あなたは アマンダ・アビントン(2000年 – 2016年) について学んでいます。今日は、インターネット上の多くの情報源から私たちのチームが編集および編集した記事 アマンダ・アビントン(2000年 – 2016年) を共有します。 アマンダ・アビントン(2000年 – 2016年) に関するこの記事がお役に立てば幸いです。

Page Contents

アマンダ・アビントン(2000年 – 2016年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

アマンダ・アビントンAmanda Abbington
2015ローレンス・オリヴィエ賞でのアマンダ・アビントン本名
Amanda Jane Smith(出生名)生年月日
(1974-02-28) 1974年2月28日(48歳)出生地
イングランド 北ロンドン(英語版)国籍
イギリス職業
女優ジャンル
テレビドラマ・映画活動期間
1993年 -配偶者
マーティン・フリーマン(2000年 – 2016年)主な作品
『セルフリッジ 英国百貨店』
『SHERLOCK』
“Cuffs”テンプレートを表示アマンダ・アビントン(英: Amanda Abbington、1974年2月28日[1][2] – )はイギリスの女優である。北ロンドン(英語版)出身[3][2]。『セルフリッジ 英国百貨店』のジョジー・マーデル役や、『SHERLOCK』のメアリー・モースタン役[4]で知られる。

活動歴[編集]
テレビ番組 『ザ・ビル(英語版)』でデビューし、2007年までこの番組に様々な役で出演した。同時期に、『ウィクリフ(英語版)』、『カジュアルティー(英語版)』、『ドリーム・チーム(英語版)』、『ザ・シンズ(英語版)』、『シェイズ(英語版)』、『ドク・マーティン(英語版)』、『カップリング(英語版)』、そして『ティーチャーズ(英語版)』といったテレビシリーズにも出演した。また2005年にはコントショーである『Man Stroke Woman』 (en) へ出演、2007年から翌2008年にかけては、ニコラス・リンドハースト(英語版)と共に、コメディ『アフター・ユーヴ・ゴーン(英語版)』へ出演した。彼女はまた『バーナーズ・ウォッチ(英語版)』や『ケース・ヒストリーズ(英語版)』といった連続シリーズにも出演している。
2013年からは、『セルフリッジ 英国百貨店』でジョジー・マーデル役を演じており、同作でジェレミー・ピヴェンやフランセス・オコナーと共演している。2014年の『SHERLOCK』第3シリーズからジョン・H・ワトスンの妻であるメアリー・モースタン役を演じており、同作では実生活でのパートナーでもあったマーティン・フリーマンと夫婦役をこなしている[5][6]。

私生活[編集]
2000年にテレビ映画 “Men Only” で共演したのをきっかけに、マーティン・フリーマンと長いパートナー関係を続けていた[5]。この2人は、『The Debt』や『ザ・ロビンソンズ(英語版)』、映画『恋愛上手になるために』、そして『SHERLOCK』などで共演している。彼らはハートフォードシャーに居を構えており、2006年に生まれた長男ジョー(英: Joe)、2008年に生まれた長女グレース(英: Grace)の、2人の子供をもうけている[7][8][9]。2016年12月には、フリーマン・アビントン双方が別々のインタビューで、長いパートナー生活に終止符を打ち、円満に別離したことを発表した[10][2][11]。
2013年には、12万ポンドの税金支払いに際して、高等裁判所から破産通告を受けた[12][13][14][15]。

出演作[編集]

邦題原題

役名

注釈
1993 – 2007

ザ・ビル(英語版)The Bill

複数役

TVシリーズ (7話)
1997

Plotlands

モーデ

TVシリーズ (6話)
ウィクリフ(英語版)Wycliffe

地元の婦人巡査

TVシリーズ (話名: “Strangers”)
1998

ノー・スウェット(英語版)No Sweat

シャンテル

TVシリーズ (話名: “Moon Boy”)
Magic with Everything

TVシリーズ (6話)
Picking up the Pieces

ハンター看護婦次長

TVシリーズ (8話)
1999

カジュアルティー(英語版)Casualty

ジェン・レイノルズ

TVシリーズ (話名: “Human Traffic”)
ドリーム・チーム(英語版)Dream Team

マリリン・ハーウッド

TVシリーズ (2話)
Snap

ゾーイ

TVシリーズ (話名: “Missed Her Sister”)
2000

The Thing About Vince

リサ

TVシリーズ (2話)
ザ・シンズ(英語版)The Sins

ベリンダ・エッジレー

TVミニシリーズ (2話)
2001

Men Only

トリナ

TV映画
ハーツ・アンド・ボーンズ(英語版)Hearts and Bones

ミア

TVシリーズ (1話)
シェイズ(英語版)Shades

レベッカ・ジェイコブズ

TVミニシリーズ (1話)
2002

オールウェイズ・アンド・エブリワン(英語版)Always and Everyone

テッサ

TVシリーズ (3話)
20 Things to Do Before You’re 30

ショーナ

TVシリーズ (8話)
2003

The Debt

ステイシー・ロス

TV映画
2004

カップリング(英語版)Coupling

ニコラ

TVシリーズ (2話)
バーナーズ・ウォッチ(英語版)Bernard’s Watch

ソニア

TVシリーズ (9話)
ティーチャーズ(英語版)Teachers

サラ

TVシリーズ (1話)
2005

ザ・ロビンソンズ(英語版)The Robinsons

ポリー

TVシリーズ (4話)
Derailed

ケリー・ホッダー

TV映画
2005 – 2007

Man Stroke WomanMan Stroke Woman

複数役

TVシリーズ (12話)
2005

ザ・ブーズ・クルーズ II(英語版)The Booze Cruise II

レオニー

TV映画
2006

ザ・ブーズ・クルーズ IIIThe Booze Cruise III

レオニー

TV映画
2007 – 2008

アフター・ユーヴ・ゴーン(英語版)After You’ve Gone

シヴォーン・ケイシー

TVシリーズ (21話)
2007

恋愛上手になるためにThe Good Night

ヴィヴィアン・ジェッソン

クレジット無し
ザ・オール・トゥギャザー(英語版)The All Together

サラ

ザ・ビル(英語版)The Bill

レイチェル・インス (Rachel Inns) 

TVシリーズ (7話)
ドク・マーティン(英語版)Doc Martin

イソベル

TVシリーズ (話名: “Happily Ever After”)
ソールド(英語版)Sold

ゾーイ

TVシリーズ (1話)
2008

カミング・アップ(英語版)Coming Up

TVシリーズ (話名: “Lickle Bill Um”)
名探偵ポワロAgatha Christie’s Poirot

ブレイク先生

TVシリーズ (話名: “鳩の中の猫”)
ハーリー・ストリート(英語版)Harley Street

スージー・リン

TVシリーズ (1話)
2009

サイコビル(英語版)Psychoville

キャロライン

TVシリーズ (話名: “Blackmail”)
2010

マリード・シングル・アザー(英語版)Married Single Other

バブズ

TVシリーズ (6話)
2011 – 2013

ケース・ヒストリーズ(英語版)Case Histories

ルイーズ・マンロー巡査

TVシリーズ (9話)
2012

ビーイング・ヒューマンBeing Human

ゴルダ

TVシリーズ (話名: “Puppy Love”)
2013 – 現在

セルフリッジ 英国百貨店Mr. Selfridge

ジョジー・マーデル

TVシリーズ (29話)
2014 – 現在

SHERLOCK Sherlock

メアリー・モースタン→メアリー・ワトスン

TVシリーズ(シーズン3 – )、スペシャル(『忌まわしき花嫁』)[注 1]2014

Dinopaws

グウェン (声の出演)

TVシリーズ (10話)
Would I Lie to You?[17]Would I Lie to You?

パネリストの一人

第8シリーズ第6話(コメディ・パネルショー)
2015

カフス(英語版)Cuffs

モファット巡査部長

2016

アナザー・マザーズ・サン(英語版)Another Mother’s Son

撮影中[18]2017
アガサ・クリスティー ねじれた家Crooked House
クレメンシー・レオニデス

受賞歴[編集]

作品名

賞名

結果
2014年

SHERLOCK Sherlock

クライム・スリラー・アワード[注 2]最優秀助演女優賞 (en) 

受賞
SHERLOCK 『最後の誓い』Sherlock:His Last Vow

Critics’ Choice Television Award[注 3]映画・ミニシリーズ部門最優秀助演女優賞 (en) 

ノミネート
脚注[編集]
[脚注の使い方]注釈[編集]

^ スペシャル版は日本では劇場公開[16]。

^ 英: Crime Thriller Awards

^ 英: Critics’ Choice Television Award for Best Supporting Actress in a Movie/Miniseries

出典[編集]

^ “@vickeylewis I love you, I’m 40 next month…”. Amanda Abbington’s Verified Twitter (2014年1月15日). 2015年10月23日閲覧。

^ a b c Foster, Patrick (2016年12月22日). “Martin Freeman and Amanda Abbington split as she reveals ‘weird’ real-life coincidence behind Sherlock scenes they filmed together”. デイリー・テレグラフ. オリジナルの2016年12月23日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161223030116/http://www.telegraph.co.uk/news/2016/12/22/martin-freeman-amanda-abbington-split-reveals-weird-real-life/ 2016年12月23日閲覧。 

^ Rampton, James (2013年12月30日). “Sherlock’s Amanda Abbington admits partner Martin Freeman is one of her favourite actors”. The Independent. http://www.independent.co.uk/arts-entertainment/tv/features/sherlocks-amanda-abbington-admits-partner-martin-freeman-is-one-of-her-favourite-actors-9030613.html 

^ Charalambous, Sophia (2014年1月11日). “Sherlock actress Amanda Abbington tells of death threats from jealous fanatics when announced as Dr Watson’s wife”. MailOnline. 2014年1月19日閲覧。

^ a b Jones, Paul (2013年3月27日). “Martin Freeman’s partner Amanda Abbington joins the cast of Sherlock”. Radio Times. http://www.radiotimes.com/news/2013-03-27/martin-freemans-partner-amanda-abbington-joins-the-cast-of-sherlock 2014年1月4日閲覧。 

^ Sherlock season 3 filming finished: “It’s a wrap,” says Sue Vertue – BBC new trailer released [VIDEO] | Christian News on Christian Today

^ McLean, Craig (2013年5月26日). “Amanda Abbington: Sherlock’s Martin and Benedict have a fantastic chemistry”. ラジオ・タイムズ. 2014年2月6日閲覧。

^ Hardy, Rebecca (2009年11月20日). “’People care more about X Factor than homelessness:’The Office star Martin Freeman on the things that tick him off”. Daily Mail (UK). http://www.dailymail.co.uk/femail/article-1228637/People-care-X-Factor-homelessness-The-Office-star-Martin-Freeman-things-tick-off.html 2010年10月19日閲覧。 

^ Paton, Maureen (2010年7月17日). “In a taxi with…Martin Freeman”. Daily Mail (London). http://www.dailymail.co.uk/home/you/article-1294381/In-taxi–Martin-Freeman.html 

^ Mance, Henry (2016年12月22日). “Martin Freeman on Sherlock, politics and why he’s not on Twitter”. FT Magazine. フィナンシャル・タイムズ. 2016年12月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月23日閲覧。

^ Telegraphのツイート(812062292087046144) 2016年12月23日閲覧。 / アーカイブ 2016年12月23日 – ウェイバックマシン

^ Arkell, Harriet (2013年3月11日). “Partner of Hobbit star Martin Freeman goes bankrupt ‘over £120,000 tax bill’ despite him being worth £10m”. Daily Mail (London). http://www.dailymail.co.uk/news/article-2291478/Amanda-Abbington-partner-Hobbit-star-Martin-Freeman-bankrupt-120-000-tax-bill.html 2015年3月15日閲覧。 

^ “Amanda Abbington pays off tax debts”. Daily Express (London). (2014年3月24日). http://www.express.co.uk/news/showbiz/466665/Amanda-Abbington-pays-off-tax-debts 2015年3月15日閲覧。 

^ Jones, Emma (2013年7月5日). “’Don’t turn on the people that I love’: A stern Martin Freeman reveals he is more Bilbo Baggins than Tim from The Office”. The Independent. http://www.independent.co.uk/arts-entertainment/art/features/dont-turn-on-the-people-that-i-love-a-stern-martin-freeman-reveals-he-is-more-bilbo-baggins-than-tim-from-the-office-8687472.html 2015年3月15日閲覧。 

^ McLean, Craig (2013年5月26日). “Amanda Abbington: Sherlock’s Martin and Benedict have a fantastic chemistry”. ラジオ・タイムズ. http://www.radiotimes.com/news/2013-05-26/amanda-abbington-sherlocks-martin-and-benedict-have-a-fantastic-chemistry 2015年3月15日閲覧。 

^ “『SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁』2016.2.19(金) 全国ロードショー”. 2016年2月7日閲覧。

^ “Would I Lie To You?”. British Comedy Guide. 2014年10月24日閲覧。

^ Michael Rosser (2015年11月12日). “Jenny Seagrove, John Hannah, Ronan Keating join ‘Another Mother’s Son’”. screendaily.com. 2016年2月7日閲覧。

外部リンク[編集]
Amanda Abbington – IMDb(英語)
アマンダ・アビントン (@CHIMPSINSOCKS) – Twitter典拠管理
ISNI: 0000 0003 9204 4379
LCCN: no2014002087
NTA: 334598125
SUDOC: 172286891
VIAF: 285998016
WorldCat Identities: lccn-no2014002087

「https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=アマンダ・アビントン&oldid=83992495」から取得
カテゴリ: 存命人物イングランドの女優1974年生ロンドン出身の人物隠しカテゴリ: プロジェクト人物伝項目ISNI識別子が指定されている記事LCCN識別子が指定されている記事NTA識別子が指定されている記事SUDOC識別子が指定されている記事VIAF識別子が指定されている記事WORLDCATID識別子が指定されている記事

評価: 4~5 つ星
レビュー: 3985
再生回数: 3827
[spincontent type=”j”]

アマンダ・アビントン Youtube

アマンダ・アビントン, by Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=3303391 / CC BY SA 3.0

#存命人物
#イングランドの女優
#1974年生
#ロンドン出身の人物
アマンダ・アビントン(英: Amanda Abbington、1974年2月28日 – )はイギリスの女優である。
北ロンドン出身。
『セルフリッジ 英国百貨店』のジョジー・マーデル役や、『SHERLOCK』のメアリー・モースタン役で知られる。
テレビ番組 『ザ・ビル』でデビューし、2007年までこの番組に様々な役で出演した。
同時期に、『ウィクリフ』、『カジュアルティー』、『ドリーム・チーム』、『ザ・シンズ』、『シェイズ』、『ドク・マーティン』、『カップリング』、そして『ティーチャーズ』といったテレビシリーズにも出演した。
また2005年にはコントショーである『Man Stroke Woman』 (en) へ出演、2007年から翌2008年にかけては、ニコラス・リンドハーストと共に、コメディ『アフター・ユーヴ・ゴーン』へ出演した。
彼女はまた『バーナーズ・ウォッチ』や『ケース・ヒストリーズ』といった連続シリーズにも出演している。
2013年からは、『セルフリッジ 英国百貨店』でジョジー・マーデル役を演じており、同作でジェレミー・ピヴェンやフランセス・オコナーと共演している。
2014年の『SHERLOCK』第3シリーズからジョン・H・ワトスンの妻であるメアリー・モースタン役を演じており、同作では実生活でのパートナーでもあったマーティン・フリーマンと夫婦役をこなしている。
2000年にテレビ映画 “Men Only” で共演したのをきっかけに、マーティン・フリーマンと長いパートナー関係を続けていた。
この2人は、『The Debt』や『ザ・ロビンソンズ』、映画『恋愛上手になるために』、そして『SHERLOCK』などで共演している。
彼らはハートフォードシャーに居を構えており、2006年に生まれた長男ジョー(英: Joe)、2008年に生まれた長女グレース(英: Grace)の、2人の子供をもうけている。
2016年12月には、フリーマン・アビントン双方が別々のインタビューで、長いパートナー生活に終止符を打ち、円満に別離したことを発表した。
2013年には、12万ポンドの税金支払いに際して、高等裁判所から破産通告を受けた。

2. アマンダ・アビントン(2000年 – 2016年) Yomiuri

Yomiuri
アマンダ・アビントン(2000年 – 2016年)

説明: アマンダ・アビントン(2000年 – 2016年) に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 アマンダ・アビントン(2000年 – 2016年) は、読売で検索されたもので、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 5825
[spincontent type=”j”]

3. アマンダ・アビントン(2000年 – 2016年) Asahi Shimbun

朝日新聞
アマンダ・アビントン(2000年 – 2016年)

説明: 朝日新聞で検索した アマンダ・アビントン(2000年 – 2016年) に関する上記の情報が、アマンダ・アビントン(2000年 – 2016年) に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 5861
[spincontent type=”j”]

4. アマンダ・アビントン(2000年 – 2016年) The Japan Times

The Japan Times
アマンダ・アビントン(2000年 – 2016年)

説明: ジャパン タイムズで検索した アマンダ・アビントン(2000年 – 2016年) に関する記事のトップです。アマンダ・アビントン(2000年 – 2016年) に関する疑問を解決するのに役立ちます。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 3488
[spincontent type=”j”]

5. アマンダ・アビントン(2000年 – 2016年) Yomiuri Shimbun

読売新聞
アマンダ・アビントン(2000年 – 2016年)

説明: アマンダ・アビントン(2000年 – 2016年) に関する詳細情報はすでにありますか? アマンダ・アビントン(2000年 – 2016年) という記事が読売新聞で検索されました。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 4855
[spincontent type=”j”]

6. アマンダ・アビントン(2000年 – 2016年) Mainichi Shimbun

毎日新聞
アマンダ・アビントン(2000年 – 2016年)

説明: 毎日新聞で見つけた アマンダ・アビントン(2000年 – 2016年) に関する上記の情報が、アマンダ・アビントン(2000年 – 2016年) に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 3605
[spincontent type=”j”]

7. アマンダ・アビントン(2000年 – 2016年) Sankei Shimbun

産経新聞
アマンダ・アビントン(2000年 – 2016年)

説明: 産経新聞で検索した アマンダ・アビントン(2000年 – 2016年) に関する記事のトップです。アマンダ・アビントン(2000年 – 2016年) に関する疑問を解決するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 4788
[spincontent type=”j”]

8. アマンダ・アビントン(2000年 – 2016年) Nihon Keizai Shimbun

日本経済新聞
アマンダ・アビントン(2000年 – 2016年)

説明: アマンダ・アビントン(2000年 – 2016年) に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 アマンダ・アビントン(2000年 – 2016年) は、日本経済新聞で検索され、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 25 18
[spincontent type=”j”]

9. アマンダ・アビントン(2000年 – 2016年) Chunichi Shimbun

中日新聞
アマンダ・アビントン(2000年 – 2016年)

説明: 中日新聞で検索した アマンダ・アビントン(2000年 – 2016年) に関する上記の情報が、アマンダ・アビントン(2000年 – 2016年) に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 4241
[spincontent type=”j”]

10. アマンダ・アビントン(2000年 – 2016年) Tokyo Shimbun

東京新聞
アマンダ・アビントン(2000年 – 2016年)

説明: アマンダ・アビントン(2000年 – 2016年) に関する質問を解決するために、東京新聞で検索した アマンダ・アビントン(2000年 – 2016年) に関する記事のトップです。
評価: 4~5 つ星
評価: 1168
[spincontent type=”j”]

11. アマンダ・アビントン(2000年 – 2016年) Nihon Kogyo Simbun

日本工業新聞
アマンダ・アビントン(2000年 – 2016年)

説明: アマンダ・アビントン(2000年 – 2016年) に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 アマンダ・アビントン(2000年 – 2016年) は日本工業新聞で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 9373
[spincontent type=”j”]

12. アマンダ・アビントン(2000年 – 2016年) Nikkan Kogyo Shimbun

日刊工業新聞
アマンダ・アビントン(2000年 – 2016年)

説明: 日刊工業新聞で見つけた アマンダ・アビントン(2000年 – 2016年) に関する上記の情報が、アマンダ・アビントン(2000年 – 2016年) に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 80 61
[spincontent type=”j”]

13. アマンダ・アビントン(2000年 – 2016年) Ainu Times

アイヌタイムス
アマンダ・アビントン(2000年 – 2016年)

説明: アイヌ タイムズで検索した アマンダ・アビントン(2000年 – 2016年) に関する記事のトップです。アマンダ・アビントン(2000年 – 2016年) に関する質問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 5705
[spincontent type=”j”]

14. アマンダ・アビントン(2000年 – 2016年) Akita Sakigake Shimpo

秋田魁新報
アマンダ・アビントン(2000年 – 2016年)

説明: アマンダ・アビントン(2000年 – 2016年) に関する詳細情報はすでにありますか? アマンダ・アビントン(2000年 – 2016年) という記事は、秋田魁新報で検索したものです。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 10 23
[spincontent type=”j”]

15. アマンダ・アビントン(2000年 – 2016年) Chiba Nippo

千葉日報
アマンダ・アビントン(2000年 – 2016年)

説明: 千葉日報で検索した アマンダ・アビントン(2000年 – 2016年) に関する上記の情報が、アマンダ・アビントン(2000年 – 2016年) に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 9889
[spincontent type=”j”]

16. アマンダ・アビントン(2000年 – 2016年) Chugoku Shimbun

中国新聞
アマンダ・アビントン(2000年 – 2016年)

説明: 中国新聞で検索した アマンダ・アビントン(2000年 – 2016年) に関する記事のトップです。アマンダ・アビントン(2000年 – 2016年) に関する疑問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 6308
[spincontent type=”j”]

17. アマンダ・アビントン(2000年 – 2016年) Daily Tohoku

デイリー東北
アマンダ・アビントン(2000年 – 2016年)

説明: アマンダ・アビントン(2000年 – 2016年) に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 アマンダ・アビントン(2000年 – 2016年) はデイリー東北で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 3136
[spincontent type=”j”]

18. アマンダ・アビントン(2000年 – 2016年) The Eastern Chronicle

イースタン クロニクル
アマンダ・アビントン(2000年 – 2016年)

説明: イースタン クロニクルで検索した アマンダ・アビントン(2000年 – 2016年) に関する上記の情報が、アマンダ・アビントン(2000年 – 2016年) に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 6862
[spincontent type=”j”]

アマンダ・アビントン(2000年 – 2016年) に関する質問

アマンダ・アビントン(2000年 – 2016年) についてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。ご質問やご提案はすべて、次の記事の改善に役立てさせていただきます。

記事 アマンダ・アビントン(2000年 – 2016年) は、私と私のチームがさまざまな情報源から編集したものです。 記事 アマンダ・アビントン(2000年 – 2016年) が役に立った場合は、チームをサポートしてください。「いいね」または「共有」してください!

検索キーワード アマンダ・アビントン(2000年 – 2016年)

アマンダ・アビントン(2000年 – 2016年)
方法アマンダ・アビントン(2000年 – 2016年)
チュートリアル アマンダ・アビントン(2000年 – 2016年)
【キーワード】 無料

Có thể bạn quan tâm: