あなたは キックボクサーの●は、「キック界のカリスマ」という異名があるが、●に入るのは? について学んでいます。今日は、インターネット上の多くの情報源から私たちのチームが編集および編集した記事 キックボクサーの●は、「キック界のカリスマ」という異名があるが、●に入るのは? を共有します。 キックボクサーの●は、「キック界のカリスマ」という異名があるが、●に入るのは? に関するこの記事がお役に立てば幸いです。

Page Contents

キックボクサーの●は、「キック界のカリスマ」という異名があるが、●に入るのは?

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

キックボクシングKickboxing
使用武器
ボクシンググローブ発生国
日本発生年
1966年(昭和41年)創始者
野口修・山田辰雄源流
ムエタイ・空手・ボクシング派生種目
シュートボクシング・K-1・グローブ空手主要技術
蹴り技・パンチング・肘打ち公式サイト
全日本キックボクシング連盟新日本キックボクシング協会WAKOWKAテンプレートを表示
プロジェクト キックボクシング 2010年オープンのドイツ
キックボクシング(英: kickboxing)は、格闘技の一つ。

概要[編集]
日本のボクシングプロモーター野口修がムエタイの試合ルールを参考にして考案した、日本発祥の打撃格闘技である。興行によってはムエタイ・空手・ボクシング・シュートボクシング・サバット・ドラッカ・テコンドー・散打等、様々な種類の立ち技格闘家同士が異種格闘技戦をすることもあり、プロ格闘競技種目の名称となっている。
野口が1960年代にタイ王国の国技ムエタイを日本に招致する興行プランを立案。「ムエタイ対空手」、「ムエタイ対ボクシング」の異種格闘技戦のアイデアを実現させるために、試合としてのルールを編成したものである。興行が成功した結果、キックボクシングは「アジア地区で立ち技格闘技として最強と謳うムエタイに対抗し、日本が独自で開発した格闘技の一つ」とされている。

歴史[編集]
キックボクシング成立前史[編集]
1959年(昭和34年)12月20日、東京都台東区の浅草公会堂でサノン・ETC対ベライノ・チールムーンという、タイ人同士によるムエタイの試合が日本で初めて開催された[1]。日本拳法空手道の創始者・山田辰雄は直接打撃制による空手の試合化を目指しており、その研究の一環としてムエタイに興味を示す。既に山田は同年11月に「新スポーツの発足と其企業化計画草案大綱」なる企画書を発表し、新スポーツ「空手ボクシング(仮称)」を提唱した。この企画書の中で山田は「昭和35年の新春を期して、当方競技とやや同系類に属する『タイ国拳法選士団』を招聘」すると発表した。浅草公会堂で行なわれたムエタイ試合が、山田が招聘したものかどうかは判然としないが、山田が日本で初めてムエタイに関心を示した空手家の一人であったことは確かである。山田はさっそく飯田橋の道場にムエタイ・前チャンピオンのカウキー(カウイとも)を招待して、息子の山田侃にスパーリングの相手をさせ、ムエタイの研究を始めた。このカウキーを山田のもとへ連れてきたのが野口修だったのである。1961年(昭和36年)、山田が発行した『日本拳法空手道教本』創刊号には、すでにカウキーの写真が掲載されており、この時すでに山田は空手とムエタイを融合させた新スポーツの構想を膨らませていた。
1962年(昭和37年)、山田は空手ボクシングを「第一回空手競技会」として後楽園ホールで開催した。これはノックアウト(打倒勝)、体重別階級、グローブ着用などのルールを採用して行なわれた。のちのキックボクシングやフルコンタクト空手に先駆ける画期的試みだったが、寸止めルールを採用する当時の空手界からは黙殺され、新聞でも「ナグるケる木戸ご免」、「正統派?うたう空手競技会」などと酷評された。山田の早すぎた試みは結局挫折に終わった。一方、野口修は1962年(昭和37年)8月24日に後楽園ホールで開催された日本で二度目のムエタイ試合を観戦して感激し、空手対ムエタイの興行の可能性を感じた。早速野口は空手家にこの構想を打診するが、この時の相談相手が大山倍達(当時大山道場、のちの極真会館)と山田辰雄だった。1963年(昭和38年)、大山道場から黒崎健時・中村忠・藤平昭雄がタイ王国のバンコクへ向かい、空手対ムエタイの交流戦に参加した。当地では「日本から空手が殴り込みに来た」と大変な反響を巻き起こした。結果は2勝1敗で大山道場勢が勝ち越したものの、敗れた黒崎は打倒・ムエタイを誓い、1969年(昭和44年)にキックボクシングの目白ジムを創設して、大沢昇・島三雄・藤原敏男らを輩出した。

キックボクシングの成立[編集]
タイ王国での成功に自信をつけた野口修は、1966年(昭和41年)1月30日、キックボクシングの名称を考案して日本キックボクシング協会を設立。空手家やボクサーなど異なる武道・格闘技のバックボーンを持つ選手を集め、4月11日に大阪府立体育会館で初めての興行を開催した。この時、直前になって突然大山倍達から「都合があって、申し訳ないが、どうしても選手を出せない」と辞退の連絡を受けた。山田辰雄の道場の選手だけでは試合に足りないことに慌てた野口が、急遽出場を依頼した一人に日大芸術学部空手部・剛柔流空手出身の沢村忠がいた。野口はボクサーであるライオン野口(野口進、元ボクシング日本王者で野口ボクシングジム創始者)の長男であり、帝拳ジムでボクシング業界裏方修行を積んだ、プロモーターの申し子のような人物であった。もともと存在したツテを生かしてテレビ局に対しても積極的に売り込んでいった。野口の政治力、熱意なしに国内に根付くことはなく、野口は“キックボクシング”を商標登録していた[2]。キックボクシングは全国的なブームを巻き起こし、在京の民放4局では沢村忠がエースの『YKKアワー キックボクシング中継』(TBSテレビ)、大沢昇がエースの『キックボクシング』『ゴールデン・キックボクシング』(日本テレビ)、山崎照朝がエースの『ワールドキックボクシング』(NETテレビ)、藤原敏男がエースの『キックボクシング中継』(東京12チャンネル)を独自に毎週レギュラー放映するほどの人気に至った。
日本拳法空手道は創始者・山田辰雄が亡くなった1967年(昭和42年)以降もキックボクシングへ協力し、錦利弘はキョードー東京のスター選手となり、日本人としては初めてタイ人現役ランカーにKO勝利。日本拳法空手道が組織として関わったのは『ワールドキックボクシング』で、江口和明(初代バンタム級チャンピオン)らを選手として送った。極真会館はキックボクシング成立以前からプロ空手の立ち上げを狙っていたが、キックボクシングが成立後にNETテレビから誘いを受け、極真ジムを立ち上げて山崎照朝(オープントーナメント全日本空手道選手権大会チャンピオン)・添野義二・及川宏ら選手を『ワールドキックボクシング』へ送り込んだ。1969年(昭和44年)春には東京12チャンネルが、岡村プロモーションを通じて黒崎健時の目白ジムと提携し、同年の8月2日からテレビ中継を開始。1971年(昭和46年)には日本テレビで中継していた協同プロモーションの賛同も得て、石原慎太郎がコミッショナーを務める第2の団体全日本キックボクシング協会が設立され、日本テレビの協同プロモーションと東京12チャンネルの岡村プロモーションによる「八階級全日本統一王者決定戦」を日本武道館で行うなど、日本キックボクシング協会と双璧をなす団体にまで成長した[3]。
1969年には日本の大学で初の『日本大学キックボクシング同好会[注釈 1]』を同大学生であった山崎照朝が結成[1]。同好会は後に部へ昇格し、1972年10月には全日本学生キックボクシング連盟が発足され、山崎は同連盟の設立に尽力した[1]。
1970年代に入ると、野口プロモーションは五木ひろしの興行による莫大な利権でナベプロ、ホリプロとの賞レースに参入するなど世間を賑わせていた。その反面、もう一つの興行の柱であるキックボクシングは凋落の道を辿っていた。オイルショック後の大不況、日本テレビやTBSの放送打ち切り、沢村忠の休業(のち引退)で興行成績・人気はみるみる下降した。日本をあきらめ香港での試合出場に本腰を入れるも当地での事故発生で興行不能となる。日本のキックボクシング界は統合に向かって進んでいったが焼け石に水であった。

分裂期[編集]
1984年(昭和59年)に、日本のキックボクシングの7団体のうち4団体が解散し合同して日本キックボクシング連盟を設立。同年11月30日に、後楽園ホールで旗揚げを行なう。1985年(昭和60年)に、日本キックボクシング連盟の元理事長で、六本木で「朋昌」という会社を営んでいた実業家の石川勝将が「マーシャルアーツ日本キックボクシング連盟」を設立。石川は、同団体を追放された形でMA日本を設立した。1987年(昭和62年)7月に、マーシャルアーツ日本キックボクシング連盟に所属していたジムが同連盟を離脱し、全日本キックボクシング連盟を創設した。この際、ジムのみならず、認定していた5階級の現役王者全員が全日本キックに流出した。1996年(平成8年)に入ると、全日本キックが完全に分裂し、当時同団体の理事長を務めていた藤田眞と所属していたジムの大半が離脱。ニュージャパンキックボクシング連盟(以降、NJKF)を結成。1997年(平成9年)10月に「オールジャパンエンタープライズ」が倒産したため、全日本キックボクシング連盟が解散。直後に、有力ジムにより同連盟が立ち上げられ、活動を再開した。1997年(平成9年)に全日本キック所属のジム「アクティブJ」が新団体のJ-NETWORK(以降、J-NET)を結成した。また、全日本キック傘下のジムとして主催興行を予定していた1997年(平成9年)12月21日をJ-NETの旗揚げ興行とし、その日に興行を行った。1998年(平成10年)6月14日に、八王子FSGを中心としたジムが記者会見を開き、彼らは全日本キックを離脱し、キック・ユニオン(K-U)を結成すること明らかにした。

K-1の登場[編集]
1990年代になりテレビ界とのコネクションをつけてフルコンタクト空手の大会を催していた石井和義が、キックボクシングの亜流ルール(肘打ちを禁止する欧州ムエタイルールをアレンジしたもの)で空手・ボクシング・ムエタイなど、多くの立ち技系格闘技の選手を招き、テレビ局との共催で打撃系格闘技世界最強を決めると称する大会「K-1」を立ち上げ、人気を博す。肘打ちを禁じて流血する度合いを減らし、首相撲によるクリンチ状態になると早めにブレイクして膠着した試合を防いだ。見る側であるオーディエンスに配慮したルール制定と、派手な演出でブームを呼び起こした。

新団体の設立[編集]
2006年(平成18年)5月に、新日本キックボクシング協会所属の藤ジムが離脱を表明し、天空キックボクシング協会の設立を表明。元々は興行を開催する事務局だったが、藤ジム会長の加藤重夫の「団体として確立させないと、試合の意義がただのジム対抗戦となり、それでは選手にとって可哀想であることと、ファンにとっても、単に試合があっただけという一過性のままで終わらせるのは良くない」という理由により団体として設立させることを決め、加藤は協会の会長に就任した[4]。12月に、アメリカ合衆国オクラホマ州に本部を置く全世界キックボクシング連盟(UKF)の日本進出の足がかりとして、UKFジャパンが設立。理事長には、かねてよりUKFと親交のあった羽田善彦が選ばれた[5]。
2008年(平成20年)2月12日にタイ・バンコクで、山根千抄がWBCムエタイ会長のゴーヴィット・パックディーブーム(WBC副会長兼務)と、ジャパン・プロフェッショナル・ムエタイ・コミッション(以下、JPMC)が日本におけるWBCムエタイが認可する唯一の組織であるという調印を交わした。3月3日にJPMC設立(NPO法人申請中)のプレスリリースを公表し、JPMCが日本におけるWBCムエタイへの唯一の窓口とした。同年10月1日に、JPMCの正式名称を、「コミッション」から委員会を意味する「コミッティ」に改称。同時に、JPMCをWBCムエタイルールに基づくプロのムエタイ活動の窓口として組織を再構することを発表[6]。
2009年(平成21年)6月13日に、東京都でJPMC、NJKF、MA日本が共同で記者会見を開き、「WBCムエタイルール日本統一王座決定トーナメント」の開催を発表[7]。7月中旬に全日本キックボクシング連盟代表の金田敏男が逮捕されたことにより、同団体が解散[8]。9月23日、「WBCムエタイルール日本統一王座決定戦」において、フライ級・バンタム級・スーパーバンタム級・フェザー級の4階級で初代日本統一王者が誕生[9]。
2010年(平成22年)1月23日、M-1ムエタイチャレンジが中心となってジャパン・マーシャルアーツ・ディレクターズ(JMD)の発足を発表[10]。世界プロムエタイ連盟(WPMF)の日本本部としてJMDがWPMFルールを管轄する。JMDにはムエタイの他、独自ルールのR.I.S.E.も参加していたが、2011年に離脱。その後、WBCムエタイを離脱したMA日本が加わった。
2016年(平成28年)11月22日、国内複数の団体と連携して統一を図る一般社団法人キックボクシング振興会の発足を発表[11]。

世界のキックボクシング[編集]
ヨーロッパ[編集]
大山道場(後の極真会館)で修業したジョン・ブルミンが1962年に帰国しオランダで「オオヤマ道場」を設立。空手と柔道を教え、オランダに空手が広まる。その後、大山道場師範代だった黒崎健時が1966年に11ヶ月間オランダで指導し、キックボクシングの技術も伝えた。黒崎がキックボクシングに転向し設立した目白ジムで修行したヤン・プラスが母国のオランダに目白ジム・アムステルダムを設立。トム・ハーリックが設立したドージョー・チャクリキ、目白ジム・アムステルダムの創設メンバーの一人だったヨハン・ボスが設立したボスジムと共に「オランダ三大ジム」と称されている。

アメリカ[編集]
1970年代、アメリカでは伝統派空手が普及しており、試合は寸止めでポイントを争う試合が一般的であったが、1970年1月17日に開催された空手大会ではスペシャルマッチとしてロサンゼルスで初めて、直接打撃する試合が行われた。選手はボクシングリングで上半身裸にボクシンググローブ着用、下半身は空手着という格好で、ジョー・ルイスが2ラウンドKO勝ちした[12]。ルイスが中心となり1974年、プロ空手協会(PKA)を設立した。当初の名称はフルコンタクト空手。1980年代後半あたりから、フルコンタクト・キックボクシングという呼称で呼ばれるようになった。ちなみに、フルコンタクト空手の名称はこちらがオリジナルで、極真空手に代表されるような、日本のフルコンタクト空手とは関係は無い。プロ空手協会から分離独立した世界キックボクシング協会 (WKA)が日本のキックボクシングと提携していった。

女子キックボクシング[編集]
女子キックボクシングの歴史も古く、男子でさえ黎明期であった1960年代には既に女性のキックボクサーも存在していた。1974年(昭和49年)に女子プロレス以外では日本初の女子プロ格闘技団体となる日本女子キックボクシング協会が発足され、単発で興行を行った。興行は東京12チャンネル(現・テレビ東京)にて『ピンクショック!』→『激突!女子格闘技大戦争』のタイトルで中継も実施された。しかし、これらは当時大人気だった女子プロレスに対抗するべくお色気・エンタメ色が強調されたものであった。番組内では同協会とは別組織である全日本女子格闘技連盟によりマーシャルアーツやボクシングなどの試合も放送していた。
日本女子キック協会は1980年代に幕を下ろし、一部の選手はシュートボクシングや日本キックボクシング協会などに戦いの場を移す。1990年代には全日本女子プロレスにてキックボクシングルールに近い格闘技戦(団体ではグローブマッチと呼ばれた)を開始して王座も創設され、やがて異種格闘技対抗戦に発展し火が付いた。その後、シュートから多くの選手がキックに転向し、そのひとりである神風杏子が世界王座を獲得。さらに熊谷直子、三井綾、中沢夏美の「不動館三人娘」らの活躍により、競技色が強まった形で女子キックは再興された。興行内では女子ボクシングの試合も組まれ、シュガーみゆきらが転向して活躍。女子ボクシング部門は後に日本女子ボクシング協会として独立し、日本ボクシングコミッションが女子を認定する2007年(平成19年)まで続けられた。
2000年代には、柴田早千予がキック・ムエタイで合わせて8冠を獲得する活躍を見せる。そして女子総合格闘技のスマックガール(現・JEWELS)などと合わせていわゆる「ジョシカク」としてブームを築き上げ、女子キックボクサーは増加した。それに伴い、全日本・新日本などが女子のみの興行を開始。天空キックボクシング協会は元々女子限定イベントとして旗揚げされたが、翌2006年(平成18年)に男女団体化。2007年(平成19年)にはJ-NETWORKがキック界として初めてとなる女子国内王座「J-GIRLS王座」を創設した。J-GIRLSはスカイ・A sports+での中継もされている。その後もM-1ムエタイチャレンジ、ニュージャパンキックボクシング連盟も女子王座を創設している。
2009年(平成21年)にはK-1が女子部門を新設し、女子限定イベント開催に向けて動き出している。

ルール[編集]
団体分裂の影響もあり、ムエタイに近いものから危険な技を取り除き安全性を高めたものまでさまざまなルールが存在する。特に肘や膝を用いた攻撃は流血を伴いやすく禁止されていることもある。最も極端なスタイルでは肘打ちや膝蹴りはもちろん、団体によってはスネをつかった蹴りも禁止され、腰から上のみの攻撃が許されているというものがある。

日本のキックボクシング[編集]
ムエタイとよく似ており、ローキック、肘打ち・ボディおよび顔面への膝蹴りを認めている。ボクシング同様3分1ラウンドで1分の休憩を挟む形式が主流で、タイ国内におけるムエタイのように休憩に2分取ることは稀である。ラウンド数は3 – 5であり、3Rは新人選手、トップ選手の場合は5Rで行ってきたが、K-1の影響もあって3Rで試合を行なうケースが増えてきている。ムエタイルールとの差異はポイントシステムで、膝蹴りやボディへのキックが大きなポイントとなるタイと異なり、日本の場合は比較的どの打撃も公平にスコアされる。

ムエタイルール[編集]
ローキック、肘打ち、ボディおよび顔面への膝蹴りを認めている。タイのムエタイが賭けの対象であることもあって、ラウンド間のインターバルは2分である。しかし、国際ルールなどでは、1分または1分30秒に短縮することもある。ムエタイとキックボクシングとの違いを佐藤嘉洋は「ムエタイは技の華麗さやディフェンスのうまさ、キックボクシングは相手に与えたダメージの多さで判定する」と語っている。

欧州ムエタイルール[編集]
オランダで発祥したルール。欧州でいち早くムエタイが普及したオランダであったが、安全性の考慮からか肘打ちおよび頭部への膝蹴りが禁止されている。試合は3分5ラウンドで行なわれる。K-1の公式ルールはこの欧州ムエタイルールをアレンジしたものである。

フルコンタクトルール[編集]
1970年代にアメリカで発祥したルール。伝統派空手から派生したため、ローキック(下段蹴り)、肘打ち、膝蹴りを禁止している。1ラウンド2分で、タイトルマッチは世界戦は12R。選手の服装は、基本は空手衣をモデルにしたサテン製のロングパンツ着用だが、トランクス・キックパンツを選ぶ選手もいる。脚には、脛当てとフットパッドと呼ばれる靴状のプロテクターの着用が義務づけられている。また、ボクシングとの差異を図るため、1ラウンドにつき、対戦相手の腰より上への蹴りを8回蹴らなくてはいけない。8回に満たない場合は、ポイントが減点される仕組みである。このルールによる試合形式は、対ムエタイを標榜する日本では全く流行らず、現在においても行なわれていない。しかし近年のアメリカ合衆国に於いて、このフルコンタクトスタイルを復活させる目論みとして、フルコンタクトルールをベースに膝蹴り(首相撲は不可、ムエタイでいうテンカオのみ)を有効打に加え、腰より上へ8回蹴る決まりを廃止した独自のルールで争う「World Combat League(ワールドコンバットリーグ、通称WCL)」という団体がチャック・ノリスによって設立された。

インターナショナル・ルール[編集]
別名レッグキック(ローキック)・ルール。一時期の欧米ではこのルールが、“キックボクシング・ルール”とされていたことがある。1976年に世界空手協会として創設されたアメリカのWKAが1977年より全日本キックボクシング協会と提携することで独自性を確立すべく提唱したルール。ムエタイを機軸とした日本のルールとアメリカのプロ空手(フルコンタクトルール)の折衷案として、アメリカと日本や欧州の選手が同じリングで戦えるようにするために採用された。基本は2分1ラウンドのフルコンタクトルールに大腿部の外側のみのローキックを認めたもので、膝関節や内股への打撃は禁止されていた。1980年代前半までは、選手のフルコンタクト用ロングパンツ着用と1ラウンドにつき腰より上を8回蹴るルールが義務付けられていた。ただし、足へのプロテクションはフットパッドのみで、脛当ては除外された。日本でも1980年代前半の一時期、全日本マーシャルアーツ連盟の興行では頻繁に行なわれていたルール。続く新生、全日本キックボクシング連盟の興行でもWKAのタイトルマッチなどの国際戦ではこのルールが採用されていた。ただ、この時期より、ロングパンツの着用や8キックカウントは徐々に除外されるようになった。アメリカ国内ではWKA以外ではKICKという団体が世界タイトル戦のみで採用していたルールだが、やがてWKAを含む多くの団体が、このルールを含む複数のルールのチャンピオンを認定するようになり、それにともない、ローキックの攻撃箇所に差異が現れるようになった。

国際競技空手協会#公式ルール
世界キックボクシング団体協会#ルール
世界フルコンタクト協会#ルール勝敗[編集]
アマチュア[編集]
KO(KnockOut):相手がダウンしたのち、10カウント以内に立ち上がれない場合やファイティングポーズをとれない場合、もしくはレフェリーがダメージ甚大と判断してカウントアウトした場合。
判定(英:on Point):ラウンド毎に採点をし、より多くの点をとった選手を勝者とする。プロ[編集]
KO:プロの場合、相手がノックダウンしたあと10カウント以内に立ち上がれなかった場合。
TKO(Technical Knock Out):どちらかの選手が明らかに不利な場合や、試合続行不可能な状態になって試合を止めた場合。
判定:ラウンド毎に採点をし、より多くの点をとった選手を勝者とする。採点方法[編集]
採点方法は10点満点の減点方式。ノックダウン1回で2点減点、ノックダウン2回で3点の減点。ノックダウンがなかった場合、より的確にパンチを当てていた選手に10点が、そうでない選手に9点が与えられる。採点は3人のジャッジで行ない、2人以上のジャッジが支持した選手を勝者とする。ジャッジが3人とも一方の選手を支持した場合をユナニマス・デシジョン、2人が支持し、もう1人が引き分けであった場合をマジョリティ・デシジョン、1人のジャッジがもう一方の選手を支持した場合をスプリット・デシジョンと呼ぶ。またどちらの選手も2名以上のジャッジの支持を得られなかった場合、ドローとなる。3名が引き分けとした場合をユナニマス・ドロー、2名が引き分けとし、もう一人がいずれかの選手を支持した場合をマジョリティ・ドロー、ジャッジ2名がそれぞれ異なる選手を支持し、もう一人が引き分けであった場合をスプリット・ドローと呼ぶ。

反則[編集]
試合中に以下の行為を行った場合、反則となり、レフェリーに注意を受ける。注意が重なった場合、減点対象となり、悪質な場合は失格負けとなる。

バッティング:頭部で攻撃する。
ローブロー:下腹部(金的)への攻撃。
ラビットパンチ:相手の後頭部を攻撃する。
相手の背中側を攻撃する(キドニーブローとされる場合がある)。
レフェリーがブレイクを命じた後に攻撃する。
ラウンド終了のゴングが鳴った後に攻撃する。
サミング:グローブの親指で相手の目を突く攻撃。
オープンブロー:グローブの内側で打つ攻撃。
投げ技で相手を地面に投げつける攻撃(団体やルールによる)。
関節技・絞め技(団体やルールによる)。
ラウンド中に規定の回数以上の蹴りを出さない(団体やルールによる)。
肘打ち(団体やルールによる)。服装[編集]
アマチュア[編集]
海外のアマチュアキックボクシングの試合。写真のように服やキックボクシング用の胴衣を着用することがある。日本では見られない。
団体やルールにもよるが、通常はボクシングのトランクスやムエタイ同様のキックパンツ、またはキックボクシング用の長ズボンや空手着下衣をはき、防具としてヘッドギア、グローブを着用する。足には靴を履かず裸足もしくはアンクルサポーター(足首から脛を覆う薄手のストッキング状のサポーター)を着けて試合を行なう場合がほとんどだが、ルールによっては脛あて(レガース・レックパット)と、足を保護する靴型のプロテクター(サポーター)を着用することもある。また、負傷防止のためマウスピースとファウルカップを着用する。アマチュアのムエタイでは胴体部分に防具を身につける。

プロ[編集]
通常はボクシングやムエタイ同様に上半身は裸体であり、国際式ボクシングのトランクスより蹴りを出しやすく、ルーズに作られたキックパンツ、またはアメリカンカラテ・キックボクシングの影響を受けた、派手なロングパンツを着用する。
以前はムエタイブランドのパンツを使う場合が多かったが、最近はオリジナルデザイン・縫製のオーダーメイドパンツを着用する選手も多い。
グローブを着用し、足には靴を履かず裸足もしくはアンクルサポーター着用で試合を行なう。しかし団体またはルールによってはプロの試合でも、足を保護する靴型のプロテクターと脛あてを着用することもある。またスパーリングの場合にはヘッドギアやレガースを着用することもある。その他、腕にパープラチアット(ムエタイ選手が腕部に付けるお守り)をつける選手もいる。
着用されるグローブはタイ製のグローブが多いが、日本製のウイニングが採用される場合や、レイジェスなど薄いメキシコ製の場合もあり、規格は特定されていない。ただし、対戦者同士は同じグローブを使用する。

ブランド[編集]
主なムエタイ・キックボクシング用品のブランドとして、タイ国製のウインディ、タイサマイ、FBT、ツインズなどがある。また日本の格闘技用品業者も製造をタイのメーカーにOEM委託する場合が多いが、最近では自社で企画・製造する日本の業者も現れている。

タイトルと団体[編集]
日本の王座認定団体は複数に分裂しており、また世界王座認定団体も多く乱立している。ここではプロの日本の地区王座、主要な日本王座そして世界王座を挙げる。

世界タイトル
世界キックボクシング協会(WKBA)新日本キックボクシング協会が母体世界キックボクシング協会 (World Kickboxing and Karate Association / WKA)
国際キックボクシング連盟 (International Kickboxing Federation / IKF)
国際競技空手協会 (International Sport Karate Association / ISKA)
世界キックボクシング連盟 (World Kickboxing Federation / WKF)
世界キックボクシング団体協会 (World Association of Kickboxing Organizations / WAKO)
世界マーシャルアーツ連盟(World Martial Arts Federation / WMAF)マーシャルアーツ日本キックボクシング連盟が母体K-1トーナメント方式による大会で毎年王者を決定し、それとは別に王座認定も行なうS1トーナメント方式による大会で年2回世界王者を決定し、それとは別に王座認定も行なうWBC MUAY THAI世界ボクシング評議会が2005年、ムエタイ部門の発足を表明した。日本の国内タイトル
BLADE FIGHTING CHAMPIONSHIP(Bigbang、REBELS、R.I.S.E. の三団体合同運営)
KICKBOXING ZONE – 全日本キックボクシング連盟 (All Japan Kickboxing Federation / AJKF)の後継団体
ニュージャパンキックボクシング連盟 (New Japan Kickboxing Federation / NJKF)
新日本キックボクシング協会 (Shin Nihon Kickboxing Association / SNKA)
マーシャルアーツ日本キックボクシング連盟(Martial Arts Japan Kickboxing Federation / MAJKF)
J-NETWORK女子王座も認定M-1WPMF日本支局R.I.S.E.トーナメント方式で毎年王者を決定していたが、2008年より3階級での王座認定を開始。NKB(Nihon Kick Boxing / 日本キックボクシング)アジア太平洋キックボクシング連盟、日本キックボクシング連盟、K-Uの3団体が統一王座とランキングを制定UKFジャパン東洋王座も認定日本プロキックボクシング連盟通称「日本プロキック連盟」・「日本プロキック」等日本シュートボクシング協会世界王座も認定。トーナメント方式の世界大会も行っている。ジャパン・プロフェッショナル・ムエタイ・コミッティ (Japan Professional Muay Thai Committee / JPMC)WBCムエタイ公認のムエタイコミッション。K-1トーナメント方式による大会で毎年王者を決定していた時期もあったが、本大会での日本人選手の不振により、最近は「K-1JAPAN王者」の称号は使用は流動的になっている。日本格闘技キック連盟一昔前は関西キックとして一世を風靡。しばらく活動停止していたが復活し、関西でのキックボクシング人気の復活に貢献している。UN-JK連盟和術慧舟會の立ち技部門として創設。KNOCK OUT(ノックアウト)新日本プロレスで一定の成功を収めたブシロードによるキックボクシングイベント。日本の地区タイトル
沖縄格闘技連盟(Okinawa Martial Arts Federation / OMAF)
ISKA沖縄
全沖縄王座(主に天下一スタジアムが認定する王座)
JML(REAL DEALという会社兼ジムが認定する九州王座)
格闘技MISSION(GOD’S GYMというミッション系のジムが認定する王座)
国際チャクリキ協会認定西日本王座アマチュア[編集]
この一覧には空手の団体も含まれているが、これは競技にボクシング用のリングまたはグローブを使用し、直接打撃制のルールを採用しているからである。また、プロのキックボクシングの王座を認定する団体がアマチュアの大会を開いたり、アマチュア王座を認定する場合もある。

地区団体
長野県ムエタイ連盟
山梨県キックボクシング協会国内団体
全日本学生キックボクシング連盟 (University Kickboxing Federation / UKF)
全日本新空手道連盟 (All Japan Shin Karatedo Federation / AJSKF)キックボクシングを名乗らないがスタイル・ルールもキックボクシングに近く、プロキックボクサーへの登竜門的な存在である。全日本グローブ空手道連盟 (All Japan Glove Karate Federation / AJGKF)
日本アマチュアキックボクシング連盟 (Japan Amateur Kickboxing Federation / JAKF)
J-NETWORKプロの団体だが、アマチュアの選手育成も行っている。UN-JK連盟プロの団体だが、アマチュアのオープントーナメントも開催している。国際団体
世界キックボクシング団体協会GAISF公認のアマチュアキックボクシング統括団体。プロの王座も認定。世界ムエタイ連盟タイ国政府・タイ国オリンピック委員会公認。アマチュア競技のみを統括。世界キックボクシング協会 (World Karate and Kickboxing Association / WKA)プロ団体だが、アマチュアキックボクシングの国際大会の開催や、アマチュア王座の認定も行っている。国際キックボクシング連盟 (International Kickboxing Federation / IKF)プロ団体だが、アマチュアキックボクシングの国際大会の開催や、アマチュア王座の認定も行っている。
国際キックボクシング・文化振興協会
新日本キックボクシング協会所属・治政館ジムの長江國正が創設した団体。テレビ番組[編集]
(YKKアワー)キックボクシング中継 – TBS系で1968年から1980年まで放送していた中継番組
キックボクシング – 日本テレビ系で1969年 – 1971年に放送していた中継番組
ワールドキックボクシング – NET系で1969年 – 1970年に放送していた中継番組
ゴールデン・キックボクシング – 日本テレビ系で1970年 – 1976年に放送した中継番組(上記の『キックボクシング』と並行)
キックボクシング中継 – 東京12チャンネルで放送していた中継番組参考文献[編集]
沢村忠監修『キックボクシング入門』秋田書店、1969年
小沼保『本部朝基と山田辰雄研究』壮神社、1994年
『フルコンタクトKARATE』1994年5月号、福昌堂(雑誌)
『キックボクシング入門』ベースボール・マガジン社、2003年発行(ムック)
『キックボクシング入門 増補・改定版』ベースボール・マガジン社、2008年9月15日発行(ムック)脚注[編集]
[脚注の使い方]注釈
^ 当時の名称は「日本大学手足拳闘同好会」であった[2]。

出典
^ a b c 山崎照朝 (2013年12月17日). “学生キックボクシング連盟創立40周年”. 中日スポーツ. コラム 撃戦記. 中日新聞社. 2014年6月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年6月4日閲覧。

^ a b 山崎照朝 (2011年12月24日). “全国的な広がり待たれる大学キックボクシング”. 中日スポーツ. コラム 撃戦記. 中日新聞社. 2012年5月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月26日閲覧。

^ 『東京12チャンネル 運動部の情熱』120~132頁(著:布施鋼治、発売:集英社)

^ [天空]5.28 新宿:「天空キックボクシング協会」に団体化 BoutReview: 2006-5-2. 2009年9月27日閲覧.

^ [武頼漢]1.21 新宿:新田、UKF世界戦調印式でマジットとエール交換 BoutReview: 2007-1-20. 2009年9月27日閲覧.

^ JPMCが組織名と活動方針を一部変更 BoutReview:2008-10-3. 2009年9月27日閲覧.

^ WBCムエタイルール日本統一王座決定トーナメント開催! NJKF: 2009-6-13. 2009年9月27日閲覧.

^ 全日本キック解散。Krushフェスで新団体発表 BoutReview: 2009-8-21. 2009年9月27日閲覧.

^ 4階級で初代の日本統一王者が決定 BoutReview:2009-9-25. 2009年9月27日閲覧.

^ ムエタイ&RISEをより競技化するためJMD発足、理事長は藤原敏男氏! GBR: 2010-1-25. 2010年1月26日閲覧.

^ “武蔵、ホースト両氏が協力、キックボクシング振興会が設立 来春大会開催へ”. デイリースポーツ. (2016年11月22日). http://www.daily.co.jp/ring/2016/11/22/0009688916.shtml 

^ Black Belt 1992年 5月号 27ページ The Birth of Competition JKD by Jerry Beasley, Ed.D.

関連項目[編集]

ウィキメディア・コモンズには、キックボクシングに関連するメディアがあります。キックボクサー
男子キックボクサー一覧
女子キックボクサー一覧
王者一覧
世界
K-1王者一覧
日本のキックボクシング世界王者一覧
日本のキックボクシング地域王者一覧
日本
R.I.S.E.王者一覧
新日本キックボクシング協会王者一覧
全日本キックボクシング連盟王者一覧
マーシャルアーツ日本キックボクシング連盟王者一覧
ニュージャパンキックボクシング連盟王者一覧
J-NETWORK王者一覧
キック・ユニオン王者一覧
国内地域
日本のキックボクシング地区王者一覧
キックボクシング団体一覧表・話・編・歴武道・武術

現代武道・武術

古武道・武術

徒手・組み手術

柔道
相撲
空手道
合気道
少林寺拳法
日本拳法
高専柔道
空道
躰道
骨法 (格闘技)
修斗
掣圏真陰流
不動禅少林寺流拳法
太道
キックボクシング
シュートボクシング

柔術
拳法
忍術
相撲

骨法 (隠し武器術)
武器術

剣道
弓道
なぎなた
銃剣道
短剣道
居合道
杖道
抜刀道
槍道
斧道
馬術

弓術
馬術
槍術
剣術
抜刀術
居合術
薙刀術
手裏剣術
棒術
半棒術
杖術
契木術
鎖鎌術
含針術
忍術
砲術
琉球古武術
伝統・儀式

栄誉礼
礼砲

流鏑馬
笠懸
犬追物
騎射三物
打毬
鷹狩
日本以外

武術太極拳
散打
截拳道
EBMAS
ハプキドー
テコンドー
ブラジリアン柔術
フェンシング
ボクシング
マーシャルアーツ
レスリング
アマチュアレスリング
グラップリング
サンボ
ボビナム
コムド
ムエタイ
コンバーテ・デ・スミシオン・カリーベ

中国武術
ベトナム武術
ラウェイ
古式ムエタイ
テッキョン
カポエイラ
サバット
グリマ
シュアイジャオ
シルム
ヤールギュレシ
クシュティー
エスクリマ
西洋剣術
ドイツ流剣術
パンクラチオン
カラリパヤット
シラット
闘牛
プラダル・セレイ
バーティツ
警察・軍隊等

近接格闘術
逮捕術
自衛隊格闘術
自衛隊逮捕術
矯正護身術
側衛術
綜警護身術
護身術
クボタン
フェアバーン・システム
クラヴ・マガ
システマ
クンフー・トーア
海兵隊マーシャルアーツプログラム
アメリカ陸軍格闘術
オニール・システム
ローコンバット
EBMAS
特攻武術
撃術
銃剣術

十手術
捕手術
捕縄術
もじり術
警視流
綜合武術格闘術
軍刀術(片手軍刀術・両手軍刀術・戸山流・海軍高山流抜刀術)
その他

ゼロレンジコンバット
スポーツチャンバラ
スポーツ吹き矢
 カテゴリ| ウィクショナリー

表話編歴スポーツ競技
スポーツ
競技統括団体
スポーツ選手
国技陸上競技
競走
短距離走
中距離走
長距離走
障害走
競歩
リレー走
駅伝競走跳躍競技
走高跳
棒高跳
走幅跳
三段跳投てき競技
砲丸投
円盤投
ハンマー投
やり投
こん棒投混成競技
四種競技
五種競技
七種競技
八種競技
十種競技
十四種競技
二十種競技
水泳
競泳
自由形
平泳ぎ
背泳ぎ
バタフライ
個人メドレー
フリーリレー
メドレーリレー
オープンウォータースイミング
アーティスティックスイミング
水球
飛込競技
ハイダイビング
日本泳法体操
体操競技
種目別
個人総合
団体総合
新体操
トランポリン
エアロビクス
フィットネス
スポーツアクロ体操
ラート
バトントワリング
ポールダンス
パルクールダンススポーツ
競技ダンス
種目別
個人総合
団体総合
社交ダンス
ブレイキン
ロックンロール格闘技・武道
プロレス
総合格闘技
ボクシング
レスリング
マーシャルアーツ
レスリング
グラップリング
テコンドー
ムエタイ
ブラジリアン柔術
カラリパヤット
クラッシュ
クラヴ・マガ
サンボ
柔道
剣道
空手道
相撲
合気道
柔術
空道
躰道
なぎなた
形意拳
居合道
銃剣道
短剣道
杖道
抜刀道
槍道
斧道
フェンシング
少林寺拳法
日本拳法
八卦掌
太極拳
キックボクシング
シュートボクシング
カポエイラ
中国武術
武術太極拳
散打
套路
ラウェイ
サバット
グリマ
シュアイジャオ
シルム
セネガル相撲
ヤールギュレシ
クシュティー
エスクリマ射的
弓道
アーチェリー
ターゲットアーチェリー
フィールドアーチェリー
射撃
ライフル射撃
クレー射撃
スポーツ吹き矢
クロッケー
ダーツ
カーリング
ボウリング
モルック球技
フットボールハンドボールホッケーバスケットボール
フットボール
サッカー
フットサル
ソサイチ
ビーチサッカー
バブルサッカー
サイクルサッカー
ラグビーフットボール
ラグビーユニオン
ラグビーリーグ
ビーチラグビー
水中ラグビー
アメリカンフットボール
オージーフットボール
ハンドボール
ビーチハンドボール
水球
チュックボール
ゴールボール
トーボール
セストボール
ホッケー
フィールドホッケー
アイスホッケー
インラインホッケー
リンクホッケー
フロアボール
ハーリング
ラクロス
バスケットボール
ビーチバスケットボール
ウォーターバスケットボール
ネットボール
コーフボール
ポートボール
クロナムラケットスポーツ
ジュ・ド・ポーム
テニス
ローンテニス(硬式)
ソフトテニス(軟式)
ビーチテニス
車いすテニス
パドルテニス
フリーテニス
エスキーテニス
バウンドテニス
パデル
卓球
バドミントン
スカッシュ
タムビーチ
タンブレリ
タンブレロ
スピードミントン
ラケットボール
ハイアライ
ピックルボール
バトポン
パンポン
テニピンバレーボール
バレーボール
ビーチバレー
ソフトバレーボール
ファウストボール
インディアカその他
フリースタイルフットボール
野球
硬式野球
準硬式野球
軟式野球
クリケット
ソフトボール
スティックボール
ティーボール
ラウンダーズ
ペサパッロ
シュラークバル
キックベースボール
ラプター
ウィッフルボール
ベースボール5
セパタクロー
パドボール
ビリヤード
スヌーカー
ドッジボール
スポールブール
ペタンク
ボッチャ
ローンボウルズ
ゴルフ
ミニ
バーン
パター
ガーデン
グラウンド
パーク
マレット
ゴロッケー
ケイマン
スピード
ディスクゴルフ
ウッドボール
クロッケー
ゲートボール
玉入れ
ウィンタースポーツ雪氷滑走競技
スキー
ノルディックスキー
クロスカントリースキー
スキージャンプ
スキー・オリエンテーリング
ノルディック複合
アルペンスキー
滑降
回転
大回転
スーパー大回転
複合
スーパー複合
フリースタイルスキー
モーグル
エアリアル
アクロ
スキークロス
ハーフパイプ
テレマークスキー
スピードスキースノーボード
アルペンスノーボード
スラローム (スノーボード)
ジャイアントスラローム
スーパーG
ダウンヒル
フリースタイルスノーボード
ハーフパイプ
ストレートジャンプ
クォーターパイプ
レールジャム
スロープスタイル
スノーボードクロス
バックカントリースノーボードスケート
フィギュアスケート
スピードスケート
ショートトラックスピードスケート
アイスクロスそり競技
スケルトン
リュージュ
ボブスレー
自転車競技
ロードレース
トラックレース
マディソン
競輪
マウンテンバイクレース
MTBオリエンテーリング
BMX
サイクルフィギュアモータースポーツ
自動車競技
ラリー
カートレース
オートバイ競技
オートレース
フリースタイルモトクロス
競艇
水上オートバイ
エアレースアウトドアスポーツ
登山
アドベンチャーレース
オリエンテーリング
トレイルランニング
スカイランニング
ロッククライミング(ボルダリング)
フリークライミング
ワンダーフォーゲル
ジオキャッシング
サバイバルゲーム
沢登り
キャニオニング
ケイビング
スポーツカイトウォータースポーツ
ボート競技
カヌー
カヤック
カヌーポロ
パラカヌー
セーリング
ラフティング
ドラゴンボート
フィンスイミング
ライフセービング
スクーバダイビング
テクニカルダイビング
フリーダイビング
サーフィン
ウィンドサーフィン
アップウインドレース
レースボードクラス
フォーミュラウィンドサーフィンクラス
スラローム
フリースタイル
ウェイブパフォーマンス
スピードセイリング
ボディボード
スキムボード
水上スキー
ウェイクボード
カイトサーフィン
スタンドアップパドルボードスカイスポーツ
バンジージャンプ
ベースジャンピング
スカイダイビング
グライダー
ハンググライダー
パラグライダー
熱気球雪上スポーツ
スノーカイト
スノースクート
雪合戦ローラースポーツ
スクーター
スケートボード
ローラースケート
アグレッシブインラインスケート
インラインスピードスケート
ローラーダービーアニマルスポーツ
闘牛
馬術
競馬
ポロ
ホースボール
ロデオ
コレオ
レイニング
犬ぞりレース混合スポーツ
近代五種競技
トライアスロン
バイアスロンマインドスポーツ
eスポーツ
オセロ
ブリッジ
シャンチー
スクラブル
チェス
チェッカー
テーブル・フットボール
ディプロマシー
ポーカー
囲碁
将棋
麻雀
連珠その他
フットバッグ
重量挙げ
パワーリフティング
ボディビル
アームレスリング
綱引き
インディアカ
カバディ
バンディ
フライングディスク
アルティメット
ガッツ(英語版)
ディスクゴルフ
KanJam
一輪車
マウンテンボード
スポーツスタッキング
チアリーディング
縄跳び
奥様運び
携帯電話投げ
スピードキュービング
障害者スポーツ
騎馬戦
棒倒し
一覧
カテゴリ
ポータル:スポーツ
表話編歴世界のキックボクシング系格闘技団体プロの世界団体
K-1 | ISKA | WKN | WKA | IKF | WKF | WAKO PRO | WPKL | UKF | WMC | WPMF | S1 | SB | WIKBA | WMAF | WFCA | WBCムエタイ | GLORY( IT’S SHOWTIME) | SUPERKOMBAT | Chakuriki | Kunlun Fight | Lion Fight

プロの地域・国内団体
ラジャダムナン | ルンピニー | M-1 | ランシット | シンマナサックRISE | Krush | REBELS | JPKF | APKF | MA | NJKF | JNET | SKB | JKA| 連盟 | K-U | JKF | UKFジャパン | Chakuriki japan | INNOVATION | ZONE | BLADE FC | Bigbang | 天空 | IKUSA | SAボクシング | HEATキック | Bellatorキック | Legacyキック | ホースト | THAI FIGHT | ムエローク | KNOCK OUT | ACCEL | スーパーリーグ | PKA | KROSS×OVER

アマチュアの世界団体
WMF | IAKSA | WFK | IFMA | WAKO

アマチュアの地域・国内団体
UKF | 新空手 | JAKF | WMF-J | 国際キックボクシング・文化振興協会

典拠管理
GND: 4123508-3
J9U: 987007551405305171
LCCN: sh93009201
NKC: ph121579

「https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=キックボクシング&oldid=91428383」から取得
カテゴリ: キックボクシング隠しカテゴリ: GND識別子が指定されている記事J9U識別子が指定されている記事LCCN識別子が指定されている記事NKC識別子が指定されている記事

評価: 4~5 つ星
レビュー: 8429
再生回数: 8941
[spincontent type=”j”]

Youtube

2. キックボクサーの●は、「キック界のカリスマ」という異名があるが、●に入るのは? Yomiuri

Yomiuri
キックボクサーの●は、「キック界のカリスマ」という異名があるが、●に入るのは?

説明: キックボクサーの●は、「キック界のカリスマ」という異名があるが、●に入るのは? に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 キックボクサーの●は、「キック界のカリスマ」という異名があるが、●に入るのは? は、読売で検索されたもので、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 60 16
[spincontent type=”j”]

3. キックボクサーの●は、「キック界のカリスマ」という異名があるが、●に入るのは? Asahi Shimbun

朝日新聞
キックボクサーの●は、「キック界のカリスマ」という異名があるが、●に入るのは?

説明: 朝日新聞で検索した キックボクサーの●は、「キック界のカリスマ」という異名があるが、●に入るのは? に関する上記の情報が、キックボクサーの●は、「キック界のカリスマ」という異名があるが、●に入るのは? に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 70 91
[spincontent type=”j”]

4. キックボクサーの●は、「キック界のカリスマ」という異名があるが、●に入るのは? The Japan Times

The Japan Times
キックボクサーの●は、「キック界のカリスマ」という異名があるが、●に入るのは?

説明: ジャパン タイムズで検索した キックボクサーの●は、「キック界のカリスマ」という異名があるが、●に入るのは? に関する記事のトップです。キックボクサーの●は、「キック界のカリスマ」という異名があるが、●に入るのは? に関する疑問を解決するのに役立ちます。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 3581
[spincontent type=”j”]

5. キックボクサーの●は、「キック界のカリスマ」という異名があるが、●に入るのは? Yomiuri Shimbun

読売新聞
キックボクサーの●は、「キック界のカリスマ」という異名があるが、●に入るのは?

説明: キックボクサーの●は、「キック界のカリスマ」という異名があるが、●に入るのは? に関する詳細情報はすでにありますか? キックボクサーの●は、「キック界のカリスマ」という異名があるが、●に入るのは? という記事が読売新聞で検索されました。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 3955
[spincontent type=”j”]

6. キックボクサーの●は、「キック界のカリスマ」という異名があるが、●に入るのは? Mainichi Shimbun

毎日新聞
キックボクサーの●は、「キック界のカリスマ」という異名があるが、●に入るのは?

説明: 毎日新聞で見つけた キックボクサーの●は、「キック界のカリスマ」という異名があるが、●に入るのは? に関する上記の情報が、キックボクサーの●は、「キック界のカリスマ」という異名があるが、●に入るのは? に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 9382
[spincontent type=”j”]

7. キックボクサーの●は、「キック界のカリスマ」という異名があるが、●に入るのは? Sankei Shimbun

産経新聞
キックボクサーの●は、「キック界のカリスマ」という異名があるが、●に入るのは?

説明: 産経新聞で検索した キックボクサーの●は、「キック界のカリスマ」という異名があるが、●に入るのは? に関する記事のトップです。キックボクサーの●は、「キック界のカリスマ」という異名があるが、●に入るのは? に関する疑問を解決するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 56 19
[spincontent type=”j”]

8. キックボクサーの●は、「キック界のカリスマ」という異名があるが、●に入るのは? Nihon Keizai Shimbun

日本経済新聞
キックボクサーの●は、「キック界のカリスマ」という異名があるが、●に入るのは?

説明: キックボクサーの●は、「キック界のカリスマ」という異名があるが、●に入るのは? に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 キックボクサーの●は、「キック界のカリスマ」という異名があるが、●に入るのは? は、日本経済新聞で検索され、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 7677
[spincontent type=”j”]

9. キックボクサーの●は、「キック界のカリスマ」という異名があるが、●に入るのは? Chunichi Shimbun

中日新聞
キックボクサーの●は、「キック界のカリスマ」という異名があるが、●に入るのは?

説明: 中日新聞で検索した キックボクサーの●は、「キック界のカリスマ」という異名があるが、●に入るのは? に関する上記の情報が、キックボクサーの●は、「キック界のカリスマ」という異名があるが、●に入るのは? に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 7721
[spincontent type=”j”]

10. キックボクサーの●は、「キック界のカリスマ」という異名があるが、●に入るのは? Tokyo Shimbun

東京新聞
キックボクサーの●は、「キック界のカリスマ」という異名があるが、●に入るのは?

説明: キックボクサーの●は、「キック界のカリスマ」という異名があるが、●に入るのは? に関する質問を解決するために、東京新聞で検索した キックボクサーの●は、「キック界のカリスマ」という異名があるが、●に入るのは? に関する記事のトップです。
評価: 4~5 つ星
評価: 2735
[spincontent type=”j”]

11. キックボクサーの●は、「キック界のカリスマ」という異名があるが、●に入るのは? Nihon Kogyo Simbun

日本工業新聞
キックボクサーの●は、「キック界のカリスマ」という異名があるが、●に入るのは?

説明: キックボクサーの●は、「キック界のカリスマ」という異名があるが、●に入るのは? に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 キックボクサーの●は、「キック界のカリスマ」という異名があるが、●に入るのは? は日本工業新聞で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 3727
[spincontent type=”j”]

12. キックボクサーの●は、「キック界のカリスマ」という異名があるが、●に入るのは? Nikkan Kogyo Shimbun

日刊工業新聞
キックボクサーの●は、「キック界のカリスマ」という異名があるが、●に入るのは?

説明: 日刊工業新聞で見つけた キックボクサーの●は、「キック界のカリスマ」という異名があるが、●に入るのは? に関する上記の情報が、キックボクサーの●は、「キック界のカリスマ」という異名があるが、●に入るのは? に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 3459
[spincontent type=”j”]

13. キックボクサーの●は、「キック界のカリスマ」という異名があるが、●に入るのは? Ainu Times

アイヌタイムス
キックボクサーの●は、「キック界のカリスマ」という異名があるが、●に入るのは?

説明: アイヌ タイムズで検索した キックボクサーの●は、「キック界のカリスマ」という異名があるが、●に入るのは? に関する記事のトップです。キックボクサーの●は、「キック界のカリスマ」という異名があるが、●に入るのは? に関する質問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 10 80
[spincontent type=”j”]

14. キックボクサーの●は、「キック界のカリスマ」という異名があるが、●に入るのは? Akita Sakigake Shimpo

秋田魁新報
キックボクサーの●は、「キック界のカリスマ」という異名があるが、●に入るのは?

説明: キックボクサーの●は、「キック界のカリスマ」という異名があるが、●に入るのは? に関する詳細情報はすでにありますか? キックボクサーの●は、「キック界のカリスマ」という異名があるが、●に入るのは? という記事は、秋田魁新報で検索したものです。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 6769
[spincontent type=”j”]

15. キックボクサーの●は、「キック界のカリスマ」という異名があるが、●に入るのは? Chiba Nippo

千葉日報
キックボクサーの●は、「キック界のカリスマ」という異名があるが、●に入るのは?

説明: 千葉日報で検索した キックボクサーの●は、「キック界のカリスマ」という異名があるが、●に入るのは? に関する上記の情報が、キックボクサーの●は、「キック界のカリスマ」という異名があるが、●に入るのは? に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 8784
[spincontent type=”j”]

16. キックボクサーの●は、「キック界のカリスマ」という異名があるが、●に入るのは? Chugoku Shimbun

中国新聞
キックボクサーの●は、「キック界のカリスマ」という異名があるが、●に入るのは?

説明: 中国新聞で検索した キックボクサーの●は、「キック界のカリスマ」という異名があるが、●に入るのは? に関する記事のトップです。キックボクサーの●は、「キック界のカリスマ」という異名があるが、●に入るのは? に関する疑問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 3995
[spincontent type=”j”]

17. キックボクサーの●は、「キック界のカリスマ」という異名があるが、●に入るのは? Daily Tohoku

デイリー東北
キックボクサーの●は、「キック界のカリスマ」という異名があるが、●に入るのは?

説明: キックボクサーの●は、「キック界のカリスマ」という異名があるが、●に入るのは? に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 キックボクサーの●は、「キック界のカリスマ」という異名があるが、●に入るのは? はデイリー東北で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 2434
[spincontent type=”j”]

18. キックボクサーの●は、「キック界のカリスマ」という異名があるが、●に入るのは? The Eastern Chronicle

イースタン クロニクル
キックボクサーの●は、「キック界のカリスマ」という異名があるが、●に入るのは?

説明: イースタン クロニクルで検索した キックボクサーの●は、「キック界のカリスマ」という異名があるが、●に入るのは? に関する上記の情報が、キックボクサーの●は、「キック界のカリスマ」という異名があるが、●に入るのは? に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 8997
[spincontent type=”j”]

キックボクサーの●は、「キック界のカリスマ」という異名があるが、●に入るのは? に関する質問

キックボクサーの●は、「キック界のカリスマ」という異名があるが、●に入るのは? についてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。ご質問やご提案はすべて、次の記事の改善に役立てさせていただきます。

記事 キックボクサーの●は、「キック界のカリスマ」という異名があるが、●に入るのは? は、私と私のチームがさまざまな情報源から編集したものです。 記事 キックボクサーの●は、「キック界のカリスマ」という異名があるが、●に入るのは? が役に立った場合は、チームをサポートしてください。「いいね」または「共有」してください!

検索キーワード キックボクサーの●は、「キック界のカリスマ」という異名があるが、●に入るのは?

キックボクサーの●は、「キック界のカリスマ」という異名があるが、●に入るのは?
方法キックボクサーの●は、「キック界のカリスマ」という異名があるが、●に入るのは?
チュートリアル キックボクサーの●は、「キック界のカリスマ」という異名があるが、●に入るのは?
【キーワード】 無料

Có thể bạn quan tâm: