あなたは 「d坂の殺人事件」「怪人二十面相」などの著者、 江戸川乱歩の本名は、次のうちどれでしょうか。 について学んでいます。今日は、インターネット上の多くの情報源から私たちのチームが編集および編集した記事 「d坂の殺人事件」「怪人二十面相」などの著者、 江戸川乱歩の本名は、次のうちどれでしょうか。 を共有します。 「d坂の殺人事件」「怪人二十面相」などの著者、 江戸川乱歩の本名は、次のうちどれでしょうか。 に関するこの記事がお役に立てば幸いです。

Page Contents

「d坂の殺人事件」「怪人二十面相」などの著者、 江戸川乱歩の本名は、次のうちどれでしょうか。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

D坂の殺人事件作者
江戸川乱歩国
日本言語
日本語ジャンル
探偵小説発表形態
雑誌掲載初出情報初出
『新青年』1925年 1月増刊号(第6巻第2号)出版元
博文館刊本情報収録
『創作探偵小説集第一巻「心理試験」』出版元
春陽堂出版年月日
1925年7月 ウィキポータル 文学
ポータル 書物テンプレートを表示『D坂の殺人事件』(ディーざかのさつじんじけん)は、1925年(大正14年)に発表された江戸川乱歩の短編探偵小説。乱歩が創作した代表的人物である名探偵明智小五郎の初登場作。博文館の探偵小説雑誌『新青年』の1925年1月号に掲載され、6ヶ月連続短編掲載の1作目にあたる。密室殺人事件を“私”と素人探偵“明智小五郎”が追及していくという本格もの。なお、D坂とは東京都文京区本郷の団子坂のことである。また、著者の乱歩含め『D坂』と略記されることもある。
書籍刊行としては1925年7月の『創作探偵小説集第一巻「心理試験」』(春陽堂)が初。また、明智小五郎シリーズの代表作として映画やテレビドラマとして数多く映像化された。

概要[編集]
『新青年』新年増刊号(第六巻第二号)に掲載された。D坂で起きた密室殺人事件を“私”と素人探偵“明智小五郎”が追及していくという短編推理小説。江戸川乱歩が自作に明智探偵を初登場させた記念碑的作品である。文中で心理学と犯罪の関係について触れられており、これは続編『心理試験』のテーマとなっている。

団子坂
本作には古本屋と蕎麦屋が登場するが、乱歩は作家になる前に様々な職歴があり、大正8年には、東京市文京区本郷駒込林町の「団子坂」で弟2人とともに実際に「三人書房」という古本屋を営んでいた。この古本屋で乱歩は、居候の友人と二人で推理小説の案を練っていた。事件の舞台である「D坂」とは、この「団子坂」のことである。また劇中にはソバ屋も軒並びで登場するが、乱歩自身もシナ蕎麦屋を経営していたことがあった。
その後も職を転々とした後、大正11年に職を失った乱歩は妻子と共に大阪府守口市八島町の父の家へ移り、「江戸川乱歩」の筆名で、団子坂時代に考案した筋書きを基に『二銭銅貨』と『一枚の切符』を書き上げた。(詳細は江戸川乱歩の項目を参照のこと)。森下雨村が『二銭銅貨』を称賛し、人気推理作家の小酒井不木にこれを渡したところ、両作品を不木が激賞したため、大正12年に『二銭銅貨』と『一枚の切符』が探偵雑誌『新青年』に掲載されることとなり、「江戸川乱歩」のデビューとなった。
『新青年』で乱歩は『恐ろしき錯誤』、翌大正13年に『二癈人』、『双生児』と発表を続け、大正14年1月号に本作を発表した乱歩は、その続編『心理試験』の原稿を小酒井不木に送り、探偵小説作家としてやっていけるかどうか判定してもらった。2月号に掲載された『心理試験』は世評も良く、不木からも激励されたことから、当時、31歳だった作者の江戸川乱歩は専業の職業作家となることを決意した。
本作は、乱歩によると「誰かが不自然だといって非難した棒縞の浴衣と格子のトリックが実は出発点であった」という。乱歩は当時大阪の京阪電車沿線の外守口町に住み、毎日大阪まで電車で通っていたが、ある夕方、電車を降りて家に帰る途中、線路に沿った田舎道を歩いていて、鉄道の線路と人道との境に立ち並んでいる古い枕木を黒焦げに焼いて針金を張った通行止めの柵に目をひかれた。歩いていると柵の黒い棒がチラチラとあとへ流れ、棒と棒の間から向い側の地面が現れては消えた。乱歩は「そこに何かしら錯覚の種が潜んでいるような気がした」と語っている。そのうちに太い棒柄の浴衣が頭に浮かび、さらに大阪障子のマイラ戸が聯想され、あのトリックが作り上げられたのだという。乱歩にとってこういう思いつきは全く「運」のようなもので、あとになると案外つまらないが、この思いつきに陶酔する程度の大小によって、出来上がる小説のよしあしも定まるのではないかと語っている。
本作は乱歩自身「本格探偵小説」と銘打った、密室トリック作品である。乱歩によると、「その頃、日本の紙と木で出来た建物では『モルグ街』のような密室探偵小説は書けない、日本に探偵小説がないのはそういう生活様式が大きな理由になっているという説が行われていたので、必ずしもそうではない、こういう風に書けば、日本の建物でも密室が構成できるという一例を示す気持ちがあった」といい、「大南北の犯罪劇に心酔し、黒岩涙香の翻訳探偵小説に心酔し得た日本人は、紙と竹の家に住んでいても、決して探偵小説嫌いではないということを、主張したかったのである」と述べている。
乱歩は講釈師神田伯龍をモデルにした素人探偵(私立探偵のこと)、明智小五郎を本作で初登場させている。この頃、乱歩は伯龍をはじめて聞いてひどく感心し、顔や姿も気に入った。「当時は今よりももっと痩せていて[1]、いい意味の畸形な感じを多分に持っていた」といい、「そこで何気なく伯龍を素人探偵のモデルに使ってみた訳である」としている。
乱歩は明智を本作限りのキャラクターにするつもりだったが、評判がよく、以後の作品に引き続き登場することとなった。乱歩の「自註自解」では、「別に決まった主人公にするつもりはなかったのだが、方々から『いい主人公を思いつきましたねえ』と言われるものだから、ついその気になって、引き続き明智小五郎を登場させることになった。」と語っている。
本作の挿絵は、初出版では一木弴(いちき とん)が担当した。明智の容貌はごつごつした怪人物風。創元推理文庫版では棟方志功による版画挿絵が使われている。
作中での明智の「君は、ポーの『ル・モルグ』やルルーの『黄色い部屋』などの材料になった、あのパリのRose Delacourt事件を知っているでしょう。」という台詞は、乱歩が『ストランド・マガジン』1915年10月号に掲載された、「”Originality in Murder”」(George Robert Sims著)という記事を参考にしたものである[2]。
本作と次作『心理試験』の出来栄えを高く評価した森下雨村は、乱歩が専業作家になることを応援する試みとして『新青年』誌上で6ヶ月連続短編連載を企画した。本作の掲載は以降、『心理試験』(2月号)、『黒手組』(3月号)、『赤い部屋』(4月号)、『幽霊』(5月号)、(6月号は休載)、『白昼夢』、『指輪』(7月号)、『屋根裏の散歩者』(8月増刊号)と続き、探偵小説家としての名を揺るぎないものとした。本作は乱歩自身も「私の短編の代表的なものに属する」と位置付けている。初出誌『新青年』では、冒頭に次のような編集部の一文が載せられた。

「厳密なる意味よりして、我国に於ける唯一の探偵作家たる江戸川亂歩氏の力作を紹介する。氏が探偵作家としての非凡なる手腕は、曾て本誌上に発表されたる『二錢銅貨』『恐ろしき錯誤』その他の作品により疾(とう)に認めらるゝところ。本篇は特に氏の力作にかゝり、構想の妙、取材の清新、而して文章の流麗暢達(ちょうたつ)なる、眞にこれ海外探偵小説界にも容易に求めがたき傑作。あるいは本号所蔵の作品中にあつても、最も傑出したる作品の一つに算ふべきか。」

— 『新青年』1925年 1月増刊号
また本作末尾には、乱歩の次のような「作者付記」が載せられた。

「僅かの時間で執筆を急いだのと、一つは余り長くなることを慮れたためとで、明智の推理の最も重要なる部分、聯想診断に関する話を詳記することが出来なかつたことを残念に思ふ。しかし、この點(てん)はいづれ稿を改めて、他の作品[3] に於て充分に書いてみたいと思つてゐる。」

— 『新青年』1925年 1月増刊号
1987年刊行の創元推理文庫版は表題作を含む全10編を収録しており、2011年6月時点で26刷・12万部を発行している[4]。

あらすじ[編集]
9月初旬、「私」はD坂の大通りにある白梅軒(はくばいけん)という常連の喫茶店で冷しコーヒーをすすっていた。この店の向かいには古本屋があり、そこの妻が官能的な美人であるため、それを眺めることが目的の一つになっていた。すると、この店で知り合いになった貧乏な書生の青年明智小五郎が通りかかり、彼もこちらに気づいて店内に入ってくる。そこで2人で窓の外を眺めながら会話していたが、その日は目当ての美人の妻は見当たらず、4人目の本泥棒を見るにあたっていよいよ変だと疑い、2人で古本屋へと入ると店の奥の部屋に古本屋の妻の死体があった。私が見たところロープで絞殺されたように見える。警察の捜査の結果、古本屋の主人のアリバイは証明されるが、死体が発見された部屋の出入り口はすべて見張られた状態にあり、いわゆる英米の探偵小説にある密室殺人であって捜査は難航する。
互いに探偵小説ファンである私と明智は興味を持ち、事件について推理する。そこで私はあることから明智が犯人ではないかと疑い、推理を披露する。それを聞いた明智はゲラゲラと笑いながら、自身の推理を話す。古本屋の妻には身体中に生傷があったが、聞き込みの結果、同じ長屋にある蕎麦屋の妻も同様のものがあると明智は知ったという。そこからいくつかの状況証拠を組み立て、明智は実は古本屋の妻は「被虐色情者(マゾ)」で、蕎麦屋の主人は「残虐色情者(サド)」であり、互いの性癖を知った2人は密かに情事を重ねていたと明かす。今回の事件は、それがだんだんと激しくなり、あの日に望んでいない事故が起こってしまったという。そこにちょうど夕刊が届き、社会面を軽く見た明智はこれは奇遇だとして、ある記事を指差して私に見せる。そこには小さい見出しで蕎麦屋の主人が自首したとあった。

登場人物[編集]
「私」
本作品の語り手。『二銭銅貨』、『一枚の切符』の主人公達と同様、探偵趣味がある書生。『黒手組』にも登場。
明智小五郎
煙草屋の二階に下宿している無職の書生。探偵小説好きな20代前半の一種の遊民で、喫茶店「白梅軒」で「私」と知り合う。
古本屋の妻
明智の幼馴染。全身傷だらけの絞殺された死体として発見される。
古本屋の主人
「白梅軒」の向かいに構える古本屋。「白梅軒」のウェートレス達から、妻を虐待しているのではないかと噂されている。
ソバ屋(旭屋)の主人
古本屋の1軒置いて左に構えるソバ屋。古本屋の主人と同様、妻を虐待しているのではないかと噂されている。
ソバ屋(同)の妻
古本屋の妻と同様、全身に傷を負っている。
アイスクリーム屋の主人
古本屋の裏の路地の角に店を構える。「事件が起きた時間に路地を通った者はいない」と証言する。
菓子屋の主人
古本屋の1軒置いて右に構える。
工業学校の生徒達
犯人らしき男を目撃するが、証言が食い違う。
小林刑事
名探偵と噂の高い刑事。映画[編集]
『D坂の殺人事件』(1998年)[編集]
『D坂の殺人事件』と『心理試験』、『屋根裏の散歩者』を合わせて原作とした映画。嶋田久作の演じる明智小五郎は原作とは違って洋服姿である。また前半部で登場する時は頭の毛はモジャモジャであるが、後半部に登場する時は整髪したものになっている。1998年、R-15公開。

スタッフ[編集]
監督:実相寺昭雄
脚本:薩川昭夫
音楽:池辺晋一郎
編集:西東清明
製作:東映、東北新社キャスト[編集]
蕗屋清一郎:真田広之
明智小五郎:嶋田久作
須永時子:吉行由実
花崎マユミ:大家由祐子
笠森糺:岸部一徳
鈴木欣哉:六平直政
斎藤勇:齋藤聡介
秋村キセ子:小川はるみ
小林芳雄:三輪ひとみ
秋村修平:寺田農
庄司武彦:堀内正美
反町邦雄:東野英心
都築茂:広瀬昌亮
安堂俊光:岡野進一郎
土屋ミツ:原知佐子『D坂の殺人事件』(2015年)[編集]
D坂の殺人事件監督
窪田将治脚本
窪田将治製作
山口幸彦 佐伯寛之製作総指揮
重村博文出演者
祥子音楽
與語一平撮影
西村博光編集
窪田将治配給
キングレコード公開
2015年2月上映時間
115分製作国
日本言語
日本語前作
失恋殺人次作
屋根裏の散歩者テンプレートを表示江戸川乱歩没後50周年記念作品として、窪田将治監督が失恋殺人(原作:妻に失恋した男)に続き江戸川乱歩作品を映画化した[5]。原作は明智小五郎のデビュー作で、独身の二十代で高等遊民という設定であったが、映画は既に前作から「AKC探偵事務所」を構えている職業探偵となっており、夫人の文代が助手を務めている。事件の捜査はもっぱら彼女が担当していて、明智の立ち位置は安楽椅子型探偵に近い。明智役は前作に引き続いて草野康太が演じたが、文代夫人と浪越警部は配役が変更された。また『屋根裏の散歩者』のキャラクターである郷田三郎を登場させ、明智のライバル的な立場になるというアレンジが加えられている(郷田を演じた河合龍之介は、次作『屋根裏の散歩者』でも引き続いて同役を演じた)。(2015年、R-15公開)。カラー・115分。

あらすじ[編集]
団子坂の安アパート「東栄館」に住む、人生に退屈しきった青年・郷田三郎(河合龍之介)は、唯一「屋根裏の散歩」によってその変態的な性欲を満たしていた。
ある日偶然、蕎麦屋「鈴木庵」の主人(仁科貴)と、花崎古書店の美しき夫人・悦子(祥子)との不倫の現場を目撃した郷田は、彼女に強く心惹かれるようになる。そんな矢先に、蕎麦屋の主人が入水死体となって発見される。第一発見者は、古書店主人の花崎(木下ほうか)であった。蕎麦屋の頸部には縄の跡があり、警察の浪越警部(近藤芳正)は自殺だと断定する。しかし、たまたま現場を通りかかった探偵・明智小五郎(草野康太)はその見解に疑問を抱く。花崎古書店を訪れた明智は、そこに郷田の姿を発見し、その挙動に不審な印象を抱く。明智はまた、悦子の腕に、酷いあざがあることにも気づいた。探偵事務所に戻った明智は、夫人で助手の文代(大谷英子)に事件の調査を指示する。文代はまず、被害者の蕎麦屋の夫人を尋ねることにした。

スタッフ[編集]
監督・脚本:窪田将治
製作・配給・宣伝:キングレコード
企画・制作プロダクション:FAITHentertainment(フェイスエンタテインメント)
制作協力:サモワール
エグゼクティブプロデューサー:重村博文
プロデューサー:山口幸彦、佐伯寛之
撮影:西村博光
照明:常谷良男
録音・整音:田邊茂男
美術:畠山和久
装飾:田仲正彦
スタイリスト:森内陽子
ヘアメイク:藤川美紗
助監督:土岐洋介
制作担当:相川真範
音楽:與語一平
配給協力:ブラウニー
企画協力:講談社/フライデー編集部キャスト[編集]
花崎悦子:祥子
郷田三郎:河合龍之介
明智小五郎:草野康太
鈴木(蕎麦屋の主人):仁科貴
明智文代:大谷英子
浪越警部:近藤芳正
花崎(古書店の主人):木下ほうかテレビドラマ[編集]
『D坂殺人事件 名探偵明智小五郎誕生』[編集]
正式なタイトルは『D坂殺人事件 名探偵明智小五郎誕生 名探偵明智が挑む猟奇殺人の謎!!闇に浮かぶ白い肌…』。1992年、フジテレビ系列。

製作:フジテレビジョン、カノックス
演出:久世光彦
脚本:寺内小春
音楽:小林亜星
タイトル画:小沢清人
殺陣:國井正廣
演出補:北川邦夫、千葉行利
プロデュース:三宅川敬輔、三浦寛二
出演:森光子、郷ひろみ、いかりや長介、松雪泰子、蟹江敬三、根岸季衣、麿赤児、六平直政、段田安則、でんでん、半海一晃、西初恵、伊藤眞、英太郎、新村礼子、津村鷹志、田根楽子他『シリーズ・江戸川乱歩短編集 1925年の明智小五郎 D坂の殺人事件 』[編集]
2016年1月11日放送、NHK BSプレミアム。『D坂の殺人事件』『心理試験』『屋根裏の散歩者』の初期作を連続してドラマ化した第1作。シリーズは基本的に原作小説をそのまま朗読、俳優が台詞部分を演じる形式で、そのため「最も原作に忠実」を謳い文句にしている。
明智小五郎は三作ともに女性である満島ひかりが演じているが、『D坂』に登場する、棒高縞の和服姿にモジャモジャの蓬髪の明智を忠実に映像化した作品は、これが初めてであった(和服姿の明智は『江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間』の大木実がいるが、蓬髪ではない。『二十面相の娘』の明智も和服だが、江戸川乱歩原作ではない)。原作で言及される様々な用語や人物名について、字幕や写真、イラストを挿入して解説するという演出が取られた。明智小五郎のモデルとなった神田伯龍(五代目)の写真も紹介されている。また、原作通り、『モルグ街の殺人』『まだらの紐』のトリックにも言及されている。
D坂(団子坂)の通りや建物、一部の登場人物(証言者のアイスクリーム屋や学生たち)は、ミニチュアと人形で表現された。これは実相寺昭雄版『D坂の殺人事件』でも取られた手法である。

スタッフ[編集]
演出:宇野丈良
音楽:崎元仁
音響効果:金子昌晃
撮影:岩永洋
照明:長田青梅
音声:島津未来介
編集:田中誠一
美術:福井大
ミニチュア作成:萩原卓児
イラスト作成:谷口亮
スタイリスト:野原英則
ヘアメイク:堀川貴世
資料提供:立教大学
リサーチャー:明仁絵里子
取材:鈴木徳至
プロデューサー:淵邉恵美
制作統括:千葉聡史、松永真一、長嶋甲兵
制作:NHKエンタープライズ
制作・著作:NHK、テレコムスタッフキャスト[編集]
明智小五郎:満島ひかり
「私」:松永天馬
小林刑事:末吉くん
古本屋の細君:中村中
古本屋の主人:山中崇
蕎麦屋の主人:津田寛治漫画作品[編集]
「明智小五郎×絞男〜D坂の殺人事件〜」
山口譲司作画。集英社 『江戸川乱歩 異人館』1巻(ISBN 978-4-088-79126-5 )に収録。「私」は江戸川乱歩本人と設定してある。脚注[編集]
^ 昭和7年当時

^ しかし、Killis Campbell著”The Mind of Poe and Other Studies” (1933年、 Harvard Press)(165ページ)によれば、「同じ内容のものが1912年10月3日付の『ワシントンポスト』紙に”Facts Behind Poe’s Story”という匿名記事として掲載された」となっている。Killis Campbellは「マリー・ロジェの謎」と同様に、エドガー・アラン・ポーが実在の事件を元に「モルグ街の殺人」を著したとしているが、Thomas Ollive Mabbott他編のポーの作品集”Tales and Sketches, vol. 1: 1831-1842″(2000年, University of Illinois Press)の注釈(524ページ)では、『ワシントンポスト』紙の記事にローズの死亡日時が具体的に記されていないことから、この匿名記事は信憑性に乏しく、むしろポーの作品からでっち上げたものではないかと推定している。

^ 次作品『心理試験』のこと

^ 「ロングセラーの周辺 江戸川乱歩著『D坂の殺人事件』」『読売新聞』2011年6月6日付夕刊、8頁。

^ 謎の美女“祥子”映画初主演で濡れ場!江戸川乱歩原作『D坂の殺人事件』でオールヌードに挑戦

参考文献[編集]
『探偵小説十年』(昭和7年、江戸川乱歩)
『江戸川乱歩傑作編』(新潮文庫)荒正人による解説
『江戸川乱歩 推理文庫1 二銭銅貨』(講談社)中島河太郎による解説
『D坂の殺人事件』(創元推理文庫)戸川安宣による解説関連項目[編集]
本作で言及される小説
『モルグ街の殺人』 – エドガー・アラン・ポーの小説
『まだらの紐』 – コナン・ドイルの推理小説(シャーロック・ホームズ)
『途上』 – 谷崎潤一郎の犯罪小説
京阪電気鉄道
文豪ストレイドッグス – 原作6話のタイトル『Murder on D Street』は本作に由来する。
美少年シリーズ – 6巻は『D坂の美少年』。当シリーズのタイトルは江戸川乱歩の作品名から取られている。外部リンク[編集]
『D坂の殺人事件』:新字新仮名 – 青空文庫
Papers Past — Marlborough Express — 9 December 1912 — MYSTERIES. – ローズ・ドラクール事件(Marlborough Express、1912年12月9日掲載の記事)表話編歴江戸川乱歩小説作品

二銭銅貨 – 一枚の切符 – 恐ろしき錯誤 – 二癈人 – 赤い部屋 – 算盤が恋を語る話 – 盗難 – 白昼夢 – 人間椅子 – 闇に蠢く – 踊る一寸法師 – モノグラム – お勢登場 – 人でなしの恋 – パノラマ島奇談 – 鏡地獄 – 陰獣 – 芋虫 – 孤島の鬼 – 押絵と旅する男 – 蟲 – 盲獣 – 目羅博士 – 地獄風景 – 恐怖王 – 鬼 – 火縄銃 – 悪霊 – 妖虫 – 石榴 – 堀越捜査一課長殿

明智小五郎 登場作品

D坂の殺人事件 – 心理試験 – 屋根裏の散歩者 – 一寸法師 – 蜘蛛男 – 何者 – 魔術師 – 黄金仮面 – 吸血鬼 – 黒蜥蜴 – 影男 – 月と手袋

少年向け推理小説シリーズ
怪人二十面相 – 少年探偵団 – 妖怪博士 – 大金塊 – 青銅の魔人 – 虎の牙 – 透明怪人 – 怪奇四十面相 – 宇宙怪人 – 鉄塔の怪人 – 海底の魔術師 – 灰色の巨人 – 黄金豹 – 魔法人形 – サーカスの怪人 – 奇面城の秘密 – 夜光人間 – 鉄人Q – 仮面の恐怖王 – 電人M

登場人物
明智小五郎 – 怪人二十面相 – 少年探偵団

随筆・評論
探偵小説四十年 – 類別トリック集成

リライト
白髪鬼 – 緑衣の鬼 – 幽霊塔 – 鉄仮面 – 三角館の恐怖

表話編歴実相寺昭雄監督作品1960年代
宵闇せまれば(1969年)1970年代
無常(1970年)
曼陀羅(1971年)
哥(1972年)
あさき夢みし(1974年)
歌麿 夢と知りせば(1977年)
実相寺昭雄監督作品ウルトラマン(1979年)1980年代
帝都物語(1988年)
悪徳の栄え(1988年)1990年代
ラ・ヴァルス わたし暴行されました(1990年)
ウルトラQ ザ・ムービー 星の伝説(1990年)
屋根裏の散歩者(1992年)
私、なんでもします!(1993年)
D坂の殺人事件(1998年)2000年代
姑獲鳥の夏(2005年)
乱歩地獄「鏡地獄」(2005年)
シルバー假面(2006年)
ユメ十夜『第一夜』(2007年)
表話編歴郷ひろみシングル
表話編歴郷ひろみのシングル70年代
72年
1.男の子女の子 – 2.小さな体験 – 3.天使の詩

73年
4.愛への出発 – 5.裸のビーナス – 6.魅力のマーチ – 7.モナリザの秘密

74年
8.花とみつばち – 9.君は特別 – 10.よろしく哀愁 – 11.わるい誘惑

75年
12.花のように鳥のように – 13.誘われてフラメンコ – 14.逢えるかもしれない – 15.バイ・バイ・ベイビー

76年
16.恋の弱味 – 17.20才の微熱 – 18.あなたがいたから僕がいた – 19.寒い夜明け

77年
20.真夜中のヒーロー – 21.悲しきメモリー – 22.洪水の前 – 23.帰郷/お化けのロック – 24.禁猟区

78年
25.バイブレーション (胸から胸へ) – 26.ぼくのるすばん – 27.林檎殺人事件 – 28.ハリウッド・スキャンダル – 29.地上の恋人

79年
30.ナイヨ・ナイヨ・ナイト – 31.いつも心に太陽を – 32.マイ レディー

80年代
80年
33.セクシー・ユー (モンロー・ウォーク) – 34.タブー(禁じられた愛) – 35.How many いい顔 – 36.若さのカタルシス

81年
37.未完成 – 38.お嫁サンバ – 39.もういちど思春期 – 40.哀愁ヒーロー Part1/Part2

82年
41.純情 – 42.女であれ、男であれ – 43.哀愁のカサブランカ – 44.哀しみの黒い瞳

83年
45.美貌の都 – 46.ロマンス – 47.素敵にシンデレラ・コンプレックス – 48.ほっといてくれ – 49.シャトレ・アモーナ・ホテル

84年
50.2億4千万の瞳-エキゾチック・ジャパン- – 51.ヤクシニー – 52.どこまでアバンチュール/ケアレス・ウィスパー

85年
53.愛のエンプティーペイジ – 54.CHARISMA – 55.サファイア・ブルー – 56.Cool/LABYRINTH

87年
57.千年の孤独

88年
58.時をかさねたら

89年
59.最終便にまにあえば

90年代
90年
60.Wブッキング-LA CHICA DE CUBA- – 61.もう誰も愛さない

91年
62.裸のビーナス/よろしく哀愁 – 63.迷イズム

92年
64.ビーナスたちのシエスタ

93年
65.僕がどんなに君を好きか、君は知らない

94年
66.言えないよ

95年
67.逢いたくてしかたない – 68.泣けばいい

96年
69.どんなに君がはなれていたって/裸の夢 – 70.く・せ・に・な・る/甘い束縛 – 71.Don’t leave you alone/いつもそばに君がいた

97年
72.Zeroになれ – 73.ゆっくり恋しよう

98年
74.KISSが哀しい

99年
75.男が恋に出逢うとき – 76.GOLDFINGER ’99 – 77.GOLDFINGER ’99 Remix

00年代
00年
78.Hallelujah,Burning Love – 79.なかったコトにして – 80.True Love Story/さよならのKISSを忘れない

01年
81.Only for you-この永遠がある限り- – 82.獣は裸になりたがる – 83.ワキワキマイフレンド – 84.この世界のどこかに

05年
85.愛より速く – 86.君が泣ける場所になる

06年
87.LIFE

07年
88.Boom Boom Boom/Come On Baby – 89.Good Times Bad Times

08年
90.君だけを feat.童子-T – 91.ありのままでそばにいて

09年
92.男願 Groove! – 93.Get Real Love 〜GOLDFINGER’009

10年代
10年
94.僕らのヒーロー – 95.愛してる/愛してはいけないひと

11年
96.笑顔にカンパイ!

12年
97.デンジャラー☆

13年
98.Bang Bang

14年
99.99は終わらない

15年
100.100の願い

16年
101.IRREGULAR

17年
102.スキだから

18年
103.恋はシュミシュミ

19年
104.JAN JAN JAPANESE

20年代
20年
105.ウォンチュー!!!

21年
106.100GO!回の確信犯/狐火

22年
107.ジャンケンポンGO!!

アルバム
オリジナル
男の子女の子 – 愛への出発 – ひろみの部屋 – ひろみの朝・昼・晩 – ひろみの旅 – HIROMIC WORLD – 街かどの神話 – アイドルNO.1 – ピラミッドひろみっど – Narci-rhythm – アポロンの恋人 – LOOKIN’ FOR TOMORROW – SUPER DRIVE – MAGIC – How manyいい顔 – PLASTIC GENERATION – アスファルト・ヒーロー – 哀愁のカサブランカ – 愛の神話 – 比呂魅卿の犯罪 – TAILORED SONG – ALLUSION – LABYRINTH – LOVE of FINERY – DRIVING FORCE- アメリカかぶれ – CATALONIAN BLOOD -LUNA LLENA – GOrgeous – I miss you〜逢いたくてしかたない〜 – く・せ・に・な・る – 心のカギ – 恋のハレルヤ大作戦 〜Mission Code is “G”〜 – PERIOD 〜この世界のどこかに〜 – Evolution – Winter Mood – place to be- one and only…

ベスト (LP)
ギフト・パック/1973年版 – 郷ひろみヒット全曲集 -1974年版- – 郷ひろみデラックス – 郷ひろみヒット全曲集 -1975年版- – ベスト・オブ・ベスト 郷ひろみのすべて – 郷ひろみヒット全曲集 -1976年版- – 人気投票連続ナンバー・ワン 郷ひろみ – GO 1977-1972 – THE BEST 郷ひろみ – 金字塔 – マイコレクション – 黄金郷 – 黄金郷I 〜2億4千万の瞳〜

ベスト (CD)
ベスト・コレクション – 全集/’72〜’85 DANDYISM – MY SELF〜Sincerely yours – 準備万端〜VINGT ANS〜 -HIROMIX – 全集/’86 – ’91 DANDYISM II – THE GREATEST HITS OF HIROMI GO – THE GREATEST HITS OF HIROMI GO VOL.II 〜Ballads〜 – THE GREATEST HITS OF HIROMI GO VOL.III 〜SELECTION〜 – ALL THE SINGLES 1972-1997 – THE GOLDSINGER – MOST LOVED HITS OF HIROMI GO – With Whom? – Single Collections of Early Days – SAMBA de GO 〜HIROMI GO Latin Song Collection〜

ライブ
フォーリーブス・郷ひろみ ジョイントリサイタル – HIROMI ON STAGE〜よろしく哀愁〜 – GO GOES ON!〜HIROMI IN U.S.A〜 – ヒーロー – フェニックス〜HIROMI IN BUDOKAN〜 – IDOL of IDOLS – SUPER ENTERTAINMENT MY OWN ROAD – AT THE STARTING LIVE〜READY SET GO!〜 – CONCERT TOUR LABYRINTH

主演映画作品
さらば夏の光よ – ダブル・クラッチ – 夢一族 ザ・らいばる – 舞姫

出演テレビドラマ
新・平家物語 – 青春をつっ走れ – あしたに駈けろ! – おやじ山脈 – 銀座わが町 – ぼくは叔父さん – ちょっとしあわせ – あこがれ共同隊 – ムー – ムー一族 – 家路〜ママ・ドント・クライ – 草燃える – ミセスとぼくとセニョールと! – 峠の群像 – 流れ星佐吉 – 翔んでる警視 – 青春を東海岸にかけた野郎たち! アメリカン・ランナウェイ – 刑事貴族 – 信長 KING OF ZIPANGU – D坂の殺人事件 – 企業病棟 – 坊っちゃんちゃん – 天皇の料理番 – LEADERS II – 定年オヤジ改造計画

出演バラエティ
セイ!ヤング – プラチナゴールデンショー – NOWヒットパレード – カックラキン大放送!! – ベスト3夢の顔合せ – オールスター親子で勝負! – オールスター雪の祭典 – UFOセブン大冒険 – マジカル7大冒険 – 郷ひろみの宴ターテイメント – ヤミツキ

特別番組
おめでとう郷ひろみ・二谷友里恵結婚披露宴

関連人物
二谷友里恵 – 二谷英明 – 白川由美 – 徳武定祐 – 周防郁雄 – ジャニー喜多川 – メリー喜多川 – 酒井政利 – 筒美京平 – 久世光彦 – フォーリーブス(北公次・青山孝史・江木俊夫・おりも政夫) – 新御三家(西城秀樹・野口五郎) – 仲代達矢 – 樹木希林 – 石坂浩二 – 岩下志麻 – 松平健 – 篠田三郎 – 多岐川裕美 – 緒形拳 – 緒形直人 – 菊池桃子 – 仲村トオル – 中山美穂 – 鷲尾いさ子 – 松田聖子 – 近藤真彦 – 稲垣潤一 – 徳永英明 – 前山田健一 – 古舘伊知郎 – 須田哲夫 – 岩瀬惠子 – 徳光和夫 – あべ静江 – 中島みゆき – 藤原紀香 – 陣内智則

関連項目
バーニングプロダクション – ジャニーズ事務所 – ソニー・ミュージックレコーズ

「https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=D坂の殺人事件&oldid=88761831」から取得
カテゴリ: 江戸川乱歩の短編小説1924年の小説日本の推理小説明智小五郎新青年 (日本)文京区を舞台とした作品坂を題材とした作品文京区を舞台とした小説1998年の映画日本のミステリ映画東北新社製作の映画東映製作の映画作品実相寺昭雄の監督映画江戸川乱歩原作の映画作品池辺晋一郎の作曲映画東京テアトル配給の映画2015年の映画窪田将治の監督映画キングレコードの映画作品江戸川乱歩原作のテレビドラマ推理ドラマ1992年のテレビドラマフジテレビのスペシャルドラマ2016年のテレビドラマNHK BSプレミアムのテレビドラマNHK BSの特別番組NHKのスペシャルドラマ文京区を舞台としたテレビドラマ隠しカテゴリ: ISBNマジックリンクを使用しているページ

評価: 4~5 つ星
レビュー: 3574
再生回数: 9558
[spincontent type=”j”]

【MAD】明智小五郎VS怪人二十面相 予告編【再UP】 Youtube

天知茂の「美女シリーズ」と団次郎の「少年探偵団」を、両方の作品に出演していた五十嵐めぐみを介して合体させてみました。2019年12月作成。2021年にアカウントがBANされたため再UP。

2. 「d坂の殺人事件」「怪人二十面相」などの著者、 江戸川乱歩の本名は、次のうちどれでしょうか。 Yomiuri

Yomiuri
「d坂の殺人事件」「怪人二十面相」などの著者、 江戸川乱歩の本名は、次のうちどれでしょうか。

説明: 「d坂の殺人事件」「怪人二十面相」などの著者、 江戸川乱歩の本名は、次のうちどれでしょうか。 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 「d坂の殺人事件」「怪人二十面相」などの著者、 江戸川乱歩の本名は、次のうちどれでしょうか。 は、読売で検索されたもので、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 2746
[spincontent type=”j”]

3. 「d坂の殺人事件」「怪人二十面相」などの著者、 江戸川乱歩の本名は、次のうちどれでしょうか。 Asahi Shimbun

朝日新聞
「d坂の殺人事件」「怪人二十面相」などの著者、 江戸川乱歩の本名は、次のうちどれでしょうか。

説明: 朝日新聞で検索した 「d坂の殺人事件」「怪人二十面相」などの著者、 江戸川乱歩の本名は、次のうちどれでしょうか。 に関する上記の情報が、「d坂の殺人事件」「怪人二十面相」などの著者、 江戸川乱歩の本名は、次のうちどれでしょうか。 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 6533
[spincontent type=”j”]

4. 「d坂の殺人事件」「怪人二十面相」などの著者、 江戸川乱歩の本名は、次のうちどれでしょうか。 The Japan Times

The Japan Times
「d坂の殺人事件」「怪人二十面相」などの著者、 江戸川乱歩の本名は、次のうちどれでしょうか。

説明: ジャパン タイムズで検索した 「d坂の殺人事件」「怪人二十面相」などの著者、 江戸川乱歩の本名は、次のうちどれでしょうか。 に関する記事のトップです。「d坂の殺人事件」「怪人二十面相」などの著者、 江戸川乱歩の本名は、次のうちどれでしょうか。 に関する疑問を解決するのに役立ちます。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 5970
[spincontent type=”j”]

5. 「d坂の殺人事件」「怪人二十面相」などの著者、 江戸川乱歩の本名は、次のうちどれでしょうか。 Yomiuri Shimbun

読売新聞
「d坂の殺人事件」「怪人二十面相」などの著者、 江戸川乱歩の本名は、次のうちどれでしょうか。

説明: 「d坂の殺人事件」「怪人二十面相」などの著者、 江戸川乱歩の本名は、次のうちどれでしょうか。 に関する詳細情報はすでにありますか? 「d坂の殺人事件」「怪人二十面相」などの著者、 江戸川乱歩の本名は、次のうちどれでしょうか。 という記事が読売新聞で検索されました。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 3346
[spincontent type=”j”]

6. 「d坂の殺人事件」「怪人二十面相」などの著者、 江戸川乱歩の本名は、次のうちどれでしょうか。 Mainichi Shimbun

毎日新聞
「d坂の殺人事件」「怪人二十面相」などの著者、 江戸川乱歩の本名は、次のうちどれでしょうか。

説明: 毎日新聞で見つけた 「d坂の殺人事件」「怪人二十面相」などの著者、 江戸川乱歩の本名は、次のうちどれでしょうか。 に関する上記の情報が、「d坂の殺人事件」「怪人二十面相」などの著者、 江戸川乱歩の本名は、次のうちどれでしょうか。 に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 1387
[spincontent type=”j”]

7. 「d坂の殺人事件」「怪人二十面相」などの著者、 江戸川乱歩の本名は、次のうちどれでしょうか。 Sankei Shimbun

産経新聞
「d坂の殺人事件」「怪人二十面相」などの著者、 江戸川乱歩の本名は、次のうちどれでしょうか。

説明: 産経新聞で検索した 「d坂の殺人事件」「怪人二十面相」などの著者、 江戸川乱歩の本名は、次のうちどれでしょうか。 に関する記事のトップです。「d坂の殺人事件」「怪人二十面相」などの著者、 江戸川乱歩の本名は、次のうちどれでしょうか。 に関する疑問を解決するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 60 60
[spincontent type=”j”]

8. 「d坂の殺人事件」「怪人二十面相」などの著者、 江戸川乱歩の本名は、次のうちどれでしょうか。 Nihon Keizai Shimbun

日本経済新聞
「d坂の殺人事件」「怪人二十面相」などの著者、 江戸川乱歩の本名は、次のうちどれでしょうか。

説明: 「d坂の殺人事件」「怪人二十面相」などの著者、 江戸川乱歩の本名は、次のうちどれでしょうか。 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 「d坂の殺人事件」「怪人二十面相」などの著者、 江戸川乱歩の本名は、次のうちどれでしょうか。 は、日本経済新聞で検索され、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 5892
[spincontent type=”j”]

9. 「d坂の殺人事件」「怪人二十面相」などの著者、 江戸川乱歩の本名は、次のうちどれでしょうか。 Chunichi Shimbun

中日新聞
「d坂の殺人事件」「怪人二十面相」などの著者、 江戸川乱歩の本名は、次のうちどれでしょうか。

説明: 中日新聞で検索した 「d坂の殺人事件」「怪人二十面相」などの著者、 江戸川乱歩の本名は、次のうちどれでしょうか。 に関する上記の情報が、「d坂の殺人事件」「怪人二十面相」などの著者、 江戸川乱歩の本名は、次のうちどれでしょうか。 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 6771
[spincontent type=”j”]

10. 「d坂の殺人事件」「怪人二十面相」などの著者、 江戸川乱歩の本名は、次のうちどれでしょうか。 Tokyo Shimbun

東京新聞
「d坂の殺人事件」「怪人二十面相」などの著者、 江戸川乱歩の本名は、次のうちどれでしょうか。

説明: 「d坂の殺人事件」「怪人二十面相」などの著者、 江戸川乱歩の本名は、次のうちどれでしょうか。 に関する質問を解決するために、東京新聞で検索した 「d坂の殺人事件」「怪人二十面相」などの著者、 江戸川乱歩の本名は、次のうちどれでしょうか。 に関する記事のトップです。
評価: 4~5 つ星
評価: 3995
[spincontent type=”j”]

11. 「d坂の殺人事件」「怪人二十面相」などの著者、 江戸川乱歩の本名は、次のうちどれでしょうか。 Nihon Kogyo Simbun

日本工業新聞
「d坂の殺人事件」「怪人二十面相」などの著者、 江戸川乱歩の本名は、次のうちどれでしょうか。

説明: 「d坂の殺人事件」「怪人二十面相」などの著者、 江戸川乱歩の本名は、次のうちどれでしょうか。 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 「d坂の殺人事件」「怪人二十面相」などの著者、 江戸川乱歩の本名は、次のうちどれでしょうか。 は日本工業新聞で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 89 15
[spincontent type=”j”]

12. 「d坂の殺人事件」「怪人二十面相」などの著者、 江戸川乱歩の本名は、次のうちどれでしょうか。 Nikkan Kogyo Shimbun

日刊工業新聞
「d坂の殺人事件」「怪人二十面相」などの著者、 江戸川乱歩の本名は、次のうちどれでしょうか。

説明: 日刊工業新聞で見つけた 「d坂の殺人事件」「怪人二十面相」などの著者、 江戸川乱歩の本名は、次のうちどれでしょうか。 に関する上記の情報が、「d坂の殺人事件」「怪人二十面相」などの著者、 江戸川乱歩の本名は、次のうちどれでしょうか。 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 9475
[spincontent type=”j”]

13. 「d坂の殺人事件」「怪人二十面相」などの著者、 江戸川乱歩の本名は、次のうちどれでしょうか。 Ainu Times

アイヌタイムス
「d坂の殺人事件」「怪人二十面相」などの著者、 江戸川乱歩の本名は、次のうちどれでしょうか。

説明: アイヌ タイムズで検索した 「d坂の殺人事件」「怪人二十面相」などの著者、 江戸川乱歩の本名は、次のうちどれでしょうか。 に関する記事のトップです。「d坂の殺人事件」「怪人二十面相」などの著者、 江戸川乱歩の本名は、次のうちどれでしょうか。 に関する質問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 3728
[spincontent type=”j”]

14. 「d坂の殺人事件」「怪人二十面相」などの著者、 江戸川乱歩の本名は、次のうちどれでしょうか。 Akita Sakigake Shimpo

秋田魁新報
「d坂の殺人事件」「怪人二十面相」などの著者、 江戸川乱歩の本名は、次のうちどれでしょうか。

説明: 「d坂の殺人事件」「怪人二十面相」などの著者、 江戸川乱歩の本名は、次のうちどれでしょうか。 に関する詳細情報はすでにありますか? 「d坂の殺人事件」「怪人二十面相」などの著者、 江戸川乱歩の本名は、次のうちどれでしょうか。 という記事は、秋田魁新報で検索したものです。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 3232
[spincontent type=”j”]

15. 「d坂の殺人事件」「怪人二十面相」などの著者、 江戸川乱歩の本名は、次のうちどれでしょうか。 Chiba Nippo

千葉日報
「d坂の殺人事件」「怪人二十面相」などの著者、 江戸川乱歩の本名は、次のうちどれでしょうか。

説明: 千葉日報で検索した 「d坂の殺人事件」「怪人二十面相」などの著者、 江戸川乱歩の本名は、次のうちどれでしょうか。 に関する上記の情報が、「d坂の殺人事件」「怪人二十面相」などの著者、 江戸川乱歩の本名は、次のうちどれでしょうか。 に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 87 11
[spincontent type=”j”]

16. 「d坂の殺人事件」「怪人二十面相」などの著者、 江戸川乱歩の本名は、次のうちどれでしょうか。 Chugoku Shimbun

中国新聞
「d坂の殺人事件」「怪人二十面相」などの著者、 江戸川乱歩の本名は、次のうちどれでしょうか。

説明: 中国新聞で検索した 「d坂の殺人事件」「怪人二十面相」などの著者、 江戸川乱歩の本名は、次のうちどれでしょうか。 に関する記事のトップです。「d坂の殺人事件」「怪人二十面相」などの著者、 江戸川乱歩の本名は、次のうちどれでしょうか。 に関する疑問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 60 20
[spincontent type=”j”]

17. 「d坂の殺人事件」「怪人二十面相」などの著者、 江戸川乱歩の本名は、次のうちどれでしょうか。 Daily Tohoku

デイリー東北
「d坂の殺人事件」「怪人二十面相」などの著者、 江戸川乱歩の本名は、次のうちどれでしょうか。

説明: 「d坂の殺人事件」「怪人二十面相」などの著者、 江戸川乱歩の本名は、次のうちどれでしょうか。 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 「d坂の殺人事件」「怪人二十面相」などの著者、 江戸川乱歩の本名は、次のうちどれでしょうか。 はデイリー東北で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 8805
[spincontent type=”j”]

18. 「d坂の殺人事件」「怪人二十面相」などの著者、 江戸川乱歩の本名は、次のうちどれでしょうか。 The Eastern Chronicle

イースタン クロニクル
「d坂の殺人事件」「怪人二十面相」などの著者、 江戸川乱歩の本名は、次のうちどれでしょうか。

説明: イースタン クロニクルで検索した 「d坂の殺人事件」「怪人二十面相」などの著者、 江戸川乱歩の本名は、次のうちどれでしょうか。 に関する上記の情報が、「d坂の殺人事件」「怪人二十面相」などの著者、 江戸川乱歩の本名は、次のうちどれでしょうか。 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 3483
[spincontent type=”j”]

「d坂の殺人事件」「怪人二十面相」などの著者、 江戸川乱歩の本名は、次のうちどれでしょうか。 に関する質問

「d坂の殺人事件」「怪人二十面相」などの著者、 江戸川乱歩の本名は、次のうちどれでしょうか。 についてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。ご質問やご提案はすべて、次の記事の改善に役立てさせていただきます。

記事 「d坂の殺人事件」「怪人二十面相」などの著者、 江戸川乱歩の本名は、次のうちどれでしょうか。 は、私と私のチームがさまざまな情報源から編集したものです。 記事 「d坂の殺人事件」「怪人二十面相」などの著者、 江戸川乱歩の本名は、次のうちどれでしょうか。 が役に立った場合は、チームをサポートしてください。「いいね」または「共有」してください!

検索キーワード 「d坂の殺人事件」「怪人二十面相」などの著者、 江戸川乱歩の本名は、次のうちどれでしょうか。

「d坂の殺人事件」「怪人二十面相」などの著者、 江戸川乱歩の本名は、次のうちどれでしょうか。
方法「d坂の殺人事件」「怪人二十面相」などの著者、 江戸川乱歩の本名は、次のうちどれでしょうか。
チュートリアル 「d坂の殺人事件」「怪人二十面相」などの著者、 江戸川乱歩の本名は、次のうちどれでしょうか。
【キーワード】 無料

Có thể bạn quan tâm: