あなたは ギルティ 悪魔 と 契約 した 女 原作 について学んでいます。今日は、インターネット上の多くの情報源から私たちのチームが編集および編集した記事 ギルティ 悪魔 と 契約 した 女 原作 を共有します。 ギルティ 悪魔 と 契約 した 女 原作 に関するこの記事がお役に立てば幸いです。

ギルティ 悪魔 と 契約 した 女 原作

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

この存命人物の記事には検証可能な出典が不足しています。信頼できる情報源の提供に協力をお願いします。存命人物に関する出典の無い、もしくは不完全な情報に基づいた論争の材料、特に潜在的に中傷・誹謗・名誉毀損あるいは有害となるものはすぐに除去する必要があります。出典検索?: “唐沢寿明” – ニュース · 書籍 · スカラー · CiNii · J-STAGE · NDL · dlib.jp · ジャパンサーチ · TWL(2017年1月)からさわ としあき唐沢 寿明本名
唐沢 潔別名義
唐沢 潔(旧芸名)生年月日
(1963-06-03) 1963年6月3日(59歳)出生地
日本 東京都台東区身長
175 cm血液型
A型職業
俳優、タレントジャンル
テレビドラマ、映画、舞台活動期間
1980年 -配偶者
山口智子(1995年 – )事務所
研音公式サイト
唐沢寿明オフィシャルサイト主な作品
テレビドラマ『純ちゃんの応援歌』『愛という名のもとに』『ホームワーク』『妹よ』『ラブコンプレックス』『利家とまつ〜加賀百万石物語〜』『白い巨塔』『不毛地帯』『ルーズヴェルト・ゲーム』『ナポレオンの村』『とと姉ちゃん』『ラストコップ』『ボイス 110緊急指令室』『エール』『24 JAPAN』映画『ハロー張りネズミ』『おいしい結婚』『ラヂオの時間』『みんなのいえ』『CASSHERN』『20世紀少年』『ラストコップ THE MOVE 』吹き替え『トイ・ストーリー』シリーズ
 受賞日本アカデミー賞
優秀主演男優賞1997年『ラヂオの時間』新人俳優賞1991年『ハロー張りネズミ』『おいしい結婚』その他の賞
キネマ旬報ベストテン新人男優賞1991年『おいしい結婚』高崎映画祭最優秀主演男優賞2004年『CASSHERN』テンプレートを表示唐沢 寿明(からさわ としあき、1963年〈昭和38年〉6月3日[1] – )は、日本の俳優。別名義は唐沢潔(旧芸名)[2][3]。東京都台東区[1]出身。研音所属[4]。 東京都立蔵前工業高等学校中退[5]。妻は女優の山口智子。

略歴[編集]
1963年(昭和38年)6月3日、東京都台東区で3人兄弟の次男として生まれる[6]
。5,6歳の時、映画で見たブルース・リーに憧れ役者を志す[7]。16歳で東映アクションクラブ(当時最年少)四期生として入所[8]。高校は2年で中退する[9]。不仲だった両親と喧嘩の末、家を出て伯母の家に居候する[10]。
東映では刑事ドラマのエキストラや仮面ライダーシリーズの敵役スーツアクターとして活動。しかし2年後、「ここでは役者になれない」と仲間に言ったのが原因でクラブを解雇される[11]。その後、舞台やショーパブ、様々なアルバイトを経験する[12]。ホリプロにスカウトされて歌手デビューを勧められ、自分のためにホリプロを退社した上役とレコード会社まわりをしていたこともあるが、役者志望であることを理由に決裂する[13]。
舞台『ボーイズレビュー・ステイゴールド』のオーディションに合格したのをきっかけに、三生社(社長は俳優橋爪功の最初の妻)に所属。社長からポロシャツとVネックセーターをプレゼントされ、さわやかな青年風にイメージを変える[14]。また芸名を「寿明」とする[15]。
1988年、NHK朝の連続テレビ小説『純ちゃんの応援歌』に主役の山口智子の弟役で出演。1989年、大河ドラマ『春日局』に出演。織田裕二、吉田栄作と並ぶ若手俳優として注目される[16]。テレビドラマ『男について』で共演した浅野ゆう子に声をかけられ、現所属事務所の研音に所属[17]。
1992年、テレビドラマ『愛という名のもとに』でトレンディ俳優としてブレイク[18]。
1995年12月13日、山口智子との電撃入籍が報じられ、15日に二人で記者会見を行い、結婚を公表した。山口とは『純ちゃんの応援歌』以来交際を続けていた[19]。
1998年、自叙伝『ふたり』を発売、ベストセラーになる。

人物[編集]
芸名の「寿明」は三生社所属時に、社長が占い師に相談し、名づけたものである。この時からしばらく年齢を2歳若く偽っていたが、取材やトーク番組でつじつまをあわせるのに苦労したという[5]。
デビュー当初は、東映の『仮面ライダーシリーズ』『スーパー戦隊シリーズ』などの特撮番組に脇役やスーツアクターとして出演がほとんどだった。また、東映では斬られ役や吹き替え、スーツアクターなどのほか、照明や衣装のアシスタントなどの裏方も務めていた。ショッカー役をやっていたことはネタにされることがある[20]。
コンビニエンスストアやショーパブ、結婚式場でのドライアイス係、チラシモデル、ラーメン屋など、駆け出し当時のアルバイト経験は豊富である。
菓子、デザート、佃煮などの甘いものが嫌いで、好物は納豆、ハンバーグ、伴麺、餃子などがある。
現在の趣味は「ブルース・リー、車(クラッシックカー)、食事」のみであるそうだが、30代にゲーム「ストリートファイターⅡ」にハマりすぎ、集中しすぎて呼びかけに答えなかったり、親指を脱臼したりなどし、約束していた来客の応対もなおざりでゲームに熱中したため、最終的にゲームすべてを妻に捨てられてしまったというエピソードを持つ。捨てられてしまってからはゲームはしていない。
30代後半にスロットレーシングカーを趣味にしていた時期もあり、その際に使用するラジコンも精巧なものを多数自作していた。その際、スプレーインクを使用しすぎて壁に色が付き、妻に怒られて以後制作する際は換気扇の下にずっといたという。
中学2年生で榊原郁恵の大ファンになり、FC番号は「A-2191」。「丸顔ですこし田舎っぽい顔が好き。とにかく丸いものが好き」と好みのタイプを語っている。車のタイプも丸いラインのものが好きだという。
小学生時はリトルリーグ(硬式野球)のチームに入っていたが相手ピッチャーの球速が速かったためすぐに諦め、その後ブルースリーに憧れていたことから少林寺拳法を習っていた。
なぜか妻から「ゴルフをやったら離婚する」と言われているのでゴルフをしたことはない。
車が趣味であるが、遊園地の乗り物は苦手で「男だから乗る必要がない」と述べている。
怖いものはおばけ。しかし一度も見たことはないという。犬も苦手である。
家庭では家事は分担制で、「自分はまったく料理はできないので、料理を作ってもらったら洗い物は全部する。掃除・洗濯は気がついたほうがする」と度々番組で述べている。
妻の山口智子も「洗い物は全部唐沢さんがやってくれる」と番組で発言している。

特撮との関わり[編集]
東映アクションクラブ所属時代は特撮番組への出演が主だった。スーツアクターを描いた映画『イン・ザ・ヒーロー』への出演はスーツアクター経験を持つゆえであり、出演に際し5か月間の肉体改造を行いアクション撮影に挑んだ[21]。親交の深い及川光博から映画で仮面ライダー3号を演じることを報告された際には、「何だよ! スケジュールの都合が合ったら出たのに! ライダーマン役で!」と返したという[22]。
特撮への思い入れから『ヒーローを作った男 石ノ森章太郎物語』には企画主旨に賛同し制作側の熱望に応える形で、ショッカー戦闘員役として特別出演した[23][24]。

爽やか路線[編集]
当時の所属事務所社長のアドバイスによりTシャツに革ジャンからポロシャツにセーターという爽やかな青年風に路線変更した。当初は軟弱で嫌いな男のイメージだったが、周囲の評判も良く、役者としての突破口になった[5]。
1992年の人気ドラマ『愛という名のもとに』で演じたエリート好青年の役で一気にブレイクし、雑誌の特集などで「爽やか」「好青年」という代名詞が付くことが多くなって女性ファッション誌の人気ランキングにランクインするなど、1990年代は当時のいわゆる人気若手俳優の1人といった存在だった[25]。

趣味・特技[編集]
ブルース・リーへの思い入れは強く、中野英雄の自宅に唐沢が来て一緒に「ドラゴンへの道」、「燃えよドラゴン」を鑑賞した時に唐沢はアクションシーンで叫んだり英語でセリフも覚えており、中野もブルース・リーに詳しいつもりだったがレベルが違ったと自身の公式ブログでエピソードを紹介した[26]。関連グッズも多数所有している。
プライベートでは熱心な自動車愛好家としても知られ、特にヒストリックカーの分野ではトヨタ・2000GTの後期型、フェラーリ・F355、アストンマーティン・DB4、ポルシェ・356、フォルクスワーゲン・ビートルを所有し[27]、ヒストリックカー専門誌の取材も受けている。2000GTについてはトヨタの協力を得てオープンカー(ロードスター)仕様に改造した車も所有していたが、こちらは2021年にトヨタ博物館に寄贈した[28]。このように上質なコレクションを持つ一方、自らのドライビングで積極的に各種ラリーイベントにも参加している。JAF国内A級ライセンスを取得しサーキットレースにも参加するなどの活動により、大衆への自動車文化の流布に多大なる貢献を果たしている。
歌唱力が高い事でも知られており、『輝け隣太郎』にてOP樹木希林とのデュエット曲「ふたりのすべて」(CDシングル化)、『トイ・ストーリー2』にて挿入歌「君はともだち」のウッディ・バージョン、『20世紀少年』にて「Kenji」名義で「Bob Lennon」も歌っている。

交友関係[編集]
真田広之のトークイベントにゲスト出演した際、無名の頃に真田の主演舞台の裏方をした時のエピソードを披露、以降も親交がある。集合時間の3時間前から現場入りして、ストイックに仕事に打ち込む真田の姿に感動した唐沢は、同時に彼の体調を心配し、誰からも頼まれていないのにいつでも代役が務められるようにと、真田より早い4時間前から現場に入り、セリフを完璧に覚えていた。真田も、その懸命な唐沢の存在に気づいていたという[29]。
「白い巨塔」で共演した西田敏行とは食事に行く仲で、60歳を過ぎてもエンターテインメントの第一線で活躍している点など心から尊敬しているという[30]。
雑誌のインタビューで、「いい男とは?」という質問に「渡辺謙」と即答している[31]。
下積み時代に十二世市川團十郎の実妹(市川壽紅)に日本舞踊を習っていたことから、十二世團十郎の息子の市川海老蔵のことは彼の小学生時代からよく知っているという[32]。
山崎豊子が死去した翌日、数年ぶりに白い巨塔の制作に関わったスタッフとの食事会を予定していたという唐沢は、「久しぶりに当時を振り返り、思い出話ができると思っていた矢先、山崎先生の突然の訃報を受けて、本当に言葉がありません」と悲痛な胸の内を明かした[33]。
及川光博とは大河ドラマから、谷原章介とは連続ドラマ小早川伸木の恋から、長谷川博己とは蜷川舞台冬物語から、宇多田ヒカルとは映画CASSHERNから、窪田正孝とは連続ドラマラストコップから、広瀬アリスとは連続ドラマハラスメントゲームから親交があり、飲み友達である。飲み会のセッティングはほぼ唐沢が行い、払いも唐沢である。
また、この会は人見知りをまったくしない唐沢が撮影現場等で行き当たりばったりに出会った人を誘って開かれる飲み会で「芸能界がんばって生き残ろう会(通称・唐沢会)」と命名されている。
他にも有名・無名、先輩・後輩を問わず、俳優・芸人・アイドル・歌手・一般人等幅広い参加メンバーであるが、会のレギュラーメンバーは及川光博と谷原章介である。その交友関係の広さから、友情出演も多い。

エピソード[編集]
結婚[編集]
1988年放送のNHK連続テレビ小説『純ちゃんの応援歌』の共演が交際のきっかけ。唐沢は山口の第一印象を「デカイ女」と思ったとのこと[5]。また、山口は唐沢の第一印象を「日本一、顔の小さい男だと思った。握り拳くらいしかない」と結婚後に雑誌インタビューで語っている。この作品がデビュー作で初主演の山口は、舞台や東映の特撮スーツアクター、スタントや声の吹き替えなどで既に下積み経験の長い唐沢に「女優としてやっていく自信がない」などと撮影の合間にたびたび悩みを打ち明けていた。週5日の大阪での撮影中、二人はホテルの内線電話でよく話をするようになったという。撮影終盤のクリスマスに山口からプレゼントを贈られたことや打ち上げの会場に向かう車で初めて二人きりになったことなども著書に綴っている。また、1992年元日放送の『平成あっぱれテレビ』では、山口とともにグアム島から生中継リポーターを務めた。
1992年、ガムテープと手錠とカメラを持った二人組の男が宅配業者を装って山口の自宅マンションに侵入する事件が発生。この時唐沢が部屋にいたことで唐沢が暴漢を撃退しことなきを得たが、この事件で二人の交際が発覚した。事件そのものの衝撃とマスコミの取材攻勢で神経がくたくただったが、山口が受けたショックを思うと参ってはいられなかったと著書で振り返っている。
連続ドラマ『輝け隣太郎』出演時に共演の樹木希林に結婚のことを相談していた。すでに長い交際期間で「結婚しているのと変わらないんだから」と先延ばしにしていたが、樹木希林から「いつでもいいなんて言っていたら、きりがないんだから、さっさと結婚してしまいなさいよ」とハッパをかけられ、いい物件があると不動産屋も紹介してくれたと著書「ふたり」で述べている。現在の自宅はその時の物件である。
1995年12月13日のスポーツ新聞の一面に入籍報道が載ったがその翌々日の15日に入籍・記者会見の予定だったことから驚きはしなかったという。1995年12月15日、7年間の交際を経て山口智子と入籍、翌々日にフジテレビにて二人で記者会見を行った。
記者会見でお互いどんなところが良かったのかという芸能レポーターの質問に唐沢は「普通の感じの女性で、家のこともちゃんとやる人だから」「料理が上手」「笑顔が素敵」などと答え、山口は「世界で一番幸せだと思っています」「仕事に対する姿勢を尊敬しています」などと答えていた。結婚でショックを受けたお互いのファンに対してどう思うかと聞かれると「たまに貸し出しますよ」と答えるなど、終始、唐沢が芸能レポーターたちを笑わせる会見となった。また、唐沢は同じ日に放送された明石家さんまの番組『生さんま みんなでイイ気持ち!』に出演し、さんまのインタビューを受け、交際中の秘話や結婚までの道のりを語った。さんまの事務所の女性スタッフが唐沢の大ファンでショックを受けているとさんまに言われると「ありがたいことです。だけど、もういい大人なんで」と答えていた。
結婚以降、山口は女優活動をセーブしているが2005年にゲスト出演した『スタジオパークからこんにちは』で司会のアナウンサーに「奥様はお元気ですか?『家にいろよ』とかおっしゃっているんですか?」と聞かれ、「それは無いです。良かったら何かドラマの企画書を出して下さい」と答えていた。一方、山口は近年、芸術・美術やそれらに携わる職人に関する活動を熱心に行っており、2010年に自身がナビゲーターを務めた職人技を紹介する番組でスポーツ新聞の取材に対し「美術やアートって聞くと、見事に聞き流されますね」「彼の興味は役者の仕事と車。2点集中主義の人生がいいみたい」「彼も『職人』なんだと思うようになった」と語り、2013年5月号の雑誌『美ST』のインタビューでは「いい主人に巡り合えて本当に幸せ。人生を豊かにしてくれて、心から感謝してる」「彼と歩む人生はとても楽しいです」と唐沢について語っている。

「白い巨塔」に関するエピソード[編集]
2003年のドラマ『白い巨塔』主演の際、唐沢と山崎の初顔合わせとなった食事の席(プロデューサーも同席)で原作者の作家山崎豊子に 「財前役をやるなんていい度胸してるわね。あなた大丈夫?」と言われた。当初山崎は、役のイメージに合わないという理由で唐沢が財前役を演じることに難色を示していたが、食事が進むにつれ「あなた面白い男だね。」と気に入り、唐沢の起用に納得したというプロデューサーの後日談がある。ドラマを見た山崎は 「あなたが財前で良かった。素晴らしかった。感動しました」と唐沢を評価した[34]。また、同じく山崎豊子原作の『不毛地帯』をドラマ化したいとプロデューサーが山崎に許可を貰いに行った際、山崎は「唐沢くんでよろしくね」と述べ、6年後にドラマ化され主演した[35]。
『白い巨塔』では主演財前五郎のNGシーンの放出がなく、宣伝効果の高い超大型連続ドラマにもかかわらず出演CMが入らなかったことから、唐沢の意向ではないかと囁かれていたが、前半と後半の間には主演映画「嗤う伊右衛門」の宣伝活動を行っており、SMAP×SMAP新年特番に出演した際、いつも通り軽快に話す唐沢が突然「今ちょっとプロデューサーから注意された」「喋らないでって言われているんでね。あまり喋りません!すいません!普段はとっても面白いんだけど」と発言していることから、白い巨塔放送中の様々な制限に関しては唐沢も同意したと思われるが主に白い巨塔制作陣の意向だったようだ。

トイ・ストーリーシリーズ[編集]
シリーズではゲームなど一部を除き、第1作から一貫して主人公ウッディ・プライド(原語版声優はトム・ハンクス)の吹き替えを担当している。よくウッディと顔立ちが似ているため「リアル・ウッディ」と言われ、これについて唐沢は「すごく嬉しいけど俳優としてはウッディに顔が似ていたら困るよね(笑)」「でも俳優としての自分の立ち位置とウッディの立ち位置は似ている気がします」と語っている[36]。また、「声優(としての仕事)はウッディだけと決めているんです。子どもたちにウッディって呼ばれることも多いし、嬉しいですね」と語っているが[37]、過去には他にも複数声優経験はある。
作品については「正直、ここまで愛される人気シリーズになるとは思っていなかった」と語っており、また「(シリーズの)何が良いかって、おもちゃたちや持ち主はもちろん、観客が大切なことを学びながら、成長できる点だと思うんですよ」と発言している[37]。

その他のエピソード[編集]
無名時代にショーパブでアルバイトしていた際、東京放送(TBS)の音楽プロデューサーを務めていた砂田実の娘の引き立てで、TBSの『テレビ探偵団』に番組ギャラリーとして出演することになった[38]。
2008年3月10日、平成19年度芸術選奨の演劇部門で文部科学大臣新人賞を受賞し、都内で行われた贈呈式に出席した。
2011年2月公開の映画『太平洋の奇跡』に元ヤクザの軍人役で出演。役作りの為、唐沢自らの提案でスキンヘッドにしたり鳥ささみ中心の食生活に変えて本格的な筋力トレーニングを行って撮影に臨んだ[39]。
2012年1月からWOWOWで放送された世界初の日本・韓国・中国合作のサスペンス・アクションドラマ『Strangers 6』に主演[40]。
このドラマで共演した黄川田将也によると、唐沢は英語が堪能で、韓国・中国の共演者と英語で会話し、黄川田と共演者が話す際に唐沢が通訳をしたという[41]。

出演[編集]
※作品名が太字のものは主演

テレビドラマ[編集]
大激闘マッドポリス’80 第10話「処刑儀式」(1980年7月22日、日本テレビ) – 女装麻薬パーティー参加者 ※エキストラ出演(ノンクレジット)
爆走!ドーベルマン刑事(1980年4月7日 – 10月27日、テレビ朝日)※エキストラ出演
警視庁殺人課 第18話「ハイウェイ殺人事件・死の運び屋」(1981年8月10日、テレビ朝日)※エキストラ出演
太陽戦隊サンバルカン 第28話(1981年2月7日 – 1982年1月30日、テレビ朝日) – 警備員 ※エキストラ出演
特捜最前線 第218話「窓際警視が愛した女教師!」(1981年7月8日ほか、テレビ朝日) – 予備校生、チンピラ ※エキストラ出演 ※ほかにも多数のエキストラ(警官・野次馬・犯人に取材する記者役など)81年のシーズンは相当エキストラをやったと本人がインタビュー記事やインザヒーローのパンフレットで明かしている。
大戦隊ゴーグルファイブ 第7話(1982年3月20日、テレビ朝日) – 東日本太陽熱発電所 研究員 ※唐沢きよし名義
宇宙刑事ギャバン 第10話(1982年5月28日、テレビ朝日)- 洗脳される剣道部員
渓流釣りシリーズ 奥多摩殺人渓谷 釣部渓三郎の推理〝釣れない魚の謎〟(1982年11月13日、テレビ朝日) – 池上季実子のスキースタント、登山者A ※エキストラ出演(ノンクレジット)
三毛猫ホームズの狂死曲・バイオリン連続殺人(1982年12月25日、テレビ朝日) – コンクール出場者 大野 ※唐沢きよし名義
10号誕生!仮面ライダー全員集合!!(1984年1月3日、毎日放送) – ライダーマン(スーツアクターとして)、獣人大ムカデ(声) (ノンクレジット)
ヤヌスの鏡(1985年12月4日 – 1986年4月16日、フジテレビ)※エキストラ出演(ノンクレジット)
ピンクのラブソング(1986年1月27日、フジテレビ)※エキストラ出演
天使のアッパーカット(1986年6月24日 – 10月14日、TBS)※エキストラ出演(ノンクレジット)
アリエスの乙女たち 第1~4話、6話(1987年4月8日 – 4月29日・5月13日、フジテレビ) – 宮崎守
連続テレビ小説(NHK)
純ちゃんの応援歌(1988年10月3日 – 1989年4月1日、NHK) – 林雄太
とと姉ちゃん 第69話、79話、83話~156話(2016年6月22日・7月4日・7月8日 – 10月1日、NHK) – 花山伊佐次 役[42]
エール(2020年3月30日 – 11月27日、NHK) – 古山三郎役[43]
とっておきの青春(1988年1月6日 – 3月23日、NHK) – 田ノ上旬介 [44]
大河ドラマ(NHK)
春日局 第28話~第43回(1989年7月16日 – 10月29日、NHK) – 稲葉正勝
利家とまつ〜加賀百万石物語〜[45](2002年) – 主演・前田利家
功名が辻 第39話「秀吉死す」(2006年10月1日、NHK) – 前田利家
アイラブユーからはじめよう(1989年4月7日 – 6月16日、TBS)
男を金⁽きん⁾にする女(1990年1月7日、TBS)
函館のおんな・23歳 あぶない恋の帰省旅行、函館-江差-ニセコ(1990年1月9日、テレビ朝日) – 田中
トップスチュワーデス物語 第1話、10話(1990年4月17日・6月26日、TBS) – 整備士・小川
神谷玄次郎捕物控(1990年6月20日 – 9月19日、フジテレビ) – 同心・鳥飼道之丞
愛の時間(1990年6月24日、TBS)
ふるさと発ドラマシリーズ スカッブラ(1990年8月13日、NHK)
男について(1990年10月12日 – 12月21日、TBS)
三婆’91(1991年1月4日、テレビ東京)
結婚の理想と現実(1991年1月10日 – 3月21日、フジテレビ) – 鷺宮病院医師・日高理
秋桜―COSMOS―(1991年8月2日、NHK)
渡る世間は鬼ばかり 第1シリーズ 第17話、第22話~最終49話(1990年10月11日 – 1991年9月26日、TBS) – 竹原洋次
結婚の行方(1991年6月11日、日本テレビ) – 桐原宗彦
仙人のいたずら オムニバス第2話「笑顔の裏」(1991年6月24日、TBS)
竹内まりや女のドラマスペシャル オンナって不思議 オムニバス第1話「ロストバージン」(1991年9月27日、TBS)
クリスマス・イヴからはじめよう(1991年10月4日、TBS) – 井上芳彦
源義経(1991年12月31日、日本テレビ) – 平教盛
マコトノハナシ オムニバス第4話「初笑い」(1992年1月4日、NHK GTV) – 小話主演・金持ちのお抱え運転手
愛という名のもとに(1992年1月9日 – 3月26日、フジテレビ) – 高月健吾
ドラマシティー’92 愛は仁義(1992年4月9日、YTV) – 山口智子と共演
象のいない動物園(1992年8月14日、フジテレビ)
ホームワーク(1992年10月16日 – 12月25日、TBS) – 主演・森田圭介
ホームワークSpecial(1993年10月1日)
七つの離婚サスペンス 一児豪華主義(1993年2月22日、フジテレビ) – 主演
愛と逃亡の果て 女優岡田嘉子(1993年3月26日、TBS)
天国に一番近いママ01(1993年4月6日、TBS) – 沼田店長
日曜はダメよ(1993年4月17日 – 6月26日、日本テレビ) – 佐伯政人
人間交差点 冬の遊園地(1994年1月24日、TBS) – 主演・片田
西遊記(1994年4月8日 – 9月23日、日本テレビ) – 主演・孫悟空
美味しんぼ(フジテレビ) – 主演・山岡士郎
超豪華珍品グルメ フグ&タイ究極の味くらべ!!これがホンモノの料理だ!!(1994年1月7日)
超豪華珍品料理 卵&カキ&蒸し焼き究極の味くらべ 勝者はどっちだ?(1995年1月20日)
究極VS至高 生命の対決!(1996年11月1日)
究極VS至高 心の対決!(1997年10月8日)
究極VS至高 最後の対決!?(1999年8月20日)
妹よ(1994年10月17日 – 12月19日、フジテレビ) – 高木雅史
輝け隣太郎(1995年10月8日 – 12月24日、TBS日曜劇場) – 主演・萌沢隣太郎
古畑任三郎 第2シリーズ 第19回「VSクイズ王」(1996年2月14日、フジテレビ) – 千堂謙吉
第25回消えた古畑任三郎(1996年4月9日)
おいしい関係(1996年10月14日 – 12月16日、フジテレビ) – 織田圭二
僕が僕であるために(1997年1月3日、フジテレビ) – 刑事
いいひと。 第7話(1997年5月27日、フジテレビ) – 美味しんぼの山岡士郎風(友情出演)
総理と呼ばないで 最終話(1997年6月17日、フジテレビ) – 新総理
イヴ(1997年10月16日 – 12月18日、フジテレビ) – 主演・小泉三太
ブラザーズ 第6・7話(写真のみ)、8話(1998年4月13日 – 6月29日、フジテレビ) – スギムラサトシ (友情出演)
新・部長刑事 アーバンポリス24 第22話「ちいさな目撃証言者」(1999年10月30日、朝日放送) – UFOキャッチャー秘技者(特別友情出演)
合い言葉は勇気 第1話(2000年7月6日、フジテレビ) – 鳩山一茂
ラブコンプレックス(2000年10月12日 – 12月21日、フジテレビ) – W主演・竜崎ゴウ
サイコドクター 第8話(2002年11月27日、日本テレビ) – 東条正幸
白い巨塔(2003年10月9日 – 2004年3月18日、フジテレビ) – 主演・財前五郎
特別編(2004年3月25日)
アンコール特別企画(2004年12月17日 – 30日)
X’smap~虎とライオンと五人の男 (2004年12月25日、フジテレビ)
ハチロー~母の詩、父の詩~(2005年1月24日 – 3月21日、NHK総合) – 主演・サトウハチロー
河井継之助 駆け抜けた蒼龍(2005年12月27日、日本テレビ) – 坂本龍馬
小早川伸木の恋(2006年1月 12日 – 3月23日、フジテレビ) – 主演・小早川伸木
CASSHERN 日曜洋画劇場 スペシャルバージョン(2006年2月12日、テレビ朝日) – ブライキング・ボス
地球ゴージャスな夜(2006年4月5日 – 5月3日、日本テレビ) – 達也
八月の虹(2006年8月11日 – 24日、TBS) – 主演・沢木隆明 <史上初CM枠内ドラマ>
明智光秀~神に愛されなかった男~(2007年1月3日、フジテレビ) – 主演・明智光秀
ガリレオ 第1シーズン 第1話「燃える」(2007年10月15日、フジテレビ) – 金森龍男
不毛地帯(2009年10月15日 – 2010年3月11日、フジテレビ) – 主演・壹岐正
ギルティ 悪魔と契約した女(2010年10月12日 – 12月21日、関西テレビ) – 堂島基一
Strangers 6(2012年1月 – 5月、WOWOW) – X主演・皆藤悟
東野圭吾ミステリーズ 第1話「さよならコーチ」(2012年7月5日、フジテレビ) – 主演・石上純一
メイドインジャパン(2013年1月 – 2月、NHK) – 主演・矢作篤志
TAKE FIVE〜俺たちは愛を盗めるか〜(2013年4月 – 6月、TBS) – 主演・帆村正義
オリンピックの身代金(2013年11月30日・12月1日、テレビ朝日) – 佐藤茂雄
ルーズヴェルト・ゲーム(2014年4月 – 6月、TBS) – 主演・細川充
俺たちに明日はある(2014年7月26日、フジテレビ) – 本人
THE LAST COP/ラストコップ(2015年6月19日、日本テレビ) – 主演・京極浩介
THE LAST COP/ラストコップ episode0 (2016年9月3日・10日・17日)
THE LAST COP/ラストコップ(2016年10月8日 – 12月10日)
レンタル救世主 第7話(2016年11月20日) – 京極浩介 役<コラボ企画>
ナポレオンの村(2015年7月19日 – 9月20日、TBS) – 主演・浅井栄治
モンタージュ 三億円事件奇譚(2016年6月25日・26日、フジテレビ) – 鳴海鉄也 [46]
真夜中のスーパーカー(2018年3月28日、NHK BSプレミアム)- 白いレーシングスーツの男
がん消滅の罠~完全寛解の謎~(2018年4月2日、TBS) – 主演・夏目典明
世にも奇妙な物語 春の特別編「不倫警察」 (2018年5月12日、フジテレビ) – 小話主演・葛木良男
ヒーローを作った男 石ノ森章太郎物語(2018年8月25日、日本テレビ) – ショッカー戦闘員
あまんじゃく 元外科医の殺し屋(2018年9月24日、テレビ東京) – 主演・折壁嵩男
あまんじゃく 元外科医の殺し屋 最後の闘い(2020年3月30日)
ハラスメントゲーム(2018年10月 – 12月、テレビ東京) – 主演・秋津渉
秋津VSカトクの女(2020年1月10日)
THE GOOD WIFE / グッドワイフ(2019年1月13日 – 3月17日、TBS) – 蓮見壮一郎
ボイス 110 緊急指令室(2019年7月13日 – 9月21日、日本テレビ) – 主演・樋口彰吾 [47]ボイスII 110 緊急指令室(2021年7月10日 – 9月25日)[48]
レンタルなんもしない人 最終回(2020年9月30日、テレビ東京) – ブランコの男 (友情出演)[49]
24 JAPAN(2020年10月9日 – 2021年3月26日、テレビ朝日) – 主演・獅堂現馬 [50]映画[編集]
野菊の墓(1981年8月8日公開、東映) – 松田聖子の相手役の友人A ※一般公募
大日本帝国(1982年8月7日公開) – 海で溺れる兵士、流れる死体 ※エキストラ(ノンクレジット)
超電子バイオマン(1984年7月14日公開) – メカクローン ※スーツアクターとして
ハロー張りネズミ(1991年11月16日公開) – 主演・七瀬五郎 ※初主演作
おいしい結婚(1991年5月18日公開) – 川又保
未来の想い出 Last Christmas(1992年8月29日公開) – 桐波
高校教師(1993年11月6日公開) – 主演・羽野一樹
怖がる人々(1994年4月23日公開)オムニバス第五話「五郎八航空」 – TVレポーター
君を忘れない(1995年9月23日公開) – 主演・望月晋平
バースデイプレゼント(1995年10月28日公開) – 森崎勝也
ラヂオの時間(1997年) – 主演・工藤学
恋は舞い降りた。(1997年) – 主演・神崎啓一郎
みんなのいえ(2001年) – 主演・柳沢英寿
真夜中まで(2001年) – 車を奪われるカップル
マネーざんす(2002年)オムニバス第六話「GO!GO! 宇宙ドクターズ」 – リーダー
青の炎(2003年) – 神崎慎太郎
嗤う伊右衛門(2004年) – 主演・民谷(境野)伊右衛門
CASSHERN(2004年) – ブライキング・ボス
THE 有頂天ホテル(2006年) – 赤丸寿一
ザ・マジックアワー(2008年) – ゆべし
本格科学冒険映画 20世紀少年(2008年 – 2009年) – 主演・ケンヂ(遠藤健児)
20世紀少年〈第1章〉 終わりの始まり(2008年)
20世紀少年〈第2章〉 最後の希望(2009年)
20世紀少年〈最終章〉 ぼくらの旗(2009年)
蛇にピアス(2008年) – 警察官
太平洋の奇跡 -フォックスと呼ばれた男-(2011年) – 堀内今朝松一等兵
ステキな金縛り(2011年) – ドクター
イン・ザ・ヒーロー(2014年9月6日公開) – 主演・本城渉
杉原千畝 スギハラチウネ(2015年) – 主演・杉原千畝
LAST COP THE MOVIE(2017年) – 主演・京極浩介舞台[編集]
「ATTACK・スーパー・アクション・プロジェクト」の公演数作品(1980年代)
「劇団ATTACK」の公演3作品(1980年代)- 第一回公演「青春活劇 明日に向って-TAKE A BIG CHANCE-」(1985年3月8日、10日)、第三回公演「My soul」(1986年)
ミュージカル「ボーイズレビュー・ステイゴールド」(1987年、博品館劇場)
ミュージカル「真利亜」(1987年、博品館劇場)
「薔薇と棺桶」(1988年、パルコ劇場)
ダンスレビュー’89 「COUNT DOWN」(1989年、博品館劇場・近鉄劇場)
野田版 「から騒ぎ」(1990年、日生劇場) – 放送あり
野田版 「真夏の夜の夢」(1992年、日生劇場) – 放送あり
三谷幸喜演出「出口なし!」(1994年) – 放送あり
宮本亜門演出「熱帯祝祭劇 マウイ」(1995年) – 放送あり
NODA MAP「TABOO」(1996年4月4日 – 5月26日、シアターコクーン) – 放送あり
ブロードウェイミュージカル「big 〜夢はかなう〜」(1998年 – 1999年) – (VHS化)
三谷幸喜演出「温水夫妻」(1999年)
NODA MAP「カノン」(2000年)
蜷川×シェイクスピア「マクベス」(2001年、2002年) – 放送あり(DVD化)※NY公演あり
ミュージカル「ミー&マイガール」(2003年)
山田和也演出「浪人街」(2004年) – (DVD化)
蜷川幸雄×井上ひさし「天保十二年のシェイクスピア」(2005年) – 放送あり(DVD化)
地球ゴージャス「HUMANITY THE MUSICAL ~モモタロウと愉快な仲間たち~」(2006年) – (DVD化)
蜷川×シェイクスピア「コリオレイナス」(2007年) – 2007年4月21日・5月6日・8月24日、NHKでTV放送あり(DVD化)※ロンドン公演あり
蜷川×シェイクスピア「冬物語」(2009年)- 2011年2月12日にNHKデジタル衛星ハイビジョンで放送あり(DVD化)
シス・カンパニー「リアルシング―ほんもの―」(2012年)- 共演の寺島しのぶの妊娠降板のため公演中止テレビアニメ[編集]
人間交差点(2003年4月12日、テレビ東京)
アガサ・クリスティーの名探偵ポワロとマープル 第27話「動機と機会」(2005年5月15日、NHK) – ペザリック
島耕作のアジア立志伝(2013年5月9日 – 10月4日、NHK) – 島耕作アニメ映画[編集]
トイ・ストーリーシリーズ(ディズニー / ピクサー) – ウッディ 役
トイ・ストーリー(1995年11月22日公開〈アメリカ〉、1996年3月23日公開〈日本〉)
トイ・ストーリー2(1999年11月24日〈アメリカ〉、2000年3月11日公開〈日本〉)
トイ・ストーリー3(2010年6月18日公開〈アメリカ〉、2010年7月10日公開〈日本〉)
ハワイアン・バケーション(2011年6月24日公開〈アメリカ〉〈カナダ〉、2011年7月30日公開〈日本〉)
ニセものバズがやって来た(2011年11月23日公開〈アメリカ〉〈カナダ〉、2012年7月21日公開〈日本〉)
レックスはお風呂の王様(2012年9月14日公開〈アメリカ〉〈カナダ〉、2012年9月15日公開〈日本〉)
トイ・ストーリー・オブ・テラー!(2013年10月16日公開〈アメリカ〉、2015年7月2日公開〈日本〉)[51]
トイ・ストーリー 謎の恐竜ワールド(2014年12月2日公開〈アメリカ〉、2016年3月2日公開〈日本〉)[52]
トイ・ストーリー4(2019年6月21日公開〈アメリカ〉、2019年7月12日公開〈日本〉)[53]
ポーラー・エクスプレス(2004年11月10日〈アメリカ〉公開、2004年11月27日〈日本〉公開) – 車掌、サンタ、ホーボーなど5役ゲーム[編集]
ドラッグオンドラグーン(2003年9月11日発売) – イウヴァルトドキュメンタリー[編集]
ストップエイズ-20の赤いバラ-(1997年11月23日、テレビ朝日) – ストップエイズCM制作ドキュメンタリー
唐沢寿明が案内する第55回トニー賞授賞式(2001年6月8日・7月7日、NHK衛星第2)
唐沢寿明 松嶋菜々子 大河を語る(2002年4月6日、NHK)
レオナルド・ダ・ヴィンチ展特別番組 天才の肖像〜「TAKE FIVE」が挑むダ・ヴィンチの謎〜(2013年5月3日、TBS) – ナビゲーター
作家 山崎豊子~戦争と人間を見つめて~(2015年9月27日・30日、NHK)
麒麟が来るまでお待ちください 戦国大河ドラマ名場面スペシャル 「利家とまつ」(2020年6月28日、NHK)CM[編集]
東芝
ワープロ「Rupo」
富士通
携帯電話DoCoMo 「F208、501i、502i、209i」シリーズ
パーソナルコンピュータ 「FMV」シリーズ
NTT DoCoMo東海
富士フイルム フジカラー 「写ルンです」(1989年)
第一昭和コーセー「ルシェリ」
サンスター「トニックシャンプー」中部電力
みずほ銀行 「HAPPY BANK DAY to you!」
日本郵政公社 「簡易保険」イメージキャラクター
第一生命 「オンリーU」
オリコ
読売新聞「NEWS!」編(2002年イメージキャラクター)
味の素 ほんだし 「ガンバレ!おいしい結婚」編
日本KFC「辛口チキン」編 ※1か月の期間限定CF
ファーストリテイリング(ユニクロ)
ピープル(エグザス)
コナミスポーツ(エグザス)
オリエントコーポレーション久光製薬
「のびのびサロンシップ」
「サロンパスAe」イメージキャラクター
エスエス製薬 「エストロング」
三共製薬 「リゲインEB錠」
アリナミン製薬 「アリナミンVドリンク」スクウェア・エニックス
「サガ フロンティア」 レッド編ナレーション(1997年)
「ドラゴンクエストⅪ過ぎ去りし時を求めて」(2017年)
任天堂「スーパーマリオメーカー」(2015年9月)出光グループ 新出光太郎 IDEX
トヨタ自動車 「アイシス」(前期型・2004年-2006年)
マツダ 企業CM
「カペラ(6代目)」
「カペラワゴン」
「アンフィニMPV」
「ボンゴフレンディ」
「ファミリア」
「デミオ」
三菱自動車工業
「アウトラウンダー」
「ミラージュ」
「@earth」(2014年1月)
東洋ゴム工業ネスレ日本 「ネスカフェ」ゴールドブレンド
POKKA
「涼水仕立て」
「はいお茶」
サントリー
「熱血飲料」熱血キッド(奥田古佐典) 役
「モルツ」
「頂」
麒麟麦酒
「キリン一番搾り生ビール」
「キリンラガービール」
「キリン一番搾り 糖質ゼロ」
アサヒ飲料
「WONDA」モーニングショット
「アサヒ辛口焼酎ハイボール ドライクリア」はるやま商事
ウェルスナビ「資産運用」ミツカン 「味ぽん」森永製菓
「ビスケットシリーズ」
「ハイチュウ」
「MORINAGA ANGEL SWEETS 生チョコレート」
ロッテ
「BLACK BLACK」
「FLAVONO」マクドナルド 「とんかつてりたま」春の天使ケイ・オプティコム 「eo光」
ひかりTV
CDエナジーダイレクト大和ハウス工業 「なんでダイワハウスなんだ?」シリーズ ※ダイワマンX 役
LIXILSEiBAN 「天使のはねランドセル」 ※ウッディーの吹き替え眼鏡市場シャチハタ 「電子印鑑」(2021年)その他[編集]
NEWスタージャック(1984年5月、本名の唐沢潔名義で出演。アクロバティックなアクションを披露)
岸谷五朗主催のAct Against AIDS(AAA)には1995~2000年、2004~2005年の8回参加している。
※1995年12月31日の横浜アリーナ「異業種競演 大晦日の夜 for AAA」はTBSで生放送。チャリティーコンサートのため出演者はすべて無償で参加していると放送内で岸谷五朗が発言している。唐沢には電話で軽く誘ったとのこと。岸谷・寺脇康文と少年隊の「仮面舞踏会」をバク転つきで披露し、サザンオールスターズの桑田佳祐・とんねるずの石橋貴明・岸谷と「ゴロー&センズリッターズ」を結成、長崎は今日も雨だったを彷彿とさせるメロディラインの「長嶋は教祖なんかと違います」をヅラをかぶって披露した。
その年の大河の主役であり、読売新聞の2002年イメージキャラクターだったことから、2002年4月27日、巨人-阪神戦(今季初NHK放送での東京ドーム巨人戦)の始球式を行った。この日の放送のゲスト解説は長嶋茂雄であり、長嶋から「大河ドラマ、いつも見てますよ」声をかけてもらったと研音の会報Vol.68で述べている。
シンドバッド・セブンヴォヤッジ(東京ディズニーシーのアトラクション) – シンドバッド 役 ※声の出演
京本政樹のアルバム「苦悩 Peine」の動画特典に友情出演。受賞歴[編集]
1991年
第65回キネマ旬報ベストテン 新人男優賞(『おいしい結婚』)
1992年
第15回日本アカデミー賞 新人俳優賞(『おいしい結婚』、『ハロー張りネズミ』)
1993年
エランドール賞 新人賞
1998年
第21回日本アカデミー賞 優秀主演男優賞(『ラヂオの時間』)
2000年
第27回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 主演男優賞(『ラブコンプレックス』)
2003年
第11回橋田賞
2008年
文化庁芸術選奨新人賞 演劇部門(『コリオレイナス』)
2009年
日本メガネベストドレッサー賞 サングラス部門
2010年
第64回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 主演男優賞(『不毛地帯』)
2013年
第3回ジャパン・モーターレーシング・ホール・オブ・フェイム(自動車文化人部門)
2014年
GQ MEN OF THE YEAR2014[54]
2016年
第90回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 助演男優賞(『とと姉ちゃん』書籍[編集]
※作品名が太字のものは自著

主婦と生活社『唐沢寿明 men’s sweater:メンズニットベストコレクション』(ISBN 4391112639)1990年9月発行雄鶏社『唐沢寿明 素顔のニット』(ISBN 427713159X)1992年8月発行主婦の友社『唐沢寿明全集』(ISBN 4079395620)1993年5月発行雄鶏社『唐沢寿明 オフの日のセーター』(ISBN 4277131883)1995年8月発行日本テレビ放送網『おしゃれカンケイ』(ISBN 4820396048)1996年4月発行 編:日本テレビ ※放送されなかった秘話など飛鳥新社『サーキットの送り狼:ボクのスーパーカーセレクション』(ISBN 4079395620)1996年12月発行 著者:池沢さとし ※対談相手としてフジテレビ『おいしい関係 「プチ・ラパンの12か月」』(ISBN 4594021565)1997年1月発行 編:小野卯沙貴 ※おいしい関係レシピ集(写真あり)毎日新聞社『村上龍対談集 Ryu’s倶楽部 「仲間」ではなく友人として』(ISBN 4620311839)1997年8月発行 著者:村上龍 ※対談相手として幻冬舎『ふたり』(ISBN 4877286217)※高等学校の副読本にも採用[55]、120万部以上のベストセラー[55]。1998年8月1日発行日本経済新聞社『俺たちのR25時代』(ISBN 4532193176)2005年11月発行 編:R25編集部 ※インタビュー創元社『スクールカウンセラーがすすめる112冊の本 : 子どもにかかわるすべての人たちへ』(ISBN 4422112430)1999年8月発行 編:滝口俊子、田中慶江 ※唐沢の本「ふたり」が紹介されている新風社『笑撃・牛窪英二の似顔絵ワールド』(ISBN 4797430141)2003年8月発行 著者:牛窪英二 ※唐沢の似顔絵あり講談社『夢をそだてるみんなの仕事101:決定版』(ISBN 4062131269)2005年10月発行 ※はいゆう 欄は唐沢が解説キネマ旬報社『日本魅録』(ISBN 4873762782)2006年10月発行 著者:香川照之 ※香川照之から見た俳優としてキネマ旬報社『挑戦者たち トップアクターズ・ルポルタージュ』(ISBN 978-4-87376-348-4)2011年1月発行 著者:木俣冬 ※雑誌「アクチュール」連載のルポ対象として中央公論新社『才輝礼讃 : 38のyumiyoriな話』(ISBN 978-4-12-004298-0)2011年11月発行 著者:松任谷由実 ※対談相手として日之出出版『原田芳雄 風来去』(ISBN 978-4-89198-137-2)2012年7月発行 監修:原田章代 ※原田芳雄の対談相手としてキネマ旬報社『キネマ旬報セレクション 三谷幸喜 映画監督 三谷幸喜のすべて』(ISBN 978-4-87376-819-9)2015年10月発行作品[編集]
シングル「2人のすべて」(1995年11月1日) – 『輝け隣太郎』主題歌(樹木希林とのデュエット)
アルバム「僕にできること」(1995年12月1日)
シングル「Brave Love, TIGA」(1996年10月21日) – 『ウルトラマンティガ』ED主題歌。地球防衛団名義。※団長:岸谷五朗、メンバー:宇都宮隆、唐沢寿明、木根尚登、サンプラザ中野、寺脇康文、西村雅彦、バーベQ和佐田、パッパラー河合、パトリック・ボンマリート、ファンキー末吉、福田裕彦、ホンジャマカ石塚英彦・恵俊彰からなる1曲かぎりのチャリティーユニット。歌唱印税はエイズ撲滅運動のために全額寄付された。
「君はともだち〜Woody Ver.〜」(未CD化) – 『トイ・ストーリー2』挿入歌
大竹しのぶのアルバム『Compassion』(2001年) – 「TRUE LOVE」でデュエット
MAZDAドライブミュージックCD「DRIVE A LIVE」(車購入者プレゼント) – DJとして
秋元康作詞活動20周年記念盤コンプリートアルバム「秋元流~市ヶ谷編」(2002年3月6日) – 樹木希林とのデュエット「2人のすべて」収録
「Bob Lennon」(未CD化) – 『20世紀少年』挿入歌 – 「Kenji」として脚注[編集]
[脚注の使い方]注釈[編集]

出典[編集]

^ a b “唐沢寿明”. 日本タレント名鑑. VIPタイムズ社. 2017年1月23日閲覧。

^ 本名がからさわきよしであることは公表している

^ “唐沢寿明 広瀬アリスに「それやっていいのウチの智ちゃん1号だけだぞ!」 妻は「人間として完成」”. スポニチ. (2021年1月30日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2021/01/30/kiji/20210130s00041000343000c.html 2021年5月14日閲覧。 

^ “唐沢寿明”. 研音. 2017年1月23日閲覧。

^ a b c d 著書「ふたり」 幻冬舎より

^ (唐沢 2013, kindle版位置No.246/2274)

^ (唐沢 2013, kindle版位置No.76/2274)

^ (唐沢 2013, kindle版位置No.559/2274)

^ (唐沢 2013, kindle版位置No.63/2274)

^ (唐沢 2013, kindle版位置No.379/2274)

^ (唐沢 2013, kindle版位置No.613/2274)

^ (唐沢 2013, kindle版位置No.931/2274)

^ (唐沢 2013, kindle版位置No.793/2274)

^ (唐沢 2013, kindle版位置No.1252/2274)

^ (唐沢 2013, kindle版位置No.1358/2274)

^ (唐沢 2013, kindle版位置No.1618/2274)

^ (唐沢 2013, kindle版位置No.1625/2274)

^ (唐沢 2013, kindle版位置No.1773/2274)

^ (唐沢 2013, kindle版位置No.2187/2274)

^ “唐沢寿明、ショッカー時代に無駄に動いて怒られる 「だって寒いから」”. デイリースポーツ (2021年6月11日). 2021年6月11日閲覧。

^ “51歳唐沢寿明 肉体派回帰!「20歳の時以来」56キロ&体脂肪10%”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2014年9月14日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/09/14/kiji/K20140914008928180.html 2020年3月24日閲覧。 

^ “及川光博“幻の仮面ライダー3号”に! 情報解禁前に唐沢寿明にこっそり漏らす”. cinemacafe.net (イード). (2015年1月28日). https://www.cinemacafe.net/article/2015/01/28/29028.html 2020年3月24日閲覧。 

^ “唐沢寿明:24時間テレビ“石ノ森章太郎ドラマ”に特別出演 過去には“ライダーマン”にも…”. まんたんウェブ (株式会社MANTAN). (2018年8月12日). https://mantan-web.jp/article/20180812dog00m200010000c.html 2020年3月24日閲覧。 

^ “藤岡弘、と唐沢寿明 仮面ライダーゆかりの2人出演が話題 「石ノ森章太郎物語」”. デイリースポーツ online (株式会社デイリースポーツ). (2018年8月26日). https://www.daily.co.jp/gossip/2018/08/26/0011579048.shtml 2020年3月24日閲覧。 

^ 雑誌「ViVi」(1992年7月号)、「ポポロ」(1993年1月号)他 ※『好きな男性ランキング』1位

^ 中野英雄オフィシャルブログ『COSA NOSTRA』(2010年8月5日掲載記事)

^ 「MEN’S EX 2007年12月号」

^ 唐沢寿明様ご寄贈の「トヨタ2000GT Roadster」を展示(10月26日~2022年3月末) – トヨタ博物館・2021年10月25日

^ “真田広之ナイト開催!「LOST」の撮影現場から来日!深夜だからアリのディープな話満載:第22回東京国際映画祭”. シネマトゥデイ (株式会社シネマトゥデイ). (2009年10月25日). https://www.cinematoday.jp/news/N0020288 2020年3月24日閲覧。 

^ 「SCREEN」(2009年9月号)

^ 「MEN’S EX 2004年6月号」

^ 「演劇グラフ」(2009年10月号)

^ “作家・山崎豊子さん死去 唐沢寿明も沈痛「今の自分があるのも先生のお陰」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2013年9月30日). https://www.oricon.co.jp/news/2029206/full/ 2020年3月24日閲覧。 

^ ザテレビジョン創刊30周年記念超特大号(2012年9月21日発売号)

^ 「不毛地帯公式ガイドブック 上巻」掲載(2009年10月14日発売)

^ “『トイ・ストーリー4』“リアルウッディ”唐沢寿明の本音&所ジョージから見た共通点とは”. クランクイン! (ハリウッドチャンネル). (2019年6月28日). https://www.crank-in.net/news/66284/1 2020年3月24日閲覧。 

^ a b “唐沢寿明「声優はウッディだけ」 初登場“フォーキー”を演じる竜星涼との関係性は?”. 映画.com (2019年7月11日). 2020年3月3日閲覧。

^ あいつ今、何してる? テレビ朝日 2020年10月14日放送

^ “唐沢寿明、映画「太平洋の奇跡」で気合のスキンヘッド”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2010年6月29日). https://eiga.com/news/20100629/2/ 2020年3月24日閲覧。 

^ スポーツ報知「唐沢寿明「チャレンジ楽しみ」日・韓・中合作ドラマに主演へ」(2011年3月3日掲載記事)

^ プラスアクトミニ「黄川田将也 日本・中国・韓国共同制作ドラマ『STRANGERS 6』に出演。初めて体験した中国での撮影を振り返る」(2011年10月31日発売15号掲載記事)

^ “「とと姉ちゃん」唐沢寿明、ミッチーら新キャスト発表 語りは檀ふみ”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2016年2月15日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/02/15/kiji/K20160215012046720.html 2016年2月15日閲覧。 

^ “森山直太朗が朝ドラ初出演へ「一つ一つ感情を積み上げて」 20年春『エール』唐沢寿明ら7人決定”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年9月6日). https://www.oricon.co.jp/news/2143881/full/ 2019年9月6日閲覧。 

^ とっておきの青春 DVD 全3枚 NHKスクエア

^ 番組エピソード  大河ドラマ『利家とまつ〜加賀百万石物語』 – NHKアーカイブス

^ “福士蒼汰主演『モンタージュ』唐沢寿明・西田敏行・遠藤憲一・香川照之ら出演”. マイナビニュース (2016年5月19日). 2016年5月19日閲覧。

^ “唐沢寿明、日テレ系7月期連ドラ「ボイス 110緊急指令室」で真木よう子と初共演”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2019年5月13日). https://hochi.news/articles/20190512-OHT1T50285.html 2019年5月13日閲覧。 

^ “唐沢寿明×真木よう子「ボイス 110緊急指令室」続編!7月スタート”. シネマトゥデイ. 株式会社シネマトゥデイ (2021年5月12日). 2021年5月12日閲覧。

^ “唐沢寿明、増田貴久との“男の約束”果たす 『レンタルなんもしない人』出演”. ORICON NEWS. oricon ME (2020年9月28日). 2021年5月12日閲覧。

^ “唐沢寿明 日本版バウアー役「24」主演 「最大の危機だよ」米人気ドラマリメーク”. デイリースポーツ online (株式会社デイリースポーツ). (2020年3月24日). https://www.daily.co.jp/gossip/2020/03/24/0013217081.shtml 2020年3月24日閲覧。 

^ “トイ・ストーリー・オブ・テラー!”. ディーライフ/Dlife. 2014年7月6日閲覧。

^ “トイ・ストーリー 謎の恐竜ワールド”. ディーライフ/Dlife. 2015年6月22日閲覧。

^ “『トイ・ストーリー4』唐沢寿明&所ジョージが声優を続投!”. シネマトゥディ (2018年12月20日). 2018年12月20日閲覧。

^ “GQ MEN OF THE YEAR 2014”. GQ JAPAN (2014年11月20日). 2014年11月21日閲覧。

^ a b “唐沢寿明『ふたり』”. 幻冬舎plus. 2020年3月24日閲覧。

参考文献[編集]
唐沢寿明 『ふたり』幻冬舎新書、2013年。ASIN B00EQ1QL48。 (Kindle版)外部リンク[編集]
Ken-on Group Artist Profile -唐沢寿明-
唐沢寿明 official website
唐沢寿明 – NHK人物録
Toshiaki Karasawa – IMDb(英語)
唐沢寿明 – テレビドラマデータベース
唐沢寿明:出演配信番組 – TVer 関連項目表話編歴研音グループ
代表取締役:野崎研一郎女優
財前直見
仙道敦子
山口智子
高田万由子
りょう
原沙知絵
伊東美咲
黒川智花
市川由衣
天海祐希
成海璃子
榮倉奈々
菅野美穂
志田未来
川口春奈
杉咲花
柴本幸
大友花恋
桜田ひより
水谷果穂
福原遥
吉川愛
矢作穂香
畑芽育
喜多乃愛
平澤宏々路
凛美
山口真帆
明日海りお
新井舞良男優
唐沢寿明
反町隆史
竹野内豊
沢村一樹
速水もこみち
入江甚儀
市川知宏
竜星涼
福士蒼汰
山本涼介
山崎育三郎
上杉柊平
粟島瑞丸
田中奏生
伊藤あさひ
水沢林太郎
古川雄大
一ノ瀬颯
中川大輔
濱尾ノリタカ
小日向流季
加藤清史郎ミュージシャン
研音所属
家入レオ
川口レイジ業務提携(提携先)
コブクロ(ミノスケオフィスコブクロ)(ワーナー系)
映画監督
山戸結希
相馬寿樹演出家 / 脚本家
粟島瑞丸声優
福原遥
北川里奈
尾崎由香タレント
JPケン企画
横山だいすけ
西田有志エムシーキャビン音楽出版
山田高弘
坂村ミズキスリーハントレットエンタテインメント
BLUE ENCOUNT
LONGMAN
Amber’s旧・所属タレント
過去に所属していたアーティスト(カテゴリ)
表話編歴ミュージカル ミー・アンド・マイガール 主要キャスト宝塚版
ビル
剣幸(1987年月組、宝塚・東京・中日)
天海祐希(1995年月組、宝塚・東京)
久世星佳(1996年月組、中日)
瀬奈じゅん(2008年月組、宝塚・東京)
霧矢大夢(2008年月組、博多座)
真飛聖(2009年花組、梅田)
龍真咲(2013年月組、梅田)
明日海りお(2016年花組、宝塚・東京)サリー
こだま愛(1987年月組、宝塚・東京・中日)
麻乃佳世(1995年月組、宝塚・東京)
風花舞(1996年月組、中日)
彩乃かなみ(2008年月組、宝塚・東京)
羽桜しずく(2008年月組、博多座)
桜乃彩音(2009年花組、梅田)
愛希れいか(2013年月組、梅田)
花乃まりあ(2016年花組、宝塚・東京)ジョン卿
郷真由加(1987年月組、宝塚・東京・中日)
久世星佳(1995年月組、宝塚・東京)
汝鳥伶(1996年月組、中日)
霧矢大夢(2008年月組、宝塚・東京)
桐生園加(2008年月組、博多座)
壮一帆/愛音羽麗(2009年花組、梅田)
越乃リュウ(2013年月組、梅田)
芹香斗亜/瀬戸かずや(2016年花組、宝塚・東京)マリア
春風ひとみ(1987年月組、宝塚・東京・中日)
邦なつき(1995年月組、宝塚・東京)
邦なつき(1996年月組、中日)
出雲綾(2008年月組、宝塚・東京)
京三紗(2008年月組、博多座)
京三紗(2009年花組、梅田)
憧花ゆりの(2013年月組、梅田)
桜咲彩花/仙名彩世(2016年花組、宝塚・東京)ジェラルド
桐さと実(1987年月組、宝塚・東京・中日)
姿月あさと(1995年月組、宝塚・東京)
姿月あさと(1996年月組、中日)
遼河はるひ(2008年月組、宝塚・東京)
龍真咲/明日海りお(2008年月組、博多座)
愛音羽麗/朝夏まなと(2009年花組、梅田)
凪七瑠海/美弥るりか(2013年月組、梅田)
水美舞斗/芹香斗亜(2016年花組、宝塚・東京)ジャッキー
涼風真世(1987年月組、宝塚・東京・中日)
真琴つばさ(1995年月組、宝塚・東京)
樹里咲穂(1996年月組、中日)
城咲あい/明日海りお(2008年月組、宝塚・東京)
龍真咲/明日海りお(2008年月組、博多座)
朝夏まなと/壮一帆(2009年花組、梅田)
凪七瑠海/美弥るりか(2013年月組、梅田)
柚香光/鳳月杏(2016年花組、宝塚・東京)パーチェスター
未沙のえる(1987年月組、宝塚・東京・中日)
汐風幸(1995年月組、宝塚・東京)
汐風幸(1996年月組、中日)
未沙のえる(2008年月組、宝塚・東京)
星条海斗(2008年月組、博多座)
未沙のえる(2009年花組、梅田)
星条海斗/沙央くらま(2013年月組、梅田)
鳳真由/柚香光(2016年花組、宝塚・東京)
東宝版
ビル
唐沢寿明(2003年)
井上芳雄(2006年)
井上芳雄(2009年)サリー
木村佳乃(2003年)
笹本玲奈(2006年)
笹本玲奈(2009年)ジョン卿
村井国夫(2003年)
村井国夫(2006年)
草刈正雄(2009年)マリア
初風諄(2003年)
涼風真世(2006年)
涼風真世(2009年)ジェラルド
本間憲一(2003年)
本間憲一(2006年)
本間憲一(2009年)ジャッキー
涼風真世(2003年)
純名りさ(2006年)
貴城けい(2009年)パーチェスター
武岡淳一(2003年)
武岡淳一(2006年)
武岡淳一(2009年)

宝塚歌劇団の宝塚・東京公演は本公演のみ(新人公演は載せていない)
表話編歴エランドール賞 新人賞1950年代
56 池内淳子
石原裕次郎
川口浩
草薙幸二郎
白川由美
杉田弘子
高倉健 / 57 団令子
江原眞二郎
北沢典子
仲代達矢
森美樹
筑波久子
川崎敬三 / 58 浅丘ルリ子
叶順子
桑野みゆき
大空眞弓
佐久間良子
佐藤允
千乃赫子 / 59 本郷功次郎
星輝夫
水木襄
中谷一郎
夏木陽介
清水まゆみ
山本豊三1960年代
60 赤木圭一郎
藤巻潤
星由里子
川口知子
松方弘樹
三上真一郎
吉田輝雄 / 61 岩下志麻
加山雄三
三田佳子
田宮二郎
山崎努
吉永小百合 / 62 倍賞千恵子
浜美枝
浜田光夫
姿美千子
千葉真一
山本圭 / 63 和泉雅子
加賀まりこ
北大路欣也
中川ゆき
中尾ミエ
高田美和
高橋幸治 / 64 藤村志保
本間千代子
市川染五郎
加藤剛
香山美子
松原智恵子
吉村実子 / 65 江波杏子
藤純子
内藤洋子
小川眞由美
竹脇無我
渡哲也 / 66 栗塚旭
黒沢年男
大原麗子
山口崇
山本陽子
安田道代 / 67 梓英子
栗原小巻
中山仁
小川知子
酒井和歌子
杉良太郎 / 68 生田悦子
峰岸徹
中山麻里
丘みつ子
高橋悦史
谷隼人 / 69 渥美マリ
沖雅也
尾崎奈々
太地喜和子
高橋紀子
橘ますみ1970年代
70 原田大二郎
森田健作
夏純子
岡田裕介
岡本信人
堺正章
佐藤オリエ
武原英子
梅田智子
渡瀬恒彦
八並映子 / 72 池玲子
近藤正臣
榊原るみ
関根恵子
三船史郎
山口果林
吉沢京子 / 73 宇津宮雅代
杉本美樹
志垣太郎
松坂慶子
村野武範
山本亘
田中真理
藤岡弘
本田みちこ
真木洋子 / 74 浅田美代子
梢ひとみ
島田陽子
関根世津子
仁科明子
萩原健一
三浦友和
桃井かおり
大門正明
高橋洋子
中島ゆたか / 75 秋吉久美子
草刈正雄
池上季実子
檀ふみ
志穂美悦子
中村雅俊
萩尾みどり / 76 東てる美
岡田奈々
大竹しのぶ
田中健
片平なぎさ
根津甚八
三林京子
勝野洋
早乙女愛
多岐川裕美 / 77 浅茅陽子
岩城滉一
江藤潤
原田美枝子
真野響子 / 78 新井春美
浅野ゆう子
井上純一
清水健太郎
夏樹陽子
竹下景子
武田鉄矢
永島暎子 / 79 国広富之
永島敏行
藤真利子
森下愛子
友里千賀子1980年代
80 熊谷真実
古手川祐子
柴田恭兵
松平健
宮内淳 / 81 金田賢一
神崎愛
岸本加世子
滝田栄
樋口可南子 / 82 鹿賀丈史
真田広之
田中裕子
夏目雅子
古尾谷雅人 / 83 風間杜夫
紺野美沙子
中井貴一
名取裕子
隆大介 / 84 佐藤浩市
時任三郎
中井貴恵
原田知世
役所広司 / 85 石原真理子
榎木孝明
和由布子
渡辺徹
藤谷美和子 / 86 菊池桃子
吉川晃司
沢口靖子
柳沢慎吾 / 87 斉藤由貴
陣内孝則
中山美穂
安田成美
渡辺謙 / 88 国生さゆり
富田靖子
後藤久美子
南野陽子
仲村トオル / 89 麻生祐未
緒形直人
髙嶋政宏
三上博史
若村麻由美1990年代
90 井森美幸
鈴木保奈美
南果歩
本木雅弘
柳葉敏郎 / 91 工藤夕貴
高嶋政伸
中嶋朋子
野村宏伸
牧瀬里穂 / 92 石田ひかり
仙道敦子
和久井映見
永瀬正敏
吉岡秀隆
田中実 / 93 加藤雅也
清水美砂
赤井英和
裕木奈江
唐沢寿明 / 94 桜井幸子
鷲尾いさ子
墨田ユキ
筒井道隆
萩原聖人
村田雄浩 / 95 山口智子
鈴木杏樹
羽田美智子
岸谷五朗
豊川悦司
木村拓哉 / 96 常盤貴子
鶴田真由
一色紗英
永澤俊矢
高橋克典
椎名桔平 / 97 松たか子
飯島直子
瀬戸朝香
上川隆也
西村雅彦 / 98 菅野美穂
木村佳乃
田中美里
浅野忠信
内野聖陽 / 99 松嶋菜々子
柏原崇
金子賢
酒井美紀
深田恭子2000年代
00 中谷美紀
池内博之
石井正則
加藤晴彦
中村俊介 / 01 伊藤英明
窪塚洋介
及川光博
池脇千鶴
加藤あい
矢田亜希子 / 02 国仲涼子
坂口憲二
竹内結子
妻夫木聡
藤木直人
米倉涼子 / 03 小澤征悦
菊川怜
柴咲コウ
仲間由紀恵
藤原竜也 / 04 上戸彩
オダギリジョー
小雪
寺島しのぶ
中村獅童
山田孝之 / 05 石原さとみ
伊東美咲
長澤まさみ
成宮寛貴
山本耕史 / 06 伊藤淳史
内山理名
沢尻エリカ
速水もこみち
堀北真希 / 07 蒼井優
綾瀬はるか
上野樹里
劇団ひとり
玉木宏
松山ケンイチ / 08 新垣結衣
小栗旬
貫地谷しほり
檀れい
大森南朋 / 09 瑛太
黒木メイサ
戸田恵梨香
松田翔太
三浦春馬
宮﨑あおい2010年代
10 榮倉奈々
岡田将生
志田未来
多部未華子
松田龍平
水嶋ヒロ / 11 吉瀬美智子
桐谷健太
佐藤健
松下奈緒
満島ひかり
向井理 / 12 高良健吾
井上真央

長谷川博己
吉高由里子 / 13 染谷将太
尾野真千子
松坂桃李
武井咲
森山未來
真木よう子 / 14 綾野剛
木村文乃
東出昌大
能年玲奈
福士蒼汰
橋本愛 / 15 池松壮亮
北川景子
斎藤工
黒木華
鈴木亮平
二階堂ふみ / 16 柄本佑
有村架純
菅田将暉
土屋太鳳
玉山鉄二
吉田羊 / 17 坂口健太郎
高畑充希
ディーン・フジオカ
波瑠
星野源
広瀬すず / 18 高橋一生
門脇麦
竹内涼真
杉咲花
ムロツヨシ
吉岡里帆 / 19 志尊淳
葵わかな
田中圭
永野芽郁
中村倫也
松岡茉優2020年代
20 神木隆之介
安藤サクラ
横浜流星
清原果耶
吉沢亮
橋本環奈 / 21 賀来賢人
伊藤沙莉
北村匠海
上白石萌音
窪田正孝
浜辺美波
成田凌
森七菜 / 22 仲野太賀
江口のりこ
柳楽優弥
川口春奈
山田裕貴
広瀬アリス
表話編歴キネマ旬報ベスト・テン 新人男優賞1980年代
石橋凌 (1986)
髙嶋政宏 (1987)
緒形直人 (1988)
赤井英和 (1989)1990年代
筒井道隆 (1990)
唐沢寿明 (1991)
大森嘉之 (1992)
岸谷五朗 (1993)
野村祐人 (1994)
塚本耕司
今井雅之 (1995)
安藤政信 (1996)
鳥羽潤 (1997)
黒田勇樹 (1998)
北村一輝 (1999)2000年代
松田龍平 (2000)
窪塚洋介 (2001)
田中泯 (2002)
柄本佑 (2003)
柳楽優弥 (2004)
石田卓也 (2005)
塚地武雅 (2006)
林遣都 (2007)
井之脇海 (2008)
西島隆弘 (2009)2010年代
生田斗真 (2010)
松坂桃李 (2011)
三浦貴大 (2012)
吉岡竜輝 (2013)
東出昌大 (2014)
篠原篤 (2015)
村上虹郎 (2016)
山田涼介 (2017)
寛一郎 (2018)
鈴鹿央士 (2019)2020年代
奥平大兼 (2020)
和田庵 (2021)
表話編歴ザテレビジョンドラマアカデミー賞 主演男優賞1回—10回
1. 田村正和 | 2. 織田裕二 | 3. 真田広之 | 4. 中居正広 | 5. 松本幸四郎 | 6. 豊川悦司 | 7. いしだ壱成 | 8. 田村正和 | 9. 木村拓哉 | 10. 織田裕二

11回—20回
11. 香取慎吾 | 12. 織田裕二 | 13. 草彅剛 | 14. 中居正広 | 15. 木村拓哉 | 16. いしだ壱成 | 17. 竹野内豊 | 18. 金城武 | 19. 木村拓哉 | 20. 江口洋介

21回—30回
21. 渡部篤郎 | 22. 堂本剛 | 23. 豊川悦司 | 24. 木村拓哉 | 25. 滝沢秀明 | 26. 堂本剛 | 27. 唐沢寿明 | 28. 木村拓哉 | 29. 長瀬智也 | 30. 江口洋介

31回—40回
31. 田村正和 | 32. 香取慎吾 | 33. 木村拓哉 | 34. 滝沢秀明 | 35. ユースケ・サンタマリア | 36. 草彅剛 | 37. 妻夫木聡 | 38. 吉岡秀隆 | 39. 竹野内豊 | 40. 中居正広

41回—50回
41. 妻夫木聡 | 42. 山田孝之 | 43. 香取慎吾 | 44. 江口洋介 | 45. 長瀬智也 | 46. 阿部寛 | 47. 亀梨和也 | 48. 山田孝之 | 49. 豊川悦司 | 50. 阿部寛

51回—60回
51. 草彅剛 | 52. 木村拓哉 | 53. 松本潤 | 54. 舘ひろし | 55. 福山雅治 | 56. 岡田准一 | 57. 木村拓哉 | 58. 佐藤隆太 | 59. 二宮和也 | 60. 松山ケンイチ

61回—70回
61. 阿部寛 | 62. 草彅剛 | 63. 大沢たかお | 64. 唐沢寿明 | 65. 大野智 | 66. 堺雅人 | 67. 二宮和也 | 68. 水谷豊 | 69. 大沢たかお | 70. 瑛太

71回—80回
71. 亀梨和也 | 72. 松本潤 | 73. 大野智 | 74. 小栗旬 | 75. 木村拓哉 | 76. 瑛太 | 77. 櫻井翔 | 78. 堺雅人 | 79. 堺雅人 | 80. 松本潤

81回—90回
81. 小栗旬 | 82. 木村拓哉 | 83. 岡田准一 | 84. 草彅剛 | 85. 佐藤健 | 86. 窪田正孝 | 87. 阿部寛 | 88. 高良健吾 | 89. 大野智 | 90. 藤原竜也

91回—100回
91. 堺雅人 | 92. 草彅剛 | 93. 藤原竜也 | 94. 山下智久 | 95. 役所広司 | 96. 松本潤 | 97. 田中圭 | 98. 山﨑賢人| 99. 賀来賢人 | 100. 菅田将暉

101回—110回
101. 内野聖陽 | 102. 田中圭 | 103. 木村拓哉 | 104. 竹内涼真 | 105. 堺雅人 | 106. 窪田正孝| 107. 長瀬智也 | 108. 阿部寛 | 109. 鈴木亮平 | 110. 吉沢亮

111回—120回
111. 菅田将暉 | 112. 二宮和也

表話編歴大河ドラマ主演俳優1 – 10作
1 (1963) 二代目 尾上松緑
2 (1964) 長谷川一夫
3 (1965) 緒形拳
4 (1966) 四代目 尾上菊之助
5 (1967) 岡田茉莉子 / 藤村志保 / 栗原小巻
6 (1968) 北大路欣也
7 (1969) 石坂浩二
8 (1970) 平幹二朗
9 (1971) 初代 中村錦之助
10 (1972) 仲代達矢11 – 20作
11 (1973) 平幹二朗 / 高橋英樹
12 (1974) 渡哲也 → 松方弘樹
13 (1975) 石坂浩二
14 (1976) 加藤剛
15 (1977) 四代目 中村梅之助
16 (1978) 六代目 市川染五郎
17 (1979) 石坂浩二 / 岩下志麻
18 (1980) 菅原文太 / 加藤剛
19 (1981) 佐久間良子
20 (1982) 緒形拳21 – 30作
21 (1983) 滝田栄
22 (1984) 九代目 松本幸四郎 / 西田敏行
23 (1985) 松坂慶子
24 (1986) 三田佳子
25 (1987) 渡辺謙
26 (1988) 中井貴一
27 (1989) 大原麗子
28 (1990) 西田敏行 / 鹿賀丈史
29 (1991) 真田広之
30 (1992) 緒形直人31 – 40作
31 (1993前期) 東山紀之
32 (1993後期) 渡辺謙 / 村上弘明
33 (1994) 三田佳子
34 (1995) 西田敏行
35 (1996) 竹中直人
36 (1997) 三代目 中村橋之助
37 (1998) 本木雅弘
38 (1999) 五代目 中村勘九郎
39 (2000) 津川雅彦 / 西田敏行 / 二代目 尾上辰之助
40 (2001) 和泉元彌41 – 50作
41 (2002) 唐沢寿明 / 松嶋菜々子
42 (2003) 七代目 市川新之助
43 (2004) 香取慎吾
44 (2005) 滝沢秀明
45 (2006) 仲間由紀恵 / 上川隆也
46 (2007) 内野聖陽
47 (2008) 宮﨑あおい
48 (2009) 妻夫木聡
49 (2010) 福山雅治
50 (2011) 上野樹里51 – 60作
51 (2012) 松山ケンイチ
52 (2013) 綾瀬はるか
53 (2014) 岡田准一
54 (2015) 井上真央
55 (2016) 堺雅人
56 (2017) 柴咲コウ
57 (2018) 鈴木亮平
58 (2019) 六代目 中村勘九郎 / 阿部サダヲ
59 (2020) 長谷川博己
60 (2021) 吉沢亮61 – 70作
61 (2022) 小栗旬
62 (2023) 松本潤
63 (2024) 吉高由里子その他
NHK新大型時代劇 1 (1984) 役所広司
2 (1985) 渡瀬恒彦
3 (1986) 二代目 中村吉右衛門
スペシャルドラマ (2009-2011) 本木雅弘 / 阿部寛 / 香川照之
表話編歴ザテレビジョンドラマアカデミー賞 助演男優賞1回—10回
1. 岸谷五朗 | 2. 東幹久 | 3. 岸谷五朗 | 4. 高橋克典 | 5. 西村雅彦 | 6. 今田耕司 | 7. 香取慎吾 | 8. 西村雅彦 | 9. 竹野内豊 | 10. 玉置浩二

11回—20回
11. 竹野内豊 | 12. 渡部篤郎 | 13. 内野聖陽 | 14. 萩原聖人 | 15. 野村萬斎 | 16. 滝沢秀明 | 17. 岸谷五朗 | 18. 上川隆也 | 19. 吹越満 | 20. 渡部篤郎

21回—30回
21. 石井正則 | 22. 椎名桔平 | 23. 大沢たかお | 24. 渡部篤郎 | 25. 窪塚洋介 | 26. 香取慎吾 | 27. 堤真一 | 28. 窪塚洋介 | 29. 香取慎吾 | 30. 阿部寛

31回—40回
31. 椎名桔平 | 32. 藤木直人 | 33. 松本潤 | 34. 妻夫木聡 | 35. 堂本光一 | 36. 堤真一 | 37. 古田新太 | 38. 森山未來 | 39. 北村一輝 | 40. 渡辺謙

41回—50回
41. 齋藤隆成 | 42. 阿部寛 | 43. 山本耕史 | 44. 亀梨和也 | 45. 西田敏行 | 46. 伊藤淳史 | 47. 松本潤 | 48. 武田鉄矢 | 49. 伊藤英明 | 50. 田中聖

51回—60回
51. 堤真一 | 52. 北大路欣也 | 53. 北村一輝 | 54. 生田斗真 | 55. 大泉洋 | 56. 松田龍平 | 57. 錦戸亮 | 58. 市原隼人 | 59. 緒形拳 | 60. 佐藤健

61回—70回
61. 竹野内豊 | 62. 堺雅人 | 63. 内野聖陽 | 64. 及川光博 | 65. ARATA | 66. 向井理 | 67. 香川照之 | 68. 高嶋政伸 | 69. 内野聖陽 | 70. 風間俊介

71回—80回
71. 長谷川博己 | 72. 瑛太 | 73. 佐藤浩市 | 74. 北村有起哉 | 75. 中井貴一 | 76. 吉田鋼太郎 | 77. 神木隆之介 | 78. 香川照之 | 79. 岡田将生 | 80. 東出昌大

81回—90回
81. 菅田将暉 | 82. 吉田鋼太郎 | 83. 窪田正孝 | 84. 長谷川博己 | 85. 鈴木亮平 | 86. 高橋一生 | 87. 吉川晃司 | 88. 玉木宏 | 89. 柳楽優弥 | 90. 唐沢寿明

91回—100回
91. 星野源 | 92. 浅野忠信 | 93. 東出昌大 | 94. 竹内涼真 | 95. 高橋一生 | 96. 井浦新 | 97. 吉田鋼太郎 | 98. 佐藤健 | 99. 岡田健史 | 100. 横浜流星

101回—110回
101. 濱田岳 | 102. 高橋一生 | 103. 玉森裕太 | 104. 佐藤健 | 105. 香川照之| 106. 町田啓太 | 107. 高橋一生 | 108. 永山瑛太 | 109. 賀来賢人 | 110. 草彅剛

111回—120回
111. 松村北斗 | 112. 濱田岳

表話編歴NHK紅白歌合戦審査員第1回
春日由三
吉本明光第2回
中山晋平第3回
春日由三
吉川義雄第4回
春日由三
吉川義雄
川村専一
狩野近雄
河上英一
笹本恭彦
明瀬裕
池田太郎
牧定忠第5回
春日由三
吉川義雄
渋沢秀雄
横山隆一
西崎緑
貝谷八百子
田付辰子
メイ牛山第6回
春日由三
吉川義雄
岩田専太郎
勅使河原蒼風
千代の山雅信
小山いと子
吉村公三郎
市川翠穂
マヤ片岡第7回
春日由三
吉川義雄
三國連太郎
小西得郎
栃錦清隆
青木茂高
河上牧子
水木洋子
坂西志保
田村佐紀子
吾妻徳穂第8回
吉川義雄
田中角栄
菊田一夫
若乃花勝治
金田正一
奥むめお
森田たま
細川ちか子
近藤百合子第9回
吉川義雄
横山泰三
水原茂
稲垣浩
朝汐太郎
沢田美喜
杉村春子
戸川エマ
赤堀全子第10回
吉川義雄
木下惠介
大宅壮一
杉浦幸雄
若羽黒朋明
長谷川春子
大濱英子
榊淑子
谷桃子第11回
吉川義雄
秋山登
唐島基智三
柏戸剛
松本幸四郎
中村汀女
田中絹代
秋山ちえ子
江上トミ第12回
長沢泰治
土門拳
高田元三郎
仲代達矢
大鵬幸喜
和田夏十
勅使河原霞
村山リウ
森光子第13回
長沢泰治
工藤昭四郎
東郷青児
森英恵
大山康晴
山内一弘
佐田の山晋松
藤間紫
岡田茉莉子
十返千鶴子
浪花千栄子第14回
長沢泰治
細川隆元
丹羽文雄
實川延若
中西太
栃ノ海晃嘉
飯田蝶子
貞閑晴
新珠三千代
花柳壽輔
佐久間良子第15回
長沢泰治
大林清
北葉山英俊
林与一
古賀忠道
春風亭柳橋
岩下志麻
司葉子
長谷川町子
林美智子
吉屋信子第16回
坂本朝一
円地文子
安達曈子
入江美樹
藤村志保
小絲源太郎
松下幸之助
ファイティング原田
緒形拳第17回
坂本朝一
樫山文枝
五代利矢子
浜美枝
山崎豊子
大佛次郎
尾上菊之助
加藤芳郎
鶴ヶ嶺昭男第18回
中山卯郎
福島慎太郎
木村秀政
西本幸雄
石坂浩二
福原美和
栗原小巻
塩月弥栄子
平岩弓枝第19回
中山卯郎
江夏豊
王馬熙純
榊原仟
鈴木俊一
曽野綾子
高田敏子
藤田弓子
三船敏郎第20回
中山卯郎
浅丘ルリ子
市川海老蔵
今井通子
大谷直子
菅野義丸
佐藤愛子
鶴岡一人
平幹二朗第21回
中道定雄
坂東玉三郎
樋口久子
小林弘
三田佳子
志村喬
武原はん
玉の海正洋
中山律子第22回
仲代達矢
小野田勇
浪花家辰造
大場政夫
宇田川竜男
堀内寿子
大山英子
村山加代子
中山きよ子
樫山文枝
山口果林
高橋信雄
山下迪子
館弘子
石田芳夫
中山紀子
井沢つま
森戸辰男
溝尾正志
花本方美
為久優子
成田知子
桑田たつ子
村上巳里
山下誠
小川善三郎
河野久枝
桑原永子
田川由紀子
佐藤太圭子
山田三智穂
大谷豊二
高橋優子
貴ノ花利彰
赤塚洋文
平内義幸
富岡雅寛
平賀輝子
中川時子第23回
加藤稔
池内淳子
中原誠
森英恵
小林桂樹
中村汀女
井上ひさし
中野貴代
神田好武
真木洋子
輪島大士第24回
高橋洋子
生沼スミエ
棟方志功
村上元三
京マチ子
サトウサンペイ
高田ユリ
尾上菊五郎
寺島純子
北の湖敏満第25回
根本良夫
橋本明治
杉村春子
尾上松緑
栗原小巻
堀江謙一
檀ふみ
魁傑將晃
新垣留美子第26回
根本良夫
尾上梅幸
高橋展子
吉永小百合
加藤剛
三林京子
大竹しのぶ
古葉竹識
三重ノ海五郎第27回
池田彌三郎
浅丘ルリ子
中村梅之助
小野清子
村上隆
堤加蓉子
カロリーナ・ピレス・ド・リオ
若三杉壽人
川上哲治第28回
川口幹夫
市川染五郎
上田利治
旭國斗雄
水島新司
川橋幸子
橋田壽賀子
新井春美
竹下景子第29回
川口幹夫
北の湖敏満
岩下志麻
植村直己
八千草薫
安奈淳
森和人
森下洋子
山本浩二第30回
加藤好雄
若山富三郎
ミヤコ蝶々
菅原文太
大原麗子
松本零士
重兼芳子
古葉竹識
多岐川裕美第31回
加藤好雄
松本幸四郎
陳舜臣
佐久間良子
木田勇
向田邦子
島田陽子
鈴木喜久子
角田好雄第32回
渡辺一雄
石毛宏典
古手川祐子
緒形拳
花井幸子
倉本昌弘
森光子
坂田栄男
高橋洋子
秋竜山
澤地久枝第33回
香川宏
生沼スミエ
玉の海梅吉
森英恵
山藤章二
池上季実子
広岡達朗
村松友視
真野響子
滝田栄
橋田壽賀子
前橋汀子
市川猿之助第34回
香川宏
三船敏郎
松本幸四郎
大原麗子
田淵幸一
樋口久子
松坂慶子
田中裕子
隆の里俊英
谷川浩司
林真理子
胡桃沢耕史
宮尾登美子
山口小夜子
役所広司第35回
菊池綜一
江上由美
釜本邦茂
名取裕子
風間杜夫
石井幹子
連城三紀彦
里中満智子
衣笠祥雄
松坂慶子
市川海老蔵第36回
遠藤利男
三田佳子
中村吉右衛門
高野悦子
小池一夫
武原はん
ジェームス三木
山口洋子
吉田義男
大地真央
北尾光司第37回
中野正之
森光子
清原和博
森下洋子
雁屋哲
黒柳朝
加藤芳郎
山崎洋子
渡辺謙
加納みゆき
千代の富士貢第38回
吉岡利夫
若尾文子
中井貴一
森瑤子
江藤俊哉
俵万智
逢坂剛
森口祐子
近藤真一
若村麻由美
北勝海信芳第39回
今西陽一郎
三田佳子
片岡孝夫
伊藤京子
森祇晶
浅野温子
安野光雅
伊勢桃代
新井満
山口智子
千代の富士貢第40回
沖清司
千代の富士貢
いしだあゆみ
ねじめ正一
小林浩美
中村勘九郎
村崎芙蓉子
西田敏行
石岡瑛子
斎藤雅樹
渡辺梓第41回
沖清司
山本陽子
中村鴈治郎
諏訪内晶子
野田秀樹
コシノジュンコ
渡辺久信
森口祐子
松岡修造
沢口靖子
真田広之第42回
小林由紀子
増井光子
山崎豊子
秋山幸二
芦原すなお
荻野アンナ
若花田勝
貴花田光司
緒形直人
鷲尾いさ子
田中好子第43回
内林達夫
有森裕子
曙太郎
古賀稔彦
富司純子
中田久美
野茂英雄
村上弘明
伊藤みどり
森光子
高橋克彦第44回
松尾武
三田佳子
米長邦雄
市川團十郎
細川直美
筒井道隆
つみきみほ
松原敏春
平瀬真由美
宮尾登美子
川淵三郎
内館牧子
田村亮子
植木等
野村克也
中丸三千繪
古田敦也
ミヤコ蝶々
曙太郎
古橋廣之進
大林素子第45回
松尾武
イチロー
赤井英和
奥野史子
岩下志麻
羽生善治
南井克巳
賀来千香子
川本ゆかり
市川崑
森光子第46回
上田洋一
古田敦也
田村亮子
天海祐希
竹中直人
原辰徳
水谷八重子
中村紘子
ジョージ川口
柳家小さん
大石芳野第47回
上田洋一
有森裕子
川口能活
江角マキコ
仰木彬
清水市代
中村橋之助
森英恵
桂米朝
大石静
周防正行第48回
大橋晴夫
井原正巳
吉永小百合
片岡仁左衛門
伊藤みどり
佐々木主浩
佐藤夕美子
本木雅弘
篠田節子
谷川浩司
吉行あぐり第49回
大橋晴夫
清水宏保
藤原紀香
琴錦功宗
中村玉緒
松平健
俵万智
ジェームス三木
服部道子
熊川哲也
浅利純子第50回
伊東律子
出島武春
松嶋菜々子
内館牧子
野村萬斎
田村亮子
津川雅彦
草笛光子
阿久悠
福嶋晃子
乙武洋匡第51回
伊東律子
田村亮子
長嶋茂雄
高橋尚子
渡辺謙
池内淳子
佐々木主浩
岡本綾
井上康生
木村佳乃
内藤國雄第52回
出田幸彦
栃東大裕
川原亜矢子
室伏広治
竹田恆和
松岡佑子
唐沢寿明
平良とみ
天海祐希
藤田宜永
森下洋子第53回
出田幸彦
朝青龍明徳
米倉涼子
市川新之助
阿川佐和子
宮本恒靖
仲間由紀恵
高橋由伸
恩田美栄
岩合光昭
岸惠子第54回
中村季恵
浅野ゆう子
五木寛之
優香
三谷幸喜
村山由佳
末續慎吾
村主章枝
武田真治
有馬稲子
星野仙一第55回
中村季恵
野口みずき
野村忠宏
橋田壽賀子
中村勘九郎
荒川静香
滝沢秀明
高島礼子
和田一浩
森光子
日野原重明第56回
琴欧州勝紀
薬師丸ひろ子
野口聡一
長澤まさみ
山田洋次
森光子
上川隆也
眞鍋かをり
林家正蔵
栗原はるみ第57回
渡辺謙
阿木燿子
リリー・フランキー
藤山直美
内野聖陽
横峯さくら
田口壮
吉田都
鎌田實
瀬戸内寂聴第58回
宮﨑あおい
上田桃子
岡島秀樹
青木功
中村勘三郎
新垣結衣
茂木健一郎
坂東眞理子
陣内智則
藤原紀香第59回
本木雅弘
吉田沙保里
太田雄貴
高橋尚子
松本幸四郎
松坂慶子
姜尚中
堀北真希
妻夫木聡
上野由岐子第60回
白鵬翔
草刈民代
阿部寛
深田恭子
原辰徳
勝間和代
城田優
杉山愛
西田敏行
森光子第61回
野口聡一
湊かなえ
岩崎夏海
寺島しのぶ
髙橋大輔
上野樹里
伊勢谷友介
仲間由紀恵
北大路欣也
武良布枝第62回
大竹しのぶ
田中将大
コシノジュンコ
三谷幸喜
鈴木京香
佐々木則夫
鈴木明子
松山ケンイチ
松井冬子
琴奨菊和弘第63回
綾瀬はるか
尾木直樹
澤穂希
中村勘九郎
樹木希林
桂文枝
吉田沙保里
入江陵介
菅野よう子
日馬富士公平第64回
田中将大
滝川クリステル
宮藤官九郎
宮本信子
杉良太郎
風吹ジュン
岡田准一

片岡愛之助
阿川佐和子第65回
中園ミホ
尾上松也
蜷川実花
山中伸弥
井上真央
阿部寛
仲間由紀恵
タモリ
黒柳徹子第66回
羽生結弦
堺雅人
長澤まさみ
大泉洋
土屋太鳳
三宅宏実
上橋菜穂子
所ジョージ
有村架純
又吉直樹第67回
高畑充希
辻沙絵
草刈正雄
新垣結衣
大谷翔平
萩野公介
伊調馨
秋本治
春風亭昇太
村田沙耶香第68回
村田諒太
村上茉愛
加藤一二三
吉岡里帆
高橋一生
宮本信子
鈴木亮平
林真理子第69回
阿部サダヲ
安藤サクラ
池江璃花子
小平奈緒
佐藤健
出川哲朗
永野芽郁
中村勘九郎
夏井いつき
野村萬斎
長谷部誠第70回
井上尚弥
上沼恵美子
サンドウィッチマン
渋野日向子
瀬戸大也
田中圭
戸田恵梨香
中西麻耶
長谷川博己
広瀬すず
吉野彰第71回
黒柳徹子
サンドウィッチマン
杉咲花
染谷将太
チコちゃん
宮崎美子
宮本亞門
室伏広治
吉沢亮第72回
石川佳純
清原果耶
小池栄子
坂口健太郎
谷真海
三谷幸喜典拠管理
BNE: XX5020123
BNF: cb16170932q (データ)
FAST: 428024
ISNI: 0000 0001 0653 4095
J9U: 987007457859905171
LCCN: nr99000617
NDL: 00275529
NTA: 37111036X
SUDOC: 145483851
VIAF: 24518318
WorldCat Identities: lccn-nr99000617

「https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=唐沢寿明&oldid=91530820」から取得
カテゴリ: 唐沢寿明日本の男優アクション俳優大河ドラマ主演俳優スーツアクター日本の舞台俳優日本の男性声優研音グループ所属者過去のホリプロ所属者東京都区部出身の人物1963年生存命人物隠しカテゴリ: 出典を必要とする存命人物記事/2017年1月プロジェクト人物伝項目BNE識別子が指定されている記事BNF識別子が指定されている記事FAST識別子が指定されている記事ISNI識別子が指定されている記事J9U識別子が指定されている記事LCCN識別子が指定されている記事NDL識別子が指定されている記事NTA識別子が指定されている記事SUDOC識別子が指定されている記事VIAF識別子が指定されている記事WORLDCATID識別子が指定されている記事ISBNマジックリンクを使用しているページ

評価: 4~5 つ星
レビュー: 5395
再生回数: 5881
[spincontent type=”j”]

Guilty Akuma to Keiyakushita Onna ギルティ 悪魔と契約した女 EPISODE 01 Youtube

A pet groomer at a salon in Shirogane, Nogami Meiko has a lot of celebrity dog-lovers as customers. She cheerfully serves customers with care, and her skills are tried and tested. The salon’s owner, Kotomi, has a strong faith in her, and she is admired by her colleagues. Meiko leads a quiet and fulfilling life…

however, there is another side to her. She has a plan for revenge that she must accomplish. In truth, when she was 19, she was imprisoned for murder but there was also another side to this case. And just as she’s about to execute her plan, she meets a man named Mashima Takuro. She acts mysteriously around him and for some reason, he makes her feel better.

Is he the only miscalculation to her? Or a reckoning?

2. ギルティ 悪魔 と 契約 した 女 原作 Yomiuri

Yomiuri
ギルティ 悪魔 と 契約 した 女 原作

説明: ギルティ 悪魔 と 契約 した 女 原作 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 ギルティ 悪魔 と 契約 した 女 原作 は、読売で検索されたもので、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 8845
[spincontent type=”j”]

3. ギルティ 悪魔 と 契約 した 女 原作 Asahi Shimbun

朝日新聞
ギルティ 悪魔 と 契約 した 女 原作

説明: 朝日新聞で検索した ギルティ 悪魔 と 契約 した 女 原作 に関する上記の情報が、ギルティ 悪魔 と 契約 した 女 原作 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 7853
[spincontent type=”j”]

4. ギルティ 悪魔 と 契約 した 女 原作 The Japan Times

The Japan Times
ギルティ 悪魔 と 契約 した 女 原作

説明: ジャパン タイムズで検索した ギルティ 悪魔 と 契約 した 女 原作 に関する記事のトップです。ギルティ 悪魔 と 契約 した 女 原作 に関する疑問を解決するのに役立ちます。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 1926
[spincontent type=”j”]

5. ギルティ 悪魔 と 契約 した 女 原作 Yomiuri Shimbun

読売新聞
ギルティ 悪魔 と 契約 した 女 原作

説明: ギルティ 悪魔 と 契約 した 女 原作 に関する詳細情報はすでにありますか? ギルティ 悪魔 と 契約 した 女 原作 という記事が読売新聞で検索されました。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 30 95
[spincontent type=”j”]

6. ギルティ 悪魔 と 契約 した 女 原作 Mainichi Shimbun

毎日新聞
ギルティ 悪魔 と 契約 した 女 原作

説明: 毎日新聞で見つけた ギルティ 悪魔 と 契約 した 女 原作 に関する上記の情報が、ギルティ 悪魔 と 契約 した 女 原作 に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 68 11
[spincontent type=”j”]

7. ギルティ 悪魔 と 契約 した 女 原作 Sankei Shimbun

産経新聞
ギルティ 悪魔 と 契約 した 女 原作

説明: 産経新聞で検索した ギルティ 悪魔 と 契約 した 女 原作 に関する記事のトップです。ギルティ 悪魔 と 契約 した 女 原作 に関する疑問を解決するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 6144
[spincontent type=”j”]

8. ギルティ 悪魔 と 契約 した 女 原作 Nihon Keizai Shimbun

日本経済新聞
ギルティ 悪魔 と 契約 した 女 原作

説明: ギルティ 悪魔 と 契約 した 女 原作 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 ギルティ 悪魔 と 契約 した 女 原作 は、日本経済新聞で検索され、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 1606
[spincontent type=”j”]

9. ギルティ 悪魔 と 契約 した 女 原作 Chunichi Shimbun

中日新聞
ギルティ 悪魔 と 契約 した 女 原作

説明: 中日新聞で検索した ギルティ 悪魔 と 契約 した 女 原作 に関する上記の情報が、ギルティ 悪魔 と 契約 した 女 原作 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 9645
[spincontent type=”j”]

10. ギルティ 悪魔 と 契約 した 女 原作 Tokyo Shimbun

東京新聞
ギルティ 悪魔 と 契約 した 女 原作

説明: ギルティ 悪魔 と 契約 した 女 原作 に関する質問を解決するために、東京新聞で検索した ギルティ 悪魔 と 契約 した 女 原作 に関する記事のトップです。
評価: 4~5 つ星
評価: 3907
[spincontent type=”j”]

11. ギルティ 悪魔 と 契約 した 女 原作 Nihon Kogyo Simbun

日本工業新聞
ギルティ 悪魔 と 契約 した 女 原作

説明: ギルティ 悪魔 と 契約 した 女 原作 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 ギルティ 悪魔 と 契約 した 女 原作 は日本工業新聞で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 3424
[spincontent type=”j”]

12. ギルティ 悪魔 と 契約 した 女 原作 Nikkan Kogyo Shimbun

日刊工業新聞
ギルティ 悪魔 と 契約 した 女 原作

説明: 日刊工業新聞で見つけた ギルティ 悪魔 と 契約 した 女 原作 に関する上記の情報が、ギルティ 悪魔 と 契約 した 女 原作 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 7691
[spincontent type=”j”]

13. ギルティ 悪魔 と 契約 した 女 原作 Ainu Times

アイヌタイムス
ギルティ 悪魔 と 契約 した 女 原作

説明: アイヌ タイムズで検索した ギルティ 悪魔 と 契約 した 女 原作 に関する記事のトップです。ギルティ 悪魔 と 契約 した 女 原作 に関する質問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 2167
[spincontent type=”j”]

14. ギルティ 悪魔 と 契約 した 女 原作 Akita Sakigake Shimpo

秋田魁新報
ギルティ 悪魔 と 契約 した 女 原作

説明: ギルティ 悪魔 と 契約 した 女 原作 に関する詳細情報はすでにありますか? ギルティ 悪魔 と 契約 した 女 原作 という記事は、秋田魁新報で検索したものです。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 2535
[spincontent type=”j”]

15. ギルティ 悪魔 と 契約 した 女 原作 Chiba Nippo

千葉日報
ギルティ 悪魔 と 契約 した 女 原作

説明: 千葉日報で検索した ギルティ 悪魔 と 契約 した 女 原作 に関する上記の情報が、ギルティ 悪魔 と 契約 した 女 原作 に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 9360
[spincontent type=”j”]

16. ギルティ 悪魔 と 契約 した 女 原作 Chugoku Shimbun

中国新聞
ギルティ 悪魔 と 契約 した 女 原作

説明: 中国新聞で検索した ギルティ 悪魔 と 契約 した 女 原作 に関する記事のトップです。ギルティ 悪魔 と 契約 した 女 原作 に関する疑問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 1602
[spincontent type=”j”]

17. ギルティ 悪魔 と 契約 した 女 原作 Daily Tohoku

デイリー東北
ギルティ 悪魔 と 契約 した 女 原作

説明: ギルティ 悪魔 と 契約 した 女 原作 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 ギルティ 悪魔 と 契約 した 女 原作 はデイリー東北で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 8307
[spincontent type=”j”]

18. ギルティ 悪魔 と 契約 した 女 原作 The Eastern Chronicle

イースタン クロニクル
ギルティ 悪魔 と 契約 した 女 原作

説明: イースタン クロニクルで検索した ギルティ 悪魔 と 契約 した 女 原作 に関する上記の情報が、ギルティ 悪魔 と 契約 した 女 原作 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 91 19
[spincontent type=”j”]

ギルティ 悪魔 と 契約 した 女 原作 に関する質問

ギルティ 悪魔 と 契約 した 女 原作 についてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。ご質問やご提案はすべて、次の記事の改善に役立てさせていただきます。

記事 ギルティ 悪魔 と 契約 した 女 原作 は、私と私のチームがさまざまな情報源から編集したものです。 記事 ギルティ 悪魔 と 契約 した 女 原作 が役に立った場合は、チームをサポートしてください。「いいね」または「共有」してください!

検索キーワード ギルティ 悪魔 と 契約 した 女 原作

ギルティ 悪魔 と 契約 した 女 原作
方法ギルティ 悪魔 と 契約 した 女 原作
チュートリアル ギルティ 悪魔 と 契約 した 女 原作
【キーワード】 無料

Có thể bạn quan tâm: