あなたは ひよひよ] アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア について学んでいます。今日は、インターネット上の多くの情報源から私たちのチームが編集および編集した記事 ひよひよ] アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア を共有します。 ひよひよ] アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア に関するこの記事がお役に立てば幸いです。

Page Contents

ひよひよ] アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

.mw-parser-output .pathnavboxclear:both;border:1px outset #eef;padding:0.3em 0.6em;margin:0 0 0.5em 0;background-color:#eef;font-size:90%.mw-parser-output .pathnavbox ullist-style:none none;margin-top:0;margin-bottom:0.mw-parser-output .pathnavbox>ulmargin:0.mw-parser-output .pathnavbox ul limargin:0
ビートルズ > 作品リスト > アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア
ビートルズ > 曲名リスト > アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア
ティファニー (アメリカの歌手) > アイ・ソー・ヒム・スタンディング・ゼア

「アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア」ビートルズの楽曲収録アルバム『プリーズ・プリーズ・ミー』英語名I Saw Her Standing Thereリリース
1963年3月22日 (Album “Please Please Me”)
1963年12月26日 (Single)
1964年4月5日 (Single)A面
抱きしめたい
フロム・ミー・トゥ・ユー録音
1963年2月11日
EMIスタジオジャンルロックンロール[1]時間2分55秒レーベル
パーロフォン
キャピトル・レコード
オデオン / 東芝音楽工業作詞者マッカートニー=レノン作曲者マッカートニー=レノンプロデュースジョージ・マーティンチャート順位
後述を参照

ビートルズ シングル U.S. 年表

シー・ラヴズ・ユー(1963年)
抱きしめたい b/w アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア(1963年)
マイ・ボニー(1964年)

ビートルズ シングル 日本 年表

キャント・バイ・ミー・ラヴ(1964年)
フロム・ミー・トゥ・ユー b/w アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア(1964年)
ツイスト・アンド・シャウト(1964年)

『プリーズ・プリーズ・ミー』 収録曲

アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア(A-1)

ミズリー(A-2)

「アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア[注釈 1]」(I Saw Her Standing There)は、ビートルズの楽曲である。1963年に発売された1作目のイギリス盤公式オリジナル・アルバム『プリーズ・プリーズ・ミー』にオープニング・トラックとして収録された。マッカートニー=レノン名義となっているが、主にポール・マッカートニーによって書かれた楽曲。アメリカでは、1963年12月にキャピトル・レコードから発売された第1弾シングル『抱きしめたい』のB面に収録され、1964年2月8日付のBillboard Hot 100で最高位14位を記録し[4]、11週にわたってチャートインした。
2004年に発表された『ローリング・ストーン』誌が選んだ「The 500 Greatest Songs of All Time」と「The 100 Greatest Guitar Songs of All Time」、さらに「The 100 Greatest Beatles Songs」において、それぞれ第140位[5]、第45位[6]、第16位[7]に選ばれた。

背景・曲の構成[編集]
当初の曲名は「Seventeen」[8]で、サウスポートランカシャーで行なわれたビートルズのライブからの帰り道[9]、マッカートニーが1960年にリヴァプールで聴いた民俗音楽「Seventeen Come Sunday」を現代風にアレンジした楽曲として考案された[10]。ビートルズの伝記作家であるマーク・ルイソン(英語版)によると、マッカートニーは1962年10月22日の夕方に友人のロリー・ストーム(英語版)の実家で、アコースティック・ギターを使用してコードとアレンジを練り上げたとのこと[11]。2日後、マッカートニーは当時17歳だったガールフレンドのセリア・モーティマーとロンドンを訪れた時に、歌詞を書き下ろした[12]。この約1か月後にフォースリン・ロードにある自宅でジョン・レノンと共に完成させ[13]、1962年12月にハンブルクのスター・クラブで行われたライブで演奏された[14]。なお、マッカートニーは本作をロリー・ストーム&ザ・ハリケーンズ[注釈 2]に提供する予定だったが、曲を聴いたブライアン・エプスタインによって却下された[15]。
ベース・リフはチャック・ベリーの楽曲「アイム・トーキング・アバウト・ユー」より引用しており、マッカートニーは「まったく同じフレーズを演奏したら、それがうまく曲に合っていた」と語っている[16]。なお、ビートルズは「アイム・トーキング・アバウト・ユー」をライブで演奏したことがあり、この音源は1977年に発売された非公式ライブ・アルバム『デビュー! ビートルズ・ライヴ’62』に収録された[17]。
歌詞は、リバプール芸術学校で使用していたノートに記され、1992年に出版されたマイク・マッカートニー(英語版)の著書『Remember: The Recollections and Photographs of Michael McCartney』には、マッカートニーとレノンがアコースティック・ギターで音を鳴らしながらノートに歌詞を記している様子を捉えた写真が掲載されている。1988年のマーク・ルイソン(英語版)とのインタビューでマッカートニーは「ジョンと一緒に書いた曲。学校を休んで、ギターで書いた。『Well she was just seventeen / Never been a beauty queen(彼女はちょうど17歳 / 絶世の美女ってわけじゃない)』という歌詞だったんだけど、ジョンに『何だって?それじゃ駄目だ』って言われた。初めてのことだったよ。そこで『You know what I mean(意味わかるだろ?)』に変えたんだ」と語っている[18][19]。レノンも1980年の『プレイボーイ』誌のインタビューで「ポールがいつもの調子で作った曲で、ジョージ・マーティンが『ウケ狙い』と呼んでいた。歌詞をちょっと手伝った」と語っている[20]。

レコーディング[編集]
「アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア」の最初のレコーディングは、1962年10月頃にキャヴァーン・クラブで行われたライブ・レコーディングで、現在リリースされたアレンジよりもテンポが遅かった。このレコーディングにおいて、レノンは1曲を通してギターを演奏せず、ハーモニカを演奏するのみだった[14]。
1963年2月11日にEMIスタジオにて2度目のレコーディングが行われ、レコーディング・エンジニアはノーマン・スミスが担当した。アルバム『プリーズ・プリーズ・ミー』のためのレコーディング・セッションは、同日午前10時にスタジオに入り、約3時間のセッションを3回繰り返し、10時間弱ですでにシングル曲として発表されていた4曲を除く10曲をレコーディングするというスケジュールで行われた[21]。本作は「ゼアズ・ア・プレイス」の次いで2曲目に録音された楽曲で、9テイクを要した[22]。録音されたテイクのうち、最終テイクとなるテイク9のみ、マッカートニーによる「one, two, three, four!」というカウントが入っていた[22]。昼休みを終え、マーティンは最初のテイクにハンドクラップ(英語版)を加えることを提案。ビートルズはテイク1にハンドクラップを加え、テイク数は12となった[22]。
1963年2月25日にミキシングが行なわれ[23]、テイク9に入っているマッカートニーによるカウントがテイク12の冒頭に継ぎ足された[22]。通常カウントは、最終ミックスの段階でカットされるが、アルバムにライブ演奏のような雰囲気を演出したかったプロデューサーのジョージ・マーティンの意図によりそのまま残されることとなった[24]。なお、アメリカで1963年7月22日にヴィージェイ・レコードより発売された編集盤『Introducing… The Beatles』収録テイクでは、このカウントがフリーランスのサウンド・エンジニアによってカットされている[25]。
本作は、1963年3月から1964年5月にわたって、BBCラジオ用に演奏が録音されており[26]、1963年10月に録音した演奏は同月20日に『Easy Beat』で放送された後、1994年に発売された『ザ・ビートルズ・ライヴ!! アット・ザ・BBC』に収録され[26]、1963年9月7日に録音した演奏は10月5日に『Saturday Club』で放送された後、2013年に発売された『オン・エア〜ライヴ・アット・ザ・BBC Vol.2』に収録された[27]。
1996年に発売されたシングル『フリー・アズ・ア・バード』にはテイク9[28]、2013年にiTunes限定で配信されたアルバム『The Beatles Bootleg Recordings 1963』にはテイク2[29]が収録された。

評価[編集]
『オールミュージック』のスティーヴン・トマス・アールワインは、本作について「彼らの最高のロッカーの1つで、驚くべきハーモニーとメロディの進行で構成されている」と評し[30]、音楽ジャーナリストのグレイル・マーカスは、本作のマッカートニーによるカウントを引き合いに「今まで聴いた中で最もエキサイティングなロックンロールだった」と評している[1]。
『ローリング・ストーン』誌が発表した「The 500 Greatest Songs of All Time」では第140位[5]、「The 100 Greatest Guitar Songs」では第45位[6]、「The 100 Greatest Beatles Songs」では第16位[7]にランクインしている[25]。

クレジット[編集]
※出典[31]
ポール・マッカートニー – リード・ボーカル、ベース、ハンドクラップ(英語版)
ジョン・レノン – リズムギター、ハーモニー・ボーカル、ハンドクラップ
ジョージ・ハリスン – リードギター、ハンドクラップ
リンゴ・スター – ドラム、ハンドクラップチャート成績(ビートルズ版)[編集]

週間チャート[編集]
チャート (1964年)
最高位
オーストラリア (Kent Music Report)[32]
1
ベルギー (Ultratop 50 Wallonia)[33]
20
ニュージーランド (Lever Hit Parade)[34]
1
スウェーデン (Sverigetopplistan)[35]
13
US Billboard Hot 100[4]
14
チャート (2010年)
最高位
UK Singles (Official Charts Company)[36]
90
チャート (2013年)
最高位
日本 (Billboard Japan Hot 100)[37]
90

年間チャート[編集]
チャート (1964年)
順位
US Billboard Hot 100[38]
95

カバー・バージョン[編集]
メンバーによるセルフカバー[編集]
レノンはエルトン・ジョン・バンドともに、1974年11月28日にマディソン・スクエア・ガーデンで開催されたライブで演奏した[25]。この時の音源は、1975年に発売されたシングル『フィラデルフィア・フリーダム』のB面に収録された[39]。後に1976年に発売されたライブ・アルバム『ヒア・アンド・ゼア〜ライブ・イン・ロンドン&N.Y.』や、1990年代に発売されたボックス・セット『トゥ・ビー・コンティニュード』にも収録された。なお、このライブがレノンの生前最後のライブ演奏となり、レノンが死去した翌年3月にシングル盤が発売され、全英シングルチャートで最高位40位を記録した[40]。
マッカートニーは、1986年のプリンス・トラストのチャリティー・コンサートで、エルトン・ジョン、エリック・クラプトン、フィル・コリンズ、マーク・ノップラー、レイ・キングと共に演奏[25]。その後1989年から1990年にかけて行なわれたワールドツアー、1991年の「Unplugged Tour」、1993年の「New World Tour」、2002年の「Driving World Tour」、2003年の「Back in the World Tour」、2004年の「Summer Tour」、2009年の「Summer Live Tour」などでも演奏しており[25]、『ポール・マッカートニー・ライブ!!』、『バック・イン・ザ・U.S. -ライブ2002』、『バック・イン・ザ・ワールド』などのライブ・アルバムにライブ音源が収録されている[25]。なお、1987年に発売されたカバー・アルバム『バック・イン・ザ・U.S.S.R.』制作時に、ソロ・バージョンのレコーディングが行われたが、未発表のままとなっている[41]。
1988年にビートルズがロックンロールの殿堂入りをした際に、式典に出席したジョージ・ハリスンとリンゴ・スターは、ブルース・スプリングスティーン、ビリー・ジョエル、ミック・ジャガー、ボブ・ディランらと共に本作を演奏した[42]。これにより、ビートルズの楽曲でメンバー全員が解散後に演奏した唯一の例となった。

ティファニーによるカバー[編集]
「アイ・ソー・ヒム・スタンディング・ゼア」ティファニー の シングル初出アルバム『ティファニー(英語版)』B面

ゴッタ・ビー・ラブ
Mr.マンボリリース
1988年3月規格
.mw-parser-output .hlist ul,.mw-parser-output .hlist olpadding-left:0.mw-parser-output .hlist li,.mw-parser-output .hlist dd,.mw-parser-output .hlist dtmargin-right:0;display:inline-block;white-space:nowrap.mw-parser-output .hlist dt:after,.mw-parser-output .hlist dd:after,.mw-parser-output .hlist li:afterwhite-space:normal.mw-parser-output .hlist li:after,.mw-parser-output .hlist dd:aftercontent:” · “;font-weight:bold.mw-parser-output .hlist dt:aftercontent:”: “.mw-parser-output .hlist-pipe dd:after,.mw-parser-output .hlist-pipe li:aftercontent:” .mw-parser-output .hlist-hyphen dd:after,.mw-parser-output .hlist-hyphen li:aftercontent:” – “;font-weight:normal.mw-parser-output .hlist-comma dd:after,.mw-parser-output .hlist-comma li:aftercontent:”、 “;font-weight:normal.mw-parser-output .hlist-slash dd:after,.mw-parser-output .hlist-slash li:aftercontent:” / “;font-weight:normal.mw-parser-output .hlist dd:last-child:after,.mw-parser-output .hlist dt:last-child:after,.mw-parser-output .hlist li:last-child:aftercontent:none.mw-parser-output .hlist dd dd:first-child:before,.mw-parser-output .hlist dd dt:first-child:before,.mw-parser-output .hlist dd li:first-child:before,.mw-parser-output .hlist dt dd:first-child:before,.mw-parser-output .hlist dt dt:first-child:before,.mw-parser-output .hlist dt li:first-child:before,.mw-parser-output .hlist li dd:first-child:before,.mw-parser-output .hlist li dt:first-child:before,.mw-parser-output .hlist li li:first-child:beforecontent:” (“;font-weight:normal.mw-parser-output .hlist dd dd:last-child:after,.mw-parser-output .hlist dd dt:last-child:after,.mw-parser-output .hlist dd li:last-child:after,.mw-parser-output .hlist dt dd:last-child:after,.mw-parser-output .hlist dt dt:last-child:after,.mw-parser-output .hlist dt li:last-child:after,.mw-parser-output .hlist li dd:last-child:after,.mw-parser-output .hlist li dt:last-child:after,.mw-parser-output .hlist li li:last-child:aftercontent:”) “;font-weight:normal.mw-parser-output .hlist olcounter-reset:listitem.mw-parser-output .hlist ol>licounter-increment:listitem.mw-parser-output .hlist ol>li:beforecontent:” “counter(listitem)” “;white-space:nowrap.mw-parser-output .hlist dd ol>li:first-child:before,.mw-parser-output .hlist dt ol>li:first-child:before,.mw-parser-output .hlist li ol>li:first-child:beforecontent:” (“counter(listitem)” “シングル・カセット7inchシングル12inchシングル8cmシングル録音
1987年ジャンル
シンセポップ時間

4分12秒(アルバム収録テイク)
3分58秒(シングル収録テイク)レーベル
MCAレコード作詞・作曲
レノン=マッカートニープロデュース
ジョージ・トービン(英語版)ゴールドディスク
後述を参照チャート最高順位
後述を参照ティファニー シングル 年表
思い出に抱かれて(1988年)アイ・ソー・ヒム・スタンディング・ゼア(1988年)フィーリングズ・オブ・フォーエバー(1988年)

『ティファニー(英語版)』 収録曲

ギッド・オン・ア・コーナー(5)

アイ・ソー・ヒム・スタンディング・ゼア(6)

インサイド・ムーブズ(7)
ミュージックビデオ
「I Saw Him Standing There」 – YouTube
テンプレートを表示
1988年にティファニーによるカバー・バージョン「アイ・ソー・ヒム・スタンディング・ゼア」(I Saw Him Standing There)が発表され、後に発売されたアルバム『ティファニー(英語版)』にも収録された。なお、英語圏では性別を違えて歌うことはほとんどなく、その代わり歌詞や楽曲のタイトルを性別に合うように変更することが通例となっており、ティファニーによるカバー・バージョンもこの例に倣って、「アイ・ソー・ヒム・スタンディング・ゼア」と歌詞とタイトルが女性目線に変更されている。
日本で発売された8cmシングル盤には、カップリング曲として「ときめきハート」が収録された。この楽曲は、明治製菓「MARBLE」のCMソングとして使用された[43]。
ライブで演奏した際の映像で構成されたミュージック・ビデオが存在している。

発売形態と収録曲[編集]
カセット・シングルおよび7インチシングル#タイトル作詞・作曲時間1.「アイ・ソー・ヒム・スタンディング・ゼア」(I Saw Him Standing There)レノン=マッカートニー3:582.「ゴッタ・ビー・ラブ」(Gotta Be Love)ジョン・ドワーティ(英語版)マーク・ポール4:163.「Mr.マンボ」(Mr. Mambo)ジョン・ドワーティマーク・ポール5:45合計時間:13:5912インチシングル#タイトル作詞・作曲リミキサー時間1.「アイ・ソー・ヒム・スタンディング・ゼア」(I Saw Him Standing There (Dance Mix))レノン=マッカートニービル・スミス6:312.「ゴッタ・ビー・ラブ」(Gotta Be Love)ジョン・ドワーティ(英語版)マーク・ポール 4:163.「Mr.マンボ」(Mr. Mambo)ジョン・ドワーティマーク・ポール 5:45合計時間:16:327インチシングル(イギリス)#タイトル作詞・作曲時間1.「アイ・ソー・ヒム・スタンディング・ゼア」(I Saw Him Standing There)レノン=マッカートニー3:582.「Mr.マンボ」(Mr. Mambo)ジョン・ドワーティマーク・ポール5:45合計時間:9:438cmシングル(日本)#タイトル作詞・作曲時間1.「アイ・ソー・ヒム・スタンディング・ゼア」(I Saw Him Standing There)レノン=マッカートニー4:012.「ときめきハート」(Can’t Stop A Heartbeat)ジョン・ドワーティマーク・ポール4:14合計時間:8:15ミニ・アルバム(日本)#タイトル作詞・作曲リミキサー時間1.「ふたりの世界」(I Think We’re Alone Now (Extended Version))リッチー・コーデル(英語版)マーク・ポールビル・スミスジョン・ドワーティ6:402.「アイ・ソー・ヒム・スタンディング・ゼア」(I Saw Him Standing There (Dance Mix))レノン=マッカートニービル・スミス6:333.「ときめきハート」(Can’t Stop A Heartbeat (Long Version))ジョン・ドワーティマーク・ポール 4:514.「Mr.マンボ」(Mr. Mambo)ジョン・ドワーティマーク・ポール 5:485.「ときめきハート」(Can’t Stop A Heartbeat (Long Version))ジョン・ドワーティマーク・ポール 4:51合計時間:28:43チャート成績(ティファニー版)[編集]
チャート (1988年)
最高位
オーストラリア (ARIA)[44]
10
アイルランド (IRMA)[45]
4
日本 (オリコン)

64
オランダ (Single Top 100)[46]
40
ニュージーランド (Recorded Music NZ)[47]
3
UK Singles (Official Charts Company)[48]
8
US Billboard Hot 100[49]
7
認定[編集]

国/地域

認定
認定/売上枚数
日本 (RIAJ)[50]

14,550^その他のアーティストによるカバー[編集]
リトル・リチャード – 1970年に発売されたアルバム『The Rill Thing(英語版)』に収録[51]。
マギー・ベル – 1975年に発売されたアルバム『Suicide Sal』に収録[52]。
ボブ・ウェルチ – 1979年に発売されたアルバム『Three Hearts』に収録[53]。
ジェリー・ガルシア – 1982年に発売されたアルバム『Run for the Roses』に収録。
ザ・フー – 1982年にシェイ・スタジアムで開催されたライブツアーで披露。この模様は2015年に発売された映像作品『ライヴ・アット・シェイ・スタジアム 1982』に収録された。
ダイアナ・ロス&ザ・スプリームス – 2008年に発売されたコンピレーション・アルバム『Let The Music Play: Supreme Rarities: Motown Lost & Found (1960-1969)』に収録[54]。ティファニーによるカバー・バージョンと同様に、歌詞とタイトルが女性目線に変更されている。
チューブス(英語版) – 1996年に発売されたアルバム『Goin’ Down』に収録[55]。
つんく♂ – 2000年に発売されたNHK-BSでの企画によるビートルズのカバー・アルバム『A HARD DAY’S NIGHT つんくが完コピーやっちゃったヤァ!ヤァ!ヤァ! Vol.1』に収録。
ジム・リー(英語版) – 2002年に発売されたアルバム『Therapy』に収録[56]。
ビータリカ – 2013年に発売されたアルバム『Beatallica』に収録[57]。
ヒメーシュ・パテル – 2019年に公開された映画『イエスタデイ』の劇中で演奏。同作のサウンドトラック盤にも収録された[58]。脚注[編集]
[脚注の使い方]注釈[編集]

^ 1960年代から1970年代に発売された楽譜集では「その時ハートは盗まれた」という邦題がつけられているが、東芝音楽工業はこの邦題を採用していない。ただし、1975年7月に新興楽譜出版社が発行した楽譜集『ビートルズ80曲集』198頁 – 199頁に「アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア」の楽譜が掲載されているが、タイトルとして「I Saw Her Standing There」に「その時ハートは盗まれた」が併記されている[2]。また、1966年7月にビクターから発売されたメリー・ウェルズ(英語版)のLP『くたばれ!ビートルズ』(原題:英語: LOVE SONGS TO THE BEATLES)に、この楽曲のカバーが収録された際に「その時ハートは盗まれた」という邦題が採用されている[3]。

^ マッカートニーは、ローリー・ストームの妹であるアイリスと交際していた[15]。

出典[編集]

^ a b Marcus 1976, p. 180.

^ 『ビートルズ80曲集』(第24版)草野昌一 新興楽譜出版社、1975年7月10日、198-199頁。 

^ メリー・ウェルズ、「その時ハートは盗まれた」、『くたばれ!ビートルズ』B面5曲目に収録、ビクター、1966年7月、SJET-7827。

^ a b “The Hot 100 Chart”. Billboard (1964年3月21日). 2020年8月24日閲覧。

^ a b “The 100 Greatest Guitar Songs of All Time : Rolling Stone”. Rolling Stone. (2011年4月7日). https://www.rollingstone.com/music/music-lists/500-greatest-songs-of-all-time-151127/the-beatles-i-saw-her-standing-there-65377/ 2019年6月29日閲覧。 

^ a b “The 100 Greatest Guitar Songs of All Time”. Rolling Stone. (2011年4月7日). オリジナルの2008年6月25日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080625061017/http://www.rollingstone.com/news/coverstory/20947527/page/41 2019年6月29日閲覧。 

^ a b “100 Greatest Beatles Songs”. Rolling Stone. (2011年9月19日). https://www.rollingstone.com/music/music-lists/100-greatest-beatles-songs-154008/i-saw-her-standing-there-180952/ 2019年6月29日閲覧。 

^ ビートルズ/レコーディング・セッション, p. 30.

^ Badman 2000, p. 50.

^ Schofield 2012, p. 395.

^ Lewisohn 2013, pp. 747–748.

^ Lewisohn 2013, p. 748.

^ Miles 1997, pp. 93–94.

^ a b Winn 2009, p. 17.

^ a b Lewis & Spignesi 2009, p. 498.

^ Harry 1992, p. 329.

^ Womack 2016, p. 228.

^ Lewisohn 1988, p. 9.

^ Everett 2001, p. 145.

^ Sheff 2020, p. 212.

^ Lewisohn 1988, p. 24.

^ a b c d Margotin & Guesdon 2014, p. 26.

^ Lewisohn 1988, p. 28.

^ The Beatles 2000, p. 92.

^ a b c d e f Womack 2014, p. 426.

^ a b Womack 2014, p. 425.

^ Winn 2008, p. 74.

^ Womack 2014, p. 427.

^ Womack 2016, p. 50.

^ Erlewine, Stephen Thomas. Please Please Me – The Beatles | Songs, Reviews, Credits – オールミュージック. 2021年6月13日閲覧。

^ MacDonald 2005, p. 66.

^ Kent 2009, p. 202.

^ “Ultratop.be – The Beatles – I Saw Her Standing There” (in French). Ultratop 50. 2020年10月10日閲覧。

^ “Lever Hit Parade summary”. Flavour of New Zealand (1964年2月13日). 2020年8月24日閲覧。

^ “Swedish Charts 1962-March 1966/Kvällstoppen – Listresultaten vecka för vecka > Januari 1964” (Swedish). hitsallertijden.nl. 2020年8月24日閲覧。

^ “Official Singles Chart Top 100″. UK Singles Chart. 2020年10月10日閲覧。

^ “Billboard Japan Hot 100 | Charts”. Billboard JAPAN. 阪神コンテンツリンク (2013年11月25日). 2020年10月10日閲覧。

^ “Top Records of 1964”. Billboard: 6. (January 2, 1965). http://www.americanradiohistory.com/Archive-Billboard/60s/1965/Billboard%201965-01-02.pdf. 

^ Blaney, John (2005). John Lennon: Listen to This Book. Paper Jukebox. p. 166. .mw-parser-output cite.citationfont-style:inherit.mw-parser-output .citation qquotes:”””””””‘””‘”.mw-parser-output .id-lock-free a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-free abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/6/65/Lock-green.svg”)right 0.1em center/9px no-repeat.mw-parser-output .id-lock-limited a,.mw-parser-output .id-lock-registration a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-limited a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-registration abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/d/d6/Lock-gray-alt-2.svg”)right 0.1em center/9px no-repeat.mw-parser-output .id-lock-subscription a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-subscription abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/a/aa/Lock-red-alt-2.svg”)right 0.1em center/9px no-repeat.mw-parser-output .cs1-subscription,.mw-parser-output .cs1-registrationcolor:#555.mw-parser-output .cs1-subscription span,.mw-parser-output .cs1-registration spanborder-bottom:1px dotted;cursor:help.mw-parser-output .cs1-ws-icon abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/4/4c/Wikisource-logo.svg”)right 0.1em center/12px no-repeat.mw-parser-output code.cs1-codecolor:inherit;background:inherit;border:none;padding:inherit.mw-parser-output .cs1-hidden-errordisplay:none;font-size:100%.mw-parser-output .cs1-visible-errorfont-size:100%.mw-parser-output .cs1-maintdisplay:none;color:#33aa33;margin-left:0.3em.mw-parser-output .cs1-formatfont-size:95%.mw-parser-output .cs1-kern-left,.mw-parser-output .cs1-kern-wl-leftpadding-left:0.2em.mw-parser-output .cs1-kern-right,.mw-parser-output .cs1-kern-wl-rightpadding-right:0.2em.mw-parser-output .citation .mw-selflinkfont-weight:inheritISBN 0-9544-5281-X 

^ “Official Singles Chart Top 75”. Official Charts Company. 2020年8月24日閲覧。

^ Weiner, Allen (1994) [1992]. The Beatles: The Ultimate Recording Guide. p. 250. ISBN 978-0816025114 

^ Harry 2012, p. 182.

^ “アイ・ソー・ヒム・スタンディング・ゼア | ティファニー”. ORICON NEWS. オリコン. 2020年8月24日閲覧。

^ “Australian-charts.com – Tiffany – I Saw Him Standing There”. ARIA Top 50 Singles. 2020年8月24日閲覧。

^ “The Irish Charts – Search Results – I Saw Him Standing There”. Irish Singles Chart. 2022年3月27日閲覧。

^ “Dutchcharts.nl – Tiffany – I Saw Him Standing There” (in Dutch). Single Top 100. 2020年8月24日閲覧。

^ “charts.nz – Tiffany – I Saw Him Standing There”. Top 40 Singles. 2022年3月27日閲覧。

^ “Official Singles Chart Top 100”. UK Singles Chart. 2020年8月24日閲覧。

^ “The Hot 100 Chart”. Billboard (1988年4月23日). 2020年8月24日閲覧。

^ “Japanese single certifications – Tiffany – Could’ve Been” (Japanese). Recording Industry Association of Japan. 2020年10月10日閲覧。 Select 1988年月 on the drop-down menu

^ The Rill Thing – Little Richard | Songs, Reviews, Credits – オールミュージック. 2020年8月24日閲覧。

^ Greene, Jo-Ann. Suicide Sal – Maggie Bell | Songs, Reviews, Credits – オールミュージック. 2021年1月26日閲覧。

^ Adams, Bret. Bob Welch – Three Hearts Album Reviews, Songs & More – オールミュージック. 2022–07-04閲覧。

^ Planer, Lindsay. Supreme Rarities: Motown Lost and Found – Diana Ross & the Supremes, The Supremes | Songs, Reviews, Credits – オールミュージック. 2021年1月26日閲覧。

^ Goin’ Down – The Tubes | Songs, Reviews, Credits – オールミュージック. 2020年8月24日閲覧。

^ Therapy – Jim Lea | Songs, Reviews, Credits – オールミュージック. 2020年8月24日閲覧。

^ Abbey Load – Beatallica | Songs, Reviews, Credits – オールミュージック. 2020年8月24日閲覧。

^ Yesterday [Original Motion Picture Soundtrack] – Original Motion Picture Soundtrack | Songs, Reviews, Credits – オールミュージック. 2020年8月24日閲覧。

参考文献[編集]
Badman, Keith (2000). The Beatles Off the Record. London: Omnibus. ISBN 0-7119-7985-5 
The Beatles (2000). The Beatles Anthology. London: Cassell & Co.. ISBN 0-3043-5605-0 
Everett, Walter (2001). The Beatles as Musicians: The Quarry Men Through Rubber Soul. Oxford University Press. ISBN 0-1951-4105-9 
Harry, Bill (1992). The Ultimate Beatles Encyclopedia. London: Virgin Books. ISBN 0-86369-681-3 
Harry, Bill (2012). The Ringo Starr Encyclopedia. Ebury Publishing. ISBN 0-7535-4716-3 
Kent, David (2009). Australian Chart Book:Australian Chart Chronicles (1940-2008). Turramurra: Australian Chart Book. ISBN 9780646512037 
Lewis, Michael; Spignesi, Stephen J. (2009). 100 Best Beatles Songs: A Passionate Fan’s Guide. Running Press. ISBN 1-6037-6265-5 
マーク・ルウィソーン 『ビートルズ/レコーディング・セッション』内田久美子(訳)、シンコー・ミュージック、1998年 (原著1990年)。ISBN 978-4401612970。 
Lewisohn, Mark (1988). The Beatles Recording Sessions. New York: Harmony Books. ISBN 0-517-57066-1 
Lewisohn, Mark (2013). The Beatles: All These Years, Volume One – Tune In. Crown Archetype. ISBN 978-1-4000-8305-3 
MacDonald, Ian (2005). Revolution in the Head: The Beatles’ Records and the Sixties (Second Revised ed.). London: Pimlico (Rand). ISBN 1-84413-828-3 
Marcus, Greil (1976). “The Beatles”. In Miller, Jim. The Rolling Stone Illustrated History of Rock and Roll. New York: Rolling Stone. p. 177-189. ISBN 0-3947-3238-3 
Margotin, Philippe; Guesdon, Jean-Michel (2014). All The Songs: The Story Behind Every Beatles Release. Running Press. ISBN 1-6037-6371-6 
Miles, Barry (1997). Paul McCartney: Many Years From Now. New York: Henry Holt & Company. ISBN 0-8050-5249-6. https://archive.org/details/paulmccartneyman00mile 
Schofield, Nigel (2012). Fairport by Fairport. London: Rocket 88. ISBN 978-1-906615-47-5 
Sheff, David (2020) [2000]. All We Are Saying: The Last Major Interview With John Lennon and Yoko Ono. Pan Macmillan. ISBN 1-5290-5477-X 
Winn, John C. (2008). Way Beyond Compare: The Beatles’ Recorded Legacy, Volume One, 1957-1965. Crown. ISBN 978-0307451576 
Womack, Kenneth (2014). The Beatles Encyclopedia: Everything Fab Four [2 volumes]. ISBN 0-3133-9172-6 
Womack, Kenneth (2016). The Beatles Encyclopedia: Everything Fab Four. ISBN 978-1-440-84427-0 外部リンク[編集]
I Saw Her Standing There – The Beatles
I Saw Him Standing There – Genius(英語版)の歌詞ページ表話編歴ビートルズのシングルUK盤・US盤共通
1963年
プリーズ・プリーズ・ミー / アスク・ミー・ホワイ
フロム・ミー・トゥ・ユー / サンキュー・ガール
シー・ラヴズ・ユー / アイル・ゲット・ユー1964年
キャント・バイ・ミー・ラヴ / ユー・キャント・ドゥ・ザット
アイ・フィール・ファイン / シーズ・ア・ウーマン1965年
涙の乗車券 / イエス・イット・イズ
ヘルプ! / アイム・ダウン
恋を抱きしめよう / デイ・トリッパー1966年
ペイパーバック・ライター / レイン
エリナー・リグビー / イエロー・サブマリン1967年
ストロベリー・フィールズ・フォーエバー / ペニー・レイン
愛こそはすべて / ベイビー・ユーアー・ア・リッチ・マン
ハロー・グッドバイ / アイ・アム・ザ・ウォルラス1968年
レディ・マドンナ / ジ・インナー・ライト
ヘイ・ジュード / レボリューション1969年
ゲット・バック / ドント・レット・ミー・ダウン
ジョンとヨーコのバラード / オールド・ブラウン・シュー
サムシング / カム・トゥゲザー1970年
レット・イット・ビー / ユー・ノウ・マイ・ネーム1978年
サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド / ウィズ・ア・リトル・ヘルプ・フロム・マイ・フレンズ / ア・デイ・イン・ザ・ライフ1982年
ザ・ビートルズ・ムービー・メドレー / すてきなダンス1995年
ベイビー・イッツ・ユー
フリー・アズ・ア・バード / クリスマス・タイム1996年
リアル・ラヴ / ベイビーズ・イン・ブラック
UK盤(パーロフォン /アップル)
1962年
マイ・ボニー / 聖者の行進(トニー・シェリダン and ザ・ビート・ブラザーズ)
ラヴ・ミー・ドゥ / P.S.アイ・ラヴ・ユー1963年
抱きしめたい / ジス・ボーイ(こいつ)1964年
いい娘じゃないか / イフ・ユー・ラヴ・ミー・ベイビー
ア・ハード・デイズ・ナイト / 今日の誓い1976年
イエスタデイ / 恋する二人
バック・イン・ザ・U.S.S.R. / ツイスト・アンド・シャウト
US盤(ヴィージェイ /スワン /トリー /キャピトル /アップル)
1963年
抱きしめたい / アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア1964年
ツイスト・アンド・シャウト / ゼアズ・ア・プレイス
ドゥ・ユー・ウォント・トゥ・ノウ・ア・シークレット / サンキュー・ガール
ラヴ・ミー・ドゥ / P.S.アイ・ラヴ・ユー
シー・ラヴズ・ユー(ドイツ語) / アイル・ゲット・ユー
ぼくが泣く / すてきなダンス
アンド・アイ・ラヴ・ハー / 恋におちたら
ア・ハード・デイズ・ナイト / 恋する二人
マッチ・ボックス / スロウ・ダウン1965年
エイト・デイズ・ア・ウィーク / パーティーはそのままに
イエスタデイ / アクト・ナチュラリー1966年
ひとりぼっちのあいつ / 消えた恋1970年
ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード / フォー・ユー・ブルー1976年
ゴット・トゥ・ゲット・ユー・イントゥ・マイ・ライフ / ヘルター・スケルター
オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ / ジュリア
その他(オデオン /パーロフォン /アップル)
1963年
ロール・オーバー・ベートーヴェン / デヴィル・イン・ハー・ハート(フィリピン)1964年
抱きしめたい(ドイツ語) / シー・ラヴズ・ユー(ドイツ語)(ドイツ)
オール・マイ・ラヴィング / ジス・ボーイ(こいつ)(カナダ)
フロム・ミー・トゥ・ユー / アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア(日本)
ツイスト・アンド・シャウト / ロール・オーバー・ベートーヴェン(日本)
オール・マイ・ラヴィング / ラヴ・ミー・ドゥ(日本)
プリーズ・ミスター・ポストマン / マネー(日本)1965年
ロック・アンド・ロール・ミュージック / アイム・ア・ルーザー(ヨーロッパ、オーストラリア)
すてきなダンス / テル・ミー・ホワイ(日本)
ロング・トール・サリー / アイ・コール・ユア・ネーム(日本)
ノー・リプライ / エイト・デイズ・ア・ウィーク(日本)
ロック・アンド・ロール・ミュージック / エヴリー・リトル・シング(日本)
ミスター・ムーンライト / ホワット・ユー・アー・ドゥーイング(日本)
カンサス・シティ/ヘイ・ヘイ・ヘイ・ヘイ / アイル・フォロー・ザ・サン(日本)
パーティーはそのままに / みんないい娘(日本)
ディジー・ミス・リジー / アンナ(日本)
恋のアドバイス / テル・ミー・ホワット・ユー・シー (日本)
ザ・ナイト・ビフォア / アナザー・ガール(日本)1966年
ノルウェーの森 (ノーウェジアン・ウッド) / ひとりぼっちのあいつ(オーストラリア)
ミッシェル / ガール(ヨーロッパ)1968年
オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ / ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス(ヨーロッパ、日本、オーストラリア)
オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ / アイ・ウィル(フィリピン)
バック・イン・ザ・U.S.S.R. / ドント・パス・ミー・バイ(スウェーデン)1969年
恋のアドバイス / テル・ミー・ホワット・ユー・シー(日本)1970年
オー!ダーリン / ヒア・カムズ・ザ・サン(日本)1972年
オール・トゥゲザー・ナウ / ヘイ・ブルドッグ(ヨーロッパ)1978年
サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド / ウィズ・ア・リトル・ヘルプ・フロム・マイ・フレンズ / ウィズイン・ユー・ウィズアウト・ユー(ドイツ)1981年
レット・イット・ビー / ゲット・バック(日本)

.mw-parser-output .redirectcatnavmargin:1em auto;border-style:none;text-align:left;font-size:100%;clear:both.mw-parser-output .redirectcat ulmargin-left:0アイ・ソー・ヒム・スタンディング・ゼアに関するカテゴリ:
1988年のシングル
MCAレコードのシングル
典拠管理
MBW: a8a158e3-0a0e-37e1-b5b5-9480a02d816e

「https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア&oldid=90799455」から取得
カテゴリ: ビートルズの楽曲レノン=マッカートニーが制作した楽曲ジョージ・マーティンがプロデュースした楽曲1963年の楽曲1963年のシングルキャピトル・レコードのシングルパーロフォンのシングル楽曲 あ隠しカテゴリ: 日本語版記事がリダイレクトの仮リンクを含む記事MusicBrainz作品識別子が指定されている記事

評価: 4~5 つ星
レビュー: 9374
再生回数: 8935
[spincontent type=”j”]

The Beatles – I Saw Her Standing There – 1963 Youtube

The Beatles – I Saw Her Standing There – 1963

2. ひよひよ] アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア Yomiuri

Yomiuri
ひよひよ] アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア

説明: ひよひよ] アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 ひよひよ] アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア は、読売で検索されたもので、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 2538
[spincontent type=”j”]

3. ひよひよ] アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア Asahi Shimbun

朝日新聞
ひよひよ] アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア

説明: 朝日新聞で検索した ひよひよ] アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア に関する上記の情報が、ひよひよ] アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 8847
[spincontent type=”j”]

4. ひよひよ] アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア The Japan Times

The Japan Times
ひよひよ] アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア

説明: ジャパン タイムズで検索した ひよひよ] アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア に関する記事のトップです。ひよひよ] アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア に関する疑問を解決するのに役立ちます。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 65 19
[spincontent type=”j”]

5. ひよひよ] アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア Yomiuri Shimbun

読売新聞
ひよひよ] アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア

説明: ひよひよ] アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア に関する詳細情報はすでにありますか? ひよひよ] アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア という記事が読売新聞で検索されました。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 8595
[spincontent type=”j”]

6. ひよひよ] アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア Mainichi Shimbun

毎日新聞
ひよひよ] アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア

説明: 毎日新聞で見つけた ひよひよ] アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア に関する上記の情報が、ひよひよ] アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 3886
[spincontent type=”j”]

7. ひよひよ] アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア Sankei Shimbun

産経新聞
ひよひよ] アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア

説明: 産経新聞で検索した ひよひよ] アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア に関する記事のトップです。ひよひよ] アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア に関する疑問を解決するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 22 12
[spincontent type=”j”]

8. ひよひよ] アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア Nihon Keizai Shimbun

日本経済新聞
ひよひよ] アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア

説明: ひよひよ] アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 ひよひよ] アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア は、日本経済新聞で検索され、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 7746
[spincontent type=”j”]

9. ひよひよ] アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア Chunichi Shimbun

中日新聞
ひよひよ] アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア

説明: 中日新聞で検索した ひよひよ] アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア に関する上記の情報が、ひよひよ] アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 8339
[spincontent type=”j”]

10. ひよひよ] アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア Tokyo Shimbun

東京新聞
ひよひよ] アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア

説明: ひよひよ] アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア に関する質問を解決するために、東京新聞で検索した ひよひよ] アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア に関する記事のトップです。
評価: 4~5 つ星
評価: 6969
[spincontent type=”j”]

11. ひよひよ] アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア Nihon Kogyo Simbun

日本工業新聞
ひよひよ] アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア

説明: ひよひよ] アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 ひよひよ] アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア は日本工業新聞で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 9738
[spincontent type=”j”]

12. ひよひよ] アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア Nikkan Kogyo Shimbun

日刊工業新聞
ひよひよ] アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア

説明: 日刊工業新聞で見つけた ひよひよ] アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア に関する上記の情報が、ひよひよ] アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 4825
[spincontent type=”j”]

13. ひよひよ] アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア Ainu Times

アイヌタイムス
ひよひよ] アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア

説明: アイヌ タイムズで検索した ひよひよ] アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア に関する記事のトップです。ひよひよ] アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア に関する質問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 6783
[spincontent type=”j”]

14. ひよひよ] アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア Akita Sakigake Shimpo

秋田魁新報
ひよひよ] アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア

説明: ひよひよ] アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア に関する詳細情報はすでにありますか? ひよひよ] アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア という記事は、秋田魁新報で検索したものです。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 6683
[spincontent type=”j”]

15. ひよひよ] アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア Chiba Nippo

千葉日報
ひよひよ] アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア

説明: 千葉日報で検索した ひよひよ] アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア に関する上記の情報が、ひよひよ] アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 6426
[spincontent type=”j”]

16. ひよひよ] アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア Chugoku Shimbun

中国新聞
ひよひよ] アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア

説明: 中国新聞で検索した ひよひよ] アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア に関する記事のトップです。ひよひよ] アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア に関する疑問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 4733
[spincontent type=”j”]

17. ひよひよ] アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア Daily Tohoku

デイリー東北
ひよひよ] アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア

説明: ひよひよ] アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 ひよひよ] アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア はデイリー東北で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 4394
[spincontent type=”j”]

18. ひよひよ] アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア The Eastern Chronicle

イースタン クロニクル
ひよひよ] アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア

説明: イースタン クロニクルで検索した ひよひよ] アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア に関する上記の情報が、ひよひよ] アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 8897
[spincontent type=”j”]

ひよひよ] アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア に関する質問

ひよひよ] アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア についてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。ご質問やご提案はすべて、次の記事の改善に役立てさせていただきます。

記事 ひよひよ] アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア は、私と私のチームがさまざまな情報源から編集したものです。 記事 ひよひよ] アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア が役に立った場合は、チームをサポートしてください。「いいね」または「共有」してください!

検索キーワード ひよひよ] アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア

ひよひよ] アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア
方法ひよひよ] アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア
チュートリアル ひよひよ] アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア
【キーワード】 無料

Có thể bạn quan tâm: