あなたは にほん に いき たい 人 応援 団 について学んでいます。今日は、インターネット上の多くの情報源から私たちのチームが編集および編集した記事 にほん に いき たい 人 応援 団 を共有します。 にほん に いき たい 人 応援 団 に関するこの記事がお役に立てば幸いです。

にほん に いき たい 人 応援 団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

.mw-parser-output .hatnotemargin:0.5em 0;padding:3px 2em;background-color:transparent;border-bottom:1px solid #a2a9b1;font-size:90%

元バスケットボール選手の「眞鍋かおり」とは別人です。

まなべ かをり眞鍋 かをり
眞鍋かをり本名
同じ生年月日
(1980-05-31) 1980年5月31日(42歳)出生地
日本・愛媛県西条市身長
165 cm[1][注 1]血液型
A型職業
タレント活動期間
1999年 -配偶者
吉井和哉事務所
(1999 – 2008)アバンギャルド(2008 – 2009)アヴィラ(2012 -)ノースプロダクション(2021 -)オールラウンド公式サイト
公式プロフィール備考
日テレジェニック2000テンプレートを表示眞鍋 かをり(まなべ かをり、1980年〈昭和55年〉5月31日 – )は、日本のマルチタレントである。本名同じ。姓の「眞鍋」の「眞(真)」は本人の意思により旧字体の「眞」を使用するが、ラテ欄では「真鍋」と表記されることもある。愛称はかをりん、をーりー。夫はミュージシャンの吉井和哉。
所属事務所はアバンギャルド→アヴィラ→ノースプロダクション(旧イースト・プロダクション、業務委託[3] を経て正式移籍[4])→オールラウンド。愛媛県西条市出身。

略歴
愛媛県西条市で生まれる。西条市立西条小学校[5]、西条市立西条北中学校[6]、愛媛県立西条高等学校[7]卒業。横浜国立大学教育人間科学部(国際共生社会課程)に入学。大学入学前に初めて1人で入った渋谷の吉野家を出たところでスカウトされて芸能界入り。

1999年
雑誌「ホットドッグ・プレス」のドリームガールグランプリを受賞。2000年
東洋紡水着キャンペーンガールと日本テレビ主催の日テレジェニックに選出される。
同年、日テレジェニックのメンバーとしてシドニーオリンピックのサポーターガールを務める。2001年
DVD作品「TERRORS 闇夜〜DARKNESS〜」にてドラマ初主演[注 2]、映画「ウォーターボーイズ」でスクリーンデビューを飾る。志賀高原観光大使に任命される。2003年
3月、横浜国立大学教育人間科学部(国際共生社会課程)卒業。2004年
6月30日、ブログ「眞鍋かをりのココだけの話」を開設。あっけらかんとした日常生活の着眼点と発想の面白さ、自らを「オイラ」と称する独特の文体からたちまち人気ブログとなる。
7月12日付のブログ記事「なりきりTommy february6」においてTommy february6を意識した眼鏡美人姿を披露したことがきっかけで、トラックバック数日本記録を樹立するに至り、マスコミから「ブログの女王」の称号を受ける。2005年
8月、自身のブログをまとめた「眞鍋かをりのココだけの話」(インフォバーン刊)を発売。発行部数はブログ本としては異例の20万部を突破する大ベストセラーとなる。この年の話題の人物として、年末の紅白歌合戦に審査員として出演。2006年
2月、スキンケアブランド「プロアクティブ」の日本市場キャスターに就任。ニキビで悩んで「引きこもりだった」ことを告白。同社から「NO!ニキビーナス」の称号を贈られる。2007年
4月、テレビ東京のスポーツニュース番組「メガスポ!」でニュースキャスターに初挑戦。
7月、第4回納豆クイーンに選ばれる[注 3]。
10月、第20回メガネベストドレッサー賞の芸能人部門に選ばれる。2008年
11月、フードアナリスト4級の資格を取得するとともに、日本フードアナリスト協会のイメージキャラクターに就任[8]。2009年
9月、所属事務所・アヴィラと旧所属事務所・アバンギャルドに対し契約解除を通知。
12月に契約解除の確認を求めて東京地裁に訴訟を起こした[9][10]。2011年12月13日、アヴィラとの契約関係は2009年12月31日で終了していると東京地裁が判断を下したことを受け和解したことを発表[11][12]。2010年
10月31日、ブログ「眞鍋かをりのココだけの話」を閉鎖。2011年
5月31日よりlivedoor Blogにて「眞鍋かをり Official Blog」を開設。新ブログでは眞鍋の趣味である「一人海外旅行」を中心に日頃の何気ない日常を綴り、元祖ブログの女王のブログ再開ニュースは一躍ネットで話題になった)。2012年
1月20日、ノースプロダクションに所属[4]。
2月23日、眞鍋が元THE YELLOW MONKEYのヴォーカルである吉井和哉と交際中であることが報じられ、眞鍋もレギュラー出演していた「情報プレゼンター とくダネ!」で報道を認めた[13]。
12月9日、歯の矯正をしていた[14][15]ことから「Go!クリニック スマイル大使」に任命される[16]。2013年
2月19日、眞鍋が7月の参議院選挙に自民党から出馬することを週刊誌の「女性自身」が報じた。しかし、眞鍋はレギュラー出演していたラジオ番組(大竹まこと ゴールデンラジオ!)で報道を否定した。
同月、GREEの有料メルマガ・Webマガジンサービス「Magalry」にて眞鍋かをり執筆による「Magalry 30女が◯◯について本気出して考えてみた」を連載開始。2015年
4月17日、『高校講座 世界史』(NHKEテレ)にマジカル・ヒストリー倶楽部のリーダーとしてレギュラー出演。永松文太をプランナーとして迎え入れ、2人で番組を進行。
6月26日、ミュージシャンの吉井和哉(THE YELLOW MONKEY)と結婚したことを自身のブログで発表した。また、妊娠しており、秋に出産予定であることも同時に報告している[17][18]。
8月25日を最後に『大竹まこと ゴールデンラジオ!』(文化放送)の火曜日レギュラーを卒業し、産休に入る[19]。
9月、婚姻届を提出、10月に第1子の女児[20]を出産[21]。2016年1月2日放送の『歌う!人生ゲキジョー』(TBS系)の司会でテレビ復帰[22]。2016年
10月9日、愛媛県の「伊予観光大使」に任命[20]。2018年
2月、愛媛県が生んだ新品種の花「さくらひめ」[23]の大使に任命[24]。
6月、友人でもある犬山紙子の呼びかけで、虐待をなくすためのタレントチームを結成[25]。7月10日、厚生労働省を訪れ、加藤勝信大臣あてに児童虐待の根絶に向けた提案書と要望書を提出した[25]。
10月、地元愛媛県西条市の「LOVE SAIJO応援大使」に就任[26]。2021年
4月27日より芸能事務所オールラウンドに所属。人物
家族 
夫は、ミュージシャンの吉井和哉
夫との間には2015年に生まれた女児がいる。

実家 
父[27]、母[27]、2歳下の弟[28]、7歳下の妹[28]がいる。ファザコン[29][30]。ボーイフレンドができると必ず父親に紹介する。母の実家が北海道札幌市[31]で祖父母が住んでいる[32]。
「うめ」と名付けた犬を飼っている[33]。趣味・特技 
子供の頃は、少年ジャンプを毎週地元のコンビニ「セブンエイト」で購入し『アウターゾーン』が好きだった[34]。
小学校は陸上やミニバスケット、中学校では剣道をしていた[35]。
アナウンス(アナウンススクールに通っていた経験がある)、イラスト。
体が柔らかく、チアリーダーのように左右に大きく開脚してジャンプしたり[36]「I字バランス」のように足をハイキックして垂直に振り上げたり[37] することができる。
一人海外旅行(『外国へ旅に行こう』と思いついたその日に出発することが多い。ノープランでホテル予約や観光をしており、自身のブログでも度々海外旅行記が掲載されている)。
30歳を超えてから運動に目覚め、ゴールドジムに通いだした。自宅でも毎日シャドーボクシングやランニングを行っており、ダイエットに成功中とのこと。格闘技にも挑戦中だとブログで明かした[38]。 嗜好
納豆、お酒、チーズ。資格
フードアナリスト4級を取得[8]。
バイクの免許を取得し、大型スクーターを所有している[39]。
2010年11月、C.P.Aチーズプロフェッショナルを取得した[40]。
J.S.A.認定ワインエキスパート取得[41]。交友関係
杉崎美香(『NIPPON@WORLD』で共演)と仲が良く、食事や旅へ行く様子がブログに綴られている[42][43]。
同郷(愛媛県)の声優・水樹奈々とは2009年12月13日に、映画『レイトン教授と永遠の歌姫』の試写会で初対面を果たしている[44]。
犬山紙子とは番組共演を機に意気投合し[45]、児童虐待をなくす活動をしているチーム「こどものいのちはこどものもの」を立ち上げている[46]。愛媛県に対する思い
地元への思いは強く、たびたびブログで綴っている[47]。高校生の頃は松山市の大街道へ遊びに出かけることがあり、地元での仕事が終わってから久しぶりに訪れている[48]。西条市にもタイミングをみて帰省している[49]。
西条祭りは大学に入ってすぐに仕事を始めたので、上京してからは一度も参加できていないが[47]、金木犀の香りを嗅ぐと祭りと連想されるという[47]。
今まで仕事で愛媛に行くことはあったものの、西条市でロケをするのは「誰だって波瀾爆笑」(2018年5月13日放送)が全国放送では初めてだった[50]。この番組では愛媛発祥のコンビニ「ナイトショップいしづち」など思い出の場所を訪問している[50]。エピソード
選択的夫婦別姓制度に賛同している。自分の名前では「小俣」さんや「脇」さんとは結婚できない、と言う[51]。
注意欠陥・多動性障害の傾向があるとの診断を受けたことがある[52][53]。インターネット関連
2004年6月30日から開設している自身のブログ「眞鍋かをりのココだけの話」には、驚異的な数のトラックバックがあり、一記事に対するトラックバック数がトラックバックスパムも含め3000を超える場合もある。その数は日本一と言われており、「ブログの女王」と呼ばれた。当時ヤクルトに在籍していた古田敦也選手に「打倒眞鍋かをり」と、古田の公式ブログにてトラックバック数の目標にされたこともある。
2005年12月5日には眞鍋のブログがニフティの「ココログ」に開設されている縁から、ニフティが開設したサイト「ブログ普及委員会」の委員長に就任した。
2006年1月、安全にPCを利用するための啓発活動として、キャッチフレーズ「マナベにまなべ」を掲げ「CHECK!PC」キャンペーンのイメージキャラクターに起用される。また自身のPCが多数のスパイウェアに感染していたと告白[54]。これについては高木浩光にスパイウェア対策ソフトを売るためのFUD[注 4] の可能性を指摘された[55]。
かつてはブログにおける一人称として「オイラ」を使用していたが、私生活で”オイラ”といわなくなったので「私」を使用するようになったとインタビュー記事で述べている[56]。
2011年7月4日、Twitterを始める。開始から1日でフォロワー数が1万人を超えた[57]。選挙ポスターの騒動
2009年衆議院選挙を前に出演見合わせ騒動が起こった。事の発端は前衆議院議員の城内実(当時)が第45回衆議院議員総選挙に立候補する際、以前、眞鍋対談した時に撮影したものを選挙ポスターに使用したため眞鍋が急きょ出演見合わせとなった。テレビ局側は眞鍋が特定の立候補者を支持しているとため出演を見送ったという説明が告げられた[58]。もし、眞鍋が写真を選挙ポスターに利用したまま番組に出演した場合、公職選挙法第151条の3項「選挙放送の番組編集の自由および」同第152条「あいさつを目的とする有料広告の禁止」に抵触する可能性がある[59]。しかし、眞鍋本人は出演見合わせとなったことに納得しておらず、ブログにて写真は勝手に使われ困惑していると特定の立候補者支持を否定し[58][60]、所属事務所も同様に支持を否定したが、城内は以前、眞鍋対談した際に撮影したものをポスターに使用し撮影した内容について「事前に承諾を得た」と主張、意見の食い違いが起きた。しかし、眞鍋のテレビ出演の見合わせを受け、城内側はこのようなことになり不本意であるとコメントしポスターの撤去と対談の動画の削除を行った。その後眞鍋は番組に復帰した[61]。詳細は「城内実#選挙ポスター騒動」を参照年齢詐称の騒動
『週刊文春』2010年5月6日・13日号ゴールデンウィーク特大号の特集記事「総追跡33本 この女のナゾを解く!」にて、眞鍋かをりの年齢詐称を掲載した。記事には所属芸能事務所(アヴィラ)との民事訴訟が東京地方裁判所にて争われた中で、原告(眞鍋かをり)の生年月日が「昭和55年5月31日生」となっていた。しかし、2010年当時の眞鍋の芸能プロフィールには「昭和56年(1981年)3月31日生まれ」と、丁度10か月後の鯖読みとなっていた。『週刊文春』の記者が生年月日の件を、眞鍋に対して直撃取材した所「ごめんなさい、今はタイミング的にお話出来ないんです」と、コメントを避けたが、結果として眞鍋は事実を認め、2012年時点では「1980年(昭和55年)5月31日」の生年月日をプロフィールに使用している。眞鍋は1998年に愛媛から上京し、横浜国立大学に入学する直前に渋谷でスカウトされ「女子大生グラドル」としてデビューするに至ったが、当時の事務所が「18歳で売り出したい」と考えていたため、5月生まれではすぐに19歳になってしまうことから、学年を変えずにギリギリまで「18歳」を名乗れる10か月後の3月31日にプロフィールを変えさせられていたという。当時、番組の収録終わりに誕生日を祝われたり、バラエティ番組の占い企画で3月生まれとして占われることが「本当につらくて」と振り返っており、「当時は普通にみんなやってた。今はSNSがあるので、すぐバレるから無理だけど」と話している[62][63]。出演
テレビ
現在の出演番組
レギュラー

世界!ニッポン行きたい人応援団(テレビ東京、2016年4月14日 – )※2020年4月以降は不定期放送。
ひるおび!(TBS、2022年1月13日 – )※木曜(午後版)コメンテーター不定期出演

秘密のケンミンSHOW(読売テレビ制作・日本テレビ・2007年 – )
ダウンタウンDX(読売テレビ制作・日本テレビ・2007年 – )
クイズプレゼンバラエティー Qさま!!(テレビ朝日・2007年 – )
がっちりマンデー!!(TBS・2007年 – )
ヒルナンデス(日本テレビ・2011年 – )
たかじんのそこまで言って委員会・そこまで言って委員会NP(読売テレビ・2010年 – )
パン旅。(NHK BSプレミアム・2019年 – )
第4シリーズ・東京穴場のパン屋さん(2)「神楽坂・護国寺 編」(2019年2月27日)
第7シリーズ・横浜メード・イン・ジャパンの新しい風」(2021年3月12日)
ワイドナショー(フジテレビ・2021年 – )
教えて!ニュースライブ 正義のミカタ(朝日放送テレビ・2022年 – )インターネット(連載)
「眞鍋かをりの即決!2000円で美味しいお取り寄せ」(Hanako.tokyo・2017年8月12日 – )[64]テレビ
過去の出演番組
レギュラー

BOON!(日本テレビ・1999年10月 – 2002年9月)
とりあえずイイ感じ。(日本テレビ・1999年10月 – 2001年9月)
Girls Girls(日本テレビ・1999年10月 – 2000年4月)
ラブラブ屋(CBC・終了)
吉本ばかな(日本テレビ・2000年4月 – 9月)※2代目ばかなガール(アシスタント)
e-Cluber(テレビ東京・2001年、終了)
三宅裕司のドシロウト(山口放送製作・日本テレビ系・2001年4月 – 2002年3月)
爆笑問題のススメ(札幌テレビ制作・日本テレビ系、2002年9月 – 2006年3月)
笑瓶観光(東海テレビ、2003年4月 – 2004年3月)※準レギュラー
サイエンスZERO(NHK教育・2003年4月 – 2007年3月)※ナビゲーター
WAKU★WAKU(中京テレビ・2004年4月 – 2005年9月)
中山道(テレビ東京・2005年4月 – 9月終了)
鳥越道場(テレビ朝日・2005年12月 – 2006年12月)
芸能プロフィール刑事(フジテレビ、2005年4月 – 9月)
失恋保険〜女の安心保障〜(テレビ東京・2005年7月 – 2006年1月)
眞鍋かをりのブログッズ(BS日テレ・2006年4月 – 2007年6月)
ブログの女王(テレビ東京・2006年4月 – 9月)
世界バレーTV Val!(TBS・2006年4月 – 12月)
クイズドレミファドン・スペシャル(フジテレビ / ワタナベエンターテインメント・2006年 – 2007年)※司会
くりぃむしちゅーのたりらリでイキます!!(日本テレビ・2006年7月 – 2007年3月)
Boot!(TBS・終了)※ericoの声
ザ・NIPPON検定(フジテレビ・2007年4月 – 9月)
今夜はシャンパリーノ(よみうりテレビ・2007年7月 – 2008年2月)※シャンパリーノファミリー
NIPPON@WORLD(フジテレビ・2007年10月 – 2008年3月)※MC
ぷれミーヤ!(テレビ朝日・2006年4月 – 2008年9月)※MC
メガスポ!(テレビ東京・2007年4月 – 2009年3月)※週末メイン司会
おもいッきりイイ!!テレビ(日本テレビ・2007年10月 – 2009年3月)※月曜日パートナー
おもいッきりDON!(日本テレビ)
月曜日・金曜日/第1部・第2部コメンテーター(2009年3月 – 10月)
月曜日/第2部コメンテーター(2009年10月 – 12月)
情報プレゼンター とくダネ!(フジテレビ)
(2005年10月 – 2009年10月、2010年3月 – 2012年3月)※木曜日コメンテーター
(2012年4月 – 9月)※月曜日コメンテーター
run for money 逃走中(フジテレビ、:2008年4月22日、2009年4月2日、2011年12月20日、2012年8月28日、2013年1月6日、13日、2014年1月5日)
たかじんNOマネー〜人生は金時なり〜(テレビ大阪・2011年1月9日- 2011年10月)
たかじんNOマネーGOLD(テレビ大阪・2011年10月- 2015年6月)
女神ビジュアル(NHK・2012年 – 2013年終了)
battle for money 戦闘中(フジテレビ、:2012年10月14日、2013年6月30日)
NHK高校講座世界史(2015年度分)(2015年4月17日 – 2016年3月4日、NHKEテレ) – 司会[65]
金曜報道スペシャル~あなたの知らないニュース(テレビ大阪、2017年4月7日 – 2018年3月30日)
千客万来!中尾家deごはん(BS-TBS 2020年4月5日 – 2020年11月1日) – 姪役として出演
白熱ライブ ビビット(TBS、2016年10月 – 2019年9月) – 木曜日パーソナリティ(隔週)[66]準レギュラー、不定期出演

グラビアの美少女(MONDO21、1999年)
とんねるずのみなさんのおかげでした(フジテレビ・1999年)
シドニーオリンピック中継(民放各局・2000年)※サポーターガールとして
世界バリバリ★バリュー(MBS製作・TBS系・2003年 – 2008年)
『ぷっ』すま(テレビ朝日・2004年 – 2009年)
サルヂエ(中京テレビ製作・日本テレビ系・2004年 – 2007年)
発掘!あるある大事典II(関西テレビ製作・フジテレビ系・2004年 – 2007年)
くりぃむしちゅーのたりらリラ〜ン(日本テレビ・2005年 – 2006年)
運命の数字(テレビ朝日・2005年 – 2006年)
第56回NHK紅白歌合戦(NHK・2005年)※審査員
クイズ!ヘキサゴンII(フジテレビ・2005年 – 2007年)
トリノ冬季オリンピック中継(テレビ東京・2006年)※スタジオキャスター
脳内エステ IQサプリ(フジテレビ・2006年 – 2009年)
ブサテク 〜ブサイクの恋愛テクニック〜(テレビ朝日・2006年 – 2007年)
美しき青木・ド・ナウ(テレビ朝日・2006年 – 2009年)
クイズ・ドレミファドン!(フジテレビ・2006年 – 2010年)
ハッスル・マニア・エイド(スカパー・2005年)
ハッスル・祭り(テレビ東京・2007年)
クイズ雑学王(テレビ朝日・2007年 – 2010年 )
ハッスル・マニア(テレビ東京・2008年)
和風総本家(テレビ東京、2008年 – 2020年3月19日終了)
run for money 逃走中(フジテレビ・2008年4月22日、2009年4月2日、2011年12月20日、2012年8月28日、2013年1月6日、13日、2014年1月5日)
怒っとOSAKA(よみうりテレビ・2009年5月 – 8月)
怒っとJAPAN(よみうりテレビ・2009年9月 – 12月)
THE1億分の8(TBS・2009年9月 – 12月)
シアワセ結婚相談所(日本テレビ・2009年9月 – 2010年6月)
所さんの日本ジツワ銀行(日本テレビ)
爆笑レッドカーペット(フジテレビ・2008年 – 2010年8月)
爆笑レッドシアター(フジテレビ・2008年 – 2010年9月)
年越し雑学王(テレビ朝日・2008年、2009年、2010年1月1日)
熱血!平成教育学院(フジテレビ・2007年 -2010年 )
そうだったのか!池上彰の学べるニュース(テレビ朝日・2010年)
飛び出せ!科学くん(TBS・2009年4月 – 2011年9月)
宝探しアドベンチャー 謎解きバトルTORE!(日本テレビ・2011年 – 2012年)
Numer0n(フジテレビ・2011年 – 2013年)
Rotolon(フジテレビ・2012年 – 2013年)
見知らぬ関西新発見!みしらん(朝日放送・2011年10月- 2013年9月)
世界行ってみたらホントはこんなトコだった!?(フジテレビ・2011年10月 – 2012年9月、2013年1月23日 – 2015年9月)
世紀のワイドショー!ザ・今夜はヒストリー (TBS・2012年3月 – 8月 )
教科書にのせたい! (TBS・2012年3月 – 9月)
ヒットの泉〜ニッポンの夢ヂカラ!〜 (テレビ朝日・2012年 – 2013年)
ソモサン・セッパ!(フジテレビ・2012年 – 2013年)
ふわふわトーク こんな感じでどうですか? (フジテレビ・2012年 – 2013年)
お願い!ランキング(テレビ朝日・2012年 – 2013年)
お願いランキングGOLD(テレビ朝日・2012年 – 2013年)
拡散希望中!(テレビ朝日・2014年9月27日) [67]
オンナのマタヂカラ(MBS・2015年2月4日、2月11日)司会
凸凹探検で謎解き!裸にしたいTOKYO(NHK BSプレミアム・2015年4月 – 9月)
世界!ニッポン行きたい人グランプリ(テレビ東京・2015年4月19日、8月16日、2016年1月10日)
あいつ今何してる?(テレビ朝日・2016年8月3日、2018年11月21日)ドラマ
平成夫婦茶碗〜ドケチの花道〜(2000年、日本テレビ)
らぶ・ちゃっと(2000年、フジテレビ) – Chat.14「恋人レンタル」に出演
涙をふいて(2000年、フジテレビ) – 事務員役
アンティーク 〜西洋骨董洋菓子店〜(2001年、フジテレビ) – 島崎珠美役
水曜日の情事(2001年、フジテレビ) – 田畑ミチル役
ビッグマネー!〜浮世の沙汰は株しだい〜(2002年、フジテレビ) – 木本美幸役
高校教師(2003年、TBS) – 手島絵美役
WATER BOYS(2003年、フジテレビ) – 佐久間恵役
LOVE&GO!(2003年、関西テレビ)
劇団演技者。(2004年、フジテレビ) – 第3回公演作「勝手にノスタルジー」に出演。古沢志保役
テイクオフ!(2004年、関西テレビ) – カズキ役
30minutes(2004年、テレビ東京) – #3「バカたちの誘拐」に出演
さよならの花びら(2005年、テレビ朝日) – 中野奈津子役
WATER BOYS 2005夏(2005年、フジテレビ) – 佐久間恵役
Moon(2005年、関西テレビ) – イツキ役
ナツムシ(2006年、関西テレビ) – 神野蛍子役
ロト6で3億2千万円当てた男(2008年、朝日放送・テレビ朝日系列) – 安岡真弓役
戦士の資格(2008年、フジテレビ) – 青山涼子役
ウルトラマンR/B(2018年、テレビ東京) – 湊ミオ役[68]映画
TERRORS 闇夜〜DARKNESS〜(2001年、フジテレビ映像企画部、DVD作品) – 主演:彩子役
BOM!(2001年、ケイエスエス) – 沙耶役
ウォーターボーイズ(2001年、東宝) – 佐久間恵先生役
キューティーガール〜美少女ボウラー危機一発〜(2003年) – 凄腕プロボウラー役
劇場版 ウルトラマンR/B セレクト!絆のクリスタル(2019年3月8日公開) - 湊ミオ役[69]テレビアニメ
erico(TBS・2006年)劇場アニメ
劇場版ポケットモンスター アドバンスジェネレーション ポケモンレンジャーと蒼海の王子 マナフィ(東宝・2006年) – ヒロミ役吹き替え
ドミノ(2005年) – ドミノ・ハーヴェイ(キーラ・ナイトレイ)
かちこみ!ドラゴン・タイガー・ゲート(2007年) – ローザ
TAXi4(2007年) – ペトラ(エマ・シェーベルイ)ゲーム
ØSTORY(2000年、エニックス) – 鍋島ひとみ役ラジオ
眞鍋かをり くるまえび(TOKYO FM、2000年10月 – 2001年3月終了)
眞鍋かをりのをはラジオのオじゃありません(文化放送、古本新之輔 ちゃぱらすかWOO!内の1コーナー、終了)
福山雅治のオールナイトニッポンサタデースペシャル・魂のラジオ(ニッポン放送、2002年1月12日分・頑張れ!受験生SPのゲスト講師として出演)
オレたちやってま〜す(MBSラジオ、2002年4月 – 9月終了)
ライオン レ・レ・レのレ(文化放送、2002年10月 – 2005年12月終了)
眞鍋かをりの特命少女(MBSラジオ、2003年4月 – 2004年3月終了)
ブジオ!(TBSラジオ、2005年10月 – 2006年3月終了、木曜担当)
やきぐりバンバン(MBSラジオ、2009年4月 – 10月終了、コンマ3(木曜)担当)
ゴチャ・まぜっ!(MBSラジオ、2009年11月 – 2010年1月終了)
大竹まこと ゴールデンラジオ!(文化放送、2011年4月 – 2015年8月終了、火曜パートナー)
KOSÉ Your Songs Best10(エフエム東京、2017年4月2日 – 2019年9月29日終了)CM
ららぽーと「SSAWS」 2000 – 2001イメージガール
NTTドコモ四国
ロッテ「モナ王〜食べごたえBIG篇」(2002年 – 2003年)
タケダスポーツ「2003初激売篇」(2003年)
「大ディスカウント祭篇」(2003年)
「トレーニングウェア篇」(2003年)
「ユニフォーム篇」(2003年)
「クリスマス、ジュニアSKIまつり篇」(2003年)
「2003ウインター衝撃のスーパーバーゲン篇」(2003年)
「全品年末売りつくし篇」(2003年)
「ウインター完売宣言篇」(2003年)
東京工業品取引所(2005年 – 2009年)
JRA-VAN(2005年 – )
東洋水産(2006年 – 2007年)
「マルちゃん赤いきつねシリーズ」
「マルちゃん昔ながらのソース焼そば」
HAIR & MAKE EARTH(2006年)
都市再生機構「UR賃貸」(2006年)
アスカネット「オートアルバム」(2006年 – 2007年)
ガシー・レンカー・ジャパン「プロアクティブ」(2006年 – )
アース製薬「アースレッド」(2006年 – 2008年)
オーエムエムジー「O-net」(2006年 – 2008年)
LEC「マナベとはじめるらくらく学べ塾」(2007年 – 2009年)
NTT番号情報「iタウンページ」(2008年 – 2010年)
アイランドウィズフィールド「アイ・キューピット」(2008年 – 2009年)
オリックス証券(2008年 – 2009年)
日立製作所「Wooo」(2009年 – 2010年)
エイチ・アイ・エス「H.I.Sかをりのブログ」(2009年 – 2010年)
大正製薬「コバラサポート」(2015年4月 – 2016年3月)[70]
政府広報「平成30年7月豪雨復興・全国向けコマーシャル岡山・広島・愛媛観光誘致篇」(2019年1月28日 – )[71]インターネット(連載)
日経DUAL 眞鍋かをりのサンカクなキモチ(2016年2月24日 – 2019年1月28日)[72]写真集
Girl Friend(1999年11月、撮影:上野勇、ぶんか社)ISBN 4-8211-2310-X
胸きゅん(2000年5月、撮影:斉木弘吉、ケイエスエス)ISBN 978-4-87709-463-8
On Visual No.3 眞鍋かをり(2000年9月、撮影:沢渡朔、アスキー) – ムック本写真集。ISBN 4-7561-3484-X
manabeibe(2000年11月、撮影:木村晴、ワニブックス)ISBN 4-8470-2586-5
CURE-GIRL(2001年1月、撮影:上野勇、ぶんか社)ISBN 4-8211-2359-2
Peach!(2001年4月、撮影:小池伸一郎、学研)ISBN 978-4-05-401332-2
Love BOX(2002年4月、撮影:小池伸一郎、ソニーマガジンズ)ISBN 4-7897-1732-1
Little Girl Friend(2002年9月、撮影:上野勇、ぶんか社) -「Girl Friend」に未公開カットを加えた文庫サイズ写真集。ISBN 4-8211-2465-3
No.Mark(2002年10月、撮影:西条 彰人&小塚 毅之&染瀬 直人、音楽専科社)ISBN 4-87279-116-9
@for you(2003年3月、撮影:上野勇、ぶんか社) – 「CURE-GIRL」に未公開カットを加えた文庫サイズ写真集。ISBN 4-8211-2511-0
Kawori(2004年3月、撮影:井之元浩二、ワニブックス)ISBN 4-8470-2799-X書籍
眞鍋を学べ!(2003年6月、宝島社)ISBN 4-7966-3427-4
眞鍋かをりと松本大のいちばんやさしい株のはなし – チカラを抜いて、スローな投資生活を始めよう(2004年7月、日本経済新聞社)ISBN 4-532-35115-4
眞鍋かをりのココだけの話(2005年8月、インフォバーン)ISBN 4-901873-51-2
オイラの美力(2006年11月、集英社)ISBN 4-08-780453-4
学校では教えてくれなかった英文法〈基本編〉(2007年4月、表参道出版)ISBN 978-4-434-10485-5
学校では教えてくれなかった英文法〈応用編〉(2007年4月、表参道出版)ISBN 978-4-434-10486-2
眞鍋かをりと松本大のいちばんやさしいネット株 – 好きな時に、好きな場所で、投資生活はじめたい(2007年7月、日本経済新聞出版社)ISBN 978-4-532-35268-4
眞鍋かをりの大人のもつ鍋(2007年11月、三栄書房)ISBN 978-4-7796-0334-1
女子!?ごころ(2008年4月、ワニブックス)ISBN 978-4-8470-1764-3
眞鍋と学ぶ!フードアナリスト入門 楽しい食の世界(2008年12月、角川・エス・エス・コミュニケーションズ)ISBN 978-4-8275-4382-7
眞鍋かをりのココだけの話…といろんな話(2009年9月、コスミック出版)ISBN 978-4-7747-9036-7
世界をひとりで歩いてみた 女30にして旅に目覚める(2013年12月、祥伝社 )ISBN 978-4-396-61471-3雑誌(連載)
JAFMATE (JAF) 「くるまをマナベ」(2008年7月 – 2010年3月)
宝島(宝島社)「眞鍋を学べ!」(2000年3月 – 2003年4月)
メルちょ@Getta!(キューブリック)「眞鍋かをりのケータイフォト日記」(2003年3月 – 2007年2月)
サブラ(小学館)「眞鍋かをり マナベディア」(2006年12月 – 2009年1月)
週刊ポスト(小学館)「眞鍋かをり ココだけで教えて!」(2007年11月 – 2009年3月)ビデオ/DVD
nature(2000年2月、ベガファクトリー)
variety(2000年3月、ベガファクトリー)
日テレジェニック2000 Supreme(2000年7月、バップ)
KAWORISM(2000年11月、ラインコミュニケーションズ)
眞鍋かをり スペシャルDVD(2000年、h.m.p)
日テレジェニック2000〜メモワール・ドゥー〜(2000年12月、バップ) – オムニバス作品。共演:谷理沙、福井裕佳梨、上原まゆみ
FAVORITE(2001年1月、ビームエンタテインメイント)
Advance(2001年4月、ベガファクトリー) – オムニバスビデオ作品。共演:藤川のぞみ、小倉優子、中根祥子、梨和舞
memorial(2001年5月、バウハウス)
FINAL ESCAPE-Fairy(2001年8月、VMGファンハウス) – 2005年6月に再発売。
眞鍋かをりのドキドキきもだめし(2001年9月、トランスフォーマー) – VHS作品「TV放送禁止シリーズ」の1つ。
Don’t Wolly(2001年12月、ジーダス)
Sweet Summer(2002年8月、ラインコミュニケーションズ)
Bikiniの休日(2002年8月、h.m.p)
眞鍋かをり Special DVD-BOX(2003年8月、ラインコミュニケーションズ) – 「KAWORISM」「Sweet Summer」に特典ディスクを収録した3枚組DVD。
近距離恋愛(2003年6月、フォーサイド・ドット・コム)
メイキングof近距離恋愛デート(2003年7月、フォーサイド・ドット・コム)
R#602 眞鍋かをり〜Mannequin〜(2003年9月、テレビ朝日/角川書店) – テレビ朝日放送 R#(ルームナンバー)「わたし」の完全収録版。
Se-女!A 眞鍋かをり(2004年1月、GPミュージアムソフト)
Silky Collection Se-女2!B 眞鍋かをり(2004年8月、イーネット・フロンティア)
眞鍋かをり KaoRemiX(2004年9月、ラインコミュニケーションズ) – 「KAWORISM」「Sweet Summer」を再編集。
アバンギャルズ!(2008年7月、竹書房) – オムニバス作品。CRぱちんこアバンギャルド登場のアイドルによるDVD。共演:藤崎奈々子、小倉優子、山川恵理佳、浜田翔子、折原みか、北村ひとみ、海川ひとみ、井尚美脚注
[脚注の使い方]注釈

^ 公式プロフィールにおいては165cmと表記されていることが多いが眞鍋本人は自身のTwitterにおいて162.2cmと公表しており[2]
、2018年5月13日放送の『誰だって波瀾爆笑』(日本テレビ)に出演した際の自身のプロフィールには162cmと記載されている。

^ この頃は少年誌などの水着グラビアで人気を博し、水着メインの写真集も次々と発売してきたが、その後「脱水着宣言」をしてからは大人っぽくてちょっとセクシーな路線に変更。グラビアを引退してからは、タレントとしてバラエティ番組や情報番組などに出演し始める。

^ 自身はおやつや酒のつまみで食するほどの納豆好き。

^ FUDとは、不安、不確実、不信の頭文字であり (Fear、Uncertainty、Doubt) 販売戦術のひとつとして使用される場合がある。

出典

^ 特命少女 眞鍋かをり プロフィール

^ “Twitter 眞鍋かをりのツイート”. 2019年9月21日閲覧。

^ なかなか移籍を正式発表できない眞鍋かをり(リアルライブ、2010年3月6日付)

^ a b お知らせ 平成24年1月20日、眞鍋かをりが弊社所属となりました。

^ 『誰だって波瀾爆笑』2018年5月13日放送、スタジオに設置のフリップで紹介[放映時間00:04:44〜]

^ “あいつ今何してる?|2018-11-21(水)放送”. TVでた蔵. 株式会社ワイヤーアクション (2018年11月21日). 2018年11月22日閲覧。

^ “眞鍋かをり 高校時代の思い出は「学校に行くのがおデート」”. デイリー (2021年1月9日). 2021年1月29日閲覧。

^ a b 日本フードアナリスト協会はフードアナリスト®イメージキャラクターに『眞鍋かをり』さんを起用決定(ドリームニュース)

^ “真鍋かをりさん、契約解除求める 「国税聴取で屈辱」”. 47NEWS. 共同通信社. (2010年2月19日). http://www.47news.jp/CN/201002/CN2010021901000417.html 2012年10月12日閲覧。 

^ 眞鍋かをり、事務所に堂々の宣戦布告(デイリースポーツ、2010年11月21日付け)

^ 眞鍋かをり 前所属事務所と和解 契約は09年末で解消(スポニチアネックス、2011年12月14日付け)

^ お知らせ(眞鍋かをりオフィシャルブログ、2011年12月15日付け)

^ 真鍋かをり、吉井和哉と熱愛 結婚?「どうですかね~」(スポニチアネックス、2012年2月24日)

^ “突然ですが”. 眞鍋かをり Official Blog (2012年5月28日). 2021年7月15日閲覧。

^ “中間報告♩”. 眞鍋かをり Official Blog (2012年7月13日). 2021年7月15日閲覧。

^ “独身貴族の眞鍋かをり、運命の人と出会った?「この人に任せておけばいい」”. マイナビニュース. (2012年12月10日). https://news.mynavi.jp/article/20121210-a169/ 2021年7月15日閲覧。 

^ “「いつも応援してくださっている皆様、関係者の皆様へ」”. 眞鍋かをりOfficial Blog (2015年6月26日). 2015年6月26日閲覧。

^ “真鍋かをりが吉井和哉との結婚、妊娠を発表”. 日刊スポーツ. 日刊スポーツ新聞社 (2015年6月26日). 2015年6月26日閲覧。

^ “眞鍋かをり「ゴールデンラジオ」卒業 25日ラスト出演、産休へ”. Sponichi Annex (2015年8月12日). 2015年8月12日閲覧。

^ a b “眞鍋かをり、伊予観光大使に「これからは愛媛の時代」”. サンデースポーツ. (2016年10月9日). http://search.yahoo.co.jp/amp/s/www.sanspo.com/geino/amp/20161009/geo16100916120022-a.html%3Fusqp%3Dmq331AQRKAGYAabk3orJot3W-AGwASA%253D 2021年1月30日閲覧。 

^ ““真打ち”眞鍋かをり出産 おめでたラッシュでママタレ枠争奪戦”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2015年10月21日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/10/21/kiji/K20151021011359680.html 2015年10月21日閲覧。 

^ “眞鍋かをり、出産後初のテレビ出演「子育ては予想以上に大変」”. スポーツ報知 (株式会社報知新聞社). (2015年12月28日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20151225-OHT1T50140.html 2015年12月28日閲覧。 

^ “鉢物「さくらひめ」”. 愛媛県中予地方局農業振興課 産地戦略推進室. (2021年7月1日). https://www.pref.ehime.jp/chu52109/chuyo/sakurahime/hatimonosakurahime.html 2021年7月15日閲覧。 

^ “そろそろ愛媛県の時代が!”. 眞鍋かをりOfficial Blog (2018年2月8日). 2021年7月15日閲覧。

^ a b “#こどものいのちはこどものもの 眞鍋かをりOfficial Blog”. livedoor blog (2018年7月10日). 2021年1月29日閲覧。

^ “プレスリリース:眞鍋かをりさん「LOVE SAIJO応援大使」就任イベントを東京・新橋で開催しました!”. 西条市経営戦略部シティプロモーション推進課 (西条市). (2018年10月5日). http://www.city.saijo.ehime.jp/soshiki/citypromo/ouentaisisyuninnibentokaisaigo.html 2021年1月29日閲覧。 

^ a b “タレント 眞鍋かをりさん(上)3歳半の子どもに今も授乳 「おっぱいのおかげで子育てが楽になった」”. 読売新聞ヨミドクター (2019年4月24日). 2021年1月27日閲覧。

^ a b “眞鍋かをり 第一子・長女の私の心が軽くなった瞬間”. 日経DUAL. p. 1 (2018年7月9日). 2021年1月27日閲覧。

^ “眞鍋かをりファザコンを告白 「父親が悲しむから結婚先延ばし」”. J-CASTニュース (ジェイ・キャスト). (2009年9月9日). http://www.j-cast.com/2009/09/09049278.html?p=all 2014年11月20日閲覧。 

^ “今夜くらべてみました|2013-06-05(水)放送”. TVでた蔵. ワイヤーアクション. 2014年11月20日閲覧。

^ “第二のふるさと 札幌での眞鍋かをりさんが懐かしい思い出を語る(みなみらしい眞鍋かをり情報ブログ)”. ココログ (2015年6月28日). 2021年1月27日閲覧。

^ “広げよう『里親』の輪 CASE3眞鍋かをりさんの場合 眞鍋かをりさんが子育てで大切にする「幸せになる力」って?”. 朝日新聞社メディアビジネス局. 2021年1月27日閲覧。

^ “眞鍋かをりに「まさか子供が!??」 うろたえるスタッフ”. J-CASTニュース (ジェイ・キャスト). (2008年12月4日). http://www.j-cast.com/tv/2008/12/04031467.html 2013年7月15日閲覧。 

^ 『誰だって波瀾爆笑』2018年5月13日放送、スタジオに設置のフリップで紹介[放映時間00:13:03〜]

^ “タレント 眞鍋かをりさん(下)仕事を次々むちゃ振りされ「ゴロでもいいから打つ」の気合いで20年”. 読売新聞ヨミドクター (2019年4月26日). 2021年1月27日閲覧。

^ 眞鍋かをりのココだけの話(2005年4月19日更新分)

^ 眞鍋かをり/スペシャルDVD(h.m.p社)

^ http://blog.livedoor.jp/kaworimanabe/archives/cat_10049042.html

^ “「眞鍋かをり」からのお願い 〜 グッド・ライダー宣言 〜”. 警視庁. 2014年3月13日閲覧。

^ “真鍋かをり難関資格「チーズプロ」ゲット”. 日刊スポーツ. (2010年11月21日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20101121-704850.html 

^ “講師・講師別講座紹介 > 眞鍋かをり”. ワインスクール アカデミー・デュ・バン. 2021年3月16日閲覧。

^ “大好きなひとと。。。 ”. 眞鍋かをり Official Blog (2011年6月8日). 2021年1月27日閲覧。

^ “二人旅行記~スイス編~①”. 眞鍋かをりOfficial Blog (2011年9月17日). 2021年1月27日閲覧。

^ 眞鍋かをり (2009年12月13日). “神”. 眞鍋かをりのココだけの話. 2009年12月13日閲覧。[リンク切れ]nanaparty(水樹奈々) (2009年12月13日). “愛媛娘っ☆”. 水樹奈々 公式ブログ. 2009年12月13日閲覧。

^ “極上空間 #414眞鍋かをり×犬山紙子”. BS朝日 (2019–04-20). 2021年1月27日閲覧。

^ “クラウドファンディング こどもギフト”. 眞鍋かをりOfficial Blog (2018年11月20日). 2021年1月27日閲覧。

^ a b c “金木犀の香りがしたら何の知らせ?”. 眞鍋かをり Official Blog (2012年10月6日). 2021年1月27日閲覧。

^ “愛媛愛”. 眞鍋かをり Official Blog (2011年6月20日). 2021年1月27日閲覧。

^ “西条にもんてきたぞね”. 眞鍋かをり Official Blog (2012年12月10日). 2021年1月27日閲覧。

^ a b “西条市”. 眞鍋かをり Official Blog (2018年5月13日). 2021年1月27日閲覧。

^ 『眞鍋かをりのココだけの話…といろんなはなし』95-98ページ「2006 Best Selection 9/17「夫婦別姓制度はまだなのか」より。

^ “眞鍋かをり 大人になりADHD傾向目立たなくなった”. 日経DUAL (2018年11月27日). 2021年3月16日閲覧。

^ “別の居場所に救われた眞鍋かをりさん「自分の価値観からはみ出して」…STOP自殺 #しんどい君へ”. 読売新聞 (読売新聞社). (2021年8月19日). https://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/kyoiku/stop01/interview/20210816-OYT1T50195/ 2021年9月28日閲覧。 

^ CA、スパイウェア撲滅キャンペーンに眞鍋かをりらが参加

^ 本物がいい加減なことをしていると偽物につけ入られる事例2件

^ 有名人ブログ:ココセレブ:Specialインタビュー: Vol.55 眞鍋かをりさん 【3】今、一番気になるのは同世代の女性

^ 眞鍋かをり ツイッター開始翌日にフォロワー1万越え 2011年7月6日 9時50分配信アメーバニュース

^ a b 『眞鍋かをりさん激怒「応援してない!」のに選挙ポスター掲載:社会:スポーツ報知』報知新聞社、2009年7月30日。

^ http://kokkai.hourei.info/kokkai5-14.html

^ 『眞鍋かをり、城内実氏の選挙援軍報道に困惑 – MSN産経ニュース』産経デジタル、2009年7月29日。

^ 「えっ」と思った…眞鍋&城内ポスター撤去で決着,夕刊フジ,2009年7月31日

^ 眞鍋かをり (2012年9月16日). “眞鍋かをり Official Blog”. 2012年9月30日閲覧。

^ 眞鍋かをり デビュー当時に年齢詐称 誕生日祝福や占い企画「つらかった」デイリー 2021.06.10

^ “眞鍋かをりの即決!2000円で美味しいお取り寄せ”. マガジンハウス. 2021年1月30日閲覧。

^ “NHK高校講座|世界史|出演者紹介”. NHK. 2015年6月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年6月1日閲覧。

^ “「ビビット」新レギュラーに眞鍋かをり、田嶋陽子氏ら参戦”. スポニチアネックス. (2016年9月30日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/09/30/kiji/K20160930013450470.html 2016年9月30日閲覧。 

^ “バカリズムらが、番組で認めた【秘】情報をSNSで拡散!”. ウォーカープラス. (2014年9月24日). https://thetv.jp/news/detail/50678/ 2014年9月24日閲覧。 

^ “眞鍋かをり10年ぶり連ドラ テレ東「ウルトラマンR/B」で主人公の母親役”. スポーツ報知. (2018年10月26日). https://www.hochi.co.jp/entertainment/20181025-OHT1T50193.html 2018年10月26日閲覧。 

^ “「ウルトラマンR/B」初日に湊兄妹変身!内田雄馬は「トレギア大好きおじさんです」”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2019年3月8日). https://natalie.mu/eiga/news/323107 2019年3月9日閲覧。 

^ 大正製薬商品情報(2015年4月1日

^ 政府広報コマーシャル https://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg18360.html

^ 眞鍋かをりのサンカクなキモチ

外部リンク
株式会社オールラウンド
眞鍋 かをり(公式プロフィール)
眞鍋かをり (@KaworiM0531) – Twitter
眞鍋かをり (@wo_0531) – Instagram
眞鍋かをり – NHK人物録表話編歴日テレジェニック1998年
加藤あい – 酒井彩名 – 原史奈 – 佐藤江梨子

1999年
大村彩子 – 伊藤絵理香 – 中島礼香 – 酒井若菜

2000年
眞鍋かをり – 谷理沙 – 福井裕佳梨 – 上原まゆみ

2001年
小野愛 – 藤川のぞみ – 照屋まみ – 鈴木葉月

2002年
藤本綾 – 小倉優子 – 森本さやか – 佐藤めぐみ

2003年
井上和香 – 栗田梨子 – 山本彩乃 – サエコ

2004年
田辺はるか – 大久保麻梨子 – 小松彩夏 – 秋本未莉

2005年
愛川ゆず季 – 浜田翔子 – 西田奈津美 – 吉田智美

2006年
相澤仁美 – 北村ひとみ – 草場恵 – 原幹恵

2007年
谷桃子 – 木口亜矢 – 葵 – 小田あさ美 – 緑友利恵 – 一戸愛子

2008年
奈津子 – 秋山優 – 橘麗美 – 手島優 – 浜崎慶美

2009年
小泉麻耶 – 清水ゆう子 – 小池唯 – 米村美咲 – 齊藤夢愛

2010年
中村知世 – 木村好珠 – 内田理央 – 伊藤れいこ – 滝川綾 – 浅倉結希

2011年
広瀬玲奈 – 中村葵 – 高嶋香帆 – 大矢真夕 – 緑川静香 – 広村美つ美

2012年
桜子 – 栗田恵美 – 白河優菜 – 柴小聖 – 今野杏南 – 船岡咲

2013年
末永みゆ – 古野あきほ – 浜田由梨 – 権藤葵 – 黒田万結花 – 日野麻衣

2014年
葉月あや – 石岡真衣 – 前田美里 – 藤村椿 – 市川咲 – 小泉ここ

2015年
大澤玲美 – 熊江琉唯 – 橘花凛 – 久松かおり – 菜乃花

関連項目
日テレジェニック美女2 – アイドルの穴〜日テレジェニックを探せ!〜 – 日テレジェニックの穴 – アイドル☆リーグ! – 日テレプラス – 日本テレビ – バップ

表話編歴NHK紅白歌合戦審査員第1回
春日由三
吉本明光第2回
中山晋平第3回
春日由三
吉川義雄第4回
春日由三
吉川義雄
川村専一
狩野近雄
河上英一
笹本恭彦
明瀬裕
池田太郎
牧定忠第5回
春日由三
吉川義雄
渋沢秀雄
横山隆一
西崎緑
貝谷八百子
田付辰子
メイ牛山第6回
春日由三
吉川義雄
岩田専太郎
勅使河原蒼風
千代の山雅信
小山いと子
吉村公三郎
市川翠穂
マヤ片岡第7回
春日由三
吉川義雄
三國連太郎
小西得郎
栃錦清隆
青木茂高
河上牧子
水木洋子
坂西志保
田村佐紀子
吾妻徳穂第8回
吉川義雄
田中角栄
菊田一夫
若乃花勝治
金田正一
奥むめお
森田たま
細川ちか子
近藤百合子第9回
吉川義雄
横山泰三
水原茂
稲垣浩
朝汐太郎
沢田美喜
杉村春子
戸川エマ
赤堀全子第10回
吉川義雄
木下惠介
大宅壮一
杉浦幸雄
若羽黒朋明
長谷川春子
大濱英子
榊淑子
谷桃子第11回
吉川義雄
秋山登
唐島基智三
柏戸剛
松本幸四郎
中村汀女
田中絹代
秋山ちえ子
江上トミ第12回
長沢泰治
土門拳
高田元三郎
仲代達矢
大鵬幸喜
和田夏十
勅使河原霞
村山リウ
森光子第13回
長沢泰治
工藤昭四郎
東郷青児
森英恵
大山康晴
山内一弘
佐田の山晋松
藤間紫
岡田茉莉子
十返千鶴子
浪花千栄子第14回
長沢泰治
細川隆元
丹羽文雄
實川延若
中西太
栃ノ海晃嘉
飯田蝶子
貞閑晴
新珠三千代
花柳壽輔
佐久間良子第15回
長沢泰治
大林清
北葉山英俊
林与一
古賀忠道
春風亭柳橋
岩下志麻
司葉子
長谷川町子
林美智子
吉屋信子第16回
坂本朝一
円地文子
安達曈子
入江美樹
藤村志保
小絲源太郎
松下幸之助
ファイティング原田
緒形拳第17回
坂本朝一
樫山文枝
五代利矢子
浜美枝
山崎豊子
大佛次郎
尾上菊之助
加藤芳郎
鶴ヶ嶺昭男第18回
中山卯郎
福島慎太郎
木村秀政
西本幸雄
石坂浩二
福原美和
栗原小巻
塩月弥栄子
平岩弓枝第19回
中山卯郎
江夏豊
王馬熙純
榊原仟
鈴木俊一
曽野綾子
高田敏子
藤田弓子
三船敏郎第20回
中山卯郎
浅丘ルリ子
市川海老蔵
今井通子
大谷直子
菅野義丸
佐藤愛子
鶴岡一人
平幹二朗第21回
中道定雄
坂東玉三郎
樋口久子
小林弘
三田佳子
志村喬
武原はん
玉の海正洋
中山律子第22回
仲代達矢
小野田勇
浪花家辰造
大場政夫
宇田川竜男
堀内寿子
大山英子
村山加代子
中山きよ子
樫山文枝
山口果林
高橋信雄
山下迪子
館弘子
石田芳夫
中山紀子
井沢つま
森戸辰男
溝尾正志
花本方美
為久優子
成田知子
桑田たつ子
村上巳里
山下誠
小川善三郎
河野久枝
桑原永子
田川由紀子
佐藤太圭子
山田三智穂
大谷豊二
高橋優子
貴ノ花利彰
赤塚洋文
平内義幸
富岡雅寛
平賀輝子
中川時子第23回
加藤稔
池内淳子
中原誠
森英恵
小林桂樹
中村汀女
井上ひさし
中野貴代
神田好武
真木洋子
輪島大士第24回
高橋洋子
生沼スミエ
棟方志功
村上元三
京マチ子
サトウサンペイ
高田ユリ
尾上菊五郎
寺島純子
北の湖敏満第25回
根本良夫
橋本明治
杉村春子
尾上松緑
栗原小巻
堀江謙一
檀ふみ
魁傑將晃
新垣留美子第26回
根本良夫
尾上梅幸
高橋展子
吉永小百合
加藤剛
三林京子
大竹しのぶ
古葉竹識
三重ノ海五郎第27回
池田彌三郎
浅丘ルリ子
中村梅之助
小野清子
村上隆
堤加蓉子
カロリーナ・ピレス・ド・リオ
若三杉壽人
川上哲治第28回
川口幹夫
市川染五郎
上田利治
旭國斗雄
水島新司
川橋幸子
橋田壽賀子
新井春美
竹下景子第29回
川口幹夫
北の湖敏満
岩下志麻
植村直己
八千草薫
安奈淳
森和人
森下洋子
山本浩二第30回
加藤好雄
若山富三郎
ミヤコ蝶々
菅原文太
大原麗子
松本零士
重兼芳子
古葉竹識
多岐川裕美第31回
加藤好雄
松本幸四郎
陳舜臣
佐久間良子
木田勇
向田邦子
島田陽子
鈴木喜久子
角田好雄第32回
渡辺一雄
石毛宏典
古手川祐子
緒形拳
花井幸子
倉本昌弘
森光子
坂田栄男
高橋洋子
秋竜山
澤地久枝第33回
香川宏
生沼スミエ
玉の海梅吉
森英恵
山藤章二
池上季実子
広岡達朗
村松友視
真野響子
滝田栄
橋田壽賀子
前橋汀子
市川猿之助第34回
香川宏
三船敏郎
松本幸四郎
大原麗子
田淵幸一
樋口久子
松坂慶子
田中裕子
隆の里俊英
谷川浩司
林真理子
胡桃沢耕史
宮尾登美子
山口小夜子
役所広司第35回
菊池綜一
江上由美
釜本邦茂
名取裕子
風間杜夫
石井幹子
連城三紀彦
里中満智子
衣笠祥雄
松坂慶子
市川海老蔵第36回
遠藤利男
三田佳子
中村吉右衛門
高野悦子
小池一夫
武原はん
ジェームス三木
山口洋子
吉田義男
大地真央
北尾光司第37回
中野正之
森光子
清原和博
森下洋子
雁屋哲
黒柳朝
加藤芳郎
山崎洋子
渡辺謙
加納みゆき
千代の富士貢第38回
吉岡利夫
若尾文子
中井貴一
森瑤子
江藤俊哉
俵万智
逢坂剛
森口祐子
近藤真一
若村麻由美
北勝海信芳第39回
今西陽一郎
三田佳子
片岡孝夫
伊藤京子
森祇晶
浅野温子
安野光雅
伊勢桃代
新井満
山口智子
千代の富士貢第40回
沖清司
千代の富士貢
いしだあゆみ
ねじめ正一
小林浩美
中村勘九郎
村崎芙蓉子
西田敏行
石岡瑛子
斎藤雅樹
渡辺梓第41回
沖清司
山本陽子
中村鴈治郎
諏訪内晶子
野田秀樹
コシノジュンコ
渡辺久信
森口祐子
松岡修造
沢口靖子
真田広之第42回
小林由紀子
増井光子
山崎豊子
秋山幸二
芦原すなお
荻野アンナ
若花田勝
貴花田光司
緒形直人
鷲尾いさ子
田中好子第43回
内林達夫
有森裕子
曙太郎
古賀稔彦
富司純子
中田久美
野茂英雄
村上弘明
伊藤みどり
森光子
高橋克彦第44回
松尾武
三田佳子
米長邦雄
市川團十郎
細川直美
筒井道隆
つみきみほ
松原敏春
平瀬真由美
宮尾登美子
川淵三郎
内館牧子
田村亮子
植木等
野村克也
中丸三千繪
古田敦也
ミヤコ蝶々
曙太郎
古橋廣之進
大林素子第45回
松尾武
イチロー
赤井英和
奥野史子
岩下志麻
羽生善治
南井克巳
賀来千香子
川本ゆかり
市川崑
森光子第46回
上田洋一
古田敦也
田村亮子
天海祐希
竹中直人
原辰徳
水谷八重子
中村紘子
ジョージ川口
柳家小さん
大石芳野第47回
上田洋一
有森裕子
川口能活
江角マキコ
仰木彬
清水市代
中村橋之助
森英恵
桂米朝
大石静
周防正行第48回
大橋晴夫
井原正巳
吉永小百合
片岡仁左衛門
伊藤みどり
佐々木主浩
佐藤夕美子
本木雅弘
篠田節子
谷川浩司
吉行あぐり第49回
大橋晴夫
清水宏保
藤原紀香
琴錦功宗
中村玉緒
松平健
俵万智
ジェームス三木
服部道子
熊川哲也
浅利純子第50回
伊東律子
出島武春
松嶋菜々子
内館牧子
野村萬斎
田村亮子
津川雅彦
草笛光子
阿久悠
福嶋晃子
乙武洋匡第51回
伊東律子
田村亮子
長嶋茂雄
高橋尚子
渡辺謙
池内淳子
佐々木主浩
岡本綾
井上康生
木村佳乃
内藤國雄第52回
出田幸彦
栃東大裕
川原亜矢子
室伏広治
竹田恆和
松岡佑子
唐沢寿明
平良とみ
天海祐希
藤田宜永
森下洋子第53回
出田幸彦
朝青龍明徳
米倉涼子
市川新之助
阿川佐和子
宮本恒靖
仲間由紀恵
高橋由伸
恩田美栄
岩合光昭
岸惠子第54回
中村季恵
浅野ゆう子
五木寛之
優香
三谷幸喜
村山由佳
末續慎吾
村主章枝
武田真治
有馬稲子
星野仙一第55回
中村季恵
野口みずき
野村忠宏
橋田壽賀子
中村勘九郎
荒川静香
滝沢秀明
高島礼子
和田一浩
森光子
日野原重明第56回
琴欧州勝紀
薬師丸ひろ子
野口聡一
長澤まさみ
山田洋次
森光子
上川隆也
眞鍋かをり
林家正蔵
栗原はるみ第57回
渡辺謙
阿木燿子
リリー・フランキー
藤山直美
内野聖陽
横峯さくら
田口壮
吉田都
鎌田實
瀬戸内寂聴第58回
宮﨑あおい
上田桃子
岡島秀樹
青木功
中村勘三郎
新垣結衣
茂木健一郎
坂東眞理子
陣内智則
藤原紀香第59回
本木雅弘
吉田沙保里
太田雄貴
高橋尚子
松本幸四郎
松坂慶子
姜尚中
堀北真希
妻夫木聡
上野由岐子第60回
白鵬翔
草刈民代
阿部寛
深田恭子
原辰徳
勝間和代
城田優
杉山愛
西田敏行
森光子第61回
野口聡一
湊かなえ
岩崎夏海
寺島しのぶ
髙橋大輔
上野樹里
伊勢谷友介
仲間由紀恵
北大路欣也
武良布枝第62回
大竹しのぶ
田中将大
コシノジュンコ
三谷幸喜
鈴木京香
佐々木則夫
鈴木明子
松山ケンイチ
松井冬子
琴奨菊和弘第63回
綾瀬はるか
尾木直樹
澤穂希
中村勘九郎
樹木希林
桂文枝
吉田沙保里
入江陵介
菅野よう子
日馬富士公平第64回
田中将大
滝川クリステル
宮藤官九郎
宮本信子
杉良太郎
風吹ジュン
岡田准一

片岡愛之助
阿川佐和子第65回
中園ミホ
尾上松也
蜷川実花
山中伸弥
井上真央
阿部寛
仲間由紀恵
タモリ
黒柳徹子第66回
羽生結弦
堺雅人
長澤まさみ
大泉洋
土屋太鳳
三宅宏実
上橋菜穂子
所ジョージ
有村架純
又吉直樹第67回
高畑充希
辻沙絵
草刈正雄
新垣結衣
大谷翔平
萩野公介
伊調馨
秋本治
春風亭昇太
村田沙耶香第68回
村田諒太
村上茉愛
加藤一二三
吉岡里帆
高橋一生
宮本信子
鈴木亮平
林真理子第69回
阿部サダヲ
安藤サクラ
池江璃花子
小平奈緒
佐藤健
出川哲朗
永野芽郁
中村勘九郎
夏井いつき
野村萬斎
長谷部誠第70回
井上尚弥
上沼恵美子
サンドウィッチマン
渋野日向子
瀬戸大也
田中圭
戸田恵梨香
中西麻耶
長谷川博己
広瀬すず
吉野彰第71回
黒柳徹子
サンドウィッチマン
杉咲花
染谷将太
チコちゃん
宮崎美子
宮本亞門
室伏広治
吉沢亮第72回
石川佳純
清原果耶
小池栄子
坂口健太郎
谷真海
三谷幸喜
典拠管理
ISNI: 0000 0003 7722 8196
NDL: 00921119
VIAF: 254527531
WorldCat Identities: viaf-254527531

「https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=眞鍋かをり&oldid=91418585」から取得
カテゴリ: 日本のタレントグラビアアイドル日テレジェニック日本の女優日本の司会者過去のアバンギャルド所属者過去のアヴィラ所属者ハッスルの人物愛媛県立西条高等学校出身の人物横浜国立大学出身の人物愛媛県出身の人物ADHDの人物1980年生存命人物隠しカテゴリ: 外部リンクがリンク切れになっている記事/2012年3月編集半保護中のページプロジェクト人物伝項目Reflistで3列を指定しているページISNI識別子が指定されている記事NDL識別子が指定されている記事VIAF識別子が指定されている記事WORLDCATID識別子が指定されている記事ISBNマジックリンクを使用しているページ

評価: 4~5 つ星
レビュー: 7152
再生回数: 5750
[spincontent type=”j”]

世界ニッポン行きたい人応援団まとめ Youtube

2. にほん に いき たい 人 応援 団 Yomiuri

Yomiuri
にほん に いき たい 人 応援 団

説明: にほん に いき たい 人 応援 団 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 にほん に いき たい 人 応援 団 は、読売で検索されたもので、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 6680
[spincontent type=”j”]

3. にほん に いき たい 人 応援 団 Asahi Shimbun

朝日新聞
にほん に いき たい 人 応援 団

説明: 朝日新聞で検索した にほん に いき たい 人 応援 団 に関する上記の情報が、にほん に いき たい 人 応援 団 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 1547
[spincontent type=”j”]

4. にほん に いき たい 人 応援 団 The Japan Times

The Japan Times
にほん に いき たい 人 応援 団

説明: ジャパン タイムズで検索した にほん に いき たい 人 応援 団 に関する記事のトップです。にほん に いき たい 人 応援 団 に関する疑問を解決するのに役立ちます。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 5908
[spincontent type=”j”]

5. にほん に いき たい 人 応援 団 Yomiuri Shimbun

読売新聞
にほん に いき たい 人 応援 団

説明: にほん に いき たい 人 応援 団 に関する詳細情報はすでにありますか? にほん に いき たい 人 応援 団 という記事が読売新聞で検索されました。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 9127
[spincontent type=”j”]

6. にほん に いき たい 人 応援 団 Mainichi Shimbun

毎日新聞
にほん に いき たい 人 応援 団

説明: 毎日新聞で見つけた にほん に いき たい 人 応援 団 に関する上記の情報が、にほん に いき たい 人 応援 団 に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 8387
[spincontent type=”j”]

7. にほん に いき たい 人 応援 団 Sankei Shimbun

産経新聞
にほん に いき たい 人 応援 団

説明: 産経新聞で検索した にほん に いき たい 人 応援 団 に関する記事のトップです。にほん に いき たい 人 応援 団 に関する疑問を解決するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 4441
[spincontent type=”j”]

8. にほん に いき たい 人 応援 団 Nihon Keizai Shimbun

日本経済新聞
にほん に いき たい 人 応援 団

説明: にほん に いき たい 人 応援 団 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 にほん に いき たい 人 応援 団 は、日本経済新聞で検索され、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 3579
[spincontent type=”j”]

9. にほん に いき たい 人 応援 団 Chunichi Shimbun

中日新聞
にほん に いき たい 人 応援 団

説明: 中日新聞で検索した にほん に いき たい 人 応援 団 に関する上記の情報が、にほん に いき たい 人 応援 団 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 1772
[spincontent type=”j”]

10. にほん に いき たい 人 応援 団 Tokyo Shimbun

東京新聞
にほん に いき たい 人 応援 団

説明: にほん に いき たい 人 応援 団 に関する質問を解決するために、東京新聞で検索した にほん に いき たい 人 応援 団 に関する記事のトップです。
評価: 4~5 つ星
評価: 9171
[spincontent type=”j”]

11. にほん に いき たい 人 応援 団 Nihon Kogyo Simbun

日本工業新聞
にほん に いき たい 人 応援 団

説明: にほん に いき たい 人 応援 団 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 にほん に いき たい 人 応援 団 は日本工業新聞で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 9546
[spincontent type=”j”]

12. にほん に いき たい 人 応援 団 Nikkan Kogyo Shimbun

日刊工業新聞
にほん に いき たい 人 応援 団

説明: 日刊工業新聞で見つけた にほん に いき たい 人 応援 団 に関する上記の情報が、にほん に いき たい 人 応援 団 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 9306
[spincontent type=”j”]

13. にほん に いき たい 人 応援 団 Ainu Times

アイヌタイムス
にほん に いき たい 人 応援 団

説明: アイヌ タイムズで検索した にほん に いき たい 人 応援 団 に関する記事のトップです。にほん に いき たい 人 応援 団 に関する質問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 1236
[spincontent type=”j”]

14. にほん に いき たい 人 応援 団 Akita Sakigake Shimpo

秋田魁新報
にほん に いき たい 人 応援 団

説明: にほん に いき たい 人 応援 団 に関する詳細情報はすでにありますか? にほん に いき たい 人 応援 団 という記事は、秋田魁新報で検索したものです。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 8237
[spincontent type=”j”]

15. にほん に いき たい 人 応援 団 Chiba Nippo

千葉日報
にほん に いき たい 人 応援 団

説明: 千葉日報で検索した にほん に いき たい 人 応援 団 に関する上記の情報が、にほん に いき たい 人 応援 団 に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 55 14
[spincontent type=”j”]

16. にほん に いき たい 人 応援 団 Chugoku Shimbun

中国新聞
にほん に いき たい 人 応援 団

説明: 中国新聞で検索した にほん に いき たい 人 応援 団 に関する記事のトップです。にほん に いき たい 人 応援 団 に関する疑問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 5160
[spincontent type=”j”]

17. にほん に いき たい 人 応援 団 Daily Tohoku

デイリー東北
にほん に いき たい 人 応援 団

説明: にほん に いき たい 人 応援 団 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 にほん に いき たい 人 応援 団 はデイリー東北で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 8805
[spincontent type=”j”]

18. にほん に いき たい 人 応援 団 The Eastern Chronicle

イースタン クロニクル
にほん に いき たい 人 応援 団

説明: イースタン クロニクルで検索した にほん に いき たい 人 応援 団 に関する上記の情報が、にほん に いき たい 人 応援 団 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 6626
[spincontent type=”j”]

にほん に いき たい 人 応援 団 に関する質問

にほん に いき たい 人 応援 団 についてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。ご質問やご提案はすべて、次の記事の改善に役立てさせていただきます。

記事 にほん に いき たい 人 応援 団 は、私と私のチームがさまざまな情報源から編集したものです。 記事 にほん に いき たい 人 応援 団 が役に立った場合は、チームをサポートしてください。「いいね」または「共有」してください!

検索キーワード にほん に いき たい 人 応援 団

にほん に いき たい 人 応援 団
方法にほん に いき たい 人 応援 団
チュートリアル にほん に いき たい 人 応援 団
【キーワード】 無料

Có thể bạn quan tâm: