あなたは ご 長寿 早 押し クイズ 傑作 選 について学んでいます。今日は、インターネット上の多くの情報源から私たちのチームが編集および編集した記事 ご 長寿 早 押し クイズ 傑作 選 を共有します。 ご 長寿 早 押し クイズ 傑作 選 に関するこの記事がお役に立てば幸いです。

ご 長寿 早 押し クイズ 傑作 選

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

特筆すべき事項がある場合を除き、提供元(スポンサー)の一覧や変遷は記載しないでください。(PJ:PROGRAM#スポンサーを参照。)(2018年2月)さんまのSUPERからくりTVSanma’s Karakuri-TV.ジャンル
クイズ番組 / バラエティ番組出演者
明石家さんま中村玉緒関根勤浅田美代子渡辺正行西村知美山本匠晃(TBSアナウンサー)長嶋一茂小倉優子つるの剛士ほか製作制作
TBS
放送放送国・地域 日本
公式サイト
さんまのからくりTV放送期間1992年4月26日 – 1996年3月17日放送時間日曜日 19:00 – 19:30放送分30分
さんまのSUPERからくりTV放送期間1996年4月21日 – 2014年9月7日放送時間日曜日 19:00 – 20:00→19:00 – 19:57放送分60→57分特記事項:ナレーション:真地勇志、小松由佳テンプレートを表示『さんまのSUPERからくりTV』(さんまのスーパーからくりテレビ、ラテン文字表記:Sanma’s Karakuri-TV.)は、TBS系列で1992年4月26日から2014年9月7日まで毎週日曜日の19:00から放送されていた、日本のクイズ・バラエティ番組。司会を務める明石家さんまの冠番組。ハイビジョン制作[注釈 1]、ステレオ放送、文字多重放送を実施している。通称は『からくりTV』『SUPERからくりTV』。新聞の番組表では『さんまのスーパーからくりTV』又は『さんまのからくりTV』と表記されていた。
放送開始当初は『さんまのからくりTV』の番組名で19:30までの30分番組だった。1996年4月からは『- SUPERからくりTV』に改題し、1時間番組となり20:00まで放送時間が拡大。2009年4月からは後続番組のフライングスタート実施に伴い、3分縮小されて19:57までの57分番組となった。

概要
毎日放送制作の『クイズ!!ひらめきパスワード』[注釈 2]の後番組として登場した。日曜19時台前半枠がTBS制作枠になるのは、1975年3月30日に終了した『学校そば屋テレビ局』以来17年ぶりであった。
『からくりTV』時代は武田薬品工業(タケダ)を筆頭とするタケダグループの単独提供であり、当枠がタケダグループ筆頭提供となるのは1974年3月31日に終了した『タケダアワー』以来18年ぶりであった。『SUPER』になってからは製薬会社の紳士協定により30分以上の一社提供ができないため前半のみタケダグループ単独、後半はタケダグループ以外による複数社提供に移行。2007年4月以降は前後半いずれかがタケダ筆頭の複数社提供(隔週交代)となったが、2008年3月を以てタケダは16年に渡る番組提供から降板した。
番組の基本ルール及びフォーマットは、『からくりTV』初期の「からくりチャンス」を除いては後の『さんまのSUPERからくりTV』とほぼ同じであるが、97年10月5日のように定期的に2時間スペシャルが放送されていた。
番組のロゴも、30分時代後期から使用されたものに1時間枠に拡大後『SUPER』を加えて、最終回まで一貫して使用された[注釈 3]。

番組の流れ
問題の最初に、問題VTRを全員で観賞。途中で司会のさんまが、「その後どういう事態が生じたか?」「その後彼は何と言ったか?」といった種類の問題を出題。その後、スタジオ観覧の客席に正解を先に見せて客席の反応[注釈 4]を見てから解答者は早押しで解答権を得て答える。その際、さんまや先に正解を見た会場客の反応、他の解答者の解答がヒントになる。なお、解答者の中に問題VTR中に登場していた者がいた場合、その解答者は解答権がないが、他の解答者からなかなか正解が出ない場合や他の解答者の解答を浮かばなくなった際に、さんまから解答権が与えられる。
通常問題は4問-5問あり、回によって変動していた。なお、2問 – 3問目の合間にごく稀にこれからの同番組の今後の方針などの番組宣伝をすることもあった。
解答者が早押しボタンを押して解答権を得た際、解答時には自らの顔を模したオブジェ付のポール(ポール部分には名前がローマ字で表記)が解答席から出てくるようになっていた。
最終問題終了時に点数でトップ賞が決まる。そして、一番点数の多い解答者がトップ賞を獲得し賞品を獲得する。2012年6月まで賞品獲得クイズ「からくりチャンス」への挑戦権を得た。からくりチャンスでは、さんまのコールの後に賞品がスタジオに登場した。過去はトップ賞は1人だけと言う事で同点の場合にはジャンケン等でトップ賞を決めたが現在は複数居たらその人が同点トップ賞として扱われる。
2012年6月まで行われていた「からくりチャンス」では、3択の問題が出題され、トップ賞・客席の観覧者(客席全員に貰えるわけではなく、収録後ジャンケンによる抽選で1名 – 3名程度)・視聴者公募によるハガキの当選者(さんまは「茶の間」と言っている)のいずれかが豪華賞品を貰える。解答方法は、まずトップ賞の解答者が3つの中から選び、残りの2つから観覧者の拍手で多数決をとって、観覧者の答えを決定、残りが視聴者となる。正解VTRが終わった後、トップ賞解答者又は観客が正解した場合はファンファーレと共に「(解答者名)○○(賞品名)○○獲得」または「会場のお客様(賞品名)○○獲得」の字幕スーパーが出る。トップ賞解答者と客席の観覧者がどちらも不正解(ハガキの当選者が獲得)だった場合は萎れたBGMが流れ、画面右下から「残念」の字幕スーパーが出る[注釈 5]。このコーナーが終了した以降は、自動的にトップ賞の解答者に賞品が貰えるようになった。
ハガキは「番組へのご意見・ご感想」の形で募集されており、番組内での告知がない場合もあるが、番組公式ページにおいて常に募集されている。かつては「おしい」「ナイスボケ」のぬいぐるみプレゼントの応募者が対象となっていた。また、視聴者投稿ビデオの応募者も対象になった時期もあった。得点
解答が不正解の場合でも面白ければさんまの裁量で様々なマスコットがもらえ得点に換算されるのもこの番組の特徴である。「正解!!」「おしい!」「ナイスボケ!」は「さんまのからくりTV」時代より存在。

正解!!(さんまの人形):10点
これは、問題に正解すれば貰える。30分時代と1時間時代でデザインが異なっている。30分時代は青い服を着て直立したさんまのオブジェ、1時間時代は黄色いタキシードを着て跪き、右手に乗せたビデオカメラを高く掲げているさんまのオブジェである。後者のデザインは「からくりビデオレター」などのタイトル表示やオープニングCGなどにも登場していた。また前者のさんまが直立した全身像のデザインは、番組初期には解答者が早押しボタンを押すと立ち上がる札に全く同じ絵が使われていたり、60分番組になってからも「ご長寿早押しクイズ名人戦」の優勝者に贈られるトロフィーに使われたりと地味に残っていた。
おしい!(白い巻貝のぬいぐるみ):6点
これは、正解に近くて惜しい解答をすると貰える。口にはパイプを銜えており、パイプの先には「おしい」と書かれている。台座が無く自立しにくいので、伏せた状態で置かれることが多い。おしい!の点数のみで優勝することがある。番組開始当初から2年半ほどの間はデザインが全く異なっており、殻が緑色、体が赤色のヤドカリであった。また、正解が出た際には放送の画面上には「正解!!」のテロップと共にこのヤドカリのCGが拍手のようなアクションをしながら出てきていた。
ナイスボケ!(濃いピンク色のマンボウのぬいぐるみ):6点
これは、面白い解答をすると貰える。本体は台座から立つワイヤーで固定されており、宙に浮いたような状態で置かれる。関根や渡辺が狙ったボケで貰う事も多いが、いわゆる「天然ボケ」で会場を沸かした場合にも貰え、浅田や西村がこの人形を多数貰う事も多かった。稀に、クイズの解答ではないフリートークの部分で会場の爆笑をさらった際にもナイスボケの人形が置かれることがあった。番組開始当初から2年半ほどの間はデザインが全く異なっており、頭から「ナイスボケ」と書かれた札を下げた薄黄色のチョウチンアンコウであった。
ボケ!(一茂の人形):3点
これは、さんまも唖然とするような意味不明の解答をするともらえる。間の抜けた表情の一茂が野球のユニフォームを着てバットを振るデザインで、バットの先端に「ボケ」と書かれたボールが付いている。一茂がレギュラー入りして以降、ナイスボケとも言えないような呆れる解答を連発したことをきっかけに作られた。主に一茂が貰う。導入からしばらくは浅田や西村もよく貰っていたが、「バカ」導入以降はほぼ一茂専用のような扱いになっており、さんまが一茂の解答に対して「バカあげて」とアシスタントに告げてもボケの人形が置かれる事が多かった。また、ごく稀に玉緒や小倉もこのマスコットを貰うことがある。
バカ(逆立ちしたピンク色のカバの人形):2点
これは、さんまもあきれるしょうもない解答をするともらえる。他の人形が立体的な作りなのに対し、バカの人形だけはカバをかたどった薄い板を張り合わせたものであった。台座にはスプリングが仕込んであり、置くときに本体が揺れる。ある回で浅田、西村の珍解答が続出した際にさんまが呆れてボケの人形を置きながら「ボケじゃ足りんからバカってのも作ろう」と提案、翌週からバカの人形が導入された。主に浅田、西村が貰う事が多い。特に浅田がバカの人形を多く獲って並べてしまった際には、さんまから「カバ園長」といじられることが多かった。
ロマンチック賞(ハート型の花の人形):5点
これは、さんまの心を打つようなロマンチックな解答をするともらえる。ある回でロマンチックな解答が出た際に気に入ったさんまが「今度からロマンチック賞っていうのも作ろう」と提案、翌週から導入された。導入のきっかけとなった回ではロマンチックな解答に対して便宜上ナイスボケの人形が置かれた(6点の扱い)。導入当初からしばらくはロマンチック賞狙いの解答が目立ったが、浅田が狙い過ぎた解答をしたためさんまの失笑を買う事もあった。以降、ロマンチック賞は滅多に出なくなった。さんまがロマンチックな事を言った際にうつみが「さんまさんにロマンチック賞」と言い、さんまの司会者席にロマンチック賞の人形が置かれたことがある。番組開始以降に出来た追加ルールのなかでは最後に追加された点数である。得点の途中経過については、編集上の都合からか問題の順番を入れ替えていることがあり、マスコットをあげてない人に突然ポイントがついていたり、正解したのにポイントがないということがある(最終結果は同じ。2000年代半ば頃からコーナーの放送順の入れ替えが多くなった)。
かつては「おしい!」と「ナイスボケ!」がオープニングCGやスタジオセットのモニターなどに登場していたり、両キャラクターのぬいぐるみを視聴者プレゼントしていた時期もあった。
正解以外でも得点が貰えるのは「たとえ不正解であっても解答し、番組を盛り上げたのだから、なんらかのご褒美を与えたい。それに、なんらかのご褒美があった方が必然的に解答も増え、大喜利のような面白い解答も飛び出すのではないか」というスタッフと明石家さんまの考えによるものである。
人形は女性アシスタントの持っている籠に入っている。得点獲得の際は、基本的にアシスタントがさんまに人形を渡し、それを解答者席に置くという方式を取る。そのため、たまにアシスタントとさんまの感覚が違うことがあり、先走って人形を出そうとするアシスタントにさんまが「ナイスボケやない」「なに勝手にあげようとしてるの」などとツッコミを入れて笑いを誘う場面も見られる。さんまの立ち位置から一番離れた位置に座る一茂にはアシスタントから直接人形を渡させることもあったり、渡辺に対しては「おしい!」の人形をさんまが投げて渡すこともあった。
正解で置かれるさんま人形は大手玩具メーカーのエポック社がデザインをしており、一体の製作費が30万円と高額である。出演者の中にさんま人形が欲しいと言う人がいるが、スタッフ曰く「残念ながらあげられない」との事。

出演者
●は『さんまのからくりTV』から継続出演。出演開始時期のないものは『さんまのからくりTV』第1回から出演。

司会
明石家さんま●(『さんまのからくりTV』から引き続いて出演。出演開始時期のないものは『さんまのからくりTV』第1回から出演。)番組終了まで出演したレギュラー回答者
中村玉緒 — 1994年3月20日にゲストとして初登場。1996年4月からレギュラー出演し、番組のご意見番を担当[注釈 6]。この役柄から、(カメラ側から)向かってさんまの左側に中村専用の解答席が設けられていた[注釈 7]。さんまからは「お母さん」の愛称で呼ばれていた。スケジュールの都合で欠席するケースもあり、その際は等身大写真パネルが解答席に置かれた。
関根勤●(『さんまのからくりTV』から引き続いて出演。出演開始時期のないものは『さんまのからくりTV』第1回から出演。) — 1992年5月にゲストとして初登場。矢崎滋の後任として同年10月からレギュラー出演。欠席時には高田純次もしくは小堺一機と本村健太郎が代役を務めた。
浅田美代子●(『さんまのからくりTV』から引き続いて出演。出演開始時期のないものは『さんまのからくりTV』第1回から出演。) — スケジュールの都合で欠席する事もあり、その場合は空席となっており、代理の出演者はなかった。
渡辺正行●(『さんまのからくりTV』から引き続いて出演。出演開始時期のないものは『さんまのからくりTV』第1回から出演。) — 欠席時にはラサール石井が代役を務めた。
西村知美●(『さんまのからくりTV』から引き続いて出演。出演開始時期のないものは『さんまのからくりTV』第1回から出演。) — 2003年8月から2004年2月は産休の為欠席。
長嶋一茂 — 1997年2月にゲストとして初登場。1998年4月からレギュラー出演。現在は「巨人球団代表特別補佐」(実父が古巣・読売巨人軍の終身名誉監督に就任したため。2011年からは野球振興アドバイザーを務めている)ということもあり、春季キャンプの時期などに稀に番組を欠席する事があった。その際、スタジオからの電話中継で出演することもある。
小倉優子 — 2003年 – 。もとは準レギュラーだったが、うつみ宮土理の降板後は毎回出演している。
つるの剛士 — 小倉優子音楽隊に入団して以降、準レギュラーになり、定期的にスタジオへ出演していたが、2009年5月よりスタジオパートにも毎回出演。2009年7月26日・2010年7月25日はFNS26時間テレビ出演のため欠席。途中で降板したレギュラー回答者
相原勇●(『さんまのからくりTV』から引き続いて出演。出演開始時期のないものは『さんまのからくりTV』第1回から出演。) — 西村知美と交代で出演、1997年3月に降板。
TOKIO(城島茂・山口達也・国分太一・松岡昌宏・長瀬智也) — 1時間枠になった1996年4月21日から出演。メンバー2名が交代で出演、スペシャルでは当時のメンバー全員で出演(代役として同じ事務所のV6が出演した回もあった)していたが、それまで深夜で放送されていた『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ)が、『からくり』の裏番組として日曜19時台へ進出が決定したことに伴い、1998年3月29日を最後に降板。なお、『DASH』は本来1997年にゴールデン進出が予定されていたが、事務所関係者が「さんまに対する恩義もあるため、1年遅らせて開始する」とさんまに伝えていたことが、本番組終了後の2014年10月15日に放送された『TOKIOカケル』(フジテレビ)にさんまが出演した時にさんま本人から語られた。この際にさんまは「あの番組(『DASH』)やって、『からくり』が終わりを迎えるようなことにしたのは、お前ら!!恩を仇で返された!」と(もちろんネタとして)訴えていた[1]。
水野真紀 — 30分時代にゲスト出演後、1996年4月21日からレギュラー出演。菓子作り修行のため、1998年10月4日に降板。
酒井彩名 — 1999年10月 – 2000年3月
うつみ宮土理 — 30分時代の1996年2月4日にゲスト出演後、1996年4月 – 2007年3月にレギュラー出演。2007年4月より、韓国に留学のため出演を休止したが、日本に帰国後も出演していないことから事実上の降板。
矢崎滋 — 1992年4月26日 – 9月27日進行
山本匠晃(TBSアナウンサー)(2008年 – 2014年) 2008年10月26日より出演。当初は「からくりみんなの!かえうた」の2代目コーナー司会だったが、2011年からはスタジオでの進行を担当している。2016年から放送されている派生番組『ご長寿グランプリ』では、『ご長寿早押しクイズ』の司会を担当している(2017年までは予選のみ)。その他の主な出演者
鈴木史朗(1998年まではTBSアナウンサー、以後フリーとして出演、1994年 – 2009年「ご長寿早押しクイズ」司会)
安住紳一郎(TBSアナウンサー、1999年 – 2008年「サラリーマン早調べクイズ」→「からくりみんなのかえうた」司会、「からくり列島中継」キャスター)
小林麻耶(当時TBSアナウンサー、2003年 – 2008年スペシャルのみ「からくりみんなのかえうた」司会)ナレーション
真地勇志番組のコーナー
ご長寿早押しクイズ(からくりチャンス)
30分時代の1994年11月6日に開始し、2008年までの14年間に渡って断続的に放送され、放送回数は全388回、全出場解答者数は1132人を数えた[2]。本番組の全盛期を支えた名物コーナーであり、本番組のスペシャル時には、過去に本コーナー内で特に面白みのある解答をした(番組内では『名人』と称される)解答者らを集めて、「ご長寿早押しクイズ名人戦」が行われた。

構成・ルール
「フニクリ・フニクラ」の替え歌(開始当初は原曲)[注釈 8]のオープニングと同時にコーナーが始まり、オープニング時にはロケ地の市町村[注釈 9]と旅館宿泊券などの優勝者の商品が紹介をされる。当時TBSのアナウンサーであった鈴木史朗(1998年春からフリー)が司会を担当[注釈 10]し、80歳以上の高齢者(ご長寿)の解答者3名が自己紹介を終えた後に、全10問の早押しクイズを行い、一番多く正解した解答者が優勝となり、賞品として旅館宿泊券などがプレゼントされる。最終問題(第10問目)終了後にトップが複数いた場合には同点決勝を行う。ある程度時間が経っても正解が出ない場合は次の問題に移るが、最終問題や同点決勝は正解が出るまで続行する。スタジオではコーナー前半でVTRが中断され、トップ賞受賞者が解答者の誰が優勝するのかを予想し、CMを挿んで後半のVTRが再開され、優勝者が決定するとからくりチャンスの結果が紹介される。

内容
本コーナーは通常の早押しクイズとは異なり大喜利の要素が強く、解答者となるご長寿らの珍解答や珍言動およびに、珍行動をピックアップし、淡々と進行する司会の鈴木と解答者らとの掛け合いが話題となり、一躍本番組の人気コーナーとなった。そして、名人戦では番組スタッフにより本コーナーから選考された、特に面白みのある解答をした解答者(名人)が出場するため、通常の放送回よりも過激なやりとりが顕著に表れた。本番組スタッフによると、このような珍解答などが生まれる理由として、「事前に町のご長寿を集めて面接と予選テストを行い、面接や予選テストで面白い解答や行動をした人の中から出演するご長寿を会議で決めています。そのため、全く予想もつかない珍解答、珍行動が飛び出しているわけです。」と説明しており、鈴木自身も「1問の解答時間が10分にも及ぶ」と発言していた。ただし、前述のように、ご長寿らの予想もつかない珍解答や珍行動が多いため、始まった当初から、一部ではやらせ疑惑が持ち上がっていて[注釈 11]、また、実際に出た解答を編集によって繋ぎ替えて珍解答に見せているのではないかと指摘されることもある。

放送の減少・事実上のコーナー廃止
開始から2003年10月頃まで本コーナーはほぼ毎週放送が行われていたが、同年11月以降は数週間に一回の放送に減少、2006年春スペシャル以降は放送回数が数ヶ月に一回とさらに減少。2009年春スペシャル(2009年3月15日)で過去に出場した名人を加えて久々に放送が行われ、これが実質的に最後の本コーナーの本編の実施となった。本コーナーの放送が減少・事実上の廃止となった理由としては、前述のやらせ疑惑に加えて、ロケする市町村が合併などでほとんど行き尽くしてしまったり(そのため、北日本方面(北海道・福島県以外の東北)もしくは西日本方面(静岡県以外の東海・北陸・関西・中四国・九州・沖縄)に遠征しない限りロケは難しい)、本番組のタイムテーブルの不安定さからやむを得ずほかのコーナーを放送しているなど、様々な要因が挙げられ(後期から末期にかけては中継クイズや他のコーナーをベースにした三択問題に差し替えられ、末期は通常のクイズ問題に変更されていた)、また、『高齢者を笑いの対象にして良いのか』という人権的な指摘や、当初は下ネタで回答した際はそのままテロップや音声で流していたが、2001年ごろからモザイクや信号音などで処理されていたように、番組内では公開出来無い様な解答が飛び出す事もある為、放送されなくなったという指摘もある。
その後、2010年9月19日放送分の本番組のコーナー「からくりグランプリ」内にて、「ご長寿ベストオブ名人は誰だ!」と題して傑作選が放送され、出演者の投票により、紹介された名人の中から『ベストオブ名人』が選出された[注釈 12]そして、本番組の最終回スペシャル(2014年9月7日)では、「大爆笑! ご長寿早押しクイズ傑作選」と題して傑作選が放送。さらに、2015年10月12日放送の特番『TBSもさんまも60歳 伝説のドラマ&バラエティー全部見せます!夢共演も大連発SP』の終盤でも当コーナーの傑作選が放送された。
2016年12月29日の「爆笑! 明石家さんまのご長寿グランプリ2016」番組内で復活した[3]。各地で予選が行われ、その中から選ばれた3人(2018年以降は5人)が決勝へ進出。予選の司会は山本匠晃(TBSアナウンサー)、決勝戦の司会はレギュラーと同じく鈴木史朗が担当した。なお、決勝戦はレギュラー当時よりも少ない全8問で行われた。
その後も毎年12月下旬に「ご長寿グランプリ」として放送。同特番のセットも本番組末期のセットを手直ししたものが使われているほか、クイズの合間にはレギュラー時代の傑作選や「からくりビデオレター」などの企画をご長寿に絞ったものも放送されている。2018年は同コーナー開始当初から司会を務めてきた鈴木が80歳を迎えて「後進に譲りたい」という本人の希望から、決勝戦の司会をこれまで2回予選の司会を務めてきた山本に譲り勇退することとなった。鈴木は2019年に、スペシャルゲストとしてメインスタジオに登場した。

からくりホームビデオクイズ
『さんまのからくりTV』時代から続く、この番組の原点ともいえるコーナー。『加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ』の「おもしろビデオコーナー」を実質引き継いだもの。外国から仕入れたホームビデオ(家庭用カムコーダ)映像や視聴者から投稿されたホームビデオ映像から面白いものを厳選して放送。それらの中でも特にインパクトがある映像からクイズを出題する。決まったコーナータイトルはなく、ホームビデオ映像の内容に合わせて以下のようなタイトルで放送される。このコーナーは第一問で取り上げられる。ただし、ここ最近は後述のコーナーが放送され、このコーナーがない場合も多い。大抵は数年〜十年以上前の海外のホームビデオ映像を寄せ集めたものだが、視聴者の投稿を受け付けており、採用されると10万円、問題に採用されると30万円が贈られる。

からくりウォッチング — 面白い映像を披露する。
からくりFAMILY — 家族内での面白い映像を披露する。
からくり動物園 — 面白い動物の映像を披露する。
からくり世界のトピックス — 世界各国の面白い映像を披露する。
からくりこどもCLUB — 子供の面白い映像を披露する。
からくり今週の傑作ビデオ — 様々な面白いホームビデオ映像を披露する。
からくりわがやのニュース — 家族のニュースを紹介する。
からくり衝撃の事件簿
ANIMAL WORLD
わんぱくKIDS
からくり慣用句辞典
からくりドタバタ特集
からくり親子物語
ぼくらの街の人々
からくりビデオ絵日記からくり熱中少年物語
元々は「『さんま・玉緒のお年玉あんたの夢をかなえたろかスペシャル』で登場した『ギター少年』こと山岸竜之介のその後が見たい」という視聴者のリクエストに答える形でスタートしたコーナーで、野球・ギター・将棋など様々な事に熱中している子供の様子を特集、紹介する内容。第1問で取り上げられることも多い。『ギター少年編』はドラマチックな展開からか女性からの人気が高く、『将棋少年編』は将棋少年の精神年齢の高さや、まるで大御所の落語家のような喋り方をすることから必ず笑いが起こり、男女問わず人気が高い。さんまは将棋少年をとても気に入っているらしく、ギター少年編になると「将棋少年見たかったなぁ〜」といつもがっかりする。関根勤は「人生の先輩にしたいですね。」とまで言った。将棋少年の時には視聴率が高かったらしいが、将棋少年は学業に専念するため番組を卒業した。さらに栃木県の『農家少年編』とインド人の父親と日本人の母親とのハーフの『ボクシング少年編』、『芸術少年』も登場した。このコーナーに出演した並木瑠璃は後に歌手デビューを果たし、並木のバンドメンバーだった宮澤佑門はオジー・オズボーンのライブに何度か飛び入り参加したりと海外での活動も展開[4]、「世界最年少プロギタリスト」としてギネスブックに記録されている[5]。

からくり熱中少年少女スカウトキャラバン
「からくり熱中少年物語」の予備軍を探すべく、スタッフが日本全国の幼稚園を訪れ、子供に「熱中していること」を聞いてまわる。「からくり熱中少年少女スカウトキャラバン・追跡編」として、面白い受け答えをして過去に番組で紹介した子供のその後の様子を放送することもある。

からくりみんなの! かえうた
2003年 – 2014年放送。司会はTBSの安住紳一郎アナ(〜2008年9月) → 山本匠晃アナ(2008年10月〜)。日頃のうっぷんや悩み、忘れられない思い出などを替え歌で発表してもらう。OL・主婦・サラリーマンの3人が審査を行い、歌いきったら3万円分の食事券がプレゼントされる(スペシャル時は7万円)。しかしいつも貰えるわけではなく、審査員が歌詞に品がない(下品である)と判断すると、歌っている途中で赤の×が描かれた黒幕が降ろされてしまい、失格となる。
内容は「サラリーマンかくし芸コンテスト」から引き継がれており(音質が向上した)、3問目に取り上げられることが多い。スペシャル時には「紅白歌合戦」・「全国大会」・「家族対抗歌合戦」・「オールリクエスト大会」・「レコード大賞」・「あなたが選ぶスキウタ」・「替え歌ワールドカップ」・「かえうた甲子園」などのサブタイトルがつき、スペシャル版が放送され、当時同局アナウンサーだった小林麻耶(現在フリーアナウンサー)もアシスタントとして登場していた。
前身コーナーの「かくし芸コンテスト」の頃からスタジオ出演者の対決企画の罰ゲームに指定されており、さんま・うつみ・玉緒ほかゲストも含めて、全員この舞台に立っている。
稀に強烈なキャラを持つ出演者(例:演歌が趣味の高校生、オネエ系教師など)が登場し、その後番組自体の企画に抜擢されるケースが多い。前述の「演歌が趣味の高校生」として出演していた大江裕は企画に抜擢後、「のろま大将」で演歌歌手デビューすることになった。
また、『芸能人かえうた王決定戦』という2時間スペシャルも放送された。予選(決勝大会出場権獲得を賭けたもので、タレントや芸人、アイドルなどが出場する)を開催して(行われないこともある)、そのあとの決勝大会は予選を勝ち抜いた者(予選で落ちたが特別審査枠で出場したケースもある)だけでなく、予選には出ていない芸人やタレント、人気アイドルグループや大ヒット曲を出した歌手なども替え歌を披露する。水木一郎率いるアニソンユニットや坂本冬美のようにスタジオではなく中継場所で替え歌を披露することがある。2015年4月26日19:00 – 20:57にこのコーナーの復活特番「明石家さんまの芸能人かえうた王決定戦SP」が放送された。

からくり・それってホント?
雑誌、ブログなどで紹介されている、芸能人の隠れた特技、趣味が本当なのかをスタッフが探り、芸能人に特技を披露してもらうコーナー。「からくりけん玉同好会」は本コーナーから生まれた。

からくり・うちの子大丈夫?
芸能人の子供が留守番ハウスで、留守番を体験するコーナー。「知らない人を家の中に入れてはいけない。」など、約束通りに守っているかを芸能人である親が別室のモニターで観察する。9月13日放送分から駄菓子屋を借りた「店番編」が始まった。

小倉優子の苦手克服企画
小倉が苦手としているダンス・水泳・ゴルフに挑戦するコーナー。

小倉優子音楽隊
サザエオールスターズの項を参照。

GTO下地先生のウキウキ家庭訪問→帰ってきたGTO下地先生の3者面談
前述の「からくりみんなの! かえうた」に登場していた「オネエ系教師」下地敏雄先生(中学校教諭)が赤荻歩アナウンサーと共に悩みを持つ中学生の家庭を訪問して、悩みを解決する。なお、ロケ地は下地先生の勤務先(福岡県久留米市)の関係で福岡県・大分県・熊本県など九州でのロケがほとんどである。「GTO」はGreat Teacher Onee(オネエ)の略。

はじメシ(恥飯)
「人前では恥ずかしくてできないけれど、一人でいる時に限って思わずやってしまう」という、自分だけの美味しい食べ方を紹介するコーナー。また、出演者たちから紹介されたものの多くが(一般的に)想像できない程の仰天メニューが大多数を占める。

田中みな実企画
TBSの田中みな実アナウンサー(放送当時)のぶりっ子キャラを直そうといろいろな所へ社会勉強をする。この番組を見て南海キャンディーズの山崎静代が不快感を示し、因縁の相手となっている。

女子高生スペシャル
2012年7月1日開始。司会はTBSの山本匠晃アナウンサーが行いパネラーに女子高生が出演し、本音を発表する。

からくりビデオレター
1996年スタート。地方からビデオで子供にメッセージを送る。その日のゲストの地元へ出向き、家族や恩師などからのビデオレターが放送されることもあった。このコーナーの「野球部を辞めてソフトボール部に入った。」というVTRから、さんまの代表ギャグの1つである「意味ないじゃ〜ん!」が誕生し、[6]『明石家マンション物語』でこれを題材にした「大日本意味なし教」という定番コーナーができた。2005年春からは「からくりビデオレターリターンズ」という続編コーナーがスタートした。開始時のBGMは、ふるさとを模したBGM。内容によっては感動的なものがあり、回答者が公の場を忘れて号泣することもある。前述した「ご長寿グランプリ」でも復活しており、こちらはBGMが竹原ピストルの「よー、そこの若いの」に変更されている。

からくりビデオレターリターンズ
かつて「からくりビデオレター」のコーナーに出演した家族が番組にビデオレターを送る。5年前など結構前に取り上げられた家族も多いのだが、誰かが亡くなっていたりすることは全くなく、逆に子供が増えていたりする。4問目に取り上げられることが多い。

玉緒が行く
1996年4月21日スタート。中村玉緒がいろいろな事に挑戦する。初回の職業は、コンビニでのアンパン販売だった。このコーナーで玉緒は『197種もの職業』を一週も休まずに挑戦し続けた。2000年に終了した。後にこのコーナーで玉緒に大工仕事を教えた石澤盛男が「からくりお悩みパビリオン」や「棟梁のお悩みエリート塾」に抜擢、出演した。後期には番組の最後に「玉緒が行く未公開シーン」を放送していた。このコーナーからの出題の大方は「玉緒がまた何かをしでかしましたが、何をしでかしたのでしょうか?」というもので、常に一般人にはとても考えつかないような行動が正解となるため、さんまからは「お母さん、何考えてまんねん」と呆れられる。ただ、ごく初期の頃は、「玉緒は今回どんな職業体験をするのでしょうか?」というものであり、コーナーの冒頭に出題されていた。

玉緒と行く
「玉緒が行く」の続編。玉緒がその道のプロと共にいろいろな事に挑戦する。前作の「玉緒が行く」ほどの長続きはしなかった。

玉緒の結婚相談所
玉緒が未婚の相談者の相談にのるコーナー。前述の2コーナーよりも長続きはしなかった。

からくり残像クイズ
1時間枠拡大後すぐの1996年5月頃に放送。さんまが「右から左に文字が流れるタイプの電光掲示板は、文字が流れる機能が壊れても見ている人が首を右から左に振れば流れている文字が読める」という発見をしたことから始まった期間限定のクイズ。
文字が流れる機能を停止させた右から左に文字が流れるタイプの電光掲示板に何と書いてあるかを早押しで当てる。
VTRはなく、スタジオのみで行うというこの番組では珍しいタイプのクイズで、解答者が文字を読むために必死に左右に首を振る姿が好評だった。

からくりお悩みパビリオン
2000年10月8日(秋の特大号)にスタート。特設ボックスで加藤淳・青木政司・石澤盛男ら3名が、人生や進路の悩みを解決する。キャラクターの濃い加藤の人気が最も高く、石澤の出番は驚くほど少なかった。青木は稀に悩みを解決することができたものの、加藤に関しては本質的な回答にはほとんどいたらなかった。一方、石澤は十分解決することができたものの、これが石澤の出番が少なかった理由の1つでもあった。

棟梁のお悩みエリート塾
「玉緒が行く」で登場し、「からくりお悩みパビリオン」にも出演していた石澤盛男が、子供の悩みを解決する。我妻泰熙や吉田昌平が出演しタレントに転進した。

加藤淳の日本浪漫紀行
「サラリーマン早調べクイズ」や「からくりお悩みパビリオン」で評判だった加藤淳が日本国内を旅する。

大青木越前
「ご長寿早押しクイズ」や「からくりお悩みパビリオン」に出演していた青木政司が若者の悩みを解決する。青木本人の希望で行った一回きりのコーナー。コーナー名の由来は同局がナショナル劇場(当時)枠で放映していた『大岡越前』が元である。

からくり隣の若奥さま!
司会はTBSの安住紳一郎アナウンサーで、審査員は加藤淳・青木政司で理想の嫁を選ぶ。あまり長続きしなかった。

サラリーマン早調べクイズ
1999年10月3日(秋の特大号)にスタート。司会はTBSの安住紳一郎アナウンサーで新橋駅前若しくは西新宿にある公衆電話の前で、2人の酔っ払っているサラリーマンに問題を出題し、公衆電話を使い知人に電話を掛け、調べて解答してもらう。そのやり取りからクイズを出題する。正解者には、土産として高級寿司がプレゼントされる。
安住アナが酔っ払いのサラリーマンを相手に奮闘する司会ぶりが好評で、このコーナーをキッカケに安住アナはTBSの看板アナウンサーとして名前を知られることとなった。さらにとある回で因縁をつけてきた回答者の要求で、『司会者と回答者が入れ替わる』という前代未聞の事態が発生。このことは放送当時のクイズとなったほか、オールスター赤面申告!ハプニング大賞でピックアップされた。また、加藤淳がこのコーナーから「からくりお悩みパビリオン」・「加藤淳の日本浪漫紀行」に出演をしタレントとしても活動している。このコーナーに出演していた人たちは、現在もリニューアルしたコーナーに出演することが多い。2003年に終了した。
なお、TBSのドラマ『木更津キャッツアイ』最終回に、サラリーマン早調べクイズのシーンがあり、安住アナがドラマ出演を果たしている(回答者はうっちー役の岡田義徳で、天津丼が分からず「かに玉丼」と答えていた。)

サラリーマンかくし芸コンテスト
「サラリーマン早調べクイズ」の続編としてスタート。司会は安住アナで出演者が自慢のネタを披露する。出演者のほとんどは「サラリーマン早調べクイズ」に出演した人が出演している。このコーナーで多くの人が披露した替え歌が人気だったため、「からくりみんなの!かえうた」に引き継がれる形で終了した。

からくり外国人日本王
司会はTBSの蓮見孝之アナウンサー又は伊藤隆太アナウンサーで日本になじみのある外国人が日本に関する問題を出題し、チャンピオンが答える。そのやり取りからクイズを出題。万が一、チャンピオンが答えられなかった場合は新たなチャンピオンが誕生となる。
初代チャンピオンは、ロバート・ボールドウィンだったが、2008年2月3日の放送にてロシア出身のエレナ・ビノグラドワについに敗れ、2代目の日本王誕生の幕開けとなった。また、同年2月24日の放送では「からくり外国人日本王・特別編」として、初代日本王・ロバートの追跡編が放送された。その後2代目の放送を1回挟み2008年4月27日の放送にてロバートが日本王に返り咲いた。
なお、そのロバートは後日、他局の番組(『笑っていいとも!』)にゲスト出演し、一躍話題を呼んだ。

からくり列島中継
「サラリーマン早調べクイズ」でパニックになり、スタジオを爆笑の渦に巻き込んだ桜田さん(通称、玉ちゃん)が日本国内の名所をパニックになりながら中継する。その様子からクイズを出題。また、桜田のフォロー役としてJNN各局の女性アナウンサー(CBC・加藤小百合など)も登場している。

知識の泉
2000年4月2日(春の特大号)にスタート。浅田美代子・長嶋一茂・西村知美(西村が産休のときは松嶋尚美)が高級レストランでトークをする。時折、非常識ともいえる発言も飛び出した。トーク中、さんまを馬鹿にする発言を行い(特に、長嶋・西村)、さんまを激怒させたこともあった。このコーナーに限って浅田・長嶋・西村・松嶋にはスタジオでの解答に制限があるものの(解答開始時は解答ができない)、自分自身でも何を言ったのか忘れてしまい、本人も正解できないこともしばしばあった。
コーナー終了からしばらくして、復活したがその後再び終了した。

新しい知識の泉
上記の『知識の泉』と概要はほぼ同じだが、ゲストを招いていた。

知識の小泉
上記の『知識の泉』と概要はほぼ同じだが、準レギュラーであるTBSの安住紳一郎アナウンサー、セイン・カミュ、鈴木史朗アナウンサーが、ロケの苦労話を交えつつトークをしていた。

KARAKURI FUNNIEST ENGLISH
『さんまのからくりTV』時代に稀に出題されていた「からくり基礎英語」のリニューアル版として1996年10月に登場した。 セイン・カミュが日本人に英語で質問をして、英語で回答を求める。返ってくる英語は日本語訳すると珍回答になるものが多く、それが人気を博した。稀に外国人が近くを通りかかった際、セインは勝手に進行を外れて、外国人と英語で楽しく会話していた。後述のセイン進行によるコーナーの開始により発展的に終了した。コーナー終了後も数回放送され、ファニエスト外語学院にも出演するボビーもセインとともに進行したことがある。

KARAKURI FUNNIEST JAPANESE
2000年10月8日(秋の特大号)にスタート。セイン・カミュが日本在住の外国人に英語で質問をして、日本語で回答を求めるというもの。慣れない日本語に珍発言もあった。このコーナーでボビー・オロゴンなどが初登場した。

セインのファニエスト外語学院・日本語学科
セイン・カミュが「KARAKURI FUNNIEST JAPANESE」に出演した外国人に日本語を教えたり、様々な職業体験を実践させる。その外国人たちの言い間違いや悪ふざけにセインがツッコミを入れる、というのが主流だった。後にこのコーナーのメンバーだったボビー・オロゴンとアドゴニー・ロロがタレントデビューした(ボビーはタレント兼格闘家、アドゴニーはタレント兼映画俳優)。このコーナーの初期メンバーで槇原敬之より提供された楽曲「ハトマメ 〜Say Hello To The World〜」でポニーキャニオンよりCDデビューしている。2005年3月に「セインのファニエスト外語学院」が終了した。「KARAKURI FUNNIEST ENGLISH」に出演して面白い回答をした日本人に英語を教える「セインのファニエスト外語学院・英語学科」を行なったこともあったが、実質「セインの実践英会話」と同じ内容になってしまったため、こちらは僅か数回で終了した。出演者は次の通りである。

2002年度 セイン・カミュ ボビー・オロゴン エリック・ロビンソン アドゴニー・ロロ
2003年4月~2004年1月 セイン・カミュ ボビー・オロゴン アブドゥール・ハキーム・アミール アドゴニー・ロロ
2004年2月~2005年3月 セイン・カミュ ボビー・オロゴン アドゴニー・ロロファニエストトークショー
様々な分野の人を招待し、「セインのファニエスト外語学院・日本語学科」のメンバーとトークをする。僅か数回で終了した。

セインの実践英会話
セイン・カミュが街頭インタビューで見つけた英語に興味のある日本人や面白い回答をした日本人に英語を教える。

からくり母子手帳
かつて「セインの実践英会話」に出演し、珍回答を連発していた加治佐朱美が子供を出産するまでを取材し、そこからクイズを出題する。

セインのからくりイングリッシュジャーニー
セイン・カミュが日本各地を旅して町の人と英語で話す。問題は三択で、町の人とのやり取りがこの後どうなるか解答する。2006年10月頃から始まった。

からくりお宅訪問
取材に協力してくれた家の人にスタッフが指示したものを持って来てもらい、「何を持ってくるか」を三択クイズで出題する。トップ賞になった解答者は持ってくるものを予想する。かつては「からくりチャンス」の問題は「ご長寿早押しクイズ」のみだったが、2003年冬から『さんまのからくりTV』時代に「からくりチャンス」として出題されていた「お宅のアレ、もってきてください!」のリニューアル版として復活した。最近では「国際下宿訪問」など、学生寮を訪問することもある。ごくまれだが通常問題として出題される場合もある。こちらも最近はほとんど放送されていない。

からくり世論特捜隊
道行く人に質問をし「イエス」か「ノー」で回答してもらい、その理由を聞く。問題は三択で出題される。こちらも同じく、ごくまれに通常問題として出題されることもある。なお、質問の結果は集計し円グラフにする。

からくりこだわりインタビュー
2006年5月頃にスタート。こちらも上記のコーナー同様、道行く人に質問をするが、こちらは「もし、○○だったら何をするか」という質問をし、回答してもらう。三択問題で出題される。また、ごくまれだが通常問題として出題される場合もある。

からくりザ・ランキング
現在、流行のものや自分だけのブームなどを道行く人に聞き、ランキングを制作。面白い回答をした人の回答やその理由を当てる。通常問題として出題されることもあり、その場合、2・4問目辺りに出題する事が多い。

からくり中継クイズ
スタジオ出演者の家族が生中継で三択クイズを出す。ごくまれだが通常問題として出題される場合もある。これはアンタッチャブルの山崎弘也がとある日の同番組収録中に山崎の実母が「さんまのファンだ」と言っていたことを告白、この事からこのコーナーが誕生したものとみられる。なお、これまでのシリーズものとしてこの山崎の家族(夫妻)シリーズのほか、プロレスラー中西学シリーズがこのコーナーで登場している。

松岡修造の人間とは何だ?!
松岡修造が相談者の悩みを解決する。松岡本人の持ち込み企画だったが、相談者の応募が少なかった上に、松岡が暴走し相談者が困惑するという、さんまも唖然とする内容だった。すぐに松岡本人が「松岡修造の父とは何だ!? 」に企画変更した。

松岡修造の父とは何だ!?
松岡が子供との会話の無い父親の手助けをするコーナーで、松岡本人の持ち込み企画の続編。やはり、さんまも唖然とする内容で、僅か数回で終了した。

からくりテニス同好会
さんまが「打倒・松岡修造」を目的に結成した同好会メンバーが、プロの指導を受けてテニスの練習をする。その様子からクイズを出題。スペシャルでは、実際に松岡とテニス対決を行なった。

熱いプロレスラー中西学のお悩み相談焼肉相談亭
司会はTBSの駒田健吾アナウンサーとおぎやはぎが務める(かつてはアシスタントとして山上友梨や南明奈も登場した)。中西学が相談者の悩みを聞き悩みを解決する。中西本人の希望で「熱いプロレスラー中西学のお悩み相談バーベキュー相談亭」にリニューアルしたが、内容は全く同じだった。

からくり卒業文集
小学校時代や中学校時代の面白い卒業文集を発表する。長嶋一茂やガレッジセール・ゴリの卒業文集が発表されたこともある。

おともだちをつくろう
お互い初対面の小学生数人のグループ2組を招き、仲良くなる過程を観察するコーナー。仲良くなった小学生は特設ボックスで、番組ADの「(通称)ぼたんちゃん」のガイダンスにしたがって改めて自己紹介を行い、それらの過程からクイズを出題する。開始当初は子供ならではの自然な無邪気さが好評で、面白い子供が続出した「棟梁のお悩みエリート塾」のような人気コーナーになるかと思われたが、しばらくすると特設ボックスでネタとも取れるような(いかにもテレビに映ることが目的の)わざとらしい演技や踊りをする子供があらわれ、その上、「内気で最後まで初対面の小学生に話しかけられず、気まずくしている子供がかわいそう」という意見も出たため早々に終了した。

熱いプロレスラー中西学のお悩み相談バーベキュー相談亭
2005年10月に放送開始、司会はTBSの駒田アナウンサーとおぎやはぎで、中西が相談者の悩みを解決する。ただ本質的な解決には至らず、中西の珍発言に注目が集まる。外に出て決闘したりすることもある。リニューアル前のこのコーナーは中西が熱血発言で元気をもらうのも目的だったが、「格言」がなくなったためか、人気は落ちているらしい。このコーナーは、おぎやはぎが「この番組にどうしても出演したい」と言った結果まかせられたコーナーであるが、本人達は「(中西さんとは関係のない)他のコーナーがよかった」と愚痴を言っている。2問目あたりで出題されることが多い。2007年10月頃からはほとんど放送されていない。

生徒だけの学級会
生徒が教師について思っていることを発表する。時には先生と問題発言(?)をした生徒が実際に向き合って対決することもある。2問目、4問目に取り上げられることが多い。

からくりみんなの部室
女子高生が部室などであるテーマについて自由に話し合う。そこでの発言からクイズを出題。

からくり奥様だけのティーパーティー
仲の良い奥様達に集まってもらい、お互いに自分の旦那への愚痴や治して欲しい所について自由に話し合う。そこでの発言からクイズを出題。

お父さんのためのメール添削講座
仲の良い女子高生(後に進学して女子大生になった)4人組に集まってもらい、携帯電話のメールで娘とうまくコミュニケーションが取れなくて困っているお父さんに、メールのテクニックを教えたりアドバイスをしたりする。そのやり取りからクイズを出題する。「からくりチャンス」として三択問題で出題されることもある。

からくりメッセージボード
悩みを持つ人が街頭で通りすがりの人からアドバイスや励ましの言葉をかけてもらう。そのやり取りからクイズを出題する。「からくりチャンス」として三択問題で出題されることもある。

からくり川柳
司会はTBSアナウンサーの伊藤隆太アナで、出演者が男女に別れ川柳を発表し合う。定期出演者として、若手芸人と一般人、コギャル風の女子高生2名がいる。審査員には関根勤、加藤淳、やすみりえがいる。1問目、4問目に取り上げられることが多かった。

からくりご両家顔合わせクイズ
司会はお笑いコンビのおぎやはぎでこれから結婚しようと考えているカップルの両家族が初対面し、クイズを出し合う。4問目に取り上げられていた。

若手芸人が全国各地でクイズ探し
「からくりチャンス」として出題された。お笑い芸人がクイズを探し、問題は三択で出題される。レイザーラモンHGが出演した。わずか一回で終了した。

個人情報流出問題
2006年3月15日、TBSは同番組の出演者や番組に参加した視聴者らの個人情報が、Winnyを通してネット上に流出していたと発表した。流出したのは出演タレントや、クイズコーナーなどへの一般参加者・応募者、TBS社員や番組スタッフらの連絡先など。この他、悩み事相談コーナーに応募してきた視聴者の相談内容などもあった。

番組の終焉
最高視聴率27.0%(1998年2月1日放送)を記録する等、長らく人気を博したが、裏番組である『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)の影響で視聴率が落ち始め、末期には6%前後となっていた[7]。末期にはスタジオ収録でのクイズコーナーが廃止されロケ企画が中心となり、ゲストの思い出の街を散策するコーナーを放送するなど、番組初期〜中期の特色はかなり失われていた。加えて制作費用が高騰していたこともあり、2014年7月8日にTBSが同年9月で放送終了することを正式発表[8]。同年9月7日放送の2時間スペシャルを以て、22年間の歴史に終止符を打った[2]。
終了理由には視聴率の低迷も挙げられていたが、最終回スペシャルの視聴率は14%を記録した。
終了後は前述の通り、「からくりみんなの!かえうた」や「ご長寿早押しクイズ」といった人気企画が特別番組として復活した。また『芸能人かえうた王決定戦』のように別番組で企画として定着したものもある。

ネット局
さんまのSUPERからくりTV ネット局

放送対象地域

放送局名

系列

放送時間

備考
関東広域圏

TBSテレビ(TBS)「さんまのSUPERからくりTV」制作局

TBS系列

日曜 19:00 – 19:57

制作局旧:東京放送
北海道

北海道放送(HBC)

青森県

青森テレビ(ATV)

岩手県

IBC岩手放送(IBC)

旧:岩手放送
宮城県

東北放送(TBC)

山形県

テレビユー山形(TUY)

福島県

テレビユー福島(TUF)

新潟県

新潟放送(BSN)

長野県

信越放送(SBC)

静岡県

静岡放送(SBS)

山梨県

テレビ山梨(UTY)

富山県

チューリップテレビ(TUT)

石川県

北陸放送(MRO)

中京広域圏

CBCテレビ(CBC)

旧:中部日本放送
近畿広域圏

毎日放送(MBS)

岡山県・香川県

山陽放送(RSK)

広島県

中国放送(RCC)

山口県

テレビ山口(TYS)

鳥取県・島根県

山陰放送(BSS)

愛媛県

あいテレビ(itv)

旧・伊予テレビ1992年10月の開局時から放送
高知県

テレビ高知(KUTV)

福岡県

RKB毎日放送(RKB)

長崎県

長崎放送(NBC)

熊本県

熊本放送(RKK)

大分県

大分放送(OBS)

宮崎県

宮崎放送(MRT)

鹿児島県

南日本放送(MBC)

沖縄県

琉球放送(RBC)

また、系列局外の秋田県では、日本テレビ系列の秋田放送(ABS)で土日の日中に不定期で放送されていた。
CBCテレビでは野球シーズン中は野球中継に差し替えられほとんど放送されていなかった。(事情はJNN排他協定を参照のこと)番組終末期には土日の日中に振替放送されるようになった。
一部地域で再放送を行っている系列局がある。主題歌
歴代オープニングテーマさんまのからくりTV オープニング/作曲:長谷川智樹(1992年4月26日 – 1996年3月24日)
30分時代のみ使用。
「ブロードキャスト・トラックス TBS編」に収録。
DEAD OR ALIVE / BIG HORNS BEE(1996年4月21日 – 使用終了年不詳)
オリジナル曲/作曲:和泉一弥(使用開始年不詳 - 2014年9月7日)歴代エンディングテーマ言えずのI LOVE YOU / KAN(1992年4月26日 – 1992年9月27日)
うしろの正面 / GARLAND(1992年10月11日 – 1993年3月28日)
文明の街 / INVOICE(1993年)
君を見つめているから/坂井美唯子(1994年)
いっしょにねっ / 浅田美代子(1994年10月 – 1995年12月)
こんな日曜日 / 黒田有紀(1996年頃)
river / CHAGE and ASKA(1996年1月 – 1996年3月24日、木曜ドラマ『リスキー・ゲーム』のみで放送)
Believe 〜あなただけ映したい〜 / 米倉千尋(1996年4月 – 1997年3月)
Sunday Sunday / 梶谷美由紀(1997年頃)
Hey! Mr.Angyman / 斉藤和義(1998年頃)
ヤッホー! / 泉川そら(1998年頃)
happenings / FLIP FLAP(1998年 – 1999年頃)
smile again / advantage Lucy(1999年頃)
心のフェロモン / シェキドル(2000年頃)
愛よ届け、風に祈れ / TYO(2002年頃)
afresh wish / the★tambourines(2003年)
笑おう / Hysteric Blue(2003年)
ハトマメ 〜Say Hello To The World〜 / The Students(2004年1月 – 3月)
ハトマメ 〜Say Hello To The World〜 / 槇原敬之(2004年)
DEAD OR ALIVE / BIG HORNS BEE(オープニングBGMと同様、2005年1月 – 使用終了年不詳、2012年7月 – 2013年1月)
夢に向かって! / 竜之介バンド(2007年 – 2008年10月頃)
学園天国 / 並木瑠璃(2008年10月頃 – 2009年2月)
のろま大将 / 大江裕(2009年)
夕焼け大将/ 大江裕(2010年1月24日 – 2010年7月)
ニッポン道中いただきます/ 大江裕(2010年8月)
赤坂よっといで音頭/大江裕(2010年9月 – 2012年頃)スタッフ
ナレーション:真地勇志、小松由佳
構成:大岩賞介、詩村博史、高橋秀樹、藤沢めぐみ、鮫肌文殊、木野聡、石津聡、岩本哲也
TM(テクニカルマネージャー):荒木健一
TD(テクニカルディレクター):坂口司(以前はカメラマン兼務)
VD(ビデオエンジニア):姫野雅美、平野邦雄(以前はロケ技術)
カメラ:平井洋子
音声:山田健吾
照明:矢作和彦
PA:中澤望
ロケ技術:石毛雄己、牧野正義、中島純、池田知司、寺田忠司、小尾浩幸、清達彦、田代和也、山本真二、中島知文
指導:田邊秀輝
美術プロデューサー:山口智広
美術デザイナー:中村嘉邦(以前は美術制作)
美術制作:桂誉和、渡邊秀和
装置:坂本進、松本俊二、中村拓郎、佐藤薫
電飾:阿部達矢、石井誠吾
特殊装置:安達敬雄、山口貴史
アクリル装飾:上野樹也
持道具:小澤友香
特殊効果:星野達也
植木装飾:猿山利昭
衣裳:渥美智恵
装飾:安藤豪
メイク:日野萌菜美、麓直美
テーマ音楽:和泉一弥
CG:大宮司徳盛
編集:持田真吾、藤森智史、新部裕司
MA:渡辺佳巳
選曲:越前屋修
音響効果:山田弘実
TK(タイムキーパー):岩橋千枝
編成:時松隆吉(以前はディレクター)
番宣:小林恵美子
デスク:中山かおり
マネージメントプロデューサー:金原将公
AD:阿部真哉、池澤由桂、安藤勇貴、阿部佑哉、柄本直弥、南部剣志
AP:石塚幸一・梶山智未(共に以前はディレクター)
ディレクター:宮島将志・田中孝之(共に以前はチーフディレクター)、河本恭平、松原拓也、山口博、高城郁子、丹川祥一(以前はAD)、村中良輔、高柳健人、鈴木闘匠、青木英一
チーフディレクター:井上整(以前はAD → ディレクター)
プロデューサー:帯純也(以前はディレクター → 総合演出)
協力:エポック社、日音 / ヴィン・ディ・ボナ、ジャニーズ事務所、プロダクションズ、東京オフラインセンター、タカハシレーシング
制作協力:吉本興業
制作:TBSエンタテインメント(2000年4月 – 2004年9月)→TBSテレビ(2004年10月 – 2009年3月、社名変更により)→表記廃止(TBSテレビが放送免許を保有したことにより)
製作著作:TBS過去のスタッフ
エグゼクティブプロデューサー:近藤誠(以前はディレクター → 演出 → プロデューサー)
プロデューサー → チーフプロデューサー:渡辺香 → 岩原貞雄 → 園田憲(総合演出兼任、以前はディレクター → 総合演出のみ) → 戸高正啓 → 吉田裕二(初期時代はディレクター) → 合田隆信(初期時代はディレクター)
マネージメントプロデューサー:西川永哲 → 小谷和彦
プロデューサー:十二竜也・角田陽一郎(共に以前はディレクター)、江藤俊久(以前はディレクター → 総合演出)、渡辺英樹
総合演出:塚田俊男(以前はディレクター)
演出:高橋啓志
ディレクター:篠塚純、韓哲、神尾祐輔、櫟本憲勝、大滝功、小川恵二朗、松沢直美、重藤尚志、細矢将司、佐藤稔久(以前はAD)、高木雅代、鴨下潔、正木敦、宮尾毅、田口豊、米田貞史、呉亘治、今村武彦(以前はAD)、刀根鉄太、石橋孝之、奥村美津子(以前はAD)、藤城仁、見崎陽亮(以前はAD)、武山友樹、黒木裕二(以前はAD)、岸田大輔、香西康男、平野亮一、井上倫享、河野拓馬、大室博一、青木孝之、高岡滋紀、藤井健太郎
AP:牧田桂子、竹内文子、高橋かやの、住田雄一、江下祥子、前田美和、島亜矢子
AD:山室大輔、南泰信、奥本恵巳、山口雄太、東海多美、岸本淳司、新沢学、橋本美和、古庄雄一、黄地久美子、天野幸治、岩井秀行、加藤あゆ美、中島敦、中村紀史、赤堀哲也、竹山裕子、高山由吉、山木健司、鈴木顕尚、岩上武司 
編成:藤原麻知
番宣:川田真穂子、角口昌代、清水雅哉、真鍋武
デスク:内山香織
構成:樋口卓治、村上卓史、渡辺哲夫、佐藤雄介、大悟法弘一、栗原淳子
音楽監修:門司肇
音楽:長谷川智樹(30分時代)、BIG HORNS BEE
テクニカルマネージャー:金澤健一(以前はテクニカルディレクター)
テクニカルディレクター:小林敏之
テクニカルディレクター・カメラマン:伊東修
ビデオエンジニア:高木敏之、高橋康弘、形山晋治、近藤明人
音声:佐久間優、倉本紀彦、坂井健志、川島雅裕、小澤義春、森和哉、菅原正巳、武田聡之
照明:林明仁、鈴木孝夫
ロケ技術:阿部昇、金子孝礼、内田一吉、久島十乃、金山芳和、宇佐美浩、相馬敦、安西康弘、浜田英弘、鈴木勝則、井上創太、木村仁、川俣充、三村浩一、小山久志、野中克利、原淑浩、佐々木秋夫、川越博美、久保田清明、浅沼淳一、大森浩一
美術プロデューサー:河瀬洋男、池田全、鈴木孝之、長沼孝仁
美術デザイナー:西條貴子、太田卓志、高松浩則
美術制作:渡邊秀和
装飾:加藤秀喜、森田正樹(森田→以前は装置)、松本良二
メイク:山下恵子、小林博美、森崎須磨子、伊駒舞、浜田晃奈、高村明日見
持道具:貞中照美(以前は特殊道具)、岩本美徳
電飾:有吉裕二、長谷川潤、大谷圭一
生花装飾:儀同博子
VTR編集:大鐘義彰、星信幸、原康子、河西純、鶴見仁、椎名広二、大岡愛、森本仁志、田村啓一郎、岩澤史晃
音響効果:大野友造、荒井忠利
特殊効果:安達敬雄
衣裳:東京衣裳
選曲:戸高良行脚注
[脚注の使い方]注釈

^ スタジオ映像と一部VTR

^ ロート製薬の一社提供(但し、1991年10月から1992年3月29日までの期間は、同社を含む複数社提供)だった。

^ それ以前の30分時代初期は魚のさんまの形を象ったもので、頭と尾の間(胴体部)にタイトルが書かれていた。

^ 30分時代初期の頃は視聴者に対してもテロップで流す形で正解を見せており、中期以降も解答者からなかなか正解が出ない場合は視聴者に対してテロップで正解を見せることがあった。

^ なお、当選した視聴者から見ればこの「残念」という演出には矛盾が生じる。

^ 元々席には早押しボタンは設置されていなかったが、本人の希望により1997年頃に早押しボタンが設置され、ご意見番兼解答者という形に定着した。

^ 稀に、他の出演者らと同じく通常の席で参加するケースもあった。

^ 初期は鈴木のタイトルコールでスタートしていた。名人戦の場合は別専用オープニング曲を使用。

^ ロケ収録は主に関東地方とその周辺の市町村を訪れて行われた。群馬県、栃木県、茨城県、千葉県、山梨県、福島県、静岡県など。ただし、名人戦の場合は初期は東京都内のホテルなど行われ(例:第5回名人戦は「目黒雅叙園」開催)、その後は関東近郊の旅館や料亭などで開催することが定着していた。

^ 大抵は司会席が用意されているが、初期の頃は会場の都合で襷付きの板を机代わりにする場合が多かった。

^ この番組の性格上(あくまで娯楽番組であり事実を伝えることが主目的ではない)、仮にこのようなやらせまたはやらせまがいの演出がされていたとしても即問題になるとは言い切れない面もあるが、日本におけるメディアリテラシーの観点から好ましくないと見られていることから、このような議論が常につきまとっている。

^ ノミネート候補者の中には罰ゲームで参加した浅田美代子も挙げられた。

出典

^ 『からくりTV』終了は『鉄腕DASH』のせい? さんま「恩を仇で返された!」マイナビニュース 2014年10月16日(2019年5月18日閲覧)

^ a b “からくりTV 22年の歴史に幕…さんま涙なく感謝「また会う日まで」”. スポーツニッポン. (2014年9月7日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/09/07/kiji/K20140907008890250.html 2014年9月8日閲覧。 

^ “「ご長寿早押しクイズ」が14年ぶり復活 鈴木史朗アナが司会続投”. ORICON NEWS. (2016年12月9日). https://www.oricon.co.jp/news/2082794/full/ 

^ “オジー・オズボーン、とても紹介できないサイアクな映像”. BARKS. 2019年7月2日閲覧。

^ 10歳の日本人天才ギタリスト、宮澤佑門の出演スケジュール! Archived 2010年9月5日, at the Wayback Machine.

^ 野球部を辞めてソフトボール部に入った息子に対して、父親(一般男性)が「(似た競技で転部した)意味ないじゃん」とコメントした場面がスタジオの出演者や観客の爆笑を誘った。野球とソフトボールは同じような競技と思われやすいが、いくつかの相違点がある

^ “「からくりTV」がTOKIOに惨敗で打ち切りへ とうとう出てきた「お笑い怪獣」明石家さんま限界説”. J-CASTニュース. (2014年7月3日). https://www.j-cast.com/2014/07/03209504.html 

^ “TBS「からくりTV」9月で終了 22年の歴史に幕”. 産経新聞. (2014年7月8日). https://www.sankei.com/entertainments/news/140708/ent1407080003-n1.html 

関連項目
TBSテレビ
日本お笑い史
さんま・玉緒のお年玉あんたの夢をかなえたろかスペシャル
明石家さんまの爆笑!ご長寿グランプリ外部リンク
さんまのSUPERからくりTV(TBS内公式ページ)
からくりアパート – スタッフの私設サイト
TBS系列 日曜19時台前半枠
前番組
番組名
次番組
クイズ!!ひらめきパスワード【ここまでMBS制作枠】

さんまのからくりTV(1992年4月 – 1996年3月)【ここからTBS制作枠】

さんまのSUPERからくりTV※19:00 – 20:00

TBS系列 日曜19時台
さんまのからくりTV※19:00 – 19:30THE・プレゼンター※19:30 – 20:54

さんまのSUPERからくりTV(1996年4月 – 2014年9月)

不思議探求バラエティーザ・世界ワンダーX(2014年10月 – 2015年3月)

TBS系列 日曜19:57 – 20:00枠
THEプレゼンター※19:30 – 20:54

さんまのSUPERからくりTV(1996年4月 – 2009年3月)

うたばん※19:57 – 20:54【木曜20時台より枠移動】

表話編歴明石家さんま現在の出演番組
テレビ
踊る!さんま御殿!!
痛快!明石家電視台
ホンマでっか!?TV
さんまのお笑い向上委員会
週刊さんまとマツコラジオ
MBSヤングタウン
ヤングタウン土曜日「さんまのヤンタン」
現在の単発番組
テレビ
FNS27時間テレビ
テレビ夢列島
平成教育テレビ
27時間テレビ
FNS27時間テレビ22
今夜も眠れない→ラブメイト10
明石家サンタ
あんたの夢をかなえたろかSP
芸能界㊙個人情報グランプリ
笑ってコラえて!年末SP
ずっとあなたが好きだった!
行列のできる相談所
転職DE天職
コンプレッくすっ杯
芸能人かえうた王決定戦SP
さんまのまんま
東大方程式
さんタク
明石家紅白!
誰も知らない明石家さんま
爆笑!ご長寿グランプリ
さんま岡村祭り
FNS全国アナウンサー一斉点検
じもキャラGP〜お笑い怪獣と異名さん〜
さんま&女芸人お泊まり会
明石家笑業修学旅行
今だから話しますラジオ
オールニッポン お願い!リクエスト
過去の出演番組
テレビ
ヤングおー!おー!
誰がカバやねんロックンロールショー
霊感ヤマカン第六感
クイズ漫才グランプリ
オレたちひょうきん族
笑ってる場合ですよ!
THE ビッグ!
GOGOギネス世界一
クイズ!お金が大好き
森田一義アワー 笑っていいとも!
笑っていいとも!増刊号
笑っていいとも!特大号
ライオンのいただきます
花の駐在さん
熱戦!歌謡ダービー
やすきよの腕だめし運だめし
サタデーナイトショー
新婚さん!目方でドン
Do-Up歌謡TV
ヒットマッチ
紅白そっくり大賞
テレビくん、どうも!
遊びすぎじゃないの!?
ゴメンねわがままで
爆笑タッグマッチ
さんま大先生シリーズ
あっぱれさんま大先生
やっぱりさんま大先生
あっぱれ!!さんま大教授
あっぱれ!!さんま新教授
その地方でしか見られない面白そうな番組
イッチョカミでやんす
クイズ世界はSHOW by ショーバイ!!
高田・大倉の深夜NIヨイショ
恋のから騒ぎ
さんまのからくりTV → さんまのSUPERからくりTV
たけし・さんま超偉人伝説
明石家多国籍軍
プロ野球ニュース
平成教育委員会
さんまnoひろバァー
生さんま みんなでイイ気持ち!
さんまのナンでもダービー
明石家さんまのスポーツするぞ!大放送
明石家マンション物語
明石家ウケんねん物語
黄金バラエティ大全集
明石家さんまつり
すぽると!
さんまの天国と地獄
おかしや?さんま!
ライオンのごきげんよう
お台場明石城
明石家さんちゃんねる
サタデー・ナイト・ライブ JPN
オールスター家族対抗歌合戦(復活版)
ものまね王座決定戦
ものまね紅白歌合戦
BIG3 世紀のゴルフマッチ
初詣!爆笑ヒットパレード
世界超偉人伝説
大相似形テレビ
有名人が集まる店
さんま・清の夢競馬
オシャベリの殿堂
いきあたりばったり珍道中
フジテレビ30年史
FNS大感謝祭
ザッツお台場エンターテイメント!
フジテレビ大反省会
バラエティルーツの旅
ホンマでっか!?N
テレビを輝かせた100人
HAPPY Xmas SHOW
さんま&SMAP!
明石家ジャパン
白洲次郎に会いに行く
聞きたかったのはそういうコトだったのねSP
世界に一つだけの歌
もしもさんまさんだったら…?
フジサンケイグループ広告大賞
芸能界ワイドショー家族No.1決定戦
超近現代史!人間は相変わらずアホか!?
さんまのホントの恋のかま騒ぎ
60番勝負
さんま岡村祭り
笑う!大宇宙SP!!
日本人なら選びたくなる二択ベスト50!SP!
オトコってバカねSP
日本の長さんの悩み聞きます!
いま知りたい天才5人VSさんま岡村SP
徹子の部屋 最強夢トークSP
さんまの番組向上委員会
アメトーーーーーーーーーーク!5時間SPラジオ
ポップ対歌謡曲
MBSヤングタウン(土曜→月曜)
さんまの美女対談
明石家さんまのラジオが来たゾ!東京めぐりブンブン大放送
ヤンタンスペシャルサンデー 明石家さんまのなんでもこい!
明石家さんまのG1 Grouper(月曜)
音楽作品
明石家さんまさんに聞いてみないとネ
笑顔のまんまBIG3
タモリ
ビートたけし
明石家さんま関連人物
大竹しのぶ
IMALU
島田紳助
笑福亭松之助
笑福亭仁鶴
桂文枝
笑福亭鶴瓶
関根勤
板東英二
ジミー大西
村上ショージ
ほいけんた
原口あきまさ
出川哲朗
ナインティナイン
岡村隆史
矢部浩之
逸見政孝
杉本清
西川きよし
間寛平
五所の家小禄
四代目林家小染
大津びわ子
月亭八光関連項目
吉本興業
お笑い第二世代
サラリーマン
知っとるケ
ブラックデビル
アミダばばあ
ナンデスカマン
さんまの名探偵
さんまのマイホースクラブ
心はロンリー気持ちは「…」
明石家さんま殺人事件
明石家さんまプロデュース 今回もコントだけ
アローン会
漁港の肉子ちゃん
 カテゴリ
表話編歴渡辺正行現在の出演番組
オールスター感謝祭
炎の体育会TV
完成!ドリームハウス
関口宏の東京フレンドパーク ドラマ大集合SP!!
クイズプレゼンバラエティー Qさま!!過去の出演番組
おはよう!サンデー
オレたちひょうきん族
森田一義アワー 笑っていいとも!
三枝の愛ラブ!爆笑クリニック
うるとら7:00
FNSの日(FNSスーパースペシャルテレビ夢列島)
FNS27時間テレビ(FNS26時間テレビ23・FNS26時間テレビ24)
クイズ世界はSHOW by ショーバイ!!
ザ・ベストテン
史上最高そっくり大賞
ナベさんミッちゃんのまねまね天国!
アメリカ横断ウルトラクイズ
スーパークイズスペシャル
こんなクイズがあってもいいじゃないか大賞
オールスター100人ビンゴクイズ
なんでもベストテン!
日立 地球トライアル
クイズ どんなMONだい?!
OH!エルくらぶ
笑ケース100east
爆発!なべしま部屋
突然バラエティー速報!!COUNT DOWN100(オールスター歌の祭典)
さんまのからくりTV→さんまのSUPERからくりTV
平成あっぱれテレビ
ムーブ・関口宏の東京フレンドパーク
関口宏のPAPAパラダイス
関口宏の東京フレンドパークII
プロ野球夢のオールスタークイズ日本一
発明将軍ダウンタウン
快快!高田病院へ行こう
世界とんでも!?ヒストリー
ダウトをさがせII
まっ昼ま王!!
ビートたけしのTVタックル
おはようクジラ
すてきな出逢い いい朝8時
あなたのフツーは大丈夫!?激突ハッピーチェック
爆笑大問題シリーズ
スーパー知恵MON
得するテレビ
ちちんぷいぷい
絶品!地球まるかじり
道くさ大王
感動!チューボー隊が行く!!
あんたにグラッツェ!
高田・大竹・渡辺のオヤジ三人旅
月10万円で豊かに暮らせる町&村
教えて!ウルトラ実験隊
クイズ!ヘキサゴンII
中高年のためのらくらくデジタル塾
ちきゅう屋駄菓子店
お好み寄席ラジオ番組
おはようパンたオジら!
渡辺正行の東京めぐりブンブン大放送
渡辺正行と森川由加里(ナベユカ)のスーパーギャング
渡辺正行の大胆!ヒルマーノコント赤信号
ラサール石井
小宮孝泰関連項目
石井光三オフィス
ホリプロ
お笑い第二世代関連人物
杉兵助
石井光三
立川志の輔
関口宏
福留功男
逸見政孝
福澤朗
明石家さんま
島田紳助
設楽統(バナナマン)
オードリー(若林正恭・春日俊彰)
表話編歴関根勤(ラビット関根)現在出演のテレビ番組
ピタゴラスイッチ「こんなことできません」 – さんま・玉緒のお年玉あんたの夢をかなえたろかスペシャル – ミライ☆モンスター→ライオンのミライ☆モンスター – 昭和歌謡ベストテンDX – アプリで生判定!地域創生プレゼンバトル

現在放送のラジオ番組
オレたち☆妄想族〜関根勤の頭の中〜 – シン・ラジオ -ヒューマニスタは、かく語りき-

過去の出演テレビ番組

お笑いダンクシュート – 第58回NHK紅白歌合戦 – 赤い激突 – ディープピープル – ハッチポッチステーション – 金曜10時!うわさのチャンネル!! – カックラキン大放送!! – ズームイン!!朝! – スター誕生! – 11PM – 5時SATマガジン – コサキン勝手にごっこ – あきれた刑事 – クイズ世界はSHOW by ショーバイ!! – ヒューヒュー – ダウンタウンDX – 即席!明るい改造計画 – ともさか家の憂鬱 – Gyu!と抱きしめたい! – ピカイチ – ジャパン☆ウォーカー – 最強魂 – くりぃむしちゅーのたりらリラ〜ン – ZIP! – ぎんざNOW! – クイズ列車出発進行 – ミラクルTV大出動 – ぴったし カン・カン – パパ大好き! – わくわく動物ランド – おちゃのこサイサイ – クイズ!おみごと日本 – オールスター感謝祭 – コサキンルーの怒んないで聞いて!! – さんまのからくりTV → さんまのSUPERからくりTV(明石家さんまの芸能人かえうた王決定戦SP) – ジャングルTV 〜タモリの法則〜 – 王様のブランチ – チャンスの殿堂! – 爆笑問題のバク天! – 笑える新世代の逆襲 よくできたネタ!テン – 森田一義アワー 笑っていいとも! – 笑っていいとも!増刊号 – 笑っていいとも!特大号 – オレたちひょうきん族 – ライオンのいただきます – FNSの日(FNSスーパースペシャルテレビ夢列島・平成教育テレビ・FNS27時間テレビ)- 邦ちゃんのやまだかつてないテレビ – クイズ!早くイッてよ – 関根&ルーの!クイズサクセス – ウッチャンナンチャンのやるならやらねば! – クイズ!年の差なんて – TVクルーズ となりのパパイヤ – よ!大将みっけ – 芸能界大ボケだらけの天才クイズ王決定戦 – エンタメゆうえんち 東京移住計画 – 明石家マンション物語 – 明石家ウケんねん物語 – とんねるずのみなさんのおかげでした「博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜」 – 100%キャイ〜ン! – ファイトマネー – スゴ腕!バウト – ザ・レターズ〜家族の愛にありがとう – もしもツアーズ – タモリのジャポニカロゴス – 100人目のバカ – 奇跡体験!アンビリバボー – 関根勤5ミニッツ・パフォーマンス – 一攫千金!日本ルー列島 – ホンネの殿堂!!紳助にはわかるまいっ – 正直さんぽ(正直女子さんぽ) – 13時ショー – 徹子の部屋 – 欽ちゃんのどこまでやるの!? – パオパオチャンネル – タモリ倶楽部 – さんまのゴメンねわがままで – さんまのナンでもダービー – 史上最強のバラエティ クイズ100万ボルト – 関根&優香の笑うシリーズ – ザ・クイズマン! – ガリレオヒット脳研 – 雨上がり決死隊のトーク番組アメトーーク! – 烈車戦隊トッキュウジャー(烈車戦隊トッキュウジャーVS仮面ライダー鎧武 春休み合体スペシャル) – ペットの王国 ワンだランド – 関根勤&麻里親子の旭山動物園日記 – ウラ関根TV – お茶の間の真実〜もしかして私だけ!?〜 – ザ・逆流リサーチャーズ – 逆流!シラベルトラベル – 仰天クイズ! 珍ルールSHOW – OH!キッチン家族 – 夢通りエプロン亭 – 東京クラッソ!NEO – コサキンDEラ゛ジオ゛! – 昭和歌謡ベストテン – おしえて!家電の神様 – しくじり先生 俺みたいになるな!!(不定期)

日本アカデミー賞授賞式
第33回 – 第34回 – 第35回 – 第36回

過去のラジオ番組
関根勤のTOKYOベストヒット – 全国歌謡ベストテン – コサキンDEワァオ! – 関根勤のカンコンキンラジオ〜ポァ〜ンと聞いてネ!!〜 – 関根勤のカンコンキンラジオ〜オスのラプソディ〜 – 関根勤のスポパラ – 関根勤のランチで元気!

映画
烈車戦隊トッキュウジャー THE MOVIE ギャラクシーラインSOS – 烈車戦隊トッキュウジャーVSキョウリュウジャー THE MOVIE – 騒音

その他の作品
行って帰ってきた烈車戦隊トッキュウジャー 夢の超トッキュウ7号

関連項目
お笑い第二世代 – 浅井企画 – コサキン – 南砂町 – カンコンキンシアター

関連人物
萩本欽一 – 坂上二郎 – 小堺一機 – 関根麻里 – 鶴間政行 – 有川周一 – K – タモリ – 明石家さんま – 宇津井健 – 水野晴郎 – ルー大柴 – 水木一郎 – 長嶋茂雄 – 大滝秀治 – 千葉真一 – 渡辺正行 – 浅田美代子 – 草彅剛 – 香取慎吾 – 笑福亭鶴瓶 – 黒柳徹子 – 北乃きい – 川島海荷 – 麻木久仁子 – 木佐彩子 – 徳光和夫 – 桝太一 – 徳島えりか – 馬場典子 – 小熊美香 – 郡司恭子 – 内村光良 – 浜田雅功 – 出川哲朗 – 星野源 – 有吉弘行 – 若林正恭

表話編歴浅田美代子シングル
赤い風船 – ひとりっ子甘えっ子 – わたしの宵待草 – 恋は真珠いろ – しあわせの一番星 – 虹の架け橋 – じゃあまたね – 想い出のカフェテラス – 少女恋唄 – この髪にこの胸に – デュエット替え唄メドレー(嘉門達夫とのコラボ) – いっしょにねっ

アルバム
スタジオ・アルバム
赤い風船 – 美代子のおくりもの – 浅田美代子オリジナルファーストアルバム – しあわせの一番星/恋は真珠いろ – 美代子の新しい世界 – この髪にこの胸に

ライブ・アルバム
浅田美代子第1回リサイタル/ライブ – 美代子のページ

ベスト・アルバム(LP)
ギフト・パック 浅田美代子 – 浅田美代子ヒット全曲集(1974) – 浅田美代子デラックス – 美代子からあなたへ – Best of Best 浅田美代子のすべて – THE BEST / 浅田美代子

ベスト・アルバム(CD)
浅田美代子ベスト・コレクション – GOLDEN J-POP/THE BEST 浅田美代子 – DREAM PRICE 1000 浅田美代子 – GOLDEN☆BEST 浅田美代子

主なテレビドラマ
時間ですよ – 寺内貫太郎一家 – あこがれ共同隊 – 花吹雪はしご一家 – 家と女房と男の名誉 – 101回目のプロポーズ – 女の言い分 – 恋も2度目なら – さくら

主な出演映画
ときめき – しあわせの一番星 – あした輝く – 陽のあたる坂道 – 釣りバカ日誌シリーズ – 大夜逃 夜逃げ屋本舗3 – 走れ!イチロー – ツナグ

バラエティ番組
さんまのSUPERからくりTV – さんまnoひろバァー – さんま・玉緒・美代子のいきあたりばったり珍道中 – メレンゲの気持ち

関連人物
久世光彦 – 酒井政利 – 相馬一比古 – 吉田拓郎 – 明石家さんま

関連項目
ソニー・ミュージックエンタテインメント (日本) – テアトル・ド・ポッシュ – 芸映

表話編歴小倉優子シングル
1.ウキウキりんこだプー – 2.恋のシュビドゥバ – 3.永遠ラブリン(∂▽<)/ – 4.オンナのコ♥オトコのコ – 5.帰ってきたケロッ!とマーチ – 6.スキ☆メロ

アルバム
1.フルーchu♥タルト

ベストアルバム
1.小倉優子 パーフェクト・ベスト

参加楽曲
RESTART

過去のテレビ番組
三宅裕司のドシロウト – アイドルアイランド – 1、2、駐在さんダァ〜!! – コスモ★エンジェル – 謎を解け!まさかのミステリー – トナリの悩みの解決人 – ムッチャDOLL箱 乙女の祈り – 優子がゼッタイ! – ぶちぬき – ざっくりマンデー!! – 優遊星のゆうこりん – 九州青春銀行 – 森田一義アワー 笑っていいとも!/笑っていいとも!増刊号 – ラジかるッ→おもいッきりDON!→DON! – しりすぎちゃん – ザキ神っ! – ノブナガ – さんまのSUPERからくりTV

過去のラジオ番組
オレたちやってま〜す – 小倉優子のウキウキりんこだプー!うるとらだっしゅ – 小倉優子 ガール・トーク・ナイト – イマドキッC→イマドキッ

関連項目
アヴィラ – プラチナムプロダクション – サイトロン・デジタルコンテンツ – キングレコード – JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント – フォーサイド

表話編歴長嶋一茂現在の出演番組
くりぃむクイズ ミラクル9
ワイドナショー
モーニングショー
今夜はナゾトレ
痛快TV スカッとジャパン
ザワつく!金曜日過去の出演番組
料理の鉄人
スーパーJチャンネル
さんまのSUPERからくりTV
プロ野球ニュース
スポーツMAX
独占!!スポーツ情報
THE独占サンデー
K-1 GRANDPRIX
わたしはあきらめない
もしも体感バラエティ if
はぴひる!
スポんちゅ
報道ステーション
お茶の間の真実〜もしかして私だけ!?〜
サキヨミ
スーパーモーニング
元気を日本に 日本プロ野球
モーニングバード
一茂&良純の自由すぎるTV
櫻井・有吉 THE夜会出演テレビドラマ
一覧
なにさまっ!
ザ・ドクター
オードリー
新・お水の花道
逮捕しちゃうぞ
ざこ検事 潮貞志の事件簿
水戸黄門 1000回スペシャル
サラリーマン金太郎4
義経
アストロ球団
玉蘭
3.11 その日、石巻で何が起きたのか〜6枚の壁新聞出演映画
一覧
ミスター・ルーキー
男たちの大和/YAMATO
ポストマン
崖の上のポニョ
HOME 愛しの座敷わらし
二流小説家 シリアリスト
極道の妻(つま)たち Neo
テコンドー魂〜Rebirth〜
キカイダー REBOOT関連項目
東京ヤクルトスワローズ
読売ジャイアンツ関連人物
長嶋茂雄
長嶋亜希子
長島三奈
長島正興
関根潤三
野村克也
石原良純
表話編歴つるの剛士アルバム
1.つるのうた – 2.つるのおと – 3.つるばむ – 4.つるのうた2 – 5.つるのうた3 – 6.「つるのうた名曲集」プレミアムコンサート

ミニ・アルバム
1.ちゅるのうた – 2.ちゅるのうた2 – 3.ちゅるのうた3(29Qのうた) – 4.つるのうた3.5

ベストアルバム
1.つるのうたベスト – 2.つるの剛士 ベスト

シングル
1.夏のわすれもの feat.東京スカパラダイスオーケストラ/Love Letter – 2.メダリスト – 3.シュガーバイン/Two weeks to death – 4.ポケモン言えるかな?BW – 5.チャギントン SPECIALシングル – 6.君にありがとう – 7.全力全開!ゼンカイジャー

参加シングル
1.羞恥心 – 2.泣かないで – 3.陽は、また昇る – 4.弱虫サンタ – 5.泣いてもいいですか -6.Dear Friends-友へ- – 7.僕らには翼がある〜大空へ〜

参加アルバム
1.BPR5000 BURST TRACKS – 2.WE LOVE ヘキサゴン(我が敵は我にあり) – 3.WE LOVE ヘキサゴン2009 – 4.ブーゲンビリア – 5.大人チャレンジ – 6.WE LOVE ヘキサゴン 2010 – 7.WE LOVE ヘキサゴン 2011 – 8.ウルトラマンサーガオリジナルサウンドトラック(君だけを守りたい〜アスカの歌〜) – 9.歌がうまい王座決定戦コンピレーション 〜歌うま7人衆〜 – 10.雷神 – 11.高見沢俊彦プロデュース ウルトラヒーローソング列伝

主演ドラマ
ウルトラマンダイナ – 俺たち、ルームメイト – お台場探偵羞恥心 ヘキサゴン殺人事件

関連項目
BPR5000 (太陽の衝動) – 太田プロダクション – クイズ!ヘキサゴンII (羞恥心 – アラジン – エアバンド feat.雄&直 – フレンズ – ツバサ – ヘキサゴンファミリー – コンサート) – 芸能人こだわり王講座 イケタク – サザエオールスターズ – Cicadas – さんまのSUPERからくりTV – 将棋フォーカス – つるの剛士&Seacandles – チャギントン – ヒルナンデス! – 世界で働くお父さん

表話編歴TOKIO
メンバー:城島茂 (Guitar) – 国分太一 (Keyboard&Piano) – 松岡昌宏 (Drums) 旧メンバー:小島啓 (Guitar) – 山口達也 (Bass) – 長瀬智也 (Vocal&Rhythm guitar)シングル
表話編歴TOKIOのシングルCD
1990年代
94年
1.LOVE YOU ONLY – 2.明日の君を守りたい 〜YAMATO2520〜

95年
3.うわさのキッス – 4.ハートを磨くっきゃない – 5.SoKoナシLOVE – 6.好きさ 〜Ticket To LOVE〜 – 7.風になって

96年
8.MAGIC CHANNEL – 9.ありがとう…勇気 – 10.Everybody Can Do!

97年
11.フラれて元気 – 12.Julia

98年
13.この指とまれ! – 14.Love & Peace

99年
15.君を想うとき/Oh! Heaven – 16.何度も夢の中でくり返すラブ・ソング/溢れる想い – 17.忘れえぬ君へ… – 18.愛の嵐

2000年代
00年
19.みんなでワーッハッハ!/愛はヌード – 20.恋に気づいた夜

01年
21.どいつもこいつも/ボクの未来 – 22.メッセージ/ひとりぼっちのハブラシ – 23.カンパイ!! – 24.DR/Only One Song

02年
25.花唄 – 26.GREEN – 27.ding-dong/glider

03年
28.AMBITIOUS JAPAN! – 29.ラブラブ マンハッタン/ALIVE-LIFE

04年
30.トランジスタGガール – 31.自分のために/for you

05年
32.明日を目指して!

06年
33.Mr.Traveling Man – 34.Get Your Dream – 35.宙船/do! do! do!

07年
36.ひかりのまち/ラン・フリー(スワン・ダンスを君と) – 37.本日、未熟者/Over Drive – 38.青春(SEISYuN)

08年
39.雨傘/あきれるくらい 僕らは願おう

09年
40.太陽と砂漠のバラ/スベキコト

2010年代
10年
41.advance/また朝が来る – 42.-遥か- – 43.NaNaNa (太陽なんていらねぇ)

11年
44.見上げた流星

12年
45.羽田空港の奇跡/KIBOU

13年
46.リリック – 47.手紙 – 48.ホントんとこ/Future

14年
49.LOVE, HOLIDAY.

15年
50.東京ドライブ

16年
51.fragile – 52.愛! wanna be with you…

17年
53.クモ

DVD
1.僕の恋愛事情と台所事情

配信
1.PLUS

アルバム
オリジナル
1.TOKIO – 2.Bad Boys Bound〜TOKIO II〜 – 3.BLOWING – 4.WILD & MILD – 5.Graffiti – 6.YESTERDAY & TODAY – 7.5 AHEAD – 8.glider – 9.ACT II – 10.Harvest – 11.sugar – 12.17

ミニ
1.電光石夏

ベスト
1.Best E.P Selection of TOKIO – 2.BEST EP SELECTION OF TOKIO II – 3.HEART

カバー
1.TOK10

リミックス
1.TOKIO REMIX

映像作品
VHS
1.TOKIO in YAMATO2520 〜YAMATO2520テーマソングス〜 – 2.TOKIO FIRST LIVE VIDEO 〜BAD BOYS BOUND ’95〜 – 3.TOKIO VIDEO CLIP SELECTION – 4.TOKIO LIVE 1997 + SPECIAL BONUS TRACK 1998 – 5.TOKIO 1999 LIVE IN 日本武道館 〜君を想うとき〜 – 6.TOKIO VIDEO CLIPS 2000 – 7.5 ROUND – 8.TOKIO LIVE TOUR 2002 5 AHEAD in 日本武道館 – 9.5 ROUND II – 10.TOKIO 10th anniversary LIVE 2004

DVD
1.TOKIO 1999 LIVE IN 日本武道館 〜君を想うとき〜 – 2.TOKIO VIDEO CLIPS 2000 – 3.5 ROUND – 4.TOKIO LIVE TOUR 2002 5 AHEAD in 日本武道館 – 5.5 ROUND II – 6.TOKIO 10th anniversary LIVE 2004 – 7.TOKIO Special GIGs 2006 〜Get Your Dream〜 – 8.5 ROUND III – 9.OVER/PLUS – 10.TOKIO LIVE TOUR 1718 – 11.TOKIO 20th Anniversary Live Tour HEART

主な出演番組
TOKIO
アイドル共和国 – 桜っ子クラブ – アイドルオンステージ – マジカル頭脳パワー!! – スーパークイズスペシャル – オールスター感謝祭 – Toki-kin急行 好きだよ!好きやねん – さんまのSUPERからくりTV – ねばぎば!TOKIO – 男女8人恋愛ツアー!TOKIOのな・り・ゆ・き!! – ザ!鉄腕!DASH!! – ガチンコ! – メントレG – ★愛と誠★ – Sports Party ただいま夢中! – 5LDK – TOKIOカケル – 24時間テレビ 「愛は地球を救う」(21 – 26 – 33) – ファイトTV24・やればできるさ! – 日テレ系人気番組No.1決定戦

城島
表話編歴城島茂現在出演中の番組
民謡魂 ふるさとの唄 – 週刊ニュースリーダー – アッパレやってまーす! – TOKIO城島 ほのぼの茂

過去の出演番組
あぶない少年III – ゴメンドーかけます – 明日に向かって走れ! – 人気者でいこう! – タモリのネタでNIGHTフィーバー! – まかせてダーリン – 探険! ホムンクルス 〜脳と体のミステリー〜 – ETV50特別番組 – テストの花道→テストの花道 ニューベンゼミ – 城島茂の週末ナビ ココイコ! – あさナビ – ゴチャ・まぜっ!月曜日 – 愛のエプロン – はぐれ刑事純情派 – 衝撃の映像クラッシュ – 芋たこなんきん – ガリレオヒット脳研 – みんなの疑問 ニュースなぜ太郎 – LEADER’S HOW TO BOOK ジョーシマサイト – 城島茂のTOKIO CLUB – 24時間テレビ 愛は地球を救う37(マラソンランナー) – 24時間テレビ 愛は地球を救う44(マラソンランナー) – サムライカアサン

シングル
戯言(島茂子)

関連項目
TOKIO – ジャニーズ事務所

関連人物
ジャニー喜多川 – 菊池梨沙 – ぼんちおさむ – 中居正広 – 東山紀之 – 坂本昌行

国分
表話編歴国分太一現在出演中の番組
テレビ
世界くらべてみたら – 男子ごはん – 国分太一のお気楽さんぽ〜Happy Go Lucky〜 – タイチサン! – 国分太一のTHE CRAFTSMEN特別番組:テレ東音楽祭 – ジャニーズカウントダウンライブ

ラジオ
国分太一 Radio Box

過去の出演番組
いつみ・加トちゃんのWA-ッと集まれ!! – あぶない少年III – ぐるぐるナインティナイン – USO!?ジャパン – 探険! ホムンクルス 〜脳と体のミステリー〜 – 脳力探険クイズ! ホムクル – ニュースの女王決定戦 – R30 – タイノッチ – 国分太一 TOKIO ザ・ライド – 国分太一・美輪明宏・江原啓之のオーラの泉 – すぽると! – ザ少年倶楽部プレミアム – 世界笑える!ジャーナル – 解体新ショー – いっぷく! – クイズ 100人力 – ラジオ黄金時代 – ビビット – 思い込みは一生の恥!クイズ本当にそれでいいんですね? – 国分太一のおさんぽジャパン – たけしのニッポンのミカタ! – 決定!全国47都道府県超ランキングバトル!!出身県で性格診断!?ニッポン県民性発表SP – レベチな人、見つけた

関連人物
中鉢功 – ジャニー喜多川 – 草彅剛 – 井ノ原快彦 – ナインティナイン(矢部浩之・岡村隆史)

関連項目
TOKIO – トラジ・ハイジ(ファンタスティポ【映画】・ファンタスティポ【曲】) – ジャニーズ事務所

松岡
表話編歴松岡昌宏テレビ番組
クイズ!年の差なんて – マジカル頭脳パワー!! – 学校では教えてくれないこと!! – なるほど!ザ・ワールド – はなきんデータH – 川柳役者 – 世界まる見え!テレビ特捜部 – P-STOCK – タモリの新・哲学大王! – 勇者のスタジアム・プロ野球好珍プレー – 恋するアミパラ – ★愛と誠★ – 10分BOX – トーキョーライブ22時 〜ニチヨルまったり生放送中〜 – 〜突撃!はじめましてバラエティ〜イチゲンさん – 二軒目どうする?〜ツマミのハナシ〜

ラジオ番組
TOKIOナイトCLUB – TOKIO WALKER

テレビドラマ(連続ドラマ)
愛してるよ!先生 – 助教授一色麗子 法医学教室の女 – オレたちのオーレ! – いちご白書 – 大忠臣蔵 – 先生はワガママ – アリよさらば – 花の乱 – 私、味方です – ベストフレンド – ゆずれない夜 – サイコメトラーEIJI – ナースのお仕事 – LOVE&PEACE – 天国に一番近い男 – ショカツ – ナースマン – 成りあがり – 武蔵 MUSASHI – マンハッタンラブストーリー – 明智小五郎VS金田一耕助 – 夜王 – 必殺シリーズ – 新・美味しんぼ – ヤスコとケンジ – 怪物くん テレビシリーズ – 高校生レストラン – 13歳のハローワーク – 潜入探偵トカゲ – 同窓生〜人は、三度、恋をする〜 – 家政夫のミタゾノ – 名奉行!遠山の金四郎 – 連続ドラマW 密告はうたう 警視庁監察ファイル – 逃亡医F

テレビドラマ(必殺スペシャル)
2007 – 2009 – 2010 – 2012 – 2014 – 2015 – 2016 – 2018 – 2019 – 2020 – 2022

関連項目
TOKIO – The SHIGOTONIN – 松竹梅 – Last Mermaid… – ジャニーズ事務所

関連人物
ジャニー喜多川

長瀬
表話編歴長瀬智也シングル
ETERNAL FLAME (Tomoya with 3T) – ひとりぼっちのハブラシ – お前やないと あかんねん

テレビドラマ
ツインズ教師 – アリよさらば – 先生はワガママ – 最高の片想い – カケオチのススメ – 恋人よ – 白線流し – Dear ウーマン – ふぞろいの林檎たちIV – D×D – Days – ラブとエロス – リング〜最終章〜 – 砂の上の恋人たち – 池袋ウエストゲートパーク – ムコ殿 – ハンドク!!! – ビッグマネー!〜浮世の沙汰は株しだい〜 – やんパパ – ムコ殿2003 – ふたり 私たちが選んだ道 – 彼女が死んじゃった。 – 弟 – タイガー&ドラゴン – 明智小五郎VS金田一耕助 – マイ★ボス マイ★ヒーロー – 歌姫 – 華麗なるスパイ – うぬぼれ刑事 – みぽりんのえくぼ – 泣くな、はらちゃん – クロコーチ – フラジャイル – ごめん、愛してる – 俺の家の話

ラジオ
TOKIOナイトCLUB – NAGASE The Standard

関連項目
TOKIO – ジャニーズ事務所

関連人物
ジャニー喜多川 – 桜庭裕一郎 – 柏原崇 – 木村拓哉 – 堂本光一 – 草彅剛 – 大杉漣 – 若旦那

山口
表話編歴山口達也出演していた番組
24時間テレビ 愛は地球を救う20 – ZIP! – Rの法則 – 幸せ!ボンビーガール – 山口達也TOKIO WALKER

過去に担当した番組
天 – ブーケをねらえ! – おネエ★MANS – 魔女たちの22時

出演テレビドラマ
同窓会 – 長男の嫁 – サザンスコール – 夜に抱かれて – 部屋においでよ – 夏!デパート物語 – 長男の嫁2〜実家天国 – 小児病棟・命の季節 – 番茶も出花 – 傷だらけの女 – Friends – かるたクイーン – 光とともに…〜自閉症児を抱えて〜 – 上を向いて歩こう〜坂本九物語〜 – 女の一代記 悪女の一生〜芝居と結婚した女優・杉村春子の生涯〜 – ユウキ – 受験の神様 – Rの法則スペシャル 大江戸ロボコン

出演映画
首領を殺った男 – That’s カンニング! 史上最大の作戦? – カンフー・パンダ – カンフー・パンダ2 – 映画 怪物くん

関連項目
TOKIO – ジャニーズ事務所

関連人物
ジャニー喜多川

関連項目
ジャニーズ事務所 – 平家派 – ソニー・ミュージックレコーズ – ユニバーサルミュージック – ジェイ・ストーム – トラジ・ハイジ – J-FRIENDS

表話編歴小林麻耶 (國光真耶)主な出演番組
ウォッチ! – 恋のから騒ぎ – ★愛と誠★ – 新すぃ日本語 – はなまるマーケット – Pooh! – 新すぃ○○! – DOORS – ニッポン!チャ×3! – 爆笑問題プレゼンツ・世界のゴールデンタイム!!超人気番組大集合スペシャル! – オールスター感謝祭 – オールスター赤面申告!ハプニング大賞 – さんまのSUPERからくりTV – どうぶつ奇想天外! – 中居正広の金曜日のスマイルたちへ – リンカーン – ドリーム・プレス社 – 輝く!日本レコード大賞 – 王様のブランチ – Happy! – 和田アキ子殺人事件 – チャンネル☆ロック! – チューボーですよ! – 日立 世界・ふしぎ発見! – ザ・イロモネア – 小林麻耶のTBSチャンネルガイド – ブジオ! – 総力報道!THE NEWS – ケータイ刑事 銭形シリーズ – がっちりアカデミー!! – 最先端IT情報SHOW 革命×テレビ – くらべるくらべらー – かってに!ブラボーAWARD – ショートストーリーズ – 小林麻耶の本に会いたい – 極上空間(ナレーション) – 1番ソングSHOW – Love in Action – テレビでロシア語 – バイキング – 痛快TV スカッとジャパン – 誰だって波瀾爆笑 – グッとラック!

関連人物
小林麻央 – 十一代目市川海老蔵 – 八代目市川新之助 – 四代目市川ぼたん – 吉川美代子 – 島田紳助 – 中居正広 – 明石家さんま

関連項目
TBSテレビ – TBSラジオ – セント・フォース – 生島企画室

.mw-parser-output .redirectcatnavmargin:1em auto;border-style:none;text-align:left;font-size:100%;clear:both.mw-parser-output .redirectcat ulmargin-left:0さんまのからくりTVに関するカテゴリ:
1992年のテレビ番組 (日本)

「https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=さんまのSUPERからくりTV&oldid=91363964」から取得
カテゴリ: 1996年のテレビ番組 (日本)TBSのバラエティ番組の歴史TBSのクイズ番組TBSの一社提供番組武田薬品工業一社提供番組テレビ番組のシリーズ明石家さんま隠しカテゴリ: Webarchiveテンプレートのウェイバックリンク編集半保護中のページ

評価: 4~5 つ星
レビュー: 3850
再生回数: 9859
[spincontent type=”j”]

Youtube

2. ご 長寿 早 押し クイズ 傑作 選 Yomiuri

Yomiuri
ご 長寿 早 押し クイズ 傑作 選

説明: ご 長寿 早 押し クイズ 傑作 選 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 ご 長寿 早 押し クイズ 傑作 選 は、読売で検索されたもので、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 11 19
[spincontent type=”j”]

3. ご 長寿 早 押し クイズ 傑作 選 Asahi Shimbun

朝日新聞
ご 長寿 早 押し クイズ 傑作 選

説明: 朝日新聞で検索した ご 長寿 早 押し クイズ 傑作 選 に関する上記の情報が、ご 長寿 早 押し クイズ 傑作 選 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 9644
[spincontent type=”j”]

4. ご 長寿 早 押し クイズ 傑作 選 The Japan Times

The Japan Times
ご 長寿 早 押し クイズ 傑作 選

説明: ジャパン タイムズで検索した ご 長寿 早 押し クイズ 傑作 選 に関する記事のトップです。ご 長寿 早 押し クイズ 傑作 選 に関する疑問を解決するのに役立ちます。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 9802
[spincontent type=”j”]

5. ご 長寿 早 押し クイズ 傑作 選 Yomiuri Shimbun

読売新聞
ご 長寿 早 押し クイズ 傑作 選

説明: ご 長寿 早 押し クイズ 傑作 選 に関する詳細情報はすでにありますか? ご 長寿 早 押し クイズ 傑作 選 という記事が読売新聞で検索されました。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 2196
[spincontent type=”j”]

6. ご 長寿 早 押し クイズ 傑作 選 Mainichi Shimbun

毎日新聞
ご 長寿 早 押し クイズ 傑作 選

説明: 毎日新聞で見つけた ご 長寿 早 押し クイズ 傑作 選 に関する上記の情報が、ご 長寿 早 押し クイズ 傑作 選 に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 4806
[spincontent type=”j”]

7. ご 長寿 早 押し クイズ 傑作 選 Sankei Shimbun

産経新聞
ご 長寿 早 押し クイズ 傑作 選

説明: 産経新聞で検索した ご 長寿 早 押し クイズ 傑作 選 に関する記事のトップです。ご 長寿 早 押し クイズ 傑作 選 に関する疑問を解決するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 4161
[spincontent type=”j”]

8. ご 長寿 早 押し クイズ 傑作 選 Nihon Keizai Shimbun

日本経済新聞
ご 長寿 早 押し クイズ 傑作 選

説明: ご 長寿 早 押し クイズ 傑作 選 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 ご 長寿 早 押し クイズ 傑作 選 は、日本経済新聞で検索され、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 6930
[spincontent type=”j”]

9. ご 長寿 早 押し クイズ 傑作 選 Chunichi Shimbun

中日新聞
ご 長寿 早 押し クイズ 傑作 選

説明: 中日新聞で検索した ご 長寿 早 押し クイズ 傑作 選 に関する上記の情報が、ご 長寿 早 押し クイズ 傑作 選 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 2331
[spincontent type=”j”]

10. ご 長寿 早 押し クイズ 傑作 選 Tokyo Shimbun

東京新聞
ご 長寿 早 押し クイズ 傑作 選

説明: ご 長寿 早 押し クイズ 傑作 選 に関する質問を解決するために、東京新聞で検索した ご 長寿 早 押し クイズ 傑作 選 に関する記事のトップです。
評価: 4~5 つ星
評価: 3427
[spincontent type=”j”]

11. ご 長寿 早 押し クイズ 傑作 選 Nihon Kogyo Simbun

日本工業新聞
ご 長寿 早 押し クイズ 傑作 選

説明: ご 長寿 早 押し クイズ 傑作 選 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 ご 長寿 早 押し クイズ 傑作 選 は日本工業新聞で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 3555
[spincontent type=”j”]

12. ご 長寿 早 押し クイズ 傑作 選 Nikkan Kogyo Shimbun

日刊工業新聞
ご 長寿 早 押し クイズ 傑作 選

説明: 日刊工業新聞で見つけた ご 長寿 早 押し クイズ 傑作 選 に関する上記の情報が、ご 長寿 早 押し クイズ 傑作 選 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 90 85
[spincontent type=”j”]

13. ご 長寿 早 押し クイズ 傑作 選 Ainu Times

アイヌタイムス
ご 長寿 早 押し クイズ 傑作 選

説明: アイヌ タイムズで検索した ご 長寿 早 押し クイズ 傑作 選 に関する記事のトップです。ご 長寿 早 押し クイズ 傑作 選 に関する質問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 22 16
[spincontent type=”j”]

14. ご 長寿 早 押し クイズ 傑作 選 Akita Sakigake Shimpo

秋田魁新報
ご 長寿 早 押し クイズ 傑作 選

説明: ご 長寿 早 押し クイズ 傑作 選 に関する詳細情報はすでにありますか? ご 長寿 早 押し クイズ 傑作 選 という記事は、秋田魁新報で検索したものです。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 73 12
[spincontent type=”j”]

15. ご 長寿 早 押し クイズ 傑作 選 Chiba Nippo

千葉日報
ご 長寿 早 押し クイズ 傑作 選

説明: 千葉日報で検索した ご 長寿 早 押し クイズ 傑作 選 に関する上記の情報が、ご 長寿 早 押し クイズ 傑作 選 に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 1661
[spincontent type=”j”]

16. ご 長寿 早 押し クイズ 傑作 選 Chugoku Shimbun

中国新聞
ご 長寿 早 押し クイズ 傑作 選

説明: 中国新聞で検索した ご 長寿 早 押し クイズ 傑作 選 に関する記事のトップです。ご 長寿 早 押し クイズ 傑作 選 に関する疑問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 4640
[spincontent type=”j”]

17. ご 長寿 早 押し クイズ 傑作 選 Daily Tohoku

デイリー東北
ご 長寿 早 押し クイズ 傑作 選

説明: ご 長寿 早 押し クイズ 傑作 選 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 ご 長寿 早 押し クイズ 傑作 選 はデイリー東北で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 3777
[spincontent type=”j”]

18. ご 長寿 早 押し クイズ 傑作 選 The Eastern Chronicle

イースタン クロニクル
ご 長寿 早 押し クイズ 傑作 選

説明: イースタン クロニクルで検索した ご 長寿 早 押し クイズ 傑作 選 に関する上記の情報が、ご 長寿 早 押し クイズ 傑作 選 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 5105
[spincontent type=”j”]

ご 長寿 早 押し クイズ 傑作 選 に関する質問

ご 長寿 早 押し クイズ 傑作 選 についてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。ご質問やご提案はすべて、次の記事の改善に役立てさせていただきます。

記事 ご 長寿 早 押し クイズ 傑作 選 は、私と私のチームがさまざまな情報源から編集したものです。 記事 ご 長寿 早 押し クイズ 傑作 選 が役に立った場合は、チームをサポートしてください。「いいね」または「共有」してください!

検索キーワード ご 長寿 早 押し クイズ 傑作 選

ご 長寿 早 押し クイズ 傑作 選
方法ご 長寿 早 押し クイズ 傑作 選
チュートリアル ご 長寿 早 押し クイズ 傑作 選
【キーワード】 無料

Có thể bạn quan tâm: