あなたは アイドル マスター シンデレラ ガールズ スター ライト ステージ wiki について学んでいます。今日は、インターネット上の多くの情報源から私たちのチームが編集および編集した記事 アイドル マスター シンデレラ ガールズ スター ライト ステージ wiki を共有します。 アイドル マスター シンデレラ ガールズ スター ライト ステージ wiki に関するこの記事がお役に立てば幸いです。

Page Contents

アイドル マスター シンデレラ ガールズ スター ライト ステージ wiki

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

.mw-parser-output .pathnavboxclear:both;border:1px outset #eef;padding:0.3em 0.6em;margin:0 0 0.5em 0;background-color:#eef;font-size:90%.mw-parser-output .pathnavbox ullist-style:none none;margin-top:0;margin-bottom:0.mw-parser-output .pathnavbox>ulmargin:0.mw-parser-output .pathnavbox ul limargin:0バンダイナムコホールディングス > バンダイナムコエンターテインメント
この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。出典検索?: “バンダイナムコエンターテインメント” – ニュース · 書籍 · スカラー · CiNii · J-STAGE · NDL · dlib.jp · ジャパンサーチ · TWL(2021年2月)株式会社バンダイナムコエンターテインメントBandai Namco Entertainment Inc.

本社が入居する住友不動産三田ビル(バンダイナムコ未来研究所)種類
株式会社市場情報
非上場東証2部 97521988年1月 – 1991年9月
東証1部 97521991年9月 – 2005年9月28日
略称
BNEI、バンナム[1]本社所在地
日本〒108-0014東京都港区芝5丁目37番8号.mw-parser-output .geo-default,.mw-parser-output .geo-dms,.mw-parser-output .geo-decdisplay:inline.mw-parser-output .geo-nondefault,.mw-parser-output .geo-multi-punctdisplay:none.mw-parser-output .longitude,.mw-parser-output .latitudewhite-space:nowrap北緯35度38分40.1秒 東経139度44分40.2秒 / 北緯35.644472度 東経139.744500度 / 35.644472; 139.744500座標: 北緯35度38分40.1秒 東経139度44分40.2秒 / 北緯35.644472度 東経139.744500度 / 35.644472; 139.744500設立
1955年(昭和30年)6月1日(有限会社中村製作所)業種
情報・通信業法人番号
7010701019273 事業内容
コンシューマーゲーム、携帯電話コンテンツの開発、販売代表者
代表取締役社長 宮河恭夫資本金
100億円売上高
2507億6500万円(2021年3月期)[2]営業利益
428億2000万円(2021年3月期)[2]純利益
332億2500万円(2021年3月期)[2]純資産
1166億4000万円(2021年3月31日現在)[2]総資産
1669億1000万円(2021年3月31日現在)[2]従業員数
692 人(2021年4月1日現在)決算期
3月31日主要株主
(株)バンダイナムコホールディングス 100%主要子会社
(株)バンダイナムコスタジオ 100%(株)B.B.スタジオ 100%(株)バンダイナムコ島根スサノオマジック 56.5%関係する人物
中村雅哉(創業者)外部リンク
www.bandainamcoent.co.jpテンプレートを表示株式会社バンダイナムコエンターテインメント(英: Bandai Namco Entertainment Inc.)は、バンダイナムコグループのコンシューマーゲームなどのゲームソフトの制作および開発を行う日本の企業。バンダイナムコホールディングスの完全子会社であり、バンダイナムコグループにおける中核企業の一つ。本社は東京都港区。略称はBNEI、バンナム。
旧ナムコを母体としており、2006年3月31日にアミューズメント施設事業を新たに設立した株式会社ナムコ(後の株式会社バンダイナムコアミューズメント)に譲渡し、株式会社バンダイのゲーム部門を統合しバンダイナムコゲームス(NAMCO BANDAI Games Inc.→2014年4月1日よりBANDAI NAMCO Games Inc.)に変更、そして2015年4月1日に現社名に変更した。
略称の「バンナム」は、バンダイナムコエンターテインメント発売のゲーム内にも登場している(一例として「ゲームセンターCX 有野の挑戦状2」内の「課長は名探偵」の「バンナムビル」など)。なお、過去にエンターブレインのゲーム雑誌『ファミ通PLAYSTATION+』内コーナーバンダイナムコスポーツにおいて、「バムコ」の名称が用いられていた。

概要[編集]
1955年6月1日に中村雅哉が有限会社中村製作所(なかむらせいさくじょ)を設立。1971年に「Nakamura Amusement Manufacturing COmpany」の略としてnamcoブランドの使用を開始し、1977年6月1日には社名もナムコと改めた[3](当時の英語名は「NAMCO LIMITED」)。
2005年6月25日の第50回定時株主総会でナムコとバンダイの経営統合の議案が可決承認され、上場会社としてのナムコは9月29日に幕を下ろし、以降は株式会社バンダイナムコホールディングスの子会社となった。
2006年3月31日、バンダイのゲーム部門を統合し、社名をバンダイナムコゲームス(NAMCO BANDAI Games Inc.)に変更した。バンダイナムコホールディングスにおいてゲーム部門を受け持つ企業としての立場を明確にした。
2008年4月1日、バンプレストのゲーム事業の譲受と共にバンプレストレーベルを新設。
それまではナムコから引き継いだものしかモバイルコンテンツを扱っていなかったが、2009年4月1日にバンダイネットワークスを吸収合併したため、バンダイナムコグループにおけるモバイルコンテンツは完全に自社管轄となった。同日、ナムコ・バンダイ・バンプレストの各レーベルごとの公式サイトと全レーベルの総合サイトの4つに分散していた公式サイトを統合し、「バンダイナムコゲームス公式サイト」としてリニューアルされた。サイト統合後は、全レーベルのタイトルを一貫して掲載しサイトへのレーベル表示も行わなくなった。このため、バンダイとバンプレストの統合前のゲームコンテンツの知的財産権が自社に移行され、それまでのバンダイレーベルのゲームソフトのコマーシャルはバンダイ本体に委託されていたが、それ以降から自社の管轄に移動された。
サイト統合以降もレーベル自体を統合した訳ではなく、パッケージ表面およびゲーム起動時に表示するロゴマークについては、各レーベルのものが使い分けられていた(ゲーム起動時に表示されるロゴマークは、2014年1月現在家庭用ゲームではバンダイナムコゲームスのロゴ、各レーベルのロゴの順。ただし「機動戦士ガンダム 戦場の絆」等の一部アーケード作品ではバンダイナムコゲームスレーベルのみ)。2014年4月1日以降に発売されるソフトについては各レーベル表記を廃し、バンダイナムコゲームスレーベルに完全統合された。
2014年4月1日より英文社名をNAMCO BANDAI Games Inc.からBANDAI NAMCO Games Inc.に変更した[4]。
2015年4月1日に、社名をバンダイナムコゲームスからバンダイナムコエンターテインメント(BANDAI NAMCO Entertainment Inc.)に変更した[5]。
2018年4月1日に、アーケードゲーム事業を同日付でナムコから商号変更したバンダイナムコアミューズメントへ移管し、バンダイナムコエンターテインメントはコンシューマーゲーム、携帯電話コンテンツの開発、販売の開発に専念することになった。
バンダイナムコグループの再編とロゴマークの変更に伴い、2022年4月1日に社名の英文表記とロゴマークが変更された。

沿革[編集]
1955年6月1日 – 有限会社中村製作所として創業。横浜の百貨店の屋上に、木馬2台を設置[6][7]。
1959年 – 株式会社に改組。
1967年 – 大阪事務所(後の関西支社)を開設[8]。
1971年 – namcoブランドの使用を開始。
1974年 – アタリジャパン[注 1]を買収、アーケードゲームに進出。
1977年6月1日 – 株式会社ナムコに社名変更。
1979年 – 日米ゲームメーカーの関係が、これまではナムコとアタリ、またはミッドウェイ(今のミッドウェイゲームズ)とタイトーが親密だったが、各社の事情により『ギャラクシアン』から『パックマン』までは、ナムコとミッドウェイが親密になる。
1984年 – MSXパソコン用の『パックマン』を皮切りとした家庭用ゲームソフト用レーベルとして「namcot(ナムコット)」をスタートさせる。同年2月には任天堂と提携してファミリーコンピュータにもソフトを供給する[9]。
1986年 – イタリアントマトを買収[注 2]。
1988年 – 東京証券取引所2部に上場。
1988年 – 神奈川県横浜市港北区(現・都筑区)に「横浜未来研究所」を開設(2008年閉鎖)[10]。
1991年 – 東京証券取引所1部に上場した。
1992年 – ナムコ・ワンダーエッグ開園(テーマパーク事業進出)。
1994年 – 神奈川県横浜市神奈川区に「横浜クリエイティブセンター」を開設。
1995年 – 家庭用ゲームのレーベルnamcot廃止[注 3]。業務用レーベルのnamcoに統合される。NECがWindows 95に対応した3DアクセラレータチップセットのPC用ボードを開発した。ナムコはボードの性能を活かし3DCGゲームソフトをPCへ移植することとなった。[11]
1997年 – 日活に出資、子会社化[注 4]
1997年 – パチンコ・パチスロの液晶基板と映像ソフトの制作を始める。
2001年 – エニックス、スクウェア、およびセガと業務提携。
2005年9月30日 – バンダイと共同持株会社・バンダイナムコホールディングスを設立し、同社の100%子会社になる。
2006年3月31日 – バンダイの家庭用ゲーム事業を譲受し、株式会社バンダイナムコゲームスに商号変更。アミューズメント施設運営組織・新規事業部門の一部事業部門を新設会社「株式会社ナムコ」(2代)に移管。「ナムコ」の商号を受け継ぐ。
2007年
3月6日 – ソニー・コンピュータエンタテインメントと合弁会社「セリウス」を設立。
5月 – 子会社モノリスソフトの株式80%を任天堂へ譲渡。
6月 – 本社および事業拠点を東京都品川区東品川4-5-15(旧・品川パナソニックビル)に移転。「未来研究所」と命名する(アミューズメント施設運営の〈新〉ナムコは移転せず)。
11月 – 2008年4月1日よりバンプレストのゲーム事業を譲受予定と発表[12]。
2008年
4月1日 – バンプレストを吸収合併しゲーム事業を統合、その際にプライズゲーム用景品部門を母体とした新法人「バンプレスト」を設立。
8月6日 – 2009年4月1日を目処にバンダイネットワークスを統合すると発表。
11月 – 携帯電話コンテンツ事業部署を横浜クリエイティブセンターから本社近隣の品川シーサイドパークタワー(バンダイネットワークスの階上)に移転。
2009年
2月12日 – ディースリーの完全子会社化を目的とした公開買い付けを開始。
3月24日 – ディースリーを完全子会社化。
4月1日 – バンダイネットワークスを吸収合併、同日よりバンダイ・ナムコ・バンプレストの各レーベルおよび総合サイトの4つに分散していた公式サイトを統合、「バンダイナムコゲームス公式サイト」としてリニューアル。石川祝男のバンダイナムコホールディングス社長就任に伴い、鵜之澤伸が社長に就任。
10月1日 – インターネットを利用したオンラインゲームその他ソフトウェア、サービスの企画・開発・運営の子会社として、株式会社バンダイナムコオンラインを設立。
2010年
2月18日 – 制作ユニット毎に売上責任を負わせることを発表。
4月1日 – 統合後初のグループ連結赤字350億円の大半がゲーム部門であったため、鵜之澤が責任を取り副社長に降格。石川が出戻り、バンダイナムコホールディングス社長と兼務する。ディースリーが新ディースリー・パブリッシャーとして再編しバンダイナムコホールディングス傘下に。
2011年
3月14日 – 東北地方太平洋沖地震を受け、バンダイナムコグループとして1億円とグループ社員からの募金を義援金として寄付すると発表。
4月1日 – 子会社のベックとバンプレソフトを統合、新会社名をB.B.スタジオとする。
DeNAの共同出資の「BDNA」(後にBNDeNA)を設立する[13]。
2012年
1月1日 – ナムコ・テイルズスタジオを吸収合併。
2月29日 – セリウスを解散。
4月2日 – 開発部門(約1000人)を新会社「バンダイナムコスタジオ」に分社。
2014年
3月31日 – BNDeNAを解散。
4月1日 – 英文社名を「NAMCO BANDAI Games Inc.」から「BANDAI NAMCO Games Inc.」に変更。
2015年4月1日 – 株式会社バンダイナムコエンターテインメントに商号変更。
2016年
2月2日 – 本社を東京都港区芝5丁目37-8(バンダイナムコ未来研究所〈住友不動産三田ビル〉)へ移転[14]。
2月29日 – 関西支社を閉鎖。関西支社で行っていた業務は同年3月1日付で本社やテクニカルセンターへ移管[8]。
10月17日 – テクニカルセンターを東京都品川区勝島から神奈川県横浜市神奈川区へ移転[15]。
2017年
1月22日 – 中村雅哉(バンダイナムコエンターテインメント名誉相談役)が死去。満91歳没[16]。
4月3日 – テクニカルセンターを新会社「バンダイナムコテクニカ」に分社[17][18]。
7月14日 – 国内最大級となるVR体感施設『VR ZONE SHINJUKU』を新宿にオープン[19]。
8月3日 – ドリコムとの共同出資の新会社である「BXD」を設立[20][21]。
2018年
2月9日 – セガ・インタラクティブ、コナミアミューズメントとの間で、アーケードゲーム用ICカードの仕様統一に合意[22][23][24]。
4月1日 – アミューズメント機器事業部門を分割しナムコ(同日付でバンダイナムコアミューズメントに商号変更)に承継[25][26][27]。
10月1日 – ゲームアプリなどネットワークサービス運営機能を分社し、「バンダイナムコネットワークサービス」を設立[28]。
2019年
4月1日 – 遊技機関連事業を「バンダイナムコセブンズ」へ分社[29]。
8月27日 – B.LEAGUEチーム「島根スサノオマジック」を運営する山陰スポーツネットワークの株式56.5%を取得し子会社化[30]。
2020年
3月31日 – ドリコムよりBXDの全株式を譲受し同社を完全子会社とする[31]。
6月25日 – 電通グループと協業し、インディーゲームパブリッシング事業やクリエイターマネジメント事業を行うPhoenixxと資本業務提携契約を締結する[32]。
2022年
7月1日 – ILCAと共同でハイエンドゲームの企画・開発・運営を行う新会社「バンダイナムコエイセス」を設立[33]。旧ナムコのキャッチコピー[編集]
ナムコ時代のロゴ
「オモいカルチャーをオモチャーと言う」
「自宅で遊べるナムコット」上記2つは最初期のCMで、1984-85年頃のパックマン、ゼビウス等といったファミコンソフト発売時に放映されたもの。CM曲には細野晴臣の「Non Standard Mixture」の一部が使われており、細野自身もCMに出演していた。

「クーソーは、頭のコヤシです」
「クーソーしてから、寝てください」
「遊びをクリエイトするナムコ」最後のキャッチコピー「遊びをクリエイトするナムコ」は、以後もナムコブランドのゲームのパッケージのロゴ付近にあしらわれ、2014年のBNGIへのブランド統合まで長く親しまれた。

「2001年の大人(クリエイター)達へ」
「集まれ前科者」、「大学8年生に届いた採用通知[注 5]」、「『C』が多くてもいいじゃないか」、「■肉■食は、弱肉強食か、焼肉定食か」(求職者向け会社案内より)ゲームタイトル[編集]
詳細は「バンダイナムコエンターテインメント発売のゲームタイトル一覧」を参照
バンダイ・ナムコ・バンプレストのゲーム部門を統合する前から各社でゲームソフトの開発が続けられていたため、2006年から2009年3月までは旧バンダイ・旧ナムコ・旧バンプレストのロゴをそれぞれバンダイレーベル、ナムコレーベル、バンプレストレーベルと称し、便宜的な名義(ブランド名)として使用していた。(アーケードゲームにおいては、2014年3月までナムコレーベル、およびバンダイナムコゲームスレーベルの二つが使用されていた)。公式サイトへのレーベル表示を廃止した、2009年4月以降も2013年までパッケージ表面・ゲームソフト起動時に表示するロゴマークについては、前述の戦場の絆等一部アーケード作品を除き、各レーベルのものを引き続き使い分けていたが、2014年以降は一部を除き家庭用作品も、バンダイナムコゲームスレーベル→2015年の社名変更以降はバンダイナムコエンターテインメントレーベルのみが用いられるようになった。

レーベルの変更[編集]
一部のゲームは、移植版や続編が登場する際、レーベルが変更される場合がある。以下がその一例である。

『ゲームセンターCX 有野の挑戦状』(ナムコレーベル):続編『ゲームセンターCX 有野の挑戦状2』よりバンダイレーベルへ移行
『機動戦士ガンダム vs.シリーズ』(アーケードゲーム、旧バンプレスト・バンプレストレーベル、エクストリームバーサス以降はバンダイナムコゲームスレーベル):家庭用版はバンダイレーベルで発売
『機動戦士ガンダム 戦場の絆』(アーケードゲーム、旧バンプレスト、Rev2.0よりバンダイナムコゲームスレーベル):PSP版はバンダイレーベルで発売
『魔法少女リリカルなのはA’s PORTABLE -THE BATTLE OF ACES-』(ナムコレーベル):続編『魔法少女リリカルなのはA’s PORTABLE -THE GEARS OF DESTINY-』はバンプレストレーベルに変更
『魔法少女まどか☆マギカ ポータブル』(バンプレストレーベル):『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ The Battle Pentagram』はナムコレーベルに変更出身者[編集]
詳細は「Category:ナムコの人物」を参照
岩谷徹(東京工芸大学芸術学部ゲーム学科教授)
遠藤雅伸(東京工芸大学芸術学部ゲーム学科教授、株式会社ゲームスタジオ相談役)
中潟憲雄(有限会社デジフロイド代表取締役)
細江慎治(株式会社スーパースィープ代表取締役)
佐宗綾子(株式会社スーパースィープ取締役)
大久保良一(株式会社トムキャットシステム代表取締役)
高橋由紀夫(株式会社トムキャットシステム取締役)
鈴木宏治(株式会社ノイズ代表取締役)
岩崎拓矢(株式会社ILCA代表取締役)関連会社[編集]
バンダイナムコグループ
バンダイナムコホールディングス
バンダイナムコスタジオ
バンダイナムコテクニカ
バンダイ
ナムコ・テイルズスタジオ
BANDAI SPIRITS
B.B.スタジオ
ベック
バンダイナムコアミューズメント
ロケットスタジオ
バンダイナムコ島根スサノオマジック著作権表記[編集]
経営統合後の同社の各ゲーム作品の著作権表記は「©NBGI」(家庭用ゲーム機)または「©NAMCO BANDAI Games Inc.」(アーケードゲーム機)に統一されていた。また、2011年以降の旧ナムコレーベルの一部のゲームソフトでは、「©NAMCO BANDAI Games Inc.」が用いられることがあった(旧バンダイレーベル、旧バンプレストレーベルは引き続き「©NBGI」のまま用いられた)。2014年4月に社名表記が変更されてから「バンダイナムコエンターテインメント」に社名変更する前までは家庭用・アーケードを問わず「©BANDAI NAMCO Games Inc.」が用いられるようになり、「©BNGI」の方は省略形にとどまっている。
ただし、全ての『ガンダムシリーズ』系のゲーム作品には存在しない(『ガンダム』以外のサンライズ及びバンダイナムコピクチャーズ制作のゲーム作品を除く)。これは『コンパチヒーローシリーズ』、『スーパーロボット大戦シリーズ[注 6]』、『Another Century’s Episode』シリーズも同様であり、また、『IVY THE KIWI?』や3DS版『テトリス』、ディズニーのゲーム作品にも同様である。

その他[編集]
この節は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。出典検索?: “バンダイナムコエンターテインメント” – ニュース · 書籍 · スカラー · CiNii · J-STAGE · NDL · dlib.jp · ジャパンサーチ · TWL(2018年3月)同社が経営統合後の2008年4月以前は提供クレジットでは「バンダイ」と「ナムコ」であり、後者のレーベルのみ「バンダイナムコゲームス」の提供クレジットを使用することがあった。同年4月以降「バンプレスト」から移管され、正式に全てのレーベルで「バンダイナムコゲームス」の提供クレジットが表示されるようになった。なお、2009年3月まではバンダイナムコゲームスのロゴをCMで使用するのはごく稀であり、通常はバンダイ・ナムコ・バンプレストの各社のロゴで表示されていたが、同年4月以降はサイト統合により、前述の戦場の絆等一部のアーケード作品ではバンダイナムコゲームスレーベルを使用している。@media screen.mw-parser-output .fix-domainborder-bottom:dashed 1px一部の雑誌やネット上などでは「バンダイナムコゲームズ」と誤植されることがある。[要出典]また、作品に対する登録商標または商標のマーク表示は、旧ナムコが1990年代から行うようになった。
合併以降レーベル統合後の2014年現在においても、旧ナムコおよびナムコレーベルの流れを汲むオリジナルタイトルにのみ慣例的に行われている[注 7]。ただ、任天堂製ハード向けの作品に対してのみ、パッケージ裏面に「Produced by 株式会社バンダイナムコゲームス」とメーカー名が記載されているにもかかわらず、表面の下部に「発売元:株式会社バンダイナムコゲームス」と二重に記載している。また、Amazon.co.jpにおけるメーカー名表記は、2010年半ばまでは当該レーベル毎であったが、同年以降バンダイナムコゲームスで統一された[注 8]。
2007年から2016年2月1日まで入居していた旧本社ビルの元になった旧品川パナソニックビルは、1992年に松下電器産業によって建設されたもので、周辺にビルの日陰を作らないように配慮された結果、台形の外観となった。2006年3月に地元の不動産業者に売却された。旧本社ビルは旧本社における営業最終日当日から解体工事が開始され、跡地にはマンションが建設される予定となっている[34]。

サウンドロゴ[編集]
2014年になって、TVCMの最後にサウンドロゴを導入した。内容は白バックで画面中央にメーカーロゴを表示し、「バンダイナムコ」というナレーションが入る。このナレーションの担当は通常のものでは声優の高橋信だが、CMによってはそのゲームの登場キャラクターが担当するものも多い。2022年3月まではこのパターンを使用し、2022年4月のコーポレートロゴの変更からサウンドロゴも変更になった。複数の色の枠が中央に集まって「バンダイナムコ♪」とも聞こえる5つの単音と共に新しいバンダイナムコグループのロゴを形成する[35]。サウンドはバンダイナムコスタジオのサウンドチームが手がけ[36]、当社以外のバンダイナムコを社名に冠するグループ会社の商品・サービス関連のプロモーション映像やCMでも使用する。

新規開発事業[編集]
Kid’sきずな事業 – 絵本『みのりちゃんのすてきなおうち』の出版と『きずなstyle』[37]の運営。
ハッスル倶楽部 – アーケードゲームをベースとしたリハビリテーション機器の開発・販売。(旧)ナムコの新規開発事業として開始され、2006年のNBGI設立時に一旦ナムコ(2代)へ移管されたが、2009年に再譲受したものの、2013年3月に撤退(修理などのサポートは継続)。「トーキングエイド」シリーズはバンダイナムコの元社員が設立した株式会社ユープラスが継承[38]。脚注[編集]
[脚注の使い方]注釈[編集]

^ 2000年に設立された仏国インフォグラム社の日本法人とは別法人。

^ ポッカクリエイト(ポッカコーポレーション(現・ポッカサッポロフード&ビバレッジ)子会社)との折半出資だったが、バンダイとの経営統合時にナムコより株式を譲り受けたキーコーヒーが連結子会社化。決算対象からは外れている。

^ 3月31日発売のPlayStation版『鉄拳』までの全ての家庭用ゲームタイトルで使用され、10月20日に発売されたゲームギア用ソフトの『ギアスタジアム平成版』でも使用された。これは、1991年に発売されたギアスタジアムのデータをベースに登場する球団を実在の球団に書き替えただけのものであるため、namcotのデータが変更されずに使われている都合上、例外的にnamcotブランドが使われた。

^ 2005年に株式をインデックスに譲渡し資本関係を解消。

^ 後のナムコ代表取締役社長である橘正裕が旧ナムコに入社した時の実話に基づく。

^ オリジナル作品系では「SRWOG PROJECT」名記。OGシリーズに登場していないオリジナル機体のプラモデルにおいてもこの名記となっている。

^ ただし、統合以前にはバンプレスト系の『アルトネリコ』シリーズ(2の廉価版以降)のような例外もあった。

^ バンプレストレーベルのみ、変更されるまでに時間がかかった。

出典[編集]

^ Twitterプロフィールより。

^ a b c d e 2021年3月期貸借対照表バンダイナムコエンターテインメント

^ アミューズメント通信社「ゲームマシン」1977年6月15日号

^ “子会社の社名・英文表記の変更に関するお知らせ (PDF)”. バンダイナムコホールディングス (2014年1月24日). 2014年4月21日閲覧。

^ 社名変更のお知らせ – バンダイナムコゲームス 2014年12月17日、2015年2月20日閲覧。

^ 1950〜70年代 バンダイナムコゲームス公式サイト 2012年9月23日閲覧。

^ 2004-2006年まで用いられた「50周年シンボルマーク」には、木馬がデザインされていた(ナムコ、木馬をデザインした「50周年シンボルマーク」を公開 2012年9月23日閲覧)。

^ a b 関西支社営業終了のご案内 バンダイナムコエンターテインメント 2016年1月

^ 株式会社QBQ編 『懐かしファミコン パーフェクトガイド』 マガジンボックス(M.B.ムック)、2016年。ISBN 9784906735891 p117

^ 2008年8月2日建通新聞 Archived 2010年12月3日, at the Wayback Machine.。

^ 週刊ファミコン通信 no.363 表紙 矢田亜希子. 株式会社アスキー. (1995年12月1日). p. 11 

^ バンプレストのゲーム事業を統合 バンダイナムコがグループ再編 – ITmedia News 2012年9月23日閲覧。

^ “バンダイナムコゲームスとディー・エヌ・エー共同出資による新会社設立のお知らせ”. ディー・エヌ・エー. (2011年8月22日). オリジナルの2011年11月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20111103102122/http://dena.jp/press/2011/08/post-91.php 2011年8月22日閲覧。 

^ バンダイナムコホールディングスなどグループ5社の本社機能を2016年1月より順次移転 バンダイナムコホールディングス 2015年12月25日

^ テクニカルセンター移転のご案内 バンダイナムコエンターテインメント 2016年9月

^ “訃報 (PDF)”. バンダイナムコホールディングス (2017年1月30日). 2017年3月12日閲覧。

^ アミューズメント機器のサービス事業会社 株式会社バンダイナムコテクニカを設立 – バンダイナムコエンターテインメント 2017年1月11日

^ 新設分割公告 バンダイナムコエンターテインメント 2017年1月30日

^ 国内最大級! VRアクティビティ16種類の最新エンターテインメント施設『VR ZONE SHINJUKU』 新宿に7月14日(金)オープン!アミューズメント施設へのVRアクティビティ設置も拡大、VR事業本格化 – バンダイナムコエンターテインメント 2017年6月13日(2017年7月13日閲覧)

^ 株式会社バンダイナムコエンターテインメントとの合弁会社設立を伴う業務提携に関するお知らせ ドリコム 2017年5月19日

^ バンダイナムコエンターテインメントとドリコム共同出資による新会社設立のお知らせ バンダイナムコエンターテインメント、ドリコム 2017年5月19日

^ セガ・インタラクティブ,コナミアミューズメント,バンダイナムコエンターテインメントの3社 アーケードゲーム用ICカードの仕様統一に向けて合意― 2018年夏の提供を予定 ― セガ製品情報サイト 2018年2月9日

^ コナミアミューズメント、セガ・インタラクティブ、バンダイナムコエンターテインメントの3社 アーケードゲーム用ICカードの仕様統一に向けて合意― 2018年夏の提供を予定 ― コナミアミューズメント 2018年2月9日

^ バンダイナムコエンターテインメント、コナミアミューズメント、セガ・インタラクティブの3社 アーケードゲーム用ICカードの仕様統一に向けて合意― 2018年夏の提供を予定 ― バンダイナムコエンターテインメント 2018年2月9日

^ 子会社の組織再編について バンダイナムコホールディングス 2018年2月9日

^ バンダイナムコグループ中期計画(2018年4月~2021年3月) CHANGE for the NEXT 挑戦・成長・進化 バンダイナムコホールディングス 2018年2月9日

^ バンナムHD、子会社再編を実施 ナムコがバンダイナムコアミューズメントに社名変更 バンダイビジュアルとランティス合併 BANDAI SPIRITSを設立、Social Game Info、2018年2月9日

^ バンダイナムコ、ゲームアプリなど運営機能を分社化、ITmedia NEWS、2018年5月14日

^ 「バンダイナムコエンターテインメント」遊技関連事業を分社化 新たな商品・サービス提供目指す アニメ!アニメ! 2019年1月23日

^ “「B.LEAGUE」所属 プロバスケットボールチーム「島根スサノオマジック」経営権獲得”. バンダイナムコエンターテインメント (2019年8月27日). 2019年8月31日閲覧。

^ “【速報2】ドリコム内藤社長、BXD株式売却の経緯を明かす 「enza」にはパートナーとして引き続き「深く関与」”. Social Game Info (2020年1月31日). 2020年2月5日閲覧。

^ “バンナム、インディーゲームパブリッシング事業やクリエイターマネジメント事業を行うPhoenixxと資本業務提携 電通グループとも協業” (日本語). Social Game Info. 2021年1月15日閲覧。

^ バンダイナムコエンターテインメントとゲーム・映像制作会社イルカ 新会社「株式会社バンダイナムコエイセス」設立~フォトリアルな表現を追求したハイエンドなゲーム開発力を強化~ – バンダイナムコエンターテインメント・イルカ 2022年7月1日(2022年7月1日閲覧)

^ “東品川の「バンダイナムコ未来研究所」解体へ 三田に本社機能を移転”. 品川経済新聞 (有限会社ノオト). (2016年2月2日). オリジナルの2016年2月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160205081824/http://shinagawa.keizai.biz:80/headline/2510 2018年3月7日閲覧。 

^ Bandai Namco’s Purpose|会社情報 – バンダイナムコホールディングス 2022年4月22日閲覧本ページのビデオの最後で新サウンドロゴが流れる。

^ バンダイナムコグループが新ロゴとブランドムービー2作品を公開 – 4gamer.net 2022年4月4日(2022年4月22日閲覧)

^ 『きずなstyle』 Archived 2006年6月17日, at the Wayback Machine.。

^ 「トーキングエイド」シリーズ・リハビリテインメントマシン販売終了のお知らせ バンダイナムコエンターテインメント

関連項目[編集]
バンダイナムコエンターテインメントフェスティバル
ラジオはアメリカン – かってスポンサーをしていたラジオ番組
超次元タイムボンバー – 筆頭提供テレビ番組で、最終アトラクション以外は全て当社の放送当時で最新のアーケードゲームを使用していた。
NG (ゲーム情報誌)
Side-BN
大トロ倶楽部 – ファミコン通信で連載されていた片山まさゆきの漫画。バンダイとナムコの社名を合わせて作られた番台菜夢子(ばんだい なむこ)というキャラクターが登場する。同漫画が復刻連載された際のキャラクター紹介で「作者が合併を予期していたかのような名前」と書かれていた。同社出身者によって設立された会社現在
ゲームスタジオ – 出身の遠藤雅伸、大野木宣幸、黒須一雄が設立。旧社は2015年に解散。
ノイズ – ディレクターを務めた鈴木宏治(見城こうじ)が設立。
スタジオカルナバル – 音楽を務めた相原隆行がアリカを経て設立。
スーパースィープ – 音楽を務めた細江慎治、佐宗綾子がアリカを経て設立。
デジフロイド – シナリオ、音楽を務めた中潟憲雄がKAZeを経て設立。
モナカ(MONACA) – 音楽を務めた岡部啓一がフリーランスを経て設立。
ビットスター – 出身の佐々木建仁がセガを経て庄司久美子と共に設立。
スタジオアールエフ – 出身のロマのフ比嘉がフリーランスを経て設立。
DETUNE – 音楽を務めた佐野信義がキャビアを経て設立。
イルカ(ILCA) – プランナー、ディレクターを務めた岩崎拓矢がキャビアを経て設立。
ブッコロ – 出身の横尾太郎がソニー・コンピュータエンタテインメント、キャビア、フリーランスを経て設立。過去
トムキャットシステム – 出身の大久保良一が設立。2017年解散。外部リンク[編集]

ウィキメディア・コモンズには、バンダイナムコエンターテインメントに関連するカテゴリがあります。バンダイナムコエンターテインメント
バンダイナムコエンターテインメント公式 (@bnei876) – Twitter
バンダイナムコエンターテインメント (bandainamcoentertainment) – Facebook
Bandai Namco Entertainment – YouTubeチャンネル
バンダイナムコエンターテインメント – ニコニコチャンネル表話編歴バンダイナムコグループ持株会社
バンダイナムコホールディングスエンターテインメント
バンダイ
バンダイナムコエンターテインメント
BANDAI SPIRITS
メガハウス
シー・シー・ピー
サンスター文具
プレックス
シーズ
ピープル
ハート
円谷プロダクション
バンダイナムコスタジオ
バンダイナムコオンライン
ディースリー・パブリッシャー
B.B.スタジオ
バンダイナムコネクサス
バンダイナムコネットワークサービス
バンダイナムコセブンズ
バンダイナムコ研究所
バンダイナムコエイセスアミューズメント
バンダイナムコアミューズメント
バンダイナムコテクニカ
バンダイナムコアミューズメントラボ
花やしきIPプロデュース
バンダイナムコフィルムワークス
サンライズ
バンダイビジュアル
バンダイチャンネル
バンダイナムコミュージックライブ
ランティス
バンダイナムコピクチャーズ
いわきスタジオ
SUNRISE BEYOND
アクタス
創通
Evolving G関連事業会社
バンダイロジパル
ロジパルエクスプレス
バンダイナムコビジネスアーク
アートプレスト
ハピネット
ハピネット・マーケティング
マックスゲームズ
ハピネット・ベンディングサービス
ハピネット・ロジスティクスサービス
ハピネットファントム・スタジオ
かいかや
バンダイナムコウィル
イタリアントマト
石森プロ
バンダイナムコ島根スサノオマジック過去のグループ会社
ポピー
セイカ
ウィズ
パルボックス
バンダイネットワークス
バンダイナムコアーツ
バンダイ・デジタル・エンタテイメント
バンダイ・ミュージックエンタテインメント
バナレックス
サンライズインタラクティブ
サンライズ音楽出版
アニメチャンネル
ミューラス
エモーション
科研
ビーアイ
エンジェル
ベック
バンプレスト
バンプレスト販売
バンプレソフト
ディースリー
ESP
ナムコ・テイルズスタジオ
セリウス
BNDeNA
プロダクション リード
日活
モノリスソフト
VIBE
ハイウェイスター関連項目
アソビストア
おもちゃのまちバンダイミュージアム
バンダイホビーセンター
バンダイナムコ未来研究所
バンナムフェス
未来研スタジオ
表話編歴ナムコット(namcot)MSX
01 パックマン
02 マッピー
03 ギャラクシアン
04 ワープ&ワープ
05 キング&バルーン
06 ラリーX
07 ディグダグ
08 ギャラガ
09 タンクバタリアン
10 ボスコニアン
11 ミニゴルフ
12 ドルアーガの塔
ドラゴンバスター(MSX2)
イシターの復活(MSX2)
ゼビウス ファードラウト伝説(MSX2)
パックマニア(MSX2)
プロ野球ファミリースタジアム ホームランコンテスト(MSX2)
プロ野球ファミリースタジアム ペナントレース(MSX2)
ディスクNG 1
ディスクNG 2
バルンバ
F1道中記(MSX2)ファミリーコンピュータ
01 ギャラクシアン
02 パックマン
03 ゼビウス
04 マッピー
05 ギャラガ
06 ディグダグ
07 ドルアーガの塔
08 ワープマン
09 バトルシティー
10 パックランド
11 バーガータイム
12 スターラスター
13 タッグチームプロレスリング
14 ディグダグII
15 スーパーチャイニーズ
16 バベルの塔
17 ワルキューレの冒険 時の鍵伝説
18 スカイキッド
スーパーゼビウス ガンプの謎
マッピーランド
プロ野球ファミリースタジアム
メトロクロス
ドラゴンバスター
さんまの名探偵
ファミリージョッキー
ファミリーボクシング
ドラゴンスレイヤーIV ドラスレファミリー
ファミリーマージャン
デジタル・デビル物語 女神転生
サイドポケット
ルパン三世 パンドラの遺産
時空勇伝デビアス
スターウォーズ
ファミリーテニス
カルノフ
プロ野球ファミリースタジアム’87
ファミリーサーキット
独眼竜政宗
ナムコクラシック
妖怪道中記
カイの冒険
三国志 中原の覇者
ファイナルラップ
えりかとさとるの夢冒険
源平討魔伝
貝獣物語
ファミリーマージャンII 上海への道
キングオブキングス
プロ野球ファミリースタジアム’88
ワギャンランド
ハイドライド3 闇からの訪問者
早打ちスーパー囲碁
ローリングサンダー
ファミリーピンボール
ドラゴンスピリット 新たなる伝説
マインドシーカー
デビルマン
ドラゴンバスターII 闇の封印
ラサール石井のチャイルズクエスト
クインティ
ドラゴンニンジャ
ケルナグール
ファミスタ’89 開幕版!!
スプラッターハウス わんぱくグラフィティ
ファミスタ’90
マッピーキッズ
デジタル・デビル物語 女神転生II
バトルフリート
ワギャンランド2
ファミスタ’91
じゅうべえくえすと
ナムコット麻雀III マージャン天国
ファミリーサーキット’91
ちびまる子ちゃんうきうきショッピング
平成天才バカボン
ファミスタ’92
ナムコクラシックII
三国志II 覇王の大陸
ナムコプリズムゾーン ドリームマスター
トップストライカー
ワギャンランド3
ファミスタ’93
ファミスタ’94
84 パックマン チャンピオンシップ エディション(FCアレンジ版)
85 ギャプラス(FCアレンジ版)スーパーカセットビジョン
マッピー
スカイキッド
ポールポジションIIスーパーファミコン
スーパーワギャンランド
スーパーファミスタ
サンドラの大冒険 ワルキューレとの出逢い
スカイミッション
コズモギャング・ザ・ビデオ
スーパー大相撲 熱戦大一番
ナムコットオープン
コズモギャング・ザ・パズル
スーパーファミスタ2
スーパーワギャンランド2
スーパーファミリーテニス
Jリーグサッカー プライムゴール
スズカエイトアワーズ
幽☆遊☆白書
ロックンロールレーシング
スーパーファミスタ3
ザ・ブルークリスタルロッド
幽☆遊☆白書2 格闘の章
Jリーグサッカー プライムゴール2
ハロー!パックマン
リブルラブル
スーパーファミリーサーキット
ミリティア
ワギャンパラダイス
幽☆遊☆白書 特別篇
パックインタイム
スーパーファミスタ4
幽☆遊☆白書FINAL 魔界最強列伝ゲームボーイ
ファミスタ
パックマン
ファミリージョッキー
ナムコクラシック
雀卓ボーイ
平成天才バカボン
ファミスタ2
ビタミーナ王国物語
バーコードボーイセット
バーコードボーイセット2
モンスターメーカー バーコードサーガ
ファミリージョッキー2 名馬の血統
バーコードボーイ
カットビロード
ファミスタ3
パックパニック
パックインタイムPCエンジン
妖怪道中記
プロ野球ワールドスタジアム
ギャラガ’88
プロテニス ワールドコート
ドラゴンスピリット
ワンダーモモ
パックランド
ファイナルラップツイン
オーダイン
源平討魔伝
スプラッターハウス
バルンバ
ゼビウス ファードラウト伝説
超絶倫人ベラボーマン
ワルキューレの伝説
ファイナルブラスター
メルヘンメイズ
おぼっちゃまくん
プロ野球ワールドスタジアム’91
ワールドジョッキー
ワールドサーキット
ドラゴンセイバー
ちびまる子ちゃんクイズでピーヒャラ
源平討魔伝 巻ノ弐
ドルアーガの塔メガドライブ
フェリオス
クラックス
バーニングフォース
メガパネル
デンジャラスシード
レッスルボール
ふしぎの海のナディア
マーベルランド
球界道中記
メガトラックス
ローリングサンダー2
ちびまる子ちゃんわくわくショッピング
スプラッターハウス PARTII
スプラッターハウス PARTIII
ボールジャックス
スターブレード(メガCD)ゲームギア
パックマン
ギアスタジアム
マッピー
ワギャンランド
ギャラガ’91
ポケット雀荘
ギアスタジアム平成版PlayStation
リッジレーサー
サイバースレッド
スターブレードα
鉄拳関連項目
ナムコアンソロジー
ナムコットコレクション関連会社
ナムコ
バンダイナムコエンターテインメント
データイースト
カルチャーブレーン
トーセ
日本ファルコム
日本物産
アトラス
ゲームスタジオ
バースデイ
T&E SOFT
コンパイル
アートマン
ゲームフリーク
KID
ザップ
パック・イン・ビデオ関連人物
遠藤雅伸
大野木宣幸
小沢純子
小野浩
川田宏行
岸本好弘
黒須一雄
慶野由利子
島本昌弘
田島勝朗
ときた洸一
中潟憲雄
永島洋武
中村雅哉
深谷正一
普川隆志
冨士宏
吉沢秀雄
米光亮
ゲームソフトならびケースに”namcot”と表記されているパソコン、ゲーム機種のみ。関連会社は、ナムコットから発売されたゲーム作品の開発に携わったゲーム会社を表記。ナンバリングされて発売された作品には、ゲームタイトルの前に二桁の数字を表記。

「バンダイナムコエンターテインメント発売のゲームタイトル一覧#ナムコ(旧社)時代の作品一覧」、「バンダイナムコエンターテインメント発売のゲームタイトル一覧#ナムコレーベル」、および「アーケードゲームのタイトル一覧 (バンダイナムコ)」も参照
表話編歴コンピュータエンターテインメント協会(CESA)正会員
アークシステムワークス
アイディアファクトリー
アイレムソフトウェアエンジニアリング
アカツキ
アクワイア
アトラス
アニプレックス
アリカ
アンビション
イマジカデジタルスケープ
インティ・クリエイツ
ウォーゲーミングジャパン
ディズニー・インタラクティブ・スタジオ
SNK
エッジワークス
エディア
NHN JAPAN
エレクトロニック・アーツ
オーイズミ・アミュージオ
オフィスクリエイト
角川ゲームス
カプコン
ガンホー・オンライン・エンターテイメント
グッド・フィール
KLab
グランゼーラ
グリー
ケイブ
元気
コーエーテクモゲームス
コナミデジタルエンタテインメント
コロプラ
Cygames
サイバーエージェント
サイバーステップ
サクセス
サミーネットワークス
C&Cメディア
ジープラ
ジェイエムエス・ユナイテッド
システムソフト・ベータ
SHIFT
シリコンスタジオ
スクウェア・エニックス
スタジオフェイク
スパイク・チュンソフト
スマイルブーム
セガ
ゼニマックス・アジア
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
ソニックパワード
タイトー
タカラトミー
タムソフト
ディー・エヌ・エー
ディースリー・パブリッシャー
DICO
ディンプス
デジタルハーツ
ドリコム
ドワンゴ
ナウプロダクション
ナツメアタリ
日本マイクロソフト
ハムスター
バンダイナムコエンターテインメント
ピグミースタジオ
フジゲームス
藤商事
プラチナゲームズ
フリュー
フレイムハーツ
プロダクション・アイジー
プロトタイプ
フロム・ソフトウェア
ヘキサドライブ
ヘッドロック
ポールトゥウィン
ポケモン
ポケラボ
ポリゴンマジック
ボルテージ
マーベラス
マイネット
ミクシィ
miHoYo
ユークス
ユービーアイソフト
Yostar
LINE
ラセングル
リベル・エンタテインメント
レッド・エンタテインメント
レベルファイブ特別賛助会員
任天堂一般賛助会員(企業)
ADKマーケティング・ソリューションズ
Epic Games Japan
KADOKAWA
GameWith
コスパ
サードウェーブ
ソニー・ミュージックコミュニケーションズ
ソフトギア
大和証券
タカラトミーアーツ
Tencent Japan
日経BP
Pearl Abyss JP
Happy Elements Asia Pacific
505 Games Japan
ブシロード
Project White
ブロッコリー
みずほ銀行
ミラティブ
モリサワ
吉本興業一般賛助会員(学校)
アミューズメントメディア総合学院
新潟コンピュータ専門学校
神戸電子専門学校
学校法人日本教育財団
国際情報工科自動車大学校
専門学校東京テクニカルカレッジ
沼津情報・ビジネス専門学校
アーツカレッジヨコハマ
ヒューマンアカデミー
総合学園ヒューマンアカデミー
日本工学院専門学校
日本工学院八王子専門学校
日本電子専門学校
東京コミュニケーションアート専門学校
名古屋情報メディア専門学校
新潟高度情報専門学校
東北電子専門学校
早稲田文理専門学校
バンタンゲームアカデミー
ECCコンピュータ専門学校関連団体
コンピュータエンターテインメントレーティング機構(CERO)
コンピュータソフトウェア協会(CSAJ)
コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)
日本アミューズメント産業協会(JAIA)
日本コンピュータゲーム協会(JCGA)
.mw-parser-output .redirectcatnavmargin:1em auto;border-style:none;text-align:left;font-size:100%;clear:both.mw-parser-output .redirectcat ulmargin-left:0ナムコ (1955年設立の企業)に関するカテゴリ:
ナムコ
典拠管理
BNF: cb15118723r (データ)
ISNI: 0000 0001 0670 4875
LCCN: no2008182014
MBL: 6f5f098b-34c9-4462-88c0-635127970862
SUDOC: 156624389
VIAF: 146997314
WorldCat Identities: lccn-no2008182014

「https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=バンダイナムコエンターテインメント&oldid=91217330」から取得
カテゴリ: バンダイナムコエンターテインメント日本のコンピュータゲームメーカー・ブランド東京都港区の企業1955年設立の企業1988年上場の企業芝 (東京都港区)隠しカテゴリ: WebarchiveテンプレートのウェイバックリンクISBNマジックリンクを使用しているページ出典を必要とする記事/2021年2月ウィキデータにない座標出典を必要とする記事/2018年3月出典を必要とする記述のある記事/2018年3月BNF識別子が指定されている記事ISNI識別子が指定されている記事LCCN識別子が指定されている記事MusicBrainzレーベル識別子が指定されている記事SUDOC識別子が指定されている記事VIAF識別子が指定されている記事WORLDCATID識別子が指定されている記事

評価: 4~5 つ星
レビュー: 6942
再生回数: 50 41
[spincontent type=”j”]

【ライブPV③】THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 10th ANNIVERSARY CosmoStar Land & Tropical Land Youtube

Blu-ray BOX「CosmoStar Land & Tropical Land」10/12発売!
購入はこちら ▶ https://shop.columbia.jp/shop/g/gP5786/
LIVE PV① ▶ https://youtu.be/dN2ADfYtxDU
LIVE PV② ▶ https://youtu.be/QBo1wy2ywOY

◇コロムビアミュージックショップ版
THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 10th ANNIVERSARY M@GICAL WONDERLAND TOUR!!!
CosmoStar Land & Tropical Land SPECIAL LIVE CD付
コロムビアミュージックショップ限定版
¥38,900(税込)
購入はこちら▶ https://shop.columbia.jp/shop/g/gP5786/

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 10th ANNIVERSARY M@GICAL WONDERLAND TOUR!!!
CosmoStar Land & Tropical Land
発売日:2022年10月12日
商品形態:Blu-ray BOX(6枚組)
価格:38,900円(税込) 
品番:SAXC-1055~1060
【オリジナルカートンBOX付き】
【豪華メモリアルフォトブック4冊】歌詞付きオールカラー。

■収録予定内容
[Disc1]
2021年12月25日(土)に開催された、THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 10th ANNIVERSARY M@GICAL WONDERLAND TOUR!!! CosmoStar Land【Day1】の模様をトーク部分も含め全編収録。
※音声:ステレオ。全編にわたり出演キャストによるオーディオコメンタリー収録。

[Disc2]
2021年12月26日(日)に開催された、THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 10th ANNIVERSARY M@GICAL WONDERLAND TOUR!!! CosmoStar Land【Day2】の模様をトーク部分も含め全編収録。
※音声:ステレオ。全編にわたり出演キャストによるオーディオコメンタリー収録。

[Disc3] (Special Disc – CosmoStar Land-)
THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 10th ANNIVERSARY M@GICAL WONDERLAND TOUR!!! CosmoStar Landの特典映像を収録。
〇特典映像1
メイキング・舞台裏映像「CosmoStar Land~Behind the Scenes~」
〇特典映像2
MULTI ANGLE 3ANGLES + Tri-VIEW 【CosmoStar Land Day1】
「無重力シャトル」
「君のステージ衣装、本当は…」
「空想探査計画」
「EVIL LIVE」
「Drastic Melody」
〇特典映像3
MULTI ANGLE 3ANGLES + Tri-VIEW 【CosmoStar Land Day2】
「星環世界」
「ミラーボール・ラブ」
「バベル」
「EVERLASTING」
「お願い!シンデレラ」

[Disc4]
2022年1月29日(土)に開催された、THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 10th ANNIVERSARY M@GICAL WONDERLAND TOUR!!! Tropical Land【Day1】の模様をトーク部分も含め全編収録。
※音声:ステレオ。全編にわたり出演キャストによるオーディオコメンタリー収録。

[Disc5]
2022年1月30日(日)に開催された、THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 10th ANNIVERSARY M@GICAL WONDERLAND TOUR!!! Tropical Land【Day2】の模様をトーク部分も含め全編収録。
※音声:ステレオ。全編にわたり出演キャストによるオーディオコメンタリー収録。

[Disc6] (Special Disc – Tropical Land-)
THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 10th ANNIVERSARY M@GICAL WONDERLAND TOUR!!! Tropical Landの特典映像を収録。
〇特典映像1
メイキング・舞台裏映像「Tropical Land~Behind the Scenes~」
〇特典映像2
MULTI ANGLE 3ANGLES + Tri-VIEW 【Tropical Land Day1】
「トロピカルガール」
「CoCo夏夏夏 Holiday」
「きみにいっぱい☆」
「夏恋-NATSU KOI-」
「いとしーさー♥」
「Sun!High!Gold!」
「Go Just Go!」
「EVERLASTING」
〇特典映像3
MULTI ANGLE 3ANGLES + Tri-VIEW 【Tropical Land Day2】
「OTAHENアンセム」
「パ・リ・ラ」
「とんでいっちゃいたいの」
「さよならアロハ」
「レッド・ソール」
「Snow*Love」
「SUN♡FLOWER」
「お願い!シンデレラ」

▼コロムビア公式サイトはこちら
https://columbia.jp/idolmaster/

///////////////////////////////////////

<愛知公演出演者>
藍原ことみ (一ノ瀬志希役)、天野聡美 (白菊ほたる役)、大空直美 (緒方智絵里役)、金子真由美 (藤本里奈役)、関口理咲 (白雪千夜役)、福原綾香 (渋谷凛役)、青木志貴 (二宮飛鳥役)、飯田友子 (速水奏役)、洲崎綾 (新田美波役)、田辺留依 (荒木比奈役)、千菅春香 (松永涼役)、富田美憂 (砂塚あきら役)、中澤ミナ (佐城雪美役)、村中知 (大和亜季役)、ルゥティン (塩見周子役)、赤﨑千夏 (日野茜役)、鈴木絵理 (堀裕子役)、集貝はな (的場梨沙役)、長野佑紀 (小関麗奈役)、原優子 (向井拓海役)、山本希望 (城ヶ崎莉嘉役)

<トロピカル公演出演者>
大坪由佳(三村かな子役)、中島由貴(乙倉悠貴役)、新田ひより(道明寺歌鈴役)、上坂すみれ(アナスタシア役)、河瀬茉希(桐生つかさ役)、鈴木みのり(藤原肇役)、原田彩楓(三船美優役)、原紗友里(本田未央役)、生田輝(ナターリア役)、金子有希(高森藍子役)、武田羅梨沙多胡(喜多見柚役)、田澤茉純(浜口あやめ役)、伊達朱里紗(難波笑美役)、のぐちゆり(及川雫役)、星希成奏(夢見りあむ役)、松田颯水(星輝子役)、杜野まこ(姫川友紀役)、山下七海(大槻唯役)

///////////////////////////////////////

【アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ】
配信楽曲ダウンロード情報はこちら
https://columbia.jp/sl-stage/

///////////////////////////////////////

#シンデレラガールズ10周年 #アイドルマスター #アイマス

2. アイドル マスター シンデレラ ガールズ スター ライト ステージ wiki Yomiuri

Yomiuri
アイドル マスター シンデレラ ガールズ スター ライト ステージ wiki

説明: アイドル マスター シンデレラ ガールズ スター ライト ステージ wiki に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 アイドル マスター シンデレラ ガールズ スター ライト ステージ wiki は、読売で検索されたもので、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 8462
[spincontent type=”j”]

3. アイドル マスター シンデレラ ガールズ スター ライト ステージ wiki Asahi Shimbun

朝日新聞
アイドル マスター シンデレラ ガールズ スター ライト ステージ wiki

説明: 朝日新聞で検索した アイドル マスター シンデレラ ガールズ スター ライト ステージ wiki に関する上記の情報が、アイドル マスター シンデレラ ガールズ スター ライト ステージ wiki に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 4661
[spincontent type=”j”]

4. アイドル マスター シンデレラ ガールズ スター ライト ステージ wiki The Japan Times

The Japan Times
アイドル マスター シンデレラ ガールズ スター ライト ステージ wiki

説明: ジャパン タイムズで検索した アイドル マスター シンデレラ ガールズ スター ライト ステージ wiki に関する記事のトップです。アイドル マスター シンデレラ ガールズ スター ライト ステージ wiki に関する疑問を解決するのに役立ちます。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 3244
[spincontent type=”j”]

5. アイドル マスター シンデレラ ガールズ スター ライト ステージ wiki Yomiuri Shimbun

読売新聞
アイドル マスター シンデレラ ガールズ スター ライト ステージ wiki

説明: アイドル マスター シンデレラ ガールズ スター ライト ステージ wiki に関する詳細情報はすでにありますか? アイドル マスター シンデレラ ガールズ スター ライト ステージ wiki という記事が読売新聞で検索されました。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 1740
[spincontent type=”j”]

6. アイドル マスター シンデレラ ガールズ スター ライト ステージ wiki Mainichi Shimbun

毎日新聞
アイドル マスター シンデレラ ガールズ スター ライト ステージ wiki

説明: 毎日新聞で見つけた アイドル マスター シンデレラ ガールズ スター ライト ステージ wiki に関する上記の情報が、アイドル マスター シンデレラ ガールズ スター ライト ステージ wiki に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 3475
[spincontent type=”j”]

7. アイドル マスター シンデレラ ガールズ スター ライト ステージ wiki Sankei Shimbun

産経新聞
アイドル マスター シンデレラ ガールズ スター ライト ステージ wiki

説明: 産経新聞で検索した アイドル マスター シンデレラ ガールズ スター ライト ステージ wiki に関する記事のトップです。アイドル マスター シンデレラ ガールズ スター ライト ステージ wiki に関する疑問を解決するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 1341
[spincontent type=”j”]

8. アイドル マスター シンデレラ ガールズ スター ライト ステージ wiki Nihon Keizai Shimbun

日本経済新聞
アイドル マスター シンデレラ ガールズ スター ライト ステージ wiki

説明: アイドル マスター シンデレラ ガールズ スター ライト ステージ wiki に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 アイドル マスター シンデレラ ガールズ スター ライト ステージ wiki は、日本経済新聞で検索され、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 1941
[spincontent type=”j”]

9. アイドル マスター シンデレラ ガールズ スター ライト ステージ wiki Chunichi Shimbun

中日新聞
アイドル マスター シンデレラ ガールズ スター ライト ステージ wiki

説明: 中日新聞で検索した アイドル マスター シンデレラ ガールズ スター ライト ステージ wiki に関する上記の情報が、アイドル マスター シンデレラ ガールズ スター ライト ステージ wiki に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 80 89
[spincontent type=”j”]

10. アイドル マスター シンデレラ ガールズ スター ライト ステージ wiki Tokyo Shimbun

東京新聞
アイドル マスター シンデレラ ガールズ スター ライト ステージ wiki

説明: アイドル マスター シンデレラ ガールズ スター ライト ステージ wiki に関する質問を解決するために、東京新聞で検索した アイドル マスター シンデレラ ガールズ スター ライト ステージ wiki に関する記事のトップです。
評価: 4~5 つ星
評価: 10 85
[spincontent type=”j”]

11. アイドル マスター シンデレラ ガールズ スター ライト ステージ wiki Nihon Kogyo Simbun

日本工業新聞
アイドル マスター シンデレラ ガールズ スター ライト ステージ wiki

説明: アイドル マスター シンデレラ ガールズ スター ライト ステージ wiki に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 アイドル マスター シンデレラ ガールズ スター ライト ステージ wiki は日本工業新聞で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 9540
[spincontent type=”j”]

12. アイドル マスター シンデレラ ガールズ スター ライト ステージ wiki Nikkan Kogyo Shimbun

日刊工業新聞
アイドル マスター シンデレラ ガールズ スター ライト ステージ wiki

説明: 日刊工業新聞で見つけた アイドル マスター シンデレラ ガールズ スター ライト ステージ wiki に関する上記の情報が、アイドル マスター シンデレラ ガールズ スター ライト ステージ wiki に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 4936
[spincontent type=”j”]

13. アイドル マスター シンデレラ ガールズ スター ライト ステージ wiki Ainu Times

アイヌタイムス
アイドル マスター シンデレラ ガールズ スター ライト ステージ wiki

説明: アイヌ タイムズで検索した アイドル マスター シンデレラ ガールズ スター ライト ステージ wiki に関する記事のトップです。アイドル マスター シンデレラ ガールズ スター ライト ステージ wiki に関する質問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 8128
[spincontent type=”j”]

14. アイドル マスター シンデレラ ガールズ スター ライト ステージ wiki Akita Sakigake Shimpo

秋田魁新報
アイドル マスター シンデレラ ガールズ スター ライト ステージ wiki

説明: アイドル マスター シンデレラ ガールズ スター ライト ステージ wiki に関する詳細情報はすでにありますか? アイドル マスター シンデレラ ガールズ スター ライト ステージ wiki という記事は、秋田魁新報で検索したものです。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 5443
[spincontent type=”j”]

15. アイドル マスター シンデレラ ガールズ スター ライト ステージ wiki Chiba Nippo

千葉日報
アイドル マスター シンデレラ ガールズ スター ライト ステージ wiki

説明: 千葉日報で検索した アイドル マスター シンデレラ ガールズ スター ライト ステージ wiki に関する上記の情報が、アイドル マスター シンデレラ ガールズ スター ライト ステージ wiki に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 60 34
[spincontent type=”j”]

16. アイドル マスター シンデレラ ガールズ スター ライト ステージ wiki Chugoku Shimbun

中国新聞
アイドル マスター シンデレラ ガールズ スター ライト ステージ wiki

説明: 中国新聞で検索した アイドル マスター シンデレラ ガールズ スター ライト ステージ wiki に関する記事のトップです。アイドル マスター シンデレラ ガールズ スター ライト ステージ wiki に関する疑問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 3996
[spincontent type=”j”]

17. アイドル マスター シンデレラ ガールズ スター ライト ステージ wiki Daily Tohoku

デイリー東北
アイドル マスター シンデレラ ガールズ スター ライト ステージ wiki

説明: アイドル マスター シンデレラ ガールズ スター ライト ステージ wiki に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 アイドル マスター シンデレラ ガールズ スター ライト ステージ wiki はデイリー東北で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 20 02
[spincontent type=”j”]

18. アイドル マスター シンデレラ ガールズ スター ライト ステージ wiki The Eastern Chronicle

イースタン クロニクル
アイドル マスター シンデレラ ガールズ スター ライト ステージ wiki

説明: イースタン クロニクルで検索した アイドル マスター シンデレラ ガールズ スター ライト ステージ wiki に関する上記の情報が、アイドル マスター シンデレラ ガールズ スター ライト ステージ wiki に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 2548
[spincontent type=”j”]

アイドル マスター シンデレラ ガールズ スター ライト ステージ wiki に関する質問

アイドル マスター シンデレラ ガールズ スター ライト ステージ wiki についてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。ご質問やご提案はすべて、次の記事の改善に役立てさせていただきます。

記事 アイドル マスター シンデレラ ガールズ スター ライト ステージ wiki は、私と私のチームがさまざまな情報源から編集したものです。 記事 アイドル マスター シンデレラ ガールズ スター ライト ステージ wiki が役に立った場合は、チームをサポートしてください。「いいね」または「共有」してください!

検索キーワード アイドル マスター シンデレラ ガールズ スター ライト ステージ wiki

アイドル マスター シンデレラ ガールズ スター ライト ステージ wiki
方法アイドル マスター シンデレラ ガールズ スター ライト ステージ wiki
チュートリアル アイドル マスター シンデレラ ガールズ スター ライト ステージ wiki
【キーワード】 無料

Có thể bạn quan tâm: