あなたは 『ポケットモンスター』シリーズの新作映画のタイトルは『○○の逆襲 evolution』。 について学んでいます。今日は、インターネット上の多くの情報源から私たちのチームが編集および編集した記事 『ポケットモンスター』シリーズの新作映画のタイトルは『○○の逆襲 evolution』。 を共有します。 『ポケットモンスター』シリーズの新作映画のタイトルは『○○の逆襲 evolution』。 に関するこの記事がお役に立てば幸いです。

Page Contents

『ポケットモンスター』シリーズの新作映画のタイトルは『○○の逆襲 evolution』。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

.mw-parser-output .pathnavboxclear:both;border:1px outset #eef;padding:0.3em 0.6em;margin:0 0 0.5em 0;background-color:#eef;font-size:90%.mw-parser-output .pathnavbox ullist-style:none none;margin-top:0;margin-bottom:0.mw-parser-output .pathnavbox>ulmargin:0.mw-parser-output .pathnavbox ul limargin:0ポケットモンスター (アニメ) > 劇場版 > ミュウツーの逆襲(1998)/EVOLUTION(2019)
劇場版ポケットモンスターミュウツーの逆襲
Pokémon: Mewtwo Strikes Back!監督
湯山邦彦脚本
首藤剛志製作
吉川兆二五十嵐智之盛武源製作総指揮
久保雅一川口孝司ナレーター
石塚運昇出演者
松本梨香大谷育江飯塚雅弓上田祐司こおろぎさとみ山寺宏一市村正親小林幸子佐藤藍子音楽
宮崎慎二たなかひろかず主題歌
「風といっしょに」小林幸子撮影
白井久男編集
辺見俊夫伊藤裕制作会社
OLM配給
東宝 ワーナー・ブラザース公開
1998年7月18日 1999年11月10日 1999年12月15日 1999年12月16日 2000年1月7日 2000年2月3日 2000年3月19日 2000年4月5日 2000年4月13日 2000年4月14日 2000年4月20日 2000年4月21日 2000年7月21日 2000年8月4日 2000年11月9日 2000年12月23日 2001年2月9日 2001年10月24日上映時間
劇場公開版:75分完全版:85分製作国
日本言語
日本語製作費
3億5000万円興行収入
72.4億円[1]$85,744,662$172,744,662[2]配給収入
41億5000万円[3]次作
劇場版ポケットモンスター 幻のポケモン ルギア爆誕テンプレートを表示『劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲』(げきじょうばんポケットモンスター ミュウツーのぎゃくしゅう)(英題:Pokémon: Mewtwo Strikes Back!)は、1998年7月18日から公開されたテレビアニメ『ポケットモンスター』の劇場版第1作である。同時上映作品は『ピカチュウのなつやすみ』。
本項では2019年7月12日に公開の『ミュウツーの逆襲 EVOLUTION』についても記述する。
以下、『EVOLUTION』と区別をつけるため、必要に応じて1998年公開のオリジナル作品を「旧作」と表記する。

概要
自分と言うものの存在意義・自分を生み出した人間への復讐という重い主題を抱えた作品である。
キャッチコピーは「最強のポケモンは誰だ!?」。
制作費は3億5000万円[4]。日本国内の観客動員数は650万人を記録し、国内興収は72.4億円、配給収入は41.5億円を記録した。
東宝の発表によると、前売り券の売上は1998年7月5日までに主要都市9館で2万9389枚に達し、これは『GODZILLA』の主要都市9館1万6112枚を大きく上回る[5]。
小学館は『ドラえもん』における成功で会得したノウハウを利用して、ポケモン映画の製作に工夫を凝らした。その結果、日本映画歴代7位の配収を記録することとなり、この後ポケモン映画も人気映画の定番となってゆく[6]。
当初の予定では物語をテレビ放映とリンクさせ、映画公開に先立ってミュウツーのことを事前にテレビアニメで紹介することとなっていた[7]。しかしポケモンショックにより放映日程が大幅に狂ってしまったため本編とのリンクやミュウツーの紹介を行うことは出来なかった[8]。
舞台となったミュウツー城は、アントニ・ガウディのサグラダ・ファミリアがモデルになっている[9]。時系列は第66話以降である[注 1]。
映画公開の翌年にあたる1999年11月10日には、ミュウツーが誕生して間もない頃の物語を描いたラジオドラマを元にした書下ろしストーリー『ミュウツーの誕生』を追加し、劇場公開版の所々をCGへ差し替えたものが製作され、アメリカで『Pokémon: The First Movie』として全米約3000の映画館で公開、興行収入8000万ドルを記録し、「日本映画初の週間興行ランキング初登場第1位」[10] を成し遂げている。これはドラゴンボール超 スーパーヒーローに破られるまで北米における日本映画の初日の最高興行収入だった。また、アメリカでの初日の興行収入は1010万ドルで、アメリカにおける日本映画の興行収入記録であった『Shall we ダンス?』の950万ドルを初日のみで更新している[11]。フランスでも2000年に公開され22万人の観客動員数を記録した[12]。
このバージョンは次作の『劇場版ポケットモンスター 幻のポケモン ルギア爆誕』公開直前の特番として『ミュウツーの逆襲 完全版』の題で1999年7月に日本国内でテレビ放映され、その翌年には新たにサトシとピカチュウの出会いから旅立ちに至るまでの経緯を再構成した書下ろしストーリーを追加し、正規完全版として改めてテレビ放映された。したがって本作では劇場公開版を含めると3パターンが存在する[注 2]。
本作の特報映像では、『ポケットにファンタジー』がBGMで流れ、少し大人になったカスミ(と思われる少女)と、本作に登場しているボイジャーと小さな少女(劇中未登場)が登場する。他にも映画本編には出てこないシーンもある。特報映像の最後には「劇場版ポケットモンスターは過激な映像表現はおさえて製作いたします」と、テロップが表示された。
ひとつの特徴として、テレビ東京のアニメ版とオマージュリンクする演出が存在する(シーンのひとつから、コジロウが不思議そうに「だーれだ?」ムサシが「ニャース」という、テレビアニメ版でCM明けに当時演出として使用されていた「だーれだ?」→「○○○(ポケモンの名前)」に似せたもの)。

あらすじ
ロケット団が南米の山脈地帯にある盗掘現場にて発見した、幻のポケモン・ミュウの体の一部の化石を元に、フジ博士が構成した研究チームにより遺伝子操作によって戦闘能力などを強化され人工的に作られたポケモン・ミュウツーは、その不純な生立ちから自身の存在意義を見出せずに答えなき自問自答に苦しんでいた。
やがてミュウツーは自分を造ったロケット団を裏切ったことをきっかけに、ポケモンを統制するシステムへの反発や自分を利用するためだけに作り出した人間たちへの失望からある計画を企てる。それは、自分のように通常のポケモンより優れた「コピーポケモン」の軍団を作り出し、人間や通常のポケモンを淘汰するというものだった。
一方、旅を続けるサトシ達の前に一通の招待状を携えたカイリューが現れた。招待状は謎の女性の姿を映し出し、優秀なトレーナーたちをポケモン城へ招待したいと説明する。サトシはすぐさまポケモン城へ向かうことを決め、招待状のYESの欄にチェックを入れる。嵐で荒れた海を渡りポケモン城へたどり着いたサトシ達は、そこで同じく招待状によって招かれた三人のトレーナーと出会った。
だが、サトシ達が受け取った招待状はミュウツーの仕組んだ罠だった。サトシを初めとするトレーナー達は強大な力を持つミュウツーや彼が作り出したコピーポケモンの前に歯が立たず、より強いコピーポケモンを作ろうとするミュウツーに手持ちのポケモンを奪われてしまう。
一方その頃、サトシを追ってポケモン城にやってきたロケット団のムサシ・コジロウ・ニャースは、城の地下に広がるコピーポケモンの製造所に迷い込む。彼らはそこでコピーポケモン達が作られる過程を目の当たりにし、さらにはミュウの存在を知った。
奪われたポケモンたちからコピーポケモンが生成されるが、ピカチュウを追いかけてきたサトシがコピー装置を破壊し、ポケモンたちを開放する。人間への復讐のために関係の無い者を巻き込むミュウツーに憤ったサトシ達は彼の元に向かう。
そんな中、ミュウツーの前に彼のオリジナルであるミュウが現れる。自分の「本物」であるミュウに敵意を露にし「本物」であるミュウと「コピー」の自分のどちらが強いかを決めようと戦いを挑むミュウツーに、ミュウはある提案を持ちかける。それは、自分達だけでなくコピーポケモン達とそのオリジナルのポケモン達を戦わせることで「本物」と「コピー」のどちらが強いかを決めるというものだった。ミュウの言葉をニャースが翻訳して曰く、技など使わず体と体でぶつかれば、本物はコピーに負けない、と。
こうして始まった肉弾戦は長引き、ポケモン達が次々と倒れる中ミュウツーとミュウだけは激戦を続ける。二匹を止めない限りポケモンたちの闘いも止まらないと考えサトシは自ら身を投じるが、ミュウツーとミュウの挟み撃ちに遭い石像と化してしまう。静寂に包まれるバトルフィールド。自らの力ではどうにもならず、パートナーとしての存在を失ったピカチュウはと悲しみに暮れる。戦いをやめたポケモンたちも、それに呼応するかのように……すると、ポケモン達が流した涙はサトシの元に集まり、サトシは息を吹き返した。
コピーとオリジナルが一緒になって涙する様子を見たミュウとミュウツーは、自分たちは皆同じ生き物であると悟る。ポケモンたちの,それも半分はコピーポケモンたちのために自らを犠牲にしたサトシの姿を見たミュウツーは、人間たちに希望を見出し戦いをやめる。そして、自分たちコピーポケモンの生が認められるその日までこの世界で生き続けることを誓ったミュウツーは、ミュウやコピーポケモン達とともにどこかへと去っていった。コピーを巡る悲劇が繰り返されないよう、ミュウツーはその場にいた者たちからこの日の記憶を消す。
サトシたちは、気がつけば近くのポケモンセンターに戻っていた。嵐が収まり、雲の間からミュウが飛び去るところを見たサトシ達は、いつか幻のポケモンに巡り会える日が来ることを願い、旅を続けるのだった。

登場人物・キャスト
レギュラーキャラクター
詳細は個別記事かアニメ版ポケットモンスターの登場人物を参照。担当声優は『ミュウツーの逆襲』 / 『EVOLUTION』の順に表記。1人しか記載がない場合は共通のキャスト。

サトシ
声 – 松本梨香
本作の主人公。ポケモンマスターを目指し修行の旅を続ける10歳のポケモントレーナー。海賊風トレーナーに勝利したことで前途有望なポケモントレーナーと見込まれ、最強のポケモントレーナーと名乗る謎の人物から招待を受け、ポケモン城へと向かう。物語終盤でポケモン同士の戦いを止めるべくミュウツーとミュウの攻撃を受け石化してしまうも、戦いをやめたポケモンたちの涙を注がれて復活した。
カスミ
声 – 飯塚雅弓
本作のヒロイン。世界一の水ポケモン使いを目指してサトシと一緒に旅をしている少女。
予告編では彼女に似た容姿の少女が出ている。
『EVOLUTION』では金銀編で追加されたギャラドスが苦手な描写が追加され、タケシと共に石像と化したサトシを悔んだ。
タケシ
声 – 上田祐司[注 3]
世界一のポケモンブリーダーを目指してサトシ達と共に旅をする元ニビジムリーダー。年上の美人女性好きだが、女運は皆無。本作でもミュウツーの召使いの女性に惚れ込むも、そのおかげですぐに彼女が行方不明になったジョーイだと見抜いた。
『EVOLUTION』では新たにスイートをナンパする途中にカスミに止められたり、本でミュウのことを知っていたことが新たに追加された。
ムサシ
声 – 林原めぐみ
ロケット団の一員。持っていたフライパン[13] で飛び去ろうとしたカイリューを受け止めてサトシ宛ての招待状を見つけ、ピカチュウを狙ってコジロウやニャースと共に船乗り[注 4] を装うも嵐だった為に失敗。その後もサトシ達の後を追ってポケモン城に潜入する。
コジロウ
声 – 三木眞一郎
ロケット団の一員で、元は財閥の御曹司。サトシ達と共に海に投げ出された際、相棒のマタドガスの浮遊力を浮き輪代わりにして生き延びる。
『EVOLUTION』ではラプラスの船でムサシとニャースと共に現れた。
ニャース
声 – 犬山犬子[注 5]
ロケット団の一員。2足歩行をし、人間の言葉を喋るポケモン。本作でもポケモンの翻訳をしており、彼の通訳が重要な役割を果たす。元々戦闘が苦手なため、戦いには参加しなかった。
ムサシ達がコピーポケモン達が作られる過程を見ている最中にコピー装置に引っかかり、救出するも尻尾の毛を抜き取られ、自分のコピーが生成されてしまう。その後、コピーと対面したものの、「爪が痛そう」という理由で戦いを放棄し、コピーに対して「みんなは戦っているのに自分だけずるい」と言い、コピーから「自分と戦わない方がずるい」と言い返される。そして、二匹でぼんやりと月を眺めた。
なお、旧作では船の前方に飾られている女神風の船首となっていたが、『EVOLUTION』ではムサシ達同様船員となっている。
サトシのポケモン

ピカチュウ
声 – 大谷育江
技:10まんボルト
サトシの最初のポケモン。オープニングで海賊風トレーナーが出したポケモン3匹(なぜか効かないはずのゴローニャまで)をまとめて「10まんボルト」で一掃させた。モンスターボールに入ることが嫌い。ミュウツーのモンスターボールから逃げ回るも、最終的に捕まってしまう。追いかけてきたサトシのおかげでミュウツーのモンスターボールから脱出した。コピーとの戦いでは最後まで拒み、さらにサトシが石化した時は他のポケモンたち共々悲しみ、涙を注がせて復活させた。

フシギダネ
声 – 林原めぐみ
技:ソーラービーム、つるのムチ
草ポケモン。オープニングでのバトルではドンファンのパワーに圧倒されるも「ソーラービーム」で勝利。ゼニガメに次ぐ活躍をする。モンスターボールに戻されたときにミュウツーに捕まるが、サトシのおかげでミュウツーのモンスターボールから脱出した。コピーとの戦いではコピーに突き飛ばされた。その後、サトシが石化した時は悲しみ、復活した時は喜んだ。
リザードン
声 – 三木眞一郎
技:かえんほうしゃ
炎ポケモン。ヒトカゲがリザードンに最終進化した形で直接登場する。
戦闘力はサトシのポケモンの中でも群を抜いて高い一方、サトシがまだ器量不足だったため指示を聞かない場面が見受けられる(ボールから出て来て早々にミュウツーに「かえんほうしゃ」を撃ち「しつけの悪い」と返されている)が、ミュウツーやコピーリザードンを格上と察した際にはサトシの「パワーじゃなくスピードで勝負だ」という命令を珍しく聞いた。スピードとその高い戦闘力を持ってしてもコピーリザードンには勝てず逆にコピーのスピードに翻弄され、「ちきゅうなげ」に敗北。ミュウツーに捕まるが、サトシのおかげでミュウツーのモンスターボールから脱出した。この頃はサトシにはまだ心を開いていなかったが、石化した時は悲しみ復活を喜んでいた。
『EVOLUTION』では食事シーンにも登場しており、飛んできたカイリューにいきなり攻撃したり、リザードンツーとのバトルではサトシと顔を見合わせながら笑ったり、争いが収束した際にリザードンツーとの和解するなど出番が大幅に増えた。なお、旧作と違いサトシの指示を普通に聞いている。
ゼニガメ
声 – 愛河里花子
技:みずでっぽう、バブルこうせん
水ポケモン。オープニングでのバトルではカイリキーに押されながらも「バブルこうせん」で勝利。ポケモン城へ向かう時、ポケモン城内部とモンスターボールに入っているポケモンの中では1番活躍し、出番があった。モンスターボールに戻されたときにミュウツーに捕まるが、サトシのおかげでミュウツーのモンスターボールから脱出した。コピーとの戦いではコピーに背中に乗っかられた。サトシが石化した時は悲しみに復活した時は喜んだ。

ピジョン
予告編やパンフレットなどの画像のみの登場。ピカチュウを乗せて空を飛ぶシーンがあった。OPではピカチュウ、フシギダネ、リザ-ドン、ゼニガメと共に鳴き声のみ登場している。

カスミのポケモン

トゲピー
声 – こおろぎさとみ
カスミが所持するポケモン。カスミのリュックに隠れていたおかげでコピーされなかった。その後、石化したサトシが復活した時は喜んでいた。
1998年時点ではまだ発売前の『ポケットモンスター 金・銀』に出る新ポケモンの1体。
ヒトデマン
声 – 三木眞一郎
ポケモン城に向かうときにサトシのゼニガメと共に活躍した。また、モンスターボールから出なかったおかげでコピーされなかった。
コダック
声 – 愛河里花子
鈍足のため、捕まってしまう[注 6]。しかし、サトシのおかげでミュウツーのモンスターボールから脱出した。コピー(本物より若干目つきが悪い)と対決するが、オリジナルとコピー共々おとぼけな事をしていた。その後、石像と化したサトシを悔んだ。トサキントは未登場。

タケシのポケモン

ロコン
声 – 愛河里花子
本来はユキのポケモンで、タケシに授けられた。タケシのお気に入りのポケモンとして出したものの、タケシが油断している隙に捕まってしまう[注 7]。しかし、サトシのおかげでミュウツーのモンスターボールから脱出し、コピーと対決。その後、石像と化したサトシを悔んだ。イワークやイシツブテ、ズバットは未登場。

ロケット団のポケモン

マタドガス
声 – 石塚運昇
コジロウが所持するポケモン。ロケット団がポケモン城へ潜入する際、水中戦は苦手だが浮力を利用して浮き輪代わりとしてモンスターボールから出されていた。また、モンスターボールから出なかったおかげでコピーされなかった。『EVOLUTION』では台詞がある。ムサシのアーボックとベロリンガ、コジロウのウツボットは未登場。

ナレーション
声 – 石塚運昇、飯塚雅弓(予告編) / 石塚運昇、山寺宏一(予告編)ゲストキャラクター
ウミオ
声 – 高木渉 / 吉野裕行
ポケモン城に招待されたポケモントレーナーの少年。水ポケモンや体色が水色のポケモンを使う。ソラオ、スイートに比べると性格は熱血的。ミュウツーが最強のトレーナーであることを真っ先に疑い警戒もした為、ミュウツーによって浮かび上がられ、そのまま水の中へ落とされた。一度はミュウツーに手持ちのポケモンを奪われてしまったが、サトシのおかげで手持ちのポケモンを救われた。招待されたトレーナーの中では出番が少ない。一人称は「オレ」。
手持ちポケモン

ギャラドス
声 – 石塚運昇
技:はかいこうせん
ウミオのパートナー。水中移動用に使用したポケモン。ミュウツーに「はかいこうせん」を仕掛けるが、「バリアー」で弾き返されてしまう。その直後、巨体が原因でミュウツーにすぐ捕まったが、サトシのおかげでミュウツーのモンスターボールから脱出した。陸上でも行動可能。コピーとの戦いでコピーに噛み付かれるが振り払った。『EVOLUTION』ではギャラドスにトラウマを持つカスミに苦手られていた。
ニドクイン
ウミオの手持ちの中で唯一水タイプではない。ミュウツーにすぐ捕まるが、サトシのおかげでミュウツーのモンスターボールから脱出した。コピーとの戦いではコピー相手に苦戦した。『EVOLUTION』では捕まるシーンが追加された。
ドククラゲ
水面にいた為すぐ捕まってしまう。しかし、サトシのおかげでミュウツーのモンスターボールから脱出した時は、ロケット団に絡みついた。陸上でも行動可能。『EVOLUTION』では捕まるシーンが追加された。
シャワーズ
ウミオの手持ちの中で一番足が速いが、その場にいた為ミュウツーに捕まる。しかし、サトシのおかげでミュウツーのモンスターボールから脱出した。『EVOLUTION』では捕まるシーンが追加された。
ゴルダック
油断していたため、すぐ捕まってしまう。しかし、サトシのおかげでミュウツーのモンスターボールから脱出した。コピーとの戦いではパンチの殴り合いによる乱闘をしていた。
シードラ
水面にいた為、ミュウツーにすぐ捕まる。しかし、サトシのおかげでミュウツーのモンスターボールから脱出した。ギャラドスやドククラゲとは違い、陸上でのバトルや行動の描写がない(ただし、陸上に立っている描写や空を飛んでいる描写はある)。『EVOLUTION』では陸上での行動やバトルシーンは追加されている。

ソラオ
声 – 古谷徹 / 神谷浩史
ポケモン城に招待されたポケモントレーナーの少年。自然系のポケモンを使う。一度はミュウツーに手持ちのポケモンを奪われてしまったが、サトシのおかげで手持ちのポケモンを救出された。一人称は「ボク」。
手持ちポケモン

フシギバナ
声 – 大友龍三郎 / 最上嗣生
技:はっぱカッター、エナジーボール(『EVOLUTION』のみ)
ソラオのパートナーでニックネームは「バーナード」。コピーフシギバナに立ち向かうが、「はっぱカッター」を「つるのムチ」ですべて弾かれた上、そのまま投げ飛ばされ敗北(『EVOLUTION』では「つるのムチ」で叩きつけられても何とか耐え「エナジーボール」で反撃するも通用せず、「リーフストーム」を受け敗北)。ミュウツーに捕まるも、サトシのおかげでミュウツーのモンスターボールから脱出した。
ピジョット
ソラオが飛行用に使ったポケモン。空を飛ぶスピードは速いが、ミュウツーのモンスターボールに捕まってしまう。しかし、サトシのおかげでミュウツーのモンスターボールから脱出した。コピーとの戦いでは壮絶な空中戦を繰り広げた。
ストライク
カマを使った戦法が得意。ミュウツーに捕まってしまうが、サトシのおかげでミュウツーのモンスターボールから脱出した。コピーとの戦いではカマで互角に渡り合った。
サワムラー
キックが得意でミュウツーのモンスターボールを跳ね返そうとしたが、逆に捕まってしまう。しかし、サトシのおかげでミュウツーのモンスターボールから脱出した。
サンドパン
ソラオの手持ちでは動きが一番鈍いため、すぐ捕まってしまう。しかし、サトシのおかげでミュウツーのモンスターボールから脱出した。
サイホーン
技:とっしん
ミュウツーの仕打ちに腹を立てたソラオの指示でミュウツーに突進するが、「サイコキネシス」ですぐ弾き飛ばされる。ミュウツーにすぐ捕まるが、サトシのおかげでミュウツーのモンスターボールから脱出した。『EVOLUTION』では捕まるシーンが追加された。

スイート
声 – 佐藤藍子(特別出演) / 佐倉綾音
ポケモン城に招待されたポケモントレーナーの少女。可愛らしいポケモンを多く使う。一度はミュウツーに手持ちのポケモンを奪われたが、サトシのおかげで手持ちのポケモンを救出された。招待されたトレーナーの中では台詞は多い。『EVOLUTION』ではタケシからナンパされるほどの美少女として扱われ、気の強い面も強調された。スイートの名前の由来は、旧作で声を担当した佐藤藍子から、さとう→砂糖→甘いの連想によるものでシュガーという候補もあった[14]。一人称は「わたし」。
手持ちポケモン

カメックス
声 – 玄田哲章
技:ハイドロポンプ、ロケットずつき(『EVOLUTION』のみ)
スイートのパートナーでニックネームは「クスクス」。コピーカメックスに立ち向かうが、「ハイドロポンプ」を弾かれそのまま「こうそくスピン」を受け、敗北。ミュウツーに捕まるも、サトシのおかげでミュウツーのモンスターボールから脱出した。『EVOLUTION』では「ロケットずつき」も使用した。
ジュゴン
水中移動用に使用したポケモン。水面にいた為すぐミュウツーに捕まるが、サトシのおかげでミュウツーのモンスターボールから脱出した。陸上でも行動可能。サトシが石化された時はピカチュウの次に泣いた。『EVOLUTION』ではバトルシーンがあり、コピーに投げ飛ばされた。
プクリン
油断している時にミュウツーに捕まってしまう[注 8]。しかし、サトシのおかげでミュウツーのモンスターボールから脱出した。『EVOLUTION』では気の強い面も見せた。
ギャロップ
足は速いがミュウツーに捕まる。しかし、サトシのおかげでミュウツーのモンスターボールから脱出した。
キュウコン
声 – 愛河里花子
警戒心が強いが、ミュウツーに捕まる。しかし、サトシのおかげでミュウツーのモンスターボールから脱出した。コピーとの戦いではお互い睨み合うも、コピーに頭を押さえつけられた。『EVOLUTION』では捕まるシーンが追加された。
ラフレシア
ミュウツーのモンスターボールが来た際は困り顔をしていて、捕まる。しかし、サトシのおかげでミュウツーのモンスターボールから脱出した。

ボイジャー
声 – 小林幸子(特別出演)
港育ちのため海のことはよく知っており、波止場を仕切っている。
映画の特報映像では、成長したと思われる彼女が小さな少女(本編には未登場)と一緒に手をつないで歩いている。
『EVOLUTION』ではキャモメのことを話していた。
海賊風トレーナー
声 – レイモンド・ジョンソン(『EVOLUTION』のみ特別出演)
序盤にサトシとポケモンバトルをする海賊の恰好をした英語を交えて話すのが特徴なトレーナー。時系列ではセキエイリーグ後のためサトシがセキエイ大会ベスト16だと知っている。トレーナーとして未熟であり、最初は一体ずつで戦っていたがドンファンとカイリキーが倒された後、やけを起こして手持ち全てのポケモンを出す反則を行い、ジムリーダーのカスミやタケシに器量不足を呆れられた。『EVOLUTION』では外見がカリブ風のデザインに変更されている。
手持ちポケモン

ドンファン
技:ころがる、はかいこうせん、こおりのつぶて(『EVOLUTION』のみ)
フシギダネとバトル。「ころがる」で応戦するが、「ソーラービーム」で敗北する。トゲピー同様、1998年時点ではまだ発売前の『ポケットモンスター 金・銀』に出る新ポケモンの1体。
カイリキー
技:からてチョップ
ゼニガメとバトル。「バブルこうせん」で敗北する。
ゴローニャ
効かないはずのピカチュウの「10まんボルト」で敗北する。『EVOLUTION』では登場しない。
カイロス
ピカチュウの「10まんボルト」で敗北する。
モルフォン
ピカチュウの「10まんボルト」で敗北する。
スリープ
『EVOLUTION』のみゴローニャの代わりに登場。ピカチュウの「10まんボルト」で敗北する。ゲストポケモン
ミュウツー
声 – 市村正親(成体・特別出演)、瀧本富士子(ドラマCD・幼少時)、森久保祥太郎(完全版・幼少時)
技:サイコキネシス、シャドーボール、バリアー、かなしばり、対象を石化させるエネルギー弾
本作のゲストポケモン。ミュウの遺伝子を元に、ミュウより更に強くなるよう作られた最強のポケモン。
サカキに力の使い方を諭されてロケット団に仕え使役されていた頃は、多くのポケモンや二ビジムのポケモンを敗北させていた。サカキにモンスターボールでゲットされたわけではないので野生扱いになる。
「人間でも、ポケモンでもない」自らの存在意義に悩み、自問自答を繰り返し続けた果て、サカキや科学者達のエゴに触れたことで人間に失望する。
その生い立ちから人間のことを徹底的に見下しており、特に人間に指図されることを極めて嫌う。「強さ」に対して並々ならぬこだわりを持ち、トレーナーの手持ちポケモンに対しても「弱いから人間にへつらっている」と冷たい目を向ける。
自らのオリジナルであるミュウが現れた際には強い対抗心を抱き、自分のほうが優れていることを証明しようと一方的に戦闘を仕掛けた。ミュウと壮絶な戦いを繰り広げるも、サトシに阻止され、さらに石化したサトシに戦いをやめたポケモンたちが涙を注がせて復活した際には、ミュウと共にコピーもオリジナルも同じ生き物同士であることを認め、自らが作ったコピーと共にどこかへ去って行った。
強大な超能力を持ち、天候や人の心を操りテレパシーで会話する。ギャラドスの「はかいこうせん」を片手で受け止め跳ね返し、リザードンの「かえんほうしゃ」を「バリアー」で難なく防ぐなど、作中で並ぶ者のない力を持つ。更に知能も非常に高く、相手のポケモンをモンスターボールごと捕獲する「ミュウツーボール」やポケモンの細胞からコピーを生み出す装置などを開発し、自らトレーナーとしてコピーポケモンを使役する。
生まれた経緯などはゲーム中のものと近いが、性格はゲームのように凶暴一辺倒なわけではなく、哀しい過去と高度な悩みを抱えるためかどこか虚無的な雰囲気を併せ持つ。
アーマードミュウツー
サカキによって防護用のメカ・アーマーを着せられた時の姿。本来のパワーを制御させるために作られた。
無印63話ではサカキの元にいた時期のためこのアーマーを付けてシゲルとのジム戦で登場しており、ニドキングとウインディを敗北させている。なお、シゲルがポケモン図鑑で調べても「データなし」と表示されなかった。
コミカライズ版の『我ハココに在リ』ではサカキがミュウツーを言いなりにするために再び着せた。
公開当時は拘束具を装着した姿に名称はなかったが、『EVOLUTION』で黒い鎧姿にリニューアルされて「アーマードミュウツー」と名付けられた。ゲームでは『ポケモンGO』や『ポケモンガオーレ』に登場している。ミュウ
声 – 山寺宏一(『EVOLUTION』のみ特別出演)
技:サイコキネシス、テレポート、対象を石化させるエネルギー弾
世界で最も珍しく最も強いと言われている幻のポケモン。伝承によっては神とも悪魔とも言われるほどの力を持ち、作品中で唯一ミュウツーと互角に戦うことができる。好奇心旺盛で幼子のような性格をしているが、始祖のポケモンとしての高いプライドも併せ持つ。
小川の底で泡に包まれて眠っていたが、ミュウツーの気配を感じて目ざめ、ポケモン城に向かう。
はじめは自らのコピーであるミュウツーのことを小馬鹿にし、攻撃を躱して遊んでいたが、一度クリーンヒットが入ったのをきっかけに自らに対する脅威として認める。オリジナルの方がコピーより優れていることを示すため、自ら彼と激戦を繰り広げると同時に他のポケモンたちを扇動してコピーたちと争わせる。その後、争いが収拾されるとミュウツーやコピーと共にどこかへ飛び去っていった。
カイリュー
声 – 小形満 / 石塚運昇
サトシにニューアイランド島への招待状を渡したポケモン。サトシに招待状を渡して飛び去ろうとした際、ロケット団にフライパンで受け止められた。『EVOLUTION』では怒ったリザードンに攻撃されるシーンがある。
ミュウツーが操った野生のポケモンかコピーポケモンかは不明。
オニドリル
首に小型カメラをつけたオニドリル。
カイリュー同様、ミュウツーが操った野生のポケモンかコピーポケモンかは不明。
コピーピカチュウ / ピカチュウツー(EVOLUTION)
声 – 林原めぐみ
技:10まんボルト
サトシのピカチュウの遺伝子から作られたコピー。オリジナルと比べて気性は荒いが本性は涙もろい泣き虫で、自分と戦おうとしないサトシのピカチュウに一方的に攻撃していたが、ついには泣き崩れてしまう。オリジナルとの相違点は耳の先の模様が山形になっていること。戦いが終わるとピカチュウに別れの手を振りながら他のコピーポケモンと共に飛び去って行った。
コピーニャース / ニャースツー(EVOLUTION)
声 – 芝原チヤコ / 富樫美鈴
ロケット団のニャースの尻尾の毛による遺伝子から作られたコピー。オリジナルと比べるとのんびりとした性格で、人語も話さず四足歩行。
戦闘を好まないようで、オリジナルと戦おうとするも、「痛そう」という理由でそのまま戦いを放棄。オリジナルとともに月を眺めた。戦いが終わると他のコピーポケモンと共に飛び去って行った。
コミカライズ版『EVOLUTION』には登場しない。
コピーフシギバナ / フシギバナツー(EVOLUTION)
技:つるのムチ、リーフストーム(『EVOLUTION』のみ)
フシギダネツーの残された遺伝子から作られたコピー。オリジナルとの相違点は体中に薄緑のまだら模様と花びらの模様。ソラオのフシギバナと戦い「つるのムチ」で投げ飛ばして勝利。『EVOLUTION』では「エナジーボール」を耐え、反撃の「リーフストーム」で投げ飛ばして勝利。
コピーカメックス / カメックスツー(EVOLUTION)
技:こうそくスピン、ロケットずつき(『EVOLUTION』のみ)
ゼニガメツーの残された遺伝子から作られたコピー。オリジナルとの相違点は甲羅に二重四角形の模様と顔の縞模様、キャノン砲の形状が違うこと。スイートのカメックスと戦い「こうそくスピン」で勝利。
コピーリザードン / リザードンツー(EVOLUTION)
声 – 岩崎諒太(EVOLUTION)
技:かえんほうしゃ、ちきゅうなげ、メガトンキック、ドラゴンテール(『EVOLUTION』のみ)
ヒトカゲツーの残された遺伝子から作られたコピー。オリジナルとの相違点は体中に赤茶色の縞模様があること。サトシのリザードンと戦い、圧倒的なスピードで翻弄し「ちきゅうなげ」で勝利。
『EVOLUTION』では争いが終結するとリザードンと和解する(傷ついたリザードンの顔を舐めている)シーンが追加された。
コピーフシギダネ
フシギダネの遺伝子から作られたコピー。オリジナルと対戦し、突き飛ばした。争いが終結するとオリジナルと和解する。
コピーゼニガメ
ゼニガメの遺伝子から作られたコピー。オリジナルとの戦いで、苦戦させた。争いが終結するとオリジナルと和解する。
コピーコダック
コダックの遺伝子から作られたコピー。オリジナルと比べて目つきが若干悪いが、おとぼけは同じ。
コピーロコン
ロコンの遺伝子から作られたコピー。
コピーギャラドス
ギャラドスの遺伝子から作られたコピー。オリジナルと戦い、噛み付いていた。
コピードククラゲ
ドククラゲの遺伝子から作られたコピー。
コピーシードラ
シードラの遺伝子から作られたコピー。旧作ではオリジナル同様、陸上での行動やバトルのシーンがカットされていたが、『EVOLUTION』では描写されている。
コピーゴルダック
ゴルダックの遺伝子から作られたコピー。
コピーニドクイン
ニドクインの遺伝子から作られたコピー。
コピーシャワーズ
シャワーズの遺伝子から作られたコピー。
コピーサイホーン
サイホーンの遺伝子から作られたコピー。
コピーピジョット
ピジョットの遺伝子から作られたコピー。
コピーストライク
ストライクの遺伝子から作られたコピー。
コピーサワムラー
サワムラーの遺伝子から作られたコピー。
コピーサンドパン
サンドパンの遺伝子から作られたコピー。
コピーラフレシア
ラフレシアの遺伝子から作られたコピー。
コピープクリン
プクリンの遺伝子から作られたコピー。
コピージュゴン
ジュゴンの遺伝子から作られたコピー。
コピーキュウコン
キュウコンの遺伝子から作られたコピー。
コピーギャロップ
ギャロップの遺伝子から作られたコピー。その他
イワーク
ミュウツーと初めて戦ったポケモン。「サイコキネシス」で弾き飛ばされる。『EVOLUTION』では「たいあたり」しているが、「バリアー」で弾き飛ばされてしまう。
ケンタロス
大群でミュウツーを襲うが、「サイコキネシス」で急に浮かび、ロケット団に捕まる。『EVOLUTION』ではミュウツーと最初に戦っている。
フーディン
ミュウツーに「サイコキネシス」で飛ばされた時は、スプーンが曲がっていた。『EVOLUTION』では未登場。
レアコイル
技:でんきショック
ミュウツーに電撃を仕掛けるが、「サイコキネシス」ですぐに弾き返される。『EVOLUTION』では未登場。
オーキド・シゲル
サトシのライバル。台詞は無く後ろ姿のみだが、物語の冒頭で少しだけ登場する。コミカライズ版では全身が登場。
手持ちポケモン

ニドキング
ウインディと共にミュウツーと戦うが、「サイコキネシス」で吹き飛ばされる。
ウインディ
ニドキングと共にミュウツーと戦うが、「サイコキネシス」ですぐに吹き飛ばされる。『EVOLUTION』では「かえんほうしゃ」を使用。サカキ
声 – 鈴置洋孝 / 三宅健太
ロケット団のボスでトキワシティのジムリーダー。ミュウツーを使って世界征服をしようとするが、彼が脱走したため失敗し、これに伴いジムリーダーを引退する。
手持ちポケモン

ペルシアン
常にサカキのそばについてまわり、ペットのように寵愛されている。
サイドン
技:じしん、いわおとし、つのドリル
コミカライズ版に登場。脱走しようとするミュウツーを妨害するも、逆に脱出を許してしまう。
TV本編ではムサシが代理として使用するも、本来相性で有利なピジョンに敗北してしまう。ラッタ、キングラー
嵐のため波止場で避難していた際に睨み合っていた。
ジュンサー
声 – 西村ちなみ
女性警察官。嵐のためにニューアイランド島行きの渡し舟が欠航したことをトレーナー達に伝える。旧作では帽子が飛ばされていたが、『EVOLUTION』では飛ばされていない。
ジョーイ
声 – 白石文子 / 藤村知可
行方不明になっているポケモンセンターの女医。実はミュウツーにさらわれ、洗脳を施されて召使いにされていたがミュウツーに用済みと見なされ正気に戻り、事件後はポケモンセンターを開放した。旧作ではさらわれた日にちは不明だが、『EVOLUTION』では一週間前にさらわれている。
フジ博士(ドクトル・フジ / クラマ・フジ)
声 – 秋元羊介 / 稲葉実
事故で死んだ愛娘のアイを生き返らせるために遺伝子の研究をしている科学者。その過程でミュウツーを生み出すが、ミュウツーの暴走で研究所を破壊された上、研究所の壊滅に巻き込まれ、他の研究員共々生死不明となる。旧作では他の研究員と共に顔はほとんど映っていなかったが、『EVOLUTION』でははっきりと顔が映っている。
アイツー
声 – 氷上恭子
『ミュウツーの誕生』(ラジオドラマ版)と『ミュウツーの逆襲 完全版』に登場。事故死したフジ博士の娘であるアイのコピー。ラジオドラマでは生身の体を持っているが、培養液の入ったガラス管から出られない身体であるうえに4年間しか生きられない。劇中のフジ博士の言葉はアイのコピーが複数回作られたことを示唆しており、本人も「ひょっとしたら私は(ツーではなく)アイスリー」と発言していることから、実際にはアイの何番目のコピーなのかは不明。CDに付属の絵本では生前のアイと同様の姿をした全裸の少女の姿で描かれている。完全版では正確にはアイの意識のデータを集めたもので、人間の目には光の集まりに見える。
幼い頃のミュウツーとテレパシーでコンタクトを取り、コピーのゼニガメ・ヒトカゲ・フシギダネと共に彼と仲良くなってアイの記憶を使い世の中のことを教えるが、直後に寿命を迎えコピーポケモン達と共に消滅してしまった。『EVOLUTION』では未登場。
なお、アイの名前の由来は、英語で言う自分を指す「I」という単語から来ている[15]。

声 – 安達忍
完全版のみ登場。フジ博士の妻で、アイの母親。死んだ娘を復活させようと躍起になる夫に「娘が帰ってくるわけではない」と諭すが、それでも幻影ばかり追いかける彼についていけなくなった。その為、夫と離婚し、同時に結婚指輪を置いて去っていった。『EVOLUTION』では未登場。
科学者
声 – 小西克幸、芝原チヤコ、小桜エツ子、玄田哲章
フジ博士と共に遺伝子工学でミュウツーを生み出すが、暴走したミュウツーに研究所を破壊され、その後は生死不明となる。
ヒトカゲツー
声 – 上田祐司
ゼニガメツー
声 – こおろぎさとみ
フシギダネツー
声 – 小桜エツ子
それぞれ、ヒトカゲ・ゼニガメ・フシギダネの遺伝子から作られたコピーポケモン。一度は消滅したが、後に残された遺伝子によってコピーの最終進化系が作られた。
調査員
声 – 辻親八、麻生智久
発掘隊員
声 – 大隈健太(EVOLUTION)
研究員
声 – 宇垣秀成、鈴木琢磨、陶山章央 / 古島清孝、福西勝也
トレーナー
声 – 小松昌平(EVOLUTION)
ミュウツーと戦ったトレーナーの一人。『EVOLUTION』では台詞がある。
メノクラゲ
声 – 関智一
旅立ち編に登場。スタッフ
原案 – 田尻智
スーパーバイザー – 石原恒和
アニメーション監修 – 小田部羊一
エグゼクティブプロデューサー – 久保雅一、川口孝司
プロデューサー – 吉川兆二、五十嵐智之、盛武源
キャラクター原案 – 杉森建、森本茂樹、藤原基史、西田敦子
アソシエイトプロデューサー – 三浦卓嗣、石川博、山内克仁、香山哲、紀伊高明、吉田紀之
アニメーションプロデューサー – 奥野敏聡、神田修吉
脚本 – 首藤剛志
絵コンテ – 湯山邦彦、横田和
演出 – 日高政光、井硲清高
演出補佐 – 村田和也
演出助手 – 矢野篤、斎藤徳明
キャラクターデザイン・総作画監督 – 一石小百合
デザイン協力 – そうま竜也、ゴトウマサユキ
作画監督 – 松原徳弘、山田俊也、浅野文彰、柳田義明、藤森雅也、高橋英吉、福本勝、志村泉
動画チェック – 榎本富士香、斎藤徳明、原鐵夫
色彩設定 – 吉野記通
色指定 – 岡田初美、中島淑子、小川志保
検査 – 堀内由美、服部真依、水谷靖子、増田真由美、中島淑子、四俣理香
特殊効果 – 太田憲之、中島正之
美術監督 – 金村勝義
撮影監督 – 白井久男
編集 – ジェイフィルム、辺見俊夫、伊藤裕
現像 – イマジカ
音楽 – 宮崎慎二、たなかひろかず
原曲 – 増田順一
音楽プロデューサー – 斎藤裕二、吉田隆
レコーディングミキサー – 中村充時
音響監督 – 三間雅文
音響プロデューサー – 南沢道義、中村明子
制作担当 – 太田昌二、小板橋司
制作デスク – 岩佐岳
制作進行 – 宮下徹、平本正志、都丸美由紀、北村直人、重野幸紀
設定進行 – 播間香織
制作協力 – 亜細亜堂
制作 – 小学館プロダクション
アニメーション制作 – OLM
監督 – 湯山邦彦
製作 – 河井常吉、富山幹太郎、坂本健、宮川鑛一、福田年秀、河村秀文
ピカチュウプロジェクト98 (The Pokémon Company[注 9]、小学館、テレビ東京、メディアファクトリー、任天堂、トミー、クリーチャーズ、ゲームフリーク、ジェイアール東日本企画、OLM、小学館プロダクション)主題歌
オープニングテーマ「めざせポケモンマスター’98」
作詞 – 戸田昭吾 / 作曲 – たなかひろかず / 編曲 – 渡部チェル / 歌 – 松本梨香
エンディングテーマ「風といっしょに」
作詞 – 戸田昭吾 / 作編曲 – たなかひろかず / 編曲 – 沢田完 / 歌 – 小林幸子(日本コロムビア)映像ソフト化・再放送
VHSビデオは1999年2月12日、レーザーディスク(LD)は1999年7月17日、DVD版は2000年6月23日発売[注 10]。ポケモンのレーザーディスクとしては唯一。また、ポケットモンスターシリーズのDVDは本作が初となる。
映画10周年を記念して発売された「劇場版ポケットモンスター PIKACHU THE MOVIE BOX 1998-2002」には、初期DVD版と同一で、現行の再放送で使われた正規完全版が収録されていない。
映画15周年を記念して発売された「PIKACHU THE MOVIE PREMIUM BOX」ではHDリマスター化されて収録されている。また、収録内容は初期DVD版や映画10周年を記念して発売されたものと同一。
再放送としてHDリマスター版が地上波及びキッズステーションで放送される際は冒頭のシーンを含めた正規完全版が放送されている。なお、2019年にWOWOWプライムで放送された際は初期DVD版と同一の内容が放送された。ミュウツーの逆襲 EVOLUTION
ミュウツーの逆襲 EVOLUTION
Pokémon:Mewtwo Strikes Back Evolution監督
湯山邦彦榊原幹典脚本
首藤剛志原案
田尻智製作
下平聡士關口彩香長渕陽介製作総指揮
岡本順哉片上秀長出演者
松本梨香大谷育江うえだゆうじ飯塚雅弓こおろぎさとみ市村正親山寺宏一小林幸子レイモンド・ジョンソン音楽
宮崎慎二主題歌
「風といっしょに」小林幸子&中川翔子制作会社
OLM,Inc. OLM Digital,Inc.、Sprite Animation Studios製作会社
ピカチュウプロジェクト(The Pokémon Companyほか)配給
東宝公開
2019年7月12日 2020年2月27日 (Netflix) 2020年9月30日上映時間
約98分製作国
日本言語
日本語興行収入
29.8億円前作
劇場版ポケットモンスター みんなの物語次作
劇場版ポケットモンスター ココテンプレートを表示『ミュウツーの逆襲 EVOLUTION』(ミュウツーのぎゃくしゅう エボリューション)(英題:Pokémon: Mewtwo Strikes Back Evolution)は、2019年7月12日公開の『ポケットモンスター』の劇場用映画第22作目であり、テレビ東京開局55周年記念作品。
第1作目を全編フル3DCGで描くリメイク作品[16] で、旧版での矛盾の解消や金銀編などで追加された設定の反映、さらにサトシのポケモン達もよりスポットを当てられている。
音声の収録はプレスコで行われている[17]。2018年8月に逝去した石塚運昇もプレスコ手法を以て出演しており、石塚にとっては遺作の一つとなり、次回作からは堀内賢雄がナレーションを担当した。
1作目と同じく市村正親[18] や小林幸子が特別出演しており、本作ではおはスタ初期のMCだった山寺宏一やレイモンドが特別出演に加わった。一方で『ディアルガVSパルキアVSダークライ』から特別出演を続けていた中川翔子は主題歌のみ担当で声優としては初めて不参加となった。
次回作の予告シーンではジャングルを舞台にピカチュウがヒモを引くと「2020年夏[19] 公開」のテロップが表記された(ここだけアニメのシーンとなっている)。
キャッチコピーは「最強とは何か――」「原点にして最高峰」。
日本国外では2020年2月27日よりNetflixオリジナルとして公開された[20]。
劇場版『ポケットモンスター ココ』公開記念として、テレビ東京系などでは2020年12月18日にテレビ初放送された。

旧作との相違・変更・追加シーン
キャストが一部変更されている(サカキ役が鈴置没後の『ダイヤモンド&パール』以降で声を担当した三宅に、ジョーイ役が白石引退に伴う後任で『無印』後期に担当した山口由里子ではなく『ベストウイッシュ』と同役の藤村が担ったりなどキャストがそれぞれ変わっている。)。
BGMは旧作をアレンジしたものが多いが、一部のシーンでは旧作と異なるBGMが使われている。
フジ博士の娘・アイに関わる場面がない。
「こおりのつぶて」や「リーフストーム」など当時旧作にはなかった次世代以降の技が存在する。
海賊トレーナーやミュウツーのアーマー、コピーポケモンを製造するマシンなどのデザインが変更されている。
旧作にはなかったタケシが耳を引っ張られるシーンがある。
カスミがギャラドスを苦手がるシーンがある。
海賊トレーナーのゴローニャがスリープに変更。
ジョーイが行方不明になった経緯が明確に描かれている。
ミュウツーのバトルシーンなどが一部カットされている。
ウミオ・ソラオ・スイート以外にも海を渡るトレーナーが多数登場。
ロケット団の船が木製ボートからラプラス型足漕ぎボート[注 11] に変更。
サトシのリザードンの出番が増えており、旧作とは異なり、サトシの指示を素直に聞いている。
旧作にはなかったウミオのシードラの陸上での行動やバトルシーンがある。
タケシがミュウを知っている。
サトシが石化するシーンでコピーピカチュウが泣くシーンが追加されている。
エンディング中にいつもの親子(母と娘)がいる。
エピローグでミュウツーがコピーポケモンたちと一緒にピュアズロックに向かうシーンがあり、『我ハココに在リ』に直接繋がる演出がなされた。
サトシが年齢差の近いトレーナーにはタメ口だが、大人のトレーナーには敬語を使っている。これら以外にも変更や追加されたシーンが多くある。

スタッフ(EVOLUTION)
本編原案 – 田尻智
監督 – 湯山邦彦、榊原幹典
エグゼクティブプロデューサー – 岡本順哉、片上秀長
プロデューサー – 下平聡士、關口彩香[注 12]、長渕陽介
CGIスーパーバイザー – 那須基仁
脚本 – 首藤剛志
音楽 – 宮崎慎二
音響監督 – 三間雅文
音響効果 – 神保大介、倉橋裕宗
アニメーションプロデューサー – 小林雅士
アニメーション制作 – OLM Digital、Sprite Animation Studios
製作 – ピカチュウプロジェクト(The Pokémon Company、小学館、テレビ東京、タカラトミー、ジェイアール東日本企画、OLM、東宝、小学館集英社プロダクション)
配給 – 東宝リアル脱出ゲーム『ミュウツーの城からの脱出』企画・製作・主催 – SCRAP
製作総指揮 – 加藤隆生
アニメーション制作 – OLM Digtal
制作協力 – BadNews、チケットぴあ九州主題歌(EVOLUTION)
 本編

オープニングテーマ曲 「めざせポケモンマスター’98」(2019 Remaster)
歌 – 松本梨香 / 作詞 – 戸田昭吾 / 作曲 – たなかひろかず / 編曲 – 渡部チェル / リマスター版制作 エンジニア – 工藤雅史(SME Records)
エンディングテーマ「風といっしょに」
歌 – 小林幸子&中川翔子 / 作詞 – 戸田昭吾 / 作曲 – たなかひろかず / 編曲 – 亀田誠治(ソニー・ミュージックレコーズ)[21]リアル脱出ゲーム『ミュウツーの城からの脱出』

テーマ曲「めざせポケモンマスター’98」(2019 Remaster・インストメンタルバージョン)
作曲 – たなかひろかず / 編曲 – 渡部チェル / リマスター版制作 エンジニア – 工藤雅史(SME Records)関連作品
CD「ポケモン サウンドピクチャーボックス ミュウツーの誕生」
CD2枚組のサウンドトラック。誕生して間もない頃の物語を描いたものとしてニッポン放送『犬山犬子のポケモンアワー』内で放送したラジオドラマを収録。1999年2月12日発売。
漫画「劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲」
映画公開に先駆け『月刊コロコロコミック』にて『電撃!ピカチュウ』の作者おのとしひろが執筆した漫画版。ミュウツーに関するエピソードがメインとなっていてサトシ達がミュウツーの招待した島に向かうまでが綴られている。また、劇場版と違い、フジ博士がロケット団の命令に逆らいきれなくなったため、ミュウツーに自分ごと研究所を破壊させたことになっている。上記のようにこの話は途中でストーリーが中断され、「続きは劇場で」といった終わり方となっており、現在でも単行本化されていない。
『ポケットモンスター ミュウツー! 我ハココニ在リ』
『ミュウツーの逆襲』の続編にあたる物語。2000年12月30日にテレビで放送され、2001年8月29日にDVDで発売された。『EVOLUTION』公開を記念して、『別冊コロコロコミック』と『コロコロオンライン』でコミカライズ版が連載された。
リアル脱出ゲーム×劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲 EVOLUTION『ミュウツーの城からの脱出』
SCRAP主催の体験型ゲームイベントとして2019年7月から9月にかけて、東京歌舞伎町にある常設アミューズメントスポット「東京ミステリーサーカス」と横浜駅前にある常設スタジオ「横浜ヒミツキチオブスクラップ」と大阪心斎橋にある常設スタジオ「大阪ヒミツキチオブスクラップ」にて約2ヶ月、札幌大通にある常設店舗「アジトオブスクラップ札幌」と名古屋矢場町にある常設スタジオ「名古屋ヒミツキチオブスクラップ」にて約1ヶ月のロングランで開催され、5都市開催期間中(札幌・東京・横浜・名古屋・大阪)に全国18都市を巡回した。参加者は謎の招待状を受け取ったポケモントレーナーとなって、フシギバナ、リザードン、カメックス、ピカチュウ、ニャース、トゲピーと共に様々な謎を駆使して1時間以内にミュウツーのバトルに勝利し、ミュウツーの城から脱出することがクリア条件。コースは通常卓と家族卓が選べ、家族卓のみ若干難易度が引き下がっている。キャッチコピーは「キミの前に立ちはだかるのは史上最強の逆襲(ナゾ)」である。前売り券は通常版のほかにモンスターボールを模した「謎箱」付の限定版を選択することができる[注 13]。東京ミステリーサーカスのみホイップクリーム付マンゴーフラッペを販売した。脚注
[脚注の使い方]注釈

^ 第66話でミュウツーがサカキの下から離れる場面があるため。

^
主な相違点は以下の通り。
初期版:エンディングテロップにおいて、アニメーション製作:OLMの下に「TEAM OTA」の表記あり。
完全版(初期DVD版):「ミュウツーの誕生」の追加とCG処理を施した全米公開用バージョン。
正規完全版(再放送でも使用中、HDリマスター版を含む):エンディングテロップのフォントが、影つきの太いゴシック体。
^ EVOLUTIONでは「うえだゆうじ」名義。

^ 旧作ではヴァイキング風だったが、『EVOLUTION』ではセーラー服にサングラスといった水兵風に船はラプラス型のスワンボートになっている。

^ EVOLUTIONでは「犬山イヌコ」名義。

^ 『EVOLUTION』ではカスミと共に隠れていたが見つかってしまい、捕まるに変更された。

^ 『EVOLUTION』ではタケシがジョーイと共に入り口から逃げようとした際、隙を突いて捕まるに変更された。

^ 『EVOLUTION』ではスイートがプクリンを庇っている隙を突いて捕まるに変更された。

^ 後年の再放送で追加されるがクレジット表記は一貫してノンクレジット。

^ LD及びDVD版は、完全版が収録されている。

^ 本作公開の同時期に宮城県内で展開される実物と同型。

^ 発表当初は「細谷伸之」と記載されていたが、2019年4月に変更。なお、『サン&ムーン』等のアニメ作品や『ポケモンの家あつまる?』でも同時期にプロデューサーが交代している。

^ 新潟公演は新潟港開港150周年記念事業及び新潟・庄内ディスティネーションキャンペーン、熊本公演は熊本ディスティネーションキャンペーンの一環として開催。

出典

^ 歴代ランキング – CINEMAランキング通信(興行通信社)

^ “Pokemon: The First Movie (1999)”. JP’s Box-Office. 2020年6月22日閲覧。

^ 1998年配給収入10億円以上番組 – 日本映画製作者連盟

^ [1]、ZAKZAK、1997年11月。(インターネットアーカイブのキャッシュ)

^ 前売り絶好調 映画「ポケモン」、中日スポーツ、1998年7月9日。(インターネットアーカイブのキャッシュ)

^ 別冊太陽 ヒーロー、ヒロインの昭和史(平凡社、2000年)ISBN 4-582-94335-7 175ページ

^ シナリオえーだば創作術 第167回 – 首藤剛志

^ WEBアニメスタイルCOLUMN 首藤剛志『シナリオえーだば創作術 第181回 『ミュウツーの逆襲』前夜』)

^ テレビアニメ版公式ツイッター(@anipoke_PR) 2020年11月19日 21:28(JST)の投稿、2020年11月20日閲覧。

^ 【ポケモン映画全米制覇】、Fuji News.com(夕刊フジ)、1999年11月18日。(インターネットアーカイブのキャッシュ)

^ <映画>ポケモン全米初日興収10億円突破! スポニチメール 1999年11月14日(インターネットアーカイブのキャッシュ)

^ “https://twitter.com/ambafrancejp_jp/status/1159019757682778112” (日本語). Twitter. 2020年12月16日閲覧。

^ 元々料理用に持っていたものだったが、肝心の食材がなかった。

^ テレビアニメ版公式ツイッター(@anipoke_PR) 2020年11月19日 21:32(JST)の投稿、2020年11月20日閲覧。

^ 「シナリオえーだば創作術」第181回「『ミュウツーの逆襲』前夜」 の記述より。また、プロットの段階では「ミー(me=「I」同様英語で「私」を指す単語)」という名前だったらしい。

^ “小林幸子×中川翔子×亀田誠治、ポケモン新作映画のED主題歌で「風といっしょに」をリメイク”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2019年4月6日). 2019年6月22日閲覧。

^ Sunma47の2019年3月24日のツイート、2019年6月22日閲覧。、三間雅文

^ 伝説のポケモン・ミュウツー役に市村正親さんが決定!、ポケモン映画公式サイト、2019年3月1日、2019年7月12日閲覧。

^ 実際には新型コロナウィルスの影響で2020年12月に延期されている。

^ Pokémon (2020年1月21日). “As the Legendary Pokémon Mewtwo becomes aware of its own dubious origin, it begins to resent its human creators and seeks revenge… It’s happening, Trainers. #MewtwoStrikesBackEvolution is coming to @Netflix on February 27!” (英語). Twitter. 2020年1月21日閲覧。

^ 小林幸子×中川翔子×亀田誠治、ポケモン新作映画のED主題歌で「風といっしょに」をリメイク(コメントあり),音楽ナタリー,2019年4月6日

外部リンク
1998年版映画紹介ページ(ポケモンオフィシャル)(日本語)
Pokémon: The First Movie | Pokemon.com(英語)
Pokemon The First Movie(英語)
WarnerBros.com | Pokemon: the First Movie | Movies(英語)
WarnerBros.com | The Pokemon Movie Collection | Movies(英語)
2019年版映画紹介ページ(ポケモンオフィシャル)(日本語)
Pokémon: Mewtwo Strikes Back—Evolution | Pokemon.com(英語)
シナリオえーだば創作術 – 脚本家首藤剛志、この映画について第166回 – 第184回に記載。
劇場版ポケットモンスター『ミュウツーの逆襲 EVOLUTION』×リアル脱出ゲーム〜ミュウツーの城からの脱出〜 – SCRAPによるイベント公式サイト
ミュウツーの逆襲 EVOLUTION – YouTubeプレイリスト(東宝MOVIEチャンネル)表話編歴劇場版ポケットモンスターシリーズ
◆ 監督(長編・短編作品共通): 湯山邦彦(1998 – 2017) – 矢嶋哲生(2018 – )無印
(1998) ミュウツーの逆襲 – (1999) 幻のポケモン ルギア爆誕 – (2000) 結晶塔の帝王 ENTEI – (2001) セレビィ 時を超えた遭遇 – (2002) 水の都の護神 ラティアスとラティオス

アドバンスジェネレーション
(2003) 七夜の願い星 ジラーチ – (2004) 裂空の訪問者 デオキシス – (2005) ミュウと波導の勇者 ルカリオ – (2006) ポケモンレンジャーと蒼海の王子 マナフィ

ダイヤモンド&パール
(2007) ディアルガVSパルキアVSダークライ – (2008) ギラティナと氷空の花束 シェイミ – (2009) アルセウス 超克の時空へ – (2010) 幻影の覇者 ゾロアーク

ベストウイッシュ
(2011) ビクティニと黒き英雄 ゼクロム – (2011) ビクティニと白き英雄 レシラム – (2012) キュレムVS聖剣士 ケルディオ – (2013) 神速のゲノセクト ミュウツー覚醒

XYシリーズ
(2014) 破壊の繭とディアンシー – (2015) 光輪の超魔神 フーパ – (2016) ボルケニオンと機巧のマギアナ

オリジナル&無印リメイク
(2017) キミにきめた! – (2018) みんなの物語 – (2019) ミュウツーの逆襲 EVOLUTION – (2020) ココ

短編
(1998) ピカチュウのなつやすみ – (1999) ピカチュウたんけんたい – (2000) ピチューとピカチュウ – (2001) ドキドキかくれんぼ – (2002) ピカピカ星空キャンプ – (2003) おどるポケモンひみつ基地 – (2012) メロエッタのキラキラリサイタル – (2013) ピカチュウとイーブイ☆フレンズ – (2014) ピカチュウ、これなんのカギ? – (2015) ピカチュウとポケモンおんがくたい

長編主題歌
(1998) 風といっしょに (小林幸子) – (1999) toi et moi (安室奈美恵) – (2000) 虹がうまれた日 (森公美子) – (2001) 明日天気にしておくれ (藤井フミヤ) – (2002) ひとりぼっちじゃない (coba & 宮沢和史)(2003) 小さきもの (林明日香) – (2004) L・O・V・E・L・Y 〜夢見るLOVELY BOY〜 (Tommy february6) – (2005) はじまりのうた (PUFFY) – (2006) 守るべきもの (Sowelu)(2007) Be With You (Sarah Brightman) – (2008) ONE (Crystal Kay) – (2009) 心のアンテナ (中川翔子) – (2010) アイスクリーム シンドローム (スキマスイッチ) – (2011) 響 -こえ- (Every Little Thing) – (2012) Memories (ローラ) – (2013) 笑顔 (いきものがかり) – (2014) 夜明けの流星群 (SCANDAL) – (2015) Tweedia (安田レイ) – (2016) ポストに声を投げ入れて (YUKI) – (2017) オラシオンのテーマ ~共に歩こう~ (林明日香) – (2018) ブレス (ポルノグラフィティ) – (2019) 風といっしょに(小林幸子・中川翔子)

関連項目
テレビ東京 – SCRAP(リアル脱出ゲーム)

表話編歴 ポケットモンスター 世界観
ポケモン
概説
ポケットモンスター (架空の生物)

ポケモン一覧 (全国図鑑順)
1-51
25:ピカチュウ
52-101
102-151
150:ミュウツー
151:ミュウ
152-201
202-251
252-297
298-342
343-386
387-440
441-493
494-545
546-598
599-649
650-721
722-809
810-その他の順序
五十音順
ジョウト順
ホウエン順
シンオウ順
イッシュ順
カロス順
アローラ順
ガラル順
人物・地理

人物一覧
赤・緑・青・ピカチュウ・ファイア・リーフ・Let’s Go!
金・銀・クリスタル・ハート・ソウル
ルビー・サファイア・エメラルド・オメガ・アルファ
ダイヤモンド・パール・プラチナ・ブリリアント・シャイニング
ブラック・ホワイト・ブラック2・ホワイト2
X・Y
サン・ムーン・ウルトラサン・ウルトラムーン
ソード・シールド
オーキド博士
タケシ
カスミ
ロケット団
地名
カントー地方
ジョウト地方
ホウエン地方
シンオウ地方 / ヒスイ地方
イッシュ地方
カロス地方
アローラ地方
ガラル地方
パルデア地方
オーレ地方
フィオレ地方
アルミア地方
オブリビア地方
フェルム地方
レンティル地方
道具・用語
モンスターボール
わざマシン
ポロック
バッジ
ポケモン図鑑
用語一覧
ポケモンコンテスト
バトルフロンティア
 ゲーム
本編
GB
赤・緑・青・ピカチュウ
金・銀・クリスタルバージョンGBA
ルビー・サファイア・エメラルド
ファイアレッド・リーフグリーンDS
ダイヤモンド・パール・プラチナ
ハートゴールド・ソウルシルバー
ブラック・ホワイト・ブラック2・ホワイト23DS
X・Y
オメガルビー・アルファサファイア
サン・ムーン・ウルトラサン・ウルトラムーンSwitch
Let’s Go! ピカチュウ・Let’s Go! イーブイ
ソード・シールド
ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール
LEGENDS アルセウス
スカーレット・バイオレット
外伝
対戦・保管
スタジアム
ボックス
コロシアム
XD
バトルレボリューション
バンク・ムーバー
HOME不思議のダンジョン
救助隊
探検隊
冒険団
マグナゲートと∞迷宮

救助隊DXレンジャー
レンジャー
バトナージ
光の軌跡スクランブル
乱戦!
スーパー
U
みんなパズル
パネポン
トローゼ
バトルトローゼ
ポケとる
ピクロス
Café Mixコミュニケーション
げんきでちゅう
チャンネル
牧場コラボレーション
大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ
ノブナガの野望
ポッ拳その他
カードGB
スナップ
ピンボール
カードGB2
ピンボール ルビー&サファイア
ダッシュ
ポケパークWii
タイピング
立体図鑑BW
ポケパーク2
ARサーチャー
全国図鑑Pro
アートアカデミー
名探偵ピカチュウ
クエスト
Newスナップ
UNITEスマートフォン
ポケとる スマホ版
コマスター
Pokémon GO
はねろ! コイキング
クエスト スマホ版
マスターズ
スマイル
Café Mix スマホ版
UNITE スマホ版専用機器
ポケットピカチュウ
ポケモンミニチップ型TCG
バトリオ
トレッタ
ガオーレ
メザスタアーケード
メダルワールド
カードゲームガチャ
バトルナイン
ポッ拳

 メディア
アニメーション作品
本編
無印
AG
DP
BW / BW2
XY / XY&Z
SM
無印 (2019年版)外伝
OVA
我ココ
ライ伝
サイド
ミラージュ
ダンジョン1
ダンジョン2
ダンジョン3
光の軌跡
覚醒への序章
THE ORIGIN
最強メガシンカ
ジェネレーションズ
薄明の翼
POKÉTOON
Evolutions映画
ミュウツー
なつやすみ
ルギア
たんけんたい
エンテイ
ピチュー
セレビィ
ドキドキかくれんぼ
ラティアス・ラティオス
ピカピカ星空キャンプ
ジラーチ
ひみつ基地
デオキシス
ルカリオ
マナフィ
ダークライ
シェイミ
アルセウス
ゾロアーク
ゼクロム / レシラム
ケルディオ
メロエッタ
ゲノセクト
イーブイ☆フレンズ
ディアンシー
これなんのカギ?
フーパ
おんがくたい
ボルケニオン・マギアナ
キミにきめた!
みんなの物語
ミュウツーEVO
ココ人物
サトシ
サトシのポケモン
ピカチュウ
KT・OS
JT
AG
DP
BW
XY
SM
PM2
カスミ
タケシ
ケンジ
ハルカ
マサト
ヒカリ
アイリス
デント
セレナ
シトロン
ユリーカ
ゴウ
ゴウのポケモン
コハル
サクラギ博士
ロケット団
ムサシ
コジロウ
ニャース
オーキド博士
シゲル
シュウ
ハーリー
シンジ
ノゾミ
ジュン
ジムリーダー
四天王・チャンピオン
フロンティアブレーン
漫画
穴久保版
SPECIAL
登場人物
電撃!ピカチュウ
4コマ大百科
ポケモンゲットだぜ!
ゴールデン・ボーイズ
PiPiPi★アドベンチャー
チャモチャモ☆ぷりてぃ♪
ポケモンDP
サトシとピカチュウ
快盗!ポケモン7
ギャグワールド
ギャグバトル
ジョウの大冒険
RéBURST雑誌・小説
ポケモンワンダーランド
ポケモンファン
The Animation絵本
ポケモンえほん
ポケモンえにっき
ポケモンたびにっきアナログゲーム
ポケモンカードゲーム
発売タイトル
公式大会
ポケモンカード
ポケモントレーディングフィギュアゲーム
ポケモンバトルチェス
ポケマニア商品とサービス
ポケモンセンター
ポケモンキッズ
ポケモンカー
ポケモンジェット
ポケモンパン
ポケパーク
ポケモンガーデン
ワールドチャンピオンシップス
S.H.Figuartsラジオドラマ
白い明日だ!ロケット団
ミュウツーの誕生テレビ番組
週刊ポケモン放送局
ポケモン☆サンデー
ポケモンだいすきNOW
ポケモンスマッシュ!
ポケモンゲット☆TV
ポケモンの家あつまる?
ポケモンとどこいく!?インターネット番組
P-Sportsラジオ番組
犬山犬子のポケモンアワー
ロケット団ひみつ帝国実写映画
名探偵ピカチュウ
 楽曲
アニメオープニング
無印
めざせポケモンマスター
ライバル!
OK!
めざせポケモンマスター(Whiteberryバージョン)
Ready Go!AG
アドバンス・アドベンチャー
チャレンジャー!!
ポケモンシンフォニックメドレー
バトルフロンティア
スパート!DP
Together
Together2008
ハイタッチ!
ハイタッチ!2009
サイコー・エブリデイ!
サイコー・エブリデイ! (BAND VERSION)BW / BW2
ベストウイッシュ!
やじるしになって!
やじるしになって!2013
夏めく坂道XY / XY&Z
V(ボルト)
メガV(メガボルト)
ゲッタバンバン
XY&ZSM
アローラ!!
めざせポケモンマスター -20th Anniversary-
未来コネクション
キミの冒険PM2
1・2・3
アニメエンディング
無印
ひゃくごじゅういち
ニャースのうた
ポケットにファンタジー
ポケモン音頭
タイプ:ワイルド
ラプラスにのって
ニャースのパーティ
ポケモンはらはらリレー
ポケモンはらはら²リレー(むずかし版)
タケシのパラダイス
ぼくのベストフレンドへ
前向きロケット団!
ポケッターリ モンスターリAG
そこに空があるから
ポルカ・オ・ドルカ
スマイル
いっぱいサマー!!
GLORY DAY 〜輝くその日〜
ポケモンかぞえうた
私、負けない!〜ハルカのテーマ〜DP
君のそばで 〜ヒカリのテーマ〜
君のそばで 〜ヒカリのテーマ〜(PopUp. Version)
君のそばで 〜ヒカリのテーマ〜(Winter. Version)
風のメッセージ
風のメッセージ(PokaPoka-VERSION)
あしたはきっと
もえよ ギザみみピチュー!
ドッチ〜ニョ?
君の胸にLaLaLaBW / BW2
心のファンファーレ
ポケモン言えるかな?BW
七色アーチ
みてみて☆こっちっち
サクラ・ゴーラウンド
手をつなごうXY / XY&Z
X海峡Y景色
ピースマイル!
ドリドリ
ガオガオ・オールスター
プニちゃんのうた
ロケット団 団歌
キラキラ
ピカチュウのうた
ニャースのバラードSM
ポーズ
ジャリボーイ・ジャリガール
心のノート
タイプ:ワイルドPM2
ポケモンしりとり
映画主題歌
長編
風といっしょに
toi et moi
虹がうまれた日
明日天気にしておくれ
ひとりぼっちじゃない
小さきもの
L・O・V・E・L・Y 〜夢見るLOVELY BOY〜
はじまりのうた
守るべきもの
ビー・ウィズ・ユー 〜いつもそばに〜
ONE
心のアンテナ
アイスクリーム シンドローム
宙 -そら- / 響 -こえ-
Memories
笑顔
夜明けの流星群
Tweedia
ポストに声を投げ入れて
オラシオンのテーマ 〜共に歩こう〜
ブレス
風といっしょに
ふしぎなふしぎな生きもの短編
ピカピカまっさいチュウ
そらとぶポケモンキッズ
ともだち記念日
かくれんぼ
あの丘を目指して
ポルカ・オ・ドルカ
みてみて☆こっちっち
手をつなごう
ピースマイル!
ガオガオ・オールスター
関連番組主題歌
ポケモンなりきりサンデー
Endless Fighters
ポケモン言えるかな?BW
アイ アム ア ヒーローサウンドトラック
テレビアニメ
サウンドアニメコレクション
オリジナルサウンドトラックベスト
オリジナルサウンドトラックベスト2劇場版
ミュウツー
ルギア
エンテイ
セレビィ
ラティアス・ラティオス
ジラーチ
デオキシス
ルカリオ
マナフィ
ダークライ
シェイミ
アルセウス
ゾロアーク
ゼクロム / レシラム
ケルディオ
ゲノセクトゲーム
赤・緑・青・ピカチュウ
ルビー・サファイア
ファイアレッド・リーフグリーン
ダイヤモンド・パール
ハートゴールド・ソウルシルバー
ブラック・ホワイト
ブラック2・ホワイト2
X・Y
アルバム
ポケモンソング♪ ベストコレクション
テレビアニメ主題歌ソング集
映画アニメ主題歌ソング集
ポケモン音楽集運動会編
松本梨香が歌うポケモンソングベスト
ポケモンTVアニメ主題歌 BEST OF BEST 1997-2012
アニメ「ポケットモンスターXY&Z」キャラソンプロジェクト集
「劇場版ポケットモンスター ココ」テーマソング集その他
ピカチュウレコード
ロケット団よ永遠に
とりかえっこプリーズ
アカシア
 関連項目
企業
ポケモン
任天堂
ゲームフリーク
クリーチャーズその他
ポケモンショック
ポケモン同人誌事件
Zbtb7(旧ポケモン遺伝子)
けつばん
POKÉMON with YOU トレイン(観光列車)
ウィキプロジェクト
カテゴリ

表話編歴OLMTVアニメ
1990年代
愛天使伝説ウェディングピーチ
モジャ公
ポケットモンスター
剣風伝奇ベルセルク
ああっ女神さまっ 小っちゃいって事は便利だねっ
To Heart
鋼鉄天使くるみシリーズ2000年代
こみっくパーティー
フィギュア17 つばさ&ヒカル
カスミンシリーズ
PIANO
ポケットモンスター アドバンスジェネレーション
ポケットモンスター サイドストーリー
おもいっきり科学アドベンチャー そーなんだ!
神魂合体ゴーダンナー!!共
コロッケ!
モンキーターンシリーズ
神魂合体ゴーダンナー!! SECOND SEASON共
アガサ・クリスティーの名探偵ポワロとマープル
To Heart 〜Remember my Memories〜共
強殖装甲ガイバー
ToHeart2
魔界戦記ディスガイア
うたわれるもの
ポケットモンスター ダイヤモンド&パール
RAY THE ANIMATION
シルクロード少年 ユート
スーパーロボット大戦OG -ディバイン・ウォーズ-
Gift 〜ギフト〜 eternal rainbow
デルトラクエスト
さぁイコー! たまごっち
イナズマイレブン
うさるさん。
たまごっち!シリーズ2010年代
はなかっぱ共
ポケットモンスター ベストウイッシュシリーズ
ダンボール戦機シリーズ
イナズマイレブンGOシリーズ
パックワールド共
ポケットモンスター XYシリーズ
妖怪ウォッチ
フューチャーカード バディファイトシリーズ共
フーパのおでまし大作戦!!
ピカイア!シリーズ
オレカバトル共
ドラゴンコレクション
おまかせ!みらくるキャット団共
かみさまみならい ヒミツのここたま
ベイブレードバーストシリーズ
12歳。〜ちっちゃなムネのトキメキ〜
カードファイト!! ヴァンガードG NEXT
ポケットモンスター サン&ムーン
アトム ザ・ビギニング共
100%パスカル先生
プリプリちぃちゃん!!
トミカハイパーレスキュー ドライブヘッド 機動救急警察共
スナックワールド
BanG Dream!共
カードファイト!! ヴァンガードG Z
新幹線変形ロボ シンカリオン THE ANIMATION
ポチっと発明 ピカちんキット共
イナズマイレブン アレスの天秤
メジャーセカンド
カードファイト!! ヴァンガード(2018年版シリーズ)
妖怪ウォッチ シャドウサイド
フューチャーカード 神バディファイト
ゾイドワイルドシリーズ
キラキラハッピー★ ひらけ!ここたま
イナズマイレブン オリオンの刻印
妖怪ウォッチ!
けだまのゴンじろー
MIX
ポケットモンスター (2019年版シリーズ)
妖怪学園Y 〜Nとの遭遇〜2020年代
トミカ絆合体 アースグランナー
文豪とアルケミスト 〜審判ノ歯車〜
ガル学。〜聖ガールズスクエア学院〜共
カードファイト!! ヴァンガード外伝 イフ-if-
キングスレイド 意志を継ぐものたち共
オッドタクシー共
マジカパーティ
妖怪ウォッチ♪
新幹線変形ロボ シンカリオンZ
メガトン級ムサシ
異世界食堂2
古見さんは、コミュ症です。
ニンジャラ
ガル学。II〜Lucky Stars〜
異世界美少女受肉おじさんと
サマータイムレンダ
ラブオールプレー共
イジらないで、長瀞さん 2nd Attack
ダークギャザリング特別番組
ポケットモンスター ミュウツー! 我ハココニ在リ
ポケットモンスタークリスタル ライコウ雷の伝説
戦慄のミラージュポケモン
ポケモン不思議のダンジョン 出動ポケモン救助隊ガンバルズ!
ポケモン不思議のダンジョン 時の探検隊・闇の探検隊
ポケモン不思議のダンジョン 空の探検隊 時と闇をめぐる最後の冒険
ポケモンレンジャー 光の軌跡
ミュウツー 〜覚醒への序章〜
ポケットモンスター THE ORIGIN共
ポケットモンスター XY 特別編 最強メガシンカ
鉱国のプリンセス ディアンシー
劇場アニメ
劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲
劇場版ポケットモンスター 幻のポケモン ルギア爆誕
劇場版ポケットモンスター 結晶塔の帝王 ENTEI
劇場版ポケットモンスター セレビィ 時を超えた遭遇
劇場版ポケットモンスター 水の都の護神 ラティアスとラティオス
劇場版ポケットモンスター アドバンスジェネレーション 七夜の願い星 ジラーチ
劇場版ポケットモンスター アドバンスジェネレーション 裂空の訪問者 デオキシス
新暗行御史
劇場版ポケットモンスター アドバンスジェネレーション ミュウと波導の勇者 ルカリオ
劇場版ポケットモンスター アドバンスジェネレーション ポケモンレンジャーと蒼海の王子 マナフィ
劇場版 どうぶつの森
劇場版ポケットモンスター ダイヤモンド&パール ディアルガVSパルキアVSダークライ
えいがでとーじょー! たまごっち ドキドキ! うちゅーのまいごっち!?
劇場版ポケットモンスター ダイヤモンド&パール ギラティナと氷空の花束 シェイミ
映画! たまごっち うちゅーいちハッピーな物語!?
劇場版ポケットモンスター ダイヤモンド&パール アルセウス 超克の時空へ
レイトン教授と永遠の歌姫共
劇場版ポケットモンスター ダイヤモンド&パール 幻影の覇者 ゾロアーク
劇場版イナズマイレブン 最強軍団オーガ襲来
劇場版ポケットモンスター ベストウイッシュ ビクティニと黒き英雄 ゼクロム・白き英雄 レシラム共
劇場版イナズマイレブンGO 究極の絆 グリフォン
劇場版ポケットモンスター ベストウイッシュ キュレムVS聖剣士 ケルディオ
劇場版イナズマイレブンGO vs ダンボール戦機W
劇場版ポケットモンスター ベストウイッシュ 神速のゲノセクト ミュウツー覚醒
映画はなかっぱ 花さけ!パッカ〜ん♪ 蝶の国の大冒険共
イナズマイレブン 超次元ドリームマッチ
ポケモン・ザ・ムービーXY 破壊の繭とディアンシー
映画 妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!
ポケモン・ザ・ムービーXY 光輪の超魔神 フーパ
映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!
百日紅 〜Miss HOKUSAI〜
ポケモン・ザ・ムービーXY&Z ボルケニオンと機巧のマギアナ
ルドルフとイッパイアッテナ共
CYBORG009 CALL OF JUSTICE共
映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!
映画 かみさまみならい ヒミツのここたま 奇跡をおこせ♪ テップルとドキドキここたま界
映画 たまごっち ヒミツのおとどけ大作戦!
劇場版ポケットモンスター キミにきめた!
映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活
劇場版ポケットモンスター みんなの物語
映画 ドライブヘッド〜トミカハイパーレスキュー 機動救急警察〜
映画 妖怪ウォッチ FOREVER FRIENDS
ミュウツーの逆襲 EVOLUTION共
二ノ国
映画 妖怪学園Y 猫はHEROになれるか
劇場版 新幹線変形ロボ シンカリオン 未来からきた神速のALFA-X
劇場版ポケットモンスター ココ
映画 妖怪ウォッチ♪ ケータとオレっちの出会い編だニャン♪ワ、ワタクシも〜♪♪
劇場版 総集編 マジカパーティ
映画 オッドタクシー イン・ザ・ウッズOVA
GUNSMITH CATS
ウェディングピーチDX
ぶっとび!!CPU
パワードール・プロジェクトα
ハイスクール・オーラバスター
クイーン・エメラルダス
ポケットモンスターシリーズ
鋼鉄天使くるみシリーズ
みずいろ 全年齢版
アーリーレインズ
イナズマイレブン ReloadedWebアニメ
たまごっちオリジナルアニメ
ポケモンジェネレーションズ
イナズマイレブン アウターコード
ベイブレードバースト ガチ
モノのかみさま ここたま
ベイブレードバースト スパーキング
ベイブレードバースト ダイナマイトバトル
Pokémon EvolutionsTVドラマ
百鬼夜行抄
新・美味しんぼシリーズ
ケータイ捜査官7共
QP
信州山岳刑事 道原伝吉シリーズ
アイドル×戦士 ミラクルちゅーんず!
魔法×戦士 マジマジョピュアーズ!
ひみつ×戦士 ファントミラージュ!
ポリス×戦士 ラブパトリーナ!
ビッ友×戦士 キラメキパワーズ!
リズスタ -Top of Artists!-実写映画
忍たま乱太郎
一命
逆転裁判
悪の教典
藁の楯
土竜の唄シリーズ
喰女-クイメ-
劇場版 カードファイト!! ヴァンガード 3つのゲーム
神さまの言うとおり
風に立つライオン
極道大戦争
テラフォーマーズ
無限の住人
ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章
ラプラスの魔女
初恋
妖怪大戦争 ガーディアンズ関連頂目
ぎゃろっぷ
IMAGICA GROUP
WHITE FOX
共:共同制作
.mw-parser-output .redirectcatnavmargin:1em auto;border-style:none;text-align:left;font-size:100%;clear:both.mw-parser-output .redirectcat ulmargin-left:0ミュウツーの逆襲 EVOLUTIONに関するカテゴリ:
劇場版ポケットモンスター
2019年のアニメ映画
コンピュータアニメーション映画
3DCGアニメ
.mw-parser-output .asboxposition:relative;overflow:hidden.mw-parser-output .asbox tablebackground:transparent.mw-parser-output .asbox pmargin:0.mw-parser-output .asbox p+pmargin-top:0.25em.mw-parser-output .asboxfont-size:90%.mw-parser-output .asbox-notefont-size:90%.mw-parser-output .asbox .navbarposition:absolute;top:-0.75em;right:1em;display:none
この項目は、映画に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(P:映画/PJ映画)。

「https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=劇場版ポケットモンスター_ミュウツーの逆襲&oldid=91456656」から取得
カテゴリ: 劇場版ポケットモンスター1998年のアニメ映画メディアファクトリーのアニメ映画クローンを題材としたアニメ映画ワーナー・ブラザースのアニメ映画シネマサービスのアニメ映画隠しカテゴリ: ISBNマジックリンクを使用しているページ編集半保護中のページ映画関連のスタブ項目

評価: 4~5 つ星
レビュー: 7423
再生回数: 1283
[spincontent type=”j”]

【公式】「ミュウツーの逆襲 EVOLUTION」予告1 Youtube

「ミュウツーの逆襲 EVOLUTION」7月12日(金)公開
映画公式サイト https://www.pokemon-movie.jp

全世界に告ぐ――。原点にして、最高峰。

■ストーリー
「清らかな心と、会いたいと強く願う気持ち」
その2つをもつ冒険者の前にだけ姿を現すという幻のポケモン・ミュウ。
全てのポケモンの“はじまり”と言われ、世界中のポケモン研究者が行方を追うなか、
ついに1人の科学者がミュウの化石を発見し、
それを元に神をも恐れぬ禁断の行為に手を染めてしまう。

「ここはどこだ…。わたしは誰だ…。」

最強のポケモンをつくりたいという人間のエゴによって、
この世に生み出された伝説のポケモン。その名もミュウツー。
存在する理由も分からないまま、最強の兵器としての実験を繰り返されるミュウツーは、
その心の中に、自分を生み出した人間に対する憎悪の念を宿していく――。

「これは、わたしを生み出した人類への、逆襲だ!」

ついに、あの完全不朽の名作がフル3DCG映像で、
2019年夏、世界中にSTRIKES BACK!!

©Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku
©Pokémon ©2019 ピカチュウプロジェクト

2. 『ポケットモンスター』シリーズの新作映画のタイトルは『○○の逆襲 evolution』。 Yomiuri

Yomiuri
『ポケットモンスター』シリーズの新作映画のタイトルは『○○の逆襲 evolution』。

説明: 『ポケットモンスター』シリーズの新作映画のタイトルは『○○の逆襲 evolution』。 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 『ポケットモンスター』シリーズの新作映画のタイトルは『○○の逆襲 evolution』。 は、読売で検索されたもので、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 30 97
[spincontent type=”j”]

3. 『ポケットモンスター』シリーズの新作映画のタイトルは『○○の逆襲 evolution』。 Asahi Shimbun

朝日新聞
『ポケットモンスター』シリーズの新作映画のタイトルは『○○の逆襲 evolution』。

説明: 朝日新聞で検索した 『ポケットモンスター』シリーズの新作映画のタイトルは『○○の逆襲 evolution』。 に関する上記の情報が、『ポケットモンスター』シリーズの新作映画のタイトルは『○○の逆襲 evolution』。 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 9428
[spincontent type=”j”]

4. 『ポケットモンスター』シリーズの新作映画のタイトルは『○○の逆襲 evolution』。 The Japan Times

The Japan Times
『ポケットモンスター』シリーズの新作映画のタイトルは『○○の逆襲 evolution』。

説明: ジャパン タイムズで検索した 『ポケットモンスター』シリーズの新作映画のタイトルは『○○の逆襲 evolution』。 に関する記事のトップです。『ポケットモンスター』シリーズの新作映画のタイトルは『○○の逆襲 evolution』。 に関する疑問を解決するのに役立ちます。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 7363
[spincontent type=”j”]

5. 『ポケットモンスター』シリーズの新作映画のタイトルは『○○の逆襲 evolution』。 Yomiuri Shimbun

読売新聞
『ポケットモンスター』シリーズの新作映画のタイトルは『○○の逆襲 evolution』。

説明: 『ポケットモンスター』シリーズの新作映画のタイトルは『○○の逆襲 evolution』。 に関する詳細情報はすでにありますか? 『ポケットモンスター』シリーズの新作映画のタイトルは『○○の逆襲 evolution』。 という記事が読売新聞で検索されました。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 2230
[spincontent type=”j”]

6. 『ポケットモンスター』シリーズの新作映画のタイトルは『○○の逆襲 evolution』。 Mainichi Shimbun

毎日新聞
『ポケットモンスター』シリーズの新作映画のタイトルは『○○の逆襲 evolution』。

説明: 毎日新聞で見つけた 『ポケットモンスター』シリーズの新作映画のタイトルは『○○の逆襲 evolution』。 に関する上記の情報が、『ポケットモンスター』シリーズの新作映画のタイトルは『○○の逆襲 evolution』。 に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 2342
[spincontent type=”j”]

7. 『ポケットモンスター』シリーズの新作映画のタイトルは『○○の逆襲 evolution』。 Sankei Shimbun

産経新聞
『ポケットモンスター』シリーズの新作映画のタイトルは『○○の逆襲 evolution』。

説明: 産経新聞で検索した 『ポケットモンスター』シリーズの新作映画のタイトルは『○○の逆襲 evolution』。 に関する記事のトップです。『ポケットモンスター』シリーズの新作映画のタイトルは『○○の逆襲 evolution』。 に関する疑問を解決するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 4170
[spincontent type=”j”]

8. 『ポケットモンスター』シリーズの新作映画のタイトルは『○○の逆襲 evolution』。 Nihon Keizai Shimbun

日本経済新聞
『ポケットモンスター』シリーズの新作映画のタイトルは『○○の逆襲 evolution』。

説明: 『ポケットモンスター』シリーズの新作映画のタイトルは『○○の逆襲 evolution』。 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 『ポケットモンスター』シリーズの新作映画のタイトルは『○○の逆襲 evolution』。 は、日本経済新聞で検索され、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 4890
[spincontent type=”j”]

9. 『ポケットモンスター』シリーズの新作映画のタイトルは『○○の逆襲 evolution』。 Chunichi Shimbun

中日新聞
『ポケットモンスター』シリーズの新作映画のタイトルは『○○の逆襲 evolution』。

説明: 中日新聞で検索した 『ポケットモンスター』シリーズの新作映画のタイトルは『○○の逆襲 evolution』。 に関する上記の情報が、『ポケットモンスター』シリーズの新作映画のタイトルは『○○の逆襲 evolution』。 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 9753
[spincontent type=”j”]

10. 『ポケットモンスター』シリーズの新作映画のタイトルは『○○の逆襲 evolution』。 Tokyo Shimbun

東京新聞
『ポケットモンスター』シリーズの新作映画のタイトルは『○○の逆襲 evolution』。

説明: 『ポケットモンスター』シリーズの新作映画のタイトルは『○○の逆襲 evolution』。 に関する質問を解決するために、東京新聞で検索した 『ポケットモンスター』シリーズの新作映画のタイトルは『○○の逆襲 evolution』。 に関する記事のトップです。
評価: 4~5 つ星
評価: 4547
[spincontent type=”j”]

11. 『ポケットモンスター』シリーズの新作映画のタイトルは『○○の逆襲 evolution』。 Nihon Kogyo Simbun

日本工業新聞
『ポケットモンスター』シリーズの新作映画のタイトルは『○○の逆襲 evolution』。

説明: 『ポケットモンスター』シリーズの新作映画のタイトルは『○○の逆襲 evolution』。 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 『ポケットモンスター』シリーズの新作映画のタイトルは『○○の逆襲 evolution』。 は日本工業新聞で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 92 16
[spincontent type=”j”]

12. 『ポケットモンスター』シリーズの新作映画のタイトルは『○○の逆襲 evolution』。 Nikkan Kogyo Shimbun

日刊工業新聞
『ポケットモンスター』シリーズの新作映画のタイトルは『○○の逆襲 evolution』。

説明: 日刊工業新聞で見つけた 『ポケットモンスター』シリーズの新作映画のタイトルは『○○の逆襲 evolution』。 に関する上記の情報が、『ポケットモンスター』シリーズの新作映画のタイトルは『○○の逆襲 evolution』。 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 6678
[spincontent type=”j”]

13. 『ポケットモンスター』シリーズの新作映画のタイトルは『○○の逆襲 evolution』。 Ainu Times

アイヌタイムス
『ポケットモンスター』シリーズの新作映画のタイトルは『○○の逆襲 evolution』。

説明: アイヌ タイムズで検索した 『ポケットモンスター』シリーズの新作映画のタイトルは『○○の逆襲 evolution』。 に関する記事のトップです。『ポケットモンスター』シリーズの新作映画のタイトルは『○○の逆襲 evolution』。 に関する質問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 1466
[spincontent type=”j”]

14. 『ポケットモンスター』シリーズの新作映画のタイトルは『○○の逆襲 evolution』。 Akita Sakigake Shimpo

秋田魁新報
『ポケットモンスター』シリーズの新作映画のタイトルは『○○の逆襲 evolution』。

説明: 『ポケットモンスター』シリーズの新作映画のタイトルは『○○の逆襲 evolution』。 に関する詳細情報はすでにありますか? 『ポケットモンスター』シリーズの新作映画のタイトルは『○○の逆襲 evolution』。 という記事は、秋田魁新報で検索したものです。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 5983
[spincontent type=”j”]

15. 『ポケットモンスター』シリーズの新作映画のタイトルは『○○の逆襲 evolution』。 Chiba Nippo

千葉日報
『ポケットモンスター』シリーズの新作映画のタイトルは『○○の逆襲 evolution』。

説明: 千葉日報で検索した 『ポケットモンスター』シリーズの新作映画のタイトルは『○○の逆襲 evolution』。 に関する上記の情報が、『ポケットモンスター』シリーズの新作映画のタイトルは『○○の逆襲 evolution』。 に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 5758
[spincontent type=”j”]

16. 『ポケットモンスター』シリーズの新作映画のタイトルは『○○の逆襲 evolution』。 Chugoku Shimbun

中国新聞
『ポケットモンスター』シリーズの新作映画のタイトルは『○○の逆襲 evolution』。

説明: 中国新聞で検索した 『ポケットモンスター』シリーズの新作映画のタイトルは『○○の逆襲 evolution』。 に関する記事のトップです。『ポケットモンスター』シリーズの新作映画のタイトルは『○○の逆襲 evolution』。 に関する疑問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 2440
[spincontent type=”j”]

17. 『ポケットモンスター』シリーズの新作映画のタイトルは『○○の逆襲 evolution』。 Daily Tohoku

デイリー東北
『ポケットモンスター』シリーズの新作映画のタイトルは『○○の逆襲 evolution』。

説明: 『ポケットモンスター』シリーズの新作映画のタイトルは『○○の逆襲 evolution』。 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 『ポケットモンスター』シリーズの新作映画のタイトルは『○○の逆襲 evolution』。 はデイリー東北で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 3689
[spincontent type=”j”]

18. 『ポケットモンスター』シリーズの新作映画のタイトルは『○○の逆襲 evolution』。 The Eastern Chronicle

イースタン クロニクル
『ポケットモンスター』シリーズの新作映画のタイトルは『○○の逆襲 evolution』。

説明: イースタン クロニクルで検索した 『ポケットモンスター』シリーズの新作映画のタイトルは『○○の逆襲 evolution』。 に関する上記の情報が、『ポケットモンスター』シリーズの新作映画のタイトルは『○○の逆襲 evolution』。 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 3191
[spincontent type=”j”]

『ポケットモンスター』シリーズの新作映画のタイトルは『○○の逆襲 evolution』。 に関する質問

『ポケットモンスター』シリーズの新作映画のタイトルは『○○の逆襲 evolution』。 についてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。ご質問やご提案はすべて、次の記事の改善に役立てさせていただきます。

記事 『ポケットモンスター』シリーズの新作映画のタイトルは『○○の逆襲 evolution』。 は、私と私のチームがさまざまな情報源から編集したものです。 記事 『ポケットモンスター』シリーズの新作映画のタイトルは『○○の逆襲 evolution』。 が役に立った場合は、チームをサポートしてください。「いいね」または「共有」してください!

検索キーワード 『ポケットモンスター』シリーズの新作映画のタイトルは『○○の逆襲 evolution』。

『ポケットモンスター』シリーズの新作映画のタイトルは『○○の逆襲 evolution』。
方法『ポケットモンスター』シリーズの新作映画のタイトルは『○○の逆襲 evolution』。
チュートリアル 『ポケットモンスター』シリーズの新作映画のタイトルは『○○の逆襲 evolution』。
【キーワード】 無料

Có thể bạn quan tâm: