あなたは エリーゼ・マリー・カロリーネ・ヴィーゲルト について学んでいます。今日は、インターネット上の多くの情報源から私たちのチームが編集および編集した記事 エリーゼ・マリー・カロリーネ・ヴィーゲルト を共有します。 エリーゼ・マリー・カロリーネ・ヴィーゲルト に関するこの記事がお役に立てば幸いです。

Page Contents

エリーゼ・マリー・カロリーネ・ヴィーゲルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

舞姫訳題
The Dancing Girl作者
森鷗外国
日本言語
日本語ジャンル
短編小説発表形態
雑誌掲載初出情報初出
『国民之友』1890年1月号刊本情報刊行
彩雲閣 1907年2月収録
『美奈和集:完』春陽堂 1906年7月 ウィキポータル 文学
ポータル 書物テンプレートを表示『舞姫』(まいひめ)は、森鷗外の短編小説。1890年(明治23年)1月号の『国民之友』に発表。ドイツに留学した主人公の手記の形をとり、ドイツでの恋愛経験を綴る。高雅な文体と浪漫的な内容で、鷗外初期の代表作とされる。

概要[編集]
民友社(社長徳富蘇峰)の『国民之友』に発表されたフィクションである。森鷗外が1884年から4年間ドイツへ医学を学ぶために留学した際の体験をふまえており、本作と『うたかたの記』、『文づかひ』の三作品を独逸三部作[1]あるいは浪漫三部作と呼ぶことがある[注釈 1]。この作品を巡り石橋忍月との間で論争(舞姫論争)が起こったことも文学史上有名である(後記)。
森鷗外の帰国後まもなく、鷗外を追ってドイツから女性が来日したことが知られている(以下、「エリス来日事件」)。本作はその女性と鷗外の恋愛経験を元にした創作であると考えられている(人物の設定は異なるが、1910年発表の短編「普請中」はエリス来日事件を題材にしていると考えられている)。なお、「#太田豊太郎のモデル」も参照。

あらすじ[編集]
時は19世紀末。ドイツ留学に行っていた主人公の太田豊太郎が、帰国途上のサイゴン停泊中、船内客室でドイツ滞在中のことを回想し、筆を起こす。
大学法学部を卒業後、某省に奉職した豊太郎は、5年前にドイツ留学を命じられ、ベルリンに赴いた。ある日、下宿に帰る途中の太田は、クロステルあたりの教会[注釈 2]の前で涙に暮れる美少女エリスと出会い、心を奪われる。父の葬儀代を工面してやり、以後交際を続けるが、仲間の讒言によって豊太郎は免職される。
その後豊太郎はエリスと同棲し、生活費を工面するため、新聞社のドイツ駐在通信員という職を得た。エリスはやがて豊太郎の子を身篭る。豊太郎は友人である相沢謙吉の紹介で大臣のロシア訪問に随行し、信頼を得ることができた。復職のめども立ち、また相沢の忠告もあり、豊太郎は日本へ帰国することを約束する。
しかし、豊太郎の帰国を心配するエリスに、彼は真実を告げられず、その心労で人事不省に陥る。その間に、相沢から事態を知らされたエリスは、衝撃の余り発狂し、パラノイア[注釈 3]と診断された[注釈 4]。治癒の望みが無いと告げられたエリスに後ろ髪を引かれつつ、豊太郎は日本に帰国する。「相沢謙吉が如き良友は、世にまた得がたかるべし。されど我が脳裡に一点の彼を憎む心、今日までも残れりけり。」

主な登場人物[編集]
太田豊太郎 – 将来を嘱望されるエリートの官僚。(5年前に)25歳でベルリンへ留学する。同僚の中傷により免官となる。
エリス – 下層階級に育った、ヰクトリア(ヴィクトリア)座の踊り子。父の姓はワイゲルト。16、7歳。
相沢謙吉 – 豊太郎の友人。天方伯爵の秘書官。豊太郎の将来を思い、無事日本に帰国できるよう取り計らう。
大臣・天方伯爵[注釈 5]エリスのモデル[編集]
1888年(明治21年)に鷗外がドイツから帰国した後、ドイツ人女性が鷗外のすぐあとを追って来日して、滞在一月(1888年9月12日 – 10月17日)ほどで離日する出来事があった。彼女への説得を、鷗外の義弟小金井良精と、鷗外の弟・森篤次郎(筆名三木竹二)が行っていた(経緯は『舞姫』のストーリーとは異なり、作中の彼女の「発狂」もフィクションである。)。
このため、エリスのモデルが実在するとして、モデル探しが行われてきた。1981年に中川浩一・沢護が「ジャパン・ウィークリー・メイル」(1888年当時横浜で発行されていた英語新聞)に記載されていた船舶乗客リスト[注釈 6]から「Miss Elise Wiegert」(エリーゼ・ヴィーゲルト嬢)が1888年9月12日に横浜港に入港し、10月17日に出航したドイツ汽船ゲネラル・ヴェルダー号の一等船客であったことを発見した[2]。その後、ゲネラル・ヴェルダー号が寄港した各地の新聞を調べると、Miss Elise Wiegertの名は8回見つかった[3]。
その後もユダヤ人説[注釈 7]やアンナ・ベルタ・ルイーゼ・ヴィーゲルト(Anna Berta Luise Wiegert、1872年12月16日 -1951年、「エリス来日事件」当時15歳)とする説[4]などが唱えられたが、現在ではエリーゼ・マリー・カロリーネ・ヴィーゲルト(Elise Marie Caroline Wiegert、1866年9月15日 – 1953年8月4日、シュチェチン生まれ)とする六草いちかの説でほぼ決着している[注釈 8][3][5][6][注釈 9]。また、このエリーゼの2歳下の妹アンナ・アルヴィーネ・クララ・ヴィーゲルトが1888年に未婚で男子を出産していることから、エリスのモデルはこの妹クララであり、太田豊大郎のモデルと言われる武島務がクララの恋人ではないかという説もある[7]。
森鷗外記念会会長の山崎一穎は、エリーゼ・マリー・カロリーネ・ヴィーゲルトがエリスのモデルであるとする六草いちか説を次のように評価している(2011年7月)[2]。

1981年(乗船名簿の発見)以来、30年を経て、間違いなくその人を特定できたことは大きな発見である。
エリーゼは帰国した10年後の1898年から1904年までの6年間は帽子制作者としてベルリン東地区ブルーメン通り18番地に居住していたが、このことは小金井喜美子の「文学」掲載中の「帽子会社の意匠部に勤める」と言う言葉と一致する[8]。
エリーゼ・ヴィーゲルトはユダヤ人ではないことが明確になった[注釈 10]。
豊太郎とエリスの出会いの教会について従来の説を否定し、新たに「ガルニゾン教会」を特定した。
エリーゼは来日時に21歳であり、ドイツの法律が21歳を成人と認めているので、親権者の承諾を得ずに海外旅行が可能であることが判明した。
六草の調査過程で判明した人名・地名が「舞姫」中に散見することを改めて知ることができた。エリスの父の職業は仕立物師であるが、エリーゼの母の職業が仕立物師である。また、エリスの母が「ステッチンわたりの農家に遠き縁者あるに」と言うが、ステッチン(=シュチェチン)は、エリーゼの母の故郷であり、エリーゼの出生地でもある。なお「エリス」という名前について、言語的にはドイツ語のエリーゼ(Elise)から直接導き出されたものではありえず、鷗外が『舞姫』と前後して翻訳発表したツルゲーネフの短編『幻』から引用した可能性が高いという指摘がある[注釈 11]が、六草説と矛盾するものではない。

太田豊太郎のモデル[編集]
ドイツ留学中の森鷗外(中列左端)と武島務(鷗外の隣)1888年
主人公は森鷗外自身がモデルと考えられているが、人物の設定に、秩父郡太田村(現埼玉県秩父市)出身の軍医、武島務(1863年-1890年)の生涯が色濃く投影されているという説がある。それによれば、太田豊太郎の名前は、武島の出身地(秩父郡太田村)と、鷗外の実名(林太郎)から取ったものだという。
武島は漢方医の子として生まれ、日本橋岡部病院を経て東亜医学校で研修中に鷗外と知り合い、同校で内科と外科の医師免許を取得[9]。軍医となり、1886年(明治19年)に妻子を残して私費でドイツに留学し、ベルリンの王立フリードリヒ・ヴィルヘルム大学(現フンボルト大学)へ入学した(当時23歳)[9]。鷗外が陸軍の留学生としてドイツに渡ったのはその2年前(1884年)で、ライプツィッヒ、ドレスデン、ミュンヘンと滞在し、1887年4月からベルリンにいた。2人はベルリンで親交を重ねている。その後、武島の実家から送金を頼まれた義兄(姉の夫)が学費を着服し、仕送りが途絶えてしまい、金に困る日本人が外国にいては本国の恥とする駐在武官福島安正から、官費で帰国するか、免官されてドイツに残るかの選択を迫られた[9]。武島は留学を続けることを選び、翌1887年免官処分を受け、軍籍を失った。日本の医学誌への寄稿で得た原稿料や、鷗外ら日本人留学生からの援助で何とか学業を続けたが、1889年1月に学業不熱心とされて学籍を失った[9]。アジアの家具や茶葉を扱っていたドレスデンの商社R. Seelig & Hille(現Teekanne)に職を得たが、1890年初頭に肺結核にかかり、同年5月に27歳で不遇の生涯を閉じた[9]。帰国した鷗外が『舞姫』を発表した4ヶ月後のことだった[10]。
太田豊太郎のモデルは北尾次郎ではないかとする説もある[11]。

舞姫論争[編集]
1890年、石橋忍月と、鷗外との間に起こった文学論争。
当時帝国大学法科大学(現在の東大法学部)在学中の忍月は「気取半之丞」の筆名で「舞姫」という論考を発表し、主人公が意志薄弱であることなどを指摘し批判[12]。これに対し4月鷗外は、『しがらみ草紙』に相沢謙吉を筆名に使い、「気取半之丞に与ふる書」で応戦。その後も論争が行われたが、忍月が筆を絶って収束。最初の本格的な近代文学論争だと言われる[13]。

舞姫とファウスト[編集]
本作は『ファウスト 第一部』と関係付けて論じられることがある[誰?]。森鷗外は1912年に初の『ファウスト』日本語訳を完成させている。

舞姫の舞台となる地名[編集]
セイゴン
ブリンジイシイ
ベルリン
ロシア「舞姫」を題材にしたもの[編集]
小説[編集]
山田風太郎「築地西洋軒」(1980年発表、短編集『明治波濤歌』に収録)- 「エリス来日事件」をふまえ、エリスが日本人の決闘事件に関わってゆくというストーリー。なお結末は鷗外の別の短編「普請中」のパロディ。津原泰水「エリス、聞えるか?」(2015年、アンソロジー『NOVA+ 屍者たちの帝国』に収録) – 伊藤計劃・円城塔『屍者の帝国』の世界観に「舞姫」を織り交ぜた短篇。漫画[編集]
関川夏央,谷口ジロー(著)『「坊っちゃん」の時代(第2部) 秋の舞姫―凛烈たり近代なお生彩あり明治人』1989/10/1 )-「エリス来日事件」を題材としたもの。
双葉はづき(著)『舞姫』-「舞姫/うたかたの記/文づかい (一友社名作劇場)」(2007/1/31)に収録 。
『舞姫 まんがで読破』(2008/9/28)映画・ドラマ[編集]
「獅子のごとく」 – 1978年8月21日、TBS系列で放送、演出今野勉、制作テレビマンユニオン、TBS。
主な出演者
森鷗外 – 江守徹
エリス(鷗外の恋人):ペギィ・ベルラティ
森篤次郎(鷗外の弟):三ツ木清隆
森喜美子(鷗外の妹):竹下景子
小金井良精(喜美子の夫):中野誠也
「舞姫 Die Tanzerin」 – 1989年6月3日公開の東宝映画。篠田正浩監督。日独合作。製作:ヘラルド・エース、テレビ朝日、マンフレッド・ルニオードクプロ
主な出演者
太田豊太郎 – 郷ひろみ
エリス・バイゲルト – リザ・ウォルフ
相沢謙吉 – 益岡徹
副島和三郎 – 角野卓造
谷村武 – 佐野史郎
太田清子 – 加藤治子
天方孝義伯爵 – 山﨑努
ルイーゼ・フォン・ビューロウ – マライケ・カリエール
メールハイム騎兵大尉 – クリストフ・アイヒホルン
アンナ・バイゲルト – ブリギッテ・グロートゥム
ハーゼ夫人 – イルマ・ミュンヒ
コッホ教授 – ロルフ・ポッペ表話編歴篠田正浩監督作品1960年代
恋の片道切符
乾いた湖
三味線とオートバイ
わが恋の旅路
夕陽に赤い俺の顔
涙を、獅子のたて髪に
山の讃歌 燃ゆる若者たち
私たちの結婚
暗殺
乾いた花
美しさと哀しみと
異聞猿飛佐助
処刑の島
あかね雲
心中天網島1970年代
無頼漢
沈黙 SILENCE
札幌オリンピック
化石の森
卑弥呼
桜の森の満開の下
はなれ瞽女おりん
夜叉ヶ池1980年代
悪霊島
瀬戸内少年野球団
ALLUSION -転生譚-
鑓の権三
舞姫 Die Tanzerin1990年代
少年時代
写楽
瀬戸内ムーンライト・セレナーデ
梟の城 owl’s castle2000年代
スパイ・ゾルゲ
表話編歴郷ひろみシングル
表話編歴郷ひろみのシングル70年代
72年
1.男の子女の子 – 2.小さな体験 – 3.天使の詩

73年
4.愛への出発 – 5.裸のビーナス – 6.魅力のマーチ – 7.モナリザの秘密

74年
8.花とみつばち – 9.君は特別 – 10.よろしく哀愁 – 11.わるい誘惑

75年
12.花のように鳥のように – 13.誘われてフラメンコ – 14.逢えるかもしれない – 15.バイ・バイ・ベイビー

76年
16.恋の弱味 – 17.20才の微熱 – 18.あなたがいたから僕がいた – 19.寒い夜明け

77年
20.真夜中のヒーロー – 21.悲しきメモリー – 22.洪水の前 – 23.帰郷/お化けのロック – 24.禁猟区

78年
25.バイブレーション (胸から胸へ) – 26.ぼくのるすばん – 27.林檎殺人事件 – 28.ハリウッド・スキャンダル – 29.地上の恋人

79年
30.ナイヨ・ナイヨ・ナイト – 31.いつも心に太陽を – 32.マイ レディー

80年代
80年
33.セクシー・ユー (モンロー・ウォーク) – 34.タブー(禁じられた愛) – 35.How many いい顔 – 36.若さのカタルシス

81年
37.未完成 – 38.お嫁サンバ – 39.もういちど思春期 – 40.哀愁ヒーロー Part1/Part2

82年
41.純情 – 42.女であれ、男であれ – 43.哀愁のカサブランカ – 44.哀しみの黒い瞳

83年
45.美貌の都 – 46.ロマンス – 47.素敵にシンデレラ・コンプレックス – 48.ほっといてくれ – 49.シャトレ・アモーナ・ホテル

84年
50.2億4千万の瞳-エキゾチック・ジャパン- – 51.ヤクシニー – 52.どこまでアバンチュール/ケアレス・ウィスパー

85年
53.愛のエンプティーペイジ – 54.CHARISMA – 55.サファイア・ブルー – 56.Cool/LABYRINTH

87年
57.千年の孤独

88年
58.時をかさねたら

89年
59.最終便にまにあえば

90年代
90年
60.Wブッキング-LA CHICA DE CUBA- – 61.もう誰も愛さない

91年
62.裸のビーナス/よろしく哀愁 – 63.迷イズム

92年
64.ビーナスたちのシエスタ

93年
65.僕がどんなに君を好きか、君は知らない

94年
66.言えないよ

95年
67.逢いたくてしかたない – 68.泣けばいい

96年
69.どんなに君がはなれていたって/裸の夢 – 70.く・せ・に・な・る/甘い束縛 – 71.Don’t leave you alone/いつもそばに君がいた

97年
72.Zeroになれ – 73.ゆっくり恋しよう

98年
74.KISSが哀しい

99年
75.男が恋に出逢うとき – 76.GOLDFINGER ’99 – 77.GOLDFINGER ’99 Remix

00年代
00年
78.Hallelujah,Burning Love – 79.なかったコトにして – 80.True Love Story/さよならのKISSを忘れない

01年
81.Only for you-この永遠がある限り- – 82.獣は裸になりたがる – 83.ワキワキマイフレンド – 84.この世界のどこかに

05年
85.愛より速く – 86.君が泣ける場所になる

06年
87.LIFE

07年
88.Boom Boom Boom/Come On Baby – 89.Good Times Bad Times

08年
90.君だけを feat.童子-T – 91.ありのままでそばにいて

09年
92.男願 Groove! – 93.Get Real Love 〜GOLDFINGER’009

10年代
10年
94.僕らのヒーロー – 95.愛してる/愛してはいけないひと

11年
96.笑顔にカンパイ!

12年
97.デンジャラー☆

13年
98.Bang Bang

14年
99.99は終わらない

15年
100.100の願い

16年
101.IRREGULAR

17年
102.スキだから

18年
103.恋はシュミシュミ

19年
104.JAN JAN JAPANESE

20年代
20年
105.ウォンチュー!!!

21年
106.100GO!回の確信犯/狐火

22年
107.ジャンケンポンGO!!

アルバム
オリジナル
男の子女の子 – 愛への出発 – ひろみの部屋 – ひろみの朝・昼・晩 – ひろみの旅 – HIROMIC WORLD – 街かどの神話 – アイドルNO.1 – ピラミッドひろみっど – Narci-rhythm – アポロンの恋人 – LOOKIN’ FOR TOMORROW – SUPER DRIVE – MAGIC – How manyいい顔 – PLASTIC GENERATION – アスファルト・ヒーロー – 哀愁のカサブランカ – 愛の神話 – 比呂魅卿の犯罪 – TAILORED SONG – ALLUSION – LABYRINTH – LOVE of FINERY – DRIVING FORCE- アメリカかぶれ – CATALONIAN BLOOD -LUNA LLENA – GOrgeous – I miss you〜逢いたくてしかたない〜 – く・せ・に・な・る – 心のカギ – 恋のハレルヤ大作戦 〜Mission Code is “G”〜 – PERIOD 〜この世界のどこかに〜 – Evolution – Winter Mood – place to be- one and only…

ベスト (LP)
ギフト・パック/1973年版 – 郷ひろみヒット全曲集 -1974年版- – 郷ひろみデラックス – 郷ひろみヒット全曲集 -1975年版- – ベスト・オブ・ベスト 郷ひろみのすべて – 郷ひろみヒット全曲集 -1976年版- – 人気投票連続ナンバー・ワン 郷ひろみ – GO 1977-1972 – THE BEST 郷ひろみ – 金字塔 – マイコレクション – 黄金郷 – 黄金郷I 〜2億4千万の瞳〜

ベスト (CD)
ベスト・コレクション – 全集/’72〜’85 DANDYISM – MY SELF〜Sincerely yours – 準備万端〜VINGT ANS〜 -HIROMIX – 全集/’86 – ’91 DANDYISM II – THE GREATEST HITS OF HIROMI GO – THE GREATEST HITS OF HIROMI GO VOL.II 〜Ballads〜 – THE GREATEST HITS OF HIROMI GO VOL.III 〜SELECTION〜 – ALL THE SINGLES 1972-1997 – THE GOLDSINGER – MOST LOVED HITS OF HIROMI GO – With Whom? – Single Collections of Early Days – SAMBA de GO 〜HIROMI GO Latin Song Collection〜

ライブ
フォーリーブス・郷ひろみ ジョイントリサイタル – HIROMI ON STAGE〜よろしく哀愁〜 – GO GOES ON!〜HIROMI IN U.S.A〜 – ヒーロー – フェニックス〜HIROMI IN BUDOKAN〜 – IDOL of IDOLS – SUPER ENTERTAINMENT MY OWN ROAD – AT THE STARTING LIVE〜READY SET GO!〜 – CONCERT TOUR LABYRINTH

主演映画作品
さらば夏の光よ – ダブル・クラッチ – 夢一族 ザ・らいばる – 舞姫

出演テレビドラマ
新・平家物語 – 青春をつっ走れ – あしたに駈けろ! – おやじ山脈 – 銀座わが町 – ぼくは叔父さん – ちょっとしあわせ – あこがれ共同隊 – ムー – ムー一族 – 家路〜ママ・ドント・クライ – 草燃える – ミセスとぼくとセニョールと! – 峠の群像 – 流れ星佐吉 – 翔んでる警視 – 青春を東海岸にかけた野郎たち! アメリカン・ランナウェイ – 刑事貴族 – 信長 KING OF ZIPANGU – D坂の殺人事件 – 企業病棟 – 坊っちゃんちゃん – 天皇の料理番 – LEADERS II – 定年オヤジ改造計画

出演バラエティ
セイ!ヤング – プラチナゴールデンショー – NOWヒットパレード – カックラキン大放送!! – ベスト3夢の顔合せ – オールスター親子で勝負! – オールスター雪の祭典 – UFOセブン大冒険 – マジカル7大冒険 – 郷ひろみの宴ターテイメント – ヤミツキ

特別番組
おめでとう郷ひろみ・二谷友里恵結婚披露宴

関連人物
二谷友里恵 – 二谷英明 – 白川由美 – 徳武定祐 – 周防郁雄 – ジャニー喜多川 – メリー喜多川 – 酒井政利 – 筒美京平 – 久世光彦 – フォーリーブス(北公次・青山孝史・江木俊夫・おりも政夫) – 新御三家(西城秀樹・野口五郎) – 仲代達矢 – 樹木希林 – 石坂浩二 – 岩下志麻 – 松平健 – 篠田三郎 – 多岐川裕美 – 緒形拳 – 緒形直人 – 菊池桃子 – 仲村トオル – 中山美穂 – 鷲尾いさ子 – 松田聖子 – 近藤真彦 – 稲垣潤一 – 徳永英明 – 前山田健一 – 古舘伊知郎 – 須田哲夫 – 岩瀬惠子 – 徳光和夫 – あべ静江 – 中島みゆき – 藤原紀香 – 陣内智則

関連項目
バーニングプロダクション – ジャニーズ事務所 – ソニー・ミュージックレコーズ

アニメ[編集]
青春アニメ全集「舞姫」 – 1986年に日本テレビ系列で放送、脚本:吉田憲二、演出:石黒昇、作画監督:しまだひであき(アートランド)
声の出演
太田豊太郎 – 池田秀一
エリス – 山本百合子
相沢謙吉 – 羽佐間道夫
エリスの母 – 沼波輝枝
医者 – 郷里大輔
公使館員 – 喜多川拓郎
語り手:木内みどり
画ニメ「舞姫」 – 2006年8月1日、東映アニメーションから発売されたOVA。紙芝居形式のアニメーション作品。監督:奥秀太郎、作画:古屋あきさ。本編時間:30分。品番:GANI-0008[14]。舞台[編集]
Musical『舞姫』-MAIHIME-森鷗外原作「舞姫」より – 宝塚歌劇団が2007・2008年に上演。
詳細は舞姫を参照。ゲーム[編集]
コンピュータゲーム『サクラ大戦3 〜巴里は燃えているか〜』 – 制作初期に『舞姫』をモデルにした作品と発表された。音楽[編集]
さだまさし 『舞姫』脚注[編集]
[脚注の使い方]注釈[編集]

^ 三作とも文語体。『舞姫』には井上靖による口語訳森 2006aがある。

^ 豊太郎が散歩した「獣苑」はベルリンの都市公園ティーアガルテン(Tiergarten)を指す。クロステル巷(Klosterstraße)の古寺については諸説あるが、マリエン教会(Marienkirche)とする説もある。後述の六草によればガルニゾン教会。

^ 当時のパラノイアの定義と、現代の定義は異なるとされている

^ 初出(『国民之友』)等では「ブリヨオトジン」(独: Blödsinn, 痴呆)。

^ モデルを山縣有朋とする説が有力。山県訪欧時の随行医官は鷗外の生涯の友人賀古鶴所(かこつるど)であった。賀古鶴所は日本における近世耳鼻咽喉科の創始者。歌人でもあり、『ヰタ・セクスアリス』の古賀のモデルとしても知られる。

^ かつては日本に限らず、主要港で発行される新聞には、寄港する船舶の乗客名簿が記載されていることが多かった。復刻版『ジャパン・ウィークリー・メイル』 を参照。「横浜港に出入港する船とその乗客のリストからは、来日した外国人の動向のみならず、海外に渡航した日本人に関する非常に貴重な情報も得られます。」

^ 作品中にエリスをユダヤ人とする記述はないが、それを示唆するサインがあるとする論考があった。荻原雄一編著 『舞姫 エリス、ユダヤ人論』至文堂、2001年5月。.mw-parser-output cite.citationfont-style:inherit.mw-parser-output .citation qquotes:”””””””‘””‘”.mw-parser-output .id-lock-free a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-free abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/6/65/Lock-green.svg”)right 0.1em center/9px no-repeat.mw-parser-output .id-lock-limited a,.mw-parser-output .id-lock-registration a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-limited a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-registration abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/d/d6/Lock-gray-alt-2.svg”)right 0.1em center/9px no-repeat.mw-parser-output .id-lock-subscription a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-subscription abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/a/aa/Lock-red-alt-2.svg”)right 0.1em center/9px no-repeat.mw-parser-output .cs1-subscription,.mw-parser-output .cs1-registrationcolor:#555.mw-parser-output .cs1-subscription span,.mw-parser-output .cs1-registration spanborder-bottom:1px dotted;cursor:help.mw-parser-output .cs1-ws-icon abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/4/4c/Wikisource-logo.svg”)right 0.1em center/12px no-repeat.mw-parser-output code.cs1-codecolor:inherit;background:inherit;border:none;padding:inherit.mw-parser-output .cs1-hidden-errordisplay:none;font-size:100%.mw-parser-output .cs1-visible-errorfont-size:100%.mw-parser-output .cs1-maintdisplay:none;color:#33aa33;margin-left:0.3em.mw-parser-output .cs1-formatfont-size:95%.mw-parser-output .cs1-kern-left,.mw-parser-output .cs1-kern-wl-leftpadding-left:0.2em.mw-parser-output .cs1-kern-right,.mw-parser-output .cs1-kern-wl-rightpadding-right:0.2em.mw-parser-output .citation .mw-selflinkfont-weight:inheritISBN 4-7843-0207-7。 。ユダヤ人説はNHKの番組でも紹介された。今野勉 『鷗外の恋人 百二十年後の真実』日本放送出版協会、2010年11月。ISBN 978-4-14-081442-0。 

^ ベルリンの教会公文書館等の調査で確認した。六草いちか:『鷗外の恋 舞姫エリスの真実』2011-03-08 講談社 ISBN 978-4-06-216758-1

^ 六草は、エリーゼとみられる女性の写真(41歳-52歳頃)も発見した。六草『それからのエリス いま明らかになる鷗外「舞姫」の面影 』2011-09-04 講談社 ISBN 978-4-06-218595-0、“森鴎外の「舞姫」モデルの写真か 独在住の六草さんが発見”. 47NEWS. 共同通信. (2013年8月29日). http://www.47news.jp/CN/201308/CN2013082901001270.html 

^ 山崎は『舞姫 現代語訳』(ちくま文庫、2006年)の解説でユダヤ人説に肯定的であった。

^ 131.エリスという名前 、またはHoozawa-Arkenau, Noriyo. 2017. Aufhebung der Diglossie in Japan. Hamburg. p.400-403。同作品を鷗外はドイツ語レクラム文庫から重訳したが、その主人公の名前がエリス(Ellis)である。これはケルト語系の名前である。

出典[編集]

^ ISBN 978-4870881501

^ a b 『鷗外』89号,pp.54-60, 2011-07-31、森鷗外記念会

^ a b 高島俊男:「森鷗外のドイツの恋人」、お言葉ですが・・・ 別巻5 漢字の慣用音って何だろう?、pp.128-164、2012-07-05、連合出版

^ 植木 2000。今野 2010。川本裕司 (2010年11月15日). “「舞姫は15歳」説に新証拠 刺繍用型金にイニシャル”. 朝日新聞. http://book.asahi.com/clip/TKY201011110203.html 2013年1月22日閲覧。 

^ 海老沢類 (2011年3月10日). “鷗外「舞姫」エリス特定? 教会の出生記録に名前、“別れ”後の職業も合致 独在住ライターが確認”. MSN産経ニュース. http://sankei.jp.msn.com/life/news/110310/bks11031005000001-n1.htm 2011年3月10日閲覧。 

^ “鴎外「舞姫」モデルの晩年明らかに=ベルリン在住のライターが調査”. 時事通信ニュース. (2012年11月6日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201211/2012110600062&g=soc=2012-11-06 

^ 大日本帝国憲法と森鷗外蓮沼啓介、日本大学法科大学院「法務研究」 第14号 2017. 1

^ http://booklog.kinokuniya.co.jp/kato/archives/2012/07/post_305.html

^ a b c d e 文豪森鷗外とTEEKANNEとをつなぐものとは?ベアーテ・ヴォンデ(ベルリン森鷗外記念館副館長)、ティーカネン

^ 埼玉ゆかりの偉人 埼玉県公式サイト

^ 北尾次郎周辺から見た『舞姫』成立過程広瀬 毅彦、北尾次郎ルネサンスプロジェクト研究報告書 , 105 – 132 , 2016-02

^ 石橋「舞姫」(『国民之友』1890年2月、72号)[1]。「其主人公が薄志弱行にして精気なく誠心なく随ツて感情の健全ならざるは予が本篇の為めに惜む所なり。」

^ 石橋忍月及び森鷗外の全集に所収。研究書として、嘉部 1980などがある。

^ 東映アニメ、新生「画ニメ」のDVDソフトを8月発売 -第1弾はFFの天野喜孝ら10作品。静止画主体のアニメ、AV watch、2006年5月30日。

書誌情報[編集]
森鷗外 『山椒大夫・舞姫』旺文社〈必読名作シリーズ〉、1990年3月。ISBN 4-01-066032-5。 
森鷗外 『舞姫』集英社〈集英社文庫〉、1991年3月。ISBN 4-08-752010-2。 
森鷗外 『舞姫 雁 阿部一族 山椒大夫 外八篇』文藝春秋〈文春文庫〉、1998年5月。ISBN 4-16-760101-X。 
森鷗外 『舞姫 現代語訳』井上靖訳、山崎一穎監修、筑摩書房〈ちくま文庫〉、2006年3月。ISBN 4-480-42188-2。 
森鷗外 『鷗外の「舞姫」』角川学芸出版〈角川ソフィア文庫〉、2006年4月。ISBN 4-04-357414-2。 
森鷗外 『阿部一族・舞姫』(76刷改版)新潮社〈新潮文庫〉、2006年4月。ISBN 4-10-102004-3。 参考文献[編集]
植木哲 『新説 鷗外の恋人エリス』新潮社〈新潮選書〉、2000年4月。ISBN 4-10-600587-5。 
嘉部嘉隆 『森鷗外 初期文芸評論の理論と方法』桜楓社、1980年9月。ASIN B000J84E4G。 
嘉部嘉隆 編 『森鷗外「舞姫」諸本研究と校本』桜楓社、1988年1月。ISBN 4-273-02214-1。 
小平克 『森鷗外論 「エリーゼ来日事件」の隠された真相』おうふう、2005年4月。ISBN 4-273-03386-0。 
六草いちか 『鷗外の恋 舞姫エリスの真実』講談社、2011年3月。ISBN 978-4-06-216758-1。 
六草いちか 『それからのエリス いま明らかになる鷗外「舞姫」の面影』講談社、2013年9月。ISBN 978-4-06-218595-0。 外部リンク[編集]

ウィキソースに舞姫の原文があります。『舞姫』:旧字旧仮名 – 青空文庫
『舞姫』:新字旧仮名 – 青空文庫
『舞姫』:新字新仮名 – 青空文庫
石橋忍月著『舞姫』:新字旧仮名 – 青空文庫
『舞姫』 – コトバンク
『「舞姫」論争』 – コトバンク表話編歴森鷗外の作品小説
舞姫 – うたかたの記 – 文づかひ – 半日 – 魔睡 – ヰタ・セクスアリス – 鶏 – 金貨 – 杯 – 青年 – 普請中 – 花子 – あそび – 食堂 – 蛇 – カズイスチカ – 妄想 – 雁 – 灰燼 – 百物語 – かのように – 興津弥五右衛門の遺書 – 阿部一族 – 佐橋甚五郎 – 大塩平八郎 – 堺事件 – 安井夫人 – 山椒大夫 – じいさんばあさん – 最後の一句 – 高瀬舟 – 寒山拾得

戯曲
生田川

詩歌
うた日記 – 横浜市歌 – 浜松市歌(初代、2005年廃止)

翻訳
調高矣津弦一曲 – 於母影 – 即興詩人 – ファウスト – サロメ – みれん – 恋愛三昧

史伝
渋江抽斎 – 伊澤蘭軒 – 小嶋宝素 – 北条霞亭

随筆
サフラン – 空車 – 礼儀小言

考証
帝諡考 – 元号考

関連カテゴリ
森鷗外 – 小説

「https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=舞姫_(森鷗外)&oldid=90532511」から取得
カテゴリ: 森鷗外の短編小説1890年代の小説日独関係ベルリンを舞台とした小説日記体小説留学生を主人公とした作品1989年の映画日本の恋愛映画篠田正浩の監督映画ベルリンを舞台とした映画作品隠しカテゴリ: ISBNマジックリンクを使用しているページ言葉を濁した記述のある記事 (誰)/2020年

評価: 4~5 つ星
レビュー: 5352
再生回数: 10 31
[spincontent type=”j”]

エリーゼのために Youtube

Provided to YouTube by Space Shower FUGA

エリーゼのために · Matsumoto Kazumasa · ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン

CHACONNE 無窮の響き

℗ 2019 タクトミュージック

Released on: 2019-04-02

Music Publisher: Copyright Control
Composer: Ludwig van Beethoven

Auto-generated by YouTube.

2. エリーゼ・マリー・カロリーネ・ヴィーゲルト Yomiuri

Yomiuri
エリーゼ・マリー・カロリーネ・ヴィーゲルト

説明: エリーゼ・マリー・カロリーネ・ヴィーゲルト に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 エリーゼ・マリー・カロリーネ・ヴィーゲルト は、読売で検索されたもので、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 41 18
[spincontent type=”j”]

3. エリーゼ・マリー・カロリーネ・ヴィーゲルト Asahi Shimbun

朝日新聞
エリーゼ・マリー・カロリーネ・ヴィーゲルト

説明: 朝日新聞で検索した エリーゼ・マリー・カロリーネ・ヴィーゲルト に関する上記の情報が、エリーゼ・マリー・カロリーネ・ヴィーゲルト に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 90 21
[spincontent type=”j”]

4. エリーゼ・マリー・カロリーネ・ヴィーゲルト The Japan Times

The Japan Times
エリーゼ・マリー・カロリーネ・ヴィーゲルト

説明: ジャパン タイムズで検索した エリーゼ・マリー・カロリーネ・ヴィーゲルト に関する記事のトップです。エリーゼ・マリー・カロリーネ・ヴィーゲルト に関する疑問を解決するのに役立ちます。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 6205
[spincontent type=”j”]

5. エリーゼ・マリー・カロリーネ・ヴィーゲルト Yomiuri Shimbun

読売新聞
エリーゼ・マリー・カロリーネ・ヴィーゲルト

説明: エリーゼ・マリー・カロリーネ・ヴィーゲルト に関する詳細情報はすでにありますか? エリーゼ・マリー・カロリーネ・ヴィーゲルト という記事が読売新聞で検索されました。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 27 16
[spincontent type=”j”]

6. エリーゼ・マリー・カロリーネ・ヴィーゲルト Mainichi Shimbun

毎日新聞
エリーゼ・マリー・カロリーネ・ヴィーゲルト

説明: 毎日新聞で見つけた エリーゼ・マリー・カロリーネ・ヴィーゲルト に関する上記の情報が、エリーゼ・マリー・カロリーネ・ヴィーゲルト に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 5449
[spincontent type=”j”]

7. エリーゼ・マリー・カロリーネ・ヴィーゲルト Sankei Shimbun

産経新聞
エリーゼ・マリー・カロリーネ・ヴィーゲルト

説明: 産経新聞で検索した エリーゼ・マリー・カロリーネ・ヴィーゲルト に関する記事のトップです。エリーゼ・マリー・カロリーネ・ヴィーゲルト に関する疑問を解決するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 9708
[spincontent type=”j”]

8. エリーゼ・マリー・カロリーネ・ヴィーゲルト Nihon Keizai Shimbun

日本経済新聞
エリーゼ・マリー・カロリーネ・ヴィーゲルト

説明: エリーゼ・マリー・カロリーネ・ヴィーゲルト に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 エリーゼ・マリー・カロリーネ・ヴィーゲルト は、日本経済新聞で検索され、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 5172
[spincontent type=”j”]

9. エリーゼ・マリー・カロリーネ・ヴィーゲルト Chunichi Shimbun

中日新聞
エリーゼ・マリー・カロリーネ・ヴィーゲルト

説明: 中日新聞で検索した エリーゼ・マリー・カロリーネ・ヴィーゲルト に関する上記の情報が、エリーゼ・マリー・カロリーネ・ヴィーゲルト に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 3261
[spincontent type=”j”]

10. エリーゼ・マリー・カロリーネ・ヴィーゲルト Tokyo Shimbun

東京新聞
エリーゼ・マリー・カロリーネ・ヴィーゲルト

説明: エリーゼ・マリー・カロリーネ・ヴィーゲルト に関する質問を解決するために、東京新聞で検索した エリーゼ・マリー・カロリーネ・ヴィーゲルト に関する記事のトップです。
評価: 4~5 つ星
評価: 1698
[spincontent type=”j”]

11. エリーゼ・マリー・カロリーネ・ヴィーゲルト Nihon Kogyo Simbun

日本工業新聞
エリーゼ・マリー・カロリーネ・ヴィーゲルト

説明: エリーゼ・マリー・カロリーネ・ヴィーゲルト に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 エリーゼ・マリー・カロリーネ・ヴィーゲルト は日本工業新聞で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 8637
[spincontent type=”j”]

12. エリーゼ・マリー・カロリーネ・ヴィーゲルト Nikkan Kogyo Shimbun

日刊工業新聞
エリーゼ・マリー・カロリーネ・ヴィーゲルト

説明: 日刊工業新聞で見つけた エリーゼ・マリー・カロリーネ・ヴィーゲルト に関する上記の情報が、エリーゼ・マリー・カロリーネ・ヴィーゲルト に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 2663
[spincontent type=”j”]

13. エリーゼ・マリー・カロリーネ・ヴィーゲルト Ainu Times

アイヌタイムス
エリーゼ・マリー・カロリーネ・ヴィーゲルト

説明: アイヌ タイムズで検索した エリーゼ・マリー・カロリーネ・ヴィーゲルト に関する記事のトップです。エリーゼ・マリー・カロリーネ・ヴィーゲルト に関する質問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 4236
[spincontent type=”j”]

14. エリーゼ・マリー・カロリーネ・ヴィーゲルト Akita Sakigake Shimpo

秋田魁新報
エリーゼ・マリー・カロリーネ・ヴィーゲルト

説明: エリーゼ・マリー・カロリーネ・ヴィーゲルト に関する詳細情報はすでにありますか? エリーゼ・マリー・カロリーネ・ヴィーゲルト という記事は、秋田魁新報で検索したものです。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 6437
[spincontent type=”j”]

15. エリーゼ・マリー・カロリーネ・ヴィーゲルト Chiba Nippo

千葉日報
エリーゼ・マリー・カロリーネ・ヴィーゲルト

説明: 千葉日報で検索した エリーゼ・マリー・カロリーネ・ヴィーゲルト に関する上記の情報が、エリーゼ・マリー・カロリーネ・ヴィーゲルト に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 90 52
[spincontent type=”j”]

16. エリーゼ・マリー・カロリーネ・ヴィーゲルト Chugoku Shimbun

中国新聞
エリーゼ・マリー・カロリーネ・ヴィーゲルト

説明: 中国新聞で検索した エリーゼ・マリー・カロリーネ・ヴィーゲルト に関する記事のトップです。エリーゼ・マリー・カロリーネ・ヴィーゲルト に関する疑問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 7889
[spincontent type=”j”]

17. エリーゼ・マリー・カロリーネ・ヴィーゲルト Daily Tohoku

デイリー東北
エリーゼ・マリー・カロリーネ・ヴィーゲルト

説明: エリーゼ・マリー・カロリーネ・ヴィーゲルト に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 エリーゼ・マリー・カロリーネ・ヴィーゲルト はデイリー東北で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 1186
[spincontent type=”j”]

18. エリーゼ・マリー・カロリーネ・ヴィーゲルト The Eastern Chronicle

イースタン クロニクル
エリーゼ・マリー・カロリーネ・ヴィーゲルト

説明: イースタン クロニクルで検索した エリーゼ・マリー・カロリーネ・ヴィーゲルト に関する上記の情報が、エリーゼ・マリー・カロリーネ・ヴィーゲルト に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 6543
[spincontent type=”j”]

エリーゼ・マリー・カロリーネ・ヴィーゲルト に関する質問

エリーゼ・マリー・カロリーネ・ヴィーゲルト についてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。ご質問やご提案はすべて、次の記事の改善に役立てさせていただきます。

記事 エリーゼ・マリー・カロリーネ・ヴィーゲルト は、私と私のチームがさまざまな情報源から編集したものです。 記事 エリーゼ・マリー・カロリーネ・ヴィーゲルト が役に立った場合は、チームをサポートしてください。「いいね」または「共有」してください!

検索キーワード エリーゼ・マリー・カロリーネ・ヴィーゲルト

エリーゼ・マリー・カロリーネ・ヴィーゲルト
方法エリーゼ・マリー・カロリーネ・ヴィーゲルト
チュートリアル エリーゼ・マリー・カロリーネ・ヴィーゲルト
【キーワード】 無料

Có thể bạn quan tâm: