あなたは てん て てん て てん 洋楽 女性 について学んでいます。今日は、インターネット上の多くの情報源から私たちのチームが編集および編集した記事 てん て てん て てん 洋楽 女性 を共有します。 てん て てん て てん 洋楽 女性 に関するこの記事がお役に立てば幸いです。

てん て てん て てん 洋楽 女性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

この記事には複数の問題があります。改善やノートページでの議論にご協力ください。
出典がまったく示されていないか不十分です。内容に関する文献や情報源が必要です。(2016年2月)
独自研究が含まれているおそれがあります。(2016年2月)
他の記事から全くリンクされておらず、孤立しています。(2016年2月)出典検索?: “笑う洋楽展” – ニュース · 書籍 · スカラー · CiNii · J-STAGE · NDL · dlib.jp · ジャパンサーチ · TWLテレビ番組・中継内での各種情報(終了した番組・中継を含みます)は、DVDやBlu-rayなどでの販売や公式なネット配信、または信頼できる紙媒体またはウェブ媒体が紹介するまで、出典として用いないで下さい。検証可能性に基づき除去される場合があります。笑う洋楽展ジャンル
音楽番組 / バラエティ番組出演者
みうらじゅん安齋肇ナレーター
横尾まり製作制作
日本放送協会
放送放送国・地域 日本放送期間2014年4月6日 – 放送中放送時間日曜日22:50 – 23:20(30分間)
番組公式サイト特記事項:レギュラー化前の単発番組としては2013年1月4日に放送開始(60分番組)。テンプレートを表示『笑う洋楽展』(わらうようがくてん)は、NHK BSプレミアムが2014年4月に放送を開始した音楽バラエティ番組である。『洋楽倶楽部』の企画の一環として、2013年1月から7月にかけて単発の60分番組が計5回放送され、2014年4月からレギュラー化された。レギュラー放送の放送時間は30分。

概要[編集]
当番組のプロデューサーを務める藤﨑謙によると、2012年に洋楽担当となった際、NHK局内にある1950年代~1990年代に撮影された約600曲の洋楽映像をチェックしたところ、思わず笑ってしまう様なツッコミどころ満載の面白い映像がたくさんあることを発見、「この映像を生かして、どの局もやっていない斬新な番組を作りたい」と企画したのが当番組誕生のきっかけだという。ちなみに毎回テーマとアーティストを選ぶ作業は藤﨑が一人で行っているという[1]。
イラストレーターで洋楽にも造詣の深いみうらじゅんと安齋肇が、外国の歌手のミュージック・ビデオやコンサート映像、音楽番組でのスタジオライヴ映像等を鑑賞し、時にツッコミを入れながら自由にトークを繰り広げる番組である。また、紹介された歌手に関する情報や、「最新写真」と称して歌手の近影(公式のものばかりでなく、パパラッチらにより隠し撮りされたと思われるものも少なくない)が紹介されることも多い。最後にその日に紹介された映像の中から安齋の独断で「最優秀作品」を1作品選出し、その一部をもう一度流して番組を終える。オープニングテーマにはラトルズの『ラヴ・ライフ』が使用される。
番組では毎回テーマが決められており、単発放送時代には音楽ジャンルや年代といった幅広いテーマを採り上げたが、レギュラー化後は「胸毛男」等の様にテーマがピンポイントに絞り込まれる様になった。紹介される作品については、単発放送時代は1950年代~1970年代の古い楽曲であったが、レギュラー化後は2000年代以降の比較的新しい楽曲が採り上げられることもある。
単発放送時代には、安齋がレギュラー出演するテレビ朝日系『タモリ倶楽部』内『空耳アワー』に類似した演出が見られた[2]。単発放送時代のスタジオのセットはジュークボックス等が置かれたアメリカのダイナー風のものであったが、レギュラー化後は名画をパロディ化した絵画[3]を配した美術館風のセットに変わり、みうらと安齋の顔を模したスフィンクスの像が置かれている。

出演者[編集]
レギュラー[編集]
みうらじゅん
安齋肇アシスタント[編集]
レギュラー放送では原則として毎回1人ずつ、年末スペシャル等では2人登場する。「紹介される歌手の大ファン」や、「歌手自身」「歌手の娘・息子」といった設定で、その歌手にちなんだ衣装や歌手の写真がプリントされたTシャツ等を着用し、時には歌手そっくりのカツラや付け鼻などを付けてその歌手にまつわるグッズを紹介する。アシスタントは主に女性だが、ごく稀にIngoのような男性アシスタントが登場することもある。

Yana G – ロシア・ハバロフスク出身。単発放送時代から出演。
Suzanna – ロシア・チェリャビンスク出身。『じゅんかいはじめました』編に出演。
Janis – ブラジル・ソブラル出身。レギュラー放送時代に出演。
Kira P – ロシア・オムスク出身。
Vika D – ロシア・サンクトペテルブルク出身。
Diane – フランス・リヨン出身。
Ingo – イラン・テヘラン出身。(男性)
Sabrina – トルコ・アンタルヤ出身。
Silvia – イタリア・ローマ出身。
Marieme – 東京出身。
Nami – ケニア・ナイロビ出身。
Alisa – ロシア・ハバロフスク出身。
Katyusha – ロシア・ニジニ・ノヴゴロド出身。
Nikolas – カナダ・ネルソン出身。(男性)
Fanny – フランス・アルザス出身。ナレーター[編集]
横尾まり放送時間[編集]
2014年4月6日 – 2015年3月15日:毎週土曜日 24:00 – 24:30(日曜日 0:00 – 0:30)
2015年4月12日 – 2017年3月12日:毎週土曜日 24:45 – 25:15(日曜日 0:45 – 1:15)[4]
2017年4月2日 – 2018年3月25日:毎週土曜日 24:15 – 24:45(日曜日 0:15 – 0:45)
2019年9月23日:土曜日 23:00 – 23:30
2019年9月30日:土曜日 22:50 – 23:20
2020年9月6日 – :毎週日曜日22:50 – 23:20この他、単発版・レギュラー版とも、不定期に再放送が行われることがある。

放送リスト[編集]
太字の曲名とアーティスト名は最優秀作品である。

単発放送時代[編集]

いずれも2013年に放送した。

初回放送日
テーマ
作品(歌手)
1月4日
ポップス編
ロリポップ(ザ・コーデッツ)青春スインギン・スクール(ボビー・ライデル)二人だけのデート(ダスティ・スプリングフィールド)アイ・ゴット・ユー・ベイブ(ソニー&シェール)にくい貴方(ナンシー・シナトラ)何かいいことないか、子猫ちゃん(トム・ジョーンズ)ヤング・ワン(クリフ・リチャード)カレンダー・ガール(ニール・セダカ)ビキニスタイルのお嬢さん(ブライアン・ハイランド)シャンティリー・レース(ビッグ・ボッパー)スプリッシュ・スプラッシュ(ボビー・ダーリン)世界は愛を求めている(ジャッキー・デシャノン)アイ・ソー・ハー・アゲイン(ママス&パパス)うわさの男(ニルソン)
1月11日
ソウル編
アウト・オブ・サイト(ジェームス・ブラウン)ヘイ・ハーモニカ・マン(スティーヴィー・ワンダー)エイント・ザット・ペキュリア(マーヴィン・ゲイ)レッツ・ツイスト・アゲイン(チャビー・チェッカー)リーチ・アウト・アイル・ビー・ゼア(フォー・トップス)男が女を愛する時(パーシー・スレッジ)アイ・キャント・ビリーブ・ホワット・ユー・セイ(アイク&ティナ・ターナー)ウォーク・オン・バイ(ディオンヌ・ワーウィック)ユー・キープ・ミー・ハンギン・オン(スプリームス)テル・ヒム(エクサイターズ)ビートでジャンプ(フィフス・ディメンション)イスラエルちゃん(デズモンド・デッカー)ファ・ファ・ファ(オーティス・レディング)
2月5日
ロック編
キッズ・アー・オールライト(ザ・フー)フォー・ユア・ラブ(ヤードバーズ)アイ・フィール・フリー(クリーム)君は僕の君(フレディ&ザ・ドリーマーズ)ハロー・アイ・ラブ・ユー(ドアーズ)恋はワイルド・シング(トロッグス)青い影(プロコル・ハルム)アイ・キャン・ヒア・ミュージック(ザ・ビーチ・ボーイズ)アイ・フォウト・ザ・ロウ(ボビー・フラー・フォー)ヤングガール(ゲイリー・バケット&ユニオン・ギャップ)霧の8マイル(バーズ)マサチューセッツ(ビージーズ)ハワイ・ファイブ・オー(ザ・ベンチャーズ)
7月7日
70年代前期
シーズ・ア・レディ(トム・ジョーンズ)ゲット・アップ・ゲット・イントゥ・イット・ゲット・インヴォルヴド 〜 ソウル・パワー(ジェームス・ブラウン)プラウド・メアリー(アイク&ティナ・ターナー)涙のクラウン(スモーキー・ロビンソンとザ・ミラクルズ)ロック・ユア・ベイビー( ジョージ・マックレー)高鳴る心(デヴィッド・キャシディー)イン・ザ・サマータイム(マンゴ・ジェリー)レーダー・ラブ(ゴールデン・イヤリング)私は女(ヘレン・レディ)父と子(キャット・スティーヴンス)アイアン・マン(ブラック・サバス)
7月14日
70年代後期
恋のデュエット(エルトン・ジョン&キキ・ディー)シェイク・ユア・ボディ(ジャクソンズ)恋のサバイバル(グロリア・ゲイナー)恋の魔法使い(レオ・セイヤー)涙の口づけ(マンハッタンズ)愛の誘惑(ドナ・サマー)セイル・オン(コモドアーズ)ラインストーン・カウボーイ(グレン・キャンベル)すばらしきカントリー・ボーイ(ジョン・デンバー)悪魔はジョージアへ(ザ・チャーリー・ダニエルズ・バンド)アフタヌーン・デライト(スターランド・ヴォーカル・バンド)ロンドンのオオカミ男(ウォーレン・ジヴォン)

レギュラー化後[編集]
2014年[編集]


初回放送日
テーマ
作品(歌手)
#1
4月6日
胸毛男
ユー・リアリー・ガット・ミー(ヴァン・ヘイレン) 1978年夜明けのランナウェイ(ボン・ジョヴィ) 1984年想い焦がれて(サーティー・エイト・スペシャル) 1982年さすらいの青春(ニール・ダイアモンド) 1971年ボーン・トゥ・ラヴ・ユー(フレディ・マーキュリー)1985年
#2
4月13日
孤独のダンス
グッディ・トゥー・シューズ(アダム・アント) 1982年ストレイト・アップ(ポーラ・アブドゥル) 1989年今夜はドント・ストップ(マイケル・ジャクソン) 1979年フラッシュダンス…ホワット・ア・フィーリング(アイリーン・キャラ) 1983年マニアック(マイケル・センベロ) 1983年
#3
4月20日
ビリー張り切る
反逆のアイドル(ビリー・アイドル) 1983年カリビアン・クイーン(ビリー・オーシャン) 1984年アップタウン・ガール(ビリー・ジョエル) 1983年エイキィ・ブレイキィ・ハート(ビリー・レイ・サイラス) 1992年マニアック(ビリー・ハフセイ) 1983年
#4
4月27日
衣装イロイロ
YMCA(ヴィレッジ・ピープル)1978年レディー・マーマレイド(ラベル) 1974年チェリー・ボム(ザ・ランナウェイズ) 1976年サムシング・アバウト・ユー(フォー・トップス) 1965年フォレスト・ファイアー(デッド・ケネディーズ) 1982年
#5
5月4日
超然ピアノ男
のっぽのサリー(リトル・リチャード) 1964年カンサス・シティ(ウィルバート・ハリスン) 1964年二人のきずな(ポール・アンカ) 1974年オール・バイ・マイセルフ(エリック・カルメン) 1975年忘れられない君(バリー・ホワイト) 1973年
#6
5月11日
合成の妙
モニー・モニー(トミー・ジェイムスとザ・シャンデルズ)1968年クレイジー・ママ(スレイド) 1972年ハイヤー・ラヴ(スティーヴ・ウィンウッド) 1986年レッツ・グルーヴ(アース・ウィンド・アンド・ファイアー) 1981年ローム(B-52’s) 1990年
#7
5月18日
口パク女王
愛のプレリュード(カーペンターズ) 1970年恋するデビー(デビー・ブーン) 1977年オール・アット・ワンス(ホイットニー・ヒューストン) 1985年愛のかげり(ボニー・タイラー) 1983年セイヴ・ザ・ベスト・フォー・ラスト(ヴァネッサ・ウィリアムス) 1992年
#8
5月25日
ヒゲヒゲ団
君の胸に抱かれたい(ドゥービー・ブラザーズ) 1975年スタック・イン・ザ・ミドル・ウィズ・ユー(スティーラーズ・ホイール)1972年ゲットー・チャイルド(スピナーズ) 1973年シャープ・ドレスト・マン(ZZトップ) 1983年ロックンロールにゃ老(とし)だけど死ぬにはチョイト若すぎる(ジェスロ・タル) 1976年
#9
6月1日
へそ出し
ホリデイ(マドンナ)1983年ヴィーナス(バナナラマ) 1969年ホラバック・ガール(グウェン・ステファニー) 2004年ヒップス・ドント・ライ〜オシリは嘘つかない(シャキーラ) 2006年ポーカー・フェイス(レディー・ガガ) 2008年
#10
6月8日
冷めた客席
カッツ・ライク・ア・ナイフ(ブライアン・アダムス) 1983年涙のバースデイ・パーティ(レスリー・ゴーア) 1963年オール・ライト・ナウ(フリー) 1970年ブギー・ナイツ(ヒートウェイヴ) 1977年ラブ・スティンクス(J・ガイルズ・バンド) 1980年
#11
6月15日
ブラザーズは兄弟?
夢を見るだけ(エヴァリー・ブラザーズ) 1960年ソウル・アンド・インスピレーション(ライチャス・ブラザーズ) 1966年太陽はもう輝かない(ウォーカー・ブラザーズ) 1966年愛はそよかぜ(ベラミー・ブラザーズ) 1976年壁の花(スタットラー・ブラザーズ)1965年
#12
6月22日
気の強い女
アイ・ラブ・ロックンロール(ジョーン・ジェット&ザ・ブラックハーツ)1982年ハートブレイカー(パット・ベネター) 1979年恋のブラス・イン・ポケット(プリテンダーズ) 1980年ブラック・ベルベット(アランナ・マイルズ) 1989年シスコはロック・シティ(スターシップ) 1985年
#13
7月13日
寒そうなロケ
アイ・キャント・レット・ゴー(ホリーズ) 1966年プリテンディング(エリック・クラプトン) 1989年サニー・アフタヌーン(キンクス) 1966年ドゥドゥドゥ・デ・ダダダ(ポリス) 1980年オール・オア・ナッシング(スモール・フェイセス) 1966年
#14
7月20日
QUEEN三昧
ウィ・ウィル・ロック・ユー(クイーン) 1977年愛という名の欲望(クイーン)1979年プレイ・ザ・ゲーム(クイーン) 1980年ブレイク・フリー (自由への旅立ち)(クイーン) 1984年永遠の誓い(クイーン) 1984年
#15
7月27日
アート志向
バブーシュカ(ケイト・ブッシュ) 1980年汚れなき愛(ソフト・セル) 1964年タイム・アフター・タイム(シンディ・ローパー) 1983年ホワット・イズ・ラブ?(ハワード・ジョーンズ)1983年ユニバーサル・レディオ(ニーナ・ハーゲン) 1985年
#16
8月3日

アイム・セクシー(ロッド・スチュワート) 1978年Oh,シェリー(スティーヴ・ペリー) 1984年明日への願い(リンゴ・スター) 1971年プレイス・ザット・ビロング・トゥ・ユー(バーブラ・ストライサンド) 1991年フェイス・ダンス・パート2(ピート・タウンゼント) 1982年
#17
8月24日
美女が車に
ヒア・アイ・ゴー・アゲイン(ホワイトスネイク)1982年 1987年[5]ホット・ガールズ(ラヴァーボーイ) 1981年スーパー・フリーク(リック・ジェームス)ヴィーナス(フランキー・アヴァロン) 1959年愛のサンシャイン(ジュース・ニュートン) 1982年
#18
8月31日
疑似恋愛
ヘイ・ポーラ(ポールとポーラ) 1962年ドント・ノウ・マッチ(リンダ・ロンシュタット&アーロン・ネヴィル) 1989年あまねく愛で(パティ・オースティン&ジェームス・イングラム) 1981年愛と青春の旅だち(ジョー・コッカー&ジェニファー・ウォーンズ) 1982年愛・ひととき(ケニー・ロジャース&シーナ・イーストン)1983年
#19
9月7日
イカす邦題ごきげんステージ
僕はゴキゲン(ジャクソンズ) 1976年朝からゴキゲン(ハーマンズ・ハーミッツ) 1964年ウキウキ・ウェイク・ミー・アップ(ワム!) 1984年泡いっぱいの恋(ゴーゴーズ) 1981年ロックバルーンは99(ネーナ) 1983年
#20
9月14日
落ち着きのないメガネ男
アイム・スティル・スタンディング(エルトン・ジョン) 1983年レイディオ、レイディオ(エルヴィス・コステロ) 1978年好きなんだ(フレディ&ザ・ドリーマーズ) 1963年ハッピー・トゥゲザー(タートルズ) 1967年ホウィップ・イット(ディーヴォ) 1980年
#21
10月5日
汗っかき
アイ・ガット・ザ・フィーリン(ジェームス・ブラウン) 1968年ボニーとクライドのバラード(ジョージィ・フェイム) 1967年ターン・ユー・オン(ロバート・パーマー) 1986年リスペクト(アレサ・フランクリン) 1967年ダンス天国(ウィルソン・ピケット) 1961年
#22
10月12日
まるで別人
彼女はサイエンス(トーマス・ドルビー) 1982年高鳴る心(ラスカルズ) 1967年アイム・イン・ユー(ピーター・フランプトン) 1977年ドゥ・ユー・ノウ・ホワット・アイ・ミーン(リー・マイケルズ) 1971年ユー・スピン・ミー・ラウンド(デッド・オア・アライヴ) 1985年
#23
10月19日
煙が出てくる
ゴーストバスターズ(レイ・パーカー・ジュニア) 1984年ハート・オブ・グラス(ブロンディ) 1979年ジーズ・ドリームス(ハート) 1985年ファイナル・カウントダウン(ヨーロッパ) 1986年バーン・ラバー(ギャップ・バンド) 1980年
#24
10月26日
踊ってエクササイズ
ルッキン・フォー・ア・ニュー・ラブ(ジョディ・ワトリー) 1987年スタート・ミー・アップ(ローリング・ストーンズ) 1981年ミッキー(トニー・バジル) 1982年ユー・ゴット・イット(ニュー・キッズ・オン・ザ・ブロック) 1988年フィジカル(オリビア・ニュートン=ジョン) 1981年
#25
11月2日
刈るかそるか
ホールド・ミー・ナウ(トンプソン・ツインズ) 1983年シンキング・アバウト・ユー(ロンドンビート) 1990年カルト・オブ・パーソナリティ(リヴィング・カラー) 1988年アイ・ウォント・キャンディー(バウ・ワウ・ワウ) 1982年アイム・トゥー・セクシー(ライト・セッド・フレッド) 1991年
#26
11月9日
距離の近い客
しあわせの予感(ポール・マッカートニー&ウイングス) 1978年ウエスト・エンド・ガールズ(ペット・ショップ・ボーイズ) 1985年ファイト・フォー・ユア・ライト(ビースティ・ボーイズ)[6]1987年エレクトリック・アベニュー(エディ・グラント) 1982年ホール・ロッタ・シェイキン・ゴーイン・オン(ジェリー・リー・ルイス) 1955年
#27
11月16日
服がキラキラ
マスター・ブラスター(スティーヴィー・ワンダー) 1980年涙の別れ道(ディオンヌ・ワーウィック) 1979年恋のウォータールー(ABBA) 1984年嘆きのポイズン・アロウ(ABC) 1982年ミスレッド(クール&ザ・ギャング) 1984年
#28
11月23日
カメラ目線の美女
グロリア(ローラ・ブラニガン) 1982年9 To 5(モーニング・トレイン)(シーナ・イーストン) 1980年グラマラス・ライフ(シーラ・E) 1984年ジス・ウェイ(テルマ・ヒューストン) 1976年ウォーキング・オン・サンシャイン(カトリーナ&ザ・ウェイヴス) 1985年
#29
12月7日
眉毛男
ディス・チャーミング・マン(ザ・スミス) 1983年ヒップ・トゥ・ビー・スクウェア(ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース) 1986年ザ・レディ・イン・レッド(クリス・デ・バー) 1986年アブソルート・リアリティ(アラーム) 1985年ホワットエヴァー(オアシス)[7]1994年
#30
12月14日
簡素なロケ
ビート・ゴーズ・オン(ソニー&シェール) 1967年ボクは危機一髪(トロッグス) 1966年僕の歌は君の歌(エルトン・ジョン) 1970年ディジー(トミー・ロウ) 1969年幸せの黄色いリボン(ドーン) 1973年
#31
12月21日
くねくね
よくあることサ(トム・ジョーンズ) 1964年ダンシング・イン・ザ・ストリート(デヴィッド・ボウイ&ミック・ジャガー)1983年君はTOO SHY(カジャグーグー) 1985年リヴィン・ラ・ヴィダ・ロカ(リッキー・マーティン) 1999年アイ・ウィッシュ・アイ・ワズ・ユア・ラヴァー(ソフィー・B・ホーキンス) 1992年
年末スペシャル[8]
12月28日
紅白ビデオ合戦
【紅組】愛しき反抗(デヴィッド・ボウイ) 1974年ソウル・キッス(オリビア・ニュートン=ジョン) 1985年ターン・ミー・ルース(ラヴァーボーイ) 1980年ティピカル・メイル(ティナ・ターナー)1986年今夜はビート・イット(マイケル・ジャクソン)1982年【白組】マッスルズ(ダイアナ・ロス) 1982年コパカバーナ(バリー・マニロウ) 1978年チェリッシュ(クール&ザ・ギャング) 1984年愛のかげり(ボニー・タイラー)1983年イッツ・オンリー・ロックン・ロール(ローリング・ストーンズ) 1974年

2015年[編集]


放送日
テーマ
作品(歌手)
#32
1月18日
見た目と声が違う
ニューヨーク・シティ・セレナーデ(クリストファー・クロス) 1981年ギヴ・ユー・アップ(リック・アストリー) 1987年レッツ・ハング・オン(フォー・シーズンズ) 1965年嘆きの天使(スティーヴィー・ニックス・ウィズ・トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ) 1981年シーサイド・ラブ(エア・サプライ) 1981年
#33
1月25日
面長
一般人の恋愛(トッド・ラングレン) 1976年シンス・ユーアー・ゴーン(カーズ) 1981年美女と野獣(セリーヌ・ディオン) 1991年バカヤロばかり(フランク・ザッパ) 1981年ハロー(出逢いの扉)(ライオネル・リッチー) 1983年
#34
2月1日
地味に頑張るバックダンサー
エレクトリック・ユース(デビー・ギブソン) 1989年ヒーズ・ア・レベル(クリスタルズ) 1962年魔法を信じるかい?(ラヴィン・スプーンフル) 1965年テンプテッド(スクィーズ) 1981年バック・トゥ・ライフ(ソウル・II・ソウル) 1989年
#35
2月8日
固めた髪
ジョリーン(ドリー・パートン) 1973年アイ・ラン(フロック・オブ・シーガルズ) 1982年ストップ・イン・ザ・ネイム・オブ・ラヴ(スプリームス) 1965年アイス・アイス・ベイビー(ヴァニラ・アイス) 1990年イフ・アイ・ワー・ア・カーペンター(ウェイン・コクラン) 1966年
#36
2月15日
息の合った姉妹
恋のハッピー・デート(ノーランズ) 1980年内気なボーイ(ポインター・シスターズ) 1980年スーパー・バッド・シスターズ(シスター・スレッジ) 1980年イン・ザ・ムード(マーター・シスターズ) 1942年ソリッド・ポテト・サラダ(ロス・シスターズ) 1944年
#37
2月22日
あやしいメーク
カーマは気まぐれ(カルチャー・クラブ) 1983年[9]1986年悲しい少年(ザ・キュアー) 1971年エイティーン(アリス・クーパー)シャンディ(キッス) 1980年ウィア・ノット・ゴナ・テイク・イット(トゥイステッド・シスター) 1984年
#38
3月1日
まぶしい照明
マジック・マン(ハート) 1976年レッツ・ステイ・トゥゲザー(アル・グリーン) 1971年レッツ・ステイ・トゥゲザー(ティナ・ターナー) 1983年サタデー・ナイト(ベイ・シティ・ローラーズ) 1974年スキャッタード(グリーン・デイ) 1997年
#39
3月8日
サングラスで男前に
プリティ・ウーマン(ロイ・オービソン) 1964年アブラカダブラ(スティーヴ・ミラー・バンド) 1982年ロック・ミー(ステッペンウルフ) 1969年ロック・ミー・アマデウス(ファルコ) 1985年ハートにファイア(ビリー・ジョエル) 1989年
#40
3月15日
じっとしていられない人
ヒューマン・タッチ(リック・スプリングフィールド) 1983年ザ・ストローク(ビリー・スクワイア) 1981年アワ・ハウス(マッドネス) 1982年コンガ(マイアミ・サウンド・マシーン) 1985年ウィズ・ア・リトル・ヘルプ(ジョー・コッカー) 1968年
#41
4月5日
おでこ
アイ・ニード・ユー(モーリス・ホワイト)1985年イージー・ラバー(フィリップ・ベイリー&フィル・コリンズ) 1984年ファン・ファン・ファン(ビーチ・ボーイズ)1916年スムース・オペレーター(シャーデー)1984年危険な関係(ジョー・ジャクソン)1982年
#42
4月12日
陽気な人々
ブギー・マン(KC&サンシャイン・バンド) 1976年ラッパーズ・デライト(シュガーヒル・ギャング) 1979年エヴリバディ・ハヴ・ファン・トゥナイト(ワン・チャン) 1986年悲しき慕情(ニール・セダカ)1962年クラブ・トロピカーナ(ワム!) 1983年
#43
4月19日
マイクは小道具
ロックン・ロール・ベイビー(ヴァン・ヘイレン) 1980年キラー・クイーン(クイーン) 1974年スキニー・レッグス・アンド・オール(ジョー・テックス) 1967年アイム・アライヴ(ホリーズ) 1965年アイ・タッチ・マイセルフ(ディヴァイナルズ) 1991年
#44
4月26日
つきあいたくない連中
アナーキー・イン・ザ・U.K.(セックス・ピストルズ) 1976年ウェルカム・トゥ・ザ・ジャングル(ガンズ・アンド・ローゼズ) 1987年ワード・アップ(キャメオ) 1986年カモン・アイリーン(デキシーズ・ミッドナイト・ランナーズ) 1982年エピック(フェイス・ノー・モア) 1989年
#45
5月10日
存在感ある口
やりたい気持ち(エアロスミス) 1975年ブレイク・アウト(スウィング・アウト・シスター) 1986年アイズ(ビリー・アイドル) 1983年ホワイ(カーリー・サイモン) 1982年レッツ・ウォーク(ミック・ジャガー) 1987年
#46
5月17日
風変わりなセット
悲しみのマンディ(バリー・マニロウ) 1974年アイ・キャント・ゴー・フォー・ザット(ダリル・ホール&ジョン・オーツ) 1981年アイ・ウィッシュ・ユー・ウッド(ヤードバーズ) 1946年トゥ・レイト・フォー・グッドバイ(ジュリアン・レノン) 1984年アザー・サイド・オブ・ディス・キス(ミンディ・マクレディ) 1997年
#47
5月24日
大金持ち[10]
アイム・オン・ファイア(ブルース・スプリングスティーン) 1984年リヴィン・オン・ア・プレイヤー(ボン・ジョヴィ) 1986年ロング・ラン(イーグルス) 1979年シングル・レディース(ビヨンセ) 2008年フォーゴット・アボウト・ドレー(ドクター・ドレー) 1999年
#48
5月31日
苦しそうな顔で歌う人
ホールド・ザ・ライン(TOTO) 1978年ザ・スリル・イズ・ゴーン(B・B・キング) 1969年ライヴリィ・アップ・ユアセルフ(ボブ・マーリー) 1974年心のカケラ(ジャニス・ジョプリン) 1968年クライ(ジョニー・レイ) 1951年
#49
6月7日
のっぽ
エヴリタイム・ユー・ゴー・アウェイ(ポール・ヤング) 1985年ミラクル(マイク&ザ・メカニックス) 1985年電撃バップ(ラモーンズ)1976年パフ(ピーター・ポール&マリー) 1963年イン・ブルーム(ニルヴァーナ) 1991年
#50
6月14日
歩いて歌って
ステイン・アライヴ(ビー・ジーズ) 1977年アイ・オブ・ザ・タイガー(サバイバー) 1982年ウォーキン・イン・ザ・レイン(ジェイとアメリカンズ(英語版)) 1969年アイ・ファウンド・サムワン(シェール) 1987年ソング・サング・ブルー(ニール・ダイアモンド) 1972年
#51
6月21日
頭の振り方
コミュニケイション・ブレイクダウン(レッド・ツェッペリン) 1969年ゲット・イット・アップ(AC/DC) 1981年パラノイド(ブラック・サバス) 1970年ビー・バップ・ア・ルーラ(ジーン・ヴィンセント)1956年ビリーヴ(レニー・クラヴィッツ) 1993年
#52
7月5日
兄弟姉妹をさがせ!
マニック・マンデー(バングルス) 1986年ホールド・オン(ウィルソン・フィリップス) 1990年ゴールド(スパンダー・バレエ) 1982年ハブ・アイ・ザ・ライト(ハニーカムズ) 1964年パス・ザ・ダッチー(ミュージカル・ユース(英語版)) 1982年
#53
7月12日
俺たちアツいぜ!
セブンティーン(ウィンガー) 1989年エレクトリック・ブルー(アイスハウス) 1987年ホット・ロッキン(ジューダス・プリースト) 1981年衝撃のファースト・タイム(フォリナー) 1977年ブリック・ハウス(コモドアーズ) 1977年
#54
7月19日
若いのに落ち着いてる
雨の日と月曜日は(カーペンターズ) 1971年リトル・チルドレン(ビリー・J・クレイマー) 1964年ファイナリー(シー・シー・ペニストン) 1991年ルッキング・スルー・ユア・アイズ(リアン・ライムス) 1998年恋のダイアモンド・リング(ゲーリー・ルイスとプレイボーイズ) 1965年
#55
7月26日
ボーダーがお似合い
グラビアの美少女(デュラン・デュラン) 1981年素直になれなくて(シカゴ) 1982年愛に抱かれた夜(カッティング・クルー) 1986年プライド・アンド・ジョイ(マーヴィン・ゲイ) 1963年キープ・オン・ラヴィング・ユー(REOスピードワゴン) 1980年
#56
8月2日
くせ毛と直毛
サウンド・オブ・サイレンス(サイモンとガーファンクル) 1964年シーズ・オブ・ラブ(ティアーズ・フォー・フィアーズ) 1989年シャウト・トゥ・ザ・トップ(スタイル・カウンシル) 1985年スイート・ドリームス(ユーリズミックス) 1983年フリー・ベイビー(ウィル・トゥ・パワー) 1988年
#57
8月23日
半裸
アラウンド・ザ・ワールド(レッド・ホット・チリ・ペッパーズ) 1999年シャイニングスター(アース・ウインド&ファイアー) 1975年スウィート・ドリームス(マリリン・マンソン) 1999年ラスト・フォー・ライフ(イギー・ポップ)1977年ウィキッド・ゲーム(クリス・アイザック) 1989年
#58
8月30日
ヒゲもじゃ時代
平和を我等に(ジョン・レノン)1969年故郷のこころ(ポール・マッカートニー) 1971年マイ・スウィート・ロード(ジョージ・ハリスン) 1970年ゴーイング・ノーホエア(バーズ) 1968年アイ・シャル・ビー・リリースト(ザ・バンド) 1968年
#59
9月6日
動きがそろっている
マイ・ガール~アイム・ルージング・ユー(テンプテーションズ) 1964年アイ・ウォナ・セックス・ユー・アップ(カラー・ミー・バッド) 1991年タイガー・フィート(マッド) 1974年夢のシャイニング・スター(マンハッタンズ) 1980年トゥゲザー・アゲイン(ジャネット・ジャクソン) 1997年
#60
9月13日
2人は夫婦?
シェイク・ユア・グルーヴ(ピーチズ&ハーブ) 1978年スペンディング・マイ・タイム(ロクセット) 1991年ドント・ストップザ・ミュージック(ヤーブロウ&ピープルズ) 1980年ブラック・レザー・ラグーンから来た生物(ザ・クランプス) 1990年レッツ・シェイク・ハンズ(ホワイト・ストライプス) 1998年
#61
10月4日
身ぶり手ぶり
ベティ・デイビスの瞳(キム・カーンズ) 1981年ユー・ガッタ・ビー(デズリー) 1994年フールズ・ラッシュ・イン(ブルック・ベントン)1960年スタンド(R.E.M.)1988年アポン・ザ・マイ・オー・マイ(キャプテン・ビーフハート) 1974年
#62
10月11日
歌うラブシーン
『グリース』から「愛のデュエット」(オリビア・ニュートン=ジョン&ジョン・トラボルタ) 1978年『オペラ座の怪人』から「ミュージック・オブ・ザ・ナイト」(ジェラルド・バトラー) 2004年『40歳の童貞男』から「輝く星座」(スティーヴ・カレル)2005年『踊るアイラブユー♪』から「フェイス」(アナベル・スコーリーとグレッグ・ワイズ) 2014年『マンマ・ミーア!』から「レイ・オール・ユア・ラヴ・オン・ミー」(アマンダ・セイフライドとドミニク・クーパー) 2008年
#63
10月18日
親密げな4人組
夢のカリフォルニア(ママス&パパス)1965年ドナ(10CC) 1972年デイドリーム(モンキーズ) 1967年トーク・ダーティー・トゥ・ミー(ポイズン) 1986年恋はたったひとつ(シーカーズ) 1964年
#64
10月25日
見事なアフロ
ナッシング・フロム・ナッシング(ビリー・プレストン) 1974年アメリカン・バンド(グランド・ファンク・レイルロード) 1973年シングス・ガット・トゥ・ゲット・ベター(マーヴァ・ホイットニー(英語版))1968年ファイアー(オハイオ・プレイヤーズ) 1974年今夜はブギーナイト(ジャクソンズ) 1978年
#65
11月1日
ヨーロッパ国別対抗[11]
(ドイツ代表)ダディ・クール(ボニーM) 1976年(フランス代表)クイーン・オブ・チャイナタウン(アマンダ・リア(フランス語版)) 1977年(スペイン代表)恋のマカレナ(ロス・デル・リオ) 1993年(オランダ代表)マイ・ブロークン・スーヴェニアズ(プッシーキャット) 1977年(イタリア代表)ワン・フォー・ユー、ワン・フォー・ミー(ラ・ビオンダ) 1978年-
#66
11月8日
前髪が気になる
ホワイ・キャント・ディス・ビー・ラヴ(ヴァン・ヘイレン)1986年クレイジー(シール) 1990年ホールディング・バック・イヤーズ(シンプリー・レッド) 1985年愛の残り火(ヒューマン・リーグ)1981年ゲット・イット・オン(T.レックス) 1971年
#67
11月15日
晴れの舞台
ダンシング・クイーン(ABBA)1976年ホワット・アイ・ライク・アバウト・ユー(ロマンティックス(英語版))1980年ダンシング・イン・ザ・ストリート(ダスティ・スプリングフィールド) 1965年パイド・パイパー(クリスピアン・セント・ピータース) 1966年モータウン・フィリー(ボーイズIIメン) 1991年
#68
11月29日
ダンディー
レッツ・スティック・トゥゲザー(ブライアン・フェリー)1976年この愛にすべてを(ロバート・パーマー) 1988年愛の扉(チャーリー・リッチ(英語版)) 1973年イット・ハッド・トゥ・ビー・ユー(ハリー・コニック・ジュニア) 1989年ボーイズ・キープ・スウィンギング(デヴィッド・ボウイ)1979年
#69
12月13日
眠そうな目
エヴリバディ・ラヴズ・ユー・ナウ(ビリー・ジョエル)1971年ファイア・アンド・レイン(ジェイムス・テイラー) 1988年ノット・マイ・ベイビー(ロッド・スチュワート) 1973年天国行き超特急(エディー・マネー) 1977年ライト・ヒア・ウェイティング(リチャード・マークス) 1989年
#70
12月20日
のりものあつまれ
スウィート・ヒッチハイカー(クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル) 1971年ボラーレ(アル・マルティーノ) 1975年アイ・ガット・ア・ライン・オン・ユー(スピリット) 1968年ストップ・ミー・ナウ(サマンサ・フォックス)1987年ターン・バック・タイム(シェール)1989年
年末SP2015[12]
12月26日
第2回「紅白ビデオ合戦」
【紅組】ホット・レッグス(ロッド・スチュワート) 1977年ダンシング・オン・ザ・シーリング(ライオネル・リッチー) 1986年ビリーヴ・ミー(ユーリズミックス)1985年ワーク・ザット・ボディ(ダイアナ・ロス) 1981年シー・ワズ・ホット(ローリング・ストーンズ) 1983年【白組】ザナドゥ(オリビア・ニュートン=ジョン)1980年パパ・ウォズ・ア・ローリング・ストーン(テンプテーションズ) 1972年アイム・スティル・スタンディング(エルトン・ジョン) 1983年ノー・オーディナリー・ラヴ(シャーデー) 1992年伝説のチャンピオン(クイーン) 1977年

2016年[編集]


放送日
テーマ
作品(歌手)
#71
1月10日
歌い上げる人
カラ・ミア(ジェイとアメリカンズ(英語版))デライラ(トム・ジョーンズ)ブロークン・ウィング(マルティナ・マクブライド(英語版))リリース・ミー(エンゲルベルト・フンパーディンク)レディ・バンプ(ペニー・マクレーン)
#72
1月17日
バンド内恋愛
オウン・ウェイ(フリートウッド・マック)ダンス・トゥ・ザ・ミュージック(スライ&ザ・ファミリー・ストーン)メンタル・ホップスコッチ(ミッシング・パーソンズ)オブゼッション(アニモーション)シャドウ・オブ・ザ・ナイト(パット・ベネター)
#73
1月24日
セクシーな3人
サヴァイヴァー(ディスティニーズ・チャイルド)恋はママラバ(セレブロ)誘惑のラブ・キャット(チェリー・レイン)ユー・メイク・ミー・ワナ(アッシャー)君の瞳に恋してる(ボーイズ・タウン・ギャング)
#74
1月31日
センター分けの長髪男
ソング・フォー・ユー(レオン・ラッセル)夜のハリウッド(ボブ・シーガー)イエロー・リバー(クリスティー)スウィート・ホーム・アラバマ(レーナード・スキナード)孤独の旅路(ニール・ヤング)
#75
2月7日
我が道を行くボーカル
ロンリー・ハート(イエス)ブーン・ブーン(アニマルズ)哀愁のマンデイ(ブームタウン・ラッツ)パラノイド(ガービッジ)グロリア(ドアーズ)
#76
2月14日
どっちがどっち?
愛なき世界(ピーター&ゴードン)僕のダイアモンド・ガール(シールズ&クロフツ)ボウリング・グリーン(エヴァリー・ブラザーズ)ラヴ・ミー・トゥデイ(ネルソン)ジャンプ(クリス・クロス)
#77
2月21日
着やせ目的?黒い服の女
アイル・ビー・ゼア(マライア・キャリー)テル・イット・トゥ・マイ・ハート(テイラー・デイン)思い出に抱かれて(ティファニー)キープ・ミー・ハンギン・オン(キム・ワイルド)クレイジー(ブリトニー・スピアーズ)
#78

2月28日
リーゼント
ロック・タウンは恋の街(ストレイ・キャッツ)非情の街(ジーン・ピットニー)ヘッド・トゥ・トー(リサ・リサ&カルト・ジャム)俺のあの娘(アルヴィン・スターダスト)ギミ・オール・ユア・ラヴィン(レニングラード・カウボーイズ)
#79
3月6日
かけ声でつかみはOK
イン・ア・ビッグ・カントリー(ビッグ・カントリー)ドント・ユー(シンプル・マインズ)セレブレーション(クール&ザ・ギャング)トゥッティ・フルッティ(リトル・リチャード)ハイヤー(アイク&ティナ・ターナー)
#80
3月13日
苦労人
トゥルー・カラーズ(シンディ・ローパー)プレッシャー(ビリー・オーシャン)エヴリデイ・イズ・ア・ワインディング・ロード(シェリル・クロウ)ミスター・ジョーンズ(カウンティング・クロウズ)涙のフィーリング(REOスピードワゴン)
#81
4月3日
ご長寿さん
オールウェイズ・オン・マイ・マインド(ウィリー・ネルソン)ケ・セラ・セラ(ドリス・デイ)アイヴ・ガッタ・ビー・ミー(トニー・ベネット)また会いましょう(ヴェラ・リン)ロール・オーバー・ベートーヴェン(チャック・ベリー)
#82
4月10日
言葉の繰り返し
ルイ・ルイ(キングスメン)スキ・スキ・スー(ステッペンウルフ)シュガー・シュガー(アーチーズ)ヤミー・ヤミー・ヤミー(オハイオ・エクスプレス)ダー・ダー・ダァ(トリオ)
#83
4月17日
七三分け
レッスンズ・イン・ラヴ(レヴェル42)マージー河のフェリー・ボート(ジェリーとペースメイカーズ)モデル(クラフトワーク)ホワイ(アニー・レノックス)バディ・ホリー(ウィーザー)
#84
4月24日
明るいボビー
ドント・ウォリー・ビー・ハッピー(ボビー・マクファーリン)500マイルもはなれて(ボビー・ベア)ルイジアナ・マン(ボビー・ジェントリー)アイル・ビー・ユア・ベイビー・トゥナイト(ボビー・シャーマン)燃ゆる瞳(ボビー・ヴィー)
#85
5月1日
電話で歌う人
心の愛(スティービー・ワンダー)浮気はやめなよ(ジム・リーヴス)ミスター・テレフォン・マン(ニュー・エディション)恋のバッキン・テレフォン(ヴィレッジ・ピープル)真夜中のラブコール(ビリー・ジョエル)
#86
5月8日
ジージャンでハッスル
フットルース(ケニー・ロギンス)ミッドナイト・ブルー(ルー・グラム)シェイク・ユア・ラヴ(デビー・ギブソン)ドライヴ・ミー・クレイジー(シェイキン・スティーヴンス(英語版))プッシュ・イット(ソルト・ン・ペパ)
#87
5月15日
リーダーはどの人?
アウト・オン・ザット・ロード(ポール・リヴィアーとレイダース)恋の特効薬(サーチャーズ)テアリン・アップ・マイ・ハート(イン・シンク)グリーンフィールズ(ブラザース・フォア)煙が目にしみる(プラターズ)
#88
5月22日

バック・トゥ・ザ・ボーン(ジョージ・サラグッド)ラヴィン・ソー・ハード(ベッキーG)逃亡者(トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ)グリルズ(ネリー)紫のけむり(ジミ・ヘンドリックス)
#89
6月5日
便利なクロマキー
ママ(ジェネシス)キング・オブ・ザ・ロード(ロジャー・ミラー)恋はせつなく(ニック・カーショウ)アイム・エヴリ・ウーマン(チャカ・カーン)スピード・キング(ディープ・パープル)
#90
6月12日
スクエア・ショルダー
危険がいっぱい(カーズ)シーズ・ゴット・ザット・ヴァイブ(R・ケリー)クリムゾンとクローヴァー(ジョーン・ジェット&ブラックハーツ)アイム・ユア・ベイビー・トゥナイト(ホイットニー・ヒューストン)ガールフレンド・イズ・ベター(トーキング・ヘッズ)
#91
6月19日
小刻みな動き
デストロイヤー(キンクス)クランブリン・ダウン(ジョン・クーガー・メレンキャンプ)ピュア・エナジー(インフォメーション・ソサエティ)マザー・ポップコーン(ジェームス・ブラウン)スキャットマン(スキャットマン・ジョン)
#92
6月26日
ふたりは同い年?
ママはダンスを踊らない(ロギンス&メッシーナ)フリーダム(ワム!)アイ・アム・ア・ロック(サイモンとガーファンクル)ザ・ボーイ・イズ・マイン(ブランディ&モニカ)マンイーター(ダリル・ホール&ジョン・オーツ)
#93
7月10日
素肌にレザー
お気に召すまま(ジャーニー)ウィズ・オア・ウィズアウト・ユー(U2)トゥ・ビー・ア・ラヴァー(ビリー・アイドル)48クラッシュ(スージー・クアトロ)ブレイキング・ザ・ロウ(ジューダス・プリースト)
#94
7月17日
太い首で歌う男
すべては風の中に(カンサス)トゥルー(スパンダー・バレエ)デイ・アフター・デイ(バッドフィンガー)ミッシング・ユー・ナウ(マイケル・ボルトン)タイアード(ストーン・サワー)
#95
7月24日
ムーディな三人娘
天使のささやき(ザ・スリー・ディグリーズ)恋ははかなく(スプリームス)フライ・ロビン・フライ(シルバー・コンベンション)ロング・トレイン・ランニン(バナナラマ)愛のテーマ(ラヴ・アンリミテッド)
#96
7月31日
いさかいの多いバンド
孤独のメッセージ(ポリス)ストレンジ・ブルー(クリーム)白い暴動(ザ・クラッシュ)マイ・ジェネレーション(ザ・フー)ハウ・マッチ・ラヴ(ヴィクセン)
#97
8月21日
一人二役
ブルー・ジーン(デヴィッド・ボウイ)ラッキー・イン・ラブ(ミック・ジャガー)カミング・アップ(ポール・マッカートニー)月に吠える(オジー・オズボーン)アイロニック(アラニス・モリセット)
#98
8月28日
アクティブな帽子男
ウォーク・ディス・ウェイ(ランDMC)ジャスト・プレイ・ミュージック!(ビッグ・オーディオ・ダイナマイト)マリリン・モンロー(ファレル・ウィリアムス)サンダー・ストラック(AC/DC)ディーパー・アンダーグラウンド(ジャミロクワイ)
#99
9月4日
ご結婚されてますか?
ビッチ(メレディス・ブルックス)ガールフレンド(ペブルス)フーリッシュ・ゲームズ(ジュエル)青春の光と影(ジュディ・コリンズ)私を感じて(ベリンダ・カーライル)
#100
9月11日
お祭り騒ぎ
トゥナイト・アイム・ユアーズ(ロッド・スチュワート)セイフティ・ダンス(メン・ウィズアウト・ハット)ワカ・ワカ(シャキーラ)リヴィング・オン・マイ・オウン(フレディ・マーキュリー)ウィー・アー・ザ・ワールド(USAフォー・アフリカ)
#101
10月2日
胸毛男Ⅱ
熱い叫び(バッド・カンパニー)ノックは3回(ドーン)雷鳴と稲妻(フィル・コリンズ)イット・エイント・オーヴァー・ティル・イッツ・オーヴァー(レニー・クラヴィッツ)勇士の叫び(キッス)
#102
10月9日
学園もの
ロックン・ロール・ハイスクール(ラモーンズ)シスター・クリスチャン(ナイト・レンジャー)ユー・リトル・フール(エルヴィス・コステロ)堕ちた天使(J・ガイルズ・バンド)ホワット・アイ・ゴー・トゥ・スクール・フォー(バステッド)
#103
10月16日
マイクは持つもの?立てるもの?
涙に誘われて(ディオン)ノトーリアス(デュラン・デュラン)サンシャインとレインボー(レスリー・ゴーア)ラヴ・サムバディ(リック・スプリングフィールド)フォー・ワンス・イン・マイ・ライフ(スティーヴィー・ワンダー)
#104
10月23日
男は短命[13]
ジュ・テーム・モワ・ノン・プリュ(セルジュ・ゲンスブールとジェーン・バーキン)ソリッド(アシュフォード&シンプソン)カミン・ホーム(デラニー&ボニー)リトル・マン(ソニーとシェール)リヴァー・ディープ・マウンテン・ハイ(アイク&ティナ・ターナー)
#105
10月30日
ホラー仕立て
トーチャー(ジャクソンズ)イーライズ・カミング(スリー・ドッグ・ナイト)ザ・ウォリアー(パティ・スマイス&スキャンダル)ソウル・ドラキュラ(ホット・ブラッド)夢(グレース・スリック)
#106
11月6日
テーマは何?[14]
ギミー・サム・ラヴィン(ハンソン)ゲット・タフ(ビリー・オーシャン)スティック・アラウンド(ジュリアン・レノン)ジャム(マイケル・ジャクソン)アルフィー(ディオンヌ・ワーウィック)
#107
11月13日
丸顔
テル・ヒム(リンダ・ロンシュタット)故郷へかえりたい(ジョン・デンバー)ターン・ターン・ターン(メリー・ホプキン)フォトグラフ(エド・シーラン)恋はワイルド・シング(サム・キニソン)
#108
11月20日
マラカス男とタンバリン女
ドゥ・ワ・ディディ・ディディ(マンフレッド・マン)スウィート・スウィート・ベイビー(ローン・ジャスティス)すてきな娘に出会ったら(ドクター・フック)ヘイ・ボ・ディドリー(ボ・ディドリー)キ・ア・レ・グロ・マラカ?(ムチャス・マラカス)
#109
12月4日
八の字眉で歌う人
ドント・ストップ・ビリーヴィン(ジャーニー)アイ・ニード・ラバー(ジョニー・クーガー)ワーク・ミー、ロード(ジャニス・ジョプリン)傷心の日々(ビー・ジーズ)マイ・マザー・マイ・ティーチャー・マイ・フレンド(ジョニー・ブレディ)
#110
12月11日
ノーベル文学賞作品[15]
風に吹かれて(ピーター・ポール&マリー)ミスター・タンブリン・マン(バーズ)マイティ・クイン(マンフレッド・マン)ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア(ガンズ・アンド・ローゼズ)ライク・ア・ローリング・ストーン(ローリング・ストーンズ)
#111
12月18日
ジョニーからの伝言[16]
ホーム・オブ・ザ・ブルース(ジョニー・キャッシュ)アイ・キャン・シー・クリアリー・ナウ(ジョニー・ナッシュ)僕等の街(ジョニー・リバース)イン・ザイール(ジョニー・ウェイクリン)ユー・アー・シックスティーン(ジョニー・バーネット)
#112
12月25日
共演OK?大物同士
エボニー・アンド・アイボリー(ポール・マッカートニー&スティーヴィー・ワンダー)愛のおとずれ(アレサ・フランクリン)ミー・アゲインスト・ザ・ミュージック・フィーチャリング・マドンナ(ブリトニー・スピアーズ)恋人たちのクリスマス(ジャスティン・ビーバー)アイル・ビー・グッド・トゥ・ユー(クインシー・ジョーンズ)
年末SP2016
12月30日
年末スペシャル第3回紅白ビデオ合戦[17]
【ライオンヘア対決】 【白組】おまえにヒート・アップ(ロッド・スチュワート) 【紅組】プライヴェート・ダンサー(ティナ・ターナー)【明るいロス対決】 【白組】カリフォルニア・ガール(デイヴ・リーロス) 【紅組】チェイン・リアクション(ダイアナ・ロス)【面長演技派対決】 【紅組】イッツ・オール・カミング・バック・トゥ・ミー・ナウ(セリーヌ・ディオン) 【白組】ランニング・ウィズ・ザ・ナイト(ライオネル・リッチー)【医療もの対決】 【紅組】ドクター・ビート(マイアミ・サウンド・マシーン) 【白組】セクシャル・ヒーリング(マーヴィン・ゲイ)【バンダナ対決】 【紅組】フィジカル(オリビア・ニュートン=ジョン) 【白組】伝説のチャンピオン(クイーン)

2017年[編集]


放送日
テーマ
作品(歌手)
#113
1月8日

ゼア・マスト・ビー・アン・エンジェル(ユーリズミックス)嵐の恋(バッドフィンガー)オン&オン(エリカ・バドゥ)ヴァーチャル・インサニティ(ジャミロクワイ)サム・ライク・イット・ホット(パワー・ステーション)
#114
1月15日
踊りたくなる1983
ロンゲスト・タイム(ビリー・ジョエル)ネリーさんだ象!(トイ・ドールズ)情熱物語(ドナ・サマー)ダウン・アンダー(メン・アット・ワーク)愛の嵐(パット・ベネター)
#115
1月22日
あでやかな女装家
ポイズン・マインド(カルチャー・クラブ)ユー・ドント・ラヴ・ミー(マリリン)ユー・メイク・ミー・フィール(シルヴェスター)スーパーモデル(ル・ポール(英語版))ウォーク・ライク・ア・マン(ディヴァイン)
#116
1月29日
恋する邦題
イン・ユア・ルーム(バングルス)ハウ・ドゥ・ユー・ドゥ・イット(ジェリーとペイスメーカーズ)ホウェン・ザ・ラブライト・スターツ・シャイニング・スルー・ヒズ・アイズ(スプリームス)ホワット・ハヴ・ユー・ダーン・フォー・ミー・レイトリー(ジャネット・ジャクソン)ラヴズ・メイド・ア・フール・オブ・ユー(マッチボックス)
#117
2月19日
回転
スタンド・バック(スティーヴィー・ニックス)ハイ・エナジー(イヴリン・トーマス(英語版))ワイルド・サイド(モトリー・クルー)時へのロマン(エイジア)無法の世界(フー)
#118
2月26日
タンクトップ
ウィ・クローズ・アワ・アイズ(ゴー・ウエスト)フロム・ディス・モーメント・オン(シャナイア・トゥエイン)アイ・メルト・ウィズ・ユー(モダン・イングリッシュ(英語版))シュガー・オン・ミー(デフ・レパード)ウィ・キャント・ストップ(マイリー・サイラス)
#119
3月5日
オンリーワン ナンバーワン
マイ・シャローナ(ナック)シュガー・ベイビー・ラブ(ルベッツ)ファンキータウン(リップス)プレイ・ザット・ファンキー・ミュージック(ワイルド・チェリー)ポップ・ミューヂック(M)
#120
3月12日
顔塗り 体塗り
スピリット・イン・ザ・スカイ(ドクター&ザ・メディックス(英語版))パッセンジャーズ(エルトン・ジョン)サムバディ・ザット・アイ・ユースト・トゥ・ノウ~失恋サムバディ(feat.キンブラ)(ゴティエ)ファイアー(アーサー・ブラウン)ファッティ・ブン・ブン(ダイ・アントワード)
#121
4月2日
アニマルコスチューム
ザ・レイジー・ソング(ブルーノ・マーズ)パラダイス(コールドプレイ)モダン・ダンス(ルー・リード)キング・オブ・ロックンロール(プリファブ・スプラウト)ビューティフル(モービー)
#122
4月9日
しわよせの表情
コンクリート・ジャングル(ボブ・マーリィ)ロジカル・ソング(スーパートランプ)トップ・オブ・ザ・ワールド(カーペンターズ)コール・ミー(アル・グリーン)ルーフ・ガーデン(アル・ジャロウ)
#123
4月16日
銅像になった人
夢のドライブ・ウェイ(チャック・ベリー)愛する貴方を失くして(アレサ・フランクリン)ジンゴー(サンタナ)ヤツらはレディ・キラー(
シン・リジィ)[18]サティスファクション(オーティス・レディング)
#124
4月23日
取り外せそうなヘア
君を知りたい(リチャード・マークス)スタンド・バイ・ユア・マン(タミー・ウィネット)すべてをあなたに(ホイットニー・ヒューストン)一人ぼっちのうた(ピーター・サーステッド(英語版))愛は面影の中に(ロバータ・フラック)
#125
5月14日
ジャンプ
ジャンプ(ヴァン・ヘイレン)ジャンプ(ポインター・シスターズ)ジャンプ(マドンナ)ジャンピン・ジャック・フラッシュ(ジョニー・ウィンター)ジャンプ・チルドレン(フラミンゴス(英語版))
#126
5月21日
ラララランド
ミラクル(キンブラ)二人だけのデート(ベイ・シティ・ローラーズ)アップ・アラウンド・ザ・ベンド(ハノイ・ロックス)エコーズ・イン・レイン(エンヤ)明日への道(ナヌーク)
#127
5月28日
伏し目がち
ルカ(スザンヌ・ヴェガ)ベイビー・キャン・アイ・ホールド・ユー(トレイシー・チャップマン)ドント・ドリーム・イッツ・オーバー(クラウデッド・ハウス)ミス・ミザリー(エリオット・スミス)セイブド・バイ・ゼロ(フィクス)
#128
6月4日
自動翻訳スペシャル
サムデイ・スーン(ジュディ・コリンズ)シャウト(ティアーズ・フォー・フィアーズ)バッド・ボーイ(マイアミ・サウンド・マシーン)禁じられた愛(ボン・ジョヴィ)ディジリー(ニール・ダイアモンド)
#129
6月11日
降る降る
キャン・アイ・テイク・ユー・ホーム・リトル・ガール(ドリフターズ)グランマズ・パーティー(ポール・ニコラス(英語版))サンシャイン・デイ(オシビサ)恋はドラッグ(ロキシー・ミュージック)アウト・オブ・タイム(クリス・ファーロウ)
#130
6月18日
続 マイクは持つもの?立てるもの?
サーフィン・U.S.A.(ビーチ・ボーイズ)トゥゲザー(ジャクソン・ファイブ)フーズ・ジョニー(エル・デバージ(英語版))ザ・リフレックス(デュラン・デュラン)ウーマン(ピーターとゴードン)
#131
6月25日
黒髪の女
コクーン(ビョーク)フォーチュン(ジョーン・バエズ)いけないアナタ(ジョーン・ジェット&ブラックハーツ)キャント・イグノア・ザ・トレイン(10,000マニアックス(英語版))エヴリシング・アイム・ノット(ヴェロニカズ)
#132
7月2日
迫力のヘビー級
カン・カン(バッド・マナーズ(英語版))オン・ブロードウェイ(ルーズベルト・グリア(英語版))ファースト・ライダー(ミート・ローフ)ハレルヤ・ハリケーン(ウェザー・ガールズ(英語版))ファット(アル・ヤンコビック)
#133
7月9日
髪を逆立てて
ビーツ・ソー・ロンリー(チャーリー・セクストン)ギヴ・ミー・ファイア(チャージド G.B.H)メッセージです(フロック・オブ・シーガルズ)サムシング・スペシャル(パティ・ラベル)タッパーウェア・ストリッパー(スタンプ)
#134
7月16日
それ行けフレディ
ホワッド・アイ・セイ(フレディ・フィンガーズ・リー(英語版))ジャスト・ドント・ウォント・トゥ・ビー・ロンリー(フレディ・マクレガー)[19]ドゥ・ザ・フレディ(フレディとドリーマーズ)アイ・ウィル(フレディ・スター(英語版))ホールド・マイ・ハンド(フレディ・フリントン(英語版))
#135
7月23日
立ち?座り?
誓いのブロークン・ハート(トレイシー・ウルマン)愛の想い出(バート・バカラック)タバコ・ロード(ナッシュビル・ティーンズ(英語版))ゲット・ダウン(ギルバート・オサリバン)火の玉ロック(ジェリー・リー・ルイス)
#136
7月30日
子ども番組のおねえさん
10ポンド紙幣が1枚(ケイト・ブッシュ)ノー・モア・ワーズ(ベルリン)ホェア・ザ・ボーイズ・アー(ジョディ・ワトリー)ストレンジ・チェンジズ(リンジー・ディ・ポール)炎のセクシー・コール(ホット・ゴシップ(英語版))
#137
8月20日
火花
ロックン・ローラー(ベイ・シティ・ローラーズ)シンス・ユー・ビーン・ゴーン(ラス・バラード)ユー・リアリー・ガット・ミー(キンクス)歌は恋人(キキ・ディー(英語版))エンジェル・フロム・ハンバーガー・ヘヴン(アルヴィン・スターダスト(英語版))
#138
8月27日
縄のれん玉のれん
レイトリー(スティービー・ワンダー)レッツ・トーク・アバウト・セックス(ソルト・ン・ペパ(英語版))ウィッシング・ウェル(テレンス・トレント・ダービー)レッド・ライト(プレシャス・ウィルソン(英語版))スタンド・アップ・トゥ・ラスタ(スピリチュアル)
#139
9月3日
奥ゆかしい名ギタリスト
クリープ(レディオヘッド)ルージング・マイ・レリジョン(R.E.M.)グリーン・オニオン(ブッカーT&M.G.ズ)見つめていたい(ポリス)シェイプス・オブ・シングス(ヤードバーズ)
#140
9月10日
誰の奥さん?
ハウ・ドゥ・アイ・リヴ(トリーシャ・イヤウッド(英語版))THANK U(アラニス・モリセット)ビー・プラウド・ビー・ラウド(トーヤ(英語版))ザッツ・ホワット・ ラヴ・イズ・フォー(エイミー・グラント)ア・ライフタイムオブ・ロンリネス(ジャッキー・デシャノン)
#141
10月1日
割れアゴ
永遠の愛の炎(チープ・トリック)ジャニュアリー(パイロット)ハレオ(リッキー・マーティン)ビューティフル・ガール(インエクセス)天使のハンマー(トリニ・ロペス)
#142
10月8日
歌うコメディアン(アメリカ編)
アイル・シー・ユア・ライト(ジェリー・ルイス)ショート・ピープル(チェビー・チェイス)エヴリバディ・ニーズ・サムバディ・トゥ・ラヴ(ブルース・ブラザーズ)ザ・マウス(スーピィ・セールス(英語版))アイ・トラステッド・ユー(アンディ・カウフマン)
#143
10月15日
いい人そう
レイジン・アイズ(ニック・ロウ)ビー・ バップ・ン・ホラ(アンディ・フェアウェザー・ロウ)ヤング・ラヴ(ソニー・ジェームス(英語版))ビッグ・ミー(フー・ファイターズ)ダウン・バイ・ザ・リバー(アルバート・ハモンド)
#144
10月22日
風を吹かせて
リトル・ダーリング(ルベッツ)バック・ホーム(ビルボ・バギンズ(英語版))バーン・オン・ザ・フレイム(スイート)ストーニー・グラウンド(ガイズン・ドールズ(英語版))フォーリング・アパート・アット・ザ・シームズ(マーマレード(英語版))
#145
11月12日
ミラー
水色の夜明け(ゲイリー・パケットとユニオン・ギャップ(英語版))君を愛したい(デビッド・エセックス(英語版))ミラーズ(ジャスティン・ティンバーレイク)ジョーク(ビー・ジーズ)心はいつもロックン・ロール(T.レックス)
#146
11月19日
スポーツマンタイプ
想い出のサマー(ブライアン・アダムス)キープ・ザ・フェイス(ボン・ジョヴィ)シークレット・イン・ザ・ストリート(ニルス・ロフグレン(英語版))ジョジョ(ボズ・スキャッグス)パワー・オブ・ラブ(ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース)
#147
12月3日
巧みな足さばき
プレイハウス・ダウン(ポール・ヤング)ホット・レッグス(ティナ・ターナー)スウィート・リトル・ロックン・ローラー(ロッド・スチュワート)アイ・ゴット・ユー(ジェームス・ブラウン)フリップ(ジェシ・グリーン(英語版))
#148
12月10日
目力アップ!メーク術
キャンディマン(スージー&ザ・バンシーズ)熟れた果実(マギー・ベル)ウィッシュ・ユー・ワー・ヒア(アヴリル・ラヴィーン)ターニング・テーブルズ(アデル)ハートは何処に(ソフト・セル)
#149
12月17日
安齋さんと同い年?
ザ・ウェイ・イット・イズ(ブルース・ホーンズビー&ザ・レインジ)ノックは夜中に(メン・アット・ワーク)ドクター・ラヴ(マリ・ウィルソン(英語版))ラ・バンバ(ロス・ロボス)ウォール・オブ・スリープ(スミザリーンズ(英語版))
#150
12月24日
ディナーショーが似合う男
ビーイング・ウィズ・ユー(スモーキー・ロビンソン)ソングバード(ケニー・G)ダンス天国(トム・ジョーンズ)ハートに火をつけて(エンゲルベルト・フンパーディンク)マイ・ウェイ(トム・ジョーンズ&エンゲルベルト・フンパーディンク)

2018年[編集]


放送日
テーマ
作品(歌手)
#151
1月14日

プラウド・メアリー(クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル)さすらいの流れもの(マール・ハガード(英語版))ホワイト・ナックルズ(オーケー・ゴー)イージー・トゥ・ビー・ハード(スリー・ドッグ・ナイト)ストレイ・キャットすとらっと(ストレイ・キャッツ)
#152
1月21日
ちょっとしたサプライズ
ユア・グッド・シング(ルー・ロウルズ)カラー・オブ・マネー(ハリウッド・ビヨンド(英語版))ドリフター(スティーヴ・ローレンス(英語版))ブラック・ドッグ(グレッグ・パーカー)フォーリング・イン・ラブ・アゲイン(ケヴィン・エヤーズ)
#153
2月4日
古希になったぜ!
バーニング・アワ・ベッド(アリス・クーパー)ヒューマン・ヴォイス(ケニー・ロギンス)リトル・ブギー・ウギー(シェイキン・スティーヴンス(英語版))シー・ダズ・イット・ライト(ドクター・フィールグッド)リトル・ダズ・シー・ノウ(カーサル・フライヤーズ(英語版))
#154
2月11日
かぶってる
ループジラ(ジョージ・クリントン)失われた未来(ミッシング・パーソンズ)リップス・ライク・シュガー(エコー&ザ・バニーメン)オーバー・ザ・シー(ジェシー・レイ(英語版))スリッピン・アンド・スライディン(ジョン・レノン)
#155
2月18日
ひざ上15センチ以上
モンマルトルの森(エイス・ワンダー)カメラは素直(バックス・フィズ(英語版))G.T.O.(シニータ)ノー・メモリー(スカーレット・ファンタスティック(英語版))サムシング・イン・マイ・ハウス(デッド・オア・アライブ)
#156
2月25日
最後は上で?下で?
恋はルックで(スパークス)トレイン・オブ・ソート(ジーン・ピットニー)恋のダイアリー(エルキー・ブルックス(英語版))キャンディ・ベイビー(エイドリアン・ベイカー(英語版))ヒーズ・ア・セイント・ヒーズ・ア・シナー(ミケール・ブラウン)
#157
3月4日
サンキュー
イン・ザ・ネイバーフッド(トム・ウェイツ)[20]リラックス(フランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッド)シルヴァー・ライニング(ギャング・オブ・フォー)ヘブン・イズ・ア・プレイス・オン・アース(ベリンダ・カーライル)アンチェイン・マイ・ハート(ジョー・コッカー)
#158
3月11日
ディレクター登場
ドクター・ラブ(ティナ・チャールズ(英語版))ドント・トライ・アンド・チェンジ・マイ・マインド(ロニー・レイン&スリム・チャンス)マネー・ハニー(ベイ・シティ・ローラーズ)燃えるくちづけ(リンダ・ルイス(英語版))トゥ・ノウ・ユー・イズ・トゥ・ラヴ・ユー(マーク・アンド・グロリア)
#159
3月18日
筋肉披露
ラン・ライク・ア・ヴィラン(イギー・ポップ)ジャック・ザット・ハウス・ビルト(ジャック・アンド・チル)犬とプッシー?!(クランプス)ダーティ・マインド(プリンス)ホワッツ・マイ・エイジ・アゲイン?(ブリンク182)
#160
3月25日
夢のよう(最終回)
セルフ・コントロール(ローラ・ブラニガン)セパレイト・ウェイズ(ジャーニー)ビリーヴ・イン・ラヴ(ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース)タイト・コネクション(ボブ・ディラン)夢をかえして(ダラー(英語版))

2019年[編集]


放送日
テーマ
作品(歌手)
#
9月23日
じゅんかいはじめました Vol.1 『手近なところから』
ラッキー・スター(マドンナ)クレイジー(エアロスミス)ビリー・ジーン(マイケル・ジャクソン)ラスト・クリスマス(ワム!)ガールズ・ジャスト・ワナ・ハヴ・ファン(シンディ・ローパー)[21]#
9月30日
じゅんかいはじめました Vol.2
ハッシュ・パイプ(ウィーザー)恋にアタック(キャメオ)シェイプ・オブ・ユー(エド・シーラン)ソー・ロンリー(ポリス)今夜はビート・イット(フォール・アウト・ボーイ)

2020年 – 2021年[編集]


放送日
テーマ
作品(歌手)
#161
2020年9月6日
コロナに負けないで(1)てぶくろしろ
レッツ・ダンス(デヴィッド・ボウイ)ホット・フォー・ティーチャー(ヴァン・ヘイレン)ビリー・ジーン(マイケル・ジャクソン)マテリアル・ガール(マドンナ)レース・フォー・ザ・プライズ(ザ・フレーミング・リップス)
#162
2020年9月13日
コロナに負けないで(2)一人になって恋愛ドラマ
予感(フリーダ・リングスタッド(ABBA))ケアレス・ウィスパー(ワム!)ドゥ・ホワット・ユー・ドゥー(ジャーメイン・ジャクソン)カム・バック・アンド・ステイ(ポール・ヤング)バーニング・ダウン・ワン・サイド(ロバート・プラント)
#163
2021年7月4日
コロナに負けないで(3)お客さんがいなくても
ホエン・ユー・リアリー・ラヴド・サムワン(アイネッタ・フェルツクグ(ABBA))グレイテスト・ラヴ・オブ・オール(ホイットニー・ヒューストン)プライド(U2)テイク・ミー・ホーム・トゥナイト(エディ・マネー)タスク(フリートウッド・マック)
#164
2021年7月11日
コロナに負けないで(4)東京での出来事
パニック・ステーション(ミューズ)ストロンガー(カニエ・ウエスト)インターギャラクティック(ビースティ・ボーイズ)メッセージ(インエクセス)ラブズ・ゴーン・アゲイン(スタークローラー(英語版))
年末SP2021
2021年12月28日
年末スペシャル第4回紅白ビデオ合戦[22]

紅組(先攻)ロックンロールが最高さ(ビリー・ジョエル)
シンクロニシティーII(ポリス)
スリーピン・イン(英語)(スモーキー・ロビンソン)
それ行け!ウィークエンド(英語版)(ラヴァーボーイ)
オール・ナイト・ロング(ライオネル・リッチー)白組(後攻)ヘルプ(英語版)(ドリー・パートン)
ヒーロー(ボニー・タイラー)
ニュー・アティチュード(英語版)(パティ・ラベル)
ウーマンズ・ワールド(英語版)(シェール)
ハッピー・ニュー・イヤー(英語版)(ABBA)エンディング蛍の光(パティ・ラベル)
蛍の光(ビリー・ジョエル)
関連番組[編集]
『NHK MUSIC SPECIAL「東京事変~人類と快楽~」』(2021年)
2021年6月10日の夜(22:30 – 23:15)にNHK総合テレビで放送された。番組内のコーナーとして1作品が取り上げられた。

放送日
テーマ
作品(歌手)
#
2021年6月10日
気分の高揚は音楽の効用?
ババ・オライリィ(ザ・フー)

スピンオフ『昭和コネタ展』[編集]
2014年6月29日・7月6日は当番組のスピンオフ企画として、当番組同様みうら・安齋の出演、横尾のナレーションによる『昭和コネタ展』が放送された。昭和の古いニュース映画等のトピック映像を鑑賞しながら自由にトークを繰り広げ、最後に当番組同様安齋の独断で最優秀作品を1本選ぶというもので、6月29日放送分では昭和24年6月、7月6日放送分では昭和28年7月のトピックを取り上げた。

スタッフ[編集]
映像提供 – リールイン・イン・ザ・イヤーズ
制作 – NHKエンタープライズ
制作・著作 – NHK書籍[編集]
笑う洋楽展(2016年10月20日発売、マイクロマガジン社 ISBN 978-4896375961)
未放送部分を含む20回分のトーク書き起こし、洋楽歌手パロディ絵画カラーページ、ディレクター座談会を収録。脚注[編集]

^ 2015年5月18日付中日新聞文化面より。

^ オープニングでみうらが「誰が作ったか知らないがビデオを見るとかすかにおかしい『笑う洋楽展』のお時間です。お相手はこの方です」等と安齋を紹介していた他、「最優秀作品に贈呈する」と称して、「ポップス編」から「ロック編」までは背中に『洋楽倶楽部』のロゴマークが入った革ジャンパー(本革か否かは不明)が、「70年代前期」「70年代後期」では背中に『笑う洋楽展』のロゴマーク(安齋のデザインによるもの)が入ったベストが用意されていた(ただしあくまで演出の小道具として用意されていただけで、実際に贈呈されていた訳ではない)。レギュラー化後のオープニングはみうらがギャグ的なフレーズを一言言ってから安齋を紹介するスタイルに変わり、革ジャンやベストも姿を消した。

^ ドラクロワの『民衆を導く自由の女神』の4人がクイーンのメンバーになっているものや、フェルメールの『真珠の耳飾りの少女』の顔にキッスのメンバーの様なメイクが施されているもの等があった。絵は半年に1回、4月と10月の改編期毎に総入れ替えされる。

^ 4月5日放送分のみ25:00 – 25:30(日曜日1:00 – 1:30)の放送であった。また、多少時間が移動することがあった。

^ 楽曲そのものは1982年に発売された『セインツ・アンド・シナーズ』に収録されている。紹介されたのは1987年に発売された『白蛇の紋章〜サーペンス・アルバス』に収録された再レコーディング版のPV。

^ この回は最優秀作品を1作選ぶという方式ではなく、全作品の映像から観客のシーンを抜き出して編集した映像に、BGMとして『ファイト・フォー・ユア・ライト』を乗せたものを放送。以後、エンディングは最優秀作品のビデオだけでなく、みうら・安齋のリクエストによる変則的なビデオも多くなる。

^ この回はクリス・デ・バーの顔を印刷した紙製のお面や、更にお面の下に付け眉毛を付けて登場したアシスタントのSabrinaが最優秀作品に選ばれ、番組最後に『ホワットエヴァー』をBGMにしたSabrinaの登場シーンが放送された。

^ 0:25 – 1:25の60分番組。当番組としては初めて、予め募集した観覧希望者をスタジオに入れて収録を行った。男女対抗ではなく、赤い衣装等を身に着けた歌手の作品と白い衣装等を身に着けた歌手の作品の対抗形式。スタジオ観覧者にどちらが良かったか拍手を求めた後、安齋の判定により白組が勝利。

^ 「最新写真」でボーイ・ジョージの隣に写っていた友人のフィリップが「最優秀作品」に選ばれた。

^ アメリカの経済誌が発表した2014年のミュージシャン長者番付の上位5人の楽曲。

^ イギリスを除くヨーロッパのサッカー強豪国から選ばれた5組の楽曲。

^ 23:45 – 1:00(土曜~深夜)放送。12月11日(金)NHKふれあいホールでの公開収録。前回同様、会場の拍手によって白組が優勝。エンディングではマライア・キャリーの歌う『蛍の光』をBGMに、優勝した白組のアーティストのビデオをダイジェストで流した。

^ 男女二人組のデュオで、男性だけが既にこの世を去っている五組。

^ 5つの楽曲のビデオに共通するテーマは何か、というクイズ形式の回。正解は「マイケルが出てくる」であり、それぞれの楽曲のビデオにマイケル・J・フォックスやマイケル・ジョーダンらが登場。安齋は不正解であった。

^ 2016年10月にノーベル文学賞を受賞したボブ・ディランの楽曲をカバーしたアーティスト5組を紹介。

^ 今回は最優秀作品を選ぶのではなく、チャック・ベリーのジョニー・B.グッドをBGMにそれぞれのミュージックビデオをつなぎ合わせたものが最後に流された。

^ 今回は男女で白組と紅組に分かれ、それぞれテーマごとの対決という形をとった。結果は白組の優勝となり、ロッド・スチュワートの歌う「蛍の光」をBGMに白組5組のビデオが流された。

^ シン・リジィが銅像になったのでは無く、メンバーだったフィル・ライノットが銅像になった。

^ 今回の最優秀作品は、親日家であるフレディ・マクレガーが2011年3月19日ジャマイカ・キングストンでのステージで日本への応援メッセージとして独唱された「琵琶湖の歌」が流された。

^ 突然、あと4回で番組終了と報告。さらに残り4回は、1分長い30分番組として放送すると報告。

^ この回では、シンディ自身が来日していたことから本人からのビデオメッセージを放映した

^ 5年ぶりの年末SPの放送で75分の拡大版となる。今回は男女混合で衣装の色など白組と紅組に分かれ、自慢のミュージック・ビデオで競うという形をとる。さらに、今なお活躍する『高齢者』(65歳以上)のアーティストに限定された。紅組白組の勝敗は「今ね、結構難しい時代になってきましたから」という理由で引き分けを意味するピンク色、という結果で締めくくられた。

外部リンク[編集]
笑う洋楽展 – 番組公式サイト
笑う洋楽展 – NHK – ウェイバックマシン(2014年4月5日アーカイブ分)[リンク切れ] – 番組公式サイト
「洋楽倶楽部」〔笑う洋楽展/放送内容〕 – 単発放送時代の番組情報を掲載
「笑う洋楽展」の舞台裏は… – NHKエンタープライズ[リンク切れ] – 番組制作エピソード
笑う洋楽展 – NHK放送史.mw-parser-output .asboxposition:relative;overflow:hidden.mw-parser-output .asbox tablebackground:transparent.mw-parser-output .asbox pmargin:0.mw-parser-output .asbox p+pmargin-top:0.25em.mw-parser-output .asboxfont-size:90%.mw-parser-output .asbox-notefont-size:90%.mw-parser-output .asbox .navbarposition:absolute;top:-0.75em;right:1em;display:none
この項目は、テレビ番組に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(ポータル テレビ/ウィキプロジェクト 放送または配信の番組)。

「https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=笑う洋楽展&oldid=90254952」から取得
カテゴリ: NHK BSプレミアムの番組NHK BSの深夜番組NHK BSのバラエティ番組の歴史NHK BSの音楽番組2014年のテレビ番組 (日本)みうらじゅん隠しカテゴリ: 出典を必要とする記事/2016年2月独自研究の除去が必要な記事/2016年2月孤立日本語版記事がリダイレクトの仮リンクを含む記事Reflistで3列を指定しているページ外部リンクがリンク切れになっている記事/2018年7月テレビ番組に関するスタブISBNマジックリンクを使用しているページ

評価: 4~5 つ星
レビュー: 8420
再生回数: 7874
[spincontent type=”j”]

あなたも絶対聞いたことのある超有名洋楽集【100選】 Youtube

チャンネル登録&高評価よろしくお願いします!

🙏🙏🙏🙏🙏🙏🙏🙏🙏🙏🙏🙏🙏🙏🙏
2. All About The Base → All About That Base
22. Call Me Baby → Call Me Maybe
23. The Weekend → The Weeknd
35. G-Easy → G-Eazy
44. Micheal Jackson が歌手でTheiller が曲名です
🙏🙏🙏🙏🙏🙏🙏🙏🙏🙏🙏🙏🙏🙏🙏

個人的に洋楽が好きなのでこんな感じのやつどんどん出していきます!
今出す予定シリーズ⤵︎⤵︎⤵︎
「晴れた日のドライブで聴きたい洋楽100選」
「夜に聞きたいオシャレな洋楽100選」などなど
出したら見てね

コメント欄で
「このシリーズやってほしい」
「この歌も入れて欲しかった」「この曲は聞いたことない」
お待ちしてます!!

2. てん て てん て てん 洋楽 女性 Yomiuri

Yomiuri
てん て てん て てん 洋楽 女性

説明: てん て てん て てん 洋楽 女性 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 てん て てん て てん 洋楽 女性 は、読売で検索されたもので、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 4521
[spincontent type=”j”]

3. てん て てん て てん 洋楽 女性 Asahi Shimbun

朝日新聞
てん て てん て てん 洋楽 女性

説明: 朝日新聞で検索した てん て てん て てん 洋楽 女性 に関する上記の情報が、てん て てん て てん 洋楽 女性 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 9658
[spincontent type=”j”]

4. てん て てん て てん 洋楽 女性 The Japan Times

The Japan Times
てん て てん て てん 洋楽 女性

説明: ジャパン タイムズで検索した てん て てん て てん 洋楽 女性 に関する記事のトップです。てん て てん て てん 洋楽 女性 に関する疑問を解決するのに役立ちます。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 6163
[spincontent type=”j”]

5. てん て てん て てん 洋楽 女性 Yomiuri Shimbun

読売新聞
てん て てん て てん 洋楽 女性

説明: てん て てん て てん 洋楽 女性 に関する詳細情報はすでにありますか? てん て てん て てん 洋楽 女性 という記事が読売新聞で検索されました。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 5681
[spincontent type=”j”]

6. てん て てん て てん 洋楽 女性 Mainichi Shimbun

毎日新聞
てん て てん て てん 洋楽 女性

説明: 毎日新聞で見つけた てん て てん て てん 洋楽 女性 に関する上記の情報が、てん て てん て てん 洋楽 女性 に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 5292
[spincontent type=”j”]

7. てん て てん て てん 洋楽 女性 Sankei Shimbun

産経新聞
てん て てん て てん 洋楽 女性

説明: 産経新聞で検索した てん て てん て てん 洋楽 女性 に関する記事のトップです。てん て てん て てん 洋楽 女性 に関する疑問を解決するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 8686
[spincontent type=”j”]

8. てん て てん て てん 洋楽 女性 Nihon Keizai Shimbun

日本経済新聞
てん て てん て てん 洋楽 女性

説明: てん て てん て てん 洋楽 女性 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 てん て てん て てん 洋楽 女性 は、日本経済新聞で検索され、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 1434
[spincontent type=”j”]

9. てん て てん て てん 洋楽 女性 Chunichi Shimbun

中日新聞
てん て てん て てん 洋楽 女性

説明: 中日新聞で検索した てん て てん て てん 洋楽 女性 に関する上記の情報が、てん て てん て てん 洋楽 女性 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 8992
[spincontent type=”j”]

10. てん て てん て てん 洋楽 女性 Tokyo Shimbun

東京新聞
てん て てん て てん 洋楽 女性

説明: てん て てん て てん 洋楽 女性 に関する質問を解決するために、東京新聞で検索した てん て てん て てん 洋楽 女性 に関する記事のトップです。
評価: 4~5 つ星
評価: 3642
[spincontent type=”j”]

11. てん て てん て てん 洋楽 女性 Nihon Kogyo Simbun

日本工業新聞
てん て てん て てん 洋楽 女性

説明: てん て てん て てん 洋楽 女性 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 てん て てん て てん 洋楽 女性 は日本工業新聞で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 7652
[spincontent type=”j”]

12. てん て てん て てん 洋楽 女性 Nikkan Kogyo Shimbun

日刊工業新聞
てん て てん て てん 洋楽 女性

説明: 日刊工業新聞で見つけた てん て てん て てん 洋楽 女性 に関する上記の情報が、てん て てん て てん 洋楽 女性 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 7707
[spincontent type=”j”]

13. てん て てん て てん 洋楽 女性 Ainu Times

アイヌタイムス
てん て てん て てん 洋楽 女性

説明: アイヌ タイムズで検索した てん て てん て てん 洋楽 女性 に関する記事のトップです。てん て てん て てん 洋楽 女性 に関する質問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 20 68
[spincontent type=”j”]

14. てん て てん て てん 洋楽 女性 Akita Sakigake Shimpo

秋田魁新報
てん て てん て てん 洋楽 女性

説明: てん て てん て てん 洋楽 女性 に関する詳細情報はすでにありますか? てん て てん て てん 洋楽 女性 という記事は、秋田魁新報で検索したものです。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 8272
[spincontent type=”j”]

15. てん て てん て てん 洋楽 女性 Chiba Nippo

千葉日報
てん て てん て てん 洋楽 女性

説明: 千葉日報で検索した てん て てん て てん 洋楽 女性 に関する上記の情報が、てん て てん て てん 洋楽 女性 に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 4996
[spincontent type=”j”]

16. てん て てん て てん 洋楽 女性 Chugoku Shimbun

中国新聞
てん て てん て てん 洋楽 女性

説明: 中国新聞で検索した てん て てん て てん 洋楽 女性 に関する記事のトップです。てん て てん て てん 洋楽 女性 に関する疑問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 7633
[spincontent type=”j”]

17. てん て てん て てん 洋楽 女性 Daily Tohoku

デイリー東北
てん て てん て てん 洋楽 女性

説明: てん て てん て てん 洋楽 女性 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 てん て てん て てん 洋楽 女性 はデイリー東北で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 1501
[spincontent type=”j”]

18. てん て てん て てん 洋楽 女性 The Eastern Chronicle

イースタン クロニクル
てん て てん て てん 洋楽 女性

説明: イースタン クロニクルで検索した てん て てん て てん 洋楽 女性 に関する上記の情報が、てん て てん て てん 洋楽 女性 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 2300
[spincontent type=”j”]

てん て てん て てん 洋楽 女性 に関する質問

てん て てん て てん 洋楽 女性 についてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。ご質問やご提案はすべて、次の記事の改善に役立てさせていただきます。

記事 てん て てん て てん 洋楽 女性 は、私と私のチームがさまざまな情報源から編集したものです。 記事 てん て てん て てん 洋楽 女性 が役に立った場合は、チームをサポートしてください。「いいね」または「共有」してください!

検索キーワード てん て てん て てん 洋楽 女性

てん て てん て てん 洋楽 女性
方法てん て てん て てん 洋楽 女性
チュートリアル てん て てん て てん 洋楽 女性
【キーワード】 無料

Có thể bạn quan tâm: