あなたは ぼく の 憂鬱 と 不機嫌 な 彼女 について学んでいます。今日は、インターネット上の多くの情報源から私たちのチームが編集および編集した記事 ぼく の 憂鬱 と 不機嫌 な 彼女 を共有します。 ぼく の 憂鬱 と 不機嫌 な 彼女 に関するこの記事がお役に立てば幸いです。

ぼく の 憂鬱 と 不機嫌 な 彼女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

2022年 3月(弥生)

1

2

3

4

5
6

7

8

9

10

11

12
13

14

15

16

17

18

19
20

21

22

23

24

25

26
27

28

29

30

31

365日 各月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
3月25日(さんがつにじゅうごにち)は、グレゴリオ暦で年始から84日目(閏年では85日目)にあたり、年末まであと281日ある。

できごと[編集]
アミアンの和約(1802)。画像はジェイムズ・ギルレイの風刺画「10年ぶりのキス!」
807年(大同2年2月13日) – 『古語拾遺』が成立する[要出典]。
940年(天慶3年2月14日) – 承平天慶の乱: 平将門と追討の平貞盛・藤原秀郷の軍勢が激突し、将門が討ち死にする。
1199年 – イングランド王リチャード1世がシャールース城攻撃中に肩に矢を受ける。この傷が元で4月6日に死亡。
1306年 – ロバート1世がスコットランド王に即位。
1409年 – 教会大分裂の事態収拾のためピサ教会会議が開会。
1655年 – オランダの天文学者ホイヘンスが土星の衛星タイタンを発見。
1776年 – アメリカ独立戦争: サンピエールの戦い。
1802年 – アミアンの和約(英仏の講和条約)が結ばれる。
1807年 – 奴隷制度廃止運動: イギリス議会で奴隷貿易廃止法が可決。
1837年(天保8年2月19日) – 大塩平八郎の乱。
1848年 – バイエルン王国でマクシミリアン2世即位
1878年 – 工部大学校で開かれた中央電信局の開局祝賀会で、日本初の電灯が灯される。(電気記念日)
1900年 – イギリス政府がアシャンティ王国に対し黄金の床几を要求。黄金の床几戦争の引き金となる。
1911年 – ニューヨークでトライアングルシャツウェスト工場火災が発生。工員146人が死亡。
1915年 – 第12回衆議院議員総選挙。
1918年 – ベラルーシ人民共和国が独立を宣言。
1918年 – 茨城県水戸市で大火。約1100戸が焼失。原因は蒸気機関車の火の粉[1]。
1926年 – 朴烈事件: 朴烈と金子文子に対し死刑判決。
1936年 – 三重県四日市市で国産振興四日市大博覧会が開幕。
1941年 – 第二次世界大戦: ユーゴスラビア王国が日独伊三国軍事同盟に加盟。2日後にクーデターによる政権崩壊で離脱。
1943年 – 黒澤明の初監督作品『姿三四郎』が封切り。
1943年 – 日本初の長編アニメーション映画『桃太郎の海鷲』が封切り。
1951年 – 山梨県内で偽札偽造団が摘発(チ-5号事件)。
1952年 – 長野県かつ大都市圏以外で日本で最初に開局した民間放送局・信越放送(当時・信濃放送)開局。
1957年 – ローマ条約調印。
1975年 – サウジアラビア国王ファイサルが甥のファイサル・ビン・ムサーイド(英語版)王子により暗殺。
1975年 – 読売新聞の提携姉妹紙・中部読売新聞が名古屋市で創刊(1988年6月1日に題号を『読売新聞』に改題)。
1977年 – 福岡県平尾台で行われていた野焼きで、消防署員が巻き込まれて5人が殉職[2]。
1985年 – 国鉄のプリペイドカード・オレンジカードが発売開始。
1988年 – 石川県のJR西日本・能登線が第三セクター鉄道・のと鉄道に転換。
1989年 – みなとみらい21地区で横浜博覧会 (YES’89) 開催。10月1日まで。
1989年 – 新日本製鐵釜石製鐵所の高炉・転炉が休止。
1989年 – 樽見鉄道樽見線が全線開通。
1990年 – ニューヨークにてハッピーランド放火事件が発生し、87人が死亡。
1991年 – 桃花台新交通桃花台線(ピーチライナー)が開業。
1992年 – ハウステンボスが開園。
1993年 – 長野自動車道が全線開通。
1993年 – NECホームエレクトロニクスがPCエンジンDuo-Rを発売。
1995年 – ウォード・カニンガムが最初のウィキサイト「WikiWikiWeb」を開設。
1995年 – 門司港レトロがオープン。
1996年 – TBSがオウム真理教に坂本弁護士のビデオテープを見せたことを認める(TBSビデオ問題)。
1996年 – 百武彗星が地球に最接近。
2005年 – 2005年日本国際博覧会(愛知万博、愛・地球博)が開幕。
2007年 – 能登半島地震。
2008年 – 岡山駅突き落とし事件。
2010年 – 四国ガスが一酸化炭素を含まない都市ガスへの転換を完了。日本全国の都市ガスが一酸化炭素を含まないものになる[3]。
2013年 – 一票の格差についての判決で、広島高裁が第46回衆議院議員総選挙について初の無効判決を出す[4]。
2018年 – ケメロヴォショッピングセンター火災が発生[5]。
2018年 – 金正恩党委員長が就任北朝鮮最高指導者後初の外遊となる中国を非公式訪問し、習近平党総書記と会談[6]。誕生日[編集]
人物[編集]
ナポレオン・ボナパルトの義弟ジョアシャン・ミュラ(1767-1815)誕生
歴史家ヤーコプ・ブルクハルト(1818-1897)誕生
彫刻家ガットスン・ボーグラム(1867-1941)。画像はラシュモア山に彫った大統領の彫像
詩人・小説家の島崎藤村(1872-1943)。代表作『若菜集』(1897)、『夜明け前』(1929-1935)
作曲家バルトーク・ベーラ(1881-1945)誕生。 『弦楽四重奏曲第2番』op.17(1917)を聴く[ヘルプ/ファイル]
真珠湾攻撃やミッドウェー海戦を率いた海軍大将、南雲忠一(1887-1944)
シンガーソングライター、エルトン・ジョン(1947-)
1259年 – アンドロニコス2世パレオロゴス、東ローマ帝国皇帝(+ 1332年)
1297年 – アンドロニコス3世パレオロゴス、東ローマ帝国皇帝(+ 1341年)
1479年 – ヴァシーリー3世、モスクワ大公(+ 1533年)
1538年 – クリストファー・クラヴィウス、数学者、天文学者(+ 1612年)
1541年 – フランチェスコ1世・デ・メディチ、トスカーナ大公(+ 1587年)
1614年 – フアン・カレーニョ・デ・ミランダ、画家(+ 1684年)
1631年(寛永8年2月23日) – 松平綱隆、第2代松江藩主(+ 1675年)
1692年(元禄5年2月8日) – 徳川継友、第6代尾張藩主(+ 1731年)
1699年 – ヨハン・アドルフ・ハッセ、作曲家(+ 1783年)
1717年(享保2年2月13日) – 池田宗泰、第4代鳥取藩主(+ 1747年)
1767年 – ジョアシャン・ミュラ、軍人(+ 1815年)
1778年(安永5年2月27日) – 松平頼説、第8代府中藩主(+ 1833年)
1818年 – ヤコブ・ブルクハルト、歴史家(+ 1897年)
1832年(天保3年2月23日) – 松平直巳、第10代広瀬藩主(+ 1917年)
1835年 – アドルフ・ワグナー、経済学者(+ 1917年)
1844年 – アドルフ・エングラー、植物学者 (+ 1930年)
1851年(嘉永4年2月23日) – 伊達宗敬、第9代吉田藩主(+ 1876年)
1863年 – サイモン・フレクスナー、病理学者、細菌学者(+ 1946年)
1865年 – アレクセイ・フォン・ヤウレンスキー、画家(+ 1941年)
1865年 – ピエール・ワイス、物理学者(+ 1940年)
1867年 – アルトゥーロ・トスカニーニ、指揮者(+ 1957年)
1867年 – ガットスン・ボーグラム、彫刻家(+ 1941年)
1871年 – イーゴリ・グラーバリ、画家、美術修復家(+ 1960年)
1872年(明治5年2月17日) – 島崎藤村、小説家(+ 1943年)
1873年 – ルドルフ・ロッカー、無政府主義者、著述家(+ 1958年)
1881年 – バルトーク・ベーラ、作曲家(+ 1945年)
1882年 – 荻野久作、産婦人科医(+ 1975年)
1884年 – 松阪広政、第47代司法大臣(+ 1960年)
1884年 – 獅子内謹一郎、野球選手(+ 1941年)
1887年 – 南雲忠一、軍人(+ 1944年)
1891年 – 清水善造、テニス選手(+ 1977年)
1896年 – 岡田源三郎、プロ野球選手、監督(+ 1977年)
1900年 – 森永太平、実業家(+ 1983年)
1903年 – 佐伯勇、実業家(+ 1989年)
1904年 – 大野林火、俳人(+ 1982年)
1905年 – アルブレヒト・メルツ・フォン・クイルンハイム、軍人(+ 1944年)
1906年 – 林家染丸(3代目)、落語家(+ 1968年)
1906年 – A・J・P・テイラー、歴史家(+ 1990年)
1908年 – デヴィッド・リーン、映画監督(+ 1991年)
1908年 – ガブリエル・ターヴィル=ピーター、文学・歴史研究者(+ 1978年)
1910年 – 春日一幸、政治家(+ 1989年)
1914年 – 十返肇、作家(+ 1963年)
1914年 – ノーマン・ボーローグ、農学者(+ 2009年)
1915年 – アントーン・ハックル、ドイツ空軍のエース・パイロット(+1984年)
1915年 – 帖佐美行、彫金家(+ 2002年)
1916年 – 内藤幸三、プロ野球選手(+ 2002年)
1917年 – 加藤春雄、プロ野球選手(+ 1961年)
1920年 – 近藤啓太郎、小説家、美術評論家(+ 2002年)
1920年 – ジャン=ジョエル・バルビエ、ピアニスト(+ 1994年)
1921年 – シモーヌ・シニョレ、女優(+ 1985年)
1923年 – 上野重雄、元プロ野球選手
1924年 – 京マチ子、女優(+ 2019年)
1925年 – パウル・ビーヘル、児童文学作家(+ 2006年)
1926年 – リズ・オルトラーニ、作曲家(+ 2014年[7])
1926年 – デレク・ビッカートン、言語学者
1926年 – 井上嘉弘、元プロ野球選手
1927年 – ジェラルド・ワッサーバーグ、地質学者(+ 2016年)
1928年 – 池原義郎、建築家(+ 2017年)
1928年 – ジム・ラヴェル、宇宙飛行士
1930年 – 3代目桂春団治、落語家(+ 2016年)
1930年 – 長谷川良平、プロ野球選手、監督(+ 2006年)
1931年 – 三浦謹一郎、生命科学者(+ 2009年)
1933年 – 生方恵一、アナウンサー(+ 2014年)
1933年 – 横森良造、アコーディオン奏者(+ 2012年)
1935年 – 木村七郎、プロボクサー
1935年 – フラッシュ・エロルデ、プロボクサー(+ 1985年[8])
1936年 – 平岩嗣朗、元プロ野球選手
1937年 – 柴田秀勝、声優
1937年 – 山田真二、俳優、歌手(+ 2007年)
1940年 – 志茂田景樹、小説家
1940年 – 竜崎勝、俳優(+ 1984年)
1941年 – 大橋勲、元プロ野球選手
1942年 – アレサ・フランクリン、歌手(+ 2018年)
1943年 – 佐藤オリエ、女優
1943年 – 福島泰樹、歌人
1946年 – ダニエル・ベンサイド、哲学者(+ 2010年)
1947年 – エルトン・ジョン、シンガーソングライター
1947年 – ポール・レヴィンソン、小説家、社会学者
1948年 – 橋本治、小説家(+ 2019年)
1949年 – 松本文明、政治家
1950年 – きよ彦、着物デザイナー(+ 2019年[9])
1951年 – ジャンボ鶴田、プロレスラー(+ 2000年)
1957年 – 的場均、騎手、調教師
1957年 – 川本幸生、高校野球監督(+ 2010年)
1958年 – 新井正人、歌手、作曲家
1958年 – 沖田さとし、俳優
1958年 – 小林美樹、アイドル歌手、アナウンサー
1959年 – 嘉門タツオ、シンガーソングライター
1959年 – 原田宗典、小説家
1960年 – 毬谷友子、女優
1961年 – 小曽根真、ジャズピアニスト
1961年 – 山下和仁、ギタリスト
1962年 – マーシャ・クロス、女優
1964年 – 宮平保、中国武術
1965年 – サラ・ジェシカ・パーカー、女優
1965年 – ステフカ・コスタディノヴァ、陸上競技選手
1966年 – 堀部圭亮、タレント
1966年 – 二階堂智、俳優
1966年 – 宮川一朗太、俳優
1966年 – ヤマジカズヒデ、ミュージシャン(dip)
1966年 – ジェフ・ヒーリー、ミュージシャン(+ 2008年)
1966年 – トム・グラビン、元プロ野球選手
1967年 – マシュー・バーニー、現代美術家
1967年 – デヴィ・トーマス、フィギュアスケート選手
1967年 – 沢木和也、AV男優(+ 2021年)
1969年 – 瀬戸輝信、元プロ野球選手
1969年 – 後藤祐一、政治家
1969年 – エリック・シュールストロム、元プロ野球選手
1969年 – スコット・サンダース、元プロ野球選手
1969年 – ジェフ・ウォーカー、音楽家
1969年 – トラビス・フライマン、元プロ野球選手
1970年 – さがね正裕、お笑いタレント(X-GUN)
1971年 – 登坂栄児、大日本プロレス統括部長
1971年 – ステーシー・ドラギラ、陸上競技選手
1972年 – アンミカ、ファッションモデル
1973年 – アンダース・フリーデン、ミュージシャン
1973年 – 稲光伸二、漫画家
1973年 – 笹沼尭羅、声優
1973年 – ジョディ・ハーラー、元野球選手
1975年 – 金村康平、元プロ野球選手
1975年 – 青木希久子、アナウンサー
1975年 – ミゲル・メヒア、元プロ野球選手
1976年 – Nana、タレント、歌手(MAX)
1976年 – ヤナギブソン、お笑いタレント(ザ・プラン9)
1976年 – ジジ・リョン、タレント
1976年 – ケン・ロイド、ミュージシャン(FAKE?、オブリヴィオン・ダスト)
1976年 – ウラジミール・クリチコ、プロボクサー
1976年 – 高橋賢次、運送業、『SASUKE』の有力選手
1976年 – 太谷智一、気象予報士
1977年 – 和田聰宏、俳優
1978年 – 野仲美貴、タレント
1979年 – はいだしょうこ、タレント
1980年 – 秋田ひろむ、ミュージシャン(amazarashi)
1980年 – 中村まゆみ、舞台女優、お笑い芸人
1980年 – オレグ・ボイコ、フィギュアスケート選手
1980年 – ニール・コッツ、プロ野球選手
1980年 – 大悟、お笑いタレント (千鳥)
1981年 – 町田慎吾、俳優、ダンサー、振付師(ジャニーズJr.、Musical Academy)
1981年 – 林恩宇、元プロ野球選手
1981年 – 陽森、元プロ野球選手
1981年 – 阿部敦[10]、声優
1982年 – 福士加代子、陸上競技選手
1982年 – ダニカ・パトリック、レーシングドライバー
1982年 – 小谷嘉一、俳優
1983年 – 溝口涼子、漫画家
1984年 – 伊藤裕一、俳優、脚本家
1984年 – 新田泉、歌手
1985年 – 平塚奈菜、タレント
1985年 – 荻野なお、女優
1985年 – 小林裕介、声優
1986年 – マルコ・ベリネッリ、バスケットボール選手
1987年 – 織田信成、フィギュアスケート選手
1987年 – 柳賢振、プロ野球選手
1987年 – ビクトル・オビンナ、サッカー選手
1987年 – 葉加瀬マイ、タレント
1988年 – 熊谷智哉、サッカー選手
1988年 – 相沢桃、元AV女優
1988年 – miko、歌手
1988年 – ビッグ・ショーン、ヒップホップMC
1990年 – 鈴木梨乃、アイドル、女優
1990年 – 桐島里菜、女優
1990年 – 山本浩史、柔道選手
1990年 – エリスベル・アルエバルエナ、野球選手
1990年 – メーメット・エキッチ、サッカー選手
1990年 – アレクサンダー・エッスヴァイン、サッカー選手
1990年 – ヘイデルソン・レイチ・リマ、サッカー選手
1991年 – 鈴川絢子、お笑いタレント
1991年 – 田代佳奈美、バレーボール選手
1992年 – Machico、声優、歌手
1993年 – 福本愛菜、タレント、アイドル(元NMB48)
1993年 – 宮舘涼太、アイドル(Snow Man)
1993年 – imiga、YouTuber、ラッパー(カイワレハンマー)
1996年 – 坂口佳穂、ビーチバレー選手
2001年 – 髙田真史帆、K-POPアイドル(TREASURE)
2002年 – 佐々木りお、女優
生年不詳 – 田口康裕(TAG)、ゲームクリエイター
生年不明 – 大越多佳子、声優
生年不明 – 上田朱音、声優
生年不明 – 小川智代、声優
生年不明 – 長谷徳人、声優
生年不明 – 松本達哉、作曲家
生年不明 – 吉田小百合、声優人物以外(動物など)[編集]
1976年 – アグネスレディー、競走馬(+ 1993年)
1986年 – サンデーサイレンス、競走馬(+ 2002年)
1992年 – プライムステージ、競走馬(+ 2014年 用途変更のため生死不明)
1993年 – サクラスピードオー、競走馬(+ 2019年)
1993年 – ゼネラリスト、競走馬(+ 2020年)
1995年 – ウイングアロー、競走馬(+ 2019年)
1995年 – スエヒロコマンダー、競走馬(+ 2018年)
1996年 – メイショウドトウ、競走馬
2002年 – ディープインパクト、競走馬(+ 2019年)
2014年 – ファッショニスタ、競走馬忌日[編集]
平将門(?-940)、承平天慶の乱にて討死。画像は首塚
.mw-parser-output .tmulti .thumbinnerdisplay:flex;flex-direction:column.mw-parser-output .tmulti .trowdisplay:flex;flex-direction:row;clear:left;flex-wrap:wrap;width:100%;box-sizing:border-box.mw-parser-output .tmulti .tsinglemargin:1px;float:left.mw-parser-output .tmulti .theaderclear:both;font-weight:bold;text-align:center;align-self:center;background-color:transparent;width:100%.mw-parser-output .tmulti .thumbcaptionbackground-color:transparent.mw-parser-output .tmulti .text-align-lefttext-align:left.mw-parser-output .tmulti .text-align-righttext-align:right.mw-parser-output .tmulti .text-align-centertext-align:center@media all and (max-width:720px).mw-parser-output .tmulti .thumbinnerwidth:100%!important;box-sizing:border-box;max-width:none!important;align-items:center.mw-parser-output .tmulti .trowjustify-content:center.mw-parser-output .tmulti .tsinglefloat:none!important;max-width:100%!important;box-sizing:border-box;align-items:center.mw-parser-output .tmulti .trow>.thumbcaptiontext-align:centerフランスの建築家、ジャック・イニャス・イトルフ(1792-1867)没。画像はコンコルド広場の噴水
洋画家、青木繁(1882-1911)没。画像は『海の幸』(1904)
印象主義音楽のクロード・ドビュッシー(1862-1918)没。 『ベルガマスク組曲』(1905)より「月の光」を聴く[ヘルプ/ファイル]
日本軍の諜報員川島芳子(1907-1948)刑死第3代サウジアラビア国王、ファイサル(1905-1975)甥のムサーイド王子により暗殺
603年(推古天皇11年2月4日) – 来目皇子、飛鳥時代の皇族
940年(天慶3年2月14日) – 平将門、武将、新皇(* 903年?)
1223年 – アフォンソ2世、ポルトガル王(* 1185年)
1558年 – マルコス・デ・ニサ、探検家(* 1495年頃)
1561年 – コンラドゥス・リュコステネス、モラリスト(* 1518年)
1603年(慶長8年2月13日) – 生駒親正、高松藩主(* 1526年)
1738年 – ターロック・オキャロラン、ハープ奏者(* 1670年)
1743年(寛保3年2月30日) – 蜂須賀宗英、第7代徳島藩主(* 1684年)
1751年 – フレドリク1世、スウェーデン王(* 1676年)
1801年 – ノヴァーリス、小説家(* 1772年)
1818年 – ヘンリー・リー (3世)、バージニア州知事(* 1756年)
1867年 – ジャック・イニャス・イトルフ、建築家(* 1792年)
1891年 – 斉藤きち、「唐人お吉」の名で知られる芸者(* 1841年)
1892年 – 三島億二郎、越後長岡藩大参事(* 1825年)
1897年 – チャールズ・エリオット、造園家、都市計画家(* 1859年)
1905年 – 松前修広、松前藩主(* 1865年)
1911年 – 青木繁、洋画家(* 1882年)
1914年 – フレデリック・ミストラル、詩人(* 1830年)
1916年 – イシ、ヤヒ族インディアン最後の人物(* 1860年頃)
1918年 – クロード・ドビュッシー、音楽家、作曲家(* 1862年)
1919年 – 辰野金吾、建築家(* 1854年)
1934年 – 中橋徳五郎、政治家、実業家(* 1861年)
1936年 – 山本条太郎、南満州鉄道総裁(* 1867年)
1948年 – 川島芳子、「東洋のマタ・ハリ」の異名で知られる情報員(* 1907年)
1948年 – 真山青果、劇作家、小説家(* 1878年)
1951年 – エディ・コリンズ、元プロ野球選手(* 1887年)
1953年 – 5代目柳亭左楽、落語家(* 1872年)
1953年 – 柳家つばめ (3代目)、落語家(* 1884年)
1957年 – 片岡良一、国文学者(* 1897年)
1957年 – マックス・オフュルス、映画監督(* 1902年)
1961年 – アーサー・ドルリー、国際サッカー連盟会長(* 1891年)
1964年 – ペンティ・エーリス・エスコラ、地質学者(* 1883年)
1968年 – 下村定、陸軍大臣(* 1887年)
1975年 – ファイサル、サウジアラビア王(* 1906年)
1976年 – ヨゼフ・アルバース、美術家(* 1888年)
1979年 – 安藝ノ海節男、大相撲第37代横綱(* 1914年)
1980年 – 向江璋悦、法学者(* 1910年)
1980年 – ロラン・バルト、思想家(* 1915年)
1980年 – ミルトン・エリクソン、精神科医、心理学者(* 1901年)
1980年 – ワルター・ジュスキント、指揮者(* 1913年)
1981年 – 金永祚、プロ野球選手(* 1923年)
1986年 – 増田卓、元プロ野球選手(* 1921年)
1991年 – 細田徳寿、大分県知事(* 1904年)
1991年 – アイリーン・ジョイス、ピアニスト(* 1908年)
1991年 – 橋本明治、日本画家(* 1904年)
1991年 – 田村魚菜、料理研究家(* 1915年)
1993年 – 戸浦六宏、俳優(* 1930年)
1995年 – ジェームズ・コールマン、社会学者(* 1926年)
1996年 – 佐藤朔、フランス文学者(* 1905年)
1999年 – リシャルト・バクスト、ピアニスト(* 1926年)
1999年 – 上月晃、女優、歌手(* 1942年)
2001年 – 塩瀬盛道、元プロ野球選手(* 1931年)
2003年 – 古尾谷雅人、俳優(* 1957年)
2004年 – 下川辰平、俳優(* 1928年)
2006年 – リチャード・フライシャー、映画監督(* 1916年)
2007年 – 島尾ミホ、小説家(* 1919年)
2007年 – アンドラニク・マルカリャン、アルメニア首相(* 1951年)
2008年 – ジーン・ピュアリング、歌手、編曲者(* 1929年)
2009年 – 遠藤幸雄、体操選手(* 1937年)
2009年 – ダン・シールズ、ミュージシャン(*1948年)
2010年 – 富永嘉郎、元プロ野球選手(* 1917年)
2015年 – 笠原淳、小説家(* 1936年)
2017年 – 黒澤浩樹、空手家(* 1962年)
2018年 – ミヌ、歌手、俳優(100%)(* 1985年)
2020年 – フロイド・カルドス[11]、シェフ(* 1960年)
2021年 – ラリー・マクマートリー、作家、脚本家(*1936年)
2022年 – グレース・アレレ=ウィリアムズ[12][13][14]、数学教師(* 1932年)記念日・年中行事[編集]
受胎告知。パオロ・デ・マティス(英語版)画(1712)
勾留中または行方不明のスタッフと連帯する国際デー(International Day of Solidarity with Detained and Missing Staff Members)( 世界)
国際デーの一つ。世界各地で勾留中または行方不明の国連職員を賛え、早期の解放を求める日。1985年のこの日に、ベイルートで国連情報センターのスタッフとジャーナリストが誘拐されたことにちなむ。
奴隷及び大西洋間奴隷貿易犠牲者追悼国際デー(International Day of Remembrance of the Victims of Slavery and the Transatlantic Slave Trade)( 世界)
2007年の国連総会で制定された国際デー。独立記念日( ギリシャ)
1821年のこの日、ギリシャがオスマン帝国からの独立を宣言した。自由の日 (ベラルーシ)
1918年のベラルーシ人民共和国の建国を記念した、非公式の祝日。また、ベラルーシ国内ではルカシェンコ政権への抗議活動が行われる日でもある。電気記念日( 日本)
1878年3月25日に、東京・銀座木挽町に開設された中央電信局の開局祝賀会が虎ノ門の工部大学校(現在の東京大学工学部)で開かれ、式場に50個のアーク灯が点灯された。これを記念して日本電気協会が1927年9月に制定。聖母マリアお告げの祝日(キリスト教)
受胎告知の日。ユダヤ暦第2アダルの15日(2005年)・プーリームフィクションのできごと[編集]
この節の内容に関する文献や情報源が必要です。ご存じの方はご提示ください。「Wikipedia:スタイルマニュアル (フィクション関連)」も参照してください。ガイドラインに沿っていない記述は除去されますのでご注意ください。(2011年6月)1995年 – ベルカ公国が周辺諸国に宣戦布告、ベルカ戦争開戦。(ゲーム『エースコンバット・ゼロ ザ・ベルカン・ウォー』)誕生日(フィクション)[編集]
1504年 – ジョアン・フェレロ、ゲーム『大航海時代II』に登場するキャラクター[15]
1981年 – 成瀬川なる、漫画『ラブひな』に登場するキャラクター[要出典]
1985年 – 姫宮なな、東武鉄道の公式イメージキャラクター[16]
2000年 – 巻機山ハナ、アニメ『おジャ魔女どれみ』に登場するキャラクター[要出典]
宇宙暦782年 – ユリアン・ミンツ、『銀河英雄伝説』に登場するキャラクター。ヤン・ウェンリーの養子[要出典]
生年不明 – 岡村直央、ゲーム『アイドルマスター SideM』に登場するキャラクター[17]
生年不明 – 国見英、漫画・アニメ『ハイキュー!!』に登場するキャラクター[18]
生年不明 – 篠岡千代、漫画・アニメ・ゲーム『おおきく振りかぶって』に登場するキャラクター[19]
生年不明 – 高槻やよい、ゲーム『THE IDOLM@STER』に登場するキャラクター[20]
生年不明 – 高峯のあ、ゲーム『アイドルマスター シンデレラガールズ』に登場するキャラクター[17]
生年不明 – ヘビィ・D!、ゲーム『ザ・キング・オブ・ファイターズ』シリーズに登場するキャラクター[21]
生年不明 – 八神庵、ゲーム『ザ・キング・オブ・ファイターズ』シリーズに登場するキャラクター[22]出典[編集]
[脚注の使い方]
^ 下川耿史 『環境史年表 明治・大正編(1868-1926)』p325 河出書房新社 2003年11月30日刊 全国書誌番号:.mw-parser-output cite.citationfont-style:inherit.mw-parser-output .citation qquotes:”””””””‘””‘”.mw-parser-output .id-lock-free a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-free abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/6/65/Lock-green.svg”)right 0.1em center/9px no-repeat.mw-parser-output .id-lock-limited a,.mw-parser-output .id-lock-registration a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-limited a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-registration abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/d/d6/Lock-gray-alt-2.svg”)right 0.1em center/9px no-repeat.mw-parser-output .id-lock-subscription a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-subscription abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/a/aa/Lock-red-alt-2.svg”)right 0.1em center/9px no-repeat.mw-parser-output .cs1-subscription,.mw-parser-output .cs1-registrationcolor:#555.mw-parser-output .cs1-subscription span,.mw-parser-output .cs1-registration spanborder-bottom:1px dotted;cursor:help.mw-parser-output .cs1-ws-icon abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/4/4c/Wikisource-logo.svg”)right 0.1em center/12px no-repeat.mw-parser-output code.cs1-codecolor:inherit;background:inherit;border:none;padding:inherit.mw-parser-output .cs1-hidden-errordisplay:none;font-size:100%.mw-parser-output .cs1-visible-errorfont-size:100%.mw-parser-output .cs1-maintdisplay:none;color:#33aa33;margin-left:0.3em.mw-parser-output .cs1-formatfont-size:95%.mw-parser-output .cs1-kern-left,.mw-parser-output .cs1-kern-wl-leftpadding-left:0.2em.mw-parser-output .cs1-kern-right,.mw-parser-output .cs1-kern-wl-rightpadding-right:0.2em.mw-parser-output .citation .mw-selflinkfont-weight:inherit20522067

^ 野焼き、死者五人に『朝日新聞』1977年(昭和52年)3月28日夕刊、3版、9面

^ “100325CO転換完了リリース案3.doc (PDF)”. 日本ガス協会 (2010年3月25日). 2018年4月8日閲覧。

^ “1票の格差を巡る最近の裁判とは?”. 読売新聞(YOMIURI ONLINE). 読売新聞社 (2013年6月26日). 2018年2月25日閲覧。

^ “ロシアで火災、37人死亡=子供ら64人不明-西シベリアの商業施設”. 時事ドットコム. 時事通信社 (2018年3月26日). 2018年4月8日閲覧。

^ “金正恩氏が訪中 習主席と会談”. BBC NEWS JAPAN. (2018年3月28日). http://www.bbc.com/japanese/43564784 2018年4月3日閲覧。 

^ È morto Riz Ortolani, maestro della musica al cinema コリエーレ・デラ・セラ 2014年1月23日

^ “Flash Elorde: Greatest Pinoy boxer” ((英語)). GMANews.TV (2008年3月4日). 2021年2月6日閲覧。

^ “毒舌で人気、料理研究家きよ彦さん死去 69歳、脳梗塞の疑い”. Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. (2019年11月3日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/11/03/kiji/20191103s00041000034000c.html 2020年10月27日閲覧。 

^ “阿部敦のアニメキャラ・最新情報まとめ”. アニメイトタイムズ. 2020年11月20日閲覧。

^ “世界的シェフがコロナ感染で死去”. 西日本新聞 (2020年3月26日). 2020年11月18日閲覧。

^ Egbejule, Michael (2022年3月26日). “First female VC, Prof. Grace Alele-Williams, dies at 89”. The Guardian Nigeria. https://guardian.ng/news/first-female-vc-prof-grace-alele-williams-dies-at-89/ 2022年3月27日閲覧。 

^ Millz, Bayo (2022年3月25日). “Just In: First female VC, Prof Alele-Williams allegedly dies at 89” (英語). https://thenewsguru.com/news/just-in-first-female-vc-prof-alele-williams-allegedly-dies-at-89/ 2022年3月25日閲覧。 

^ Akintade, Adefemola (2022年3月25日). “Nigeria’s first female Vice-Chancellor Grace Alele-Williams is dead” (英語). https://gazettengr.com/nigerias-first-female-vice-chancellor-grace-alele-williams-is-dead/ 2022年3月25日閲覧。 

^ フクザワ・エイジ編、シブサワ・コウ監修 『大航海時代IIハンドブック』 (光栄(現:コーエーテクモホールディングス))、1993年、165頁、ISBN 4-87719-011-2。

^ “7月1日(火)より「東武鉄道お客さまセンター」の電話番号が新しくなりました。 (PDF)”. 東武鉄道 (2008年7月1日). 2012年1月11日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2021年5月9日閲覧。

^ a b ゲーム内のプロフィールより。

^ 古舘春一 『ハイキュー!!』 7巻、集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2013年、189頁。ISBN 978-4-08-870786-0。 

^ 『PASH!アニメーションファイル01「おおきく振りかぶって」』主婦と生活社、2008年、18頁。ISBN 978-4-391-62643-8。 

^ 『電撃G’s magazine』、アスキー・メディアワークス 、2010年11月、 111頁。

^ “KOFキャラクター:THE KING OF FIGHTERS OFFICIAL WEB SITE”. SNKプレイモア. 2017年1月1日閲覧。

^ “KOFキャラクター:THE KING OF FIGHTERS OFFICIAL WEB SITE”. SNKプレイモア. 2017年1月1日閲覧。

関連項目[編集]

ウィキメディア・コモンズには、3月25日に関連するメディアおよびカテゴリがあります。365日: 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
前日: 3月24日 翌日: 3月26日
前月: 2月25日 翌月: 4月25日
旧暦: 3月25日
記念日・年中行事表話編歴1年の月と日
今日: 2022年9月5日 [リフレッシュする]1月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

2月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29[1]
3月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

4月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

5月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

6月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

7月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

8月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

9月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

10月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

11月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

12月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

毎月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

その他の日付
1月0日 | 2月30日 | 3月0日 | 12月32日

^ 閏年の閏日

「https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=3月25日&oldid=91090372」から取得
カテゴリ: 日付3月隠しカテゴリ: 出典を必要とする記述のある記事/2021年4月出典を必要とする関連フィクションの記述出典を必要とする記述のある記事/2019年3月出典を必要とする記述のある記事/2018年3月

評価: 4~5 つ星
レビュー: 5678
再生回数: 5821
[spincontent type=”j”]

AAA / 「ぼくの憂鬱と不機嫌な彼女」Sand Art Video Youtube

http://www.avexnet.or.jp/aaa/

約20万人を動員した全国アリーナツアーの成功、
オリジナルアルバム『GOLD SYMPHONY』が過去最高枚数でオリコン週間ランキング1位を獲得、
そして5年連続となるレコード大賞の受賞、紅白歌合戦への出場を果たしたAAA。
彼らにとって飛躍の年となった2014年を経て、
2015年9月のデビュー10周年に向かって、10周年イヤーを飾る7ヶ月連続シングルリリース企画を実施中!

2015.3.25発売「ぼくの憂鬱と不機嫌な彼女」

7ヶ月連続リリース・第3弾は、
「二度とあの頃の2人には戻れない」そうわかっていても離れることができない
恋への未練や葛藤を描いた切なすぎるバラードチューン。
そんな切ない楽曲の世界観をサンドアートで表現!

mu-moショップではLIVE応募チケット付きで販売が決定!(数量には限りがございます。)
LIVE応募チケット付7作全てお買い上げの方が10周年スペシャルLIVEイベントへご参加頂けます。

【LIVE応募チケット付シングル特設販売サイト】
※ご購入の際は、サイトに記載の注意事項を必ず全てご確認下さい。
http://sp.mu-mo.net/shop/r/1501aaa10th_page/ (PC/MB共通)

AAA「ぼくの憂鬱と不機嫌な彼女」配信中!
◆iTunes
https://itunes.apple.com/jp/artist/aaa/id79789358

◆レコチョク
http://recochoku.com/a0/aaa-bokunoyuutsutofukigennakanojo/

「AAA ARENA TOUR 2015 10th Anniversary -Attack All Around-」日程・チケット購入
http://avex.jp/aaa/live/tour.php?id=1000284

AAA 公式ファンクラブ「AAA Party」
https://fc.avex.jp/aaa/reg/?ad=oftop

AAA 公式アプリ
◆iTMS
https://itunes.apple.com/jp/app/aaa-ofisharuapuri/id451691747?mt=8

◆Google play
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.avex.SPA000026

2. ぼく の 憂鬱 と 不機嫌 な 彼女 Yomiuri

Yomiuri
ぼく の 憂鬱 と 不機嫌 な 彼女

説明: ぼく の 憂鬱 と 不機嫌 な 彼女 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 ぼく の 憂鬱 と 不機嫌 な 彼女 は、読売で検索されたもので、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 60 17
[spincontent type=”j”]

3. ぼく の 憂鬱 と 不機嫌 な 彼女 Asahi Shimbun

朝日新聞
ぼく の 憂鬱 と 不機嫌 な 彼女

説明: 朝日新聞で検索した ぼく の 憂鬱 と 不機嫌 な 彼女 に関する上記の情報が、ぼく の 憂鬱 と 不機嫌 な 彼女 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 3476
[spincontent type=”j”]

4. ぼく の 憂鬱 と 不機嫌 な 彼女 The Japan Times

The Japan Times
ぼく の 憂鬱 と 不機嫌 な 彼女

説明: ジャパン タイムズで検索した ぼく の 憂鬱 と 不機嫌 な 彼女 に関する記事のトップです。ぼく の 憂鬱 と 不機嫌 な 彼女 に関する疑問を解決するのに役立ちます。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 3403
[spincontent type=”j”]

5. ぼく の 憂鬱 と 不機嫌 な 彼女 Yomiuri Shimbun

読売新聞
ぼく の 憂鬱 と 不機嫌 な 彼女

説明: ぼく の 憂鬱 と 不機嫌 な 彼女 に関する詳細情報はすでにありますか? ぼく の 憂鬱 と 不機嫌 な 彼女 という記事が読売新聞で検索されました。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 1443
[spincontent type=”j”]

6. ぼく の 憂鬱 と 不機嫌 な 彼女 Mainichi Shimbun

毎日新聞
ぼく の 憂鬱 と 不機嫌 な 彼女

説明: 毎日新聞で見つけた ぼく の 憂鬱 と 不機嫌 な 彼女 に関する上記の情報が、ぼく の 憂鬱 と 不機嫌 な 彼女 に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 68 12
[spincontent type=”j”]

7. ぼく の 憂鬱 と 不機嫌 な 彼女 Sankei Shimbun

産経新聞
ぼく の 憂鬱 と 不機嫌 な 彼女

説明: 産経新聞で検索した ぼく の 憂鬱 と 不機嫌 な 彼女 に関する記事のトップです。ぼく の 憂鬱 と 不機嫌 な 彼女 に関する疑問を解決するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 1358
[spincontent type=”j”]

8. ぼく の 憂鬱 と 不機嫌 な 彼女 Nihon Keizai Shimbun

日本経済新聞
ぼく の 憂鬱 と 不機嫌 な 彼女

説明: ぼく の 憂鬱 と 不機嫌 な 彼女 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 ぼく の 憂鬱 と 不機嫌 な 彼女 は、日本経済新聞で検索され、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 1401
[spincontent type=”j”]

9. ぼく の 憂鬱 と 不機嫌 な 彼女 Chunichi Shimbun

中日新聞
ぼく の 憂鬱 と 不機嫌 な 彼女

説明: 中日新聞で検索した ぼく の 憂鬱 と 不機嫌 な 彼女 に関する上記の情報が、ぼく の 憂鬱 と 不機嫌 な 彼女 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 10 47
[spincontent type=”j”]

10. ぼく の 憂鬱 と 不機嫌 な 彼女 Tokyo Shimbun

東京新聞
ぼく の 憂鬱 と 不機嫌 な 彼女

説明: ぼく の 憂鬱 と 不機嫌 な 彼女 に関する質問を解決するために、東京新聞で検索した ぼく の 憂鬱 と 不機嫌 な 彼女 に関する記事のトップです。
評価: 4~5 つ星
評価: 2642
[spincontent type=”j”]

11. ぼく の 憂鬱 と 不機嫌 な 彼女 Nihon Kogyo Simbun

日本工業新聞
ぼく の 憂鬱 と 不機嫌 な 彼女

説明: ぼく の 憂鬱 と 不機嫌 な 彼女 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 ぼく の 憂鬱 と 不機嫌 な 彼女 は日本工業新聞で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 7640
[spincontent type=”j”]

12. ぼく の 憂鬱 と 不機嫌 な 彼女 Nikkan Kogyo Shimbun

日刊工業新聞
ぼく の 憂鬱 と 不機嫌 な 彼女

説明: 日刊工業新聞で見つけた ぼく の 憂鬱 と 不機嫌 な 彼女 に関する上記の情報が、ぼく の 憂鬱 と 不機嫌 な 彼女 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 3550
[spincontent type=”j”]

13. ぼく の 憂鬱 と 不機嫌 な 彼女 Ainu Times

アイヌタイムス
ぼく の 憂鬱 と 不機嫌 な 彼女

説明: アイヌ タイムズで検索した ぼく の 憂鬱 と 不機嫌 な 彼女 に関する記事のトップです。ぼく の 憂鬱 と 不機嫌 な 彼女 に関する質問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 7923
[spincontent type=”j”]

14. ぼく の 憂鬱 と 不機嫌 な 彼女 Akita Sakigake Shimpo

秋田魁新報
ぼく の 憂鬱 と 不機嫌 な 彼女

説明: ぼく の 憂鬱 と 不機嫌 な 彼女 に関する詳細情報はすでにありますか? ぼく の 憂鬱 と 不機嫌 な 彼女 という記事は、秋田魁新報で検索したものです。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 1322
[spincontent type=”j”]

15. ぼく の 憂鬱 と 不機嫌 な 彼女 Chiba Nippo

千葉日報
ぼく の 憂鬱 と 不機嫌 な 彼女

説明: 千葉日報で検索した ぼく の 憂鬱 と 不機嫌 な 彼女 に関する上記の情報が、ぼく の 憂鬱 と 不機嫌 な 彼女 に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 10 72
[spincontent type=”j”]

16. ぼく の 憂鬱 と 不機嫌 な 彼女 Chugoku Shimbun

中国新聞
ぼく の 憂鬱 と 不機嫌 な 彼女

説明: 中国新聞で検索した ぼく の 憂鬱 と 不機嫌 な 彼女 に関する記事のトップです。ぼく の 憂鬱 と 不機嫌 な 彼女 に関する疑問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 4588
[spincontent type=”j”]

17. ぼく の 憂鬱 と 不機嫌 な 彼女 Daily Tohoku

デイリー東北
ぼく の 憂鬱 と 不機嫌 な 彼女

説明: ぼく の 憂鬱 と 不機嫌 な 彼女 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 ぼく の 憂鬱 と 不機嫌 な 彼女 はデイリー東北で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 9602
[spincontent type=”j”]

18. ぼく の 憂鬱 と 不機嫌 な 彼女 The Eastern Chronicle

イースタン クロニクル
ぼく の 憂鬱 と 不機嫌 な 彼女

説明: イースタン クロニクルで検索した ぼく の 憂鬱 と 不機嫌 な 彼女 に関する上記の情報が、ぼく の 憂鬱 と 不機嫌 な 彼女 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 6853
[spincontent type=”j”]

ぼく の 憂鬱 と 不機嫌 な 彼女 に関する質問

ぼく の 憂鬱 と 不機嫌 な 彼女 についてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。ご質問やご提案はすべて、次の記事の改善に役立てさせていただきます。

記事 ぼく の 憂鬱 と 不機嫌 な 彼女 は、私と私のチームがさまざまな情報源から編集したものです。 記事 ぼく の 憂鬱 と 不機嫌 な 彼女 が役に立った場合は、チームをサポートしてください。「いいね」または「共有」してください!

検索キーワード ぼく の 憂鬱 と 不機嫌 な 彼女

ぼく の 憂鬱 と 不機嫌 な 彼女
方法ぼく の 憂鬱 と 不機嫌 な 彼女
チュートリアル ぼく の 憂鬱 と 不機嫌 な 彼女
【キーワード】 無料

Có thể bạn quan tâm: