あなたは ひみつ の アッコ ちゃん 歌 エンディング 歌詞 について学んでいます。今日は、インターネット上の多くの情報源から私たちのチームが編集および編集した記事 ひみつ の アッコ ちゃん 歌 エンディング 歌詞 を共有します。 ひみつ の アッコ ちゃん 歌 エンディング 歌詞 に関するこの記事がお役に立てば幸いです。

Page Contents

ひみつ の アッコ ちゃん 歌 エンディング 歌詞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

.mw-parser-output .hatnotemargin:0.5em 0;padding:3px 2em;background-color:transparent;border-bottom:1px solid #a2a9b1;font-size:90%

「アッコちゃん」はこの項目へ転送されています。その他の用法については「アッコ (曖昧さ回避)」をご覧ください。

『ひみつのアッコちゃん』は、赤塚不二夫による日本の少女漫画である。1960年代から2010年代に至るまでたびたびテレビアニメ化され、人気を呼んだ。また、テレビドラマや実写映画も製作されている。東映魔女っ子シリーズである。

.mw-parser-output .toclimit-2 .toclevel-1 ul,.mw-parser-output .toclimit-3 .toclevel-2 ul,.mw-parser-output .toclimit-4 .toclevel-3 ul,.mw-parser-output .toclimit-5 .toclevel-4 ul,.mw-parser-output .toclimit-6 .toclevel-5 ul,.mw-parser-output .toclimit-7 .toclevel-6 uldisplay:none
内容[編集]
なんでも望むものに変身できる魔法のコンパクトを鏡の精からもらった少女・アッコちゃんが、コンパクトの力を使って変身して、人助けをするコメディ。女の子が憧れの職業に変身するという、変身願望を満たす要素は後の魔法少女もののスタンダードとなり、大きな影響を残した。同時に、「ごく普通の人間の少女が、異世界の存在から魔法の力を与えられ変身能力を得る」という、後のぴえろ魔法少女シリーズに連なる設定の元祖的作品ともなった。

登場人物[編集]
アッコ(加賀美あつ子)
声 – 太田淑子(第1作)、堀江美都子(第2作)、山崎和佳奈(第3作)、平野綾(短編)
本作の主人公。小学5年生。ふわふわのお下げ髪に桃色のリボンをつけているのが特徴(お下げ髪を解けば、腰まであるストレートヘアになる)。おっちょこちょい(母譲り)だが、明るく天真爛漫で友だち思いの少女。
原作の外見は『おそ松くん』のトト子と瓜二つで、お互いの姿を見て驚く場面がある。また『もーれつア太郎』の第2作では、彼女をモデルにしたモモコ(声 – 久川綾)が登場している。ただし、おっちょこちょいなアッコとは対照的に、こちらはおっとりした天然ボケな性格をしている。
原作第1期
運悪く飛んできた野球のボールによって鏡が破損してしまうが、鏡の国から来たおじさんから、なんでも望むものに変身できる鏡をもらう。またこの時期のみ、変身中には鏡を見てはいけないという制約がある。
最終回は、お金を落としたのを「買い食い」とモコに疑われ、家出したカン吉を探しに、モコと共にお化け屋敷に行く話で、アニメ最終回の様に「鏡が消滅する」ということはないまま終わった。
原作第2期
母の服でお姫様ごっこ遊びに没頭中にミスで鏡(原作第1期の「魔法の鏡」を流用)を破損させてしまうが、現れた鏡の妖精(声のみ)からコンパクトをもらう。なおアニメとは異なり鏡の墓は作らず、夢の中でコンパクトをもらっていた。
最終回は、銀行ギャングと疑われたモコの父の真相を知る話で[1]、ここでも「鏡が消滅」することはなかった。
なかよし版
母親のミスで鏡が破損してしまい、鏡の墓を造って葬ったところ、鏡の国の女王様からコンパクトをもらう。
アニメ第1作
冒頭、理由不明のまま鏡のかけらを葬った墓[2]からかけらが舞い上がると、鏡の国の妖精(原作同様声のみ)から鏡をもらう。なお第1作のみの設定として次の様なのがあった。人が見ている前では機能がロックされ、いくら呪文を唱えても変身は出来ない(ただしシッポナやドラなどの動物の前ではロックされない)。
コンパクトと別の鏡の空間を利用して、遠くの町などにテレポートすることが可能。
アッコの近くに鏡の嫌いな人がいるとコンパクトの調子が悪化、変身後に元に戻ってもアッコの服がぼろぼろになってしまう。最終回ではアッコたちが森山先生に引率されてキャンプに行った「希望ヶ島」に台風が襲い、希望ヶ島近海(多数の暗礁が存在)を航海している父の客船「日本丸」を救うために、コンパクトに世界中の鏡の光を集め、台風で壊れた灯台代わりにして日本丸を導くも、力を使い果たして消滅した。そしてラストは視聴者に向って「鏡を大切にする人には魔法のコンパクトをくれるかもしれない。その時は大事に使うように」とコメントして終わった。
アニメ第2作
幼い頃に両親からもらった手鏡を大切にしていたが、本編冒頭の事件で壊れてしまう。しかし鏡の国の女王の魔法でコンパクトに変化する。このコンパクトの力で様々な事件を解決したが、本編最終回で友人たちに見られて鏡に彼女が写らなくなる。最後の変身を使い、女王の魔法と共にコンパクトは消えてしまうが、劇中では鏡の国はどこかに存在していることが語られている。
アニメ第3作
母親からもらった手鏡を大切にしていたが、大将にそのことをからかわれた際に破損されてしまう。しかし鏡の国の女王の魔法でコンパクトに変化する。最終回でモコにコンパクトのことがバレてしまうと約束通りコンパクトの力を取り上げられた挙句にアッコの姿は鏡に映らなくなる。だがモコが火事に巻き込まれていることを知ると鏡の国の女王様から再び変身する機会が与えられ、消防士に変身してモコを救出する。再びアッコの姿が鏡に映るようになるもコンパクトは消滅してしまう。
WEBコミック版「ひみつのアッコちゃんμ(ミュー)」
祖母から代々受け継がれる手鏡をサッカー部員・結城先輩の追っかけ3人組に嫌がらせで壊されるが鏡の国の女王の魔法でコンパクトに変化する。モコ(浪花元子)
声 – 白川澄子(第1作)、杉山佳寿子(第2作)、梅田貴公美(第3作)
アッコのクラスメイトで幼馴染。お下げ髪をしている。明朗で気がいいが、生まれつきの勝気で男勝り。また、とんでもない大食いである。弱虫でズルをする弟のカン吉を時々叱り飛ばし、ケンカの強さではガキ大将の大将も敵わない。WEBコミック版ではアッコ共々中学生として描かれている。
なお原作第1期の「テストの朝のできごと」では、森山先生がモコに向って「伊奈さん」と発言しており、当初は「伊奈」という姓であった。その後の単行本ではアニメ同様の「浪花さん」に変更したが、河出書房新社出版の単行本やebookJapanの電子書籍では「伊奈さん」に戻された。
大将(赤塚大作)
声 – 大竹宏(第1作)、塩屋翼(第2作)、鈴木琢磨(第3作)
モコのライバル。ガキ大将でいつも2人の子分を連れてアッコをいじめているが、これは好意の裏返しで本当は男気溢れる人情家で弟にも優しい。モコとはよく衝突しているが、大抵はモコに負けている。
WEBコミック版では第3話から登場するが、中学生でラップ調で喋り、トレンドマークである丸坊主ではないなど、従来とは異なるキャラクターとなっている。
少将
声 – 千々松幸子(第1作)、三輪勝恵(第2作)、こおろぎさとみ(第3作)
大将の弟。赤ん坊だが言葉を話せる。まだ歩くことはできず、いつもドラにまたがっている。実は兄よりモテる。
大将と少将は69年のアニメ化の際に考案されたキャラクターであり、原作にも逆輸入の形で登場している。また、原作第2期及びなかよし版では連載開始時点のアニメ版のデザインに準拠している。(原作第2期は69年版、なかよし版は88年版に準拠)
カン吉 (浪花カン吉)
声 – 坪井章子(第1作)、上村典子(第2作)、生駒治美(第3作)
モコの弟。勝気な姉とは異なり、気が弱い。勉強と読書が苦手でいつも仮病を使っている。いつも姉に怒られている。なかよし版では柄の悪い設定に変更、「なんだよ、クソババア」、「バカアッコ」など周囲の人物への発言や対応も荒々しくなっており、原作第1、2期とは、受ける印象が異なり、特にヘアスタイルは第1期では『おそ松くん』の六つ子と同じだった(第2期ではアニメ同様)。その一方でチカ子のことが好きでチカ子(に変身したアッコ)が自宅に来ると聞いた際には錯乱状態になったことがある。
ガンモ(卯の花ガンモ)
声 – 堀絢子(第1作初代)、多岐川まり子(第1作2代目)、つかせのり子(第2作初代)、三田ゆう子(第2作2代目)、竹内順子(第3作)
カン吉の親友。家は豆腐屋。語尾に「ゲス」「ヤンス」をつけて話す。趣味は落語と三味線。第3作では宇宙飛行士に憧れるという設定があった。
チカ子
声 – 丸山裕子(第1作)、山本圭子(第2、3作)、堀北真希(『これでいいのだ!!映画★赤塚不二夫』登場時)
アッコのクラスメイト(作品によってはカン吉やガンモと同い年の場合がある)。アッコと同い年だが、おかっぱ頭と眼鏡と背が低いのがコンプレックス。口が非常に軽く、噂好きでそれが騒動の元になる女の子。よく神出鬼没に現れるが、普段彼女がどこで何をしているかすべて謎に包まれている。実写映画『これでいいのだ!!映画★赤塚不二夫』には多数の赤塚キャラクターがCGで登場するが、本作からは彼女が唯一の出演者となる。また、『へんな子ちゃん』ではへんな子ちゃんの友人として登場したり、『おそ松くん』ではチビ太のガールフレンド、『シェー教の崩壊』ではア太郎とデコッ八にナンパされる役として登場するなど重要な位置にあるゲストキャラクターであることも少なくない。
WEBコミック版では第1話から登場。有料でレア情報を提供する情報屋として暗躍するアッコのクラスメートとして描かれている。
ギョロとゴマ
ギョロの声 – 坪井章子(第1作)、小林通孝(第2作)、赤井田良彦(第3作)
ゴマの声 – 佳川紘子(第1作初代)、堀絢子(第1作2代目)、多岐川まり子(第1作3代目)、つかせのり子(第2作初代)、佐藤智恵(第2作2代目)、高戸靖広(第3作)
大将の子分たち。坊主頭で背が低い方がギョロ、ひょろりとしていて背が高い方がゴマ。ギョロは目がギョロギョロしていてすばしっこく、ゴマはお世辞上手でよく大将にゴマをすっている。2人とも大将には頭が上がらなく、いつも失敗しては殴られている。アニメが初登場だが、後に原作にも登場する。WEBコミック版では大将と同様、アッコのクラスメートで容姿が従来と異なるキャラクターとなっている。
アッコのパパ(加賀美健一郎)
声 – 村越伊知郎(第1作)、銀河万丈(第2作)、山口健(第3作)
30歳。職業は、第1作では船長、第2作ではニュースキャスター、第3作・WEBコミック版ではカメラマン。第2作のみメガネを着用しているが、それ以外は着用していない。第1作と第2作は紳士的な性格だったが第3作ではやや砕けた性格となっている。第3作では時々仕事をサボって妻の恭子に睨まれることもあり、娘と妻には頭が上がらない。アニメオリジナルキャラクターで原作では逆輸入の形でなかよし版に登場。1988年のアニメ版同様ニュースキャスターという設定ではあるが、テレビで共演したタレントにアプローチをかけるも相手にされず「今のジャリタレはかわいくないな」と捨てゼリフを吐き、時を同じくして局に入り込んだアイドル(に変身したアッコ)を食事に誘うも、家とは余りにも異なる態度や発言に腹を立てたアッコにナイフを向けられたこともある。また。最新版『おそ松くん』にも登場、こちらでは比較的常人として描かれており超能力を身につけた本官さんに声をかけテレビに出演させた[3]。
アッコのママ(加賀美恭子)
声 – 瀬能礼子(第1作)、太田淑子(第2作)、冨永みーな(第3作)
29歳。職業は、第1作では専業主婦、第2作ではイラストレーター、第3作では芸術家、WEBコミック版では絵本作家。パパとは高校生の時に出逢い、第3作(17話)では海岸でゴロツキたちに絡まれているところに出会った(見掛けによらず、ケンカは意外に強いらしい)。実はアッコ以上のおっちょこちょいで娘はそれを受け継いでいる。
佐藤先生
声 – 市川治(第1作)、佐藤正治(第2作)、高橋広樹(第3作)
アッコの担任の先生。35歳。原作・第1作ではハンサムな好青年、第2作では体育会系の筋肉男、第3作では落ち着いた顔で犬が苦手になった。第2作終盤で森山先生と結婚した。
森山先生
声 – 高橋直子(第1作初代)、佳川紘子(第1作2代目)、色川京子(第2作)、永野愛(第3作)
アッコの学校の女性教師。専門科目は英語で、佐藤先生が休養の時は副担任も務める。25歳。原作・第1作ではお色気美人、第2作では童顔、第3作では普通の顔になった。原作と第1作ではしっかりとしたように描かれているが、第2作と第3作ではおっとりとした性格になっている。
シッポナ
声 – 千々松幸子(第1作初代)、佳川紘子(第1作2代目)、渡辺菜生子(第2作)、永野愛(第3作)
アッコが飼っている白いメスネコ。実は、アッコより年上。国際航路の船長であるアッコの父・健一郎は、元々このネコを「shipowner(船主)」と呼んでいた。幼いアッコが「シッポナ」と呼んでから、それが両親にも定着した。
原作では名前がなかったが、脚本家の雪室俊一が当時、住んでいた世田谷のアパートの隣家の飼い猫の名前を無断で拝借したものだと語っている[要出典]。
ドラ
声 – 村越伊知郎(第1作初代)、市川治(第1作2代目)、佐藤正治(第2作)、高戸靖広(第3作)
大将が飼っているトラネコ。茶色体色と黄土色の縞模様が特徴。シッポナに恋している。まだ歩くこともできない大将の弟の少将を運ぶのが仕事。野良ネコたちのボスでもあり、ギョロやゴマに似た子分もいる。少将への忠誠心は犬以上の物を持っており、「少将坊ちゃん」と呼ぶ。少将がドラが三味線屋に売られ、殺されると知って、抗議の為、東京タワーによじ登り、動けなくなってしまった折は、はしご車は届かず、ヘリコプターは風圧で吹き飛ばしてしまいそうになり、救助不能となった時は、シッポナに変身したアッコの知らせを受けて脱走、見事東京タワーによじ登って救助した。
文造
声 – 辻村真人(第1作)、松尾銀三(第2、3作)
大将の父。赤塚工務店の社長。頑固で男らしい性格だが、跡継ぎの大将には少し甘い。脇役だがアニメ全シリーズに活躍回がある。
モコ、カン吉の母
声 – 沼波輝枝(第1作)、山本圭子(第2、3作)
モコの母。太り気味でダイエットに挑戦したこともあった。アニメではあまり登場しないが、逆に原作では彼女の方が出番は多い。
ガー坊
声 – 八代駿
アニメ第1作の第45話から登場したオスのオウムで、大変口が悪い。元は隣町の安井画伯に飼われていたが追い出され、アッコらの住む町にやって来た。そして偶然からアッコの変身を目撃してアッコを慌てさせ、口止めとして加賀美家で飼われることになるも、その後も口の悪さでアッコをテンテコマイさせている。
源太郎
声 – 田中和実
アニメ第2作に登場。鏡の国の女王様の命に従い、キーオに仕える年配の執事。料理上手。
キーオ
声 – 中原茂
アニメ第2作に登場。正体は鏡の国の王子様。母からもらったバンダナを付けている。他の男子と比べかなりの美形。趣味はゲートボール。学校では「姿桐男」と名乗り、普通の小学生を気取る。WEBコミックでは彼を基にした、姿時生が登場している。
お菊ばあちゃん
声 – 麻生美代子
アニメ第2作に登場。佐藤先生のお母さん。派手な格好をしたファンキーな婆さんだが真っ当な意見の持ち主。
変なおじさん
声 – 田中和実
アニメ第2作に登場。話のところどころに現れる謎の男。『おそ松くん』のダヨーンのような顔でアフロと口ひげを生やし、蝶ネクタイにタンクトップを着た中年男性。鏡に顔を映すと「バカ」という文字が見える、いわゆるおバカキャラクター。
一平
声 – 竹内順子
アニメ第3作に登場。クールで生意気な雄のペンギン。第3作の第2話からアッコの家に居候している。特技はサーフィン。好物はタイヤキ。
怪盗ふくみみ
声 – 塩沢兼人
アニメ第3作に登場。その名の通り福耳がトレードマークの怪盗。一度はアッコたちに成敗されるが、復讐のために彼女たちの所持品を盗んだ。
本官さん
原作では『もーれつア太郎』、『天才バカボン』、『おそ松くん』にも登場する目ん玉つながりのおまわりさんだが、アニメでは普通の警官が登場する。いずれも出番は少なめ。
鏡の国の女王様
声 – 瀬能礼子(第1作初代)、佳川紘子(第1作2代目)、増山江威子(第2作)、堀江美都子(第3作)
アニメのみに登場。鏡の国に住んでいる。第2作では、キーオという息子がいる。また、第1作では女王ではなく鏡の妖精として登場している。
鏡の国のおじさん
原作と実写のみに登場。黒いタキシードとサングラスが特徴のおじさん。風貌から言えばお兄さんに近い。鏡の扱いには厳しいが、優しいところもある。原作[編集]
原作第1期
集英社の少女漫画誌『りぼん』に1962年6月号から1965年9月号まで連載された。
原作第2期
アニメ第1作の放送に合わせ、第1期と同じく『りぼん』に1968年11月号から1969年12月号まで再執筆されたものを指す。話の大半が原作第1期のリメイクで、新作は第1話、最終回などごく一部の回のみである。そのため、完全版ではオリジナルの物語のみ収録された。ぴっかぴかコミックスはこちらのバージョンを収録している。デザインは、先述の通りカン吉のヘアスタイルが変わり、アッコのママ・佐藤先生・森山先生はアニメと同じデザインに変わったが、アッコは依然として第1期と同じ顔(トト子顔。なかよし版も同じ)で、アニメデザインのアッコは一部の「扉」にしか登場しない。
また同時期、講談社の「たのしい幼稚園」や小学館の「小学一年生」などにも連載されたが[4]、それらは単行本には収録されていない。
なかよし版
アニメ第2作の放送に合わせ、講談社の『なかよし』に1988年10月号から1989年9月号まで再執筆されたものを指す。前作から20年以上のブランク故か、絵柄などが大幅に変化しており、アッコの両親、大将、少将、ドラなどのデザインは第二作に準拠。全体的には少女漫画というよりはギャグ漫画に近く、登場人物の言葉遣いが荒いのも特徴である。備考[編集]
ルネ・クレール監督の『奥様は魔女(映画版)』から着想を得た@media screen.mw-parser-output .fix-domainborder-bottom:dashed 1pxとされている[誰によって?]。
作品の誕生にあたっては赤塚不二夫の当時の妻・登茂子が大きく関与しており、赤塚は「おそ松くんの前年の36年、僕は結婚してトキワ荘を出た。相手の登茂子は、僕のアシスタントだったんだ。まだ代表作もないから、最初僕は渋ったけど『私がいるから大丈夫』って言われて。(中略)実は37年からの『ひみつのアッコちゃん』のアッコって、彼女の姉さんの名前なんだ。髪型や服装も、彼女のデザインなんだよ」と語っている[5]。それらの創作スケッチの数々は2020年発売のアンソロジー本『少女漫画家 赤塚不二夫』(ギャンビット)で初公開された。
原作漫画では当初、アッコちゃんの鏡はコンパクトではなく等身大の大きな鏡であるが、それが割れたため小さいサイズの鏡を使うという経緯になっている。[6]変身する際にはアニメ版のような決まった呪文はなく、「鏡よ、鏡」と呼びかけて変身したいものを逆読みに伝える(例:マサメヒオになあれ)という設定であった。
原作版第1期では『おそ松くん』のキャラがゲストで登場した事がある。
「カン吉とおばけやしき」(完全版[後述]第2巻):六つ子が海水浴場の客役で登場
「セールスマンの女神さま」(完全版第2巻):六つ子と母・松代が「ハート化粧品」のセールスマンが訪れた家族役で登場。
「雪のお山は大さわぎ」(完全版第3巻):チビ太がスキー場近辺の旅館の番頭役で登場。
「ちいさな世界の冒険」(完全版第3巻):イヤミが、鏡の力で小さくなったアッコがいるおもちゃ屋の前に、娘と飼い犬と共に登場(因みに娘や飼い犬もイヤミと同じ顔)。
「甘いお店のアンミツちゃん」(完全版第3巻):イヤミが医者役で登場(クラスメイト・安藤光子の回想)。
2009年(平成21年)より、河出書房新社から完全版全4巻が発売されたが、アニメ化にあたって連載再開した1968年(昭和43年)版は、ほとんどが1962年(昭和37年)のオリジナルをアニメ設定に合わせて改訂したものであることから、フジオプロとの協議の結果コンパクトを受け取る経緯が異なる第1話「ふしぎなコンパクト」を含むオリジナルの物語となる4話のみが収録されている。
1981年(昭和56年)には、巨匠ゲストシリーズのリメイク企画として『週刊ヤングマガジン』(1981年2号)にて「ヤング版ひみつのアッコちゃん」を読み切りで掲載。青年誌ということもあって、登場人物たちの思春期を顕著に描いており、アッコの生理を連想させる発言、カン吉の自慰行為、アッコが惚れた男子生徒がマザコンなど、以前の原作とは大きく異なる展開でハッピーエンドとは言えない結末となっている。
2022年(令和4年)に『おそ松くん』と共に誕生60周年を迎え、共にアニバーサリーマークが誕生(アッコ版は「6」にコンパクトを流用)、また「赤塚不二夫公認サイト これでいいのだ!!」に60周年記念サイトが誕生、その中には先述の「カン吉とおばけやしき」のオリジナル版が掲載されている[7]。単行本[編集]
きんらん社 全4巻
現在確認できる[独自研究?]最古の単行本である。アニメ化前に発売されており、連載時に近い状態で収録されている。
虫プロ商事 虫コミックス 全3巻
アニメ放送中に刊行されたものであり、第1話に関しては大幅な加筆修正が施されている。基本は第2期の作品を中心に収録しているものの、改稿版が掲載前だった「アッコとモコのボーイフレンド」などはオリジナル版が収録されている。
曙出版 全5巻
一番普及したバージョンである[要出典]。大幅な加筆修正が施されており、これを定本とする見方がある[誰によって?]。第2期終了後に刊行されたため、第1期の作品の内、第2期の際に改稿されたものは第2期のものを採用している。第1期の作品も数多く収録されている。
大都社 全3巻
先述の曙版を全3巻にまとめたものである。
講談社 全2巻
2度目のアニメ化に際してなかよしで連載されていたものを収録。
アース出版局 全3巻
先述のきんらん社版を復刻したものだが、画質が粗いのが特徴。
曙出版 全1巻
3度目のアニメ化を記念して発売された文庫版だが、続刊はされなかった。ちなみに第1巻の内容は上述の曙版の第1巻と第2巻の前半をまとめたものであった。
小学館 赤塚不二夫漫画大全集 全8巻
上述の曙版を底本にした5巻に未収録作品を収録した別巻、先述のなかよし版を底本にした2巻が収録されている。
小学館 ぴっかぴかコミックス 全3巻
第2期の作品を収録したもので、第2期の第1話が初収録となった。
小学館 全1巻
赤塚不二夫名作選として刊行された文庫版。解説は赤塚登茂子。
河出書房新社 全4巻
第1期の作品群をオリジナル・バージョンでの収録を売りにしてはいるが、底本にしているのが掲載誌のりぼんなどではなくきんらん社版などアニメ化以前に刊行された単行本を底本にしているものもあり、厳密に言えばオリジナル版ではない。その一方で第2巻の「メリーちゃんそうどう」と「いやみな盆倉をやっつけろ」、第3巻の「ひみつのカン吉くん」といった初単行本化作品もあり、その作品はりぼん発表と同じ形式で掲載、「いやみな盆倉をやっつけろ」と「ひみつのカン吉くん」には当時の懸賞・読者からの似顔絵・お便り・占い・1964年東京オリンピック情報(「ひみつのカン吉くん」のみ。当時同オリンピックが開催中)も掲載されている(断り書きや処理はされていない)。後に後述の実写化を記念してカラーページなどを廃した廉価版が発売された。
eBookJapan 全5巻(電子書籍)
前述の河出書房新社版を底本にしているが、河出書房新社版ではきんらん社版を底本にしていたものはオリジナル版に差し替えるなど、オリジナルに近い状態になった。その一方、「いやみな盆倉をやっつけろ」と「ひみつのカン吉くん」は、懸賞などの記事を削除して収録、また第1期最終回「カン吉とおばけやしき」では、今まで未収録だったアッコのお別れコメントが収録された。アニメ版[編集]
第1作、第2作、第3作と、時代背景に合わせて、キャラクターの設定が大幅に変更されている。アッコの場合、第1作では山の手育ちで泣き虫でセンチメンタルな部分が強調されていたが、第2作以降はお転婆な性格に変更されている。
また、アッコの両親の職業はアニメ三作ですべて異なる。アッコのパパは、第1作では船長であったことから作中にあまり登場しなかったが、第2作ではニュースキャスターに変更されてほぼ毎回登場した。第3作ではカメラマンの設定。ママは第1作では専業主婦、第2作ではイラストレーター、第3作では総合芸術家。プロデューサーの関弘美によれば、これらにはこの当時の「子供の目からみた憧れの職業」[8]という共通点があるという。顔つきや性格なども統一されていないが、シリーズを通しておしどり夫婦なのは共通。
アッコの本名は原作とアニメ三作、全て微妙に異なる。

原作 – 鏡厚子
アニメ第一作 – 加賀美あつ子
アニメ第二作 – 加賀見アツコ(第36話の表札は「加賀美」)
アニメ第三作 – 加賀美あつこ主人公・アッコが変身時と元に戻る時に使う呪文の言葉は第1話の脚本を担当した雪室俊一が考案した[9]。子どもたちが親しんでくれる呪文について適当な言葉が思いつかなかったため、とりあえず「テクマクマヤコン テクマクマヤコン ○○になれ〜」(テクニカル・マジック・マイ・コンパクトの略)、元に戻る時は「ラミパス ラミパス ルルル……」(スーパーミラーの逆さ読み)としておいたものがそのまま採用された[9]。雪室は後で修正するのだろうと思っていたが、そのまま放送されたのを見て驚いたという[9]。

第1作 (1969年)[編集]
東映魔女っ子シリーズ
第1作

魔法使いサリー

1966年12月 – 1968年12月
第2作

ひみつのアッコちゃん

1969年1月 – 1970年10月
第3作

魔法のマコちゃん

1970年11月 – 1971年9月
ひみつのアッコちゃん(第1作)
「ねりまアニメ年表」の一コマ。ジャンル
テレビアニメ原作
赤塚不二夫企画
横山賢二脚本
雪室俊一ほか演出
池田宏声の出演
太田淑子白川澄子大竹宏オープニング
「ひみつのアッコちゃん」(岡田恭子)エンディング
「すきすきソング」(水森亜土)製作制作
NET、東映動画
放送放送国・地域 日本放送期間1969年1月6日 – 1970年10月26日放送時間月曜19:00 – 19:30放送枠東映魔女っ子シリーズ放送分30分回数94回
公式ウェブサイトテンプレートを表示1969年1月6日から1970年10月26日まで、全94話がNET系列で月曜 19:00 – 19:30に放送された。『魔法使いサリー』に続く、東映動画製作。東映魔女っ子シリーズの一編で第2作にあたる。最高視聴率は27.8%、平均視聴率で19.8%を記録し、前番組『魔法使いサリー』以上のヒット作となった。
東映動画の池田宏によると本作のコンパクトは商品化を狙ったもので「これは売れるぞ」と考えながら作業をしていたそうである[10]。東映動画の横山賢二も鏡台が商品化が困難なためにコンパクトに変更したように述べている[11]。
アッコは茶色の髪で、服装は四季を通じて常時白い半袖ブラウスに赤い上着とスカートを着用している。靴下は白いハイソックスである。魔法の呪文「テクマクマヤコン」や、アッコの飼い猫「シッポナ」の名は原作にはなく、脚本の雪室俊一がつけたもの。また、原作では、ダークスーツにサングラス、ソフト帽と、スパイのようないでたちの鏡の国のおじさんが登場するのに対して、本作では女性の鏡の精が登場。これらの設定はその後のアニメのリメイクでも踏襲され、リメイクの際の事実上の原作となっている。
後の2作品と比較して、以下のようにシリアスな展開が多いのが特徴である。

主人公であるアッコの性格に合わせたストーリー展開。
交通事故・病気およびそれらによる死・貧困など、主に製作時の時代背景に由来する劇中でのゲストキャラクターに纏わる不幸なエピソードが盛り込まれていること。前作『魔法使いサリー』最終回(1968年12月30日放送)の後で放送された『アッコ』予告編は、箒で空飛ぶサリーがお別れのご挨拶を述べた後、鏡の中の空間へテレポートしたサリーが、「すごくチャーミングでお茶目な女の子、その名はアッコちゃん!」と言いながら、鏡の前のアッコを紹介するという演出だった。この予告編は、ビデオソフト版『サリー』第31巻のラストや、DVD-BOX版『アッコ』シリーズの全巻購入特典DVDに収録されている(いずれも東映ビデオ製)。さらに『決定!これが日本のベスト100』(テレビ朝日)でも、「2大少女、夢の共演」というサブタイトルで放送された。
本作は好評で、その後何度も再放送された。1970年代は圧倒的にテレビ朝日だったが、1980年代は1981年9月15日 – 1982年3月1日に日本テレビの月 – 木17:30(『まんがジャンボリー』枠)、1984年11月9日 – 1985年3月26日にテレビ東京の平日18:30(『マンガのひろば』枠)でそれぞれ放送(いずれも年末年始には休止)、さらに1990年代はNHK衛星第2の『衛星アニメ劇場』で放送し、番組では『アッコ』の似顔絵を公募していた。しかしあまりの再放送の多さゆえに中期以後のエンディングフィルムが欠落してしまい、第34・35話のエンディングに統一されるようになってしまった。

あらすじ(第1作)[編集]
ある晩、アッコの壊れた鏡から鏡の精が現れ、アッコにいろんなものに変身できるコンパクトをもらう。最終回ではアッコはパパを救うために世界中の鏡の光を集めるも、コンパクトは消滅した。

キャスト(第1作)[編集]
アッコ(加賀美あつ子) – 太田淑子
モコ(浪花元子) – 白川澄子
大将(赤塚大作)、ドラ、校長先生 – 大竹宏
少将 – 千々松幸子、平井道子(第56、61話ほか)
カン吉 – 坪井章子→山本圭子(第92話)など
ガンモ – 堀絢子→滝万沙子
チカ子 – 丸山裕子
ギョロ – 堀絢子→坪井章子
ゴマ – 菊池紘子→堀絢子→滝万沙子
パパ – 村越伊知郎、矢田耕司(第56、61話ほか)
ママ – 瀬能礼子
佐藤先生 – 市川治
森山先生 – 高橋直子→菊池紘子
ガア坊 – 八代駿
シッポナ – 千々松幸子→菊地紘子
鏡の妖精 – 瀬能礼子→菊地紘子
大将の父・モコの父 – 辻村真人
大将の母・モコの母 – 沼波輝枝
ガンモの父 – 二見忠男
ガンモの母 – 山本圭子スタッフ(第1作)[編集]
スタッフ
企画 – 松本貞光(第1話 – 第75話)、原徹(第76話 – 第94話)、横山賢二
原作 – 赤塚不二夫
音楽 – 小林亜星
効果 – 大平紀義
選曲 – 宮下滋(第1話)、賀川晴雄(第2話 – 第94話)
キャラクターデザイン – 高橋信也
オープニング・エンディングアニメーション – 池田宏(演出)、高橋信也(作画)
制作 – 東映動画→東映主題歌(第1作)[編集]
オープニングテーマ「ひみつのアッコちゃん」は赤塚のお気に入りの楽曲となり、「主題歌を変更しない事」がその後の再アニメ化の条件とされたとされ第2作、第3作でもアレンジ版が採用されている。また、この曲は赤塚不二夫会館が近隣にあるJR東日本青梅線青梅駅の発車メロディにも採用されている。

エンディングテーマ「すきすきソング」は、そのコミカルな曲調から、現在でも日本の高校野球を初め、Jリーグのジェフユナイテッド市原・千葉、カターレ富山、FC岐阜および、JFLのHonda FC、奈良クラブの応援歌としてよく使われている。また、2006年9月から、サントリーの「カロリ。」CMでこの曲をスウィング調にアレンジしたバージョンが断続的に使用されている。なお「すきすきソング」というタイトルは、日本コロムビアから発売されたレコードに収録された時に付けられたタイトルで、朝日ソノラマ版では「アッコちゃんすきすきすき」というタイトルだった。第2作では第1作と同じく水森亜土によるアレンジ版が挿入歌として採用され、劇中で使用されている。1990年代にはシャ乱Qがサビのメロディをそっくり流用したパロディソング『ラーメン大好き小池さんの唄』を出した。詳細は「新・ラーメン大好き小池さんの唄#内容」を参照
オープニングテーマ – 「ひみつのアッコちゃん」
作詞 – 井上ひさし、山元護久 / 作曲 – 小林亜星 / 歌 – 岡田恭子 (朝日ソノラマ)
エンディングテーマ – 「すきすきソング」
作詞 – 井上ひさし、山元護久 / 作曲 – 小林亜星 / 歌 – 水森亜土 (朝日ソノラマ)イメージソング(第1作)[編集]
「なかよしアッコちゃん」
作詞 – 羽柴秀彦 / 作曲 – 小林亜星 / 歌 – スリー・グレイセス(朝日ソノラマ)
1969年5月10日発売の「第2集」に収録。当初ジャケットはフジオプロによる赤塚漫画風だったが、1970年2月1日発売のリニューアル版からアニメ同様に変更した[12](ただし収録漫画は一貫して赤塚漫画風だった)。
「アッコちゃん夏休み数え歌」
作詞 – 辻真先 / 作曲 – 筒井広志 / 歌 – 鶴間えり(鶴間エリ)、ヤング・フレッシュ(朝日ソノラマ)
1969年7月10日発売の「ひみつのアッコちゃん 夏休みうたのアルバム」に収録。このソノシートには、他に主題歌の「ひみつのアッコちゃん」と「アッコちゃんすきすきすき」(「すきすきソング」)や、「海」・「われは海の子」・「キャンプファイヤーのうた」・「アロハ・オエ」といった、「夏」をイメージした楽曲を収録した。なおジャケットやイラストは一貫して赤塚不二夫とフジオ・プロによる赤塚漫画風で、アニメキャラ版は発売されなかった[13]。各話リスト(第1作)[編集]
話数
放送日
サブタイトル
脚本
演出
作画監督
美術
1
1969年1月6日
ふしぎな鏡でルル…
雪室俊一
池田宏
高橋信也
山崎誠
2
1月13日
レッツゴー健太くん
浪江志摩
白根徳重
喜多真佐武
3
1月20日
サーカス団がやってきた
安藤豊弘
高見義雄
羽根章悦
横井三郎
4
1月27日
男の約束どうしたの
辻真先
新田義方
古沢日出夫
5
2月3日
すてきな自転車ランランラン
鈴樹三千夫
山本寛巳
我妻宏
山崎誠
6
2月10日
スリルとショックで大あわて
雪室俊一
明比正行
窪詔之
遠藤重義
7
2月17日
ママすてきッ!!
安藤豊弘
久岡敬史
我妻宏
8
2月24日
コンパクトSOS
雪室俊一
田中亮三
高橋信也
山崎誠
9
3月3日
わたしのパパはどこ?
三木瀬たかし
池田宏
10
3月10日
けんか友だち手をつなげ
鈴樹三千夫
田宮武
窪詔之
遠藤重義
11
3月17日
名探偵ナンバー・ワン
浪江志摩
村山鎮雄
小田克也
12
3月24日
先生!! こっち向いて
安藤豊弘
田中亮三
国保誠
横井三郎
13
3月31日
別れても笑顔で
辻真先
永樹凡人
我妻宏
14
4月7日
コンクール作戦
小沢洋
岡崎稔
小泉謙三
山崎誠
15
4月14日
そのウソほんと?!
鈴樹三千夫
久岡敬史
我妻宏
16
4月21日
ドラがあぶない
山崎忠昭
山本寛巳
喜多真佐武
遠藤重義
17
4月28日
私は目げき者
辻真先
白根徳重
高橋信也
山崎誠
18
5月5日
こわーい地下室
安藤豊弘
田宮武
窪詔之
19
5月12日
嵐にとぶ白鳥
鈴樹三千夫安藤豊弘
岡崎稔
我妻宏
20
5月19日
大将の独立運動
浪江志摩
高見義雄
木村圭市郎
遠藤重義
21
5月26日
わんニャン物語
辻真先
田中亮三
小田克也
山崎誠
22
6月2日
野山を走れ子鹿ちゃん
安藤豊弘
山本寛巳
岡田敏靖
遠藤重義
23
6月9日
落語がすきすき
山崎忠昭
田中亮三
山崎誠
24
6月16日
10000円で大冒険
雪室俊一
勝間田具治
細田暉雄
25
6月23日
夢呼ぶパパの白い船
安藤豊弘
久岡敬史
我妻宏
26
6月30日
誕生日ご用心
小沢洋
白根徳重
高橋信也
遠藤重義
27
7月7日
友情のネックレス
荒木芳久
田中亮三
細田暉雄
山崎誠
28
7月14日
パパと歌おうセレナーデ
浪江志摩
白根徳重
江藤文男
29
7月28日
出た! とかげ女
近藤正
久岡敬史
我妻宏
浦田又治
30
8月4日
泳げ涙のゴールまで
安藤豊弘
岡崎稔
山崎誠
31
8月11日
くまとたぬきとハイキング
小沢洋
高見義雄
岡田敏靖
32
8月18日
こころとこころに歌がある
鈴樹三千夫
田中亮三
江藤文男
浦田又治
33
8月25日
くたばれ女の子
雪室俊一
山本寛巳
山崎誠
34
9月1日
あしたの花園
安藤豊弘
勝間田具治
森利夫
横井三郎
35
9月8日
天才赤ちゃんこんにちは
辻真先
岡崎稔
我妻宏
山崎誠
36
9月15日
歌よ涙を吹きとばせ
近藤正
久岡敬史
森利夫
37
9月22日
れいてんの神様
雪室俊一
山本寛巳
我妻宏
38
9月29日
白いラケットに誓おう
荒木芳久
古沢日出夫
江藤文男
浦田又治
39
10月6日
バンザイ! ペット君
鈴樹三千夫
山本寛巳
森利夫
山崎誠
40
10月13日
鏡の国みーつけた
安藤豊弘
高見義雄
浦田又治
41
10月20日
あたしはどうして?
雪室俊一
矢吹公郎
我妻宏
山崎誠
42
10月27日
白いお船で来た少女
安藤豊弘
古沢日出夫
江藤文男
43
11月3日
お月さまのドリームランド
荒木芳久
田中亮三
44
11月10日
夕日にとどけ天使の願い
鈴樹三千夫
久岡敬史
奥山玲子
穂積勝義
45
11月17日
にくまれオウムがとんできた
雪室俊一
高見義雄
菊池貞雄
山崎誠
46
11月24日
南の島に愛の祈り
荒木芳久
岡崎稔
我妻宏
穂積勝義
47
12月1日
アイヌの少女の物語
安藤豊弘
池田宏
江藤文男
山崎誠
48
12月8日
宝の島で大騒動
荒木芳久
岡崎稔
我妻宏
49
12月15日
お山の大将君と僕
近藤正
池田宏
江藤文男
50
12月22日
クリスマスプレゼントなーに!?
安藤豊弘
高見義雄
高橋信也
51
12月29日
暮の裏町雪が降る
辻真先
久岡敬史
52
1970年1月5日
春を呼ぶ夢なんの夢
雪室俊一
明比正行
岡田敏靖
穂積勝義
53
1月12日
マラソン大会忍者が走る
近藤正
古沢日出夫
江藤文男
山崎誠
54
1月19日
海へ流そう悲しい涙
安藤豊弘
明比正行
岡田敏靖
55
1月26日
パパもママもだいきらい
浪江志摩
村山鎮雄
細田暉雄
穂積勝義
56
2月2日
怒をこめて鬼はそと!
近藤正
古沢日出夫
江藤文男
辻忠直
57
2月9日
五年一組べこのクラス
雪室俊一
山本寛巳
菊池貞雄
山崎誠
58
2月16日
母人形の笑顔のように
荒木芳久
古沢日出夫
江藤文男
穂積勝義
59
2月23日
ゆきんこ
浪江志摩
池田宏
細田暉雄
山崎誠
60
3月2日
とびだしたおひな様
鈴樹三千夫
村山鎮雄
岡田敏靖
横井三郎
61
3月9日
ひとりぼっちの女王さま
近藤正
奥山玲子
山崎誠
62
3月16日
ワンコとニャンコのマイホーム
荒木芳久
山本寛巳
我妻宏
63
3月23日
A子はだあれ?
雪室俊一
高見義雄
高橋信也
辻忠直
64
3月30日
歓迎! 金の卵さま!
加藤文治
池田宏
横井三郎
65
4月6日
ダイヤル0はひとりぼっち
雪室俊一
山本寛巳
我妻宏
沼井一
66
4月13日
笑顔で送ろうパパの船
近藤正
明比正行
羽根章悦
67
4月20日
ポンコツ公園の対決
荒木芳久
古沢日出夫
江藤文男
横井三郎
68
4月27日
ウソップ物語
辻真先
高見義雄
細田暉雄
69
5月4日
青空いっぱい鯉のぼり
安藤豊弘
久岡敬史
江藤文男
辻忠直
70
5月11日
霧の中のできごと
近藤正
沼井一
71
5月18日
走れ馬っ子
荒木芳久
古沢日出夫
横井三郎
72
5月25日
リーダーはあなたよ!
近藤正
山本寛巳
我妻宏
73
6月1日
ばくだん小公子
荒木芳久
明比正行
羽根章悦
遠藤重義
74
6月8日
疑ってごめんね
山本和子
村山鎮雄
岡田敏靖
辻忠直
75
6月15日
海がまぶしい
近藤正
76
6月22日
あの微笑みをもう一度
葛西治
江藤文男
77
6月29日
涙の回転レシーブ
浪江志摩
山本寛巳
遠藤重義
78
7月6日
歩くのよ! 自分の足で
加藤文治
高見義雄
高橋信也
79
7月13日
負けてたまるか! ワンワンくん
辻忠直
80
7月20日
むかしむかし話
山本和子
明比正行
羽根章悦
沼井一
81
7月27日
おばあちゃんがんばって
近藤正
古沢日出夫
江藤文男
遠藤重義
82
8月3日
泣くな父ちゃん僕はやる
浪江志摩
久岡敬史
岡田敏靖
辻忠直
83
8月10日
都会っ子田舎っ子
荒木芳久
葛西治
羽根章悦
遠藤重義
84
8月17日
思いきり泣きたい
近藤正
山本寛巳
江藤文男
85
8月24日
夢みる白鳥
高見義雄
岡田敏靖
86
8月31日
明日を呼ぶ海
安藤豊弘
明比正行
高橋信也
辻忠直
87
9月7日
動物ざんこく物語
加藤文治
久岡敬史
落合正宗
88
9月14日
お姉さん思い出すのよ!
近藤正
菊池城二
沼井一
89
9月21日
学校一の人気者
浪江志摩
葛西治
落合正宗
90
9月28日
この指にとーまれ
鈴樹三千夫
山本寛巳
江藤文男
91

10月5日
紙芝居おじさん
荒木芳久
岡崎稔
永樹凡人
92
10月12日
逃げ出した赤ん坊
加藤文治
葛西治
菊池城二
93
10月19日
親バカ、子バカの人助け!!
浪江志摩
勝田稔男
木暮輝夫
94
10月26日
さようなら私のコンパクト
近藤正
岡崎稔
永樹凡人
※1969年7月21日はアポロ11号の月面着陸中継のため休止。放送局(第1作)[編集]
この節は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。出典検索?: “ひみつのアッコちゃん” – ニュース · 書籍 · スカラー · CiNii · J-STAGE · NDL · dlib.jp · ジャパンサーチ · TWL(2018年12月)
NETテレビ(現・テレビ朝日):月曜 19:00 – 19:30[14]
北海道テレビ
青森放送:日曜 9:00 – 9:30[15]
岩手放送 → テレビ岩手
秋田放送:日曜 9:00 – 9:30[15]
山形放送:日曜 9:00 – 9:30(1970年3月まで)[16] → 日曜 9:30 – 10:00[17]
東北放送:水曜 18:00 – 18:30[18][19]
福島テレビ:日曜 9:00 – 9:30(1969年6月 – 12月)[20]福島中央テレビ:月曜 19:00 – 19:30(1970年2月から)[21]
山梨放送
新潟総合テレビ
信越放送
静岡放送 – 日曜 9:00 - 9:30[22]
北日本放送 – 月曜 17:00 – 17:30[23]
北陸放送 – 月曜 – 金曜 17:25 – 17:55(本放送終了後の1972年に放送)[24]
福井放送
名古屋放送 – 火曜 18:00 – 18:30[25]→月曜19:00-19:30
毎日放送(当時準キー局だった)[26]月曜19:00-19:30
山陰放送
テレビ岡山 – 1969年4月7日より[27]月曜19:00-19:30
瀬戸内海放送 – 1969年5月5日より[28]月曜19:00-19:30
中国放送(遅れネット)-水曜18:00-18:30
広島ホームテレビ – 月曜 17:00 – 17:30(1970年10月のサービス放送開始時から移行)[29]
山口放送 -日曜9:00-9:30
四国放送
南海放送-水曜18:00-18:30
高知放送
九州朝日放送-月曜19:00-19:30
長崎放送
熊本放送
テレビ大分 月曜19:00-19:30
宮崎放送 → テレビ宮崎月曜19:00-19:30
南日本放送 → 鹿児島テレビ 月曜19:00-19:30
沖縄テレビ
視聴率(第1作)[編集]
いずれもビデオリサーチ調べ・関東地区。

平均視聴率:18.1%
最高視聴率:25.9%(第53話)1974年2月20日による再放送が26.8%

劇場版(第1作)[編集]
アニメ第1作は5回公開されており、これは『狼少年ケン』の延べ9回(限定公開を含む)に次ぐ記録にして、『東映まんがまつり』で最多記録である。
『〜涙の回転レシーブ』の公開の同時期、『東宝チャンピオンまつり』の1本として、『アタックNo.1 涙の回転レシーブ』(ブローアップ総集編)なる作品が公開されるため、どちらが初出かと東映と東宝で一悶着したことがあった。結果は、『ひみつのアッコちゃん』の方が先であること、『アタックNo.1』の方には該当するTVサブタイトルがないことから、軍配は『ひみつのアッコちゃん』に上げられた[30]。
1作目と2作目が2011年5月21日発売の「赤塚不二夫DVD コレクション」に収録された。また2012年8月10日発売のDVD「復刻! 東映まんがまつり 1969春」に1作目、同年9月21日発売のDVD「復刻! 東映まんがまつり 1970夏」に4作目が、それぞれ収録された。

ひみつのアッコちゃん(1969年3月18日公開)
第3話のブローアップ版。
同時上映は『長靴をはいた猫』・『怪物くん』(アニメ第1作)・『チャコとケンちゃん』(第1作)・『ひとりぼっち』の計4本。
ひみつのアッコちゃん(1969年7月20日公開)
第9話のブローアップ版。
同時上映は『空飛ぶゆうれい船』・『もーれつア太郎』(第1作)・『飛び出す冒険映画 赤影』・『ニホンザル その群れと生活』[31]の計4本。
ひみつのアッコちゃん ばんざいペットくん(1970年3月17日公開)
第39話のブローアップ版。
同時上映は『ちびっ子レミと名犬カピ』・『タイガーマスク』・『チュウチュウバンバン』の計3本。
ひみつのアッコちゃん 涙の回転レシーブ(1970年7月19日公開)
第77話のブローアップ版。
同時上映は『海底3万マイル』・『タイガーマスク ふく面リーグ戦』・『もーれつア太郎 ニャロメの子守唄』・『柔道一直線』の計4本。
ひみつのアッコちゃん(1973年3月17日公開)
第34話のブローアップ版。
同時上映は『パンダの大冒険』・『飛び出す人造人間キカイダー』・『マジンガーZ』・『バビル2世』(第1作)・『仮面ライダーV3』の計5本。唯一、TV版は既に3年前に終了しており、またこの時期のNET月曜19:00は『バビル2世』が放送されているため、『魔女っ子』は中断中だったが、「まんがまつり」では『魔女っ子』は継続されていた。第2作 (1988年)[編集]
ひみつのアッコちゃん(第2作)ジャンル
テレビアニメ原作
赤塚不二夫企画
原岡賢一郎、清水賢治、嶋村一夫、木村京太郎脚本
星山博之、浦沢義雄ほか演出
芝田浩樹ほか声の出演
堀江美都子杉山佳寿子塩屋翼太田淑子銀河万丈中原茂オープニング
「ひみつのアッコちゃん」(堀江美都子)エンディング
「DON’T YOU…?」(堀江美都子、タイム・ファイブ)製作制作
フジテレビ、東映動画、読売広告社
放送放送国・地域 日本放送期間1988年10月9日 – 1989年12月24日放送時間日曜18:00 – 18:30放送枠フジテレビ系列日曜夕方6時台枠のアニメ放送分30分回数61回
公式ウェブサイトテンプレートを表示1988年10月9日から1989年12月24日にわたり全61話がフジテレビ系列で日曜 18:00 – 18:30に放送された。東映動画制作。
当時の講談社は、小学館・テレビ朝日・旭通信社がフィーチャーしていた藤子不二雄に対抗し、赤塚不二夫をイメージリーダーとして打ち出そうとする戦略があり[32]、この戦略にフジテレビと読売広告社が参加した。3社が提携した赤塚原作のアニメ第1弾『おそ松くん』に次ぐ2弾だった。
東映動画の関弘美は『魔法使いサリー』のファンであり、『サリー』の後番組である旧作の『アッコちゃん』が気に入らなかった。そこで横山賢二に相談したところ「昔の『アッコちゃん』の嫌だったところは変えてしまっていい」と言われた。
そこで関は旧作のアッコは優等生でメソメソしたところが気に入らなかったので、ドジな明るい子に変更した[10]。
芝田浩樹によると本作は旧作と同じくシリアスなドラマ性のあるものにする予定だったそうである。しかしフジテレビと読売広告社が明るい作風を要求。最終的には両者を折衷した作品になった。
さらに当時の現代的要素が取り入れられ、コメディーを得意とする脚本家浦沢義雄の参加を得て、ギャグ色が強いものとなった。アッコのパパは企画段階ではパイロットだったのが、ニュースキャスターに変更。これは当時『ニュースステーション』やTBSのドラマ『パパはニュースキャスター』などにより、ニュースキャスターが人気の職業になっていたためで、毎回次回予告も、アッコがニュースキャスターに扮して次回のストーリーを読み上げるという形をとった。アッコのママの職業は童話作家という設定で、第1作でアッコ役だった太田淑子が演じた。なお、当初は引き続き太田がアッコを演じる予定だったが、堀江に主題歌と主役の声の二役をさせたいという意向が働き、アッコの声を堀江が担当することになった。
1作目には存在しなかった、鏡の精の少年「キーオ」というキャラが転校生という設定で登場し、キザなふるまいからアッコや仲間たちとしばしば衝突する。また、時折茶々を入れる形で、赤塚不二夫がデザインを描き下ろした「変なおじさん」が登場する。
1988年10月下旬、タカラ(現・タカラトミー)が、アッコが劇中で使うコンパクトを玩具にした「テクマクマヤコン・コンパクト」を発売し、大ヒットした。1989年1月上旬までに20万個を出荷した[33]。この商品は発売直後から爆発的な売れ行きを見せ、店頭に並べられた直後に即売切れという状態が続いた。そのため、1988年11月下旬からテレビコマーシャルの放送が一旦、打ち切られた[34]。1989年10月には2代目のコンパクトが使われ、その玩具が売り出された2か月後に打ち切られている。初代のコンパクトは丸型で、2代目のコンパクトは角型である。累計では、初代コンパクトの玩具は150万個、2代目コンパクトの玩具は80万個を売り上げた[35]。
アッコの服装は、白いブラウスの上に赤い上着、および黄色いスカートを着用している。髪は紫色である。室内と外出時を問わず裸足で、裸足のままピンクのスニーカーと上履きを履く姿は男の子に負けない元気の良さをアピールしていた。
本作は視聴率上でもマーチャンダイジング上でも成功を収めた。この影響で同じフジテレビ、読売広告社が手がける『東映不思議コメディーシリーズ』も魔法少女路線に変更することになった[10]。
ガンモとゴマの二役を演じていたつかせのりこが直腸癌を患い入院を余儀なくされたため途中降板した(その後、放送期間中の1989年5月15日に逝去)。これにより、ガンモ役は三田ゆう子が、ゴマ役は佐藤智恵が途中で引き継いだ。

あらすじ(第2作)[編集]
アッコはパパからもらったお土産の鏡を大事にしていた。ところがある日、ママが誤って鏡を壊してしまい、アッコは鏡を墓に埋める。その晩、アッコは鏡の国の女王から「変身できる魔法のコンパクト」をもらい、彼女から「変身を人前に見られると二度とあなたの顔が映らなくなる」と約束する。

キャスト(第2作)[編集]
アッコ – 堀江美都子
モコ – 杉山佳寿子
大将 – 塩屋翼
少将 – 三輪勝恵
カン吉・大将の母- 上村典子
ガンモ – つかせのりこ(第1話 – 第15話)→三田ゆう子(第21話 – 第61話)
チカ子・モコの母 – 山本圭子
ギョロ・教頭先生- 小林通孝
ゴマ – つかせのりこ(第1話 – 第18話)→佐藤智恵(第19話 – 第61話)
パパ – 銀河万丈
ママ – 太田淑子
佐藤先生・ドラ – 佐藤正治
森山先生 – 色川京子
シッポナ – 渡辺菜生子
鏡の国の女王 – 増山江威子
キーオ – 中原茂
文造(大将の父) – 松尾銀三
源太郎・校長先生・変なおじさん – 田中和実
お菊 – 麻生美代子
ガンモの父 – 掛川裕彦
ガンモの母 – 八百坂万紀
モコの父 – 平野正人
その他 – 屋良有作、広中雅志、丸尾知子、戸谷公次、山野さと子、沢木郁也、矢田耕司、江森浩子、多岐川まり子、金丸日向子、山口奈々、本多知恵子、川浪葉子、坂本千夏、頓宮恭子、草尾毅、田中康郎、阿部道子、難波圭一、宮内幸平、堀川亮、鈴木砂織、田中亮一、塩屋浩三、富沢美智恵、柳沢三千代、冬馬由美、片岡富枝、荘真由美、八奈見乗児、鈴木れい子、山本百合子、遠藤晴、島田敏、村國守平、金丸淳一、深雪さなえ、小口久仁子、岸野幸正、小野坂昌也、堀之紀、里内信夫、長嶺結花、佐藤浩之、原えりこ、長畑由美、藤原由香里、高木優佳、神山雅美、塩沢兼人、高木早苗、久川綾、浦和めぐみ、摩味、大森章督、萩森侚子、高戸靖広、柏倉つとむ、川村万梨阿、青羽美代子スタッフ(第2作)[編集]
主要スタッフ
企画 – 原岡健一郎、清水賢治(フジテレビ)、嶋村一夫、木村京太郎(読売広告社)
原作 – 赤塚不二夫
音楽 – 本間勇輔
製作担当 – 佐伯雅久
キャラクターデザイン – 兼森義則
美術デザイン – 坂本信人
美術 – 坂本信人、吉田智子、田中資幸、中山恭子、小林勝寿、坂野文世、萩原正己
シリーズディレクター – 芝田浩樹
プロデューサー – 横山賢二、関弘美(東映動画)
撮影 – 沖野雅英
編集 – 清水慎治→西山茂
録音 – 蔵本貞司
効果 – 今野康之
選曲 – 田中英行
記録 – 雄谷将仁
美術進行 – 御園博
広報 – 重岡由美子(フジテレビ)
現像 – 東映化学
制作 – フジテレビ、読売広告社、東映動画主題歌(第2作)[編集]
オープニングアニメーションはキャラクターデザインの兼森義則が作画監督を務め、原画をマッドハウスが担当。そのほとんどは新川信正の手によるもので、手伝いとして竹井正樹が参加した。演出は芝田浩樹。有名な洋画のパロディーを集めたエンディングアニメーションもほぼ同じスタッフだが、DVD-BOXのブックレットにて兼森が「エンディングはチェックのみ」と語っている。芝田によると『E.T』のパロディーシーンがマッドハウスの高い技術力のため、そっくりになってしまい著作権に触れる危険があったので、慌てて変更してもらったという。

オープニングテーマ – 「ひみつのアッコちゃん」
作詞 – 井上ひさし、山元護久 / 作曲 – 小林亜星 / 編曲 – 青木望 / 歌 – 堀江美都子 (日本コロムビア )
エンディングテーマ – 「DON’T YOU…?」
作詞 – 岡田ふみ子 / 作曲 – 芹澤廣明 / 編曲 – 青木望 / 歌 – 堀江美都子、タイム・ファイブ (日本コロムビア)キャラクターソング・イメージソング(第2作)[編集]
これらの曲は、1989年12月21日に日本コロムビアから発売されたCDに、先述の主題歌と共に収録された[36]。

「男一発!!大将だい」
作詞 – 岡田ふみ子 / 作編曲 – 本間勇輔 / 歌 – 大将(塩屋翼)
「ハッピーメルヘン」
作詞 – 岡田ふみ子 / 作編曲 – 本間勇輔 / 歌 – 山野さと子
「ハートときめき年少トリオ」
作詞 – 星山博之 / 作編曲 – TAKU / 歌 – ガンモ(つかせのりこ)、チカ子(山本圭子)、カン吉(上村典子)
「ニャンニャンWalkin’〜シッポナのテーマ〜」
作詞 – 冬杜花代子 / 作曲 – 本間勇輔 / 編曲 – 有澤孝紀 / 歌 – 帯川鏡子、こおろぎ’73
「アブナイ少年〜キーオのテーマ〜」
作詞 – 浦川しのぶ / 作編曲:川崎真弘 / 歌:北原拓
「浦川しのぶ」は、横山賢二プロデューサーの筆名。
「恋する娘〜モコのテーマ〜」
作詞 – 浦川しのぶ / 作編曲:川崎真弘 / 歌:尾形明美
「ひみつのアッコちゃん音頭」
作詞 – 伊藤アキラ / 作編曲:有澤孝紀 / 歌:堀江美都子、こおろぎ’73、Shines
後述の劇場版第2作のエンディング・テーマに使用。
「すきすきソング」
作詞 – 山元護久、井上ひさし / 作曲 – 小林亜星 / 編曲 – 有澤孝紀 / 歌 – 水森亜土、こおろぎ’73
第1作のエンディング・テーマをアレンジ。
「ニャンとも!!ワンダフル!!」
作詞 – 池永泰記 / 作曲 – 山田長大 / 編曲 – 栗原正己 / 歌 – 大倉正丈(こおろぎ’73)、山野さと子
「心の鏡」
作詞 – 池永泰記 / 作曲 – 山田長大 / 編曲 – 栗原正己 / 歌 – 堀江美都子各話リスト(第2作)[編集]
話数
放送日
サブタイトル
脚本
(絵コンテ)演出
作画監督
1
1988年10月9日
鏡の国のプレゼント!?
星山博之
芝田浩樹
松本朋之
2
10月16日
混戦データでドキッ!
武上純希
久岡敬史
羽山淳一
3
10月23日
コンパクトを返して!
山崎晴哉
梅澤淳稔
山崎展義
4
10月30日
シッポナ誘かい事件!?
大橋志吉
山田徹
菊池城二
5
11月6日
ヘッ!? 初恋は大ナマズ
浦沢義雄
川田武範
増田信博
6
11月13日
佐藤先生の婚約者!?
山崎晴哉
山吉康夫
梨澤孝司
7
11月20日
赤ちゃんで大さわぎ!!
大橋志吉
芝田浩樹
松本朋之
8
11月27日
潜入! エリート幼稚園
武上純希
久岡敬史
羽山淳一
9
12月4日
ドラの悩みごと?
浦沢義雄
梅澤淳稔
山崎展義
10
12月11日
恐怖のスキーレース
山崎晴哉
山田徹
菊池城二
11
12月18日
サンタさんの贈りもの
大橋志吉
川田武範
増田信博
12
12月25日
タコ焼き大好き宇宙人!?
浦沢義雄
山吉康夫
梨澤孝司
13
1989年1月15日
ガンモの落語名人劇場
山崎晴哉
(芝田浩樹)有迫俊彦
松本朋之
14
1月22日
転校生はアブナイやつ
星山博之
久岡敬史
羽山淳一
15
1月29日
勝負! 雪ダルマ合戦
大橋志吉
梅澤淳稔
山崎展義
16
2月5日
走れ! 名馬ハヤテ
山崎晴哉
山田徹
堀川留子
17
2月12日
噂のあのコは白魔術
武上純希
川田武範
増田信博
18
2月19日
季節はずれの蝶々
浦沢義雄
山吉康夫
梨澤孝司
19
2月26日
コンパクトが使えない
星山博之
芝田浩樹
松本朋之
20
3月5日
狼はひとりぼっち
大橋志吉
久岡敬史
須田正己
21
3月12日
憧れのスチュワーデス
山崎晴哉
梅澤淳稔
羽山淳一
22
3月19日
父ちゃんのお花見物語
浦沢義雄
山田徹
山崎展義
23
3月26日
アイドルって大変!
大橋志吉
川田武範
堀川留子
24
4月2日
フォアグラ将軍の反乱
武上純希
山吉康夫
増田信博
25
4月9日
お見合いはお上品に
大橋志吉
久岡敬史
梨澤孝司
26
4月16日
カン吉と青い目の少女
山崎晴哉
梅澤淳稔
松本朋之
27
4月23日
幽霊屋敷のタヌキ騒動
浦沢義雄
芝田浩樹
須田正己
28
4月30日
悪役女子レスラーの恋
大橋志吉
山田徹
羽山淳一
29
5月7日
鏡の中に消えたキーオ
星山博之
川田武範
山崎展義
30
5月14日
ハッケヨイのこった!
山崎晴哉
山吉康夫
堀川留子
31
5月21日
花嫁さんはホラー好き
武上純希
久岡敬史
増田信博
32
5月28日
モコと夢見る王子さま
浦沢義雄
梅澤淳稔
松本朋之
33
6月4日
ガンバレひよこちゃん
大橋志吉
芝田浩樹
梨澤孝司
34
6月11日
アッコのアフリカ物語
星山博之
山田徹
山崎展義
35
6月18日
父と娘の仁義なき戦い
大橋志吉
川田武範
羽山淳一
36
6月25日
エンマ大王の大将征伐
浦沢義雄
山吉康夫
斉藤一彦
37
7月2日
グルメラーメン繁盛記
山崎晴哉
久岡敬史
松本朋之
38
7月9日
夢見るバレリーナ!
武上純希
梅澤淳稔
増田信博
39
7月23日
カエルの子はカエル
大橋志吉
芝田浩樹
梨澤孝司
40
7月30日
花のお江戸の捕物帳
浦沢義雄
山田徹
山崎展義
41
8月6日
真夏の夜のホタル
大橋志吉
川田武範
羽山淳一
42
8月13日
素敵な兄貴が欲しい!
武上純希
山吉康夫
山口聴
43
8月20日
アリとキリギリス
山崎晴哉
梅澤淳稔
松本朋之
44
8月27日
アッコたちの漂流記
星山博之
芝田浩樹
増田信博
45
9月3日
水の中のオバタリアン
大橋志吉
久岡敬史
梨澤孝司
46
9月10日
愛のわんこそばツアー
山崎晴哉
山田徹
山崎展義
47
9月17日
月夜に泣くかぐや姫
武上純希
川田武範
松本朋之
48
9月24日
パパとママの青春物語
浦沢義雄
山吉康夫
小幡公春
49
10月1日
階段の怪談で大ピンチ
大橋志吉
梅澤淳稔
今川よしみ
50
10月8日
アッコは名ピッチャー
星山博之
芝田浩樹
増田信博
51
10月15日
エッ! 最後の変身?
武上純希
山田徹
梨澤孝司
52
10月22日
ワン・ニャン物語
山崎晴哉
久岡敬史
松本朋之
53
10月29日
牧場の少女の願いごと
浦沢義雄
川田武範
山崎展義
54
11月5日
大将のスキスキ大作戦
栗原浩一
山吉康夫
今川よしみ
55
11月12日
大マジックのマドンナ
大橋志吉
梅澤淳稔
増田信博
56
11月19日
ママのテニス教室
武上純希
芝田浩樹
近藤優次
57
11月26日
T.Vゲーム少年を救え!
大橋志吉
山田徹
小幡公春
58
12月3日
アッコは美人OL!?
星山博之
久岡敬史
山崎展義
59
12月10日
森山先生、お幸せに!
山崎晴哉
川田武範
堀川留子
60
12月17日
キーオのいなくなる日
大橋志吉
山吉康夫
梨澤孝司
61
12月24日
私の心のコンパクト
星山博之
芝田浩樹
※1989年1月1日は『第25回新春スターかくし芸大会』放送のため休止。
※第13話は1989年1月8日に放送予定だったが、昭和天皇崩御のニュースのため翌週に繰り下げとなった。
※1989年7月16日は『FNSスーパースペシャル 1億人のテレビ夢列島’89』放送のため休止。放送局(第2作)[編集]
※放送日時は1989年9月中旬 – 10月上旬時点(テレビ岩手については、本放送終了後に放送された日時)、放送系列は放送当時のものとする[37]。

放送地域
放送局
放送系列
放送日時
備考
関東広域圏
フジテレビ
フジテレビ系列
日曜 18:00 – 18:30
制作局
北海道
北海道文化放送

宮城県
仙台放送

秋田県
秋田テレビ

山形県
山形テレビ

福島県
福島テレビ

新潟県
新潟総合テレビ
現:NST新潟総合テレビ。
長野県
長野放送

静岡県
テレビ静岡

富山県
富山テレビ

石川県
石川テレビ

福井県
福井テレビ

中京広域圏
東海テレビ

近畿広域圏
関西テレビ

島根県・鳥取県
山陰中央テレビ

岡山県・香川県
岡山放送

広島県
テレビ新広島

愛媛県
愛媛放送
現:テレビ愛媛。
福岡県
テレビ西日本

佐賀県
サガテレビ

熊本県
テレビ熊本
1989年9月まではテレビ朝日系列とのクロスネット局。
沖縄県
沖縄テレビ

青森県
青森放送
日本テレビ系列テレビ朝日系列
金曜 17:15 – 17:45

岩手県
テレビ岩手
日本テレビ系列
月曜 – 金曜 17:30 – 18:00
本放送終了後、1990年 – 1991年頃に放送[38]。
山梨県
山梨放送
土曜 6:15 – 6:45

山口県
テレビ山口
TBS系列
月曜 17:00 – 17:30

徳島県
四国放送
日本テレビ系列
火曜 17:30 – 18:00

長崎県
テレビ長崎
フジテレビ系列日本テレビ系列
月曜 19:00 – 19:30

大分県
テレビ大分
日本テレビ系列フジテレビ系列テレビ朝日系列
金曜 16:00 – 16:30

鹿児島県
鹿児島テレビ
日本テレビ系列フジテレビ系列
水曜 16:30 – 17:00

視聴率(第2作)[編集]
いずれもビデオリサーチ調べ・関東地区。

平均視聴率:14.3%
最高視聴率:20.7%劇場版(第2作)[編集]
いずれも「東映まんがまつり」で公開。カラー、ビスタビジョン、25分。
2作品とも2011年5月21日発売の「赤塚不二夫DVD コレクション」において初DVD化となる。

ひみつのアッコちゃん
Secret of Akkochan監督
芝田浩樹脚本
武上純希原作
赤塚不二夫製作
横山賢二、関弘美(「企画」名義)製作総指揮
今田智憲出演者
堀江美都子杉山佳寿子塩屋翼ほか音楽
本間勇輔主題歌
「ひみつのアッコちゃん」(堀江美都子)撮影
沖野正英編集
清水慎治製作会社
東映動画配給
東映公開
1989年3月18日上映時間
25分製作国
日本言語
日本語前作
ひみつのアッコちゃん(1973年3月、「アッコ」)魔法少女ララベル 海が呼ぶ夏休み(1980年7月、「魔女っ子」)次作
ひみつのアッコちゃん 海だ! おばけだ!! 夏祭り(「アッコ」&「魔女っ子」)テンプレートを表示ひみつのアッコちゃん(1989年3月18日公開)9年振りの魔女っ子劇場作にして、初の劇場用新作。内容は、アッコたちが遊ぶ広場にビルを建てようとするのを阻止しようとする、下町舞台の話では良くある話だが、そのビル建設発起人が大将の父親というのが異色。作品ではアッコは、メス猫・巫女・バトントワラー、そして大将の父の初恋の少女の、計4キャラに変身する。スタッフ製作総指揮 – 今田智憲
企画 – 横山賢二、関弘美
原作 – 赤塚不二夫
脚本 – 武上純希
監督 – 芝田浩樹
キャラクターデザイン / 作画監督 – 兼森義則
撮影 – 沖野正英
美術 – 坂本信人
録音 – 倉本貞司
編集 – 清水慎治主題歌オープニング「ひみつのアッコちゃん」(堀江美都子)
映像はTV版と同じだが、歌詞テロップは無い。
エンディング「DON’T YOU?…」(堀江美都子、タイム・ファイブ)
こちらの映像はオリジナル。同時上映聖闘士星矢 最終聖戦の戦士たち
おそ松くん スイカの星からこんにちはザンス!
高速戦隊ターボレンジャーひみつのアッコちゃん海だ! おばけだ!! 夏祭り
Secret of Akkochan #2:Summer Festival監督
久岡敬史脚本
星山博之原作
赤塚不二夫製作
横山賢二、関弘美(「企画」名義)製作総指揮
今田智憲出演者
堀江美都子杉山佳寿子塩屋翼土井美加ほか音楽
本間勇輔主題歌
「ひみつのアッコちゃん」(堀江美都子)撮影
渡辺英俊編集
清水慎治製作会社
東映動画配給
東映公開
1989年7月15日上映時間
25分製作国
日本言語
日本語前作
ひみつのアッコちゃん(1989年3月。「アッコ」&「魔女っ子)次作
【終了】(「アッコ」)魔法使いサリー(第2作)(「魔女っ子)テンプレートを表示ひみつのアッコちゃん 海だ! おばけだ!! 夏祭り(1989年7月15日公開)劇場新作第2弾で、1作に2本の劇場用新作が製作されたのは「東映魔女っ子シリーズ」では初。内容は夏に因んで、アッコたちが海に行くも、海の沖にある孤島の守護神「白いイルカ」(声 – 土井美加)見たさに大将・ゴマ・ギョロ・キーオが行った事から騒ぎとなる話。そして舞台が海という関係上、両親・先生・変なおじさんといった町の大人たちは、一切登場しない。なおタイトルの内「海だ! おばけだ!! 夏祭り」は、他のTVアニメの劇場用新作同様、サブタイトル的な扱いとなっている。
スタッフ製作総指揮 – 今田智憲
企画 – 横山賢二、関弘美
脚本 – 星山博之
監督 – 久岡敬史
キャラクターデザイン – 兼森義則
作画監督 – 増田信博
撮影 – 渡辺英俊
美術 – 坂本信夫
録音 – 倉岡貞司
編集 – 清水慎治主題歌オープニング「ひみつのアッコちゃん」(堀江美都子)
エンディング「ひみつのアッコちゃん音頭」(堀江美都子)同時上映ドラゴンボールZ
悪魔くん(アニメ版)
機動刑事ジバン第3作 (1998年)[編集]
ひみつのアッコちゃん(第3作)ジャンル
テレビアニメ原作
赤塚不二夫企画
藤山太一郎、木村京太郎、関弘美脚本
武上純希、浦沢義雄ほか演出
芝田浩樹ほか声の出演
山崎和佳奈梅田貴公美鈴木琢磨堀江美都子オープニング
「ひみつのアッコちゃん」(下成佐登子)エンディング
「わたしの歌を聴いてほしい」(第1 – 26話、白木由美、TAKING VITAMIN J)「ニッポン晴れだよっ!アッコちゃん」(第27 – 終、ザ・アッコちゃんズ)製作制作
フジテレビ、東映動画→東映アニメーション、読売広告社
放送放送国・地域 日本放送期間1998年4月5日 – 1999年2月28日放送時間日曜9:00 – 9:30放送枠フジテレビ日曜朝9時台枠のアニメ放送分30分回数44回
公式ウェブサイトテンプレートを表示1998年4月5日から1999年2月28日まで全44話がフジテレビ系列で日曜 9:00 – 9:30に放送された。東映動画→東映アニメーション製作。
今作でのアッコの両親は、父親がカメラマン、母親が芸術家と設定されている。アッコの髪の毛は第1作にほぼ近いが、服装や明るく活発で友人思いな性格は第2作のものを受け継いでいる。また「美少女ヒロイン」の定義の変化によって、アッコを始め一部のキャラクターは等身が上がっている、瞳が大きくなっているなど、原作のタッチからは更に大幅なリデザインが施されている。また、過去2作にあった原作準拠のハート型の舌も普通の舌に変更されている(一部の回ではハート型になっている場合もある)。
第2作でアッコを演じた堀江美都子が鏡の女王役として出演した。また、第1作でアッコを演じ、第2作でアッコの母親を演じた太田淑子は、ラスト近くで、アッコに助けられる老婆の役でゲスト出演した。チカ子、モコの母役の山本圭子と大将の父役の松尾銀三が2作目からの続投となっている。
前番組として放送されていた『ゲゲゲの鬼太郎』の第64話で本篇がデジタル化され、大幅なコストダウンと省力化に成功したことから、本作は当放送枠初の全編デジタル製作となる。
前2作に比べ視聴率やバンダイなどから発売された関連グッズの売上げが不振だったため、1年弱で打ち切り[39]となり、次番組「デジモンアドベンチャー」は本来の改編時期より1ヶ月前倒しの1999年3月の中途半端な時期にスタートとなっている。また第3作では前2作のような「劇場版」は制作されていない。

あらすじ(第3作)[編集]
幼い頃のアッコはママから「花嫁姿の映る鏡」をもらい今でもその言い伝えを信じて、大事に持っていた。ところがそれを大将にからかわれた挙句、壊されてしまう。アッコは鏡を墓に埋めると、鏡の国の女王様が現れ「変身できる魔法のコンパクト」をもらい、「人前に変身を見られると二度と鏡にあなたの姿が映らなくなる」と約束される。
アッコは女王様の約束通り、誰にも見られないところで変身し、人々の窮地を救っていた。しかし、途中から遊び半分で使うことが多くなり(最終回までは「遊び半分」は描かれないが、最終回では冒頭から、飼い猫のシッポナから誘われた「猫のパーティー」に参加するという自分の都合で変身し、帰宅した事が示唆されている。)頭を悩ませた鏡の女王様は、親友のモコを魔法で導き、アッコの変身を目撃させる。変身に驚き「私達をだましていた」と責められたアッコは、モコに絶交された上に鏡の力を失っただけでなく、同時に鏡には二度とアッコが映らなくなってしまう。鏡の女王様が現れ、「自分のためにコンパクトを使う今のあなたには、コンパクトを使うことも、鏡に映る資格もない。」と言われ、悲しみ落ち込むアッコだったが、モコのいるライブ会場が行われたビルが火事になってしまった。アッコは鏡の女王様に軽率に変身の力を使った事を謝罪し、女王様から最後の変身の力をもらいモコを救うが、救出され、目覚めたモコからは変身の記憶は消えており、アッコも鏡に映る様になった。戸惑うアッコの前に女王様が現れ「誰かを助けたいという優しく、強い気持ちを持ち続ければ、魔法のコンパクトがなくても、あなたは素敵な女の子。いつもあなたを見ていますよ。」と言葉を残し、コンパクトは消滅した。アッコは涙を流して「さようなら・・鏡の国。さようなら・・私のひみつ」とつぶやき、鏡を大切にする優しい女の子として再び日々を送る。

キャスト(第3作)[編集]
レギュラー[編集]
アッコ(加賀美アツコ) – 山崎和佳奈
モコ(浪花モコ) – 梅田貴公美
大将 – 鈴木琢磨
少将 – こおろぎさとみ
カン吉 – 生駒治美
ガンモ、ペンギンの一平 – 竹内順子
チカ子、モコの母 – 山本圭子
ギョロ – 赤井田良彦
ゴマ、ドラ – 高戸靖広
アッコのパパ(加賀美健一郎) – 山口健
アッコのママ(加賀美恭子) – 冨永みーな
シッポナ – 永野愛※第5話「仁義なき猫戦争!」でアッコちゃんがネコに変身した時に初めて言葉を喋る。なお、アッコ、モコ、大将、少将、カン吉、ガンモ、チカ子、ギョロ、ゴマ&ドラは全話に登場している。

ゲストキャスト[編集]
鏡の国の女王 – 堀江美都子(第1話登場)
山茶花レイ子 – ??(第1話登場)
袋小路トメ吉 – 長島雄一(現:チョー)(第1話登場)
山茶花レイ子の父 – 高橋広樹(第1話登場)
真由美 – 田中涼子(第2話登場)
マネージャー – 家富ヨウジ(第2話登場)
スポンサー – 及村健次(第2話登場)
婦警さん – 根谷美智子(第3話登場)
ギャング親分(大山権三) – ??(第3話登場)
子分ギャングA – 布目貞雄(第3話登場)
子分ギャングB – 小栗雄介(第3話登場)
若い男 – 鈴木信明(第3話登場)
郵便局長 – 森訓久(第3話登場)
大将の父 – 松尾銀三(第3話登場)
マダム陳 – 荘真由美(第4話登場)
コック長 – 中博史(第4話登場)
支配人 – 平田広明(第4話登場)
イセエビ – 宮田始典(第4話登場)
ビル – 菊池正美(第5話登場)
ドラの仲間ネコ – 赤井田良彦、生駒治美、高戸靖広、竹内順子、山本圭子(第5話登場)
校長先生、初代校長先生 – 塩屋浩三(第6話登場)
教頭先生 – 立木文彦(第6話登場)
森山先生 – 永野愛(第6話登場)
佐藤先生 – 高橋広樹(第6話登場)
山田捨吉元校長(校長OB会) – 菅原淳一(第6話登場)
川島元校長(校長OB会) – ??(第6話登場)
海野虎造元校長(校長OB会) – 古橋芳治(第6話登場)
ヤブタ医院の医者 – 西松和彦(第7話登場)
雄一 – 山口勝平(第8話登場)
モコの父 – 鈴木信明(第9話登場)
モコの母 – 山本圭子(第9話登場)
さくらんぼ園の主人 – 菅原淳一(第9話登場)
さくらんぼ園の妻 – 橘U子(第9話登場)
風水師 – 肝付兼太(第9話登場)
サチコ – 寺田はるひ(第10話登場)
前島 – 葛城七穂(第10話登場)
サチコの女子高生友人 – 梅田貴公美、他(第10話登場)
ガンモの父 – 西村朋紘(第11話登場)
ガンモの母 – 松岡洋子(第11話登場)
ジャイアント・キングスター – 梁田清之(第12話登場)
小玉プロモーター – 高戸靖広(第12話登場)
アナウンサー – 太田真一郎(第12話登場)
司会者 – 赤井田良彦(第12話登場)
レフェリー – 小栗雄介(第12話登場)
アントニオ・ババ – 銀河万丈(第12話登場)
ラーメン屋主人 – 小栗雄介(第13話登場)
ラーメン屋客 – 布目貞雄(第13話登場)
八百屋主人 – 西松和彦(第13話登場)
骸骨博士 – 山口健(第13話登場)
美少女仮面プリンアラモード – 白木由美(第13話登場)(特別出演?)
魚屋 – 布目貞雄(第14話登場)
肉屋 – 沖田蒼樹(第14話登場)
八百屋 – 渡部るみ(第14話登場)
さやか – 大本眞基子(第15話登場)
ピョン – まるたまり(第15話登場)
イルカ – 宮田始典(第15話登場)
ゴンタ – 乃村健次(第15話登場)
赤ちゃん(山本ハナビ) – かないみか(第16話登場)
赤ちゃんのママ(山本ひろみ) – 田中涼子(第16話登場)
赤ちゃんのパパ(山本裕志) – 金光宣明(第16話登場)
出前持ち – 小栗雄介(第16話登場)
TVアナウンサー – 沖田蒼樹(第16話登場)
おじいちゃん – 世田壱恵(第16話登場)
おばあちゃん – 尾小平志津香(第16話登場)
あこがれの監視員 – 高木渉(第17話登場)
ペットのたこ – 埴岡由紀子(第17話登場)
監視員A – 石塚堅(第17話登場)
不良 – 小栗雄介(第17話登場)
ガンモのおじいちゃん – 西松和彦(第18話登場)
番台のおばさん – 渡部るみ(第19話登場)
おばあさん – 尾小平志津香(第19話登場)
八百屋のおばちゃん – 橘U子(第20話登場)
司会者 – 奥寺健(フジテレビ)(第20話登場)
Mr.ガーリック(黒岩) – 若本規夫(第20話登場)
大将の母 – 尾小平志津香(第22話登場)
新人バスガイド – 高村めぐみ(第22話登場)
バスガイド – 田中涼子(第22話登場)
バスの客A – 小栗雄介(第22話登場)
バスの客B – 田村貴浩(第22話登場)
バスの客C – 岡田貴之(第22話登場)
八百屋のおやじ – 西松和彦(第22話登場)
係員 – 小栗雄介(第23話登場)
ディカプリオ(森山先生の飼犬) – 堀川亮(現:堀川りょう)(第23話登場)
美術評論家 – 石塚運昇(第24話登場)
刑事 – 乃村建次(第24話登場)
怪盗ふくみみ – 塩沢兼人(第25話、第38話登場)
大工の名人 – 大竹宏(第26話登場)
弟子A – 石塚堅(第26話登場)
弟子B – 小栗雄介(第26話登場)
捕獲係 – 沖田蒼樹(第26話登場)
宅配便配達員 – 金光宣明(第28話登場)
男A – 石塚堅(第29話登場)
男B – 小栗雄介(第29話登場)
骨董屋の主人 – 菅原淳一(第29話登場)
鬼熊稲雄 – 柳沢栄治(第30話登場)
魚屋のおっちゃん – 布目貞雄(第30話登場)
八百屋のおばちゃん – 渡部るみ(第30話登場)
肉屋のあんちゃん – 沖田蒼樹(第30話登場)
男生徒 – 小栗雄介(第30話登場)
女生徒 – 田中涼子(第30話登場)
野球中継アナウンサー – 金光宣明(第30話登場)
相馬ミキ – 篠原恵美(第31話登場)
スマイル – 掛川裕彦(第31話登場)
調教師 – 中博史(第31話登場)
アナウンサー – 小栗雄介(第31話登場)
ウェイトレス – ゆみたかよ(第31話登場)
青年 – 上田祐司(現:うえだゆうじ)(第32話登場)
お嬢様 – 飛松加奈子(第32話登場)
トカゲ – くじら(第32話登場)
モグラ – 金光宣明(第33話登場)
カエル – 宇和川恵美(第33話登場)
江戸川先生 – 岸野幸正(第33話登場)
不良少年 – 飛田展男(第35話登場)
サンタクロース – 大竹宏(第36話登場)
もんじゃ焼きの店主 – 木村雅史(第37話登場)
婦人警官 – ゆみたかよ(第38話登場)
マフィア – 石塚堅(第38話登場)
TVアナウンサー – 小栗雄介(第38話登場)
美少女怪盗ミルフィーユ – 三石琴乃(第38話登場)
アソウムツミ – 菊地祥子(第39話登場)
コーチ – 小野健一(第39話登場)
コンビニ店員 – 布目貞雄(第40話登場)
子分A – 布目貞雄(第42話登場)
子分B – 石塚堅(第42話登場)
子分C – 小栗雄介(第42話登場)
親分 – 古川登志夫(第42話登場)
猫 – 石塚堅(第43話登場)
猫 – 小栗雄介(第43話登場)
老婦人 – 太田淑子(第43話登場[特別出演])
消防士 – 石塚堅(第44話登場)スタッフ(第3作)[編集]
主要スタッフ
企画 – 原田冬彦→藤山太一郎(フジテレビ)、木村京太郎(読売広告社)、関弘美(東映動画)
原作 – 赤塚不二夫
シリーズディレクター – 芝田浩樹
シリーズ構成 – 武上純希
キャラクターデザイン – 出口としお
美術デザイン – 飯島由樹子
美術 – 飯島由樹子、清水哲弘
音楽 – 川崎真弘
製作担当 – 岡田将介
制作 – フジテレビ、読売広告社、東映動画主題歌(第3作)[編集]
オープニングテーマ

「ひみつのアッコちゃん」
作詞 – 井上ひさし、山元護久 / 作曲 – 小林亜星 / 編曲 – 大島ミチル / 歌 – 下成佐登子 (日本コロムビア)オーケストラ演奏を伴奏とする他、最後の歌詞のアクセントが上がらないのも特徴。
第26話から2代目のコンパクトが使われ、第27話以降オープニング画面は一部変更された。エンディングテーマ

「わたしの歌を聴いてほしい」(第1話 – 第26話)
作詞 – 白木由美、浦沢義雄 / 作曲・編曲 – 藤沢秀樹 / 歌 – 白木由美、TAKING VITAMIN J (日本コロムビア)
「ニッポン晴れだよっ!アッコちゃん」(第27話 – 第44話)
作詞 – 石川華子 / 作曲・編曲 – 見良津健雄 / 歌 – ザ・アッコちゃんズ (日本コロムビア)各話リスト(第3作)[編集]
話数
放送日
サブタイトル
脚本
演出
作画監督
収録VHS
1
1998年4月5日
鏡の国のおくりもの
武上純希
芝田浩樹
八島善孝
VOL.1
2
4月12日
暴れん坊ペンギン・一平
大橋志吉
今沢哲男
信実節子
3
4月19日
ギャング大将・愛の暴走
橋本裕志
川田武範
直井正博
4
4月26日
中華おばけレストラン!?
浦沢義雄
上田芳裕
清山滋崇
5
5月3日
仁義なき猫戦争!
大橋志吉
境宗久
海老沢幸男
VOL.2
6
5月10日
学校を守れ! アッコ校長
武上純希
細田守
八島善孝
7
5月17日
モコちゃんの晩ごはん
橋本裕志
今沢哲男
出口としお
8
5月24日
男大将・サッカー対決
武上純希
川田武範
信実節子
9
5月31日
風水師とサクランボ
大和屋暁
上田芳裕
直井正博
VOL.3
10
6月7日
少将の初恋でしゅ!
大橋志吉
芝田浩樹
清山滋崇
11
6月14日
落語と豆腐と宇宙人!
浦沢義雄
境宗久
海老沢幸男
12
6月21日
ジャイアント・アッコ
橋本裕志
今沢哲男
石黒育
13
6月28日
美少女仮面におまかせ
浦沢義雄
川田武範
八島善孝
VOL.4
14
7月5日
チカ子の噂でワニワニ!?
吉田玲子
細田守
出口としお
15
7月12日
夢のイルカショー!
大橋志吉
上田芳裕
信実節子
16
7月26日
お騒がせスーパーベビー
橋本裕志
芝田浩樹
直井正博
17
8月2日
思い出の渚・タコの海
浦沢義雄
境宗久
清山滋崇
VOL.5
18
8月9日
巨大鯉を探せ! 夏の冒険
大和屋暁
今沢哲男
石黒育
19
8月16日
受難! 夏バテペンギン
武上純希
川田武範
海老沢幸男
20
8月23日
華麗なるマジシャン!
吉田玲子
細田守
八島善孝
21
8月30日
人魚の読書感想文!?
浦沢義雄
今村隆寛
出口としお
VOL.6
22
9月6日
ド演歌・夫婦道!
吉村元希
芝田浩樹
信実節子
23
9月13日
恋のワンワン騒動!
大橋志吉
今沢哲男
石黒育
24
9月20日
ひみつのチカ子ちゃん
浦沢義雄
川田武範
直井正博
25
9月27日
怪盗ふくみみの挑戦!
大和屋暁
境宗久
清山滋崇
VOL.7
26
10月11日
新しいひ・み・つ!
大橋志吉
芝田浩樹
八島善孝
27
10月18日
走れ! バニーガール
浦沢義雄
今村隆寛
海老沢幸男
28
10月25日
ダイエット狂騒曲!
大和屋暁
上田芳裕
出口としお
29
11月1日
ここ掘れペンペン!
大橋志吉
川田武範
石黒育
VOL.8
30
11月8日
ロミオがいっぱい!?
吉田玲子
細田守
八島善孝
31
11月15日
駆けろ! サラブレッド
橋本裕志
今沢哲男
直井正博
32
11月22日
ひみつのラブレター
浦沢義雄
芝田浩樹
信実節子
33
11月29日
ガンモの豆腐道!
武上純希
今村隆寛
福本勝
VOL.9
34
12月6日
少将・学校へ行く!
吉村元希
角銅博之
清山滋崇
35
12月13日
新親分をさがせ!?
吉田玲子
川田武範
海老沢幸男
36
12月20日
サンタさんと願い星
浦沢義雄
今村隆寛
石黒育
37
1999年1月10日
大将の一番長い日!
大橋志吉
芝田浩樹
八島善孝
VOL.10
38
1月17日
ふしぎの夢のアッコ
吉村元希
角銅博之
直井正博
39
1月24日
怪盗ふくみみの逆襲!
大和屋暁
今沢哲男
出口としお
40
1月31日
飛べ! 銀盤の妖精
武上純希
川田武範
信実節子
41
2月7日
史上最低の変身!
浦沢義雄
今沢哲男
清山滋崇
VOL.11
42
2月14日
チョコレート陰謀団
川田武範
福本勝
43
2月21日
冬の日の迷い猫
大和屋暁
今村隆寛
出口としお
44
2月28日
さよなら私のひみつ
大橋志吉
芝田浩樹
海老沢幸男
※1998年7月19日は『’98FNS1億2700万人の27時間テレビ 夢列島 てれずにいいこと、てれずに楽しく』のため放送休止。
※第26話は1998年10月4日に放送予定だったが、「和歌山毒物カレー事件」関連報道特別番組のため1週繰り下げて放送された。
※1998年12月27日は『年末アニメスペシャル』(7:30 – 10:00。『ゲゲゲの鬼太郎 激突!!異次元妖怪の大反乱』・『ちびまる子ちゃん』(再)・『こちら葛飾区亀有公園前派出所』SP傑作選(再)で構成)のため放送休止。
※1999年1月3日は『おそく起きた朝は…新春 不平不満まつり』(9:00 – 10:00)のため放送休止。放送局(第3作)[編集]
出典個別に提示されているものを除き1998年9月中旬 – 10月上旬時点のものとする[40]。

放送地域
放送局
放送系列
放送時間
備考
関東広域圏
フジテレビ
フジテレビ系列
日曜 9:00 – 9:30
制作局
岩手県
岩手めんこいテレビ

宮城県
仙台放送

山形県
さくらんぼテレビ

新潟県
新潟総合テレビ

石川県
石川テレビ

福岡県
テレビ西日本

北海道
北海道文化放送
日曜 9:25 – 9:55

秋田県
秋田テレビ
水曜 16:55 – 17:25

富山県
富山テレビ
金曜 16:00 – 16:30↓金曜 16:30 – 17:00[41]
1999年3月19日まで放送[41]。
福井県
福井テレビ
水曜 16:25 – 16:55
1999年3月31日まで放送(最終回は水曜 16:15 – 16:45にて放送)[42]。
山梨県
山梨放送
日本テレビ系列
土曜 5:30 – 5:59

長野県
長野放送
フジテレビ系列
日曜 9:30 – 10:00

静岡県
テレビ静岡
金曜 16:55 – 17:25

中京広域圏
東海テレビ
金曜 16:00 – 16:30

近畿広域圏
関西テレビ
月曜 15:58 – 16:28

岡山県・香川県
岡山放送
月曜 16:25 – 16:55

広島県
テレビ新広島
金曜 16:25 – 16:55

愛媛県
テレビ愛媛
土曜 6:00 – 6:30

高知県
高知さんさんテレビ
木曜 16:25 – 16:55

佐賀県
サガテレビ
土曜 6:00 – 6:30

長崎県
テレビ長崎
月曜 16:25 – 16:55

熊本県
テレビ熊本
木曜 16:25 – 16:55

大分県
テレビ大分
フジテレビ系列日本テレビ系列
水曜 16:30 – 17:00

宮崎県
テレビ宮崎
フジテレビ系列日本テレビ系列テレビ朝日系列
月曜 16:30 – 17:00

鹿児島県
鹿児島テレビ
フジテレビ系列
火曜 16:00 – 16:30

視聴率(第3作)[編集]
いずれもビデオリサーチ調べ・関東地区。

平均視聴率:9.4%
最高視聴率:13.0%VHS[編集]
VHSは東映ビデオより、1999年8月6日から2000年6月9日にかけて発売された。

巻数
発売日
収録話
VOL.1
1999年8月6日
第1話 – 第4話
VOL.2
1999年9月10日
第5話 – 第8話
VOL.3
1999年10月8日
第9話 – 第12話
VOL.4
1999年11月12日
第13話 – 第16話
VOL.5
1999年12月10日
第17話 – 第20話
VOL.6
2000年1月14日
第21話 – 第24話
VOL.7
2000年2月11日
第25話 – 第28話
VOL.8
2000年3月10日
第29話 – 第32話
VOL.9
2000年4月14日
第33話 – 第36話
VOL.10
2000年5月12日
第37話 – 第40話
VOL.11
2000年6月9日
第41話 – 第44話
短編[編集]
『『スッキリ!!×映画ひみつのアッコちゃん』〜テクマクマヤコン テクマクマヤコン ステキなOLにな〜れ!〜』は、実写映画公開を記念し、2012年8月20日から31日まで日本テレビ系列の情報番組『スッキリ!!』内(10:20頃[43])で放送された約1分間のFlashアニメ。全10話[44]。

キャストアッコちゃん – 平野綾
エレーヌ – 石田エレーヌ
スミレ先輩 – 石原祐美子(チキチキジョニー)
早瀬くん – 阿部翔平
部長 – 龍田直樹
阿部リポーター – 阿部祐二スタッフ原作 – 赤塚不二夫「ひみつのアッコちゃん」(協力 – フジオプロ)
プロデューサー – 野間清恵、服部完英、シンゴスター(ODDJOB)
イラストレーション – シャシャミン(ODDJOB)
ディレクター – 上野勇(ODDJOB)
脚本 – 堀雅人、千木良悠子
アニメーション – 佐貫直哉、北村みなみ(ODDJOB)
制作 – ODDJOBテレビドラマ版[編集]
副題は「伊豆の踊子物語」。1987年2月9日、フジテレビ系の『月曜ドラマランド』枠で放送。
主人公アッコの父親は中華料理店の店長であり、語尾に「ある」の口癖を持つ。

キャスト
アッコ – 八木さおり
ユキ – 堀江しのぶ
さやか – 大塚真美
結城純 – 本木雅弘
岡田可愛
塚本信夫
もたいまさこ
スタッフ
演出 – 助田卓
脚本 – 森保鉄志
音楽 – 林有三
企画 – 久保田榮一
プロデューサー – 宅間秋史、岩波龍造
制作協力 – 彩の会
制作 – フジテレビ、オフィス・トゥー・ワン
舞台版[編集]
舞台『デビルマン 〜不動を待ちながら〜』も執筆したじんのひろあき脚本による舞台が2009年に初上演。以後も演出や出演者を変え上演されている。
内容は、ひみつのアッコちゃん実写化のオーディションを開催することになり、そこで候補者にユニークな最終選考を行うというもの。

実写映画[編集]
映画 ひみつのアッコちゃん監督
川村泰祐脚本
山口雅俊大森美香福間正治原作
赤塚不二夫『ひみつのアッコちゃん』出演者
綾瀬はるか岡田将生谷原章介吹石一恵塚地武雅香川照之堀内敬子音楽
遠藤浩二主題歌
YUKI「わたしの願い事」製作会社
「映画 ひみつのアッコちゃん」製作委員会配給
松竹公開
2012年9月1日上映時間
120分製作国
日本言語
日本語興行収入
6億円[45]テンプレートを表示『映画 ひみつのアッコちゃん』(えいが ひみつのアッコちゃん)のタイトルで、誕生50周年記念の2012年に綾瀬はるか主演で実写映画化された[46]。公開は2012年9月1日。3月16日に予告編特報が公開された。監督は川村泰祐。配給は松竹。
ストーリーは映画のために作られた完全オリジナルであり、物語は一般企業(化粧品会社)を舞台として展開される(アッコの基本設定自体は、原作に準拠しており、その正体は小学生)。
SK-II COLORとのコラボレーションとして数量限定でコンパクトミラーが発売[47]。実写映画公開を記念し2012年8月27日深夜(日付は8月28日)に深夜映画番組『映画天国』で「実写版映画公開記念 アニメ版『ひみつのアッコちゃん』祭り」と題しテレビアニメ全3作から、第1作「夕日にとどけ天使の願い」(第44話)、第2作「鏡の国のプレゼント!?」(第1話)、第3作「チカ子の噂でワニワニ!?」(第14話)が再放送された[48][49]。また『ちゃお』2012年9月号では『姫ギャル♥パラダイス』とのコラボレーション漫画『姫ギャル♥アッコちゃん!』が掲載。『ビッグコミックスピリッツ』とのコラボレーションとして8月27日発売号で劇中を反映した表紙デザインとなった[50]。2012年8月27日、ネクストリーにより「Mobage」でソーシャルゲーム『ひみつのアッコちゃん The Movie』が配信[51]。
全国217スクリーンで公開され、2012年9月1、2日の初日2日間で興収1億4,176万4,800円、動員12万8,773人になり映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で初登場第5位となった[52]。
2014年10月17日には、本作の企画と製作幹事を担当した日本テレビの『金曜ロードSHOW!』で、地上波で初放送された[53](解説放送 / 文字多重放送 / データ放送)。
2017年1月2日(日付では1月3日)には、日本テレビの『映画天国』で2度目の放送となった[54]。

映画ストーリー[編集]
パパが買って来てくれて、ずっとお気に入りだったコンパクトの鏡を、落として割ってしまった小学5年生・10歳の加賀美あつ子(アッコ)。割れた鏡を、庭に埋め、「鏡のお墓」を作った。その日の夜、鏡の精を名乗る男が現れ、アッコに、とある物を渡す。それは、なりたいものになれる魔法のコンパクトで、アッコはオトナに変身。だが、この秘密を誰かに知られたら、二度と魔法は使えないという。
外見だけが22歳の姿になったアッコは、ある日、化粧品会社のエリート社員・早瀬尚人にスカウトされアルバイトをすることになった。しかし、子供のアッコには大人の社会がわからず、働いた経験はもちろんなく、仕事も失敗続き。尚人だけはアッコの驚くようなアイデアを面白がり味方をする。そんな中、会社に、世の中を騒がす乗っ取り事件が発生。尚人にもピンチが訪れる。

キャスト[編集]
加賀美あつ子(アッコ) – 綾瀬はるか(22歳)、吉田里琴(10歳)
早瀬尚人 – 岡田将生
熱海専務 – 谷原章介
青山マリ – 吹石一恵
守衛さん – 塚地武雅(ドランクドラゴン)
中村前社長 – 大杉漣
あつ子のママ – 堀内敬子
総理夫人 – 内田春菊
黒川朋美 – 肘井美佳
サトウ先生 – 柿澤勇人
大庭鶴子 – もたいまさこ ※25年前のドラマ版にも出演していた。
鬼頭大五郎 – 鹿賀丈史(特別出演)
鏡の精 – 香川照之
モコ – 堀内まり菜
カン吉 – 品川凛生
大将 – 内田純
小将 – 小泉諒河
チカ子 – 大野百花スタッフ[編集]
監督 – 川村泰祐
原作 – 赤塚不二夫『ひみつのアッコちゃん』(協力・フジオプロ)
脚本 – 山口雅俊、大森美香、福間正治
音楽 – 遠藤浩二
製作指揮 – 城朋子
製作 – 藤本鈴子、山口雅俊、秋元一孝、服部洋、堀義貴、弘中謙、阿佐美弘恭、平井文宏、北川直樹、池田純、都築伸一郎
エグゼクティブプロデューサー – 奥田誠治
企画プロデュース – 野間清恵、山口雅俊
プロデューサー – 和田倉和利、福島聡司
ラインプロデューサー – 宿崎恵造
音楽プロデューサー – 平川智司
企画・制作プロダクション – ヒント
制作プロダクション – シネバザール
配給 – 松竹
企画・製作幹事 – 日本テレビ放送網
製作 – 「映画 ひみつのアッコちゃん」製作委員会(日本テレビ放送網、松竹、電通、ホリプロ、読売テレビ放送、D.N.ドリームパートナーズ、VAP、ソニー・ミュージックエンタテインメント、DeNA、小学館)主題歌[編集]
YUKI 「わたしの願い事」(EPICレコードジャパン)小説版[編集]
映画 ひみつのアッコちゃん
赤塚不二夫(原作)、山口雅俊、大森美香、福間正治(脚本)、宮沢みゆき(ノベライズ)
小学館(小学館ジュニアシネマ文庫)、2012年。ISBN 9784092306288
映画 ひみつのアッコちゃん
赤塚不二夫(原作)、山口雅俊、大森美香、福間正治(脚本)、百瀬しのぶ(ノベライズ)
小学館(小学館文庫)、2012年8月。ISBN 9784094086843リメイク漫画[編集]
WEBコミック版「ひみつのアッコちゃんμ(ミュー)」
「天才バカヴォン」「おそ松さん」に続く赤塚不二夫生誕80周年記念作品として2016年10月21日よりホーム社が運営するWEBコミックサイト「スピネル」にて連載中。シナリオは井沢ひろし、作画は上北ふたごが担当[55][56]。
本作ではアッコとモコ、チカ子、大将と子分であるギョロ、ゴマは美ヶ丘中学校に通う中学一年生として描かれており[57]、新キャラクターとしてコンパクトの中に棲む妖精・チャミラが登場する。それ以外はアニメ第二作目に準拠。その為、キーオは鏡の国の王子・姿時生として登場している。またコンパクトは変身できるだけで無く、連載時の世相を反映してスマートフォンのようなアプリ機能が搭載されており、変身した姿に応じてその能力をアプリとしてダウンロードし使うことができる[58]。

書誌情報[編集]
赤塚不二夫(原作)、上北ふたご(漫画)、井沢ひろし(シナリオ)、フジオ・プロダクション(協力) 『ひみつのアッコちゃんμ 1』 集英社〈ホーム社書籍扱コミックス〉、2018年3月13日発売、.mw-parser-output cite.citationfont-style:inherit.mw-parser-output .citation qquotes:”””””””‘””‘”.mw-parser-output .id-lock-free a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-free abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/6/65/Lock-green.svg”)right 0.1em center/9px no-repeat.mw-parser-output .id-lock-limited a,.mw-parser-output .id-lock-registration a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-limited a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-registration abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/d/d6/Lock-gray-alt-2.svg”)right 0.1em center/9px no-repeat.mw-parser-output .id-lock-subscription a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-subscription abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/a/aa/Lock-red-alt-2.svg”)right 0.1em center/9px no-repeat.mw-parser-output .cs1-subscription,.mw-parser-output .cs1-registrationcolor:#555.mw-parser-output .cs1-subscription span,.mw-parser-output .cs1-registration spanborder-bottom:1px dotted;cursor:help.mw-parser-output .cs1-ws-icon abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/4/4c/Wikisource-logo.svg”)right 0.1em center/12px no-repeat.mw-parser-output code.cs1-codecolor:inherit;background:inherit;border:none;padding:inherit.mw-parser-output .cs1-hidden-errordisplay:none;font-size:100%.mw-parser-output .cs1-visible-errorfont-size:100%.mw-parser-output .cs1-maintdisplay:none;color:#33aa33;margin-left:0.3em.mw-parser-output .cs1-formatfont-size:95%.mw-parser-output .cs1-kern-left,.mw-parser-output .cs1-kern-wl-leftpadding-left:0.2em.mw-parser-output .cs1-kern-right,.mw-parser-output .cs1-kern-wl-rightpadding-right:0.2em.mw-parser-output .citation .mw-selflinkfont-weight:inheritISBN 978-4-8342-8479-9
赤塚不二夫(原作)、上北ふたご(漫画)、井沢ひろし(シナリオ)、フジオ・プロダクション(協力) 『新装版 ひみつのアッコちゃんμ』 集英社〈集英社ホームコミックス〉、全4巻(2022年3月28日現在)
2021年5月25日発売、ISBN 978-4-8342-3301-8
2021年5月25日発売、ISBN 978-4-8342-3302-5
2021年7月21日発売、ISBN 978-4-8342-3303-2
2022年3月25日発売、ISBN 978-4-8342-3304-9CMへの起用[編集]
文明堂総本店
アニメ第1期が放送されていた1969年より、長崎限定のテレビCMに起用され、長崎放送、テレビ長崎(開局以降)にて放送された。1973年頃には午後3時を知らせる時報CMバージョンも製作された。
わかさ生活(「わかさの秘密」編)[59]このCMのアッコちゃんは過去のアニメキャラクターではなく、原作漫画のキャラクターであり、アニメ開始から42年目にして初めて原作キャラクターのアッコちゃんが登場した。
富山常備薬グループ(「キミエホワイト」編)脚注[編集]
[脚注の使い方]
^ ebookjapan版では「オリジナル」と紹介されているが、実際はアニメ第1作第6話「スリルとショックで大あわて」から流用している。

^ ただし、当時「美研」から発売されたソノシート付紙芝居では、原作第2期と同じ理由で鏡を破損させてしまたため、かけらを墓に葬ったことになっている(この場面がアニメに使用されなかったのは明らかにされていない)。なおこの紙芝居には、原作第2期第1話に掲載された「カン吉をいじめる大将を、アッコが変身した婦人警官が叱る」場面もあるが、この場面もアニメにはない。

^ ebook版34巻、かわいいおそ松くん 「人間やればできる!」

^ 『少女漫画家 赤塚不二夫』ギャンビット、2020年、69-71頁。 

^ 『少女漫画家 赤塚不二夫』ギャンビット、2020年、59-72頁。 

^ 単行本に収録された際にコンパクトに書き直された

^ “おそ松くん・ひみつのアッコちゃん60周年”. 赤塚不二夫公認サイト これでいいのだ. 2022年1月8日閲覧。

^ アッコちゃん復活!、ZAKZAK、1998年4月。(インターネットアーカイブのキャッシュ)

^ a b c アニメやぶにらみ 雪室俊一 第14回 さらば『第1話』

^ a b c 魔女っ子大全集〈東映動画篇〉

^ 大下英治「第五章 多様化するテレビアニメの世界 ファミリー路線のアッコちゃん」『日本(ジャパニーズ)ヒーローは世界を制す』角川書店、1995年11月24日、ISBN 4-04-883416-9、128-129頁。

^ 『魔女っ子大全集 東映動画篇』バンダイ、1993年、88・152頁頁。 

^ 『魔女っ子大全集 東映動画篇』バンダイ、1993年、152頁。 

^ 『毎日新聞』1969年1月6日付朝刊、テレビ欄。

^ a b 『東奥日報』1969年10月付テレビ欄。青森県立図書館にて閲覧。

^ 『福島民報』1970年3月15日付朝刊、テレビ欄。

^ 『河北新報』1969年4月6日 – 1970年12月27日付朝刊、テレビ欄。

^ 『福島民報』1969年3月12日 – 1970年12月23日付朝刊、テレビ欄。

^ 『河北新報』1969年3月12日 – 1970年12月23日付朝刊、テレビ欄。

^ 『福島民報』1969年6月29日 – 12月21日付朝刊、テレビ欄。

^ 『福島民報』1970年2月2日 – 10月26日付朝刊、テレビ欄。

^ 『静岡新聞』1970年7月5日付朝刊、テレビ欄。

^ 『富山新聞』1969年4月7日付テレビ欄。

^ 『北國新聞』1972年2月21日 – 2月25日付朝刊テレビ欄。

^ 『北日本新聞』 1969年1月28日付朝刊、テレビ欄。

^ 再放送は1975年に毎日放送とのネットチェンジでNET系となった朝日放送(現:朝日放送テレビ。本放送当時はTBS系)でも実施した(『サンケイ新聞』岡山版、1976年6月17日〈木曜日〉朝刊テレビ・ラジオ欄。この時は平日8:00 – 8:30)。それ以前の1971年には、当時毎日放送とともにNETテレビと相互ネット関係があったサンテレビ(独立局)でも放送されている。出展:1971年8月付サンケイ新聞近畿D版(国立国会図書館関西館にて閲覧)

^ 『毎日新聞』1969年4月付岡山版。岡山県立図書館にて閲覧。

^ 『倉敷新聞』1969年3月・4月付。倉敷市立中央図書館にて閲覧。

^ 『中国新聞』1970年10月12日〈月曜日〉朝刊、10ページ、テレビ欄。

^ 『魔女っ子大全集 東映動画篇』バンダイ、1993年、P.53頁。 

^ 『魔女っ子大全集 東映動画篇』、P.78頁。 

^ 『KAWADE夢ムック 赤塚不二夫』(河出書房新社・ISBN 978-4-309-97714-0)、228頁。

^ 「ポケット・『テクマクマヤコン・コンパクト』が大ヒット」『朝日新聞』1989年1月15日付朝刊、23面。

^ 「タカラ『アッコちゃん』のコンパクト 3倍増産、月20万個に」『日経産業新聞』1989年1月9日付、6頁。

^ 田埜哲文『ひみつのアッコちゃんのコンパクトはなぜ…』徳間書店、1993年、21頁。ISBN 4-19-555133-1

^ 『魔女っ子大全集 東映動画篇』バンダイ、156 – 159頁。 

^ 『アニメディア』1989年10月号(学研パブリッシング)、テレビ局ネットワーク 91 – 93頁。

^ 『アニメディア』1991年1月号(学研パブリッシング)、テレビ局ネットワーク 91頁。

^ フジテレビ系列日曜朝9時のテレビアニメ枠の番組において最短の放送期間となった。また、第3作は同放送枠における唯一の女児向けアニメである。

^ 『アニメディア』1998年10月号『TV STATION NETWORK』119 – 121頁

^ a b 『北國新聞』1999年3月19日付朝刊、テレビ欄。

^ 『北國新聞』1999年3月31日付朝刊、テレビ欄。

^ 9:30飛び降りネット局は除く。

^ 「ひみつのアッコちゃん」フラッシュアニメに、平野綾出演 コミックナタリー 2012年8月18日

^ 「キネマ旬報」2013年2月下旬決算特別号 210頁

^ 「ひみつのアッコちゃん」が綾瀬はるか主演で実写映画化!初恋の相手役は岡田将生 MovieWalker 2011年10月5日

^ SK-Ⅱから、綾瀬はるかさん主演映画「ひみつのアッコちゃん」のコンパクトミラー 女性のための、ビューティーナビニュース 2012年8月26日

^ 細田守監督「ひみつのアッコちゃん」放送決定!「映画天国」で『映画 ひみつのアッコちゃん』公開記念SP Archived 2013年6月2日, at the Wayback Machine.マイナビニュース 2012年8月27日

^ 放送された映像は両脇にサイドパネルを添えて放送、そしてフジテレビ作品である第2作・第3作のスタッフテロップは、差し替えずにそのまま放送された。

^ ビッグコミックスピリッツと『映画 ひみつのアッコちゃん』がコラボ!総理夫人の内田春菊が登場!? Archived 2013年6月2日, at the Wayback Machine.マイナビニュース 2012年8月26日

^ “ネクストリー、『ひみつのアッコちゃん The Movie』を「Mobage」でリリース”. ソーシャルゲームインフォ. (2012年8月27日). https://gamebiz.jp/?p=73418 2021年1月24日閲覧。 

^ 『るろうに剣心』早くも動員100万人突破でV2!小規模公開の『最強のふたり』がベストテン入り! シネマトゥデイ 2012年9月4日

^ 『TVステーション』ダイヤモンド社、関東版2014年22号 57頁。 

^ 『TVステーション』ダイヤモンド社、関東版2017年1号 97頁。 

^ 若い子知らないやつだこれ!「ひみつのアッコちゃん」が現代風リメイク、Webコミックで連載へ – ねとらぼ、2016年10月18日

^ “赤塚不二夫「ひみつのアッコちゃん」、上北ふたごの手で現代版にリメイク”. コミックナタリー (2016年10月21日). 2018年2月14日閲覧。

^ 大将が坊主頭ではなくなっているなど、従来のキャラ設定とは大幅に異なっているキャラクターも存在している。

^ 『おそ松さん』だけじゃない!? 上北ふたごが描くイマドキ『ひみつのアッコちゃんμ』はアプリ使い!…55周年を迎える名作「ひみつのアッコちゃん」いま・むかし…、集英社コミックシンク、2017年2月17日

^ 来年50周年を迎える「ひみつのアッコちゃん」が「わかさの秘密」TVCMに登場!!

外部リンク[編集]
原作
ひみつのアッコちゃん 作品紹介 – 赤塚不二夫公認サイトこれでいいのだ!
おそ松くん・ひみつのアッコちゃん60周年 – 赤塚不二夫公認サイトこれでいいのだ!
アニメ
アニメ第1作 – 東映アニメーション
アニメ第2作 – 東映アニメーション
劇場版(1989年) – 東映アニメーション
海だ!おばけだ!!夏祭り – 東映アニメーション
アニメ第3作 – 東映アニメーション
『ひみつのアッコちゃん』シリーズ – YouTubeプレイリスト
実写映画
映画 ひみつのアッコちゃん – allcinema
映画 ひみつのアッコちゃん – KINENOTE
Himitsu no Akko-chan – IMDb(英語)
リメイク漫画
ひみつのアッコちゃんμ(ミュー) – ホーム社
その他
東映長編研究 第14回 白川大作インタビュー(6)『風のフジ丸』と「東映まんがまつり」の始まり
NET系列 月曜 19:00 – 19:30
前番組
番組名
次番組
魔法使いサリー(第1作)(1966年12月5日 – 1968年12月30日)

ひみつのアッコちゃん(第1作)(1969年1月6日 – 1970年10月26日)

魔法のマコちゃん(1970年11月2日 – 1971年9月27日)

フジテレビ系列 日曜 18:00 – 18:30
のらくろクン(1987年10月4日 – 1988年10月2日)

ひみつのアッコちゃん(第2作)(1988年10月9日 – 1989年12月24日)

ちびまる子ちゃん(第1作)(1990年1月7日 – 1992年9月27日)

フジテレビ系列 日曜 9:00 – 9:30
ゲゲゲの鬼太郎(第4作)(1996年1月7日 – 1998年3月29日)

ひみつのアッコちゃん(第3作)(1998年4月5日 – 1999年2月28日)

デジモンアドベンチャー(1999年3月7日 – 2000年3月26日)

表話編歴赤塚不二夫漫画作品
単独作品
おそ松くん‎(カテゴリ)
風のカラッペ
ギャグゲリラ
キャスター(シナリオ:喰始)
九平とねえちゃん
最後の休日
シェー教の崩壊
チビドン
天才バカボン‎‎(カテゴリ)
ハウスジャック ナナちゃん(原作:筒井康隆)
花の菊千代
ひみつのアッコちゃん
風雲もーれつ城
へんな子ちゃん
まりっぺ先生
もーれつア太郎
夕やけ天使(原作:高垣葵)
レッツラゴン合作
海賊王子(石ノ森章太郎との合作)一覧・短編集
作品一覧
夜の赤塚不二夫
キャラクター
ウナギイヌ
ケムンパス
チビ太
ニャロメ
バカボンのパパ
べしアシスタント
長谷邦夫
古谷三敏
横山孝雄
北見けんいち
とりいかずよし
土田よしこ
あだち勉
高井研一郎関連人物
赤塚藤七
赤塚眞知子
赤塚りえ子
手塚治虫
石ノ森章太郎
寺田ヒロオ
藤子不二雄(藤本弘、安孫子素雄)
つのだじろう
鈴木伸一
よこたとくお
水野英子
武居俊樹
五十嵐隆夫
滝沢解
吉良敬三
タモリ
山下洋輔
高平哲郎
立川談志
たこ八郎
あだち充関連項目
テレビ番組
歌う王冠
まんが海賊クイズ
スポットライト
マンガ大行進 赤塚不二夫ショー
シャープ・新スターアクション!
お笑いスター誕生!!
ぼくらマンガ家 トキワ荘物語
アニメ週刊DX!みいファぷー
いけ年こい年
バカボンのパパよりバカなパパ映画
下落合焼とりムービー
これでいいのだ!!映画★赤塚不二夫その他
トキワ荘
新漫画党
スタジオ・ゼロ
フジオ・プロダクション
チョコベー
曙出版
赤塚賞
落語立川流
青梅赤塚不二夫会館
バカボンのパパよりバカなパパ 赤塚不二夫とレレレな家族

表話編歴東映アニメーションテレビアニメ
1960年代

狼少年ケン
少年忍者風のフジ丸
宇宙パトロールホッパ
ハッスルパンチ
レインボー戦隊ロビン
海賊王子
ピュンピュン丸
キングコング共
001/おや指トム共
サイボーグ009
あかねちゃん
佐武と市捕物控共
もーれつア太郎シリーズ
タイガーマスク東映魔女っ子シリーズ
魔法使いサリーシリーズ
ひみつのアッコちゃんシリーズ
魔法のマコちゃん
さるとびエッちゃん
魔法使いチャッピー
ミラクル少女リミットちゃん
キューティーハニーシリーズ
魔女っ子メグちゃん
花の子ルンルン
魔法少女ララベルゲゲゲの鬼太郎シリーズ
第1作
第2作
第3作
第4作
第5作
第6作
墓場
1970年代

キックの鬼
アパッチ野球軍
原始少年リュウ
デビルマン
マジンガーZ
バビル2世
ミクロイドS
ドロロンえん魔くん
キューティーハニー
ゲッターロボ
グレートマジンガー
カリメロ
少年徳川家康
ゲッターロボG
鋼鉄ジーグ
UFOロボ グレンダイザー
一休さん
大空魔竜ガイキング
マシンハヤブサ
マグネロボ ガ・キーン
キャンディ♡キャンディ
ジェッターマルス
超人戦隊バラタック
惑星ロボ ダンガードA
アローエンブレム グランプリの鷹
宇宙海賊キャプテンハーロック
SF西遊記スタージンガー
銀河鉄道999
キャプテン・フューチャー
あしたの勇者たち
大恐竜時代
燃えろアーサーシリーズ日生ファミリースペシャル
ジャン・バルジャン物語
若草物語
荒野の呼び声 吠えろバック
走れメロス
ルパン対ホームズ
カバ園長の動物園日記
ぼくらマンガ家 トキワ荘物語
吾輩は猫である
十五少年漂流記
少年宮本武蔵 わんぱく二刀流
吾輩は犬である ドン松五郎の生活
どくとるマンボウ&怪盗ジバコ 宇宙より愛をこめて
1980年代

がんばれ元気
ハロー!サンディベル
Dr.スランプ アラレちゃんシリーズ
Dr.スランプ アラレちゃん ペンギン村英雄伝説
新竹取物語 1000年女王
タイガーマスク二世
恐怖伝説 怪奇!フランケンシュタイン
あさりちゃん
機甲艦隊ダイラガーXV
パタリロ!
The♥かぼちゃワイン
わが青春のアルカディア 無限軌道SSX
アンドロメダ・ストーリーズ
愛してナイト
光速電神アルベガス
キン肉マンシリーズ
ストップ!! ひばりくん!
ベムベムハンターこてんぐテン丸
夢戦士ウイングマン
とんがり帽子のメモル
ビデオ戦士レザリオン
Gu-Guガンモ
北斗の拳シリーズ
はーいステップジュン
コンポラキッド
悪魔島のプリンス 三つ目がとおる
メイプルタウン物語
銀牙 -流れ星 銀-
剛Q超児イッキマン
聖闘士星矢
新メイプルタウン物語 パームタウン編
ビックリマン
仮面の忍者 赤影
レディレディ!!シリーズ
闘将!!拉麵男
魁!!男塾
悪魔くんシリーズ
新ビックリマン
かりあげクントランスフォーマーシリーズ
トランスフォーマー共
2010共
ザ☆ヘッドマスターズ
超神マスターフォース
Vドラゴンボールシリーズ
ドラゴンボール
Z
たったひとりの最終決戦
絶望への反抗!!
GT


1990年代

まじかる☆タルるートくん
きんぎょ注意報!
ゲッターロボ號
DRAGON QUEST -ダイの大冒険-
美少女戦士セーラームーンシリーズ
スーパービックリマン
GS美神
SLAM DUNK
蒼き伝説シュート!
ママレード・ボーイ
真拳伝説タイトロード
空想科学世界ガリバーボーイ
世界名作童話シリーズ ワ〜ォ!メルヘン王国
ご近所物語
地獄先生ぬ〜べ〜
花より男子
キューティーハニーF
金田一少年の事件簿シリーズ
あずみマンマ・ミーア
夢のクレヨン王国
ハニ太郎です。
ドクタースランプ
春庭家の3人目
遊☆戯☆王
まもって守護月天!
おジャ魔女どれみシリーズ
神風怪盗ジャンヌアニメ週刊DX!みいファぷー
こっちむいてみい子
ふしぎ魔法ファンファンファーマシィー
ヘリタコぷーちゃんデジタルモンスターシリーズ
アドベンチャー
02
テイマーズ
セイバーズ
フロンティア
X-evolution
クロスウォーズシリーズ
アプリモンスターズ
アドベンチャー:
ゴーストゲームONE PIECEシリーズ
ONE PIECE
エピソードオブナミ
エピソードオブルフィ
エピソードオブメリー
“3D2Y”
エピソードオブサボ
アドベンチャー オブ ネブランディア
ハートオブゴールド
エピソードオブ東の海
エピソードオブ空島
2000年代

マシュランボー
勝負師伝説 哲也
ピポパポパトルくん
ののちゃん
キン肉マンII世シリーズ
Kanon(第1作)
釣りバカ日誌
明日のナージャ
エアマスター
ボボボーボ・ボーボボ
金色のガッシュベル!!
リングにかけろシリーズ
冒険王ビィトシリーズ
ゼノサーガ THE ANIMATION
ガイキング LEGEND OF DAIKU-MARYU
怪 〜ayakashi〜
エア・ギア
神様家族
貧乏姉妹物語
出ましたっ!パワパフガールズZ
銀色のオリンシス
祝!(ハピ☆ラキ)ビックリマン
ラブ★コン
太極千字文共
モノノ怪
はたらキッズ マイハム組
うちの3姉妹シリーズ
ロボディーズ -RoboDz- 風雲篇
ねぎぼうずのあさたろう
京浜家族
マリー&ガリーシリーズ
怪談レストラン
空中ブランコプリキュアシリーズ
ふたりはプリキュアシリーズ
Splash Star
Yes!プリキュア5シリーズ
フレッシュ
ハートキャッチ
スイート
スマイル
ドキドキ
ハピネスチャージ
プリンセス
魔法つかい
アラモード
HUGっと!
スター☆トゥインクル
ヒーリングっど
トロピカル〜ジュ!
デリシャスパーティ
2010年代
トリコ
聖闘士星矢Ω
探検ドリランド
探検ドリランド -1000年の真宝-
京騒戯画
ロボットガールズZシリーズ
マジンボーン
暴れん坊力士!!松太郎
ディスク・ウォーズ:アベンジャーズ
ミラキュラス レディバグ&シャノワール共
美少女戦士セーラームーンCrystal Season III
タイガーマスクW
ワールドトリガーシリーズ
正解するカド
おしりたんてい
爆釣バーハンター共2020年代
アサティール 未来の昔ばなし共
ふしぎ駄菓子屋 銭天堂
劇場アニメ
1950年代
こねこのらくがき
白蛇伝
たぬきさん大当り1960年代

西遊記
安寿と厨子王丸
ねずみのよめいり
アラビアンナイト・シンドバッドの冒険
わんぱく王子の大蛇退治
わんわん忠臣蔵
ガリバーの宇宙旅行
サイボーグ009シリーズ
少年ジャックと魔法使い
ひょっこりひょうたん島
アンデルセン物語
太陽の王子 ホルスの大冒険
人のくらしの百万年 マニ・マニ・マーチ
ひみつのアッコちゃんシリーズ
長靴猫シリーズ
ひとりぼっち
空飛ぶゆうれい船
もーれつア太郎シリーズゲゲゲの鬼太郎シリーズ
ゲゲゲの鬼太郎
地相眼
妖怪軍団
妖怪大戦争
最強妖怪軍団!日本上陸!!
激突!!異次元妖怪の大反乱
大海獣
おばけナイター
妖怪特急! まぼろしの汽車
日本爆裂!!
妖怪JAPANラリー3D
1970年代

ちびっ子レミと名犬カピ
チュウチュウバンバン
海底3万マイル
どうぶつ宝島
アリババと40匹の盗賊
魔犬ライナー0011変身せよ!
パンダの大冒険
きかんしゃやえもん D51の大冒険
アンデルセン童話 にんぎょ姫
これがUFOだ!空飛ぶ円盤
宇宙円盤大戦争
キャンディ♡キャンディシリーズ
惑星ロボ ダンガードAシリーズ
さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち
一休さんとやんちゃ姫
宇宙海賊キャプテンハーロック アルカディア号の謎
龍の子太郎
SF西遊記スタージンガー
花の子ルンルンシリーズ
銀河鉄道999シリーズマジンガーシリーズ
マジンガーZ対デビルマン
マジンガーZ対暗黒大将軍
グレートマジンガー対ゲッターロボ
グレートマジンガー対ゲッターロボG 空中大激突
UFOロボ グレンダイザー対グレートマジンガー
グレンダイザー ゲッターロボG グレートマジンガー 決戦! 大海獣
マジンガーZ / INFINITY世界名作童話シリーズ
白鳥の王子
おやゆび姫
森は生きている
白鳥の湖
アラジンと魔法のランプ
1980年代

1000年女王
わが青春のアルカディア
Dr.スランプ アラレちゃんシリーズ
宇宙戦艦ヤマト 完結編
森は生きている
地球へ…
魔法少女ララベル
悪魔と姫ぎみ
夏への扉共
浮浪雲
あさりちゃん 愛のメルヘン少女
まんがイソップ物語
パタリロ! スターダスト計画
少年ケニヤ
パパママバイバイ
The♥かぼちゃワイン ニタの愛情物語
Gu-Guガンモ
とんがり帽子のメモル
オーディーン 光子帆船スターライト
北斗の拳
トランスフォーマー ザ・ムービー
メイプルタウン物語
新メイプルタウン物語 パームタウン編〜こんにちは!新しい町〜
グリム童話 金の鳥
ビックリマンシリーズ
闘将!!拉麵男
悪魔くんシリーズキン肉マンシリーズ
奪われたチャンピオンベルト
大暴れ!正義超人
正義超人vs古代超人
逆襲!宇宙かくれ超人
晴れ姿!正義超人
ニューヨーク危機一髪!
正義超人vs戦士超人ドラゴンボールシリーズ
神龍の伝説
魔神城のねむり姫
摩訶不思議大冒険
ドラゴンボールZ
この世で一番強いヤツ
地球まるごと超決戦
超サイヤ人だ孫悟空
とびっきりの最強対最強
激突!!100億パワーの戦士たち
極限バトル!!三大超サイヤ人
燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦
銀河ギリギリ!!ぶっちぎりの凄い奴
危険なふたり!超戦士はねむれない
超戦士撃破!!勝つのはオレだ
復活のフュージョン!!悟空とベジータ
龍拳爆発!!悟空がやらねば誰がやる
最強への道
神と神
復活の「F」
ブロリー
スーパーヒーロー聖闘士星矢シリーズ
邪神エリス
神々の熱き戦い
真紅の少年伝説
最終聖戦の戦士たち
天界編 序奏〜overture〜
Legend of Sanctuary
1990年代

Pink みずドロボウあめドロボウ
剣之介さま
宇宙皇子 天上編
まじかる☆タルるートくん
まじかる☆タルるートくん 燃えろ!友情の魔法大戦
まじかる☆タルるートくん すき・すき♡タコ焼きっ!
ドラゴンクエスト ダイの大冒険
ドラゴンクエスト ダイの大冒険 起ちあがれ!!アバンの使徒
ドラゴンクエスト ダイの大冒険 ぶちやぶれ!!新生6大将軍
三国志シリーズ
光の風のアーマ
きんぎょ注意報!
ろくでなしBLUESシリーズ
遠い海から来たCOO
蒼き伝説シュート!
おさわが!スーパーベビー
GS美神 極楽大作戦!!
スラムダンク
スラムダンク 全国制覇だ! 桜木花道
スラムダンク 湘北最大の危機! 燃えろ桜木花道
スラムダンク 吠えろバスケットマン魂!! 花道と流川の熱き夏
ママレード・ボーイ
ご近所物語
地獄先生ぬ〜べ〜シリーズ
金田一少年の事件簿シリーズ
たまごっちホントのはなし
花より男子
蓮如物語
遊☆戯☆王セーラームーンシリーズ
劇場版R
メイクアップ!セーラー戦士
劇場版S
セーラー9戦士集結!ブラック・ドリーム・ホールの奇跡
亜美ちゃんの初恋
Eternal共
Cosmos共デジタルモンスターシリーズ
アドベンチャー
ぼくらのウォーゲーム!
02シリーズ
テイマーズシリーズ
フロンティア
セイバーズ
LAST EVOLUTION 絆製
2000年代

おジャ魔女どれみシリーズ
キン肉マンII世シリーズ
劇場版AIR
劇場版CLANNAD
きかんしゃ やえもんONE PIECEシリーズ
ONE PIECE
ねじまき島の冒険
珍獣島のチョッパー王国
デッドエンドの冒険
呪われた聖剣
オマツリ男爵と秘密の島
カラクリ城のメカ巨兵
エピソードオブアラバスタ
エピソードオブチョッパー+
STRONG WORLD
ONE PIECE 3D 麦わらチェイス
ONE PIECE FILM Z
ONE PIECE FILM GOLD
ONE PIECE STAMPEDE
ONE PIECE FILM REDプリキュアシリーズ
Max Heart
Max Heart2
Splash Star
5
5GoGo!
オールスターズDX
フレッシュ
オールスターズDX2
ハートキャッチ
オールスターズDX3
スイート
NewStage
スマイル
NewStage2
ドキドキ
NewStage3
ハピネスチャージ
春のカーニバル
プリンセス
奇跡の魔法
魔法つかい
ドリームスターズ
アラモード
スーパースターズ
オールスターズメモリーズ
ミラクルユニバース
スター☆トゥインクル
ミラクルリープ
ヒーリングっど
トロピカル〜ジュ!
デリシャスパーティ
2010年代
トリコ 3D 開幕!グルメアドベンチャー!!
手塚治虫のブッダシリーズ
虹色ほたる 〜永遠の夏休み〜
アシュラ
劇場版 トリコ 美食神の超食宝
楽園追放 -Expelled from Paradise-製
ポッピンQ
おしりたんていシリーズ
映画 爆釣バーハンター 謎のバーコードトライアングル!爆釣れ!神海魚ポセイドン
えいが うちの3姉妹
りさいくるずーシリーズ2020年代
科学漫画サバイバルシリーズ共
ふしぎ駄菓子屋 銭天堂
魔女見習いをさがして
Tokyo 7th シスターズ製
OVA
戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー スクランブルシティ発動編
Crying フリーマン
左のオクロック!!
トランスフォーマーZ
3×3 EYES
新・キューティーハニー
仮面ライダーSD
エンジェル伝説
伝心 まもって守護月天!
聖闘士星矢 冥王ハーデス編
Re:キューティーハニー
インタールード
イリヤの空、UFOの夏
Halo Legends エピソード5【Odd One Out】
金田一少年の事件簿
デジモンアドベンチャー tri.Webアニメ
京騒戯画
美少女戦士セーラームーンCrystal
聖闘士星矢シリーズ
黄金魂 -soul of gold-
Knights of the Zodiac
ロボットガールズZプラス
科学漫画サバイバルシリーズ
おしりたんていその他
ゲーム作品
バルトロン
長靴をはいた猫 世界一周80日大冒険
スケバン刑事III
仮面の忍者 赤影
もっともあぶない刑事
雷電伝説
スタプラ!
拡張少女系トライナリー共その他の作品
おかしなおかしな星の国
よいこのミミちゃん
おまじないアイドル リリカルレナ
ハケンアニメ!(製作・監修)
関連項目
関連会社
東映
タバック
東映アニメーションフィリピン
ダイナミックプロ映画
東映まんがまつり
東映アニメフェア分割放送枠
ピーコック劇場
日曜まんが劇場
秋のまんが祭りレギュラー枠
朝日放送テレビ制作日曜朝8時30分枠のアニメ
フジテレビ日曜朝9時00分枠のアニメ
テレビ朝日系列土曜夜7時台枠のアニメ
テレビ朝日系列土曜夜8時台枠のアニメドラマ
なつぞら(連続テレビ小説)その他
不二家の時間
東映アニメーションミュージアム
栄光の60年!勝利の方程式
表話編歴東映取締役
多田憲之(代表取締役会長)
手塚治(代表取締役社長)
白倉伸一郎
與田尚志
早河洋グループ会社
東映ラボ・テック
東映太秦映像
東映テレビ・プロダクション
東映アニメーション
東映アニメーションフィリピン
タバック
東映ビデオ
セントラル・アーツ
東映衛星放送
東映エージエンシー
ティ・ジョイ
アマゾンラテルナ
テレビ朝日ホールディングス
テレビ朝日
フジ・メディア・ホールディングス
フジテレビジョン
東京タワー施設
東映東京撮影所
東映京都撮影所
東映マネージメント
丸の内TOEI
渋谷TOEI
T-JOY
東映太秦映画村
プラッツ大泉
東映生田スタジオ
テレピアホール関連人物
大川博
岡田茂
岡田裕介関連項目
東急
第二東映
東映フライヤーズ
五社協定
テレビランド
カムカムエヴリバディ
映画作品の一覧
年度別映画興行成績

共:共同制作、製:製作のみ、実制作未担当
表話編歴芝田浩樹監督(シリーズディレクター)作品テレビアニメ
ひみつのアッコちゃん(第2・3作)(1988/1998年)
かりあげクン(1989年)
ゲッターロボ號(1991年)
ボボボーボ・ボーボボ(2003年)
太極千字文(2007年)
おしりたんてい(2018年)アニメ映画
Dr.スランプ アラレちゃん ほよよ!ナナバ城の秘宝(1984年)
ゲゲゲの鬼太郎 激突!!異次元妖怪の大反乱(1986年)
ドラゴンクエスト ダイの大冒険 起ちあがれ!!アバンの使徒(1992年)
美少女戦士セーラームーンS かぐや姫の恋人(1994年)
美少女戦士セーラームーンSuperS セーラー9戦士集結!ブラック・ドリーム・ホールの奇跡(1995年)
表話編歴東映不思議コメディーシリーズ 作品
ロボット・生物シリーズ
ロボット8ちゃん
バッテンロボ丸
ペットントン
どきんちょ!ネムリン
勝手に!カミタマン
もりもりぼっくん探偵団シリーズ
おもいっきり探偵団 覇悪怒組
じゃあまん探偵団 魔隣組
探偵団スペシャル 魔隣組対覇悪怒組美少女シリーズ
魔法少女ちゅうかなぱいぱい!
魔法少女ちゅうかないぱねま!
美少女仮面ポワトリン
不思議少女ナイルなトトメス
うたう!大龍宮城
有言実行三姉妹シュシュトリアン
 その他
制作
フジテレビ
東映
読売広告社楽曲
ロボット8ちゃん (曲)関連人物
石ノ森章太郎
平山亨
小林義明
木村京太郎
遠藤龍之介
石原隆
浦沢義雄
本間勇輔
林恭三関連項目
大野剣友会
原田サウンド
レインボー造型企画
仮面ライダーシリーズ
スーパー戦隊シリーズ
メタルヒーローシリーズ
小学館
ぴょんぴょん
講談社
テレビマガジン
たのしい幼稚園
TBS
テレビ朝日
テレビ東京関連作品
がんばれ!!ロボコン
TVオバケてれもんじゃ
ひみつのアッコちゃん
ウルトラマン
忍者戦隊カクレンジャー
美少女戦麗舞パンシャーヌ 奥様はスーパーヒロイン!
仮面ライダー×仮面ライダー ウィザード&フォーゼ MOVIE大戦アルティメイタム

カテゴリ
.mw-parser-output .redirectcatnavmargin:1em auto;border-style:none;text-align:left;font-size:100%;clear:both.mw-parser-output .redirectcat ulmargin-left:0ひみつのアッコちゃん 海だ! おばけだ!! 夏祭りに関するカテゴリ:
1989年のアニメ映画
日本のテレビアニメの劇場版
東映まんがまつり
魔法・呪術を題材としたアニメ映画 映画 ひみつのアッコちゃんに関するカテゴリ:
2012年の映画
日本のロマンティック・コメディ映画
日本のファンタジー映画
日本テレビ製作の映画
松竹製作の映画作品
漫画を原作とする映画作品
魔法・呪術を題材とした映画作品
綾瀬はるか
読売テレビ製作の映画
SMEJの映画作品
ホリプロ製作の映画
川村泰祐の監督映画
相模原市で製作された映画作品

「https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ひみつのアッコちゃん&oldid=91374662」から取得
カテゴリ: 赤塚不二夫の漫画作品魔法少女変身ヒロイン鏡を題材とした漫画作品漫画作品 ひ1962年の漫画りぼんの漫画作品アニメ作品 ひテレビ朝日系アニメフジテレビ系アニメ1969年のテレビアニメ1988年のテレビアニメ1998年のテレビアニメ東映・東映アニメーションの魔法少女アニメ読売広告社のアニメ作品集英社のアニメ作品吉田玲子のシナリオ作品小学校を舞台としたアニメ作品1989年のアニメ映画東映まんがまつり東映アニメーションのアニメ映画芝田浩樹の監督映画1987年のテレビドラマ月曜ドラマランド漫画を原作とするテレビドラマ小学校を舞台としたテレビドラマ楽曲 ひ1969年の楽曲井上ひさしが制作した楽曲山元護久が制作した楽曲小林亜星が制作した楽曲1988年のシングル日本コロムビアのシングル堀江美都子の楽曲1998年のシングル応援歌隠しカテゴリ: WebarchiveテンプレートのウェイバックリンクISBNマジックリンクを使用しているページ出典を必要とする記述のある記事/2021年6月言葉を濁した記述のある記事 (誰2)/2019年独自研究の除去が必要な記述のある記事/2019年1月-6月出典を必要とする記述のある記事/2019年5月出典を必要とする記事/2018年12月

評価: 4~5 つ星
レビュー: 2680
再生回数: 5681
[spincontent type=”j”]

ひみつのアッコちゃん ED Youtube

スキスキソング

2. ひみつ の アッコ ちゃん 歌 エンディング 歌詞 Yomiuri

Yomiuri
ひみつ の アッコ ちゃん 歌 エンディング 歌詞

説明: ひみつ の アッコ ちゃん 歌 エンディング 歌詞 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 ひみつ の アッコ ちゃん 歌 エンディング 歌詞 は、読売で検索されたもので、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 18 18
[spincontent type=”j”]

3. ひみつ の アッコ ちゃん 歌 エンディング 歌詞 Asahi Shimbun

朝日新聞
ひみつ の アッコ ちゃん 歌 エンディング 歌詞

説明: 朝日新聞で検索した ひみつ の アッコ ちゃん 歌 エンディング 歌詞 に関する上記の情報が、ひみつ の アッコ ちゃん 歌 エンディング 歌詞 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 1259
[spincontent type=”j”]

4. ひみつ の アッコ ちゃん 歌 エンディング 歌詞 The Japan Times

The Japan Times
ひみつ の アッコ ちゃん 歌 エンディング 歌詞

説明: ジャパン タイムズで検索した ひみつ の アッコ ちゃん 歌 エンディング 歌詞 に関する記事のトップです。ひみつ の アッコ ちゃん 歌 エンディング 歌詞 に関する疑問を解決するのに役立ちます。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 10 10
[spincontent type=”j”]

5. ひみつ の アッコ ちゃん 歌 エンディング 歌詞 Yomiuri Shimbun

読売新聞
ひみつ の アッコ ちゃん 歌 エンディング 歌詞

説明: ひみつ の アッコ ちゃん 歌 エンディング 歌詞 に関する詳細情報はすでにありますか? ひみつ の アッコ ちゃん 歌 エンディング 歌詞 という記事が読売新聞で検索されました。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 4201
[spincontent type=”j”]

6. ひみつ の アッコ ちゃん 歌 エンディング 歌詞 Mainichi Shimbun

毎日新聞
ひみつ の アッコ ちゃん 歌 エンディング 歌詞

説明: 毎日新聞で見つけた ひみつ の アッコ ちゃん 歌 エンディング 歌詞 に関する上記の情報が、ひみつ の アッコ ちゃん 歌 エンディング 歌詞 に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 6239
[spincontent type=”j”]

7. ひみつ の アッコ ちゃん 歌 エンディング 歌詞 Sankei Shimbun

産経新聞
ひみつ の アッコ ちゃん 歌 エンディング 歌詞

説明: 産経新聞で検索した ひみつ の アッコ ちゃん 歌 エンディング 歌詞 に関する記事のトップです。ひみつ の アッコ ちゃん 歌 エンディング 歌詞 に関する疑問を解決するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 10 73
[spincontent type=”j”]

8. ひみつ の アッコ ちゃん 歌 エンディング 歌詞 Nihon Keizai Shimbun

日本経済新聞
ひみつ の アッコ ちゃん 歌 エンディング 歌詞

説明: ひみつ の アッコ ちゃん 歌 エンディング 歌詞 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 ひみつ の アッコ ちゃん 歌 エンディング 歌詞 は、日本経済新聞で検索され、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 40 24
[spincontent type=”j”]

9. ひみつ の アッコ ちゃん 歌 エンディング 歌詞 Chunichi Shimbun

中日新聞
ひみつ の アッコ ちゃん 歌 エンディング 歌詞

説明: 中日新聞で検索した ひみつ の アッコ ちゃん 歌 エンディング 歌詞 に関する上記の情報が、ひみつ の アッコ ちゃん 歌 エンディング 歌詞 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 4773
[spincontent type=”j”]

10. ひみつ の アッコ ちゃん 歌 エンディング 歌詞 Tokyo Shimbun

東京新聞
ひみつ の アッコ ちゃん 歌 エンディング 歌詞

説明: ひみつ の アッコ ちゃん 歌 エンディング 歌詞 に関する質問を解決するために、東京新聞で検索した ひみつ の アッコ ちゃん 歌 エンディング 歌詞 に関する記事のトップです。
評価: 4~5 つ星
評価: 3550
[spincontent type=”j”]

11. ひみつ の アッコ ちゃん 歌 エンディング 歌詞 Nihon Kogyo Simbun

日本工業新聞
ひみつ の アッコ ちゃん 歌 エンディング 歌詞

説明: ひみつ の アッコ ちゃん 歌 エンディング 歌詞 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 ひみつ の アッコ ちゃん 歌 エンディング 歌詞 は日本工業新聞で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 5759
[spincontent type=”j”]

12. ひみつ の アッコ ちゃん 歌 エンディング 歌詞 Nikkan Kogyo Shimbun

日刊工業新聞
ひみつ の アッコ ちゃん 歌 エンディング 歌詞

説明: 日刊工業新聞で見つけた ひみつ の アッコ ちゃん 歌 エンディング 歌詞 に関する上記の情報が、ひみつ の アッコ ちゃん 歌 エンディング 歌詞 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 2593
[spincontent type=”j”]

13. ひみつ の アッコ ちゃん 歌 エンディング 歌詞 Ainu Times

アイヌタイムス
ひみつ の アッコ ちゃん 歌 エンディング 歌詞

説明: アイヌ タイムズで検索した ひみつ の アッコ ちゃん 歌 エンディング 歌詞 に関する記事のトップです。ひみつ の アッコ ちゃん 歌 エンディング 歌詞 に関する質問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 1589
[spincontent type=”j”]

14. ひみつ の アッコ ちゃん 歌 エンディング 歌詞 Akita Sakigake Shimpo

秋田魁新報
ひみつ の アッコ ちゃん 歌 エンディング 歌詞

説明: ひみつ の アッコ ちゃん 歌 エンディング 歌詞 に関する詳細情報はすでにありますか? ひみつ の アッコ ちゃん 歌 エンディング 歌詞 という記事は、秋田魁新報で検索したものです。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 9647
[spincontent type=”j”]

15. ひみつ の アッコ ちゃん 歌 エンディング 歌詞 Chiba Nippo

千葉日報
ひみつ の アッコ ちゃん 歌 エンディング 歌詞

説明: 千葉日報で検索した ひみつ の アッコ ちゃん 歌 エンディング 歌詞 に関する上記の情報が、ひみつ の アッコ ちゃん 歌 エンディング 歌詞 に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 4462
[spincontent type=”j”]

16. ひみつ の アッコ ちゃん 歌 エンディング 歌詞 Chugoku Shimbun

中国新聞
ひみつ の アッコ ちゃん 歌 エンディング 歌詞

説明: 中国新聞で検索した ひみつ の アッコ ちゃん 歌 エンディング 歌詞 に関する記事のトップです。ひみつ の アッコ ちゃん 歌 エンディング 歌詞 に関する疑問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 1877
[spincontent type=”j”]

17. ひみつ の アッコ ちゃん 歌 エンディング 歌詞 Daily Tohoku

デイリー東北
ひみつ の アッコ ちゃん 歌 エンディング 歌詞

説明: ひみつ の アッコ ちゃん 歌 エンディング 歌詞 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 ひみつ の アッコ ちゃん 歌 エンディング 歌詞 はデイリー東北で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 8999
[spincontent type=”j”]

18. ひみつ の アッコ ちゃん 歌 エンディング 歌詞 The Eastern Chronicle

イースタン クロニクル
ひみつ の アッコ ちゃん 歌 エンディング 歌詞

説明: イースタン クロニクルで検索した ひみつ の アッコ ちゃん 歌 エンディング 歌詞 に関する上記の情報が、ひみつ の アッコ ちゃん 歌 エンディング 歌詞 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 7546
[spincontent type=”j”]

ひみつ の アッコ ちゃん 歌 エンディング 歌詞 に関する質問

ひみつ の アッコ ちゃん 歌 エンディング 歌詞 についてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。ご質問やご提案はすべて、次の記事の改善に役立てさせていただきます。

記事 ひみつ の アッコ ちゃん 歌 エンディング 歌詞 は、私と私のチームがさまざまな情報源から編集したものです。 記事 ひみつ の アッコ ちゃん 歌 エンディング 歌詞 が役に立った場合は、チームをサポートしてください。「いいね」または「共有」してください!

検索キーワード ひみつ の アッコ ちゃん 歌 エンディング 歌詞

ひみつ の アッコ ちゃん 歌 エンディング 歌詞
方法ひみつ の アッコ ちゃん 歌 エンディング 歌詞
チュートリアル ひみつ の アッコ ちゃん 歌 エンディング 歌詞
【キーワード】 無料

Có thể bạn quan tâm: