あなたは アルバート (ザクセン=コーブルク=ゴータ公子) について学んでいます。今日は、インターネット上の多くの情報源から私たちのチームが編集および編集した記事 アルバート (ザクセン=コーブルク=ゴータ公子) を共有します。 アルバート (ザクセン=コーブルク=ゴータ公子) に関するこの記事がお役に立てば幸いです。

Page Contents

アルバート (ザクセン=コーブルク=ゴータ公子)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。出典検索?: “アルバート” ザクセン=コーブルク=ゴータ公子 – ニュース · 書籍 · スカラー · CiNii · J-STAGE · NDL · dlib.jp · ジャパンサーチ · TWL(2019年5月)この記事は英語版の対応するページを翻訳することにより充実させることができます。(2021年3月)翻訳前に重要な指示を読むには右にある[表示]をクリックしてください。
英語版記事を日本語へ機械翻訳したバージョンを表示します(Google翻訳)。
万が一翻訳の手がかりとして機械翻訳を用いた場合、翻訳者は必ず翻訳元原文を参照して機械翻訳の誤りを訂正し、正確な翻訳にしなければなりません。これが成されていない場合、記事は削除の方針G-3に基づき、削除される可能性があります。
信頼性が低いまたは低品質な文章を翻訳しないでください。もし可能ならば、文章を他言語版記事に示された文献で正しいかどうかを確認してください。
履歴継承を行うため、要約欄に翻訳元となった記事のページ名・版について記述する必要があります。記述方法については、Wikipedia:翻訳のガイドライン#要約欄への記入を参照ください。
翻訳後、Albert, Prince Consortをノートに追加することもできます。
Wikipedia:翻訳のガイドラインに、より詳細な翻訳の手順・指針についての説明があります。アルバートPrince Albert
イギリス王配
1860年撮影在位
1840年2月10日 – 1861年12月14日別称号
ザクセン公爵プリンス・コンソート全名

一覧参照
フランシス・アルバート・オーガスタス・チャールズ・エマニュエル英:Francis Albert Augustus Charles Emmanuelフランツ・アルブレヒト・アウグスト・カール・エマヌエル独:Franz Albrecht August Karl Emanuel出生
1819年8月26日 ザクセン=コーブルク=ザールフェルト公国、コーブルク、ローゼナウ城(英語版、ドイツ語版)死去
(1861-12-14) 1861年12月14日(42歳没) イギリス イングランド、ウィンザー、ウィンザー城埋葬
1861年12月23日 イギリス イングランド、ウィンザー、ウィンザー城、セント・ジョージ礼拝堂1862年12月18日 イギリス イングランド、ウィンザー、フロッグモア霊廟(英語版)配偶者
ヴィクトリア女王子女

一覧参照
ヴィクトリアエドワード7世アリスアルフレッドヘレナルイーズアーサーレオポルドベアトリス家名
サクス=コバーグ=ゴータ家父親
エルンスト1世母親
ルイーゼ・フォン・ザクセン=ゴータ=アルテンブルク宗教
(キリスト教ルーテル教会→)イングランド国教会テンプレートを表示アルバート・オブ・サクス=コバーグ=ゴータ公子(英語: Prince Albert of Saxe-Coburg-Gotha, 1819年8月26日 – 1861年12月14日)は、イギリス女王ヴィクトリアの夫。ザクセン=コーブルク=ゴータ公子で、ザクセン公(Herzog zu Sachsen)。ドイツ語名は、アルブレヒト(Albrecht)。
イギリス女王の夫(男性配偶者)として、議会から唯一公式に「プリンス・コンソート」(The Prince Consort)の称号を認められた人物である。

生涯[編集]
出自[編集]
左からアルバート、母ルイーゼ、兄エルンスト
1819年8月26日、ザクセン=コーブルク=ザールフェルト公エルンスト(後のザクセン=コーブルク=ゴータ公エルンスト1世)の次男としてコーブルクに生まれる。母のルイーゼはザクセン=ゴータ=アルテンブルク公アウグストの娘、エルンスト1世の従妹にあたる。

ヴィクトリア女王との結婚[編集]
妻のイギリス女王ヴィクトリア
アルバート(1840年、ジョン・パートリッジ(英語版)画)
ヴィクトリアとの結婚を積極的に推進したのは、双方の叔父に当たるベルギー初代国王レオポルド1世であった。1836年5月、アルブレヒトは家族とともにロンドンを訪問し、ケンジントン宮殿で叔母(父の妹)のヴィクトリア・オブ・サクス=コバーグ=ザールフィールドとケント公エドワード・オーガスタスの娘であるヴィクトリア王女と対面した。しかし、ヴィクトリアの伯父である当時の国王ウィリアム4世は、この縁組に賛成せず、ヴィクトリアの相手としてオランダ王ウィレム2世の息子であるオラニエ=ナッサウ家のウィレム・アレクサンダー王子を考えていた。一方、ヴィクトリアはレオポルド1世の計画を知っていたが、自身はアルブレヒトとの結婚を望んでいた。ヴィクトリアは、金髪に青い瞳をしたハンサムなアルブレヒトに一目惚れしたのである。ヴィクトリアがレオポルド1世に宛てて、アルブレヒトを紹介してくれた礼を述べる書簡が残っている。
1837年6月20日、ウィリアム4世国王の崩御に伴い、王位継承順位第1位であったヴィクトリアは18歳でイギリス女王(ハノーヴァー朝第6代君主)に即位した。1839年、アルブレヒトは兄エルンスト(後のエルンスト2世)とともに、再びロンドンを訪問した。この訪問の目的は二人の結婚にあった。同年10月に2人は正式に婚約し、翌1840年2月10日、セント・ジェームズ宮殿の王家礼拝堂(Chapel Royal)で結婚式を挙げた。
当時王家がドイツ系の血筋であったことから、イギリス系の血を濃くするため、イギリス人の夫が望まれた。そのため、女王がドイツ系のアルブレヒトと結婚することは、イギリス国民からあまり歓迎されていなかったようである[1]。アルバートは、出産と育児に追われる女王に代わり、公式行事の出席などもこなし、実質上は君主の役割を果たした。しかしイギリスでの公的地位は、結婚17年後に「王配殿下」(プリンス・コンソート)の地位が正式に与えられるまで、何一つ持っていなかった。

家族[編集]
アルバートの父エルンスト1世は、根っからの女好きで、母のルイーゼを裏切り続けていた。そのため、ルイーゼ自身も傭兵隊長のアレクサンダー・フォン・ハンシュタインと浮気をするようになり、エルンストから離婚を言い渡された[2]。これによりルイーゼは、自身の息子であるエルンスト2世とアルバートに会うことも禁じられた。こうした不幸な家庭環境により、アルバートは両親を反面教師として、大変に誠実な夫となった。
アルバートとヴィクトリアの夫婦仲は非常に良く、多くの子供達に恵まれた。二人の間に誕生した9人の子女(4男5女)は下記の通り。

続柄

子女

生年月日

没年月日

備考
第1王女(第1子/長女)

ヴィクトリア(愛称:ヴィッキー)

1840年11月21日

1901年8月5日(満60歳没)

ドイツ皇帝フリードリヒ3世皇后子女:4男4女(8人)
第1王子(第2子/長男)

アルバート・エドワード(愛称:バーティ)

1841年11月9日

1910年5月6日(満68歳没)

サクス=コバーグ=ゴータ朝初代国王『エドワード7世』子女:3男3女(6人)
第2王女(第3子/次女)

アリス

1843年4月25日

1878年12月14日(満35歳没)

ヘッセン大公ルートヴィヒ4世妃子女:2男5女(7人)
第2王子(第4子/次男)

アルフレッド

1844年8月6日

1900年7月30日(満55歳没)

ザクセン=コーブルク=ゴータ公、エディンバラ公爵 子女:1男4女(5人)
第3王女(第5子/三女)

ヘレナ

1846年5月25日

1923年6月9日(満77歳没)

シュレースヴィヒ=ホルシュタイン公子クリスティアン夫人子女:4男2女(6人)
第4王女(第6子/四女)

ルイーズ

1848年3月18日

1939年12月3日(満91歳没)

アーガイル公爵ジョン・ダグラス・サザーランド・キャンベル夫人子女:なし
第3王子(第7子/三男)

アーサー

1850年5月1日

1942年1月16日(満91歳没)

コノート公爵子女:1男2女(3人)
第4王子(第8子/四男)

レオポルド

1853年4月7日

1884年3月28日(満30歳没)

オールバニ公爵子女:1男1女(2人)
第5王女(第9子/五女)

ベアトリス

1857年4月14日

1944年10月26日(満87歳没)

バッテンベルク公子ハインリヒ・モーリッツ夫人子女:3男1女(4人)
長女のヴィクトリア王女がアルバートによく似て、申し分のない優等生だったのに比べ、長男のアルバート・エドワード王太子(後の英国王エドワード7世)は大変な問題児であったため、アルバートはいつもこの息子のことに頭を悩ませていた。ただ、エドワードが問題児となったのは、アルバートの厳しいしつけも関係していたようである。エドワードは、自分の子供達には、自分が父にされたのと同じような厳しいしつけをしようとはしなかった。

左から次男アルフレッド、長男エドワード、ヴィクトリア女王、アルバート、次女アリス、三女ヘレナ、長女ヴィクトリア(1846年、フランツ・ヴィンターハルター画)
王室の改革[編集]
1841年にアルバートは、ヴィクトリアの教育係のルイーズ・レーツェンの仕事ぶりに問題を感じたため、彼女の解任を考えるようになった。レーツェンは当時ヴィクトリアの秘書も務めており、王室の予算も諸々の人事権も握っていた。ヴィクトリアは母親同然に慕っているレーツェンの解任に猛反対したが、アルバートに説得されて、ついにレーツェンの解任に同意した。こうしてアルバートはようやく実権を握ったが、イギリス王室は大変な無秩序状態になっていた。その理由はレーツェンが他人の言いなりで、また年をとるにつれて全体への配慮が行き届かなくなっていたからだった。
当時のイギリス王室では、個々人が目先の利益ばかりを考え、好き勝手な振る舞いをしていた。例えばウィンザー城では、内側と外側の窓をそれぞれ別の部署が管理する、ということが平気で行なわれていた。さらに、この2つの部署は激しい縄張り争いを展開し、互いに相手の管轄へと踏み込んでいた。また、王族の人々が全員外出中のときでさえ、城ではたっぷりと食事を用意するのが習わしで、結局豪華な食事は召使達の胃袋に消えることとなった。さらに、ろうそくが使われていようがいまいが、全ての部屋のろうそくは毎日かかさず交換された。そして、18世紀後半、気前の良いジョージ3世が、赤の間と呼ばれる部屋に衛兵室を設け、当直中の衛兵にフランス産の赤ワインを毎日1本ずつふるまった、ということに端を発した「赤の間のワイン代」というものがあったが、ジョージ3世もこの世を去って既に久しく、衛兵室の存在もとうに人々から忘れ去られていたが、それでもワインだけは相変わらず大量に消費されていた。
アルバートは、このような数々の無駄遣いや、召使たちの無秩序ぶりを見て、いかにもドイツ人らしい徹底した方法で、王室全体を改革することにした。彼は職員の大半を入れ替え、王室の部署を大幅に削減した。そのため、改革前から勤めていた者も新しく入った者も、真剣に働かざるを得なくなった。当然、アルバートに彼らの憎悪や反発が向けられた。特に彼らの最大の不満は、職員が副業にしていた格好の収入源を、アルバートが潰してしまったことだった。彼らの多くは、王室の情報を新聞社に流して、いい収入を得ていた。しかし、アルバートが王室での出来事を掲載した公報を毎日発行するようになったため、これも不可能になった。また用具類に関しても、帳簿を付けさせてしっかり管理させた。
アルバートによるこうした数々の改革によって王室内部の混乱が一掃されたおかげで、王室費は全体として2万5,000ポンドもの節減になった。アルバートには優れた財政の才能があった。彼はこの他にもコーンウォール公領とランカスター公領からの収入を、わずか1年の間に大幅に増加させている。しかし、数々の成功にも関わらず、アルバートは「けちな男」や「金に細かい男」などと悪口を言われるようになってしまった。増えた分の収入は、田舎に別邸を建てるなど、アルバートによって有効に使われた。やがて彼はワイト島に広大な土地を購入し、オズボーン・ハウスを建て、毎年家族と過ごすようになった。

政治への関与[編集]
アルバート記念碑にあるアルバートの黄金像(w:John Henry Foley 、 w:Thomas Brock作)
アルバートは、1841年に長男のエドワードが誕生した前後から、枢密院のメンバーに加わり、ヴィクトリアの秘書や顧問を務めた。かつて首相を務めたメルバーン子爵は、早くからアルバートの非凡な才能を見抜き、ヴィクトリアに対し「アルバート公は実に頭の切れるお方です。どうかアルバート公のおっしゃることをよくお聞きなさいますように」と進言したという。1834年に首相になったロバート・ピールも、頭脳明晰なアルバートに接近し、微妙な問題が起きるとまず彼に意見を求めるようになった。ヴィクトリアには気まぐれで短気な所があったため、後回しにしたのだった。
アルバートは1851年にはロンドン万国博覧会を大成功させた。この万博の最大の呼び物は「クリスタル・パレス(水晶宮)」と名付けられた、鉄とガラスでできた宮殿だった。彼はこの万博開催においては中心になって準備を進めており、最大の出資者も彼だった。700万人がこの万博を訪れ、収益は経費の倍以上にのぼった。新聞各紙もこの万博の成果を絶賛し、アルバートがイギリス国民の人気を集めたのは、後にも先にもこの時だけだったという。
1843年6月2日、科学技術産業振興協会(王立技芸協会)会長に選出された[3]。

晩年[編集]
晩年のアルバートと女王(1861年)
1861年11月のある日、アルバートにとって衝撃的な事件が起きた。外国の大衆紙に、エドワードと女優のネリー・クリフデンとの交際が掲載されたのである。2人の仲を言いふらしたのも彼女だった。アルバートは病身にも関わらず、エドワードの居住するケンブリッジへと向かった。2人の間で何が話し合われたのかは明らかではない。
アルバートは結婚から21年後の1861年12月14日に腸チフスを患い薨去した、42歳没。しかし、持病の胃痛などの症状とアルバートの母親も30歳で癌に倒れていた事を見れば、彼はもともと胃癌であった可能性が高いと言われる。
ヴィクトリアは最愛の夫アルバートの死を深く嘆き悲しみ、彼の死後は二度と豪華な衣装を着ることなく、自身が崩御するまでの39年間を黒い喪服だけで過ごしたという。

称号と敬称[編集]
アルバートの紋章
(公爵家の尊い)ザクセン公爵アルバート・オブ・ザクセン=コーブルク=ザールフェルト公子殿下(His Ducal Serene Highness Prince Albert of Saxe-Coburg-Saalfield, Duke of Saxony):1819年8月26日 – 1826年11月12日
(公爵家の尊い)ザクセン公爵アルバート・オブ・ザクセン=コーブルク=ゴータ公子殿下(His Ducal Serene Highness Prince Albert of Saxe-Coburg-Gotha, Duke of Saxony):1826年11月12日 – 1840年2月6日
(王家の)ザクセン公爵アルバート・オブ・ザクセン=コーブルク=ゴータ公子殿下(His Royal Highness Prince Albert of Saxe-Coburg-Gotha, Duke of Saxony):1840年2月6日 – 1861年12月14日
(王家の)王配殿下(His Royal Highness The Prince Consort):1857年 6月29日 – 1861年 12月14日
王配の称号は1840年2月から非公式に使用されていた。外国から授与された勲章[編集]
妻のヴィクトリア女王は、イギリスの君主であり元首といえども女性であったために、最高位の勲章を授与されることはなかった。また、彼女も求めなかった(「ヴィクトリア (イギリス女王) #外国勲章」の項目参照)。
その代わりに、夫のアルバートが各国の最高位の勲章を受けている。
国名は五十音順。()内の年代は授与された年[4]。

ヴュルテンベルク王国:王冠勲章(1843年)
オーストリア帝国:聖シュテファン勲章(1843年)
オランダ王国:ネーデルラント獅子勲章(1842年)
ザクセン王国:嘆きの王冠勲章
ザクセン=ヴァイマル大公国:白鷹勲章
ザクセン=コーブルク公国:ザクセン・エルンスト勲章(1838年)
サルデーニャ王国:受胎告知勲章(1842/43年?)
両シチリア王国:聖フェルナンドおよび功労勲章(1846年)
スウェーデン王国:熾天使勲章(1856年)
スペイン王国:金羊毛勲章(1841年)
デンマーク王国:象勲章(1843年)
オスマン帝国:メディジ勲章(1856年)
バーデン大公国:バーデン忠誠勲章、ツェーリンゲン獅子勲章
バイエルン王国:聖フベルト勲章(1845年)
ハノーファー王国:聖ゲオルク勲章
フランス王国:レジオンドヌール勲章(1843年)
プロイセン王国:黒鷲勲章(1842年)、赤鷲勲章(1842年)
ベルギー王国:レオポルド勲章(1839年)
ポルトガル王国:キリスト・聖ディエーゴ・聖ベネディクト三重勲章(1857年)
ロシア帝国:聖アンドレイ勲章(1843年)、聖アレクサンドル・ネフスキー勲章、聖アンナ勲章(1843年)、白鷲勲章(1843年)、聖スタニスラフ勲章(1843年)脚注[編集]

^ ハノーヴァー朝の国王は全て、王族もほとんどがドイツ人の妃を娶っており、ヴィクトリアの母ヴィクトリアも、父方の祖母シャーロットもドイツ人であった。これは、当時のイギリス王家であったハノーヴァー家では(後にサクス=コバーグ=ゴータ家でも)、貴賎結婚が許されていなかったからである。またイギリス王族は、2013年王位継承法の制定以前には、カトリック教徒と結婚すれば王位継承権を喪失した。そのため王族の結婚相手は、プロテスタントであることが求められた。また、ハノーヴァー家の家法により、結婚相手は、王家または公家の殿下の称を有する人物に限られていた。

^ 後にルイーゼは、アレクサンダーと再婚している。

^ .mw-parser-output cite.citationfont-style:inherit.mw-parser-output .citation qquotes:”””””””‘””‘”.mw-parser-output .id-lock-free a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-free abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/6/65/Lock-green.svg”)right 0.1em center/9px no-repeat.mw-parser-output .id-lock-limited a,.mw-parser-output .id-lock-registration a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-limited a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-registration abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/d/d6/Lock-gray-alt-2.svg”)right 0.1em center/9px no-repeat.mw-parser-output .id-lock-subscription a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-subscription abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/a/aa/Lock-red-alt-2.svg”)right 0.1em center/9px no-repeat.mw-parser-output .cs1-subscription,.mw-parser-output .cs1-registrationcolor:#555.mw-parser-output .cs1-subscription span,.mw-parser-output .cs1-registration spanborder-bottom:1px dotted;cursor:help.mw-parser-output .cs1-ws-icon abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/4/4c/Wikisource-logo.svg”)right 0.1em center/12px no-repeat.mw-parser-output code.cs1-codecolor:inherit;background:inherit;border:none;padding:inherit.mw-parser-output .cs1-hidden-errordisplay:none;font-size:100%.mw-parser-output .cs1-visible-errorfont-size:100%.mw-parser-output .cs1-maintdisplay:none;color:#33aa33;margin-left:0.3em.mw-parser-output .cs1-formatfont-size:95%.mw-parser-output .cs1-kern-left,.mw-parser-output .cs1-kern-wl-leftpadding-left:0.2em.mw-parser-output .cs1-kern-right,.mw-parser-output .cs1-kern-wl-rightpadding-right:0.2em.mw-parser-output .citation .mw-selflinkfont-weight:inheritWeintraub, Stanley (24 May 2012) [2004]. “Albert [Prince Albert of Saxe-Coburg and Gotha]”. Oxford Dictionary of National Biography (英語) (online ed.). Oxford University Press. doi:10.1093/ref:odnb/274。 (要購読、またはイギリス公立図書館への会員加入。)

^ 君塚直隆『女王陛下のブルーリボン-ガーター勲章とイギリス外交-』NTT出版、2004年。ISBN 4-7571-4073-8。

関連項目[編集]
アルバート。フロックコートは「プリンス・アルバート・コート」とも呼ばれている。アルバート・チェーンが見える。

ウィキメディア・コモンズには、アルバート (ザクセン=コーブルク=ゴータ公子)に関連するカテゴリがあります。アルバータ州
アルバート湖
ロイヤル・アルバート・ホール
アルバートポリス:ロイヤル・アルバート・ホールがある区画の名。
アルバート記念碑
プリンス・アルバート – カナダ・サスカチュワン州の都市。
性器ピアス – 性器ピアスの一種に「プリンス・アルバート」がある。
フロックコート – アメリカ合衆国ではプリンス・アルバート・コート(Prince Albert coat)とも呼ばれている。
アルバートヘルメット – イギリス軍に採用されたドイツ風のヘルメット。同様に、従来のフランス風からドイツ風に改訂されたイギリス軍のシャコー帽はアルバートシャコーと呼ばれていた。職能団体・学会職
先代サセックス公爵

科学技術産業振興協会会長1843年 – 1861年

次代ウィリアム・トゥック(英語版)
名誉職
先代サセックス公爵

ウィンザー城管理長官及び総督(英語版)1843年 – 1861年

次代ヴィクトル・フォン・ホーエンローエ=ランゲンブルク(英語版)
イギリス王室
空位最後の在位者アデレード・オブ・サクス=マイニンゲン王妃として

イギリス君主の配偶者(英語版)王配:1857年 – 1861年1840年 – 1861年

空位次代の在位者アレクサンドラ・オブ・デンマーク王妃として
表話編歴 イギリスの正配(王妃・王配) ハノーヴァー朝
キャロライン・オブ・アーンズバック
シャーロット・オブ・メクレンバーグ=ストレリッツ
アデレード・オブ・サクス=マイニンゲン
アルバート・オブ・サクス=コバーグ=ゴータサクス=コバーグ=ゴーダ朝
アレクサンドラ・オブ・デンマーク
メアリー・オブ・テックウィンザー朝
メアリー・オブ・テック
エリザベス・ボーズ=ライアン
フィリップ・マウントバッテン
カミラ・ローズマリー・シャンド
表話編歴ヴィクトリア女王治世
ヴィクトリア朝
寝室女官事件
インド女帝
イギリス帝国
ヴィクトリア女王のウェディングドレス
ヴィクトリア十字章
ロイヤル・ヴィクトリア勲章
インド帝国勲章
インドの星勲章家族
アルバート (夫)
ヴィクトリア (娘)
エドワード7世 (息子)
アリス (娘)
アルフレート (息子)
ヘレナ (娘)
ルイーズ (娘)
アーサー (息子)
レオポルド (息子)
ベアトリス (娘)
エドワード・オーガスタス (父)
ヴィクトリア・オブ・サクス=コバーグ=ザールフィールド (母)
フェオドラ・ツー・ライニンゲン (異父姉)
カール・ツー・ライニンゲン (異父兄)
ウィリアム4世(伯父)文化的影響
映画
女王さまはお若い (1954)
Queen Victoria 至上の恋 (1997)
ヴィクトリア女王 世紀の愛 (2009)
ヴィクトリア女王 最期の秘密 (2017)テレビ
女王と狼男 (『ドクター・フー』のエピソード) (2006)
女王ヴィクトリア 愛に生きる (2016 – )漫画
ドリーナ姫童話―クイーン・ヴィクトリア冒険譚音楽
ヴィクトリア女王讃歌
帝国行進曲 (エルガー)
ヴィクトリア (ザ・キンクス)船舶
ヴィクトリア (戦艦)
クイーン・ヴィクトリア (客船)地名
ヴィクトリア・パーク
ヴィクトリア・ピーク
ヴィクトリア (ブリティッシュコロンビア州)
ヴィクトリア州
ヴィクトリアランド
ヴィクトリア湖
ヴィクトリアの滝教育・研究施設
クイーンズ大学
ヴィクトリア&アルバート博物館切手
ペニー・ブラックコイン
ゴチック・クラウン
関連事項
ジョン・コンロイ
ジョン・ブラウン
ルイーゼ・レーツェン
ヨーロッパの祖母
血友病
ウィクトーリア
オズボーン・ハウス
典拠管理
BIBSYS: 90380028
BNE: XX1589574
BNF: cb120375275 (データ)
CANTIC: a11253046
DTBIO: 11864758X
FAST: 1774332
GND: 11864758X
ICCU: LO1V260481
ISNI: 0000 0001 2320 0804
J9U: 987007257526905171
LCCN: n80056905
LNB: 000047653
MBA: 12fc27d5-f46d-4c95-b17f-5c81303a13b6
NARA: 10581031
NGV: 6890
NKC: jn20000700022
NLA: 35002592
NTA: 068869096
PLWABN: 9810608600505606
RISM: pe26045
RKD: 914
SELIBR: 316993
SNAC: w6s00234, w6k364gb
SUDOC: 058596755
TePapa: 35210
Trove: 785417
ULAN: 500013694
VcBA: 495/107632
VIAF: 25395950
WorldCat Identities: lccn-n80056905

「https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=アルバート_(ザクセン=コーブルク=ゴータ公子)&oldid=90800533」から取得
カテゴリ: イギリスの王配イギリスのプリンスドイツのプリンツヴィクトリア朝の人物サクス=コバーグ=ゴータ家ヴィクトリア (イギリス女王)金羊毛騎士団員ガーター勲章レジオンドヌール勲章受章者赤鷲勲章受章者聖アンナ勲章受章者聖アンドレイ勲章受章者聖アレクサンドル・ネフスキー勲章受章者白鷲勲章受章者 (ロシア帝国)聖スタニスラフ勲章受章者王立協会王族フェローエディンバラ王立協会フェロー国立科学アカデミー・レオポルディーナ会員博覧会史に関する人物コーブルク出身の人物19世紀ドイツの人物19世紀イギリスの人物1819年生1861年没隠しカテゴリ: オックスフォード英国人名事典を情報源とする記事ISBNマジックリンクを使用しているページ出典を必要とする記事/2019年5月英語版ウィキペディアからの翻訳を必要とする選り抜き記事英語版ウィキペディアからの翻訳を必要とする記事日本語版記事がリダイレクトの仮リンクを含む記事BIBSYS識別子が指定されている記事BNE識別子が指定されている記事BNF識別子が指定されている記事CANTIC識別子が指定されている記事DTBIO識別子が指定されている記事FAST識別子が指定されている記事GND識別子が指定されている記事ICCU識別子が指定されている記事ISNI識別子が指定されている記事J9U識別子が指定されている記事LCCN識別子が指定されている記事LNB識別子が指定されている記事MusicBrainz識別子が指定されている記事NARA識別子が指定されている記事NGV識別子が指定されている記事NKC識別子が指定されている記事NLA識別子が指定されている記事NTA識別子が指定されている記事PLWABN識別子が指定されている記事RISM識別子が指定されている記事RKDartists識別子が指定されている記事SELIBR識別子が指定されている記事SNAC-ID識別子が指定されている記事SUDOC識別子が指定されている記事TePapa識別子が指定されている記事Trove識別子が指定されている記事ULAN識別子が指定されている記事VcBA識別子が指定されている記事VIAF識別子が指定されている記事WORLDCATID識別子が指定されている記事

評価: 4~5 つ星
レビュー: 12 15
再生回数: 60 32
[spincontent type=”j”]

アルバート (ザクセン=コーブルク=ゴータ公子) Youtube

アルバート (ザクセン=コーブルク=ゴータ公子), by Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=156167 / CC BY SA 3.0

#イギリスの王配
#イギリスのプリンス
#ドイツのプリンツ
#ヴィクトリア朝の人物
#サクス=コバーグ=ゴータ家
#ヴィクトリア_(イギリス女王)
#金羊毛騎士団員
#ガーター勲章
#レジオンドヌール勲章受章者
#赤鷲勲章受章者
アルバート・オブ・サクス=コバーグ=ゴータ公子(英語: Prince Albert of Saxe-Coburg-Gotha, 1819年8月26日 – 1861年12月14日)は、イギリス女王ヴィクトリアの夫。
ザクセン=コーブルク=ゴータ公子で、ザクセン公(Herzog zu Sachsen)。
ドイツ語名は、アルブレヒト(Albrecht)。
イギリス女王の夫(男性配偶者)として、議会から唯一公式に「プリンス・コンソート」(The Prince Consort)の称号を認められた人物である。
左からアルバート、母ルイーゼ、兄エルンスト 1819年8月26日、ザクセン=コーブルク=ザールフェルト公エルンスト(後のザクセン=コーブルク=ゴータ公エルンスト1世)の次男としてコーブルクに生まれる。
母のルイーゼはザクセン=ゴータ=アルテンブルク公アウグストの娘、エルンスト1世の従妹にあたる。
妻のイギリス女王ヴィクトリア アルバート(1840年、ジョン・パートリッジ画) ヴィクトリアとの結婚を積極的に推進したのは、双方の叔父に当たるベルギー初代国王レオポルド1世であった。
1836年5月、アルブレヒトは家族とともにロンドンを訪問し、ケンジントン宮殿で叔母(父の妹)のヴィクトリア・オブ・サクス=コバーグ=ザールフィールドとケント公エドワード・オーガスタスの娘であるヴィクトリア王女と対面した。
しかし、ヴィクトリアの伯父である当時の国王ウィリアム4世は、この縁組に賛成せず、ヴィクトリアの相手としてオランダ王ウィレム2世の息子であるオラニエ=ナッサウ家のウィレム・アレクサンダー王子を考えていた。
一方、ヴィクトリアはレオポルド1世の計画を知っていたが、自身はアルブレヒトとの結婚を望んでいた。
ヴィクトリアは、金髪に青い瞳をしたハンサムなアルブレヒトに一目惚れしたのである。
ヴィクトリアがレオポルド1世に宛てて、アルブレヒトを紹介してくれた礼を述べる書簡が残っている。
1837年6月20日、ウィリアム4世国王の崩御に伴い、王位継承順位第1位であったヴィクトリアは18歳でイギリス女王(ハノーヴァー朝第6代君主)に即位した。
1839年、アルブレヒトは兄エルンスト(後のエルンスト2世)とともに、再びロンドンを訪問した。
この訪問の目的は二人の結婚にあった。
同年10月に2人は正式に婚約し、翌1840年2月10日、セント・ジェームズ宮殿の王家礼拝堂(Chapel Royal)で結婚式を挙げた。
当時王家がドイツ系の血筋であったことから、イギリス系の血を濃くするため、イギリス人の夫が望まれた。
そのため、女王がドイツ系のアルブレヒトと結婚することは、イギリス国民からあまり歓迎されていなかったようである。
アルバートは、出産と育児に追われる女王に代わり、公式行事の出席などもこなし、実質上は君主の役割を果たした。
しかしイギリスでの公的地位は、結婚17年後に「王配殿下」(プリンス・コンソート)の地位が正式に与えられるまで、何一つ持っていなかった。
アルバートの父エルンスト1世は、根っからの女好きで、母のルイーゼを裏切り続けていた。
そのため、ルイーゼ自身も傭兵隊長のアレクサンダー・フォン・ハンシュタインと浮気をするようになり、エルンストから離婚を言い渡された。
これによりルイーゼは、自身の息子であるエルンスト2世とアルバートに会うことも禁じられた。
こうした不幸な家庭環境により、アルバートは両親を反面教師として、大変に誠実な夫となった。
アルバートとヴィクトリアの夫婦仲は非常に良く、多くの子供達に恵まれた。
二人の間に誕生した9人の子女(4男5女)は下記の通り。
長女のヴィクトリア王女がアルバートによく似て、申し分のない優等生だったのに比べ、長男のアルバート・エドワード王太子(後の英国王エドワード7世)は大変な問題児であったため、アルバートはいつもこの息子のことに頭を悩ませていた。
ただ、エドワードが問題児となったのは、アルバートの厳しいしつけも関係していたようである。
エドワードは、自分の子供達には、自分が父にされたのと同じような厳しいしつけをしようとはしなかった。
左から次男アルフレッド、長男エドワード、ヴィクトリア女王、アル…

2. アルバート (ザクセン=コーブルク=ゴータ公子) Yomiuri

Yomiuri
アルバート (ザクセン=コーブルク=ゴータ公子)

説明: アルバート (ザクセン=コーブルク=ゴータ公子) に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 アルバート (ザクセン=コーブルク=ゴータ公子) は、読売で検索されたもので、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 30 46
[spincontent type=”j”]

3. アルバート (ザクセン=コーブルク=ゴータ公子) Asahi Shimbun

朝日新聞
アルバート (ザクセン=コーブルク=ゴータ公子)

説明: 朝日新聞で検索した アルバート (ザクセン=コーブルク=ゴータ公子) に関する上記の情報が、アルバート (ザクセン=コーブルク=ゴータ公子) に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 1842
[spincontent type=”j”]

4. アルバート (ザクセン=コーブルク=ゴータ公子) The Japan Times

The Japan Times
アルバート (ザクセン=コーブルク=ゴータ公子)

説明: ジャパン タイムズで検索した アルバート (ザクセン=コーブルク=ゴータ公子) に関する記事のトップです。アルバート (ザクセン=コーブルク=ゴータ公子) に関する疑問を解決するのに役立ちます。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 25 18
[spincontent type=”j”]

5. アルバート (ザクセン=コーブルク=ゴータ公子) Yomiuri Shimbun

読売新聞
アルバート (ザクセン=コーブルク=ゴータ公子)

説明: アルバート (ザクセン=コーブルク=ゴータ公子) に関する詳細情報はすでにありますか? アルバート (ザクセン=コーブルク=ゴータ公子) という記事が読売新聞で検索されました。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 5770
[spincontent type=”j”]

6. アルバート (ザクセン=コーブルク=ゴータ公子) Mainichi Shimbun

毎日新聞
アルバート (ザクセン=コーブルク=ゴータ公子)

説明: 毎日新聞で見つけた アルバート (ザクセン=コーブルク=ゴータ公子) に関する上記の情報が、アルバート (ザクセン=コーブルク=ゴータ公子) に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 9879
[spincontent type=”j”]

7. アルバート (ザクセン=コーブルク=ゴータ公子) Sankei Shimbun

産経新聞
アルバート (ザクセン=コーブルク=ゴータ公子)

説明: 産経新聞で検索した アルバート (ザクセン=コーブルク=ゴータ公子) に関する記事のトップです。アルバート (ザクセン=コーブルク=ゴータ公子) に関する疑問を解決するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 3278
[spincontent type=”j”]

8. アルバート (ザクセン=コーブルク=ゴータ公子) Nihon Keizai Shimbun

日本経済新聞
アルバート (ザクセン=コーブルク=ゴータ公子)

説明: アルバート (ザクセン=コーブルク=ゴータ公子) に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 アルバート (ザクセン=コーブルク=ゴータ公子) は、日本経済新聞で検索され、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 6456
[spincontent type=”j”]

9. アルバート (ザクセン=コーブルク=ゴータ公子) Chunichi Shimbun

中日新聞
アルバート (ザクセン=コーブルク=ゴータ公子)

説明: 中日新聞で検索した アルバート (ザクセン=コーブルク=ゴータ公子) に関する上記の情報が、アルバート (ザクセン=コーブルク=ゴータ公子) に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 6384
[spincontent type=”j”]

10. アルバート (ザクセン=コーブルク=ゴータ公子) Tokyo Shimbun

東京新聞
アルバート (ザクセン=コーブルク=ゴータ公子)

説明: アルバート (ザクセン=コーブルク=ゴータ公子) に関する質問を解決するために、東京新聞で検索した アルバート (ザクセン=コーブルク=ゴータ公子) に関する記事のトップです。
評価: 4~5 つ星
評価: 1393
[spincontent type=”j”]

11. アルバート (ザクセン=コーブルク=ゴータ公子) Nihon Kogyo Simbun

日本工業新聞
アルバート (ザクセン=コーブルク=ゴータ公子)

説明: アルバート (ザクセン=コーブルク=ゴータ公子) に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 アルバート (ザクセン=コーブルク=ゴータ公子) は日本工業新聞で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 62 19
[spincontent type=”j”]

12. アルバート (ザクセン=コーブルク=ゴータ公子) Nikkan Kogyo Shimbun

日刊工業新聞
アルバート (ザクセン=コーブルク=ゴータ公子)

説明: 日刊工業新聞で見つけた アルバート (ザクセン=コーブルク=ゴータ公子) に関する上記の情報が、アルバート (ザクセン=コーブルク=ゴータ公子) に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 5332
[spincontent type=”j”]

13. アルバート (ザクセン=コーブルク=ゴータ公子) Ainu Times

アイヌタイムス
アルバート (ザクセン=コーブルク=ゴータ公子)

説明: アイヌ タイムズで検索した アルバート (ザクセン=コーブルク=ゴータ公子) に関する記事のトップです。アルバート (ザクセン=コーブルク=ゴータ公子) に関する質問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 4525
[spincontent type=”j”]

14. アルバート (ザクセン=コーブルク=ゴータ公子) Akita Sakigake Shimpo

秋田魁新報
アルバート (ザクセン=コーブルク=ゴータ公子)

説明: アルバート (ザクセン=コーブルク=ゴータ公子) に関する詳細情報はすでにありますか? アルバート (ザクセン=コーブルク=ゴータ公子) という記事は、秋田魁新報で検索したものです。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 6771
[spincontent type=”j”]

15. アルバート (ザクセン=コーブルク=ゴータ公子) Chiba Nippo

千葉日報
アルバート (ザクセン=コーブルク=ゴータ公子)

説明: 千葉日報で検索した アルバート (ザクセン=コーブルク=ゴータ公子) に関する上記の情報が、アルバート (ザクセン=コーブルク=ゴータ公子) に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 9162
[spincontent type=”j”]

16. アルバート (ザクセン=コーブルク=ゴータ公子) Chugoku Shimbun

中国新聞
アルバート (ザクセン=コーブルク=ゴータ公子)

説明: 中国新聞で検索した アルバート (ザクセン=コーブルク=ゴータ公子) に関する記事のトップです。アルバート (ザクセン=コーブルク=ゴータ公子) に関する疑問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 61 18
[spincontent type=”j”]

17. アルバート (ザクセン=コーブルク=ゴータ公子) Daily Tohoku

デイリー東北
アルバート (ザクセン=コーブルク=ゴータ公子)

説明: アルバート (ザクセン=コーブルク=ゴータ公子) に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 アルバート (ザクセン=コーブルク=ゴータ公子) はデイリー東北で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 7182
[spincontent type=”j”]

18. アルバート (ザクセン=コーブルク=ゴータ公子) The Eastern Chronicle

イースタン クロニクル
アルバート (ザクセン=コーブルク=ゴータ公子)

説明: イースタン クロニクルで検索した アルバート (ザクセン=コーブルク=ゴータ公子) に関する上記の情報が、アルバート (ザクセン=コーブルク=ゴータ公子) に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 5636
[spincontent type=”j”]

アルバート (ザクセン=コーブルク=ゴータ公子) に関する質問

アルバート (ザクセン=コーブルク=ゴータ公子) についてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。ご質問やご提案はすべて、次の記事の改善に役立てさせていただきます。

記事 アルバート (ザクセン=コーブルク=ゴータ公子) は、私と私のチームがさまざまな情報源から編集したものです。 記事 アルバート (ザクセン=コーブルク=ゴータ公子) が役に立った場合は、チームをサポートしてください。「いいね」または「共有」してください!

検索キーワード アルバート (ザクセン=コーブルク=ゴータ公子)

アルバート (ザクセン=コーブルク=ゴータ公子)
方法アルバート (ザクセン=コーブルク=ゴータ公子)
チュートリアル アルバート (ザクセン=コーブルク=ゴータ公子)
【キーワード】 無料

Có thể bạn quan tâm: