)(ドイツ語版)
ヒューゴ・ボス(BOSS)
クノールブレムゼ(KBX)
エボテック(EVT)(ドイツ語版)
CTSエフェンティム(EVD)(ドイツ語版)
ネメチェク(NEM)(ドイツ語版)
アイクストロン(AIXA)(ドイツ語版)
ティッセンクルップ(TKA)
ランクセス(LXS)
ヴァンテージ・タワーズ(VTWR)(ドイツ語版)
フリーネット(FNTN)(ドイツ語版)
アラウンドタウン(AT1)(ドイツ語版)
エンカビス(ECV)(ドイツ語版)
ラショナル(RAA)
テレフォニカ・ドイチェラント・ホールディング(O2D)(ドイツ語版)
タランクス(TLX)(ドイツ語版)
ワッカー・ケミー(WCH)(ドイツ語版)
ユナイテッド・インターネット(UTDI)(ドイツ語版)
フックス・ペトロルブ 優先株(FPE3)(ドイツ語版)
アウグビス(NDA)(ドイツ語版)
フラポート(FRA)
キオングループ(KGX)(ドイツ語版)
TeamViewer(TMV)
TAGイモビリエン(TEG)(ドイツ語版)
ヘラー(HLE)(ドイツ語版)
ゲレシェイマー(GXI)(ドイツ語版)
シュトローアー(SAX)(ドイツ語版)
アドトラン(QH9)(ドイツ語版)
RTLグループ(RRTL)
プロジーベンザット1メディア(PSM)
ソフトウェア・エー・ジー(SOW)(ドイツ語版)
シクスト(SIX2)(ドイツ語版)
ファルタ(VAR1)
スタビラス(STM)(ドイツ語版)
ベフェサ(BFSA)(ドイツ語版)
シルトロニック(SIX2)(ドイツ語版)
デュル(DUE)(ドイツ語版)
ドイチェ・ヴォーネン(DWNI)
ユングハインリッヒ(JUN3)(ドイツ語版)
銘柄入替日時点でのウェイト順
緑字は2022年9月19日入替銘柄
表話編歴 STOXX 600 構成銘柄(2022年9月19日入替時点)金融Financials
銀行Banks
HSBCホールディングス(HSBA)
BNPパリバ(BNP)
サンタンデール銀行(SAN)
ロイズ・バンキング・グループ(LLOY)
INGグループ(INGA)
インテーザ・サンパオロ(ISP)
ノルデア銀行(NDASE)
ビルバオ・ビスカヤ・アルヘンタリア銀行(BBVA)
バークレイズ(BARC)
ウニクレディト(UCG)
ソシエテ・ジェネラル(GLE)
ドイツ銀行(DBK)
スカンジナビスカ・エンスキルダ・バンケン クラスA(SEB A)
スタンダードチャータード銀行(STAN)
DNB(DNB)
カイシャバンク(CABK)
ナットウエスト・グループ(NWG)
KBCグループ(KBC)
スベンスカ・ハンデルスバンケン クラスA(SHB A)
スウェドバンク クラスA(SWED A)
クレディ・アグリコル(ACA)
ダンスケ銀行(DANSKE)
エルステ・グループ・バンク(EBS)
コメルツ銀行(CBK)
アイルランド銀行(BIRG)
ABNアムロ・グループ(ABN)
PKOバンク・ポルスキ(PKO)
サバデル銀行(SAB)金融サービスFinancialServices
UBSグループ(UBSG)
ドイツ取引所(DB1)
ロンドン証券取引所グループ(LSE)
インベストール クラスB(INVE B)
パートナーズ・グループ・ホールディング(PGHN)
EQT(EQT)
クレディ・スイス・グループ(CSGN)
スリーアイ・グループ(III)
ジュリアス・ベア・グループ(BAER)
エクソール(EXO)
グループ・ブリュッセル・ランバート(GBLB)
ユーロネクスト(ENX)
シュローダー(SDR)
アバディーン(ABDN)保険Insurance
アリアンツ(ALV)
チューリッヒ保険グループ(ZURN)
アクサ(CS)
ミュンヘン再保険(MUV2)
プルーデンシャル(PRU)
スイス・リー(SREN)
サンポ(SAMPO)
リーガル&ジェネラル・グループ(LGEN)
スイス・ライフ・ホールディング(SLHN)
ゼネラリ保険(G)
アビバ(AV)
NNグループ(NN)
ハノーバー再保険(HNR1)
エイゴン(AGN)
アジアス(AGS)
ポステ・イタリアーネ(PST)
ストアブランド(STB)
スコール(SCR)
ヘルスケアHealth Care
ロシュ・ホールディング(ROG)
ノバルティス(NOVN)
アストラゼネカ(AZN)
ノボノルディスク クラスB(NOVOB)
サノフィ(SAN)
グラクソ・スミスクライン(GSK)
バイエル(BAYN)
エシロールルックスオティカ(EL)
ロンザグループ(LONN)
アルコン(ALC)
ジェンマブ(GEN)
メルク(MRK)
アルジェニクス(ARGX)
ヘイリオン(HLN)
フィリップス(PHIA)
コロプラスト クラスB(COLOB)
シーメンスヘルシニアーズ(SHL)
ソノヴァ・ホールディング(SOON)
ストローマン(STMN)
ノボザイムズ クラスB(NZYMB)
スミス・アンド・ネフュー(SN)
フレゼニウス(FRE)
キアゲン(QIA)
ザルトリウス 優先株(SRT)
UCB(UCB)
ユーロフィン・サイエンティフィック(ERF)
ザルトリウス・ステディム・バイオテック(DIM)
フレゼニウス・メディカルケア(FME)
クリスチャン・ハンセン・ホールディングス(CHR)
テカングループ(TECN)
ビオメリュー(BIM)
カールツァイスメディテック(AFX)
スウェディッシュ・オーファン・バイオビトラム(SOBI)
ゲティンゲ クラスB(GETI B)
イプセン(IPN)
グリフォルス クラスA(GRF)
GN(GN)
デマント(DEMANT)
アンブ クラスB(AMBU B)資本財Industrials
資本財・サービスIndustrialGoods& Services
シーメンス(SIE)
シュナイダーエレクトリック(SU)
エアバス(AIR)
ABB(ABBN)
Adyen(ADYEN)
サフラン(SAF)
ドイツポスト(DPW)
エクスペリアン(EXPN)
BAEシステムズ(BA)
アトラスコプコ クラスA(ATCO A)
DSVパナルピナ(DSV)
ボルボ クラスB(VOLV B)
ファーガソン(FERG)
アシュテッド・グループ(AHT)
ルグラン(LR)
コネ(KNEBV)
テレパフォーマンス(TEP)
サンドビック(SAND)
SGS(SGSN)
エデンレッド(EDEN)
キューネ・アンド・ナーゲル(KNIN)
タレス(HO)
CNHインダストリアル(CNHI)
ダイムラー・トラック・ホールディング(DTG)
アトランティア(ATL)
レントキル・イニシャル(RTO)
ワールドライン(WLN)
バンズル(BNZL)
A.P. モラー・マースク クラスB(MAERSKB)
エピロック クラスA(EPI A)
プリズミアン(PRY)
Aena(AENA)
スパイラックス・サーコ・エンジニアリング(SPX)
MTUエアロ・エンジンズ(MTX)
シググループ(SIGN)
モンディ(MNDI)
アルファ・ラバル(ALFA)
ロールス・ロイス・ホールディングス(RR)
インターテック・グループ(ITRK)
ゲットリンク(GET)
ビューローベリタス(BVI)
シンドラーグループ 参加証券(SCHP)
ラインメタル(RHM)
スミスグループ(SMIN)
VATグループ(VACN)
アルストム(ALO)
ランスタッド(RAND)
メッツォ・オートテック(METSO)
アデコ(ADEN)
GEAグループ(G1A)
トレルボルグ(TREL B)
メルローズ・インダストリーズ(MRO)
トムラ・システムズ(TOM)
ジョージフィッシャー(FI.N)
バルメット(VALMT)
バルチラ(WRTBV)
ADPグループ(ADP)
IMI(IMI)
レオナルド(LDO)
チューリッヒ空港(FHZN)
クノールレムゼ(KBX)
DKSHホールディング(DKSH)
ネクサンス(NEX)
SAAB クラスB(SAAB B)
ティッセンクルップ(TKA)
ヘイズ(HAS)
ラショナル(RAA)
ロイヤルメール(RMG)建設・資材Construction& Materials
ヴァンシ(DG)
シーカ(SIKA)
CRH(CRG)
ホルシム(HOLN)
サンゴバン(SGO)
アッサ・アブロイ クラスB(ASSA B)
ゲベリット(GEBN)
フェロビアル(FER)
エファージュ(FGR)
ブイグ(EN)
ハイデルベルクセメント(HEI)
ACS(ACS)
アクシオナ(ANA)
シグニファイ(LIGHT)
生活必需品ConsumerStaples
食品飲料・タバコFood Beverage& Tobacco
ネスレ(NESN)
ディアジオ(DGE)
ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BATS)
アンハイザー・ブッシュ・インベブ(ABI)
ペルノ・リカール(RI)
ダノン(BN)
DSM(DSM)
ハイネケン(HEIA)
インペリアル・ブランズ(IMB)
ケリー・グループ(KRZ)
カールスバーグ クラスB(CARL B)
リンツ&シュプルングリー 登録株(LISN)
モウイ(MOWI)
ハイネケン・ホールディング(HEIO)
バリーカレボー(BARN)
アソシエイテッド・ブリティッシュ・フーズ(ABF)
レミーコアントロー(RCO)
ロータス・ベーカリーズ(LOTB)パーソナルケア・食品小売Personal Care Drug& Grocery Stores
ユニリーバ(ULVR)
レキットベンキーザー・グループ(RB)
アホールド・デレーズ(AD)
テスコ(TSCO)
エシティ クラスB(ESSITY B)
バイヤスドルフ(BEI)
カルフール(CA)
オカド・グループ(OCDO)
ハローフレッシュ(HFG)
J.セインズベリー(SBRY)
一般消費財ConsumerDiscretionary
消費財・サービスConsumer Products& Services
モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン(MC)
ロレアル(OR)
リシュモン(CFR)
エルメス・インターナショナル(RMS)
コンパス・グループ(CPG)
ケリング(KER)
アディダス(ADS)
ヘンケル 優先株(HEN3)
モンクレール(MONC)
バーバリー・グループ(BRBY)
スウォッチ・グループ 無記名株(UHR)
プーマ(PUM)
パンドラ(PNDORA)
パーシモン(PSN)
デリバリーヒーロー(DHER)
ユービーアイソフト(UBI)
ヒューゴ・ボス(BOSS)
クリスチャン・ディオール(CDI)
ゲームズワークショップ(GAW)
エレクトロラックス クラスB(ELUX B)
ハスクバーナ クラスB(HUSQ B)
スーリーグループ(THULE)
グループセブ(SK)自動車・自動車部品Automobiles& Parts
メルセデス・ベンツ・グループ(MBG)
ステランティス (STLA)
フォルクスワーゲン 優先株(VOW3)
BMW(BMW)
フェラーリ(RACE)
ミシュラン(ML)
ポルシェ・オートモービル・ホールディング 優先株(PAH3)
ルノー(RNO)
コンチネンタル(CON)
ヴァレオ (FR)
ボルボ・カーズ クラスB(VOLCAR B)
フォルシア(EO)メディアMedia
レレックス・グループ(REL)
ウォルターズ・クルワー(WKL)
ユニバーサル ミュージック グループ (UMG)
ピュブリシス・グループ(PUB)
WPP(WPP)
インフォーマ(INF)
ピアソン(PSO)
ヴィヴェンディ(VIV)小売Retail
インディテックス(ITX)
ネクスト(NXT)
H&M クラスB(HM B)
キングフィッシャー(KGF)
ザランド(ZAL)
B&Mリテール(BME)
マークス&スペンサー(MKS)旅行・娯楽Travel & Leisure
フラッター・エンターテインメント(FLTR)
エボリューションゲーミング・グループ(EVO)
インターコンチネンタルホテルズグループ(IHG)
ソデクソ(SW)
ライアンエアー・ホールディングス(RY4C)
ウィットブレッド(WTB)
アコー (AC)
ルフトハンザドイツ航空(LHA)
フランセーズ・デ・ジュー(FDJ)
インターナショナル・エアラインズ・グループ(IAG)
トゥイ(TUI)
素材Materials
化学Chemicals
リンデ(LIN)
エア・リキード(AI)
BASF(BAS)
ジボダン(GIVN)
シムライズ(SY1)
アクゾノーベル(AKZA)
クローダ・インターナショナル(CRDA)
ブレンターク(BNR)
IMCD(IMCD)
ヤラ・インターナショナル(YAR)
ユミコア(UMI)
ソルベイ (SOLB)
コベストロ(1COV)
アルケマ(AKE)
エムスケミー・ホールディング(EMSN)
ジョンソン・マッセイ(JMAT)
クラリアント(CLN)
エボニック・インダストリーズ(EVK)
ランクセス(LXS)
ビクトレックス(VCT)基礎素材Basic Resources
グレンコア(GLEN)
リオ・ティント(RIO)
アングロ・アメリカン(AAL)
UPM(UPM)
アルセロール・ミッタル(MT)
ストラ・エンソ(STERV)
ノルスク・ハイドロ(NHY)
スベンスカ・セルローサ クラスB(SCA B)
SKF クラスB(SKF B)
SSAB クラスB(SSAB B)
テクノロジーTechnology
ASMLホールディング(ASML)
SAP(SAP)
プロサス(PRX)
インフィニオン・テクノロジーズ(IFX)
キャップジェミニ(CAP)
ダッソー・システムズ(DSY)
STマイクロエレクトロニクス(STM)
アマデウスITグループ(AMS)
ヘキサゴン クラスB(HEXA B)
ASMインターナショナル(ASM)
セージ・グループ(SGE)
Logitech International/ロジクール(LOGN)
テメノス(TEMN)
アヴィバ(AVV)
ジャストイート・テイクアウェイドットコム(TKWY)
ノルディック・セミコンダクター(NOD)
amsオスラム(AMS)エネルギーEnergy
シェル(SHELL)
トタルエナジーズ(TTE)
BP(BP)
エクイノール(EQNR)
Eni(ENI)
ベスタス・ウィンド・システムズ(VWS)
ネステ(NESTE)
レプソル(REP)
スナム(SRG)
シーメンス・エナジー(ENR)
OMV(OMV)
PKNオーレン(PKN)
シーメンスガメサ・リニューアブル・エナジー(SGRE)公益Utilities
イベルドローラ(IBE)
ナショナル・グリッド(NG)
エネル(ENEL)
RWE(RWE)
エンジー(ENGI)
スコティッシュ・アンド・サザン・エナジー(SSE)
E.ON(EOAN)
オーステッド(ORSTED)
ヴェオリア・エンバイロメント(VIE)
EDP(EDP)
テルナ(TRN)
フランス電力(EDF)
レッド・エレクトリカ(REE)
エンデサ(ELE)
セントリカ(CNA)
フォータム(FORTUM)
Naturgy(NAGY)
ペノン・グループ(PNN)通信Telecommu-nications
ドイツテレコム(DTE)
ボーダフォン・グループ(VOD)
ノキア(NOKIA)
テレフォニカ(TEF)
エリクソン クラスB(ERIC B)
Orange(ORA)
セルネックス・テレコム(CLNX)
スイスコム(SCMN)
BTグループ(BTA)
KPN(KPN)
テリア(TELIA)
エリサ(ELISA)
テレノール(TEL)
テレ2 クラスB(TEL2 B)
SES(SESG)
テレコム・イタリア(TIT)
プロキシマス(PROX)不動産Real Estate
ヴォノヴィア(VNA)
セグロ(SGRO)
ウニベイル・ロダムコ・ウェストフィールド(URW)
LEGイモビリエン(LEG)
ランド・セキュリティーズ・グループ(LAND)
ジェシナ(GFC)
クレピエール(LI)
コフィニモ(COFB)
各セクター内は銘柄入替日時点のウェイト順
.mw-parser-output .asboxposition:relative;overflow:hidden.mw-parser-output .asbox tablebackground:transparent.mw-parser-output .asbox pmargin:0.mw-parser-output .asbox p+pmargin-top:0.25em.mw-parser-output .asboxfont-size:90%.mw-parser-output .asbox-notefont-size:90%.mw-parser-output .asbox .navbarposition:absolute;top:-0.75em;right:1em;display:none
この項目は、鉄道に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(P:鉄道/PJ鉄道)。
典拠管理
BNF: cb15060701c (データ)
GND: 4476494-7
ISNI: 0000 0001 2201 9835
LCCN: n82029132
NKC: osa2010601941
VIAF: 168171818
WorldCat Identities: lccn-n82029132

「https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=クノールブレムゼ&oldid=85912992」から取得
カテゴリ: フランクフルト証券取引所上場企業ドイツの自動車部品サプライヤー自動車ブレーキメーカードイツの多国籍企業ミュンヘンの企業1905年設立の企業隠しカテゴリ: 書きかけの節のある項目日本語版記事がリダイレクトの仮リンクを含む記事鉄道関連のスタブ項目BNF識別子が指定されている記事GND識別子が指定されている記事ISNI識別子が指定されている記事LCCN識別子が指定されている記事NKC識別子が指定されている記事VIAF識別子が指定されている記事WORLDCATID識別子が指定されている記事

評価: 4~5 つ星
レビュー: 20 15
再生回数: 70 94
[spincontent type=”j”]

Youtube

2. クノールブレムゼ 商用 車 システム ジャパン 株式 会社 Yomiuri

Yomiuri
クノールブレムゼ 商用 車 システム ジャパン 株式 会社

説明: クノールブレムゼ 商用 車 システム ジャパン 株式 会社 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 クノールブレムゼ 商用 車 システム ジャパン 株式 会社 は、読売で検索されたもので、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 7109
[spincontent type=”j”]

3. クノールブレムゼ 商用 車 システム ジャパン 株式 会社 Asahi Shimbun

朝日新聞
クノールブレムゼ 商用 車 システム ジャパン 株式 会社

説明: 朝日新聞で検索した クノールブレムゼ 商用 車 システム ジャパン 株式 会社 に関する上記の情報が、クノールブレムゼ 商用 車 システム ジャパン 株式 会社 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 6451
[spincontent type=”j”]

4. クノールブレムゼ 商用 車 システム ジャパン 株式 会社 The Japan Times

The Japan Times
クノールブレムゼ 商用 車 システム ジャパン 株式 会社

説明: ジャパン タイムズで検索した クノールブレムゼ 商用 車 システム ジャパン 株式 会社 に関する記事のトップです。クノールブレムゼ 商用 車 システム ジャパン 株式 会社 に関する疑問を解決するのに役立ちます。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 5467
[spincontent type=”j”]

5. クノールブレムゼ 商用 車 システム ジャパン 株式 会社 Yomiuri Shimbun

読売新聞
クノールブレムゼ 商用 車 システム ジャパン 株式 会社

説明: クノールブレムゼ 商用 車 システム ジャパン 株式 会社 に関する詳細情報はすでにありますか? クノールブレムゼ 商用 車 システム ジャパン 株式 会社 という記事が読売新聞で検索されました。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 7463
[spincontent type=”j”]

6. クノールブレムゼ 商用 車 システム ジャパン 株式 会社 Mainichi Shimbun

毎日新聞
クノールブレムゼ 商用 車 システム ジャパン 株式 会社

説明: 毎日新聞で見つけた クノールブレムゼ 商用 車 システム ジャパン 株式 会社 に関する上記の情報が、クノールブレムゼ 商用 車 システム ジャパン 株式 会社 に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 4201
[spincontent type=”j”]

7. クノールブレムゼ 商用 車 システム ジャパン 株式 会社 Sankei Shimbun

産経新聞
クノールブレムゼ 商用 車 システム ジャパン 株式 会社

説明: 産経新聞で検索した クノールブレムゼ 商用 車 システム ジャパン 株式 会社 に関する記事のトップです。クノールブレムゼ 商用 車 システム ジャパン 株式 会社 に関する疑問を解決するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 1488
[spincontent type=”j”]

8. クノールブレムゼ 商用 車 システム ジャパン 株式 会社 Nihon Keizai Shimbun

日本経済新聞
クノールブレムゼ 商用 車 システム ジャパン 株式 会社

説明: クノールブレムゼ 商用 車 システム ジャパン 株式 会社 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 クノールブレムゼ 商用 車 システム ジャパン 株式 会社 は、日本経済新聞で検索され、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 2579
[spincontent type=”j”]

9. クノールブレムゼ 商用 車 システム ジャパン 株式 会社 Chunichi Shimbun

中日新聞
クノールブレムゼ 商用 車 システム ジャパン 株式 会社

説明: 中日新聞で検索した クノールブレムゼ 商用 車 システム ジャパン 株式 会社 に関する上記の情報が、クノールブレムゼ 商用 車 システム ジャパン 株式 会社 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 4674
[spincontent type=”j”]

10. クノールブレムゼ 商用 車 システム ジャパン 株式 会社 Tokyo Shimbun

東京新聞
クノールブレムゼ 商用 車 システム ジャパン 株式 会社

説明: クノールブレムゼ 商用 車 システム ジャパン 株式 会社 に関する質問を解決するために、東京新聞で検索した クノールブレムゼ 商用 車 システム ジャパン 株式 会社 に関する記事のトップです。
評価: 4~5 つ星
評価: 3895
[spincontent type=”j”]

11. クノールブレムゼ 商用 車 システム ジャパン 株式 会社 Nihon Kogyo Simbun

日本工業新聞
クノールブレムゼ 商用 車 システム ジャパン 株式 会社

説明: クノールブレムゼ 商用 車 システム ジャパン 株式 会社 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 クノールブレムゼ 商用 車 システム ジャパン 株式 会社 は日本工業新聞で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 5440
[spincontent type=”j”]

12. クノールブレムゼ 商用 車 システム ジャパン 株式 会社 Nikkan Kogyo Shimbun

日刊工業新聞
クノールブレムゼ 商用 車 システム ジャパン 株式 会社

説明: 日刊工業新聞で見つけた クノールブレムゼ 商用 車 システム ジャパン 株式 会社 に関する上記の情報が、クノールブレムゼ 商用 車 システム ジャパン 株式 会社 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 2657
[spincontent type=”j”]

13. クノールブレムゼ 商用 車 システム ジャパン 株式 会社 Ainu Times

アイヌタイムス
クノールブレムゼ 商用 車 システム ジャパン 株式 会社

説明: アイヌ タイムズで検索した クノールブレムゼ 商用 車 システム ジャパン 株式 会社 に関する記事のトップです。クノールブレムゼ 商用 車 システム ジャパン 株式 会社 に関する質問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 3628
[spincontent type=”j”]

14. クノールブレムゼ 商用 車 システム ジャパン 株式 会社 Akita Sakigake Shimpo

秋田魁新報
クノールブレムゼ 商用 車 システム ジャパン 株式 会社

説明: クノールブレムゼ 商用 車 システム ジャパン 株式 会社 に関する詳細情報はすでにありますか? クノールブレムゼ 商用 車 システム ジャパン 株式 会社 という記事は、秋田魁新報で検索したものです。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 79 11
[spincontent type=”j”]

15. クノールブレムゼ 商用 車 システム ジャパン 株式 会社 Chiba Nippo

千葉日報
クノールブレムゼ 商用 車 システム ジャパン 株式 会社

説明: 千葉日報で検索した クノールブレムゼ 商用 車 システム ジャパン 株式 会社 に関する上記の情報が、クノールブレムゼ 商用 車 システム ジャパン 株式 会社 に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 8984
[spincontent type=”j”]

16. クノールブレムゼ 商用 車 システム ジャパン 株式 会社 Chugoku Shimbun

中国新聞
クノールブレムゼ 商用 車 システム ジャパン 株式 会社

説明: 中国新聞で検索した クノールブレムゼ 商用 車 システム ジャパン 株式 会社 に関する記事のトップです。クノールブレムゼ 商用 車 システム ジャパン 株式 会社 に関する疑問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 4532
[spincontent type=”j”]

17. クノールブレムゼ 商用 車 システム ジャパン 株式 会社 Daily Tohoku

デイリー東北
クノールブレムゼ 商用 車 システム ジャパン 株式 会社

説明: クノールブレムゼ 商用 車 システム ジャパン 株式 会社 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 クノールブレムゼ 商用 車 システム ジャパン 株式 会社 はデイリー東北で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 8127
[spincontent type=”j”]

18. クノールブレムゼ 商用 車 システム ジャパン 株式 会社 The Eastern Chronicle

イースタン クロニクル
クノールブレムゼ 商用 車 システム ジャパン 株式 会社

説明: イースタン クロニクルで検索した クノールブレムゼ 商用 車 システム ジャパン 株式 会社 に関する上記の情報が、クノールブレムゼ 商用 車 システム ジャパン 株式 会社 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 60 14
[spincontent type=”j”]

クノールブレムゼ 商用 車 システム ジャパン 株式 会社 に関する質問

クノールブレムゼ 商用 車 システム ジャパン 株式 会社 についてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。ご質問やご提案はすべて、次の記事の改善に役立てさせていただきます。

記事 クノールブレムゼ 商用 車 システム ジャパン 株式 会社 は、私と私のチームがさまざまな情報源から編集したものです。 記事 クノールブレムゼ 商用 車 システム ジャパン 株式 会社 が役に立った場合は、チームをサポートしてください。「いいね」または「共有」してください!

検索キーワード クノールブレムゼ 商用 車 システム ジャパン 株式 会社

クノールブレムゼ 商用 車 システム ジャパン 株式 会社
方法クノールブレムゼ 商用 車 システム ジャパン 株式 会社
チュートリアル クノールブレムゼ 商用 車 システム ジャパン 株式 会社
【キーワード】 無料

Có thể bạn quan tâm: