あなたは エンド・オブ・キングダム/london has fallen について学んでいます。今日は、インターネット上の多くの情報源から私たちのチームが編集および編集した記事 エンド・オブ・キングダム/london has fallen を共有します。 エンド・オブ・キングダム/london has fallen に関するこの記事がお役に立てば幸いです。

Page Contents

エンド・オブ・キングダム/london has fallen

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

この項目「エンド・オブ・キングダム」は途中まで翻訳されたものです。(原文:Has Fallen” 17:39, 23 July 2016 UTC)翻訳作業に協力して下さる方を求めています。ノートページや履歴、翻訳のガイドラインも参照してください。要約欄への翻訳情報の記入をお忘れなく。(2016年7月)エンド・オブ・キングダム
London Has Fallen
監督
ババク・ナジャフィ脚本
クレイトン・ローテンベルガーカトリン・ベネディクトクリスチャン・グーデガスト(英語版)チャド・セント・ジョン原案
クレイトン・ローテンベルガーカトリン・ベネディクト製作
マーク・ギル(英語版)ジョン・トンプソンマット・オトゥール(英語版)レス・ウェルドンジェラルド・バトラーアラン・シーゲル(英語版)製作総指揮
アヴィ・ラーナートレヴァー・ショートボアズ・デヴィッドソンクリスティーン・オータル・クロウハイディ・ジョー・マーケルジギー・カマサガイ・アヴシャロム出演者
ジェラルド・バトラーアーロン・エッカートモーガン・フリーマンアロン・モニ・アブトゥブールアンジェラ・バセットロバート・フォスタージャッキー・アール・ヘイリーメリッサ・レオラダ・ミッチェルショーン・オブライアン(英語版)ワリード・ズエイター(英語版)音楽
トレヴァー・モリス(英語版)撮影
エド・ワイルド編集
ポール・マーティン・スミスマイケル・ドゥーシー製作会社
ミレニアム・フィルムズG-BASE配給
フォーカス・フィーチャーズ/グラマシー・ピクチャーズ(英語版) ライオンズゲート ショウゲート公開
2016年3月4日 2016年5月28日上映時間
99分製作国
アメリカ合衆国言語
英語製作費
$60,000,000[1]興行収入
$62,524,260[1] $205,754,447[1] 1億4600万円[2]前作
エンド・オブ・ホワイトハウス次作
エンド・オブ・ステイツテンプレートを表示『エンド・オブ・キングダム』(原題: London Has Fallen)は、2016年のアメリカ合衆国のアクション映画。ババク・ナジャフィ監督、ジェラルド・バトラー主演・製作。2013年の映画『エンド・オブ・ホワイトハウス』の続編。同時多発テロが発生したロンドンを舞台に訪英中のアメリカ合衆国大統領を護るために奔走するシークレットサービスを描いている。

ストーリー[編集]
アメリカ合衆国は、世界各国でテロを扇動している武器商人のアミール・バルカウィに対するドローン攻撃を行った。
2年後、ベンジャミン・アッシャー大統領のシークレットサービス隊長であるマイク・バニングは妻リアの出産を前に、危険な今の仕事を辞めようと考えていた。
そのおり、イギリス首相のジェームズ・ウィルソンが急逝したとの一報がホワイトハウスに入る。大統領は他の主要国首脳も参列する葬儀に出席するためにシークレットサービス隊長マイク・バニング、シークレットサービス長官のリン・ジェイコブズと共にロンドンへ渡る。
厳重な警戒体勢が敷かれているロンドンだったが、葬儀会場のセント・ポール大聖堂に向かっていたカナダ首相とその妻を乗せた車が突如、爆発した。同時に各国の首脳も警官や救急隊、近衛兵に紛れていたバルカウィの手下らによって一斉に攻撃を受ける。バニング、ジェイコブズと大統領も攻撃を受け、応戦しつつセント・ポール大聖堂から車で逃走する。追跡してくる敵と銃撃戦を繰り広げた末、大統領専用ヘリコプターに乗り込み空港へ向かう。しかし、今度はロンドン上空でビルの屋上にいたテロリストから、スティンガーミサイルによる攻撃を受ける。マリーンワンは墜落し、ジェイコブズは致命傷を受けて死亡する。バニングと大統領は追っ手の追跡を受けながら、ロンドン地下鉄チャリングクロス駅へと逃げ込む。
テロリストの攻撃によりロンドン中心部は停電となり通信機能もダウンする。ホワイトハウスにバルカウィからの脅迫メッセージが届く。また、死亡した英国首相の検死の結果、体内から毒物が検出され、その死はロンドンに世界の指導者たちを集めるための罠であったことが判明する。バニングと大統領は、MI6のエージェントであるジャクリーン・マーシャルの隠れ家に到着する。彼らは、隠れ家に救出チームが向かっているという、トランブル副大統領からのメッセージを受信する。
セキュリティカメラが武装した人影を映した。しかしバニングは彼らが救出チームではなくテロリストであることに気づく。ジャクリーンはテロリストに通じている内部協力者を突き止めるために、スコットランドヤードへ向かう。バニングと大統領は、車で米国大使館に向かうが、テロリストが運転していたゴミ収集車に衝突され、大統領はテロリストに拉致されてしまう。バニングはデルタフォースとSAS混成の救出チームに合流する。
アミールの息子カムラン・バルカウィは大統領の処刑を全世界にネットで実況中継しようとしていた。その処刑の舞台となるビルにバニングと救出チームは突入する。大攻防戦の末バニングは大統領を救出し、爆破寸前のビルから脱出に成功した。
ジャクリーンは監視カメラシステムを復活させ、MI5長官がバルカウィに協力していたことを突き止めて殺した。バニングが入手したバルカウィ側の衛星電話からアミールの正確な居所が判明し、トランブルは再度アミールにドローン攻撃を仕掛けて完全殲滅に成功した。
2週間後、バニングは家に戻り妻と生まれたばかりの子供と過ごす。子供には亡きジェイコブスと同じリンと名づけた。トランブルの演説で子供たちや孫たちのため世界を良くしなければという言葉を聞き書いていた辞表を消す。

キャスト[編集]
※括弧内は日本語吹替

マイク・バニング 大統領警護隊長 – ジェラルド・バトラー(宮内敦士)
ベンジャミン・アッシャー大統領 – アーロン・エッカート(井上和彦)
アラン・トランブル副大統領 – モーガン・フリーマン(坂口芳貞)
リン・ジェイコブス シークレットサービス長官 – アンジェラ・バセット(斉藤貴美子)
エドワード・グレッグ将軍 – ロバート・フォスター(西村知道)
DC・メイソン次席補佐官 – ジャッキー・アール・ヘイリー(石原辰己)
ルース・マクミラン国防長官 – メリッサ・レオ(佐藤しのぶ)
レイ・モンロー国家安全保障局副長官 – ショーン・オブライアン(英語版)(豊富満)
リア・バニング – ラダ・ミッチェル(湯屋敦子)
ジャクリーン・マーシャルMI6捜査官 – シャーロット・ライリー(英語版)(橘凜)
アミール・バルカウィ – アロン・モニ・アブトゥブール(森功至)
ヴォイト特別警護官 – マイケル・ワイルドマン (豊富満)
ブロンソン特別警護官 – アンドリュー・プレビン(英語版) (さかき孝輔)
ドリス – デボラ・グラント (佐藤しのぶ)
カムラン・バルカウィ – ワリード・ズエイター(英語版)(中尾一貴)
ジョン・ランカスターMI5長官 – パトリック・ケネディ(今村一誌洋)
ケビン・ハザード総監 – コリン・サーモン(さかき孝輔)
レイトン・クラークソン後任首相 – ガイ・ウィリアムズ(宮本淳)
ローズ・ケンター内務長官 – ペニー・ダウニー (佐藤しのぶ)
アグネス・ブルックナードイツ首相 – ナンシー・ボールドウィン (佐藤しのぶ)
ジャック・メナールフランス首相 – フィリップ・ディランシー (関雄)
ロバート・ボウマンカナダ首相 – ナイジェル・ホイットメイ (石原辰己)
ブラウン・ボウマン大統領夫人 – ジュリア・モンゴメリー (湯屋敦子)
アントニオ・ガストイタリア首相 – アレックス・ジャンニーニ (宮本淳)
ヴィヴィアナ・ガスト大統領夫人 – エルザ・モリアン (橘凛)
中島勉日本首相 – 早乙女ツワユキ (西村知道)
スルタン – マハディ・ザハビ(英語版)(関雄)
ラザ – アデル・バンシェリフ(フランス語版)(中務貴幸)
ウィル・デイヴィスSAS隊長 – ブライアン・ラーキン(英語版)(渡邉隼人)
ニュースキャスター – ローレンス・オドネル (ノンクレジット) (石原辰巳)
女性 – 寺依沙織製作[編集]
スタッフ[編集]
監督:ババク・ナジャフィ
脚本:クレイトン・ローテンベルガー、ケイトリン・ベネディクト、クリスチャン・グーデガスト、チャド・セント・ジョン
原案:クレイトン・ローテンベルガー、 ケイトリン・ベネディクト
製作:マーク・ギル(英語版)、ジョン・トンプソン、マット・オトゥール(英語版)、レス・ウェルドン、ジェラルド・バトラー、アラン・シーゲル(英語版)
撮影:エド・ワイルド
美術:ジョエル・コリンズ
編集:ポール・マーティン・スミス、マイケル・ドゥーシー
衣裳:ステファニー・コーリー
音楽:トレヴァー・モリス(英語版)撮影[編集]
今作も前作同様に大部分の爆破銃撃シーンがVFX合成で作成された。今作ではヨーロッパを拠点とする「Worldwide FX」「Baseblack」「Peerless」がVFXを担当している。
撮影は全編RED Epic Dragonを使用した。

出典[編集]

^ a b c “London Has Fallen” (英語). Box Office Mojo. 2017年1月11日閲覧。

^ 『キネマ旬報 2017年3月下旬号』p.80

外部リンク[編集]
公式ウェブサイト – ウェイバックマシン(2019年7月6日アーカイブ分)(日本語)
エンド・オブ・キングダム – allcinema
エンド・オブ・キングダム – KINENOTE
London Has Fallen – オールムービー(英語)
London Has Fallen – IMDb(英語)
London Has Fallen – Box Office Mojo(英語).mw-parser-output .asboxposition:relative;overflow:hidden.mw-parser-output .asbox tablebackground:transparent.mw-parser-output .asbox pmargin:0.mw-parser-output .asbox p+pmargin-top:0.25em.mw-parser-output .asboxfont-size:90%.mw-parser-output .asbox-notefont-size:90%.mw-parser-output .asbox .navbarposition:absolute;top:-0.75em;right:1em;display:none
この項目は、映画に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(P:映画/PJ映画)。

「https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=エンド・オブ・キングダム&oldid=90253948」から取得
カテゴリ: 2016年の映画アメリカ合衆国のアクション・スリラー映画テロリズムを題材にした映画作品MI6を題材とした映画作品ボディーガードを題材とした映画作品架空のアメリカ合衆国大統領を題材とした映画作品ロンドンを舞台とした映画作品インドで製作された映画作品ソフィアで製作された映画作品ロンドンで製作された映画作品ライオンズゲートの作品ショウゲートの映画作品隠しカテゴリ: 翻訳中途 – 2016年映画関連のスタブ項目

評価: 4~5 つ星
レビュー: 2729
再生回数: 9625
[spincontent type=”j”]

【映画】エンド・オブ・ホワイトハウス / OLYMPUS HAS FALLEN HYDRA6 SCENE Youtube

エンド・オブ・ホワイトハウス / Olympus Has Fallen(2013)
エンド・オブ・キングダム / London Has Fallen(2016)
エンド・オブ・ステイツ / Angel Has Fallen (2019)

2. エンド・オブ・キングダム/london has fallen Yomiuri

Yomiuri
エンド・オブ・キングダム/london has fallen

説明: エンド・オブ・キングダム/london has fallen に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 エンド・オブ・キングダム/london has fallen は、読売で検索されたもので、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 60 32
[spincontent type=”j”]

3. エンド・オブ・キングダム/london has fallen Asahi Shimbun

朝日新聞
エンド・オブ・キングダム/london has fallen

説明: 朝日新聞で検索した エンド・オブ・キングダム/london has fallen に関する上記の情報が、エンド・オブ・キングダム/london has fallen に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 21 18
[spincontent type=”j”]

4. エンド・オブ・キングダム/london has fallen The Japan Times

The Japan Times
エンド・オブ・キングダム/london has fallen

説明: ジャパン タイムズで検索した エンド・オブ・キングダム/london has fallen に関する記事のトップです。エンド・オブ・キングダム/london has fallen に関する疑問を解決するのに役立ちます。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 3909
[spincontent type=”j”]

5. エンド・オブ・キングダム/london has fallen Yomiuri Shimbun

読売新聞
エンド・オブ・キングダム/london has fallen

説明: エンド・オブ・キングダム/london has fallen に関する詳細情報はすでにありますか? エンド・オブ・キングダム/london has fallen という記事が読売新聞で検索されました。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 4484
[spincontent type=”j”]

6. エンド・オブ・キングダム/london has fallen Mainichi Shimbun

毎日新聞
エンド・オブ・キングダム/london has fallen

説明: 毎日新聞で見つけた エンド・オブ・キングダム/london has fallen に関する上記の情報が、エンド・オブ・キングダム/london has fallen に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 60 21
[spincontent type=”j”]

7. エンド・オブ・キングダム/london has fallen Sankei Shimbun

産経新聞
エンド・オブ・キングダム/london has fallen

説明: 産経新聞で検索した エンド・オブ・キングダム/london has fallen に関する記事のトップです。エンド・オブ・キングダム/london has fallen に関する疑問を解決するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 3770
[spincontent type=”j”]

8. エンド・オブ・キングダム/london has fallen Nihon Keizai Shimbun

日本経済新聞
エンド・オブ・キングダム/london has fallen

説明: エンド・オブ・キングダム/london has fallen に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 エンド・オブ・キングダム/london has fallen は、日本経済新聞で検索され、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 3281
[spincontent type=”j”]

9. エンド・オブ・キングダム/london has fallen Chunichi Shimbun

中日新聞
エンド・オブ・キングダム/london has fallen

説明: 中日新聞で検索した エンド・オブ・キングダム/london has fallen に関する上記の情報が、エンド・オブ・キングダム/london has fallen に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 4291
[spincontent type=”j”]

10. エンド・オブ・キングダム/london has fallen Tokyo Shimbun

東京新聞
エンド・オブ・キングダム/london has fallen

説明: エンド・オブ・キングダム/london has fallen に関する質問を解決するために、東京新聞で検索した エンド・オブ・キングダム/london has fallen に関する記事のトップです。
評価: 4~5 つ星
評価: 98 12
[spincontent type=”j”]

11. エンド・オブ・キングダム/london has fallen Nihon Kogyo Simbun

日本工業新聞
エンド・オブ・キングダム/london has fallen

説明: エンド・オブ・キングダム/london has fallen に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 エンド・オブ・キングダム/london has fallen は日本工業新聞で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 4271
[spincontent type=”j”]

12. エンド・オブ・キングダム/london has fallen Nikkan Kogyo Shimbun

日刊工業新聞
エンド・オブ・キングダム/london has fallen

説明: 日刊工業新聞で見つけた エンド・オブ・キングダム/london has fallen に関する上記の情報が、エンド・オブ・キングダム/london has fallen に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 8585
[spincontent type=”j”]

13. エンド・オブ・キングダム/london has fallen Ainu Times

アイヌタイムス
エンド・オブ・キングダム/london has fallen

説明: アイヌ タイムズで検索した エンド・オブ・キングダム/london has fallen に関する記事のトップです。エンド・オブ・キングダム/london has fallen に関する質問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 2702
[spincontent type=”j”]

14. エンド・オブ・キングダム/london has fallen Akita Sakigake Shimpo

秋田魁新報
エンド・オブ・キングダム/london has fallen

説明: エンド・オブ・キングダム/london has fallen に関する詳細情報はすでにありますか? エンド・オブ・キングダム/london has fallen という記事は、秋田魁新報で検索したものです。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 7320
[spincontent type=”j”]

15. エンド・オブ・キングダム/london has fallen Chiba Nippo

千葉日報
エンド・オブ・キングダム/london has fallen

説明: 千葉日報で検索した エンド・オブ・キングダム/london has fallen に関する上記の情報が、エンド・オブ・キングダム/london has fallen に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 2556
[spincontent type=”j”]

16. エンド・オブ・キングダム/london has fallen Chugoku Shimbun

中国新聞
エンド・オブ・キングダム/london has fallen

説明: 中国新聞で検索した エンド・オブ・キングダム/london has fallen に関する記事のトップです。エンド・オブ・キングダム/london has fallen に関する疑問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 4738
[spincontent type=”j”]

17. エンド・オブ・キングダム/london has fallen Daily Tohoku

デイリー東北
エンド・オブ・キングダム/london has fallen

説明: エンド・オブ・キングダム/london has fallen に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 エンド・オブ・キングダム/london has fallen はデイリー東北で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 7343
[spincontent type=”j”]

18. エンド・オブ・キングダム/london has fallen The Eastern Chronicle

イースタン クロニクル
エンド・オブ・キングダム/london has fallen

説明: イースタン クロニクルで検索した エンド・オブ・キングダム/london has fallen に関する上記の情報が、エンド・オブ・キングダム/london has fallen に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 2196
[spincontent type=”j”]

エンド・オブ・キングダム/london has fallen に関する質問

エンド・オブ・キングダム/london has fallen についてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。ご質問やご提案はすべて、次の記事の改善に役立てさせていただきます。

記事 エンド・オブ・キングダム/london has fallen は、私と私のチームがさまざまな情報源から編集したものです。 記事 エンド・オブ・キングダム/london has fallen が役に立った場合は、チームをサポートしてください。「いいね」または「共有」してください!

検索キーワード エンド・オブ・キングダム/london has fallen

エンド・オブ・キングダム/london has fallen
方法エンド・オブ・キングダム/london has fallen
チュートリアル エンド・オブ・キングダム/london has fallen
【キーワード】 無料

Có thể bạn quan tâm: