あなたは アイドルグループのspeedは、最初は8人グループ「●」として結成されたが、●に入るのは? について学んでいます。今日は、インターネット上の多くの情報源から私たちのチームが編集および編集した記事 アイドルグループのspeedは、最初は8人グループ「●」として結成されたが、●に入るのは? を共有します。 アイドルグループのspeedは、最初は8人グループ「●」として結成されたが、●に入るのは? に関するこの記事がお役に立てば幸いです。

Page Contents

アイドルグループのspeedは、最初は8人グループ「●」として結成されたが、●に入るのは?

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

.mw-parser-output .hatnotemargin:0.5em 0;padding:3px 2em;background-color:transparent;border-bottom:1px solid #a2a9b1;font-size:90%

この項目では、日本の女性グループについて説明しています。その他の用法については「スピード」をご覧ください。

この記事には複数の問題があります。改善やノートページでの議論にご協力ください。
出典がまったく示されていないか不十分です。内容に関する文献や情報源が必要です。(2020年3月)
独自研究が含まれているおそれがあります。(2020年3月)出典検索?: “SPEED” – ニュース · 書籍 · スカラー · CiNii · J-STAGE · NDL · dlib.jp · ジャパンサーチ · TWLSPEED出身地
日本・沖縄県ジャンル
.mw-parser-output .hlist ul,.mw-parser-output .hlist olpadding-left:0.mw-parser-output .hlist li,.mw-parser-output .hlist dd,.mw-parser-output .hlist dtmargin-right:0;display:inline-block;white-space:nowrap.mw-parser-output .hlist dt:after,.mw-parser-output .hlist dd:after,.mw-parser-output .hlist li:afterwhite-space:normal.mw-parser-output .hlist li:after,.mw-parser-output .hlist dd:aftercontent:” · “;font-weight:bold.mw-parser-output .hlist dt:aftercontent:”: “.mw-parser-output .hlist-pipe dd:after,.mw-parser-output .hlist-pipe li:aftercontent:” .mw-parser-output .hlist-hyphen dd:after,.mw-parser-output .hlist-hyphen li:aftercontent:” – “;font-weight:normal.mw-parser-output .hlist-comma dd:after,.mw-parser-output .hlist-comma li:aftercontent:”、 “;font-weight:normal.mw-parser-output .hlist-slash dd:after,.mw-parser-output .hlist-slash li:aftercontent:” / “;font-weight:normal.mw-parser-output .hlist dd:last-child:after,.mw-parser-output .hlist dt:last-child:after,.mw-parser-output .hlist li:last-child:aftercontent:none.mw-parser-output .hlist dd dd:first-child:before,.mw-parser-output .hlist dd dt:first-child:before,.mw-parser-output .hlist dd li:first-child:before,.mw-parser-output .hlist dt dd:first-child:before,.mw-parser-output .hlist dt dt:first-child:before,.mw-parser-output .hlist dt li:first-child:before,.mw-parser-output .hlist li dd:first-child:before,.mw-parser-output .hlist li dt:first-child:before,.mw-parser-output .hlist li li:first-child:beforecontent:” (“;font-weight:normal.mw-parser-output .hlist dd dd:last-child:after,.mw-parser-output .hlist dd dt:last-child:after,.mw-parser-output .hlist dd li:last-child:after,.mw-parser-output .hlist dt dd:last-child:after,.mw-parser-output .hlist dt dt:last-child:after,.mw-parser-output .hlist dt li:last-child:after,.mw-parser-output .hlist li dd:last-child:after,.mw-parser-output .hlist li dt:last-child:after,.mw-parser-output .hlist li li:last-child:aftercontent:”) “;font-weight:normal.mw-parser-output .hlist olcounter-reset:listitem.mw-parser-output .hlist ol>licounter-increment:listitem.mw-parser-output .hlist ol>li:beforecontent:” “counter(listitem)” “;white-space:nowrap.mw-parser-output .hlist dd ol>li:first-child:before,.mw-parser-output .hlist dt ol>li:first-child:before,.mw-parser-output .hlist li ol>li:first-child:beforecontent:” (“counter(listitem)” “R&B[1]ヒップホップ[1]ファンク[1]ディスコ[1]J-POP[2]フュージョン活動期間

1995年 – 2000年(第1期)
2001年10月6日(一日限定)
2003年(期間限定)
2008年 – 2013年(第2期)[注 1]レーベル

トイズファクトリー(1996年 – 2001年)
SONIC GROOVE (2003年 – )事務所
ライジングプロダクション共同作業者

伊秩弘将
水島康貴公式サイト
SPEEDオフィシャルサイトメンバー

新垣仁絵
上原多香子
今井絵理子
島袋寛子SPEED(スピード)は、日本の女性4人組アイドル系ダンス&ボーカルグループ。メンバー全員が沖縄県出身。所属事務所はライジングプロダクション。所属レコードレーベルはSONIC GROOVE、公式ファンクラブは「SPEED SPIRITS(2000年3月まで)」→「SPEED WAY(2009年1月から)」。

概要[編集]
安室奈美恵、MAX等を輩出した沖縄アクターズスクールから、8人グループ「BRAND-NEW KIDS」として結成された。
1995年11月、『THE夜もヒッパレ』内でグループ名を公募し、1996年1月13日にグループ名が決定。1995年に初めてテレビ出演した際は「島袋寛子(小5/11歳)今井絵理子(小6/12歳)上原多香子(中1/12歳)新垣仁絵(中2/14歳)」であった。1996年8月5日、シングル「Body & Soul」でメジャーデビュー。デビュー当時の平均年齢は13.5歳で、当時のメンバー全員が小・中学生であったことが大きな注目を集めた。デビューから3年弱の期間でミリオンセラーとなった「STEADY」「White Love」「my graduation」「ALL MY TRUE LOVE」などヒット曲を連発したが1999年10月に解散を発表、2000年3月をもって一旦解散した。
その後、2001年と2003年に二度の期間限定の再結成を経て2008年8月、『24時間テレビ 「愛は地球を救う」』の出演を以て完全復活したが、2013年に新垣が所属事務所を退所して以降、実質グループとして活動はしていない。

メンバー[編集]
新垣仁絵(あらかき ひとえ、HITOE、1981年4月7日 – )リーダー
154cm AB型
ダンス&コーラス担当
上原多香子(うえはら たかこ、1983年1月14日 – )
159cm A型
ダンス&コーラス担当
今井絵理子(いまい えりこ、elly、1983年9月22日 – )
156cm O型
メインボーカル担当
島袋寛子(しまぶくろ ひろこ、hiro、1984年4月7日 – )
163cm A型
メインボーカル担当来歴[編集]
1992年 – 1995年 BRAND-NEW KIDS時代[編集]
1992年 – 1995年(詳しい期間は不明)より「BRAND-NEW KIDS」として活動し、今井がメインのユニットでSPEEDメンバー4人と千田愛紗、諸見里知美、高江州美紀、比嘉千春[注 2] の8人組のユニットだった。ほどなく比嘉が脱退し7人組となり、最終的には6人組だったようである。
1995年、春先に「BRAND-NEW KIDS」の6人の中から選ばれた4人が「沖縄アクターズスクール」の応接室に呼ばれ、揃ってデビューの誘いを受ける。元々は歌唱力を武器とするハイトーンボイスの島袋寛子と曲の低音を支える今井絵理子の2人でのデビュー予定だったが、ビジュアルの完成度の高い上原多香子と最年長でダンスに定評のあった新垣仁絵が加わり、それぞれ1学年ずつ異なる4人体制となった。同年11月11日、日本テレビの音楽バラエティ『THE夜もヒッパレ』で4人揃って初めてのテレビ出演を果たし、同番組の準レギュラーとして活動を開始。12月2日放送分でグループ名を公募する。当初の計画では、事務所の先輩である安室奈美恵やMAXの成功をもとに、当時流行しているユーロビートポップにカウボーイハット・スカートの衣装を着てデビューする予定であったが、メンバー4人がTLCの大ファンでありプロデューサーに、「ああいう(TLC)グループになりたいんです!」と言ってストリートファッションを纏いダンスグループとしてデビューする事が決まったとされている。実際に伊秩弘将が「彼女たちを初めて見たときは、ユーロビートで踊っていた」と語っている。1996年 – 1998年 SPEED誕生・大ブレイク[編集]
1996年1月13日、『THE夜もヒッパレ』でグループ名が「SPEED」に決定し、正式に結成された[注 3]。それから約半年後の8月5日、満を持して発売されたシングル「Body & Soul」で歌手デビューする。メンバー全員が小中学生であることも話題を呼び、デビュー曲ながら60万枚を超えるセールスを記録。翌9月にメンバーは「沖縄アクターズスクール」を卒業した。10月6日、同校の先輩でもある安室奈美恵がMCを務める日本テレビのバラエティ番組『アムロ今田きっとNo.1』にレギュラー出演開始。10月13日にはニッポン放送でラジオ番組『ハイ!SPEEDで行こう!』がスタートし、解散日まで続くSPEEDの冠番組となった。10月18日リリースのセカンドシングル「STEADY」は初のミリオンセラーを記録。年末の『第38回日本レコード大賞』では「Body & Soul」で新人賞を受賞した。
1997年、3月にファンクラブ「SPEED SPIRITS」が発足 。同月発売された3rdシングル「Go! Go! Heaven」は初のオリコンシングルチャート首位を獲得。5月にはファーストアルバム『Starting Over』を発売し、初動売上82万枚でオリコンアルバムチャート首位を記録。7月、お台場特設ステージで初の単独ライブ「Starting Over from ODAIBA」を開催し、2日間で2万人を動員した[注 4]。10月発売のシングル「White Love」は、グループ最大のシングル売上[注 5] となり、年末の『第39回日本レコード大賞』で優秀作品賞を受賞。同日、『第48回NHK紅白歌合戦』に初出場し、トップバッターを務めた。また12月22日には、オフィシャルホームページ内でインターネットライブ「SPEED Interactive Live in Christmas」を開催し、全世界82ヵ国から774万件のアクセスを記録した[3]。
1998年、4月に発売されたセカンドアルバム『RISE』は初動売上132万枚で首位を獲得し、累計でも200万枚を超えるビッグセールスとなる。同年7月、松竹系映画『アンドロメディア』に初主演。7月18日〜10月10日にかけ初の全国ツアー「SPEED TOUR 1998 RISE」開催。史上最年少記録で全国4大ドーム公演を行い、11ヵ所20公演で約30万人を動員した。また11月2日〜11月29日にかけて「1998年バレーボール世界選手権」のオフィシャルサポーターを務め、8thシングル「ALL MY TRUE LOVE」もテーマソングに使用された。12月には初のベストアルバム『MOMENT』をリリースし、2作連続でのダブルミリオンを突破。デビューから3作連続での初動売上80万枚突破は史上初となった。年末には前年同様『第49回NHK紅白歌合戦』に出場し、2年連続でトップバッターを務めた。この年はシングル・アルバム合わせてリリースした5作品が全てオリコンチャートで1位を記録した。1999年 – 2000年 ソロ活動開始・解散[編集]
1999年、1月14日〜15日にかけ、沖縄コンベンションセンターで初の凱旋ライブ「SPEED 1999 SPECIAL LIVE」を開催する。この年に入ると、個人でCMやドラマ・映画に出演するなどメンバー個々の活動が本格化する。3月に上原多香子が「my first love」でメンバー初のソロシングルを発売。次いで6月に新垣仁絵が”HITOE’S 57MOV”名義で「INORI」を、8月には島袋寛子が”hiro”名義で「AS TIME GOES BY」を発売し、立て続けにソロデビューを飾った。また、8月21日〜22日放送の日本テレビ『24時間テレビ「愛は地球を救う」』のメインパーソナリティを務め、新垣がチャリティーTシャツのデザインも手がけた。
同年の10月5日に記者会見が行われ、翌年の2000年3月31日でのSPEEDの解散が発表された[4]。当初は10月中旬に発表する予定だったが、週刊誌との関係で約1週間発表が前倒しになった。SPEEDの解散を受けて急遽ファイナルツアーが決定され、11月20日〜12月25日にかけて「SPEED DOME TOUR 1999 REAL LIFE」を4大ドームで開催した。12月22日、第1期ラストアルバム『Carry On my way』を発売。現在この作品が、シングル・アルバム含め、最後のオリコン週間ランキング1位獲得作品となっている。12月31日、『第50回NHK紅白歌合戦』に3年連続出場。前年リリースの卒業ソング「my graduation」を披露し、第1部最高となる視聴率55.5%を記録した。
2000年、3月に今井絵理子が”Eriko with Crunch”名義で「Red Beat of My Life」でソロデビュー。3月24日、『ハイ!SPEEDで行こう!』内の特別企画「あなたの卒業式をプロデュース」として、練馬区立富士見台小学校で卒業式が行われた。3月26日、事務所社長の平哲夫がラジオ番組で解散後の再結成を示唆する。3月31日、解散当日は テレビ朝日の『ミュージックステーション』に生出演し、ファイナルライブを開催。約20分間、ファン500人の前で全9曲をメドレー形式で披露した。この後放送された同局の『ニュースステーション』ではこのファイナルライブの裏側と4人のインタビューを交えた特集が組まれ放送された。解散までの活動期間はCDデビュー日から数えて3年8か月(1335日)だった。期間中にはシングル11枚、アルバム6枚の計17枚、ミュージック・ビデオ4本をリリース。これらを合わせたトータルセールスは約3000万枚・386億円にのぼった。補足・逸話[編集]
元々所属事務所の社長はグループの発展的解散を考えており、1997年当時から「翌年の全国ツアー終了後に解散しようと思う」と語っていたが、この案はソロの準備期間が必要との声もあり却下された。
メンバーには1998年の夏に解散を勧告。その後1999年の春から具体的な話し合いになり、解散発表の1ヵ月ほど前に決定した。

解散後 2001年 – 2007年[編集]
解散後、SPEEDのメンバーはそれぞれソロ活動を行っていたが前述の平の発言通り、2008年の完全復活までの8年の間に2度再結成された。

2001年、8月に一夜限りの再結成発表があり、10月6日に一夜限りの再結成を果たす。解散以来初の再結成であり、阪神・淡路大震災からの復興をアピールする「See阪神・淡路キャンペーン」目玉イベント「淡路夢舞台スーパーフラワーズライブ2001」の初日に登場した。12月12日、12thシングル「One More Dream」発売。 事務所がキャンペーンソングとして新たに作られたこの曲を10万枚限定で発売。12月26日にはスポーツ報知により、発売後2週目で完売したと報じられた。また2001年10月、(当時ソロとして)所属レコードレーベルをトイズファクトリーからSONIC GROOVEへ移籍。ただし、12thシングル「One More Dream」はトイズファクトリーからリリースされている。
2003年、4月に約1年半ぶり2度目となる期間限定の再結成発表があった。 「Save the Children 一緒に、始めよう。プロジェクト」を発足、キャンペーンのメッセンジャーとして集結し日本全国に募金を呼びかけることを発表、5月には期間限定の全国ツアー「Save the Children SPEED LIVE 2003」開催を発表。エイベックス本社で会見を開いた。8月27日、約2年ぶりとなる13thシングル「Be My Love」を発売する。9月〜11月にかけ、期間限定の全国ツアー「Save the Children SPEED LIVE 2003」を開催。11月27日、14thシングル「Walking in the rain/Stars to shine again」・4thアルバム「BRIDGE」同時発売。約4年ぶりのオリジナルアルバムリリースであった。12月31日、形としてはこの日で二度目の再結成は終了した。
2006年、8月1日にトイズファクトリーがデビュー10周年記念サイト「SPEED 10th Anniversary」を開設する。5日、トイズファクトリー在籍時に発売されたInstrumentalを除く全シングル・アルバムの収録楽曲が着うたで配信開始された。2008年 – 完全復活(第2期)[編集]
2008年、約5年ぶり3度目の再結成が発表された。8月に第1期時代の全楽曲が着うたフルで、また全シングル11曲がビデオクリップで配信を開始。同月31日、『24時間テレビ「愛は地球を救う」』に出演。全5曲をメドレー形式で披露し、これをきっかけに完全復活することとなった。11月、約5年ぶりとなる15thシングル「あしたの空」発売。大晦日には9年ぶり4回目となる『第59回NHK紅白歌合戦』に出場した。
2009年、元旦に新ファンクラブ「SPEED WAY」発足。5月にはシングル「S.P.D.」発売。8月、約5年ぶりのベストアルバム『SPEEDLAND -The Premium Best Re Tracks-』を発売。9月5日〜11月1日(当初の予定では10月25日、理由は後述)にかけ、約6年ぶりとなる全国ツアー「[FamilyMart presents SPEED LIVE 2009 -Welcome to SPEEDLAND-]」を開催。だが9月27日、上原が前日の金沢公演中に腰椎を負傷し公演開催が不可能となったため、急遽公演中止となり11月1日に延期された。10月、ベストジーニスト2009受賞。自身としては初めてのベストジーニスト受賞であり(個人でも受賞歴は無し)、また賞自体は2003年以来約6年ぶりの受賞となった。同月31日、ベストアルバム『SPEEDLAND』購入者特典として、自身初のトークイベントを開催した(詳細はイベントの項を参照)。翌11月、写真集『Welcome to SPEEDLAND』を発売。約6年ぶりの写真集発売となった。12月、ライブDVD『Welcome to SPEEDLAND SPEED LIVE 2009@武道館』を発売、写真集同様約6年ぶりのDVD発売となった。
2010年、4月にニッポン放送で『ハイ!SPEEDでもっかい行ってみよう!』1996年10月から解散当日まで放送された『ハイ!SPEEDで行こう!』が特番として一夜限りで復活した。同月21日、シングル「ヒマワリ -Growing Sunflower-」を発売。4月23日〜7月16日にかけ、前年に引き続き2年連続となる自身6度目の全国ツアー「SPEED LIVE 2010〜GLOWING SUN FLOWER〜」を開催。8月、大阪・長居陸上競技場で野外ライブa-nationに初出演。翌週29日の味の素スタジアム公演にも出演。9月、18thシングル「指環」を発売する。また、CM「HEATFACT」レディス篇が放映開始。イオン「HEATFACT」CMレディス篇の新キャラクターとして約7年ぶりにCM出演をした。CM曲には伊秩弘将が書き下ろした「Let’s Heat Up!」が使用された。11月、19thシングル「Let’s Heat Up!」を発売。同月、ライブDVD『GLOWING SUNFLOWER SPEED LIVE 2010@大阪城ホール』を発売。
2011年、4月にデビュー曲からのMUSIC CLIPやライブ映像などを収めたDVD『BIBLE -SPEED BEST CLIPS-』をリリース。8には、2010年12月〜2011年1月にテレビCMのみで流れていた新曲「リトルダンサー」をシングルでリリース。CDのリリースはこの1枚のみでこの年はグループより個々の活動が多く、ライブツアーは開催されなかったが、代替として「SPEED FanMeeting 2011」と題したイベントが日本全国4か所で開催された。
2012年、11月に2003年以来9年ぶりのオリジナルアルバム『4 COLORS』をリリース。
2013年、3月にレーベル移籍後のシングル曲のMUSIC VIDEOとオフショット映像を一枚に収めた『SONIC GROOVE CLIPS』をブルーレイでリリース。しかし4月、新垣が結婚した際に所属事務所との契約を更新せず、退所していたことが2014年10月に判明した。2018年 – 25周年[編集]
2018年、8月1日にデビュー曲『Body & Soul』から最新アルバム『4 COLORS』までの全楽曲及びミュージック・ビデオが、サブスクリプション定額サービスにおいて一斉にストリーミング配信が行われた[5][6]。
2020年、10月に公式サイトにおいて謎の日秒数をカウントする表示が掲載された。6日の午前10:00頃に最初の発表を行い、今後の25周年に関するリリース情報を13日に上述の時間内に改めて発表することを動画付で告知された。その後は再び上述のカウント表示に戻った。
2020年10月13日、上述の通り2021年1月13日に初の11枚組CDボックス『SPEED MUSIC BOX -ALL THE MEMORIES-』がリリースされた。これまでにリリースした全楽曲(シングル曲・カップリング曲・アルバム曲)をリリース順に収めたCD8枚に加え、未発表音源「Affection」が初収録される他、CD8枚の全曲がハイレゾによる高音質のBlu-ray Audioを搭載したディスク2枚、1999年に行われた未映像化とされている「Final Summer Dream Stage in 千葉マリンスタジアム」の模様を収めたBlu-ray、これまでの貴重な秘蔵写真などで構成されたヴィジュアルブックレットが付属された豪華BOX仕様で発売される[7]。リリースに先駆けて特設サイトも開設された。25周年を祝福する各アーティスト及び、タレントやプロデューサー等がコメントを寄せている[8]。
2021年8月5日、デビュー25周年を迎えた。これらを記念してグループ初のトリビュート・アルバム『SPEED 25th Anniversary TRIBUTE ALBUM “SPEED SPIRITS”』を11月11日にリリースされた。リリースに先駆け、公式Twitter及びInstagramを開設[9]。
2021年11月1日、上述のトリビュート・アルバムのジャケットビジュアル及びアートワークが元メンバーの新垣仁絵が書き下ろしている事を明かし[10]、同時にグループ脱退後初となるInstagramの公式アカウントも開設されている。受賞歴[編集]

賞(作品)
1996年

第1回アイドルミュージックアワード 最優秀新人賞
第29回日本有線大賞 新人賞 – 「Body & Soul」
第38回日本レコード大賞 新人賞 – 「Body & Soul」
1997年

第34回ゴールデンアロー賞 音楽新人賞
第11回日本ゴールドディスク大賞 BEST 5 NEW ARTIST賞
第30回全日本有線放送大賞 吉田正賞 – 「White Love」
第39回日本レコード大賞 優秀作品賞 – 「White Love」
第30回日本レコードセールス大賞 ゴールデン賞2位
1998年

第12回日本ゴールドディスク大賞 BEST POP ALBUM OF THE YEAR – 『Starting Over』
第31回全日本有線放送大賞 読売テレビ特別賞 – 「ALL MY TRUE LOVE」
第31回日本有線大賞 有線音楽優秀賞 – 「ALL MY TRUE LOVE」
第11回日刊スポーツ映画大賞 新人賞 – 『アンドロメディア』
第40回日本レコード大賞 優秀作品賞 – 「ALIVE」
1999年

第13回日本ゴールドディスク大賞 POP ALBUM OF THE YEAR – 『RISE』
第13回日本ゴールドディスク大賞 POP ALBUM OF THE YEAR – 『MOMENT』
第13回日本ゴールドディスク大賞 SONG OF THE YEAR – 「my graduation」
第13回日本ゴールドディスク大賞 SONG OF THE YEAR – 「ALIVE」
第13回日本ゴールドディスク大賞 SONG OF THE YEAR – 「ALL MY TRUE LOVE」
第32回全日本有線放送大賞 ゴールドリクエスト賞 – 「Long Way Home」
2000年

第14回日本ゴールドディスク大賞 POP ALBUM OF THE YEAR – 『Carry On my way』
2003年

第45回日本レコード大賞 特別賞
2009年

ベストジーニスト2009 – 協議会選出部門
第51回日本レコード大賞 企画賞 – 『SPEEDLAND -The Premium Best Re Tracks-』
作品[編集]
シングル[編集]
CDシングル[編集]

発売日

タイトル

最高順位

ゴールド等認定

規格

初収録アルバム
1st

1996年8月5日

Body & Soul

4

プラチナ

8cmCD

Starting Over
2nd

1996年11月18日

STEADY

2

ミリオン
3rd

1997年3月26日

Go! Go! Heaven

1

ミリオン
4th

1997年8月6日

Wake Me Up!

2

プラチナ

RISE
5th

1997年10月15日

White Love

1

ダブル・ミリオン
6th

1998年2月18日

my graduation

1

ミリオン
7th

1998年7月1日

ALIVE

1

ミリオン

MOMENT
8th

1998年10月28日

ALL MY TRUE LOVE

1

ミリオン

12cmCD
9th

1999年2月17日

Precious Time

2

ミリオン

8cmCD

Carry On my way
10th

1999年5月19日

Breakin’ out to the morning

2

プラチナ

12cmCD
11th

1999年11月3日

Long Way Home

2

プラチナ
12th

2001年12月12日

One More Dream

5

ゴールド

SPEED MEMORIAL LIVE “One More Dream” + Remix!!!
13th

2003年8月27日

Be My Love

2

ゴールド

12cmCD(CCCD)

BRIDGE
14th

2003年11月27日

Walking in the rain/Stars to shine again

13

15th

2008年11月12日

あしたの空

3

ゴールド

12cmCD+DVD12cmCD

SPEEDLAND
16th

2009年5月27日

S.P.D.

8

4 COLORS
17th

2010年4月21日

ヒマワリ -Growing Sunflower-

9

18th

2010年9月1日

指環

10

19th

2010年11月10日

Let’s Heat Up!

15

20th

2011年8月10日

リトルダンサー

18

デジタルシングル(配信限定)[編集]
配信日

タイトル

補足
2009年9月5日

スピネットいまいテーマソング

全国ツアー『FamilyMart presents SPEED LIVE 2009 -Welcome to SPEEDLAND-』のグッズ紹介番組「スピネットいまい」のテーマソング。VISION FACTORY携帯サイトのみで期間限定配信。
2010年3月8日

Happy Birthday to You

日本ユニセフ協会が企画したもので、その着うたをダウンロードすると乳幼児死亡率低下促進活動に寄付ができるという「HAPPY BIRTHDAY DOWNLOAD for children」プロジェクトに参加した。
アルバム[編集]
オリジナルアルバム[編集]

発売日

タイトル

最高順位

ゴールド等認定

規格
1st

1997年5月21日

Starting Over

1

ダブル・ミリオン

CD
2nd

1998年4月29日

RISE

1

トリプル・ミリオン
3rd

1999年12月22日

Carry On my way

1

ミリオン
4th

2003年11月27日

BRIDGE

9

ゴールド
5th

2012年11月14日

4 COLORS

16

CD+2DVDCD+DVDCD
ベストアルバム[編集]

発売日

タイトル

最高順位

ゴールド等認定

規格
1st

1998年12月16日

MOMENT

1

トリプル・ミリオン

CD
2nd

2000年3月29日

SPEED THE MEMORIAL BEST 1335days Dear Friends 1

4

プラチナ
3rd

2000年3月29日

SPEED THE MEMORIAL BEST 1335days Dear Friends 2

3

プラチナ
4th

2009年8月5日

SPEEDLAND -The Premium Best Re Tracks-

2

ゴールド

CD+DVDCD
発売中止タイトル
「Dear Friends 3」(2013年12月4日発売 → 中止)未発表曲「Affection」とファン投票上位23曲の計24曲を収録予定とされていた(投票も実施されていない)が、発表直後に販売が中止となった。その後も白紙のままとなっていたが、8年後の2021年1月13日に発売された25周年記念ベストボックス『SPEED MUSIC BOX -ALL THE MEMORIES-』において上述の未発表曲が改めて収録された[7](後述)。CD BOX[編集]
発売日

タイトル

最高順位

ゴールド等認定

規格
2021年1月13日

SPEED MUSIC BOX -ALL THE MEMORIES-

13

8CD+3Blu-ray
ライブアルバム[編集]

発売日

タイトル

最高順位

規格
1st

2001年12月19日

SPEED MEMORIAL LIVE “One More Dream” + Remix!!!

7

CD
2nd

2004年2月11日

BEST HITS LIVE〜Save The Children SPEED LIVE 2003〜

15
トリビュートアルバム[編集]
発売日

タイトル

最高順位

規格
2021年11月11日

SPEED SPIRITS

22

CD
映像作品[編集]
VHS[編集]

発売日

タイトル
ライブ映像

1997年11月19日

SPEED First Live 〜Starting Over from ODAIBA〜
PV集

1998年3月18日

SPEED VIDEO CLIPS「SPEED SPIRITS I」
ライブ映像

1999年1月20日

SPEED TOUR RISE IN TOKYO DOME
ライブ映像

2000年3月1日

SPEED FINAL DOME TOUR REAL LIFE
PV集

2000年9月27日

SPEED VIDEO CLIPS「SPEED SPIRITS II」
DVD[編集]

発売日

タイトル
PV集

2000年12月20日

SPEED VIDEO CLIPS「SPEED SPIRITS COMPLETE」
ライブ映像

2003年9月18日

SPEED First Live 〜Starting Over from ODAIBA〜
ライブ映像

2003年9月18日

SPEED TOUR RISE IN TOKYO DOME
ライブ映像

2003年9月18日

SPEED FINAL DOME TOUR REAL LIFE
PV集

2003年10月22日

SPEED VIDEO CLIPS「SPEED SPIRITS I」
PV集

2003年10月22日

SPEED VIDEO CLIPS「SPEED SPIRITS II」
ライブ映像

2003年12月25日

Save the Children SPEED LIVE 2003
ライブ映像

2009年12月30日

Welcome to SPEEDLAND SPEED LIVE 2009@武道館
ライブ映像

2010年11月24日

GLOWING SUNFLOWER SPEED LIVE 2010@大阪城ホール
PV集

2011年4月27日

BIBLE -SPEED BEST CLIPS-
Blu-ray Disc[編集]

発売日

タイトル
ライブ映像

2012年12月12日

GLOWING SUNFLOWER SPEED LIVE 2010@大阪城ホール
PV集

2013年3月13日

SONIC GROOVE CLIPS
ライブ・ビデオ集

2022年3月30日

SPEED LIVE BOX -ALL THE HISTORY-
書籍[編集]
写真集[編集]
SPEED—Welcome to SPEEDLAND(2009年11月18日刊行、青志社出版) ISBN 9784903853734
2009年9月から約2か月にわたって行なわれた、約6年ぶり自身5度目のライブツアー『FamilyMart presents SPEED LIVE 2009 -Welcome to SPEEDLAND-』の様子等が掲載されている自身3冊目のライブ写真集。
前作「BRIDGE」以来約6年ぶりの撮り下ろし写真集となった。
ライブツアーやメンバー同士で撮り合った撮り下ろし写真540点のほか、音楽プロデューサー・伊秩弘将とメンバー4人のインタビューが掲載されている。
プレミアム特典として「SPEEDLAND Tour Pass(限定シリアルナンバー付)」が封入されている。その他[編集]
オムニバスアルバム[編集]
アルバム名

発売日

トラック

収録曲
VELFARRE J-POP NIGHT presents DANCE with YOU

1997年7月24日

M3

ウォンテッド (指名手配)※ピンク・レディーのカバー
M4

カルメン’77※ピンク・レディーのカバー
M8

サウスポー※ピンク・レディーのカバー
アンドロメディア オリジナルサウンドトラック

1998年8月5日

M1/M5/M9/M15/M16/M17

ALIVE※M16以外はバージョン違い収録
M10

Luv Vibration (ANDROMEDIA MIX)
TRUE LOVE 〜WINTER BEST SONGS〜

2002年11月27日

M1

White Love
青春歌年鑑 90年代総集編

2004年11月3日

DISC2/M11

White Love
速報! 歌の大辞テン!! Presents BALLADS DAIJITEN 昭和 VS 平成

2005年3月2日

M11

my graduation
SUPER EURO GROOVE J-EURO SPECIAL SELECTION

2005年3月30日

M7

Go! Go! Heaven (TIME ULTRA REMIX)
M8

White Love (Eurobeat Mix)
M9

Be My Love (Euro Power Mix)
a-box 〜avex Best Hit Collection〜

2006年2月10日

DISC4/M7

Be My Love
FUN Greatest Hits of 90’s

2006年3月1日

DISC3/M7

White Love
Summer

2006年7月5日

DISC1/M8

Body & Soul
SUPER EURO GROOVEJ-EURO NON STOP SPECIAL EDITION

2006年9月6日

M2

Be My Love (Euro Power Mix)
M3

White Love (Eurobeat Mix)
M5

Go! Go! Heaven (TIME ULTRA REMIX)
Fantastic Christmas

2006年11月8日

M22

White Love
Hot Summer

2007年7月4日

DISC1/M11

Wake Me Up!
Regain

2007年7月11日

M5

Go! Go! Heaven
ウインターソング

2007年12月5日

DISC1/M4

White Love
ラブリィ! Cute & Sweet J-Ballads

2008年1月30日

M1

White Love
I♥30〜My Melody〜

2008年3月26日

M8

STEADY
スプラッシュ!!

2008年7月9日

M12

Go! Go! Heaven
ラブリィ! Pop & Cute Dance Trax

2008年7月23日

M7

STEADY
M13

ALL MY TRUE LOVE
クライマックス ロマンティック・ソングス

2008年8月20日

DISC2/M10

my graduation
VISION FACTORY COMPILATION〜阿久悠、作家生活40周年記念〜

2008年12月3日

M2

ジョニィへの伝言※ペドロ&カプリシャスのカバー
M6

五番街のマリーへ※ペドロ&カプリシャスのカバー
J-ポッパー伝説2[DJ 和 in WHAT’s IN? 20th MIX]

2009年2月18日

M4

Body & Soul
カラアゲ!!

2009年2月25日

M8

Be My Love
スポコン! 〜sports music compilation〜

2009年2月25日

M14

ALL MY TRUE LOVE
CDTV NO.1HITS 〜コイウタ〜

2009年12月23日

M6

White Love
CDTV NO.1HITS 〜ナキウタ〜

2009年12月23日

M7

my graduation
J-ポッパー伝説涙[DJ和 in No.1 J-POP MIX]

2010年2月17日

M16

White Love
映画30周年記念企画 ドラえもん映画主題歌大全集

2010年2月24日

DISC1/M15

季節がいく時
胸キュン90’s 〜ひとりで聴きたい恋の唄〜

2010年3月17日

DISC1/M13

my graduation
DISC2/M11

White Love
JAPANATION

2010年7月7日

M11

Body & Soul(Re Track)
ライブ[編集]
概要[編集]
SPEEDのライブのタイトルは主にライブの前にリリースされたアルバム名からとられたものになっており、そのアルバムからの楽曲が中心のセットリストになっている。
2013年現在でも第1期時代のシングル曲は人気が高く、中でもデビューシングル「Body & Soul」から8thシングル「ALL MY TRUE LOVE」まではセットリストから外されたことが一度もない。
ライブ会場は地方都市をホールクラスで開催するのを中心とし、大都市ではアリーナクラス(第1期時代にはドームクラスも)での公演が開催されている。また解散前のラストツアーであった「SPEED DOME TOUR 1999 REAL LIFE」では、ドーム会場のみのライブツアーを行った。
2013年現在計10本の単独ライブを開催し、そのうち2本は音源化、6本は映像化されている(その作品リストについては作品の項を参照)。また、ライブ総動員数は100万人を超えている。年

タイトル

規模・月日・会場
1997年

SPEED FIRST LIVE Starting Over from ODAIBA

1会場2公演

7月30日 お台場 Do Don’ Pa!〜FCGまつり〜エリア内特設野外ステージ7月31日 お台場 Do Don’ Pa!〜FCGまつり〜エリア内特設野外ステージ

1998年

SPEED TOUR 1998 RISE

11会場20公演

7月18日 三重県営サンアリーナ7月21日 広島サンプラザホール7月22日 広島サンプラザホール7月28日 真駒内屋内競技場7月29日 真駒内屋内競技場8月1日 グランディ・218月2日グランディ・218月9日 ナゴヤドーム8月10日 ナゴヤドーム8月13日 グリーンドーム前橋8月14日 グリーンドーム前橋8月18日 大阪ドーム8月19日 大阪ドーム8月23日 福岡ドーム8月29日 石川県産業展示館8月30日 石川県産業展示館9月22日 浜松アリーナ9月23日 浜松アリーナ10月9日 東京ドーム10月10日 東京ドーム

1999年

うつくしま未来博後援事業 “SPEED NEW YEAR’S CONCERT”

1会場1公演

1月9日 ビッグパレットふくしま

SPEED SPECIAL LIVE in OKINAWA

1会場2公演

1月14日 沖縄コンベンションセンター1月15日 沖縄コンベンションセンター

SPEED TOUR 1999 REAL LIFE

12会場24公演

7月16日 広島サンプラザホール7月17日 広島サンプラザホール7月22日 真駒内屋内競技場7月23日 真駒内屋内競技場7月27日 長野ビッグハット7月28日 長野ビッグハット8月2日 新潟市産業振興センター8月3日 新潟市産業振興センター8月7日 マリンメッセ福岡8月8日 マリンメッセ福岡8月13日 グリーンドーム前橋8月14日 グリーンドーム前橋8月17日 浜松アリーナ8月18日 浜松アリーナ8月20日 横浜アリーナ8月21日 横浜アリーナ8月25日 石川県産業展示館 4号館8月26日 石川県産業展示館 4号館9月4日 神戸ワールド記念ホール9月5日 神戸ワールド記念ホール9月18日 グランディ・219月19日 グランディ・219月22日 盛岡市アイスアリーナ9月23日 盛岡市アイスアリーナ

SPEED DOME TOUR 1999 REAL LIFE

4会場6公演

11月20日 ナゴヤドーム12月11日 大阪ドーム12月12日 大阪ドーム12月18日 東京ドーム12月19日 東京ドーム12月25日 福岡ドーム

2001年

淡路夢舞台スーパーフラワーライブ2001 “ONE MORE DREAM”

1会場1公演

10月6日 淡路夢舞台 野外劇場

2003年

Save the Children SPEED LIVE 2003

9会場19公演

9月27日 さいたまスーパーアリーナ10月1日 大阪城ホール10月2日 大阪城ホール10月7日 広島厚生年金会館10月8日 広島厚生年金会館10月11日 福岡国際センター10月12日 福岡国際センター10月13日 福岡国際センター10月15日 大阪城ホール[注 6]10月20日 名古屋レインボーホール10月21日 名古屋レインボーホール10月28日 石川厚生年金会館10月29日 石川厚生年金会館11月1日 仙台サンプラザホール11月2日 仙台サンプラザホール11月4日 日本武道館11月5日 日本武道館11月12日 横浜アリーナ11月13日 横浜アリーナ

2009年

FamilyMart presents SPEED LIVE 2009 -Welcome to SPEEDLAND-

10会場16公演

9月5日 日本ガイシホール9月6日 日本ガイシホール9月13日 福岡国際センター9月19日 ALSOKホール9月20日 ALSOKホール9月23日 仙台サンプラザホール9月26日 金沢歌劇座10月3日 大阪城ホール10月4日 大阪城ホール10月10日 ベイシア文化ホール10月13日 日本武道館10月14日 日本武道館10月17日 鹿児島市民文化ホール10月18日 鹿児島市民文化ホール10月25日 新潟県民会館11月1日 金沢歌劇座[注 7]

2010年

SPEED LIVE 2010〜GLOWING SUNFLOWER〜

13会場21公演

4月24日 越谷サンシティホール4月30日 中京大学文化市民会館5月1日 中京大学文化市民会館5月4日 神奈川県民ホール5月5日 神奈川県民ホール5月8日 本多の森ホール5月9日 ホクト文化ホール5月15日 福岡サンパレス5月16日 福岡サンパレス6月5日 鹿児島市民文化ホール6月6日 鹿児島市民文化ホール6月12日 市原市市民会館6月13日 市原市市民会館6月18日 広島市文化交流会館6月19日 広島市文化交流会館6月26日 新潟テルサ6月27日 新潟テルサ7月3日 仙台サンプラザホール7月10日 大阪城ホール7月11日 大阪城ホール7月16日 日本武道館

2011年

SPEED FanMeeting 2011

4会場8公演

10月9日 Zepp Nagoya10月16日 Zepp Fukuoka10月30日 堂島リバーフォーラム11月3日 SHIBUYA-AX

※全昼夜2回公演
イベント[編集]

参加イベント

日付

タイトル

会場・備考
1997年

5月21日

1stアルバムリリース記念ミニライブ

タワーレコード渋谷店屋上
7月20日

SUPER LIVE ’97 in YONAGO

鳥取県米子市
7月24日

“DANCE with YOU” 発売記念ライブ

六本木ヴェルファーレ
7月26日

Jam Jam ’97 in atema

あてま高原リゾート 野外特設ステージ
8月5日

播磨科学公園都市スペシャルライブ

播磨科学公園都市
8月8日

篠原ともえとおともだち

お台場特設野外ステージ[注 8]8月9日

KIT POP HILL ’97

石川県森林公園 特設ステージ
8月12日

志度テアトロン SUPER LIVE ’97

さぬき市野外音楽広場テアトロン
8月13日

Awaodori Live Carnival Super Live ’97

神戸-鳴門ルート全通記念
8月19日

RKB毎日放送 もも缶スペシャルサマーライブ

福岡県福岡市
8月20日

FEEL THE BEAT SUPER LIVE ’97

静岡県東静岡
8月23日

MIDSUMMER LIVE

RADIO BERRYリスナー招待LIVE
8月24日

Midsummer Marine Live

千葉マリンスタジアム
8月31日

信州SAKU音楽祭

長野県立佐久駒場公園
9月13日

シーガイアの夏 楽園音楽祭’97

宮崎シーガイア・イベントスクエア
11月16日

THE JAPAN AUDITION

国立代々木競技場第一体育館
11月19日

FBC開局45周年記念ライブ

福井県福井市
12月22日

インターネットライブSPEED Interactive Live in Christmas

フジテレビV2スタジオ[注 9]1998年

4月5日

春の全国交通安全運動

原宿表参道
4月29日

2ndアルバムリリース記念・スペシャルライブ

神宮前スタジオ
7月5日

アサヒ飲料 presents『アンドロメディア』有料試写会

東京国際フォーラム ホールA[注 10]1999年

8月28日

Final Summer Dream Stage at MARINE STADIUM ’99

千葉マリンスタジアム
2009年

2月20日

LIVE SDD 2009

大阪城ホール
3月20日

WOWOW 卒業のうた’09〜songs for tomorrow〜

中野サンプラザ
3月22日

ONE+LOVE WORLD 2009

代々木公園野外ステージ
8月2日

GIRLPOP FACTORY

Zeep Tokyo[注 11]10月16日

大懇親会 2nd Special Live

沖縄・豊崎海浜公園[注 12]10月31日

SPEEDLAND -The Premium Best Re Tracks-

渋谷シアターTSUTAYA[注 13]2010年

2月20日

LIVE SDD 2010

大阪城ホール
3月21日

HAISAI 2010 IN OKINAWA,JAPAN STREET DANCE CHAMPIONSHUPS

沖縄・あざまサンサンビーチ[注 14]7月23日

国連の友Asia-Pacific Global Tolerance with Music 2010at UNIVERSAL STUDIOS JAPAN

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン
8月1日

GIRL POP FACTORY

Zeep Tokyo
8月22日

a-nation

長居陸上競技場[注 15]8月29日

味の素スタジアム
2011年

5月15日

東日本大震災復興支援チャリティーイベント「AS ONE」

赤坂BLITZ
6月11日

東日本大震災復興支援チャリティーライブ「Sing for EAST」

神戸国際会館こくさいホール
7月30日

GIRLS’ FACTORY ’11

Zeep Tokyo
10月2日

岩船山クリフステージ

栃木県岩舟町

出演[編集]
※メンバー個人での出演作については、各項目を参照。

テレビ番組[編集]
THE夜もヒッパレ(1995 – 1999年)日本テレビ) – レギュラー
アムロ今田きっとNo.1(1996 – 1997年)日本テレビ) – レギュラー映画[編集]
アンドロメディア(1998年、松竹) 『日刊スポーツ映画大賞』新人賞その他[編集]
24時間テレビ 「愛は地球を救う」(1999年・2008年・2009年・2010年、日本テレビ])
2009年は、完全復活した前年に引き続き出演し、ベストアルバム『SPEEDLAND』からの3曲をメドレー形式で歌唱した。
スーパーライブ SPEED in 武道館(2009年11月28日放送、NHK BS2)
6年ぶりとなった自身5度目のライブツアー『FamilyMart presents SPEED LIVE 2009 -Welcome to SPEEDLAND-』の日本武道館公演の模様とインタビューを交えたものが、約1時間半放送された。
2010年1月15日には、NHK BS hiで再放送された。
HAISAI 2010 IN沖縄 涙!感動!!ダンスキッズの頂上決戦(2010年5月5日放送、テレビ東京)
ゲスト出演したダンス]大会「HAISAI 2010 IN OKINAWA, JAPAN STREET DANCE CHAMPIONSHUPS」の模様が、テレビ東京系列全国6局と沖縄テレビ放送でダイジェスト放送された。
SPEED LIVE 2010〜GLOWING SUNFLOWER〜(2010年8月5日放送、WOWOW)
自身6度目のライブツアー『SPEED LIVE 2010〜GLOWING SUNFLOWER〜』の大阪城ホール公演の模様とラジオ風質問コーナーを交えたものが、デビュー日である8月5日に合わせて1時間半放送された。ラジオ番組[編集]
レギュラー番組(過去)[編集]
ハイ!SPEEDで行こう!(1996年 – 2000年、ニッポン放送)単発番組[編集]
SPEEDのオールナイトニッポン(2003年、2008年、ニッポン放送)
ハイ!SPEEDでもっかい行ってみよう!(2010年4月11日、ニッポン放送)
上記の自身唯一のラジオ冠番組『ハイ!SPEEDで行こう!』の特番として一夜限りで放送された。
ハイ! SPEEDで行こう! 2021(2021年1月3日、ニッポン放送)
『SPEED MUSIC BOX – ALL THE MEMORIES -』の発売を記念して、プロデューサーの伊秩弘将をゲストに一夜限りの復活。島袋寛子以外のメンバーの出演はなし。テレビCM[編集]
日清シスコ「シスコーン」「ダイエットシスコーン」
アサヒ飲料 三ツ矢サイダー「さわやかぶどう・レモン・グレープフルーツ」
ロート製薬「ロートZi:リセ」「キャンパスリップ」
資生堂「ティセラ エンジェルドロップ」
日清食品「日清焼そばU.F.O.」
セイコーエプソン「カラリオ」
明治製菓「きのこの山・たけのこの里」「クリフ」「フーア」「ダンス」「手作りチョコレート」
日本ケンタッキー・フライド・チキン「ピザハット」
日本電信電話(NTT)「タイムプラス」「テレチョイス」「わくわく新生活フェア」
ECC英会話「ECCジュニア」
NHK「NHKデジタルハイビジョン」(NHKではCMの概念はなく、スポット番組として扱われる)
ウォルト・ディズニー・スタジオ・ホーム・エンターテインメント「スティッチ! 傑作エピソード集/すきすき!エンジェル」(ナレーション)(2009年)
イオン「トップバリュ・HEATFACT」(2010年)脚注[編集]
注釈[編集]

^ 現在は活動休止しているが、解散の正式な発表はない。

^ ryuchellの実姉

^ 公募した結果、候補の中には沖縄出身ということで「沖縄チャキチャキ娘」、「琉球ガールズ」、「ハブとマングース」、「スーパーモンチッチ」などの名前があり、最終候補まで残ったのは「沖縄チャキチャキ娘」と「SPEED」の2つだった。

^ 2万枚のチケットは発売開始から1時間で完売となった。

^ 184.5万枚

^ 9/30日の振替公演

^ 9/27日の振替公演

^ お台場 Do Don’Pa!内で行われたライブイベント

^ 午後7時から9時までインターネットライブを開催し、大きな注目を集めた。1ヵ月後にまとめられた最終集計によると当日1日のアクセス数は世界82カ国から774万件、瞬間同時アクセス数は3,300ストリームに達したという。この記録的な数字は『ネット上の世界新記録』としてギネスへの申請が検討されるほどだった。

^ 上映前にミニライブが行われた。

^ 初出演であると同時に、ライブハウスでライブを行うことも初めてであり、全7曲を披露した。また、このライブの模様はフジテレビTWOで生放送された。

^ 社団法人日本青年会議所(日本JC、JCI-Japan)が主催する第58回沖縄那覇全国会員大会のライブコーナーに出演し、全3曲を披露した。

^ 複合量販店チェーンTSUTAYA各店舗でベストアルバム『SPEEDLAND -The Premium Best Re Tracks-』を購入し、特設サイトから応募した約3000人の中から200人が抽選で招待されたトークイベント。

^ 沖縄県南城市知念で開催されたダンス大会にゲスト出演。

^ 初出演であり大阪公演と東京公演の2公演に出演、メドレーを含む全5曲を披露した。後にフジテレビTWOでダイジェスト版が放送された。

出典[編集]

^ a b c d “SPEED(スピード)の情報まとめ”. OKMusic. ジャパンミュージックネットワーク株式会社. 2020年3月29日閲覧。

^ “Speed: The comeback queens are all grown up”. Japan Today (GPlusMedia Inc.). (2010年7月14日). https://japantoday.com/category/features/speed-the-comeback-queens-are-all-grown-up 2021年6月21日閲覧。 

^ SPEED OFFICIAL WEB SITE

^ “SPEED解散、4人とも「時間欲しかった」/復刻”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2016年10月6日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/1709750.html 2020年3月29日閲覧。 

^ “2018年8月1日より、各サブスクリプション配信サイトにてデビュー曲「Body& Soul」以降全シングル、アルバム楽曲と映像の配信が遂にスタート!”. エイベックス株式会社. 公式サイト (2018年8月1日). 2020年10月14日閲覧。

^ “SPEED初期ヒットナンバー&ソロ楽曲MV、dTVで一斉配信開始”. 株式会社ナターシャ. 音楽ナタリー (2018年8月1日). 2020年10月14日閲覧。

^ a b “デビュー25周年のSPEED、未発表音源やライブ映像も収めた全曲入りボックスセット発売”. 株式会社ナターシャ. 音楽ナタリー (2020年10月13日). 2020年10月14日閲覧。

^ 『SPEED MUSIC BOX -ALL THE MEMORIES-』特設サイト. 2021年10月13日閲覧。

^ “SPEED初のトリビュートアルバム発売決定!ISSA、ももクロ高城、ビッケブランカらの参加明らかに”. 株式会社ナターシャ. 音楽ナタリー (2021年8月5日). 2021年8月23日閲覧。

^ “11/11発売 SPEEDトリビュートアルバム ”SPEED SPIRITS” 特典デザイン公開!ジャケット、特典のデザインは、新垣仁絵による書き下ろしイラスト!”. エイベックス株式会社. 公式サイト (2021年11月1日). 2021年11月23日閲覧。

関連項目[編集]
ERIHIRO – 今井絵理子と島袋寛子によるユニット。2015年結成。外部リンク[編集]
SPEED OFFICIAL WEB SITE – 公式サイト(エイベックス)(音量注意)
RISINGPRODUCTION(ライジングプロダクション)による公式プロフィール
SPEED | TOY’S FACTORY
SPEED – YouTubeチャンネル表話編歴ライジングプロダクション
代表取締役社長:平哲夫女性
荻野目洋子
観月ありさ
島袋寛子
上原多香子
活動休止中
知念里奈
国仲涼子
平愛梨
滝裕可里
比嘉愛未
朝日奈央
落合萌
兼次桜菜
平塚日菜
岩崎春果
吉澤瑠莉花
中田陽菜子
池間夏海
北川花音
益田恵梨菜
イチサキミキ
Rei©︎hi
松川星
滝沢杏弥
島村紀子
若月彩子
関屋利歩
安里セーラ
丹羽絵理香
梶有紀子
高橋恋子
松本麗世男性
ISSA
KENZO
TOMO
KEITA
三浦大知
大舌恭平(Blue Tokyo)
新里宏太
丸山龍星
皆川健太郎
高山綾平
正田尚大
嶋田遼太郎
木下流声
大石翔大
Rikiya
小川紘司グループ
MAX
DA PUMP
w-inds.
Lead
フェアリーズ
原宿駅前パーティーズ(
ふわふわ、原駅ステージA、LiKE、原宿駅前フレッシュ
フラチナリズム
チロル
BuZZ
プラチナボーイズお笑いコンビ
キャン×キャンクリエイター・アスリート・文化人
辻野龍三
望月優一郎
shungo.
業務提携ライジングアップ(お笑い部門)
1st Team
マッハスピード豪速球
真夜中クラシック
4000年に一度咲く金指
トンペー
ペニーズハウス
マントフフ2nd Team
アンコウズ
イタリアン・シガー・ブルドッグ
ニッカポッカイノベーション
ネバーギブアップ
スモーキードライ
みへでぃろ
マルダ
ジーター
ミステリー半ちゃん
ワンモアタイム
メトロポリちゃんV
湯上がり夫婦
大嶋の一番弟子
発熱スニーカー
あいぼりぃず
ミヤコカルタ
スーパーサンライズ☆
村澤イントゥデッド
あの夏の思い出
御華坊
ランフィッシュ
旧所属タレント
過去に所属していたタレント直営劇場
原宿駅前ステージコンピレーション・アルバム
1.VELFARRE J-POP NIGHT presents DANCE with YOU
2.SUPER EURO GROOVE 〜J-EURO SPECIAL SELECTION〜
3.SUPER EURO GROOVE 〜J-EURO NON STOP SPECIAL EDITION〜
4.CHRISTMAS HARMONY 〜VISION FACTORY presents
5.SPRING HARMONY 〜VISION FACTORY presents4
6.FLOWER FESTIVAL 〜VISION FACTORY presents4
7.VISION FACTORY COMPILATION 〜阿久悠、作家生活40周年記念〜
8.阿久悠トリビュート・スペシャルソングス 〜朝日のように〜
9.Heartbeat 〜ドキドキする音楽聴こうよ♪〜
10.Heartbeat 〜一緒に感じたい幸せの鼓動〜関連項目
平哲夫
創設者
NEXT GENERATION
沖縄アクターズスクール
SONIC GROOVE
RISING RECORDS
表話編歴SPEED
新垣仁絵 – 上原多香子 – 今井絵理子 – 島袋寛子シングル
1.Body & Soul – 2.STEADY – 3.Go! Go! Heaven – 4.Wake Me Up! – 5.White Love – 6.my graduation – 7.ALIVE – 8.ALL MY TRUE LOVE – 9.Precious Time – 10.Breakin’ out to the morning – 11.Long Way Home – 12.One More Dream – 13.Be My Love – 14.Walking in the rain/Stars to shine again – 15.あしたの空 – 16.S.P.D. – 17.ヒマワリ -Growing Sunflower- – 18.指環 – 19.Let’s Heat Up! – 20.リトルダンサー

アルバム
オリジナル
1.Starting Over – 2.RISE – 3.Carry On my way – 4.BRIDGE – 5.4 COLORS

ベスト
1.MOMENT – 2.SPEED THE MEMORIAL BEST 1335days Dear Friends 1 – 3.SPEED THE MEMORIAL BEST 1335days Dear Friends 2 – 4.SPEEDLAND -The Premium Best Re Tracks-

ライブ
1.SPEED MEMORIAL LIVE “One More Dream” + Remix!!! – 2.BEST HITS LIVE〜Save The Children SPEED LIVE 2003〜

映像作品
ライブ
1.SPEED First Live 〜Starting Over from ODAIBA〜 – 2.SPEED TOUR RISE IN TOKYO DOME – 3.SPEED FINAL DOME TOUR REAL LIFE – 4.Save the Children SPEED LIVE 2003 – 5.Welcome to SPEEDLAND SPEED LIVE 2009@武道館 – 6.GLOWING SUNFLOWER SPEED LIVE 2010@大阪城ホール

PV集
1.SPIRITS I – 2.SPIRITS II – 3.SPIRITS COMPLETE – 4.BIBLE -SPEED BEST CLIPS-

コンサート・ツアー
SPEED TOUR 1998 RISE – SPEED TOUR 1999 REAL LIFE – SPEED DOME TOUR 1999 REAL LIFE – Save the Children SPEED LIVE 2003 – FamilyMart presents SPEED LIVE 2009 -Welcome to SPEEDLAND- – SPEED LIVE 2010〜GLOWING SUNFLOWER〜 – SPEED FanMeeting 2011

関連人物
伊秩弘将 – 水島康貴 – 平哲夫 – 安室奈美恵 – MAX

テレビ・ラジオ出演
ハイ!SPEEDで行こう! – THE夜もヒッパレ – スーパークイズスペシャル – 24時間テレビ 愛は地球を救う22

関連項目
トイズファクトリー – エイベックス – アンドロメディア – ZONE – イタズラなKiss – ドラえもん のび太の宇宙漂流記

テンプレート

表話編歴上原多香子シングル
my first love | Come close to me | my greatest memories | SWEET DREAMS | Kiss you 情熱 | GLORY-君がいるから- | Air | Make-up Shadow | ブルー・ライト・ヨコハマ | Galaxy Legend/Ladybug

アルバム
オリジナル
first wing | pupa

ベスト
départ

冠番組
上原多香子のクローストゥユー

関連項目
SPEED | ライジングプロダクション (所属事務所) | SONIC GROOVE (所属レーベル) | トイズファクトリー (前所属レーベル)

表話編歴今井絵理子シングル
Red Beat of My Life | Luv is Magic | in the Name of Love | identity | Set Me Free! | [Don’t stop the music | Our Relation | Butterfly | なんくるないさぁ/カウ☆G | はなかっパレード/はなかっパラダイス

一般流通のないシングル
star/朝 | journey/Doo-wop (ともにelly名義)

オリジナルアルバム
My Place | Neverland | うたごえ

ベストアルバム
Single Collection〜Stairway〜

出演番組
NHKみんなの手話 | 今井絵理子 HOT LINK

関連事項
SPEED | Eriko with Crunch | ERIHIRO | ALL MY TRUE LOVE | Breakin’ out to the morning | L×I×V×E | 自由民主党(参議院議員)

表話編歴hiro (島袋寛子)シングル
AS TIME GOES BY – Bright Daylight – Treasure – Your innocence – Confession – love you – Eternal Place – Notice my mind – Baby don’t cry – 愛が泣いてる – 光の中で – clover – ヒーロー☆ – いつか二人で/I will take you – 童神

アルバム
BRILLIANT – Naked and True – 寛 シングル・コレクション – 0

関連項目
SPEED – ERIHIRO – トイズファクトリー – エイベックス・グループ – SONIC GROOVE – ライジングプロダクション – hiro素顔でMelody Fair

表話編歴24時間テレビ パーソナリティー1970年代
1978年 ピンク・レディー
1979年 徳光和夫・ピンク・レディー1980年代
1980年 石野真子
1981年 萩本欽一・宮崎美子
1982年 萩本欽一・星野知子・岩崎宏美
1983年 萩本欽一・斉藤慶子・斎藤ゆう子
1984年 萩本欽一
1985年 小泉今日子
1986年 沢口靖子
1987年 菊池桃子
1988年 後藤久美子
1989年 南野陽子1990年代
1990年 宮沢りえ・南野陽子
1991年 宮沢りえ・西田ひかる・畠田理恵
1992年 観月ありさ – ダウンタウン
1993年 赤井英和・裕木奈江 – 松村邦洋・松本明子
1994年 牧瀬里穂 – 中山秀征・酒井法子
1995年 鈴木杏樹 – SMAP・久本雅美
1996年 瀬戸朝香 – 間寛平・江角マキコ
1997年 飯島直子 – KinKi Kids・加藤紀子
1998年 広末涼子 – TOKIO
1999年 SPEED2000年代
2000年 RIKACO・藤井隆 – V6
2001年 モーニング娘。 – 今田耕司
2002年 モーニング娘。 – 雨上がり決死隊
2003年 TOKIO
2004年 嵐
2005年 草彅剛(SMAP)・香取慎吾(SMAP)
2006年 KAT-TUN – 篠原涼子 – 久本雅美・くりぃむしちゅー
2007年 タッキー&翼 – 黒木瞳 – 新庄剛志 – タカアンドトシ
2008年 嵐 – 仲間由紀恵 – 久本雅美・チュートリアル
2009年 NEWS – 菅野美穂 – ネプチューン・ベッキー2010年代
2010年 TOKIO – 米倉涼子 – 森三中・AKB48
2011年 関ジャニ∞ – 堀北真希 – 宮川大輔・イモトアヤコ
2012年 嵐 – 新垣結衣 – タカアンドトシ
2013年 嵐 – 上戸彩
2014年 関ジャニ∞ – 杏
2015年 V6・Hey! Say! JUMP – 松下奈緒
2016年 NEWS – 波瑠 – オリエンタルラジオ
2017年 櫻井翔(嵐)・小山慶一郎(NEWS)・亀梨和也(KAT-TUN) – 石原さとみ
2018年 Sexy Zone – 木村佳乃 – サンドウィッチマン
2019年 嵐 – 浅田真央2020年代
2020年 井ノ原快彦(V6)・増田貴久(NEWS)・北山宏光(Kis-My-Ft2)・重岡大毅(ジャニーズWEST)・岸優太(King & Prince)
2021年 King & Prince – 菅野美穂
2022年 ジャにのちゃんねる
表話編歴日刊スポーツ映画大賞 新人賞1980年代
後藤久美子 (1988)
宮沢りえ、北野武 (1989)1990年代
牧瀬里穂 (1990)
石田ひかり (1991)
清水美沙 (1992)
萩原聖人 (1993)
鈴木京香 (1994)
石井竜也、岩井俊二 (1995)
安藤政信 (1996)
酒井美紀 (1997)
SPEED (1998)
広末涼子 (1999)2000年代
深田恭子 (2000)
柴咲コウ (2001)
宮崎あおい (2002)
石原さとみ (2003)
長澤まさみ (2004)
沢尻エリカ (2005)
蒼井優 (2006)
新垣結衣 (2007)
夏帆 (2008)
岡田将生 (2009)2010年代
仲里依紗 (2010)
井上真央 (2011)
武井咲 (2012)
黒木華 (2013)
能年玲奈 (2014)
広瀬すず (2015)
有村架純 (2016)
浜辺美波 (2017)
平手友梨奈 (2018)
清原果耶 (2019)2020年代
服部樹咲 (2020)
駒井蓮 (2021)
典拠管理
MBA: dee1f6b1-4459-49c5-aef3-0f98d15c122f
VIAF: 263475477
WorldCat Identities: viaf-263475477

「https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=SPEED&oldid=91202205」から取得
カテゴリ: SPEED日本のポップ・アイドルグループ日本の女性アイドルグループライジングの女性アイドルグループトイズファクトリーのアーティストエイベックス・グループのアーティスト4人組の音楽グループNHK紅白歌合戦出演者1995年に結成した音楽グループ2000年に解散した音楽グループ2008年に再結成した音楽グループ2012年に解散した音楽グループ隠しカテゴリ: 出典を必要とする記事/2020年3月独自研究の除去が必要な記事/2020年3月MusicBrainz識別子が指定されている記事VIAF識別子が指定されている記事WORLDCATID識別子が指定されている記事ISBNマジックリンクを使用しているページ

評価: 4~5 つ星
レビュー: 1840
再生回数: 32 16
[spincontent type=”j”]

SPEED(スピード) Youtube

2. アイドルグループのspeedは、最初は8人グループ「●」として結成されたが、●に入るのは? Yomiuri

Yomiuri
アイドルグループのspeedは、最初は8人グループ「●」として結成されたが、●に入るのは?

説明: アイドルグループのspeedは、最初は8人グループ「●」として結成されたが、●に入るのは? に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 アイドルグループのspeedは、最初は8人グループ「●」として結成されたが、●に入るのは? は、読売で検索されたもので、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 1991
[spincontent type=”j”]

3. アイドルグループのspeedは、最初は8人グループ「●」として結成されたが、●に入るのは? Asahi Shimbun

朝日新聞
アイドルグループのspeedは、最初は8人グループ「●」として結成されたが、●に入るのは?

説明: 朝日新聞で検索した アイドルグループのspeedは、最初は8人グループ「●」として結成されたが、●に入るのは? に関する上記の情報が、アイドルグループのspeedは、最初は8人グループ「●」として結成されたが、●に入るのは? に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 6299
[spincontent type=”j”]

4. アイドルグループのspeedは、最初は8人グループ「●」として結成されたが、●に入るのは? The Japan Times

The Japan Times
アイドルグループのspeedは、最初は8人グループ「●」として結成されたが、●に入るのは?

説明: ジャパン タイムズで検索した アイドルグループのspeedは、最初は8人グループ「●」として結成されたが、●に入るのは? に関する記事のトップです。アイドルグループのspeedは、最初は8人グループ「●」として結成されたが、●に入るのは? に関する疑問を解決するのに役立ちます。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 2594
[spincontent type=”j”]

5. アイドルグループのspeedは、最初は8人グループ「●」として結成されたが、●に入るのは? Yomiuri Shimbun

読売新聞
アイドルグループのspeedは、最初は8人グループ「●」として結成されたが、●に入るのは?

説明: アイドルグループのspeedは、最初は8人グループ「●」として結成されたが、●に入るのは? に関する詳細情報はすでにありますか? アイドルグループのspeedは、最初は8人グループ「●」として結成されたが、●に入るのは? という記事が読売新聞で検索されました。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 8557
[spincontent type=”j”]

6. アイドルグループのspeedは、最初は8人グループ「●」として結成されたが、●に入るのは? Mainichi Shimbun

毎日新聞
アイドルグループのspeedは、最初は8人グループ「●」として結成されたが、●に入るのは?

説明: 毎日新聞で見つけた アイドルグループのspeedは、最初は8人グループ「●」として結成されたが、●に入るのは? に関する上記の情報が、アイドルグループのspeedは、最初は8人グループ「●」として結成されたが、●に入るのは? に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 5608
[spincontent type=”j”]

7. アイドルグループのspeedは、最初は8人グループ「●」として結成されたが、●に入るのは? Sankei Shimbun

産経新聞
アイドルグループのspeedは、最初は8人グループ「●」として結成されたが、●に入るのは?

説明: 産経新聞で検索した アイドルグループのspeedは、最初は8人グループ「●」として結成されたが、●に入るのは? に関する記事のトップです。アイドルグループのspeedは、最初は8人グループ「●」として結成されたが、●に入るのは? に関する疑問を解決するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 9649
[spincontent type=”j”]

8. アイドルグループのspeedは、最初は8人グループ「●」として結成されたが、●に入るのは? Nihon Keizai Shimbun

日本経済新聞
アイドルグループのspeedは、最初は8人グループ「●」として結成されたが、●に入るのは?

説明: アイドルグループのspeedは、最初は8人グループ「●」として結成されたが、●に入るのは? に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 アイドルグループのspeedは、最初は8人グループ「●」として結成されたが、●に入るのは? は、日本経済新聞で検索され、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 3387
[spincontent type=”j”]

9. アイドルグループのspeedは、最初は8人グループ「●」として結成されたが、●に入るのは? Chunichi Shimbun

中日新聞
アイドルグループのspeedは、最初は8人グループ「●」として結成されたが、●に入るのは?

説明: 中日新聞で検索した アイドルグループのspeedは、最初は8人グループ「●」として結成されたが、●に入るのは? に関する上記の情報が、アイドルグループのspeedは、最初は8人グループ「●」として結成されたが、●に入るのは? に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 7779
[spincontent type=”j”]

10. アイドルグループのspeedは、最初は8人グループ「●」として結成されたが、●に入るのは? Tokyo Shimbun

東京新聞
アイドルグループのspeedは、最初は8人グループ「●」として結成されたが、●に入るのは?

説明: アイドルグループのspeedは、最初は8人グループ「●」として結成されたが、●に入るのは? に関する質問を解決するために、東京新聞で検索した アイドルグループのspeedは、最初は8人グループ「●」として結成されたが、●に入るのは? に関する記事のトップです。
評価: 4~5 つ星
評価: 8105
[spincontent type=”j”]

11. アイドルグループのspeedは、最初は8人グループ「●」として結成されたが、●に入るのは? Nihon Kogyo Simbun

日本工業新聞
アイドルグループのspeedは、最初は8人グループ「●」として結成されたが、●に入るのは?

説明: アイドルグループのspeedは、最初は8人グループ「●」として結成されたが、●に入るのは? に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 アイドルグループのspeedは、最初は8人グループ「●」として結成されたが、●に入るのは? は日本工業新聞で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 7329
[spincontent type=”j”]

12. アイドルグループのspeedは、最初は8人グループ「●」として結成されたが、●に入るのは? Nikkan Kogyo Shimbun

日刊工業新聞
アイドルグループのspeedは、最初は8人グループ「●」として結成されたが、●に入るのは?

説明: 日刊工業新聞で見つけた アイドルグループのspeedは、最初は8人グループ「●」として結成されたが、●に入るのは? に関する上記の情報が、アイドルグループのspeedは、最初は8人グループ「●」として結成されたが、●に入るのは? に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 3809
[spincontent type=”j”]

13. アイドルグループのspeedは、最初は8人グループ「●」として結成されたが、●に入るのは? Ainu Times

アイヌタイムス
アイドルグループのspeedは、最初は8人グループ「●」として結成されたが、●に入るのは?

説明: アイヌ タイムズで検索した アイドルグループのspeedは、最初は8人グループ「●」として結成されたが、●に入るのは? に関する記事のトップです。アイドルグループのspeedは、最初は8人グループ「●」として結成されたが、●に入るのは? に関する質問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 8994
[spincontent type=”j”]

14. アイドルグループのspeedは、最初は8人グループ「●」として結成されたが、●に入るのは? Akita Sakigake Shimpo

秋田魁新報
アイドルグループのspeedは、最初は8人グループ「●」として結成されたが、●に入るのは?

説明: アイドルグループのspeedは、最初は8人グループ「●」として結成されたが、●に入るのは? に関する詳細情報はすでにありますか? アイドルグループのspeedは、最初は8人グループ「●」として結成されたが、●に入るのは? という記事は、秋田魁新報で検索したものです。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 5393
[spincontent type=”j”]

15. アイドルグループのspeedは、最初は8人グループ「●」として結成されたが、●に入るのは? Chiba Nippo

千葉日報
アイドルグループのspeedは、最初は8人グループ「●」として結成されたが、●に入るのは?

説明: 千葉日報で検索した アイドルグループのspeedは、最初は8人グループ「●」として結成されたが、●に入るのは? に関する上記の情報が、アイドルグループのspeedは、最初は8人グループ「●」として結成されたが、●に入るのは? に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 9176
[spincontent type=”j”]

16. アイドルグループのspeedは、最初は8人グループ「●」として結成されたが、●に入るのは? Chugoku Shimbun

中国新聞
アイドルグループのspeedは、最初は8人グループ「●」として結成されたが、●に入るのは?

説明: 中国新聞で検索した アイドルグループのspeedは、最初は8人グループ「●」として結成されたが、●に入るのは? に関する記事のトップです。アイドルグループのspeedは、最初は8人グループ「●」として結成されたが、●に入るのは? に関する疑問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 2128
[spincontent type=”j”]

17. アイドルグループのspeedは、最初は8人グループ「●」として結成されたが、●に入るのは? Daily Tohoku

デイリー東北
アイドルグループのspeedは、最初は8人グループ「●」として結成されたが、●に入るのは?

説明: アイドルグループのspeedは、最初は8人グループ「●」として結成されたが、●に入るのは? に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 アイドルグループのspeedは、最初は8人グループ「●」として結成されたが、●に入るのは? はデイリー東北で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 2542
[spincontent type=”j”]

18. アイドルグループのspeedは、最初は8人グループ「●」として結成されたが、●に入るのは? The Eastern Chronicle

イースタン クロニクル
アイドルグループのspeedは、最初は8人グループ「●」として結成されたが、●に入るのは?

説明: イースタン クロニクルで検索した アイドルグループのspeedは、最初は8人グループ「●」として結成されたが、●に入るのは? に関する上記の情報が、アイドルグループのspeedは、最初は8人グループ「●」として結成されたが、●に入るのは? に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 5763
[spincontent type=”j”]

アイドルグループのspeedは、最初は8人グループ「●」として結成されたが、●に入るのは? に関する質問

アイドルグループのspeedは、最初は8人グループ「●」として結成されたが、●に入るのは? についてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。ご質問やご提案はすべて、次の記事の改善に役立てさせていただきます。

記事 アイドルグループのspeedは、最初は8人グループ「●」として結成されたが、●に入るのは? は、私と私のチームがさまざまな情報源から編集したものです。 記事 アイドルグループのspeedは、最初は8人グループ「●」として結成されたが、●に入るのは? が役に立った場合は、チームをサポートしてください。「いいね」または「共有」してください!

検索キーワード アイドルグループのspeedは、最初は8人グループ「●」として結成されたが、●に入るのは?

アイドルグループのspeedは、最初は8人グループ「●」として結成されたが、●に入るのは?
方法アイドルグループのspeedは、最初は8人グループ「●」として結成されたが、●に入るのは?
チュートリアル アイドルグループのspeedは、最初は8人グループ「●」として結成されたが、●に入るのは?
【キーワード】 無料

Có thể bạn quan tâm: