あなたは 【横溝】ミステリ新人賞なんでも42【鮎川】 について学んでいます。今日は、インターネット上の多くの情報源から私たちのチームが編集および編集した記事 【横溝】ミステリ新人賞なんでも42【鮎川】 を共有します。 【横溝】ミステリ新人賞なんでも42【鮎川】 に関するこの記事がお役に立てば幸いです。

Page Contents

【横溝】ミステリ新人賞なんでも42【鮎川】

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

横溝正史ミステリ&ホラー大賞受賞対象広義のミステリ小説、広義のホラー小説国 日本主催角川書店(第1回 – )角川春樹事務所(第1回 – 第13回)東京放送(第10回 – 第20回)テレビ東京(第22回 – 第24回)報酬金田一耕助像、賞金500万円初回1981年最新回第42回(2022年)最新受賞者新名智「虚魚」公式サイトhttp://www.kadokawa.co.jp/contest/yokomizo/
ポータル 文学横溝正史ミステリ&ホラー大賞(よこみぞせいしミステリアンドホラーたいしょう)は、株式会社KADOKAWAが主催する日本の公募新人文学賞である。

沿革[編集]
1980年(昭和55年)、探偵小説作家の横溝正史にちなんでミステリ作家を発掘するために設けられた。大賞受賞者には、金田一耕助像と副賞として500万円が、優秀賞には30万円が、奨励賞には20万円が授与される。また、第22回から第30回まで設立されていたテレビ東京賞は、最終候補作の中からテレビ東京が独自にテレビドラマ化を前提とした作品を選出し、受賞者には賞金100万円が授与された。第22回から第27回までは『水曜ミステリー9』、第28・29回は『水曜シアター9』、第30回は単独枠でドラマ化された。同賞受賞作は、書籍としての刊行がない場合もあった。
第20回までは横溝正史賞、第21回から第38回までは横溝正史ミステリ大賞、第39回からは、日本ホラー小説大賞との統合により横溝正史ミステリ&ホラー大賞という名称で開催されている[1][2][3]。読者賞の制度は日本ホラー小説大賞から引き継がれ、最終候補作の中から有志の書店員からなるモニター審査員により選考される。
第43回よりカクヨムからの応募が可能になり、併せてカクヨム賞が新設された。最終候補作がカクヨムに掲載され、読者の投票により選考される。受賞者には「iPad Pro 12.9 inch Wi-Fi 256GB+Apple Magic Keyboard」が授与される[4]。

歴代選考委員[編集]
第1回:石川喬司、大藪春彦、荻昌弘、土屋隆夫、中島河太郎、横溝正史
第2回:石川喬司、大藪春彦、荻昌弘、土屋隆夫、中島河太郎
第3回 – 第5回:石川喬司、大藪春彦、荻昌弘、角川春樹、中島河太郎、夏樹静子
第6回 – 第8回:角川春樹、権田萬治、佐野洋、夏樹静子、森村誠一
第9回:角川春樹、権田萬治、佐野洋、森村誠一
第10回 – 第13回:角川春樹、権田萬治、佐野洋、夏樹静子、森村誠一
第14回 – 第16回:権田萬治、佐野洋、夏樹静子、森村誠一
第17回 – 第21回:綾辻行人、内田康夫、北村薫、宮部みゆき
第22回 – 第25回:綾辻行人、北村薫、内田康夫、坂東眞砂子
第26回 – 第28回:綾辻行人、北村薫、桐野夏生、坂東眞砂子
第29回 – 第33回:綾辻行人、北村薫、馳星周、坂東眞砂子
第34回 – 第38回:有栖川有栖、恩田陸、黒川博行、道尾秀介
第39回 – 第42回:綾辻行人、有栖川有栖、黒川博行、辻村深月、道尾秀介
第43回 – 現在:綾辻行人、有栖川有栖、黒川博行、辻村深月、道尾秀介、米澤穂信日本ホラー小説大賞の選考委員については「日本ホラー小説大賞#選考委員」を参照
受賞作一覧[編集]
日本ホラー小説大賞の受賞作については「日本ホラー小説大賞#受賞作」を参照
第1回 – 第20回(横溝正史賞)[編集]
特記がなければ、初刊は角川書店、文庫は角川文庫刊。

回(年度)
応募総数

著者
受賞作
初刊
文庫化
第1回(1981年度)
120編
受賞
斎藤澪
「この子の七つのお祝いに」
1981年5月
1982年7月[注 1]1984年10月
候補
小針鯛一
「葡萄屋敷にさよならを」

速水拓三
「念の系譜」

光藤光雄
「夕映えに赤く燃える」

第2回(1982年度)
110編
受賞
阿久悠
「殺人狂時代 ユリエ」
1982年3月[注 2]
1985年10月
佳作
芳岡道太[注 3]
「メービウスの帯」

候補
速水拓三
「鈴木一郎二つの事件簿」

有村康
「頭脳汚染」

第3回(1983年度)
95編
受賞
平龍生[注 4]
「脱獄情死行」
1983年5月[注 5]

佳作
速水拓三
「篝り火の蔭に……」[注 6]

候補
光藤光雄
「宙の狂詩曲」

黒田ひさし
「泥の翼」

内山雅展
「フェミニスト殺人事件」

第4回(1984年度)
59編
受賞作なし
候補
速水拓三
「魔性の血」

徳永一末
「不知火の謎は解かないで」

第5回(1985年度)
216編
受賞
石井竜生井原まなみ
「見返り美人を消せ」
1985年5月
1986年4月
佳作
中川英一
「四十年目の復讐」

森雅裕
「画狂人ラプソディ」
1985年8月[注 7]

候補
安永龍
「猫の目」

第6回(1986年度)
152編
受賞作なし
候補
氏林信子
「青い方程式」

典厩五郎[注 8]
「曼珠沙華咲いた」

中野俊一
「坂口安吾の幻」

第7回(1987年度)
220編
受賞
服部まゆみ
「時のアラベスク」
1987年5月
1990年11月
佳作
浦山翔
「鉄条網を越えてきた女」
1987年5月[注 9]

候補
丹羽昌一
「波の葬列」

新津きよみ
「ソフトボイルドの天使たち」

第8回(1988年度)
220編
受賞作なし
候補
穂高修
「残酷な仮装」

矢島誠
「殺意泥棒」[注 10]
1989年5月[注 11]
1999年12月[注 12]吉村達也
「仮面劇」[注 13]
1991年1月[注 14]
1994年7月[注 15]第9回(1989年度)
284編
受賞
阿部智
「消された航跡」
1989年5月

佳作
姉小路祐
「真実の合奏(アンサンブル)」
1989年5月[注 16]
1999年4月[注 17]候補
浦山翔
「暗殺の組曲」

丹羽昌一
「めぐり逢い」

第10回(1990年度)
259編
受賞作なし
優秀作
水城嶺子
「世紀末ロンドン・ラプソディ」
1990年5月

候補
鈴木光司
「リング」
1991年6月
1993年4月[注 18]吉村達也
「ゴースト・ライター」[注 19]
1990年5月[注 20]
1992年3月
第11回(1991年度)
223編
受賞
姉小路祐
「動く不動産」
1991年5月
1998年4月
候補
松木麗[注 21]
「紫陽花の花のごとくに」
1997年3月[注 22]

鈴木光司
「ウォール・フルーツ」[注 23]
1993年1月[注 24]
1996年6月[注 25]羽場博行
「消えなかった炎」

第12回(1992年度)
199編
受賞
羽場博行
「レプリカ」[注 26]
1992年5月

松木麗
「恋文」
1992年5月
1998年4月
特別賞
亜木冬彦[注 27]
「殺人の駒音」
1992年5月[注 28]
1998年4月
候補
杉野舞人
「二つの寒そうな死体に見出されたいくつかの謎に対する考察」

第13回(1993年度)

受賞作なし
優秀作
打海文三
「灰姫 鏡の国のスパイ」[注 29]
1993年5月

小野博通
「キメラ暗殺計画」
1993年5月

候補
風田二兎
「わたし殺人事件」

和喰博司
「影の断章」

第14回(1994年度)
220編
受賞
五十嵐均
「高原のDデイ」[注 30]
1994年5月
1997年8月
佳作
霞流一
「おなじ墓のムジナ」[注 31]
1994年5月[注 32]

候補
水守駿二
「死の摩滅、生の摩滅」

早雲寺青水
「イヌワシ文書」

久遠恵
「SHADOW BOXING」

なかのれいこ
「陽炎の死」

第15回(1995年度)
211編
受賞
柴田よしき
「女神(ヴィーナス)の永遠」[注 33]
1995年5月
1997年10月
佳作
藤村耕造
「盟約の砦」
1995年5月

候補
釣巻礼公
「暮れ色の街」

熊谷京子
「血雨」

第16回(1996年度)
249編
受賞作なし
優秀作
山本甲士[注 34]
「ノーペイン、ノーゲイン」
1996年5月

佳作
西浦一輝
「夏色の軌跡」
1996年5月

候補
森純[注 35]
「堕ちた鷲」[注 36]
1999年4月 [注 37]

結城辰二
「黄金の砦」

第17回(1997年度)
226編
受賞作なし
佳作
建倉圭介
「いま一度の賭け」[注 38]
1997年8月[注 39]

候補
坂塚六門
「聖なる館」

鹿野苑俊
「呪い」

山崎諭
「失われた約束」

第18回(1998年度)
198編
受賞
山田宗樹
「直線の死角」
1998年5月
2003年5月
佳作
尾崎諒馬[注 40]
「思案せり我が暗号」
1998年6月[注 41]

奨励賞
樋口京輔[注 42]
「稜線にキスゲは咲いたか」[注 43]
2000年5月[注 44]

候補
斎堂湖子
「花乱随想」

第19回(1999年度)
153編
受賞
井上尚登[注 45]
「化して荒波」[注 46]
1999年7月
2001年5月
佳作
樋口京輔
「火龍の休息」[注 47]
1999年9月

奨励賞
小笠原慧[注 48]
「ヴィクティム」

候補
小川勝己[注 49]
「螺鈿幻想」

第20回(2000年度)

受賞
小笠原慧[注 50]
「DZ ディーズィー」[注 51]
2000年5月
2003年5月
小川勝己
「葬列」
2000年5月
2003年5月
候補
中島敏行
「鉛のゲーム」

真木武志
「ヴィーナスの命題」
2000年10月
2010年7月
仮野生栄
「皆殺しジュリエット」

第21回 – 第38回(横溝正史ミステリ大賞)[編集]
特記がなければ、初刊は角川書店(第34回からはKADOKAWA)、文庫は角川文庫刊。

回(年度)
応募総数

著者
受賞作
初刊
文庫化
第21回(2001年度)
163編
大賞
川崎草志
「長い腕」
2001年5月
2004年5月
優秀作
鳥飼否宇[注 52]
「中空」
2001年5月
2004年5月
候補
尾崎かげる
「ボクは死体にけつまづく」

初野晴
「しびとのうた」

第22回(2002年度)
181編
大賞
初野晴
「水の時計」
2002年5月
2005年8月
テレビ東京賞
滝本陽一郎
「逃げ口上」

候補
大越善博
「Revolution」

柏木一向
「マスカレード・ジャム」

第23回(2003年度)
146編
受賞作なし
候補
大村友貴美
「首斬峠」

岸田るり子
「砂漠の扉」

七倉秋実
「月の塩」

村崎友
「夕暮れ密室」
2015年2月[注 53]
2018年9月
第24回(2004年度)
187編
大賞
村崎友
「風の歌、星の口笛」
2004年5月
2007年10月
テレビ東京賞
射逆裕二
「みんな誰かを殺したい」
2004年5月

候補
金沢整
「Never Let Go」

佐枝せつこ
「ベッド・イズ・バッド」

2005年4月[注 54]第25回(2005年度)
236編
大賞・テレビ東京賞
伊岡瞬
「いつか、虹の向こうへ」[注 55]
2005年5月
2008年5月
候補
真仲恭平
「クロノスの鍵」

児島毅
「再起へのナインボール」

佐倉淳一
「あなたの知らない惨劇」

第26回(2006年度)
193編
大賞
桂木希[注 56]
「ユグドラジルの覇者」[注 57]
2006年5月
2009年9月[注 58]テレビ東京賞
大石直紀[注 59]
「オブリビオン 忘却」
2006年5月
2011年2月[注 60]候補
菅野奈津
「真実は狂気の中に」

吉田吾郎
「アンコールワットで朝食を」

第27回(2007年度)
198編
大賞
桂美人
「ロスト・チャイルド」[注 61]
2007年6月
2009年9月
大村友貴美
「首挽村の殺人」[注 62]
2007年6月
2009年9月
テレビ東京賞
松下麻理緒
「誤算」
単行本の刊行なし
2007年10月
候補
市川啓
「密閉」

佐倉淳一
「浮遊する繭」

水澤孝俊
「ボーダーランド」

第28回(2008年度)
217編
受賞作なし
テレビ東京賞
望月武[注 63]
「テネシー・ワルツ」
2010年1月

候補
中村啓
「アダムとイヴの禁忌」

it
「悪魔の瞳」

石川角白
「上海クイック」

第29回(2009年度)
219編
大賞・テレビ東京賞
大門剛明[注 64]
「雪冤」[注 65]
2009年5月
2011年4月
優秀賞
白石かおる[注 66]
「僕と『彼女』の首なし死体」
2009年5月
2012年9月
候補
亜鷺一
「希望の家」

咲月青
「夏の垂路」

第30回(2010年度)
223編
大賞
伊与原新
「お台場アイランドベイビー」
2010年9月
2013年9月
優秀賞
蓮見恭子
「女騎手」[注 67]
2010年9月
2012年5月
テレビ東京賞
佐倉淳一
「ボクら星屑のダンス」
単行本の刊行なし
2011年7月
候補
従野真
「代襲相続」

第31回(2011年度)
137編
大賞
長沢樹[注 68]
「消失グラデーション」[注 69]
2011年9月
2014年2月
候補
岡崎琢磨
「季節はうつる、メリーゴーランドのように」
2015年7月
2017年9月
田邊佑基
「ポルックスの処刑台」

三津木一
「777」

第32回(2012年度)
160編
大賞
菅原和也[注 70]
「さあ、地獄へ堕ちよう[5]」
2012年9月
2014年8月
河合莞爾
「デッドマン」[注 71]
2012年9月
2014年8月
候補
木下健一郎
「英雄を作った男」

しじまけいすけ
「少年A」

第33回(2013年度)
198編
大賞
伊兼源太郎
「見えざる網」[注 72]
2013年9月
2015年9月
候補
上田未来
「ポーカーフェイス」

村上暢
「天国への階段」

中川裕之
「殺し屋たちの日常と、とある女の非日常」

田内亮祐
「ディストピア」

第34回(2014年度)
182編
大賞
藤崎翔
「神様の裏の顔」[注 73]
2014年9月
2016年8月
候補
木山穣二
「アゲハの舞う山」

白井智之
「人間の顔は食べづらい」
2014年10月
2017年8月
西川司
「テロルの口笛」

第35回(2015年度)
203編
受賞作なし
候補
逢川和也
「いくつかの雨」

居木井丈晴
「ムリーヤ村に〈信用〉を」

岩上健
「心理はあなたを自由にする」

安見キコ
「5W1Hともう1つのW」

第36回(2016年度)
196編
大賞
逸木裕[注 74]
「虹を待つ彼女」[注 75]
2016年9月
2019年5月
候補
森谷祐二
「蹄の音を聞いたら縞馬ではなく馬だと思え」

西式豊
「砂漠の島」

児玉郎
「輪廻の月」

斎堂籐子
「朝の眠り、夜の果実」

第37回(2017年度)
194編
大賞
該当作なし[6]優秀賞
染井為人
「悪い夏」
2017年9月

奨励賞
長谷川也
「声も出せずに死んだんだ」[注 76]
単行本の刊行なし
2017年11月
候補
西式豊
「真紅の海 Water Dance」

稲村進一
「血迷うハイエナ」

第38回(2018年度)
413編
大賞
該当作なし
優秀賞
犬塚理人
「人間狩り」[7]
2018年10月

候補
五十嵐憂季
「コイスル遺伝子」

服部倫
「別れのバニラアイス」

岩井圭吾
「藍と茜」

第39回 – 現在(横溝正史ミステリ&ホラー大賞)[編集]
特記がなければ、初刊は角川書店(第34回からはKADOKAWA)、文庫は角川文庫刊。

回(年度)
応募総数

著者
受賞作
初刊
文庫化
第39回(2019年度)
436編
大賞
該当作なし
優秀賞
北見崇史[注 77]
「出航」[注 78]
2019年10月

読者賞
滝川さり
「お孵(かえ)り」
単行本の刊行なし
2019年10月
候補
折輝真透
「あしあと」

九瀬惟土
「十一番目の山羊」

吉澤吉紀
「学園祭中止・図書館炎上」

第40回(2020年度)
538編
大賞
原浩
「火喰鳥を、喰う」[注 79]
2020年12月

読者賞
阿泉来堂[注 80]
「ナキメサマ」[注 81]
単行本の刊行なし
2020年12月
候補
森龍介
「ダークウルブズ」

吾奏伸
「人トシテ壊レテル」

第41回(2021年度)
530編
大賞
新名智
「虚魚」
2021年10月

読者賞
秋津朗
「デジタルリセット」[注 82]
単行本の刊行なし
2021年12月
候補
山本純嗣
「神霊の出草」

廣野真寿巳
「色彩の瑠璃花」

第42回(2022年度)
487編
大賞
該当作なし
優秀賞
鵺野莉紗
「狭間の世界」

読者賞
荒川悠衛門
「めいとりず」

候補
宮木隆
「井戸で失くしたモノ」

海野まゆり
「歌姫」

脚注[編集]
[脚注の使い方]注釈[編集]

^ カドカワノベルズ

^ カドカワノベルズ

^ 横溝正史ミステリ大賞公式サイトでは「芳岡」、『日本ミステリー事典』では「吉岡」

^ 「平忠夫」から改名

^ カドカワノベルズ

^ 横溝正史ミステリ大賞公式サイトでは「篝り火の陰に」、『日本ミステリー事典』では、「篝り火の蔭に……」

^ カドカワノベルズ

^ 「天童五郎」から改名

^ カドカワノベルズ

^ 刊行時『双曲線上の殺人』に改題

^ テンザンノベルス

^ ハルキ文庫

^ 刊行時『五重殺+5』に改題。文庫化時『シンデレラの五重殺』に改題

^ カッパノベルス

^ 光文社文庫

^ カドカワノベルズ

^ 光文社文庫

^ 角川ホラー文庫

^ 刊行時『ゴーストライター』に改題

^ カドカワノベルズ

^ 佐々木知子の別名義。

^ 読売新聞社

^ 刊行時『光射す海』に改題

^ 新潮社

^ 新潮文庫

^ 刊行時『レプリカ テーマパークの殺人』に改題

^ 「赤棋将太郎」から改名

^ カドカワノベルズ

^ 「灰姫・スルー・ルッキンググラス」を改題

^ 刊行時「ヴィオロンのため息の―高原のDデイ―」に改題

^ 刊行時『おなじ墓のムジナ 枕倉北商店街殺人事件』に改題

^ カドカワノベルズ

^ 刊行時「RIKO 女神(ヴィーナス)の永遠」に改題

^ 「坂本善三郎」から改名

^ 「森純大」から改名

^ 刊行時『墜ちた鷲』に改題

^ 読売新聞社

^ 刊行時「クラッカー」に改題

^ カドカワ・エンタテインメント

^ 「居流慢馬」から改名

^ カドカワ・エンタテインメント

^ 「三王子京輔」から改名。上杉那郎の別名義

^ 刊行時『緑雨の回廊』に改題

^ 中央公論新社

^ 「井上もんた」から改名

^ 刊行時「T.R.Y.」に改題

^ 刊行時「フラッシュ・オーバー」に改題

^ 「小笠原あむ」から改名。岡田尊司の別名義

^ 「曖原睦稀」から改名

^ 「小笠原あむ」から改名

^ 「ホモ・スーペレンス」を改題

^ 「鳥飼久裕」から改名

^ KADOKAWA

^ 新風舎文庫

^ 「約束」を改題

^ 「橋本希蘭」から改名

^ 「世界樹の枝で」を改題

^ 文庫化時『支配せよ、と世界樹は言った』に改題

^ 「石原ナオ」から改名

^ 文庫化時『夢のすべて』に改題

^ 「LOST CHILD」を改題

^ 「血ヌル里、首挽村」を改題

^ 「市川啓」から改名

^ 「大谷剛史」から改名

^ 「ディオニス死すべし」を改題

^ 「福田政雄」から改名

^ 「薔薇という名の馬」を改題

^ 「眼鏡もじゅ」から改名

^ 「リストカット/グラデーション」を改題

^ 「菅原蛹」から改名

^ 「DEAD MAN」を改題

^ 「アンフォゲッタブル」を改題

^ 「神様のもう一つの顔」を改題

^ 「木逸裕」から改名

^ 「虹になるのを待て」を改題

^ 「pH」を改題

^ 北海銀から改名

^ 「血の配達屋さん」を改題

^ 「火喰鳥」を改題

^ 阿泉正宗から改名

^ 「くじりなきめ」を改題

^ 「デジタル的蝉式リセット」を改題

出典[編集]

^ “伝統の新人賞・横溝ミステリ大賞とホラー小説大賞を統合 KADOKAWAが今年から”. 産経新聞社 (2018年2月1日). 2018年11月10日閲覧。

^ “横溝正史ミステリ大賞”. KADOKAWA. 2018年11月10日閲覧。

^ .mw-parser-output cite.citationfont-style:inherit.mw-parser-output .citation qquotes:”””””””‘””‘”.mw-parser-output .id-lock-free a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-free abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/6/65/Lock-green.svg”)right 0.1em center/9px no-repeat.mw-parser-output .id-lock-limited a,.mw-parser-output .id-lock-registration a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-limited a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-registration abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/d/d6/Lock-gray-alt-2.svg”)right 0.1em center/9px no-repeat.mw-parser-output .id-lock-subscription a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-subscription abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/a/aa/Lock-red-alt-2.svg”)right 0.1em center/9px no-repeat.mw-parser-output .cs1-subscription,.mw-parser-output .cs1-registrationcolor:#555.mw-parser-output .cs1-subscription span,.mw-parser-output .cs1-registration spanborder-bottom:1px dotted;cursor:help.mw-parser-output .cs1-ws-icon abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/4/4c/Wikisource-logo.svg”)right 0.1em center/12px no-repeat.mw-parser-output code.cs1-codecolor:inherit;background:inherit;border:none;padding:inherit.mw-parser-output .cs1-hidden-errordisplay:none;font-size:100%.mw-parser-output .cs1-visible-errorfont-size:100%.mw-parser-output .cs1-maintdisplay:none;color:#33aa33;margin-left:0.3em.mw-parser-output .cs1-formatfont-size:95%.mw-parser-output .cs1-kern-left,.mw-parser-output .cs1-kern-wl-leftpadding-left:0.2em.mw-parser-output .cs1-kern-right,.mw-parser-output .cs1-kern-wl-rightpadding-right:0.2em.mw-parser-output .citation .mw-selflinkfont-weight:inheritカドブン(KADOKAWA文芸WEBマガジン) [@Kadobunofficial] (2018年9月25日). “【締切間近!】第39回「横溝正史ミステリ&ホラー大賞」の応募締切は9/30です! 「#横溝正史ミステリ大賞」と「#日本ホラー小説大賞」を統合し、ミステリとホラーの2大ジャンルを対象とした、新たな新人文学賞です。ふるってご応募ください!” (ツイート). Twitterより2022年5月1日閲覧。

^ “横溝正史ミステリ&ホラー大賞にカクヨム賞新設 – カクヨムからのお知らせ”. カクヨム (2021年10月7日). 2022年3月25日閲覧。

^ “第32回横溝正史ミステリ大賞(角川書店主催)”. 朝日新聞社 (2012年6月1日). 2012年6月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年10月28日閲覧。

^ “ミステリー、新人賞は増えてるが… 「受賞作なし」続く”. 朝日新聞 (2017年11月5日). 2017年12月16日閲覧。

^ “第38回横溝正史ミステリ大賞”. 朝日新聞社 (2018年5月23日). 2018年11月10日閲覧。

参考文献[編集]
権田萬治、新保博久監修『日本ミステリー事典』新潮社、2000年(第1回から第19回までの結果について参照)関連項目[編集]
推理小説の賞KADOKAWA主催の新人文学賞日本ホラー小説大賞
野性時代フロンティア文学賞外部リンク[編集]
web KADOKAWA 横溝正史ミステリ大賞 – 公式サイト表話編歴横溝正史由利麟太郎シリーズ
小説
真珠郎 – 仮面劇場 – 蝶々殺人事件

映像作品
石坂浩二版
蝶々殺人事件

吉川晃司版
探偵・由利麟太郎

金田一耕助シリーズ
小説
長編
本陣殺人事件 – 獄門島 – 悪魔が来りて笛を吹く – 死仮面 – 夜歩く – 八つ墓村 – 犬神家の一族 – 迷路荘の惨劇 – 女王蜂 – 不死蝶 – 幽霊男 – 悪魔の手毬唄 – 三つ首塔 – 吸血蛾 – 死神の矢 – 支那扇の女 – 悪魔の寵児 – 仮面舞踏会 – 白と黒 – 悪霊島 – 病院坂の首縊りの家

短編
百日紅の下にて – 車井戸はなぜ軋る – 黒蘭姫 – 蝙蝠と蛞蝓 – 暗闇の中の猫 – 黒猫亭事件 – 殺人鬼 – 女怪 – 人面瘡 – 鴉 – 幽霊座 – 湖泥 – 睡れる花嫁 – 花園の悪魔 – 廃園の鬼 – 蜃気楼島の情熱 – 首 – 毒の矢 – 七つの仮面 – 華やかな野獣 – トランプ台上の首 – 女の決闘 – 貸しボート十三号 – 悪魔の降誕祭 – 香水心中 – 霧の山荘 – 猫館 – 雌蛭

短編集
金田一耕助の冒険

未執筆
女の墓を洗え – 千社札殺人事件

パスティーシュクロスオーバー
僧正の積木唄 – 金田一耕助VS明智小五郎

映像作品
片岡千恵蔵版
片岡千恵蔵の金田一耕助シリーズ – 三本指の男 – 獄門島 – 獄門島 解明篇 – 八ツ墓村 – 悪魔が来りて笛を吹く – 犬神家の謎 悪魔は踊る – 三つ首塔

河津清三郎版
​幽霊男

池部良版
吸血蛾

石坂浩二版
石坂浩二の金田一耕助シリーズ – 犬神家の一族(1976年版) – 悪魔の手毬唄 – 獄門島 – 女王蜂 – 病院坂の首縊りの家 – 犬神家の一族(2006年版)

古谷一行版
横溝正史シリーズ – 横溝正史シリーズII – 名探偵・金田一耕助シリーズ

愛川欽也版
横溝正史の吸血蛾 美しき愛のバラード

渥美清版
八つ墓村

西田敏行版
悪魔が来りて笛を吹く

鹿賀丈史版
悪霊島

小野寺昭版
土曜ワイド劇場版

片岡鶴太郎版
昭和推理傑作選・横溝正史シリーズ

豊川悦司版
八つ墓村

上川隆也版
迷路荘の惨劇 – 獄門島

稲垣吾郎版
稲垣吾郎の金田一耕助シリーズ

長谷川博己版
獄門島

池松壮亮版
シリーズ・横溝正史短編集

吉岡秀隆版
悪魔が来りて笛を吹く-八つ墓村

加藤シゲアキ版
犬神家の一族-悪魔の手毬唄

パロディクロスオーバー
金田一耕助の冒険 – 明智小五郎VS金田一耕助 – 金田一耕助VS明智小五郎

人形佐七捕物帳シリーズ
小説
人形佐七捕物帳

映像作品
若山富三郎版
人形佐七捕物帖(映画)

林与一版
人形佐七捕物帖(1971年テレビドラマ)

松方弘樹版
人形佐七捕物帖(1965年テレビドラマ) – 人形佐七捕物帖(1977年テレビドラマ版)

要潤版
人形佐七捕物帖(2016年テレビドラマ)

その他
恐ろしき四月馬鹿 – 髑髏検校 – 鬼火 – びっくり箱殺人事件 – 女が見ていた

関連項目
横溝正史館 – 横溝正史ミステリ&ホラー大賞

表話編歴推理小説の公募新人賞日本
長編

江戸川乱歩賞(日本推理作家協会主催)
横溝正史ミステリ&ホラー大賞
鮎川哲也賞
日本ミステリー文学大賞新人賞
『このミステリーがすごい!』大賞
ばらのまち福山ミステリー文学新人賞
アガサ・クリスティー賞
新潮ミステリー大賞
カッパ・ツーミステリを含むエンターテインメント
松本清張賞
メフィスト賞
短編
小説推理新人賞
ミステリーズ!新人賞
日本(終了した賞)
長編

サントリーミステリー大賞
日本推理サスペンス大賞
新潮ミステリー倶楽部賞
ホラーサスペンス大賞ミステリを含むエンターテインメント
KAPPA-ONE
短編
宝石賞
オール讀物推理小説新人賞
双葉推理賞
幻影城新人賞
ハヤカワ・ミステリ・コンテスト
小説現代推理新人賞
創元推理短編賞
『本格推理』および『新・本格推理』評論
宝石評論賞
幻影城新人賞
創元推理評論賞
日本以外
季刊ミステリ新人賞(韓国推理作家協会主催、短編)
台湾推理作家協会賞(台湾推理作家協会主催、短編)- 島田荘司推理小説賞(長編)
パリ警視庁賞(長編)
表話編歴テレビ東京グループ / テレビ東京ホールディングス放送持株会社
テレビ東京ホールディングステレビ放送
テレビ東京
TXN
番組一覧
アニメ
ドラマ枠
番組(歴史)衛星放送
BSテレ東
カテゴリ(番組 / 歴史)
日経CNBC
アニメシアターX
インタラクティーヴィネット配信
テレ東系リアルタイム配信
テレビ東京オンデマンド
Paravi番組制作事業
テレビ東京制作
日経映像技術・美術事業
テクノマックス
テレビ東京アートコンテンツ事業
テレビ東京メディアネット
テレビ東京コミュニケーションズ音楽出版事業
テレビ東京ミュージック関連施設
住友不動産六本木グランドタワー(住友不動産)
神谷町スタジオ
天王洲スタジオ
東京タワースタジオ送信所
東京タワー
東京スカイツリー(東武タワースカイツリー)
その他テレビ送信所賞
横溝正史ミステリ大賞イベント
青葉賞
東急ジルベスターコンサート人物
アナウンサー一覧
テレビ東京の人物
歴代社長一覧マスコット
ナナナ海外提携局
韓国:MBN歴史・事件
テレビ東京の歴史 / 日本科学技術振興財団
ポケモンショック
ウルトラ実験隊捏造事件関連項目
キー局
日本経済新聞社(日本経済新聞)
テレビ大阪
テレビ愛知
TXNニュース
ITビジョン
TX-V
日経ラジオ社
InterFM897
放送持株会社

「https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=横溝正史ミステリ%26ホラー大賞&oldid=90498241」から取得
カテゴリ: 日本のミステリの賞日本のホラー小説日本の公募新人文学賞横溝正史KADOKAWA主催の賞テレビ東京カクヨム人名を冠した文学賞

評価: 4~5 つ星
レビュー: 3883
再生回数: 8722
[spincontent type=”j”]

第31回鮎川哲也賞・第18回ミステリーズ!新人賞 特別配信 Youtube

東京創元社主催、第31回鮎川哲也賞および第18回ミステリーズ!新人賞の特別配信番組です。

出演:辻真先(作家、鮎川哲也賞選考委員)
   大倉崇裕(作家、ミステリーズ!新人賞選考委員)
   柳川一(第18回ミステリーズ!新人賞受賞者)
   村嶋祝人(第18回ミステリーズ!新人賞優秀賞受賞者)
   渋谷健太郎(東京創元社社長)

動画制作:アールアールジェイ
https://www.rrj.jp/

   *  *  *

第31回鮎川哲也賞は、該当作なしという結果でした。
http://www.tsogen.co.jp/award/ayukawa/

第18回ミステリーズ!新人賞は、柳川一(やながわ・はじめ)さんが「三人書房」で受賞されました。また、村嶋祝人(むらじま・のりと)さんが「百円玉」で優秀賞を受賞されました(応募時の筆名「村嶋宣人」から改名)。
http://www.tsogen.co.jp/award/mysteries/

柳川一さんの受賞作「三人書房」および鮎川哲也賞、ミステリーズ!新人賞の選評は2021年10月に創刊された新雑誌『紙魚の手帖(しみのてちょう)』vol.01に掲載され、現在好評発売中です。
http://www.tsogen.co.jp/np/isbn/9784488031060

村嶋祝人さんの優秀賞受賞作「百円玉」は2021年12月刊行の『紙魚の手帖』vol.02に掲載される予定です。

   *  *  *

長編ミステリを対象とする第32回鮎川哲也賞は2021年10月31日〆切です(消印有効)。
短編ミステリを対象とする第19回ミステリーズ!新人賞は2022年3月31日〆切です(消印有効)。また、同賞は「創元ミステリ短編賞」に名称変更し、2022年4月より第1回の募集を開始します。
さらに、新たな新人賞として「創元ホラー長編賞」を創設します。詳細は後日発表となります。

2. 【横溝】ミステリ新人賞なんでも42【鮎川】 Yomiuri

Yomiuri
【横溝】ミステリ新人賞なんでも42【鮎川】

説明: 【横溝】ミステリ新人賞なんでも42【鮎川】 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 【横溝】ミステリ新人賞なんでも42【鮎川】 は、読売で検索されたもので、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 6977
[spincontent type=”j”]

3. 【横溝】ミステリ新人賞なんでも42【鮎川】 Asahi Shimbun

朝日新聞
【横溝】ミステリ新人賞なんでも42【鮎川】

説明: 朝日新聞で検索した 【横溝】ミステリ新人賞なんでも42【鮎川】 に関する上記の情報が、【横溝】ミステリ新人賞なんでも42【鮎川】 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 3160
[spincontent type=”j”]

4. 【横溝】ミステリ新人賞なんでも42【鮎川】 The Japan Times

The Japan Times
【横溝】ミステリ新人賞なんでも42【鮎川】

説明: ジャパン タイムズで検索した 【横溝】ミステリ新人賞なんでも42【鮎川】 に関する記事のトップです。【横溝】ミステリ新人賞なんでも42【鮎川】 に関する疑問を解決するのに役立ちます。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 2126
[spincontent type=”j”]

5. 【横溝】ミステリ新人賞なんでも42【鮎川】 Yomiuri Shimbun

読売新聞
【横溝】ミステリ新人賞なんでも42【鮎川】

説明: 【横溝】ミステリ新人賞なんでも42【鮎川】 に関する詳細情報はすでにありますか? 【横溝】ミステリ新人賞なんでも42【鮎川】 という記事が読売新聞で検索されました。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 5321
[spincontent type=”j”]

6. 【横溝】ミステリ新人賞なんでも42【鮎川】 Mainichi Shimbun

毎日新聞
【横溝】ミステリ新人賞なんでも42【鮎川】

説明: 毎日新聞で見つけた 【横溝】ミステリ新人賞なんでも42【鮎川】 に関する上記の情報が、【横溝】ミステリ新人賞なんでも42【鮎川】 に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 1131
[spincontent type=”j”]

7. 【横溝】ミステリ新人賞なんでも42【鮎川】 Sankei Shimbun

産経新聞
【横溝】ミステリ新人賞なんでも42【鮎川】

説明: 産経新聞で検索した 【横溝】ミステリ新人賞なんでも42【鮎川】 に関する記事のトップです。【横溝】ミステリ新人賞なんでも42【鮎川】 に関する疑問を解決するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 9284
[spincontent type=”j”]

8. 【横溝】ミステリ新人賞なんでも42【鮎川】 Nihon Keizai Shimbun

日本経済新聞
【横溝】ミステリ新人賞なんでも42【鮎川】

説明: 【横溝】ミステリ新人賞なんでも42【鮎川】 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 【横溝】ミステリ新人賞なんでも42【鮎川】 は、日本経済新聞で検索され、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 1326
[spincontent type=”j”]

9. 【横溝】ミステリ新人賞なんでも42【鮎川】 Chunichi Shimbun

中日新聞
【横溝】ミステリ新人賞なんでも42【鮎川】

説明: 中日新聞で検索した 【横溝】ミステリ新人賞なんでも42【鮎川】 に関する上記の情報が、【横溝】ミステリ新人賞なんでも42【鮎川】 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 80 17
[spincontent type=”j”]

10. 【横溝】ミステリ新人賞なんでも42【鮎川】 Tokyo Shimbun

東京新聞
【横溝】ミステリ新人賞なんでも42【鮎川】

説明: 【横溝】ミステリ新人賞なんでも42【鮎川】 に関する質問を解決するために、東京新聞で検索した 【横溝】ミステリ新人賞なんでも42【鮎川】 に関する記事のトップです。
評価: 4~5 つ星
評価: 40 83
[spincontent type=”j”]

11. 【横溝】ミステリ新人賞なんでも42【鮎川】 Nihon Kogyo Simbun

日本工業新聞
【横溝】ミステリ新人賞なんでも42【鮎川】

説明: 【横溝】ミステリ新人賞なんでも42【鮎川】 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 【横溝】ミステリ新人賞なんでも42【鮎川】 は日本工業新聞で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 4733
[spincontent type=”j”]

12. 【横溝】ミステリ新人賞なんでも42【鮎川】 Nikkan Kogyo Shimbun

日刊工業新聞
【横溝】ミステリ新人賞なんでも42【鮎川】

説明: 日刊工業新聞で見つけた 【横溝】ミステリ新人賞なんでも42【鮎川】 に関する上記の情報が、【横溝】ミステリ新人賞なんでも42【鮎川】 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 2977
[spincontent type=”j”]

13. 【横溝】ミステリ新人賞なんでも42【鮎川】 Ainu Times

アイヌタイムス
【横溝】ミステリ新人賞なんでも42【鮎川】

説明: アイヌ タイムズで検索した 【横溝】ミステリ新人賞なんでも42【鮎川】 に関する記事のトップです。【横溝】ミステリ新人賞なんでも42【鮎川】 に関する質問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 9345
[spincontent type=”j”]

14. 【横溝】ミステリ新人賞なんでも42【鮎川】 Akita Sakigake Shimpo

秋田魁新報
【横溝】ミステリ新人賞なんでも42【鮎川】

説明: 【横溝】ミステリ新人賞なんでも42【鮎川】 に関する詳細情報はすでにありますか? 【横溝】ミステリ新人賞なんでも42【鮎川】 という記事は、秋田魁新報で検索したものです。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 4950
[spincontent type=”j”]

15. 【横溝】ミステリ新人賞なんでも42【鮎川】 Chiba Nippo

千葉日報
【横溝】ミステリ新人賞なんでも42【鮎川】

説明: 千葉日報で検索した 【横溝】ミステリ新人賞なんでも42【鮎川】 に関する上記の情報が、【横溝】ミステリ新人賞なんでも42【鮎川】 に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 2683
[spincontent type=”j”]

16. 【横溝】ミステリ新人賞なんでも42【鮎川】 Chugoku Shimbun

中国新聞
【横溝】ミステリ新人賞なんでも42【鮎川】

説明: 中国新聞で検索した 【横溝】ミステリ新人賞なんでも42【鮎川】 に関する記事のトップです。【横溝】ミステリ新人賞なんでも42【鮎川】 に関する疑問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 9140
[spincontent type=”j”]

17. 【横溝】ミステリ新人賞なんでも42【鮎川】 Daily Tohoku

デイリー東北
【横溝】ミステリ新人賞なんでも42【鮎川】

説明: 【横溝】ミステリ新人賞なんでも42【鮎川】 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 【横溝】ミステリ新人賞なんでも42【鮎川】 はデイリー東北で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 8878
[spincontent type=”j”]

18. 【横溝】ミステリ新人賞なんでも42【鮎川】 The Eastern Chronicle

イースタン クロニクル
【横溝】ミステリ新人賞なんでも42【鮎川】

説明: イースタン クロニクルで検索した 【横溝】ミステリ新人賞なんでも42【鮎川】 に関する上記の情報が、【横溝】ミステリ新人賞なんでも42【鮎川】 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 10 54
[spincontent type=”j”]

【横溝】ミステリ新人賞なんでも42【鮎川】 に関する質問

【横溝】ミステリ新人賞なんでも42【鮎川】 についてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。ご質問やご提案はすべて、次の記事の改善に役立てさせていただきます。

記事 【横溝】ミステリ新人賞なんでも42【鮎川】 は、私と私のチームがさまざまな情報源から編集したものです。 記事 【横溝】ミステリ新人賞なんでも42【鮎川】 が役に立った場合は、チームをサポートしてください。「いいね」または「共有」してください!

検索キーワード 【横溝】ミステリ新人賞なんでも42【鮎川】

【横溝】ミステリ新人賞なんでも42【鮎川】
方法【横溝】ミステリ新人賞なんでも42【鮎川】
チュートリアル 【横溝】ミステリ新人賞なんでも42【鮎川】
【キーワード】 無料

Có thể bạn quan tâm: